「ポジティブ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ポジティブとは

2016-07-29

[]

今回はガンガンオンライン

黒田氏の授業 21時間

あー、「蒸しパン」の「蒸し」を「虫」と勘違いするの、あったなあ。

はいっても五十嵐の年齢で、その勘違いはさすがにアホの子と言わざるを得ないが。

耳たぶぐらいの固さという話から生地を耳たぶ型にする発想は思わず笑った。

意外にもエキセントリックネタも出来るんだな。

黒田八木が、自分のことをそれぞれ予想外なところで覚えている描写があって。

自分が思ってもみないところで、誰かが自分のことを覚えててくれた」ってことが嬉しいことだというのを、最終的に先生が間接的に語る。

話としてはしっかり纏まってて、あまり着目してなかったけれども作者の構成力かなり高いな。



妖怪賃貸事情 第21話

オチはあれだったけれども、ネタを挟みつつちゃんと法律とかの話をしていて不覚にも感心した。

トイレ椅子取りゲームしかも男女でとは、絵面はマイルドだけれども画期的だなあ。

あと、何気に21話目にして、珍しく妖怪同士でバトルして大惨事になる展開だ。



犬神くんはツンだけどバレてる 第7話

そんな大層なことは書かれていないとは思っていたけれども、借り物競争のお題はそういうものだったか

いや、当事者たちにとっては大層なことなんだよな。

いつかはくると思ったが、耳や尻尾の反応を見なくても、顔で分かるほど反応が出てるという描写がここで来たか

まあ、シチュエーションとしてはここがベストだろう。

そして翌日、犬神の耳の尻尾の反応は~、ってそう来たか

なんか、私の予想した展開をどんどん消化しているような気もするが、意外と早く話を畳むとかだったりしないよな?



クロスプレイ -CLOSE PLAY- LIVE2

まあ、キャラの顔がほとんど同じな上、それを一気にたくさん登場させた時点で話しについていけなかったけれども、今回はますます顕著だな。

平行世界だの、そこに来てしまった理由説明がフワフワしているし、アイドルたち全員に野球の才能がある設定だとか。

プロットがめちゃくちゃすぎる。

そんな状態シリアスな感じ出されても失笑しかできない。



蟻馬くんは現実を見ない。 第1話

こ、これはポジティブというよりサイコ……。

はんだくん」にいてもおかしくなさそうな位、気が違っている。

あくまコメディのノリなのかもしれないが、極端すぎてちょっとヒく。

これを「ウザかわいい」とかで片付けるのは難しいぞ。

[]

今回はポラリス

愛があれば××の差なんて 生死編 第1話

今までは関係がそこまで劇的に変わることがなかったんだけれども、今回の二人はすげえ進展するなあ。

正直、話的にはこれでもう終わってもいいと思ったが続くのか。

過去の話をするのか、それとも今後また似たような展開で補完していくのかの、どちらかかなあ。

別のエピソードカップルが出ることもあるから、そっち方面かもしれない。



SSB ―超青春姉弟s― 58リアル

ポジティブというか、自惚れ入ってきたぞお。

ラブコメあんまり勿体つけるとロクなことにならないとはいえ、確かに「今」がベストではないだろうね。

ただ、そのあと若干ヤブヘビってて、やっぱり何か面倒くさいことになってきた気配が。



タイムスリップ オタガール #3-2

ノートに描かれた設定資料集、これはクるねえ。

絵柄の野暮ったさといい、「わあ~」と思った。

しかしブレないというか、人生を「やり直せる」というよりも、「やり直さないといけない」という主人公認識面白いね。

あと、前回と今回のやり取り見てて思ったけれども、別にコミュ症ってわけではないのね、主人公

しかも、同級生の茶化しを全スルーする高度な処世術を用いるとは、伊達に30年生きていないということか。

当初、イメージしていたキャラクターと違うけれども、そういう所で変にこじらせていないのは、かえっていいかもね。

http://anond.hatelabo.jp/20160728154543

俺は深く感動した。

ちょうど、正に今この時に、俺も同じような絶望をぶつけられて、

心を深く傷めつけられて居た所だったから。





どうやら、元増田に悪意は無いようだし、追記の内容を読む限り「良い人」の様に思えはする。





また、この増田についても、憎しみを持ち続けると宣言しては居ながらも、

他者生き方肯定し、憎悪の心を抱え込みつつも、ポジティブに生きようとしている様に、

俺には読めた。



上記の2人は、方向性は違いながらも、「真に他を害する事はしないようにしておきたい」という思いについては共通しているように見える。




昨夜俺に対して絶望を叩きつけてきたあの男も、

しかしたら、「俺を害する」という事は本意ではなく、たまたま、軽い気持ちで俺に向けた言葉だったのかもしれない。

それでも

ギリギリ辛うじて死を選ばずに、生きがいを探し、生き続ける目的をどうにか見繕いながら、なんとか生き続けている俺には

軽い気持ちで俺の生きがいを否定してきたあの男を、

絶対に許すことは出来なかった。

呪い続けようと、心に決めた。

2016-07-28

http://anond.hatelabo.jp/20160728041736

スキルが溶けて消えていた、っていうのは気のせいじゃないか

以前明るい自分だったのは、スキルがあるからではなく、「失敗を恐れなかったから」だ。

から勢い良く波に乗れたようなもの

それが鬱を経験し、脳がネガティブになっているせいで、恐れを大きく感じるようになった。

波に乗る前にたじろいでしまって、ボチャンと落ちた感じ。

けれど、そのおかげで、初めて「失敗を知ることができた」。

から現在進行形で、スキルは成長しているんだよ。

鬱を経験した人が立ち直るために大事なのは

こういう風に前向きに自己を捉えられるようになること。

失敗した自分を愛せる心の柔らかさをいつか持てるように、

少しずつでも意識ポジティブに向けていくといいよ。

物事ポジティブに捉えられない癖があるのか

妊娠絶対したくないと思うし、彼氏ができても体目当てでいずれ終わると思うし、

単純に何も気にならず、信頼できて幸せな人は、そういう不安になりやすい神経よりも幸せを感じやすい神経が発達してるのかもしれない

もしくは環境が良かったか

2016-07-27

http://anond.hatelabo.jp/20160724040923

元増田です。

こういう場所に書くことができて、いろんなコメントをいただけて感謝気持ちでいっぱいだったんですが、一つだけ。

http://kutabirehateko.hateblo.jp/entry/2016/07/25/105102

----------------------

からセックス拒否されている増田たちがこのくらい真摯に妻と自分の性に向き合ってくれたらいいなと思う。たとえば増田たちは女性の膣がふだんぴったり閉じているものだと知っているかしら?エストロゲンが不足している状態では膨らみも長さもなく、そこにペニスを押し込まれることは苦痛しかないことをわかっているかしら?かつて妻が応じてくれていたとき、そういう我慢を重ねていたかどうか知っているかしら?

どちらの増田子供が目を覚ますと妻から咎められたということだけれど、そういう趣味でなければセックスは二人だけで邪魔の入らないところでしたいんじゃないの。絶望して泣きべそかくまえに、そういう基本的なところから考え直したらどうかな。妻さえ応じてくれれば解決という姿勢では、遠からず無理を強いたことが決定的な問題になると思うよ。解決手段女性生理と肉体を無視したファンタジーポルノからは学べない。シルクラボのいちゃいちゃAVでも見なさいよ。 ちゃんとお金を払ってね。

----------------------

付き合っている時から真剣勝負セックスして、終わったあとは「何か悪い点があったか」「どこがよかったか」を話し合って、次に活かすということを続けてきました。

当時彼女だった妻は、僕のそういう真剣さにびっくりしたとは言っていたけど、お互いの性について継続的に考えることに感心していました。

歴代彼女たちもそうしていたし、みんな好意的に受け止めてくれていました。

ワンルームで住んでいるわけじゃないですし、子供の寝ている横でプレイするほど酔狂じゃないです。

僕がこの記事を読んで思ったのは、「僕の妻がここまでデリカシーがない人間だったら、眠れなくなるまで悩むことなく即決で離婚できるのに」です。

ファンタジーポルノうんぬん言っているこの人に、逆に言いたい。

セックスレスで悩む男性は、ファンタジーポルノのように性欲の塊じゃないです。強い拒絶に対してあっさりEDになるデリケートな面があり、すごく惨めに感じ、つらい気持ちになります

性欲先行で「また誘おう」とポジティブに考えられる人間だったら、セックスレスで悩みませんし、おそらくセックスレスになっていません。

■嫁さんとセックスができなくて泣いた

http://anond.hatelabo.jp/20160707093536

こちらの人もそうだと思うんですが、相手のことを考えて一生懸命プランを練るような人だからこそ、悲しんだりします。

この人がいうようなファンタジーポルノのようなセックスがしたいわけじゃなく、ただ愛し合いたいと思っていただけなんですよ……。

いろんなところでセックスレスの悩みを見ましたが、セックスレス夫婦仲が険悪になってぎくしゃくしている人は少なかったです。

その一点以外は順風満帆な人が多かったように感じました。

逆にそのせいでぎくしゃくしている人は、悩むことな離婚カードが切れるのだと思います

他がうまく行っているからこそ悩むんですよ。

と、ここまで書いて、行政が行う「妊婦さんは大変! 旦那さんもわかってあげてね」的講座を思い出しました。

僕も含め旦那さん衆は、階段エスコート。何か起きたら大変! と真剣

そんな中僕はうすらぼんやりと「こういうのに参加する人は、みんなわかってあげたいと思ってる人ばっかりだよな~。本当に蔑ろにしてる人は参加してないんだろうな」と思っていました。

泣いたり、悩んだりしている人はわりと色々考えちゃう人ですよ、きっと。

おしまい

2016-07-25

人相が悪いやつは損。都知事しかり。

やっぱり人相の悪い人は損だよね。

ブサイクとかも含めて。

石原慎太郎はなんだかんだ言って顔面造作とか雰囲気が良かったんだよ。

裕次郎の兄ちゃんだしね。

色々言われたけど支持者も多いし政治生命を全うしたし。

舛添さんは目つきが悪い普通にしてても悪人のような印象を与えるんだよ。

猪瀬氏もどちらかというと目つきが良くない。

卑屈なカレーパンマンのようなものがもし存在したらそういうのに似てるかも知れない。

民主党細野さんなんて顔面がとてもカッコイから不倫したって全然OKだったんだよ。

ベッキー好感度が良いはずなんだけど相手の顔がなんというか人に不安を与えるからアレだけ叩かれたんだよ。

相手細野さんだったら絶対大丈夫だったと思う。

ベッキー頑張ったなって言われてるはずなんだ。

それとやっぱり人相の悪さで叩かれたっていうのは五輪エンブレムデザインした人だよね。

佐野氏は少しこう何ていうか一重まぶたの造作反抗的な印象を与えてしまって損してるよね。

短く刈り込んだビリケン風の髪型も相まって何ていうかこう反省の足らない悪者にされちゃった感がある。

これが細野氏だったら絶対あのままのデザインになってたんじゃないかな。

まあ結局今回の都知事選も人相の良さそうな人の方が長く続くような気がする。

小池さんの方がどちらかというといい感じかな。

鳥越氏も髪もフサフサだから印象は良いんだけど能力的に限界がありそう。

佐村河内も色々しでかしたけどさっぱり散髪してきたからもういいやってなったよね。

他にも人相のおかげで損をしてそうな人はいるかな?

「追記」

早速のブコメ恐縮です。

あれだけヤバい鳥越氏が出てきた理由ハゲ散らかしてない人相のマシな年寄りタレントを誰かが安易に担ぎだしたせいなのかなっていう。

どちらかっていうのは増田氏VS小池氏っていう意味鳥越氏はレースから順調に脱落中。

佐村河内はその後激しく糾弾されたというより、「お、おう…」みたいにネタ化されて風化したという印象。

散髪によって変わった西田敏行みたいな人相にも「!」っていうポジティブ効果があったと思えるんだよね。

2016-07-23

日常生活自分の手に取り戻すにはどうすればいいですか

美味しいと感じたり、

楽しいと感じたり、

ありがたいと感じたり

そう言った日常ポジティブ感情を取り戻したい。

感謝できるだけの余裕がない。

2016-07-21

婚活うまくいかない

初対面の女性と話すのが苦手でこれまで敬遠してたけど、

30歳を迎えてふと「やっぱりパートナーが欲しいな」と感じたので、婚活を始めた。




合コンやら紹介やら婚活パーティーやらでそれなりに楽しく話して、

LINE登録するところまではいいんだけど、

その先がどうしても繋がらない。




お断りされる事自体は仕方が無いので、改善して次に活かしたいと思うけど、

相手の「一旦ポジティブな反応をしてからスルーする」という反応を

どう解釈すればいいのか分からなくて本当に困ってる。




例えばLINE休日にあった出来事を送ると、

相手がそれに対する返事に加えて「私は○○へ行ってきました!」と

話を振ってきたとき




少なくとも会話を続けるつもりがあるんだな、と思って

具体的に行った場所なんかを聞いてみると以後スルー




例えば次の休日食事に行きませんか、と誘うと

「是非!いつでも大丈夫ですよ!」と返って来たとき




具体的な日時を提案するとやっぱりスルー




「聞いて欲しいことがあるのでお願いします!」

みたいな反応が返ってきたときも、

直後にスルーされてやっぱりダメだった。




「一旦ポジティブな反応をしてからスルーする」っていうのは普通のこと?

いちいち気にしないほうがいい?

しろ自分の行動をもっと見直したほうがいい?




正直、誘いを断るポイントはあえて作ってるつもりなので、

その気が無いなら最初から断ればいいのになぁ・・・って思ってる。




誰か、アプローチをしてくる相手

こんな反応する時の心理を教えてもらえないだろうか。




マジで困ってる。

2016-07-15

なんでもポジティブに変換する女

知り合いの女のツイッターが流れてきた。

わたし責任感変に強くて何でも自分で抱え込んじゃうからなー(泣)

職場の他の女子みたいにぱーっと楽しむようにしよう!!!

いや、違う。全然違うよ。

責任感が強いと言うより、勝手脳内変換して暴走するので回りは迷惑感じてるよ。

被害者意識が強くて、自分がこんなに頑張ってるのに!!!回りがダメだ!!っていつも言ってるが、

依存心が強すぎるんだよ。「助けてー」の一言だけライン送ってきて返信があった人だけが本当の友達とかやってんじゃねーよ。

友達試すな。そして帰ってこないのが多くて凹んで逆ギレしてんじゃねーよ!!!

まあ自分のところにも来たかスルーしたんだけどw

さらっとほかの女子disってるし。

無意識でこんな自己中なコメントできる精神構造がやべえんだよな。

2016-07-14

断言しよう、チャットボットブームは去るし関連ビジネスも失敗するよ

会社名を明かせないが、業界大手ベンチャーキャピタル所属している。

主な出資先は所謂ドルレイターと呼ばれる「成長、拡大期」のベンチャーである

私自身も一回事業立ち上げ、売却した経験を持つ。



さて、そんな私も最近起業前、もしくは新規事業を立ち上げようとしている方にアドバイスをすることが多い。

そしてその中でもここ1ヶ月は会う人の3割がチャットボット系のサービスアイデアを語るのである

「やめたほうが良い」と毎回アドバイスするのだが、毎回伝える3つの点についてここに記したい。



願わくばこの記事が広まり、浅はかな「対話サービス未来」を考えているベンチャーが断念し、より可能性の高いビジネスに切り替えて欲しい。

そしてこの記事を受けても尚、私の予測を上回り成功するチャットボットサービスが出てきてほしいとも思う。



前置きが長くなったが、以下3点がチャットボットが失敗する理由である



1. ユーザーの利用シーンが無い

一番の理由がこれだ。

ここで注意したいのが、 クライアント ではなく ユーザーである点だ。

よくあるチャットボット簡単ECサイトに導入できますサービスを事例に出してみよう。



彼らはこういった切口で法人クライアントに売り込む。



「今まで大変だった顧客対応チャットボット代替できます。」

チャットボット商品アピールをすることで売上が上がります。」



確かに正論に聞こえるし、無料キャンペーンや優先登録などに興味を示すクライアントは多いだろう。

プレスリリースを出せばクライアントの問い合わせは殺到するだろう。



しかし、その先のユーザーのことを考えているだろうか?

ユーザー商品についてわからないことがあった際に、いきなり得体の知れない自動応答システムに話しかけるだろうか?

そもそも埋込み型の顧客問い合わせサービス(zopimやolarkなど)について、ユーザーの利用率が5%未満に過ぎない事例が多いことを知っているだろうか?



私もこれらの問い合わせサービスに関わったことがあるが、日本人性質としてチャットボットにいきなり話しかけるしかも想定された問答を想定通りの言い回しで)例は少ない。

ユーザーが使わなければクライアントも離れる。



無料期間でクライアント数は増えるだろう。

また、少ない額であれば導入する事例も増えるだろう。



しかし、ユーザーチャットボットを使うシーンは少ないだろうし、結果として売上にもコストダウンにも繋がらないケースがほとんどだろう。


厳しい言い方をすると、話を聞くチャットボット関連サービスは現状、ユーザーのことを考えず提供者側の視点しかない マスターベーショナリサービス」

なのである



2. そもそも自然言語処理の精度はそこまで高くない

自然言語処理簡単説明すると、コンピュータが会話を理解し適切な回答を返す処理」である

この技術は現状、正直言ってそこまで高いレベルに達していない。

言い換えるならばユーザー期待値提供できる技術レベルの均衡が取れていない。それどころかユーザーの求める自然対話レベルにはほど遠く失望させるものなのである



よく非技術者創業者流行ものが大好きなコンサルが「Deep Learningの登場で自然言語処理の精度が高まり自然対話を実現できる」とドヤ顔で語るのだが、これは大きな勘違いだ。

画像認識については、「文脈」などその対象以外の外部要因が発生することは少ない。

その為、その特徴量を見出しやすDeep Learningを使用することで精度をかなり高めることが可能である



しかし、「対象のもの」以外にも文脈や発する人間パーソナリティなど様々な外部要因が発生する対話において、特徴量見出しづらい。

特に日本語主語が省略される、漢字の読み方で大きく意味が異なる、「空気」を重視する等のハイコンテクスト文化であり、自然言語処理は難しい。

その為にDeep Learningが自然言語処理を圧倒的に成長させ、機械であることを感じさせない自然な応答」可能にさせることはほぼ不可能なのである



そんな精度をユーザーが求めていないのでは?と思うのは提供者側のエゴだ。

自然対話自分の想定していない回答が続くようであればユーザーサービスから離れてしまうだろう。



3. 対話である必要性が無い

飲食店などの予約がチャットボットでできる」系サービスも良く聞く。

彼らには必ず「それってチャットボットである必要性ってあるんでしたっけ?」質問するのだが、納得のいく回答を得られたことは無い。


対話のほうがかっこ良い、対話でできたら未来っぽい、アメリカ流行っているから、実際にそんな浅はかな考えで通用するほどビジネスは甘くない。

対話によりニーズを深掘りできる」等もよく聞くが、2で挙げた通りそんなに自然言語処理の精度は高くなく、深掘りする以前に離脱してしまうだろう。



「なぜ対話なのか」

「なぜ対話でなくてはいけないのか」

「なぜ対話サービスが従来型のリストサービスを上回るのか」

これらの質問に自信を持って答えられるだろうか。



それができない限りはビジネスは成立しない。

今すぐチャットボット事業を畳み、↑の質問に答えられる別の何かの可能性を考えたほうが良い。


以上である

チャットボットブームは、クライアントが導入した後に「ユーザーに全く使われない」と気づきその悪評が広まる、あと半年寿命といったところだろう。



そんなチャットボットだが、現状で可能性があるとしたらチャネルの1つ」として使う程度だろう。

LineFacebookメッセンジャー組み込み、「既に展開しているサービス広報役割として活用する」、「メディア記事配信させる」役割であれば優秀なツールとなるだろう。



繰り返しとなるが最後にもう一度。



願わくばこの記事が広まり、浅はかな「対話サービス未来」を断念し、より可能性の高いビジネスに切り替えて欲しい。

そしてこの記事を受けても尚、私の予測を上回り成功するチャットボットサービスが出てきてほしいとも思う。




追記


一部コメントについて返信させていただきます



BtoBでの事例

そんなステマ記事をよく反例として書けますね...

導入事例のステマ記事メディアクライアントと内容は詰めている)はこの半年で沢山出てくると思いますが、実際の導入でコストが下がった、売上に繋がったという話は決して多く出ないだろう(むしろネガティブな話ばかりだろう)と私は予測します。



>「二次元アイドルとの会話」みたいな路線なら弾けるとこあると思うよ

これは私もそう思います。ただそのサービスだけでのマネタイズは難しく、記載した通り「チャネルの1つ」としての活用だと思います




>いま成功している企業に対して、過去の時点で成長すると断言できたのかな?

私の担当案件は同僚と比べてROIが高いほうだと自負していますが、それでも100%ではありません。

当然予期できていないものもありますが、ここで挙げた3つの課題クリアできない、もしくは突破できる切口が見つからない限り難しいだろうと考えています

また同時にそのようなサービスが生まれて欲しいという期待もしています



本名で書けばいいのに、VCなら。

君なら知っていると思いますが、VCといってもサラリーマンです。

君みたいなネットタレントでも私は承認欲求が強いわけでもないので、実名で注目されることでのメリットが無いのです。



>概ね合っているとは思うがこの人自然言語処理理解してなさそうだ

私のもともとのバックグラウンドエンジニアで、セキュリティソフト迷惑メールフィルタリングシステムを開発していました。

自然言語処理業務で取り扱ってきましたが、どういった点が自然言語処理理解が足りなそうか教えていただけますか?

まり冗長にならないように書いたのですが、不足している箇所があれば修正したいのでご教示いただければ幸いです。



>1.多くのユーザーは凸る前にカタログやQ&A等を見るでしょ普通ボットはその中間でしょ。2.検索性の悪いQ&Aよりはマシな可能性は? 3.何故に二者択一よ。

カタログやQ&A等を見るでしょ」

これがなぜ対話になるのですか?なぜチャットである必要があるのですか?いきなり不明点を話しかけると思いますか?



検索性の悪いQ&Aよりはマシな可能性は?」

検索性の悪いQ&Aよりはマシレベルのものビジネスとして成立すると思いますか?

チャットボットはゆらぎも含めた大量のインプットデータ必要です。

そのメンテナンス費用考慮すると検索性の悪いQ&Aを直せと言いたいですね。



「3.何故に二者択一よ」

対話システムとしてビジネスをするのであらば、対話である必要があるのか、なぜ対話なのかといった観点必要になると思いますいかがでしょうか?



なかなかご理解していただけないようなので、この質問をさせていただきます

あなたユーザーとしてチャットボット質問しますか?まだ使ったこと無い場合質問ができそうでしょうか?」




>まずもって中身のサービスが素晴らしく、それをチャットUI(また、それが載っているプラットフォーム)をもってレバレッジかけるような感じ

私もこれは完全に同意です。

既存製品の新たなチャネルとして、そのUIがフィットするのであれば良いかなと思っています

ただ、チャットボットですという売り方では難しいと考えています

(実際チャットボットでこれから生きていくみたいなビジネス相談が多いのです。)



>ナゼに増田にとは思うが、社員ならしゃーないとも。

理解いただきありがとうございます立場上、実名発言が難しいのですが、この「チャットボットで俺は生きていく」層が多くそれに警鐘を鳴らしたい、鳴らさなければいけないと感じ増田に書きました。




LOHACOチャットボット人件費削減に成功

ネットメディアの導入事例系はマーケティング的な要素が強く、またあの記事人件費削減の根拠曖昧です。

サービス広報としては優秀だったと思いますが。




ユーザー側が求めてるサービスの質次第なんじゃないかな。未成熟技術分野だからこそ、提供者側が工夫すれば良いだけ。

工夫というのは同意です。

ただ現状、完全自由対話インタフェースを用意すると、ユーザー期待値サービスが超えることは無いと考えています

ある程度選択肢を絞らせる、スタンプを使うなど「工夫」がなければ難しいでしょう。

またその工夫でもこのインタフェースだけでビジネスとして成り立つかというと...我々は慎重に考えています



複数人が入っている部屋での稼動があると思うんだ。

アイデア面白いと思います

趣味Slack上で司会進行的に喋るBotを仲間内で開発しましたが、これは非常に面白かったです。

ただ、やはりビジネスとなり例えば1,000社が有料で導入するレベルのものかというと...



成功しそうなの教えて

そうですね、ポジティブな話もしないとですね。

個人的にはBIツール可能性がまだまだあると考えています

からあるものですが、どうもインタフェース特殊で事例が中小企業規模まで降りてこない。

Google Analyticsの焼き直しや、他の埋込み型トラッキングサービスも伸びています

コンシューマ向けだと、所謂CtoCにはまだ可能性があると思っています

炎上しましたが、個人の写真売買など「今までプロ提供してたけど素人でも提供できる、かつ流通量が多いもの」に可能性はあると思います




更に追記

うご覧になる方はほとんどいないと思いますが、最後の追記です。


予想以上の反響をいただいて驚いています

活用方法や実際の導入の声など、参考になるコメントもたくさんいただけて私自身も勉強になりました。

はてなの方から他のシリーズもやってくれとコメントを頂いたので、IoTやVRなど他のトレンドについての課題も今後「増田で」挙げていこうと思います



これらの意見をいただいても尚、ビジネス化をしていくには難しいだろうと私は考えています

それほど、私が挙げた3つの課題クリアしかビジネスとして回していくことは難しいからです。

そして、同時に未来はどうなるかわからんぞ」といった意見には賛同します。

Webアプリも「こんなもの流行るわけがない」という世論があった中で、ここまでの発展を遂げています



「若くチャレンジしようとする芽を潰すな」という意見もありましたが、そもそもこの意見を聞いて諦めるような起業家ではその先にある苦難に立ち向かえないでしょう。

もともと「チャットボットが新たなインタフェースになるんだ」と確信し強い気持ちを持っている起業家は、こんな意見を聞いても全く諦めようとはしません。


私も実際、起業前の方に「止めておいたほうが良い」と伝えたことは何回もありましたが、それでも彼らは起業サービスローンチしています

私自身もそうでした。みんなに反対される中、当時全く広まっていなかった人工知能系のベンチャーを立ち上げました。



勝手ながら彼らの信念がいつの日か実り、少しでも世の中に良い影響を与えられる存在になってほしいと思っています

VC的にはIPOか売却というゴールを期待してしまます(笑)



私が本当に警鐘を鳴らしたかったのは、どちらかというと「チャットボットが万能だ」、「チャットボットで何でもできるようになる」と伝えるメディアコンサルの方です。

口々にチャットボットだと言って誰にも使われないサービススタートアップを量産しようとしている話を聞くと心が痛みます

過度な期待をしたくなるのはわかりますが、私が挙げた3つの課題はどうしても避けては通れません。

起業家の方々が「周囲の過度な期待」に流されず、これらの課題から目を逸らさず、新しいインタフェース開拓してくださることを期待しています

上から目線のようですみません。ただ立場抜きにして1ユーザーサービス享受する1人の人間としても期待しています



最後

過激表現などを使ってしま申し訳ありませんでした。

多くの方にご覧いただきたいということもあり、こういった表現使用してしまいました。

特にけんすう氏にも良くない表現を使ってしまいました。申し訳ありませんでした。

ここにお詫びいたします。

2016-07-12

「俺は差別と黒人が大嫌いだ」より

「俺は差別黒人が大好きだ」のほうがポジティブでいい



と一瞬思ったが、後者差別主義者の白人

「俺は差別と(メシの種になる)黒人が大好きだ」って言ってるように聞こえて全然皮肉にならないことに気づいた

http://anond.hatelabo.jp/20160712001544

それらの政党立場から言えば、安保関連法案に賛成した元・日本を元気にする会山田太郎を比例で擁立するのは、従来の支持者から受け入れられると思うかい

事前には29万票取るなんて予想は山田太郎本人含めて誰一人してなかったわけだけど、票的に無力なら論外だし、力を持ってても票欲しさに野合したの誹りは免れ得ない。

見方を変えれば、表現規制の面で自民は論外だけどその他の政策面に合意できないので左派政党には入れられないという層の受け皿に山田太郎がなれるなら、それはポジティブとも言える。

2016-07-11

選挙って自分投票した人が当選すれば投票してよかったと思えるのだろうけど

落選ちゃう無力感けが残って次から行かなくてもいいかなって思っちゃうのよね

当選側はポジティブフィードバックで拡大増幅効果がある一方で

落選側はネガティブフィードバック収束傾向

どんだけポジティブ馬鹿なんだ

プロブロガーが嫌いだから叩くんじゃない。

プロブロガー馬鹿代名詞にしたお前らにムカつくだから叩くんだ。

ブログマネタイズというのは本来無能馬鹿が小銭を稼ぐためのものじゃないんだよ。

ウェブ価値ある才能に、相応の評価(と対価)をもたらすためのものなんだよ。

互助会プロブロガー()はムカデ人間みたいにお互いの口と肛門を繋げてクソを食うことで生きるエコシステムの環から出てこないでくださいおねがいします。

2016-07-10

問題ガルパンSFなのかではなくて単独で受賞させてしまったこと

http://anond.hatelabo.jp/20160710114244



ガルパンSFなのかどうかっていう議論は全く別の問題

SF大会という場は、SF好きがSF的な目線作品考察したりして共有して楽しむ場なので、○○はSF!という主張をする場ではない。

SFとして見ても十分に面白いよね、という語らいの場なのである



問題点別にあって、参考候補作としてあれだけの充実したラインナップがあった中でガルパンに賞を与えてしまったというのが問題

そもそも人気投票で決まる賞なのだからどうしようもない話なんだけどね。

その年の多くの作品の中から一つを選ばないといけない、そういう場面で明らかに正道を外れた作品を選んでしまった。

「他を退けての受賞」という形になってしまった。それが問題なのである

他のSFマインドがわかりやすく感じられる作品と同時受賞であったりとか、自由部門のような形で特別賞としての受賞であったなら波風はさほど立たなかったであろう。

しろポジティブ話題が多くなったかもしれない。



他の作品に賞を与えることを放棄してまでガルパンを受賞させたいのか?という疑問が湧いてしまう形になったのが問題



しかし実際のところは、この賞は本当にただの人気投票なので、「SF大好きおじさんの間でもガルパン大人気!」というのが実態なのである

だが困ったことに、外から見たらSFファンはこの年の他のSF作品無視してガルパン評価してる、と見えてしまっているのである

2016-07-09

前々から暴君絶対権力者という設定の男性キャラに限っては

美男子じゃないと受け付けなかったんだけど、それはなぜかと考えたら

美男子であれば「女性主体的マゾヒズムに応じて作ったキャラ設定

というポジティブな方向に見立てられるからだと気づいた。

から、全く性的な目で見ることのできない高齢者だったり、フツメン以下

だったりすると、従来の「女性一方的搾取する側」にしか見えないか

キツい

2016-07-08

9条を守るとか意味不明なんだけど

http://anond.hatelabo.jp/20160707234517

これを読んでトラバにも書いたけれど、この増田の主張は護憲派の主張そのものだと思う。

自衛のための軍隊で抵抗するが、攻めてきた国を攻撃まではしない”

選択するなら、それは今までの憲法とその憲法解釈で成し得ていたものであって、改憲する必要はないと考えるのが妥当だと思う。ならば護憲であるはずなのだ

はっきり言って、護憲派の言ってることって意味不明

なのだそうだ。その主張は護憲派と意を同じくするのに私は護憲派ではないと仰る。その論理展開が今ひとつ理解出来ないのだが、ちょっと想像して書いて見ると

今度の選挙特に改憲の是非というものについて改憲に賛成する人達は変化を望んでいるんじゃないだろうか。例えどんな変化でも良いから変化を望んでいる。それは現状に満足していないということの現れでもあるんではないだろうか。

大阪の都構想でも同じ現象が見られたように思う。なんでもいいから変化が欲しいという声は一定数ある。寧ろ多数派になっているとさえ言って良いと思う。その変化の内容がどうであれ。

僕たちの世代20代)について言えば変化を望むのは当然だと思う。今の世の中の息苦しさは僕も感じている。そしてこの点は重要だと思うのだけど、僕たちは変化を望むことがポジティブ行為だと刷りこまれいている。ネガティブでいるよりポジティブであれということを散々教え込まれ経験している。そして「反対」を叫ぶ党派の行動はとてもネガティブに見える。そう感性が言っている。

変化は前向きな前進でありポジティブに見える。だからそちらに同調する。だから改憲派、という感性に従っている人って多いんじゃないだろうか。

でも自民党改憲の内容は古き良きもの(と彼等が思っている)ものへの回帰なんだよね。現状からの変化ではあるけれど、昔に戻しましょうと言ってるのに過ぎない。そこに気付いているかどうかはとても大きいんじゃないだろうか。

2016-07-06

ポジ熊という名前

HIV陽性(ポジティブ)の熊系(体毛が濃くずんぐりした体系のゲイ)を連想する

エビリファイ

双極性障害エビリファイ1/2錠を処方されていたのですが、

今までの人生で感じたことのないタイプのひどい鬱状態に陥ってしまい(ワースト3に入る)

よく考えたら、エビリファイを飲み始めてから、抗いようのない鬱に飲み込まれそうになっていたということに気付いて

医者漢方薬に戻してもらいました。

(元々、軽いパニック症状のために通い始め、漢方薬を処方してもらっていたので)

自分としてはパニック症状さえ落ち着けばよかったので、躁鬱の治療特に希望してなかったです。鬱状態でもなかったし。激しい躁状態でもないと思っていたし)

医者が、あんたそれ、双極性障害だよ!おくすりかえよ!って提案してきたタイプです)

(お医者さんとは、漢方薬でも鬱状態が治らなかったら大人しく、エビリファイに戻す、という話をしています

エビリファイが抜け始めて、ようやく自分のことを肯定出来るようになってきた。

この2ヶ月ほど、自分ネガティブの元と向き合い続けて本当に苦しかった。

結局自己肯定感が低く「認知の歪み」があって、そのせいで鬱状態になるのだろう、

という辺りまではわかったけれど、その先にいこうとしてもどうも鬱の波に飲み込まれそうになって毎日あっぷあっぷだった。

希望楽しいことがあってもすべて目に入らなくなっていた。

けれど今日初めて「認知の歪み、という原因突き止められた自分はえらいし、この方向であってるから大丈夫

と少し自分を認められたことで

ほっとした。らくになった。未来は明るいような気がした。

その他、エビリファイ副作用として上げられる「虚脱」状態も、服薬以来続いていてつらかった。

3分以上、立って人の話を聞くことが出来なくなっていたし、

事務作業も1時間限界だった。寝転がるか、どこかへ走り出したくなるような状態が続いていた。

自分はもうすっかりダメ人間になってしまったんだなあと自己嫌悪がすごかったけれど

よく考えたら、エビリファイ以来だったので、その原因も疑ったのですが……。

医者には、「双極性障害鬱状態に入っただけ。元々体調悪かったんじゃないの?」みたいな感じで一蹴されるし。

なんというか、この病気の人の自己申告は信じねぇぞ、という論調だったな。

というわけで、また双極的におかしいとか愛する人などに指摘されたら、セカンドオピニオン的に別の病院に行こうと思いますが……。

というか、エビリファイで鬱になってしまった私は、本当に双極性障害なんだろうか?とも思うんです。

でも病気の人ほど、ノーマルを主張するって云うし。考え始めるとまったくもってよくわかりません。

医者は「エビリファイ気持ちフラットにする」と言うけれどわたし場合ポジティブがこそげ落とされてネガティブけが残ってしまいました。

それなら、気分安定剤を処方しよう、と言われたけれど、喜びも悲しみもなくなって体が虚脱するだけになりそうで、それが怖くて踏み出せなかったです。


自分躁状態で、人を不快にさせるポイントが少しわかった(と思った)ので、

そこを気をつけて、謙虚に明るく、人に気遣いをすることを忘れないようにしていれば、

私の場合は、大丈夫じゃないかなーって思います

私が躁状態の時ってせいぜい、好きな音楽を聞いて「なんて……ッ天才ッ……なんだぁ!」って浸ったりとか

人のいないところで音楽さいこー!と思いながら、ちょっと走ってジャンプする程度のものだったりするんですけど……。

ここ3年での大きな買い物といえば、10万円弱の一番安いMacBookAirだったりするし

劇団立ち上げたい!音楽イベント主催してみたい!とか思っても、思うだけだし、

オフ会すら最近主催してないし、配信してみたい!と思ってもしてないし、

躁状態でもそんなに気持ち大きくなってないんだよね……。

睡眠時間時間程度で2ヶ月くらい創作し続けたこともあったけど。。そんなん、あるやろ?創作する人なら。


というわけで、長くなったのでまとめ

1)ただの愚痴でした。

2)チキンなので基本トラバ読みません

3)エビリファイで鬱になることってあるの?

4)ワシ、ほんまに双極性障害やったん……?

以上!

2016-07-05

http://anond.hatelabo.jp/20160704185309

早速のヘイト消費が出来て嬉しそうで何より

何より消化と優越感を同時に味わえるからやっぱ 「叩けて嬉しいの精神」は安いポジティブ消費とは違う本物なんだよねぇ

2016-07-03

[] 2016春アニメ(視聴済)感想

クールが始まると、ほんとに光陰矢の如しというのを感じる。

とりあえず、見ていたアニメメモ


仕事でつかれた頭を休める最高の癒やしだった。4月ごろ本当につらい時期だったので、救われた。アニメ前半の艶かしい映像美の描写

http://nikkan-spa.jp/1143071

記事が良かったので、参考にメモしとく。うんうん。このアニメの良さはこの文章に凝縮されてる。

クールの前半でトランス神楽したり、しまむらに行ってたころは本当に一話づつもう一度見返したいと思ういいアニメだった。

中途半端な成長話や毒親グマのエピソードなんていらなかったんだ。ただ、癒やされたかったんじゃー!!!

TVCM制作エピソードで、よしおが編集CMの内容をスポンサーに作り変えるシーンをみていたら仕事上司に板挟みになった苦い記憶フラッシュバックしたのでそこはNG


シュールだけど、ポジティブ主人公に元気づけられる。アホみたいにテンション高いの良いよね。だけど、クラブなんか行ったことがないので、DJがどんなもんかわからない。


東山奈央の「きゅ」「きゅきゅー」とかアイスペロペロを聞けるので、それだけで幸せ動物系の可愛さをアピールするアニメが増えてほしい。これも底抜けに明るい感じがとってもいい。

懺悔自分への戒めを書き残しておこうと思う

いろいろとちょうどいいタイミングだったので、今後の自分への戒めを書き残しておこうと思う。

これを守れなかったために自分は色々な人を傷つけてしまっていたことを知ったので、その懺悔も含めて。

人と話すときポジティブ話題から話すこと

会話の一番最初に話すことがポジティブであることは大事だ。

ネガティブなことから話すと最終的にどんな良い事を話していても空気が重くなる。

そこに居ない人のことは褒めるときしかさないこと

居ない人を褒めることは特に何も言われないが、居ない人をけなしたり苦言を呈したりすることは陰口として受け取られることが多い。

他人へのアドバイス・助言は請われるまでしないこと

たとえ自分にとっては正しくても、相手にとっても正しかったとしても、求めても居ないのに飛んで来るアドバイスは案外不快ものだ。

他人幸せ自分幸せと別物であることを理解すること

自分の好物が他人の好物と違うように、自分幸せだと、あるいは不幸だと思っているものが、相手にとってもそうだとは限らない

自分の知っていることを話すとき自分普段いるコミュニティのままで話さないこと

自分情報を知りたいのがそこにいる全員だとは限らない。一人だけかもしれないし、居ないかもしれない。

価値がある情報を話す場はそれなりの場であるべきだ。一段階小さなコミュニティの中で話そう。

他人に苦言を呈さないこと

その役割もっと仲のいい奴がやればいいし、そんな奴が居ないならほっとけばいい。

応援を控えること

今の相手は精一杯頑張っている状態かもしれない。ヘタに応援をしても限界を超えろと言っているようなものかもしれない。

いつか理解してくれると思わないこと

理解されたところで、評価回復するかどうかも別の話であるし、

そもそもアニメマンガによくあるように理解されるタイミング死ぬ寸前だったりしたら何の意味もない

さないこと、秘密を持つことを悪いことだと思わないこと

自分が思っているより、他人秘密を沢山持っているものだ。

自分から他人を助けようという考え方をまず捨てること

所属するコミュニティにおける他人への手助けというのは他人に助けを乞われてからするべきであって、

そうでもない場合はたいてい「小さな親切、大きなお世話」になってしまう。

そもそも、自分自身をまず満足に助けてからにしよう。自助もできないのに他人を無理やり助けることはしてはいけない。

2016-07-02

気持ち悪い

不快容姿などを指して『気持ち悪い』と表現するのは、松本人志が広めた誤用なので

そろそろ『気色悪い』に戻していこうぜ。

キモい』より『キショい』でいこう。

気持ち悪い』は、体調不良などフィジカルな様子を表す言葉にしよう。

#

それはさておき、『気色悪い』を『気持ち悪い』と言い換える誤用は広まったが、

同じくらいの頻度で彼が用いる『気持ちいい』は、ぜんぜん定着しなかったな。

例 :「このカタチごって気持ちいいねん」「○○さん、めっちゃ気持ちいいやろ」

この場合の『気持ちいい』は、別に何かを服用してハイになっている状態ではなく、

面白い』『キレイ』などポジティブ感情総称して『気持ちいい』と表現している。彼とその周辺以外ほとんど使っていない。