「スタートアップ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: スタートアップとは

2017-01-12

自営だけど生活が苦しい

ウェブサイト制作とか単価下がりまくってワロスワロス

アイミツ案件なんて絶対取れない(取りたくない)

 

以下、年初だし去年の自分に感じた疑問など戯言。 

・そもそも朝8時に出社して夜22時まで働いて、なんで赤字なのか

・土日に無理して引きこもって仕事するフリする今より、プールサイド読書してた頃のほうが儲かってたじゃん

飲み会断るようにしてから、逆に昼の時間無駄な動きが増えたんじゃないか

・完全に思考キャッシュフローに絡め取られてるから今年は3年後までのPL意識して動いて下さい、自分

借金取りと発注元に追われてTwitterFacebook更新止めてるけど、つぶやき続けないと新規案件舞い込んでこないよね

スタートアップ野郎もの飲み会、避けてきたけど、あの人達とつるんだほうが儲かるのはわかってる

 

名前変えて新しく起業したら余裕で食える自信はある。

 

てことは、

・8時から17時 > 借金返す自分

・18時から22時 > 新しいことする自分

に設定して17から18時を走るか泳ぐかリセットする時間にすればよくね?

 

あなたはやれば出来る。

がんばれ増田2017

資金調達後にアマゾンの欲しい物リスト公開って何考えているんだ?

SNSタイムラインに流れてきたんだけど、ご報告とお願いということで、

単位資金調達の報告と欲しいものリストへの支援という内容が、

とあるスタートアップ企業CEOより投稿されていた。

オフィス移転直後らしく、傘立て、ミーティングテーブルシュレッダー

空気清浄機掃除機などがリストにあったが、億単位資金調達したにも

かかわらず、なぜ欲しい物リストを公開しているんだ? この手のリスト

公開して支援をお願いするのって、創業直後だろ、普通は。もし以前から

公開していたら、資金調達を機に非公開にするだろ。


単位資金調達後にこんなことをするなんて、何考えているんだ?

何も考えていないからこんなことをするのかもな。

2017-01-10

日本人生産性が悪いってこういうことじゃね?

日本場合

優秀なヤツ「これからはAが来ます! Aを取り入れたサービスを展開すべきです!」

上司「そんなもん根拠ないだろ。何か資料持ってこい!」

優秀なヤツ「一応こういうデータがありました。あと別会社の取ったアンケート結果も」

上司「これだと、Bがいいとも取れるぞ。そのアンケートも前提が曖昧だ」

優秀なヤツ「独自アンケート取ってみました。」

上司「よし、じゃあ上程してみるから資料作っておけ」

優秀なヤツ「できました!」

上司「不備があるからこことここ直して。あとここの言い方、引っかかるから表現変えておいて。」

上司「根回ししておくからちょっと一緒に来い」

上司部長はこの部分のリスクが引っかかっていたから、修正案考えておいて」

上司承認取れたぞ。4月から予算とれたからやってみろ」

優秀なヤツ「」



と、ここまでやらないとやらせてもらえない。本筋とは関係ない社内調整で追われ、それができないと何も新しいことができない。


生産性の高い国の場合(妄想)

優秀なヤツ「これからはAが来ます! Aを取り入れたサービスを展開すべきです!」

上司「よし、お前がそう思うならやってみろ。失敗しても会社としても知見が貯まるからいっきりやってみろ」


もちろん毎回都合よくこんな簡単にいくわけはないが、少なくとも日本よりマシだと思う。



## 追記

正直、半分愚痴で書いたんだが、そこそこブクマついてて驚いた。

IT系なんだけど、尊敬していた上司が、「こんな社内調整をやるためにこの会社に入ったんじゃない」

と残し辞めていった。

生産性の話で言いたかったのは、新しいことにチャレンジしていかないと従来の延長線上でしかなく、劇的な成長は見込めないが、

過度な社内調コストがあると、先見の明がある人はやる気をなくしてどこかへ行ってしまうということ。

## 追記2

ブコメを読んで何が本音だったかを考えると、

何でこんなに技術的知見を持った俺の意見採用されるのにこんなに時間がかかるんだよ、という愚痴に尽きる。

海外スタートアップ方法論を学んでから入社した。色々作ったり勉強した結果、ある分野では外部からそこそこ認められるようになった。

でも社内で色々やろうとすると、社内調整だらけでうんざりした。もっと本質的議論を重ねて、世界を驚かすものを作りたいのに。

こう思う俺は、起業スタートアップにでも行くべきなんだろう。

ちなみに、「こんなの作ってみたんですけど、どうですか」はよく使う。

2016-12-30

走れども給料がもらえない!?UberEats配達員をする夢を見た

これは夢です。ロングスリーパーなもんで、結構な展開がありました。

夢なんで名前失念、でも誤字はめんどくさいのでそのままです。

8月終り、本当に痩せなければ。。。ひと夏で2回も熱中症で倒れるなど。。。と思っていたところに届いたメールに書いてありました「自転車配達をしませんか?」

お昼の時間帯や、何か口さびしくなって食べてしまいそうな時にちょっとひと走り、なんて思い立ったときバイトができるならいいなと思い9月頭登録

(あとは話題スタートアップ、どうせなら頼むだけより体感してみようというちょっとした気持ち

都内オシャレエリアの地下にある説明会会場には山積みの配達バッグ。

女性には一回り小さいものをっていうけど、3キロはあろうかというバッグ。

折りたたみも出来ないそのバッグを1日持ち運んだら角が背中にあたって腰が痛くなった。

丸1日このバイトしかしないと言うならいいけど、このバッグ持って朝から出歩いて途中で気楽にお仕事って感じじゃないのは厳しいなぁ。

でもまぁせっかくバッグを受け取ったんだから一回はやろう。

UberEATSの配達員をやってみたら、長文になった : akiyan.com

バイト1日目、本格稼働翌日

上記ブログを読んだうえで満を持して参戦。主戦場エリアに向かう途中、気のいいおじさまから今日恵比寿が忙しいよ!」などと教えていただきバイトフレンドリーさにほっこり

学び。

・あれ?アプリから電話できるって言ってた気がするけど、なんでアナログに自分の携帯電話するの?相手の番号も自分の番号も丸見え。

・つか、恵比寿とか代官山とか青山って坂か!電車バスで今まで楽をしすぎてたわ

5件を4時間くらい配達した感想は、太もも使われた感がひどい。どれだけ運動してなかったんだ。

私にあたった人、遅くなってごめんね、駅前以外そんなに土地感ないんだ。。。

バイト2日目、雨の日の稼働

500円キャンペーン×雨=鳴りやまない呼び出し音

配達中の呼び出し音に、壊れたのか!?と思ってスマホをいじってしまったら、配達完了ボタンを押してしまい、配達中の荷物をどこに持って行けばいいのかわからなくなる。

問合せしなきゃ。。。どこ?アプリの中にあります、すぐわかりますって説明されてたのに。。。

やっと見つけて電話。繋がるまで待たされる時間15分。繋がったオペレーターも働き始めたばかりです感が漂っていた。オペレーターもお客さんの住所情報は見れないらしく、結局お客さんに電話誘導してもらった。OJTにもほどがある。。。

学び。

・「個人情報から」という理由で画面が見れなくなってもお客様電話番号は教えてもらえない

バイト3日目、よい秋晴れの日曜日、完全にサイクリング

目的地はUberが決めてくれるし、何なら途中で公園によってもよい。

ぼーっと考え事しながら走る夕方はよい風であった。

学び。

お客様指定したピンの位置が間違っている可能性は1/2

お客様のお怒りもキムタク的なドラマだ、と思ったら笑えてきた

自転車スペックによる諸々の差は本当に申し訳ない、ママチャリでごめん。

本題:お給料がもらえてなかった

そんなある日、自分のオフィスでオーダーした。

とある方を見習って、クリスピークリームハロウィンボックス12個入り。

2つ自分で食べてあとはオフィスの人に差し入れるために(売名)。

その時、配達のおにーさんがいいことを教えてくれた。

銀行口座確認しました?給料はいってない人が結構いるみたいですよ」


私、天下のみずほ銀行ですよ?

・・・・あ、入ってない。入ってないなー。

問い合わせるのか。。。どこに?ああ、これかな?

わたし

お世話になっております。 9/28分につきまして銀行口座確認しましたが振込みがされていませんでした。

ついでなのでお伺いしたいのですが、この週のインセンティブについて応答率が75%だったから80%に満たず支払いがされないと書いてありました。 応答の時間が過ぎる前に消えてしまって取れなかった場合にもパートナー側の応答率が悪いと言うことになるのでしょうか?

回答

お世話になっております

質問について回答致します

インセンティブアプリへの反映について

インセンティブアプリへの反映は、稼働いただいた週の翌週の火曜日から水曜日にかけて、反映されるものとなっております

◆応答率のインセンティブへの適用について

こちらは対象となる期間の応答率により、インセンティブの処理が行われます

レストラン商品をとりに行く際、また、注文者の方への配達の最中に、システム効率的だと判断した場合に追加のオーダーが入ります。常にアプリ確認するようお願いします

応答率を下げないためのヒントとしましては、以下をご参考として頂ければ幸いです。

・常にスマホの音が鳴る設定としておく

配達の依頼が受けられないときには、必ずオフラインにする

・依頼がかかると、画面がフラッシュするよう設定する。「アカウント」→「設定」→「アクセシビリティから、こちらの設定を変更できます

UberEATSのプラットフォームでは、パートナー配達員の皆様に対しても効率よくお仕事をしていただくために、最大限のサポートしたいと考えております

ご理解とご協力をお願いいたします

えーっと、お金のことは???どこのできの悪いAIに仕事させてるの?

wats○nではないと信じたいぞ。


ダメだこりゃ!と言うことでオシャレ説明会会場へ直接聞きに行く。

他の配達員Twitterから巨大バッグに折り畳みバージョンが出て、持って行くと交換できると情報入手したのでついでに。

わたし

給料払われてないでーす


スタッフA

口座の入力ちゃんとやってますか?


わたし

はいみずほ銀行です。見ていただいて構いません。


スタッフA

出来てますね。。。ちょっと待ってください。

スタッフBに聞きに行く、つかつかとやってくる)


スタッフB

どこの銀行指定していますか?マイナー銀行だと出来ない場合がありますので大手にしてください。それに口座の入力をキチンとアルファベットで書いていますか?みなさん全角で入れてエラー出してるんですよね


スタッフA

出来てます(小声)


わたし

みずほ銀行ですし、入力はAさんが確認していますよ。


スタッフB

大手と言ったばかりですみませんが、今振込みができていない人はみずほ銀行の人が多いんです。他の銀行口座お持ちでしたら変えてください。それとこれが口座の入力方法ですからよく読んで(紙渡される)。


わたし(元銀行レオペ)

今日水曜日ですけど、今変えていいんですか?いつ口座データを読みなおすか把握してないなら入金作業がない土日に変えた方がいいんじゃないですか?


スタッフB

そうですね、そうしてください。


わたし

誰とやり取りしたのか1からまた説明しなければならないのは面倒なので、お名前教えていただけますか?


スタッフB

名刺がありません。

そうかー、名刺がないと名乗らなくていいのかー。英語ができるといいスタートアップで働けるらしい。くいっぱぐれないように子供ができたらとりあえずバイリンギャルにしておこう。あ、でも英語メインにすると礼節がわからなくなるかもしれない、悩ましい。

さておき、目先のめんどくささは回避したいのでもう一度同じ質問をして手書き名前メアドを教えていただく。

でも、その後2週間近く、全く連絡がない。

わたくし to B & to 問い合わせ代表 2016年10月24日 11:44

お忙しいところおそれいります

10/12にお伺いし、9/28の週の分のお給料が入っていないことを申し上げました。

その翌週の10/3-10も入金がありません。

みずほ銀行の口座番号はキチンと入力しており、そちらの管理画面上支払い済みになっている件を調査していただけるとのお話しでしたが現在に至るまで、そろそろ2週間たちますが全く連絡がありません。

翌週、こちらからご提案したように三井住友銀行へ口座番号を変えたところ10/10の週の分のみ三井住友銀行へ入金があったとの明細書が郵送で三井住友銀行から送られてきました。

お伺いした際にも申し上げましたが、立ち上がったばかりのサービスで多少の不具合は仕方ありません。

しかし、お約束した連絡が一切ないことにつきまして、誠意ある対応をお願い致したいと思います

2週間分の支払いについて回答を至急求めます


スタッフB  2016年10月24日 12:22

お世話になっております

ご連絡ができなかったこと誠に申し訳ございません。

現在進行形調査中なのですが、みずほ銀行の方で口座への入金のトラブルがあったそうです。

口座へ入金されるはずのお支払いが滞っているためそちら2週間分につきましては弊社のPaymentチームでお調べをしています

迷惑をおかけします

こちらでのやり取りは、弊社として履歴には残らないので

とあるメアド】へのご連絡をお願いします

何卒宜しくお願いします


問い合わせC 2016年10月24日 16:37

お世話になっております

ご連絡ありがとうございます

この度はお支払に関しましてご迷惑おかけして大変申し訳ございません。

振り込みがない旨を銀行のほうにはご連絡いただいてますか?

銀行に連絡いただくと解決したケースもあるようです。

お支払する料金はこちらでも確認できていますので

お支払しないということはありえません。

ご協力とご理解何卒よろしくお願いいたします

その他ご質問等ございましたら気軽にご連絡ください。

それでは今後とも何卒よろしくお願いいたします


わたし 2016年10月24日 17:05

オシャレ事務所に行く前にみずほ銀行に連絡し、その上でお伺いしています

入力ミスがないこともオシャレ事務所確認済みです。

調べていただいているのではないですか?


問い合わせD 2016年11月1日 13:45

お世話になっております。お世話になっております

お返事が遅くなってしまい申し訳ございません。

みずほ銀行については、本店へ入金の通知があった後に、支店への着金の際に不具合が生じている場合が多いようです。

お手数ですが、以前ご登録されていたみずほ銀行にも、直接入金の確認・催促をしていただきたいと思います

また、お支払いの受け取りの際に、マイナンバーや、明細などの情報提出を求められる場合もあるようです。

partners.uber.com

より弊社の送金が確認できる明細を見ることができます

現在、弊社のペイメントチームも、弊社の取引銀行に対して状況の照会を行っております

大変恐縮ですが、もう少々お待ちいただけると幸いです。

何卒宜しくお願いします


わたし to D  2016年11月1日 14:46

もうみずほ銀行には連絡済みです。

みずほ銀行ほにゃにゃら支店からはなんのエラーもないと言われています

これについてもお話しています

そちらのシステム上、支払い済みになっていることも代官山に行った際にお伺いしています

ほかの方はエラーになっているにもかかわらず、です。

何度もUberからみずほ銀行にと言われていますが、みずほ銀行からUberからもあっちに聞けと言われて困っています

問い合わせC 2016年11月2日 14:00

お世話になっております

ご連絡ありがとうございます

今回はお支払の件でご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。

現在、弊社の取引銀行に対して状況の紹介を行っております

同じタイミングで処理を行っている他のパートナーの方から着金の確認がとれた旨をいただいておりますので、速やかに着金いただくために他の銀行へと登録を変更することをおすすめしております

また、過去の送金分に関しまして、弊社の取引銀行のほうへ支払い不能の通知があった次の清算のタイミングであわせて送金の処理を行わせていただいております

個人的意見とはなりますが、三菱東京UFJ銀行をご利用の方が速やかに着金されている印象を受けておりますので、参考にしていただけると幸いです。

何卒よろしくお願いいたします


わたし  2016年11月2日 23:56

すでに三井住友銀行へ変更しています

しかもこちらから変更の日時も代官山にお伺いした時に提案しています

やり取りを見てください。このメールにも三井住友に変更している旨書いてありますよ。

そもそも銀行に問い合わせをとおっしゃいますが、確認するには振込み元のお名前(端的に”UBER”ですか?)、送金元金融機関名・支店名、日時を提供していただくことが最低限必要ではないでしょうか?

みずほ銀行に「Uberから振込みが海外のどこかからあった」という子どものお使いのような問い合わせをぜひUBERさんにもしてみていただきたいです。


問い合わせD 2016年11月3日 15:58

お世話になっております

Uber Japanの【D】と申します

弊社からパートナー配達員の皆様への送金処理は、弊社オランダ法人 UBER B.V. より毎週、日本時間水曜日までに行われております

皆様が明細に関するメールを受け取った翌日には、送金処理が完了しているという流れとなっております

今回、みずほ銀行から三井住友銀行に既に変更されているが、最初の2周分のお振込みがされていないという状況ですが、弊社のペイメントチームが現在調査中となっております

弊社がみずほ銀行宛に送金をし、不備により着金が完了しなかったお支払いが、みずほ銀行から弊社に一旦戻るというプロセス時間がかかっているようです。

大変ご迷惑をお掛けしておりますが、お待ちしていただくよう

何卒よろしくお願い致します


しばらくしましたら、三井住友銀行から着金のお知らせお手紙が届きました。

フォローさせていただければみずほ銀行は私への対応として悪いことはしていないと思う。電話のおねーさんレガシー銀行として素晴らしい対応であった。

結論:みんなUberからお金を借りよう!

返せなくても銀行が悪いから遅れてる!っていうと1か月以上払わなくてもましてや利息払わなくていい!もちろん支払いのめどがついたときに連絡する必要もないよ!

スタートアップに携わるものとしての教訓

スタートアップという世界はとても狭い。パッとみの金額は大きいけど、どれも純益ではない。狭い世界ユニコーンだと言われても、優秀な人材を集めるための特異な採用制度をとっているとしても、将来2010年代文化を語る際にこの名前があがるとは思えない。

スタートアップ業界は社会を変える文化を作るために、いつの時代も変わらないお客様、そしてファンの方を、サービスではないところで残念な体験をさせてはならない。

どうやら全般的にこの業界は礼節を忘れているようだ。日本おもてなしのみならず、社会的礼節でも世界を引っ張ってほしい。私も忘れないようにしようと思う。

素晴らしいバイト配達員

一気にバイトが集まったことの要因には一攫千金を狙えるお給金の提示があったと思う。登録している配達員だけで1000人は越えているはず。あからさまにお金で釣ったとしてもサービスに愛をくれる方たちに感動した。

サービスの立ち上げ期、あらゆるリソースが足りない中でTwitterを中心に情報交換がなされていた。一番すごいな!と思ったのは、早い段階でGoogleマップ配達エリアとお店情報をピンで刺したマップを公開してくれたこと。これを見たらどの辺にお店が集中しているか営業時間は何時なのか、どのあたりで待とうかと検討する要素として一目瞭然だった。割り切って働いていることといい、情報共有の柔軟さなどはさすが新しい形のバイト情報に素早くキャッチアップしている方たちならではと思いました。

ミニカーさん on Twitter: "TIPS:内側・配達員エリア(この中で待機)外側・お客さんエリア(届けたら直ちに配達員エリアに帰還すれば移動中はエリア内扱い)※画像合成 @newt_Uber さんありがとう(*´ω`*) "


AY@UberEATS_配達員 on Twitter: "なんか便利な地図できている。UberEATS用 - https://t.co/QGzEsKLWPq"

たけUberEATS配達員 on Twitter: "全店舗一覧配置地図完成。UberEATSで注文できる全てのお店の地図が完成しました。⇒ https://t.co/PaDVPIxLml #アメブロ @ameba_officialさんから"

もし読んでいるあなたがいい人を採用したいと嘆いているなら、他社がお金かけて拡散戦略に出たとき不条理な中でも便利ツールを公開してくれる人を自社に採用したらいいと思う。IT界隈のサービスなら、頼むやつも働くやつもIT界隈が多くなる。いい人をあぶりだすには少し潜り込めばわかる。この勤勉さは日本独特だと思う。

副業解禁の機運が出ている中で、効率よく本業も副業もこなし、いい相互作用を出してくれる人はひっぱりだこになるでしょう。ただその前提には日本お金が落ちてくることが必要Amazonをはじめあらゆるweb/IT企業が日本に入ってきて雇用を生み出してはいるが、お金海外に出て行ってしまったらジリ貧確実。

まぁUberがもったいなかったのは、バイトにSNSでのインセンティブなどの情報出しを制限したことかな。にしのあきひろさんの「まだ情報解禁とか言ってんの?」とおっしゃっていたブログにも共通するんじゃないかと思う。

また配達員の中で嫌な思いをしたのはごく一部と信じたい。現にお子さんが小さいママなど急なお休みを取りにくいシフト制のアルバイトよりもよいとおっしゃってる方がいる。現行法上グレーであっても法の趣旨にのっとり、ITの力によるなんらかのソリューション時代に合わせた新しい働き方が産まれることは歓迎すべきことだ。十分な検証の上、規制緩和をすすめてほしい。ただその場合でも忘れてはいけないのはパソコンの向こうには人がいる、不義理の上に成り立つ商売であってはならない。



来年は景気のいい夢が見たいなぁ。

おまけ。バイト5日目くらいの夢を追加で見てしまった。。。

わたし  2016年12月9日 11:08

今度は11/28からの週のお給料が入ってきません。

12/1 1384円でして、確定のメールすら来ません。

いくら以上でないと振込みをしないなど規約がありましたら教えてください。

よろしくお願いします


問い合わせE 2016年12月9日 19:05

お問い合わせいただき誠にありがとうございます

UberEATSサポートセンターでございます

お問い合わせいただいた件につきまして現在お調べしております

回答まで今しばらくお待ちくださいますようお願い致します

サービス改善に向けてスタッフ一同努めてまいりますので

今後ともUberEATSを宜しくお願い致します


問い合わせC  2016年12月9日 19:30

お世話になっております

ご連絡ありがとうございます

システム確認いたしましたところ、

送金処理は行われていると確認できます

明細の反映もあるかと思います

再度ご確認をお願いいたします

その他ご質問等ございましたら気軽にご連絡ください。

今後ともUberEATSを何卒よろしくお

体験記・TABI LABOブラック企業だと思う。

スタート1年弱で、モバイルに強いメディアとして認知度を上げたTABI LABO

おしゃれなビジュアル記事海外ネタ翻訳

イケてる会社だと思って入ってみたら、ブラックしか思えないトコだった。

ブラックポイント



1.パワハラの温床

失敗した人はみんなの前で公開処刑が基本。詳しく後で。



2.休日は月2日

もともと代々木上原にあった時はの雇用形態は、契約書もなく「残業代こみで○万円」みたいなやり方。

休日適当法務担当者が入り、一応会社っぽくなったものの、アクセス数がかなり下がった時「とりあえず記事を連発しろ」と〇〇ちゃんから号令がかかり、ライター休日は「月2日」に。週2日ではなく、月2日。



3.離職率の高さ

一年以上いる人はちょっとおかしい。まあ役員抜かせば数人だけ。たいてい転職活動うまくいっていない。

優秀な人が入ってくると、体制おかしさに半年以内でやめていく。

三ヶ月で三人辞めるのなんてふつう。だからみんな名前を覚えられない



パワハラについて

1. 「〇〇ちゃん」

DELLセールス出身で、自分の記録がまだ破られていないことが誇り。

そのため、セールス会社を動かす、と信じている。

口癖は「なんでできないの?」「一度言ったら分かってると思う」

セールスの成績が悪いと、ミーティングなど人のいる前で怒鳴る。なじる。責める。

部下をマネジメントするというよりは、怒って動かす系



2.社員間でも

他にもなぜか人がいる前で「体でかいのに全然セールス案件取れてない」「見かけ倒し」「あんなにできないヤツなんでいるんだよ」など、パワハラ発言日常。やめた人のことはかなりひどく言っているね



3.Slack

社内チャットツールとして、用いられているここも、パワハラパラダイス

例えば誰かが失敗すると、全員が見られるスレッド

「××の○さんから連絡がありました。A(失敗した人)さんの対応が悪かったため、怒っています明日謝罪してください」

とか

「B(失敗した人)はちゃんとやってんの?いつもこういう失敗してるじゃん」

と前の失敗指摘Slackを貼り付けるのは日常茶飯事。

「○大学出てるくせに全然仕事できない」

なんて言葉も送っちゃう人がいる。

失敗した個人ダイレクトメッセージで教える、とかではなく「みんなが読めるスレッド」に上げるところがキモ

これはもはや企業風土。報告の意味で「Aさん、××の○さんから連絡があってちょっと質問があるから個人に投げるよ」という手法ではなく「オープンにするため」(!)と「全員が見られるスレッド公開処刑」するのが好き



・他の驚きポイント

1.話を聞かない(聞けない)〇〇ちゃん

オールドメディア出身者が、ほぼいないTABI LABOメディアのありかたを教える的役割として、としなおさんが定期的にミーティングへ参加している。あくま数字を取りに行きたい〇〇ちゃんと、メディアの質を上げたいと考えるとしなおさんが衝突した時「〇〇ちゃん、うんうん言ってるだけで全然話を聞いてない」。これにも「そんなことないですよ」と流す対応ちゃう。としなおさんがいる意味って、あんの?



2.経営方針がよく変わる

例えばアクセス数が下がった時。「会社存続も危険状態」という説明だけで「なぜアクセス数が下がったのか」という説明がなく、ライターノルマ記事の本数を増やされ帰れない状態に。今でも「なぜ」の説明はない



3.無駄時間が多い

名物扱いになっている、ランチ作り。チームがあって当番制、押してる仕事があってもここは強制参加。ミーティングも多くて、ランチ当番とミーティングたくさんな日ががっちゃんすると、自分仕事なんてほとんどできない



4.やけにミーティングが多い

〇〇ちゃんが出席し、普段生活で楽しかったこと、みんなに伝えたいことなどを当番制でプレゼンしていく「びんダイレクトミーティング」や、としなおさんを交えて月一回、二時間タビラボの今後について話すっていうやつなど、やったらミーティングだらけ。ファシリとかいるけど、時間内には大抵終わらない。このおかげで仕事が進まない



5.情報管理適当

セールス部屋にはクライアント名刺が散らばっていて、誰でも見れる状態。お客の名刺をなくすヤツも多い。それによく物がなくなる(クライアントから借りてるものさえも!)



6.言い訳は「スタートアップから

面接で「タフな人じゃないとつとまらない」「臨機応変対応できる人じゃないとムリ」って言われてる人が多いけど、逆に考えると、、、って話。残業多いのも、休日ほとんどないのも、給料安いのも「スタートアップから」。9時5時のスタートアップもたくさんあるんだけどね



7.洗脳

失敗した時、なぜそれが起こったのかを教える人がほぼいない。怒鳴ってなじるので、多くの人が「自分仕事ができない」と思ってへこんでいく。そして「自分の居場所はここしかない」って思い始めると、ここでは長く働くことができるというスタイル自尊心が下がっているので転職活動もせず、うつ寸前になりながら歯車になっていく



スタッフ個人はいい人たちなのに、あの組織内だと平気でパワハラしてきたり。とても不思議企業

問題点が多いのに、働いているのはメディアに憧れを持つ人、タビラボかっこいいって思ってる人、洗脳完了した人たち。MAUの低下も、ブラックスタッフの心が病んでてそれが仕事に表れてるからなんじゃないか自分は思う

2016-12-13

スタートアップの終わりの始まり

バイアウト至上主義に終わりが来た。

モラルがないこともスタートアップなら大丈夫、とりあえずバイアウトを目指して突っ切る。


そんな時代はもう終わりだ。

夢見る若者に我々はもう優しくない。

今回のWELQ騒動でわかっただろう?

現実を見せてやろう。

何がスタートアップだ。

何がVCだ。



グレーゾーンをお前らが歩もうとするならば、俺らがその道に影を落としてクロにしてやるよ。

スタートアップの終わりの始まりだ。

2016-12-12

http://anond.hatelabo.jp/20161211173349

熱い関西への風評被害だ!と思ってたらTwitter晒されてて地元が同じやつで驚いた。

こいつと共通の友人(女)からレイプされそうだったという話も聞いたし、

中学高校でも男子どうしで擬似フェラ・擬似セックスみたいなのしたから納得してしまった。

ちなみに男子校出身

Facebookでもスタートアップだーみたいなこと言ってるけど

飲み会写真だけで圧倒的成長と海よりも深い感謝しかないし、エンジニアデザイナーがすぐに辞めたということも書いていたのでなんだかなあという思い。

アルコール強要よくないよ!!

2016-12-11

大企業銀行などでVCがどんどん設立されているところに思うこと

大企業VC銀行VCは、リスクマネー供給という名の、頭でっかちサラリーマン悪趣味的に行っている投資活動を行っている集団

今、大企業銀行などでベンチャーキャピタルVC)が続々と設立されており、ベンチャースタートアップへのリスクマネー供給は加熱してきているように思われる。

ベンチャーキャピタルとは何か、はこちらを参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%94%E3%82%BF%E3%83%AB

しかし、結論から言うと大半のVC(CVC銀行VC)の実態は「リスクマネー供給という名の、頭でっかちサラリーマン悪趣味的に行っている投資活動である」ことを断言しよう。

その理由を詳細にわけて説明していこう。ちなみに筆者は、VCから資金調達を実際にしている一スタートアップ起業家であることを注記しておく。従って、客観的に論じているつもりであっても、これはあくま起業家から見た目線に過ぎないことにご留意いただきたい。



VCを作ることに命をかけていない、だから熱量も全体として薄い

まず大企業銀行は、なぜいまVC設立するのか。

1つは、自社でやれることに限界を感じていること。

一言で言うと、ほとんどの大企業新規事業は失敗する。あれだけ、ヒト、モノ、カネが揃っている大企業であっても、特にIT業界であるベンチャースタートアップスピード感に(大企業の仕組み上)勝てないかである

もちろん、DMM.comのような大企業であっても新規事業を片っ端からどんどん仕掛けて、成功、失敗を繰り返す会社もある。

しかし、そのように自社内のリソースを使ってPDCAを高速に回して成功、失敗を繰り返すことはほとんどの大企業の仕組み上(稟議等)難しい上、上場企業であればIRというガバナンス問題からも自社内で積極的に動いてリスクを取ることが難しいからだ。だから、自社内でそれができるDMM.comのような会社は、そもそもベンチャー投資など滅多にしない。ベンチャースタートアップ投資などしなくても、自社内で同じことができるからである

から大企業はそれをVCという形でベンチャー投資をすることにより、なるべくリスクを抑えた上でイノベーションを起こさせ、シナジーという名の”囲い込み”を行うのである

もう1つは、「ベンチャーキャピタル」というワード自体バズワードであること。

これは、例えば中期経営計画等を発表している会社資料を見るとよくあることであるが、会社として更に大きくしていくためには当然ながら何かしらに投資をする必要があるわけで、その中で最もわかりやすいのがベンチャー投資をすることによりシナジーを高めていく、というストーリ自体が今トレンドなのである。故に、中経を発表している企業には、よくアクセンチュアボスコンといったコンサル会社からベンチャーキャピタルモデルで展開しましょう!」とコンサルティングを受け、ベンチャー投資に右も左もわからない状態でとりあえずVCを作ったりするわけである

他にもいくつか理由はあるが、こういったところから大企業VC銀行VCがどんどんできていくわけである

こういう理由で作られたVCというのは、だいたい子会社としてVC運用会社設立、自社のお金運用して投資活動を行っていくわけであるが、そもそもVCとして本気でベンチャー投資をしていくつもりがないのは、上記のような理由を見ると明白であるだろう。自社でこれ以上事業投資して大きなリターンを狙うことができない状況だからこそ、ベンチャー投資というブラックボックスに外見上依存するしかないのである

故に、とりあえずVCとして活動しておけば、それで一旦OKで目的の大半は達成されるのである



サラリーマンであるからこそ、リスクを取らない

独立系VCというのは、ベンチャーキャピタルという業種で「起業」しているのである。例えば、IVPやインキュベイトファンド、East Ventures、ANRI、等といったVCは、全て「ベンチャーキャピタル業を行っていく」という目的の元、有志たちが事業として立ち上げて、人様からお金を預かって運用しているので、彼ら自身ベンチャーキャピタル業でスタートアップしている、一種起業家でもあるわけである

故にベンチャーキャピタル業として行っていく熱量は、大企業銀行VCにおけるそれとはかなり違うことが明白だろう。なぜ独立系VC熱量半端ないかというと、理由簡単で、VCとして結果を出せないと、会社の売上や自分たちの成果にダイレクトに響いてしまうからである。従って、彼らが掛ける熱量というのは、スタートアップ起業家のそれと同等もしくはそれ以上くらい、本気なのである

しかし、大企業系のVC銀行系のVCはどうだろう。サラリーマンであるが故に、目先の自分評価ばかりを気にしているので、大きなリスクなんて取れないし、ベンチャーキャピタル自体が最悪失敗しても、「残念でしたね」となって親会社本体に戻れるので、大きなリスクなんて尚更取る必要もないのである。だから、わざわざ大きなリスクを取ってまで投資する意義なんてそもそもないし、自分たちで目利きもできないので他社が出しているところに相乗りだけで出すVCほとんどなのである

はっきり言って、リードとしてリスクも張らず、相乗りしかさないようなVCは、リスクマネーじゃないのでさっさと滅びたほうがいい。起業家にとっては、話す時間ですら無駄になることも多いし、余計に疲弊してしまうのである



頭でっかちな人は、「未来バリエーション」の想像ができない

ベンチャーキャピタル業を始めます!と言った際、言ったものはいものの、誰が査定してバリエーションやその他諸条件と言ったタームシートを決めるのか、という問題が今度は発生する。普通なら、ベンチャーキャピタリストとして経験したことのある人材採用したいところであるが、ベンチャーキャピタリスト自体がそもそもまだ少ないので、引き抜きをしてまで採用するのは難しい。従って、ゴールドマン・サックスモルガン・スタンレーといった投資銀行M&Aやらを経験したことのある人材を引き抜いて来て、彼らをベンチャーキャピタリストとして即戦力になってもらうわけである

当然、知識的な面では彼らのスキルベンチャー投資のそれに十分資するものであろう。未上場株のバリエーション査定も、難なくこなすことができる。しかし、彼らのようなエリートくん達が査定する際に最も問題となるのが、「彼らは会社現在価値査定することはできても、未来に対しての価値査定できない」ことである理由は明白で、彼らはエクセル上ではじき出される数字のみを信用し、事業自体実態事業を行う起業家経営陣という人の部分では成長性を判断しないのである。それはある意味、前職の職業エクセル上の数字(結果、ファクト)のみで査定すること自体は正しいことでもあるが、ベンチャー投資エクセル上の世界とはまったく別物なわけであって、浪花節的に起業家を信じて投資しないと、ベンチャー投資なぞ絶対できるはずもない。エクセル上の数字のみで信用できる会社は、それはもうベンチャースタートアップでもない、ただの中小企業であるベンチャースタートアップはまだ華が開いていない状態からこそ、水をやって信じ続けて、華が開くのを待つの投資家の役目なのではないだろうか。



日本VCがこうある以上、日本からは新しいイノベーションは起きづらい

故に、優良はベンチャースタートアップ投資が至らないケースも多々あるし、投資したベンチャースタートアップがうまくいかないことも多い。

これが、私が「リスクマネー供給という名の、頭でっかちサラリーマン悪趣味的に行っている投資活動である」と断言する理由である。もちろん、全ての大企業CVC銀行VCがこれだとは限らないが、ほとんど大半のVCがこういう現状である

これでは、日本からは残念ながらアメリカのような新しいイノベーションはより起きづらくなるだろう。リスクマネーという名の、悪趣味投資であるのだから

生半可な気持ちVCなんて始めるくらいであれば、最初から無い方がましである。頭でっかりなサラリーマン悪趣味的に行う投資活動は、今すぐやめたほうがいい。

2016-12-10

無謀なシリコンバレー居住ログ - 転職(その2) Advent Calendar 2016 12日目

この記事「転職(その2) Advent Calendar 2016」12日目のポエムです。


こんにちはプログラマーをしていた akiraak です。今はサンフランシスコ英語勉強ばかりやってるので、プログラマーではくイングリッシャーになってしまいました。

さて、転職は多くの人が知っているように大変です。しかし、海外企業への転職もっと大変です。さらに、家も就職先も決まっていないのに海外移住してしまうというのはどれだけ無謀な行動なのでしょうか。今回の記事の内容は、妻である ento がまさにそのような状態シリコンバレー移住し、そこで仕事を得るまでの1ヶ月半ほどのログになります。この無謀すぎる人間ログをお楽しみください。

登場人物

ento:♀プログラマー(妻)

akiraak:♂プログラマー(僕)

ポッキー:犬

アメリカに引っ越すまで

ログは全て ento 目線で書かれています

2014年10月にベイエリアをakiraakと下見し、フィーリングが合うことを確認

2015年3/31 両親と久しぶりに会い、出生証明書と期限切れUSパスポートをもらう

4/26 USパスポート申請予約 (最初5月17日で予約したが、キャンセルが出ないかカレンダーを見張った末、5月12日で予約できた)

4/29 イタリア観光旅行に出かける

5/?? 「entoとポッキーが先行引っ越しするのはありだよね」とakiraakと合意し、資金面問題いかを後で検討することに

5/10 イタリアから帰国

5/11 MindMeisterで引っ越し連作業をまとめるマインドマップを作る

5/12 USパスポート申請: 犬を連れていく関係上、できれば5月中に渡米したいのでなるべく早く用意してほしいとお願いする

5/12 akiraak実家山菜取り

5/13 同上

5/15 Googleスプレッドシートお金計算をし、アメリカポッキーと先行引っ越しすることを決める

5/17 Sky Toursで飛行機チケット予約 (往復便をうまく使ったりなどして、片道便をお安く予約してもらえた)

5/18 completeapp.comにユーザー登録、その後随時todoコメントをもらう (AngelListでみかけたスタートアップ)

5/18 自転車の運び方について製造元にメールで問い合わせ、返信をもらう

5/21 HanaCellにSIMカードを注文

5/21 アメリカ向けの確定申告書を郵送

5/21 USパスポート発送の連絡がくる

5/21 6月に泊まるAirbnbの予約に失敗 (Airbnb以外のサイト経由で別の人が既に予約していた)


5/22 LORO日本橋に適切なサイズの箱の有無を電話で問い合わせ、用意してもらう約束をする

5/22 6月に泊まるAirbnbを予約

5/23 HanaCellからSIMカードが到着

5/24 RoomieMatch.comとroommates.comとroomster.comに登録Redditルームメイト/部屋募集投稿

5/25 7月に泊まるAirbnbを予約

5/25 歯医者から矯正関係資料をもらうための予約

5/26 akiraak実家晩ご飯いただき地元友達大事だとさとされる

5/26 Reddit地元友達募集投稿

5/27 USパスポート到着

5/27 HanaCellから電話番号確定の連絡

5/29 ポッキー健康診断をうける

5/30 自転車用の箱をLORO日本橋で受け取る

6/03 歯医者矯正関係資料をもらう

6/04 散髪がてら、理容師さんに引っ越しの報告をする

6/05 飛行機搭乗

アメリカ1週間目

6/05 飛行場からオークランドの家までUberで移動

6/06 組み立てた自転車Laurel Cycleryにメンテに出す

6/06 近所のスーパーマーケットレジで「昨日引っ越したばっかりで、仕事を探してるんだ」と言ったら、「この前うちでジョブフェアをやってたんだけどね」と教えてもらった

6/06 TTGL見始める (Redditで会話したイギリス大学院生おすすめ)

6/08 RoomieMatch.comのプロフィール更新 (2人用から1人用へ)

6/08 Creddle.ioにレジュメをアップし、Reddit校正スレに投げる

6/09 RoomieMatch.comでマッチングされたルームメイトから電話がかかってきて、部屋を見に行く約束をした

6/09 同じ家のAirbnbゲストにくっついてSF見物 (彼女仕事を探していて、SFのMacy'sにスーツを買いに行った)

6/09 Whitetruffleに登録

6/09 Hired.comからプログラミング問題を解いたら翌週の「オークション」に掲載するよ、と連絡がくるが、なかなか手がつかず最後までスルー

6/10 Underdog.ioに登録

6/10 AngelList、Hacker Newsの「Who is hiring this month?」スレからめぼしい応募候補リストアップ、Glassdoorでレビュー確認 (以下の記事を参考に、Google スプレッドシートにまとめていった http://robertheaton.com/2014/03/07/lessons-from-a-silicon-valley-job-search/ )

6/11 SO Careersのプロフィール更新

6/11 Whitetruffle経由でA社から連絡

6/11 Soylentに発送先を連絡

アメリカ2週間目

6/12 自転車を受け取る

6/12 AngelListで何社か応募、リモートOKのところを優先する

6/12 Underdog.ioから翌週にプロフィール掲載するよと連絡

6/13 借りる部屋を3箇所内見し、仮決め: 家賃はAngelListに掲載されているエンジニアの平均年俸の40分の1を目安にした

6/15 借りる部屋を本決め

6/15 Underdog.io経由でB社から連絡

6/15 A社とGoogle Hangoutミーティング

6/15 銀行口座開設を試みる (住所証明がなくてダメ、その足で自分宛の郵便速達で送った)

6/15 Airbnbホストさんがリクルーターを紹介してくれる

6/16 銀行口座開設を試みる (ソーシャルセキュリティカードがなくてダメ)

6/16 さらに応募 (C社含む)

6/16 Soylent到着

6/17 ソーシャルセキュリティカードの再発行を申請

6/17 B社と電話ミーティング

6/17 アスペの集まりに参加: 晩ご飯を一緒に食べる会 (「仕事を探してるんだ」と言ったら、「うちはいつも仕事募集してるよ」と医療機器関係会社を紹介してもらい、レジュメ校正ビジネスを始めたいという技術ライターさんに「無料校正してあげる」と連絡先を教えてもらった)

6/18 C社とGoogle Hangoutミーティング (この時点でここに入る腹積もりをしたと思う)


アメリカ3週間目

6/19 C社からプログラミング宿題をやる (2時間)

6/20 Pebble Time到着

6/21 TTGL見終わり

6/23 ソーシャルセキュリティカード到着

6/24 C社と対面面接 (6.5時間: エンジニア計3人とペアプロなど + みんなでランチ + 社長面接)

6/24 身元照会先を依頼、連絡

6/25 Citibank銀行口座開設

6/25 Lyftタダ乗りクーポンでの帰り道、ドライバーさんに「仕事を探してるんだ」と言ったら、元奥さんがそれ系の仕事をしてるからと紹介してもらう


アメリカ4週間目

6/26 アスペの集まりに参加: 自然公園キャンプ

6/27 同上

6/28 同上

6/29 C社からジョブオファーいただき署名


応募候補をまとめたスプレッドシートには、先方からの打診を含め、結局79個の会社メモった。応募したのは14社で、何らかのリアクションがあったのは4社。大半はAngelList上でしか応募していないので、メールで直に応募すれば反応率は上がるかもしれない。職探しサイトプロフィール登録したり応募したりする度に、レジュメの内容や言い回しブラッシュアップしていくことができたことは、よかったと思う。


上で挙げた数社を含め、会社から打診をうけた件数は以下の通り:

Whitetruffle: 11

AngelList: 7件

Stack Overflow Careers: 1件 (リクルーターからさらに1件)

Underdog.io: 1件

LinkedIn: 1件 (リクルーターからさらに数件)

ホワイトボードアルゴリズム問題を解く系の面接の予習は、やろうと思いながら結局ほとんど何もしなかった。やったのは、過去プロジェクトでやったこと・学んだこと・つらかったことなどの振り返りと、レジュメを書く中での自己内省


その後

ここまでは ento お引っ越しでした。僕はというとビザがないので日本お仕事をしていました。そして2015年7月に渡米して結婚10月弁護士経由で配偶者ビザ申請2016年7月に発行されたので8月アメリカにお引っ越し10月グリーンカードも発行されて今に至ります

おしまい

2016-12-05

キュレーションメディア業界分水嶺

本日メリーさんの羊も2日後の安楽死を発表し、浮かれ調子が一転して地獄に転げ落ちたキュレーションメディア業界

ここまでの事態に進展した、その分水嶺はどこだったのでしょうか。

個人的には、BuzzFeed記事によって「著作権問題ライター押し付けることができる」という暗黙の了解が切り崩されてしまったことが、ドミノ倒し引き起こしていると思います。これまでは、IT業界の中に、

偉い人: このキュレーションメディアって著作権大丈夫だよね?

スタートアップ: はい大丈夫です!記事は外部のライターが書いていますし、著作権に関しては小さく書いてあります

偉い人: ふーん。じゃあいっか。成長率すごいしね!

という雰囲気があったと思いますしかし、BuzzFeed記事は、記事ライター自発的に書いているものではなく、メディア組織的ライターに書かせているものだった、ということがバレてしまいました。(なんでこんなことがまかり通っていたのかはわかりません。。。みんな馬鹿だったんでしょうね。。。)

そうなると、上場企業株主に対して説明責任がありますから困ってしまます

株主: このキュレーションメディアって著作権大丈夫だよね?

と聞かれた時に、2択しかありません。

A:はい著作権的にはグレーで、モラル的にも問題がありますが、高い成長率をほこる良い事業です!

B:はい問題はありません!(と、嘘をつく)

AもBもまともに考えたら選べるはずもありません。これが未上場企業であれば「これから頑張って是正していきます!」と言いながら、同じことを続けることもできるかもしれませんが、上場企業ではそうもいきませんね。

では、このあとキュレーションメディア業界はどうなるのでしょうか。それは「アプリfacebookページ」のいずれかの資産を持つもの持たざる者に別れていくのではないでしょうか。MERYSpotlightアプリユーザーをすでに多く抱えていますので、記事本数を減らしながら良質なコンテンツを出すという方針に転換することが可能です。一方、これを持っていないとなると、高いコンテンツ制作費を払いながら、メディアゼロから育てて行く必要があります。できなくはないでしょうが茨の道です。

業界の闇を暴いたBuzzFeedさん、さすがでした!

日本人は本当に考えて喋っていないのか?

http://anond.hatelabo.jp/20161204095016

驚いた。全く真逆感想だ。アメリカといっても、サンフランシスコのイケイスタートアップからウォール街クオンツからシカゴコンサルまで、全く違うだろうけど、5年以上東海岸の米系企業に籍をおき、向こうの地でもそれなりに働いてきた自分からすると全く同意できなかった。あくま個人的感想であるけど、いくつか反論してみたい。

会議でも日本みたいに「喋らないやつはダメだ」みたいなことは言わない

俺が米系企業日本支社に就職したとき最初に「会議発言しないのは存在しないのと同じだ」と言われた。少なくとも俺の5年以上の経験で、会議に出て黙ったままただメモを取っているアメリカ人は見たことがない。

誰かが発言しない会議があると「君は何も喋ってないけど、この会議はそもそも必要なのか?」と言われる。真顔で。

これは、日本アメリカコミュニケーションの違いも大きい。例えば、日本人が「お世話になっております表題の件ですが…」と書いているうちに、アメリカ人は「ok」の二文字だけで返信する。件名が「ok / EOM」で本文なし、なんてメールも多い。

必然的に報告だけの会議というのは少なくなるし、会議というのは発言をする場であるということが意識として徹底されている。

本国から来たマネージャーは、日本人会議に出席していながら全く発言しないことに驚く。日本人は、会議という場が意見をぶつけ合う場にも関わらず異常に萎縮しているように見える。間違ったことを発言したら怒られるのではないか、と。俺自身はどんな馬鹿質問をしても怒られた記憶はないが、発言しなかったらマネージャーに呼び出されてアドバイスされたことがある。

人には「考える時間」があるとわかっていることだ。向こうにはディベート文化があるし、PCが叩き込まれいるから、「どう答えるか」についてちゃんと考えている。

元増田アメリカ大学ディベートを見たことがあるのだろうか?ディベートというのは、(悪い言い方をすれば)いかに黙らずに早口屁理屈を言い続けるかを競うスポーツだ。イエールでもハーバードでもエリートが日々「どんな論点をどんな立場でも」ディベートに勝てるかを検査し続けている。(チョムスキーは、深い思索のないディベートリーマン・ショック引き起こしたと言っていた)アイビーリーグ卒業生が多い会社はそういうディベート文化根付いていて、会議スピードが異常に早い。

日本は「考えていない人」が幅を利かせて、そういう人が「すぐ喋る考えていない人」をコミュニケーション能力があるとか、自己主張ができているとか、そういう理屈を付けて評価するからね。

アメリカ人はちゃんと主張する人を好む。給料上げてください」って言うと結構上がる。言わないと上がらない。大抵の企業では「1/1」という、マネージャーと一対一で話してアピールする場が設けられていて、そこの場でどれだけ自分が頑張ったかを語らされる。

それは、年功序列が薄いことと裏表だ。アピールできるやつはずんずん登っていくし、うだつが上がらなければそのままか、クビになる。だからボスアピールすることはむちゃくちゃ重要ポイントだと考えられてる。

日本人のように「頑張っていたらいつか認められる」なんていうことは考えないし、キャリアというのは自分アピールして掴み取るものだという意識が徹底している。


アメリカ人は本当に考えながら喋っているのか?

これはもう匿名ブログ宿命上、想像しかかけないのだけど、元増田あくまで「日本人」として接してもらっていたのではないかと感じた。それも日本人が多い多国籍企業の。

アメリカ人特にサンフランシスコとかシアトルあたりの)は英語できないやつには慣れているので優しいし、日本人が入るような会社なら、シャイなのも知っているから話も振ってくれる。カリフォルニアなんか白人が4割しかいない。インド人の聞きづらい英語四苦八苦し、イタリア人コーヒーブレイクには付き合う。多国籍企業とはそういうものだ、と割り切っている。

そして、文化が違うこと、ネイティブじゃない言語で話す人との仕事の仕方をきちんとわかっている。だから、口ごもる人にはちゃんと時間をくれるし、わかりやす英語を使おうと頭を捻ってくれる。それはポリティカル・コレクトネスに近い。(日本人だって日本語が下手な外国人がいたらじっと聞かないか?)

日本人が考えずに喋っているとは思わない。むしろもっと怯えずに発言すればいいと思う。どだい、会議というのは話すためにある。ただ単にボスの報告を聞くだけならメールでいい。わかっていないことがあれば空気を読まずに質問すればいいし、気になったことがあれば深く考え込まずに発言すれば良いのだ。

いささか乱暴な言い方ではあるけど、日本人もっと適当でもいいからどんどん発言するべきだ、と言うのが個人的結論である発言することが時間無駄になるようなメンバー会議に居る事自体おかしいのだ。

最後

素晴らしく有能で深い思考を持っている日本人が、発言しないために低い評価に甘んじているのをよく見てきた。とてももったいないと思う。少なくとも、米系企業で働こうとしている人は、とにかく何でも良いか発言する癖をつけたほうが良い。わからないことがあれば聞く、考えていることがあったら意見を言う、適当でも良いか改善ポイントを言う。発言量を増やすだけでキャリアが変わる。

そんじゃーね。(ちきりん風に)

2016-12-03

http://anond.hatelabo.jp/20161129232307

少しずつヴィーガンに切り替えてる者です。肉はソイミートでも十分だし、本物の肉を食べるにしても、もっと頻度が低くてもいいと思います

生きとし生けるものすべて何かの命を犠牲にして生きているのは事実ですが、最低限の消費で、さらに痛みや苦しみも最小限にするべきだと思います

そして、犠牲にせずに生きられないなら、その命への感謝尊厳は最低限持っていなければなりません。

今回の魚のスケートリンクに関しては、そうした尊厳、罪悪感が微塵も感じられません。そして、不必要殺戮です。

「人工肉スタートアップのMemphis Meatsは感謝祭ターキーも人工肉にしたいと願う」

http://jp.techcrunch.com/2016/11/23/20161122lab-made-meat-startup-memphis-meats-hopes-to-grow-a-thanksgiving-turkey/

日本でもこう言った取り組みが広まればいいですね。

2016-12-01

スタートアップは滅びるべき

ろくに挨拶もできない

偉そう

仕事見積もりができない

無礼な態度

意識高い痛いことばかりつぶやく

先を見通す力が皆無

感謝ができない

調子乗ってる




零細企業だってことを自覚しろハゲ

2016-11-28

第一FRESH!杯に参加して心底バカにされた話が、バカ面白く思います

第一FRESH!杯に参加して心底バカにされた話

http://chomosh.hatenablog.com/entry/2016/11/28/005136



この記事に書いてあることをざっというと、たぶんこんな感じだと思いました。



この人の主張

・景品が豪華だから大会参加を決意

運営からの別件の誘いを断った

大会参加した(連絡がぎりぎりで腹がたった)

・当日、自分配信されないと知った 不公平で腹がたった

・賞金の検討の項目が消えてる 腹がたった

ツイッター運営の有様をのせた

・賞金と生放送釣られ、バカにされた気分だと思った

・これら不満をブログにのせた




ではまず、以下のシンプルな本大会の参加規約を読もう。

一日、半日と言わず、ほんの数分で目を通すことができます

https://gamy.jp/smartphonegame-all/FRESH-cup-reguration


禁止事項 例

・本大会規約に反すること。

大会運営に関する情報を、許可無く外部へ公開すること。


免責 例

運営チームの責任によらない不可抗力による変更時は、

>賞金や交通費支援の支払いを行わない場合があります


>また不可抗力時、運営チームは参加者に対してその責任を負わず

大会への参加のために要した諸経費の支払請求の一切を受け付けません。




この人、ツイッターブログ大会運営に関する情報をあげまくりですね。

運営運営なのかもしれないけど、こいつもこいつで、両方面白そう。



賞金は、免責に書いてあるとおり。

無理になったら、ごめんしますよ、って書いてあるね。

だれも読んでない参加者同士であれこれ言ってたのかな。

そもそもこの記事が参加規約に触れないのは、この人の恣意偏向してると読んでよいのかな。



トップランカーの出演価値が0円と判断された。そうか、残念だったね。

でも、そこから先は、文句を言ってる前提が参加規約とずれてる。

これらの文句を言うなら、最初から参加せずに言わないと行動と主張に一貫性が無いように私は思います



自分でも言ってるとおり、「バカから釣られて、腹がたった」みたいな話をしてるだけでは?



フォローすると、大会は、種目を問わず緊迫した独特の空気があって自分も好きだ。

このカードゲームはどんなものか知らないけど、この人も最後ちょっと決勝の話を挙げているね。

で、情熱捧げてるし、規約無視して、自分の主張を好き放題大声で唱えてみた。



ブログを読んだ人は、それになにか共感するとこあるんかな?

バカ同士だから信者から、この考えを支援する的な文化シャドウバースにはあるの? 狂信的ゲームだな。

(すいません。わたしシャドウバースがどういうゲームなのか知りません)





以下、私の意見

スタートアップ分野の開拓地で、当たり前を要求するかー。って感じです。

AbemaTVの現状もちょっと調べればわかるとおり。シャドウバースは、調べてみたところ和製ストーンなのかな。

格闘ゲームよりも浅い開拓地に見えるけど、どうなのか。


で、この人の胸の内の当たり前の状況を整えてくれないとあれば、このとおり不満爆発。

プレイヤーをなんと心得るのか!! 盛り上げるためには、我らこそ!! でしょうか。


もちろん、シャドウバースを盛り上げることにも協力したいらしい。

まらんね。ちょっと違うけど、少し前に面白キャラ晒したreso_puyoというアカウントぷよぷよ話を思い出しました。


これが優勝したって、この番組、あれがそれこれで逆に面白そうですね。

シャドウバースちょっとインストールしてみようかな、と思いました。

http://anond.hatelabo.jp/20161128101403

DeNAをどういう企業グループだと思ってるんだろうか。

ITベンチャー()とかWebスタートアップ成り上がり()とは全く性質の違う企画屋なはずなんだが。

2016-11-22

スタートアップするぜ

俺も起業してスタバスタートアップするぜ

いつものスタートアップ西海岸なんたら億万長者になるぜ

おまえらも俺について濃いよ

一緒にスタートアップしようぜ

http://anond.hatelabo.jp/20161122091809

スタートアップ企業をきちんとした会社にしてゆくために、大企業の上役を務めたあなた経験が買われたという話しではないの?

初老スタートアップ転職日記

年末、思い切って大企業の上役を辞めていわゆるスタートアップ企業転職した。

ウォンテッドリー掲載されているキラキラした女子ギラギラした男子ろくろを回しながら熱量の高そうなディスカッションしている写真には好感が持てたし、何よりネットニュースじゃ資金調達が順調そうで、将来的に伸びるであろう新しい会社自分人生を賭けてみるのもアリだろうと考えて転職した。

はいわゆる初老である

日々切磋琢磨爆速で働く若者たちについていけるのか正直不安だった。

ところが実際入社してみると、そこにはエンターテイメントが待ち受けていたのである

エクセルパワポの基礎さえできない。稟議無きまま経費使いまくり大会契約書も検収書もないので責任の擦り付けあい無双遅刻欠勤乱舞。1on1や打ち合わせと称して直行直帰侍。

なんなんこれ?ワロタ

それが初老スタートアップ企業転職した感想だ。

え、今、どうかだって

スタートアップも結局は会社になっていく。

その過程で、フリーダムなノリでしか働けない社員は自ずと居なくなったよ。

さーて、今日もシブヤビットレイ初老スタートアップ

2016-11-14

スタートアップ資本政策決断

選択が正しいか、致命的に正しいかからないとき、みんなどうやって決断してるの?

会社の株を51%売ってグループに入って欲しいと言われたけど、どうやって判断したらいいのかわからん

直感的には正しいと思うけど、グループ入りしたあと、実際にどうなるのかが見えない。

2016-11-02

石田のお引っ越し

すごいよ。石田

2016-11-01

石田祐希さんの会社

https://twitter.com/yuki1y1m/status/793041285531758592

Keppleさんに会社設立の諸々をお願いしてきました!

Keppleというのは起業家支援サービス会社らしい。

http://kepple.jp/

スタートアップ会計、税務業務のみならず、事業計画策定サポート

KPI管理ファイナンスサポート等、スタートアップの成長支援を全力で行います

また、IPOに向けた内部統制の構築や開示サポート他、

各成長フェーズにあわせたサポートトータルで提供いたします。

Keppleにいくら掛かるのか分からないけれど、

会社設立まではどうにかなりそうな気配ですね。

2016-10-24

ITスタートアップ流行ってるけど

よくよく考えてみると

SNSより後に出てきた代表的スタートアップ

法律をぶっちしつつどっかの業界を食ってるだけなんだよね

特にシェアリングエコノミーみたいなやつ

想像以上に新しいサービスってのはもう作れないんじゃないか

そういう前提に立った方がいい

2016-10-17

残業をなくすとか言ってる限りルールは変わらない

残業をなくすと不幸になる人が居るから

働くことにすごくやりがいを感じていて大好きでいくらでも働きたい人もいる。

働かないと他社に負けてしまう立ち上げのスタートアップも居る。


そもそも時間拘束されるブルーカラーと頭と成果を求められるホワイトカラーで同じルール運用しようというのが間違っている。

店頭対応するスタッフは勤務時間はいきなりフラっと居なくなったら困る。時間が拘束されている。

ホワイトカラーでは事業計画を練ったり、採用計画を練ったり、

クリエイティブ専門家系はデザイン案を考えたり、プログラミング作成方法を考えたりする。

アイデア煮詰まったら外に出て散歩してきても構わない。むしろ結果が早く出るなら良い。

ただ、どんなに時間を掛けても、100個アイデアを出しても、成果のラインに達しないものほとんど役に立たないゴミしかならない。

からどれだけ品質クオリティを維持しながら、無駄な高クオリティを避けて、時間品質バランスの良い成果が求められる。

当然、出来ない人間品質を成果まで達するためのブラッシュアップに非常に時間がかかる。

時間に拘束されているのではなく成果に拘束されている。


接客で言えばノルマはあるかもしれないが、レジ打ちの成果が出るまで帰れないとかは無い。

時間が来れば帰れるし、レジが全く打てない人は居ないだろう。


残業代ホワイトカラーからすれば意味不明ルールだ。

出来ない人ほど時間がかかり、お金がかかる。

出来る人はキッチリ素早く仕上げる。残業代も貰えない。

出来ない人ほどお金がもらえる仕組みになっている。

こんな不整合な仕組みが上手く回るはずがない。


いくらでも働きたい人のためのルール

スタートアップなどの必要性のためのルール

ホワイトカラーブルーカラールール


ここに書いたのは今おもいついたものだけを適当かいものだが、ちゃんと分類してそれごとにルール定義しないと

ごちゃ混ぜのまま論議しても残業ルール正常化することは無いだろう。

長時間労働について

みてて思うけど、みんな自由度低くてつらい仕事してるんだね。



そんな仕事そもそもやめちゃえばいいのに。



スタートアップ仕事してるけど、

結果としては、長時間労働だし週末もバンバンメールくるし、

アポがとれれば週末でも人とあうし、

暇な時間あれば仕事してるけど、

楽しいしつらいと感じたことないよ。



違いはきっと、

帰りたければ帰れるし、

週末も休みたければ休めるからかな。

長く働こうが短かろうが能力がなければ切られるけど。



まぁ、他の人から訳のわからないこともいわれないし、

やりたくないことは断れるし、無駄会議もないし、

精神的負荷は昔働いてたメーカーより圧倒的に低い。



みんなで前に進もうという一旦感があったり、

株もらってるからExitしたらいっぱいお金が増えるってのもあるかも。



あと、海外のいろんな国の人と一緒に働いてたこともあるんけど、

みんな海外では夜や週末は働かないと勘違いしてるんじゃないかと思う。

なぜblackberry海外で大流行したのか考えたほうがいい。



年中無休で働いてるのはあっちだと思うぞ。

定時に帰った子持ちのお母さん上司から深夜すぎてからバンバンメールくるし、

長期休暇中でも資料が送られてくるし。



もちろんキャリアアップに興味ある人だけだけど。

あっちは転職してキャリアアップしていくから

自分価値を高めようという意識が強いのかな?



キャリアアップに興味ない人は時間通りにしか働かないし、

メール全然帰ってこないけど。



そういう歯車会社には必要だしね。



リーマンショックときにそういう人は真っ先に切られてたけど。

http://anond.hatelabo.jp/20161016125054

マジレスする

 

まず「サービス実現したい」に対して「よくわからないけどプログラミング勉強する」はかなり悪手だと思う

「家建てたいからまず木の切り方勉強する」とか「アニメ作りたいから、まず絵を勉強する」みたいな感じ

 

最低限でも

企画

営業

プログラマーフロントサーバー

デザイナー

ディレクター

など、別ジャンル専門家必要になる

基本的に一人でチャレンジするようなものではない

サービスシステムは、実務経験がある彼らが割りとガチで悩んで、数百時間もかけてようやくひねり出すようなもの

からなくて当たり前なんだ

 

じゃあどうすればいいかと言えば

まずそのサービス価値がどこにあるか、本当にウケるのか、ビジネスになるのかを調べた方がいいと思う

Twitterでもなんでもいいから、既存サービスに乗っかって擬似的に提供してみて欲しい

身近に見込みユーザーがいればちょうどいい

 

もし誰も見向きもしなかったら、おそらく何かが間違ってるんだ

その時は誰かを捕まえて何故使わないか聞いてみるといい

だって○○で間に合ってるし」なんて答えが返ってくるかもしれない

 

もし誰かが「いいじゃんこれ」ということになったら、とにかくその少人数にウケるもの試行錯誤する

それで十分これで行けるだろう所まで来たらサービスシステム仕様を考える

これこれこういうことがやりたいんだけど、というのを箇条書きにして

重要機能価値)を上から順に並べる

そしたら「じゃあ実際に作るにはどのくらいかかるか」をIT業界の人に聞いて回る

ひょっとしたら「それあのサービス使ったら作る必要なくない?」と言われるかもしれない

実際はそれがいちばんいい

作らないに越したことはない

美味いラーメン屋をやりたいからっていきなり大型店舗を建てないだろう?

 

そこからパターンに別れる

1.代用できるサービスが有る → サービスに乗っかる

2.システム作りたいが、規模が大きすぎてどうしようもない → 調達する/仲間を集める/諦める

3.1人じゃ作れそうもない規模だが、そのくらいのお金は出せる → 発注する 自分で覚える必要なし

4.頑張れば1人でも作れそう → 発注する/仲間を集める/1人で作る

 

それぞれメリットデメリット

 

発注する → 誰に発注するかは非常に難しいがしょうがない、仕様がきっちり固まってればリスクは減る

調達する → 借金抱えるのでそのつもりで

・1人で作る → 試行錯誤はできるが作業量かいろいろきつい 勉強するならめっちゃ頭良くても1年はかかるからそのつもりで

・仲間を集める → そもそも集まらない、揉める。でも同じ志の人が捕まえられれば強力な味方

 

こんな感じ

がんばって

 

おすすめ本:「リー顧客開発」「リーン・スタートアップエリックリース)」

 

 

あ、もしサービス目的じゃなくてサービス開発の技術を身に着けたいなら

Qiitaでも眺めてればいいの見つかると思う

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん