「交通費」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 交通費とは

2016-12-08

人間は80歳までとかにできたらいいのに

70歳でもいいんだけど

もう無理じゃんだって

年金制度だってこのままじゃ崩壊するし

貧困の老後を送るくらいなら70歳までとか80歳までで終わるって覚悟して生きたいよ

それ以前に事故とか病気で死んじゃうかもしれないけどさ

給料からこんなに年金天引きされてるのに自分の老後に安心できるだけの金額もらえないとか制度クソすぎない?

大体今の老人とかちゃんと貰ってる分だけ年金払い込んできたわけ?

完全に先に生まれ自分たちの都合のいいルールつくって勝ち逃げじゃん

ずるすぎない?

いくつまで若者から搾取して生きるつもりなの?

交通費だって医療費だってどんだけ優遇されれば気が済むの?

20歳以上が羅患すると死ぬウイルス発見されてその地域未成年だけで隔離されるドラマあったけど

まじでああいウイルスあればいいのにとか思っちゃう

働きもしないで平日の昼間から偉そうにしてる何の役にもたってない老人見るとまじでむかつくときあるんだけど

金返せ

2016-11-28

第一FRESH!杯に参加して心底バカにされた話が、バカ面白く思います

第一FRESH!杯に参加して心底バカにされた話

http://chomosh.hatenablog.com/entry/2016/11/28/005136



この記事に書いてあることをざっというと、たぶんこんな感じだと思いました。



この人の主張

・景品が豪華だから大会参加を決意

運営からの別件の誘いを断った

大会参加した(連絡がぎりぎりで腹がたった)

・当日、自分配信されないと知った 不公平で腹がたった

・賞金の検討の項目が消えてる 腹がたった

ツイッター運営の有様をのせた

・賞金と生放送釣られ、バカにされた気分だと思った

・これら不満をブログにのせた




ではまず、以下のシンプルな本大会の参加規約を読もう。

一日、半日と言わず、ほんの数分で目を通すことができます

https://gamy.jp/smartphonegame-all/FRESH-cup-reguration


禁止事項 例

・本大会規約に反すること。

大会運営に関する情報を、許可無く外部へ公開すること。


免責 例

運営チームの責任によらない不可抗力による変更時は、

>賞金や交通費支援の支払いを行わない場合があります


>また不可抗力時、運営チームは参加者に対してその責任を負わず

大会への参加のために要した諸経費の支払請求の一切を受け付けません。




この人、ツイッターブログ大会運営に関する情報をあげまくりですね。

運営運営なのかもしれないけど、こいつもこいつで、両方面白そう。



賞金は、免責に書いてあるとおり。

無理になったら、ごめんしますよ、って書いてあるね。

だれも読んでない参加者同士であれこれ言ってたのかな。

そもそもこの記事が参加規約に触れないのは、この人の恣意偏向してると読んでよいのかな。



トップランカーの出演価値が0円と判断された。そうか、残念だったね。

でも、そこから先は、文句を言ってる前提が参加規約とずれてる。

これらの文句を言うなら、最初から参加せずに言わないと行動と主張に一貫性が無いように私は思います



自分でも言ってるとおり、「バカから釣られて、腹がたった」みたいな話をしてるだけでは?



フォローすると、大会は、種目を問わず緊迫した独特の空気があって自分も好きだ。

このカードゲームはどんなものか知らないけど、この人も最後ちょっと決勝の話を挙げているね。

で、情熱捧げてるし、規約無視して、自分の主張を好き放題大声で唱えてみた。



ブログを読んだ人は、それになにか共感するとこあるんかな?

バカ同士だから信者から、この考えを支援する的な文化シャドウバースにはあるの? 狂信的ゲームだな。

(すいません。わたしシャドウバースがどういうゲームなのか知りません)





以下、私の意見

スタートアップ分野の開拓地で、当たり前を要求するかー。って感じです。

AbemaTVの現状もちょっと調べればわかるとおり。シャドウバースは、調べてみたところ和製ストーンなのかな。

格闘ゲームよりも浅い開拓地に見えるけど、どうなのか。


で、この人の胸の内の当たり前の状況を整えてくれないとあれば、このとおり不満爆発。

プレイヤーをなんと心得るのか!! 盛り上げるためには、我らこそ!! でしょうか。


もちろん、シャドウバースを盛り上げることにも協力したいらしい。

まらんね。ちょっと違うけど、少し前に面白キャラ晒したreso_puyoというアカウントぷよぷよ話を思い出しました。


これが優勝したって、この番組、あれがそれこれで逆に面白そうですね。

シャドウバースちょっとインストールしてみようかな、と思いました。

2016-11-22

地方イベントに参加したら赤の他人タクシー代わりにされた話

先日、とある地方(N県)の町おこしイベントアイドルステージ(有料)に参加した際、ちょっともやもやした出来事があったので、備忘記録として残しておきます

割と私と友人も、そこで知り合った人もお互い様な部分ばかりですが、交通の便の悪いイベント参加の際は、現地参加者遠征者もお互いに迷惑をかけない、かけられない(断る勇気を持つ)ことを意識していく必要性を感じました。

もしこれが今後地方イベント遠征で参加する人、近場だから自家用車等を使って自力で行く人、開催する側、イベント参加者を受け入れる現地側の目に止まってくれるととても嬉しいです。

------------------

登場人物

(全員同性です)

私:地方在住のぬるめのオタ。車は持っていない。Aとはリア友で、某アイドル関連イベントにもAがきっかけで参戦するようになった。

A:地方在住(私の住んでる市とは隣の市)。元々色々なアイドル好きな人。車持ち。行動力があり、親切すぎて損をするタイプの人。

Bさん:地方在住(隣の県)。A繋がりでイベントで知り合って親しくしてもらっている。車持ち。元々イベント後、一緒に軽く観光予定だった。

Xさん:関東在住のアイドルオタ。イベント会場が地方にも関わらず気合いで公共交通機関を乗り継いでやって来た。同じホテル宿泊

------------------

事件概要(長いのを読むのが面倒な人用)○

・友人(A)と一緒に地方イベントに車で参加

ホテルによって別の宿泊者(Xさん)にイベント参加情報漏えいされる

・行きで交通の不便さを感じたXさんに粘着される

粘着された結果、別の友人(Bさん)とのオフ会及び計画していた観光に支障が出る

・Xさんから帰宅報告及びお礼の連絡なし

------------------

↓以下、詳細。

文章が下手かつ無駄に長いのですが、ご了承下さい。

又、身バレ防止の為フェイクが多めです。

矛盾点、不明瞭な点があってもご了承下さい。

------------------

イベント概要

地方(N県)の町おこしイベント応援しているアイドルの参加が決定

アイドルイベントは一日目夜(イベントホール)と二日目昼(屋外ステージ)にあり

 (イベントホールと屋外ステージ間は滅茶苦茶遠い)

村おこしイベントサイドで東京からツアー企画あり

 (ファンの規模よりは明らかに募集人数が少なく、かつ2人以上の参加必須)

------------------

○私とAのイベント参加前の状況及び2日間の予定について○

・N県と隣接県在住の私とAは、Aの車でN県まで行き、イベントに参加

 (イベント会場近辺は公共交通機関がほぼ無く、車での移動が必須の為)

・隣接県とはいえ、1日目のイベントは22時頃終了かつN県は雪が降る地方の為、念の為私とAは2日目の会場近くにホテルを取っていた

・2日目に観光する予定だった為、1日目はまっすぐホテルチェックイン

アイドルサイドの運営から提携ホテル宿泊者にはノベルティプレゼントありとアナウンスがあった為、恥を忍んでチェックイン時、フロントノベルティが頂けるか確認し、ノベルティを頂く

 (本来宿泊予約時に伝える必要がありましたが、公式からアナウンス前にホテルを予約してしまった為当日確認ノベルティを頂けたことは大変感謝しております。)

・2日目については、都内イベントでもお世話になっているBさんも急遽参戦出来ることとなった為、イベント後は一緒に食事観光等をする予定だった

------------------

時系列概要

●1日目(イベント会場)●

イベント会場に向かう時間となった為、とりあえず会場まで車で移動

ツアー参加者より若干早くイベント会場に到着

・Aと駄弁っていると、突然Xさん(完全初対面)から声を掛けられる

Xさん「あの、すみませんもしかして○○ホテルに泊まってませんか?」

A・私「?はい、泊まってますよ」

Xさん「よかったぁ~、私もそこ泊まってて…フロントさんにイベント参加の為に2人組で泊まってる人がいるって聞いたんですよ。良かったら帰り一緒に帰りませんか?」

A「あ、私たち車で来てるんで…」

Xさん「そうなんですか~、夜道怖くって…」

(※決して乗せてとは言わない)

A「えっと…良かったら乗っていきますか?」

Xさん「いいんですか?ありがとうございます~!じゃあ、またイベント後ここで!」

(友達を見つけたらしく、Xさん立ち去る)

~1日目のイベント終了後~

Xさん「あ、待ってたんですよ」

A「…お待たせしました、行きますか」

私「そういえばイベント中、過去DVDの話してましたね」

Xさん「そうですね!でも私、あのDVD見られてなくて…」

A「今夜私と一緒に見ようって話してたんで持って来たんですけど、良かったら一緒に見ますか?」

Xさん「わぁ!嬉しい!!ホテル着いたら即お二人のお部屋行きますね」

私「了解です」

●1日目(ホテル)●

とりあえず着替えてきたXさんを部屋に迎え入れ、軽く自己紹介等をして、DVD鑑賞会。

DVD鑑賞後(AM0時)~

Xさん「いや~、やっぱ○○は最高ですね」

私「久々に見ると新たな発見がありました。めっちゃ良かったです。」

A「もうそろそろ遅いですけど、Xさん大丈夫ですか?」

Xさん「はい大丈夫ですよ♪」

私「(帰らんのか)」

Xさんがまだ帰りたくなさそうな雰囲気を出すので、次のDVD提案しました。

DVD鑑賞後(AM2時)~

Xさん「結構遅くなっちゃいましたね!明日に備えてそろそろ寝ましょう」

私「ですね、起きたら連絡します」

A「明日も楽しみましょうね」

本来はAとイベント感想を言い合いたかったのですが、明日の帰路で出来る事なので、特に気にも留めずに就寝の準備をしました。

尚、この後私は気合でお風呂に行きましたが、Aは疲れてすぐ寝てしまいました。

●2日目(ホテル)●

とりあえず予定時刻通りに起床したのでXさんに連絡をし、朝食へ向かいました。

私とAが食べ終わり、出来ればイベント前にお風呂にも入りたかった為、部屋に戻ろうと準備をしました。

すると、Xさんがレストラン入口からこちらに駆け寄って来ます

Xさん「お早う御座います!お待たせしちゃってすみません!」

A・私「え、お早う御座います…」

突然私とAの卓に荷物を置き、食事を取に行くXさん。

それから20分間、私とAはXさんの食事が終わるまでXさんに付き合う事を(無言の圧力で)強いられました。

Aさん途中でソシャゲ始めたりするから食事!進まない!!

Xさん「そろそろ出ますか」

A・私「そうですね」

結局お風呂には間に合わなかった私とA。

X「じゃあ、チェックアウトするとき連絡しますね!」

A「あ、はい

別に連絡取り合う必要ないのでは?と思ったのに、ここで拒否しなかった事が今後の悲劇に繋がります

~チェックアウト後~

Xさん「じゃあイベントに行きましょうか!」

A「…面倒なので車で行きましょう、乗って下さい」

Aは色々と諦めた顔をしていました。XさんはAの提案に満足気に後部座席へ乗り込みます

●2日目(イベント会場)●

イベント会場に着いたものの、メインステージの案内がなく、右往左往しました。

Xさん「わぁ!メインステージはどこでしょうね」

A「ですね。とりあえず歩いてみますか」

私「そういえばお友達とは合流しなくて大丈夫ですか?」

Xさん「ああ、大丈夫ですよ、誰かに聞けばきっとメインステージわかりますよね」

私「そうですね。とりあえず地図ますか。んーとここが現在地で…」

Xさん「…聞いてきます。」

(明らかに聞いてこいオーラ出されたのでついスルーしてしまいました。尚、これ以降私は割とXさんに無視されるようになりましたw)

イベント会場メインステージ

とりあえずA、Xさん、私で特に予定もなく地元有志のステージや、N県の地方アイドルステージ都内でも有名なアーティストステージを見たりしていました。

ただ、Xさんは途中アイドルグッズをAに見せながら割と大きめの声で話したり、グッズを出す為なのか何度か私の脇腹に肘パンされたけど特に何も言われなかった悲しみ。

(結構ガチな当たりしてたので多分気付いているだろうに…)

イベント開始直前~

Bさんと無事合流。

流石に見ず知らずのBさんとのオフ会にはXさんも空気を読むだろう…と思っていましたが、Xさんは案の定Aの隣をキープw

しかし、Bさんはドルオタ界隈でも割と有名人なので、Xさんともすんなりコミュニケーションを取っていました。

知らない人がいてもいつも通り接してくれるBさんは本当にかっこいいと思います

それと同時におかしいなと思った時点でBさんに予め相談しておかなかったことが申し訳ないし、悔やまれます

それから10分くらいBさんと雑談し、いよいよイベント開始です。

イベントはXさんの対応で疲れていた私とAのメンタルを一気に上げてくれるくらい楽しかった!

イベント終了後~

私「いやー、楽しかった」

A「ほんとな、とりあえずBさんと合流しよう」

Xさん「ですね!」

私・A「!!?

(※私とAは連番でしたが、Xさんは全く別の席だった。それなのに既に隣にいて滅茶苦茶怖かっ

たです。)

運よくすぐにBさんと合流。予定通りカフェでプチオフ会をすることにしました。

手頃なカフェを探しに移動開始したものの、やっぱりいるXさん。

Bさんが上手いことXさんと会話して下さるものの、私とAはひたすらXさんについてアイコンタクトしていました。

普段ならBさんと雑談を交えつつ移動していたのに、悔やまれます

イベント会場近隣のカフェにて昼食~

近くのカフェに入ったものの、Xさんは当然のように真ん中キープで、Bさんとは会話もままならない状態でした。

主に(Xさんが)盛り上がっていたのはソシャゲ課金やグッズを数百個購入して余って困る話等で、正直ソシャゲもグッズ購入もほとんどしない私は途中で会話に混ざることを諦めました。

(Aはソシャゲは微課金勢、Bさんはガチ課金勢です。)

普通にイベント感想とか話したかったのに、この時ばかりは本当につらかった。

イベント会場解散

カフェ軽食を終え、なんとなく解散雰囲気になりました。

(と言うよりXさんのバス時間がなくなる)

Bさんとはほぼ会話できないまま解散でした。

そして、私たちも帰ろうと言う雰囲気ですが、一向に離れないXさん。

バス大丈夫ですか?と聞いても曖昧な返事で、無言の圧力を感じます

5分経っても何もないまま、時間けが過ぎて行き、とうとうAが折れました。

A「N駅(N県ターミナル駅)まで送りましょうか…?帰り、通らないんですけど遠くはないので…」

Xさん「えっ!?いいんですか?申し訳ないです~でもありがとうございます!!」

(嬉しいとか感謝って言うより、やっとかよ…みたいな顔に見えました。怖かった。)

ちなみにNインターは降りますが、N駅は本当に通らないです。

寧ろ通るとしたら私とAの家の間のK駅(隣県)くらいです…

多分、Xさんのお土産の購入とか、私たち地元の小規模駅に降ろした結果、乗り換えの不便さとか、電車時間になるまで付き合えってXさんに言われるのを回避する為の対策だと思います

A優しすぎる。

●2日目(ターミナル駅へ移動)●

とりあえずXさんを連れてイベント会場を立ち、高速に乗りました。

しかし、会話も盛り上がらず、たまに口を開くとソシャゲの話やグッズの話、今回のイベント近隣の交通の不便さ、会社の話が多かったです。

正直ソシャゲ・グッズについては聞き飽きましたし、交通の不便さに関しては近隣県も大差ないので、あんまり気分の良い話ではなかったです。

仕事の話に関しては、大企業の話なので適当に受け流しつつ、状況によって返していたのですが、A曰く多分私は何回かXさんの地雷を踏んでいたみたいで、あとから少ーーーーーーーーーーしだけ申し訳ないと感じました。

ほぼほぼ会話がなくなると、後部座席からあくびのような音が何度か聞こえてきて、私も何度か眠気に襲われました。

運転していない私でさえ移るのに、Aが大丈夫だったかが非常に心配です。

ターミナル駅解散

そして、高速に乗って2時間程度経ち、ターミナル駅に到着しました。

ターミナル駅には送迎用のロータリーが有るのですが、混雑していた為やむを得ず遠めのロータリーに停車することになりました。

しかし、着いてもなかなか降りようとしないXさん。

A「混んでるので少し遠くなってしまいましたが、着きましたよ。お気を付けてお帰り下さい。」

Xさん「はいありがとうございました~」

お礼として、イベント会場からN駅までの交通費の一部(1000円)をAが受け取り、Xさんとの長旅は終了です。

(イベント会場からN駅までは公共交通機関を使って2~3000円程度掛かる)

(車だと2000円くらい)

しかし、圧力に負けてXさんをN駅(ターミナル駅)まで送り届けた訳ですが、冷静に考えるとロスすごい。

本来帰宅ルート:Nインター→(15分)→私宅→(30分)→A宅 計45分

N駅経由ルート:Nインター→(30分)→N駅→(30分)→私宅→(30分)→A宅 計90分

A、本当にお疲れさまでした。

N駅を出たあとのAのため息は凄かった。

------------------

○終わってみて私が感じた事○

Aとは同県ですが、別の市に住んでいることもあり、いろいろ積もる話もあったのですが、他人の前では流石に個人的な近況報告等出来なかった事が結構ストレスになってしまった感じがします。

あと、BさんともA経由で親しくなったのですが、前回お会いした時から進展のあった話もあったので、ゆっくり話せなくて残念でした。

正直な話、一日目の段階では多少は不満があってもそこまでXさんの事は嫌いではなかったです。

しかし、二日目もまさかここまで粘着されるとは思わず、しばらくアイドルイベントに行くのがトラウマになりそうです。

こちらも嫌な事をきちんと嫌と伝えられなかった為、お互い様な面も大きいですが、出来れば察してちゃんなりに、こちらの気持ちも察して欲しかった。

------------------

もやもやした事○

・同じイベント参加者が2人いる旨を本人の了承なしに他人に伝えたホテル対応

 (これに関してはちょっとクレームを入れたい。直接拒否せずに接してしまったのは私たちの落ち度ですが、ホテル対応きっかけになって楽しみにしていたN県観光が出来なかったことに関しては再発防止に努めてほしい)

特に約束もしていないのに、2日目のイベント中ずっとXさんに一緒にいられたこと

 (元々Aと私は食べ歩きが好きなので、自由に現地の屋台食べ物等を食べ歩きしたかった。小食と言っていたXさんを連れまわせなかった。)

・連絡先を交換したものの、解散後お礼等の連絡がなかったこと

 (せめて無事に帰宅出来た等の連絡が欲しかった。Aと一緒に事故等に遭われていないか結構心配してました)

・明らかに在来線駅まで乗せて行って欲しそうなのに、最後まで自分から言い出して来なかったこと

 (自分から頼んでくれればまだ仕方ない、と言う気持ちでいられたのに、最終的にAから提案する事になってしまったので、提案した手前Aは大分神経擦り減らしながら運転してました)

・Xさんの話があまり楽しい話でなかったこと

 (CD・グッズ等の大量購入の話や職業関東自慢(地方dis)等が多くて、グッズは1つで十分(寧ろ大量購入で買えなかったユーザーが出るのが嫌)派かつ地方で楽しく暮らしている私とAはどう反応していいかからなかったです)

 (あと、正直交通の便は悪かったですが、新幹線駅は近いのでグッズに10万掛けられるなら交通費ケチらず掛けて欲しかったです)

------------------

自分たちの落ち度○

赤の他人不用意に親切にしてしまったこと

ファン同士のつながりが強いアイドルの為、不評は割と一気に拡散されてしまうし、下手するとアイドル自身事務所にまで伝わってしま可能性が高く、叩かれることを恐れて、嫌われないように保身に走ってしまいました。

 (※念の為言いますが、アイドルファン自体はいい人が多いので直接叩いたりはされません。ただ、拡散力の強い人が悲しかった…等言うと滅茶苦茶広まります。こわい。)

評価を気にする余り、強い拒否が出来なかったこと

反省しています。きちんと翌日の予定を伝えた上で現地解散するって約束しておけば良かった。

・当日現地に向かった際の状況をBさんにお伝え出来なかったこと

→これも反省しております

 きちんと状況をお伝えした上でBさんに相談しておけばよかった。変な状況にBさんを付き合わせてしまったことが心苦しいです。

 (Bさんには帰宅後に謝罪しました)

------------------

最後に○

恐らくXさんも完全に悪意があって粘着してきたのではないと思いますが、長時間親しくない人と過ごすことは結構ストレスです。

交通手段が整っていない遠征地で自分を助けてくれるのはお金だけです。(暴言)

快適な旅がしたいのであれば現地のタクシーレンタカーを使いましょう。友達がいれば割り勘でなんとかなります

それも無理なら身の丈にあったイベントに参加して下さい。

近隣からの参加ファン遠征者のタクシーではありません。

2016-11-14

テレビ醜態晒しサービス宣伝をしたのに、何の報いもない件

タイムチケット(https://www.timeticket.jp)という、個人スキルマーケットプレイスみたいなサービスがあって、僕はそこで「すべらない話を30分し続けます」というチケット販売している。

まぁ、最初はもちろんシャレでそういうチケットを出してみただけなんだけど、なんか気まぐれで買ってくれた人がいたり、会社の人が買ってくれたりして、購入実績は一応3ということになっている。

このサービス上でチケットを公開したのはもう2年以上前なんだけど、つい先日、下記のようなメールが来た。

はじめまして

タイムチケット運営する山本と申します。

突然のメッセージ申し訳ありません。

取材のご協力のお願いがあり、メッセージさせていただきました。

今回、XXX という番組からタイムチケット取材したいという話がきています

(中略)

そして、この番組スタッフからタイムチケットチケットを発行されている◯◯さんを取材したいと連絡がありました。

(こちらからおすすめチケットリスト20件ほど提供し、番組スタッフがそのなかから選んだ形です)

こちらの番組取材を受けていただくことは可能でしょうか?

取材を受けていただいても、番組出演が決定するかどうかは分からないということです)

もし取材可能でしたら、番組スタッフから取材趣旨説明などさせていただきますので、

◯◯さんのメールアドレス電話番号を教えていただけますでしょうか?

まぁ、おもしろいかなと思ってOKして、その後は番組スタッフとのやりとりとなり、実際に出演することになった。



そして、結論からいうと、滑ったわけである



考えても見て欲しい。生放送の、しか芸人MCテレビ番組

そこで素人が30分もすべらない話をし続けることなど、できるわけがない。

まり、僕は最初から「滑り要員」だったのだ。

打ち合わせのときにはあんなに笑ってくれていた番組スタッフも、僕がいざカメラの前で、とっておきの「北山くんの話」を披露しても、クスリともしない。



いや、もはや、僕は良い。こういう仕事(?)をやっている以上、滑ることだってある。そんなことを気にするべきではない。

ただ、浮かばれないのは北山くんだ。

この話は、「小学校ときいじられキャラ同級生北山くんをイジっていたら・・・」という話なのだが、

北山くんは、20年前のいじられていた時の話を蒸し返されたばかりでなく、それを「滑ってる話」とされてしまったのだ。



もちろん、この話をチョイスした僕に第一義的な責任がある。

この場を借りて北山くんに謝りたい。

あのときはいじって本当にごめんなさい。そして滑ってしまい本当にごめんなさい。



また、本当はもっと早い段階で気づくべきだったが、この番組構成上、僕の役割は「すべること」であった。

そう考えると、まあ「滑りキャラでお願いします」とか言ってくれたらそれなりの演技もできたなあとは思うけれども、

番組に対する怒りは別にない。貴重な経験ありがとうございましたって感じだ。謝礼とか、せめて交通費はくれてもいいだろって感じだけど。




じゃあ、僕は一体誰に怒っているのかというと、そう、山本である

山本は、最初のメールを寄越して以来、僕に一切連絡をしてきていないし、当日現場にもいなかった。

そのため、なんと僕は「タイムチケットの人」として、当日、テレビの前でサービスの紹介をすることになってしまったのだ。



いや、知らんがな。



まあ、別にいいよ?俺の理解してる限りで話すことは話すけどさ、でもそこはほら、サービスとして「こう説明してほしい」とかさ、「ここを言って欲しい」とかさ、無いわけ?

ていうか、今回、「すべらない話をする僕」じゃなくて、「タイムチケット」を特集してるわけでしょ?

なんで俺が「テレビの前で滑るかもしれない」というリスクを背負ってまで、お前のサービス宣伝をしてあげないといけないの?ていうか事実として滑ってるじゃねーか。。

いやいいよ、別にサービス宣伝してあげることはもちろん吝かじゃないけどさ、そこは一言、「よろしくお願いします」とかさ、それぐらいあってもいいじゃん。

てか、放送見てないの?確かにすべったけどさ、ウソでも「面白かったです!」とかさ、言えばいいだろ。あるいは普通に「出演ありがとうございました」とかさ。

だいたい、俺はお前のサービスを使ってる「お客様」なわけ。そのことちゃんとわかってる?いや、別にお客様からって偉そうにするつもりは一切ないよ。

でもさ、俺は30分500円という値段をつけて、実際に買ってくれた人はそれを払ってるわけだけど、そのうちの何%かは手数料として持っていってるわけだよね?

しかも、番組では言わなかったけど、俺は残りの売上は全額寄付にしてるんだよね。つまり、俺は文字通り1円も儲かってないわけ。

いうなれば、お前のとこの売上のために、俺は働いてあげてるわけ。タダで。

繰り返すけど、だからどうとかじゃない。べつに良いんだよ、手数料取ったって、俺が1円も儲かってなくたって。俺もそれを全部わかってやってるからね。

ただ、客観的事実として、そういう構造になってるにも関わらず、その態度は明らかにおかしくない?って、そう言いたいわけ。



画像サービス運営者じゃないのにサービス説明をする筆者

https://gyazo.com/9b645cfa190918e5d70ff970143a59bd



で、僕は問いたい。

山本さん、あなたはこの件、どうやって落とし前をつけるわけ?

ちょっと調べたんだけどさ、最近会社自身サービスごと売ったらしいね

http://jp.techcrunch.com/2016/10/06/lelele-globalway/

金額は非公開」ってあるけど、ねえ。

テレビ取材されるような有名なサービスからねえ。



あ〜、寿司が食いてえなぁ〜。俺は寿司が食いてぇよ。

寿司さえ食えればなぁ。どんなことでも水に流せるんだけどなぁ〜。




山本さん、いいお寿司屋さん知らない?



【追記】

さっき、僕に断りなく自社ブログ画像を使っているのも確認しました。

https://tmblr.co/ZHLZlm2EerAwm

さらに追記】

↑のタンブラーポストが消されたみたいなので、魚拓を置いておきます

http://megalodon.jp/2016-1114-1836-41/https://tmblr.co:443/ZHLZlm2EerAwm

2016-11-11

公務員試験に失敗したので遺書を書いてみた

うつかれました、何日も死にたいと思うようになっています、この苦しみを絶つために自殺します。

自殺方法は何も考えてません、やはりオーソドックス首吊りか、それともこれから冬なので雪山で凍死しようか。

まあ理由公務員試験に失敗したからですね、筆記試験までは合格できたが面接でことごとく落とされました。

何もかも犠牲にして3年間公務員試験を受け続けたが結局何も得るものがありませんでした。

強いて言うならこういう職種もあるんだよと知れたことでしょうか、でもそれってお金にはならない。

いまから民間正社員になるのは不可能でしょう、年齢的にね。

もう精神的にボロボロです。何が公務員バカヤロ!!!

公務員死ね公務員なんか税金無駄だ!全員年収200万円ボーナスなし交通費家賃補助なしの非正規にするべきだ!人員も半分削減するべきだ!

官舎もなくすべきだ!

公務員なんか今より半分減らしても仕事成り立つだろ

非正規だらけになると個人情報漏れる?いまでも垂れ流しだから変わらん!

死ねクソ公務員財政赤字のくせにのんきにボーナス増額してんじゃねーよカス

面接官なんて人を見る目があると思ったら大間違いだ!

面接なんて8割は運ですから

努力でなんとかなるのは2割でーす、これ重要だぞ今後の公務員受験生!!!

死ねクソ

とまあ公務員試験が失敗したら自殺視野に入れなきゃならんということを受験生は心得ておくように。

民間就職できるなら民間でしといたほうがいい、そっちのほうがつぶしが利く。

ブラック企業でも3年間頑張ってスキルつけて転職すりゃいい話。石の上にも3年だ。おれはつぶしの利かない石の上で3年頑張ったからもういいや。

俺はよくある人生絶望して通り魔を起こすことはしない輩なのでご安心ください、そういう勇気はないです。

というわけで私はお先に逝きます。多分今年中に…ではさようなら





※追伸 この文章はどんどん転載しても構いません、公務員を目指す多くの学生に見てもらいたいです。

人の書いた文章やら画像無断転載して金を稼ぐアフィブログは心底嫌いですが、まあ私は死にますんで構いません。

最近嫌いになったものポケモンGO、あれは殺人ゲームなので規制するべきだ。任天堂ナイアンティック死の商人だ!

ついでに俺の好きなゲームネガキャンしまくるゲハ民は死ねゲハブログ死ねはちまJIN死ね!お前らがゲーム業界崩壊させたのだ!

あとはじめしゃちょーも嫌い、なぜかって?俺にはないもの(金と名声とイケメン)があるからアンチ嫉妬アンチしてるとはまさにこの事!

ついでにヒカキンセイキンも水溜りボンドもラファエロ他人誹謗中傷して稼ぐシバターも、子供を使って金稼ぐyoutuber(笑)死ねと言うまでではないけど嫌い。

とりあえずトランプ当選おめでとう!TPPは実質崩壊自民及び経団連ざまぁみやがれ!

面接官はこんな心の汚い俺を落としたんだ!見る目があるな!!死ね税金無駄

まあ公務員試験合格してりゃ手のひら返したように自民サイコー公務員サイコーしますがね(笑)

by死ぬまで引き際が悪い醜い20代糞男



2016/11/12追記

あと女の過度な優遇やめろよ!、俺の受けた特別区二次試験の倍率男が2倍で女は1.3倍だぞ!女はほとんど通ってるという計算おかしくねーか?

男女平等とか言いつつ実際は女尊男卑公務員試験民間とある会社が女を多くとってもなんとも思わんが男女平等を謳っている行政女尊男卑してるという…特別区だけでなく全国の様々な自治体女優遇なんだけどね。大阪あたりとか酷いらしい。

まあこれはクソ自民終身名誉既得権益代表軍国主義安倍総理に就く前からの傾向なんだけどさ、でも今後安倍の言う女性が輝く社会(実際には女尊男卑によって女層からの票集め政策)によりもっとその傾向が進むから男の事務公務員受験者は厳しい時代。男は黙って自衛隊警察刑務官受けとけと言わんばかり。

女優遇で酷いのは下のデータのように裁判所事務職、俺は受けなかったけど。人事の面から女優遇すぎる今の腐った司法、だから裁判証拠もないのに女の証言のみで無実の男を痴漢やらレイプ犯に仕立て上げる。現代魔女裁判だ。

過度なフェミニズム社会の害でしかない、崩壊させる。しか政治家やら有名人がすこしでも女の気に障るようなことを言えば叩かれる今の社会はとっくに終わってるか(笑)

じゃあな斜陽国家日本!生まれ変わったらアメリカ上級富豪白人家庭で生まれたい。身辺整理をしてスーパーバイトでシコシコ稼いだ貯金が残り10万位あるのでそれで片道切符雪山で凍死します。ニュースになるといいね

別に若いんだから死ななくてもいいのにとか反応されてるけど親はフリーターとか絶対許さんとか言ってたし…親戚も大半は許さんだろう…まあ親戚なんてたった10年で自殺者3人も出してる闇深い家系なんでまあ俺もそのリストに入るとしますか。練炭首吊り車で海にダイナミックダイブに今度は凍死が俺の家系自殺リストに入るんだから面白い

公務員試験ギャンブルということを今後の受験生は忘れないように。


平成22年度裁判所事務官Ⅰ種、Ⅱ種 総受験者数 11572

男性受験者 8230   一次試験合格者 2331  最終合格403 

男性の一次試験合格者が最終合格者になる確率は、17.3%

女性受験者 3342   一次試験合格者 715  最終合格者 614 

女性の一次試験合格者が最終合格者になる確率は、85.9%

http://gjfreelance.net/blog-entry-26.html

2016-11-09

スカイプ面接一般的なご時世、スカイプ面接をしないバカ国家会社

たか小一時間面接を受けるためだけに地方から東京に出ていって帰ってくる往復の交通費宿泊費で軽く

7万円は超えるし、その7万円を稼ぐのがどんだけ大変か少しは考えろ。しかも、7万円も出したのに不採用

場合の損失も考えろ。何のためにスカイプ存在してんだよボケ

2016-11-08

百年の恋が冷める気持ちを毎回味わう、ソシャゲーで。

日本語は下手だし喋るのは舌足らずな20代エンジニア女子です。

どうでもいいこと書きます

この1年、恋人の家に毎回1000円の交通費をわざわざかけて、会いに行った。

付き合いはじめはちゃんとかまってくれた。

慣れてきたら相手ソシャゲーに夢中になって、ご飯と寝ること以外は一緒に過ごさなくなっていった。


会話も私からしないとなかった。


注意せず鬱憤が溜まって1度だけ怒ったけど、なら構ってって言えばいいと言われ、逆に構ってって言ったら面倒くさいと言われてしまった。


最初は悲しかったけど、2日間泣いたらどーでもよくなってきて、逆にこんなに冷めてしま自分自身が悲しかった。

また1年という貴重な時間無駄にした。


ようやく休みが合って時間削ってわざわざ会いに行ったのにな。

行っても塩対応なら行かなかったのにと思ってしまう。

その間副業してたら2万円は確実に稼げてた、勿体無い。

逆にいうと塩対応恋人は2万円の価値もないってこと、私にとって。


改めてゲームゲームの仲間とギルドの方が大事なんだなーって呆れてしまった。

一生ゲームより格下に見られる生活を選ぶことはできないと思ってしまった。

私はゲームより悪いコンテンツだということを知ってしまった。

もちろん、お前がダメなんだろ!都合のいい女なんだろ!ブスなんだろ!という意見否定しないが、そう思った瞬間見切って欲しい、男性諸君...。

振りたくない、振るのがめんどくさい、そう思っているなら今すぐ別れろ!楽だぞ!ソシャゲーずっとできるぞ!


恋愛がつまらないコンテンツになるのはプレイヤー次第だ。

要するにお互い協力すればいいだけなのに、一方が協力しなければすぐダメになっていく。

ソシャゲーでギルドが優勝しても彼女との協力ができない時点でコミュ障だぞ!

いつサービス終了するかわからないギルドを守るのか、サービス終了が突然くる彼女を守るのか、彼女が上位にこない時点で彼女サービス終了させとけ!退会退会!


そんなわけで愛想つかしながらだましだましお付き合い?して、すごい好きだと思っていたが、面倒くさい、うざいという言葉で一気に目が覚めてしまった。

百年の恋が冷めた音がした。

今は別れていないけど、そのうち別れるだろう。

早くサービス終了してくれって思っている。

自分からサービスを閉じるのは癪に触るので、この記事を見て終わらせて欲しい。

もう彼女サービスやめるから



これを読んだソシャゲーが好きな恋人がいる男性へ。

ゲームに興味がない彼女はすぐ冷めていきます

理解範疇を越すプレイ破滅します、恋愛サービス終了です!




実は、ゲーム恋人を取られたのは3回目だ。

毎回毎回思うのはソシャゲーを恨む気持ちばかりだ。

ソシャゲーとうまく生活できない人、つまり自己管理出来ていない人。

そんな人と3回もお付き合いすると見えてきたのは人間廃人課金厨にするソシャゲーの仕組みだ。


たった月に1,2回のデートでもデート中にずっとゲームする人の神経は信じられない。

ログインボーナスぐらいならまだしも長時間playするのであればデートする必要がない気がする。交通費無駄だ。

なぜ我慢できないのか、将来子供と一緒にいるときソシャゲーするのか、彼らの将来が怖すぎる。

パパはいつもなんでスマホみてるの?

こんな言葉子供からは聞きたくない。


喪女に逆戻りした今、ソシャゲーの会社転職しようかと思っている。

エンジニアとしてはすごく魅力的である

成長分野だし、エンジニアとして大きな喜びを得られると考えている。

なによりビジネスモデル面白い

ゲームプレイは嫌いだが、作るのは好きという特異な喪女を引き取ってくれるのかはわからないが、男を奪うソシャゲーを作る立場になってみたいと思うのは性格が悪いのか...



一度ソシャゲーとの距離を測った方がいいと思うよ、現代人。

2016-10-28

多ステは罪なのか

ジャニヲタになってから、もうすぐ10年が経つ。最初茶の間で、当時好きだったグループテレビの中で笑っていてくれればそれでよかった。それが大学進学と共に東京に出てきて、現場に行きやすくなったことで私は様々なグループ現場に足を運ぶようになる。恐ろしい勢いで現場厨への階段を駆け上ったのだ。その中で、私は多ステというものを覚えた。多ステとは、1つのコンサート舞台複数回入ることを言う。今回はそんな私がノリと勢いだけでとあるグループツアーをほぼ全ステした時の話をするのだが、せっかく匿名にしたので包み隠さず全部話そうと思う。私はこのツアーに25公演中の20公演参加し、地方も含めて約10会場回った。気分は共にツアーを回るバックJr.だ。そのくらいの達成感はあるし、その分時間お金もかかる。ではこれから、この経験を通してわたし自身が考えたことを、つらつらと書き記していこうと思う。

2時間半の楽しさ=?

単刀直入に言うと、私は定価主義ではない。こうしている今現在チケット流通センターチケットキャンプメルカリヤフオクなど様々な媒体チケットの高額売買が行われているが、私はそこでチケットを買うタイプヲタクだ。もちろん定価でチケットが手に入るに越したことはない。誰だって出す必要のないお金は出したくないはずだ。

しかし、最近そうも言ってはいられないのが現状としてある。所謂"相場"の高い公演(ここでの相場とは、倍率が高かったり人気の高いタレント、バックJr.が出演する公演のことを言う)では、定価でその公演に入ることはほぼ絶望的だ。天下の嵐さんのチケットなんかだと、アリーナが25万円で取引されていたりする。そしてヲタクはそういったチケットの値段を、単位を省いて"25"というような言い方をするのだが、これによってさらに高額売買をしているという意識が薄れてしまう。"3"と言われると、"3万円"と言われた時よりも罪悪感が薄れてしまうような気がする。

そして、例えチケットが手に入る状況になったとしても今度は欲が出る。彼をもっと近くで見たい、あわよくば気づいてもらいたい。以前どこかで聞いたことのある言葉を借りるとすれば、見たいという欲求より、見られたいという欲求の方が強くなってしまうのだ。

このことから私は今回のツアーにおいて、チケット代だけで約30万使った。普通の人が見たら目玉が飛び出る金額なのかもしれないし、私の様に普段からチケットの売買をしている人たちからすればなんてことのない金額なのかもしれない。「お金を落とすこと」が愛になるとは言わないが、少なくともCD雑誌を購入したりコンサートに行ったりすれば、彼の事務所内での立場は良くなる。ただし高額売買というのはこの限りではない。私が必死バイトして稼いだお金は、どこの誰かも分からない人のお財布に入ってその人の生活を支えることになる。御門違いも甚だしいことは分かっているのだが、それでも買ってしまう、最早麻薬にも似たところがあると私は考える。

2時間半の幸福(かもしれない)な時間を数万円で他人から買うのだ。

女同士のマウンティング

少し前に「ファーストクラス」というドラマ話題になった。仕事お金や持ち物、男などの様々な観点から主観勝手順位をつけることで会社での地位立場を築いて、ファッション編集部という女社会いかにうまく生き抜いていくか。そんなドラマであるジャニヲタ同士もこれに近いものがあるのでは、と私は思う。どれだけ多く、より良い席でコンサートに入ったか。見た目に気を遣っているか否か。比較観点は様々だが、私は前者の「どれだけ多く、良い席で入ったか」に囚われてしまった。さらに言うと、この文章には"同担より"というワードが追加される。

自分身の回りにいる同担よりも、より良い席に沢山入りたい。他の同担よりも自分に構って欲しい。女の汚い嫉妬だと言われてしまえばそれまでなのだが、当時私はとてつもなく真剣だった。それ故に、高いお金を出して入った席で同担と隣になってしまえば、この世の終わりかの様に落胆する。それが規定うちわを所持した茶髪ゆる巻き花柄ワンピの女であったならばダブルパンチだ。

実際に私は一度この状況に直面したことがあった。頑張って生活を切り詰めてなんとか買ったチケット。物凄く楽しみにしつつ席に向かうと隣には、キラキラグリッターのどデカ規定うちわを掲げた所謂量産型ヲタク。それまでのウキウキしたテンションは、一気に地の底へと落ちる。

「終わった………………」

うその公演で構ってもらうことは無理なんじゃないか、この人の隣にいる自分がこの人より先に目につくはずがない。そう思って、頭に回るのはチケット金額だった。冷静に考えれば馬鹿馬鹿しいのだが、躊躇せずに買うくせに公演に入っている時にはどうしても「その値段に見合う価値」を求めてしまう。その価値とは所謂ファンサ」のことで、せっかく目線の来る席を抑えたんだからこちらを見て欲しい、あわよくばファンサが欲しい。そういったエグい感情自担が近くにいる時は常に金額と共に頭をぐるぐる回っている。食べ放題バイキングで元をとらなくちゃ!と焦る感情と似たものがあると私は思う。それでファンサをもらえれば浮かれポンチでその後のことはよく覚えていないし、もらえなければどこか沈んだ気持ちコンサートを終える。毎回ファンサをもらえる保証なんてないし、なんならもらえない確率の方が高かったりもする。楽しみに行くはずなのに、本末転倒だ。若手グループで、まだまだ狭いキャパでやっている間は仕方のないことだとは思うが、コンサートファンサありきになってしまうのはとても悲しい。

感じなくてもいいところ

これ。ほんとにこれ。多ステすると、感じなくてもいいことを感じてしまったりする。例えば「このセトリどうなん?」とか「このゲームどうなん?」とか。2、3回だったら普通に楽しんで終われたんだろうなってところにも目をつけてしまった。

あと単純に飽きる。ただこれに関してはもう仕方ないことだと思って、ある程度は覚悟した上で公演に入っていた。あくま個人的意見なのでもちろん全ステしたって飽きない人もいるだろう。しかし私には全ステは向かないんだな、と思った。というのも、6公演目を過ぎたあたりから自担の出ている曲以外はメモの整理時間or休憩時間になっていたのだ。ペンライトは腕にぶら下げてライトも消灯…いやチケ代勿体無いにも程があるだろ。自担が出ている曲以外もせめてペンライトを振っていられるくらいの回数で止めるべきだな、と確信した出来事であった。


まとめ

ここまで私が多ステをして感じたことをまとめてきた。結論から言うと、私はもう全ステを目指すことはない。腹八分目がちょうどいいとはよく言ったもので、コンサートしろ舞台しろ、"ちょっと物足りないな"くらいで終わらせるのが1番気持ちがいいし、思う存分ロスに浸ることが出来る。最終的に交通費なども合わせるとツアーを回るために私は3ヶ月で50万使ったわけだけれど、ここまでやってようやくそのことに気づいたのは本当に馬鹿だったなとは思う。ただ逆に言えばここで気付けてよかったな、とも思っているのだ。

実際今回コンサート中に、高いお金を払って入ったコンサートで真顔でメモを取って野鳥の会をしている自分客観的にみてしまって虚無感に襲われ、自担ステージ笑顔を振りまいている中で泣いたことがあった。自担のことを見るのは楽しいことのはずなんだから、今後は笑顔で楽しめるヲタクになりたい。馬鹿みたいに高いチケット代金を赤の他人に支払うために必死で働いて、稼いだお金をそのままATMにつぎ込む選択をしてしま自分の心に待ったをかけられるような大人になりたい。

現在の話をすると、私は未だにnot定価主義はやめられずにいる。入りたい公演があれば買ってしまうし、それによって家計は火の車だ。人間ってそうすぐには変われない。ただ、第一歩として見栄や意地でチケットを買うことはやめてみた。それだけでも私にとっては大きな第一なのだ。今後、私自身どこまで自制することが出来るのかは正直わからないが、あの虚無感をもう一度味わうことがないように祈るばかりである

2016-10-24

anond:20161023181638

地元田舎でも都会でもないと思う)で新生活を始めるに当たり、

・乗り換えなく通勤できるバス沿線上に住んで少し家賃高く設定するか

中古車でもローン購入して、その分郊外家賃の安いところにするか

で迷ったけど、結局家賃自体はは月2万円も変わらないのよね。結局後者でも駐車場代が多少かかったりするし。

かといって月2万じゃ何年ローンくんでも大した車は選べないし、維持費もバカにならない。

都会の家賃が安いとまでは言わないし、交通費にその分割いてるのかもしれないが、

確かに家賃vs車は(車が必要な位の田舎なら特に)一考の余地ありとは思う。

http://anond.hatelabo.jp/20161023102338

同じ会社の同じ給料で転勤で

・最寄りのコンビニまで片道6kmのど田舎

ギリギリ東京通勤圏内郊外利根川渡った向こう)

・都23区

政令指定都市100万人クラス

と、暮らした身からすると、どこでもやり方と環境次第としかいいようがない。

一律に田舎と都会なんて雑な分け方は無理だ。

関係固定費10万円以内として、パラメータの割り振りだ。

ただ、東京都23区内で3部屋以上はキツイギリギリ板橋区江東区の端っこ。JR外すのがポイント都営かな?

実感としては

「(平均的な給与暮らしで、一部の資産家を除き)政令指定都市学校に通わせられる程度の田舎で親の代から持ち家、そこそこの企業工場製造現場づとめ正社員社食付き、作業服安全靴交通費支給基本的福利厚生完備)、ゴールデンウイークシルバーウイーク田植え稲刈りの程度の規模の兼業農家)、(奥さん公務員事務職だとなお理想的)」

あたりがもっと昭和家族観における日本的理想暮らしにおけるコストパフォマンス最大値に近いかもしれないとは思う。

2016-10-23

労働法違反てんこもり職場だがまだ一カ月目だったから次決まるまでは居ようと思ってた。

しかし、自分でも意外なんだけど些細な交通費についての一言で心が折れた。

交通費は、出ない、かな」

求人には交通費支給と書いてあったけど実際には自宅から会社までの交通費はでないと。

月1、2回呼び出される本社までの交通費のことだそうだ。

社会保険に入れない、残業代がでない、雇用契約書がない…これらはまだ会社杜撰で物知らずなんだという自分への言い訳が考えられたが

交通費は悪意と白痴レベル想像力の無さしか理由が残っていない。

俺の中にある「いくらなんでもそこまではないだろ」って最低ラインを割ってしまった。

もうね、仕事中だったけどすぐに失業手当を調べてインフルエンザってことにして早退したね。

んで、仮病中にハロワ行って相談して確実に貰えるって確定した瞬間に「今日辞めるわ」って電話した。

こんなに躊躇なく仕事バックれたのバイトでも経験ないわ。

まったく心が痛まない。

つーか未払いの残業代請求するから待ってろよ馬鹿会社

2016-10-20

ぐちぐちぐちぐち

会社40代のおじさん。

中途採用で入ってきてから3年くらいずっと取引先に出向してて、

半年前に事務所内勤務になって、今月からまた取引先に出向した人。

時間がなかったわけでもないのにデスク周りまったく片付けないままで出て行ったもんだから

次にそのデスク使う人が(今までは共有スペースで作業してもらってた)困ってて、

先週の水曜日に「今週中にデスク片付けてください。残ってる分は来週頭にまとめます」て連絡しておいたのだけど

まったく返信寄越さないから今週頭にみんなで荷物まとめてあげて

荷物まとめたので今月中に引き取りに来てください。来月頭には処分します」

て連絡して、でもやっぱりうんともすんともで。

さっき電話したら「ロッカーとか倉庫に入れて置けないの?」と言ってきたので

倉庫はそんな無駄なスペないし、半年もいたんだから知ってると思いますけどそんなロッカーありませんよね」て突っぱねたら

だって部長がそうすればって言ってたからあると思うじゃん」て部長のせいにする40代おじさん。

「じゃあどこか隅にでも置いといてはもらえないの?」てまたまた提案してきたので、

(そういえばこの人「返信しなくてすみません」も「荷物まとめてくれてありがとうございます」も言わないなぁ)て思いながら

ボスがそういう無駄ものを置いておくの嫌いな人だって知ってますよね」

て言ったら「じゃあ他に…」てまだ言うから「というか逆になぜ今月中に取りに来れないんですか?」

て聞いたら「だって一回じゃ持って帰れない量でしょ、何往復もしないとでしょ。

交通費自腹だし荷物送るにしても送料出してくれないでしょ」

て言ってきて、本当にこのおじさんは何を言ってるんだろうって。

その後部長が来たから軽く話したら、多分今週頭の連絡受けた後に「荷物捨てるって酷くないですか!?」て怒ってたそうな。

こっちには一つも連絡いれずに。

どこまでも自分に甘い40代おじさん。

何で自分荷物責任持てないのか。

出向が決まったら普通自分荷物片付け始めるじゃん。

ダンボール紙袋もあるんだからとりあえず詰めるじゃん。

忙しい忙しい言ってるけどいつもお昼出勤で20時くらいには帰ってるじゃん。

どう考えても荷物まとめる時間あったじゃん。

出向先と事務所距離も徒歩20分くらいなんだから歩けばいいじゃん。

何よりこっちから連絡しないと何にもしないのが社会人として無い。

そういえば半年間締切一度も守ってもらったことない。

どころか「1ヶ月くらい前から毎週「締切○日ですよー大丈夫ですか?」て声かけて欲しいです。

前の職場ではそうしてくれました。助け合っていきましょうよ」

て言われたのを思い出した。

さすがに気持ち悪過ぎてドン引きした。

2016-10-18

車って晴れてる日の方が高く売れるらしい

都内に住んでいる私だが、先日田舎に帰って驚いた

都内では車を運転しないので気づかなかったが

片側3車線もあるような大通りだと、中古車屋さんのなんと多いこと…

しかも、取り扱っている台数がハンパではない

なんたって、田舎のだだっ広い(それこそ新宿御苑くらいはありそうな)駐車場いっぱいに車が並べてあるのだ

最近の車(特に日本車)は軽自動車であろうが性能がよく、燃費がよく、ほとんど壊れないため

5年落ちの車であっても、何ら問題なく使えるどころか、僕ぐらい車に疎いとほとんど新車とそん色がない

それに、若者の車離れはいっても、田舎では車が必須

から中古車屋さんは車を買い取らせてもらえるように、努力を怠らない

例えば、本当はそんなこと公開しなくても良いのに、こんなノウハウまで教えている

https://www.carseven.co.jp/about/priceup

小キズの修理なんかはしてしまいそうだが、しなくても良いそうだ

それに、天候や季節のことなど、素人にはまるでわかるはずもない

この季節にはこんな車が売れる、なんてこと誰が考えるだろうか

バイクだって同じようなことが言える

そんなことしなくてもよさそうに見えるが

バイクの乗り換え支援といって、最大3万円のプレゼントがあるらしい、

https://www.bikeone.jp/campaign/index.php#campaign08

買い取ってもらうのに使ったその日の交通費食事代、

新しいバイクのための備品なんかは、それでまかなえてしまうではないか

不動産に至っては、ポイントカードである

売り出す契約をするだけで、3万円分もらえることろもあるそうだ

http://www.keikyu-sumai.com/contents/code/sell_fair/

媒介契約の締結が条件なのだから買取希望者が気に入らなければ売らなければいい

よほどのことがなければそんなことはしないだろうが、ほとんどタダで渡したも同然だ

必ずしも買う側が偉い、というわけではないということを痛感する

2016-10-17

アハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ

給与明細送ってない(本社にある) → まぁまだわかる

残業ほとんどありません(求人記載) → 残業地獄

なのはまぁムカつくがよくあることだ。しか残業代が出ないのは許さん。

交通費支給求人記載) → 「支社~本社は出るけど自宅~支社は出ないよ」

おれ支社採用なんですけど!

求人のは月1、2回の本社打ち合わせの交通費のことかw詐欺かよw

保険完備(求人記載) → 「社会保険には試用期間終わらないと入れないよ」

から聞く前にっていうか入社初日に言えよ。任意保険手続き期間過ぎるだろうが!

つーか労働法違反から

雇用契約書 → 「保険のことですか?…そんなのうちでは書いたことないですね」

目玉ポーン(AA略

アハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!

アハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!

アハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!

2016-10-10

Yahoo知恵袋への回答

デート食事代払ったのにホテルに行けなかったから、割り勘代5000円返してくれといって口論になった話。

(ちなみに5000円は返してもらえている)

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14165312519

折角答え書いたのにServerがBusyなので投稿できないか匿名ダイアリーにかく


収支を短期的に見すぎているために起こるミス、および怒りです。

1セックスごとの収支を必ず黒にしたいのであれば、今回は交渉ミスでしょう。5000円もらえたのはラッキーでした。

逆に言えば、セックスもできない女と食べたくもない5000円の飯を食べたわけですから、飯代5000円は回収できたとしても時間的には赤です。

次回からは事前に「セックスさせてくれるなら食事代をおごるけどそれでいいか?」という合意とりましょう。できれば食事に誘う段階で合意することができれば、時間的な損失も回避できます


事前に合意が取れないというのであれば、そもそも毎回収支を黒にすることは不可能です。その場合は、収支を見る範囲(期間や人数)を広げましょう。

そうすれば、

①5000円程度撒き餌として必要経費に参入できるため、最悪お金を回収できなくても納得がいく

相手に対して期待値計算し、経費の幅を設定できるため節約可能

あなたには後者の考え方があっていると思います。この考え方であれば、撒き餌の経費を最小限にするために5000円を後から請求するにも合理性があります。また、この方法使用するメリット特に貴方に対して)が大きく2つありますので心に止めておいて下さい。

①ちゃんと期間をおき、出費を経費として考えられれば、その場で口論するのが得策かの判断(次回へ持ち越し)もできるため、より交渉の幅が広がります

②この考え方は、成功率を挙げるために事前に合意を「とらなかった」ので、食い逃げだとイライラする必要はありません。選択的に食い逃げを許容しているのです。


まだレベルがさほど高くない方とお見受けします。

食事代、交通費ホテル代、時間的損失をちゃんと予算立てれていません。ホテルに誘う目的、なぜ素人相手にするかをきちんと考え、予算を立てて下さい。貴方食事代5000円とホテル代12000円をかけてしたセックスは、本当にその額でなければできなかったのでしょうか?

セックス合意の元で行われるため、いくら費用をかけたか本質的ではありません。全て割り勘のセックスもあります。すべて割り勘にしてもいいような貴方の魅力を考えて下さい。

補足

常套手段として、「今回は割り勘だけど、今後もっといいことがありそう」と思わせるという手段があります。これは高等手段ですが、演技力さえあれば可能です。

打数打率×打席ですが、一口打率と言っても相手によって違います打数打率×打席だよと言うアドバイザーには注意して下さい。まやかしです。打率が大きく変動するポイントを見つけ、改善することが真のアドバイスです。

2016-10-09

地方住みのオタク

チケット代よりも遠征費のほうが馬鹿にならない。

劇場に来い来い来い来いいうばかりでなく、みなさまが地方にいらしてくださいと

たまに思うことあります

チケットのウン倍が交通費で飛びます

観劇時間より遠征時間のほうが断然長いです。

それでもいいと思って普段遠征してまで行って楽しんでますが、

たまにふと我に返って使ったお金の多さにちょっとびびります

そんなでもやめられないか依存症に近いんだろうなーなんて思いました。

2016-10-06

女性向け同人誌価格について

もう何度も出尽くされた話だけど、数年作る側として同人誌頒布してみて価格について自分なりに考えたことをまとめようと思ったので。

価格のことはイヤでもついて回ったのであくまで一個人の考え方としてアウトプットしてみる。

 

 

そもそも弱小サークルなので印刷費+スペース代がとんとんって感じだったけど、それでも最終的に大きな赤字にはならなかった。

これは本自体を少しだけ多めに刷って半年以上(本によっては一年とか)+通販在庫を捌けさすスタイルだったことももちろんあると思うんだけど、私のようなへっぽこが趣味として同人をしていくうえで赤字が少なくすんだのはジャンルカップリングと毎回新刊を手に取ってくださった方々に感謝するばかりです。

 

 

同人誌で儲けることについて

私はこれを「多少は儲けたっていいじゃん」と思っている人だけど、黒字がでた分に関してはできれば他の人の同人誌買ったり、お世話になってる印刷会社さんにお金を落としたりしてくれれば嬉しいなぁとは思う。

私のカプでも【多少は黒字でたっていいじゃん派】と【同人黒字なんてもってのほか派】と両方いた。

 

んで私の周りの【同人黒字なんて~派】はとにかく儲けている人への攻撃がすごかった。

あくまで私の周りだけだから特殊な人が集まっただけだと思うけれども、黒字をだしてそうなサークルノベルティ等で還元してなさそうな人はもうなんか思い出したくも無いレベルで罵っていらっしゃった。闇を聞いてしまったと思う。

 

これはすごく勝手分析だけれどもその人たちはおそらく「ジャンルに対して真摯自分」であり「ジャンルで儲けようとしてる人間」を許せなかったんだと思うし、「自分たちがやってないことを平気な顔してやってる人」に腹がたって仕方が無かったのかな、とも思った。

 

 

趣味から赤字でいい

これは、同人に対しては半分正しくて半分間違ってることだなと思った。

例えば普通趣味で、何か習い事をしたりするってなったとき先生との相性、立地を含む通いやすさとかを見ると思うんだけど富豪でもない限り必ずそれに伴う料金を考えると思う。

少なくとも私は見る。めっちゃ考える。続けていくうえでどこまで趣味投資できるのか。お金を使えるのか。自分の月収から趣味に対してどこまでの金額を使えるのかっていうのは結構重要なことだと思っている。

 

普通趣味もしくは習い事(例えば語学教室とか料理教室とか)って同人と違って金銭のリターンがあるほうが珍しいんだよね。

から趣味赤字が当たり前で、その赤字(というか自己投資なんだけども)を財布と相談したうえで現実的な値にするかというのも本人に決定権がある。

 

でも同人ちょっと違う。

同人は誰かに強制されるわけじゃないから多くの人にとって趣味だけど、当人印刷会社だけ額を決められないんだよなぁっていうのに同人誌を作りはじめてちょっとたった頃に気付いた。

 

私を例としてあげる

私の月収、生活環から一ヶ月の趣味にあてられる金額は2,3万円ぐらいが自分の中での目安だっだ。

参加する即売会イベント基本的に2,3ヶ月に一回、ぐらいなので一回のイベントに対して掛かる金額は4万~6,7万ぐらいになる。

ここから私は【交通費】【スペース代】【印刷費】【当日買いたい同人誌】を全部まかなっていた。冒頭でも書いたけども弱小サークルなので基本的にこれだけの額があれば上記はクリアできたし、頒布側の人はわかると思うけれどもこれがいっきににドカンとくるわけではないのであくまで目安としてほしい。

 

一例としてあげると

一月:スペース申し込み代金4千円~6千円

二月:印刷費(私の場合)約3万~5万(部数とページ数によっての変動や印刷会社による価格の違い)

三月(イベント当日):交通費東京場合往復で5千円程度)、同人誌の購入費平均2万ぐらい

 

 

こんな感じで多少の変動はあれどまったりとやっていた。

ところがどっこい。私ももちろんサークル参加するとあるイベントで嬉しい誤算が起こった。

買いたい本が多すぎて上記の予算オーバーしてしまった。

再録、アンソロ、分厚い個人誌のオンパレード同人誌一期一会買わなければ絶対に後悔する。

 

馬鹿だと思ってくれていいんだけどそれはもう欲望のままに買った。戦争は大勝利だった。財布はもちろん瀕死だった。

次の日からもやし豆腐主食になった。


冒頭にも書いたけれど私は本自体を少し多めに刷って、半年ぐらいは持つように在庫を持っていた。

新刊の内容や装丁参加者の入りに左右はされるけれども基本的に一度のイベント印刷費が回収できることはない。そういうサークルでした。

 

このイベントで私の本が売れたかっていうとまぁ、まぁいつもと同じでした。

まり私は予算オーバーをし(これは自己責任であり本が摂取できてるので心は安らかだった)、イベント以降も自分にとって大きな額の赤字引きずったままだった。


赤字を引きずったままの私はどうしたか

続けていくためには黒字にできなくても現実的赤字に戻さなければ生活は圧迫されたままだ。

結論を言うと印刷費を削った。ページ数は無理だったし装丁オプションのせてなかったので部数を削りました。

 

毎回イベントでは余ってるし、半年一年持たせなくてもとりあえず落ち着くまではイベント一回分と通販あればいいかなって。

本を作るのは好きだし、手に取ってもらえると嬉しい。でも私の場合は人が作った本も欲しかった。次のイベントもおそらくこのフィーバーは続く。アニメ化して人気だったし!!!次イベは丁度推しのパートだし!!

買いたい本に割く金額が増えるのだから、使える金額の上限が決まっている以上どこか切らなければならない。

いつもより人が増えた今回のイベント新刊頒布数は変動していないのだから減らしてもいいだろう。そう思ったのだ。

 

 

そして次のイベントではありがたいやら部数読み間違えて悲しいやら新刊まさか完売だった。

受け入れてもらいやすい内容だったのも影響したのかもしれない。その本はイベント開始から時間もったかどうかも怪しい。

サークル活動を続けて私はここで初めて複数から再版ありますか?」と声を掛けられた。

刷れば刷っただけ一冊単価が下がるのが同人誌だけれども、部数を減らした私は完売しても印刷費分がやっと回収できるレベルだった。

金銭面を総合するとここでやっと普通生活に戻れるラインにはなっているが、正直再版は厳しい。だって既刊はまだ残ってる。これ以上部数を落とせば原価割れで売れても売れても赤字になるわけで、残っている既刊が全部はければ再版分の赤字を補えるがそんな奇跡に期待するのは厳しい。果たしてその赤字は私の中の現実的赤字に納まるのか?その赤字を抱えたまま次の印刷費は捻出できるのか?と思うと再版はできない。

ごめんなさい、と言うしかなかった。(今でも読みたいと言ってくれた方がいたのに再版する財力が無かったことを悔やんでる)

印刷費って自分で決めれるようで決めれないかもしれない

それまでが長めに頒布するスタイルだっただけに、いつも手に取ってくださってた方々も「あのサークル(私のサークル)は長めに頒布してくれるから後回しにしても大丈夫だろう」と思ったのだと思う。私も買う側なら私のサークルをそう判断する。

結果として手にはいらなくてももちろん自分判断を悔やむしかない。けれどこの時ふと思った。

「あれ?これって私はこの程度で済んでるけどシャッターや壁なんてこのレベルじゃ無理だよな?っていうか文句つける人でてくるだろ」と。

有名になればその分だけいい人も悪い人もついてくると思う。

そして有名な人がみんな財力をもっているわけじゃない。

 

私の印刷費はかかっても過去最高で5万円ぐらいだったけど(それでもこの額を振り込むとき勇気がいった)、大手サークルはなんかもう「私の生活費からだせる印刷費はここまでの額で刷れるぶんだけ!」って決められるレベルじゃない人ばっかなんじゃないだろうか…

私の月収を簡単に超えてくる印刷費なんじゃないだろうか……

みんなが富豪なら問題ないけど、きっと人気のあるサークルさん(壁やシャッターだけでなく)の中には学生さんもいたりするんじゃないか。そしてその人たちの財布の状況とは別に需要が発生してしまうんじゃないか

私は自分頒布数と印刷費が自分で決めれるけれど、そうじゃない人もいて、そして需要を作っている人間に間違いなく本を買った私も含まれているのでは?


そう思ったら【同人誌黒字なんてもってのほか派】が途端に恐ろしくなった。


いやいや、だって、本が買えなかったら悲しいじゃん…本欲しいよ……買わせてくれよ……印刷するための多少の黒字は確保しててほしいよ……

次の印刷費にあてるだけの黒字は持っててくれるほうが安心するよ……再版で毎回赤字リスク抱えるのやめてくれよ……額でかすぎたら心臓キュってなるじゃん

次の印刷費の満額だすような黒字じゃなくてもさ、せめて半分だけでも黒字分を確保してくれてたら安心だよ…


再版繰り返せばいいだけでは?自分が買う本減らせば?

女性向け界隈では人を叩くのに使われる「完売はわわ」「再版はわわ」というのがある

最初ツイッターとかで「完売しちゃってごめんなさい><はわわ」ってする人のことだと思ってたんだけど、毎回毎回再版してる人のことをサークル側が「いい加減学べば?馬鹿じゃないの?」と言ってたりもする…女が集まってるんだからこんなのはたぶんどのジャンルカップリングでも多かれ少なかれでもあるのかな、と思う。

私の場合は買う本を減らせば印刷費に当てられたけど、たとえば最初からどうしても我慢が出来ない分しか本を買ってない人にそこを我慢して印刷費にあてろというのは酷だし、そもそも既にそこを削っている人もいるかもしれない。

私は欲望を抑えられなかっただけなんだけど、今は不景気だし減給とかあとフリーランスの人は収入自体が左右されたりするんじゃないかな、と思うとやっぱり赤字現実的な額に抑える努力必要だし、赤字抑えた結果の本が手にはいらなくなるぐらいなら黒字だしていいから刷ってくれ!頼む!って感じがする。


まとめ

こういうのを誰かと話す機会もなくなってしまったのでどこかに頭の整理として書きたかった。


作品自分の子供なんです!とか、本が売れないと創作意欲が萎えからとか、神のアフター代まで賄うべきとか、印刷費以外の経費のことを考えろ!とか私はそういうことを言う気はさらさらないです。



 

ただ「欲しいと思った本」が「その時に欲しいと思っている人に届けられる冊数」が成り立てば最高だなって思ったら、黒字金銭的にはもちろんメンタル的にもすごく大事ことなんじゃないかな、と思いました。

2016-09-30

http://anond.hatelabo.jp/20160930155435

増田って誰よ

知らないわよ

那須塩原に帰りなさいよ

交通費なんか貸さないわよ

2016-09-29

http://anond.hatelabo.jp/20160812234513

聖地だらけにして

往復交通費居住費にする。

(連投)

2016-09-26

http://anond.hatelabo.jp/20160926011936

俺はあげた。1,500円だったけど。

5年ぐらい前だったかな。

免許証あずけるとか必ず返すからかいってたけど、どうせ返ってこないだろうわずかなお金のためにこちらの個人情報を渡すのも嫌だったし、1,500円ぐらいのことで免許証他人に預けるぐらい困窮してるならこれはもう施しだとおもってお金あげた。

免許証確認しなかったし名前も住んでいるところも聞かなかった。

その青年はとくに感謝するわけでもなく金を受け取ったらまた夜の街をどこかへふらふらと歩いていった。

しかしたら時々俺のような頭のぬるいカモがいるので手当たり次第に声をかけていただけかもしれない。

あるいは本当に返すつもりで声をかけたのに、乞食のように一方的に金を恵まれ侮辱されたと内心怒っていたのかもしれない。

しか交通費うんぬんがまるっきり嘘だとしても、あげた金をあとから惜しむような気持ちにはならなかった。

善行をしたという気分ではまったくなかったけど、その年の近い男はもしかしたら違う道を歩んできた自分自身の姿のようにおもえたから。

1,500円は当時フリーターをしていた自分にとっては2日分の食費、本当はたかがといえるほど少額でもなかった。

ともあれ、形だけでも返してもらう約束をしてお金を渡してたら、きっと後々まで金を貸したことを思い出しては裏切られたように感じてムカついていたとおもう。

http://anond.hatelabo.jp/20160926134548

交通費貸したろか?

一緒に家まで行くので、5倍にして返してくれたらええから

「『普通オタク』をやる月々のお値段が6万円」

円盤代 1万円

書籍代 1万円

グッズ代 0.5万円~

ガジェット代 2万円

イベント交通費 1万円

オンデマンド放送契約費 0.5万円



息してるだけで6万円/月!

もう底辺には関わらねえ

先週コンビニに寄ったら中年おっさんに声をかけられた。

財布をなくしたから帰りの交通費を貸して欲しい、と。

要求された金額は15,000円。

警戒心の薄いバカな俺は電話番号マイナンバーカード確認し言われるがままホイホイ貸した。無事帰れるといいですね、と。仮に金が返ってこなくてもこれは勉強代だ、と。

そうじゃねえだろ呆け。「人に金を貸すときは帰ってこない気持ちで」は自分を納得させる免罪符じゃねえぞ。

結局連絡も取れねえし泣き寝入りじゃねえかよ。

何が勉強代だ。心のモヤモヤと沸々と湧き出る怒りで寝れやしねえ。全然納得できねえ。

何も考えず思考停止して、愛想笑いを浮かべて、何でもかんでも人の言うことに迎合しやがる。

なんで「他の人を当たって下さい」の一言が言えねえんだ?

まらねえ人間だぜ。

金を貸せと頼むやつはつまり物乞いだ。物乞い底辺だ。底辺人間じゃねえ。

金を貸さねえだけじゃねえ。関わらねえ。自分のために。


[追記]

こんなありきたりな詐欺話で地味に反響があったようでびっくり。

為になるコメントの数々を拝見して、ちょっと頭が冷えたと同時に、本質があまり見えていなかった自分になんとも情けない気分だ。

タイトルとしては寸借詐欺というみみっちい詐欺行為(今回は大してみみっちくない被害だが)に遭ったということで、底辺と言うキャッチーワードを入れてみた訳だ。

しかし指摘の通り、詐欺行為を働く輩は底辺に関わらずあちこちにいるわけで、そういう意味では意識が変わらない限り、今後も騙され続けるだろう。

結局当たり前の話、自分のあまりにも低レベル危機意識の無さがこういう結果を招いたのだ。

確かに俺が悪いよ。相手もあまりに俺がホイホイ言いなりになるから逆にびっくりしたことだろう。

でもさ、人生振り返ってみると「騙された!くやじぃぃぃ!!!」なんて経験はこれが初めてなわけ。オレオレ詐欺場合もそうだと思うけどまさか自分がって思うわけ。

親には「どんな人にも分け隔てなく親切に」なんて言われて育ってきたわけ。多少、怪しいな、詐欺かな?なんて思っても人に優しくしてみたくなるじゃん。信じて賭けてみたくなるじゃん。それが「間違った優しさ」だとしても。

今回自分が学んだのは、自分は実際に経験しないと何も学ばないバカだったということ。

ネットでこういう経験談を見てると「何番煎じだよ、騙されてバカなやつwwwwww」って自分も思ってたわけ。自分だけは騙されないと思ってた。

でも違ったよ。詐欺られちまった。恥ずかしいよ。

こういうので人は成長していくのかな。そうだったらいいな。

2016-09-22

サークルチケット頂戴」について(愚痴

同人イベントサークル参加してると、友達や知り合いから「サークルチケット譲ってください」「サークルチケット頂戴」と言われる。


ときどき、助けがいるぐらいスペースが忙しくなりそうだったり、私がどうしても直接購入したい本がある時がある。

そのときは、サークルスペースが確保できた段階で、売り子さんをお願いしている。当日売り子さんをお願いした場合サークルチケットを渡して(事前郵送)、その日のご飯代、お土産代はこちらが全部負担している(交通費は無理だが)。


たまたま忙しいイベントが5回ほど続いて、6,7回目の忙しくなさそうなイベントの1週間前。

こちらから依頼してないが「イベントへ行くなら、サークルチケットください」と言われた。

特に売り子さんとしてやってもらうことはないが、いいよ、とサークルチケットを郵送した。そのイベントではこちらから仕事は一切頼まなかった。

またその次のイベント。今回も忙しくなさそう。

すると、今回も1週間前に「イベントへ行くなら、サークルチケットください」と同じ人言われた。



(え・・・っまた・・・最初からアテにされているのか?)



同人誌原稿の手伝いも、搬入も売り子も、何もかも手伝わないで、サークルチケットだけ余ってるなら頂戴って・・・ええ・・・

1度タダで郵送までしてしまった私が悪かったのだろうか。




サークルチケット欲しいなら、同人誌やグッズ作ってサークル参加してくれ。サークル参加ちょっと負担してくれ。

しんどい思いをしてくれ。

おまえが有名作家さんの本を買うために、私がサークル参加してるわけじゃない。