「無意味」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 無意味とは

2016-07-30

クズは甘えか運命

25歳、職歴なし、引きこもりニート

これが、その人の経歴のすべてである

これだけで、社会的には十分にアウトサイダーであるが、こういった人は幼少期の親から愛情不足や、虐待、家庭環境問題や、学生時代におけるいじめなどの経験がある場合が多い。



しかし、その人にはそういった理由はない。



その人は、顔の見栄えやスタイルは悪くない。

貧しい家庭で育ったわけではない。

親に虐待された過去もない。

学校いじめられた経験もない。

友達がいないわけでもない。

頭が悪いわけでもなく、あまり勉強もせずにMARCH卒業した。

普通に恋愛もしていた。



一見するとごく「普通に」、まっとうな人生を歩むように思われる。

これらの条件を持つおおかたの人は、このような次元で、葛藤して、悩み、苦しみながら、たまには喜びを見出すだろう。

だが、その人はそうではなかった。



その人は、幼少期から少し遠慮がちなところがあった。人と打ち解けるのに時間を要した。小学校のころから、将来の夢なんて叶うはずはなく、大人になるというのは地獄世界に慣れるようなものだと思っていた。時には面倒で死にたくなることもあり、日々を楽しみながらも、どこか常に厭世的であった。



その人は、たいていの人が当たり前のようにする部活動も、友達と遊ぶことさえもせずに、人との関わりをできるだけ避けて、夏休みは毎年部屋に引きこもっていた。勉強も何事も、本気で向き合おうとはしなかった。成功も失敗もなかった。あるのは周りとの差と、鬱屈とした気分だけだった。それがその人にとっては楽だった。



その人は、つかの間の幸せであっても、失う恐怖に怯えた。何かしようとする毎に「どうせ無意味だ」という音が、遠くから聞こえた。また、悲しい現状にある人のことを想い、偽善ぶった罪の意識に悩まされた。



その人は、ありもしない失敗に怯え続けたため、迫られた選択をことごとく回避した。結果的に、強烈な自己否定感と疑いの眼差しけが唯一のアイデンティティである、どこにでもいるような「普通」の歪な人間が出来上がった。



そして、その人は非常に重要選択から逃げた末、生きているのか死んでいるのかわからない状態になり、ついに沼に嵌まったように身動きが取れなくなった。




その人は、努力をしなかった。




その人は、努力したいと常々思っていたが、できなかった。

普通」になるために這い上がってやろうという強い意志が、たまたま醸成されなかったのかもしれないし、努力する方法を知らなかっただけなのかもしれない。




普通に」考えるとその人は、恵まれカードを与えられたにも関わらず甘え続け、生温い絶望気分に感傷的に浸っている、クズ下の人間であり、唾棄すべき存在だろう。

その間に「普通」の人は、コツコツと経験を積み、「自分の力」で成長してきたのだから当然である

その人に、何かしらの病名があろうとなかろうと、それは現状に甘え続けた結果だった。




その人には、「普通」ができなかった。





なぜだろう。

2016-07-29

http://anond.hatelabo.jp/20160729080520

宗教論争が無意味だとは思わないな。

増田で「科学的な」論争をしたって、それこそ無意味でしょ。

仕事を教えていて「全部わからない」と言われる

全部わからないが出てくると最初に戻って、1つずつ確認していくといきなり「全部わからない」が登場する。

理解する努力放棄しているか自分にはできない証明をしたつもりなのかどういう心理が働いているか不明


こういう人に教えるのも時間無駄と思いつつ、身内だから見限ることもできずにこの勉強ごっこに付き合っている。

義務教育学力って無駄とか無意味っていうけど、学力って能力を数値化していると思う。

学校勉強学習する練習概念って分野を超えて焼きまわしされているので、ひとつ習得すると学習効率がどんどん加速する。学校大事ですよ。

2016-07-28

死や無、自分存在無意味さを、克服または飼い慣らしなだめつつ生きる理由を、自分の内側から見出さない限り

配偶者だろうが腹を痛めて産んだ我が子だろうが、趣味だろうが無趣味だろうが、心のスキマを埋めるための「埋めぐさ」でしかない、それらは並列物でしかないんだよなぁ。

子供絶対的存在理由になると本気で思い続けたら毒親一直線だ。子供ったって他人なんだから

それに、自分を受け入れてくれる配偶者だって離婚しちゃえば赤の他人

叩かれている増田は、それに気付いているだろうか。

ただのマタニティハイなら幸いだが、夫依存自覚はあるらしいから。

みんな読み違えているようだ

独身の人って生きがい何なの?

http://anond.hatelabo.jp/20160728000910

について

追記前の記事を見て「自分意図するところを理解できたがこれは荒れるだろうな」と思っていたら案の定

予想通りのコメントも多くついていた。

追記も言いたいことを補完するのではなくどちらかというとオッカムの剃刀で除外されるような内容だったのも良くないのかも。

元増田が言いたいことはこうだ

・何が何でも生きていたい、生きていきたいと言う強い信念、生への執着が生じてこない事への事漠然とした不安(消極的自殺願望)

・それが結婚を、そして出産きっかけに大きく変貌した(強い生への執着が産まれた事への喜び)

目からウロコ経験をしたことで自己の大きな変化があったが、自分とは別のケースを知りたくなった。

→多分訊き方が悪い


追記部分で気になった、-というか確信に触れたと思った- 部分はここだ。

でも家族が出来て生まれたことに心の底から感謝できるようになった。小学生のころから持ってた上記の”消極的自殺願望”が消失したのを発見して、ものすご~く嬉しくなった

これ本人はサラリと書いているが、心の奥底、魂の願望、-上手に表現できないが- に「生への執着、基礎的な産まれてきた事への感謝消極的自殺願望消失」を願っている自分が潜んでいて、

それが昇華された事に対する純粋な喜びを表現している。元増田が持つ奥深い根本的な願いが成就した幸福感が書かれている。

そして、みんなに訊きたいのは

・他にもこんな経験をしたひとはいませんか。

・同じような境遇(消極的自殺願望を持っていて)で、それが解消されたような事柄自分に起きたような事例を知りたい。

・そして出来れば結婚出産きっかけとしないもの(他例)を知りたい。

といった好奇心から増田であろうと思われる。

無意味に長くなったけれど私の例を。

・私の場合はそれが"解消されてはいない"状態

・それでもちっとも不安(不満)を感じない、焦りを感じない。

独身38歳、男性女性にも縁はない、結婚の予定も候補パートナーもいない。

年収は800~1000万(比較的多いのか少ないのかという知識はない、そもそも金銭にあまり興味がない)

博愛主義で全くの他人他国、他生物であっても幸せ暮らしている様子を知り、感情同化させるような所がある。

・同等に悲しみにも同情してしまう。憎しみは遠ざけよとするタイプ

・解消されていないと書いたものの、それでも焦らない、不満・不安をそれほど感じないのはどこかで自分の命を燃やす日が来ると漠然と考えていて、それを信じているから(多分)

・この日のために産まれたのだ。という事があるとどこかで無神論者のクセに信じ崇めている。


過ぎ去った元増田気持ちを抱えたままもっと遠くまで来てしまったおっさんの戯れ言ここに記す。

名指しの批判記事以外でキレるやつは、自分自分攻撃してるだけ

http://anond.hatelabo.jp/20160728124423

お前の言ってることは正しい。だが、無意味だ。

お前の言ってることは正しいか本来勝手にキレられてもと言っても良いのだが、そうはいってもそれは人のサガであり、おかしいといって治るものではない。



いくらNo offenseだといったところで、相手がそう思ったら意味がない。

セクハラのつもりがなくても、相手にとって不快だと思われたら終わりだ。

怒った相手は何をしてくるかわからない。




人のコンプレックス安易に刺激するようなことを書くやつは

そうやっておかしいやつに刺される可能性を防ぐことはできない。

なら最初から特に得るものがないなら、余計なことは言わないことだ。

おk

http://anond.hatelabo.jp/20160728025759

貨幣価値が変わらない前提なら10億円かなあ

10億円あれば働かなくてもいいし

好きな事できるもの

安楽死を望むのは働き続けなくちゃならないし、働いても大した報酬にならず

それも加齢と共にいつか破綻する無意味人生だと分かってるから、だから

2016-07-27

非アフィ系のブログを閉鎖した

どんなに平易に文章を書いても、どんな細かく情報提供しても、完全に文意誤読する人がいる。

これが所謂「人は見たいようにしか見えない」とか、心理学で言うところの「フュージョン」というやつなんだろうだろうなぁ。

しろ、「Aではない」と書いているのに、「Aだからダメ!」と反応する人たち(たぶん目についた単語しか読まない)に

何かを伝えようとすること自体無意味、徒労にすぎないのかもしれない。

いや、分かりやすさを追求するなら、なるべく否定文は避けるべきなのはわかっているが、とはいえ、、ね。



多くの人気ブログ主が次第に筆を折るか、さもなくば自分ファン向けにしか執筆しなくなるのも、むべなるかな。

今やアフィブログばかりが跋扈する現実も、多くの執筆者が「金もらわなきゃやってらんねーよ!」って気づいた結果なんだろう。

はてブで「これはマスコミは報じることが出来ない情報!!うおおお!!」とかやってる奴

ネットDE真実っぽくて笑えるんだけど、ああいブコメって星いっぱいついて人気コメントになってるから、こういう謎の優越感に浸ってる奴ってはてブにもいっぱいいるんだな。

つーか、下手したら2ちゃんなんかよりもはてブの方がこういう高リテラシーアピールみたいな無意味勝利宣言が頻繁に目につくわ。

BuzzFeed相模原事件分析記事は人気コメントが軒並みこんな感じなんだが、お前ら他に言うことないんかいいくらなんでもしょーもなさすぎるだろ。

ネットにいる俺たちは真実を知っているリテラシーが高い存在」ってアピールもほどほどにしておかないと、ネトウヨみたいになっちゃうぞ。

というか、ネットにどっぷりな奴って大体はネトウヨ的な感性持ってるな。

ネットにいる俺達が一番リテラシーが高くて真実を知っている」みたいなネット優生論的な感性

まあネットをよく使ってるってだけで自分が優れていると勘違いできるような奴らだしな。




あと、こういうこと言われると、「マスコミを見下す人を見下して優越感に浸るお前はどうなんだww」みたいな返しが絶対あるけど、こういう意味のないテンプレート的な返ししか出来ない人ってネットパターン化した文章に染まりすぎなんじゃないだろうか。

[]サイト単位スパム対策必要

IP偽装してサブアカウントフル動員してブックマーク

そのアカウントを捨てまた別IPサブアカウントフル動員でブックマーク

6ブクマ単位で実際増やせる。

依頼サイト互助会必要ない簡単ホットエントリー入り。



すべてのブクマの新しい方を見てもらえばわかるが、

http://b.hatena.ne.jp/entry/spotlight-media.jp/article/304114885455366584

法則がわかるだろうか?

人の名前数字の組み合わせが密集しているだろう。

全員がそうとは言い切れないが、このタイプアカウントを捨てず継続的にバレないよう少数ブクマするタイプである


次にこのエントリー

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.youtube.com/watch?v=Ir8xLSoz8VI

この法則はわかりやすいが、

6文字の人の名前+かぶらないように数字をどこかに入れる+あとで読むタグ

このアカウントブックマーク数を見ればわかるが、

先ほどと違い継続的ではなく短期集中型である


出現頻度が少ないが

http://b.hatena.ne.jp/entry/baito2ch.com/332

ランダム数字適当タグ

このタイプは2番めに比べれば頻度は少ないので被害は少ない。



厄介なの2番のタイプで春過ぎからずっと運営対処のしようがない状態が続いている。

私も報告はし運営アカウント停止をしていたのだが、次から次へ湧いてきて私は諦めた。

そもそも2番のタイプは目立つ代わりにアカウントを維持する必要がない、そして対象ブーストできる。

ともあれわかることは個人で簡単に持ち上げれることだ。


気づいてから折れるまでアカウントメモしながら運営スパム報告してたが、

運営としても誤判定で事故になることは避けたいので停止にならないタイプはある。


1番目は一日のブックマークが少なく継続してるため基本停止にはならない

2番目は短期型かつタイミングも重複しやすいので停止にはなってるが意味が無い。

3番目はブックマークから捨て覚悟っぽいのだが、ブクマ時間ずらしと無関係タグ付けのおかげで停止にはなってない。


Twitterでもそうだがアカウントに対してのスパム対策無意味時代遅れ過ぎる。

2016-07-26

この流れで俺は運命だ神だと仰せられる意味わからん

大抵の人間運命に気付かずに一気一憂してるけどそんなものすら運命翻弄されてるだけで無意味

運命から自由になるにはどうしたらいいんだろうか、という問いかけに対して

子供の頃から運命は変えられないと教えるべきだってレスはあまりにも意味がわからないなぁ

http://anond.hatelabo.jp/20160726020119

向精神薬精神症状が軽度であれば劇的に効果がある。

重度の人は無意味どころか害悪になる。

でも、軽度の患者精神科に訪れるわけがないので、

結論からすると向精神薬無意味



もっとも、劇的に効果のある薬となると、

成分的に麻薬覚せい剤と似たものになって別の問題を引き起こすので

結局のところ、投薬で精神疾患を治すのはほぼ無理。

向精神薬は全く無意味

なぜ薬を飲めば治るなんていう妄言がまかり通るのか全く理解できない

1ヶ月くらい飲んで全く効果がなかったという経験をした事があるので

しかも脳にダメージが残るらしい、そんなもんをやすやすと飲ませてオッケーだと思ってる人たちはなんなんだろうか

飲んだことがない人達なんだろうか

ヤル気のない受験生鬱病の薬を飲めばヤル気に溢れるんだろうか

ポケモンGO若い男2~3人組をたくさん見る

男女論では「女性コミュニケーションスキルが高く集うのが好きで、男性は集うのを嫌う一匹狼な傾向」みたいなこと書かれるけど、昔からピンとこなかった。

学校でみかける男子スポーツ系はスポーツテレビマンガの話で、インドア系ならゲームの話で、だいたい集まって楽しそうに盛り上がってたから。

ポケモンGOブームの今も、ポケモンの巣やルアーモジュールの集中スポットには若い男2~3人のグループがたくさん。

もちろん若いカップル中年夫婦若い女2人組なども見かける。でも圧倒的に多いのが若い男2~3人のグループだよ。

やっぱりコミュニケーション能力あるんじゃん。集えるんじゃん。「集えない男も居る」とか言い出したら集えない女だって居るよ。

個人差が大きすぎて、性別の話にするのが本当に無意味に感じる。集ってポケモンの話してる彼ら、本当に楽しそうだよ。

イケメンパリピ系の人種ではない。会話になんJ語とか使ってるし、痩せメガネも居るし、オタク寄りの男が集まって楽しそうにしているんだよ。

2016-07-25

あなた意見が聞きたい。

私は人類はある程度の利他性を持つべきだと考えている。

現実にはそうでない人間の方が多数派だが、それは力を持ったものが少しずつ方向転換させ、

利他的人間割合を増やしていくべきだと日頃思っている。

 

そういう考えなので、恋人にも同じことを要求してしまう。

相手気持ちを考えれば、直せる短所は直すべきだと考えるし、

お互いの考えの違いがあれば説明して理解し、どうしても受け入れられないところは違うことを受け入れる。

そうやって可能な限りお互いが理不尽に嫌な気分になるのを未然に防ぐべきだと、それが相手を思いやる気持ちだと思うのだ。

 

しかし、そういうのはめんどくさいらしい。

自分が原因で相手が嫌な思いをしても相手は受け入れるべきで、それを許すべきだと考える人もいる。

それでは迷惑をかけたもののみが得をし、周囲の者は損をしっぱなしではないか

そんな利己的な振る舞いを大人が許容していいのだろうか。

 

大多数の人はあるがまま、お互いを受け入れようという。

が、私にはそれは思考停止しか思えない。

世の中の争いの多くは利己的な振る舞いと、他者への気遣いの少なさに起因すると思う。

よりたくさんの人が利他的思考を追求することで世の中が良くなるだろう。

 

もちろん、こんなことは現実世界では言わない。

めんどくさいと思われるのが関の山だ。

文章にすると疲れる人間だと思われるだろうが、実際にはそこまで個々の所作について言及することもなく、

疲れている時や機嫌の悪い時の振る舞いはある程度仕方ないと思っているし、笑顔で見過ごす。

だが、根底にそういう向上心のようなものを持っていないことを知ると、途端に相手に対して恐ろしさを感じてしまうのだ。

まるで人の皮を被った昆虫動物。そのように見えてしまうのだ。

 

私は利他性や理性こそが人間人間として扱うための必要条件としているのだろう。

非常に生きづらい性格であることは自覚している。

今まで人間のためにしていた行動も、実は相手人間でないと知ってしまった時、無意味ものに思えてしまう。

急に今までの人生無駄に思え、自分の生きている意味を見失うのだ。

 

私はおそらく考え方が偏っているだろうが、これを見た方々の意見を聞きたい。

2016-07-24

[]

今回は少年ジャンプ+

カラーアンドエルボー(2016年6月ブロンズルーキー賞)

少年ジャンプルーキーのところのは、私はあまり読まないんだよね。

アマチュアを育てる土台という存在意義大事だとは思うんだけれども、いち読者としては玉石混合すぎて(ほぼ石だけれども……)。

なので、こうやって賞をとったのくらいしか読まない。

さて、今回の一つ目のブロンズルーキー賞は、まあすごい荒削りだけれども、熱量は伝わってくるね。

プロレス大好きな主人公部活仲間とかの掛け合いは、完全に興味ない人を置いてけぼりにしている位のネタの過剰っぷりだが。

終始、プロレス中心の主人公言動は一貫していてよろしいかと。



コンビニまで(2016年6月ブロンズルーキー賞)

これは……う~ん、評価に困るなあ。

話としては主人公子どもの何気ない言葉で再起しようという展開で、話もそこで終わってるから内容に関して言えることがあまりない。

ストーリーも、そこで紡がれるドラマ希薄だし。

から主人公がなぜ再起しようかと思った理由が弱い。

恐らく、序盤の主人公の気だるい生活感と、その情緒ある描写評価ポイントだと思うのだけれども、別段絵が上手いわけでもないか評価しにくい。



そして僕はタイムマシンを作ることにした。(2016年6月ブロンズルーキー賞)

前半は二人の会話だけで、絵面としても地味だからあんまり評価できるところはないね

後半からの怒涛の展開とネタバラシ、そこまでの持って行き方は完全に発想頼りではあるんだけれども、それを見せる技量が作者に備わっているのでちゃんと読ませてくれた。

ジャンプルーキー作品としては、結構レベル高い部類だと思う。

ただ、編集の人も言っているけれど完全な読み切りから、仮に連載作品を書かせるとなった時に扱いに困るってのはあるだろうね。

まあ私が気にすることではないのだけれども。



ファイアパンチ 13話

前半の展開は「ま~た作者の悪い癖でてるよ」とウンザリした。

後半は、いわゆる今後の展開を固める上で重要なやり取りなのだけれども、狂言回し役に話の展開を頼りきってて何だかなあ。

ちょくちょく面白いと思える部分があるのに、無意味にヒネたことやる上に構成がグズグズだからノリきれない……。

作風だけじゃなくて、その他もろもろが酷く歪になってしまっている。

いや、エキセントリック作風、大いに結構よ。

プロットがよければ、ね。



街コロマッチ(仮)

アプリゲーム配信前に、コミカライズもして宣伝とは。

気合入ってんなあ。

で、漫画の内容は、まあキャラクター全員くだけた感じが嫌いではない。

どういうゲームかはまるで伝わらなかったが。

まあコミカライズ宣伝を兼ねているからといっても、存在認知させることが第一だから、極端な話ゲームの内容と剥離していても構わないと思うし。

それにしても、キル子さんのときから片鱗はあったけれども、この作者かなりキャラを描くことが手慣れてきたなあ。



たべかけ福音計画Dear Succubus Sister〜 第8話

結構爆弾発言だったが、現状の落としどころとしては友愛扱いになったか

メタ的に見ればそうせざるを得ないってのもあるんだろうけれども、実際問題友愛」や「恋愛」とかの様々な愛の形を、明確に区別してかつ自覚するのって難しいだろうしなあ。

で、今回の展開でいよいよ舞台学校とかにも広がっていきそうだな。

この漫画テーマとしては恋愛よりではあるのだけれども、ヒロインの背景的に友情とかも描いていくべきだから、この展開は妥当だな。

これまで箱庭的な話だったから素直に期待している。

常々思っていることだけれども、読み切りだとか短編だとかでもない限り、縦軸だけではなく横軸をしっかり描く事は大事からね。



時間支配者 36話

うへぇ、フェアに見えるようで、その実は強制二択。

ましてや、ヴィクトにそれを選択させること自体鬼畜だっていうのに。

ただでも狼狽しているヴィクトに選択ができるはずもなく、かといって意志薄弱状態で倒せるわけでもなく。

そして、ここで援軍登場。

そういえば、こいつがいたんだった。

なかなかカッコはついているけれども、正直メタ的にみれば勝てるビジョンが全くみえないのだが。



とんかつDJアゲ太郎 90話

いつかは、こういう話がくると思っていたが、とうとう来たか

だが、とんかつ屋としての問題もあるが、DJとしての問題も抱えている。

それを両方解決するウルトラC

おー、ちゃんと「とんかつDJ」してるなあ。

しかも、ここにきて大阪で行脚したときの複線が利いてくるとは。

いい展開じゃないか

色モノ漫画ではあるんだけれども、その実こういうところはちゃんとしてくれるから読めるんだよなあ。




誰が賢者を殺したか? 第1話

むぅ、一話としてはまた妙な導入部だなあ。

SF要素の設定が、私の中でイマイチまだノリきれていないが、今後どう展開していくかという点では期待感をあおってくれるね。

ミステリのようだけれども、この近未来設定を都合よく使うとミステリとして面白みがなくなるから不安も一層あるが。



デッド・オア・アニメーション 19話

あー、他の事業で儲けているから、ちゃんとした待遇ができているのか。

でも、それもこれもアニメのためと。

方向性こそ違うものの、「いいアニメを作りたい」という根っこはやっぱり兄弟なんだな。



フードファイターベル 36話

1ページのは、ちょっと意味が分からいかな、メタ的にみても。

2ページ目で前回のあらすじを描いているから余計に要領をえない(誰かツッコんでくれないと、そういうネタなのか、単に不条理ギャグなのかどうか分かりにくい)。

おー、プライ丸を焚きつける展開か。

5分で100本は~、3秒に1本のペースか。

現実フードファイターもそれ位のスピードで食べることは不可能ではないが、それを100本となると現実フィクション狭間で揺れ動くから、確かに他のキャラリアクションはあーいうなんともいえない感じになるな。


彼方のアストラ 12

あっさりだったな。

過剰に演出するのもどうかと思うけれども、ここはもうちょっと盛り上げるよう描いてもよかったのでは。

裏切り者の件は一旦保留と。

まあ本当に共倒れ目的なら、今回の事件露骨邪魔しても問題なかったわけだしなあ。

そもそも状況的に裏切り者がいると考えるのが自然からそういう推測になっただけで、本当にメンバーの中に裏切り者いるかも怪しい状況だしね。

深読みかもしれないけれども、裏切り者の話はミスリードな気もするので。

主人公の「わかんねえことは考え過ぎるな」というのは短絡的にみえるかもしれないが、臨むべき課題は山積みだから本当にいるかも分からない相手四苦八苦してられないしね。

2016-07-22

http://anond.hatelabo.jp/20160722154300

独身彼女なしのアラフォーだが、読書はもうずっとしていないな。

趣味旅行写真ギターとグランブルーファンタジーかな。

まあ、35歳までは彼女を作る努力をしてもいいと思うよ。

そこから先は、「男の35歳なんてまだまだ大丈夫だよ!」みたいな無責任言葉に惑わされず、いか独身を楽しむかを考えるべき。

自身、ともすれば無意味に感じてしま人生をどう充実させるか、日々模索しながらグラブルやってる。

2016-07-20

ひとは腐らない!

母親入院したんで父親ふたりきり六日目!

仕事を終え帰宅すると父親はまだ帰ってきていない!

父親今日仕事休みリハビリに行き!その後姉甥姪と母親のお見舞いに行くと言っていたのでリハビリかお見舞いのどちらかだろう!!

朝置いておいた茶碗は宣言通り父親が洗っておいてくれたようだ!!

チンゲン菜のおひたしも作ってくれている!

賞味期限の切れたもやし冷蔵庫で眠ったままだった!

母親のお見舞いに一緒に行けば少し元気が出るだろうかと思い父親電話を掛けるが繋がらない!

肩こりと目の疲れを癒したくホットアイマスクをつけてソファに横になる!

目の温まってきたころ父親より電話がきて!リハビリから帰るところでお見舞いはこれからとのこと!

しばらくして父親が帰ってきてその数分後に姉が子どもたちを連れて来た!

姉に賞味期限の数日切れたもやしがあるがもうダメだろうかと聞くと!数十円でお腹壊したらばかみたいだからやめたほうがいいんじゃないの~と言われる!!

そうか!私はばかみたいなことに必死になっていたのか!!と思う!

母親病院に着いても気分が持ち上がらず母親大丈夫!と聞かれた!

もやしが腐っちゃってと答えると気にすることないよと励まされる!

病院では窓の外をしばらく見ていた!

家に帰りつき姉はすぐ自宅へ帰る!

父親晩御飯はどうすると聞かれるが放っておいていいよと言い自室へ上がる!

父親にひどい態度を取ってしまったと思うがそれよりも悲しさの方が勝っていた!

食材を腐らせたくない一心で!味見もできないけれどこの数日料理自分なりにがんばったつもりだったが!そんなに気にすることのないばかみたいなことだったのだろうか!

ベッドに横になると涙がこぼれてしまった!

きっと食材が腐ったところで母親は責めも怒りもしないだろう!でも私はできる限りのことはしたかったのだ!

ホワイトボード食材名と賞味期限とを書いたが!無意味だったのだなと思う!

旅行に行く前に父親もやしを食べてほしいことを伝えればよかったなと思う!

レタスにばかり気を取られていないでもう少し献立を考えればよかったなと思う!

考えてももうもやしは食べられない!!

21時頃に父親が部屋へ入っていった音が聞こえたのでしばらくしてから階段下りる!

冷凍ご飯をレンジにかけチンゲン菜のおひたしおからを食べる!

食べている途中で母親より大丈夫!元気ないの!とメールが来る!

もやしを腐らせて悲しかっただけだから平気と返信しごはんを食べる!!

食べていると少し元気が出てきた!

空腹は悲しみ増幅装置だ!!敵だ!!!

風呂に入る元気はないしもうそのまま眠ってしまおうかと思う!

でも!明日着る制服の手洗いだけはしようと思う!

手洗いしながら姉もきっとそんなに気に病むことはないと言いたかったのだろうなと考える!

がんばりすぎなくていいときっと思ってくれているのだ!

父親には本当に申し訳ない態度を取ってしまったなと反省する!

洗濯を終えると気持ちが幾分かすっきりとした!!

ついでにトイレットペーパーの補充とトイレタオルも換える!

疲れて気力がなくても3つのことができた!!

トイレットペーパーなんてカウントするほどのことじゃなくても!数に入れてしまえば1大きくなる!

ほんの些細なことでもなにかができると自信になる!ちいさなことをコツコツ積み重ねることが大切だなと再確認する!!

やはりシャワーを浴びようと思いシャワーを浴び!茶碗も洗って早めに眠った!!

たくさん眠って明日はきっともっと元気だ!

やらせたくないならやらせたくないで終わりでいいじゃん

なんでそこに入り込む余地があるの?

無いでしょ

って事で無意味でしょ

2016-07-19

やっぱり他人との比較って無意味か?

自分ゲームキャラクタと考えれば、予め能力値とかパラメータが決まっているのだから

何か絶対的基準他人比較しても意味なくね、って中学時代の(中二病的な)発想を突然思い出した。



社会からの期待のような絶対的基準内面化するのは、モチベーション高まるという意味ではOKなんだけど、

一方で極論だけど、どんだけ色々もがいたところで、所詮他人他人自分自分ってのはどうしようもないことなんだよな。

ほんと中二病なんだけど、社会に出て揉まれていくと若いころに考えていた他人他人自分自分という事実

どうも何かそこまで軽視できるほどつまらないものではない気がしてきたんだよ。



なんだろ。一人ひとり顔が違うように、一人ひとり能力も違うし、環境や運のような外部条件も結構違う。

まあ、それでも何とか絶対的基準に沿うようにやっていくしかないんだけど、

それでも心のどっかに他人他人自分自分、どこまでいっても同じにはなれない

って当たり前すぎて小学生にも嗤われるような事実を把握しておかないと、

他人と同じになれない自分絶望して、魂を無駄にすり減らすような生き方することになるんだろうな、と。



便宜上、俺らは人間同士を比較するけど、それはあくま便宜上であって、

そういう比較しようもないもの比較する何かをあんまり内面化して苦しんでいる必要もないんだな、と

どういうわけか妙に心が軽くなった。

さて、明日仕事がんばるか。

2016-07-18

本当にあった怖いブラック企業体験談

おはよう今日もずいぶん早いんだな。」

私は荷物の入っていない鞄を自席に置き、隣の席にいる同僚に声をかけた。まだ始業時間の二時間前だが、別に流行りの朝活をしているわけじゃない。

うちの会社では半年ほど前から経営からの指示により残業が厳しく制限されている。ただし業務は減らない、つまり自主的に早く来ざるを得ない。まあよくある話だろう。

「ああ、おはよう。ちょっと仕事が切羽詰まってるんだ。」

同僚の増田仮名)はディスプレイから目を離さずにそう答えた。一体何時から来ているのだろう。マグカップコーヒーは既に空になっている。

コーヒー、お前のもついでに淹れてこようか。」

「ああ、助かる。」

増田簡単にそう応えた。私はマグカップを取り上げ給湯所へ足を運んだ。

「やっぱり補充されてないか。」

マグカップを洗おうと思ったが、備品食器用洗剤はこの一週間ほど空のままだ。本来消耗品申請をしなければならない。

だが経費削減の一環でこうした申請も面倒になってしまった。誰かがやるだろうと皆が思い、そして誰もやらない。その結果がこの現状を生み出している。

私は空の容器を捨て、出社途中のコンビニで買った洗剤と取り換える。

マグカップを綺麗に洗い、インスタントコーヒーを淹れる。

コーヒー香りは目を覚ましてくれるわけでもなく、これから仕事なのだという鬱屈とした気分を思い起こさせるだけだった。

「ほい、コーヒー。」

「ああ、助かる。」

15分を要した私の労働結果に対して増田は先程と同じセリフで済ませ、やはりディスプレイを見つめたまま一心不乱にエクセル文章を打ち込んでいる。

増田テストケース作成か。だいぶ面倒そうだな。)

しかし私には私の仕事がある。午後のレビュー時刻までにコーディング完了させ、レビュー用の資料作成しなければならないのだ。

コーディングを終わらせようとすると、資料まで手が回らないかもな。)

以前に資料なしでレビューに臨み、散々な結果になった。仕事に対する姿勢がどうの認識がどうのと罵倒され、お前のやり方は信用できないと言われてしまった。

その時も時間が足りなかったせいなのだが、私の主張が受け入れられることはなかった。

そんなことを考えつつ、私は優先順位を決めて作業に取り掛かることにした。

そしてこの時の私はまだ、増田に降りかかる残酷運命について気付くことはできなかった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

及第点には届かないな。指摘したところは全部直しとけよ。」

全ての説明を終えた私に対し、上司はそう言ってレビューを締めくくった。

疲れた…。)

ため息をつくのを我慢しながら、既に使い果たした気力を振り絞って自席へと戻る。もうあの上司の顔は当分見たくない。

そういえば朝のコーヒー以降、ずっと増田と会話をしていない。

どうしているかと隣の席の様子をちらと伺うと、増田が目を強く閉じ、頭を抱えているのが見えた。

「おい、どうした、大丈夫か。」

明らかに体調が悪そうだ。私は思わず肩を叩き、声をかける。

「うう…頭が…痛い……」

「頭が…う…はははは……頭が…割れそうだ…!」

そう応えるのを聞いて、私は思わず鳥肌が立ってしまった。

増田が笑っている。頭が痛いと訴えながら笑っている。

あのいつも冷静な増田が。

もう限界だ。休ませてやらねばならない。

私は上司の元へと向かう。

当分見たくないと思った顔がそこにはあった。

すみません増田の体調が優れないようなので今日はもう帰らせたほうがいいのではないかと。」

「は?お前何言ってんの?」

まりにも雑な返答に苛立ちを覚えつつも、もう一度現状を訴える。

「いえ、ですから増田の具合が明らかに…」

「だからそれお前が判断する権限あんの?あいつの進捗をお前が管理してんの?」

「な…!」

唖然とする。一体なんなんだ。話が噛み合わない。

こいつは部下の体調が心配じゃないのか?進捗のことしか心配していないのか?

私は自分立場も忘れ、反論しようとした。その時だった。

「がぁ……頭……頭が……頭があああああああああああああああああああああ!!」

増田尋常ではない叫び声を上げる。私は思わず振り返り、増田の姿を確認する。

職場中の視線増田に集中する。

その瞬間、増田の頭が、割れた。

比喩ではなく、割れた。

飛び散る鮮血。血のシャワー。少し遅れて、悲鳴空間を埋め尽くす。

数秒前まで増田の頭部だったそれは、もはや原型をとどめてはいない。

上司は、呆然とそれを眺めている。

私も何が起こったのか理解できず、しばらくの間、呆然としてしまった。

救急車、呼ぶぞ。」

もはや無意味であることは明らかだが、上司はそう言った。誰も返事をするものは居なかった。

http://anond.hatelabo.jp/20160718003623

あれはそもそも「無意味で答えのない会話を楽しむ」という行動だよ。

大体「普通議論評論」なんて出来ないことしても毎度優越感ゲームに陥って対人関係拗らせるのがオタクなんだから

そんな出来ないことをせずに同族とのコミュニケーション関係維持を行うために自然形成された行動ってこと。

強さ議論とかして何が楽しい

よくアニメとか漫画とかを読んだオタクどもが誰が強いかとか誰が賢いかとかって話をするじゃん。あれ無意味すぎない。

そんなの作者のペン先ひとつで好きな風に動かせるのにさ。

作者が強く見せるのうまいな、と考えるとか、このページのこのコマが好き、とかならまだわかるが、キャラクターのものに強さもクソもねえだろ。そしてそれを話すことによって何の成果があるっていうの。会話そのもの無意味なんだよ。初対面の人との会話に困って苦し紛れに天気の話題を出すのと同じような会話レベル。何も生まれない。

そんな会話を聞くとため息が出る。オタクは静かに喜びを噛み締めろ

2016-07-17

人類の存亡を取り扱うフィクションを見ると

フィクションとは違って多分人類の存亡なんて宇宙にとって、

あるいは宇宙の外側も含めた全世界にとって特徴のないものなんだろうなー」と思って


「でもこうやって人類価値について問答することは宇宙どころか

そもそも人類にとっても無意味なのかもなー」と思って


「こうやって人類のもの価値について考えるのは

人類全体になにか価値があれば自分みたいなつまらん奴にも意義が生まれるという

人類全体に対する自己投影によるものなんだろうなー」と思って


生きる意欲が減退する。ならない?

日本は完全週休3日制を導入すべき

毎日ストレス社会で週5か6日も働けません。

ここで週休3日(完全)を取り入れ、人としての健全さを取り戻すべきだ。

残りの日の仕事がキツくても何とか保たれるはずだ。

しかしながら「公務員」は別です。

平日しか稼動しない行政など利用できないので無意味です。

週6です。売り上げの概念も無いはずなのにボーナス?笑わせんな。

おたくらは働きなさいって事だ。