「自己満足」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自己満足とは

2016-09-25

http://anond.hatelabo.jp/20160925220242

増田でたくさんブクマつくと何かお金がもうかるの?

広告代理店とかから「こういう話題拡散させてください」みたいな依頼があるとか。

自己満足のためだけにやってるとしたらなんかかわいそうだな。

2016-09-24

長谷川某がムカつくのはさ

自分当事者でもなんでもないくせに

小利口なエリート集団みたいなところと自分は近い位置にいるんだってことを匂わせて

いわゆる底辺層大義という自分責任負わなくてもいいもんをバックに

排除することが世の中のためみたいな薄っぺら自己満足から抜け出せないからなんだよな。

どうせ元ジャーナリスト(笑)としての能力を生かすならその「自己責任糖尿病から透析必要になった人」にも医師と同じくらい話聞けばいいのに。

まあ100000歩譲ってヤツに同情するとしたら、今時正論をまっとうな方法で主張しても誰も食いつかないか過激言葉にすることにしたってことで

ある意味ヤツのあれを作り上げたのは便所の小バエのごときネット民てことになるんだろうな。

ていうかみんな優しいな。

とてもじゃないけど自分からあのアホのブログとか読みに行く気がしないわ。



http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/48511272.html


あとあいつの書く文章キモいところは、内容に賛成することで「私もそんな小利口エリート集団に近い意識もってまーす」みたいな優越感に浸れる仕組みになってるとこなんだよな。

そういう意味で完全なバカだとは思わないが、迷惑な知能と秀でる才能を持っているとは思う。

2016-09-23

私は自分の為にだけ生きている

スペック

大体アラフォー。妻あり、義務教育の子供二人。正社員労働者

だが、私は家族の為に仕事しているわけではない。

あくまでも自己満足の為に仕事している。

会社の為とか全然ない。

但し、それら取り巻く環境条件が上手くいかないと仕事差し支えるので、家族のため、会社の為に働いているようには見えるだろう。

だがー、超絶適当である

どーでもいいような報告とか連絡とかは、「忘れてましたー、すみませーん」の言い訳で済むのであればやらない。

多少の遅刻とかも平気でやる。

後で自分が困った事にならない範囲で、ではあるが計算尽くである

浮気だってする。

もちろん完全犯罪の如く絶対バレないようにやる。

私は自分さえ良ければいいのである

から面白くない仕事は基本やらない。仕事面白くするために必要範囲でならそれら付随する面白くない仕事でもやるが、やる時は出来る限り自分が満足出来る様にやる。

そのくせ、口では平然と「部下の為、会社の為、利益の為」とか言ってのけたりする。

違う、真実は全部自分の為だけなのである

 

別に問題ないよね?

2016-09-22

自分は少しは成長したのか

今日、好きだった人に想いを打ち明けた。

ただ、相手自分のことはほとんど意識していなかったようだ。

返事はNOだった。

しか自分としてはため込んでいた想いを吐き出すことができてラクになり、悲しさはあるがなぜか達成感と充実感でいっぱいだった。

以前は食事ものどを通らないくらい落ち込み、自暴自棄になっていただろうに…。

少しは成長できたのだろうか。

まあ、自己満足自分勝手な話なのは百も承知だ。

職場関係者だったのでヘタなアピールはやりづらかった。

状況を大きく動かすには、all or nothingで大胆な行動に出るしか思いつけなかった。

アプローチが下手くそな俺だ…。

彼女はとてもいい子だった。

内心では「何こいつキモっ!!」とか思っていたのかもしれないが、全然意識していなかった俺の言葉でも真摯に聞いてくれて、一生懸命言葉を選んだ上でお断りをした…という体で応対してくれた。

失恋は悲しいが人を成長させるものでもあるようだ。

これを糧にもっといい人と巡り会ってやる、という気持ちになれた。

…と思っていたのは最初のうちだけで、今、急に思い出して悲しくなってきた(T_T)

ほんの少しでいいので思い切り泣かせてほしい気分だ…。

低学歴Webプログラマーは何のプログラミング言語を覚えればいいの?

Node.jsってクソなんでしょ?

socket.ioとか使い物にならないらしいじゃん。

npmでインストールアンインストールできるだけの知識さえあればいいんでしょ。

じゃあNode.js覚える必要ないよね。

つうかNode.js使うならVert.xのほうがいいし。





golangを使えばいいの?

でもさほとんどの企業golang必要

5ページほどの静的サイトを作るのにgolang使ってる人もいるそうだけどPHPじゃダメなの?

コストかけてまでgolang使うメリットてあるの?

経営者から見たらエンジニア自己満足なだけで無駄に金払ってるようなものじゃない?

Webサイト運用している企業ってどんくらいあるのよ?

本当にgolang使わないとダメなの?



は?scala

結局、大企業なんて基本的にAラン大卒ネット界で知名度のある限られた人しか入社できないんだからgolangscalaも覚えるだけ無駄なんだよ。

個人利用以外で使い道がないから。



結局利用できる人が多いPHPWebサイトを作ればいいよね。

CLIツールだったらgolangpythonでいいでしょ。

javaとかcでCLIツール作るやつとか池沼でしょ。

人生限られた時間しかないんだから最善の選択をしていきたいよね。

http://anond.hatelabo.jp/20160921231051

小学生のころ、担任入院したので千羽鶴を折ることになった。

折り紙各自用意だったので、当時クソ貧乏だった自分は小遣いすらなく用意できず困ったが、母親に泣きついた。

なかなか折り紙を買ってきてもらえなかったが、提出日には折った状態の鶴を貰えた。

仕事の合間に折ったのか、やや折り方が雑だ。

しょうがないのでそのまま提出したら「○○君のは折り方に心がこもってない!」と言い、折りなおさせられた。

以降、どんな理由であろうと千羽鶴を贈る奴らは自己満足のクソだと思ってる。

2016-09-21

http://anond.hatelabo.jp/20160920164244

小学校時代自分を虐めてた奴/自分が虐めた奴なんかどうでもよくね?」

ということ

お互い顔もみたくないだろうしヒロインはともかくなんで周囲の人間がことごとく昔の人間関係蒸し返し喧嘩すんだ

西宮自身石田とかどうでもよくてそれなりに生きてた

石田自分いじめてた奴らとは顔も見たくなかった

西宮に執着してた石田石田に執着してた植野自分の思い遂げる自己満足蒸し返して周囲巻き込んだ

子供の頃の関係引きずりすぎ問題とでも言おうか

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない

orange

この辺もお前ら小学生高校の時のことにこだわり過ぎやろ

早く忘れろよって言いたくなる

2016-09-20

http://anond.hatelabo.jp/20160919233601

残業する人をみてよく思うのが

「その仕事は客に求められているのか?」

「その金額でどこまでするのか?」

と言う事です

日本サービスお金を払わなすぎです

あと日本は「おもてなし」なんて言う自己満足を客におしつけま

2016-09-19

修悦体」が気持ち悪くて仕方がない

新宿駅ガムテープフォント修悦体」なんだけど。

駅で初めて見たとき、あまり気持ち悪さにゾッとしたのは自分だけなんだろうか。

変な自己満足を感じる角の丸みや全体的なバランスに強烈な嫌悪感とともに「うげーー」って思ったんだけど、その後作者とともにこのフォント話題になるとネット上では絶賛一辺倒。

作者も人の良さそうなオジサンという感じなので、表立って「嫌い」と言えなくなってしまった。

でも、気持ち悪いもの気持ち悪いんじゃー!やっと新宿駅から消えたと思ったら、最近復活したと聞いてゲンナリしている。

そう思っているのは自分だけなんだろうか。同士求む、と言ってもどうせみんな表明しづらいんだろうな。

佐藤可士和はみんな表立って嫌いと言えるのにね。

http://anond.hatelabo.jp/20160919052335

リソースを十分に費やしてたら「打ち込んだ」でしょ。自己満足かどうかはその再関係ない。

コインタワー建設毎日やってるやつがいたとして、そんなのどんなにうまくなっても自己満足だろうけど、そんなことでも毎日時間をかけてたら「打ち込んだ」だ。

2016-09-18

無くてもいい仕事

地元おっさん自己顕示欲を満たすために補助金交付したり、いろいろ調整したりするのに嫌気がさしてきた。

自分では一切考えを出さないくせに、文句しか言わない。そのうえ何かやるにしても、結果じゃなくて自分いかに楽して目立つかしか考えていない・・

特に問題は体育委員?とかいうやつら。くだらないゲートボールもどきやら輪投げやらをやるだけでスポーツをしているつもりになってやがる。イベントやっても老害しか集まってないし。

というか老害向けイベント以外だと地域から強制徴用しないと人集まらないレベルだし。

お前らの自己満足のために税金投入してるわけじゃねーんだよクソが。その金でカラス除けネット買ったほうがまだ地域の役に立つわ。

叩かれてもいいから、何かの役に立ちたいと思って公務員になったのに、今までやってきた仕事は世の中に必要のない仕事と思うと、給料もらうことにすら罪悪感を覚えてくるわ・・・

給料もらわなきゃ死んじゃうからもらうけども・・・

かつて「学級委員長的な綺麗事」は「本音」だった。

最近、「反知性主義」というバズワードとともに

露悪的な「本音主義」に対する警告がよく見られる。


「感動」するわたしたち──『24時間テレビ』と「感動ポルノ」批判をめぐって / 前田拓也 / 社会学 | SYNODOS -シノドス- | ページ 2

小田嶋隆さんは、『超・反知性主義入門』(2015)のなかで、「本音」の痛快さが消費されていく現状に疑義をさしはさみます

近年、「『学級委員長』的言説」が忌避され、「『本音』が、まさに『本音であること自体によって免罪されるはずのものだということを、強烈に信じ込んでいる」(p107)人の声がとても大きくなってきているように感じます

善悪や正邪とは別に、『本音』と『建前』という座標軸が現れた時、無条件に『本音』を神聖視する考え方が力を持」ち、「『露悪的な人間ほど信用できる』という倒錯が生じ」ています(p109)。


 引用されている部分以外で小田嶋というひとがどういうことを言ってるのかは本がないので知らないが、

 ここで「『学級委員長』的言説」といわれているものはいわゆる「心にもない綺麗事(上の引用部では『建前』)」というやつだろう。

 「心にもない」という部分が重要だ。

 「綺麗事」の脆弱性は、まさに「本人が心にも思っていない」点にある。

 だから、露悪的な『本音トークが『建前』に勝つのは当たり前だ。信じていないものと信じているものが衝突したときに、残るのはかならず後者だ。


 でも果たして綺麗事」や「建前」は果たして本音』なのか?

 『聲の形』という漫画がある。映画化されて、昨日公開されたばかりの作品だ。

 この漫画にはまさに「委員長である川井という少女が出てくる。彼女キャラ一言説明すると、偽善者だ。

 小学校クラス内のいじめ消極的に加担し、しかしそのいじめ糾弾されるようになると「わたしは止めようとした」と一転して自己保身に走る。高校生になると入院したクラスメイトのために「千羽鶴を作って贈ろう」とクラス提案する。自分容姿の優位性や「涙は女の武器であることを巧みに利用して周囲を操り、それでいていかにも私は良い人ですという面で歩いている。


 しか彼女自分自身偽善者だとは思っていない。「私はいじめに加担してない」と本気で思っているし、「千羽鶴を折ることが良いこと」だとも本心で信じている。

 メタ認知になれたネット民からすれば「浅い」人間に思われるだろう。漫画で後半、彼女自分無意識計算高さに勘付く展開になる。それは置いといて、現実にも「千羽鶴を折って送ることがいいことだ」と何の留保もなしに信じている人間はいっぱいいる。

 それをネットでは「自己満足にひたりたいだけの偽善者」と呼ぶ。でも本当にそうした人々は「自己満足」なんだろうか。

 こと千羽鶴に関しては「ごみ処理する手間がかかる」「送られる本人は千羽鶴なんかより欲しいケアがあるはず」などといった「送られる相手を慮れ」問題が絡んでくるので一概には言えないが、「良くなって欲しい」と虚心坦懐に、千羽鶴にまるでまじないでもかかっているかのように信じている人は一定数いる。

 素朴な人々、とネット民なら言うだろう。

 だがその浅薄な思いやりはかつては「本音」だった。今だってそうだろう。

 それが、「建前」や「心にもない綺麗事であると、いつのころから批判されるようになった。

 思いやりには相手事情を勘案しない「浅い思いやり」と相手に寄り添った「深い思いやり」があって、後者けが本当の「親切」であると、いつのころから、そういうことになった。


 逆にネットに溢れる「本音」は本当に「本音」なんだろうか。

 単に「こう言えば賢いように思われる」「こう言えば周囲の仲間たちにデキるやつだと思われる」という、昔からよくある付和雷同的な同調圧力の結果なんじゃないんだろうか。

 「反知性主義」だの「本音主義」だの言ってる人々は、自分の「本音」が何で、どういう部分が「建前」なのか、一回も考えたことのない人たちなんじゃないのか?

 

 

 

2016-09-13

弁当に入っているとうれしいもの

ミートボール

冷凍のやつ。ソースたっぷり

ミニハンバーグ

ソースケチャップ両方うれしい

卵焼き

甘いほうが好き

ソーセージ

もちろん炒めたやつ

タコにしてもいいけど容積食うからそれならウインナー2本のほうがいい

ジャーマンポテト

ソーセージベーコン)とじゃがいもって最強の組み合わせですよ

ミニソースカツ

ペラペラの肉が数枚重なっててソースにひたひたにひたされてて真っ黒なやつ。

そんなにうまくないし、うまいのは衣部分だけど、たまに食べたくなる

ほうれん草おひたし・胡麻和え

箸休めにいいし体にもいいっていう自己満足もできる

わかめサラダ

さっぱりしててあるとうれしい

きんぴら

味濃くておいしいしごぼうは健康にいい

鮭の切り身、鯖の味噌

たまには魚も食べたくなる

ピンクのつけもの

あるとうれしいわけではないけどないとさびしい

白身魚フライタルタルソース

タルタルソースが肝!

唐揚げ

好きだけど、良し悪しがめちゃくちゃ出るから、べちゃべちゃじゃなければ・・・という感じ

ほか弁とかであつあつならいいと思う

煮物

ほっとするおいしさ

甘い大豆

デザートになるやつ

いっしょに入ってるちっちゃい昆布がまたうめーんだこれが

ちくわチーズきゅうり入ったやつ

地味においしいからうれしい

うずらのゆで卵

めっちゃうれしい

リッチ感がある

でもそのままだと味がしない

コーンクリームコロッケ

冷凍ちょっと細長い形してるやつ

弁当なのにクリームコロッケというリッチ感でめちゃうまなのに、コーンからカニクリームよりも安い

ありがとうありがとう



追記

ミートボール冷凍じゃなかった。

真空パック?になってるアレ。

2016-09-12

ネバーランドジャンプの新連載)が酷い

作者の自己満足オナニーを延々と見せられてるようだ。

全く進まない話、主人公と敵キャラがひたすら大した奴だ…と言われ続けてるのにとても低レベル頭脳バトル、キャラから作者の操り糸が見えるかのような展開。

素人自分の賢さを見せつけようと無理に拗らせた話を作った時に陥りがちなミス目白多しだ。

原作黒歴史ノートか?

雑なら雑なりに話を進めて押し切ればいい、丁寧に描写するなら話の密度をその速度に合わせて濃くするべきだ。

普通人間が薄い話をダラダラ進めてもオサレじゃないBLEACHしかならない。

BLEACH面白かったのはカルピス原液自体はそこそこの濃さがあった事と薄めていたのがただの水ではなくミネラルウォーターだったからだ。

こんなただ薄いカルピス水道水で薄めているだけの漫画じゃ20週で打ち切られるのは間違いない。

そして恐ろしい事にこのペースで続けた結果20週しても全く物語は進まないだろう。

それこそ孤児院の中でダラダラと作戦会議をしては「これはもしやまたママ時間稼ぎか」「まるでママ博士だな」「大した奴だ」と言い合ってるままで終わりの時を迎えるかもしれない。

せめて脱出はして欲しい。

脱出以外の解放があるならその第一段階に辿り着いて欲しい。

あのベルモンドですら一応地下室からは出れたのだからせめて最初の踊り場までは打ち切りの前に辿り着いてくれ。

読者が抱えているこの不安を作者は分かっているのだろうか…。

2016-09-11

殴られて育ったからって人を殴っても許されるわけじゃない

中学から高校ぐらいまでの間、父のサンドバックでした。あ、身体的な奴でなく言葉暴力です。

中学とき父親リストラされちゃいました。そのあとからです。たぶんストレスのはけ口にされたんじゃないかな。

収入なくなって家庭全体追い詰められてた時期だし。

「お前はだめだ」とか「死ねよ」とか、何か失敗したときに嫌味言って鼻で笑うとか、私が高校受験控えてお金のかからない公立高校に行くため必死勉強してる時期に、「うちのは高校行きませんから」と近所の人に言うとか、まあありきたりなやつです。

よくあるじゃないですか。虐待世代連鎖するとか、毒親の行いを無意識自分もやってしまう話とか。

高校ときネットでそれ読んで、絶望したんですよね。

自分の弱さから目を背けたいがため、子どもいじめて溜飲を下げるような人間に私もなってしまうのか?

悪い育ちの人間は、悪い人間になるのか?

タイトル言葉は父と同じ道をたどらないため、ずっと唱え続けている自戒です。

そして、父への行いに対する私の思いです。

父親自身が、育ちの影響を修正できずにきてしまった人間だったんですよね。

話を聞くところ、父の育った家庭は、お嬢様育ちで我儘な母親(私にとっては祖母)と人間不信偏屈な舅の折り合いが大変に悪かったらしく、殺伐とお世辞にも冗談を言い合えるような状況ではなかったようで。父は貝にこもるように自分世界で閉じていたらしい。

そんなんでコミュ障なのに、さら偏屈な舅から父はそのコミュニケーションを受け継いでしまったらしく、嫌味でひねくれた言い方ばかりうまくなる。

コミュニケーションベースがそんなんだから他人にも誤解されて嫌がられて、傷ついて、さら人間不信になってこじらせてくというループ

彼はそんなこんなで50半ばまできてしまい、子どもにまでその被害は波及していますよー。笑えねえや。

リストラされてつらかったからと言って、気持ちを吐き出すコミュニケーション暴言はくことしか知らないからといって、人を傷つけちゃいけません。

最近毒親がテーマ作品とか多いですよね。『母がしんどい』とか。

毒親の影響があるかもしれないと自分客観視して、その因果に抗って生きていこうとあがく人を私は尊敬しています

なんかまとまらんな。まあ自己満足で書いてるからいか

僕がシン・ゴジラについて「はいはい庵野庵野」と言ったのは、庵野秀明作品の中ではあからさまな様式美の詰め合わせでかつ、他作品でやったことのやきうつしだったからだし、そこに熱狂する人はオタクとして強度が… / “東浩紀氏「シン・ゴジ…”

典型的学者気取りのオタクが書いた、わっかりにくい日本語と、エビデンスで取り繕ったクソみたいな文章の好例。こういう文章自己満足でつくることを評論だ、批評だと言う人が嫌いで俺は評論同人への寄稿をやめた / “『君の名は。』の大ヒ…”

アニメについての評論批評を見ても作品面白くなる解釈ができるようになるわけでもなきゃ、アニメの見どころや作画的な技術論がわかるわけでもないことに気づいた途端に急に冷めてしまったのです。あー僕がやりたいのは作品紹介や楽しく見るために抑えておきたい情報であって評論じゃないな~と

オタク文化リア充色や社会派色を帯びて一般化して、オタク時代は終わった」とか言ってる東浩紀に心底言いたいのは「今の20代子どもの頃に押井守アニメエヴァみたいな要素を含んだ冒頭からスタートするミュウツーの逆襲からアニメを見始めてそれがおとなになっただけ」ってことさ!!

支援ブクマ。いいぞ~ころしあえ~ / “「『動物化するポストモダン』はどこがまちがっているか」はどこがまちがっているか - 赤目無冠のぶろぐ” (2

オタク論」は学者ごっこでしかなくて、実際にコンテンツ好きな人コンテンツの話をするためにやってることではないからなぁ~。「評論ごっこ」「論文的なエビデンス漫才ごっこ」であって、もしこれを人文系学問というならこんなもんに国がカネ出してる方が異常。憧れて同人作るのも狂気

オタクという自意識を持たない人をリア充だというならそれってどうなんだろうって感じはあるし、ジブリアニメで育った世代オタクじゃなくてもあんなこじらせたもの国民的娯楽だと言って幼いうちから見せられてるんだからオタクじゃなくてもその基礎的な土台はオタクなんだと思うぜ?


@tm2501 いやだからその事実自体が「オタク時代は終わった」なのでは


@kimiterary だったら、それは20年前(もののけ姫や、ミュウツー邦画歴代ランキングで上位に食い込んで、アニメ映画オタク以外が見に行く時代になった時)に約束された話だから、今それを言うこと自体が遅すぎない?…とは思う。

まぁ、その辺は記事にしたので夜に出すけど.それはね、多分「表面上の言葉でこの言い方をしたら絶対に誤解されるから、俺なら絶対こんな言い方をしないわ」っていうレトリック問題であり、ある種の(正直言って、納得行かないけど)同族嫌悪なんだと解釈してるよ…うん



@tm2501 確かにもののけ姫ミュウツーに「オタク特有グダグダした心理」の描写はないんだけど、その二十年分の変化の集大成として、節目の年と感じてるって話じゃないのこれ。その二十年前にいるのがまさにエヴァなわけでさ。



@kimiterary 東浩紀文脈オタク定義動ポモで扱ったものやそれを論じたゼロ年代ゲンロンとした上で)あるものエヴァでありエロゲなんだろうと思うけど、世の中の人ターニングポイントが本当にエヴァだったのかと言われるとそこにはとても疑問を感じるかなぁ…数字問題として



というか、うちのブログやそのスタンス自体が、「哲学者批評家の言ってることを噛み砕いて、アカデミック言葉を使わないで書く」という部分(本人すらアカデミックでそれをもっとシンプルに言い表した言葉があったことを知らずに書くことは多い)があるからねぇ~うん。


@tm2501 「誰しも土台にオタク的部分がある」のは普遍的にそう。ただ、それを突き詰めても「だからみんなオタクであり同時にオタクではない」みたいなところに帰結するだけで、そこからこぼれ落ちる人間、こぼれ落ちる想像力は確実にあって、で、それらはもはや力を持てないって話なんかなと。


@tm2501 世の中のターニングポイントエヴァだったのかが問題なのではなくてシンゴジラ監督庵野であることがこの文脈では問題なのでは?



@kimiterary あー…直感的には理解したけど、いいアクションを持ち合わせない部分がある話やなぁ~。

@kimiterary あー…うん。(概ね納得)

だとするとすげー個人的な話を主語がでかいままネットに書き込んだ系のことやなぁ~。「お前はそうかもしらんが、一般的分岐はそこじゃないだろ」的なモヤモヤ個人的な話である時点ですでに意味を持たないというかその人の手を離れるわな…



@tm2501 つまりアニメマンガ文化愛好者」としてのオタクと「少数派としてのグダグダメンタリティ所有者」としてのオタク問題。前者がもはやメインストリームに取り込まれた(皆オタクであり非オタ世界)として、後者想像力が表出してくる余地果たしてあるのか、でしょ。

@tm2501 そもそもアレ個人の感想だけどな?



@kimiterary それな(盛り上がってるから真夜中にがんばって記事を書いたけど、結局東浩紀との対立というよりも、EXILEまでオタク的になったという話までの道のりを自分ポケモンとかジブリを使って補填するようなすごく説明的な記事からいいんだけどさ…)


@kimiterary 「後者はそもそもオタクなのか」とはてなブログにいるとすげー思うけどなぁ~。結局、何を議題にしてもグダグダにグズグズに揉めてる印象があるからオタク論争だけでなく、人間関係でも、サイトブログアルゴリズムテクニカルな話でも



@tm2501 ちなみにこんなこと言っておいて難だけどセカイ系とは相性が悪いマンからさほど感慨はない……w



@kimiterary あ、僕もそこはどうでもいい派。15年以上前オタク同士でランデブーしてろ派だし、安易に話に入ると誰も幸せにならないか意図的スルーする



@tm2501 端的に言って本人の能力値がどこでいいからどこかに向けて高くない限り救いようがない人種だけど、わりとそれオタクの本質の1つだと思うんだよな。










@tm2501 てゆーか貴方だしすっげえ雑なこと言うけど、要は1つのテンプレとしては太宰に感情移入ちゃうタイプメンタリティが挙げられるんじゃないの、後者ファウスト系に人生曲げられたマンとしてはこの辺他人事ではない



@kimiterary それ、私には発達障害問題IQの低さと高さが混在した人間宿命や悩み)の話に聞こえるから哲学案件ではなく、精神科案件か臨床寄りな心理学案件な感じがあるかなぁ…。個人的な話でもあると同時に、それらを病気や克服すべき問題定義したのはそっちだし。



@kimiterary そこまで広くくくっていい話だとすると、それは確かに哲学案件




@tm2501 俺としては「病気が治ってしまったら病気が治る前の自分は死んでしまう」みたいな感慨があるからいかに病を抱え続けていけるかの問題自己肯定問題なんだけどなそれ。戯言遣いが言う「変わりたいって気持ち自殺だよね」に未だに取り憑かれてる感。



@tm2501 「太宰に感情移入ちゃうタイプ」の「太宰」に代入出来る解としての庵野なり新海ではもはやなくなった、ってことだと俺は理解してるし、なんならそこに代入できる解って今の世界にいるのか?そもそも求められているのか?ってところで一般化していけそうではある。




はてなブログ投稿しました #はてなブログ

オタク時代が終わったのではなく、リア充オタクな影響を受けた世代大人になっただけじゃないの? - かくいう私もでね

http://www.tm2501.com/entry/2016/09/11/204500

妬み嫉み

ジャンルはそこそこの規模でもマイナーCP小説なんて読みたかないよな そうだよな

どんなに下手でも薄くてもみんなマンガが良いんだろ

2ヶ月も3ヶ月も考えて考えて考えて出したマイナーCP小説本より、ぱぱぱっと描かれたメジャーCPコピー本が売れるんだよ

人を責める意図はない。需要供給ってそういうもんだと思ってるし。自己満足から出せりゃ満足という部分に変わりはないし。

それでもやっぱりいじけたくもなるんだ。拗ねたくなるんだ。

どれだけ値段落としたら読んでくれる?A4コピーを折っただけの落書き本が100円で売れるなら、50ページの小説本は50円か?100ページになれば30円か?

絵が描けるようになれば良いんだろうな。でも、頑張ったからひとりでもふたりでも、小説読んでほしいんだよ。

2016-09-10

http://anond.hatelabo.jp/20160910202515

もやもやした感じ、よくわかります

無条件に現実を忘れられるからこその夢の国自己満足素人に割り込まれては台無しですね。

私の勝手意見ですが、一応クレームとか送ったほうがいいんじゃないでしょうか

2016-09-08

クリエイティブってそんなにイイことなの?

なんとなく、クリエイティブっていうのは良いことだという空気蔓延している感じがしてる。外からクリエイティブな人を外から見るのは、そりゃ楽しいだろうね。何の苦労もなしに、パッと面白いものが出てくるわけだから賞賛したくなるのもわかる。でも、クリエイティブなことってその本人からみると幸せことなんだろうか?

自分場合は、なにかクリエイティブなことをしようとして、いつも挫折してきた。結局最後まで完成せず、途中で放り投げたものが山ほどある。なんとか完成まで漕ぎ着けても、仕事を成し遂げた達成感以外になにも感じなかった。おまけに特に評価されることもなく、闇に葬り去れる作品群は自己満足になってはいるが、それにしてはコスパが悪い。

これまで、本を読んだら楽しい音楽を聞いたら綺麗な音に感激なんてことの連続で、これを自分で作れるようになったら楽しいかもなんて思ってきたが、創ることにはなんの楽しみも見出だせない。仕事クリエイティブなことをやらされたが、ノルマ達成のためにパクリ紛いのギリギリテクニック習得して、クソみたいな作品コンスタントに世に送り出す小手先だけのやりかたを覚えた以外になんの楽しさもなかった。

創るってなにが楽しいの? クリエイティブ幸せになれるの? どうして読むのは楽しいのに、書くのはこんなに辛いの?


創ることには絶望した。叶うなら、破壊生業として生きていきたい。あらゆるものを、壊す、そうして生きていく方法はないだろうか。

2016-09-05

シリーズ物信者に多いわずかな批判すら許さないor寛容する行為面白さを殺す

過度の擁護批判への排除作品をつまらなくさせるだけなのでやめてほしい。

あなたたちは作品を守っているんじゃなくて自己満足に浸っている癌細胞だ。

 

シリーズ物って最初次回作あたりが人気あるから続くわけじゃん。

でも名前は同じでも当然作り手やスタッフは変わるしプロデューサーも交代する可能性があるじゃん

そうすると同じシリーズでもナンバリングによって良い点・悪い点って出てくるじゃん。

普通シリーズの持ち味や面白さを殺すようなことは批判されるのが自然じゃん、名前が同じなんだから続ける意味があるんだし。

もちろん、仕組みを一新してでも実現したい面白さがあるならそれは受け入れられるということもあるから

必ずしも変えることが悪いとは言わない、けど変える以上はより面白くする責任がある。

良い点を殺してまで手に入れたい面白さがあるかどうかっていうのは作り手がシリーズの良い点を熟知している=シリーズファンでもあることが望ましいと思う。

自分好きな物を殺してまで導入したい要素があるならその時点では確信があるわけだ。

でなければ、さして興味の無いシリーズ伝統ゴミ箱に捨てて自分好みの物を座らせる行為になってしまう。

一方で、いくらシリーズものからといって前のナンバリングと同じことをしていても新鮮さもないので旧作を消費すればいいだけになってしまう。

シリーズ物というのは守るべき伝統をその時代そのタイミングにあった取捨選択を繰り返して変革と伝統を内在させたコンテンツだと言える。

現在ある伝統にしても過去技術文化をそっくりそのまま実現させているものは少なく、大半が代用品や新技術を使って欠点問題を克服させた新技術だ。

伝統あるうなぎの焼き方ひとつにしても日々、変化していってる。

そう、伝統とは「変えないために変り続けること」だ。

何を変えたくないのかを切り詰めたところに伝統があるから美しいのだ。

シリーズ物はその美しさをスケールダウンさせたものだと思っていい。

まり次回作製作者はシリーズ物伝統理解していなければそもそも作れないのだ。

その理解度に関してはアプローチの仕方や挑戦的な失敗とはまた別に批判に晒されるべきものであり、

例えオリジナル製作者であってもユーザーの感じた魅力を理解していなければ伝統理解していなかったことになる。

この点についてはシリーズ物シリーズたらしめんとする要素なので消費者として常に厳しい目で見ていくべきなのだ

2016-09-02

頭の良い人

頭の良い人は難しいことを簡単説明する。本質を瞬時に捉え、端的に伝える能力がある。

頭の悪い人は簡単なことを難しく説明する。

自己満足で難しい用語を使い、的を射ない説明を延々とする。

聞き手知識必要とするのはNGだ。

2016-08-29

シン・ゴジラ海外版を作れ

シン・ゴジラ石原さとみは配役ミスだ」

  http://anond.hatelabo.jp/20160829171356

 

ブクマページ http://b.hatena.ne.jp/entry/anond.hatelabo.jp/20160829171356 を見たら、

いくら自然でも、石原さとみがかわいければいい。米国人受けなんか気にしなくていい」

という声が圧倒的に多かった。

 

しかし、市場規模で言えば、日本市場世界のなかで圧倒的に小さい。

  http://bit.ly/2bM5XzI (グラフ

  http://bylines.news.yahoo.co.jp/sakaiosamu/20160829-00061607/

数字で言うと、世界全体で 383億ドルで、そのうち日本は 18億ドルだ。比率で言うと5%弱だ。

  http://www.animeanime.biz/archives/22585

 

こんな小さな市場で、こんな小さな売上げだけを得ていれば満足だというのは、あまりにも肝っ玉が小さい。怪獣は史上最高のでかさだが、東宝ファンの肝っ玉はミジンコのごとく小さい。ノミキンタマというべきか。

 

こんなふうに日本国内における自己満足で、「泉ちゃんはかわいい」「さとみかわいいよさとみ」なんて言っているようでは、先が思いやられる。まともな CG の開発費用も出ない。

 

まあ、彼らは自己満足しているだけでおしまいなのだろう。世界的規模で 20倍の市場をめざすという発想には馴染めないのだろう。それならそれで仕方ない。

シン・ゴジラは、国内版とは別に海外版を作るべきだ。そうすれば、外国人俳優を多用することで、多額の興収が海外市場で望めるだろう。

 

いや、いっそのこと、製作権を丸ごと海外会社に売り出すべきだ。そうすれば、製作権を 10億円ぐらいで売れて、東宝は濡れ手で粟で大儲けできる。

その一方で、海外映画会社は、10億円の代金を支払うことで、200億円ぐらいの興収を得ることができる。日本専用の庵野シン・ゴジラは、海外ではたいして興収を得られないだろうが、内容はそのままにして、外国人俳優外国CG を使った海外版シン・ゴジラなら、200億円ぐらいの興収を得ることができる。いや、ひょっとしたら、300億円になるかも。

 

シン・ゴジラ脚本には、それだけの魅力がある。なのに、東宝には、それを生かすだけの資力もないし、配役能力もない。だったら、海外会社製作を任せるべきだ。自分製作ができなければ、海外会社製作を任せるべきだ。そして、海外会社に百億円規模の大儲けをさせた上で、東宝も1割ぐらいのおこぼれをもらえれば、それで満足できるはずだ。(コバンザメ商法

 

無能会社は、無能なりに、製作権を他社に渡すことで、少しは儲けることができる。おこぼれを。

 

p.s.

石原さとみ役は、google:image:ナタリー・ポートマン で。興収 200億円なら、高額ギャラも払えるだろ。

 


 

 【 ブコメ

 

Borom  ナタリー・ポートマンにしたら「日系人のカヨコが祖母を不幸にした原爆投下を二度と行わせないために立ち上がる」ってシナリオ破綻するんじゃない?

 

ナタリー・ポートマンは、菜食主義で、ハーバード卒で、ユダヤ人。「虐殺されてきたユダヤ人の痛みがわかるから原爆虐殺されないように努力する」でOK。完璧だよ。

 

 

ニューヨーク版作ればいいのでは

 

何を以って海外版シン・ゴジラ』なのかよく分かりませんぬ。単にゴジラ海外ハリウッド?)で作れっていうことならそれはもうレジェダリーピクチャーズ版がある、けどそういう単純な話?

 

ハリウッド演出ではないリアルアメリカシン・ゴジラも見てみたい気がするが、日本版とはまったくちがうシナリオになるだろうね / リスク評価によっては、核利用は十分にオプションとしてあり得るかも

 

海外版は、シン・ゴジラ翻案リメイクではなくて、現状のまんまです。翻案リメイクなら、いくらでも勝手にやればいいが、別物となります。また、ヒットする保証もない。庵野版をそのままで俳優の一部を欧米人にするだけだからこそ、成功保証される。

 

なお、米国版だからといって、場所の設定を米国にすることはありない。場所の設定は日本に限られる。なぜなら「核爆弾を落とす」という可能性は、日本からこそありえた選択肢からだ。

庵野版では、核の使用について、「そこがニューヨークでも同じことをする、と彼らは言っていた」というセリフがあるが、実際にはありえない。同じことをするわけがない。仮にゴジラニューヨークに出現したら、ゴジラニューヨークを出たあとで核を使用するに決まっている。ニューヨークを出て、東京(など)に到着したら、その段階で核の使用決断するはずだ。それが最も合理的からだ。(自分たち死ぬかわりに、他人死ぬのだから、その方が合理的だ。)

というわけで、ゴジラ米国に出現したら、「核の使用」というオプションがなくなるので、映画全体の緊迫感はなくなる。だからゴジラが出現する場所は、「核の使用可能地域」つまり「白い人間の住んでいない地域」つまり黄色い猿の住んでいる地域」に限られる。結局、ゴジラが出現する地域は、日本しかありえないんだよ。ゴジラ米国に出現したら、ゴジラ映画のものが成立しなくなる。「ゴジラニューヨークに登場する形でリメイク」なんてことは、絶対にありえないんだ。(少なくとも、シン・ゴジラに関しては。)

 

 

※ ついでに言うと、東京核爆弾を落とすというのも、現実にはありえない。東京を出て、群馬福島あたりに行ったあとで、核爆弾を落とすに決まっている。東京核爆弾を落とすなんて、ありえないだろ。

 

 

 

言っとくけど外人特に米国人にはそんな面白い映画じゃないよコレ

 

わかっている。だから日本向けの会議場面は大幅にカットして、ゴジラアクションシーンを増やせばいい。脚本さらに加筆はしないが、一部は大幅にカットしていい。

だいたい、会議場面が長すぎるんだよ。もっと短い方がいい。

 

細かすぎて伝わらない日本あるあるなので脚本シナリオも別物にしない限り無理

 

いやいや。全部作り直したら、金がかかりすぎる。石原さとみのところと、CG のところだけを変えるだけでいい。あとはそのまま使う。(ただし大幅に短縮する。)

これだったら、撮影コストはギャラ代プラスアルファぐらいで済むし、CGコスト必要経費だけとなる。全部作り替えるほどのコストはかからない。

   ※ CG は現状のままでもいい。しょぼいけど。

 

なお、「細かすぎて伝わらない」というのは、問題ない。細かいところは伝わらなくてもいい。映画として失敗していなければいい。ちなみに、千と千尋や、もののけ姫は、日本丸出しだったが、世界中で受けた。日本的だとしても、普遍性があるものは、受けるんだよ。

(「国民性ジョーク」というのがあって、「米国人はこうした、日本人はこうした」という話をすると、世界中のどこの国でも爆笑を得る。日本人の愚かな国民性日本人しか理解できないということはない。世界的に有名だよ。)

 

 


 

【 参考 】

 

シンガポールではすでにシン・ゴジラが公開されている。

評判は? とても好評だ。詳しくは下記のトラバ

  → http://bit.ly/2bIbNz1

  

 

自己満足で結局役に立たないから駄目なんだよ

では自己満足ではなく他人を満足させることをセックスと呼ぶのはありなん?

自己満足(自慰)を促すからポルノなんだと思ってた