「書店」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 書店とは

2016-09-19

ネットとは違ってリアルでは見下す人ってほとんどいないよね

恥ずかしながら3年前は彼女いない歴28年かつ職歴無しのフリーターだった俺。

高校進学校だったし大学もそれなりのところに行けた故に大卒時は友人達とかなりの差がついていた。

周りは恋愛経験あるし正社員として就職

一方俺は就職全滅でバイトしながら実家寄生する恥ずかしい存在

それでも学生時代の集まりには顔出してたし現況を包み隠さず話していた。


ネット上で自分スペックを書くとあたりまえのように「人生詰んでるだろ」「その年で非正規とか笑」みたいなコメントしか返ってこない。

でもリアルでは馬鹿にされるどころか助けてもらえることの方が多かった。

例えばバイト先の書店が潰れた後は家庭教師の職を紹介してもらった。

正社員になれたのも友人のコネだ。


たまたま自分の周りにはいい人ばかりだったのだろうか。

類は友を呼ばないのかもしれない。

何にせよ自分もいつかは誰かを助けられる立場になりたい。

2016-09-12

http://anond.hatelabo.jp/20160912143905#tb

【2―2 「漫画原作」と、その将来性 】

  上述の地上波を基軸とした戦略頭打ちのため増加したのが人気漫画映画化である

  数十万人から数百万人の原作ユーザーを取り込める可能性があるのと同時に、

  公開前には原作掲載雑誌の表紙で告知するなど、出版から宣伝チャンネルを確保できる。

  現在の実写邦画のヒット作はほとんどが漫画原作である

  しかし、漫画はすでに成長分野ではない。

  「かにそして徐々に紙の雑誌の「死」が近づいている」

   山田順 | 作家ジャーナリスト出版プロデューサー 2015年3月24日 16時24

  http://bylines.news....n/20150324-00044178/

  >コミック誌販売部数は3億9755万部で、19年連続マイナス。これはピーク時の3分の1である

  >「コミック誌が売れない分、コミックスカバーしてきましたが、コミック誌作家は育つので、

  > この逆転現象は厳しい」と、コミック誌編集者

  >電子から収益は紙に比べたら圧倒的に低いうえ、出版社の取り分は少ない。

  >これは明らかなカニバリズムで、それは書店売上を奪い、出版社疲弊させ、出版不況を深めていく。

  >これらの不況は、明らかに著作者漫画家を直撃している。

  >日本出版業界における電子書籍化は欧米とは異なっていることを知る必要がある。

  >紙の漫画市場不況は、紙だけでなく、アニメ映画市場も直撃する。

  >たとえば、2014年に公開された映画は、半分以上が漫画原作

2016-09-07

愛知県もっと良心的な書店である正文館が古本セールをしていて絶望した

三洋堂並に劣化したのかと。


そして、

実利論をゲットした。

金谷治先生訳の論語をゲットした。

アレクサンドロス大王東征伝(下巻のみをゲットした)。



置いてある古本の六割が岩波文庫、二割が講談社学術文庫だった。

小口枯葉色になって、背表紙が焼けて読めない文庫もたくさんあった。



さすがは正文館書店

私は最初から信じていたよ。

http://anond.hatelabo.jp/20160906111939

でしょ?もしかしたら元増田の本欲しいって人もそこがボトルネックになってる可能性あると思う。

それに自家通販だとtwitterフォロワーさんとかとかサイト見てる人にしか届かないけど、

書店だと書店サイト検索する人が買ってくれたりするから在庫少しは捌ける足しになるかと。

実際pixivbooth自家通販だと一冊も売れないうちの本、とらのあなだとちょこちょこ買ってくれる

いるから、元増田は今からでも書店委託してみたらどうかなって思う。

ジャンルにもよるけど、イベント完売するような本だったら取ってくれる可能性高いし。

2016-09-06

http://anond.hatelabo.jp/20160904005943

書店委託は?

書店委託の方が買う方は買いやすいと思うんだけど

個人相手自家通販はやり取りの煩雑からハードル高い人が多いし

2016-09-04

君の名は。の何が、どこが

君の名は。TOHOにフラッと入ったらたまたま空きがあったから観たんだけど、ストーリーに対する感想らしい感想が何も浮かんでこなかった。

特に精神的に疲れてる状態でもないので、何度見ても同じだろう。


から、大絶賛の感想を見て、えっそんな心に響いた人が大勢いるんだ!? とショックを受けている。


ゴジラ上映前の予告偏でだいぶネタバレ唐突に入れ替わりがなくなること、名前が思い出せなくなること)食らったし、アドベンチャーゲーム脳だから時間の設定もなんとなく当たりがついていたし……ってのが主な理由かと思ったけど、それだけが理由なのかな?

とにかく、見終わった後に、何も残らなかった。


書店に行って原作小説があったら買ってみる。何か見逃してたものがあるかもしれない。



ちなみに感想は以下の通り。

声優さんの入れ替わった演技面白いなー

②オープニングあるんだwww

RAD懐かしいなー、高校生時代、有心論と最大公約数よく聞いたな

④絵が綺麗だなー、これはクレヨン

黄昏タイム終了後、なんですぐ確認せんかったんや

⑥秒速と違って最後出会えてよかったやん

⑦花沢香奈出てた!

何も残らなかったとか言いつつ、数え上げればけっこうあった。

2016-08-31

デス六がダメなざっくりした理由

今日楳図かづお先生インタビューを見た。

正直に言えば先生知識は(昔の)漫画エッセンスに活かせればよい、といった程度でとても表面的だった。

しかしそこに出てくる構想はとても面白かったし、着眼点がやはり世間的ではない印象を受けた。

知識を集積してそれを武器として使う人がいる。多くは自分自身自我を強く見せるためだ。

そこには知りたいという思いより、あるいは思いと併存して――でしゃばりな自己存在する。

単なる能力のことだけを言えば、Wkipediaの情報量個人が敵うことはほとんどのケースでないといえる。

では彼らがなぜ知識収集するのかという理由が前述にある。

一応ここまでがメンタル理由だが、もう一点重要な部分として自我のために、あるいは負けないために知識を集積する者達のオリジナルティのなさだ。

彼らは基本的知識を溜め込めば溜め込むほどノーマライズされて平坦化してくる。

発想よりも教科書に習って正しい知識で先輩面することを望んでいるので正確性のほうが重視される。

まさに楳図さんが感じていらした科学者の発想力に対する態度そのものだろう。

上記態度を「学者的」と形容することも間違っていないし、慎重だということもできるだろう。しかしそれはメンタルの話には基本含まれない。

勝つため、あるいは偉ぶるために集積された人間Wikipediaは、知ることもしくは勝つこと、マウントすること自体目的なのでそこから希望や発想をふくらませることが出来ない。

自分の中にいる裁判官が持つ批判精神が出てくるという可能性は0ではないにしろ、このような人種は産むことに対してとても鈍感だ。

それは目的が違うからだろう。目的が焦り続けるエゴの充足であればあるほど他人は楽しめない。そして心中嫌がられこそすれ尊敬もされない。

もし敬っている態度をとっているとすれば、恐れによるもの一般的空気に合わせてそう発言したに過ぎない。

正しさだけを求めて集積された知識演繹的に創造に繋がることはあっても、それ自体部品しかなく今後のAIにもWikipediaにもかなわないし面白くなりようがない。

人は聞くとき知識集積庫のWEBを探れば良いだけだし、書店で本を買い漁って保管すれば良いだけだ。もっともそれが死蔵につながらないことが大切だと考える。

ブックオフオンライン新刊文庫を何%オフしているか

取次が公開している文庫新刊リストで、たとえば2016年8月発売とされていたタイトル8月31日現在ブックオフオンラインでどのぐらい値引かれているか、調べてみました。うん、年度末で時間が空いたから()

発売日や価格、書名に「未定」「仮」と入っているものを一律除外していくとKADOKAWAグループが足並みそろえて価格未定としているせいでごっそり母数が減るんですが(あとPHP機械的タイトルに仮ってつけるのやめて)サンプル数は273。

このうち値引きしているタイトルは171、値引率最大35.2%、最小7.4%、平均すると18.4%。

6冊買えば(新刊書店で買うのに比べると)1冊分お安くなる計算ですね。

もちろん「値引きしている」のと「在庫がある」はイコールではなく、欲しいなら新刊書店に行け。ということにおおむねなっているため、かろうじて商道徳の乱れはおさえられている……と言えなくはないですが、そうはいっても新刊書店新刊棚に置いている期間に、堂々と値下げ札を付ける行為なんで、そら嫌われるな。

ブックオフの値付けロジック創業以来の丼勘定から上場企業風味(定着したディスカウント企業イメージ資産に、あらゆる利益獲得の機会は逃さない)に変わったのは2013年秋なのですが、さすがに刊行間もない書籍でも18%OFF、という姿勢になったのはごく最近のことであります

再販制の死守に文字通り生死を賭しているひとたちに対してケンカ売りすぎじゃーん。

2016-08-28

http://anond.hatelabo.jp/20160828193047

冷遇っつーか

紙で印刷した本は、

書店さんで販売されるけど、売れ残った分については書店さんは返品が可能なのさ

から本は刷っただけ売り切らないと出版社倒産する

そういう不安がある出版社だと、紙を先行させて、

から電子版っていう形にしている

 

 

あともう一つ、電子版で出すとき

紙版の修正をしたいっていう要望が筆者から出ることがある

そうなると当然電子版は遅れる

2016-08-25

アニメアイコンはやっぱり頭おかしかった

書店女児絵本売り場を尋ねられて、エロ本売り場へ誘導→見てる女児撮影し、Twitterへアップした人間がいた。

全然ユニークじゃないし、ユーモアでもなんでもないぞ。面白くないし。寒いし。

その行動はゲスすぎて最低最悪で、チ○コと手足切り落として晒し者にしたうえで死んで欲しい行為なのだ

同じくらいゲスなのがそのツイートにふぁぼしたりリツイートする輩。



ほとんどがアニメアイコンだった

男女は知らないけど、やっぱりアニメアイコンは屑だなぁ~。

これで、声かけ事案みたいなのがあったら警察批判するんでしょ?

女児エロ本売り場にいるのを見て喜んでる輩が、声かけ事案批判するのおかしくない?

お前らみたいな奴等がいるから、通報されるんだよ。

もちろん全員ではない。ただし、その中に本物の馬鹿がいて、こういう行動に出るから通報されんだよ。

わかったか

2016-08-24

青木まりこ」現象の解明に迫る

http://www.dangouwasa.com/entry/bookstore-excrement

本屋に行くと便意をもよおす「青木まりこ現象」について、原因は不明」という記事が上がっていた。

 

わたしは「青木まりこ現象」について、以下のプロセスだろうと解釈している。

 

1 本好きの人が書店へ行く

2 大量の本がある

3 リッラクスし、アセチルコリンが分泌される

4 アセチルコリンにより便意をもよおす

 

これを、「1 よく映画レンタルする人がゲオに行く」→「2 大量のDVDブルーレイがある」

「1 文具好きが文具店へ行く」→「2 大量の文具がある」などに置き換えても成立すると思う。

重要かは不明だが、「自力で入手できる」かどうかはポイントになりそう。

例えば子どもおもちゃ屋に行く場合、親にねだるしかない時と、お年玉を握りしめて行った時では、後者場合に便意をもよおしそう。)

 

特に書店について、この現象が取り上げられることが多いのは、大量の本(視覚)に加えて、新刊本のインクのにおい(嗅覚)も作用するからではないだろうか。

 

 

ということで、完全に解決済みだと思っていたので、むしろ未解明なことに驚いた。

2016-08-17

私は同人即売会の会場限定グッズが好きではありません。

私は同人即売会の会場限定グッズが好きではありません。

私は誰もが自分の好きを好きに表現できる同人文化が好きです。




どうしても、この季節になると思ってしまうことです。




会場限定グッズはその名前の通り、頒布会場でしか手に入ることの出来ないものです。突発的に企画製作されることも少なくなく、

需要に対して十分な供給が達成させられるのはごく稀で、その多くはイベントルールを守らない徹夜組利益目的とした転売組の方々に流れてしまます




この人の作品書店委託でも買うことが出来るけれど、会場限定グッズからな行かなきゃ! と思ってイベントに赴いた一般参加者さんが、

時間も並んだ上で手に入らないというのはとてもとても悲しいことです。(会場限定グッズに限らない話ですが)




ユーザー」が笑顔になれないのは「クリエイター」としてはどのような気持ちになるものでしょうか。

もしも自分ならば、ルール違反した徹夜組作品のものは求めていない転売組の方々の手に自分作品が渡るのは極力避けたい事態です。

可能な限り一人でも多くの「ユーザ-」に笑顔になってもらいたい、そう考えるからです。




けれどこれは思い違いだろうな、とも思います




私は今、「需要」「供給」と言った言葉を使い、作品を作る方を「クリエイター」、一般参加者さんのことを「ユーザー」と呼びました。

これは「同人活動」ではなく「企業活動」に傾いた考えではないか、と客観します。




同人文化はその字のごとく、同じものを好きとする人たちが寄り合って作り上げられた文化です。

そのような関係の中で「需要」「供給」「クリエイター」「ユーザー」という言葉はとても違和感場違いの印象がある言葉です。

会場限定グッズに限らず、同人活動作品提供する側は自費製作である以上、需要だとか供給だとかいったことを考えるのはとても難しいことですし、

しろ、「同人活動」においてただのノイズしかなり得ない要素です。これは「企業活動」の場面で考えるべき要素です。




一方で、どんな作者さんでも、買ってくれようとする人を悲しませたがっている人はいないと思います

どんな作者さんでも、徹夜組転売組に大多数を手に入れてしまうのは、好ましく感じないと思います

その観点に立つと、会場限定グッズというのは存在するべきではないのでは、そして徹夜組転売組を一網打尽にするものでないにせよ、ある程度の効果はあるのでは、と考えてしまます




しかしながら、これは作り手の人に対しても、それを求める人に対しても、彼らの思っていることをないがしろにしたひどく失礼な考えなのではないかとも思います




それでも、私は同人即売会の会場限定グッズが好きではありません。私は誰もが自分の好きを好きに表現できる同人文化が好きです。




そう思ってしまうのです。

2016-08-10

EM菌水伝の源流 TOSS

TOSS教育技術法則化運動)という団体がある。教育仕事に就いていない多くの人は知らないと思うが、我々小学校教師は割と知っている。EM菌水伝を広めたのはこの団体である



TOSS

TOSSは、効果的な教育技術研究して集積し、広める団体である小学校の学級運営や教科指導に関する指導法が多い。

大きな書店教育書コーナーにいけば、TOSSから出版された教育書が幅を利かせているのが分かるはずである

無料で授業法を閲覧できるTOSSサイトもある。実際のところ、多くの若手小学校教師はこれを参考にしている。

TOSS指導法採用している教師は、その授業や板書を見ればわかる。廊下に並べられている図工の作品を見てもわかることもあれば、授業でなくても教室の様子を見てもわかったりする。

TOSSにどっぷり浸かっている教師がたまにいて、授業法に関するセミナーのチラシをくれたりもする。



●発足者向山洋一

ところでTOSSは、四・五十年前に、向山洋一という小学校教師を中心として発足した小さな教育サークルが徐々に拡大したものである

向山氏は発足当初から現在までずっとTOSSトップにいる。

我々小学校教師であれば、向山洋一と聞けば少なくとも名前なら知っているというくらいに有名であるしかメディアには出てこないので、やはりほとんどの人は知らないと思う。

学級崩壊モンスターペアレントなどの言葉を考案した教師である

TOSS信奉者にとっては伝説的な教師である書店では、TOSS書籍と並んで向山洋一書籍も多い。

向山氏の何がどうすごいのかはとりあえずここでは省略する。



向山指導法

TOSSでは、向山氏が考案した授業の進め方を「向山算数」や「向山社会」のように呼んでいる。実際に向山式○○を授業で実践している教師は多い。

向山式に限らず、TOSSの中でもネームバリューのある教師のやり方は△△式と言われたりして、国内中に広まる。

TOSSでなくても良い授業法は国内中の教師に広まっていくのはあたりまえなのだが)

みなさんが子どもときに受けてきた授業の中にも向山式があったかもしれない。



話の流れでなんとなくお察しかと思うが、いろいろな向山式授業法と共に広まっていったのがEMである

しかも、数ある向山実践の中でも、重要実践の一つである位置づけられている。向山洋一著のEMに焦点を当てた書籍も出ている(自分は読んでないので中身は知らない)。

であるから爆発的に日本中教師拡散し、いたるところでEMを使った授業が行われてるようになったという現状に至る。

(よく知られる水伝はたぶん向山ではないがTOSSの誰かである

向山氏がどのようにしてEM出会ったのかは知らないが、とにかくTOSSという波に乗って日本中に広がった。

2016-08-09

好きな作家さんが音信不通の人

そういや好きな作家さんが全く連絡取れない人

画像投稿アカプロフに「このアカウント投稿用で返信されても届きません、連絡は必ず本垢にお願いします。pixivも同様です。」と書いてある

HPブログも連絡先や拍手コメントは置いてない

イベントで本売ってるのは、毎回派遣の人で知り合いでは無い

しろ書店売りがあるのでそっちを買う



本垢がどこに有るのかも書いてない

同じクラスタさんに聞いても本垢は知らない

でもpixivに「Rさんから誕生日絵を貰ったのでお返し!」と書いてあったり

Rさんが誰かも分らない



完全に音信不通の人はめずらしい

2016-08-08

http://anond.hatelabo.jp/20160808202942

書籍場所を取りすぎる。その一点だけでも電子書籍には永久に勝てない。

購入するときもわざわざ書店に行かなきゃいけないし、書店に行っても目当ての本が並んでないことが多い。

電子書籍なら様々な条件で検索できてしかも品切れがない。リアル書店が勝っているところなど皆無だ。

読みづらいだの何だのは単なる慣れの問題

しろ文字サイズが可変というだけで電子書籍アドバンテージがあると言っていい。

書籍は昔の本を読みたいと思ったときに蔵書の山から発掘しなければならない。

電子書籍なら一発で探し出せるし、本文の検索までできる。最高に便利だ。

ちなみに電子書籍エロ漫画修正が大きかったりするので、他は電子で買ってもエロだけは紙で買うという人もいるぞ。

電子書籍ってエロマンガ以外の用途で使う人いるんだろうか

俺は紙の本を本棚に並べたいし、物として残しておきたい派だから電子書籍利用したことないんだけど

電子書籍ってエロマンガエロラノベ読むためのものだと思ってる

テレビCMで「ワンピース花より男子がなどの人気コミックが読めます」と宣伝しまくってる「めちゃコミックだってネット広告エロマンガ広告しか打ってないし、

めちゃコミック以外の電子書籍サイトも結局はエロマンガ主婦向けの胸糞系マンガ広告しか打ってない

胸糞系マンガゲスから読むものなので、この場合ポルノに含んでもいいだろう

まり書店では恥ずかしくて買えない本を気軽に読むためのツールしか思ってない

どっかのネットニュースで、実際電子書籍ワンピース進撃の巨人などリアル本屋で売れてるマンガはあまり売れず、エロマンガばかり売れているというデータもあった

絶版本が手軽に読める利点もあるが、俺の場合絶版本は古本屋を数件はしごするか図書館で読む

それでどんな絶版本も手に入れることができた

最近地方に増えてきた超大型書店を覗けば絶版本が新品で普通に売ってたりもする。

結局はがんばれば欲しい本は本屋はしごすれば見つかるし、はしごするのも楽しいもの

なので電子書籍を利用したことはほとんどない

電子書籍は紙の本を読むのより時間がかかるし、なんだかんだ紙の本より読みにくい

実際に紙の本を手にして読むと心に残るのだが、電子書籍だと本というより、ただのファイルって感じがして心に残りにくいし、読んだこともすぐ忘れてしま

スマホ向けサイトには片っ端からエロマンガ広告ばかり出しているのも不快しかない。べつに俺だってエロマンガを読むことはあるが、あれは誰だって不快だろう。あの広告の出し方は電子書籍イメージダウンしかなってないし、子供への影響もひどいだろう

まり、俺は電子書籍軽蔑している

増田を読むのは好きだが、それとこれは別。

http://anond.hatelabo.jp/20160808113858

2016-08-04

http://anond.hatelabo.jp/20160804134439

電子化するのは難しくないし、すでに国立国会図書館で始めています

データとして書店に並ばない有名作家新書だったり過去の本が、電子書籍の売り上げを伸ばしているんです。

あと絶版もなにも需要がある本しか残らないのが世の常。

需要が無い本が無料データ化公開できるのも、電子書籍の利点です。作者の意思次第。

データとして貯蔵しておくのがコストかかるというが、そこに金を出している現状もあります

図書館維持費と、未来への投資という問題ですね。将来的にどっちが利益か。

電子書籍が未熟というには、もう電子書籍の波は押し寄せています

それは紙の本にしか興味の無い人たちには、分からいかもしれない。

今年だったか来年から文藝春秋電子書籍に力を入れるそうです。

出版社はもう既に電子化を見ています

出版社から与えられる状況が続くとすれば、人々は電子書籍を読まざるをえなくなるでしょうね。

ちなみに電子書籍のほうが利益が出るそうです。

表現の自由が少数者を抑圧してる」…都内出版関係者シンポジウム

ヘイト本に歯止めをかけることができるのか」「表現の自由が少数者を抑圧してる」…都内出版関係者シンポジウム

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160803-00011003-kana-l14

ヘイト本」巡りシンポ 自由言論とは

ヘイト本」と表現の自由問題を考えるシンポジウム都内で開かれ、出版関係者らが、あるべき自由言論の場やメディアとしての出版責任について話し合った。

外国ヘイト規制も紹介され、第三者機関によるヘイト行為への規制必要性を訴える意見も上がった。

 7月29日に開かれたシンポは出版労連主催で約80人が参加。

ヘイトスピーチ排外主義に加担しない出版関係者の会」の岩下結さんは、「5月にヘイトスピーチ対策法が成立したが、実際に『ヘイト本』に歯止めをかけることができるのかは分からない」と指摘。

出版公共メディアとしてあり続けるためには、ヘイト被害に遭う当事者視点に立った対応必要だ」と強調した。

 「反ヘイト本」の常設コーナーを設けているジュンク堂書店難波店長福嶋聡さんは「意見対立しても、民主主義必要なのは議論だ。書店はそうした意見意見がぶつかる場でもある」と主張。

異なった考えや意見を持つ人が対話を重ねる場所重要性を説いた。

 「ヘイト本」の内容の信用性に触れたのは、小学館川辺一雅さん。

事実関係を確かめていないような、編集機能が果たされていないヘイト本も多い。クオリティーが低く、本として読む気になれない」と話した。

 いわゆる「嫌韓本」を多く出版する青林堂営業職を務めた中村基秀さんは、デザイナーからヘイト本装丁を断られた経験に触れつつ、「言論の自由を言い募り、差別をあおる本を売ることに目をつぶってきた」と自省を込めながら振り返った。

 会場からは、相模原障害者施設殺傷事件への言及もあり、暴力を誘発しかねないヘイト行為に抜本的な対策がないことを不安視する声も上がった。

 諸外国ヘイト規制事例を紹介した弁護士水口洋介さんは「政府から独立した第三者による審問機関をつくるべきだ」とし、ヘイト行為に対して行政的な処置必要性を訴えた。

シンポでは、多数者が享受する「表現の自由」が少数者の声を抑圧しているのでは、との問題提起もなされた=都内

参考

出版労連児童ポルノ禁止法改正法案に「反対」する声明

http://www.syuppan.net/modules/news/article.php?storyid=142

極小サークル大手に潰される

会場価格書店価格を同じにする大手のおかげで結果的ピコサークル価格を下げざるを得なくて辛い

自分以外にもこのジャンル増えて欲しい〜って言いながら自ジャンルを殺す

大手ってこわい ノベルティ社会怖い 首の締めあい合戦怖い

笑いながら自分の以外のジャンル者を殺してくる 大手ノベルティ爆弾が怖い

ノベルティの斬り合い合戦みたいになってて、女性向けクソすぎる

書店価格を下げるだけならまだわかる

会場だと特盛りのおまけをこれでもかとつけてつけるつけて書店と同じ値段

極小サークルはもう描きたくないって思う

自分の精一杯ギリギリ赤字に値段下げて何しても一冊買ってグッズも何もかも

特盛りの大手一人買えば満足されちゃう

このジャンル描いて欲しい〜って周りにいいつつも、自分以外のものは読みたくないんだろうな

女って怖い

君が儲からないことをするから こちらは更に絞られる

ノベルティ合戦いい加減終わって欲しい

頼むから普通に儲けてくれ それだけが望みです。

2016-07-29

知的障碍者への差別意識から逃れたい

あの残忍な事件の後、犯人への憤りと知的障碍者への差別意識自身感情シーソーのように揺らぎ続けている。

人間として強い怒りを犯人に感じながらも、池田殺傷事件秋葉原通り魔事件ほどに被害者の無念や遺族の悲しみを思い犯人を憎むことはなかった。犯人へ怒りを感じても憎しみは感じていない自分がいた。

昔、書店で働いていた頃によく来ていた知的障碍者男性にいきなりあなたはブスですねと叫ばれたことがある。長い時間ブスブスブスブス言われ続けた。ブスはいないでください、ブスはいないでくださいと連呼された。わたしと他の店員たちは何も聞こえないように作業を進めた。

幼い頃から容姿からかわれいじめられ続けてきた。わたしの顔は確かに醜い。それを何とか他の面を伸ばして生きることで克服しようともがきながら生きてきた日々だった。

店内の他の客の視線を集めるなかで、駄々をこねるように言葉を発し続ける男性に湧いた増悪と焼けつくような痛みは今も心の奥で燻り続けている。

殺害された方々はその言葉わたしに投げつけた男性ではない。わたしが彼らを殺した健常者ではないように、まったく別の人間だ。彼らに何の咎もない。

それでも、知的障碍者は人を死ぬほど傷つけようが理解も出来ず責任能力も問われない人たちなんだ。あの人たちには確かに人を傷つける力があるのに簡単に人を傷つけてくるのに、といった意識わたしの正しく事件を捉えたいという意識邪魔をしてくる。

犯人の主張を知らなかったならこんな思いはしなくてすんだのかもしれない。心の奥の傷が共感を誘ってくることに今、必死で抵抗している。

2016-07-27

バズプラスって早刷りを手に入れてるだけだよね

印刷出版関係書店に知り合いがいて週刊文春とかジャンプとかの早刷りを手に入れて1日早く情報出してるだけだよね。

バズプラスって早刷りを手に入れてるだけだよね

印刷出版関係書店に知り合いがいて週刊文春とかジャンプとかの早刷りを手に入れて1日早く情報出してるだけだよね。

2016-07-18

ハリポタに思うこと

一言で言えば、「いや児童文学だろ?」とツッコミたくなる。



ずいぶん昔から、本のブームやら映画化やらのニュースを見聞きしてきたが、

どうも日本では大人商売事情ばかり見え隠れしていて、肝心の子供が置き去りにされている印象すらある。

そもそも、大の大人必死になるようなもんなのだろうか。

例を挙げよう。私の地元は『ズッコケ三人組シリーズ舞台稲穂ミドリ市の元ネタとして有名だが、

そこに熱狂的な外人がやってきて、「ここがアカツキ書店の元になった本屋か!」とか言ってたらどうだろう。

一応その場は適当ごまかすかもしれないが、内心ものすごくドン引きである

児童文学なんてそんなもんではないか



これが子供向けアニメ特撮だったらどうか。確かに、いい歳こいてはまる大人というのは山ほどいる。

しかし、それがどちらかといえば恥ずかしい趣味だという自覚は彼らにもあるだろうし、

何より、あくまでメインのお客は子供たちである、という原則は守られていると思う。

ところが、日本におけるハリポタにはそれがない。

リア充サイドの人らが、堂々と吹聴して回る趣味になりかねない勢いだ。

おそらくJKかそこらの女の子が、USJCMで恥ずかしげもなくメテオロジックスとかやっているのを見ると、

やっぱりどこか違和感がある。

2016-07-17

死にたい言ってる若者は、本当に死にたいわけじゃない

若者の大半が長生きしたくないという思い込みを持った増田なわけだが、ちょっと違うんだよね。

人間も生き物なので死にたくは無い。これは絶対と言って良い。

ネットを調べれば安価に確実に死ね方法なんていくらでも出てくるご時世に、ネット愚痴を書いているのがその証拠だ。


とは言え、表現方法を知らずに「死にたい」と言う気分が分からんわけでもない。

増田の「死にたい」って要するにこういう事だろ。



1 仕事が無い、仕事未来を見いだせない

2 家族や友人が居ない、または関係が悪い

3 金が無い



当たり前の話だが、やりがいの有る仕事が有って、家に帰れば伴侶や子供笑顔で迎えてくれて、休みの日には実家に帰ったり友達と遊べて、贅沢は出来なくてもそれなりの収入が有る人は死にたいとは思わない。(病気障害は、元増田が「若者の大半」と言ってるので今回は除外)



スポーツ選手になりたいとか、アイドルになってTVに出たいとかであればともかく、この程度の事は健康若者ならどうにでもなるのだけど、まぁ出来ないと思っている人に言っても仕方ない。

なので各項目に少しだけアドバイスをだそう。




1 仕事が無い、仕事未来を見いだせない



非正規フリーター介護独立するつもりのないアパレル飲食あたりをやってる人だろうか。

こういう人は、休みの日に就活しろ。とはいっても、アホみたいに一部上場企業に行くと絶対蹴られる。



今は空前の人手不足でな、中小企業猫の手も借りたい所が多い。

地元企業を紹介している本が書店に有るから、それを隅から隅まで読め。

いくつか目星をつけて、ネットで色々調べて、シェアが伸びている所を探すんだ。

地元で有名な会社とかはダメだ。優良企業なら入れないし、斜陽産業なら老害だらけで学びがない。

伸びている会社なら中途採用でもチャンスが有るし、学びは間違いなく有る。



休日と平日の空いてる時間を使って、目星をつけるのに1ヶ月、面接受けまくるのに1~3ヶ月って所か。

吊るしでいいかスーツ着て、髪をセットして、こざっぱりした格好で行け。

面接では調べた知識を存分に披露しろ。やる気が有ります一生懸命働きますアピールを忘れるな。

35歳以上なら難しいが、元増田は35歳以下と言ってるのでこれでいける。




2 家族や友人が居ない、または関係が悪い



ぶっちゃけ、ある程度仕事していれば解決する問題

どうしても気に食わない相手しか居なくても、利益のためなら礼儀正しくなれるのが仕事の良い所。

あと、まともな母数から数を当たるのが大事

非正規飲食介護は、言っちゃあ悪いがクズの吹き溜まりだ。

クズの中からいくら数を当たってもクズしか引けない。まともな人間はある程度固まって存在している。

よって、まともな職を得れば、まともな人間関係は後からついてくる。



自分の親が嫌いな人、それは正常な反応だ。まず自立してさっさと引っ越せ。頼られたら縁を切れ。

もし介護や援助が必要だとしても、自分人生を捨てる必要は無い。先に生まれた人は先に死ぬのがこの世の理だ。

ましてや、自立すら出来ない人が他人を救うとかお笑い種じゃないですかね。




3 金が無い



まぁ仕事で半分は解決するのだが、マネーリテラリシーの無い人は学ばないとそのうち死ぬ

ローンとか生命保険とかで選択を間違うと、無自覚に数千万円くらい損する事も珍しくはない。

これは本でも読め。オススメ橘玲の「臆病者のための億万長者入門」だ。アフィ無しのリンク貼っとく。

https://www.amazon.co.jp/dp/416660970X/



クソみたいなアフィブログをいくつ読んでも、この1冊には敵わない。新書なので新品でも数百円だ。

まぁ1と2を実行して、まともな伴侶を貰って共働きすれば、金に困る事はそうそう無い。世の中の仕組みを知り、身の丈に合った生活をすればいい。




「世の中の仕組みを知る」という事はとても大事

本に書いてある事に俺の見解も加えていくつか紹介する。




住居費と人件費世界有数に高額な日本で、専業主婦or主夫をやるのは狂気の沙汰だ。

22歳新卒若者には1億以上の人的資本が有る。それを時給数百円で売り払う人は愚か者しか言いようが無い。

宝くじ愚者税金と呼ばれる。愚かな人だけが支払わされる余分なコストだ。パチンコ競馬も同じ。

超低金利日本サラ金リボ払い借金するのはバカ調達金利が0.01%以下なのに、借りている人は10%以上の金利を払っている。

入院、通院の保険はある程度の貯金が有れば不要。何せ、保険控除率50%前後も有る。そのぶん貯蓄した方がマシ。



まぁこの程度の事は、良い所の子供なら大卒までに仕込まれている事ではあるが、死にたい言ってる人は知らんだろ?

資本主義社会にはルールがあるが、自分で調べない人はルールを知らずに戦うしか無い。

絶望する前に、ルールを知って一度戦ってみてはいかがか。スーパースターは無理でも、凡人くらいにはなれると思うぞ。




http://anond.hatelabo.jp/20160716201509

あと、勉強大事だ。元増田文章は短いのに酷すぎる。文意が通っていない。

ネットばかり見てないで、まともな本や新聞でも読め。国語は全ての学問の源で、これが出来ないと日本人として戦う事も出来ない。

まぁ死にたい言いながら、生活保護もらって野垂れ死ぬのも気楽かもしれんがね。

2016-07-16

[] 渋谷

田舎者おっさんにとって東京といえば渋谷新宿なんだ。

汚れているし落書きは多いしカジュアルな格好の人々が闊歩している(新橋スーツが多い)。薬のバイヤーかいそう。

あおい書店の前の横断歩道って何で信号機ないんだろうね。

駅にどん兵衛ラ王を食べさせる店が出来ていた。



トイレ正統派駅のトイレで狭くて臭くて汚い。

今日行ったら汚いレベルちょっと下がっていた。掃除した直後だったのかな?)

ハチ公改札の方は特に狭い。入口入ってすぐそこに便器がありほぼ立ション感覚

南改札の方は変な間取りで、出ようと思ったら袋小路だったりする。

人も多いか山手線の中でもワースト3に入りそう。

まあそこはさすが日本ベースラインは高いけど。

南口の外にも公衆便所があるけどそっちは入ってない。