「iDeCo」を含む日記 RSS

はてなキーワード: iDeCoとは

2017-02-17

iDeCo(個人確定拠出年金)について

先週の土曜日iDeCoセミナーを受けに行ってきました。

主催したのはあの家計簿アプリ会社。講演内容としてはファイナンシャルプランナー基調講演投信生保商品サービス説明でした。

個人的iDeCoがどういうものなのか知りたかったのと、経営者として、やはり社員の人たちに伝える必要あるかなと思い、朝から品川に。

若い人たち中心に200名くらいが来てました。

一日のセミナーを大まかにまとめると、ファイナンシャルプランナー先生は、お金勉強をして、お金に働かせなさいといういつものやつ。

投信はロボアドバイザーなど、iDeCoで利用できる投信説明

生保iDeCoを使って保険はいると、あらこんなにお金が楽になりますという話。

概してiDeCoバンザイのようなセミナーでした。

さて、ここから個人的感想です。

まずiDeCoという制度個人確定拠出年金ということで、あくまで基本設計年金です。上手く利用すれば、節税ができるものの、もちろん商品の選び方によって損します。

まあ、リスクリターンは連動するので、もちろんです。

それは良いとしても60歳まで引き出せないというルールはどういう利用でしょうか。お金を出す人たちのためでしょうか。出してもらう人たちのためでしょうか。

年金は確かに目減りしていく、若い人たちは今のように年金はもらえない、だから運用すべきは分かる。

色んな資料で将来のお金不安を煽る。誰も将来が安心だなんて思っていない。

からって、国と金機関がこぞって、さら若い人たちからお金を吸い上げようとするのはどうかと思う。

30年後なんで、もう誰にも分からない。30年引き出せないお金を預けろなんて、簡単なことではない。

あの時プレゼンしていた金融機関の人たちは、きっと話を聞きに来ていた多くの若者より、全然給料は良いと思う。2倍か3倍か、下手したら、それ以上もらっているかもしれない。

AIだなんだと、金融商品作って金融業界の人たちに儲けさせても仕方ないと思う。

だったらリスクリターンがあっても自分運用したらどうか。

だって、得しても損しても自分勉強になり、財産になるからだ。

もう周りに踊らされて、不安を煽られて、お金を人に任せる時代ではない。自分のために、自分が信じるべき道にお金を預けたらどうでしょうか。

2017-01-06

やはりはてな民ってクソ馬鹿だなぁと思った

まずは、iDeCoに関する記事

インフレに対する杞憂なんて銀行に預けていても同じ問題が起きるし、

もらう時には1/2しか税金からいか投資した商品価値あがらなくても結果節税分得するということ。



イケハヤBitcoinに関しては、ここ一ヶ月急激にあがったのが下がっただけなのに

Bitcoinの終わりみたいに捉えているやつが多いこと。

Mt.gox問題からは3倍以上に上がっている事実気づきもしない。



あとFF XVがバグばかりとかいっている奴ら。

実際プレイするとバグなんてほとんど遭遇しない。



こういうはてブコメントだけ見て全てを理解したと思っている奴ら。

もうお前ら、はてブを捨てよ、インターネットという広い海に出よう。twitterリアルタイムサーチした方がまともだよ。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん