「無農薬」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 無農薬とは

2016-06-16

ゴボウ茶飲んだら酷い副作用が出たよ

健康に良いとか聞いたんで、無農薬ゴボウ茶を取り寄せて飲んでみた。

飲み過ぎはまずいだろうと、一日につき湯飲み一杯だけ。

 

なぜか飲んだ翌日から体調が思わしくない。

妙に右肩が張る。

だんだん、右肩周りが異様に凝る感じがする。

 

さらに翌日。

左の奥歯に歯肉炎が出来た。

舌先には舌炎が出来た。

右肩周りの痛みはどんどん酷くなって、

脇の下が腫れているみたいだ。

 

そして、今日

口の中は大変なことになっている。

舌全体が舌炎になり、左の奥歯の歯肉炎が拡大した。

何を食べてもしみて痛い。

右脇と左脇のリンパが腫れて痛い。

肩こりだと思っていたのは、リンパの腫れから来ていた違和感らしい。

 

最初は疲れから来ているのかと思っていたが、

そんなに疲れるようなことをした覚えもなく、

日々、体が壊れていくような危機を感じて調べてみると、

どうやらゴボウ茶が原因だったようだ。

ゴボウ茶で口内炎が出来たという報告がいくつかあった。

 

健康になるどころか、ひどく不健康になってしまった。

幸いなことに、原因に早く気づけて良かったと思う。

 

どの人にも副作用が起きるとは思わないけれど、

これから試す人はこういうこともあると覚えておくと、

酷いことにならないかも知れない。

 

うそう、よく「好転反応」という言葉を使う人がいるけれど、

そういうのはないから。

下手すると命に関わりかねないので、「好転反応」なんて言葉

安易に言わない方がいいし、そういう言葉を使う人には

気をつけた方がいいと思う。

何かあっても責任取ってくれないんだから

2016-03-18

頼むよ

AIさんは碁を打ったり車を運転したりしてないで、早く政治家を目指してほしいな。


いいよね、AI政治家

人間政治家でもいいよ。あくまAIオペレーター兼入出力のインターフェースとして。

政党も「我が党のAIはこんなに優秀」とかで競って欲しい。




AIが発達すると、「先生」と呼ばれる職業AIに置き換わるんだろうなあ。

あ、でも人間先生が全滅するわけじゃないと思うな。

無農薬野菜みたいに「無AI授業」とか「天然医師による治療」とか意識高い人に受けそうだし。

小説を買うと巻末に「この小説人間が40%を執筆しました」とか成分表が載ってたら面白いね。

2016-03-14

http://anond.hatelabo.jp/20160314110239

なんか高度成長期製造工場青春時代を送ったおっさんみたいな意見だなw

あのな、今かつて「世界一職人技術」を売りにしていた中小工場ガンガン潰れてるわけ。

で、そんな中小工場で働いてたのが「イイモノを作れば絶対にお客は選んでくれる」という理想論燃えて寝食忘れて技術磨きに走ったおっさんたち。

そこで尋ねたいがイイモノとは何だ?

「完全無農薬で作った安全100%のすぐに腐る有機野菜」か?

添加物バリバリだけど見た目もキレイ賞味期限も長くおいしくて自分で作るより断然安く買えるコンビニ弁当」か?

どっちもイイモノじゃないのか?

何がイイモノであるかは多数決で決まる。

選ばれなかった方がワルイモノになり淘汰される。

それだけだ。

2016-02-25

インフルエンザ増田注意する水うゅち出す間に斬得る分に(回文

仲間がインフルエンザにやられたの。

熱が出て病院に行ったら、

インフルエンザだったらしいわよ。

私は予防注射をしておいたので今シーズンは平気だと思うわ。

だけど、今年の流行はすごいらしいわね。

よく分からないけど。

予防注射とか、

注射って痛くて怖いイメージがあるけど、

1回目は、刺す瞬間見てなくて、あれ?いつ刺したのもう終わったの?

2回目は、刺す瞬間を見てたんだけど、刺さっても痛くないのよ!

シックプロテクターCMで「切れてなーい!」のフレーズでお馴染みのマイクベルナルドばりに痛くなかったわ

きっと、

大人になったか

神経が図太くなったってことね。

なるほど納得!

いやいや、

図太くない図太くない!

でも、注射器の針の角度とかで痛くない角度とかがあるらしくて、

私は、知らなかったわ。角度とか

みんなもインフルエンザに気をつけてね!

インフルエンザと認めたら負けよ!

あなたの心にもシックプロテクターを。




今日朝ご飯は、

最近、鍋の便利な濃縮や固形出汁ってあるじゃない。

それで、おかゆ作ったらめちゃくちゃ美味しいの。

で、それで作った白濁鶏塩味のおかゆです。

デトックスウォーター

ビタミンC摂取が期待できそうで出来ないデトックスウォーターだけど、

気持ちビタミンCを摂りたい気持を高めるために、

グレープフルーツレモンにしてみました。

無農薬レモンはあるけど高いから

輸入のレモン農薬が気になるときは、

皮は使わずに、

レモン果汁を搾って入れる方がいいかもね!




すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2015-12-16

http://anond.hatelabo.jp/20151216170814

金持ち「じゃあ無税になったら今までよりワンランク上の無農薬オーガニック栄養バランス満点の野菜とか食べるよ」

2015-10-29

シュタイナー学校のこと

自殺したらしい子が通っていた学校、私の友人が、子供を通わせていた幼稚園だ。



最初は、「子供をのびのび育てたいの」程度の、子供が居る親なら誰もが思いそうなことを言ってただけだったんだけど、

そのうち「公立学校に入れたら子供ダメになる、競争させるなんてイヤ」とか言いだしたり

幼稚園ママ友は、調味料を一切使わないで無農薬野菜料理を作るのよ!」と謎の尊敬をしだした。

塩すら使わない野菜料理は、食べさせてもらったが「野菜だね」とは思ったが美味しい食事だとは思えなかった。

そんな日常から聖書を読みルドルフ・シュタイナーの本を読み漁り、と言うところまで1年経ってないと思う。

もっと勉強しなくちゃ」と話すたびに言うようになり、

あなたには分からないかもしれないけど、今の日本で、子供意思尊重して育てるのは無理だよ」とか

段々雲行きが怪しくなり、子供ドイツシュタイナーシューレに入れると言いだし、

そうして、彼女の夫や、私たち友人が止めることもできないまま、子供をある外国シュタイナー学校に通わせるために

二人で外国に行ってしまった。夫を残して。

どんどんハマって行く感じは、どうも、新興宗教自己啓発にハマる人を見ているようだった。



労働ビザが取れるわけないので、彼女は定期的に帰国する必要があるのだが、帰国時に会うたびに様子が昔とは変わってきて

「良く日の当たる場所で待ち合わせましょう」とか「有機野菜じゃないと食べたくないの」と言いながらずっと水だけを飲んでいたり、

付き合っているのもちょっとしんどくなってきた。こっちは家庭もあるし仕事もあるし俗人の限りなので。

ある時、どうしても平日その日じゃないと会えないということになり、私は出張で出かける用事があったので、

その街のランドマークだしちょうどいいかなと、とあるお寺で待ち合わせでもいい?とメールした。

彼女からあなたがそんな人だとは思わなかった。私のことや私が今までしてきたことを踏みにじる行為だ」という返事がきた

シュタイナーの人だとお寺は嫌だったのかなぁ、でも他に分かりやすい待ち合わせできる店も場所もないしなぁと

慌ててスカイプをつなげたら、泣きながら怒る彼女が映った。

結局、彼女は腹を立てたまま私と会う約束も流し、それからメールも来なくなったしSNSブロックされ、ブログ更新も止まった。

夫とは離婚することになったらしいと、風の噂が伝わってきた。

それまでは夫が彼女子供生活費日本から送金していたのだが、それが無くなって大丈夫なのだろうかと心配になったが、

色々ブロックされていては何もできることはなかった。



別の友人が、彼女の別のブログを見つけてきて教えてくれて、それを読んだら、昔より目つきが鋭くトゲトゲしく笑う彼女写真

毎日コツコツ更新されている様子の、俗人凡人の私には理解ができない精神世界へのこだわりが綴られていて、

そのブログの読者(恐らく日本人シュタイナーかぶれっぽい人たち数名)が、たまにコメントを残していた。

何を言ってるのか分からないコメントばかりだった。

学生時代彼女は聡明で可愛らしい人気のある子だったし、ジャンクフードだってお菓子だって好んで食べていたし

誰かの人生勝手文句をつけるような独善的な人ではなかった。

どこで何があったんだろうと、今でも抜けないとげのような痛みを思う。何が悪い、何が原因だ、ということではなく。ただ痛みを思う。

2015-09-13

http://anond.hatelabo.jp/20150913113601

コスパ否定している人が多いけど、昔はコスパ良かったか

みんな産めや増やせやできたんじゃないの。

病気死ぬことも多かったってのもあるけど

就業年齢が低くくて(農業主体と考えるとだけど)

小学生から色々と頼めて一人の単純労働者とみなせて

食い扶持増えるけど7,8年我慢すればその分だけ生産性もアップするんだから

という考えになったのも、無農薬田んぼ雑草抜き手伝った

時に大変な割に単純労働から子供の手でもできるし手伝って欲しいと感じたから。



とか何とか言っても自分お金があれば子供欲しいなと思うけど

今の稼ぎじゃ子供不幸にしそうで逃げてるだけのいいわけになるんだろうけど

2015-08-30

フェイスブック満載な飲食店は、ジモティに受けない

★先日、前から気になってた東池袋メゾン青樹・RoyalAnnex」の外観見た。

 そこの2階に「都電テーブル」という「いかにもイシキタカイ系のオーガニック定食屋」があった。

 男性一人だけだと気恥ずかしくて入れない雰囲気だが、たまたま女性同僚もいたので入った。

 2階の店内に入ると、予想通りの店内レイアウト。配管は「わざと」剥き出しで、テーブルも椅子も木製。

 BGMジャズで、あちこちに店のコンセプトの案内とか、街づくり書籍とか、「クラウドファンディング募集中!」とかの案内が。

★なんか「こだわりの食材無農薬定食」を1000円で食べたが、味音痴自分は、それが1000円の価値があるだけの美味しさなのかどうか、わからなかった。

 因みにヘルシーなボリュームなので、早くも3時頃にはお腹が空いた(笑)

★因みに1階に「なか卯」があり、ガテン系男性が連れだってなか卯に入って行って盛況だった。

 「都電テーブル」の方は空いていた。1階と 2階の立地の差、値段の違い、ボリュームの差、でもそれだけじゃないと思う。

★一番の「差」は、都電テーブルの

 「私たちオーガニックでイシキタカイです、フェイスブックで応援お願いします」な雰囲気が、ガテンワールドと「対極」だからなんだと思う。

 値下げしても、ボリューム増やしても、あのガテン人達は、あの雰囲気の店は「入りづらい」。

 港区とか渋谷区とかなら、この手の「イシキタカイお店」は「地域に馴染んでいる」が、

 豊島区という立地だと、「イシキタカイお店」は「地域から浮いている」んだよね。

 メゾン青樹のコンセプトは「街づくり」で、都電テーブルはメゾン青樹オーナー肝いり案件

 だが、結果的には「地域から浮いている」

★突き詰めれば、フェイスブック文化が似合うのは渋谷区とか目黒区であり、豊島区には似合わないということ。

 豊島区でも、ラーメン店は単価1000円でも客はワンサカ来る。だから、「値段の問題ではない」

 これ、サンシャインに新コンセプト店「リンガール」を出店して、見事にズッコケタ、リンガーハットと同じ失敗だよね

★「私たちフェイスブックしてま~す」な店って、(遠くに住んでる)フェイスブックの友人100人を来店させる動機にはなるが、

 フェイスブックをしない周辺地域住民10000人にとっては、「なんか、お高くとまっていて、入りづらい」と思われてしまうだけ。

 日本におけるフェイスブックの普及状況って、丁度「イシキタカイ系」と「イシキタカくない系」の境目あたりだからなあ。

 フェイスブックが「イシキの高さのアイコン」の役割を果してる現状では、フェイスブック普及率の低いエリアで、「フェイスブックしてま~す」な店を開店しても、地元民の反感買う

 フェイスブック系のお店を、フェイスブック文化根付いてないエリア開店しても、最初のうちは「御祝儀」で遠くのフェイスブック友人が来店してくれるから

 「ああ、順調な滑り出しだ」と錯覚する。

 でも、遠くのフェイスブック友人は、次第に来店しなくなり、閑古鳥が鳴くようになる

★だから飲食店を「継続」させるには、フェイスブックに頼らずに、地道に地元根付いた、泥臭い営業をするのが、急がば回れで近道だと思う。

 チラシ巻きとか、地元事業所への挨拶回りとか。

 「都電テーブル」は、そのような地元どさ回り営業を、キチンとやったのか?

★これって、単に飲食店だけの話じゃない。

 いわゆる「街おこし、地域おこし」も、電通崩れなエセコンサルタントの作文に乗っかって、フェイスブックで完結するようなエセプランに終わってるようでは、早晩行き詰まる

辛口エントリ書いているのは、逆に言えば、メゾン青樹の青木氏や都電テーブルに「期待」してるからなんです。

 期待してるからこそ、安易フェイスブックワールドの殻に閉じ籠るのではなく、ガテンな人も含めた地元民を「巻き込んで」欲しい。

 もともと都電テーブルは、子連れママの行き場所確保を目的としている、と聞いている。

 その志は良いのだから、「子連れママとガテンなオジサンとの交流」という高い目標チャレンジして欲しい。

 今のままだと、自分みたいなオジサンは、気後れして、入店したくても入店できない

 まあ、あの辺の大家である青木氏としては、

 「これを機に、イシキタカイ系の人達が、目黒区辺りから豊島区、あわよくば自分マンション引っ越して来てくれたらもうけもの」ということなんだろうな

★この辺のフェイスブックなお店って、マスター側もお客側も、トシでも40歳台、まあ普通は30歳台が殆ど

 50歳台60歳台の客は殆どいないし、仮に興味ある60歳台がいても、「なんか若い人ばかりで、入りづらい」と感じる

 (四捨五入したら50歳な自分も、入りづらかった)

2015-08-07

農家自分の作った作物を食べないという都市伝説

農薬をドバドバ使ってるから商品用と自分が食べる様は分けて育てて商品用の作物は絶対食べないみたいな話。

これが本当だったら自分が作ってる以外の作物はどうやって調達してるんだろう。

農家の間で無農薬野菜を交換するネットワークでもあるのか。

2015-08-03

無農薬野菜信仰者はバカなのか?

さきほど、坂本龍一日刊スポーツ記事を読みました。


20年以上前から健康に大きな関心を寄せ、マクロビオティック無農薬有機食品を摂ることなどを心がけてきたという。そんな健康への自信から、喉に違和感を感じた際も、「万が一にもそれががんだとは疑いもしなかったのです」と明かした。



そういう食事だけしていた、昭和以前の人たちにだって患者はいたわけで、なんでこんな思考回路なっちまうの?

高卒のようなもんな、あーしでも、こんなバカっぽいことはさすがにおもわねーぞ。

国立大卒でもバカバカっておもっちゃったよ

2015-07-22

生産者の顔が見える農産物

農産物とかで、生産者の顔が見えるってよくあるヤツ。

あれ、普通のいい感じのじいさんやばあさんらへんの写真が載ってるから

雰囲気がよく見えるだけで、

例えば、

いかついゴリゴリヤンキー上がりの強面の写真が載ってたら、

というかそういうのは載せないでしょ。

都合の良いのだけ載せてる。

「ぬくもり」とか

「まごころ」とか

「ふれあい」とか

に加えて

生産者の顔が見える」ってワード

いい感じの素朴なじいさんやばあさんの写真を載っけてると

その野菜はいい!って無条件でなる

精神論的であんまりよく分からない風潮だよね。

笑顔で作ってるから美味しい、こういう人柄の人が野菜を作ってる、とか言うの反吐が出る。

あと、無農薬で育てて虫が付いてると美味しい野菜!ってうたってるのも、

さすがに、ブロッコリ茹でててがんがん青虫が浮かんでくるのはどうよ?って思う。

自分はそんな虫付いてても平気なんだけど、

食べるわけにはいかないから

取り除くのに時間が掛かる。

それならちゃんと綺麗な(虫の付いてないって意味の)野菜を買って食べる方が

効率が良い。

結局、顔が載ってても、産地表示してても、

それが本当かという信用はどこにもないので、

安くて、そこそこ見栄えの良い物を買ってしまう。

野菜は高すぎる。

ひとり暮らし野菜を心がけてよく買ってると

生活が成り立たなくなる。

じゃ、トマトジュースでもいいやみたいになるし

まぁ、極端なこと言い過ぎたけど。

2014-11-30

百田尚樹小説って気持ち悪い。

流行ってる?よね?百田尚樹さん。

永遠ゼロ」とか、「殉愛」とか?

でも、どう表現すれば良いのか解んないんだけど、独特の気持ち悪さがあるよね?

どうなんだろう?自分だけかな?

例えば、

「これは、無農薬有機栽培されたレタスです!生で食べるのが一番です!でも雑菌が怖いので、塩素たっぷりかけています!ほら!安心して召し上がれ!」

みたいな、異常なまでの潔癖さというんだろうか?

ほんと、無農薬レタス栽培するっていうのはめちゃくちゃ大変で、そんな大変なことするなら、身体に害が無いと証明されている農薬使って、安く売ってくれれば十分なはずなんだけど、「絶対無農薬じゃなきゃいけない教」みたいな信仰心すら感じる潔癖さが、百田尚樹小説からは感じてしまうんだよね。

農薬使ってようが使って無かろうが、水でサッと洗い流せば十分キレイなのに、塩素をかけて安心するみたいな、肝心そもそもの野菜の味わいをぶち壊すようなところも感じるんだよ。

例えがこれで合ってるのかどうか解んないんだけど、そんな異様な気持ち悪さを感じるんだよね。自分は。

で、もし彼が無農薬栽培で頑張っている農家を描くとしたら、きっと、虫の駆除の大変さは描いても、それがちょっと快感だったりする心境なんかは、絶対に描かないんだろうなぁって。(実は農薬指定されている「酢」を使って虫の駆除を行ってる農家を描くなら、それに目をつぶって発明だとか「日常的に摂取してる『酢』なんだから、『安心安全』だ」なんて表現するんじゃないだろうか?)

今後も百田尚樹がもてはやされる世の中なら、やっぱりそれは異常だし危険だと思う。

人間って、キレイな部分も汚い部分もあってこそ魅力的なのに、異常なまでにキレイな部分だけを抽出して、「これが日本人の美しさですよ」とか「これが本当の愛ですよ」なんて言われても、自分には気持ち悪さしか感じられないよ、やっぱり。

2014-05-11

なんでロハスとか地球環境がとかアフリカの貧しい子どもたちがとか無農薬がとか自然エネルギーがとかそういうの熱心に活動する奴って金持ち高学歴文系なんすかね。頭いいはずなのになんですごいばかみたいな夢を押し付けてくるのかね。

近寄ってくんな。そういう高コストなおあそびに付き合ってる余裕ないんですよ。さっさとどっかにそういう国作って出て行ってくれませんかね。お仲間だけでやっててほしい。

手間かければ手間かけるほど良いことと思っていたり、個別具体的に丁寧に処理して節約したつもりで超高コストとかになるし。人類邪魔だよ君ら。

ほんとにどっかいってくれ。

2014-04-10

http://anond.hatelabo.jp/20140410185838

増産はほとんどの農家にとって余裕過ぎるよ。

でも、需要一定からさ、クオリティだ、無農薬だ、なんとか製法だ、とかいって単価をあげるしかないんだよ。

あと中途半端な買い付けなら意味がないの。

10年間、このぐらいの買い取りをして保証をするから増産をしてくれ、みたいな契約じゃないと、

こっちも周りの農家に恨まれるから、変なことが出来ない。

勝手にどこかの農家だけ動きを変えたら、豊作貧乏がおこっちゃうし、適度に手をぬかないといけない感じ。

2014-03-13

http://anond.hatelabo.jp/20140313180236

勘違いしてる奴が多いからハッキリ言っとくが、「金をかけていない状態」と

ロハス」とか「スローライフ」とか「丁寧な暮らし」とかって、全く違うからな。



おまえんとこのお嫁さんがだ、デートの時はオシャレしてくるが、家ではUNIQLOのだるだるの服着てたとか、

一人暮らしの時は100均プラスチック製品ばっかりだったのに、結婚したら百貨店陶磁器揃え出したとかなら判るよ。

そりゃ男の金が使えるようになったから欲望全開になったんであって、揉めてもしょうが無いと思う。

違うだろ。

単に「このバックなら1万円はしないな」とか見積もった金額が違ったわけだろう。見積もりミスだろ。



おまえのオカン子どもと同じリンスインシャンプー使ってたかもしれないがな、染めてない黒髪でもお嫁さんの髪質違うだろ。

いや、別にオカンを貶める必要はないな。

金遣いが荒いっていうのは、金銭感覚の違いというか、金を使うべきでないところに使っていると感じた時に言うセリフだろ。

別に良いんだよ。金使わなくても。

髪がボサボサでキューティクルが無くなって、上下ジャージで肌荒れのままコンビニ行くような女になっても良いんだったら。

金をかけてない状態と、丁寧な暮らしとか、清楚で可憐お嬢様な状態ってのは、違うんだよ。

良い年した女がな、肌荒れしてなくて髪が綺麗だったら、そりゃ手入れしてるに決まってる。



おんなじようにな、離乳食だの自炊だのを無農薬だのオーガニックだので揃えたりとかな、

掃除重曹を使うだの、わらで編んだ鍋敷きを使うだの、良いお茶を使うだのっていうのはな、

カネがかかるんだよ。直接マニーじゃなくても、時間を使うんだよ。

宝塚に行って化粧ばっちりしてバッグ取っ替え引っ替えしてる奴のほうがな、上手くオークション使って入れ替えしてたりとか、

近所にはUNIQLOノーメイクごまかすマスクで出かけたりとかして、金使ってなかったりするんだよ。他で使うから



おまえさんが書いてるようにな、カネ使わないってのは、

100均で揃えた食器で、スーパーの特売で買ったものを食べて、カット1000円カットってやつだよ。

オマエのお嫁さんはQBハウスカットしてるって恥ずかしそうに告白したりしてたか

お客さんがたまにしか来ないからって、紙皿に特売の人参入れたカレーを食わせてくれたりしたか

家具は全部ニトリで、あたしのブラウスしまむらで買ったの、とか言ってたか

言ってないだろ。



地味清楚系って、地味ニトリ系とか、地味バリカン系とかじゃないだろ。

清楚だの綺麗だのってのはな、金がかかるんだよ。

まあ、モノを見る目がなかった、自分見積もり下手だったと思って諦めるんだな。

人を見る目はあるみたいなんだから

良い物使ってテンション上がったお嫁さんに作ってもらった美味くて体に良いもん食って長生しろ

馬鹿なことで喧嘩した挙句別れて、四十路になってから100均製品に囲まれて袋ラーメンすする生活に後悔しても遅いぞ。

まあ、釣りマジレスな感じもするが。

2014-02-24

http://anond.hatelabo.jp/20140223142918

1. ドンキ駐車場にはシャコタンはそんなに止まっていない。レクサスBMWからコンパクトまで色々。

2. 成城石井には無添加無農薬のこだわりの食材はあまり売っていない

はい、解散。

2014-02-23

マイルドヤンキー御用達の「ドン・キホーテ」に違和感持てないエリート

自分でいうのもなんだが、自分年収1,000万円、東大卒

都内マンションを購入し、それもローンを繰り上げ返済済。

2児の父で、子供進学塾に行っている。

客観的には「リア充」に該当するんだろう。

昨今流行りの「マイルドヤンキー」とは正反対。

で、近くにいろんなスーパーがあるんだが、ドン・キホーテもある。

ドン・キホーテに行ってみると、「なるほど、これがマイルドヤンキーなんだろうなあ」という親子が結構闊歩している。

(中には本物のヤンキーもいたりするが)

駐車場の車も、車底が低いクルマ、ああいうのは「シャコタン」というのか、そういうクルマが多い。


でも、自分ドン・キホーテは「客層にマイルドヤンキーが多くて、少し怖い」とは感じるが、ドン・キホーテのもの別に嫌いじゃない。

近くには「成城石井」のような高級スーパーもあって、「無添加無農薬の、こだわりの食材」なんてのも売っている。

だが、自分は「成城石井333豆腐が、ドン・キホーテの33円豆腐の10倍の価値がある」ようには、とても感じられないのだ。

自分は昔からグルメでもなんでもなく、どちらかといえば味音痴な方だと思う。

なので、「目隠しテストされて、成城石井豆腐ドン・キホーテ豆腐を食べ比べろ」と言われたら、たぶん見抜けないと思う。

ということで、「別に豆腐だったら何でもいい」から年収1,000万円はあっても、ドン・キホーテの方で買い物してしまう。

300円分を節約したい、というみみっちい魂胆もあるが、むしろドン・キホーテの方が、店頭観察そして来客観察するのが面白いからだ。

成城石井としては、自分のような高年収層を顧客に取り込みたいんだろうが、元々味音痴なんだからしょうがない。

自分にとっては、別に食べられるのであれば成城石井でもドン・キホーテでも関係ない。つまり食生活マイルドヤンキーと大差ない。

ではマイルドヤンキーとの違いは何か?と言われたら、以前どこかの増田が言っていた「情報収集ジャンキーか否か?」という点な気がする。

四六時中経済紙等で情報収集して、はてなブックマーク増田もチェックしていかないと、精神不安にさいなまれる、そういう精神病な状態、

それがリア充の悲しい現実である

2014-02-09

物語性の付加しかない

アメリカからやってきた珍しくておいしい食べ物のお店というストーリーがあったはず。

7-11ローソンアメリカのチェーンと契約して店の名前を使わせてもらっていたのも、業態の獲得というよりもストーリーの獲得の側面が大きかったのかもしれない。

近所のおっさんがはじめたお店よりも、アメリカからやってきたといったほうが、箔が付く。物語性がある。

近所のおっさんががやっていても、アメリカからきた看板があれば、看板に目がいって、近所のおっさんのことは気にならない人がほとんどだ。



無農薬りんごも有農薬りんごりんごりんごで、たいして変わらない。無農薬ストーリーにいくら払える余裕があるかだ。

お金が余っていたら、金を余分に払ってそのようなストーリーに酔いしれればいいし、お金がなかったらストーリーの虚構を見抜かなくては生きていけない。

ストーリーに余分なお金を払っていたら、死んじゃうからな。



地方ロードサイドに進出した時点で、「アメリカからやってきた珍しくておいしい食べ物のお店」というかなりの部分は、日常に埋もれて崩壊してしまったのだと思う。

安さ以外に誰も期待しなくなった。ストーリーの虚構を見抜く人しか行かなくなったんだろうな。



http://anond.hatelabo.jp/20140209001330

2013-10-31

原発などに頼らない生活がここにはある



昨日は有機農業パイオニア的な存在である埼玉県小川町金子さんの霜里農場に出かけた。

金子さんの奥さんの友子さんは1974年市川房枝先生選挙の頃からの仲間。




有機農業とともに、使った天ぷらからイーゼル燃料を作り、

さらに牛の糞尿などからメタンを取り出して燃料とし

太陽光発電を使って放牧場の囲いに電流を流すなど再生可能エネルギー活用

また地域全体で農薬使用をやめ、無農薬大豆栽培し、それがおいしい豆腐として地域おこしにつながっている。



原発などに頼らない生活がここにはある。





菅直人オフィシャルブログ今日一言

http://ameblo.jp/n-kan-blog/entry-11649939890.html

2013-10-18

おばあさんが川で洗濯に使っていた洗剤

http://zuisho.hatenadiary.jp/entry/2013/10/18/141915

読んだ。面白かった。冒頭かなりエコに対して正しくあろうと配慮した記述が続くんだけど、すごく惜しくてモヤモヤしたので思わず書く

おばあさんが松とココヤシをブレンドした天然由来の洗剤で洗濯をしておりますと、大きな無農薬の桃がドンブラコとも言わず無音で流れてきたのでおばあさん以外の近隣住民は何一つ不快な思いをしませんでした。

おばあさんの使ってる洗剤ってたぶん違うと思う。

ある日おじいさんは自身が所有権をもつ私有地へ芝刈に、おばあさんは同じく所有権をもつ私有地の川へ洗濯に行きました。

これ書いてる人、ホントに「芝刈」だと思ってるのかな。思ってるんだろうなあ。

だってこれ「柴狩り」だと知ってたら、こんだけ話広げられる人ならエコに絡めないはずないよね



柴狩りは主に燃料用の枯れ枝を集める行為だけど、もう少し広めに日用の材木の調達も含むかもしれない

もっと大きく山の手入れ全体を指してるかもしれない



昔は炊事、風呂暖房、全部薪を燃やしてまかなっていたので結構量がいるし

拾った柴を乾燥させてサイズを揃えて燃料用の薪に仕上げるのは手間がかかる

この「柴狩り」の実態がイマイチ伝わらずに、洗濯しているおばあさんに比べて

おじいさんは山で遊びほうけていると理不尽Disられているのを見るのは心が痛い



ただ、おじいさんもおばあさんも柴狩りと洗濯では生産活動に一切従事していないので

どうやって日々の糧を手に入れていたのかについては既に色々な説があるだろう

個人的には、山の世話や薪の対価に隣人から食料を貰っていた説だと思ってる

毎年しっかりと青色申告をしながら暮らしておりました。

納税は国民義務だけど、貨幣経済外で生活ができれば

「正しい」納税ゼロ生活も可能だと思われるので、その辺は詳しい方が

シミュレートしてくれたら読みたいところです

とりあえず土地は先述の山の世話や薪を対価に人から借りた方が

正しい納税ゼロ生活に一歩近づく気がしま



さて、つまり「柴狩り」とはエネルギー調達行為であり、それは「エコなのだろうか。

木材の燃焼はCO2排出はもちろん、煤や有毒ガスも出るので一見エコとは程遠いが

有限の化石燃料や、放射性物質から電気を作り消費することと比べて

山林保全立場も絡めればそれなりに多様な論点のあるトピックだと思う



その辺りを現代価値観から「正しく」配慮した記述があれば個人的に面白かったねという話

自分がその辺「正しい柴狩り」が書ければいいんだけど、ごめんね



あ、忘れてた。おばあさんの洗剤



たぶん、薪を燃やした灰汁とか米糠とか使ってたんじゃないかなあ

2013-09-19

昔はなになにだった教の人は、発展途上国に行くと良いんじゃないか

農薬が開発される前は、無農薬野菜普通だったとか、

水道塩素は毒だから塩素の添加が無い頃が良いとか、

電気がなくても問題なく生活出来ていたとかって人達は、

発展途上国に行くと良いんじゃないかな。

まあ、別に結構発展してる国でも良いけど。

アジア圏じゃなくて、アラブとかインドとかイスラマバードでもいいけど。



いまだに、農薬使わない農業結構盛んだし、水道は飲水とは別の経路だし、電気結構頻繁に止まるよ。

その代わり、エアコン動かすには結構高給取りになる必要があるし、

塩素が載ってなくて大腸菌ウヨウヨだから水は飲めないから飲水買う必要があるし、

なんか虫食いでこ汚い外見の野菜しかてにはいらないけど、

まあ、みんな楽しく暮らしてるよ。

日本が嫌なら、途上国来て働こうぜ!技術持ってる日本人はかなり歓迎されるよ!



日本並みの生活しながら無農薬で無添加でエコロハスとか、超富裕層のお遊びだから

ミシンバイクに乗っけて村々で修繕して回るリデュースな人とか、

道端に落ちてるビンを拾って水を詰めて王冠を付け直すリユースな人とか、

大量のゴミの山から紙だけ拾い集めて乾かしてリサイクルして売るリサイクルな人とか、

そういうのが、真のエコ人達から。意外に幸せに生きてるし。平均寿命短いけど。



昔は、とか言ってないで、今現在そういう環境の国って相当数あるから、ほんの少しググれば判るよ!

そしてソコで働こうぜ!オレは長期出張で十分だ。

2013-07-27

「かびんのつま」って漫画

ビッグコミックスペリオールで連載中の「かびんのつま」って漫画

奥さんが電磁波過敏症化学物質過敏症になったというノンフィクションらしいけど。

はじめのうちはこういう症状もあるんだ、と思っていたのだけれど

発売中の号では、無農薬野菜を食べると調子が良いという話で、いっきトンデモ臭くなったけどどうなんだろう。

自然界の化学物質電磁波は問題ないのかな。

誰か理系の人、解説して欲しい。

※作者さんのTwitterみたら深刻そうだったので、ヘタれて増田

ゼロリスク信仰

生きることなんてリスクしかいから、それが怖いなら○ねとしか思えない

どこで暮らそうがリスクゼロにすることは不可能だろう

そのリスクとどう向き合って生きていくかそれだけ

あくまで個人的な先入観だが放射能がどうこうと過剰に騒ぐ層と

無農薬や有機野菜支持者で化学調味料は悪だと語る層は同じだろうと思っている

自然が生み出すものなら毒でも食らうみたいなノリ

自然のもの100%いいみたいな気持ち悪さ、なんとならんかね

2013-06-19

映画奇跡のリンゴ」を観ずに批評する方々へ

映画奇跡のリンゴ」が好評のようです。私も見てきました。感動しました。

いっぽう、はてなニセ科学批判クラスタ界隈では、この映画を見ずに「奇跡のリンゴ」のモデルになった農法を批判するのが流行っているようです。追従礼賛ブクマもたくさんついています

http://d.hatena.ne.jp/locust0138/20130609/1370789361

http://d.hatena.ne.jp/locust0138/20130612/1371052702

http://d.hatena.ne.jp/doramao/20130618/1371549428

http://d.hatena.ne.jp/doramao/20130619/1371611793

これらは映画に対する評ではないのですが封切りに合わせたエントリーですから映画を観てきた身として、これらの評を読んで???となってしまうところを指摘しておくのも悪くないかと思います

まず、映画は何も農法を学ぶために観るものではありません。「奇跡のリンゴ」でいえば、阿部サダヲ菅野美穂山崎努音楽久石譲といった顔ぶれで観にいく人も多いでしょう。またもちろん、作品に100%のめり込めなくても観にいきますし、感動もできます。この映画はそういう映画です。「海上自衛隊全面協力!」という宣伝文句にあまり良い感情を持てない人間でも「灰原哀が出てるなら」で映画館に足を運ぶことはあるでしょう。

「感動している人間は思考力が落ちて大事なことを色々と見落とし、判断を誤るからです」とわざわざ赤字強調で書いている人もいますが、感動したからといってそうならない人間のほうが圧倒的多数です。アクション映画で感動した人がみな現実と混同するかといえばそんなことはありません。

「実話と銘打ってるから危険」――は? 映画大脱走」は実話に基づいており、観た人は《多少は》本当はどうであったか気にするかもしれませんが、本格的に調べようとはまずしないでしょう。「実話に基づく」は基本的には映画を楽しむ際の参考として機能するだけです。また、シネコンだと関連書籍置いて売る、ということもあまりいかと思います。もちろん本屋では積んでありますが、映画見て出たところに本があるのとでは影響はかなり違うでしょう。

さて、映画奇跡のリンゴ」についてはYahoo!映画の次のようなユーザーレビューが参考になるかと思います(固定URL表示できないので、投稿時間で示します):

http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tymv/id344360/

2013/06/15 01:25:41

無農薬リンゴができるまで」のドキュメンタリーだったら、ものすごく感動したと思う。

家族愛夫婦愛のパートのほうが目だってしまって、肝心の「奇跡のリンゴ」のエピソードが薄まっているように感じました。

2013/06/09 20:35:13

とは言え、僕自身鑑賞前は

農薬を使った農法の問題点

無農薬農法の問題点両方に

突っ込んだ内容を想像していましたがさにあらず。

2013/06/14 21:34:35

夢みたいな実話だけど、これを見て「よしっ自分農業を」

と簡単に思わせないところがよかった。農薬を使っている農家の方を

悪者に仕立て上げたら嫌だなとも思って見ていたのですが

農家の方々の微妙な気持ちもじんわりと描かれていたと。

この映画では、既存農薬を使った農法を批判する箇所はほとんど全くと言っていいほどありません。まわりの農民、池内博之笹野高史ベンガルらも実はいい人です。

冒頭のナレーションでは

安全リンゴを作るのと安全リンゴを作るのとは違うのです

とあって、菅野美穂農薬で苦しんでいる場面へと繋がりますしかし、このナレーション、言い換えると、農薬を使って作ったリンゴでも食べるのは安全、ということです(1980年代前半までだとこう言い切ってしまうのは言い過ぎではないか、という気もしますが)。

同様に、無農薬リンゴの利点について何か語られる、ということもありません――さいごの「おいしい」という以外には。

はっきりいって、この映画主人公がなぜそこまで無農薬に固執するのか、という点では弱いと思います。ここまできたからにはもう止められない、というような言葉が何度となく語られますが、それは本人たちの事情です。

これらの点は製作側が、木村農法に対する批判をある程度知った上でつくったからではないか、と私は推測しました。今後、もし木村農法を批判するのであれば、映画のこういう姿勢を知っておかないとズレたものになります――というか上の批判はその典型。

言葉をかけなかった木だけ実らなかったというくだりは本人の書籍にもあるそうですが、映画でこういう「奇跡」だけいくつか押し出して「科学的説明」はほとんど付けないというのもダブルミーニングで、双方に配慮してるからだと思います

映画全体でも、雄大な岩木山リンゴの花の可憐さ、などの風景原田美枝子伊武雅刀らも含む家族愛、隣人愛が一番印象に残りました。人によってかなり違いはあるでしょうが、「無農薬のすばらしさ!」がまず刻印される人はそんなにいないと思います。(もちろん、そういう人もいるでしょう。ただ、映画館でみた客層でいうと、最初からそう思っている人が自らの信念を確認するケースの方が遥かに多そうです。)

ということで、映画を見ずに批評したり、それに追従ブクマを付けたりする人がおそらく想像してないことを述べておきます

この映画見て、「無農薬」という言葉にそれほど影響されずに単純に、津軽りんごいいなぁ、食べたくなったなぁ、という私みたいな人はけっこう存在するのではないでしょうか。つまり、この映画が大ヒットすることで、木村氏だけでなく、(おこぼれとも言えますが)他のりんご農家にとってもプラスに働く可能性もそれなりにありそうです。―――もしそういうことになれば、それは既存の農法に対する批判を抑え、まわりの農家も良い人として描いたスタッフの心遣いのたまものでしょう。

最後は私からのお願いです。「農薬安全」という人は、中国等の農薬TPPについても必ず触れていただけないでしょうか?

良い映画でした。

増田にする必然性全然ないんだけど、ダイアリーの縮小再編成を考えているのでこちらに)