「スタートアップ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: スタートアップとは

2016-06-29

ソフトウェアエンジニア転職するときに気をつけること

いままで3回転職したけど、うまく行ったこともあるし行かなかったこともある。いままではわりと気軽に転職先を決めてしまっていたのだけど、そろそろ慎重に行かないと後がないなという危機感を覚えたので、とりあえず今までのことを振り返って気をつけるポイントを書いてみようと思う。

自分はこんな感じのエンジニアです。

  1. 技術的には広く浅くタイプ
  2. デザインインフラは不得意
  3. マネージメントは不得意
  4. いままで所属していたのは上場企業が多かったが、スタートアップ経験済み
情報収集
IRを読め、短信だけでいいか

これまで何をしてきたか、これから何をするつもりなのか、会社の強みは何なのか、今後考えられるリスクをどう捉えているのか。上場企業ならばIRという形で外向けに情報を発信しているので、それを読むのはかなり大事

で、具体的に書いてなくてよくわからないところが絶対あるはずなので、それを面談で聞く。ピンと来なかったらその会社は駄目だ。

公開されているコードを読め

公開されているコードがなければリスクは跳ね上がる。もちろん公開していないすばらしい技術というのはあるのだけど、会社評価という点では使えない。

GitHub会社アカウントがあれば分かりやすいが、それ以外でもがんばって探そう。OpenJDK, Ruby, LLVMなど大きなOSSプロジェクトコミッタがいればちゃんとコミットをいくつか読もう。GitHubも個人リポジトリはなくても別のリポジトリコミットしているかもしれない。

面談
経営陣や部長クラス技術に対する考えを聞け

社長エンジニアを信頼しているかCTOがいる場合は、CTO社長信頼関係があるか。

技術手段に過ぎない、ビジネスへのビジョン大事。確かにその通り。ただしそれは、経営陣の技術者に対する信頼があればの話。

これはできれば上層部と平社員両方の考えを聞こう。

使っている技術スタックや将来への展望を聞け

技術目的にするな。確かにその通り。しかしいまどきSVNを使い続けていたりデプロイを手動でやっているのはさすがにヤバイ。ついでにOSSを利用することへの意見も聞いとけ。

もしそういうダメな状況を変えるために自分を雇うのだということであれば、上層部がそういう技術的なアップデートをどのくらい必要だと考えているかを聞くこと。社長が「エンジニアを君とあと何人か雇って、一年それに全力を注いでいいかバージョン管理インフラなどの下回りを一新したい、既存社員にも納得してもらう」というのであればいいかもしれない。権力のある人がそういう強い決意をもってないと改革は難しい。

この話は技術者ならば誰から聞いてもいい。もし面談過程技術者がでてこなければ、その会社は諦めよう。

デザインについてのどう考えているかを聞け

ここでいうデザインは「サービス設計」のことね。デザイナー出身マネージャーがいれば、その人と面談してデザインをどうやってしているかの具体的な流れを聞けると最高。あるいは、エンジニア・デザイナ・企画の三者がどうデザインに関わるかを聞くのでもいいかもしれない。

サービス開発手法については納得するまで聞け

企画デザインプロトタイピング、開発、リリース改善、このサイクルを具体的に聞こう。直近の成功例と失敗例を聞けると最高にいい。

これは現役の技術者から聞こう。実際に自分体験することになる日常になるのだから

外注と内製の比率とどういうとき外注するのかを聞け

外注管理することになったらとにかく最悪だ。そうでなくても、君がもし生粋エンジニアなら、外注にはなるべく関わらないほうが幸せだろうと思う。

以上。

願わくば、次の転職がうまくいかんことを。

追記

"見出しエンジニアと書いているのにプログラマの事しか書かれていない。それもソフトハウスへの転職。" という指摘をうけたのでタイトルだけ変えた。

2016-06-28

青二才kanoseのこと好きすぎ

青二才はてな語りって全部kanoseと本物川の話になるんだが、世界のすべてが特定の人物中心にまわって見えるのって恋する乙女豚じゃねえか。



https://twitter.com/tm2501/status/747374936675647488

ある人が「はてな日本の縮図」と言ってたけど、VCが言ってることと「kanose周辺の人達時代はてなネット文化覇権を取れそうで取れずにオワコン化した理由」が完全に一致してるから納得!! / “なぜ日本ではスタートアップが…”


https://twitter.com/tm2501/status/747375566236508160

はてなの外にはてなブロガーが出て行くようになったのは、本当に僕よりもちょっと後の日野瑛太郎さん以降であり、鈴木さん以降。

ドメスティックな争いを繰り返して煮詰まってのさばった人がひたすら若手をいびり続ける構造が、はてなを弱体化させたし、彼ら自身消失を招いたわけですよ。マジで


https://twitter.com/tm2501/status/747375935863689218

まぁ、また「ドメスティックはてな系」は増えてるんですけどねぇ。

はてなの中どころか、大学生とか、ミニマリストとかそういうもっとさな単位で固まってるからもっともっと内輪感・身内ネタありきな空気が出ちゃってるけどねぇ…。歴史は繰り返すのよね…。

僕が言ってもアレだけど




kanoseもうかつに青二才ちょっかい出したからこんなに粘着される。

そして青二才青二才増田FXおじさんに粘着される。

青二才言葉を借りるならはてなはほんと地獄ホモソーシャルだぜ

2016-06-27

http://anond.hatelabo.jp/20160627003843

なんていうか、女子中学生の脇って、人類に残された最後フロンティアな、そんな気がするんだ。

スタートアップ、誰かよろしく

2016-06-25

スタートアップに失敗すると起きること

数年スタートアップを共同経営し、今年に入って潰した。

スタートアップに失敗すると以下のようなことが起こる。

彼女にフラれる

元彼のところへ行ってしまわれました。

最近結婚したらしいですね。


給与所得が途絶える

ハローワークに行くとわりかしすぐ雇用保険がもらえる。

会社都合退職なので。


転職エージェント経由で面接を受けることになる

無限にやってくる転職エージェントからまともそうなのを選んで希望を伝え、数社紹介してもらう。

「本当にサラリーマンやりたいですか?」みたいな質問適当に答える。

転職エージェント経由の会社は全部落ちた。


フリーランスでしばらく行くかという気になる

適当ミートアップで知り合った人間から引き合いがあり、

要件を聞いて値段の交渉をしようとすると、金は払いたくないとのこと。

また別の人間案件を紹介するからプロフィールポートフォリオをよこせというので送ると、

彼らのコーポレートサイトに当社従業員、当社開発実績として勝手に載せられるなどする。

クレームをつけ、取り下げさせた)

フリーランスの人はどうやって仕事見つけてるんだ。。


大手企業リクルーターから声をかけられる

都合7回、3ヶ月かけてインタビューを受ける。

最終で落ちた。


死にはしないので、まぁ、やっていきましょう。

2016-06-21

IEで前回開いたタブを保存する方法

まあ、難しい話でもなんでもないんだけど、ググってこれを探すのが少しだけ面倒くさかったのでここに書いておきます

①右上の歯車からインターネットオプション選択

スタートアップの設定を「前回のセッションのタブから開始する」に選択する。


まあ、本当にこれだけなんだけどね。

2016-06-20

価格コムに書く程でもないSSDレビュー

SATA3接続はSATA2に比べると体感は1.5倍程度で大きな感動はない。

買い替え検討の人はSATA2からM.2くらいでやっと感動できると思う。

だけど内蔵HDDスピンアップなんかで時間が奪われる。

結局起動後のスタートアップ読み込みとかに効果を期待した方がいい。

倉庫SSDになる時代が来ないと瞬間起動は夢かもな、と思う。

2016-06-16

イケダハヤトゴミクズ記事ではなく孫泰蔵さんの話読もう

あえてブクマしにくいようにゴミクズタイトルつけてやる。

オープンネットイケハヤのような、SEOが小器用なだけの頭の薄っぺら人間たちがうっほうっほやってる世界になりつつあるよな。



https://www.facebook.com/taizoson/posts/10153788960804492?pnref=story

僕には経営者としてかねてからの疑問がある。ほんとは違うと思いたいので、誰か下記の僕の意見反論してくれませんか。

 

かつて世界を席巻した日本の電機メーカー、先日取締役会で揉めたコンビニの最大手、安くて高品質市場を席巻したカジュアル衣料メーカーテレビショッピングいちばん有名な会社プロ経営者を雇ったがクビにした教育産業の最大手、そして通信などで成長した日本で最も有名なIT起業家会社など、最近後継者についての話題がすごく多い。

事業を大きくした創業者は、会社の成長もさることながら後継問題いちばんむずかしい、とよくおっしゃる。「企業は存続してこそ社会に貢献できるのだから、100年続く会社になるように企業文化を創っていきたい」と皆さん口をそろえる。中には徳川幕府だって300年続いたのだから、うちも300年だと言う方もおられる。誰とは言わないが(笑)

 

 

なんで?

なぜ存続してこそ社会に貢献できる(=存続しないと社会に大きく長く貢献できたと言えない)、と言えるのだろうか。

存続はしていてもたいして貢献してないことだってある。「売上は社会に貢献して顧客からもらえた対価なのだから、売上が伸びてるあいだは立派に貢献してる証拠じゃないか」「雇用を生み出し続けてるのだからそれだけでも貢献しているじゃないか」などの声を聞くのだが、それはその会社がなくなって別の新しい会社がそれを担ってもいいわけで、「存続してこそ社会に貢献できる」というテーゼを論証したことにはならないと思う。

まり、存続することと、社会に貢献することとは関係があまりないと僕は思うのだ。それどころか、長く続いている大企業は、分業と縦割りとルールの細分化が進んで制度疲労を起こし、「自己疎外(=働けば働くほど、自分でやっていることが自分のものと感じられなくなっていくこと)」を生み出しているようにしか僕には見えない。

スタートアップ原理主義者の僕には(笑)必要以上に大きくなりすぎた企業は「自己疎外製造装置」にしか見えないのだ。だからといって共産主義に近い社会主義を礼賛しているわけではもちろんない。ほんとはいろいろ考えているのだが、この文脈においては、単に「アンチ大企業主義」と分類されても僕は全然差し支えはない。

昔であれば、大資本・大組織でないとできない大きな仕事存在しただろう。しかしこれから時代には大企業アドバンテージというのは実はあまり個人的には「ほとんど」)ないと言っても過言ではないと思っている。

そしてそれは、人工知能ロボットの発達によって、愕然たる事実として現在よりもさらに鮮明にあぶり出されるはずだ。

僕はそのように思っているのだが、僕が違う(それとこれとは関係ない)と思っている、

 

企業は成長し続けて大企業となり、そして長期間存続し続けることこそが社会に大きく貢献することなのだ」

 

ということを誰か力強く理論づけてもらえませんか。




http://www.tez.com/blog/archives/post5052.html

スタートアップがより大きな力を得てより急速に成長するためにも、より大きく、より長い繁栄をして、企業価値を大きくすることを目指すことが必要だと考えられますし、その場合繁栄の鍵は、いかに「情報処理ハブ」の地位を確保し続けるか、ということに集約されると思います

から企業がより大きく、より長い繁栄を目指すことは、否定されるべきではないと思います。もちろん単なるステークホルダー思考停止ではなく、他の(「信用」を担保する)理由があるからこそ、大企業として長期間存続し続けるわけですし、社会に大きな影響を与える企業として長期間存続し続けようという意志のないところに大きな企業価値が生まれることは無いはずです。






孫 泰蔵 「信用資本論」とでもいうべきとても示唆に富む論説ですね。

まず、信用という機能本質が「思考停止」だからこそ信用は一定の「慣性」を持つ、というのにハッとさせられました。経営者もそこに働く従業員も、会社を長期的に存続させるのが是、というところで思考停止してるなといつも思ってたのですが、それは外部からの信用という思考停止ともリンクしているのだということに気づきました。

また、長期的に存続しうる形態としては「メタ」な存在しかないだろうと私も考えていました。しかし、その際に長期的に「メタ」として存在しうる価値アイデンティティーってなんなんだろうなあと思うのです。資金であればVCなどでも十分提供できるわけで、スタートアップが嗜好する資金以上のなにかを持ってないといけないわけですが、それはなんなのだろうとずっと考えています。そこも「信用」なのかなあ。

そして、「大企業が自らの存続をあきらめることではなく、既存の『信用』に新たな『信用』がぶつかって倒そうとすること」が「古い組織の制度疲労を打ち壊し社会全体を活性化させるのだ」というのはまったく同意です。

しかし、現在日本では挑戦者がまだまだ全然少ない状況です。この状況を打破したいのですが、能力的に優秀な人が、挑戦者になって打倒するのではなく、むしろ後継者になりたがろうとする人が多いこの状況(例えば、兄がやってる「アカデミア」という後継者育成機関にすごい優秀な人がいっぱい来てるんです!あんたたちは孫正義後継者なんかじゃなくて起業家を目指さんかい!と心のなかでいつも苦々しく思ってるんですよね(笑))をどうやったら打破できるのかなあと思案しています

既存の信用にぶつかって倒した新たな信用の成功事例をつくるしかないですよね・・・そっか、俺が頑張ればいいのか。頑張ります





孫 泰蔵 ありがとうございます

そして「そこも信用」なんだと思います

話がややこしくなるので本文には入れなかったのですが、日本では米国VCは全部が全部イケてると思われがちですが、実は逆にファンドのうち上場株式indexをアウトパフォームするものわずかで、9割前後indexを下回っています。つまり米国はいえ、ほとんどのVCファンドは「上場index投信を買った方がマシだった」ということになってますしか米国の上位5%のファンドは常に高いパフォーマンスを上げています

リスクの高いベンチャー投資でなぜ長期にコンスタントに高い成果が上げられるのかという理由は、まさにVCが行うべきことの本質が「信用の供与」だからじゃないでしょうか。例えば「セコイア投資したベンチャー」は(もちろん背後に技術トレンド調査やきちっとしたDDがあることに加えて)「セコイア投資してるんだからイケてるんだろう」という期待が働くからこそ、いい経営陣やいい従業員が集まり、いい投資家が付き、いい取引先やいい顧客が付くので、結果として本当にいい会社になってしまうという「予言自己成就」が発生しているのではないかと思います

ポートフォリオで多数のベンチャー分散投資すると、仮に失敗したベンチャー成功したベンチャーをならしてポートフォリオ全体として利益が出たとしても、必ずしも「あのVC投資したベンチャーイケてる」という期待は働きません。「投資したベンチャーを全社必ず成功させるぞ」という長年の努力をすると、そうしたミダスタッチ(「魔法」)が使えるようになるんじゃないかなと思います

ベンチャー先進であるがゆえに、単独でポツンと存在しても、それがいいものか悪いものか、一般の人にはわかりません。「世の中で最も大きな情報の非対称性が発生するもの」だと言えます。だからこそ、そういう「信用」を供与する投資家が増えることこそが、現状を打破する大きな力になると思います







亀山 敬司 俺も「会社を続けるために稼ごうぜ!」と言ってるけど、社会貢献とは関係ない。会社が続いて大きくなると俺が楽しいからやってる。だから「辞めたあとは俺のこと忘れていいか勝手に楽しめよ」と社員には言ってる。会社なんてただの人の集まりだし、くっ付こうが分裂しようが、べつにDMM名前が残らなくてもいっこうに構わない。

300年続けたいとか言ってるやつは、何を続けたいと言ってるのかわかんないけど、ピラミッドでも残したいんじゃない?亡霊の自己満足だね。

昔は「社員未来雇用をどうやって守る」とか思い悩んでいたが、「過保護で要らぬお世話だな、いい歳の大人自分で考えな」になってきた。とりあえず後継者は立てるだろうが、そこからは別の会社から残りたいか自分で決めなって感じ。

大企業が長く続くのは、良し悪しで言えばちょっと悪し。ゆとりが有り過ぎると頭が悪くなるし、いい気になっちゃうし、内戦に明け暮れる。良い点は、まずしいスタートアップが時々見上げながら「俺もいつかあの大きなビルに入って、きれいなおねえちゃんを秘書にするんだ」と俗っぽい夢を見させてくれる。

悪い部分が大きくなれば勝手に自滅するので、自然に任せといても大丈夫

そもそも社会貢献も基本はやっぱり自己満足だね。経済成長や新しいテクノロジー社会幸せにするとも限らないんだし、自分たち活動が徳か悪徳かもよくわからん。でも、こんなふうにいろいろ考えるのは、自分だけのことを考えた自己満より、マシな自己満だよね〜!

2016-06-08

某●芝の監査法人

今日銀座居酒屋で飲んでたんだけど

某東○の監査法人がヒドすぎて笑えなかった

東芝の件を何も考えてない脳天気さはとりあえず置いておいて

監査法人主催イベントで、自分が呼んでピッチ出展)してもらったベンチャーについて、

・何で起業したの?

バカすぎて普通企業で雇ってもらえなかったか起業するしかなかったの?

・どうせ俺らが監査するステージに来ないのに

って、個室でもなく、半個室でもなく、フロアに響くような大声で酔っ払って話してた。


一番ひどかったのは、これまでピッチしたスタートアップの中で

最も潰れそうなところ選手権ってのをやってたこと

お前らだよって話

本当に自分のことしか考えてない、周り見れてない

法律から守られてて、どーにかなってるが、社会からの信頼ないし

普通企業なら潰していいレベルで、上から下まで腐ってることがわかった

潰れればいいのに…

2016-06-05

http://anond.hatelabo.jp/20160604232417

失業率が数十%になってるわけでもないのに仕事ないとかいうのは大げさすぎると思うが

オンリーワン観光地スタートアップけが働く場ではないし個性のないイオンモールでも雇用はある

たいていの町おこしは税金無駄遣いになるだけなのでやらんでいい

2016-06-04

大阪仕事ない

梅田の人の多さみてると、まだまだ大丈夫そうな錯覚するけど、仕事ない。

東京みたいに仕事たくさんあるわけでもなく、名古屋みたいに自動車でまだ大丈夫ってことでもなく。



USJに行く人は心斎橋で晩ごはん食べて御堂筋線新大阪に戻ってということで、そんなお金を色んな場所に落とすわけもなく。



中国人観光客ももうすぐ一段落しそうだし。爆買ツアーだと、予めきまったお店を案内して購入していくし。

中国人オーナービルもあるよね、そっち回ってる?



GIGAZINE大阪ネタにすると東京の人に馬鹿にされると思ってるのか、全国チェーン店食べ物ネタの時しか意味ないし。

FC2広告代理店特に大阪って感じもなく。いやそもそも人雇ってって感じでもないし。



大阪からだと、日本相手にしてるとダメで、一気に世界相手にしないといけない。

なんだけど東京くらい色んな国から人が集まってきてるわけじゃない。スタートアップリクルートするならそりゃ東京選ぶよね、と。



何かしらイベントしようと思った時にキャパある箱もない。インテックス大阪、なんでニュートラムなんか接続してるんだ…。

地下鉄延長して、動く歩道つけるとか、それくらいやんないと会場広くても人捌けない。



関西国際空港USJの延長くらいにあれば、また利便性も変わったのに。



東京だったら駅周辺で、それぞれ個性作って開発されるけど、大阪ってそれなくって、どこも同じになっちゃってるんだよね。

森ノ宮とか、天王寺とかショッピングモールできても同じ感じ。イオンモールが出来るのとあまり変わらない。



東京の人からすると大阪ってセンスないんだよな。多分。別に日本ウケるセンスの良さがなくてもいいと思ってる。



そもそも日本ニュース系で大阪話題になるのは、良いことでなんてない。ヤフーニュースにのるのは殺害事件選挙の時くらい。

それで西成区の危ないイメージが毎回湧き出るんだ。



5年後は更にヤバイと思ってる。

新世界とか観光客来ないだろうってくらい寂れてる。あれでリピータ来るとかはないだろ。大阪は見るものないんだよ。色んなところで食べ歩きする町だ。



京都奈良と手を取ればとか、東京の人は思ってるだろうが、距離が遠すぎるんだ。

山手線圏内大阪京都奈良が入ってりゃよかったんだ。平城京平安京あん場所に作ろうと思ったやつ出てこい。なんでもっと近くに作らなかったんだよ。



街づくりで、イメージづくりが出来てないんだ。

環状線東西南北で、青龍朱雀白虎玄武象徴となるものでっち上げるとか。

駅ごとに外国巡り出来るようなものとか。オーストラリアだと新今宮とか、アメリカだったら弁天町みたいな。



深センくらい人工的に街作れないだろうか。24時間開いてる図書館で、自動で貸出できるとか。図書も深センの図書みたいに文学充実するのではなく、

仕事に直結するスタートアップ必要プログラムとかハード解説のものとか。iPhone回路図って日本語書籍はないけど、中国語書籍ならあるし、読めなくても回路図あればなんとかなると思う。

サムスン日本研究所は遠すぎるし。なんで千里中央なんだよ。



は~、スタートアップの街としてならないだろうか。Slush Asiaのようなスタートアップイベント開催できるくらい。

デザイン系で町おこしはできんと思ってる。お金持続的に投資されないし。アヒルちゃん浮かべてもお金にならないよね。あと日本成功してる気がしない。

地方だと町おこしアート絡めてっての、どこも上手くいってないし。

ビジコンが行われてるのは知ってる。でもSlush Asiaくらい、これから何か始まるんじゃないかってほどワクワク感がないんだ。




Lマガジンセンス良かったんだが、ああいうので突破口開けないんだろうか



はてな京都ダメであとに続くのなかったんだから、やっぱ無理なんかなー



追記

こじれてるってのが大阪人気質なの?ってはてブあったから答えると、

名古屋だと東京距離的な関係ものなのか、別に東京依存しなくてもやっていけるって気持ちがあるのか、反骨精神があるのか、

そんなところで東京に対してあまり気にしてないというのが、自分感想



じゃあ大阪は?というと、やっていけない。

あと関西弁東京にいくと、まず馬鹿にされる。

そして、大阪でも東京に通用するような人がいるのだけど、大阪じゃなくて東京に行ってしまう。大阪を前面に出すと価値が上がるどころか下がるんだよね。




追記

予想外に反応があって驚いてる。

他の地域で、もっと危機的な場所があるんだから大阪なんてまだマシって議論にはなってほしくない。

雇用統計も見ているので、大阪失業率が減ってきているのも知ってる。でも給料安い求人しかない。

イオンで働き、イオンものを購入し、イオン葬式をあげる。延命はできると思う。



だが、5年後、10年後を考えてみるとどうだろうか。

東日本大震災で、このまま関東オフィスを構えているとマズイということで、一時的大阪にもオフィス移動してきたが、

結局仕事にならないということで東京に戻ったのではなかっただろうか。

なんとか保っている状態が、閾値超えたら、どんなに手を加えようがどうしようもなくなる状態にならないだろうか。



個人的には国内から資金が流れてこないんだったら、中国からでもいいと思ってる。

心斎橋梅田周辺が中国ベンチャーキャピタルから出資一辺倒になっても、活路があるならやるべきだろう。

既に心斎橋なんぞ中国語がそこかしこで聞かれるのだから

日本語看板ではなく、中国語看板の方が多くなっても。



レオパレスに住んでいるのが中国人ばかりになり、靴を脱がないでそのままフロアに上がるようになり、室内なのにガムがそのまま捨てられるようになり、

ゴミ分別日本語で書かれているからということで守ることもされず、溢れでたとしても、

ダイバーシティ確保出来るようになれば、そのうち解決出来るだろうと思う。



追記

ここまでブクマついたの久しぶりで驚いてる。

コメントは読ませていただいてます



大阪の魅力を当人達よりも、アジア系観光客の方がわかっているというコメントがあったのだけど、

わかりやすい魅力を5分くらいで説明できなければ、それは住んだ人にしかからないということなので、

観光きじゃないと思っている。



個人的には大阪には観光なんて期待するのは止めて、

折角奈良京都など観光資源が既にあり対応出来るだけの経験値もあるのだから

そちらに任せてしまえば良いと思ってる。

両方出来れば良いが、そもそもお金ないのだから集中と選択はするだろう。

外国人大阪で働いてもらって、京都奈良観光に行ってもらっていいし、

開発合宿として京都で行ってもいいんじゃないか?




なので、大阪ビジネス向けでいいんだ。

スタートアップ以外にも仕事はあるだろうとコメントがあったが、

これから成長するかもしれないと思われなきゃお金まらない。

俺の仕事大事だが、俺の周りの奴らの仕事大事なんだ。



給料日本で一番高いと言われるキーエンス大阪にあるのも知ってる。

デザインIT系自分の知ってる業界ヤバイ

食品関係は人手がいるし、人もまだまだいるか大丈夫だと思う。



危機感があるのは、斜陽になってきた時点で、トップヤクザ系に取って代わられるかもしれないってことだ。

あとは心斎橋のアムウエイセミナー会場兼、見本を置いている所があるのだが、

生活が出来なくなるそうとかで、手を出す奴がそこら中にいる。



ボロボロの服着たおっさんが昼間から立ち飲み屋で飲んでて、

実は成功した事業家ってのはあったから、

自分が知らないだけかもしれない。でもメディアが取り上げない以上、知りようがないんだ。

日本ってどうして投資話題にならんの?

金持っている人が、日本スタートアップに金出して、世界的なニュースになるところまで持っていけば、国内だけでなくて、

海外からスタートアップお金流れてくるような気がするんだけど。


赤字数年垂れ流そうが、時価総額判断する感じじゃないよね


それともそれだけのお金がないってことなんだろうか。

日本型シリコンバレーを目指すとか何年経っても出てこないうちに、中国だったら深センできちゃったし。

2016-06-03

フリーでも十分食っていける能力のある人が仲間集めて大きくやろうってのがスタートアップじゃないのか

CTOになってといわれた。どうしよう?

スタートアップやるからCTOになってと言われたけどどうしよ。

100万ぐらい出資しないといけない。

役員報酬もらえるのかな?

2016-05-10

企業が持っている開発タスクチケット化してこれをこなしたら数万円

企業が持っている開発タスクチケット化してこれをこなしたら数万円もらえる、みたいなプラットホームがあればいいのに。

フルリモートで出社日決まっていない、ほぼバイトに近い働き方でベンチャー企業と関わったが、すごく良かった。

やったのはサイトパフォーマンスチューニング。(基本MySQLインデックス貼っただけだけど…



・・とは言っても、スタートアップ時などは

作りながらいろいろ思うところや、気付きとかあったりすると思うので、

手触りの感覚でやらねばならぬところがあって(たぶん)

そういうところを重視するには内製化しないといけないのかなー。

ノウハウ自分組織にためる的な意味で。





すげー優秀なプロデューサーがいて、

何が売れるのか的なところは企画数字で導き出して

開発はCTO仕事チケット化してフリーエンジニアに依頼する、

みたいな感じになればいいのになー。

おれ、金欲しいかガツガツチケット消化するわー。

仕事を引き受けられる人はある程度会員制にして

与信があるエンジニアだけにするようにすれば、

品質も保ちつつ開発リソースも柔軟に担保できるみたいな感じにならないかなー。

フリーエンジニア複数案件を持っているので、

案件過剰にならないかぎりはリソースプール可能みたいな。





会員制のクラウドワークスか。





お、会員制のクラウドワークスって面白くね?

ある程度スーパーエンジニアだけを揃える。

会員エンジニア技術担保は弊社が保証します!的な。

エンジニアの単価はdayで2.5〜4万にしてほしす。





開発僕がやるのでCEO募集しま(笑)





ある程度やってきたエンジニアを上手いこと活用するプラットホーム的なの作ればいいと思うんすよね。

26歳〜39歳ぐらいのイケイケのエンジニアプールしているみたいな。

経験してきたハイスキル業務をこなす。一回やったから負荷は少ないだろうし。





慣れてきたらエンジニア個人ではなく、エンジニアチームで仕事をこなすようにするとか。

そしたらもうある会社システムレベル仕事ができそう。

なんかSIer再開発になりそう。





わしは、そういうのがほしい!!!

定職一個持ちつつday 2〜3万の案件をこなして正社員給与+月でフリー活動24万ぐらいの収入を安定してほしいなー。

社内の技術評価とかよくわからんものに振り回されず、実案件をこなす実力を求めるようになると思うので

いいと思うんだけどなー。





↓ここ!

ベーシックインカム >> 終身雇用 >> 正社員+兼業 >> フリーランス

↑ここ!





終身雇用はやめて正社員制度は生きるけど、稼ぎたい奴はフリー活動して稼げば、的な。

安定して働きたいやつは正社員としての受け皿があるし、

もっと金ほしいんだが?ってやつは自分で働いて稼げる。

まあ、もっと金ほしいんだが?ってやつは独立するのかな・・・






・・・金がほしいある程度経験を積んだ専門職最適化したく思っただけなので

技術ブレイクスルーを起こすようなそんな奴らに最適化された仕組みはまた別なのかな。

それは未踏エンジニア的な感じでIPAとかがやってんのかな。

マジで技術以外なにもやりたくないわーっていうやつとか、

ポスドク的な奴を救う感じの何かもあればいいのにね。

2016-05-01

社会人数年目で年収2000万越えた私が考えるプログラマキャリア

こんにちはシャイニング増田(シャイ増)です♥町中で良くリクルートスーツ就活生を見るようになりましたね。先日後輩の紹介で○○大学学生からグーグルに入りたいという相談を受け渋い気持ちになりました。○○大学ではTopCoderRed Coder相当の実績でも残していないと入れないでしょうし、ネームバリューだけでなんとなく「ビッグデータ♡」「人工知能♡」と言っている様は山師スタートアップの「フィンテック事業部を新設しました」のIRと同等クラスの浅ましさです。そこで若者に捧ぐ私が考えるプログラマキャリア論を参考にしていただければと思います

と、シャイニング丸の内さんの年収1000万越えの記事

http://www.shiningmaru.com/entry/2016/04/29/212824

を見て、あんまりプログラマがどうやって高給取りになれるかというキャリアの話って見たこと無いな、と思ったので書いてみます

全てのプログラマ給料を一杯稼ぐことを目指すべきだとは思いませんが、私のように、研究職でもなく、マネージャー職でもなく、コード書いてお金が貰えるならなんでも書くよ、という節操のないプログラマ志望の大学生にはとてもおすすめの高給取りになるための方法です。

プログラマで高給取りになりたかったらどんな仕事すればいいの?

まずは目標である高給取りになるにはどうすればいいか考えてみましょう。どんな能力があれば年収1000万円もらえるの?と思われるかもしれませんが、そもそも残念ながら給与というのは純粋あなたスキルによって上下する余地はあまりありません。

年収500万円のプログラマが頑張って仕事後も勉強会などへ行き、頑張ってスキルアップしても、会社年収を1000万円にしてくれることはほぼ無いと考えてください。年収500万円のプログラマ年収1000万円のプログラマの一番大きな違いは職場です。大抵の会社はどんなに優秀なプログラマでも給料大金を払うことはできません。

身も蓋もないんですが、高給取りになりたいと思ったら、自分磨きなんて糞くらえで、自分給料を一杯払ってくれる会社を見つけて入社するのが一番重要です。

じゃあどんな会社で働けばいいの?

金回りがいい会社が一番です。どういうところがいいの?というと、ざっくり2つのグループにわかれると思います

1. 世界的にシェアのあるサービスプロダクトを持っている会社

2. 金回りのいい業界企業の社内システム

1の典型的企業は、ベイエリアとかにある、世界向けのプロダクトを持っていて、競争力のある会社です。とても金回りがいいです。有名どころではGoogleFacebookAppleや若干株価が心もとないTwitterなんかがあります。何故これらの会社プログラマ大金を払い、何故日本の大抵の会社プログラマ年収1000万円を払えないかについてはhttps://note.mu/whynotgetrich/n/nd71f86a3e0cbを御覧ください。

2はあまりプログラマの人は縁がなく、存在すら知らない会社が多いのではないでしょうか?とても勿体無いですね。例えば金融系の企業はとても金回りがよく、社内システムの開発でもその恩恵を受けることができます。例えば外資金融系ではGoldman Sachs、Merrill Lynchは給与がよく、保険系では東京海上とかもまったり年収1000万越えるらしいんで、狙うといいんじゃないですかね。あまり詳しくないので、具体的な業務内容はインド発注管理するプログラマというよりはSEなのかもしれないですけど。

では他のドメスティックネット企業はどうなの?というと、残念ながらあまりいい話は聞きません。

数年前に年収1000万円で新卒採用(http://news.livedoor.com/article/detail/5997716/)、みたいな話が数社から出てきて、ようやく日本でも人材獲得競争が激しくなってきたな!と思いましたが、どうなったんですかね?全然うまくいかなかったからもうやっていない、という話を聞きましたが、実際どうなのか現場の話を聞いてみたいものです。

私が最近聞いた中ではLine年収1000万円を軽く越えるオファーを出していて、他のインセンティブもついてたら、上場したあかつきには軽く2-3000万円はいくんじゃないかと思われますLineくらいになってくると、1のグループに入ってる感じですね。景気いいですね。うらやましいです。

そんな会社全部よくわからないよ!無理だよ!私が志望しているこれらの会社の中からだったらどれ選べばいいの?と思ったら技術部門の最高責任者っぽい人とかの給与を調べましょう。それより多くは絶対にもらえません。あとは平均給与を調べてみましょう。プログラマは社内の中でも特に多く給料が貰える職であることは少ないと思われるので、平均給与が1000万円越えてなければ、プログラマとしてキャリアを積んで1000万円の大台に達することは難しいかもしれません。

大学卒業までにどんなスキルを身に付ければいいの?

と、1000万円を稼げる企業がおわかりいただけたかと思いますので、次にこれらの企業入社するにはどうすればいいかについて考えてみましょう。

まず先に2のグループ企業についてですが、私は全く明るくないので、どんな採用プロセスなのか全然わかりません。とりあえず英語憶えてたほうが外資系選択肢に入ってくるのでいいんじゃないですかね?

次に1ですが、こちらもやはり英語がわかると、海外での勤務が選択肢に入ってくるので同じくおすすめです。新卒日本法人に入る場合は、企業によってはちゃんと英語習得のためにフォローが入るので、技術力優先だったりもします。

ここまできてようやく技術の話が来ましたが、具体的に何ができればいいの?というと、まずポインタ再帰呼び出し理解できるか調べてみましょう。

Joel先生が書いてますが、ポインタ再帰呼び出しはどんだけ優秀なプログラマでも何故か書けなかったりするので(http://local.joelonsoftware.com/wiki/Java%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AE%E5%8D%B1%E9%99%BA)、まずこれらをちゃんと理解してるか見てみましょう。私も世界中の100を越えるプログラマ面接を行ってきましたが、再帰呼び出しを書かせようとすると絶望するプログラマはとても多いです。

ポインタは使う機会は大分減ったと思いますが、再帰呼び出しはまだ現役なので、理解できなくて、プログラマになりたいわけではなく、ただ高給取りになりたいのであれば、別のキャリアを目指した方が楽かもしれません。

採用において重要なのは履歴書の実績と面接での技術力です。ベイエリアなどの企業プログラマ採用面接では、「あなた自身動物に例えると何ですか」みたいな質問を聞いてくることはありません。技術的な質問、又はコードを書かせる問題を出してきますTop Coderのような競技プログラミングと似てるので、練習しておくことをおすすめします。各種データ構造アルゴリズム計算量を憶え、うまく適用できるよう勉強しましょう。

面接官によってはコンピュータネットワークの仕組みについて聞いてきたりするので、ヘネパタ、オペレーティングシステム、詳解TCP/IPあたりは読んどくといいかもしれません。後々色々な技術を学ぶ時に理解が深まりやすいので、どちらにせよ読んでおいて損はないです。

面接対策だけでなく、プログラムはよほど専門的な内容でなければ、レファレンス引きながら問題なく実装できる、というレベルには達しておきましょう。履歴書に華を添えるなら、オープンソースプロジェクトに参加するかソフトウェアサービスを公開してみてください。githubアカウント名やプロダクト名、サービス概要URLを書いておけばあなた技術力がより上手く伝わるはずです。

外資だと必要になる英語ですが、技術的な話がを中心であれば、一般会話より必要ボキャブラリが限られており、習得は思われているほど難しくはありません。かつ、メールテキストベースでのやりとりが中心であれば、最初のうちは大変ですが、ゆっくり時間かけることもできます

採用された!どうすれば1000万貰えるの?

あなた技術力が認められ、年収1000万円はないかもしれませんが、結構な高給取りになれました。おめでとうございます!さてここから昇給するにはどうすればいいのでしょうか?

(シャイニング増田先生次回作にご期待だくさい!)

お金が大好きなシャイニング増田先生過去作品はこちら:https://note.mu/whynotgetrich

2016-04-30

やっぱ田舎には住めない

GW実家帰省している。

実家は、イオンが一番の娯楽みたいなどこにでもある田舎町。コンビニも車で10分くらい。

田んぼばかりで車がないと移動できない。高齢化が進み、帰省するたびに家が消えていくのが分かる。

別にものがなくて住めないと言っているのではなく、

田舎ならではの閉塞感に嫌気がさしている。

話題は、◯◯さんがどうのこうの、どんな考えを持っていて、誰と結婚した、誰が昇進しただの、はっきり言ってどうでもいい。

他人の一挙手一投足を観察し、いかに暇を潰すか必死に見えてしまう。

地元高校を出た後は、隣県の少しよい大学に行って、海外留学もして、その後東京ITベンチャー就職して2年になる。

とにかく自分のやりたいことを追求してきた。東京では、同じ興味を持つ人と繋がり、人間関係自由に作ってゆける。コミュニティに入り、

好きなことを語り合い刺激を受け、色々挑戦することができる土壌がある。挑戦すれば道が開けてくる。

東京では、積極的勉強会コミュニティ活動に足を突っ込み、好きなものを作り発表し、その分野では少しづつ認められてきたと思う。雑誌WEBメディアテレビ取材もちょくちょく受けるようになり、ありがたいことに講演依頼も頂くようになった。

自分は本当にやりたいことしかやりたくない人間である特定の分野については時間お金を費やして夢中になれるが、興味のない分野は

全然やりたくもない。いかに家事時間を減らしてそのことに時間を費やすかばかり考えている。人との適当コミュニケーションも苦手だ。

友人は本当に気心が知れた数人のみ。仕事でもプライベートでも好きなことをひたすらやって、たまに友人と遊ぶだけでとても満足な生活だ。

そんな人間は、田舎では生きられないと、強く感じている。

田舎では、自分の望む人とだけコミュニケーションを取って生きることができない。周囲とうまくやっていくためには、地域活動に参加し、土着コミュニティに入っていき

とりとめのない話に終始しなければいけない。尖ったコミュニティもない。IT企業もない。

フリーランスでやれないかとも考えるが、ちゃんと企業勤めしないと周囲の信用がなくなる。

周りから会社にも行かずにフラフラしてるだけの人と認識される。

まりは、田舎には僕みたいな特定の分野に特化した人の受け皿がない。

なのでもっと東京で色々挑戦したい。スタートアップ企業にも関わっていきたいし、海外で挑戦もしたい。

博士号も取りたい。

だが長年育った土地でもあるし、育ててくれた祖父母への恩もあるし、故郷を捨てる決断もできない。

そんな田舎育ち人の葛藤

2016-04-14

仕事が暇すぎて鬱を発症することってあるの?

タイトルの通りなんだけど。

で、今、「鬱直前」みたいなことを言われて(意味がわから無い)、定期的にカウンセリングを受けているんだけど、どう考えてもお金だけ取られている気がする。

会社には定期的に通院していると話しているのだが、鬱って言われてたら確かに楽だな、なんて思った。

そんなことを考えているから、鬱じゃないんだろうけど。

で、本題だけど、今、仕事が暇で暇でしょうがないのに、会社に拘束されている状況が続いている。

仕事量はだいたい2時間で全部終わる程度。

スタートアップ企業ってこんなに仕事がないものなの?

みんなのんびり働いている。

前職ではバリバリ働いていて、8時間労働時間は充実していたから、ギャップに衝撃を受けている。

転職は失敗だった。とても後悔している。

前みたいに充実した仕事をしたい。

今朝、起き上がれなかった。

でも、これを書いたら、なんとなく会社にいけるかもしれない。

退職意向を伝えてからそろそろ一ヶ月経つけど、もう辞められるよね?

法律とか、ちょっとよく分からないからアレなんだけど。

追記 2016/04/14 15:35

会社ついたら席なくなっていた。

フリーアドレスからどこに座っても良いんだけど、上司が席指定してたんだよね。

あいいや、俺もこいつ嫌いだし、別の部署の島に座ろうっと。

2016-03-17

スタートアップ男子生活

朝起きると隣で同じシェアハウスに住んでる男子女子が酔いつぶれていたのよそ目に、シャワーを浴びる。

朝飯は大都会東京の空を眺めながらサードウェーブコーヒーパクチーサラダグラノーラ定番だ。

リュックmacをぶっこんで、iPhoneオキニ音楽を流したなら準備OK。ピストに跨がり渋谷の街を疾走。もちろんノーブレーキだぜ?

出社。とりあえずFacebookTwitterのチェックで午前中を終わらせる。

昼はおフェロ広報カフェランチInstagramでメシを撮るのはマスト

午後からは終日ブレストMTGスタートアップにはこれが欠かせない。

pm20:00、会食へ。投資家事業家たちとクラフトビール乾杯。帰りはピストに乗るわけには行かないからウーバーで帰宅

ここから、やっと充実した独りの時間が始まる。

スタートアップは忙しい。

2016-03-10

得手不得手

イベントパーティに行った時、何に興味を示すかは人それぞれだろう。

「どんな人が来ているかな」「どんな食べ物が出るかな」などなど。


自分場合、そういう場所だと、演出ライトフォーカスしてしまう。

ライトの点滅を眺めながら、それがどんなパターンで動いているか見極めようとし、分かったら「ああ、なるほど」と勝手に喜んだり。

まり、世の中のあらゆる物事について、ルール法則性と言われるようなパターンを見出す形で理解しようとするのだ。

世界パターン化というアプローチによって抽象的に捉えようとすると言い換えれば聞こえはいいが、自分で作った思い込みに囚われやす性格とも言える。


そんな自分にとって、プログラミングなんて簡単な仕事の部類に入る。

コンピュータ人間と違って全く融通が効かないし、指示命令であるプログラムコンピュータ行間を読まないことを前提に書かないと動かないし、何よりコンピュータの側が操作する人間気持ちを汲んでくれることは絶対にない。

こう書くと極めて面倒なシロモノに思うかもしれないが、実はコンピュータに通じる共通パターンみたいなものがあって、それさえ分かってしまえば、あとはポイントを押さえ大いに効率よくやることが可能なのだ

からこそ、自分にとってプログラミングは好相性とも言える。

はいえ流石に家に帰ってまでプログラムを組みたいほどではないが、それでも仕事にしたのは人生の選択として自分をほめてやりたい。

もちろんシステム開発に占めるプログラミング割合は低い方なのだが、客が本当に欲しいものと、実装が楽になる方法の両方を常に勘案するという手法仕事を進めているので、今のところ大事故はやらかしていない。

また、「マニュアルを読んでその通りにする」のもこれまた得意。

そこに来てプログラミングの土台となるミドルウェアは「とりあえずこうすれば動くよ、そんな難しくないからやってみ?」みたいなスタートアップのための情報が必ずあるので、これまた「動かなくてギブアップ」という経験は皆無。


一方で、同じITであっても、アプライアンスストレージ管理がメインとなる、運用仕事は全く苦手だったり。

メーカー・機種ごとに色々違っていて標準的手法があまりないところに、それぞれ細かいところまで見ていかないといけないこともあって、自分お得意のパターン化があまり通用しないので、その時点で攻略する情熱や興味をを失ってしまうというか。


しか機械相手ならまだいい。

一番苦手なのは人間相手」だ。

要するにコミュニケーションが苦手なのだ

人間パターン化がほとんど通用しない相手の最たるもので、そんなパターン化とか考える暇があるなら、もっと目の前にいる相手のことをきちんと観察しろよって話である

しかし脳がパターン思考最適化してしまったせいか、相手ありきの現物合わせが全くできないのだ。

「どういう言い方や持って行き方だと、最もスムーズ意思を伝えられるか」は「相手が何を思ってその言動になっているか」という想像力問題になるが、その想像力自分には少しも備わっていない。

なのでマニュアルなんて読んでも時間無駄だし、多分そういう分野はマニュアルというよりレッスンor稽古or練習がモノを言う世界なので、マニュアルのものナンセンスという可能性が高い。

じゃあ練習すればって?誰を練習相手に?という取っ掛かりで詰んでいたり。

そもそも「パターン化できない」時点で「うわめんどくせー」と感じてしまう時点で、これ以上のコミュ力の成長は望めないだろう。

でも、もしこういうことが上手くできたら人生更に楽しいだろうなーとも思うので、なんとも悔しい。

お陰で、自分はこのままだとリーダー営業職をこなせる可能性はゼロだし、多分それは機会損失でもある。まあ無理にやって周囲に迷惑かけるよりはマシだけど。


これは余談だが、それもあってか、フィクション世界で目にする「人好き系リーダー」は、自分が最も好みのキャラだったりする。無い物ねだりの変形だろう。

ここ数年だと、ラブライブ!高坂穂乃果マイブームかな。

アニメ第一期ラスト3話の大ポカも含めて、愛すべきキャラだと思っている。

2016-03-08

http://anond.hatelabo.jp/20160308072216

別に、元が取れない人が大半であっても構わないんだよ。その世代の中で飛び抜けた少数が出てきてくれれば元は取れる。スタートアップへの投資と一緒。

そんじゃあ最初から選別して集中投資すればいいじゃんって思うかもしれないけど、どうやって正しく選別すればいいのかとか、教育レベルが極端に違う社会は安定するのかとか(優秀なのが素晴らしい企業を立ち上げたとしても商品サービス売る相手一般庶民だ)、あまり自明じゃない。

テストなんか書かなくてもいい」の記事に反応している人たちに対して思ったこと

http://mosa-siru.hatenablog.com/entry/2016/03/06/173930

この記事炎上したらしい。

正直炎上する内容ではないとは思うのだが、ブコメを見てなんかイライラしてしまったので思うことを書いておこうと思う。

まず、タイトルに対して過敏に反応しすぎだ。内容を読めば、テストなんか書かずにとっととリリースのためのコードを書け、ということを言いたいのではなく、自分エゴのために本質的でないことに時間をかけてもしょうがないでしょ、ということを言いたい記事であることは明確であるし、別にこれはエンジニアリングだけに当てはまることではないと思う。例えば、洗濯毎日しなくても、休日にまとめてすればよく、その空いた時間を他の大事なことに使おう、とかと同じようなことだと思う。要するに自己満足のための行動をするのではなく、本当に大切なものをきちんと見極めましょう、ということである

また、この記事を書いた人は、直接面識はないが少し調べたらエリートというのがわかる。学歴、経歴が凄いからといって無条件に支持することにはならないが、少なくとも「テストなんか必要ない」という主張を書くようなエンジニアでないことは明らかだ。書いた人のバックグラウンド理解せずに、タイトルだけで判断したり、内容を真っ向から否定するような人は、自分条件反射で嚙みつくバカですよ、と自ら告白しているようなもので、そこに凄いイライラしたし呆れた。もうちょっと、人を判断する力をつけるべきだ。

そもそもテスト100%書こうとしたり、ドキュメントを綺麗に整えたり、無駄コーディングスタイルに厳しかったりする人は非モテ童貞オタクである可能性が高い。得てしてそういう人らは、理想けが高く、自分の考えを曲げず、頑固だ。だからスタートアップ的、いわゆるリア充的な考え方を受け入れることができないのだ。柔軟性とも言って良い。今必要なことはこれだからテスト別にいらないな、という考えをあるフェーズではもつことができ、違うフェーズに行けば、テストをしっかり書くモードに切り替えることも可能なのだ。そういう柔軟性を、過剰に反応している人たちは是非持って欲しいし、そうじゃないといつまでも非モテのままだ。

この記事に過敏に反応している人たちは、サラリーマンエンジニアとしては優秀かもしれないが、結局はいつまでもサラリーマンエンジニアだ。自分エンジニアなのだから技術のことだけを知っていればいい、コミュニケーションなんていらない、とかいうような人もこのタイプだ。当然、そのほうが楽だし楽しいとは思う。だが、さらに上に行こうとすると、この炎上記事を書いた人の思考にならざるをえないのだ。できれば、ほとんどコミュニケーションも取らず、企画も考えず、技術のことだけ勉強して金をもらいたいというのが本音だ。どうか、そのことを理解した上で、敬意を持つようにしてほしい。

テストなんか書かなくてもいい」の記事に反応している人たちに対して思ったこと

http://mosa-siru.hatenablog.com/entry/2016/03/06/173930

この記事炎上したらしい。

正直炎上する内容ではないとは思うのだが、ブコメを見てなんかイライラしてしまったので思うことを書いておこうと思う。

まず、タイトルに対して過敏に反応しすぎだ。内容を読めば、テストなんか書かずにとっととリリースのためのコードを書け、ということを言いたいのではなく、自分エゴのために本質的でないことに時間をかけてもしょうがないでしょ、ということを言いたい記事であることは明確であるし、別にこれはエンジニアリングだけに当てはまることではないと思う。例えば、洗濯毎日しなくても、休日にまとめてすればよく、その空いた時間を他の大事なことに使おう、とかと同じようなことだと思う。要するに自己満足のための行動をするのではなく、本当に大切なものをきちんと見極めましょう、ということである

また、この記事を書いた人は、直接面識はないが少し調べたらエリートというのがわかる。学歴、経歴が凄いからといって無条件に支持することにはならないが、少なくとも「テストなんか必要ない」という主張を書くようなエンジニアでないことは明らかだ。書いた人のバックグラウンド理解せずに、タイトルだけで判断したり、内容を真っ向から否定するような人は、自分条件反射で嚙みつくバカですよ、と自ら告白しているようなもので、そこに凄いイライラしたし呆れた。もうちょっと、人を判断する力をつけるべきだ。

そもそもテスト100%書こうとしたり、ドキュメントを綺麗に整えたり、無駄コーディングスタイルに厳しかったりする人は非モテ童貞オタクである可能性が高い。得てしてそういう人らは、理想けが高く、自分の考えを曲げず、頑固だ。だからスタートアップ的、いわゆるリア充的な考え方を受け入れることができないのだ。柔軟性とも言って良い。今必要なことはこれだからテスト別にいらないな、という考えをあるフェーズではもつことができ、違うフェーズに行けば、テストをしっかり書くモードに切り替えることも可能なのだ。そういう柔軟性を、過剰に反応している人たちは是非持って欲しいし、そうじゃないといつまでも非モテのままだ。

この記事に過敏に反応している人たちは、サラリーマンエンジニアとしては優秀かもしれないが、結局はいつまでもサラリーマンエンジニアだ。自分エンジニアなのだから技術のことだけを知っていればいい、コミュニケーションなんていらない、とかいうような人もこのタイプだ。当然、そのほうが楽だし楽しいとは思う。だが、さらに上に行こうとすると、この炎上記事を書いた人の思考にならざるをえないのだ。できれば、ほとんどコミュニケーションも取らず、企画も考えず、技術のことだけ勉強して金をもらいたいというのが本音だ。どうか、そのことを理解した上で、敬意を持つようにしてほしい。

2016-03-04

入社して頂いたらやりたい事は沢山あるんですよ~と言う会社地雷

エンジニアとして転職活動をしていて得た経験則

エンジニア不足の企業スタートアップや内製化に急転換中の企業)の事業責任者レベルと話してて、自分が入ったら具体的に何をして欲しいか聞いたらこう返ってくる事が何度かあった。

プログラミングさえ出来ればすごいサービスが作れると思ってるふわふわマインドの表れで、その後観察してるとエンジニア獲得した後もグダってる事が多い。

2016-03-01

ハッカソン主催者の方へ 今後対応すべき7つのこと

http://anond.hatelabo.jp/20160229181829

嫌な事件だったね

今後に向けて、どうすべきか考えよう


お金をかける価値があると思っているのであれば、まずは実施しよう

よいハッカソンはよい運営から

審査コード

持ち込みはコード量で見抜こう

プレゼンは1分

まり豪華は賞は用意しない

審査員自身が触るのは大事

  • ここいいな、と思ったらちゃんと触ること
  • あなたが良いと思ったのは、ただのpngファイルかもしれませんよ

2016-02-29

学生の遊びに付き合ってる暇はねぇ

スタートアップしてます。そこそこ知られている(が規模は小さい)ので、月に数回、世界中学生さんが何らかのリサーチプロジェクトで協力を要請してきます

さて話は過去に遡ります。以前、友人の妹さん(外人です)が、修士プロジェクトで協力を求めてきた事があったのです。

内容はスタートアップ社会に与える影響だの云々みたいな、まあビジネス社会科学系の学科によくある中身でして、友人の妹さんという事で断れず引き受けたことがあります

正直、本業よりはるかに大変な作業で、自分のやっている事業を全て書き起こしして、社会へのインパクトなどを説明する資料を作らなければならない羽目になったことが有ります

(さすがに途中で切れて、お前がもっと勉強してからやれといったのですが、相手がまだ20歳そこそこで、何が悪いのかも全く本人がわかっておらず、いろいろ大変でした。友人とは友人のままですが、さすがに大学教科書や恐らく教授が板書したような切り取った質問集を丸投げされたのには参りました)


これだけではなく数回、協力して懲りてしまったので、大企業ならともかく零細事業ではさすがに 学生の遊びに付き合ってる暇はねぇ!

といいたいのですが、今日もひっきりなしに世界中学生からメールが来ます

皆さんの会社でもあるところもあると思いますが、どうしてますか?