「オネエ言葉」を含む日記 RSS

はてなキーワード: オネエ言葉とは

2019-07-02

オネエはいてもゲイはいない日本テレビ

テレビ界で活躍するタレントのマツコもミッツもIKKOも、オネエ言葉を用いる「オネエ」である

ゴリゴリマッチョで、ひたすら”男性性”を追求していて、別にオネエ言葉は使わない。そういうマスキュリンな「ゲイ」はテレビ界にはいない。

世の中には「オネエではないゲイ」がたくさんいるのに、オネエしか存在しないテレビ界には明らかに偏りがある。

2019-05-04

ああ、結局「ホモ」は「ゲイ」に負けたのか

彼女が好きなものホモであって僕ではない」がNHKドラマ化したら「腐女子、うっかりゲイに告る」になった件。


タイトル理解は正しくなくて、「僕」から見たら主人公は「ホモ」だけど、「腐女子から見たら「ゲイ」だということで、なんの齟齬もない。

しろ原題をそのまま使うのは難しいことから彼女目線タイトルに変えることで作者の意思をうまく尊重したのだという考え方すらできる。


それでも、という話。

この作品主人公はどこまでも「ホモ」で、「ゲイ」じゃない(肯定的意味でも否定的意味でも)。

何の違いか、というのを端的に言うと、ゲイとしてゲイコミュニティに何の違和感もなく馴染めるゲイとそうじゃないホモということで、

これは俺定義ではなく原作者自身がそうツイートしている。

原作者BLで目覚めて後からゲイパレードを始めとするゲイ文化を知り、愕然としたというバックグラウンドがあるらしい。

BL対象となる「ホモ」と現実存在する「ゲイ」という対比、ニュアンスもある、はず)


ヘテロにとっちゃどうでもいいことだろうと思うが、いわゆる「新宿二丁目」なゲイ像を男性同性愛者の全体が受け入れているということではない。

しろ、ああい雰囲気を移されないようあえて遠ざけているという人間さえいる。


作者のこだわりというが、自分もとても共感していた部分だったのでドラマ原題が最終的に「ゲイ」になったのが残念でしかたない。

もちろん、ホモなんて言葉を入れるわけにいかないことはわかっているけども。


ホモであってゲイでない」というのは非常に難しいし、

「ただの同族嫌悪と何が違うんだ」「選民思想に溺れているんじゃないか」と謗られても説得力のある反論は思いつかない。

「そんなつもりじゃない」ぐらいしか言えない。

実際、自己肯定なのか自家中毒なのかわからない執着を抱えながら「ホモ」で居続けることが素晴らしいことだなんて思わない。


それでも、「ああ、一括りなんだな」という残念さが消えない。

女を「ババア」と呼んで勝手に親近感を持ったり、オネエ言葉を使ったりすることはアイデンティティとして受け入れられないんだよ。

そういうプロトコル内面に持っていたくない。

一緒にされたくない、というのが偽らざる本音だ。


…というモヤモヤ気持ちをうまく表現できないので増田に投げておく。

2018-12-14

LGBTだけどLGBTの主張についていけない

いろんな主張があるんだということはわかる

いろんな人がいて、いろんな考え方があって、いろんな方法論もあって、結果的にこうなっているんだということはわかる


ただ、Tは完全に異端児、Gはオカマ女装家)、BはそもそもLGから差別されてて空気人間(ただしフェミもどき)扱いされてるのはLだけ、という現状でどこまで「理解」が得られるんだろうと不安で仕方ない

「隣りにいる、ごく普通に見える男や女が実は異性が好きとは限らない」という端的な事実常識として浸透すればそれで十分なはずなのに、露出が好きとか、女装するのが好きとか、オネエ言葉使うとか、そういう個人の趣向まで「LGBT」の皮をかぶせて正当化押し売りするのはおかしくないか

服装言動自分性別に縛られたくない」という気持ちLGBTとは関係ない、ノンケだって普通に持っていいモノだろうしLGBT専売特許でもない

ジェンダー規範押し付けるべきでないという運動はそれはそれで別にやっていくことだろうと思う

そして「Bは結婚できるから別にどうでもいいじゃん」とか平然と言い放つLGがいる状態差別をするなと言ってもお前が言うなという話じゃないか

LGBTのみなさんに来てもらってます!という場面でBがその場にいたのを見たことがない

そらそうだよね、だって身内から差別されてるんだもん


社会に物申す前にもう少し身内で議論を戦わせたほうがいいんじゃなかろうか、と思うけどもう手遅れなんだろうな

2018-10-10

anond:20181010143257

金本「2回で終わったわね。見ての通りよ。」(阪神タイガース監督

特に敗戦した試合後の監督コメントで口癖のように「~よね」「~わね」といった語尾を使っており、これがスポーツ紙などに文字に書き起こされて報じられるとオネエ言葉のように見えることからヤニキ派生命名された。

ちなみに「~よね」「~わね」は広島弁の語尾の特徴で、また関西弁でも似たような言い回しはある。実際に金本が話している様子を見るとオネエ言葉には聞こえないが文字にすると発音まで再現できないため、一見するとオネエ言葉を連発しているように見えてしまう*1。

2018-04-18

セクシャルマイノリティーの先生のはなし

高校生の頃、美術系の学校に通っていた

美術系の授業がたくさんあり美大芸大からも多くの講師が来ていた

その中の1人がA先生だった

先生は歳の頃は30前後スキンヘッド身長180超えてて、スラリと細身で足も長くて顔立ちもはっきりして、見たことないような柄のシャツネクタイとオシャレなスーツばしっと着こなしてて、まるでモデルみたいだった

ただいわゆる「オネエ」言葉を使う人だった

美術系の私のクラスほとんどが女生徒で、A先生はあっという間にクラスの人気者になった

作品講習では歯に衣着せぬ物言いでズバズバ言うにもかかわらず、「全然ダメ!何よこのデッサン!ここのパースが狂いまくってるじゃない!」みたいな調子テレビから出てきたタレントのようで、けちょんけちょんに言われても皆んな嬉しそうにしてい

ある時、休み時間に日直の私が黒板に書き物をしていたら、教壇に立ってたA先生のところにクラス女子が寄ってきて「先生ちょっと聞きたいことがあるんですけど…」と切り出した

の子はいわゆる「腐女子」でBLもの同人誌普段から描いている子だった

「なーに?」とA先生が聞くも、その子はモジモジしてなかなか質問を言わずA先生が重ねて問うてやっと口に出した

詳細は忘れてしまったけど、それはあまりにもプライベートな、性的質問だった

A先生が答える前に、私があんまりびっくりして動揺して、チョークがボキッと折れて床に落ちた

それで2人が私の方を振り向いたので、私は「躊躇ってた割に、すごい失礼なこと聞くんだね」と思わず言ってしまった

A先生はそれを聞いて手を叩いて大爆笑して、私の肩までバンバン叩きながら「ほんとそうよねー!!」と、私がひくくらい笑っていた

質問した子は、それで気がそがれたのかどこかへ行ってしまった

それからまた別の日、A先生が全校生徒の前で壇上に上がって話す機会があった

A先生がしゃべりだすと、他のクラスの生徒がザワザワし出すのが分かった

あちこちで笑ったり、驚くような声が上がった

先生は騒がれてもちっとも気にしない(ように見えた)で話し終えた

私たちクラスの子たちが近寄って行って、「先生すごい騒がれてたよー!」「他のクラスの子から『あれってホンモノなの?』って聞かれた!」などと囃し立てられていた

先生は笑っていた

の子たちが行ってしまって、先生が後ろを歩いていた私に気づいて、「なにが『ホンモノ』なんだか。ほっとけって言うのよ、ねえ?」と口を歪めた

私はこうしたことからA先生は当たり前だけどタレントさんじゃなくて、普段笑って上手に冗談にして返してるけど、本当は本当はセクシャリティのことを話題に騒がれるのは嫌なんだと気付かされた

一度気づくと先生には毎日のように性的からかいが投げかけられていた

生徒だけじゃなくて、先生からもだった

担任から「お前、かわいい男子生徒を見つけても手を出すなよ」と言われてクラス爆笑したり、

学年主任先生もみんなの前で「俺はその気はないからな」とか言って笑いを取っていた

尊敬していた別の講師が、「オネエ言葉なのに女の格好はしないの?」とニヤニヤ聞いてたのを見たときは、私がなんだかシュンとしてしまった

正直、私だって前はなんとも思わなかったでも先生は本当は嫌なのかもと気づいてからは、先生へのそういった性的からかいが、ヒリヒリして聞こえてきて辛かった

他人の私が、またかーってウンザリするくらいだから先生はこういう毎日をずーっとずーっと過ごしてて、怒ったりするのもとっくに諦めてるのかな、と思ったりした

だって女の先生にそういうこと聞いたらセクハラになるんじゃないの?A先生だとオールオッケーなの?

しかし私はおとなしく目立たない地味な、勇気も何もない生徒だったから、幼い義憤をかきたてられても何もできなかった

今思えばA先生オネエ言葉ではあったけれど男の格好をするのが好きといってた

当たり前みたいに先生を「同性愛者」として見ていたけれど、今思えば、恋愛対象が女か男かも、性自認が女か男かもわからない。しかし、一番大事なのは、そんなこと知る必要もないってことだった

大人になって大学社会に出てからも、美術系にはいわゆるカミングアウトした性的少数者が何人もいた

もちろん誰も表立って迫害したりはしないし、ふつうに仲良く過ごす

でも、悪意のない冗談めいた性的からかいしょっちゅう耳にした

その度にA先生を思い出した

誰もA先生を嫌いじゃなかった

みんなA先生が好きで、仲良くなりたがってた

それでも善意で、悪気なく、誰かを傷つけるかもしれないんだなと分かった

大人になって、社会でいわゆるセクハラのような扱いを受けたことが何度かあった

そのたびA先生をまた思い出した

先生、私も笑って受け流してるよ。だって相手に悪意がないのに戦っても仕方ないし良いこともないし そんな深刻な被害でもないからノリのいい女でいた方が生きやすいし

でも先生、なんかこれ削られるね

笑って流して大したことないって顔してるだけで、ちょっとずつ自分が削れていくもんなんだね

私もきっと知らずに誰かを削ってるんだね

まあ私はA先生じゃないかA先生のことが分かるわけでも代弁できるわけでもないんだけどね

今も忘れられないの

2017-12-23

クレしんはそろそろアウトで、ワンピースは許されるんじゃないかなあというこの感じ

そういうのない?

 

クレしんって明らかにオカマをいじって笑いをとってるし、

しんちゃんって幼児の皮をかぶった強者男性なので、もっそい加虐感がある

 

一方のワンピースオカマネタで笑いを取ろうとはしてない

ここでいうオカマとはボンクレーことなんだけど、

ルフィも誰も、彼のことを笑ったりしないし、そういうコンテクストワンピースという漫画自体がつくらない

それどころかボンクレーオカマとして独自哲学を持っていて、それがかっこよく描写されている

見た目や言葉遣いオカマバーにいそうなオカマさらにいじったような感じなんだけど、それは笑いにつながってないし、

なんならどんな見た目、属性であってもあの漫画が描く世界から排除されないという逆の良さがボンクレーにはある気がするんだけど

そこまで言うと擁護になるんだろうか

 

ところで書きながら思い出したんだけど、ドラゴンボールにもオカマキャラがでてくる

レッドリボン軍ブルー将軍なんだけど、これはこれでうまく処理されてる気がする

ブルー将軍に追い詰められた一行は、ブルマ色仕掛けをし、難を逃れようとする

だけどブルー将軍は女に興味がないと言い、またオネエ言葉を使うため

それを見たクリリン(だったとおもう)が「げげ、オカマかよ」みたいなことを言う

ブルー将軍はそれに怒って、却ってピンチになるという流れ

 

まずブルー将軍のほうが立場が強い(暴力的意味)というのがひとつ

そしてブルー将軍がそういうラベリングに対し明確に怒ってNOを突きつけてるという点

このふたつによって特に問題にならない気がする

 

そろそろフィクション無罪という時代でもなく、どういう描かれ方をされているか

評価が分かれる、そんな気がする

 

https://anond.hatelabo.jp/20171221215709

2017-09-27

anond:20170927141823

そういややおい板ですら結構フラットな口調じゃない?

若干口調がマイルドだとは思うけど

まぁ、そもそも現実世界で「~だわ、~よ」なんて言ってる女はおらんけどな

逆にホモ板はなんかすごいオネエ言葉イメージがある

全然外見はオネエっぽくない人でもオネエ言葉話してるのはなんでなんじゃろ

2017-01-08

二次元安易オカマキャラが苦手になった

少し前まではゴツいガタイオネエ言葉キャラがいても、特に何の感情も抱かなかった。

が、最近、前働いてたバイト先の、オネエ言葉を話すゲイ店長言動きっかけで2次元安易にそういう性格けがされたキャラ(まあ安易になんて私の主観になってしまうのだが)にも不快感が出るようになってしまった。

というのも、その店長性格

店長になってから常に不機嫌になるようになった。

・姑のように色んな人に異常に細かく注意する。特に自分より年下の学生バイトに当たりが強く、泣いてしまった女子もいた。辞める人続出。

・の割に店長自身はよくミスし、ベテランバイト店長より偉いマネージャーミスカバーしていた。

女性に当たりが強いが男性の前だと露骨にご機嫌。本人も「女性に対してなんの興味もわかない、女性女性に対して可愛いと思うような感じもない」と言ってた。

・逆に機嫌がいいとハイテンションに絡んでくる。テレビのオネエみたいな感じ。下ネタ結構言ってくる。「〇〇ちゃんお元気〜?」みたいな感じ。でもすぐ機嫌悪くなるので面倒臭い

勿論、全部のゲイやらオネエの人が女性に冷たいわけでも、他人にだけ厳しいわけでもないのは承知している。

だがそれでも、あのオネエ独特の妙な口調と圧をかけてくる振る舞いに苦手意識が出来てしまった。特に2次元だと3次元よりオカマ成分を強調されることが多いので、ヒクようになってしまった。

苦手な要素として主なもの

2次元オネエキャラは、マッチョな体とオネエ口調で、キャラクターを脅して圧力かけることがある。「〇〇いいからこれやりなさいよ!」みたいな

男性キャラにあまりにも行き過ぎた、濃いというか…な発情?惚れ惚れとするシーンが挟まれることがある。「〇〇さん…ほんっとイケメンよねぇ…!はぁん……(凄い濃い絵柄」みたいな

・たまに女性キャラに対して非常に冷たかったりする。

作品によっては「別にこのキャラ立ち位置なら、オネエキャラにする必要性はないのでは?ただ強烈なキャラ付けにしたい理由オカマにしただけだろ?」と思わされてしま

特に一番最後は本当にそう思う。オカマキャラを魅力的に描くのなんて本当に難しそうだから安易にそういうキャラを出されると見た瞬間にゲンナリしてしまう。

全部苦手というわけでなく、上に挙げた苦手要素が薄い、魅力的だなと思うオカマキャラもいる。

というか、そういうキャラが描ける作者さんはすごいなあと思いました。

後、3次元テレビで見る分には…って思ったけど最近テレビでオネエキャラの人見てないな。マツコは好き。

2016-11-24

ただのグチ

私はMTFレズビアンなんだけど、体が男でそっち系って事で全く属性が反対の性に奔放なゲイ混同される可能性を恐れて生活してる。

ゲイへの差別悪化した所で男が好きって事は事実相手は居るんだろ。こっちはずっと全部勘違いされたまま相手いないんだよ。

女装したりオネエ言葉使うゲイと男好きアピールするMTF消えればいいのに。

http://anond.hatelabo.jp/20161123235437

2016-10-19

http://anond.hatelabo.jp/20161019171141

生粋の京ことばを話す男性はオネエっぽい^^;

地方から京都大学に進学して、京都育ちの人と同じクラスになって話すようになったのだけど、

言葉の節々がオネエ言葉っぽくて、最初もしかしてこの人はゲイとかオカマな人?@@;;;

ってびっくりしたのだけど、本人は完全にノーマルでした。

職場にいるゲイの方の話し方がオネエっぽくて気になる

職場ゲイがいるのだが話し方がオネエっぽくて気になる。

どういうことかというと、話を聞く限り彼は「男が好きだが、性自認は男である女の子になりたい願望は全くない」というタイプである

しかし話し方はオネエのそれに近いことがある。「〇〇よねぇ〜」みたいな。仕草もぽい。

実際彼がゲイとバレたのも、喋り方、振る舞いがオネエっぽかったかである

しか特に女になりたい願望はないらしい。彼の一人称も「自分である

そのようなタイプゲイでもオネエ言葉を使う。

オネエ言葉イメージとしては「女でも使わない女らしさを強調しすぎた言葉」というイメージがある。漫画とかでおかまキャラが話す感じ。不自然な感じ。

女性になりたい願望がないゲイが何故オネエ言葉を使うのだろうか…他にもたまにそういうタイプを見る気がする…

何故だろう?単純に気になった

二丁目に行くと伝染するのだろうか。

2016-08-18

社会問題としての広がる女装裾野

少し前に男の娘という言葉流行ったが、そのムーブメントは去ったように思われている。

http://matome.naver.jp/odai/2134149251375308901 『男の娘ブームです!』

http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/asaloon/1405243950/ 『男の娘ブームとは何だったのか

しかし僕はどちらかといえば定着したのではと考えている。ある一定市民権を得て、男の娘というジャンルムーブメントから離れて、女装、もしくは女装子という一段階上ステートとしてくくられたのではないかと思う。

少し近接してしまいそうなので先に断っておくことがある。

世間ではLGBTについて、ジェンダー課題について議論されているようだ。僕はあまり調べていないが、そのような特集がよくあるようである

心のことであるとか、様々な議論がなされているのだけれども、僕はもっと深いところでの事情があるのではないかと思っている。

ここではそのような課題について気論するつもりはない。

それでは何の話題なのかというと、性別境界曖昧になっているのではないかという疑問が主題である

若い人はセックスをしないというけれども、データでもそれは少しづつ出てきている。

http://matome.naver.jp/odai/2142314033149402301 『草食系絶食系へ退化?若者セックス離れが止まらない!!』

http://saras-media.com/12982 『20代処女高齢処女が増加中?年代別・処女割合が明らかに』

調べ始めたのが最近だろうから昔のデータとの比較はできないだろうけれども、それでも肌感的にも自分は同じように感じている。

ただし、スーパーマジョリティー、スーパーメインな人たちというこれまで(もこれからも)メインカルチャーど真ん中にいる人たちが世の中の大部分を占めていることは間違いない。そしてそういう人たちは上記記事には当てはまりにくいだろう。

しかし、その傍ら、女装中性的、もしくは無性といった輪について、20年前であればスーパーマイノリティだったジャンルスーパーとはつかないマイノリティになってきているのではないだろうか。それこそ20年前であれば、人口比0.0いくつ%という数が、下手をすると予備軍を含めると1%台まで急伸しているのではないか想像している。(あくま想像範疇であることに留意されたい)

かといって、新宿二丁目の規模が100倍になっているかと言われればそれは違う。むしろ横ばいか、下火なのではないだろうか。

【最もゲイで溢れていた1990年代と比べると、目抜き通りは閑散とし、人通りは減っている[要出典]。異性愛者向けの店舗オフィス、そして異性愛女性の客が増え、ゲイタウンとしての特色も薄れてきている。(抜粋出典wikipedia : https://ja.wikipedia.org/wiki/新宿二丁目)】

2丁目はまた別の機会にきちんと調べる必要がありそうだが。

ここから先はほとんど僕の勝手想像上の物語だ。

そこでまた仮定になってしまうが、変身願望と十把一絡げにしてしまうのは間違っているような気がしないでもないが、女装は単純に化粧をして、女物の下着と洋服を履いて着て、オネエ言葉を使い、一時的女性の偽物になりたいのではないかと、考えてみた。また、現代女装において、ゲイ必須の項目でなくなったこともあるのではないだろうか。

自分に置き換えて考えてみる。(自分女装をする、限定バイセクシャルである

女装をすることに対し、一時的な非日常感を味わいたいわけではない、自分がそれでは継続的に留まるべき性であるという責任も持ちたくない。かといって、男性であることを意識したくない。体の良い逃げだとも考えられるが、そうすることで自律することを怖がる自分をなんとか支えているのではないかと思う。

たまたまかもしれないが、女装さんのフォロワーを見ていると、決して異性と上手に、もしくは世間と上手に渡っていけている人間が多いとは思えない。これは僕個人の一所感である

話は変わってしまうが、女装をしたいという人間が増えているような気がする。僕の過疎放送に来てくれる中にも、少なくない数の、女装をやってみたいんですがどこからやればいいかからなくて、という質問が寄せられる。僕は暦だけは長いが、何も教えられるようなことはないと思い、うまく言語化できないのだけれども。

これは、またあくま憶測しかないのだが、学校社会といったものとうまく馴染めない、もしくは馴染んでいるつもりなのだが、心ここに在らずといった、自分三人称視点で見てしま人間が、自分肯定する手段の一つとして、女装という選択をとったりするのではないだろうか。

昔で言えば一人でゲーセンスコアラーとかしていたような、もう少し最近ならヒトカラが好きな層、そんな人たちが、違う選択肢として取るのではないだろうか。

ゲーセンはあまり明るいニュースもなく、カラオケ自体も、以前に比べて減っているように思う。

その代わり、もうニコニコ生放送は古いかもしれないが、ツイキャスやショウルームなど、自分から少ない人間に発信できるメディアは、どんどん増えている。自己承認欲求をかむアウトすることはしないがインターネットならばさらけ出せるという人間が増えているのではないか

ユーストや、YouTubeなどと決定的に違うのは、コンテンツを作っていくのではなく、自身コンテンツとして売っていこうとしている点であろう。

これは、エロライブチャットとあまり違いはない。言い方は悪いが、安く身売りをしているのだ。

そうすることで、数字も伸び自尊心は保たれる。

これまで明言してこなかったが、女装する男性は、多くはヘテロセクシャルだと僕は考えている。女装同士は友達にはなれど、性的交渉相手ではないのではないだろうか。どの程度がバイゲイMTFノンセクシャルなのかはわからないが。今の所調べようがない。

想像するに、童貞というキーワード気づきをもたらせてくれるのではないかと思った。

女装をする人は、もちろん例外はあれど、ほとんどが独り身の男性である童貞ではなくとも、童貞感覚を持った人間童貞観念を捨てられない人間なのではないかと思う。自己愛が強く、他人から愛情を上手に受け止められない人が多いのではないかと思う。もしくは他人から愛情というのはデータ証明されるもの言葉や行動など)が伴わないと感じ取りにくいのではないだろうか。

脱線してしまった。童貞というキーワードを持ってくるには少し理由がある。

比喩として童貞を失うということは、大人への強制的な一歩を踏み出させるものではないかと思う。

また、僕が師事させていただいた教授が『日本という国は、年齢に比例するように年を取らなければならない社会である』というようなことを言っていた。そのように、すべての行動に責任を取っていかなければいけない社会なのである

もちろんこれは成熟した成人であれば、何を当たり前のことを、となるのかもしれないが、成熟した人間がどんどん減ってきているのだと仮定すると、(あえて厳しい言葉で書くと)未成熟人間が取るべき責任から逃れる方法模索してもおかしくないと考える。

責任というと、あまりにも重いものに感じるかもしれないのだけれどもうまいたとえが見つからない。

さて、そこで冒頭の性別あいまいになってきているという話である

この国において、終身雇用制度は終わりを迎えようとし、世界的に見ても賃金の低い国になりつつある。

そんな社会で生まれ持った持つべき男らしさというものから身を離そうとするのは不思議なことではないのではないだろうか。

嫁を取り、社会に貢献する義務を果たしたくないと思っても仕方がない。

かなり突飛な発想であることは意識しているが、あえてここでは上記のように締めくくらせていただく。

そのうえで、そのように責任を負いたくないモノと社会とがもう一度きちんとささあえあっていけるインフラ必要だと考えている。

それは産業であり、インフラであり、思想である

女装者が、女装者として生きていかなくてもよい社会づくりをするのか、女装者として生きても十分な責務を果たせる社会を作るのか、それはわからない。

ただ、こうあえて書いてしまう。

上記はれっきとした社会問題なのだ

2015-10-07

http://anond.hatelabo.jp/20151007120317

わかりますわ。そのお気持ち

もう何年も オネエ言葉 言葉を使い続けてますけど、

最近ではどこからどこまでがオネエ言葉なのかすら分からなくなってしまいましたのよ。

オネエ言葉ってすごいかもしれないわ

淡々と書く場合は油断するとすぐドラスティックなところが出ちゃって心が荒むけれど、

オネエ言葉意識するようにすると、心もレディになった気がしておしとやかでしゃなりとした精神状態になるわ

お試しあれ!

2015-07-21

http://anond.hatelabo.jp/20150720145924

いえいえ、こちらこそ。

解釈はだいたいあってると思う。

結婚たからおとなしくする」ってこともないし、子供が生まれて家庭を守っていかなきゃってこともない。

どうせ日陰者の俺たちがお上品なこといってどうすんの? てのもあるしな。

あと、ぶっちゃけやっぱり性欲の発露の仕方が「男」の人が多く(オネエ言葉とか使って、いわゆるジェンダー的に女っぽい人であっても)、

「やりてぇ」なモードな二人が出会えば、そりゃすぐやっちゃう傾向はあるかも。

「ヤリ目的」な出会いの場が、リアルにもネット上にもあるし、男が男に体を売っても「売春」で罰せられることもないし。

日本法律では、「性器の結合」がないと売春認定しない)。

まあ、草食系の人はノンケよりも少ないような気が個人的にはしているけれど、それは、そういう人たちが表に出てこなかったり、

場合よっちゃあ、無理やり女性と付き合ったり、結婚したりして、抑圧しちゃってるからかもしれないけれど。

2015-07-19

性同一性障害よりゲイのほうが理解されにくい気がしている

自分ゲイだ。

女性セックスできないわけじゃないし、したこともある。

女性だって刺激されれば勃つし。

美しい女性は、美しい花や美術品と同じように美しいと思うし、かわいい女性は、子犬とかディズニーキャラクターのようにかわいいとは思う。

でも、女性を見ただけで「あ、この娘とヤりたい」という衝動が湧きおこってくることはない。

タイプ男性は、CMにちょろっと出てきただけで、「ああいう人とヤりたいなあ」と思うことがあるけれど。

最近同性婚を認めようという動きが国内でも出てきたり、マツコ・デラックスのような人がテレビであれだけ受け入れられているのはいい傾向だと思っている

だが、自分のような人間には、まだまだ自分性的指向さらけ出して生きるにはハードルが高すぎると感じている。

性同一性障害について、自分の周りの「理解のある」人たちは、「自分の体に違和感を感じ続けて生きてきて、つらいだろうなあ、かわいそうだなあ」と感じている人が多いようだ。

から世間偏見を乗り越えて、「本当の自分」として生きられるにしてあげたい、と思うらしい。

自分も、その通りだと思う。

だが、自分は、そういう人たちとは違う。

別に女装したいとは思わないし、オネエ言葉も使わない。

(なお、「ヒゲ坊主マッチョ」とか、かつてレイザーラモンHG体現したような「イカニモ」な感じも苦手。

フツーなイケメンにあこがれる)

胸を大きくしたり、ましてや、おちんちんを手術で取り除いたりなんてもってのほかだ。

好きだし。自分のも相手のも。

相手も、変に「男の娘」であったりしたら困る。

普通の男の人であってほしい。

世間は「心は女なのに、体は男に生まれしまった人」が、心も体も女として生きられるようにしよう、ということに対して、大分理解が進みつつあるようだけど

自分のような「男のくせに男が好き」という人間に対しては、まだまだ理解の外に置いているような気がしている。

やっぱり「単なる少数派」ではなく、「気持ち悪い変態」と思われているような。

「男同士でヤるなんて、信じられない、気持ち悪い」という感情が湧いてしまう人の気持ちは、わからないではない。

でもたとえば、男性女性に対する好みのなかにも、「熟女が好き」な人もいれば「熟女とやるなんて気持ち悪い」という人もいるだろうし、

「俺、渡辺直美くらいぽっちゃりが好き」という人もいれば、「デブとやるなんて信じられない」という人もいるだろうし、

そういうのの延長線上で、「俺、男が好き」が理解されるようになると、随分、暮らしやすいだろうなあ、と思う。

とりあえず自分が、職場では「おとなしくてまじめそうだけど、実はむっつりじゃないの? なんか、よくわからない人」と思われているらしいのは、

自分性的指向を表に出してないからです。

あ、大好きですよ、エッチは。

相手が女じゃないってだけで。

2015-07-09

http://anond.hatelabo.jp/20150709081652

なぜかオネエ言葉に聞こえる

本当に女性なのかもしれないのに

なんでだろ

2013-04-07

オネエ言葉が直らない

私は心も体も女だからオネエ言葉っていうのもちょっと変かもしれないけど、「~わよ」「~のね」みたいなドラマ漫画しか見ないような言葉遣いが未だに抜けません。

子供のころに、親から「男言葉なんて使っちゃ駄目よ!」と言われて育った影響だと思います

でもそんな話し方してる人、家族以外で見た事ないので、外では「~だよ」「~だね」という感じで皆と同じように喋ってます

ただ、猫や犬に話しかける時は、未だにオネエ言葉が何故か出てしまう。

人前で話しかけないか別にいいんだけど。

2012-10-30

[]http://anond.hatelabo.jp/20121022153049

編集時刻:
    2012/10/29 11:50:00
編集者rent-7777
編集内容:
    1c1,2 3,4c4,5 6,7c7,8 18a20,23 20,26d24 28d25 41,43d37
    -「おかま」もしくは、女性の心を持った男性のこと。また、そのようなキャラクターのこと。「おネエ系」とも。
    +新宿2丁目など男性同性愛者の中では、ゲイの中で<span class="deco" style="font-weight:bold;">オネエ言葉を使うゲイ</span>を「オネエ」といってきた歴史がある。ゲイの全てがオネエというわけではない。
    +昨今、テレビバラエティ番組などでは、[[ゲイ]]<!--おかま差別語-->の男性の中でも、女性性が高いか女性の心を持ったタイプの人のことをオネエというようになっており、「おネエ系」ともいう。
    -おねえキャラ男性は、「美意識が高く知識が豊富」「女性の(男性の)気持ちがわかる」「人生経験豊富相談相手に最適」として、女性に人気がある
    -「おかまバー」「ゲイバー」勤め以外に、スタイリストメイクアップアーティストなど「美」に関連する職業に就いている人も多い。
    +女装をし性転換までするニューハーフ女装のみをして身体は男性のままでいたい女装家女装せず身体も服装も男性のままだが心が女性に近いトランスジェンダーの3タイプがある((2011年6月8日放送TBS系「20マウス」オネエ仕分けより。))。男性アイデンティティをそのまま受け入れている男性的なゲイは含まれない。
    +おねえキャラ男性は、「美意識が高く知識が豊富」「人生経験豊富相談相手に最適」として、<!--女性に(女性に人気といいますが、オネエは女性の為の癒し道具ではありません。-->人気がある。「ゲイバー」「ニューハーフバー」勤め以外に、デザイナースタイリストメイクアップアーティストなど「美」に関連する職業に就いている人もいるが、ほとんどの人は普通仕事に就いている。
    -性同一性障害の診断の有無、性転換手術経験・整形などの有無、恋愛対象が異性/同性、容姿男性/女性、を問わないカテゴリーであるが、「女装」だけを趣味とする男性を含むかどうかは意見が分かれる。
    -明確な定義はないものの、「女性」の中にも、時折「男性」が見え隠れするのが特徴のようだ。(女性になりきっている場合は、「おねえキャラ」への分類が難しい)
    +<!--(出典のない独自研究であり、コメントアウト)性同一性障害の診断の有無リーであるが、「女装」だけを趣味とする男性を含むかどうかは意見が分かれる。
    +明確な定義はないものの、「女性」の中にも、時折「男性」が見え隠れするのが特徴のようだ。(女性になりきっている場合は、「おねえキャラ」への分類が難しい)-->
    +*おねえキャラ
    +**ニューハーフはるな愛
    +**女装家IKKOマツコ・デラックスミッツ・マングローブKABAちゃん
    +**トランスジェンダー楽しんご假屋崎省吾植松晃士、平澤隆司、真島茂樹マロン水無昭善
    -*代表格
    -**容姿女性×女性の心を持っている <おねえキャラ>
    -IKKOはるな愛マツコ・デラックスミッツ・マングローブカルーセル麻紀
    -**容姿男性×女性の心を持っている <おねえキャラ>
    -楽しんご假屋崎省吾植松晃士、平澤隆司、真島茂樹マロン尾木直樹KABAちゃん水無昭善
    -**<おねえキャラ>に分類しにくい
    -三輪明宏、ピーター佐藤かよ

http://d.hatena.ne.jp/keywordlog?klid=1397933

2011年6月8日放送TBS系「20マウス」オネエ仕分け」か。バラエティ番組のみを出典にして「「女装」だけを趣味とする男性を含むかどうかは意見が分かれる。」を削除するのはどうかと。

2012-03-24

ホモ人事」←これが銀行家の犬達が知られたくない真実の一つ

59 :ソーゾー君:2011/11/07(月) 19:24:26.42 ID:9PA5ytT5

事実を語られて反論できなくなって矛盾発言連発で発狂w

俺が何時「ホモきめー」と批判した?

ホモきめぇー」と言う奴はホモなんだよな?つまりお前はホモって事だろ?

俺は理解出来ないかホモを調べた…ホモが書き込む掲示板ブログを見た…

そしたら納得したし実態も把握した。

掲示板ノンケと思われる奴が俺と同じ疑問を投げかけた…

「女みたいな美少年ならわかるがなんでマッチョなのか解らない。」と…

そしたら反論できない回答が返ってきた…

「女みたいな男を好きな奴はホモとは言えない!男が好きだからホモなんだよ?」

「女みたいな男を相手をする奴はバイセクシャルだよ…」と…

反論できないだろ?だからマッチョマッチョが絡み合うんだってさ…

石原生粋ホモからオカマは嫌いなんだろうな…

実際、ホモ業界オネエ言葉を話すオカマは嫌われるらしい。

ホモオカマは少しカテゴリーが違うようだ…

黒幕銀行家4

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/business/9191/1329613996/

ホモ人事」←これが銀行家の犬達が知られたくない真実の一つ

59 :ソーゾー君:2011/11/07(月) 19:24:26.42 ID:9PA5ytT5

事実を語られて反論できなくなって矛盾発言連発で発狂w

俺が何時「ホモきめー」と批判した?

ホモきめぇー」と言う奴はホモなんだよな?つまりお前はホモって事だろ?

俺は理解出来ないかホモを調べた…ホモが書き込む掲示板ブログを見た…

そしたら納得したし実態も把握した。

掲示板ノンケと思われる奴が俺と同じ疑問を投げかけた…

「女みたいな美少年ならわかるがなんでマッチョなのか解らない。」と…

そしたら反論できない回答が返ってきた…

「女みたいな男を好きな奴はホモとは言えない!男が好きだからホモなんだよ?」

「女みたいな男を相手をする奴はバイセクシャルだよ…」と…

反論できないだろ?だからマッチョマッチョが絡み合うんだってさ…

石原生粋ホモからオカマは嫌いなんだろうな…

実際、ホモ業界オネエ言葉を話すオカマは嫌われるらしい。

ホモオカマは少しカテゴリーが違うようだ…

黒幕銀行家4

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/business/9191/1329613996/

2011-08-10

http://anond.hatelabo.jp/20110810113535

元増です

いい質問ですね、よくネット上でも違いが分からないとの意見を目にします。




実はセクシャルマイノリティ世界でも、人それぞれ定義意識が違います

(なので余計混乱を招くのでしょうが・・・)


私自身の認識と、wikipedhiaなどからの内容を元に大別してみます


まず、性自認(自分がどの性だと思ってるか)と性指向(どの性別が恋愛対象か)は違うので

どういう組合せになるかは人それぞれです

セクシャルマイノリティそのものの種類ですが、大別すると


ゲイ(ホモ)

性自認が男で、性指向も男が対象


トランスセクシャル/トランスジェンダー

性自認も性指向も人それぞれだが、ホルモン療法や外的手術などにより

生まれ持った戸籍と逆の性に体を近づけ、その性での人生を歩む者

日本でいうニューハーフもこれに含まれる


性同一性障害

上のトランスセクシャル/ジェンダーの中にも多数存在する。

しか性同一性障害は手術やホルモン投与などで肉体に手を加えているか否かは関係ない。

外見は別で、生まれもった性と自身の性自認で差異があり、自分性自認の性として生きたいと望む内面的なもの


レズビアン

性自認が女で、性指向も女が対象


バイセクシャル

性自認は関係なく、性指向が男も女も対象に入る


インターセックス(半陰陽/ふたなり)

生まれながらにして、男女両性の特徴を持った方(または両性の特徴を持たぬ者)。

特徴とは外性器であったり内性器であったり、性染色体(遺伝子)であったり。

これは性自認や性指向など関係なく先天的な肉体上の病気なので、

一般的に言われるセクシャルマイノリティとは異なる。



異性装趣味(男装/女装)

性自認も性指向も生まれ持ったままだが、

性的趣味ファッションの一環として異性装をするのみ。

なのでセクシャルマイノリティには入らない。


大別すると以上のような感じですが、

質問されたような方々ですが、上のセクシャルマイノリティの方々でも

人それぞれ言葉遣いや習慣が異なるだけです


性自認は男で性指向は女の、つまりノンケ男性なのに

女装が好きで、女っぽい言葉遣いや生き方が好きなだけという人もいれば

ゲイだけど異性装趣味という方もいます

ちなみに、ゲイの方はもれなくムキムキの人で

トランスセクシャル/ジェンダーの人はもれなく女以上に女らしく

オネエ言葉を使う・・・という認識も誤解です


見た目も態度も容姿も、まるっきりそこらへんの一般男性なのに

ゲイという方も大勢いますし、

言葉遣いも、性別関係なく人それぞれ異なるように

ゲイでもトランスセクシャルでも、しいては普通男性女性でも

オネエ言葉と言われてるような喋り方を好む人もいれば、使わない方もいます


よって、外から見ただけじゃ判断できずに、

本人の口から言われないと正確に判断できない・・・というのが正解でしょう。



しかし、本人曰く「自分性同一性障害で心は女です」と言っておきながら

体には手を加えたくないらしくホルモン療法も手術もするつもりもなく、

見た目はまるっきり男性なのに男性が好きでオネエ言葉も使う・・・なんて方もいたりするので

私も混乱してしまます・・・(TVでよく出てますね)

たから見れば女言葉を使うゲイなのですが、ゲイは自身を男だと思っているので

例え見た目が男でも本人がそう思ってなければ性同一性障害なのでしょう。

ただしそういう方は体に手を加えておらず、そのつもりもないのでトランスセクシャル/ジェンダー

いわゆるニューハーフとは呼びません。

難しいですね^^;

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん