「オブラート」を含む日記 RSS

はてなキーワード: オブラートとは

2017-03-25

http://anond.hatelabo.jp/20170325050724

そういうのを社会学とか政治的には「分断」とか「断裂」って読んでいて、それこそ100年以上まえから様々な議論が行われてきたのだ。

彼らに話を聞いてもらおうと思うなら、まずは信頼関係を取り戻すことが第一で、それもないのに正しさだけ説いたって無意味じゃないだろうかと思う。

しかし、そもそものはなし、信頼関係というもの双方向のものだ。相手に話を聞いてもらうのは、両方の陣営がお互いにしあうべきもののはずだ。そして、話し合い(説得)という関係では、説得のための理屈が強度につながる。

そして現在格差的に上の側にいる層(現実世界に生きていて、収入資産がそれなりにあり、安全で豊かで幸福生活を送っていて、知的教育を受けていて、おおよそリベラル)はその戦場で、相対的に強力な武器を持っている。誤解を恐れずやや露悪的に云うならば、彼らは概ね正しいのだ。今しきりに批判されているグローバリズムですら、そのグローバリズム世界全体の格差は縮小し、餓死者は減り、疫病は随分少なくなった。もうそれだけで倫理的には正義だ(もちろんこれは相当強い表現なので、国内格差とか言い立てる人はいるかもしれないが、それは「一番弱い人を救わずに俺に金をよこせという意味?」という批判に耐えられないのだ)。

そういう状況で「互いに話し合うべき」というのであれば、格差上の側が下をフルボッコ試合終了だ(それがこの40年位の世界の動きだった)。

一方で「下が弱いので、上が一方的理解すべき、一方的に譲歩すべき」では、弱者居直り強盗だ。そんなものに付き合うバカは二種類しかいない。ひとつは付き合うふりしてバカ上前をはねようとする「下流の味方のふりをする上流」であり、もうひとつは後述する「暴力」に対してを憂える人だ。

そもそも、弱者知的訓練の不在の結果「適正な落としどころ」を見つけられないので、「ぱっと見得に見えるけれど実は損」のような強者のつくった商売に騙されて現在がある。税制から携帯の縛り契約ソシャゲまで、全部そんなもんだ。交渉面で弱者というのは、もう「損をする」か「得している気分で損をする」かの二つしかないのだ。それひとつじゃねえかというツッコミもできない。なぜならその二つが本当は「損する」という一種であることを見抜けないというのが、この話の本質からだ。

なので、結局交渉面での弱者は、暴力面で強者カウンターするしかない。革命だ。これまた露悪的に書くが、革命暴力必要なのだ交渉面での弱者強者牽制する方法って本質的にはこれ以外ないからだ。

日本はこの暴力に対する忌避感が強い。暴力良くない!って思ってる。それそのものは悪くないんだけど、それがあんまりにも広がって、自分暴力を奮ってることに気がついてないことさえある。暴力社会的に悪=僕は悪じゃない=暴力は奮ってない、みたいな理屈で。いいやとんでもない。暴力下流武器だし、日本人だって様々な暴力を奮ってる(なんせ一般的生活者権力者富裕層に反抗するためにはそれが必要なのだから)。「経済格差が広がると治安悪化ちゃうよ?」ってネットでよく見る言説なんだけど、あれは「これ以上俺が貧乏になるとお前らの家に火をかけるとか、襲撃して殺すぞ」という脅迫オブラートに包んだ、れっきとした暴力だってことを認識した方がいい。別に暴力からって責めてない。バランスを取るために必要武器からだ。でも、「それを暴力認識しないしたり顔で云う」のは危険から認識すべき、って話だ。

強者の側だって雇度留めとかお祈り手紙とか暴力奮ってるんだから、そういう意味で公平な社会なのだ

「互いに話し合うべき」なのはわかるんだが、それはせめて両者が、そういう自分暴力性に自覚持ってからじゃないとそれこそ話にならない。自分暴力奮ってる自覚のない人間集団結論する平和条約とか、怖くて仕方ないっしょ?

2017-03-21

国は若者に「田舎死ね!」というのか

息子が大学受験に失敗した。

私は今、日本かどうかも怪しいような地方都市に住んでいる。

長くなるから経緯は省くけれど、私はおそらくこの化外の地で一生を終えるだろう。無念だ。

からこそ息子には東京大学に行って欲しかったし実際受験したのも地元で一校、あとは全て東京大学だ。

結局、合格したのは練習がてらに受けた地元の中堅大学だけ。東京大学は全滅だった。


私の願望を優先させて無茶な大学受験させたつもりは無い、と思う。

志望校については高校担任とも予備校講師とも、もちろん息子とも相談したけれど、

それは概ね「ありふれた挑戦」程度のもので、特に忠告も警告もなかった。


先日、受験後初めて担任と会うことがあった。

さすがに居心地の悪そうな顔をしていたが、それは「夢破れた保護者」に会ったからというだけでは無いらしい。

私の息子だけではなく、高校全体で大学合格者が急減しているというのだ。特に首都圏大学に限っていえば前年比で合格者は半減だそうだ。


どうしてこんなことになってしまったのか?

担任は「大学収容定員厳格化という国の政策問題」と言っていた。

どうやら国は大学の定員を厳格化することによって地方創生を目論んでいるらしい。


首都圏大学には全国から受験生が集中するため、現状では定員はオーバーするし、なにより地方の過疎や高齢化は進むしで良いことが無い。

そこで、大学の定員を締め上げ合格者の数を少なくすれば、地方に残る若者が多くなり地方活性化につながる、というロジックだ。

定員を超過すると補助金が減らされるから大学も本気で取り組んでいて、結果、地方民にとってこんな厳しい状況になっている。


ほんと、オブラートに包んでも言っても国は馬鹿だと思う。

そもそも地方田舎に人が集まらないのはそこに娯楽も魅力も金もいからで、まずそっちを改善する方が先でしょうに。

なのに「格の劣る地方民は都会にでてくるな!若い力で一から何も無い地元を盛り上げろ!」って、若者屯田兵か何かと勘違いしているんじゃ無いか

さすがに残酷すぎる。


もちろん定員厳格化地方受験生だけではなく、首都圏受験生にとっても影響は大きい。でもいざ浪人となった時、経済的にも環境的にも地方民は

あらゆる意味首都圏民より振りであり、また政策目的から考えるに「地方民狙い撃ち」と言っても良いだろう。


塾の講師から

最近地元志向の生徒も増えていますし、地元大学に進学した方がお父さんにとっても安心じゃ無いですか?」なんてアドバイスを受けたけれど、

地元高校から地元国立に進み、地元個人予備校講師をやり、首都圏に一度も出たことも無いお前が何を言ってるんだ、と思う。

彼は東京の「近さ」を知らない。

娯楽でも勉強でも仕事でも、東京はあらゆるものが近い。

美術館の新しい展示だって、有名コラムライター講習会だってちょっといかがわしそうな特殊バイトだって簡単アクセスできる。

この「近さ」は並みの若者が成長する上で必要不可欠なものだと、私は思う。

それに、インターネット日本中面白そうな事を見るだけ見ておいて、実際には体験できないなんて牢屋から空を見るみたいで悲しすぎるだろ。


「親御さんも安心でしょう?」だって

確かに不安は無いわけでは無いけれど、自分安心のために息子を何も無い空間に縛り付けるほど傲慢ではない。それは虐待だ。


息子が望む限り私は彼をバックアップしようと思う。浪人か、仮面浪人か。

地方民らしくお金に余裕があるとは言えないが、息子に家族共々仲良く田舎で一生を終えるなんて惨めな思いはさせたく無い。

もうちょっとだけ、頑張ろう。

2017-03-15

不幸好きは感染るよ

不幸が好きな人っているんだよ。

自分が不幸なのは構わないんだけど、それ感染から

不幸が好きな人他人にも不幸になって欲しいと願ってる。

うっかり同調したり、波長を合わせちゃったりしたら呑み込まれますよ~。

呑み込まれて不幸になって辛いのはあなたですよ~。

オブラートに包みつつ何回も忠告したのにな。

あっち側の人になってしまったのだから気持ちよく送り出すよ。

距離は近いけど心はサヨナラだ。ありがとう

人に機嫌を取ってもらわないと生きていけない人間相手にしない方がいいよ。

って届かないけど一応言っておきます

2017-03-12

人事のライフワークバランスって…

現在就職活動をしている。

そういったときに話を聞くのは大体人事の方になるが

彼らは自分会社組織での働き方についてオブラートの塊になるほど

オブラートに包んでお話をしてくれる。



でも明らかにそのライフワークバランスで働いていなさそうな方々が

それを話しているのは日本企業がみんなで示し合わせてやっている

ギャグなのか?



そして当然ながらそんな方々が働き方の施策について話して質問などを受けていると

表情や話し方で明らかにそれらについて思うところがあることが見て取れる。



働き方改革というがそれに積極的に取り組む人たちほど働き方がおかしいというのは

なんともおかしな話だなぁ

2017-02-28

モラハラ親に育てられていない彼氏

いやあびっくりしたんですよ

健康的な親って、子供に怒った時に子供の持ち物を玄関に投げて捨てたりしないんだなーって

テーブルの上においてあるコーヒーぶっかけられたりしないんだなーって

家事ひとつやり忘れても火がついたように怒ったりしないんだなーって

親にあう時に緊張したりしないんだなーって

親に怒られるってことに怯えたりしなくていいんだなーって

新幹線でね、彼氏地元に帰って

駅で親が待ってたんだけどね

地本駅が近づくたびに気分が悪くなって、きみ、ちょっと本気で異常だよという内容のことをオブラートに包んで言われた

そんで親の話になってさ。上に戻る

歴史は繰り返さないぞって、誓いあった

私は真の意味自由になるぞ

2017-02-25

職場で断つこと

職場でやめようとおもっていること

片栗粉生食い(代わりにイヌリン

ココナッツオイルコーヒー(腹が減ったらイヌリンもしくは落花生で耐え忍ぶ)

ビタミンCオブラートに包んで服用すること(二日酔い体調不良にならない)

Vc軟膏瓶に関しては持ち帰り!!

2017-02-23

それ、美人からじゃなくてただの無料キャバ嬢からでしょ

たまにこういうこと言う女いるけど、別に全ての女が無料キャバ嬢してまで奢って欲しいと思ってないからね…。

自分の話を若い女に偉そうに語るジジイに愛想よく相槌打ってまでいい食事なんてしたくない。飯がまずくなる。

だったら安くても割り勘でもいいから気を使わず食事がしたいんだよ。

もちろん上司とか取引先ならちゃんと接待するけど、プライベートでまでわざわざそれをやるのはあなたのただの承認欲求を満たすための趣味なんだから、やってない人のことはほっといて。

美人から〜」って言うのも、「無料キャバ嬢してるとか何が楽しくて生きてんだこいつ。相容れないわ。」をオブラートに包んで言ってるだけだから勘違いすんなよ。

http://anond.hatelabo.jp/20170222172550

【追記】

それなりの社会的地位があり、面白い話が出来る人の話を聞くのは楽しいし役に立つ、ってのは分かる

http://anond.hatelabo.jp/20170223133339

それはいいけど、そのために聞き役に徹して奢ってもらいに食事に行くほど暇じゃないからごめん。

奢ってはもらえなくても、言いたいことお互いに言い合って社会的地位もあって対等な関係として仲良くしてくれる人は世の中にはたくさんいるし。

自分より若い女にご馳走して話を聞いてもらう社会的地位()のある人が、どう言う目でその女のこと見てるかとか考えたことないんだろうね。

そもそも本当にただ若者交流したいだけの偉いおじさんなら、女とか女らしいとか聞き役に徹するとか関係なく、ガンガン自分意見を言う若い男にも平等に奢るからね。

2017-02-21

大河ドラマの一視聴者が今年感じるちょっとしたこと。

2017年、今年の大河ドラマは「おんな城主直虎」。毎週楽しく見ています

6年くらい前からTwitterを利用し始めて、作品名タグで色んな人たちの感想・実況ツイートを見ながら視聴するようになりました。

そこで最近、というより今年になって感じるようになったことがあります

それは「前作を引きずっている人の多さ」です。

直虎の前作は真田丸でした。キャスト脚本も豪華、有名な武将真田幸村主人公なだけあって盛り上がるシーンが多かったように思います。また見ているこっちが大笑いしちゃうようなシーンもたくさん盛り込まれていて、Twitter真田丸タグは毎週大盛り上がりでした。

年が明けておんな城主直虎が始まって、またTwitterで実況ツイートを見ながら楽しんでいるんですが、そこで頻繁に見かけるのが

「直虎では〇〇はこんな事してるけど、真田丸だったら父上が△△して解決ちゃうよね」

「直虎は××が足りない。真田丸だったらここは◻︎◻︎だ」

…といった真田丸との比較ツイートしかも、直虎に対してあまりいい感想じゃないんです。

もちろん、作品というのが全ての人から良い評価を得る訳ではありません。大河ドラマも、毎年ここが良くなかった、という感想は沢山あります

さらに直虎の生きる時代真田丸の頃より少し前で、同作に登場した人物も出てきます。そんな二作品連続して放送されれば、視聴者記憶も新しく当然比較されます

からこそ、直虎に比べて真田丸は良かったなあという意見が目立つのです。

真田丸は本当に沢山の人が視聴し、中にはこれが初めての大河ドラマだったという人も多かったんじゃないでしょうか。

実際、私の友人やTwitterフォロワーにも、大河には興味がないが真田丸は見た、という人が本当に多かったです。

前述したようなキャストの豪華さや盛り上がる場面の多さ、そして展開の移り変わりのテンポの良さは、確かに見やすかったように感じます

世間一般大河ドラマについている、歴史に基づいた渋くお堅いイメージ(あくまでも私の意見です)を覆すような作品だったと思います

その分、真田丸最終回を迎え、ロスになったという声も多く見ました。私も、毎週楽しみにしていたものが終わってしまって寂しくなりました。が、それは毎年の大河で感じています

真田幸村は有名な武将ですし、井伊直虎はそれに比べると知名度も低く、苗字なら聞いたことがあるなあ、くらいの人が多いんじゃないでしょうか(恥ずかしながら私もそうでした)。

ましてや女性で、若くから戦や政治などの最前線にいるわけでもなく、かといって華やかな世界にいる姫というわけでもなく、物語序盤で出家しています戦国武将の生涯を描く真田丸に比べれば地味です。

でも、大河ドラマって元々地味なものなんじゃないか?と思うのです。

歴代大河ドラマを遡ってみると、主人公になった人物はそれこそ歴史教科書絶対載っている人や武将を思い浮かべたら必ず名前が上がる人など、とにかく有名な人が沢山います

でも、その中に時々ぽつんつんと、歴史専門家でもない限りこのドラマがなければ名前も知らないままだったような所謂マイナー人物が主役の作品があります

もちろんドラマである以上創作要素もありますが、その人がどんな役割をして、どんな生涯を送ったのか、初めて知る人物からこその楽しさがあるんじゃないかと思うのです。

大きく分けてしまえば、直虎も含めそういった作品マイナー枠、真田丸のような作品メジャー枠という感じで、描写する時代が近くても、いわば全く土俵が違うのです。もちろん、同じマイナー枠なら比べても良いのかと言えばそうは思いません。

毎年見ている側の意見としては真田丸はここ最近大河作品では珍しいくらい展開が常にはっきりしていて、直虎がむしろスタンダード大河ドラマ!なんです。

悪い意味でなくゆっくり進むのが普段大河なんじゃないかなあと。もちろん今までの作品全部がそういうわけではないです。

から真田丸面白かったのは重々承知の上で、そろそろ気持ちを切り替えて新しい作品として直虎を楽しみませんか、と言いたいのです。

私が大河ドラマを見たのは小学3年生の時、「北条時宗」が最初です。それからは毎年欠かさず見たり、過去作品DVDを借りて見たりしていますが、歴史の長い大河ドラマファンとしてはまだまだです。ましてやTwitterを使い始めたのはそれよりも短く、過去大河作品も今年の様に比較する声が多かったのかもわかりません。

なので、ちょっと毎年見てるからって意見するなという方もいらっしゃるかもしれませんし、もっとからファンの方が不愉快に思われるかもしれません。

この記事を書いたのも、オブラートに包まず言ってしまうと結局

「毎週毎週直虎楽しんで見てるのにいつまでも真田丸比較して下げるなよ!(怒)」

気持ちが募ってしまった結果なので、つまるところただの愚痴で、吐き出しです。

もう1月も終わったのに、いつまでも比較して文句を言うなら見るのをやめたらいいのに…と少々過激に思ったこともあります

ですが、それ以上に直虎をとても楽しく視聴しているので比較して下げられ続けるのは悲しいんです。

真田丸のことを一旦置いて直虎は直虎!と意識を変えてみたら、違った感じで見えたりするかもしれません。

長々と読みにくい文章失礼致しました。ここまで読んでくださった方がいたら、ありがとうございます

最後にこれだけ。

一回気持ちを新たに直虎を見てみませんか?きっと楽しいです。

2017-02-19

不安自己成就

「頭を撫でながらヨチヨチと言われるのが嫌、頭を撫でられるのは好きだけど」という人がいて(撫でているのは私ではない)、まあそれは相手にそう伝えればよいことだし、そもそもその意図は多様でありうる(自分がそうされると嬉しいから、いつも自分が甘えているからたまに甘えさせることに補償的な意味見出している、etc)と言っていたら、どうやらそこに権力性を感じるのが嫌だと言っているようなのだ。「またそんな権力発見ゲームして馬鹿じゃないか」と思いながら、「ヨチヨチと言う」という行為と「頭を撫でる」という行為は根源的に甘えと結びついた行為なので、参照先としての類似行為権力性と、そのイミテーションとして甘えを許すという愛情表現意味を帯びた行為という関係で、その2つの行為は似たようなものなので、より元ネタが分かりやすい方に違和感を覚えているだけに過ぎない、と指摘しようとしたらキレられた。

「甘えたいけどこれはよくてこれはだめ、なんていくらでもあるじゃん」とか言っている。そりゃそうだ。だから、なんであなたが「ヨチヨチ」だけに拒否反応を示すのかを一緒に探ろうとしているんじゃないか、と呆れる。次いで「その2つの行為は似たようなものなので、より分かりやすい方に違和感を覚えているだけに過ぎない」としたら何が悪いのかとキレたので、そこに愛情表現でなく参照先の権力表現を読み取るのは権力発見ゲームに毒されすぎてるためなので、その宗教から足洗った方が幸せになれるの明白なのにね、と思いながら、また喧嘩になると思って言葉を飲み込んで「おやすみ」って言っておいた。

マルクスとかも読む価値あるし、フーコーとかもちろん素晴らしいし、日常の隠れた権力性に気付くのは社会記述しなおしたり、よりよくしたりするのに役立つとは思う。でも、そういうのちゃんと読めない人が自分の頭で考えずに雰囲気フェミとかやると「権力発見ゲーム」みたいな陥穽にハマるんかね。そんなゲーム小学生まででしょ、って思ってしまう。例のAAを思い浮かべながら。フェミニズム研究のものには私は価値を感じているのだが、市井のソレは真似事でしかないことが多い。

権力というのはコミュニケーションから、受ける側が無頓着なら効果は発現しない。魚に向かって「俺は王だ!従え!」と言っても従わないのと同じ。無駄に「権力発見ゲーム」に興じることが、ありもしなかった権力を発現させ(頭を撫でた男は別に支配がどうのと思ってヨチヨチと言いながら撫でたわけではないだろう、ここで「意図問題じゃない、効果問題だ」というのは耳ダコなんだけど、どうしても自分がそういう受け取り方をしてしまうなら、冒頭のように「まあそれは相手にそう伝えればよいこと」とするしかないし、そもそもそう受け取るのがディスコミュニケーションの始まりなので、不幸を自ら生み出しているだけなのだ自分不快感を生み出す根源だと思うんだけど、どうなんでしょう。個々個別コミュニケーションじゃなくマスメディアからの発信とかだと、自分がどう受け取るかに関わらず、他のみんなにどう受け取られるかという分布がその意味規定してしまうので(そこはそう簡単操作できない。ブログ炎上させて意味規定するとかはあるけど)、その規定された権力性をロジカル批判することで対抗するのに意味はあるけれど。それをロジックではなく数の力でやろうとしたり弱者こそが守られるべきだみたいな道徳でやろうとすると、これまたどうなるかはいわずもがなですな。

何も言わなければ大丈夫なのに「私は研究者としてやっていけない」とツイッター上で言いすぎるために「この人研究者としてダメなんじゃないか」と思われやすくなってしまっている人とか、「私のこと好き?どこが好き?」とか不安でしつこく聞いちゃうために嫌われちゃう人とか、¬Xという不安行為として表現することでXが減衰するという行為はしばしば観察される。それはロジカルに指摘しても本人の不安は癒されないので、(理由なき肯定感を与えるために)「肉を食べに誘うのが良い」というのが昔出した結論だったのだけど、まあ離れてしまってそうもいかなくなったら、「おやすみ」って言うしかなくなってしまった。睡眠大事からね。

身の回りにこういう人がいる時、みんなどうしてるんですかね。適当に「ヨチヨチ、権力性に気付いていい子ですねー」(もちろんメタファーですよ、もっとオブラートにぐるぐるにくるみますけど)って言うしかないんですかね。おやすみ

2017-02-16

オブラートに包んでいうけど月が汚いですね

オブラートにつつむってネガティブに使われがちでイライラする

ひょうろくもちとぼんたんあめに土下座しろ!!!!ってしかりつけたくなる

2017-02-15

http://anond.hatelabo.jp/20170215164311

ケアしておかなきゃ後々大変だもんな

オブラート1枚くらいに包んで言うてみるわ

そちらもご自愛くだされ

あんがとね

2017-01-27

就活は嘘付き大会って言うけど

実際のところ、嘘をつきまくって就活成功させた人ってどれくらいいるのか気になる。

自分面接の達人だの絶対内定だのの就活マニュアルを読み込み、それはそれは意識の高い就活生を演じるハメになって、嘘をついてきたけど、面接官に見透かされたのか嘘をつくのがヘタクソだったのか、ほとんど面接に通らなかったからなあ。

それで途中から開き直って、本音を若干オブラートに包んだような返答をするようになったら、徐々に面接に通り始めて、どうにか内定をもらうことが出来た。もう何年も前の話だけど。

面接で志望理由を聞かれたって、「家からいから」「就活イベント勧誘されたから」「リクナビたまたま目に入ったから」とか、もうそんな感じ。始めの頃は「業界における御社はうんたらかんたら、そして私はどうたらこうたら」と、それはそれは全く心にも思ってないことを延々と話してたわ。まあ考えてみれば、マニュアル通りに話せば、他の人もそんな話になるし、旗から見たら「ああ、コイツダメだな」と思うよな……。

逆言えば、嘘付きが多いなら、案外本音路線で言ったほうがウケが良かったかもね。

からまあ嘘ばっかりと投げやりになるなら、本音路線も悪くないかと。現に自分本音路線内定を貰って、今の会社にいるんだし。

2016-12-23

小説の意義

ストレート表現すると差し障りがあることでも、オブラートに包んで表現することで、世に送り出すことができる。

それが小説の意義の1つであると思う。

小説の意義 - Google 検索

2016-12-22

なんで「童貞」が罵倒として成立してんの?

そもそもこの単語自体セックスしてないですという意味しかないので、罵倒としての用法になってるのはその背景の何かを叩いているわけだよね。

意図するところとしては大体「子を残せない不適合者は死ね」とか「誰一人信頼関係を築けないコミュ症は死ね」あたりになるんじゃないかと思う。



この辺をオブラート無しで直に突っつくと、ポリティカルでコレクトネスがどうとかマイノリティがどうとかヘイトレッテルがうんたらとか厳しい人たちに囲まれて棒で叩かれることは確実である

でも普段その辺に対する意識の高いウォーリアの皆様もおとなしいし、コミュ力偏重に厳しく正義大好きのはてなの皆様でさえ、この辺には全く無頓着に見えるどころかむしろ積極的に加担するくらいの勢いがある。



罵倒されるシチュエーションエロ漫画は好きだけどお前ら漫画現実区別付かないのかよ。

2016-12-16

http://anond.hatelabo.jp/20161216082006

オブラートにくるんで「清潔感がない」と言ってるんだと思ってる。

本音は「DNAが気に入らない」んじゃないかなと。

2016-12-14

スピリチュアルはクソだがバカには役に立つ

江原啓之とか、風水とかなんとか、スピリチュアルは常々クソだと思っている。

カルト宗教も同然だ。

だが、その効用を図らずも体感してしまった。

親の部屋は汚部屋だ。

世代的に仕方がないのかも知れないが、物を溜め込んでしまい部屋に溢れている。

実家に帰るたびに言っても片付けてくれないし、勝手に捨てると怒られる。

ところが、物を試しに風水とか、引き寄せの法則とか、断捨離とか、そういうスピリチュアル概念の本を渡したところ、少しずつだが部屋が整い始めたのだ。

それでわかった。

スピリチュアル概念とは、理性では伝えても伝わらない人間物事を伝えるためのツールなのだと。

言葉説明しても伝わらない人に、スピリチュアルオブラートで包んで伝えると伝わる。

宗教もそうなのかもしれない。

なぜ人を殺してはいけないのか話し合いで伝わらない相手に対して、「神がそう決めたから」という理由ねじ伏せるのだ。

親がそんな概念に騙されてしまうのが正直悲しい。

親をバカを呼ぶのはいけないことだが、正直バカじゃないのかと思う。

もちろん、スピリチュアルで金稼ぎをする人間はクソ以下だ。

でも、どうしても動かしようのない人間心理を動かすには、最大限注意を払った上でスピリチュアルも使いようがあるのかもしれない。

そう、スピリチュアルは糞だが役に立つ。

2016-12-12

結局こういうのって男がDMMとかに

書いてあるAV感想と変わらんよね

スタイルがいいですとか、JK物なのに制服を脱がすなとか、何番目に出てきた子が凄くかわいいですとか、本物に見えますとか。

単刀直入に書かずにオブラートかけて批評風にしてるだけ

そう思うと、この手のアニメって性行為のないAVの域に達してるのかもな

http://anond.hatelabo.jp/20161212091444

2016-12-05

http://anond.hatelabo.jp/20161205220932

多分そこそこ大人な人は意見対立不愉快なのではないと思う。

プライドに色々ひっつけて自慢したりストレス解消のくせに大義名分をくっつけてるのが嫌なんであって、

屁理屈オブラートにつつままれ根底部分が嫌なんだよ。

http://anond.hatelabo.jp/20161205031016

耳をすませば』も『コクリコ坂から』も好きな作品だよ。

火垂るの墓』も嫌いじゃない。

だが『この世界の片隅に』の悲惨現実オブラートに包んだ描き方は、逆に現実過酷グロテスクさを浮き上がらせていて見ていてきつかったんだ。

2016-11-27

この世界の片隅に」と「君の名は。」の1年後の評価は?

この世界の片隅に」が「今年一番の映画」とか「君の名は。を超えた」とか言ってる人がいて、どうにももやもやするのよ・・・

人間、新しい感動をしたら古い感動は上書きされるじゃん?後出しの方が良い印象なのは当然じゃん?

両方の映画への記憶距離感がだいたい同じくらいになる来年の今頃、公平に見たらどっちが印象として残るだろうなぁ、と考えると、「郷愁」が感動の原動力になってる映画よりも、「美しさ」と「非現実感」が原動力になっている映画の方が、長く記憶に残ると思うんだよね。

というか、「監督が、貧窮極まってみんなの力を借りて作りました。徹底した時代考証戦時中広島再現しました。」って、これポリコレ的に叩いちゃいけない映画じゃん。キネ旬で評者全員が★5つの時点でなんか闇を感じたんだけど。「物語が進むにつれて、どんどん声優としてハマっていくのん」という一部の評も、「最初の方は聞くに耐えない」というのをオブラートに包んだ言い方だから!そもそも8歳の女の子の声を23歳の女性が素で演じるだけで違和感半端ない。話も連載時の細切れの挿話をきっちり入れようとして、全体としての筋は見えにくくなってるし。セリフは「スフなしの純綿」とか素で言って10~20代に勝負しかけてるのは良いと思うけど。

あとは、背景の止め絵や紙芝居が多くて、「制作費なかったんだなぁ」とは思う。動かすところはきっちり動かしてメリハリ付けているのは感心したけど。成功して、がっつり収益でたら、AKIRAみたいに動かせなかった所の修正とか、カットせざるをえなかったリンさん話を入れたり、自分代用品扱いする暗黒すずさんを描いてほしいとも思う。

翻って「君の名は。」、これ制作費どれくらいかけてんのよ?ありえないくらい綺麗な絵が、キャラクターが、よく動く。ストーリーも先が読めない分、驚きと感動があるし、過剰ながらも良いボーカル曲は、それを聞き直しに行くだけのために映画館に足を向かせる力があるし、興行作品として王道で真っ向勝負してきているのが分かる。

まぁ天文学的にはアレだけど!観客が皆、真っ先に突っ込むテレビに映る彗星軌道の場面!映画制作中に関係者が誰も気付かない時点で日本人知的レベルがよくわかったよ!というか!そもそも彗星が月軌道の内側に入るとか!彗星から隕石が分離するとか!それが一晩で落ちてくるとか!しかも千年前と同じ場所に落ちてくるとか!よく天文関係者は血管切れなかったなー。

人間、ここまで怒りゲージが吹っ切れると、ずっと記憶に残るもんだよ。デビルマンみたいに、ね。

2016-11-18

http://anond.hatelabo.jp/20161118141056

当時のこと知らないんだろうけど

14歳の母の時の三浦春馬は影の薄い役者だったよ

まり名前も知られてなかったか

暗くて何考えてるかよくわからんあの役そのままのイメージ持たれてた



多分俺を三浦春馬に例えた奴は

強姦とか薬物乱用とか子ども誘拐して殺すというような

そんな何かとんでもないことしそうな少年A根暗キャラということを

オブラートに包んで言いたかったんだと思う。

2016-11-16

カラオケナイト営業マンとはその2 カラオケ 営業

 前回書かせてもらった、

カラオケナイト営業マンとは」

http://anond.hatelabo.jp/20161115163658

自分で読み返したら、「あれ書けばよかったー」とか、「ここが説明不足だなー」とか色々あったのと、

あり難いことにいくつかコメントも頂けたので、追記分として。

 あと、「カラオケ 営業」ってググるカラオケボックス営業時間ばっかり出てくるので、タイトルに加えてやりました。




コメント

100件抱えてたら、仮にすべて一発回収できたとしても4件×25日かかるじゃない。

>おそらく10%くらいだろう歩合を半分に下げてでも、回収は外注したい。

 回収自体お金貰って領収書渡すだけの簡単作業なので(それが大変ではありますが)

 一日で10件それ以上とかい場合もあります。それこそ朝までかかります

 「今日の売り上げで払うから、お店の閉店後また来て」とか言われますから普通に

 また、上手いこと回収日をずらしている営業マンもいます。たとえば11月なら

 「11月1日(月初め)」

 「11月4日(月の最初金曜日

 「11月25日

 「11月28日(月の最終週の月曜日)」

 「11月30日(月の最終日)」

 みたいな感じで。しかし、お客都合や延滞などでだいたい月末に集中することになります

 そうなると月の最終日は地獄のように走り回ることになります

 また、歩合の話出てますが、私のいた会社では普通に給料貰ってたんで、自分の持ってるところから何%みたいのはなかったですね。もしかしたらそういうところもあるのかもしれません。

 あと、回収が外注になることはないと思いますカラオケナイト営業マンって、とりあえず自前で出来るとこはやらされるし、あったとしても口座引き落とし強制くらいかなぁ。



営業内容としては電話回線屋とかコピー屋と同じなのに、

>俄然、ブラック度合いが跳ね上がってるのが、やはりナイト営業なのか…。

 やっぱりブラックですよね客観的に見て...退職したので恨み成分が強い文章になってしまたかなと思ったので、カラオケナイト営業メリットもいくつか。

特別スキルがいらない

 設置する際に電動ドリルを使ったりしますが、慣れれば誰でもできます

 また、営業ではありますが、大きい法人営業かけることはまずなく、もっというと顧客水商売系の方々なのでそこまでビジネススキルを求められることもありません。なんで営業経験転職してきても、全然大丈夫なくらい敷居は低いです。

・1人行動が多い

 入社して最初はどこの会社も同行で勉強させられるとは思いますが、ある程度覚えてくると、すぐに1人で行動させられます。というか、簡単なので出来ます工事などは複数で行いますが、飛込み業務簡単故障対応などの日々の業務は基本1人で行いますし、社内作業も多少ありますが経費清算と簡単契約関連の手続きくらいです。一本指でぺちぺち一文字ずつ丁寧にPC入力するおっちゃんでも出来るレベルです。なので、要領よくやってる人ほどサボってます。社外は社用車なので社内で寝たり、ゲームしたりカーナビテレビ見たりしてます

 逆にブラックな面かな、と思うのは、これは営業ならしょうがないですが数字ノルマが本当にきついです。カラオケ営業マンは、新規契約を取れたあと、月額料金を毎月頂きますノルマというのは、

新規契約を取る本数」

もありますが、

新規契約を取る本数ーその月で解約になる本数」

プラス、最悪でもプラマイ0にするというノルマもあります

これがきついのは、どんなに新規契約をとっても解約が多ければ評価されない仕組みということです。新規を取る為に既存のお客さんが疎かになっているとこういう悲劇が...

 ブラックといえば労働時間ですが、まあこれが長い業界であるとは思います。少し用事があって午前中から出勤して朝の4時に退社ってこともありますし、この辺はしょうがないっちゃしょうがないですね。しかも、「ナイト営業」と言っても水商売系以外のところに売ったりします。自分が知ってる中では、ホテル宴会場、個人宅(大体金持ち)、公民館的なとこなどなど。そのようなとこに新規営業に行ったり、もっといえば既に既存のお客さんで「午前にきて」と言われた場合は午前にいかなければいけませんので、夜だけでなく朝もキツイです。

 社内の人間関係ブラック要素強いと思います。僕がいた支店では、休みの日に上司私服で来て「俺、休日することないか仕事するわ」と言って休日出勤します。打刻はしません。これに強制的同調しなきゃいけない雰囲気がありました。

 また、前回も書きましたが、オブラートに包んで言うといろんな人が働いてます。包まないで言うと終わってる人が働いてます。ちなみに僕の支店で僕が所属してたメンバーを紹介すると、


業務中一切の食事を(何故か)とらないので見た目が骸骨で、質問するとレスポンスが帰ってくるのが3秒以上後の係長

○見た目は売れないホストで、休みの日はずーーーーっと発泡酒を飲み続けていて臓器が完全にお亡くなりになっていて口からウンコ臭いがする人

○40くらいで金髪長髪で、ずっと悪口をぶつくさ言いながら働くおじさん

の、イカれたバンドメンバーの紹介でもなかなか登場しない人達と日々送ってました。

 そして常にみんなイライラしてました。僕が入社した時の歓迎会では、本当に下品な酒の飲み方をした後、殴り合いの喧嘩社員同士でしてました。いつものことだよ、と周りの人は言っていてドン引きしました。

 あと綺麗好きの人は無理ですね、前回も書いた通りめっちゃ汚いとこで作業しますので。僕自身スーツで勤務したんですが、死ぬほど汚れまくってました。






複合機はトナーで儲けるけどカラオケ機は?

 どこで儲けてるんですかね? 消耗品はないし、仮にマイク壊れたらレンタルなので無償交換ですし。電池もそうですね。多分、前回もちょろっと書きましたが、カラオケって基本的に5年契約なので、長く使ってもらって利益がちょろちょろ出る仕組みなんだと思います

 あと、ナイト市場で使われてるカラオケ機械は、一番新しいモデル以外は中古のことが多いです。これはスピーカーアンプマイクもそうです。まあレンタルなのでそんなもんですよね。



以上、追記分です。やっぱりヤバイですね、カラオケ営業マンになる人はがんばってください。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん