「ウェブ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ウェブとは

2017-01-20

キンコン西野みたいに無料でやってよ」といわれた時に読ませる記事

話題に乗じてほいほい書くよ。元ネタこれね。

 

キングコング 西野 公式ブログ - お金奴隷解放宣言。 - Powered by LINE

http://lineblog.me/nishino/archives/9256089.html

 

作家さんはじめとしたクリエイション活動でお代をいただいている人が

依頼主さまや消費者さまたちに

「あのさー、ネットニュースで見たけど、有名な芸人さんが自著を無料公開したんでしょ?

 あんたもそれ真似してこれタダにしてくんない?」

と言われたときに、拒否できるようになる(かもしれない)話をこれから書きます

 

自分でいうのが面倒だったら「これ読んでください」と印刷するかURL送りつけるかしていいよ。

 

なお増田小売業者の平社員です。本文くそ長くてごめん。あと敬称略です。

 

 

 

キンコン西野のやり方は「作り手は収入をもらわない」ではない

 

たぶんここが最大の勘違いポイントだとおも。

あの施策は「自著全文をネット経由で無償で読めるようにしました報告」であって、

「作り手としてお金をいただかない宣言」ではないよ。

 

以下「>」はブログから引用

 

お金を払って買って読みたい人は、買って、

無料で読みたい人は、インターネット最後のページまで無料で見れるようにします。

 

実際翌日にはAmazon1位になったと報告していたように、本の販売停止したわけではないの。

もし「本から収入を得ないようにしました」なら、本の販売を全部停止してから公開するよね?

 

この施策の全てにいえることだけど

読者が直接お金を払わなくても読める手段『も』用意した話しなのであって、

商品を売ることで生じる利益生産者が拒絶した話ではないよ。

 

 

 

■読者からお金をもらわないことと、協力者に労働対価をもらわないことは全然別の話

 

これは前項の言い方を変えただけでもあるんだが。

 

一部無償公開をはじめたキンコン西野さんですが、

スタッフお金を出してないわけじゃないよ。

 

制作スタッフには最初の段階ですでに給料が支払われています

 

払ってる! キンコン西野さえ協力者に労働対価を渡してる!!!

 

というわけで、

キンコン西野の事例を盾にロハで依頼できるぞ~」

「俺も後で無料で公開するつもりだから、依頼料を安くしてもらうぞ~」

と考えていた依頼者は猛省してください。

 

個別報酬相場作業量に見合ったものか、

依頼主と受注側が満足できる額か、

ちゃんとお互いに説明しあって交渉して納得の上で決めてください。

 

 

 

無料公開すれば、絶対により多くの人に手にとってもらえるか?

 

これは難しい話で。自分仕事ともろかぶりなのでより長くなるすまん。

 

まず、「存在を知ってもらうために、内容を無料公開する」という手段はいまは全然新しくない。

 

最近電子書籍ストアでも「新刊発売するので既刊を無料公開します!」というキャンペーンは珍しくないよね。

ウェブ雑誌で連載して、あとで単行本にして回収するモデルもも普通だよね。

そもそもページ単価の安い紙雑誌で連載して、あとで単行本(ry という従来の出版モデル(ry

 

宣材資料として無料公開し、有料商材に誘導するするってもうやりつくされてる手法なわけですよ。

出版に限らず、健康商材や化粧品サンプル配り、テレビアニメ円盤商法もそれでしょ。

メディア業界も超えて散々やりつくされる手法なの。

 

その上で、そうやって無料公開された商材全てが儲かってるって、みんな本当に思ってる?

ウェブで連載していた作品単行本で出しなおしたら大ヒット!は確かに普通になった。

でも、この世の中のウェブ雑誌掲載された無数の作品たちが「全て」ペイできてると、みんな本当に思う?

 

ネット黎明期ウェブコミックとかなら、ただあるだけで珍しさから注目を集められたかもしれない。

今は無理。無料という武器を持ってるライバルが多すぎる。

たとえば、ぱっとした実績のない新人処女作

なんのアピールもなく無料公開したところで、有料商材に誘導できる力はないです。

 

そこはもう、

こつこつ地道に活動して腕を上げたり、

ファンを集めて評価を積み上げたり、

あっといわせるアイデアを組み込んだり、

がんばって宣伝して耳目を集めるしかない。

 

無料公開は確かに目にするまでのハードルをぐっと下げるけど

全ての人の目の前に突きつけることができる手段ではないんですよ。

 

現実的に考えると、

耳目を集めてペイまで持っていける集客力をつけるとか、

賭けに勝つまで無償でも生活できる余力があるとか、

別にここで勝たなくても他で勝ってるるから大丈夫環境があるとか、

そういう「これならイケる」を用意した上で「無料やらない?」と交渉かけてくださいね

  

それか、

「長年芸能界の一線で活躍し、知名度も高く、ファンも多い芸能人」か

「すでに20万部の売り上げ実績のあるヒット商品」など

超絶スタートダッシュを期待できるアピール要素を予め用意してください。

 

 

 

休み終わったからここで終わり。

帰るまでにブクマついてたら「キンコン西野のやり方は何が良くて悪いのか?」を書くかもね。

http://anond.hatelabo.jp/20170120140005

逆に、ウェブデバイスがつながると夢が広がりんぐだな。

2017-01-19

http://anond.hatelabo.jp/20170119155615

自分は紙に日記でもいいんだけど紙の日記を不測の事態になったとき他人に見られないようにちゃんと保管するのって手間だから

ウェブ上でやったほうが楽だと思うわ

2017-01-12

ウェブデザイナーから期間工になって2ヶ月経った

以前この記事を書いたものです。

ウェブデザイナー辞めて期間工になろうか真剣に悩んでる

http://anond.hatelabo.jp/20160915091912

沢山の意見ありがとうございました。

色々迷いましたが、11月に某大手自動車メーカー期間工になりました。

期間工になっての感想を報告がてら書いていきます

仕事は思ったよりもずっと楽

期間工仕事はきついと聞いていたので相当覚悟していたけれど、貧弱な自分でも問題なくこなせています

工程を覚えるまでは必死だったが、慣れたらただの単純作業

今は脳内が暇過ぎてそれがきついぐらい。


自由時間がめちゃくちゃ増えた

以前勤めていた会社が超絶ブラックだったこともあり、自由時間が増えて本当に嬉しい。

勤務時間以外は仕事のことを一切考えなくていい点は自分にとって一番の喜び。

ランサーズデザインコーディング仕事も受けられているし、ブログもはじめた。


待遇には満足

ウェブデザイナーの時よりも給与はいいし、残業代もきちんとでる。

寮費光熱費無料。出費がないぶんお金が貯まる。もう50万円以上貯まった。

ランサーズで受けている仕事の分も合わせると、前職の2倍以上は稼いでいると思う。


人間関係微妙

同い年の同期とご飯に行ったりということはあるけれど、

話のあう人とは出会えていない状況。

ウェブの話ができる人がいないのは悲しい。

車好きの人が多い。

寮の駐車場クラウンレクサス結構停まってる。

あとギャンブル中毒も多い。


■異性との出会いはほぼない

男ばかりの職場なので異性との出会いはない。

Pairsなどの出会いアプリを利用しようかとも考えてみたが

期間工の男ってどう思われるんだろうと思うと踏み出せなかった。


■将来はやっぱり不安

待遇には満足しているけれど、10年以上も続けられる仕事ではないと思うし、

やっぱりウェブに関わる仕事にいつかは戻りたい。

スキルアップのための勉強は怠らないようにして、ランサーズ受託だけでそれなりに稼げる自信がついたら辞める予定。

一応ブログサイトで稼ぐことも模索中。

デザインコーディングだけでずっと食べていくのは難しいんじゃないかと思ってる。

SEOマーケティングもできる人材になるつもり。

2017-01-10

なんとなくイケダハヤトの有名じゃない現アシスタントを紹介してみた

イケハヤが飼ってるアシスタント現在3人。全員2016年3〜4月高知移住した。シミラーウェブで調べたここ半年の月間PV数も乗せてみる。

片岡慎吾(ウォーリーが行く。http://www.shingokataoka.com/)月間約2万PV

「北のウォーリー」を自称し、ウォーリールックで高知市内をうろついてる大卒1年目。中央大卒。有名な弁論部所属していた。ウォーリーには似ていない。

元々精神的に脆い部分があった上に就活に失敗してしまい、新卒カードを捨て逃げるように高知移住した。

普段ゲストハウスバイトをしながらたまにブログを書いている。更新回数が少ない理由は明らかではないが、仲間と遊ぶのが忙しい様子。

自称ローカルライターとしての活動として普段仲間と飲んでる居酒屋を紹介する傍ら、地元北海道を紹介するエントリーを書いているが、北海道エントリーは内容が薄い。

ブログTwitterを少し眺めるだけで突っ込みどころがたくさん見つかるのが悲惨1月7日に「昨年度はお世話になりました」とツイートする頭の悪さ、プロフィール欄の年齢やブログタイトルの変更に伴う諸々の修正を怠る詰めの甘さ、エントリーのもくじすらまともに作れない能力の低さ、立ち上げた企画を2〜3日も持たずに投げ出す飽きっぽさが就活失敗の原因だと思う。

収益報告はなし。

ワクイヒトシ(とりあえず3年の3年が過ぎたので独立した話 http://hitoshiwakui.blog.jp/)月間約1万PV

うつ病を治すため、イケハヤのアシになるために高知に来た。

マイナーイケハヤアシの中では数少ない「自称炎上経験者。高知移住する際、東京から自転車で向かおうとして失敗したことが話題(3ブクマ)になった。

涌井メディアデザインという事業を立ち上げ、WebアプリiOSアプリAndroidアプリリリースサポートをしてるらしいが、儲からない様子。

彼の目標うつ病を治すこと、事業軌道に乗せること。どっちも高知貧困に喘いでいる間には達成できなさそうなのが悲しい。ブロガーとしてやっていく気がないのは独自ドメインを取得していないことからもわかる。

事業うつ病の影響で更新回数こそ少ないが、この人にしか書けなさそうな精神病についてのエントリーがたくさんある。3人の中では一番読んでみたいと思わせるようなことを書いてる。

イケハヤブログ記事を書いた経験があるので、多分気に入られている方なんだと思う。

2016年ブログで稼いだ金額1000円ちょっとらしい。

コーヘイ(こーへいいんふぉ http://ko-hey3809.com/)月間約10PV

高知スティーブジョブズ自称する男。埼玉県に在住していたこからブログを熱心に更新しており、内容は3人のなかで一番薄っぺらいがとにかく更新回数が多い。でも毎日じゃない。

ブロガーとしての実績はゼロだが、経験はあるため新規ブロガー支援する活動をしており、何度か実績報告エントリー投稿されている。

地元新聞からミニマリストとして取材を受けたり、仲間と旅行に行ったり毎日楽しそうだが、収益報告はなし。

ここ半年は月間9〜12PVで推移しているので、副業としてはまあまあのレベルで稼げてそう。

結論

ブログで食ってる人は一人もいない。まじめにブロガーやってるのはコーヘイだけ。

2017-01-04

Googleアルゴリズムは、天国で生まれ

 Googleアルゴリズムは、天国で生まれた。

 基になったのは、有用論文は多くの論文引用されている、という気づきだ。

 このアイディアを基に、有用情報は多数のページからリンクされているという仮説を立てて、それを検索順位に反映するアルゴリズムGoogleは作り出した。

 誰もが自分サイトに載せている情報専門家であった天国の様な時代には、それで良かったのだ。

 Google検索順位付けは素晴らしく、当時のYahoo!の様なインデックス型の検索エンジンを瞬く間に駆逐した。

 しかし、そのアルゴリズム悪用して中身のない広告ページが検索順位の上位に現れるということが起こる様になった。

 つまり、役に立たない広告ページが狙ったキーワード検索上位を占めるという現象だけ見ると、それはWelq問題が起こるはるかから起こっていたこなのだ

 Googleはその度にアルゴリズムに変更を加え、悪質なサイト排除してきた。そしてGoogle自ら、健全で中身のあるウェブサイトガイドラインを公開してきたのだ ((ウェブマスター向けガイドライン品質に関するガイドラインhttps://support.google.com/webmasters/answer/35769?hl=ja)) 。

 それは、天国で生まれGoogleにとって、顕現してくる地獄に引き摺り下ろされるような苦痛を伴う作業だったのではないかと思う。

 それまで悪質なサイトで行われていたのがGoogleアルゴリズムの隙をついて検索順位を上げるブラックものだとしたら、そのガイドラインに沿ってサイトを作り検索順位を上げることはホワイト行為だと見なされてきた。

 間違えてはならないのは、Welqをはじめとしたキュレーションメディアはそのガイドラインに沿った『ホワイトな』コンテンツ作りをしてきたという点だ。たとえそれが倫理的に劣る行為であったとしても。だからこそ、Google検索で軒並み上位を占める結果を出したのだ。

 ここでGoogleはまた、キュレーションメディアのスパマー達(あえてこう言わせてもらう)とのいたちごっこスタートに引き摺り下ろされたのだ。Google検索アルゴリズムは変更を余儀なくされるだろう。

 だが、今回の件は『倫理的に劣る行為である』という点から火がついた。そこをカバーする新アルゴリズムというのはどんな姿になるのだろう?機械人間倫理理解するには、まだ早すぎはしないだろうか?人間が考える倫理機械に明け渡してしまうことは、本当に正しいことなのだろうか?それは地獄へ続く道ではないのか?

 おそらくそれよりは、信頼できるドメインが信頼できる情報を発信しお互いにリンクし合うという、かつてGoogleが生まれた時に存在した天国を再び目指すべきなのではないだろうか?

 いや、本当はそんなことは出来はしない。時間の針を逆に戻すことなど誰にもできやしない。それに、機械判断した『正しさ』を鵜呑みにして生きることだって、多分そんなに悪いことではない。

 自分が正しいかどうか判断できない情報を目にした時、それの『正しさ』を保証してくれるのが機械だろうと人間専門家だろうと、信じることができればどちらだって同じじゃないか自分の頭の中身がいつの間にか機械にすり替わっていたとして、それに気付ける奴なんてどこにいるんだ?

 だからこそ、ウェブの海を渡るのに自分オールを持っていることが何よりも大切なんだと思うよ、今まで通り。

2017-01-03

freeeの自動仕分け特許は本当に当たり前なのか

freeeがマネーフォワードを訴えた事で、その特許自体批判するコメントが多く見られる。

これは、ニュース記事などでも「文字列を元に自動仕分けする技術なんて世の中的にはもう何十年も前から存在するでしょ…」

といったように発明でもなんでもないとする論調が多い為だと思う。

http://cards.hateblo.jp/entry/freee-moneyfoward-saiban/

しかし、本当にこれが当たり前の技術なのか、特許審査官は当たり前の事に簡単特許を認めるのか。

そもそも、「文字列を元に自動仕訳する特許」という広範囲権利が及ぶ基本特許が取れたというのは正しい認識なのか。

という事で、実際の特許文献を見て確認してみた。

まず、上記引用記事で紹介されていた特許文献はこちら

http://astamuse.com/ja/granted/JP/No/5503795

そして、特許範囲を決める特許請求項を引用する

請求項1

クラウドコンピューティングによる会計処理を行うための会計処理装置であって、ユーザークラウドコンピューティング提供するウェブサーバを備え、前記ウェブサーバは、ウェブ明細データ取引ごとに識別し、各取引を、前記各取引取引内容の記載に基づいて、前記取引内容の記載に含まれうるキーワード勘定科目との対応づけを保持する対応テーブルを参照して、特定勘定科目自動的仕訳し、日付、取引内容、金額及び勘定科目を少なくとも含む仕訳データ作成し、作成された前記仕訳データは、ユーザーが前記ウェブサーバアクセスするコンピュータ送信され、前記コンピュータウェブブラウザに、仕訳処理画面として表示され、前記仕訳処理画面は、勘定科目を変更するためのメニューを有し、前記対応テーブルを参照した自動仕訳は、前記各取引取引内容の記載に対して、複数キーワードが含まれ場合キーワードの優先ルール適用し、優先順位の最も高いキーワードにより、前記対応テーブルの参照を行うことを特徴とする会計処理装置

この請求項を見ればこの特許権利を主張している範囲がざっくり分かる。

要約すると以下のような要件構成されている。

特許の仕組みは、請求項に記載されている事が全て満たされた場合のみ自分特許範囲だと権利主張できる。

まり、この特許

これだけ特許範囲限定されると、「文字列を元に自動仕訳する」仕組みがあればどんなシステムにでも権利主張できるものではない。

まり、これはfreeeがコア事業としているクラウド会計サービスが最大の強みとする「自動仕分け機能」に特化して特許取得したものと言える。

そして、この特許が出願されたのは「2013年10月17日」。

この時点で、クラウド会計サービス自動仕分けを行うという事が当たり前の仕組みだったのか、前例があったのかという事になる。

当然、審査官はその出願日を起点として過去に同一または類似の公知文献が無いか調査している。

まだクラウド会計処理をするという事が一般化されていない時期に、ベンチャー企業クラウド会計サービスで最もメリットとなりえる

自動仕分」を知財化し、後追いサービス牽制する戦略を取るのは当然とも言える。

しろ、もしこの特許が国際出願されており、海外に対しても権利化できるのであれば、今後海外展開した時に海外クラウド会計サービス

クロスライセンスを契約する際のカードにもなると思うので、取れる範囲はどんどん取っておくべきだと思う。

特許に関して批判が上がる原因としては、

が大きいと思う。

もしこの特許が当たり前だというのであれば、出願日時点より前に公知となっていた文献やサービスシステムを明示し訴える事で

特許無効化できる手続き手段も用意されている。取得できた特許権利絶対ではない。

何十年も前からある当たり前の技術だと言う人は、是非出願日以前に遡ってこの特許範囲と同一または類似する文献を明示してみて欲しい

2016-12-26

ぼくの退職理由どう思いますか?

わたしウェブプログラマをやっている。

現職にはほぼ未経験で3年前に入社し、プライベート自学自習したりして技術やチーム開発についてだいたいわかるようになってきた。

が、組織プログラマ管理できていない(テクニカルなことはわからないと言い放ち評価制度含めて放置している人事がいる)ので、

より働きやすい(評価制度含めて技術者への働きやすさに拘っている)会社転職しようと思っている。現職は消耗することが多いと感じる。

自分としては、エンジニアの成長を考えている会社で本気で事業コミットしていきたい。

薄情者かなぁ?もしくは、フリーライドしているように見られるかなぁ?

関連記事: https://togetter.com/li/1057322

2016-12-22

【追記】落語界隈のサイトスマホ対応状況

名称 スマホ対応
落語協会 してない
落語芸術協会 してる
鈴本演芸場 してない
浅草演芸ホール してる
新宿末廣亭 してない
池袋演芸場 してない
国立演芸場 してない
上方落語協会 してない
天満天神繁昌亭 してない

芸協のサイトスマホ対応しているし、PCサイトでは文字サイズの変更にも対応していて(もう少し大きいサイズがあってもいいとは思うが)好感が持てる。高齢の方には嬉しい配慮だろう。初心者向けのコンテンツメルマガの内容も充実しており努力が見て取れる。いっぽう落語協会スマホ対応しておらずコンテンツも芸協に引けをとっている。今後積極的更新していくつもりはないらしく(金銭的な問題らしいが、このご時世にウェブを切るという判断は終わっていると思う)以前存在した落語家の紹介動画もどうやら削除されたらしい。見たことのない落語家をチェックするのに重宝していたのだが。

どこの協会前座情報が少ないのも気になる。おそらく前座情報など出す必要はないということなのだろうが、これも時代を考えれば積極的に出していくべきだ。どこからファンがつくかわからない。個人的にはSNSの利用も解禁すべきだと考えている。年季明けや二つ目になってから始めるよりもよほどネットとの付き合い方がわかるだろうし、自主的情報を出すことのできない芸能系の人間は今後生き残っていくのは難しいだろう。特に芸協は客が少ないと言われているのだから、新しい施策落語協会との差別化を図ってほしい。

落語伝統芸能かどうかには議論余地があると思うが、少なくとも私は歌舞伎のように解説必要芸能にはなってほしくない(別に歌舞伎を貶める意図はないが)。古い世界なのだと思うが、時代についていこうという努力を強く求める。

【追記】

SNSの利用は特に禁止されていないはずだとのコメントがあったが、明文化されてはいないだろうが不文律同調圧力のようなもの禁止に近い状態だろうと判断した。「前座に対してSNSの利用を積極的に促すべき」とするべきだったかもしれない。また前座ウェブ上で積極的情報発信している例を一例しか知らないので(私が書いたような理由だったと思うが弟子ツイッターアカウントの開設を義務付けている師匠をひとり知っている。立川流師匠だが慧眼だと思う)前座SNSアカウントなどがあれば教えてほしい。落語家名前を使わずに、本名で主に知り合いを対象情報発信をしているのは積極的な利用とは言えないと思う。

自己プロデュース力も才能の一つというのはまったくもって同意するが、だからと言って協会が手を抜いていい理由にはならない。情報をまとめて閲覧できる環境の整備は必須と考える。

前座プロではないという見解が、業界に古くから伝わるものなのか、どこかが公式で出している見解なのか、ブコメ主の見解は知らないが、これも個人的には意義を唱えたいところだ。人は立場に伴って責任を感じる。プロでないかプロになれるようにがんばれ、というよりは、もうプロなんだから立場に見合うようにがんばれ、というほうが人は育つというのが私の考えだ。

会長発言は知らなかったが絶望を覚えている。

2016-12-17

小学館少年青年漫画句点について

もう長いこと悩まされてきたこの問題について書いてみます

自分の知るかぎり、小学館少年青年漫画のみ、

吹き出しの内外を問わず台詞とそれ以外のモノローグや傍白すべてに句点がつけられています

何気なしに読んでいて一度その存在に気がつくと、これが気になって気になって仕方がないのです。

この違和感をおぼえる一例を挙げると、

漫画家楠みちはるは『湾岸MIDNIGHT』というシリーズ漫画を、

講談社で2シリーズ

小学館1シリーズ現在休載中)、

この2社にまたがって描きつづけています(※)。

よく「クルマ好きのおっさんポエム」と揶揄されたりもするほど

登場人物の傍白が多いのがこのシリーズの特徴なのですが、

後者の最新作『銀灰のスピードスター』では、その傍白にもきっちり句点がつけられています

三点リーダー「……」やダッシュ「——」のあとにはつけられておらず、それだけが救いです)。

自分場合特に吹き出し外の傍白は登場人物内面の詩的なあらわれ(文字どおりのポエム)として読むので、

そこに句点をつけられるとどうにも決まりが悪いように思われます

そこまで気になるものだろうか、と思われる方は、

ぜひ集英社講談社など漫画句点を使っていない出版社単行本をご用意いただき

試しにそこに句点を加えて読んでみてください。

内容によっては、句点の有無で台詞の印象が変わってくることがあるように感じられると思います

もちろん小学館には出版社としてのポリシーによってこの方針をとっていると思います

それをあらためてほしいなどと大それた要望をするつもりはないのですが、

最近好きな漫画家ウェブ連載作品小学館から物理書籍として発売され、

やはり句点が気になってとても残念な思いをしたことをきっかけに、

ここでこの悩みを吐き出してみました。


   ※ 楠みちはる三点リーダーを単数で使用したり、二点リーダーと併用したり、

    台詞の終わりに「(笑)」をつけてみたりするので、ここで例に挙げるのはあまり適切でなかったかもしれません

2016-12-16

どどど独身男性の方々にお聞きしたいのですが

こちら30女、独身です。

ここ数年のウェブ婚活がようやく実を結び始め、彼氏と呼べる男性ができました。

彼は同い年で、列島横断レベル遠距離恋愛です。

先日彼に3日ほどの連休を取ってもらって始めて実際に会って一緒にすごしました。

正直とてもとても好ましく、かつ私にはもったいない男性だと思いました。

勤め先も年齢も申し分なく、ちょっと女性に対して今まで奥手だったことをひけめに思っているようですが

その分紳士的で、かつ男性としてのかわいらしさのようなものも持っています。たぶん、自分に自信が出来たらとんでもなくモテるタイプです。

私は完全にひけめを感じています

嬉しいことに彼の方はかなり積極的で、もうこっちに来て1か月くらいショートステイしてほしいと言っています

幸いなことに丁度私は職探し中というか、無職でして…本当なんでこんなの家に呼びたいのかわかりません。

そこで独身男性の方に質問なのですが

ワンルームもしくは1Kのマンション居候させてもらう場合、気を付けてほしいことはなんでしょうか。

個人的意見でまったく構いませんので教えていただけませんか。

何か致命的な失敗をしたくないのです。

今考えていることは

・彼の仕事中はおとなしく動かず待つ

キッチンを汚さないような簡単かつお金のかからない夕飯

・みすぼらしくない部屋着を購入、持参

・朝、寝坊しない

このあたりです。

独身男性タイトルに入れましたが既婚女性男性の方々からアドバイスいただけるなら幸いです。

※追記

ブコメで答えてくださった方ありがとうございます

>奥手な彼だからあなたの「過去」を匂わす言動だろうなあ。1ヶ月もいっしょに暮らすとボロがでがちだもんね。かといって尊重しすぎるのも難しいし。元カレが「**だった」エピソード父親に切り替える配慮かな。

父親に切り替える…!今までも過去経験をそれとなく聞かれることがあって、こちらも意識して何でもないことのように答えていたのですがもしかすると落ち込んでいるかなと感じることがありました。

生活の中でそれが予期せずポンポン出てきたら彼にとっても私にとってもいたたまれないです。うっかりやらないようにしつつも、「父親がね…」で乗り切ろうと思います

> 胃袋と身体をつかんで「結婚したい」と思わせる、1Kで一日中一緒だとストレスもたまりやすいからたまにはお互いひとりの時間もつとかでしょうか。

お礼が遅くなってすみません日中彼は仕事なので、その辺は大丈夫そうです。最近の話し合いで、私が退屈しないようにPCとかPSゲーム自由に使っていいとまで言ってくれていてちょっとほんとに惚れなおしました

胃袋と身体ですね…!そのあたりは事前調査さりげなくしつつ、あとは私が積極的提案していこうと思っています!本当大事ですよね。ありがとうございます

2016-12-15

ウェブ制作IE現場から

2013年: IE6 透過png動かないし大変だなぁ。せめてIE7以降にしてくれよ

2014年: え、IE6対応するんですか?

2015年: IE6終了! IE7もついでに終了! IE8対応って今思うと意外と大変だな

2016年: え、IE8対応入ってましたっけ?

2017年(願望): IEってEdgeのことですよね?11?まあ見れますよ。

こう見ると激動だな

2016-12-12

著作権関連であったら嬉しい、こんな技術

Welq問題ウェブ著作権関連が盛り上がってるので、IT素人が考える欲しい技術を書いてみた。技術に詳しい人から見るとどうなんだろ?難しいかな?


無断転載されるたびに自動著作権者お金が入る仕組み

  映像方面だとYoutubeが似たようなことをやってたっけ?

  できれば掲載した瞬間から料金が発生し、掲載期間が長いほど上乗せされていくシステムがいい

  (訪問者が多い新着期間だけ荒稼ぎして怒られたら削除するだけのアフィサイトいから)



ウェブ画像を表示するとGoogleあたりが勝手画像検索して著作権者情報を一緒に強制表示してくれる

  たとえば、あらかじめGoogleとかに著作権者情報登録しておく。

  よそのサイト無断転載されて、掲載されてる画像ファイル名や含有データが変更されてても

  登録情報から元の著作権者情報を呼び出してマウスオーバーとかで表示してくれる。

  Googleクローラーをはじいてるサイトhttpsサイトとかだっけ?)だと効果ないのかも。

  TumblrPinterestFacebookTwitterRTじゃないツイート)など、違法に共有される可能性が高いサービスには特に欲しい機能

  これらのサービス画像転載すると元ファイル情報著作権者名とかサイトURL)が画像の下部あたりに表示される。




いずれにしても多分サーバー単位管理しなきゃならないから難しいのかな。

自分サイトツイッター等にアップされた場合だけ除外して、他サイト転載されたら料金が発生したり情報強制表示になる、というのが理想なんだけど。

ただ公式サイト提供した画像でも別の販促サイトに使われたりするし、電子書籍になったりとか考えると現実的じゃないのかね……。



スキャンされたりスクショ取られたりテレビ画面を撮影したりした無断転載であっても、現在技術であれば「画像Aと無断転載画像Bは同じ画像」だと自動認識できるらしいよね

Youtubeとかでテレビ番組が消されるのに使われてる技術とか)

画像の一部だけ切り取ったり反転・色変更等を行っても元画像として認識する技術もあるとはどっかで読んだ。



いち著作権者としては、画像拡散自体を止めたいわけじゃないんだよね。宣伝になる場合があるのはその通りだし。

問題は、多くの場合著作権者作品情報と切り離されて画像けが使われてしまうのと、アダルト系や2ちゃんまとめ、詐欺など違法だったり印象の悪いサイトで使われること。

そして、どれだけ拡散されて宣伝になったとしても、実際に宣伝効果がどれだけあったのか計測する方法がないのでビジネスに活かせない。

なんとかならないじゃろか。

「◯◯すぎぃ!」って語尾

使っていて恥ずかしくないのかしら。この表現のそもそもの出所はともかく、今となってはそんな誰の手垢だかわからんものがこびりついた表現を使うことに、気持ち悪さを覚えないのだろうか。個人カジュアルに使う程度ならまだしも、広く読まれるような記事タイトルに出てくると、目を背けたくなる。そういうタイトルが許されるようなサイトに期待すべきことではないのかもしれないが。

すでに日本語自体ウェブライティング向けにピジン言語化していて、外から来た安い労働力を使えば使うほどこういうことになるのでは、みたいなことを考える。そんなふうに思えてくるような言語表現が、ここしばらくでかなり増えてきたとは思う。

追記

http://b.hatena.ne.jp/entry/312132640/comment/moko_chan

ネットスラングというものが「そういうもん」なのはよくわかってます

仮にもそれなりの規模のニュースサイト言葉表現ネットスラングなんかに逃げるのは、モノを書く人間として恥ずかしくないのか、と言いたかったのです。

2016-12-10

http://anond.hatelabo.jp/20161210002916

そう。

結局は技術範囲が狭くてもなんとかなる。

しかSI教育も盛んだから技術ないと週単位研修に投げ込まれて、

終わったらソルジャーとして決まった仕事をすればよい。

ウェブ系は研修なんてないし、自分クエストをこなすごとく仕事をこなさなければならない。

すごく主体的業務制度で魅力的に思ってたが、これは合う合わないがはっきりしてる。

SIの縦割り業務がどれだけ人に優しいか身にしみるわ。

http://anond.hatelabo.jp/20161210004317

それならウェブ系のエンジニアをわざわざする必要はないかと。

最新の技術に携われるからこそウェブ系ではないか

http://anond.hatelabo.jp/20161210002451

ウェブ系は技術進化というか変化が日進月歩から、ついてゆくのがきついのよね。

一方のSIは、枯れた技術を手堅く運用するのが基本だからちょっと本気だせばなんとかなる感がある。

転職してからうまくいかない

SIで勤めていて、ウェブ系に転職して三ヶ月。

わりと技術はある方だと思ってたし、プロジェクトマネジメントもほどほどにできるので問題ないと思ってた。

だが全く技術が足りないし仕事に対する姿勢とか空気感みたいなものが違いすぎる。

まり人に質問していい雰囲気ではないし、質問すると自分の出来なさ具合が更に露呈され信頼を失いそう。

迷惑かけてしまうこと以上にあまり自分ポジショニングができてないので変な態度になってしまってるかもしれない。

あと、仕事ができない人がいない。

できない人は少なくとも私の所属するチームにはいない。

ということで相対的自分の出来なさ加減がよく分かってしまう。

アリの法則で分かれそうなものなのに、転職が多い業界のためかアリの法則適用されない。

ここは得意、という絶対領域もないので、何かいひとつ自信が持てず、

自信がないときは何故か失敗も多くなり凹むことばかり。

正直レベルが高くてついていけない。

給料下がるの承知の上の転職だったのに失敗したと思ってる。

結局はSI時代は周りにできない人ややる気がない人が多かったので相対的評価が良かっただけだったんだと分かった。

きつい。

2016-12-09

SMAPファンクラブ会員への対応から推理するSMAP解散報道の奇妙さ。

2016年8月9日

SMAPファンクラブ会員向けのメールアドレスSMAP-info@だったのが、8月9日からjfc-mail@に変わる((smartjohnnys.com/wp-content/uploads/2016/09/mail.png))

SMAP専用アドレスが無くなった点から見ても、8月9日時点ではファンクラブが無くなることが決定していたのだろう。

大手メディア報道にあるSMAP3人のメンバー解散を申し出たとする8月10日よりも前の時点だ。

((smartjohnnys.com/smap/dissolution-june/))



2016年8月14日

発表後すぐにジャニーズサイトファンクラブ入会案内からSMAP」が消える((smartjohnnys.com/wp-content/uploads/2016/08/smap-family.png))

朝になってからファンクラブ会員に「SMAPメンバーからお知らせ 詳細はコチラ」とリンクが貼られただけのメールが届く((johnnyschannel.com/wp-content/uploads/2016/08/fanclub-mail-smap-300x237.png))




2016年8月17日

ファンクラブ会員に解散報告のハガキが届き始める((matome.naver.jp/odai/2147152930906704301/2147178284384107403))

いやいや、主語デカイでしょ。

http://anond.hatelabo.jp/20161209123232

重箱隅突きに聞こえるかも知らんが、世の中のIT企業が全部ウェブ事業屋だと思うなよ。普通にインフラ構築屋も入ればSIerもいるし、こつこつ自社プロダクト作ってるとこもいる。

建築業界にはトビ屋も入れば左官内装屋、電気工事屋もいる、基礎工事専門や地質調査屋もいるし、重機使いやダンプで資材運搬専門もいる。

建築業者は耐震偽装するからクソ」みたいにひとまとめに言われてもさぁ。

2016-12-08

Everfilter がもし人工知能を真っ当に利用したものだとしたら、どう考えますか?

君の名は。」風の写真に変換するアプリということで話題になった Everfilter が公開停止になった。著作権侵害ではないかという指摘に対する運営会社対応である。以下の記事が詳しい。

私のみた観測範囲では、いまのところ以下のような結論が優勢に見える。

合成だとみなされた過程としては

という主張がなされている。特にこの記事が多く参照されたように思う。

以降、これらの主張がその通りではない可能生がわずかながらあること、もしそうだった場合には著作権侵害に対してどのような議論がなされるのだろうか、その思考実験をしてみたいと思う。

なお、あくまで仮説であってここまでの主張を否定することを目的にしているわけではない。もしかすればそうではない可能生が微レ存、ではそちらの可能生を考慮したら、どのような議論になるか考えてみると (不謹慎ではあるが) 面白い議論になりそうだ・・・というのが趣旨である

Google Research 論文提案する手法

先の shi3z 氏の主張はスタイル変換に DeepArt と呼ばれるアルゴリズムが用いられていることが前提となっている。確かに shi3z 氏が述べているように DeepArt ではスタイル変換で細部のディテールを残すことが難しいことが分かっている。

具体的には、生成された画像において、人物の顔、建築物の模様などのディテールが潰れてしまう。

一方、今年の 9月Google Research から提案された、スタイル転送の改良版アルゴリズムがある。

当方たまたま知人から教えてもらったものである。細部まで読んではいないが、おおまかに言うと、古典的テクスチャ合成の手法既存ディープラーニングベーススタイル変換アルゴリズム適用して改良することで、細部のディテールを残したままの変換が可能になった・・・という内容である

結果は 24ページ Figure 8 と Figure 9 にある既存手法との比較が分かり易いだろう。

上段の Figure 8 が既存手法 ・・・ おそらく shi3z 氏の記事にある DeepArt に近い手法。Figure 9 が提案手法である建物ディテール再現できていない既存手法に対して提案手法では建物ディテールを残すことに成功している。

また、もうひとつ特徴的なのが、空のように一様性の高い箇所においては元のスタイルが持つ模様のパターン酷似したパターンが描かれている点だ。このあたりは古典的テクスチャ合成を応用した影響だろう。

手法を用いた場合既存手法より高速に変換画像が生成されることにも言及されている。

Everfilter のアルゴリズム提案手法に近いものである仮定する

もし Everfilter のアルゴリズム提案手法に近いものであるなら、今回疑問視されていることの中に幾つか説明のつくものがある。

というものである

この辺りから、Everfilter は「ニセAI」ではなく比較的新しいスタイル変換のアルゴリズム実装した製品だった可能生が微レ存・・・と思い至ったわけである

もしも Everfilter がニセAI ではなかったら著作権侵害ではないのか?

当然、そこまでは言えないと考えている。

2016年現時点で著作権侵害親告罪なので、たとえどんな手法が用いられようがその出力に対して「お前のこの絵はこちらのパクりだろう」と指摘されたところで容疑がかかる。中身がディープラーニングであろうが、コピペであろうが、そこは変わらないと思われる。

インターネット上の議論に載せてみたいと思ったのは

といった論点である法律的な白黒は先に述べたように親告罪に照らし合わせて考えればよいので、ここは、世間一般の人々の感覚話題にしてみたい。

例えば、人間漫画家場合を考えてみる。

有名漫画家漫画を模写し続けることで画力を磨いた漫画家が描いた作品は、その有名作品に画風が似ることはよくあるだろう。その場合ストーリーや構図に類似性が見られず、かつ、画風も多少の癖の類似であれば許容範囲内というのが世間一般常識であるように思う。つまり、画風"だけ" に多少の類似があるものは認められそうだ。

では、有名作品データをもとに学習を行った人工知能が描き出した、画風 "だけ" に癖のある写真・・・というのはどう考えるべきだろうか。もちろん、画風に強すぎる類似性が認められる場合は、世間の風当たりは強いだろうが、では、どの程度の類似性であれば許容範囲内なのであろうか?

その類似性は大きくは

の二つからもたらせるものであるが、強い類似性を悪とした場合、では著作権のある画像から模倣した ・・・ 学習したことが悪なのか。まだ人類もその性質を解明し切れていないディープニューラルネットワークもつ性質が悪なのか。

(法律的判断ではなく) 感情的判断についてはもやはり、出力が問題であってどんな手法が使われているか関係無という態度が正しいのか。

話題は逸れるが、ニューラルネットワーク版の Google 翻訳が生成した文章著作権はどう考えるべきなのか。これも似たような問題であるGoogleウェブ上の大量のデータから学習していると思われるがもしそれが著作権フリーではないデータから学習だとした場合に、生成された翻訳文書Google著作権を持つのか、そうではないのか。

世間常識がどこに落ち着くのかはまだよくわからない。だからこそ、この議論コミュニティに投げかけてみたかった。

Google Research の論文で Everfilter が完全に再現されるかどうかは実験してみないとわからないことであり、また論文をの例を見る限り Everfilter 品質での出力を得るには相応のチューニング必要になるようにも見える。それが現実的に困難だった場合はやはり shi3z 氏の主張が正しい可能生も大きい。また、テクスチャ合成を応用したという点で著作権との相性が悪いアルゴリズムである、という考えもあるだろう。

shi3z 氏の主張を否定するために記述したのではなく、あくまで、人工知能が作り出したコンテンツを人々はどう捉えるのか、そこについてみなさんの意見を伺ってみたく起こしたエントリであることを強調しておく。

2016-12-06

最近パズドラ

最近パズドラ界隈で「一面」という遊びが流行っている

プレイヤーの所持モンスターを見ることができるモンスターボックスの画面で一画面に表示できる30体をすべて同じモンスターにして画面を埋め尽くすという遊びだ

一面を埋めるために選ばれるモンスターは入手や育成に関してなんらかの困難な要素があるほど良く、またHP攻撃回復にそれぞれ+99が振られた、いわゆる「297」であるほど望ましい

一画面をアイコン右上に297と表示された同じモンスターで埋め尽くすことがパズドラプレイヤーの間でのステータスなのだ

あるYouTuberお気に入りモンスターガチャしか排出されないレアモンスター)を進化前と進化後、複数ある究極進化形態ごとにそれぞれ一面達成し、それを愛の証明だと語る

降臨ダンジョン1%確率ボスの代わりに出てくる色違いアナザーボスの一面達成をするプレイヤーツイッター上のパズドラコミュニティ賞賛される

プラスチックの板にモンスターの絵とQRコードシールで貼り付けてある玩具(3980円)、Appleを通さない新しい課金方法として注目されるこの玩具QRコードを読み取ることで一体手に入るモンスターを、先行発売日の朝にこの日のために雇ったホームレスを並ばせて購入し一面達成する人が現れる

ある高校生が130万円かけてヒロインガチャもっとレア度の高いモンスターの一面を達成する。ヒロインガチャとは、近年のソシャゲ界でのガチャ価格緩和の流れに逆行して、一回ガチャを回すために消費する石の数が通常のレアガチャの二倍かかるというそ自体特異なガチャで、その中でも最高レアモンスターを一面達成するのに130万円しかからないパズドラは他のソシャゲと比べてガチャが緩いとパズドラファン達は語る

もはやパズドラ運営が新しい楽しみを提供できなくなって久しく、パズドラから離れていくプレイヤーも増えていく中で、独自の楽しみ方を見つけようという模索自体建設的ではある。だがそれがウェブ上のコミュニティ承認欲求を満たすためにてっとりばやく目立つことをしたいという動機と結びついてしまい、人がどんどん去っていく全盛期を過ぎたサービスの渦中にあって信者としての過激さを周りに見せつけることによる承認欲求の充足、またそのような信者が残っていることを確認することで、まだパズドラは終わっていない、まだパズドラを続けていいんだと安心したいという心理がこの「一面」ブームの背後にあるのではないかと私は思っている

プレイヤー人口は減り続けており、それに伴って公式ニコ生再生数も回を重ねるごとに減少の一途を辿っているが、AppStoreでは今日も売り上げ一位を記録しており、傍目には好調のように映ることだろう

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん