「外圧」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 外圧とは

2017-04-08

オリンピックのせいで屋内禁煙化はもう決まったようなもんだろ

茶番過ぎ

からオリンピックなんか碌なもんじゃねえんだ外圧掛かりまくるぞって言ったのに

馬鹿ども

2017-03-13

残念ながら森友問題は幕引き

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.asahi.com/articles/DA3S12838785.html

どれだけ攻め立てたところで無意味

究極的には(安倍んごにつながる)確定的な物理証拠が出てこないと意味がない。


でも残念だけど、今の新聞調査をする実力や環境はない。

期待できるのは文春か最近隆盛してきたネットメディアだけ。

でもネットメディアも体力がない。

文春だけがギリギリだけど1社で追うには限界があるし時間がかかる。

なので森友問題はこれでおわり。

新聞側はまるで愚痴を吐くように1年、2年と延々社説や思い出したように記事を出すだろうけど。

あとはのらりくらり回避するだけでいい。


とか言って確定的な証拠が見つかって吹っ飛んだりして。

しかしまぁ、支持率の低下の緩さを見ても経済問題とか労働問題とか色々そっちの方が重要だとなんとなく皆思ってる。

色々やってる今の進行を邪魔したくないんだろう。

はてな左翼の人はそもそもあべのみくすは無意味どころかマイナスだと思ってるから容赦なく叩けるけど)

ロッキードと違って、国際的問題でもないか外圧も期待できないしな。

わすれがちだけど、森友は単なる国内問題に過ぎない。

他人の子供なんて皆どうでもいいんだ。

田中角栄今でも人気あること考えりゃわかるよな。

しろ角栄叩すぎた反省だと考えりゃわかりやすい。

愚者経験に学び、賢者歴史に学ぶ

この場合どっちがどっちなんやろなぁ。

皮肉ではない

2017-01-12

河野太郎研究者界隈で絶賛されてるけど。

自分大学では文系だったし、自分大学中の人だし、リベラルから余計に思うのだけど、

特に自分組織内で改善のための議論も起こさないし、自分研究さえ守れてばいいやという態度と、

河野太郎みたいな外圧を称賛する態度って同じだよね。

結局、研究を極めるとか社会を変えるとかそういう大きな志があるんじゃなくて、自分のことしか考えてない。

そんな人たちが教授様でございと高等教育の一端を担っていることにぞっとする。

なので、そんな奴らのために働きたいと思わない。

しろ、奴らの行動を制限することになっても、自分が早く帰られるように奴らに仕事を増やしたい。

2016-12-14

YouTubeに何も言わないのにNAVARまとめに噛み付くクソ雑魚日本人

マンガ図書館Zと同じ構図。

外人違法コンテンツには何も言わないまましれっとインフラ握られても黙るだけなんだよね。

結局外圧に弱いへっぴり腰が何十年経っても染みついてるわけ。

2016-12-01

電通まつり問題とCMD(ちょまど)問題の奇妙な共通点

http://anond.hatelabo.jp/20161129234656

を読んでて、両者に共通するかもと思ったことを、書く。

別にこれで誰かを貶めようとかそういう考えはないです。

中の人物が若くて可愛い女性である

高橋まつりは可愛い

千代田まどか可愛いデカパイ

社会的に見て「憧れの企業」で働いている

まつりは電通

(ウェイが一番入りたい会社

ちょまどはMSエヴァジェリスト

IT土方おっさんが一番なりたい職業

その企業は、最近事業形態の変更を余儀なくされている

電通ネット広告の台頭に苦しんでいた、特にまつりのいたネット広告部門は詰められていたらしい。

MSがちょまどを採用した理由は、若いエンジニアリーチするため。

TwitterとかでPVを持っているちょまどを採用。(Cloud9内、de:code 2016映像などから。)

これで何がわかるってこともないんだけど、3番目みたいに外圧仕事のやり方を変えると歪みが出てきて、

それで膿みたいなのが出てきて炎上するのかもわからんね。

2016-11-27

子供がないとダメだという外圧から来る不安感だろうなあ

2016-11-21

風俗に行かないと自殺してしまうのだろう

大学2年から風俗通いをはじめ、今では月2回のペースで風俗に通う

自尊心が低く自己肯定できないので、他人に叱られたとかそういう外圧がなくてもメンタルが崩れていく

常に過去自分自分をぶん殴ってる

2週間半を過ぎると自殺が頭をよぎる

他人のぬくもりに触れたくて風俗を予約してしま

2016-10-16

[] #2「人それぞれ」

何に幸せを感じるのかなんて、月並みなことを言えば「人それぞれ」だ。

まあ、そんな取り繕った言葉に納得しない人間もいる。


弟が自由研究テーマに「幸せの感じ方」を選んで、俺に質問をしてきた時は面食らった。

その日も俺は「人それぞれだ」と返したが、それで弟が引き下がるわけがない。

何も間違ったことは言っていないが、だからといって「人それぞれ」とだけ書いても、手抜きだとして先生に突き返されるのが目に見えているからだ。

というか、実際に念を押されたらしいので、弟が楽をしたいがために選んだテーマだったことを先生は察していたのだろう。

弟の人格がブレないことに安心しつつも、だからといって課題が進むわけではない。

言語化する必要のないことにわざわざ労力を割く位ならば、母の「今晩なにが食べたい」への回答を考えているほうが遥かに有意義だとかいタイプからだ。

この考えは俺たち兄弟にとって「人それぞれ」に迫る真理だ。

ならば俺たちがやるべきことは、別の真理を携える人をアテにすることだろう。

期限は長くはなかったが、ここで人生の先輩として両親を標的にしない程度には、俺たちは焦っていない。

俺と同期の人間で、かつ程よく面倒なことで葛藤する人間を訪ねた。

書いているブログ見出しが「何かをやり『たい』」、「何かをやりたく『ない』、でき『ない』」ばかりなので、俺はケツをとって「タイナイ」と呼んでいる。

そのタイナイからの答えはシンプルだった。

「山に登れば分かる、それも出来るだけ高い山だ」

分かっているからこその答えなのか、よく分かっていないからこその答えなのか分からなかったが、少なくとも原稿用紙を埋めるのに都合がいいと弟は判断したようだ。


高い山といえばエベレストということで、俺たちは山頂を目指した。

俺は道中、「疲れた」だとか「寒い」とかい感想以外出てこなくて、弟は登山提案したタイナイへの恨み言を呼吸するかのように述べていた。

登頂に着けば、予想していた範疇の達成感と、写真映像であらかじめて見ていた景色がそこにあって、後はタイナイへの復讐計画を考えながら下山するだけだった。

これは当初のテーマは諦めて、エベレスト登山という体験で、それっぽく煙に巻くしかないと思った。

その夜、俺たちは唯一の楽しみである食事の準備をしていた。

なまじ手のかかった料理をするのではなく、こういうときは食べなれたインスタントに限る。

労力に見合わない、表面的な感動よりも味と実利をとるべきだ。

兄貴。前の日も思ったけれど、何となくお湯が沸くの早く感じる」

「いや、気のせいじゃなく早い。高い場所だと沸くのが早いのさ」

「なんで?」

外圧関係でな。要は沸点が低くなっているんだ」

それを聞いた弟の目は、登頂に着いたときよりも遥かに輝いていた。

「そうか……沸点だったんだ! 幸せってのは沸点なんだよ、兄貴

こうして弟は答えを見つけ、補修を回避したのだった。

それは結局のところ遠い回り道をして得た「人それぞれ」ではあったが、間違いなく弟は真理の扉を叩き、その空っぽ言葉に中身を入れたのだ。

後日、このことをタイナイに話したら「違う、そうじゃない」と言っていたが、これも“人それぞれ”だというやつなのだろう。

(おわり)

2016-10-09

表現規制死刑白人様のいいなり

日本国内で前から問題視されてても華麗にスルーの癖に欧米白人達に抗議された途端即規制

婦人参政権とか男女雇用機会均等法とかも外圧なかったら絶対やってないだろ。この国の指導者はどんだけ白人コンプなんだろうか。明治以来の伝統

死刑とかも将来そうなるんだろうな。死刑廃止でも別にかまわんが外国に言われたから急いでやるような無様なことはしないでほしいもんだ。

2016-08-18

本人はOKだけどポリコレ的には正義ではない時

実は外圧による強制だとか、他人迷惑かけるものでもない時

2016-07-29

限定ガチャ」の邪悪

最初は「期間限定です」と、暗に「今しか手に入らない(=再登場は多分しない)」と匂わせてガチャに入れて煽る。

ほとぼりが冷めて、再登場を望むユーザーが増えた頃合いに「限定だったのを再登場させます」ってやり口。

過去に煽られて入手した人は既得権益者みたいなメンタルになるから不満をもつけど、

それを上回る需要があるから一種正義みたいになってしまう。

そういう売り方を何度もしてると、さすがに不健全馬鹿にしているってソシャゲユーザーでも思うから

「じゃあ今後はそういう売り方は控えます」ってなる。それがグラブル。

(とはいサマーバージョンみたいな時節もの限定商法でも納得されやすいから、

そういう時には全力で来るけども。)

でも、そうなった後にも、同じ会社系列デレステでは限定ガチャを散発的にやっていて、

そして性懲りもなく、先般、再登場を宣言した。

デレステグラブルも、ゲーム自体は非常に良いものだし製作者の愛を随所に感じるから

お布施のしがいはまあ有ると言えなくもないのだけれど、

そういう愛ある作品と、邪悪な売り方が共存しているっていう所に

なんとも言えない気持ち悪さを感じるよね。

こういうのって、アレと同じなのか。

アイドルビジネスや、宗教ビジネスと一緒で、

「騙す側と騙されたい側による高度なごっこ遊び」なんだろうか?

冷静な外部者がみて「いやそりゃねーわ」ってレベルのやり口でも、

淘汰や自浄作用が働きにくい魔境みたいな感じがあるよね。

ファンが愛ゆえにクレイジーな消費をする、っていうのは一概に悪いとは思わないけど

もうちょっと品よくならないもんかなぁと思う。

そのへんでポケモンGOとかどうなんだろうと未プレイ者なりに気になっていたんだけど

shi3z氏の日記読んだら結構そのへんも絶賛されていたよね。

やっぱり日本外圧矯正してもらうしかないのか。

2016-07-14

子育てのツケも利子がつくものらしい

同僚の子どもがニートになっていると聞いた。

どうも原因は幼少期のしつけ方が乱暴すぎた事に端を発しているとか。

確かにその頃会社結構忙しく、そんな時期に結婚して子供を生むなんて随分と体力があるなあと思ったものだ。

まあ当時は今よりも結婚への圧力が強かったか自分以外の大多数は大変な中なんとか結婚して子供を生んでいたものだけど。

忙しい中で子供を育てようとするとどうしてもどこかで無理が生じるらしく、同僚が子供のことを疎ましく思っているような発言は度々聞いていた。

はいえそれも生まれ10年もしないうちに無くなり、時折そういえば子供はどうしているのかと聞くと大人しくて扱いやすく育ってくれて助かっていると返ってくるようになった。

それから更に10年。

その同僚の子供はすっかり引きこもりになっているらしい。

聞く所によるとやたらと自分への自信がなく自暴自棄になりがちで将来の話を嫌がり、目先の楽しさやアルコールにすぐに身を任せる人間に育っているのだそうだ。

ふと思ったのだが、それもこれも最初に進んだ道が間違っていたんじゃないだろうか。

忙しいのに無理して子供を作る、そして構ってやるのが面倒になり威圧的な態度で消極的人間調教する、それが巡り巡って最後自尊心の失われた引きこもり誕生し、子供なんて産むんじゃなかったと後悔する。

どうも自分には同僚の子育ての仕方がある種の借金まみれの物だったようにしか思えないのだ。

とりあえず今結婚しろという外圧から逃れる、とりえあえず今子供を産めという要望に応える、とりあえず今手のかからない子供にする、そういう事ばかり考えて将来何が怒るのかを全く考えていなかったようにしか思えない。

そしてそのツケが積もり積もり雪だるまが出来上がって同僚は日々苦しんでいる。

あの忙しい日々の中、結婚を諦めた自分選択結果的に正しくなる日が来るなんて。

人間必要なのは先見性のようだ。

自分には面倒な脛かじりの子はいないので安心して老後を過ごせる。

最高だ。

2016-07-12

anond:20160712234603

論文作成方法が手抜きだっただけで、

実験方法ダメだったとまではわからないでしょ。

海外で追試して成功したとかいううわさが出ている。

 

 

というか、それを知って文科省理系出身採用する気があったんだなと評価するよ。

厚生省も相当ひどくて、

独り立ちできないレベル医者中途採用しては、

血清で事故ったり患者薬害エイズにしてみたりだけど、

文科省にいたってははっきりいって黒塗り教科書共産党に足をひっぱられて、

なに一つ、ほんとにな・に・ひ・と・つまともにできなかったじゃない。

 

一種受かっても文科省にだけはなるなよ。

先祖代々仕事とるのがくっそ下手だから芸能ヤ○ザだの塾だのモンペ相手する泥被り仕事しか残ってない。

厚労省がまだEBMの外圧科学においつこうとしてるのに、

日本人の心を育てる」のには結局陳腐方法しかのこってないか

金のあるやつらの言いなり。あーあー

2016-07-08

子供を産むということは、一つの意識ある命を

天国かもしれないし、地獄かもしれない、

というか多分天国はほぼ絶対ありえないけど、

地獄結構ありうる世界に産み落とすということ。


親は、子供を産むことの意味リスクを事前に知ることができる。

無論、万人が知識を満足に得られる訳ではない。

親は、人生の中で産むタイミングをある程度コントロールできる。

勿論、万人がその権利行使できる訳ではない。

親は、最悪の場合子供を堕ろすという選択ができる。

当然、その選択を行うことは私ごとき想像を絶するストレスがあるだろうし、

宗教道徳社会的外圧によって、単に医療限界によって不可能である場合の方が多いだろう。


まれる側にはそのような機会は一切皆無である

どんな親の、どんな時期に、どんな時代に、

どんな宗教に、どんな社会に、どんな星の下で生まれるのか、

選択する機会はない。


例えるなら、夜寝ている間に、部屋に忍び込まれ印鑑を盗まれ

勝手婚姻届を出されて受理されてしまうようなものかもしれない。

しかしたら親が子作りをした晩に、夢で産まれてくる前の魂か何かと面会して

契約書にサインでもして、そのことを忘れているのかもしれないが


自分自身人生をどれだけ努力したところで完全に自由にはできないのと同じように

親は子供幸福はおろか、生存すら保証することはできない。

まれ20年で自殺するかもしれないし、15年で他殺されるかもしれないし、10年で餓死するかもしれないし、

5年で事故死するかもしれないし、3年で親兄弟が殺すかもしれないし、1年足らずで病死するかもしれない。

胎内で死ぬことすら受けられる医療によっては珍しくもないだろう。


から子供を産む、ということに責任など持ちようがない。

親、というより人間責任なるものを持つには無力すぎるからである

人間にはどうしようもないことは他にも無数にあるが、出産特に不可逆性が強い。

例えば物を壊した責任、盗んだ責任、ケガをさせた責任くらいなら被害者が納得する賠償もありうるが、

産んだ者に対して幸せ保障することも、なかったことにすることも不可能である

人を殺した責任など持ちようがないことと、もしかしたら似ているかもしれない。


ここに重要なのは子供を産むことは善であるとか、悪であるとか

好ましいとかそうでないとか、必要か不必要かとか、本能だとか愛情だとか

そういった瑣末なことではなく、

それだけ恐ろしいことである、ということだ。

それだけ恐ろしいことをしている者は、勇敢なのか無謀なのか


恥ずかしいポ エム終わり

最適解とまでいかなくても次善の策くらいは自明で、それをやらない手はない。

って段階なのに行動に移るまでうだうだしてしま意志の弱さ。

マシーンか何か頭に取り付けて絶対やらにゃアカン時に強制的に実行するとか

外圧が欲しいなぁ。


自由意志というか意識精神、魂と呼ばれるコレって在る価値ある?

生物はなぜ意識なんて余計なものを手に入れてしまったんだろう

まぁ理由なんて必要ないんだろうけど

2016-07-05

ごく一般的選挙選出システムというものについて富樫が言ってた事が面白かった

都知事選参議院選報道見てて思い出した。

雑な字で書かれた何かのアンケート回答みたいなものをチラっと見ただけなんだけど、割と胸に落ちる事言うなと思った。


立候補とかしてくるタイプの人に対してまず信用を感じない」


今の政治を担ってる人達に対して抱く印象ってのがまさにこれ。

もちろん実質的に誰かしらが立候補しなきゃ選出が叶わないようなシステムにはなってるんだけど、

立候補してくる政治家がみな信用できない。差がわからない。

口ではみな違った事言うんだけど、マニフェスト反故にされても別に構わないみたいな風潮だから、結局言葉も信用できない。差がわからない。

重責ある立場に立っても堂々と私腹を肥やし、いざバレればその言い逃れに終始して一向に辞意を示さず、議会民意を反映したリコールすら行わないまま、ただいたずらに時を浪費し本人の自主辞職待ちをするしかない、民主主義完璧機能していると断言しづらい権力構造都知事がみなこの謎システムに守られるのであれば、たとえ誰が都知事になっても一定ヤンチャは必ず許容され得ることになる。差がわからない。

テレビ新聞政治の結果で景気が上昇傾向にあると伝えるけど、一個人の立場からすると給与は変わらず税と物価は上がっただけで、景気の上昇も感じられず、政治路線の差がわからない。


結局、政治家という立場がおいしいか立候補してくるんでしょう?と見えてしまう。

給与も少なく印象も悪く外圧もひどくて激務のような、政治家がおいしくない立場にでもなれば、立候補してくる人間を信用することもできるんだが。

と。この論調で行くと、❝よく訓練されたブラック企業社畜こそが、最も政治家にふさわしい❞という結論になってしまうか。

まあ、つらく苦しい思いをたくさん経験していて人の痛みを思いやれる優しさを持った人こそ政治をやるべきだとは思うが。

2016-05-13

明治維新における黒船役割を、フランス警察に期待して、何かが起こるのかな?

オリンピック招致委員会組織委員会とは、別だという話しに関連して。

また、誰かがスケープゴート的に”自殺”することになったり、しないといいけれど。

  

地検特捜部に追い込まれて、政治家秘書が獄中へぐらいだったら良いけどね。

  

明治維新における黒船役割を、フランス警察に期待して、何かが起こるのかな?

  

==

日本の歴史ターニングポイントになるようなことが、これから起こるのだろうか?

太平洋戦争によって、それまでの大日本帝国方針が、世界には受け容れられなかったために、負けたのか。

福島原発問題にしても、海外報道からの手厳しい意見などは目にしてはいる。

実際の所、観光客の減少には繋がっていない。

  

国立競技場の件にしても、ザハさんが生きていたら、どうなっていたのかな。

神宮球場の資材置き場問題にしても、不満のある人は一定数いるようだ。

  

日本は、外圧によって変化をしてきた。

裏を返すと、外圧が無い限りは、ナアナアで終わってきた。

それで良いことと、そうではないことがあるけれど。

  

ちょっこと、これから先は何が起こるか分からないですね。

2016-05-02

ブコメと袋だたき

人が他人馬鹿にする心理に関してはさほど難しくはない。たとえばその人の心根が元々劣等感にまみれていたという心理は一番に挙げられる理由だし、物事相対的判断しているからだというロジック説明することもできる。しかし一方である状況下になったとき、たとえばスタンフォード監獄実験代表される役割を演じる場所に放り込まれときや、ブコメのような観客席にいる際の心理的挙動は一様に判断してよいとは思えない。それらは心理と違って枝分かれして細分化したものからだ。枝分かれして細分化したものであればスタンフォードブコメ心理状態を一緒だと判断することはできない。なぜならスタンフォードは少なくとも役者として演じる切る環境があったし、演じきるように指導されていたからだ。ブコメにおいては少なくとも演じきる外圧存在していないが、その代わりにブコメの流れのようなもの無意識的に散布されており、その空気は気づかないうちにバイアスとなっている節がある。これがまず一転で、二点目は自分関係のないもの断罪やすいという心理的な緩和だろう。そして三つ目は衆人が群がって好き勝手言っているもの自分も言ってもよいという大衆心理だ。少なくとも二番三番はリンクしていて、一対一ならばいえないことでも多人数なら言ってしまう人が出てきてしまう。とりもなおさずそれは一番目の項目に該当することで、ここにきて必ずバイアスが発生するのだ。

大衆ならば取り囲んで好き勝手言ってよい、かまわないという心理はいったい何人程度から発生するのだろうか。少なくとも私の経験では三人以上と言うことができる。二人なら牽強付会で終わりかねないところが、三人以上となると残り二人を監視する役割が発生してしまう。かかる一人は残り二人の監視であるにも拘わらず、意を同じくするために客観性が失われると同時に客観的な支持が得られたと錯覚やすい。かくして三人以上の同意以降は場がその流れに支配されてしまい、一体多数の袋だたきに発展してゆく。これはスタンフォードの例と違いロールとはほぼ関連がない。仮にロールがあるとすればお客様感覚であると述べることができるものの、ブコメお客様席として定義するにはあまりにもブコメ同士が競り合っていてエコノミーで安らげない。ロールとしての役割は弱いだろう。これは安らぎが主語としてウェイトされているわけではなく、役割を演じる際のお客様としてのプレミア感や上位者として権利を与える空気が不足しているという意味だ。

2016-04-22

マニキュアが塗って4日しか持たないの、私の塗り方が相当下手なのかと思ってたけど、熟練者が爪磨き・ベーストップコートを丁寧にやっても1週間持たすのが限界なんだね。無理、面倒、続けられない。ジェルネイルも、根元から爪が伸びるから持って1カ月弱みたいだし、オフする度に爪が傷んで薄くなるらしいし、「褒められる爪」で居続けるために毎月サロンに足を運んで1回1万円を払い続ける気が、正直言って全然起こらない。手は素爪でも問題ないけど、サンダル履いてるのに足が素爪なのは「残念」らしいから、もうサンダルを履かないことにした。サンダルは靴擦れもしやすいし、季節感など知ったことか。

 

容姿絡みで何に一番関心があるかって、ダントツで歯だ。先週、親知らずを抜歯した。父親20代前半で抜いて、上司20代後半で抜いて、元同僚も20代後半で抜いてる。抜きどきだなと思って私も抜いた。親知らず対応20歳前後から始めるのが理想で、歳をとるほど免疫力ダウン・歯周病罹患などの問題で抜歯創の感染リスクが上がったり、骨や歯肉の回復力ダウンによって抜歯窩がきれいに塞がりにくくなるらしい。歯列矯正も、子供なら顎の骨を広げて抜歯せずに歯を収めることも可能だけど、大人になると顎を広げられないため抜歯するほか無いケースが多いみたい。取り組むのは身体が若ければ若いほど良い。「加齢は選択肢を失っていくこと」というのを感じる。妊娠する・させる能力の減衰についてもそうだね。

 

歯列矯正はとても気になる。出っ歯から横顔が猿なんだよね。鼻の先端から顎にかけてのラインが美しい、剛力彩芽多部未華子嗣永桃子日南響子能年玲奈のようになりたい。出っ歯もださいけど、かといって前歯が凹んでいると、歯を失った老人のようになるみたい。丁度良い美しさというのは難しい。

歯を失うといえば、日本では10代の半数に歯周病の初期症状がみられ、30代で8割の人が歯周病発症しているらしい。老後に歯を失わないため、出来ることがあれば今のうちからしておきたい(乳酸菌オーラヘルスタブレットが気になってる)。インプラントは歯槽骨に金属を植える大工事で、時間もかかるし高額なので、歯を失わないよう予防をしておくのが長い目で見て時短&ローコストになる。

抜歯程度でも3日間は咀嚼に支障が出てたくらいだし、顎の骨を切って小顔にする美容整形手術なんかは、回復するまでが相当大変だと思う。美容整形に対して「ズル」という気持ちは起こらない。神経の麻痺などの高いリスクや、術後の長く続く痛みと苦労に耐えてすごいよ。歯列矯正をしようとしている身としても、(咬合関連症などの不調が無く審美的理由のみで)出っ歯をひっこめるのと、一重を二重に変えるのと、何が違うのかわからない。医療容姿をいじることに何の差があるんだろう。価格リスク差しかわからない。

 

あとは眼鏡邪魔だし、アレルギー性結膜炎持ちだからコンタクトレンズが使えない。普通に生きていくのに近視補正アイテム必須だと、災害などの非常事態で困りやすいだろうし、近視矯正手術にはずっと興味がある。落合陽一が「魔法の世紀」で書いていた眼内コンタクトレンズ(穴あきICL)手術について調べた。近視を矯正出来て80万なら全然安いと感じるけど、眼球にメス入れてリスクが無いわけが無いし、新しい技術なのでまだ臨床例も少なく、角膜内皮細胞の減少など副作用もあるみたいで、まだちょっと手を出せないなと思った。可逆性がある分、レーシックよりは低リスクなのかな?でも眼内コンタクトレンズを入れる手術より取り出す手術の方が大掛かりらしく(当り前か)、やっぱりまだ怖い。調べてみると近視矯正術は失敗報告が多い。失敗すると仕事に非常に差し支えから洒落にならない。裸眼視力が良い人が本当に羨ましい。

 

美容に楽しさを感じなくても、女に生まれた以上、外圧はかかる。「イケてる女性はモサい女性塩対応」というのは学生時代からずっと変わらない印象で、日々接触のある会社員にモサい女性は少なく、モサさが度を超すと友達づくりの土俵にも上がれない(もちろん、こちらが勝手に委縮するというのも大きい)。インターネットでだけは「そもそも友達が要らない」と主張している人を見かけるけど、親しい人間との対面コミュニケーション放棄してコンテンツ消費のみ行っていると、使っていない能力が失われて仕事にまで支障が出てくるから怖い。コミュニケーション相手恋人配偶者一人だけで十分だという考え方に対しても、「リスクヘッジって知ってる?」と思う。コンテンツ消費は最高の体験だ!と強調した上で、それ「のみ」に偏ることには副作用があると言いたい。それに私はどうも、自分けが楽しくて親しい他人への貢献がゼロ状態が長く続くと、生命について根本的な虚しさに襲われるみたいだ。コンテンツ消費ってプロのチームによる上質なサービスを客として受けているだけなわけで、自分を甘やかすのもほどほどが大事だなと思う(厳しすぎると鬱病になる。丁度良さを模索し続ける人生だ)。

 

最近髪型適当になっている。このダサさ貧乏臭さをなんとかしたい。染めるのはリタッチが面倒だから嫌だ。常時日傘サングラスでの紫外線鉄壁ブロックや、L-システインを欠かさず飲むのはちっとも苦じゃないんだけどな。たぶん、美容院が好きじゃないんだ。彼氏が出来たばかりでまだ意欲があった頃にかけたパーマ会社でも評判が良かったけど、パーマを維持して清潔感を保つには「洗い流さないトリートメント」や、日々の勤勉なブローが要った。髪質の柔らかい美人なら素のままのロングヘアでそれなりに見えるけど、私の場合はモサくなる。現にモサい。小学生の頃と違って、ガワを加工しないと新規女性コミュニティ土俵に上がれない。その辺りの空気感理解を示して労ってくれる男性は、自身容姿に気を配った経験がある人が多いように思う。といっても、理解も労いも当り前に求めていいものじゃないよな。私が考えて私が選んで、私の責任において勝手にやってるんだから

 

はあ、切実に友達が欲しい。[必須]同性の。[歓迎]卑屈じゃなくて、コンテンツ好きな人問題解決を目的としない、ただ楽しいだけの、「無為なお喋り」がしたい。

2016-03-25

http://anond.hatelabo.jp/20160325134836

あれは、世の中では外圧でつぶされたってことになってるけど、どこのメーカーもロクなものができてなくて外圧を口実に撤退したのが実情だしな。

2016-03-14

国連天皇への指摘のヤバさ

国連女子差別撤廃委員会が男系天皇女性差別である

という指摘がされるところだったが政府撤廃してほしいといったので撤廃されたそうだ。


個人的にはこの問題国連が触れるのは明らかに危険なので今後も触れないでほしい。

といいたいところだ。


日本人普段宗教意識しないので気づきづらいかもしれないがこの、男系継承等の問題は明らかに宗教問題である


古代歴史から鑑みて、女性でも問題ないでしょ。

とか考える派閥

男系でなければ許されない等々


いくつかの解釈存在しており容易に決められることではない。

それを明らかに神道信者ではないであろう人達が指摘することの危険性を認識してもらいたい。

よくよく考えれば、キリスト教原理主義者のような神道原理主義だっているわけで国連はどれだけヤバイことに首を突っ込んでるのかわかってるのだろうか。

少なくとも神道信者合意の上で決めるべきことで、そこに余計な海外突っ込みが入るとややこしいことになっちまうよ(この指摘が正しいんだから問題ないとかいって肯定ちゃうんだもん。反対勢力は外圧を利用したとかいってめんどくせえことになるだろ。

2016-03-04

内定ブルー

後1ヶ月で就職というのに気持ちが晴れない。

いわゆる安定した企業とホビー系の企業で悩んで結局周りの意見に流されまくって安定したとこ行くことにしたけど昔からやりたかったんだからホビー系に行けばよかったという気持ちが消えない。

多分ホビー系行ってたら行ってたで同じように気持ちが晴れないとは思うけどホビー系ならまだ自分決断して腹をくくるっていうことができてたか気持ちももうちょいマシだったんじゃないかと思う。

働く前から第二新卒だとか転職関連の記事とかページとか読みまくってるの本当に頭悪いと思うし時間無駄だと思うけど止まらない。

そもそも分野違いすぎるから第二新卒でも無理なんじゃないかなーって思ったりもする。

特に最近単位落としてたりして留年とかしてないかなーと思ってるけどココでも要するに結局自分で決めれないから外圧で行かない”って選択をしたいんだろうなあという自分が嫌になる。

あーーーーーーーーーーー去年の7月頃に戻らねーかなーーーーーーーーそしたら違う結論も出してたろうしなーーーーーー

もしくはなんかワンチャン留年とかしてないかなーーーーーーーー

2016-02-29

素直な心情やプラス思考の話を書くと、揚げ足勢力が突っ込み始める。

特に匿名書き込みという行為において悪口はなぜおこなわれるか。

主観-潜在的抑制要因

 01.隙を生じさせないため。

 02.よいことをいってもつぶされる。

 03.心を解き放つと煽られる。

 04.素直さがナルシスト気味にとられる。

 05.周囲の空気にあわせなければ浮き上がる。

主観-健在的解放要因

 01.ストレス発散。

 02.共感性欠如による嗜虐性。

 03.付和雷同による行動。

 04.能力誇示、高低差線引きによる内発バイアスから解放

 05.悪口の場という外圧バイアスがかかっている。

悪口がなぜ「根本的に発生するのか」の問いかけは別の問題

基本的匿名の場では否定的要因をクリアしつつ、肯定的要因を推進する理由悪口であることが分かる。

2016-02-16

社会問題を訴えたい人はredditでやれ

はてな社会問題を訴えるよりreddit英語でやったほうが効果あると思う

英語圏の支持が集まれ外圧形成できるし

2016-02-06

部活教員が声を上げても無駄

部活をしない教員はうちの学校には要りません」というような事を校長が言います

「うちの学校教員は全員が部活に協力的です」と保護者宣言したりもします。

なくしたいと思っている教員は少なくないですが、同時に部活動をやるために教員になったという教員もいます

部活動積極的教員は、しばしば部活動で成果を上げ、学校自体もそれによって注目されるため、その教員発言力が増します。

教員部活で県大会に進んで初めて一人前」と言う人も、平教員管理職を問わずたくさんいます

この問題はもう、外圧保護者からの声)で潰すしかないと思うんです。みなさんよろしくお願いします。

http://anond.hatelabo.jp/20160206111713

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん