「ことのは」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ことのはとは

2017-05-20

上戸の人は遺伝的に下戸の不幸を喜べ

俺は下戸だ。遺伝的に、俺の子は運が良くても飲むと必ず赤くなる。

運が悪いと全く飲めない。

まり、俺が子供を作ると、この国の上戸人口相対的にほんの少し減ることになる。

下戸ばかりの社会上戸の人にとって心地よくないはずだ。

から、俺が結婚できずに子供を作れないことは、下戸にとって喜ぶべきことのはなのだ

これを読んでる人が酒を飲めるなら、あなた遺伝的に私が子孫を残す確率を高める行為を嫌わなければならない。

それが自然の摂理だ。

から上戸の人は、下戸の私が結婚式を開いたら、下戸の私に罵声を浴びせて攻撃しなければならない。

日本人の6割は上戸だ。日本民主主義の国だ。多数である事が正義なんだ。

俺が数年前計算したところによれば、数千年ほど、下戸が子孫を残せない状況が続けば、この国から下戸は消えて浄化される。

下戸遺伝子は一万年ぐらい前にモンゴルあたりで生まれ東アジア人に特有遺伝子だ。つまり、俺は、右翼が嫌いな大陸人間の血を受け継いでいることになる。

せっかく少子化なのだから下戸が子孫を残せない社会にしよう。数千年政策を維持し続けられれば、日本から下戸は消えて、浄化された酒の国日本が出来上がる。

さあ、上戸は俺の結婚妨害して喜べ。

2017-04-02

はてブNGリスト

http://syon-feed-filter.herokuapp.com/

↑のURLに↓を突っ込むと快適。@syonxvに多々感謝

NGワード

スク水揚げ

散るろぐ

散るログ

ねとらぼ

香山リカ

クレジットカードの読みもの

夜中に前へ

日刊ゲンダイ

OMGmag

人生ゲームである

あれこれやそれこれ

ナンダサラリーマンblog

WIRED.jp

GIGAZINE

LITERAリテラ

Rinシンプル生活

Qiita

SHIJIN BLOG

イケダハヤト

カムログ

セフレ

なうた横丁

さんのツイート

月無ことのは

ピピピピピの爽やかな日記帳

はあちゅう

NG URL

jin115.com

yaraon-blog.com

hamusoku.com

blog.livedoor.jp/insidears

alfalfalfa.com

pokemon-matome.net

yusaani.com

www.だいちゃん.com

jyajyayome.hatenablog.com

hitamu.hatenablog.com

numbers2007.blog123.fc2.com

www.xn--n8jvce0l6c.com

gendai.ismedia.jp

delete-all.hatenablog.com

matomatome.jp

matome.naver.jp

www.sugatareiji.com

www.cardloanblog.com

levites.hatenablog.com

taiwanlover.hatenablog.com

www.lifehacker.jp

www.pojihiguma.com

himasoku.com

daisuke-tsuchiya.hatenablog.com

jbpress.ismedia.jp

ismedia.jp

premiumcyzo.com

www.yuiki1994.com

karaage.hatenadiary.jp

warorince.com

www.cloudsalon.net

toyokeizai.net

www.ishikawayulio.net

www.islog.jp

www.nagurigaki.com

www.mikinote.com

www.hahalife0.com

www.jyajyayome.com

www.ituore.com

fujipon.hatenablog.com

hrktksm.hatenablog.com

www.sankei.com

www.outward-matrix.com

brian.hatenablog.com

dabunmaker.hatenablog.com

wepli-dot2.hatenablog.com

kyoko-np.net

www.anizm.xyz

www.ex-ma.com

netgeek.biz

www.ringobiyori.com

coliss.com

www.nikkan-gendai.com

onew-web.net

www.kana-ri.com

pipipipipi-www.hatenablog.com

www.americakabu.com

www.rinsimpl.com

togetter.com

2017-03-22

ネットに慣れてからめちゃくちゃ電話に対する心理的ハードルがあがった。店や病院の予約とかもネットで完結するところを探してしまう。なんというか「は~電話しなきゃなあ…」ってなるのがささいなことのはずなのにすごくストレスコミュニケーションが発生するのがだるいのかもしれない。

2017-03-16

なんでプライドたっぷりの嫌いなやつほど注目されてんだろうなあ、って残念感ばかり。

注目されてんのは素晴らしいことのはずなんですけどねえ。

2017-03-05

『「発達障害は親のせい」はデマ』だけで良いのか?

元ネタ

「発達障害は親のせい」はデマ。発達障害の診断は、これからを考えるためのステップ 児童精神科医・姜昌勲さんインタビュー - messy|メッシー

当事者」の対象者

「しつけ」の一般的なとらえ方からすると「しつけが関係ない」というのは言い過ぎ

発達障害は、親の育て方によらない、生まれつきの生物学的疾患です。だからのしつけなんて関係ない。大間違いなんですよ。もう、アホかバカかって感じなんですけど(怒)。」

確かに、「診断結果と療育を受けることを受容するまでは」という条件付きなら正しいと思いますよ。

しかし、その後も「しつけなんて関係ない」と言えるのか甚だ疑問ですね。

もちろん、生まれつき=遺伝=親のせいという短絡的な話は論外として、親には「しつけ」る義務があるはず。

そろそろ「しつけ」の定義をしなおした方が良い

当事者」と「親」、そして、「身近な支援者」が望んでいるのは、生き辛い状況を汲み取って=発達障害特性を勘案して、世間の秩序と折り合いをつけて「当事者」が生きていくということのはず。

専門家視点では、発達障害特性を勘案して折り合いをつけられようにすることは「しつけ」ではないと言うかもしれない。

しかし、それは学術的に定義された用語使用して表現をしなければ正確な議論が出来ないからであって、「当事者」と「親」、その他「悪意のある第三者」も含めた「周囲の人々」から構成される現実社会実践の場では、「定義された」"それ"と「しつけ」を区別することに何の意味もないんじゃないか

しろ、「しつけ」という言葉を、「何が正しくて、何が正しくないかを教えて、世間の秩序と折り合いをつけられるようにすること」と再定義しなおして、『「当事者」の特性に応じた方法で、「親」や「身近な支援者」が「しつけ」を行えるように支援することが必要です』といった方が議論がしっくりと来るのではないのか、と思うのだが。

ケースによっては「親」と「身近な支援者」がちょっと連携するだけで良い場合も多い

あと、インタビューでこの人が言っていることは正しいけど、デマを打ち消す意味では、少なくとも「もう、アホかバカかって感じなんですけど(怒)」はないんじゃないかと。

正直、「当事者」の問題行動は、対処方法があったら、「なーんだそんなことか」って場合もあるんですよ。

金八先生みたいな熱血先生相談して「先生ありがとうございました」とかじゃなくても、幼稚園保育園小学校先生などの「身近な支援者」に、ちょっと腹を割って話をして、「うちの子取説」を渡したら上手くいくケースも結構あるはずなんですよね。

それなのに、良く勘違いしている「当事者」の「親」達が居て、「発達障害についての勉強をして、ちゃんと支援してくれなきゃ困る」とか、ネット仕入れ知識を振りかざして言いたい放題。

味方にしなきゃいけない「身近な支援者」を敵に回してどうするんですか??

幼稚園保育園小学校先生などの「身近な支援者」は「運命共同体的な関係者」ですよ!!

頭下げてお願いして、一緒に「当事者」と向き合っていかなきゃだめでしょう。

ちょっと考えてみてくださいよ。

法整備がされて「発達障害」が特別扱いされる前のほんの10年くらい前までは、園長先生校長先生に頭を下げてお願いしていたはずなんですよ。(まあ、所謂モンスターペアレントなるものはありましたが・・・)

10年前まで出来ていたことが、今出来ないっておかしくないですか? (まあ、出来てなかったかもしれないが・・・)

ちなみ、「周りの支援者」は「運命共同体的な関係者」なので、半年か1年に一回相談に乗ってくれる程度の専門家は入らないと思いますよ。

実際、幼稚園保育園小学校などの先生は上手く「しつけ」出来ないと現場で困るが、たまに相談に乗る専門家は全く困らないから。

まり専門家意見第三者的な助言であり、それを以て、「当事者」と「親」の運命を決定するなどというのはあり得ないということは、「当事者」の「親」には、気を付けてもらいたいと思っていますね。

なんか、同じ先生でも専門家ばかり頼って、実際、幼稚園保育園小学校などの先生との連携おろそかにしていませんか?

2017-02-10

自分が正しいと思っている人ほど間違っている人はいない

トランプ政権に対する一部の過激デモ行為によって、左翼の本性が明らかになったと言う人がいた。

でも、同じことはたくさんの人について言えると思う。


最近(昔からそんな人はたくさんいると思うが)、他人意見に対して過剰なまでに攻撃を加える人が多いように思う。

その人の中では自分正義であって、相手は悪であるから自分行為正当化されるとでも思っているようで、質が悪い。


だけど正義というもの相対的ものであって、人によって違うのだと思う。

たとえば、人工妊娠中絶殺人なのだろうか。換言すれば、お腹の中の赤ちゃんは「人」なのか。色々な考えがあるはずだ。


正義」なんていうものは、その人がこれまで経験してきたことや、その人の政治的宗教的信念などによって作られるものであって、極めて個人的もののはず。

他人が胸に抱く「正義」を受け入れる必要なんてないけれど、自分の中にある「正義」が絶対的もので、それを他人が受け入れてくれる(あるいは、受け入れるべきだ)なんて勘違いをしてはならないと思う。


民主主義制度は、そういうことを前提に、人々がお互いの意見(そして、ひいては人権のもの)を尊重し合うことができるようにするための、一種ツールといっても過言ではないと思う。

それなのに、どうして過剰なまでに他人の考えを否定し、相手攻撃する人が多いのだろう。


自分にとって身近な問題としては、「法科大学院の存続問題」がある。

全国に法科大学院が発足し、旧司法試験廃止されてから久しいけれども、法科大学院廃止すべきだろうか。


ここでも、色々な考え方があると思う。法科大学院には、良い面も悪い面もあるはずだ。

ただ個人的には、法科大学院には是非とも存続してほしいと願ってやまない。


詳しい理由については割愛するが、法科大学院での日々は楽しかったし、学部では経験できないこともたくさん経験できた。

タイムマシンで昔に戻ることができたとしても、私はまた法科大学院入学したい。


少し大げさに書いてしまっただろうか。それはいいとして、こうした意見存在することすら許せない人たちがいる。

彼ら(彼女ら)はたとえば、「どうせ教授に書かされているんだろう」とか、「法科大学院関係者自画自賛しているだけだ」などと言うのである


しかに、私の考えは個人的ものであって、それがすべての人たちに妥当したりなんてしない。

だけど、同じことは彼らの意見にもいえる。


こうした意見の相違は、ただ単に、法科大学院のことを好きな人もいれば、嫌いな人もいるというだけのことのはず。

どちらの意見も、正しくもなければ、間違ってもいない。


あるべき議論方向性は、ただ一つのはず。そうした意見が混在する中で、お互いの意見尊重しつつ、みんなにとって最善の答えは何であろうかを議論することなのではないかな。

間違っても、自分けが正しいと信じて、自分の考えと相容れない人たちを頭から否定したり、攻撃したりなんてしてはならないと思う。


こんなことはわかりきったことのはずなのに、どうして他人意見を少しも尊重することができないのだろう。

自分が正しいと思っている人ほど、間違っている人はいない。

2017-02-06

釣られるけどさ

http://anond.hatelabo.jp/20170205213323

あなたがやってきた”学問”で身につけたと思う(他人には見えないのかもしれない)ブランドと、

東大現役入学」というブランドは全く別のものでしょう?

それを同一視するのがおかしくないかな。

☆以下わかりにくい比喩

ジブリに在籍したことのあるアニメーターAが、今は普通仕事をしている

アニメに少し興味あるAの子供が、Aが昔ジブリに在籍したことを知ってか知らずか「アニメーションを作る意味って何だろう」と聞く

③Aは、昔アニメーターだったけど、アニメを作ること自体にそんなに思い入れがなかったので説明できない・・・増田愚痴

④そこで、地道に頑張ってきた現役アニメーターBがいきなり現れ、なぜか「お前なんでジブリに在籍したことがあるんだよ悔しい」と言う ←今ここ

で、Bさんがいままでやってきた地道な努力目標

ジブリみたいな映画を、それを超えるアニメをいつか作ってやる」

ってことのはずでしょ?

それなのにBさんはなぜか

「『へー、ジブリにいたんだ、すごいねアニメ詳しいんでしょ』と世間から言われたい!!!

と嘆く・・・

ちょっと違うんじゃない?

Bさんさ!ジブリを蹴散らすアニメ作ろうよ!

あなたのように歩んできた人だけが、それができるはず

2016-10-28

多ステの悪魔に取り憑かれていたヲタクの話

ジャニヲタになってから、もうすぐ10年が経つ。最初茶の間で、当時好きだったグループテレビの中で笑っていてくれればそれでよかった。それが大学進学と共に東京に出てきて、現場に行きやすくなったことで私は様々なグループ現場に足を運ぶようになる。恐ろしい勢いで現場厨への階段を駆け上ったのだ。その中で、私は多ステというものを覚えた。多ステとは、1つのコンサート舞台複数回入ることを言う。今回はそんな私がノリと勢いだけでとあるグループツアーをほぼ全ステした時の話をするのだが、せっかく匿名にしたので包み隠さず全部話そうと思う。私はこのツアーに25公演中の20公演参加し、地方も含めて約10会場回った。気分は共にツアーを回るバックJr.だ。そのくらいの達成感はあるし、その分時間お金もかかる。ではこれから、この経験を通してわたし自身が考えたことを、つらつらと書き記していこうと思う。

2時間半の楽しさ=?

単刀直入に言うと、私は定価主義ではない。こうしている今現在チケット流通センターチケットキャンプメルカリヤフオクなど様々な媒体チケットの高額売買が行われているが、私はそこでチケットを買うタイプヲタクだ。もちろん定価でチケットが手に入るに越したことはない。誰だって出す必要のないお金は出したくないはずだ。

しかし、最近そうも言ってはいられないのが現状としてある。所謂"相場"の高い公演(ここでの相場とは、倍率が高かったり人気の高いタレント、バックJr.が出演する公演のことを言う)では、定価でその公演に入ることはほぼ絶望的だ。天下の嵐さんのチケットなんかだと、アリーナが25万円で取引されていたりする。そしてヲタクはそういったチケットの値段を、単位を省いて"25"というような言い方をするのだが、これによってさらに高額売買をしているという意識が薄れてしまう。"3"と言われると、"3万円"と言われた時よりも罪悪感が薄れてしまうような気がする。

そして、例えチケットが手に入る状況になったとしても今度は欲が出る。彼をもっと近くで見たい、あわよくば気づいてもらいたい。以前どこかで聞いたことのある言葉を借りるとすれば、見たいという欲求より、見られたいという欲求の方が強くなってしまうのだ。

このことから私は今回のツアーにおいて、チケット代だけで約30万使った。普通の人が見たら目玉が飛び出る金額なのかもしれないし、私の様に普段からチケットの売買をしている人たちからすればなんてことのない金額なのかもしれない。「お金を落とすこと」が愛になるとは言わないが、少なくともCD雑誌を購入したりコンサートに行ったりすれば、彼の事務所内での立場は良くなる。ただし高額売買というのはこの限りではない。私が必死バイトして稼いだお金は、どこの誰かも分からない人のお財布に入ってその人の生活を支えることになる。御門違いも甚だしいことは分かっているのだが、それでも買ってしまう、最早麻薬にも似たところがあると私は考える。

2時間半の幸福(かもしれない)な時間を数万円で他人から買うのだ。

女同士のマウンティング

少し前に「ファーストクラス」というドラマ話題になった。仕事お金や持ち物、男などの様々な観点から主観勝手順位をつけることで会社での地位立場を築いて、ファッション編集部という女社会いかにうまく生き抜いていくか。そんなドラマであるジャニヲタ同士もこれに近いものがあるのでは、と私は思う。どれだけ多く、より良い席でコンサートに入ったか。見た目に気を遣っているか否か。比較観点は様々だが、私は前者の「どれだけ多く、良い席で入ったか」に囚われてしまった。さらに言うと、この文章には"同担より"というワードが追加される。

自分身の回りにいる同担よりも、より良い席に沢山入りたい。他の同担よりも自分に構って欲しい。女の汚い嫉妬だと言われてしまえばそれまでなのだが、当時私はとてつもなく真剣だった。それ故に、高いお金を出して入った席で同担と隣になってしまえば、この世の終わりかの様に落胆する。それが規定うちわを所持した茶髪ゆる巻き花柄ワンピの女であったならばダブルパンチだ。

実際に私は一度この状況に直面したことがあった。頑張って生活を切り詰めてなんとか買ったチケット。物凄く楽しみにしつつ席に向かうと隣には、キラキラグリッターのどデカ規定うちわを掲げた所謂量産型ヲタク。それまでのウキウキしたテンションは、一気に地の底へと落ちる。

「終わった………………」

うその公演で構ってもらうことは無理なんじゃないか、この人の隣にいる自分がこの人より先に目につくはずがない。そう思って、頭に回るのはチケット金額だった。冷静に考えれば馬鹿馬鹿しいのだが、躊躇せずに買うくせに公演に入っている時にはどうしても「その値段に見合う価値」を求めてしまう。その価値とは所謂ファンサ」のことで、せっかく目線の来る席を抑えたんだからこちらを見て欲しい、あわよくばファンサが欲しい。そういったエグい感情自担が近くにいる時は常に金額と共に頭をぐるぐる回っている。食べ放題バイキングで元をとらなくちゃ!と焦る感情と似たものがあると私は思う。それでファンサをもらえれば浮かれポンチでその後のことはよく覚えていないし、もらえなければどこか沈んだ気持ちコンサートを終える。毎回ファンサをもらえる保証なんてないし、なんならもらえない確率の方が高かったりもする。楽しみに行くはずなのに、本末転倒だ。若手グループで、まだまだ狭いキャパでやっている間は仕方のないことだとは思うが、コンサートファンサありきになってしまうのはとても悲しい。

感じなくてもいいところ

これ。ほんとにこれ。多ステすると、感じなくてもいいことを感じてしまったりする。例えば「このセトリどうなん?」とか「このゲームどうなん?」とか。2、3回だったら普通に楽しんで終われたんだろうなってところにも目をつけてしまった。

あと単純に飽きる。ただこれに関してはもう仕方ないことだと思って、ある程度は覚悟した上で公演に入っていた。あくま個人的意見なのでもちろん全ステしたって飽きない人もいるだろう。しかし私には全ステは向かないんだな、と思った。というのも、6公演目を過ぎたあたりから自担の出ている曲以外はメモの整理時間or休憩時間になっていたのだ。ペンライトは腕にぶら下げてライトも消灯…いやチケ代勿体無いにも程があるだろ。自担が出ている曲以外もせめてペンライトを振っていられるくらいの回数で止めるべきだな、と確信した出来事であった。

まとめ

ここまで私が多ステをして感じたことをまとめてきた。結論から言うと、私はもう全ステを目指すことはない。腹八分目がちょうどいいとはよく言ったもので、コンサートしろ舞台しろ、"ちょっと物足りないな"くらいで終わらせるのが1番気持ちがいいし、思う存分ロスに浸ることが出来る。最終的に交通費なども合わせるとツアーを回るために私は3ヶ月で50万使ったわけだけれど、ここまでやってようやくそのことに気づいたのは本当に馬鹿だったなとは思う。ただ逆に言えばここで気付けてよかったな、とも思っているのだ。

実際今回コンサート中に、高いお金を払って入ったコンサートで真顔でメモを取って野鳥の会をしている自分客観的にみてしまって虚無感に襲われ、自担ステージ笑顔を振りまいている中で泣いたことがあった。自担のことを見るのは楽しいことのはずなんだから、今後は笑顔で楽しめるヲタクになりたい。馬鹿みたいに高いチケット代金を赤の他人に支払うために必死で働いて、稼いだお金をそのままATMにつぎ込む選択をしてしま自分の心に待ったをかけられるような大人になりたい。

現在の話をすると、私は未だにnot定価主義はやめられずにいる。入りたい公演があれば買ってしまうし、それによって家計は火の車だ。人間ってそうすぐには変われない。ただ、第一歩として見栄や意地でチケットを買うことはやめてみた。それだけでも私にとっては大きな第一なのだ。今後、私自身どこまで自制することが出来るのかは正直わからないが、あの虚無感をもう一度味わうことがないように祈るばかりである

2016-09-29

志布志うなぎ養殖PR動画について当事者からコメントが出てた。

http://www.city.shibushi.lg.jp/docs/2016092600033/

これについて「反省してない」「差別のつもりなかったけど、不快にさせてゴメンというテンプレ」とか批判あるけどさ。

差別のつもりはなかった」と発言するのはおかしいことか?

これ言い訳じゃなくて、たんに内情を説明しているだけだろう。

誰かを怒らせたのは結果であって、威嚇・挑発のつもりで発したもんじゃなかったんだからさ。

差別主義者が放つヘイトスピーチとはわけが違う。あれは攻撃意図があってのことだから

死亡事故計画殺人は別物だろ。それと同じ。

自動車事故で考えてみてよ。死人がでたとするよ。

加害者が「申し訳ないです。でも被害者に恨みなどなかった。殺意はありませんでした。」

こう発言することのはおかしいだろうか。実際に殺意はなかったのに、あったと同じくふるまわなけれなばダメなのか?

2016-08-22

今回の「○○を我慢すれば大学に入れたんじゃないの?」とか「○○ができるなら貧困じゃないんでは?」って声は悪気なく発されてるからなお怖い。大学学費ってそんなに甘いものだったか自分たちはいきたい大学のために高校時代まったく遊ばずに勉強ばかりしてたのか? 学費は親に負担させないようバイト頑張ったり倹約したのか? なんでそこまで他人に厳しくなれるん? それで自分たちに跳ねかえってくるみたいな想像しないの?自分にあてはめたらわかるようなことのはずなのに、なぜそろいもそろって想像力が欠如した中高生みたいなことになってんのか本当に理解に苦しむ。

2016-07-04

塵も積もれば山だけど、俺の一票は塵より軽く、政治ゴミの山

★9行でこの増田を短縮したものはこちら→ http://anond.hatelabo.jp/20160706230838

ああ、選挙カーとか名前連呼してうるさいだけだし。

駅でしゃべってる政治家も、本心なのか、口だけかわからんし。

ニュースは表面的なことばかりで、何も深まっていかないし。

あなたの一票で日本は変わる!」とか聞くけど、一票で結果は変わらないよ。村の選挙みたく人口が少なければ「一票差で落選」ってありうるけど、国の選挙からね。

投票へ行こう!」とか言うけど、投票だけ行きゃいいの?考えずに雰囲気投票するヤツが増えてもいいの?

なんか浅いよね、投げかけが。だからテンション下がるし投票にも行きたくなくなる。

そりゃさ、「民主主義で選ばれた」といって多数派がやりたい放題やる口実を与えてるのはシャクだよ。その一票分の責任は俺にあるよ。

けど、だからって選挙行かない人を目の敵にするヤツに対しては、「もっと前向きな提案できないの?」って思うよ。

一票じゃ何も変わらない、

行かなきゃ文句言われる、

考えずに行くのもいいと思わない、

でも時間かけて考えて投票しても影響力ないから消耗する、

それがわかってるから行かない、

そんな状況わかってて「国民に選ばれた」とか政府が言うのもシャク、

でもこの悩みをわからずに「選挙行け」と上から言われるのもシャク、

そんな状況に文句ばかり言ってる自分クズ

そんな、クズだらけの選挙

自分の一票は塵より軽いし、政治ゴミ山のようだ。

で、シラける奴が増え、投票率が年々下がってるんだろう。

そして、政治家不正しても、変な法律つくっても、選挙で落ちない。

だって政治が俺らの命や暮らしを大きく左右するってことも、何やら色々進んでるってこともわかる。「ヤバい」って言うヤツもいる。

でも何が進んでるかよくわからないし、政治ヤバいのか、そいつヤバいのかも判断つかない。気持ちいい状況ではない。

から、八方ふさがりに見える現状で、何か針の穴ほどでも希望が見えないか考えつつ、この選挙についても調べてみたりした。

そして、俺なりに答えが見えてきた。

■消耗しない選挙とのつきあい

結論を言うと、

大事なのは知るのを楽しむこと。投票はそのきっかけ』


そう。知らないことを知るって、楽しいことのはずだ。

なのに、なんで「苦痛」になるんだ?

それは「投票へ行こう!」って投票する(させる)ことが「目的」になるから

自分ベースになる意見がないまま、候補者のちまちました情報とか、コピペしたような政策とか知っても、違いがわからないしつまらない。

それよりも、「自分がいるのはどんな国で、どこへ向かおうとしてるのか」を知ることは、自分生き方を左右する。政治を知ることは、自分のためになる。

俺にとって投票は、そういうことをちょっとでも勉強する「いいきっかけ」にすぎない。

候補者についてはせいぜい、「与党野党か」「そいつが競ってるかどうか」だけでいい気がする。

「一票で変わる?」変わらねえし! 「一票の重み?」限りなく軽いし!

からこそ、勉強の機会として、勉強を形で示す場として、気軽に投票を利用すりゃいい。

勉強が楽しくなれば、選挙が終わっても勝手勉強するからな。

勉強を楽しむには、知りたいことに「選択と集中」するのはアリ。勉強対象を絞って深めれば、自分の血となり肉となる。

ここからは、じゃあ今回の選挙で何に「選択と集中」するかって話だ。俺は「自民党改憲案」を知るのがコスパ高いと思う。

■この選挙の争点は「改憲」だ、と数字証明してみた

自民党は今の憲法を変えたくて、4年前の2012年日本国憲法改正草案改憲案)を発表した。で、この参院選で大勝ちしたら、その改憲案を国会で通そうとしてるらしい。

今回、俺はアベノミクスより保育園より「改憲」がぶっちぎり最重要テーマだと思う。なぜなら今回の選挙によって「憲法」が変わることはあっても、今回の選挙によって「政策」が変わる可能性はほぼないからだ。

というのも、ざっくり説明すると、憲法を変えるには議席の「3分の2」が必要で、法律をつくるには議席の「2分の1」が必要。そんで、今回は与党自民公明)+与党寄りの党(維新など)あわせて「3分の2」に届くかどうかの勢いだ。ってことは「2分の1」は余裕で超えるから、どっちみち政策(=法律つくる必要がある)は与党の望むように通る。

から今回は「自民党改憲案でいいですか?」って選挙、そう言っていいと思う。

まあ勉強したいこと勉強すりゃいいんだけど、俺は「改憲」に注目する。

■それで、「憲法」ってなんだ?

俺、「憲法」って単なるお飾りかと思ってた。でもさ、全ての法律の上にあって、法律がつくられるベースになるのが憲法なんだってね。しかも、自民党改憲案には、安倍首相最高顧問の一人として関わっている。

国づくりのベースになる文書だし、自民党はそれを通したがってるから自民党のホンネの部分が出やすい。改憲案が通ったら「憲法」と「政府のやりたいこと」が一致するから、もう「お飾り」じゃなくて、その方向に一気に進むよね。

から、「俺の生きる国はどんな場所で、どこへ向かうのか」、改憲案を知ることで見えてくる部分は大きい。

その改憲案、自民党公式サイトに載ってる。

自民党日本国憲法改正草案

http://constitution.jimin.jp/draft/

開いてみた第一印象は「文字が多くて難しそう!」だ。

でも、右とか左とか○○党支持者とか、他人が言う意見に流されず、元の情報自分で見て判断できる、という充実感ある。

それに、このPDF文書、見ればわかるけどすげえ親切設計だ。「自民党改憲案」と「今の日本国憲法」とを上下に並べて対照させて、「変更する部分」にだけ線が引いてあるから、どこがどう変わるか一目瞭然。パソコンが見やすいけど、スマホでも読めなくはない。

■読んでみると、超面白いし、かなりコスパ高い。

さらに読んでみると・・・これ、掘り出し物じゃないか!?

「へえー、自民党こんなこと考えてたんだ!」って発見が次々とある

テレビとかでなかなか聞かない、かなり踏み込んだことが書いてある。

たとえるなら、歴史小説と、近未来SF小説と、暗号もの推理小説と、ノンフィクションを同時に読んでるみたいで、身震いがする。

憲法が変わればもちろん、憲法が変わらなくても自民党政権である限り、そっち方向に少しずつ動く。

そして、もし国会3分の2の「賛成」を得たら、改憲案は国民投票にかけられて、投票した人の半分以上が賛成すれば、新憲法は成立する。そのとき俺たち一人ひとりに問われる「改憲案」。どうせなら、この選挙のうちに勉強すれば、一石二鳥だ。

まとめると、改憲案よめば次のようなメリットがある。コスパ高し。

(1)かたよった意見じゃなく、客観的判断できる

(2)今の自民党安倍首相の「やりたい方向」が見える

(3)参院選もっと大事ポイントである改憲」がわかる

(4)今後もし改憲国民投票が行われたときに、判断できる自分になる

(5)もし改憲案が成立したとき日本が舵を切る方向をあらかじめ知れる

(6)日本人の基礎知識「日本国憲法もついでに見れる

しかも、難しいの全部読む必要ない。

とりあえず、変更する場所(線が引いてある)だけ見ればいいと思う。

ちなみに俺がびっくりしたところ、意外だったところを挙げると、

上段(=改憲案)の第一条第三条の2、第十二条、第二十四条、第二十五条の二、第三十六条、第百二条20分あれば見れる。

太字のところだけなら1時間くらいあれば見れる。

意見ができたら、意見の合う党や候補者投票すればいい

まず直接見てみるってことが大事。見てわからなければ、解釈してる色んなサイトがあるから自民党 改憲案」とかでググるとかね。

そんで、あるていど自分意見ができたら、意見が合う政党候補者投票すればいい。意見のないまま「誰にしようかな」って選ぶことに時間を使うより、意見をつくるために知ることに時間を使えば、消耗しない。

選挙はあと数日で終わる。一夜漬けでもいい。今が旬だ。

自民党日本国憲法改正草案

http://constitution.jimin.jp/draft/


★9行でこの増田を短縮したものはこちら→ http://anond.hatelabo.jp/20160706230838

2016-07-03

世界同時株安に対してリベラル政党が主張すべき経済政策

2014年にこんなエントリーを書きました。


民主党支持者としての執行部のアベノミクス批判への愚痴 http://anond.hatelabo.jp/20141125174047



書いてみてわかったのは、はてなブックマークで月間1位を取ろうが年間ランキングに入ろうが世の中には何の影響もないということです。あきらめましょう(挨拶

とは言え、ひさしぶりに参議院選挙前に何か書こうかなーと思いつつモチベーションが上がらずにいたら世界同時株安が起きたので、これにからめつつあれこれ書いてみようかなーと思います。ただ、国内政治状況は変わってないですし、結論はたいして変わらないと思います

リンク先のタイトルに書いてある政党がなくなったとか言われても知りません。

というわけで、まずは上記のエントリー冒頭部分を引用します。とても大事な前提なので。

==========ここから引用==========

そもそもなぜデフレは駄目なのか


ここ15年ぐらいずっと言われてきた「デフレ不況」、デフレとは、物価が持続的に下落している状態を指します。

単純に考えればモノの値段が下がることはうれしいはずなのに、なんでデフレ問題なんでしょうか。

そんなことわかってるよと思われるかもしれませんが、順を追って説明するために書いておきます

物価が下がって企業の売上が減ると、企業収益が減ります企業利益を出すためには費用も減らさなければいけません。

新規設備投資を減らしたり人件費を抑えようとします。

今回はこのうち、人件費を抑える、というポイントにしぼって話をします。

物価が下落したのと同じ割合社員全員の給料を減らせれば何の問題もないのかもしれませんが、そういうふうにはできないですよね。

正社員給料は、物価が下落する割合ほどには下がりません。これを「賃金下方硬直性」と言います

じゃあどうなるかというと簡単です。失業者が増えるんです。

リストラされずにすんで定収入がある人たちはデフレで少しずつ得をしますが、その分をリストラされて収入が無くなる人がかぶるんです。

ただし、リストラをするには非常に煩雑手続き必要です。

結局この被害を一番受けるのは、これから社会に出て仕事をしようとする若い世代です。求人が減って有効求人倍率が下がります

企業はすでに雇用している人を解雇するよりも先に、新しく入ってくる人を減らすので失業率が高くなります。真っ先にこの影響を受けるのは若者です。

これがデフレ問題視するべき大きな理由です。若年失業者が増え、世代間格差が拡大していきます

物価上昇率失業率にははっきりとした相関関係があって、フィリップス曲線と呼ばれていますが、物価上昇率が低いと失業率が高くなります

==========ここまで引用==========

引用部分から続く2014年エントリーで私は、現政権金融政策(世の中に出回るお金の量を調整)を肯定して財政政策(どこから取ってどこに配るのか)と成長戦略規制政策とか産業政策とか)を批判しました。

当たり前ですが、その内容は今回も変わりません。

まずは、最近よく聞く「物価が上がったか実質賃金は下がって国民生活は苦しくなっている」という話についての議論から始めてみようかなと思います

物価失業率実質賃金の話


引用部分で、「リストラされずにすんで定収入がある人たちはデフレで少しずつ得をします」と書きました。

収入が変わらずに物価が下がるのでお得です。この状況が、実質賃金が上昇しているということです。

物価より先に賃金が動くことはありません。商品の値段を変えたからといって、会社給与水準はいちいち変動しないですよね。

ほとんどの企業では多くても年に1回、春闘の時期に給与水準が変わるだけです。

からデフレ下では短期的には実質賃金が上昇し、失業しなければお得ですが、失業者がその分の割を食います

長期的には、デフレのせいで給料が上がらないので失業しなくても損するのは皆さんご存知の通りです。デフレスパイラルというやつです。

そして、デフレ下で金融緩和をして世の中に出回るお金の量が増えて利益が上がっても、企業はすぐに給料を上げるわけではないので、物価が上がった分、実質賃金は下がります

利益が出る前に給与水準を高くする企業なんてあるわけないんだから当然なんですが、でもこれがむちゃくちゃ大事です。物価が上がるのが給与水準よりも先なので、まずは実質賃金が下がります

下がった分だれが得をしているのかというと、それまで失業していて新しく雇用された人たちです。

失業率が高いうちは、給料を上げなくても新しく雇えるので賃金はなかなか上がりません。失業率が下がり人手不足になり労働市場が売り手市場になってはじめて給料が上がっていきます

から物価が上がったか実質賃金は下がって国民生活は苦しくなっている」とか主張するのは本当にやめたほうがいいです。

マクロ経済をきちんと学んだことがある人間には「デフレに戻せ」と言ってるのと同じに聞こえるんですよ。

じゃあ、どういうふうに現政権経済政策批判してどんな主張をすればいいのかについて書いていこうと思います

現代の主流派経済学の中での左派の主張


クルーグマンスティグリッツピケティといった名前を聞いたことがある人はそれなりにいるかもしれません。別に知らなくても何の問題もないです。

クルーグマンスティグリッツはどちらもノーベル賞を受賞した経済学者で、日本では今年3月安倍首相が相次いで会談を行ったことがニュースになりました。

ピケティ2014年12月日本語版出版された「21世紀資本」の大ブーム日本でも有名になりました。

ちなみに、上記リンク先のエントリー2014年11月ピケティブームの直前に書かれたものです。(エッヘン)

そんなことはどうでもいいんですが、この三人のマクロ経済政策に関する主張はかなりの部分でとても似ています

三人とも主流派経済学左派に属する人たちなので、まー当たり前っちゃ当たり前です。

どういうものかというと、失業率が高い状況においては、金融緩和と大規模な財政出動をすべきというものです。

金融緩和についてはもう問題ないと思います。世の中に出回るお金の量を増やさないといけません。

その上で、財政政策(どこから取ってどこに配るのか)については、財政出動(たくさん配ること)を主張しています

金融緩和によって実質賃金はいったん必ず下がります。この実質賃金低下の影響が大きい層、つまり給与所得者層(中でも特に低所得者層)に配るんです。

必要な段階とはいえ、物価が上がったのに給料が変わってない人は消費を抑えようとしますよね。

せっかく出回るお金の量を増やしたのにうまく循環しないと困るので、実質賃金の低下の影響を財政出動によって和らげるんです。

当然、このタイミングでの消費税増税は、愚策中の愚策です。消費を増やすために財政出動しなければいけないのに、逆にその層からたくさん取ってどうすんだって話です。

政権経済政策について批判しなければいけないのはこの財政政策の部分です。

雇用は増やしたけど再分配がまったくできていない、むしろ逆行しているから、低所得者向けの積極的財政政策もっとやれという批判の仕方をすべきです。

金融緩和実質賃金低下を批判しても、雇用を増やしてほしい人たちからの支持を失うだけです。

マスコミ知識人ジャーナリストたちが果たすべきはずの役割とその怠慢


別にすべての人が経済政策について全体像理解してなきゃいけないなんて私はまったく思っていません。

ただ、マスコミ知識人ジャーナリストなどの、情報や知性のハブになるべき人たちが、必要に応じてその時々できちんと説明できればいいだけです。

そして、経済の話については、ここがものすごく弱いところです。

マスコミに期待するのは無駄だとしても、他の分野の話については専門的・学問的な知見の積み重ねに対して謙虚な人でも、経済の話だとまったくそれを無視するのってなんでなんでしょう(泣)

クルーグマンでもスティグリッツでもいいか入門書を一冊でも読んで全体像理解して、その全体像の中で個別論点をそれぞれ掘り下げればいいのにと思うんですが、権威のある経済学者言葉から自分の思いつきにあてはまる部分だけでパッチワークを作ってばかりで、知識人とかジャーナリストって勉強嫌いなんですか?

いちおう私について言っておくと、学者でもエコノミストでもなんでもなく、ただの経済学部出身者です。むかしひととおり学部全体像を学んだことがあるだけです。

知識のハブになる人たちは、「経済学者にはわからないだろうが」みたいなマクラポエムを書く暇があったら現代の主流派の通説ぐらいは知っといてほしいです。(偏見まみれ)

EU離脱を招いた、キャメロン首相緊縮財政政策


さて、イギリス国民投票の結果、EU離脱派が勝利しました。イギリス人移民雇用を奪われたことが原因だと言われたり、でも実際に移民が多い地域では残留派のほうが多かったりといった状況で、いろんな人が理由分析しています

私も、私なりに思い当たる理由を書いてみようと思います。というか小見出しにもう書いています

財政赤字削減を公約に掲げて2010年首相になった英保守党キャメロン首相の「改革」が、間違いなく理由ひとつになっていると考えています

名誉白人様ことめいろまさんがEU離脱解説した一連のツイートを読むとわかりやすいんですが、都市部インテリ(気取り?)は、失業率増加や公共サービスの低下を移民増加と直接的に結びつけて理解していることがよくわかります

移民が多い地域でむしろEU残留支持が多かったことからもわかるように、緊縮財政政策政府がなるべくお金をつかわな政策)による不景気公共サービスの低下が、なんとなくのイメージとしての排外主義を加速させるという意味で、経済学視点からも学ぶことの多い出来事だったと思います

クルーグマン言葉を借りれば「欧米日本失策から学ばずに、日本よりひどい失策をしたことに対する反省皮肉」というやつです。今度は日本失策からきちんと学べるといいですね。

財政再建派」という言葉について


ここはちょっと箸休めです。あんまり関係いから読まなくてもいいです。

よくニュースなんかでも使われる「財政再建派」という言葉があります財政再建派という言葉は、財政政策(どこから取ってどこに配るのか)において、増税特に消費増税)による税収増と緊縮財政を主張する人たちに使われる言葉ですが、すごく誤解を招きやす言葉だなーと思っています

消費税増税すれば、増税した年の財政赤字を減らすことはできますが、消費を落ち込ませることにより不況の原因になります

15年以上にわたるデフレ不況によって増え続けた国の借金を、単年だけの税収増でどうにかできると考えるなんて無理があって、好景気による税収増を続けていくことでしか財政再建成功しないと私は考えているので、せめて「増税優先派」とかにしてくれないかなと思ってしまます

財政再建すべきという目的は変わらないのに、片方を「バラマキ派」、もう片方を「財政再建派」と呼ぶのはいくらなんでもなぁとよく思います

リベラル政党が主張すべき経済政策とは


長々と書いてしますみませんでした。

さて、リベラルが主張すべき経済政策です。ここまで読んでくれた方はもうわかりきってるとは思いますが、「金融緩和低所得者層子育て世帯への財政出動の組み合わせ」です。

政権経済政策アキレス腱財政政策です。2014年エントリーにも書きましたが、

雇用を増やして失業者を減らしたけど、それでもまだ失業している人や低所得者層への再分配だったり世代間格差是正には興味がないのが現政権で、

再分配に興味はあるけどその原資のために景気を良くしたり失業率を下げるための政策最後まで採らなかったのが前政権です。

金融緩和継続するということを大声で主張しましょう。投票先のない経済左派が泣いて喜びます

参議院選挙ですね


そーですね!(やけくそ

私はリベラリズムが好きなので、候補者政党が何をどう言おうが、候補者政党が争点を決めることはできないと思っています

それぞれの有権者勝手優先順位の高い争点を決めて、それぞれの優先順位にしたがって投票してしまます。それでいいと思います

その結果、全体としては、これまで有権者にとっての優先順位が高い政策は、雇用福祉経済でした。これからも変わらないでしょう。

このことは、本来ならリベラル政党にとってはありがたいことのはずなんです!だって雇用を増やして失業率を下げる政策を主張すれば勝てるんですから!!

なんで勝てないんだろう!?雇用を増やす政策を主張してないからですね!!!

雇用が争点になったら困るリベラルって斬新ですね!!!!新しい!!!!!

本当に情けない、悲しいです。経済左派雇用を最優先に投票先を選んだら、自民党投票するのがもっと合理的になってしまうんです。

相対的に一番ロジカル経済政策を主張してるのが自民党からです。

しかも、ここまでに書いたように、よりロジカルな主張が存在するのに、私はそれを主張してほしくてしょうがないのに、リベラルなはずの政党たちは逆方向に全力疾走してます

自民党一強の状況を、右傾化とかそういう言葉に回収して馬鹿にすることに意味があるとはまったく思いません。


自民党安倍首相以外の執行部は緊縮財政派がずらりと並んでますし、次の総理経済で失政したら政権交代のチャンスも生まれるかもしれませんね。

それまで寝て待ちましょうか。そのときにはどんな党名になってるんでしょうね、すごく楽しみですね(棒)

また愚痴になってしまいました、手が疲れたのでここまでで終わりにします。オチはありません。

2016-05-24

からおしつけられる”もったいない”に負けてはいけない

もったいない”という考え方は確かに美徳だ。

ただ、履き違えてはいけないのは、それはあくま自分のものに対して使う時だけだということだ。

なぜなら、他人のものに対してもったいないという思う感情は、つまり、それを自分がほしいと思っていることを表明しているに過ぎないからだ。

他人が何かを必要としていない、もしくは何かの価値を見いだせず無駄にしている。

そんな時にもったいないと感じるかもしれない。

しかし、忘れてはいけないのは、必要とされていなかろうが、無駄になっていようが、それは他人のものだということだ。

それに対して、ただもったいないとだけ言葉を発すれば、それを欲しがっていると思われても仕方がないのだ。

もしそれを、その人の立場になってもったいないと思えたなら、すべきことはその活用方法見出してあげることのはずだ。

それこそが本来の「もったいない無駄にしない」という美徳であり、相手に対する思いやりのはずなのだから

まり、ただ人から押し付けられる「もったいない」は、人から価値を奪おうとする体の良い口実にすぎないのだ。

そんな他人の小賢しさに心を乱す必要なんて全く無い。

そんな人間にはこう返してやればいい。

「ご心配なく。あなたこそあなただけの特別価値無駄になさらないでね」と。

京大卒の主婦に対する反応を見ていささか絶望した。

もったいないと思っている人間あんなにも多いとは。

しかも、誰ひとりとして、その才能に活用を見出そうとするものはいなかった。

それほどまでに、日本他人のことばかりを気にする国民ばかりになってしまったのだ。

これの国は本当に死んでしまったのかもしれない。

2016-04-05

宇多田ヒカル新曲|帰宅|1宇多田ヒカル新曲

2

もんもんとしたからpornhubをネタに一発抜くことにした

最近日本女優よりも洋物の喘ぎ声が

性に合ってることに気がついたのでjapaneseを除外する

日本人の声はくどい。気が散る。

でも見た目は日本人じゃないと厳しいんだよな。

自分趣味辟易しつつも今晩のオカズを漁る。

今は競泳水着にハマっているので

swimwearとかswimsuitとか適当検索をかけて探す。

案の定スク水が引っかかって舌打ち。

あのてのエロゲの出来損ないのような演技は何なんだ。全く趣味じゃねえよ。

そんなこんなしつつ、いい感じの動画を見つける。

金髪スラブ人とぶっさいくな関西人

オスマン建築風のだだっ広いプールでちんまりまぐわっていた。

水着アシックスなのがいい。触り心地が良さそうでイマージネーション広がる。

初っ端日本人ローションをぶっかけ

乳も揉んだり出したり揉んだり、股を自分で触ったり触らせたり。

スターウォーズ怪物みたいな玩具の件りを経て、関西人はとうとうすっぽんぽんになる。

手すりに身を乗り出す姿勢金髪に悠然と立ち向かっている。

この辺りで自分ゴムを装着した。ゴムをつけるタイミング大事だ。

続きを再生関西人に合わせるつもりで自分のそれを振り続ける。

クライマックス金髪が四つん這いで胸をプルプルさせながら悶えるなか

関西人と僕はほぼ同時に昇天した。作り物くさい画面のなかの白濁が自分のものにも見えた。

Fine

さてこれで眠りにつけるかな?というと僕の場合そうもいかない。

オナニーのあとは必ず牛乳を飲むというルーティンがある。

毛深くなることを恐れた思春期に編み出した、ホルモンバランスへのささやかな抵抗が由来である

「白いものを出して白いものを取り込むってどうなんだか」とふと疑問に思うこともあるが未だに続けている。

マグカップ二つに合計400mlほど注いだところでパックの中身はきれいになくなった。

明日何かのついでに買うべきだが忘れそうで怖い。何だっけ?牛乳か。

牛乳を飲みつつスマホをいじる。テレビやらTwitterやらざっと見たあと増田を開く。

相も変わらずバカと辛気臭さとちょっぴりの知性でこのサービスは成り立っている。

ここは日記だ。僕も日々の暮らしを書き綴ろうではないか。

といっても僕には貧乏たらしいオナニー談くらいしか特筆することがない。

それは僕も馬鹿な奴だから仕方ないことのはずだ。思うままに書いてみようじゃないか。

それにしてもやっぱり春はスク水の季節だよなあ。

D.O.

2016-04-04

はてなーは食わねど高楊枝


保育園落ちた日本死ね」の作者が年収960万円ではないかという疑惑の件。

はてブ世論は「年収が高いから何だ?保育が必要であることには全く関係ない」という意見ほとんどだった。そして、「年収が高いからといって引きずり降ろそうとするのは卑しい根性だ」といった批判もまた多い。

でも人間、そこまで強くなれないよ。嫉妬するし、引きずり下ろしたくなるでしょ。週刊誌ネットゴシップ記事を見て、ざまあみろって思いたくなる人は多いんだよ。そんな人間は、魂が汚れている、生きている価値がない、というのならはっきりそう言って欲しい。でも、世の中、正しい生き方だけやれる人の方が少ないんだよ。金持ちの不満っていうのは、貧乏で苦しんでいる人たちの神経を逆なでするものだよ。持たざる者に向かって「持てる者たちの幸せも一緒になって考えるべきだ」なんて説得して、なるほどそうだねって納得されるわけがないよ。「日本死ね」と同じ感じで、「金持ち死ね」って言われるのがオチだろう。





ソーシャルジャスティスウォリアーって言葉知ってる?「社会正義のために戦う人」「正義の味方」などの意味だけれど、否定的ニュアンスで取られている。詳しくはこちらを参照。http://eigo-net-slang-jiten.blogspot.jp/2014/08/sjw.htmlこの言葉日本以外にもあったのかと知った時、私はとてもほっとしたよ。そりゃ、社会正義を出されてしまえばそれに逆らうことはできない。でも、何もかもが正しい完璧超人なんてなれるわけないでしょ。だから、表立って逆らうことは出来ないから、うわべでは社会正義はよく通るけれど、実際選挙世論となると、抑えこまれていたうっぷんが爆発するようになってしまう。このことはトランプ大統領選ものすごい勢いを得ていることを見れば十分わかるはずだ。社会正義が通るのはうわべだけ。匿名空間になれば、みんなの本音が出てくるようになる。匿名でこそこそものを言うのはを卑怯だというのなら、「日本死ね」の作者もちゃんと名前を明かさなければいけないよね。





それに「日本死ね」という言葉遣いが良くないという批判があった時、

「当たり障りのない言葉ではここまで響かなかった」

ギリギリのところまで追い詰められているからこそ、こうした強い言葉が出てしまうのだ」

といった擁護をしていたのは当のはてなーだったのに。

ギリギリまで追い詰められて金持ちを僻んでしま言葉を出す貧乏人にはここまで冷酷になるものなのかとすごく嫌な気分になった。

なんというか、救われる人間はすでにあらかじめ決まっているかのような印象を受けた。





それから日本死ねの作者はただのきっかけで、ここまで拡散したのはそれだけの背景があったからだという指摘も多かった。それは世間が強い反応を示したということで、それは世間世論が支持するかどうかということのはずだ。

ではこれが年収1000万弱の人間拡散張本人だったと明らかになった時、世間は今までと同じ態度をとれるだろうか。

支持される時は世間の勢いを頼りにして、不支持が広がりそうになったら世間の反応は不寛容だというのもなんだかご都合主義のように感じてしまう。と、いうか、世間の反応を頼りにするということはとても危険諸刃の剣なんだと思う。式神使役して敵を倒したら、その式神暴走して使役者をも攻撃してきた、というよくあるストーリーみたいな。






ここでスペックを言っておくと、私ははてなでは疎外される非モテのブ男だ。結婚相手を見つけて子どもも生めてキラキラ輝いている人々を正直言って嫉妬している。だから保育園なんか増えなくたっていいし、日本勝手に死んでも困らない。誰も私を助けてくれないのだから、助ける義理もない。ただ、私には幸い遺産土地と家がある。貧乏根性も染み付いていて燃費が良いし、天涯孤独から面倒を見る相手も一人もいない。まあまず飢えて死ぬことはないだろう。飢えそうな人からはお前死ね、と言われるかもしれない。でもそれも当然だと思う。私はたまたま運が良くて親の遺産が手に入った。なければ今以上に悲惨境遇だっただろう。私をロボット空気のように扱ってくれ、優しくもされなければイジメもされないバイト先があるのも本当に運が良かった。そして、運の悪い人からまれたり死ねと思われたりするのも仕方がないことだと思う。私だってキラキラ輝いている人々に対する嫉妬は抑えようがない。こうした人間の醜い弱さは仕方がないことではないだろうか。

だってはてなーたちだって、私のような人間を、「死ね」と思うに違いないだろうから


追記

sny22015氏の

オッサンからこの増田見て「女の腐ったような奴」って言葉を思い出したよ。今は不適切表現だけどな。

というコメントは、はてなー典型的物言いだ。

この真綿で首を絞めるような感じ。

不適切表現なら言わなければいいじゃないか。でも、言わずはいられなかったんだよな。

日本死ね」のように。

ならいっそのこと「死ねよこのクソ増田」って言って欲しかった。

でもそれは、政治的に正しくない言葉なんだろうな。

トランプを支持する人たちにとっては、ソーシャルジャスティスウォリアーのこういう態度が欺瞞と思えるんじゃないかと思う。

2016-03-24

勇気を出す機会がなくてほっとした自分ダメ出し

最後からしかけるんだ、機会作るんだ、って、会いそうな時間に会いそうな場所にいるようにしよう、と思ってフラフラしてたはいいんだけど

フラフラしてる間、結局来なかった

それはすごく辛いことのはずなのに、その時自分はホッとしてて

なんの機会も作れなかったくせに、自分ちょっと安堵してて

なんかもう、ダメすぎるだろって思った

自分はがんばったけど、ダメだったんだよ」

自分はちゃんと努力したでしょ?」

自分自身言い訳するみたいに、”がんばったけど機会がなかった”ことを喜ぶ自分がいた

意気地なしすぎて呆れる

2016-03-11

http://anond.hatelabo.jp/20160310225255

確かにすぐ独立ってのは、先輩書士たちから仕事奪われそうな感じ。

試験でも何でも目標に向かって努力し続けることって本当はすばらしいことのはずだけど、結果が見えなくなったときに一切の方向転換ができず八方塞って何かおかしい気がする。

これも「一度レールから外れると二度と軌道修正不可能」な日本の特徴なのだろうか。

2016-02-16

自分勝手生活したら1ヶ月で鬱になりかけた

どうして自分ばかりが気を使わなくてはいけないのか。

そんな疑問が始まりだった。

わたしの周囲にいる人間は何に憚るでもなく感情的になる人間ばかりだった。

嫌なことがあればすぐに嫌だと口に出し、気に入らないことがあればすぐに気に入らないと首を横に振った。

全員がいい大人なのにもかかわらずだ。

それなりの立場にいることもあって、それに周囲が合わせることが当たり前になっていた。

しかそのままでは身勝手が進んでいく一方だ。

それに、そんな人間なんて適当に合わせてればよいと思われてしまうことにもなりかねない。

それは本人たちだって望んでいないことのはずだ。

そうした態度でい続けられるのも、わたしが周囲との間にはいっていろいろなことを調整してきたからだ。

それが原因でますます駄目な人間になっていくというのであれば、わたしのやっていることは悪だ。

からわたしは、いちいち相手気持ちなんて考えないで、思ったことを素直に口に出し行動するようにしたにすぎないのだ。

ところがだ、あれよという間に周囲の人間は更に態度を硬化させていった。

優しく言ってもわからないのだからはっきりと間違いを指摘してやったにすぎないのだ。

そんなわたしに対し、攻撃さらに激しくなっていく一方だった。

からわたしの反撃も激しくなっていった。もう譲る気はさらさらない。

それからというもの無視嫌がらせは一層激しくなった。

今までしていた調整役もしていないのだから物事の大半はうまくいかなくなり周囲もどんどんとストレスを貯めていった。

そんな環境の中で、1ヶ月もするころにはわたしは疲れ果てていた。

何も自分わがままをいっているわけではないのだ。

今まで許していた周囲のわがままに付き合うことをやめただけなのだ

それなのにどうして自分ばかりがこんな目に合わないといけないのか、あまりにも理不尽だった。

こんな関係環境も、はやく壊れてしまえばいい。

2016-01-07

同人活動をやめた

同人活動をやめた。

理由はとても情けないけれど、感想をもらえないことへの無力感だった。

割合で言えば、100冊売っても1件感想あるかないか。書店にも委託していたけれど、感想を一件ももらえなかった本もある。

もちろん当初は感想が欲しくて本を作っているわけではなかった。こんなの萌えると思うんです!という主張をしたい。それが一番の目的であって、誰かに褒めてもらいたいわけじゃなかった。

イベントに出る。本が売れる。嬉しい。最初はただそれだけだった。

けれど、数年続けていればそれなりに反応が気になってくる。

イベントの都度本を出す。幸い手にとってもらえる数も、誕生日席になる回数も増えた。けれど無反応。わたしの話は面白いと思ってもらえたのかな、それともつまらなかったのかな。反応がないからからない。

ジャンル仲間と話をする。差し入れにお手紙をもらえたという。原稿中は勇気が出るという。

いいなあ。感想もらってみたいなあ。でもそれを表に出すと感想クレクレ厨のような気がして、素直に言えない。

感想が欲しくてやってるわけじゃないんだから、と当初の目的だんだん言い訳じみていく。

今回もこれだけ売れた、前回の本より初動が少し増えた。つまり前回の本は「もう買うのを止めよう」と思うほど悪い出来ではなかったのだろう。

今回の売り上げ金が前回の感想。ありがたいことのはずなのに、それでも言葉が欲しくなる。

面白かったら一言ください!くらい軽く言えたらいいのにそれもできず、壁打ち上等とも割り切れず、ひとりで勝手に凹んでいる自分は本当にバカだ。こんなテンションで本を作っても面白いものは作れない。そう思って同人活動自体をやめた。

あなた本が好きでしたと、在庫もすべて捨てた頃に言われて、さすがにちょっとだけ泣いた。

2015-12-22

私の中のなんとかさんシリーズというのを見て、自分にとって印象に残っているブックマーカーって誰だろうと考えた時にふとtesta_kitchenさんという人がいたのを思い出した。

はてな批判大好きBOTみたいな人だったけどだれよりもはてなブックマーカーとしてはてな民ぽい振る舞いをしてた。

私は苦手だったけどこの前オフ会で知り合った人はははてな堕ちした姫騎士さんを想像して萌えると言ってすごく好きだったらしい。上級者には可愛い子扱いされていたのだろうか。

とにかくこの人ここ1年ほどみかけなくなって寂しい。

彼のツイッターを見に行ったことがあって東方エロい絵を描く人らしいことはしっている

見に行ったらあんまり好みの絵ではなかったけれど、はてなとは違ってtwitterではすごくいい人そうだった。

なんで彼はそんなにはてなを使っている時だけキチガイみたいな言動をするのだろうと不思議に思っていた。

はてなブックマークの闇を体現するような人であり、だれよりもはてな村民らしいはてなブックマーカーであった


最近はどうされているのだろう。

絵が上達するかジャンルがぴったりはまって同人成功してはてな卒業されたのであれば嬉しい。

有村悠さんが艦これ成功して卒業たことだし、この人も艦これに移って成功されたのだろうか。

testaさんのおかげで

絵師でありながらはてな村にいちいち固執してる人は、絵で成功してないからルサンチマンを抱えてはてなブックマーク憂さ晴らししてるんだな

というイメージが定着してしまっている。

testaさんだけでなくはてなブックマークでくだ巻いてる絵師さんは一人もいないのが一番平和でいいと思う。

から寂しいけれど私がtestaさんを見かけなくなったことのは良いことなのだ。おめでとう。testaさんおめでとう。

2015-10-28

初潮

はてなで男女のアレコレを読んでいて、自分初潮を迎えた時のあの気持ち、お目出度いと言われ喜ぶことのはずなのになんとも言えない暗澹たる気持ちになったのを思い出した。

赤ちゃんを産めるのは女という性だけ、という責任の重さというか「ちょっと一方的過ぎやしないか?!」という不安

容姿の良い女性がどのように扱われるか(性的対象として見られるか)も分かり始めた年齢で

いちばん恐怖だったのは今思えば

「世の中の男という性をもつものたちのうち、誰が私を性的対象としてみようとしているのか、また実際に強硬手段性的関係を結ぼうとしてくるかわからない」

ことだったと思う。

実際初潮を迎えてから男性から性的暴力に何度も遭遇して「やはり私の感じた恐怖のとおりだった」と男という性に対して絶望させられたことがいちばん辛かった。

男性に同じ苦しみを与えたいとは思わないけど「ブスの自意識過剰」とか「生意気」とか言わないでください。

認めたくないのは分かるけど、卑劣な性被害にあった被害者は何も悪く無い。

2015-10-14

純粋文字の読み書きがが好きな人害悪から発言しないでくれ

人と人の間をつなぐ手段として言葉存在し、それが洗練されたのが文字だ。文章だ。

から文章存在意義は、情報感情を伝えることにある。

しか文章というのは読み手にも(おそらく多くの書き手にも)大きな時間と労力をかけさせるものなので、なるべくならば、文章は書かれるべきではない。短く言いたいことだけを最小限に伝えてくれればいいはずだ。箇条書きだって体言止めだって図解だってよいはずだ。ロジカルピラミッド重要ならピラミッド形に図解すればいいのだ。

ところが、世の中にはわずかながら、文章を書いたり読んだりすること自体が好きでたまらない人種がいる。こういう人種は、同じ情報を伝えるのであれば、いろんな表現を冗長に何度も重ねたり、関係ない話に脱線したり、場合によっては面白くもなんともないけど文章が闇雲に書かれてあることを好ましいと思ったりする。言うなればグラビアを眺めるかのように文章を読んで楽しんでいるようなのだ

彼らにとっては文字列文章こそがグラビアなので挿絵はもちろんのこと、図解どころか箇条書きですら忌み嫌う。文字だけで構成されたペーパーバッグとかが最高で、それば延々と果てしなく続くことが美徳であるレポートが分厚ければ好成績であり、本が分厚いほど権威があり、ページ数があるほど値段が高くても喜んで買うのだ。

そんなふうに文章を読み書きすることが好きな人たちが、勝手シンジケートをつくって内輪で遊んでいてくれればいいのだが、困ったことに、文章力がある人は、世の中の情報勝手にまとめ上げたり、上から目線解説したり、さらにはおまえら文章を読み書きできない愚民は俺の考えに従えというような主張をして、それが政治的合意されるように働きかけたりする。

もはや文章自体がが好きな人害悪だ。

情報を伝えるのは、文章を読み書きすることに苦痛が伴うことを知っている人だけにしてほしい。社会の大多数は、文章を読み書きすることが大変なのである文章を書くことが人間の最低条件として要求することをやめてほしい。重要なのは情報を伝えることのはである

2015-06-08

神をあがめるのは、ラノベの大量殺人鬼をあがめるのと一緒やな

http://anond.hatelabo.jp/20150608001846

聖書にみる神および悪魔サタン殺害人数の比較 - 雑記 http://yosh.exjw.org/blog/archives/000648.html

神と悪魔聖書内で殺した人間の数を比較 - GIGAZINE http://gigazine.net/news/20070405_god_satan_kill/

聖書悪魔による殺人10件、神による殺人は最低240万件」海外の反応暇は無味無臭の劇薬 http://blog.livedoor.jp/drazuli/archives/7170025.html

キリスト教神様って、気に食わないやつや、その一派はすーぐ殺しちゃう殺人鬼やん・・・・・おーこわこわ(白目)

人を活かす教えとは真逆存在ンゴねー・・・・・・神様かいう大量殺人鬼を崇拝しちゃって信じてるやつは、相当アタマがイカれてるニキねーwwwwwwwwwww

キリシタン日本の娘を50万人も海外奴隷として売った事 - 株式日記経済展望 http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/5a197e856586baf726f6a0e68942b400

キリシタン迫害鎖国理由 日本を守った秀吉 宣教師人身売買ザビエル改宗ユダヤ人布教植民地政策。  - 遠い森 遠い聲 ........語り部・ストーリーテラー lucaのことのは http://blog.goo.ne.jp/luca401/e/b5c1e381868cb33532abd216db54a1fb

神様がー神様がーとか言うから人類暴走するということは・・・・・・

政教分離の徹底が最強やな(確信)

2015-03-26

http://anond.hatelabo.jp/20150326103824

権限が無いなら権限を与える。

それは少なくとも艦これアニメ内のプロジェクトメンバーで完結できることのはず。

それが出来なかったというのであれば、まあ監督なりが無能だったって事やね。

2014-09-29

婚活女性の条件が高くなるのは当然じゃないか

婚活女性の条件はなぜ高いのか?」という記事があった。

中身を読まずにタイトルだけ見て色々考えてみた結果、条件は高くならざるを得ない。という結論に達した。

以下理由を述べる。

まず、男女問わずお見合いするなら少しでも条件のいい人と。と思うのは当然のことのはずだ。

一方でマッチングサービスビジネスである

車内広告で「会員の交際率90%」とかいマッチングサービスを見た。

ちょっと考えてみてほしい。

おそらくそこには、高スペックな人ばかりがいるわけでは無いだろう。

(高スペック専門の所もあるけどここではおいておく)

申し訳ないがスペックが高くない、というか低い人も当然いるだろうし、人としてどうかと思う層だって一定数いるはずである

一方で、同性のほうも自分ひとりが登録しているわけではない。

自分より高スペックな人なんて山ほどいるだろう。

じゃあそこで、Aが「私は年収600万以上のイケメンがいいです」と言い、Bが「別にだれでもいいです」と言ったとする。

ああBはなんていい人なんだろう。それに比べて身の程も知らないAめ。

そしてここに2人の男性が居る。

年収600万のそこそこイケメンCと、年収300万のブサメンである

さて婚活組織がより良い数字をあげるためにはどうすればいいでしょうか。

BとCがくっついてしまったら不良債権が2つ残る。

から、BにCを紹介しないことだ。

わざわざ貧乏くじを引いてくれるという人がいるのに、なぜ不良債権を2つも作る必要があるだろうか。

性別逆でもいい。

絶対に若い美女結婚したいAと、心が優しい人なら誰でもいいB。

会員組織引く手数多の21歳美人Cと、人柄は悪くない売れ残りブスD。

BにはDを紹介して、Aには無理だと思いますけどねーと思いながらCを紹介する。まあ実際無理だろうけど、少なくとも不良債権になるのはA一人で、

Aにとっても条件下げないとダメだよって事がわかってちょうどいいんじゃねーの。

ってことで、条件を口に出す分には高くてもいい、いや実際考えてるより高い条件を口に出したほうがいいんじゃないか。

あとから条件を下げることはできても、上げることは難しそうだしね。

という結論に達した。

もちろん、その高い条件で結婚できるかどうかはまるで別の話。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん