「大学発ベンチャー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 大学発ベンチャーとは

2019-09-11

触覚再現VRはいつになったら商品化されるの?

セックス感覚再現するVRを俺はいつ買えるんだい? 絶対世界中エロい人たちが人生を捧げて研究しているはずなのにいつまで経っても実現しないじゃない。

VRでHと言っても、肌と粘膜の感触が無いなら昔やってたテキストのチャHと同じく虚しいだけで、俺は風俗通いを止められないじゃない。

実際、大学企業で開発してる人がいたら、どれぐらいで商品化されそうか教えて欲しい。

東大研究してるけど、大学発ベンチャーで5年以内には最高級ゲーミングマシンぐらいの値段で買えるようになるよ!

MIT留学中だけど、触手になった俺が1000歳のダークエルフエルフの成長速度は人間の1/100)になった教授の穴という穴を犯すところまで実現できてるよ!

みたいな感じで。本当に生きる希望になるからさ。

VR乱交に参加した

https://anond.hatelabo.jp/20190910193053

2017-12-31

anond:20171230152740

まぁアカデミック世界なら新規性独自性が全てだと言ってもいいので、無駄を削っただけだと評価されないのは当たり前。一方で、実社会からしたらアカデミック研究成果なんて、実用性に乏しいので、大量生産コストを下げるためには、増田がやったような研究は必ず必要。それを誰がやるかと言う話になると難しい。企業と共同研究するか、大学発ベンチャーを立てるかと行った所だろうね。応用研究先生なら企業からアカデミックに戻った人なんていっぱいいるので、企業に入ってもまた研究がしたくなったら戻っておいでよ。

2016-01-08

湯水のように税金使ってるな~。


>大学発ベンチャーを増やすという政府成長戦略を受け、今年国立4大学に合計1,000億円(東京大学417億円、京都大学292億円、大阪大学166億円、東北大学125億円)が出資された。それにより大学子会社VCが続々誕生している。

http://forbesjapan.com/articles/detail/10790/ALL



税金使ったベンチャーや、そのvcって稼いでいいのかな?

ちゃんと公開されるべき。頑張って新規開拓してる民間のやる気をそぐわ~。

恐れていた失策がついに来たって感じ。

1000億円はズルすぎる…

流れ星ベンチャーもここに含まれそう…

2009-02-25

1980年代:基礎研究に走った日本企業欧米大学ベンチャー主体に

http://anond.hatelabo.jp/20090225123751

電子産業史】

 1980年代を私は本誌編集長として過ごした。当時と現在とで,1980年代に対する私の見方は大きく違う。当時を振り返るとき,「なぜ気付かなかったのだろう」の思いを禁じ得ない。

 例えば1980年代欧米企業研究開発方針は大きく転換した。要約すれば「中央研究所の時代から産学連携の時代へ」である。

 西洋社会伝統では長いこと,「知」と「技術産業」は分断されていた。大学産業界の距離は,西洋世界でこそ遠かった。それが1980年ごろから様子が変わる。「新産業を生み出すのも,新しい雇用を創出するのも,大学であり,大学仕事に基づくベンチャー企業であり,それを起こす企業家だ」。世界中でこう期待し始めたのである。今にして思えば,それは,ほとんど革命大学革命と呼ばれる)だった。

 伝統大学人の強い抵抗と社会的な摩擦を伴いながら,この革命は進行した。歴史的に大きな転換であるだけに,痛みもまた激しかったようである。欧米におけるこの革命について,日本の産学官もマスコミも鈍感だった。私も例外ではない。なぜ鈍感だったのか,自省を込めて考え続けたい。

 大学革命の波が日本に及ぶのは遅かった。確かに21世紀初頭の現在は,日本でも産学連携大学発ベンチャーへの期待が,産学官挙げての大合唱となっている。その点,世界の他地域と大差ない。しかし日本では途中経過が違う。1980年代後半のバブル経済華やかなりしころ,日本を基礎研究ブームが覆う。「キャッチアップは終わった,さあ,これからは基礎研究だ」。

 背景にはリニアモデルがあった。「基礎→応用→開発」=「研究→開発→生産」=「科学技術産業」。この順序で事が起こるとする。そしてこの順序の上流ほど偉いとする。欧米でようやくこれが終わろうとするとき,バブル日本では逆に燃え盛ってしまった。国立研究所産業界も,産業的な価値を無視するかのように基礎研究に力を入れようとした。

 おごった産業界はうそぶいた。「大学頼むに足らず。ノーベル賞会社が取る」。中央研究所の縮小に走る欧米企業は,このとき反面教師だった。「研究から手を抜くようになっては,欧米一流企業おしまいだね。これからは日本企業の時代だよ」。折から「経済一流,政治三流」と,まことしやかに唱えられていた。

 確かに1980年代末に日本経済は空前の繁栄を謳歌する。しかし今振り返ると,周回遅れを先頭と誤解していた節がある。日本バブルを謳歌していたころは,世界の大転換期である。この時期世界は次の時代の生みの苦しみにあえいでいた。そのため工業生産を一時弱体化させる。同じとき,工業生産に特化した古い構造日本は温存し,転換に加わらなかった。それ故大きな利益を上げる。そういうことではなかったか。

 おごれるもの久しからず。バブル崩壊とともに基礎研究ブームも泡と消え,それどころか研究所そのものの縮小・再編に日本企業も励むに至る。再び欧米が教師となる。そして欧米がこの四半世紀,血みどろの努力の果てに,大学産業価値の源泉に位置付けていたことを,ようやく知る。こうして1990年代後半から日本でも,産学関係の再構築と大学改革が始まる。

 「日本株会社」批判と並んで欧米からの批判がもう一つあった。「基礎研究ただ乗り」批判である。「日本産業は繁栄している。ということは科学,すなわち基礎研究の成果がなければならない。ところが日本では基礎研究には見るべきほどのものがない。よそで達成された基礎研究成果にただ乗りして,日本産業的繁栄を実現しているに違いない」。

 ばかげた批判である。基礎研究の直接の応用とはいえない産業技術など,山ほどある。しかし,時の通産省貿易摩擦への対応に苦慮していた。「ただ乗り論」を受け入れて基礎研究を強化する道を選ぶ。傘下の工業技術院に属する研究所に対して,基礎研究を強化するよう,ほとんど強制する。

 やがてバブルが来る。産業界研究開発投資も急拡大した。拡大の方向は基礎研究である。日本の外で中央研究所の縮小と産学連携が進行しているさなか,日本企業は基礎研究を拡大する。

 背景にあったのは,繰り返すが「キャッチアップは終わった。これからは基礎研究だ」という認識である。研究者大学人・官庁科学技術政策担当者にとって,この認識は快いものだったのだろう。「科学技術産業」の流れの上流を担うところほど「偉い」という思いを,日本研究コミュニティーも共有していた。それは,ヨーロッパに対して後進国だった時代の米国研究者の思いと同様である。

 皮肉にも同じ時期に,米国産業界は,基礎研究や中央研究所経済効果を疑い,研究開発投資の方向を事業密着型に変える。基礎シフトという1980年代日本の政策は,欧米とは逆方向を向いていた。

2007-05-03

夢をつぶす起業

高校生大学1,2年のころから会社を運営する奴がいる。そういう奴を世間は「すごい」「若いのによくやってるね」と評価するようだが、俺はそうは思わない。

高校生から大学1,2年の間というのは、いろいろとチャレンジし、視野を広げることができる。なのにそれをせず、「今興味があるから」という理由だけで適当会社を作り運営するのはもったいないことなんじゃないだろうか。起業することは遊びじゃない。起業社会とかかわり、社会の一端を担うこと、というのを決して忘れてはいけない。

それに若いうちに起業しても将来苦労するだけ。なぜならば、若いころは「若い」という一種のブランドを持つことが出来るけれども、将来的にそれはなくなってしまうから。

高校時代や大学1、2年の間はまずいろいろと視野を広げ、何が自分に一番適しているか、やりたいのかを定めるべきだ。そしてそのやりたいことを実現するためには何が必要なのか、とりあえず知識を身につける。「もし将来自分が会社を設立したとき、業界競争に買つためにはどんなオリジナリティが必要か」ということも考慮して、独創的な視野の構築も目指していきたい(ただし独創的な視野というのはいきなり生まれるものではなく、既存の知識や視点をフルに活用する必要がある)。

一度大企業就職して、社会の仕組みを学んでおいたほうがいい。それから独立しろ。ただし「業界の後ろをついていく」のではなくて、「常に業界の最先端を目指す」くらいの心意気じゃないといけない。

以上、30歳で起業して今面白くなってきた俺より。まあ、俺は起業したいから起業したのではなくて、起業しないとやりたいことができなかったからなんだけど。

ちなみに以上のことは大学発ベンチャーなんかには当てはまらないけどね。あと、高校生起業家になりたいという奴はまず勉強しろ。そしていい大学に入れ。なんだかんだいって学歴はいいほうがいい。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん