「不自由」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 不自由とは

2017-05-25

http://anond.hatelabo.jp/20170525093939

そもそも相手の外見よりも「一緒にいて会話が楽しめる」が女の重要視項目だから経済力だけあっても駄目なところが女の婚活の難しいところなんだよ

本当に会話楽しめることが最重要事項なら、

相手経済力を頼みにしなくていいエリート女性ものすごい巨大なパイから自由に「会話が楽しめる相手」を選べるはずだけど実際はそうしてない

それどころか「我々の婚活不自由だ」とかそういう言説が多い

実際にはエリート男性ばっか狙って「選ばれない」とか言ってるからなんでそんなとこ狙うの?が話の発端でしょ

2017-05-22

鉄道趣味界隈の番長化?

2010年代を生きる人間にもなって、20世紀ヤンキーがやった事を真似る?

お兄さんお姉さん、少年院とか人生の転落じゃ済まないって事を分かってるのかなぁ?

仮に時間が無くても、金と【自由】は未だ持っている筈。

非難糾弾され、孤立精神的に貧しくなる事の不自由さ。

1回目(仏ならば3回目)なら見逃してもらえるだろうけれど、それにしてもみっともない大人

なんだかねぇ…大人としての価値現代人の価値を既に放棄してる。

 

お兄さんお姉さん、しっかりしろよ。

少なくとも、80才までは生きなきゃならないのだから。でしょ?

先人のガキがやった事を真似るだけ?

そんなの誰も笑っちゃくれない。

試しに不良に絡まれてみたら分かるでしょ、

他人の痛みが。

情けない野朗だわ。

2017-05-21

俺は孝行者だから何一つ不自由なく育ててくれた親に土下座して「お願いだからもう会わないでください早く貯金切り崩して遊んで肝臓壊して死んでください」ってお願いしたぞ

2017-05-19

これすごいびっくりした。驚愕した。

http://anond.hatelabo.jp/20170519111303

>女性専用車両に乗る容姿不自由女性のことを「自意識過剰wwww」とか「お前みたいなブスやBBA誰もさわんねーよ」って言われなければ乗るわ。

>40代50代でもブスでも性被害には遭うのにね。

>もしくは、「痴漢には遭わないだろうけど、一般車両乗車率を下げてくれる賢明女性」と言われるようになれば、乗る人も増えるかもね。

女性専用車両に乗る女をそういう風に見てる男性がいると思ってる女性がいるのか。

いやいるのかもしれんけど、俺はこんな頭のおかし概念つーか受け止め方を今初めて知ったし、こんな理由女性専用車両に乗りづらいとか乗りたくないと思ってる女性実在するならほんと開いた口がふさがらない。何この世の中。俺もだいぶ世の中の狂った側面見てきたほうだと思うけど、これはさすがに俺が知ってるこの世じゃない。てゆーか男はどんな女が女性専用車両に乗ってるかなんていちいちチェックしてないし、俺なんか女性専用車両を覗き込んだことすら京王線で初めて女性専用車両が導入された時に物珍しさで見てみた時1回だけ。

女性専用車両に乗ったら自意識過剰だと思われるんじゃないか」なんてそれが自意識過剰すぎるだろ……。

http://anond.hatelabo.jp/20170519110004

女性専用車両に乗る容姿不自由女性のことを「自意識過剰wwww」とか「お前みたいなブスやBBA誰もさわんねーよ」って言われなければ乗るわ。

40代50代でもブスでも性被害には遭うのにね。

もしくは、「痴漢には遭わないだろうけど、一般車両乗車率を下げてくれる賢明女性」と言われるようになれば、乗る人も増えるかもね。

2017-05-17

機能不全家族思春期海外渡航したら鬱になって人と会話が出来ない

私は思春期の数年を海外で過ごし、大学入学とともに帰国した、いわゆる帰国子女だ。

そしてたぶん、機能不全家族育ちだ。

色々あって、自分がわからなくなって、人と会話が難しくなった。

世の中の帰国子女といえば自信に溢れてきらきら活躍している人が多くて、自分との格差にどんどん自信を失っていく。

相談しようにも、相談できる人も、同じような境遇の人も、そういったことを専門にされている方とかも見つからなくて、誰かいないのかなと思ってすこし書いてみることにした。

.

インターネット上で、機能不全家族とか毒親というワードをよく目にするようになった。専門家の方が書いた本を読んだりネット当事者の話を見ている中で、自分の生きづらさの正体が分かってきた。

機能不全家族×思春期海外生活」のコンボだ。

海外赴任などで家族移住する場合、子にとって家族関係が良好であることはすごく重要だ。学校生活が完全にアウェイ状態から始まるのだから、心の退避所たる家庭が安定していることに越したことはない。

私の家庭はたぶん機能不全家族で、家の中での母国語コミュニケーションもままならないのに、海外に行った上に現地の学校入学してしまったものから、家の外でも言語的に孤立してしまっていた。

家では母国語OKだが健全コミュニケーションが少なく、外では言語不自由コミュニケーションに苦労した。

苦労して、挫折したのだけれど、親は放任主義であまり助けてはくれない。というかそもそも私の家族には会話が少なく、「相談する」という文化もなかった。日本にいた時から学校での出来事を聞かれることもなかったし、話そうと思うことも少なかった。「授業はわかる?」とか、「先生はどう?」とか、親の側から声をかけてもらうことがなくて、それが当たり前だと思っていた。

最悪なのは車社会学校も遊びも親による送迎で行動しなくてはならなかったこと、ビザ関係アルバイトも出来なかったこと。金銭的にも自由がなくて、意識を外に向けることが出来なかった。ひたすら学生として最低限の通学と勉強だけをして、帰国を夢見ていた。帰国さえすれば、昔の友達に会って、働くことも出来て、言葉心配もいらなくて、、

外国でひとりで外を出歩くのは危ないと思い込んでいたし、学校⇔家のガチガチに固まったループから抜け出したいという思いをもつことも悪いことのように思えていた。

今あの時の自分と話せたら、「外はそれほど怖いところじゃないし、ネットで調べてどこにでも行きな!やりたいことやっていいよ!」とか言ってやりたい。

滞在中は「このつらい滞在を耐えて日本に帰りさえすれば楽しい日々が戻る」とひたすら思っていたのだけど、いざ日本に戻ってきたらコミュニケーション経験が乏しすぎて浮いてしまい、それを気にして自意識過剰になり、鬱になり、家族関係悪化し、なんとか取り戻そうと情報を集めたり考えたことをノートに書き留めたり新しい場所に飛び込んで沢山人と会ったり通院したりカウンセリングを受けたりしてみたが、どんどん悪くなるばかりで帰国10年近く経った今 ほんとうに人と会話ができなくなってきてしまった。マズイ。

なんだかもうよく分からないのだけど、本当にコミュニケーションが上手くいかない。

返答が思いつかないし、思いついてもしっくりこないのだ。

人との会話で、些細な雑談でも一言ひとことの返しに「適切さ」を求めて、すごく考えてしまう。

海外生活の中で外国語発言をする時「どういう表現をしたらいいんだろう?」とか、いちいち考えながら喋らなくてはいけなかったのも一因かも。

「こう言われたらこう考えてこう返すべき、というパターンがある筈なのでそれを探して返さなくては」、っていう思考に取り憑かれてしまった。

正解のパターン候補として幾つかの振る舞いのパターンが脳裏に浮かんで、その是非を検討する。

教科書通りのような会話ならこうかな?(自信はない)」「憧れのAさんだったらこうするだろうけど私がそうしたらこの人はびっくりしてしまうな」「この間同じような場面でBさんはこうしていた」……

自分に素直になりたい!とは思うんだけど、自然に浮かぶはずの「自分きもち」がなかなか出てこない。

ありがとう」「ごめんなさい」「恥ずかしい」くらいは出てくるんだけど、どうしても咄嗟無難な答えを作ってしまう。

加えて帰国後は、帰国子女いじりを気にしすぎたせいで、「普通ならどうするか」、「相手がどんなことを期待して接してきているのか」を考えるようになっていった。また、母国語で考えている時と第二言語で考えている時で性格がすこし変わってしまうことに気づいてから日本語でも外国語でも口にすること全てが自分本心ではない気がしてきて、ますます自分がどういう人間なのか分からなくなってしまった。

この表現力の問題は鬱になってからさら悪化した。頭が回らなくなって、少ないながらも以前は使えていた語彙さえも出なくなったし、とっさの逃げ道の冗談なども思いつかなくなった。

いまでは相槌を打つのが精いっぱい。

人と話す時、フルオートでにこにこしてしまうし挨拶くらいは出来るので第一印象は良いらしいけど、味気のない相槌しか打てないし話題も振れない。たまに話せても的はずれなことを言っていたり、浮いたことを言っていたり、無理してる感じがしてたり、そんなつもりは無いのに帰国子女感のあるドヤ顔発言みたいになっているみたいで脳内反省会が白熱してしょうがない。

そしてそれが嫌で会話の場から逃げたくてしょうがない。

だれとも一線を引いた付き合いになってしまって、どんどん孤独になっていっている。

この文章もかなり絞り出して、可能な限り本心に近づけて書いた。自然に出てきたものではない。

こういう人いない?いないの?

こういうのってどうやって解決していったらいいんだろう?

ネットにいる機能不全家族とか毒親持ちの方は何だかんだで結婚されていたりして、自分の居場所ができていて羨ましい。

私もなんとか実家は出て経済的にも独立したけど、家族距離を置く中でいよいよ社会から孤立してしまった感じもする。

私はこれからどうやって人間関係を作っていけばいいんだろう。

しかし、これを書いていて改めて思ったけど、自信のなさとか心の弱さは生まれつきな気がする。

海外生活なんて貴重な経験させてもらったのにな。なぜ活かせなかったのか。

強くなりたい。誰かと自分言葉で話してみたい。

早く安心したい。

.

場所お借りしました。長い文章すみませんありがとう

2017-05-16

どうか、穏やかな老後を見せてほしい。

先日、高齢義母を看取った。

3,4年ほど別居介護〜同居介護まで経験したけども、

「どうせ死ぬんや」「なんで一人にする!」「くそ!」など、

とても穏やかだったかつての義母から想像できない暴言が日々連発した。

こっちの人格否定されているようでもあり、ただ変わっていく義母の姿はショックだった。

田舎祖母も、認知症・独居が長く、似たような言葉を発していた時期があった。

孫思いのアクティブなばあちゃんだっただけに、これもやはりショックだった。

私が高校生20代前半のころ。会いにいくのが怖かった。

老後は穏やかなものだとばかり思っていたけれども、介護経験してとても暗い気持ちになった。

老いて、病気や障がい、生活不自由さが増す。当人、そして下の世代気持ち生活もかき回される。

長生きなんてしたくない、早く死にたい

そんなことさえ考えてしまった。

双極性障害って診断されて、心療内科臨床心理士さんから認知行動療法トレーニングを受けているんだけれど、先週、面談をしているうちに、いろんなことを思い出しちゃった。

私は二人兄妹で「頭が良くて良い子の兄とは違って、お馬鹿なお調子者だけれど、両親と兄に可愛がられて何不自由なく育った」はずなのに、

幼稚園の通園路で「お母さんに見捨てられたら生きていけいない」と考えていたこととか、

文字が読めるようになるのも、算数理解するのも兄より遅いって、お父さんもお母さんもガッカリしていたこととか、

兄が得意だったピアノ折り紙馬鹿から下手くそだと言われていたこととか、

どうでもいいことを何でも覚えていることを、そんなことに頭を使っているか馬鹿なんだと言われていたこととか、

暗記は馬鹿がやることだと言われていたこととか、

小学校でいつも100点でも、当たり前だと言われていたこととか、

中学受験の塾に入ったら兄より成績が悪くて、やっぱり馬鹿だと言われていたこととか、

髪の毛が伸びるのが早くて、頭を使わないから髪に栄養が行っているとか言われていたこととか、

お母さんは口癖のようにいつでも私の事を「この子馬鹿から」って言っていたこととか、

私が東京大学に入っても、国際誌に論文を出しても、博士号をとってもそれは変わらなかったこととか、

それなのに、お兄ちゃんが、大学は何年も浪人して、留年して、中退して、また浪人留年していても「本当は賢い子だから信じている」と言っていたこととか、

姉妹が裕福な家のエリート(と言っても私と同じような学歴)の男性結婚して子供を産んだら、「娘が彼女みたいだったらよかったのに」って言ったこととか、

いろんなことをバーーーーっと思い出しちゃった。

あれ?なんか私、かわいそうな子じゃない?

私のことを馬鹿馬鹿だって言うけど、お父さんもお母さんも馬鹿じゃん。

英語数学物理もロクにできないじゃん。

だってまり読まないじゃん。

教養なんてないじゃん。

いくら私が仕事のことを説明したって、少しも理解できないくせに。

ばーかばーか、ばーーーーーーーーーーーーか!

あ、でも学費出してくれたことは感謝してる。

2017-05-15

暴力ルール

Twitterのコツだの何だのの記事で、とにかく裏では愚痴ってもいいけど表では極端に良い子ちゃんにしておいたほうがいい、なんて内容を増田で見かけたことがある。あれはもっともなんだけど、最大の自由約束されるインターネットという場所自由故に不自由場所なんだな、ということも分かるよね。自由には責任がつきまとうという言説が昭和までの話で、此処から先は皆自由振る舞うがゆえにそれぞれの圧によって壁が形成されて不自由になるということ。ルールの制定が自動的に行われるけど、それは極めて自治的ではなくやむなく決められる類のものしかない。こういうの、社会心理学者とか社会学みたいなもんに載ってたりするんだろうね。もっとも実地で虚しさを経験することが大事だと思ってるけども。

2017-05-13

猫は本当にいいのか

下の妹が7年ほど前に野良猫を拾ってきてしまって我が家では現在猫を1匹飼っている。

当初は両親ともに動物が苦手で残念ながら猫は飼えないという話だったのだけど、軒先に留まったその猫に愛着を持ってしまったみたいでなんやかんやとだんだん家に上がり込んで今は父親のベッドで父と一緒に夜寝るくらいになった。

もちろん猫はかわいいかわいいと思うけれど、猫のおかげで出来ないことが増えた。猫が来る前は家族旅行に1週間ほど年に2回出かけていたのに猫が来てからは1泊2日になった。それならまだマシで最近だんだん年を取ってきてうまくご飯を食べられなくなってきたので1泊でも家を空けることができなくなったので家族みんなで旅行というのは無理で、誰か必ず家に残ることになった。

両親もそこまで若くないし、兄弟姉妹たちはい結婚してもおかしくない。なのでこの猫がいる限りもう家族旅行はできないし、兄弟結婚してしまったらもう誰かに気を使うことな家族旅行というのはできないのだと思うと少しさみしい。

補足だけど、一度猫を連れて旅行に行ったことがあるけど猫はかなりストレスだったみたい。なので猫と旅行に行くという選択肢もないし、ペットホテルに預けるというのも無理そうなタイプ

そして年齢とともに病院にかかることが多くなったのだけど、動物保険が効かないので結構金額がかかる。幸いにも家計に響くほどの病気はまだしていないけど、年齢的にいつかかってもおかしくない状態である。その時のために猫貯金最近始めた。

他にもいろいろ猫を飼って不自由することが多い。もちろん猫はかわいいし、家に来てくれてありがとうという気持ち。だけどいろんなデメリットを省いて「猫はいいぞ」という最近ネットの傾向は見ていて不安になる。安易に飼い始めた人間が猫のもろもろのデメリットをちゃんと受け止められるのか。

あいろいろあるけどやっぱり猫はいいですね。隣でイビキをかいて寝ている姿を見てそう思った。

2017-05-12

貧乏人は子供を産むな

迷惑だ。両親ともに暴力振るう屑だし。あーあ、ビルゲイツの子供として生まれて何不自由なく育ちたかったわ。

http://anond.hatelabo.jp/20170512040405

英雄譚に憧れる、だったら理解されやすいかなと思って。

何というか、何一つ自分の思うように決められない、ガチガチ不自由人生っていいな、って思うんだけど、それそのまま言っても理解されにくそうで。

http://anond.hatelabo.jp/20150618025040#tb

無能な働き者は銃殺せよというのは、あくまで指揮を取る立場人間からみた考えだ。

会社なるたけ早く無能な働き者を解雇せよ、と言い換える事ができるかもしれない。

当然、会社不利益であれば、他の社員迷惑している。であれば、やめて欲しい、死んで欲しいと思うのも当然である

しかし、自分無能な働き者である場合、取るべき行動は他人から見るそれと必ずしも一致しない。

自分無能な働き者であると、会社からとってみても簡単解雇が出来るとも限らないから、すぐに自主退職すべきなのでは。と考える

どこで働いても今のままだと必ず迷惑をかけるばかりで仕事にならない。そうなると死ぬべきなのでは。と考える。

死ぬにしても、働けないか死ぬなんて程度では、もっと不自由を強いられていても強く行きている人がいるだろう。

自分には自死資格すら与えられない。と考える。

無能であるから、脳と能がないから、正しい思考をもとに正しい行動を取ろうと自分に強いる。

しかし、正しい思考がわからない。そもそも、そんなものはあるのか。

誰が脳信号の移動経路の過程を、これが正しいものだとして提供してくれるだろうか。

共通して持つべ思考の姿など存在しない。

思考自分自身の力で最善を尽くす他ないからだ。思考の姿の理想他人からコピーすることは出来ない。

存在するのはあるべき言動の姿である。あるべき姿は、優秀だと思う人、自分が真似できる範囲のものを参考にする。

同じように振る舞おうとし、失敗するのであれば、きっとそれは思考コピーしようとしている。

自分自身で考えて、言動を人を真似ることで、単調増加的に成長する。

現状、このままだと死ぬしか無いとみなされる状態は、まだスタートラインしかない。

次の、次のそのまた次の段階で、無能な働き者のレッテルが取れれば、

そのときには死ぬしかないと見做される状態ではなくなっている。

2017-05-11

http://anond.hatelabo.jp/20170511160121

あーなるほど、そういう意味か。

起業することで自由になる、という発想が1ミリもなかったので、マジで驚いた。

起業しようがサラリーマンだろうが、カネがないことにはしがらみから逃れられないと思うんだけど。

あとまあ、個人的趣味としては、自由人生よりも、いくら抗っても逃れられない不自由境遇に憧れる。

天皇みたいな。

不名誉な点を除けば、監獄生活のすべてを監視されるようなものもいい。

からどっちかっつーと、自由にやっている奴よりは、旧家の生まれで厳格な親の下、仕事結婚相手自分で選べず地道に家を守るしか生きる道がないような奴に憧れるし、境遇嫉妬するんだよなぁ。

2017-05-10

http://anond.hatelabo.jp/20170510203914

やっかんでるような奴が普通に働いて不自由もしてないわけないだろw

というか普通に働いて不自由なく生きてる人間にとって何一つ羨ましい要素とか無いだろ

もちろん馬鹿にするのもいい趣味とは言えないが

ごはんはおいしい

気持ちよく寝ることだってできるし体にも不自由ない

でもこんなわたしよりもっと生きるべき人がたくさんいる

役に立たないわたしより生きていた方がいい人なんて星の数ほどいる

自分の命を誰かに分け与えることができたらいいのに

人の役に立てない自分なんて生きてたってしょうがない

どこにもこの気持ちを吐き出せないからせめてここに書く

買い物をする前に、嫁の承認を得るのは当然だろ?

旦那スーパーセブンという凄いクルマを買ってきて怒っている増田を昨日みた。

http://anond.hatelabo.jp/20170508181335

コメをみるとなぜか元増田が叩かれ気味だけど、これは旦那が悪いだろ。

プリウスを買った」と嘘ついてたというのは論外だし、仮に嘘をついてなかったとしても、いきなり変なクルマを買ったらそりゃ揉めるわ。

最初俺は、「プリウスを買ったと嘘をついてた」という部分を見落としてたので、以下は「嘘をついてた」という背景はない前提で書いてます

 

いくら「任せる」と言われても、最終確認ぐらいはしてもらってから買わないとダメだ。

嫁も乗せて日常生活に使う前提のクルマを買うなら当然そうだし、それとは別に純粋趣味クルマを購入するにしてもそう。

誰のおカネかとか、任せると言われたとか、迷惑はかけてないとかそういうことじゃなくて、夫婦生活において「嫁がイメージしていなかったようなこと」を無断でやったり勝手に決めたりするのは良くないわけです。

 

ところが男というものは、往々にして1人で決めてしまう。俺もそうで、勝手に色々決めてしまってそのたびに嫁が切れる。

「任せる」とか「好きにして」とかよく言われるのだが、それを文字通りに真に受けてしまったらダメなのだ

女は、考えるのがめんどくさいし決めるのが苦手だから「任せる」と言っているだけであって、一応頭のなかに選択肢イメージ漠然とはある。その範囲内で選ぶ検討作業と実行作業を任せると言っただけなので、どの範囲までが想定内であるかを、男は忖度しなければならない。

 

といっても女は往々にして、その選択肢範囲がどっからどこまでなのかを、事前には教えない。なので結局は、「任せる」と何度言われたとしても、最終確認ぐらいはしてから決めるほうがいいわけです。

…と分かってはいても、「好きにして」と言われたら本当に好きにしてしまって、毎回揉めるという男も多いのだが(俺もそう)。

 

じゃあ男の希望が嫁の選択肢イメージ範囲外だった場合、男は常に我慢しなければならないのかというと、べつにそんなことはない。

ちょっと無茶な選択であっても、嫁の機嫌がいいとき相談してみるとか、ちゃんと段取りを踏めば、許可を貰える場合がある。

また、そもそも女は、「その選択肢が嫌だから怒っている」のではなくて、「想定していなかったものがいきなり目の前に現れることが不快で、それを勝手に決めた男に怒っている」だけということも多いので、事前に言っておけば案外OKだったりするわけです。

 

はてなには、「そんなのめんどくせー」「そんな相手結婚する必要なし」みたいなことを言う奴が多そうだが、それは童貞もしくはスーパーイケメンもしくはたまたま性格100%一致する相手出会えた超リア充の考え方だ。スーパーイケメンや超リア充はてなを使っていることは稀だと思うので、だいたいそういうコメント付けてるやつは童貞だと判断していいだろう。

 

ふつうは、希望100%は一致しないし、相互相手を思いやることでカップルは成り立っているので、自分わがままが通らないこともあるし、相手わがまま拒否することもある。自分わがままを通したいなら段取り必要で、自分選択相手にとって不快でないか常に注意するのも当然のことだ。

 

一緒に暮らすんだから多少の不自由は受け入れるのはふつうだし、さっきも書いたように、言うほど自由が制約されているわけでもなく、事前に相談さえすればOKであることも多い。

から、何度「任せる」と言われようとも、ある程度大きな買い物をする時とか、大きな物事を決める時には、嫁の事前承認を得るようにするべきです。元増田旦那も俺も、どうせまた忘れるけど。

2017-05-09

DELLモニターは火が出るまで放置する必要がある。

#4285180-22420728-28483691#

あくま中立に書きたいのですが、私が匿名の時点で中立じゃないかもしれないけど・・・

結論から言うとデルモニターから煙が出た。

でも、煙程度では、安全上の危険有害性のガイドラインに該当しない

で片付けられるというお話おかしくね?それ。っていう事でチラシの裏です。

◆ある日DELLモニターから発煙した。

発煙してびっくりしたのでもちろん電源を切るというか、コンセントを引っこ抜いた訳です。

このモニター確か5年ほど前の物です。

煙出る=出火の原因となりうる!?火災死ぬかもな。。と当然、考える訳でデル電話しました。

この電話かけるところをサポートセンターに掛けると、外人日本語不自由な人が

出てくる訳ですので、本社代表電話日本人の人を宜しくという事でコンタクトを取りました。

電話趣旨としては、交換を強要という物でもなく、

さすがに火が出る可能性もありうる訳で、特定の型番の不具合化も知れないし、

このモニターを送るから調べてくんない?

そして、同モデル使用しているほかの人も煙、もしくは、

最悪、火が出て死ぬかもしんないよ?という内容で電話しました。

結果として先に書きましたが、

============================================================================

弊社担当部署まで報告を上げさせていただいた結果、

弊社にて定めております安全上の危険有害性のガイドラインに該当しないとのことです。

その為、大変申し訳ございませんが現状ご要望を頂いておりました調査分析については対応が致しかます

該当の製品については仕様範囲内での使用にご協力ください。

万一、該当モニタ継続使用がご不安でございましたら、

恐縮ではございます新機種への買い替え等、ご検討いただければ幸いでございます

============================================================================

という内容で返答がありました。

という事で、デルモニターで煙出るのは仕様ですので、

デルモニターで煙が出たら火が出るまで粘ってください。

そしたら何とかなるかもね。お役所の方からリコール出るレベルまで耐えてください。

挙句の果てに、新機種買えだと。あほか。

煙出て出火しても知らんぷりってなるぞこれ。

**ちなみに私が嘘ついてるかもしんないし、本当の事を言ってるかもわかんないけれど、

1つ言えることは、火が出たら死ぬのは消費者からねぇ。

普通に原因ぐらい調べるフリぐらいするんじゃないですかね。

デルモニター使ってる人、焼死しないように気を付けてください。

[]2017/05/08

父がポリオがぶり返してきてる?みたいなので検査入院で2週間いない

父、小児麻痺で小さいときから片足不自由なんだよね

そのせいで歩くときバランスおかしくなるから腰痛やすいんだけど、そのイタミがなんか最近またきゅうにきてるんだって

さびしいのかしらんけど母がすげえ饒舌

別に普段すごく夫婦で話してるわけじゃないし、むしろ父は口数めっちゃ少なくて、俺から見ると母に対して理不尽・邪険な物言いしてると思ってたけど、よくわからん・・・

まあ結婚してすぐのころから家ではまったく話さず、外での第三者に対しては気持ち悪いほど人当たりがいいってタイプだったらしいけど

閑話休題

放送グレーテルのかまどでエルマーの冒険キャンデーを作るってことで、エルマーの話をした

アニメ映画面白くなかったねとか、アニメ映画でエルマーの声が林原めぐみだったとか、ナマセ勝久とかの俳優がメインのCVだったんだねとか、

やっぱり一作目が一番面白かったねという

キャラ多いし、動物島の動物たちに対して傷つけずにスルーするために知識を活かすところが、今思うとすごくよかったなあって

だって暴力的動物がいっぱいいて、ゴリラにうでをねじきられそうになるところとかすげーこわかったのに、

エルマーはあくまでもライオンのたてがみをとかしてあげたり、

サイの角みがいてあげたり、

しろ動物たちを助ける形で危機を脱するところがすげーしびれるお話だったなあって

3作目のりゅうのかぞくがでてくるやつはなんとなく印象あって覚えてたけど、2作目が全然覚えてなかった

ぐぐって、あーそういやカナリアガ出てくる話だったねとようやく思い出した

エルマーとドリトル先生出会わせてくれた保育園読み聞かせしてくれた先生には感謝だわ

2017-05-06

http://anond.hatelabo.jp/20170506062815

何か激しく勘違いしているようだけど、

昔の女たちは結婚したら仕事を辞めるのが当たり前で、ほぼ全員の職歴はそこでストップ、足並みがそろっていた。

こんな時代などない。

これは都心部中流以上の階級のみの話で、下流は働かなければ食えなかったし(その中には勿論ホームレスまで落ちるのもいた)

農業などの自営が多い地方では、嫁は無償労働力扱い(昔から零細自営の嫁とはそういうものだ)で専業主婦になるなど許されなかった。

都心部中流以上にしても「金に不自由せず実家由来の不労収入も持っている上流主婦」と「必死節約しなければ生きていけない中流主婦」は全く別の人種だった。

んでフェミニズムに限らず、社会運動ができてそれが話題になる層なんて都心部中流以上しかいない。

下流にそんな余裕はないし、地方で何かやったって話題にもならん。

フェミニズムが下火になったのは、都心部中流以上の世界ではさほど女性差別がされなくなったから。

今は都心部中流以上であれば、女性でも男性と変わらない収入を得られて結婚せず一生働いて生きていくのも容易になり

勿論今でも女性差別は残っているが、生活に深刻な影響を及ぼすレベルではなくなった。

結婚すれば女性差別が顕著になるが、それも「嫌なら結婚しなければいい」と言う事になっている(そのせいで非婚者が増えているが)。

元増田が言ってるような連中も、都心部中流以上の世界ならまず現実で見る事もない。

となると社会運動などより、とりあえず自分生活を優先する人が増えるのは当然。

下流地方世界は深刻な差別が残っているとしても、都心部中流以上の人間がそこに関わる義理もないし。

2017-05-05

発話障害者が多いよね

お店で、何にも言わずレジ商品を置いて、何にも言わずお金を出して、何にも言わず商品を受け取って去っていく。

そういう人たちをかわいそうとは思わないけれども、不自由だろうなあと思っている。

2017-05-03

同人活動結婚、約一年後の心境。

http://anond.hatelabo.jp/20160622100234

この記事を書いた者です。

年間アクセス7位になっているのに気付き、久しぶりに記事作成をしようかなと思い立ったのでこれを記しています。あとゴールデンウイーク突入し、暇なのもあります(笑)

本文、追記共に当時の自分の心の澱と人には中々主張出来なかった故の断定的かつ鬱屈した感情がみっしりと記されていて、書いた当人ですら読んでて疲れました。

ただ、この記事自分気持ちを発散したことで実に穏やかな気持ちになれたのは確かです。

この匿名ダイアリーという場で、多くの人に自分の実際に感じたこと、体験したことの一部を『わたし』という人間が見えない場所から発信し、意見を貰う。カウンセリングに行くよりもずっと効き目の高いセラピーになりました。

発信して初めてわかったことがありました。それは、私みたいな生き方をしている人間は思っているよりもいなかったことです。

自分多数派だなんて考えは当然ありませんでしたが、「私と同じ悩みを抱えて、苦しんでいる人は多いのかもしれない。そういう人がいるんだよって発信したら、私みたいな人間は救われるのではないか」くらいのことは思っていました。

ただ、反応を見る限りだとそうではなかったみたいです。共感以上に、私や周囲の異常性、読み物としての感想が多く、もしかしたら私自身の考えや生きてきた人生というのは、自分が思ってた以上に異常なのかもしれないということにお恥ずかしながら初めて気付かされたのです。

しかすると、普通は越えないような轍を何個も何個も越えてきてしまい、引っ込みすらつかないのが私の人生なのかもしれない。

そう考えると、ここに記した殆どのことは、実生活の私の「墓場まで持って行く秘密」にしないと、あまりにも受け入れがたい事実なのだなぁと感じました。その位、人には理解しがたい人生を歩んできてしまったのだと。

これはとてもさみしいことです。だからこそ、インターネットで発散できてよかった。もしそうでなければ、私はこの澱んだ感情をずっと抱えたまま死んでいかなければならなかった。誰も私を理解できないと、自分けが思ったまま。

そんなことすら、人に認められないと自認できない。

承認欲求の底知れなさを思い知りました。そして、私は、そういうことと一生をかけて向き合うのかもしれないと。

そういう性質性格なのだから、仕方ないですよね。今はそうやって自分と向き合えるようになりました。

同人活動なのですが、Twitter中心で細々と続けています

エントリーに関するRTが流れてくるたびにドキドキしていましたが、誰もそれを書いたのが私だとは気づいていないみたいです。今では誰も話題にしていません。インターネットなんて、そんなものです。

二次創作を描けば1000を超えるRTを頂けることもありますが、そのことに関して前よりは落ち着いていられるようになりました。というよりも、RTされるネタの書き方みたいなもの感覚で掴みました。

完全に記事脱線するので詳しくは書きませんが(そもそも感覚なので説明も難しい)、別に絵が上手いとか特別技量がなくても伸びるときは延びるのだから一喜一憂していたらキリがないなぁと。

即売会は、行く回数は減りましたが参加しています。ただ、もう新刊を作ることはないかもしれません。キャラクター愛やそれを人と共有したいという感情が前よりも薄れました。

創作が楽しくなくなったわけではないのですが(これに関しては後述します)、なんでしょう。これが年をとるということなのかな。自分の中で「思い出」になりつつあるんです。

好きなキャラCPきっかけにして、Twitterでつながったり、Skypeをしたり、自分で本を書き、人の書いた本を読み、萌えて転げて、アフターや日常でも仲間同士で集まって、そのキャラの話で花を咲かせて。

そういう光景を見かけると、楽しそうだなという感情にはなるのですが、参加したいなという気持ちにはならなくなってしまいました。

でも、気の合う子とのおしゃべりは今でもとても楽しいです。みんな会ったとき10代でしたが、今では大人になりました。結婚している人は多くないですが、会うとキャラ萌えを語るより、近況を話すことのほうが増えました。

そんな私をつまんない人だと感じる人は、どんなに仲良くしていたとしても離れていきます。でも、それでいいんだよなと。

今、一緒にいて楽しい人だけがオタク友達」なんです、きっと。そこから先の「普通友達」になるためには、それだけじゃ足りない何かが絶対必要になってくる。そしてそれは、誰とでも芽生えるものじゃない。だからこそ、オタク友達はあまりにも即物的。でも真の友情が芽生える可能性もあるからバカに出来ないなって思います

Twitterフォロワーだって同じです。繋がるのに何の不自由もないかフォローされてるだけであって、共通項がなくなればそこで終わりです。だからこそ、数に拘るのは無意味なんだと思います。ずっと見てくれる人や、たまの落書きを何年も変わらずにいいねしてくれる人こそ、大切にしなきゃいけない人なんだと思います相互片道関係なく。

ここまで書いてきて、また自分の「●●でなければいけない」癖が文章に反映されていて、苦笑しました。

誰かに伝える文章は、例えそれが自分に課している制限だろうと断定的に書くことで人を不快にさせるみたいです。それもここで知ったことです。

難しいですよね。でも「私はこう思うけど、あなたはどう考えても自由だよ」とその度に書くのはくどいと思うのでここで一回書いたことで許されようと思います。許して下さい(笑)

二次創作への情熱が薄れるかわりに、最近一次創作楽しいです。

まだ公表していません。それなのにこんなに楽しいことがあったのかとびっくりしています

物語という形にすることで、自分意志を表に出すことができる。そこには何の制限もありません。もちろん物語としての整合性を整えるのもひとつの楽しみですが、どうしても自分の主張したいことがあるなら、オリジナルキャラクターやらせる分には誰も文句は言えないのではないかと気付きました。

悪い部分もあってこその人間。仲のいい友人に見せると、とても生き生きと動くキャラクターだねと言われ、お世辞でも嬉しいです。

ここで数人が「実録としてエッセイマンガにしたらどうか」とコメントされてましたが、いまでもそれをする気はありません。やはり私は、事実をそのままマンガにするのは好きじゃないみたいで、だったら一次創作キャラクターに、何らかの形で搭載したいです。

主人とは、つかず離れず上手くやっています。私も多少ちょろまかすという事を覚え、小遣い以外に稼いだ分から少し抜いた分で友達ランチへ行ったりしています。意外と気付かれません(笑)

私の場合ささやか幸せ幸せとも感じてなかったことがそもそもの間違いだったので、今はそこを目標生活水準を下げています。意外となんとかなります

一年経った今、自分のことを牙を抜かれてチワワになった狂犬みたいだなと思いますが、それでこのままチワワになれたらもうけもんです。

尖って尖って、非難されるような自分だったからこそ、なれるものがある。

それを誰かにバカにされたり情けないだなんて言われる権利なんてきっとない。

他人人生を私が生きることが出来ないように、私の人生は私にしか生きることができなかった。

それがどんなに汚い生き方でも、一般的には努力の足りない人生でも、誇りに思っていいことだ。

そんな風に、思います

そう思えるようになったきっかけは、間違いなくあのエントリー

本当に、この場所感謝してます

なんてステマ臭の強い記事なんだろうと思うけど、本当にステマじゃないです。最後まで読んでくれてありがとうございました!面白みがなくてごめんなさい!相変わらず長い!ただの感謝気持ちです!

2017-05-02

日本語不自由エンジニアとの接し方

仕事で関わっているエンジニア日本語不自由で辛い。

頭が悪く、支離滅裂エンジニアもどき)の方はそれなりに見てきたため対処方法はわかるのだが、それなりに自分で考えられる人なだけにタチが悪い。

特徴を挙げるとするならば

くらいだろうか。

何の前提も共有してくれないにもかかわらず、「わからないのはお前が悪い」みたいな態度を取られると、どう対処すればいいのか正直よくわからない。

これで腕が悪ければ切って捨てるのだが、腕がそこまで悪くないだけに本当にタチが悪い。

はいえこれなら、腕が多少悪くても日本語に明るくて、決まったことをちゃんと守れるエンジニアの方が良い。

少なくとも、気持ちよく仕事ができるし、そっちの方がトータルで良いサービスになる。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん