「ボディーソープ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ボディーソープとは

2019-09-18

anond:20190918022211

デオコのボディーソープなら今使ってる。なかなかい臭いだよね。でも比較的早く臭い消えちゃう

2019-08-28

anond:20190827191513

アメリカのおじさんを意識し、

old spice swagger一択生活をここ数年続けている、

日本ボディーソープ&シャンプーって女子っぽい、

男性用でも匂いが気に入らないのが多い、

匂いが残る時間が長いのもあってデブでも香水いらず、

デブなのに臭わないよね?ってこの季節によく言われる、

しずかちゃんより風呂入る回数多いっちゅうねん

2019-08-13

臭いオッサンよりはデオコ使うキモいオッサンのほうがニオイ的にはマシというが、周りの迷惑を考えて自分体臭ケアしようと思えるオッサンなら「JK香りになれる」なんて性欲のみでボディーソープを買うなんてしないし、デオコオッサンはデオコを使うということしかしてなくて他の体臭ケアは0だし洗い方も雑だろうからどうせ臭い

2019-07-27

1歳児の能力

身近に小さい子供がいなかったので、自分の子供が生まれて、1歳児のできることに驚いている。

正確には1歳3カ月。

まだ言葉は限られた単語しか発音もままならない、言葉と言っていいのか程度、早い方ではない。

が、いやなことはいや、やりたいこと食べたいことには頷き、意思を伝えられる。

ごはんを食べようと伝えるとイスに向かい、座る。

風呂に入れば、私のマネをしてボディーソープをプッシュして体を洗うフリをしたり、寝る?と聞き、眠いとドアを開け寝室へ向かう。

他にも思わぬできることが多い。

子供が身近にいる人からすれば、何言ってんだかコイツと思われるようなことも、知らないと人間からすると、すごいなーと感心させられる。漠然と3歳くらいでできるのかと思っていた。

レゴで車を組み立てドヤ顔するのも、対象年齢一歳半〜なのだから、できるのは普通かもしれないが、見ていておもしろい。

自分はかなりの運動音痴だが、どこにそんな筋肉があるのやら、あちこち登ってみたり、くぐってみたり、なかなかな動きをする。

健康毎日元気にやってくれればいいと単純におもうが、楽しみを与えられているのこちらの方だ。

成長のスピードは子によりけりなので、一喜一憂するのはほどほどにと自分にいい聞かせているが、生き物の成長、特にこの時期は濃厚な人生なんだなと、改めて気付く。

子供が生まれるまでは、毎日飲んでいて、夫婦でも外食旅行が多い生活だったので、いない生活も充実していた。

何事もそうだが、自分経験しないと知らないことがたくさんあるんだな、

2019-07-01

anond:20190701125839

あれは女の子匂いがするという煽り文句で、不潔な奴らにもボディーソープで体を洗う習慣をつけさせるための良質なデマからな。

2019-05-24

話題のデオコを買って使ってみた

ボディーソープ用途が限られるので制汗剤の方を選択

1000円という強気価格に ネタで購入するには高いかなと思ったけど もしかすると今後いろいろとお世話になる可能性もあると思い購入

早速活用してみたんだけど うーん こんなもんかという感じ

ピーチヨーグルト足したような匂いで 制汗剤だからちょっとツーンと鼻につく

ボディーソープだとふんわり包み込む香りかたになるのだろうか

ハンカチに塗ると香り効果が持続しておすすめ

近接ものとの相性がいいみたいだけど 冷静になってからポケットの中のハンカチから香りが定期的に届くので香りにすぐに飽きそうな気がしてる

費用対効果はいまいちかな

2019-05-21

体臭消したい、清潔感がほしい

また今日ツイッター言及されてて、多分自分言及される側の人間から聞きたいんだけど

そう思うのは分かってるから何をすればいいのか教えてくれマジで頼むって感じなんだよ。

どうすれば真人間に近づくんだよ。なにすればいいんだよ。わからんよ本当に。

そら臭いんだろうし汚いんだろうからいろいろやるしかないと思っていて、

風呂は当然毎日入ってるしシャンプーボディーソープ体臭予防用を使っているんだが、

それでも自分がきれいになっているのか全くわからないのが本当に困っている。

服装がアレって言われないようにいろいろ工夫はしているけどそれでなんとかなるもんでもなし。

洗濯前に熱湯ぶっかけて殺菌しているけどそれも意味あるかわからんし。

要求するものはわかるんだけどそこに近づく方法って誰も教えてくれないんだよね。

そんなこともわからないのかって、わからねーから聞いてんだろ。

聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥とかいうけど、この手の話題は教えてくれる人がいないから聞いても一生の恥なんだよなぁ。

まじで誰か教えてくださいほんと。助けて。

2019-03-30

年度末の仕事を終えたのでパイパンにした

正確には昨日年度末の仕事(と残業)を終えて一蘭ラーメンゆで卵を食べ、ビールを飲んで替え玉して帰ってから泥のように眠り昼に起きてゲームしてようやくこの時間風呂に入ってムシャクシャしてパイパンにしたのだが。

からムシャクシャするとパイパンにする。

学校友達が出来ないとき受験勉強缶詰状態で気が狂いそうな時。バイトの掛け持ちでシフトを誤って1ヶ月連勤した時。ようやく出た内定先の内定式を終えてからブラック臭を感じ始めた時。入社して案の定同期がバンバン辞めていく職場だった時。

人生の節目にパイパン有り。

彼氏もいない、近々温泉に行く予定も友達旅行する予定もない、そしてなにもかも疲れた。そんな時にパイパンにするとなんだか人生が少し笑えてくる気がするのだ。

こんなに真面目な顔して働いているのにパンツを脱げばパイパンなのだ。同僚と談笑している普通OLが、実はマンコの毛を全剃りしていて不恰好な剃り残しだけをちょろちょろ生やしている状態日常生活を過ごしているのである絶対に今死にたくないと、死を意識しない現代社会で強く"生"を決心させるパイパンは偉大である

風呂に入って一通り全身を洗う。カミソリを使うついでに全身の毛も剃っておく。長い作業になるので顔にはシートマスクを貼って効率的に保湿をする。これがパイパンにするとき自分なりの作法である

マン毛にボディーソープを塗りたくり泡だてて良いカミソリでlラインからジョリジョリ剃っていく。長い毛が刃に絡まり、剃ってはすぐに毛を水で洗い流す繰り返しでくじけそうになるがそれも最初だけだ。じきに毛の量が減っていくのでアナル周辺までカミソリを進めていく。風呂場で足を上げ股を広げながらケツ毛を剃っている姿は家族に見られたら自殺ものであるしか交際相手趣味でもなく個人的趣味として剃っているので弁明もできない(マン毛を剃っている事実に対して弁明もクソもないが)。

Iラインとケツ毛周辺を残滅させたら最後のお楽しみであるセンター(Vライン)である

泡を継ぎ足しながら一思いにジョリジョリと剃る。マインクラフト小麦畑の収穫さながら、ザクザクと剃るのだ。恐らくハサミで最初に長い毛を切っておく方が効率よく剃ることができるのだろうが、マン毛を剃るのに効率特に求めないので気にせずカミソリで揃う。

センターも残滅させれば、おめでとうございますパイパンです。

パンツを履いてもマンコで生地の素材を感じることができる、あと蒸れにくくなる気がする。忙しい現代社会にはパイパンというお遊びがあっても良いと思う。ちなみにパイパンにしたからといってオナニーに明け暮れるわけではない。学生の頃は確かに少しホクホクした気持ちでこれからどうしようかななど考えたこともあるが、仕事に疲れる今は多分これを投稿したらまた泥のように眠り、昼に起きて夜に眠り、月曜からまた仕事の疲れでなにもすることな眠る毎日を繰り返すと予想される。余談であるが性欲が死んでいる理由がわからないので性欲を生き返らせる方法を知りたいです。割とこれは悩みです。

話は脱線したがパイパン、良いところもあるが実はデメリットがある。めっちゃチクチクする。生えかけてくるとめちゃくちゃ痒い。剃った後も良くないカミソリだとマンコ全体がカミソリ負けしてヒリヒリする。それ以前にボディーソープマンコに塗ると実はヒリヒリチクチクするのだ。それに毛が生えかけのマンコはめちゃくちゃキモい夕方のおじさんの顎さながらである

まあなにが言いたいかというとパイパンよりもうちょい良いストレス解消方法はあるよという事だ。ちなみにチクチクしないパイパン方法があれば教えて下さい。永久脱毛はする勇気がないし剃る経緯を大事にしたいです。

2019-03-08

anond:20190308210015

男はボディーソープ泡立ててちんこの周囲をごしごしするだけだから簡単だよな

あとはよく流してバスタオル金玉マッサージがてら拭くだけ

男でよかった

anond:20190308210015

男はボディーソープ泡立ててちんこの周囲をごしごしするだけだから簡単だよな

あとはよく流してバスタオル金玉マッサージがてら拭くだけ

男でよかった

2019-02-13

anond:20190213113154

ボディーソープで髪の毛洗ったとしたら、髪質悪くならね?

髪の毛乾かさなかったりしてもな。

2019-01-17

まれて初めてレズ風俗を使った

私はレズビアンである

自認したのは、とある女の子に恋をした時。今まで男の子に恋心のようなものを抱いたことはあったものの、性的欲求は持たなかった。ところが、彼女にはキスをしたいと思ったし、それ以上の関係になりたいと思った。思ってしまった。

しかし、彼女ストレートだった。

勇気を出した告白も断られ、一生誰ともセックスせずに終わるんだと思った。(もちろん男性経験はない)

そんなとき永田カビさんの本を思い出した。

知らない人は調べてほしいのだが、うつ病に陥った作者が人の温もりを求めてレズ風俗を利用するといった話のものだった。

素直に、羨ましかった。

そこにいけば、その人達なら、私を受け入れてくれる。

そう思った。

私の指は自然と「レズビアン 風俗」で検索していた。

昼間の新宿東口改札前。その人は来てくれた。

私よりも華奢で年上のYさんは、こざっぱりとした綺麗な人で、普通にネットオフ会のように「初めまして〜」と微笑んで挨拶してくれた。

ガッチガチに緊張していた私だったが、本当に普段オフ会雰囲気そっくりだったので、その挨拶だけでかなり気持ちが楽になった。

普段からまあまあの頻度で新宿には行く。見慣れた街を歩きながら、頭の片隅には「あぁ、この数分後にはセックスするんだ」という思いがあるにも関わらず、私の周りの日常はなんでもないように過ぎていく。

Yさんとも天気の話だとか、この街の話だとか、本当になんでもない話をしながら友達のようにふらふら歩いていった。

たどり着いたのはラブホテル。この辺りの事情には詳しいらしく、Yさんがなれた様子で安価でも設備がいいホテルへ連れていってくれた。

ガラガララブホ街ではカップルにもすれ違わずフロントには誰もいなかったので、女同士でも不審に思われることはなかった。

部屋に入ってもまだ現実感がなく、どこかふわふわした気持ちだった。

ラブホテルといえども見た目は普通ホテルワンルームバスルームガラス張りだったが、そこは別に気にならなかった。

Yさんに言われるまま、お互い温泉に入る前かのように普通に服を脱いで、裸でバスルームに向かった。

ところで、私には変な癖がある。

やたらと人の身体を観察してしまうのだ。

この人はお腹が出ている。この人は下の毛が毛深い。この人のお尻は垂れている…

粗探しをしては、「自分身体普通だ。醜くない」と確認してしまう。

おそらく無意識のうちに自分身体コンプレックスを抱いているのだと思う。

そのときも、Yさんの身体を観察してしまった。

華奢な肩。形のいい胸。ちょっとぽっこりしたお腹。小ぶりなお尻。

私が恋した彼女ほどスレンダーではないが(何度か温泉で見た)十分に美しかった。

一緒にバスルームに入ると、Yさんがボディーソープを手に取り、身体を洗ってくれた。優しく、撫でるように。胸元も、もちろん股の間も。

その時の手つきはまるで作業的で、変な病気にならないためだとか、そういう事務的理由で洗ってくれているんだろうなとぼんやり思った。

Yさんはざっと自分身体も洗うと、バスタオルで母親のように優しく身体を拭いてくれ、自分身体を拭うと、裸のままベッドに入った。

お互いに裸なのに、まるで友達旅行に行った時と同じ感覚で隣に横たわった。

普通に話をして、だんだんとYさんの声が小さくなって、不意に、「キスしていいですか?」と聞かれ、「はい」と答えた。

そのあと勢いよくキスをされ、身体を触られ…いわゆるプレイなだれ込んだのだが…正直に言うと、そんなに良くなかった。

Yさんが下手だとかそういう話ではなくて、多分、私が例の彼女じゃないとダメだったのだ。

Yさんの匂い、肌触り、感覚全てを彼女と比べてしまって、「彼女はこんなことしない。ちがう。ここもちがう。」なんて延々と考えてしまって…。

実際身体は感じた。それでも、心が感じなかった。頭は冴えていて、とても冷静にYさんの愛撫を見ていた。

途中で逆になり、私の方から攻めたのだが、Yさんはうまいこと喘いでくれたが全部が全部演技に見え、後半はもう「早く終わらないかなぁ」なんて失礼なことを考えていた。

プレイが終わって、そっと抱きしめられた時、その温もりは優しかったが、私の心は終始冷めていた。とってもお金をかけてお勉強させてもらった。好きな子とじゃないとセックス気持ちよくない。

そのあと2人でお風呂に入った。

その時が一番気持ちよかった。お風呂は素晴らしい文化だ。裸の付き合いとはよく言ったものだ。

ジャグジーにして、入浴剤を入れて、あわあわにして。子供のようにはしゃいだ。

風呂からあがると、何も無かったかのように普通に会話をしながら服を着て、ホテルを出て、また駅に向かった。

外はまだ昼間で、明るくて、私たちがやっていたことなんてまるで夢だったかのようで、それでも確かにあの時間はあった。

Yさんは駅のホームまで見送ってくれた。私のこれから応援すると明るく言ってくれた。

優しいYさん、本当にありがとうございました

私は一つ大人になれたのかな。

抗菌ハンドソープ販売禁止へ―米国

FDAは2013年12月、殺菌剤が含まれるせっけんの規制案を発表した。これは、トリクロサンやトリクロカルバンなどの殺菌剤を含むせっけんを長期間使うと、抗菌薬が効かない菌(耐性菌)が発生したり、甲状腺ホルモン生殖ホルモンに悪影響を及ぼしたりする可能性があるとの研究報告を受けたものだ。

 殺菌剤が含まれている一般向けのせっけんやボディーソープなどの製品販売する企業に対し、FDAは安全性有効性の追加データを提出するよう求めていた。提出されたデータ検証したところ、これらの製品が通常のせっけんに比べ感染症の予防効果を発揮することを証明できなかったという。

2018-12-22

もう10年以上体を洗うってことをしてないんだけど、どう思う

いま35歳の男なんだけど

ボディーソープや石けんを使って体を洗うということをしていない。

タオルでこするってこともしていない。

シャワー浴びながら手で全体を軽くこするぐらいのことはしている。

頭と顔は、シャンプー洗顔料を使って洗ってる。

正直、特に困ってることはないんだけど、

ボディーソープ使ってキッチリ洗った方が肌の調子よくなるのかな?

みんなしっかり洗ってるの?

おれは洗うと突っ張って嫌なんだけど。

最近ボディーソープは優しいんですかね。

2018-10-12

そういやシャンプーとかボディーソープとかのCMって

批判されてるの見たことないんだが

あれはおフェミ的にはOKって事なんだろうな

2018-08-18

anond:20180818144546

1. 洗ってるのに菌が入った>除菌/殺菌効果のある成分のあるボディーソープを使いましょう

2. 除菌/殺菌効果のないボディーソープはなんのためあるのか?知らないです。水で洗い流せるはずなので。たぶん香り付け

anond:20180818143621

人間の垢はほぼ水で落ちる。菌も一緒に水に流れるが殺菌/除菌では別にない。
除菌/殺菌しないボディーソープはなんのためにあるかは知らん。おそらく香り付けのためじゃないの?
殺菌/除菌したいならその成分が入ったボディーソープ選ばないとだめやで。
入ってない成分の効果を求めるのは流石に無茶や

2018-08-10

時々引きこもって風呂にもあまり入らなくなることがある経験から言いたいんだけど

普段風呂に入らない習慣がついてるとなんかこう体自体ににおいが染みついているんだよね

から直前だけ風呂入っても付け焼刃だと思うんだよね。もちろん入らないよりはずっといいけど

コミケに行く人は(コミケに行かない人もだけど)直前だけじゃなくてその前2週間くらいは

・2日に1回以上風呂に入る

・2回に1回は湯船につかる

・汗かいた服をそのまま着とかない・すぐ洗う

・寝具のカバーもなるべく洗う

とかをしたらいいのではないかと思う


いいボディーソープあれば教えてください

石鹸はぬるぬるして落としたり置いとくとぬめっとして汚い感じがするので苦手だ

2018-06-29

シャンプーでチン毛洗っているけど普通だよな。

友人に普通は体洗うボディーソープで洗うって言われたけど納得がいかない。

2018-06-05

新しいっぽいボディーソープが安かったので

普段のはふつーのボディーソープだが、なんかうるおい?保持?洗浄成分がどうこういうやつを買ってみた

しゃこしゃこしゃこしゃこ


お……おおお………これは…これが「うるおい」かッ……洗ってもすすいでも取れない、体の表面に薄く張り付いたような……


貧乏舌というのがあるが貧乏皮膚というのもあるのだな。脂分あらかた落ちる旧来型ボディーソープのほうが合ってるようだ

そういやだいぶ前買ったさらさら成分がどうこういうやつのときいまいち気持ちよくなかった気がする

2018-05-23

ボディーソープを使わない生活

ルール

ボディーソープは使わない

・体はシャワーで流すだけ

入浴剤は使わない(入浴剤を入れたい時は塩 or 砂糖を代わりに入れる)

・頭だけをシャンプーを使って洗う


今のところ調子バッチリ

臭かったりしたら怖いか

色んな人に聞いてるけど臭いも無いそうだ

なにより汗の臭いが減った気がする

2018-04-13

巷にはメンズエステかい

巷にはメンズエステ(メンエス)とかいビジネスがある。

検索すると色々なWebサイトがヒットするが、どこも似たような作りとなっている。システムスケジュール、予約、アクセス等々、いわゆる性風俗サービスサイトと作りはほとんど同じ。システムをみると、60分10000円くらいか時間に合わせて値段は様々だ。

「メンエス」で検索するとヒットするのが、いわゆるレビューページ。様々なメンズエステでの体験毎日のように更新されている。これも作りは、性風俗サービスレビューページとそっくり。書いてある内容というか文体もよく似ており、具体的なサービス内容がぼやかされていることがあるのも似ている。確かにWebサイトにはあまり明確なことが書いていない。強調されているのは「癒やし」「治療目的としたものではない」「性的サービスは一切ない」とか。「アクセス」もぼやかされていて、「最寄りの駅から電話をしてください」とあるのが定番だ。

性風俗サービスにも、性感マッサージエステと称するジャンルがあり、オイルなどによるマッサージと抜きがセットとなっている。この場合ほとんどの店は派遣型か、受付所で手続きして近くのホテルサービスを受ける、

いわゆるホテヘル型になる。店舗型のエステはあまりいたことがない。さらに、シティホテルビジネスホテル宿泊すると、出張マッサージを呼ぶことができる場合がある。シティホテルならホテルマッサージ師が常駐しており、時間が合えばすぐに部屋で施術を受けることもできる。小規模なホテル場合、あるいはオイルマッサージ場合は、派遣型となり、電話で予約をすると、どこかから施術者がやってきて、オイルなどによるマッサージサービスを受けることができる。この場合性的サービスは一切ない。他、高級ホテルなら、ホテル内に「SPA」があり、同様のサービスホテル内のSPAで、あるいは宿泊する部屋で受けることができる。

街角にあるマッサージ屋、サウナでのマッサージホテルでのマッサージ出張のオイルマッサージ、性感エステなどを利用したことはあるが、メンエスは仕組みがよくわからないため敬遠していた。非常に疲労し体がだるいある日の午後、時間だけはあり余っていたので、思い立って都内にあるメンエス電話をしてみた。電話の受付は女性。開始時間施術時間リクエストして予約をする。予約の時間になったら、最寄りの駅のX口から電話をしてください、ということだった。その時間指定された場所から電話をすると、サービス提供する場所をより詳しく説明してくれる。この対応女性であった。場所は、近くのマンションの一室のようであり、簡単に見つけることはできない。どこどこの交差点についたらまた電話して、というやり取りを繰り返し、マンションの近くまで来たところで、建物名・部屋名が明かされた。なお、今回の場合Webサイトに具体的な住所・建物名・部屋名の記述はなかった。

指定されたマンションオートロック式で、部屋番号を呼び出して建物の中へはいり、エレベータで部屋のある階まで移動した。新しめのマンションのように思える。部屋の前でアホンを押すと、しばらくしてドアが解錠され、日本人女性が一人で現れて入室するように促された。玄関はいるとすぐに小さなキッチントイレ、浴室があるような単身用のマンションである。部屋には、施術者の女性マッサージ師のような衣装でたっていだけで、他の人はいない。間接照明のため薄暗いリビングには、小さめのソファがあり、床にマッサージ受けるための敷物があるだけ。ソファに座り、最初に代金の精算をおこなった。ここで、ひとつ予想外のことがあった。90分のサービスで事前に金額を聞かされていたものの、部屋で示された用紙には、プラス3000円で「VIPコース」「ラグジュアリーコース」(場合により呼び方が異なる)があり、それをお勧めされた。ただし、具体的に何がVIPラグジュアリーなのかの記述説明はない。特に考えもなく、追加の金額を加えて支払いをした。その後、流れについて簡単説明がある。これは単純な話で、最初に一人でシャワーあびるシャワーが終わったら体を拭き、準備された場所に横たわって施術を受ける、施術が終わったらもう一度シャワーを浴びる、というだけ。シャワー用には、貴重品袋が用意されていた。シャワーの間、施術者は準備をするという。

浴室は単身者用の部屋によくある狭い湯船の浴室で、ボディーソープ、あかすりスポンジなどが準備されている。そして、シャワーを浴びた後に履く、パンツ。これは、オイルマッサージであれば、出張マッサージでも用意されていて、シャワーの後にはそれだけを身につけてベッドに横たわるものだ。使い捨てのものであり、なぜだかわからないがTバック、というか後ろはほぼヒモであり、前もどうにか隠れる程度の下着だ。普段そのような下着をつけることのないおっさんには違和感がありまくる。

さて、シャワーをあびて、露出過多な使い捨てパンツを掃いて部屋に戻ると、施術者が衣装を変えていた。変えていたというよりは、脱いでいた。全裸ではない。透け気味のキャミソール姿である過去ホテル出張のオイルマッサージを受けた際には、施術者が着てきた着衣を脱ぐことは一切なかった最初から性風俗であると謳っている性感エステの場合、着衣からまり、流れでトップは裸、全裸など様々である。「性的サービスは一切ない」はずのメンエスとは、健全なオイルマッサージと、性感エステの間に漂う玉虫色存在なのだろうか、と思いつつ、施術は進行していく。メンエスとは一体なんなのかという謎に、少しだけヒントが与えられた気がした。

最初は、うつ伏せで、オイルを使ったマッサージ下半身からはじまる。なぜだかわからないが、敷物の周りには、床に横長の鏡が設定されてい、自分が横になってマッサージを受けている様子をチラ見することができる。マッサージこのような設備必要だろうか?ということはともかく、「今日はお休みですか」「どちらからお越しですか」などのマッサージあるある会話をしつつ、淡々とオイルによるマッサージが行われる。一通り、足裏からふくらはぎ、ふとももまで下半身をオイルにより摩擦したところで、施術者は体勢を変えて、うつ伏せの頭側へ移動してきた。そのまま、うつ伏せの頭の上にほぼまたがるような体勢で、背中の上側から上半身マッサージがはじまる。このような不思議な体勢によるマッサージははじめて経験した。なお、施術者はキャミソールパンツのみであり、いわゆる頭と下半身は近い。布一枚。接触をするわけではないが、もやもや、する。趣味についての会話をしながら施術は進行し、後半は仰向けでマッサージをうけた。最初に、施術者は上半身の首やデコルテのあたりをマッサージしてくれる。さらに、下半身側に移動して、今度は仰向けの体勢で下半身周りのマッサージをする。「これがリンパを流すってやつや!」と考えながら、そして全身オイルまみれになりながら、足の付け根の周辺のマッサージがおこなわれていく。ここまで完全に受け身であり、マッサージからそれは当たり前なのである。十分にリンパがながれたくらいのところで、時間となり、マッサージは終了した。もう一度シャワーを浴びて、オイルを流し、少し休みお茶などを飲んでから、着替えて部屋をでた。少し体が軽くなった気がする。

部屋を出る前に「VIPコース」というのは、普通コースと何が違うのか?と尋ねてみると、衣装が違う(脱ぐ脱がない)のだということであった。別の店でも同様の説明を受けた。

オチはない。

2018-04-09

男は無防備すぎる

彼氏が私の部屋に脱いだ下着類を置いていく。

洗濯しといてくれると助かるな~」

お前なんなんだ?バカか?同棲してもない女に洗濯物を任せようとするなよ、そんなことするから一日に何度も脱いだ服のにおいを嗅がれることになるんだぞ!

特に靴下と肌着の襟首のにおいは最高でめちゃくちゃ嗅がれてるんだぞ。革靴の蒸れたゴム臭と首周りの皮脂、ボディーソープシャンプー洗濯洗剤の匂いが混ざったかぐわしさはたまらない。ベッドの上に置いて一日に何度も嗅ぐ。数日経つまで洗濯などしない。

彼氏まさか脱ぎ散らかした服を嗅がれて悦に入られてるとは思うまい

私が洗濯を「いいよ~」とニコニコ引き受けるのはにおいを嗅いで楽しむために他ならない。

自分欲望丸出しの目で見られてるとは思わないから、「持って帰るのも面倒だし彼女の家にストックあるほうが楽だから」なんて理由で汚れ物を置いていくのだろう。なんという無防備さだ。どうかその無防備さにつけこまれないようにしてくれ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん