「拒絶反応」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 拒絶反応とは

2017-04-12

おかんが出向の概念理解してくれない

帰省の折、来期からグループ会社に出向することになったと報告したら、そりゃもう大変な騒ぎになった。

せっかく本社就職したのにどういうことだ、左遷か、何かやらかしたのかと怒涛の質問責め。

ただの出向だと言っても、せっかく本社就職したのに(ry無限ループ

一旦鎮火した後に親父が「そのまま転属になることもある」とか言い出したもんだからさらに爆発。

父よ、それはまあ正しいんだけどさ、もうちょっと空気読んでくれよ…。

大体俺が就職した先は「本社」じゃない。これも何度も説明したっつーのに。

社内カンパニー制度は分かりにくいから仕方ないけど、まさか出向まで理解してくれないなんて思わなかった。

ていうか疲れたおかんは俺の社会的ステータス過大評価しすぎ。確かに知名度はある会社だけど俺が入った部門花形ではない。

自分が育てた成果物(俺)の分かりやす評価から、勤務先に固執するのは分かる。分かるけど、それがちょっとでも揺らぐとめちゃくちゃ拒絶反応を示すのは勘弁してくれ。

http://anond.hatelabo.jp/20170411161646

右派も、戦争可能にする状態をたった一度の立法で実現しようとは考えていない。

改憲でも、抵抗が生まれにくい分野から手をつけて国民改憲に慣れさせようと計画してるじゃないか

拒絶反応が起きないように少しずつ変えていくという相手戦略に対して、その都度警鐘を鳴らすのは当然。

それをオオカミ少年に例えるのは根本的に間違っている。

ブコメではオオカミ少年の例えを前提にして反論してるから、「左翼オオカミ少年を都合よく解釈している」と再反論されて議論脱線している。

あえて例え話にオオカミを絡めるなら、

オオカミははじめ遠くから村人に姿を見せ、だんだんと近づき、村人がすっかり慣れたところで羊を食べたが、村人は「オオカミから仕方ない」と、自分の子が噛み殺されても文句を言わなくなった。

という具合だろう。

2017-04-05

学生だけど色々疲れた

定期的にだるくて何もやりたくない時期がくる。ここ数日間、ほとんど何もやっていない。ダラダラ動画みたりブログみているだけだ。勉強しようと机の前に座るが、なかなか集中できない。なんだろ。すごいイライラする。こんな自分にムカつく。中学生の時はもっと普通に勉強してたのに。ここまで勉強は嫌いではなかった。この一年が大切なのに。単語帳を開いても、全く覚えられる気がしない。勉強してる間は焦りと不安でいっぱいになる。もちろん何もしていない時はなおさら辛い。ただ動画とか楽な事に集中している間は忘れられる。寝てる時もそうだ。今日も一日の大半を寝て過ごしてしまった。起きたら夜だった。今、すごく頭が痛い。そして気持ちが悪い。こんな事している間に、できるライバル毎日必死勉強してるんだろうなぁ。差が開く一方だな。逆転合格はできるとかいろんなところで話聞くけど、こんなんじゃダメだよな。どんどん追い詰められていく。にしても、頭痛い。頭痛から逃げる為にまた寝たい。また明日頑張ろうと思って今日を終わらせてしまおうとしている。そして明日もやらない。毎日、家に引きこもっていた時期と同じ気分だ。この状況を続けていると悪くなる一方だと分かっているけど、勉強拒絶反応を起こしてしまう。じゃあ、お前は勉強しないで何で生きていくんだと聞かれても何も答えられない。そもそも生きる理由なんてあるのかなんて思ってしまう。自分一人消えたところで特に何も起こらない。そりゃ、親は悲しむだろうがそんなに気にならない。逆に自分がこのまま居たところで社会にはなんら影響も及ばさないし、誰も気に留めない。虚しいものだな。ふぅ〜。これからどうしよう。とにかく辛い。気持ちを共有しあえる人がいたらどれほど楽か。本当に信用できる友達でもいたらどれほど楽か。皆、勉強してない。してない。とか言ってめちゃくちゃしてるからな...。誰も信用できないし、自分勉強できない落ちこぼれから常にバカにされているような感覚になる。まあ、要するに自分に自信がないだけかもしれない。こんなんだからダメなのかな。調子いい時は本当に気分良く過ごせるけど、それもあまり続かない。これって病気なのかな...。病名なんかつけてもらえれば楽になるのかなぁ。でも、これって逃げなのかなぁ。一度、親と話あったことあるけど、その時はただただ怒られた。お前は甘えてる。ただ逃げてるだけだと。まあ、確かにそうだなとは自分でも思う、こんな事考えてるとなんか全てがどうでも良くなってくる。

2017-03-21

http://anond.hatelabo.jp/20170321183016

好きでやってるだけでも、ハードワークっぽいことを口にすると物凄い拒絶反応が出て来る世の中だしな。

しかもその手の人たち、絶対的自分が正しいと思ってモノを言ってくるから、会話が成立しないことが多々。

2017-03-14

結婚して10年たつけどいまだにいつHしていいのかわからない

当方は夫で夫婦でそろそろ40って感じで子供は2人。俺が言うのもなんなんだけど奥さんはかなり美人

結婚から毎日オナニーしてたし俺は毎日でもHしたいんだけど、ほぼ断られる。

なんか同僚とかが話してる週1とかのペースまじ信じらんない。どうやってんの?うちは多くて2か月に1回だし約1年開いたこともある。

理由はいろいろなんだけどだいたい

1. やだ

2. お風呂に入ってない(疲れて次の日の朝入ることが多い)

3. 月のもの

こんな感じで、基本的にはなんかこうお膳立てがないというか、雰囲気がそうじゃないのにHに突入するのがいやなんだそうだ。

わかるんだけど、奥さんは早起きして上の子弁当つくってて、日中は小さい子の相手家事でくったくたになって、そのあと夜にそうなるのってほぼ無理ゲー

から俺がなんとなく無理やりキスしてるうちにー、とか、布団の中に隠れてて寝にきた奥さんにいきなり襲いかかったりとか、そういうノリでなんとか押し切る感じで夫婦生活を始めてる。

それはそれで奥さんもまんざらじゃない……、みたいのはほぼなくて時々マジで切れられてしまう。泣かれたこともある。ごめんなさい。

ただ、そうしなかったらHに至れる気がしない。

真剣な話し合いもしたし、私はもともとH苦手だから浮気してくれてもいい。しょうがないと思う。みたいに言われたりしたけど、いやそうじゃなくない?

行為にさえ突入すれば、嫌がってる様子はないと思うし、普段はろくに触らせてくれない美人の奥さんが俺に体を許してる、って思うと本当にすごい興奮する。

めったにHできないから、性行為マンネリで、みたいな悩みはまったくないし、Hしたい一心で奥さんの負担を減らすためにあれこれ腐心してるし、これはこれでいいのかもしれない。

ああ、でももっともっとセックスしたいよう。

追記)

いろいろアドバイスなどありがとうございます

Hを早く終わらせたいっていうのは、俺がそう感じなくてもぜったいあると思う。ただ、奥さんの場合、次の朝はやいとか、そういう心配があるならしない、というスタイルなのです。

今書いてて思ったんだけど、奥さんもともと体弱いし、Hの次の朝しんどくて起きれないとかわりとある

からそれも考えるとよけい億劫というのは理解できるのです。

Hに至ればいやじゃなさそうなのは大丈夫?っていうのは直接的、間接的にそうとう確認したんだけど、本人曰く性的快感乱れるのが恥ずかしくて自分嫌悪してしまうとか。

しかにご両親が性に対して相当保守的な方々で、奥さんをみてると端々に潜在意識まで教えというか躾が染み付いてる感じがする。下ネタにすごく拒絶反応でるとか。

なので、子供寝てる横でキスするだけで嫌がる。だからいつそういう雰囲気になってもいいように今日は!という夜は別室に布団しいて避妊具用意してる。まあ99.9%空振りなんだけど。

というわけで俺本人が嫌がられてるわけではない、はず。友人たちから子供からも仲良しすぎるっていわれるくらいだし、奥さんも俺が仕事やすんでデートとかするの喜んでくれてる。

俺がひとりでゲームしてるとくっついてきたりするし。その延長でついその夜に体を求めたくなるのが俺で、あー嬉しかった!で終わるのが奥さんって感じかなあ。

奥さんが泣いてしまうのは、Hそのものが嫌というわけじゃなくて、ほぼ俺の無理解が悲しいという理由。今まで5回ほど、だいたい2年に1回起きてる。

なんで俺がそうしてしまうかというと、基本100%だめって言われるので、もうちょっと探りたい、もうちょっとだけ!って感じで、いつの間にか一線を越えてしまう感じ。

申し訳ないです。

2017-02-21

http://anond.hatelabo.jp/20170221160242

アレルギーって基本的に体からくる拒絶反応からさ。

同じものばっかり食うと良くないぞって警告出してるんじゃないかな。

栄養が偏るぞ!って。

2017-02-14

フィクション作品アメリカ大統領イメージって

トランプ型のやつもあった気がするんだけど

その手の作品では大半の人が違和感ないのに

なぜトランプだけ拒絶反応を見せるのか謎。トランプ×安倍

2017-02-06

舞台「孤島の鬼」2017版を観劇して

※私の答えが見つかったので、現在最終解答を書いています

ですが、この初見感想も非常に重要でしたので、是非お目通しいただいて推理の参考になさってください。

※表に出した最新考察と印象はこちら。初見感想の次にでもどうぞ

http://anond.hatelabo.jp/20170209222825

http://anond.hatelabo.jp/20170212024356

夜明けて昨日の話。

推しの握手会が思いの外さっくり終わり、通りすがりのご夫婦に推し布教も楽しくできて、気力と時間が余ったので当日券でレッドシアター行ってきた。

とても面白かったのだけど、なんかこうすごくもやっとする原因を掴みたくて、江戸川乱歩原作の方の感想を漁り、こちらのブログに辿り着いた。

http://edogawamy.hatenablog.com/entry/2015/12/05/160636

こちらを拝読してめっちゃスッキリしたので、スッキリしたこと前提に感想を書く。

ネタバレしまくるし、恐らく原作既読でも舞台観劇の方は先に舞台観た方が絶対面白いだろうから観劇予定のある方は読まないでくださいね

まず私がもやっとしたのが、「『私』が鬼のように見えすぎやしないか?」ということ。

こーゆー考察甲斐のあるタイトルや、善悪、美醜、世間自分の解離みたいなモチーフが出てくる作品だと、どうしても「果たして鬼とはなんだったのか?」と邪推してしまう。

そこでまず強烈に思い浮かぶのが主人公であるはずの『私』。

『私』役・佐藤永典さんのお人形のような美貌と、書いて字のごとく鬼気迫るお芝居、そして聞き慣れない失われた昔の日本言葉は、あまりにも『我々観客と同じ存在である共感し難い。

そもそも、主人公目線で語られる物語は、主人公感情移入させて物語に没入させることが狙いのひとつだろうに、全然『私』=箕浦感情移入できない。

ネタバレにならないことを祈って例を挙げると、演劇で観たことがあるミステリーだと『罠』『スリル・ミー』などが思い出される。)

これは『私』が作品の『語り部』であるため、強制的に観客が『聞き手』の役割を担ってしまうからでもあるかもしれないけど……

それにしたって、締めの内容からしても物語の本題が「『私』と諸戸道雄」の関係に集中してしまってならず、

そうすると、田中涼星さん演じる諸戸の執着心のおぞましさに沿ぐわない清廉でどこか儚げな美しさが、彼の一途な愛を健気で尊いものに感じさせてきて、その愛情を受け入れない『私』が何か恐ろしいもののように思わざるをえなかった。

でも、それっておかしくね?って思って。

ホモフォビアを受けることへの同情というか、同性愛差別への嫌悪感も逆手に取られているような気がする。「理由はどうあれ女の子は泣かせちゃいけない」みたいな、ずるい構図が仕組まれているように感じる。

自分が恋をしてフラれた時のこと・恋されてフッた時のことを参照すると、

いくら思わせ振りだったとしても応えてくれない相手の方が悪者だなんて絶対に思えないし、

どんなに周りから薦められてもどうにも受け入れられない相手はマジほんと無理。

目線だって絶対許せない地雷カップリングというもの実在する。

から「諸戸の愛を受け入れない『私』は鬼」であるとは、理性的には到底思えない。

でもじゃあどうして「『私』が鬼」だと感じるような作品に仕上げてしまったのか?

これが冒頭に書いた「『私』が鬼のように見えすぎやしないか?」というもやもやの詳細。

この感情原作に対して正当なのか? 舞台版という二次創作であるが故の解釈押し付けなのか?

という部分が気になって、ググって辿り着いたのが先ほどのブログ

http://edogawamy.hatenablog.com/entry/2015/12/05/160636

Wikipediaに書いてあった、「陰獣」みたいな新作をとリクエストされて執筆されたのが「孤島の鬼」らしいというエピソードから勝手妄想して、

江戸川乱歩=諸戸目線で「創作された箕浦」が『私』なのではと解釈し、舞台版にめちゃくちゃスッキリできた。

諸戸道雄の死で物語が終わるのもさもありなん。

観客は真の主人公である江戸川乱歩(諸戸)に感情移入させられて、「諸戸の愛を受け入れない『私』は鬼」だと錯覚してしまうのではと。

田中涼星さんの白木蓮みたいな美しく一切の嫌悪感を感じさせない諸戸は、きっと江戸川乱歩ブロマンス結晶として大正解

対する『私』がエゴイスティックに語れば語るほど、それは作者(江戸川乱歩であり諸戸)の恋の哀しみの深さ、恋情の深さを伝えてくる。

女性に執心する姿がなんか気持ち悪く見える・描かれるのも作者による悋気からだろうし、諸戸に対して残酷過ぎる描写は傷付いた作者本人が語らせてるからだろう。

『私』が歪であればあるほど、「箕浦にもどこか諸戸(作者)を愛する部分があってくれ」といった願いの叫びに聞こえる。

(観ていると「箕浦も実は諸戸を愛していたのではないか」という容疑が浮かんでならないのだけど、『白髪になってしまうほどの生理的な恐怖・嫌悪』という動かぬ証拠は、容疑を否定してならず、この辻褄の合わないミステリーももやもやの一つだった。)

メタ推理として「陰獣」を出したのも、江戸川乱歩自身による己の殺害物語カタルシスにあるように感じられたから。自身を不幸の中で殺すことで、遺された人間へ爪痕を残すという側面も含めてね。

(愛を願いフィクションを書き綴るのに成就させず永遠片想いとして殺す……って、個人的めっちゃ萌える。)

作者による「ぼくが考えた最高に美しく残酷箕浦永遠に愛してる)」ってやつ。考えたというか、「恋愛疑心暗鬼の中で見えていた箕浦」。

しかしそれが本当に『箕浦』のすべてだったのか?

舞台「孤島の鬼」(2017)では、語り部の『私』と『箕浦』を別の役者さんが演じている。

私は原作未読であるため、同一人物であるはずの二人を別々の人間が演じるということが奇策なのか妥当なのかわからない。

でも、配役を知ったとき

美少年役もまだまだできそうな童顔の佐藤永典さんが30代で老人のような白髪姿になった『私』で、

佐藤さんより身長も高く年上にだって見えかねない美青年石田隼さんが20代箕浦過去の『私』」を

演じることが疑問だった。

いくら『私』は外見が変わってしまったといえど、あまりにも二人の外見が似ていないこともあってね。

「もう一人の自分」みたいな表現が出てくる演劇はいくつか観たことがあるはずだけど、原作未読とはい観劇前に違和感を持ったことはなかったように思う。(まあ大体そういった存在物語の核心中の核心に触れるので、配役表から対の存在公表されてることは少なそうだけども。)

しかし『私』を『諸戸が想い描く箕浦』とすると配役がまあしっくりくるし、『本物の箕浦』と役者を分けたことが大発明のように感じられる。

舞台上には二人の箕浦が同時に立ち、シーンによって他者とのコミュニケーション表現担当者が変わるのだけど(どっちが台詞を言うか、みたいな)、

諸戸と出会い親交を深めた学生時代箕浦はずっと『私』(佐藤さん)が表現し、

諸戸と別離大人になり恋人の初代との出会いから箕浦石田さん)は登場する。

石田隼さん演じる箕浦は、佐藤さんの『私』と同一人物のはずなのに、鬼なんて印象もなく何故か善良な青年に感じられていたのだけど、『私』の方が諸戸(江戸川乱歩)の色眼鏡認識された箕浦なんだと思えばこの対比はすごくいい。

 

「『私』は諸戸目線で見えていた認知の歪んだ箕浦であるため、『私』の歪さから箕浦も実は諸戸を愛していたのではないか」という容疑を持ってしまうが、

事実として『箕浦』は諸戸に迫られることに身体変調するほどの生理的な恐怖・拒絶を示している。

(皆さんは自分の体が深層心理拒絶反応で意のままに動かせなくなったことがあるだろうか。私はある。手から全身が痙攣してゆき、これしきのことで動じるな止まれ意識しても震えがまったく止まらない。だから私は生理的な拒絶は動かぬ心の証拠だと考えている。)

箕浦』は諸戸の性愛を受け入れることはできなかった。

しか性的に愛されないことが、『愛されていない』ということなのだろうか?

必死に求めるあまり諸戸からは見えなくなっただけで、性愛ではないけれども某かの情が、性愛にも決して劣らない尊い愛が『箕浦』にもあったのではないか

そういった諸戸の盲点が、諸戸が『私』と会話し夢中になっている時の『本物の箕浦』(石田さん)にあったのではないかと、舞台演劇となり二人の箕浦が居ることで私は考え至った。

物語としての「孤島の鬼」の作者は諸戸(江戸川乱歩)だという解釈は私が勝手にしてるだけなので、舞台版が諸々の采配をこの解釈で行ったかはわからないけど、改めて『私』と『箕浦』の登場場面の違いを確認しながら観劇したら面白そうだなぁ!

より妥当なところの分裂理由として「箕浦二面性」はあるだろうし、じゃあそれぞれの境界線舞台版ではどこだと考えられているか読み解くのも面白い

作中に登場する双生児は境目が見えたけど、二人の役者に分けられた一人の人物のメスは何処に入ったのか。

うろ覚えだけど、諸戸の告白以降は『私』が箕浦として生きているから、舞台では箕浦と諸戸は一緒に天国に行けたのだ、な~んて解釈ハッピーだよね。

(どちらかというと、諸戸が悋気を持たなければ、欲を出さなければ、あるいは悪い男になれていたら、箕浦と一緒に天国に行けたかもしれないのに諸戸が鬼の箕浦を生み出してしまった…って自己破滅エンドの方が私は好きかな。まさに疑心暗鬼を生んだ、的なね。)

(報われず自分に追い込まれ破滅した美しい男性テーマ舞台大好物なんです。)

延々と箕浦組について語って夜が明けてしまったけれども、他の役者さんや演出表現もとても良かった。

諸戸の父親最期に対して、主人公である箕浦』の感情が語られず『諸戸道雄』の感想セリフとして発せられたのも、諸戸の父親を演じていたのがまだ30前半と『私』に近い年齢の美しい河合龍之介さんで妖しい男の色気を放っていたのも、「諸戸の主観こそが語り部の『私』」であったとするならよりしっくりくる。

父親の変貌は、絶対他人箕浦よりも諸戸の方がショックな出来事だ。

父親越えなんてテーマもよくあるほど、子供から見た方が親はより巨大さ恐ろしさを増すし、親が壊れる様というのは「自分にも起こり得る恐怖」と「自分があれほど巨大に感じていたものとは一体何だったのかという虚無」感がぱない。私も父親経験たからわかる。

河合さんの怪演は本当に感じるものが多くあった。

舞台というもの面白いもので、同じ現実を同じ密室複数の人々と同時に別々の目線位置角度(物理的な意味で)から観測するものから

書籍映像物語を鑑賞する以上に「他者が見ていない『自分視点』」が感想を述べる際にものすごく意識される。

たとえ自分複数人居たとしたって、観劇した感想は同じにならない。

演出による印象操作完璧に同一にはできない。(それをぶち超えるクソチート暗殺者が『音楽』だと私は考え重要視しているけど、それはまた別の話)

から舞台は観るだけでも楽しいし、感想を言うのも聞くのも他メディアの何倍も楽しい

そんな訳でこれらの感想はすべて《私》の主観しかなく、原作者スタッフキャストが込めた意図真相はわかんないんですけどね。

舞台「孤島の鬼―咲きにほふ花は炎のやうに―」、とてもよい観劇でした。

2017-01-30

なでしこやまとの同性愛差別 本人はそれを差別だと自覚していない件

“息を吸うように交わされるホモ行為。もう男同士で手を繋いだりハグをしたり顔を近付けたりは日常茶飯事で、最初は「これユーリやなくて、ホーモやないかーい!」と陽気なツッコミエンジョイしていた自分も、回を重ねるごとに露骨になっていく描写に耐えきれなくなり、10話でエンゲージリング見立てペアリングを贈って疑似結婚式を始めたところで、完全にドン引きしました。このシーン、今思い出してもめちゃくちゃ気持ち悪かったです。

こうやって「気持ち悪い」とはっきり述べてしまうと、私はLGBT否定論者の差別主義者だと受け取られるかもしれません。しかし、私はゲイのもの拒絶反応を感じているのではなく、ゲイではないくせに(認めていないくせに)ゲイを気取っている男どもが気持ち悪いと感じただけ。そう、これだけ勇利とヴィクトルの2人は同性愛を匂わせていながら、互いがゲイであることに一切言及しないのが問題なんですよ!

断言できますが、もし勇利がヴィクトルのことを真剣に愛した上で指輪を贈っていたのなら、私は気持ちさなど微塵も感じることなく、2人のことを祝福していました。セクシャルマイノリティであろうと、周囲に何ら引け目を感じることなく、実直に求愛できるのは大変麗しいこと。でも、勇利がヴィクトル指輪を贈った理由には、「お守りだから」「お礼だから」という苦しい言い訳が入り、これだけ直接的な行為に及んでいながら、2人がゲイである事実から頑なに目を背けようとするから腹立たしくて。

10放送後、作者の久保ミツロウさんはTwitterで「この作品現実の皆さんがどのように思われても、この作品世界の中では絶対に何かを好きになることで差別されたりはしないです。その世界だけは絶対に守ります。」と、差別主義者には屈しない! というスタンス反論されていましたけど、作中でゲイであることを認めていないからとても滑稽に聞こえます

本当にこの世界が、あらゆる愛情のカタチに差別が入り込まない世界であるなら、「その世界だけは絶対に守ります」と豪語するなら、どうして彼らはゲイであることをはっきり認めようとしないのでしょうか? 同性愛肯定しながら、一方で師弟愛や友情隠れ蓑にしてゲイである事実を誤魔化そうとするやり口は、とても卑劣で悪辣だと私は思いますゲイに対して不誠実ですし、これこそ差別です。

結局、本音ではホモを匂わせて腐女子釣りたいだけのくせして、差別がどうのこうのを持ち出して正当化させようとするから気持ち悪さを感じるのですよ。ユーリ!!! on ICEという素晴らしいアニメに対し、私はただひたすら絶賛だけがたかったのに、こんなくだらないことに長文を割かなくてはならないのが何よりも残念です。“ttp://ndsk.net/anime/yurionice.html

本人はこれを差別だと自覚していないようですが、なぜ勇利らが「ゲイであることを認めなければいけないのか考えが足りなすぎるのでは

そもそも恋愛性愛について「同性愛」「異性愛」「両性愛」「汎性愛」「全性愛」「無性愛」「ホモフレキシブル」「クエスチョニング」「ポモセクシャル」「ポリセクシャル」「バイキュリアス」「デミセクシャル」「オブジェクトゥムセクシャル」、、、、、と数限りない愛の形があるのに勝生勇利とヴィクトル自分たちを「ゲイ」と認めなければいけないのかよくわからない

5話で

【僕の愛。それはわかりやすい愛や恋ではなくて、ヴィクトルとの絆や家族地元に対する微妙気持ち ようやく自分の周りにある愛のような物に気付く事ができました。はじめて自分でつなぎ留めたいと思いたい人、それがヴィクトルです その感情名前はないけど、あえて愛と呼ぶことにしました】

彼の気持ちは「既存の愛ではない」と語られているのに、浅生大和(あそうやまと)氏はゲイゲイじゃないかというふうにしか二人の関係を考えられないってこと?

氏が引用している久保ミツロウ氏のツイートにしたって

【この作品現実の皆さんがどのように思われても、この作品世界の中では絶対に何かを好きになることで差別されたりはしないです。その世界だけは絶対に守ります。】

これについて

【と、差別主義者には屈しない! というスタンス反論されていましたけど、作中でゲイであることを認めていないからとても滑稽に聞こえます。本当にこの世界が、あらゆる愛情のカタチに差別が入り込まない世界であるなら、「その世界だけは絶対に守ります」と豪語するなら、どうして彼らはゲイであることをはっきり認めようとしないのでしょうか? 同性愛肯定しながら、一方で師弟愛や友情隠れ蓑にしてゲイである事実を誤魔化そうとするやり口は、とても卑劣で悪辣だと私は思いますゲイに対して不誠実ですし、これこそ差別です。】

一体どう解釈すればこのような文章を書けるのか疑問。てかホモゲイと書いている時点で立派な差別なんだがな、、、

同性愛について見識深いみやきち (id:miyakichi) さんの意見も伺いたい

2017-01-29

子育て問題諸悪の根源は「私の仕事じゃありません」という言い訳

自分たちの子どもを自分たちで育てていこう、という気持ちがなければそもそも集団教育組織である学校運営はうまくいくわけがない。

ただカネだけ出して終わりというなら単なる公営塾で良いわけだ。

みんな忙しいし、みんな余裕ないし、みんなお金ないんだよ。

だけれど、それ言い出したら誰も何もできなくなるから、厳しい状況の中でも何とかお金時間や労力を捻り出すのが子育て本質

困ったときお互い様、みんながみんなで助け合いましょうね、というのが本来スタート地点。

だけれど、賢しらな言い訳を用意してこれは私の仕事じゃありません、

から会議は出ません、お金も出しません、労力も提供しません、

でもPTAメリット享受したいです、というモンスターペアレンツが生まれ

無理が通れば道理が引っ込む形式でそういう勢力が増え始めると、

コスト負担するのは無駄で損だという意識が芽生え始める。

良かれと思って無償ボランティア気持ちでやる行為搾取されている感覚にとらわれてくる。

「なんで私がこんなことをやらなくちゃいけないんだ」という意識蔓延してくる。

持ち出すばっかりで、何も得られないじゃないか、と。

そうだ。

フリーライドする人間が増えれば増えるほど、

善意というのは苛烈搾取構造の中に組み込まれていく。

「私の仕事じゃありません」と抜け出て行く人間が増えれば増えるほど、

「やるだけ損だ」という負のインセンティブが爆増する。

チキンレースみたいになってくる。

でも、たしかPTAとか子育て界隈には理不尽なことが山ほどある。

から唯々諾々と受け入れてたら親が破滅する。

でもでも、子育てというのは、身を犠牲にしてでも子ども幸せのために何をかしたいという愛情結晶でもある。

そういう情緒を抜きにしたら、子どもを生むのは全くの損得勘定しかできなくなってしまう。

最近はそういう傾向もどんどん増えてきてはいる。

また、自己犠牲というのはあまりにも容易に搾取対象になりやすいがために、

子どものために身を犠牲にする、という考えそれ自体に大変な拒絶反応が起きるだろうことも想像に難くない。

でもでも、でも、だ。

もうコレ以上は無理だよ、というその無理のほんの薄皮一枚向こうの限界突破することが、

親としての、人間としての成長があるんじゃないかという気が私はするんだよね。

まあこれもブラック企業社長あたりが散々自分たち利益のために弄び続けたたぐいの物言いなので、

しろバッシングされるのがデフォルトの考え方であるだろうことも想像に難くない。

まあかといって今のままだったら、

「私の仕事じゃありません」

「私は知りません」

という人がどんどん増えて、

善意で引き受ける人が苛烈で過重な労力で押し潰されてどんどん少なくなって、

解決されない問題がどんどん増えて、

子育てで完全に詰みましたって人がどんどん増えていくしかないと思う。

それこそ「私は私だけの仕事して私の生活を守りますんで皆さんもあなただけの仕事を頑張って下さい」という人だけが生き残る、

自己責任弱肉強食世界になっていくだけだと思うんだけど、


みんな果たしてそれでいいの?っていう。

2016-12-26

以前、映画がはじまる前の長い映画紹介CM萌えアニメ映画宣伝を見た

見た瞬間ひどい嫌悪感を感じたことを覚えている

甲高く媚びた声にテンプレ化した台詞回しの声優演ずる

可愛い女の子キャラクターが画面を駆けずり回る

映像もまた非常にテンプレ臭い

キモい、と思った

子供の頃にアニメは見ていたし、

ずっと嫌いではないと思っていたし、

見たら楽しめるんだろうと思ってたが

それは思い違いだったと感じた

元増田の言うあざとさの谷とはあの感覚だろうか、

読んでて思い出した

分かりやすテンプレの媚に対する拒絶反応というか

http://anond.hatelabo.jp/20161225132530#tb

2016-12-21

ユーリ面白いね!

 ユーリ面白くて数時間後に迫った最終回が楽しみすぎるので思ってること書くよ!

 私は好きなものや気になったものについて、よく検索かけて他の人がどう言ってるのかを見たりする。勝手同意したり反論したりして楽しむ。まあこの習慣のせいで最近しんどい思いをすることも多くなってきたのでやめたほうがいいのかなとも思うんだけど。

 ユーリももにょ案件結構あった。ユーリにかこつけて実在のスケーターの画像BL的に消費して楽しむファンとか、最初面白かったのにホモ気持ち悪いとかトレパクとか。

 

 実在人物のそういうアレで大騒ぎするのは小学生が「AくんとBちゃんが付き合ってまーす!」って騒いでるみたいで品がないなあと思う。ああやって騒ぐタイプの人とは仲良くできないな。それこそいわゆる生物案件なんだから腐女子が得意な検索避けで楽しむべきなんじゃないの..あとユーリに限らずクソコラやめてほしいな〜〜〜〜楽しいのはわかるけど失礼じゃないかな...

 ホモ気持ち悪い、あるいはホモじゃないか尊い、みたいなゲイフォビア発言大手を振ってまかり通る日本はまだまだ遅れていて悲しいなあ。わかる、わかるよ、私も昔はどっちかってとBLに対し否定的だった。例の水泳アニメを見てうわあ...って思ったりもした。

 でも、今から思うと多分「普通じゃないこと」に対しびっくりしちゃっただけだったんだよね。「これまで自分の中で培われてきた常識から外れている」「衝撃的」な絵面に対する拒絶反応最近は考え方が変わって、どういう性別だろうと親愛の情を抱くことは当たり前のことだと思うようになったかユーリもなんの違和感なく見ている。キスたからって恋愛とは限らないし逆も然りじゃない?いろんな解釈があっていいと思う。全部当たり前で普通だよ。

 ここから個人的見解だけど勇利とヴィクトル関係師弟から始まってはいるけどいろんな愛情が混ざり合って結婚して当然だしセックスしててもおかしくないかなってくらいには発展してるとおもう...ただGPF終わったら離婚しそう(ごめん)っていうか、なんか一種青春みたいだよねっていうか、最後のGPFという刹那っていうか、まあこの辺は日本語得意な人に任せた!

 そしてトレパクはまあ専門外なので論ぜぬ。黒だったら残念って感じ。「検証画像フォトショ」みたいな反応も見かけたし個人的には白を信じたいけどな〜〜〜〜。

 あとまたこれは別の問題だけど、「ホモ気持ち悪いという感想をおおっぴらに言えないために鬱憤の溜まった人たちで構成された集団が好機とばかりに卵アイコンで叩いている」という印象が拭えないので、なんかもう、地獄だな、と。大勢好きだ、面白い肯定するもののよさが自分だけちっともわからないみたいときマジョリティに対する腹立たしさ、圧迫感みたいな気持ちめちゃくちゃよくわかるんだよ...それで鬱憤溜まるのも叩きたくなるのもわかるんだよ...地獄... 

 私とある漫画とあるマイナーキャラが大好きだったんだけど、その子理不尽に殺されて、でも殺した方のキャラが人気で、私は許せないのに殺した方のキャラ擁護する声の方が大きくて、あまつさえ「彼こそ主人公」みたいなコメントがたくさんあって、重要キャラから公式でもどんどん優遇されて、一方私の好きな彼はグッズやサブコンテンツでもハブられ続けて...そんな風潮を見て悔しくて悲しくて腹が立って、眠れない夜とかあったくらいなんですよ...だから気持ちはよーーーーーーーくわかる。しんどいよね。そのうちエネルギーが怒りに向かうんだ。 違う話だって?そう思うならごめん。でも私は一緒だと思う。

 あとはあれだ、「本格的じゃなかった」みたいな批判。まあそれはわかる。スポ根を期待して見たらスポーツを題材にした少女漫画だったのでがっかりした、という人がいてもおかしくはないかな。私は少女漫画も好きなのでこれはこれで、といった風に楽しんでるけれど。あと演技中の心理描写は本格的を謳うのにふさわしく緻密だと思うよ!きっと修行パートが足りないんだな。ユーリに12話は短いよ!!!!!

 個人的見解もういっちょ。ユーリ作品としてLGBT問題とくくりつけるのは賛同にせよ批判にせよお門違いだと思うよ!!!!!そんなにウェイト大きくないよ!!!理想の世界ではあるけど!!!まあユーリみたいな雰囲気創作物が増えたらいいなあとは思うかな。

 さて、こういう話はもういいかな!ここからJJの話させて!私はJJが大好きです!!!

 あーJJ!!!!!!!大好き!!!!!!!初登場回の初演技で、あのずっとこちらと目が合ったままの謎スピン一目惚れしました。アニメに限らず、スケートにも限らず、私ああいう根っからエンターテイナーな選手が大好きなんです!!!

 パフォーマーには二種類いると思ってる。一つは己の内面を見つめ己を表現するアーティスト型。もう一つはお客さんを感動させることを目的とするエンターテイナー型。両者の違いは端的に言えば内向的か外向的かってところなんだろうと思う。ユウリカツキなんかは典型的な前者だよね。そして私の解釈ではJJことジャン・ジャック・ルロワは絶対後者スケートどころか、氷上に限らず彼の生き方のものエンターテイナー。あー好き!!!!!!!!

 JJ彼女も大好き。イザベラちゃんっていうらしいねJJってたくさんのJJガールズに愛想振りまいて、EDでは左右に女侍らせてたりもして、それでもイザベラちゃんは全く意に介してないどころかJJガールズの存在を自慢にまでしていている。多分左右に女侍らすJJを見ても「さすが私のJJね!」って肯定してくれそうだし、イザベラちゃんはジャンジャックルロワの「JJ」という理想生き方をまるごと肯定してくれる女性なんだなって思った。JJみたいなタイプの極めて外向的なパーソナリティを支えるには最高のパートナーだと思う。

 どーも最近コンテンツでは「飾らない自分を愛してくれる」みたいな、たとえ世界中否定されてもたった一人に肯定してもらえればそれでいい的なことを信奉しがちな気がするけど、JJはそんなこと求めてないんだと思う多分。たった一人に肯定されるだけじゃ足りないからどこまでもどこまでもストイックに上を向く、立ち止まらない、立ち止まれない状況に自らを追い込む。そんなJJに向かって「あなたの良さは私が知ってるから十分でしょ」みたいなこと言うタイプパートナーは窮屈だろうなと思うよ。今のところは。

 オーケー、優勝を逃し婚約がおじゃんになって、イザベラちゃんの前でどういう顔をしたらいいのかわからない19歳のただのジャンの前で、エンゲージリングをはめたままの薬指を愛おしそうに握り込めて「楽しみだわ、JJ」ってイザベラちゃんが微笑んでくれるところまで妄想した。さあ来い最終回!!!!!!

 (さっき今のところは、って言ったんだけど、私はもともとオタクとして闇属性なのでどうしてもこのGPFまでがJJ選手としての絶頂だったとしたらって事態想像してしまう。大会に出ても成績が振るわず、どんどん優勝が退いていくJJに対してイザベラちゃんがどう反応するのかってのは...まあ...気になる...)

 否!!!!!!!!!!!!!!!!一人のJJガールズとして宣言しま!!!!!!!!!私はJJの大逆転優勝を信じてる!!!!!!!!!!頑張れJJ!!!!!!!頑張れイザベラちゃん!!!!!!!!!!!!!ジャン・ジャック・ルロワをどうかよろしく!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!最終回楽しみ!!!!!!!!!

クソと呼ばれたくなくなった

本名の下の名前の語感的に、昔からよく「クソ」というあだ名を付けられてた。

子どもの頃からそうだったので、あまり気にしてはいなかったが、最近急に拒絶反応が出たのか、そう呼ばれることがすごく嫌になった。

ちなみに(ジェンダーとか何とか言われそうだけど)

この手の下ネタ男性に多いと思うけど、女性同士の話です。

twitterでそう呼ばれたら返信しないし、LINEで呼ばれても既読無視するようになった。

自分でもなぜ急にそうなったのか分からず、理由がつかず、どうして友人らに説明しようか悩んでる。

友人らを無視してるのでやや顰蹙買ってると思うけど、でも今まで通りはどうしても嫌だ。

2016-11-22

今度公開される某映画について、

うそう、あれあれ。こんど公開される予定のあの作品ですよ、あれだよあれ。寝る前にあれのこと書きたくなった。

あれさ、予告を見る限り、細田守ファンタジー作品みたいなストーリーを匂わせつつ

岡田麿里作品のような思春期ローティーンの悩みや心の揺れ動きを描くような作りになっているように感じたんだけど、

今のところいったい誰がこの作品を見に映画館へ足を運ぶんだろうかと、すごく心配になるんだよね。

まず映画館一般の人が予告を観たとしても、”よくわからないオタク向け萌えアニメ”というカテゴライズがされる気がしてて

勝手な印象だけど、一般人萌えアニメへの拒絶反応萌え絵への不気味の谷のようなもの)に対していま流してる予告の絵面と内容では、

不気味の谷を超えてでも見に行きたい何かを提供していないように思えるんだよ。なので予告やCMを目にした一般の人に認知されて

その人達映画館に見に来るという状況にならないんじゃないかと感じるわけですよ。

次に、プリキュア的なプロットや必修化されたダンスなんかを作中要素に入れてるみたいなので小学校高学年くらいまでの女の子への

フックが効くように作ってるとは思うんだけど、どうしても上に書いたような萌え絵問題のせいでその子達のママさんの足は重いんじゃないだろうかと思うんだよね。

(今年のクリスマスの思い出にと、劇場萌えアニメを見せにいく母親がどれほどいるだろうか?)

あとさすがに女子中高生はJCJKにもなればプリキュア卒業してるだろうからいくらアニメ映画流行ってるからといって

わざわざ冬休み彼氏友達と連れ立ってプリキュアみのある作品を見に来ることは考えづらいと思うし、あてもなく映画館へ来た子や見たい作品が満員だった子たちがいたとしても

このアニメ作品を見るくらいなら公開終了が近そうな君の名は。か、この世界の片隅に へ流れてしまうんじゃないだろうかと思うわけですよ。

となると残るは我々男性オタクアニメ視聴者層となるのだが、これも心許ないんじゃないかな?

いかんせんオリジナル劇場アニメから深夜作品ゲームのように熱心な層の地盤もなくて

さらに今期の美少女動物園作品惨状を見るに、さすがの萌豚さんたちも食傷気味なんではないだろうかと思ってしまう。

尚且つ、XX周年記念作品だと銘打っているけどこの制作会社の記念作品からという理由リピート鑑賞するような

熱狂的な信者がいるのかも疑わしい気がするし...。

というわけで君の名は。聲の形この世界の片隅にと、好調な波が来ているさなかここは何としても

ひと山当てたいこととお察ししますが、個人的には2.5億と予想を立ててみました。

あと一ヶ月あるので広報さん、プロデューサーさん頑張ってください。

それじゃ、おやすみ

2016-11-17

副交感神経優位状態

星状神経節を指でブロック成功

副交感神経優位な状態って瞑想状態に近い?

ぺろぺろっとその辺の論文を眺めてみたけど

拒絶反応なしで通読できた。

これってよい傾向?

2016-11-03

http://anond.hatelabo.jp/20161101023846

ゼロムス帝国宣言」より抜粋

元旦ラストの日にデュラララ待機時でのラクエンロジック番宣に対する怒りから始まった。

普通にネバーエンディングストーリーのような王道冒険ファンタジー的なCMでいいのに

何で鬱アニメみてえなCMにしてんだよ製作委員会の連中は!!!

日常系ホームアニメだけでなく

王道ヒーロー冒険ファンタジー癒し求めてる

家庭や職場で悩みを抱えている人やいじめられっ子だっているんだよ!!

その様な人達フィクションでも胸糞悪い気持ちにするつもりなのよ!!?

おかしいよ!こんなの絶対おかしいよ!!

俺様元旦最後の1~2分間でこのCM観たときに激しい拒絶反応を示した!

そしてあの怒りと憎しみの記事(現在閉鎖)を書いたのだ!!

俺様大晦日BDレコーダー購入までに

WOWOWアニマックスたまこラブストーリーガンダムUCまどか叛逆といった

有力なコンテンツ放送決定するたびに

BDレコーダーを欲しがっていた。

しかし、超俺様目的番組はみんな終わってしまい、1~2月番組リストにただ絶望しか抱くことが出来なかった・・・

また、超俺様現在懐古厨同然の精神状態に陥っているんだよ!!!

モーパイキルミーベイベーやってた12冬を、

ホライゾンやあっちこっちじょしらく、犬日々二期、銀魂金時編、リトバスジョジョ波紋編、ひだまり武装神姫とかが放送されていた12春夏秋を、

ガンダムSEEDリマスター放送期間であった12年という年を取り戻したいと思い、

ビビパンはがないNEXTたまこみなみけやってた13冬に、

マジェプリやへんねこ、俺芋II、レールガンS、デアラ無印やってた13春に、

げんしけんやプリヤ無印恋愛ラボローゼン

HDD2、物語シリーズ2nd(アニメ版としては化物語から数えて3期目となる)やってた

13夏に、

まどか再放送キルラキル黒子二期、アウトブレイクやってた13秋に戻りたいと思い、

GJ部再放送や鬼灯、中二病戀、みでし、役員共*、桜トリックの14冬に、

ブレブレ始めロボット軍団集合、河合荘や

ジョジョSC、がをられ、劣等生などが在籍した14春に、

さばげぶにヤマノススメ野崎くんにろこどる

人生に六畳間にSAOIIの14夏に、

ブリにコックリさんに俺ツイ、ノエルちゃんのいた14秋に思いを寄せ、

15冬という艦これデレマスファフナーアルドノア決戦などが集結したクールが懐かしみ、

15春。いわゆるジョジョDIOとの決着、DBでのブウ・フリーザ戦、黒子の赤司戦と

ジャンプ系での最終決戦エピソードが集中したり

ミカグラやプレアデス、レーカン攻殻ライズ在籍してたクールが懐かしみ、

ワーキング三章にオバロに怪獣酒場ダンデライオン

がっこうぐらし在籍の15夏を懐かしみ、

そして、進撃中学やワンパンマン、おそ松ロストエピソードを取り戻したいと思うほどまでに

心の病が悪化しているのだ。

これらのなかの選ばれたタイトルBlu-rayに保管したかったんだよ!!!

しかし、悲しいことに、BSが映るようになったのは13春クールからで、

クールテレビ接続の外付けハードディスクを手に入れて、それから二年半停滞の時が続いていました。

それまでの間にどれだけのデータ犠牲になり、どれだけの時間が失われ、

専門チャンネルでどれだけの番組が消えていったのか・・・

2016-08-07

ゲイはやっぱり気持ち悪いと感じる

http://anond.hatelabo.jp/20160806224841

上の記事で「何で相談する必要があるの」みたいなブコメがあったから、我慢せずに書く。

ブコメトラバで盛大に叩かれると思うけど書く。

当方結婚適齢期くらいの男だが、ゲイはやっぱり気持ち悪いと感じる。

正確にはゲイの人が気持ち悪いというよりは、男同士が絡んでいるのがダメ

男同士がキスしている写真とか見ると、冗談抜きで吐き気がする。

最近たまに目にする「男の娘ものだとか、BLとかマジ無理。

これはもう、「虫が苦手」だとか「牧場匂いがどうしても駄目」とか「子供の頃からピーマンが食べれない」とかと同じで、なんかもう生理的にどうしても受け付けない。

性同一性障害とかで悩んでいる人がいるのは理解できているつもりだし、ゲイの人が迫害差別されるべきではないと思っているし(自分が今書いていることは棚に置くが)、普段ブコメとかでもLGBT擁護側のコメントつけている。

でも、もし自分の友人がゲイカミングアウトして、自分好意があり、恋愛もしくは性的対象として見ているとか言ってきたのを想像したら……想像するだけですげー悩んだ。

これを誰にも相談しないとか俺には無理そう。

一人で抱えているのに耐えられず、絶対誰か(おそらく友人と共通の知り合い)に相談して、今後その友人とどう接するべきか考えると思う。

(今回の件は、「相談する」というより、仲間内に迂闊にLINEで吹聴した点が責められるべきところだと思っている。)



改めて、自分関係ない所なら何とでも言えるけど、いざ自分の周りにゲイがいたらやっぱ自分拒絶反応示すんだなと再認識した。



でも百合は平気なんだよなぁ。あと、彼女BL本とか読んでても特に気にならない。

何でこんなにゲイが苦手なのか自分で考えてみたけど、有力なのは子供の頃読んだボンボン高校演劇部の影響。あれでゲイが苦手なのが刷り込まれたんだと思う。

2016-07-27

長崎人です

ポケモンGO絡みでブクマで叩かれてる長崎市に住んでます

なんでもポケモンGOで使うアイテムの入手場所平和公園が入ってるのが「ふさわしくない」として削除要請したとのこと。

でも今回の件に関しては俺は市の判断を支持してます個人的には平和公園でのポケモンGOプレイ原則禁止にすべきだと思ってます

理由

平和公園普通公園とはちょっと違う

プレイヤー側で対処できる程度のことじゃないの?

③「ふさわしくない」という表現にも問題はない

と考えているからです。

まず①について。

平和公園原爆犠牲者に祈りを捧げ、平和の尊さを考える場所として作られています。この思想理念の是非はともかくそういう目的で作られ、大半の市民はそれを支持している訳ですからそれに対するポケモンGOプレイヤーから配慮はあって然るべきだと思います

また平和公園では8月9日の式典を始め、ちょくちょくその手のイベントが行われます。その運営から考えてもポケモンGOプレイ規制するのには合理性があると思います。こういったイベント拒否反応を示す方(個人的には俺も苦手です)もいるとは思いますが、元々平和公園はそういったイベントを行う為に作られた施設ですので、これについて外野からあれこれ指図される謂われはないでしょう。

件の記事ブコメでは目的はどうあれ平和公園に来る人が増えるのは良いことじゃないかという意見もありましたが、個人的にはポケモンGO目的で来た人はポケモンアイテムをゲットしたらさっさと帰っちゃう人が大半だと思うんです。平和原爆について考えるタイプの人が平和公園ポケモンGOプレイするというのもちょっと想像しにくいですし。特にグロ画像グロアニメもあるよ!)満載の原爆資料館平和公園近く)にポケモンGO目的で向かうと後悔する人が多いと思います

またスポーツ施設も含んでるんだから削除要請おかしいというブコメもありましたが、今回の削除要請はおそらく平和公園平和祈念像があるところ)、爆心地公園原爆資料館の3ヶ所、もしくは平和公園のみだと思います地図で見て貰えば分かるのですがビックNスタジアム(野球場)や市民プールなどの施設平和公園などがある場所から国道路面電車線路を挟んだところにあり、それなりに距離があります。俺は今回のことでビックNや市民プール平和公園の一部だったのを初めて知ったくらいでして、おそらく大半の市民認識削除要請をした市役所職員認識平和公園平和祈念像のあるところという認識と考えていいと思います。もしビックNや市民プールなども対象だとしたらそこは削除要請対象から外すのはアリだと思います。ただプールプール安全面への配慮から禁止にした方が良さそうですけどね。

続いて②について。

長崎市内に関して言えば他にも公園はありますポケモンGOを楽しむならそういうところで良いと思うんです。平和公園の様に拒絶反応が強そうなところに無理矢理乗り込んでいく必要なんてないと思うんです。別にそこにしかアイテムがないって訳でもないでしょうし、仮にそうだったとしてもそれはゲーム運営する側の問題であって、勝手に設定された側が削除要請を出したからと叩かれる理由にはならないのではないでしょうか?

色んなところからポケモンGOに対する反発がでてくるのってプレイヤーマナーの悪さが一番の理由のようです。少なくともそういうイメージが広く出回っているのは確かです。そういう状況で「一部のプレイヤーを取り上げて自分達まで同じように扱うな!」「勝手イメージだけで規制するな、偏見だ!」と叫んだところでさらイメージ悪化させることはあっても良くする効果はないと思うんです。

すでにこの点を問題視してプレイヤーの側からマナーを向上しようという動きもあるそうですし、拒絶されずに済むプレイ環境を作っていくには拒絶している個人や組織を叩くのではなく、どうしたらそういった人達とも協力してプレイ環境を作っていけるのかを考える必要があるのだと思います

どんなゲームであれ楽しくプレイする権利は全てのプレイヤーにあると思います。でも同時にゲームプレイしない権利プレイして欲しくないところでのプレイを止めて貰う権利だってあるはずです。どちらが優位という訳でもない以上、議論を重ねて妥協点を見出すしかないのだと思います。ですのでポケモンGO禁止の動きに対する過剰な反発はかえって妥協点を探す上でマイナスになってしまうのではないか危惧しています

最後に③について。

「ふさわしくない」という件の記事における長崎市平和推進課の発言に対する反発は大きいようです。

でも個人的には別に問題はないと思っています

この場合の「ふさわしくない」のは特定ポケモンGOプレイヤー個人を指す言葉ではないからです。

ポケモンGOAR拡張現実言葉通りに実際に端末を持って動き回り、時に情報交換を行い、ポケモンアイテムを探して一喜一憂するゲームです。メールLINE、各種ソシャゲに比べポケモンGOプレイする場所に対する影響も大きいです。特に平和公園の様に雰囲気大事にしている場所にとっては致命的な影響を与えかねません。

プレイする人が指折り数える程度であればそこまで問題いかもしれませんが、平和公園観光客修学旅行生など多くの人が訪れる場所です。ポケモンGOプレイする人達集団と呼べる人数になる可能性は十分にあります。そうなってしまうと平和公園ポケモンGOを楽しむ為の場所になってしまうのです。平和公園存在意義といってもいい祈りを捧げる場所としての雰囲気が全てぶちこわしになってしま可能性がある訳です。

「ふさわしくない」のはポケモンGOプレイする個人ではなくポケモンGOプレイする人達集団が巻き起こす現象が「ふさわしくない」のです。

それに危機感を持つの公園管理する市としては当然のことで、件の記事における発言もやはり全く問題ないと俺は思っています

2016-07-22

デブダイエット奮闘記-2

今日ラーメン美味しかった。

順調に体重も減りつつあり、今月の目標まであと1.5キロ。なんとか達成したいなぁ。

しかし思わぬ副産物症状が現れてびっくりしてる。

野菜は嫌いじゃないけど自分で作ってまで食べようなんて意識は皆無だったけど、変な因果サラダを1-2日に1回は食べるように。

ダイエットを始めたか継続してるけど、最初理由は粉ドレッシングトスサラ http://www.ajinomoto.co.jp/tosssala/about/ に出会ったこと。

見た事無くて、へー!こんなのあるんだー面白そう買ってみようと思って食べてみたら凄くおいしい…!

元々酸っぱい系ドレッシングが苦手で、マヨネーズっぽいものだけ食べれたけど、これならいける!

野菜チキン入れて、ゆでたまごも好きだから入れて、ガーリックチップも入れてみたい…うんぬんやってたら自分好みの美味しいサラダが出来上がってしまった。

ローカロリーから食べてるってよりも、おいしくて好きだから食べたいに変わってしまった。

デブ問題点ひとつは「食べたいものを食べたい」だと思う。野菜なんか、豆腐なんか、こんにゃくなんか味気なくて食べたくない…で拒絶反応がでる。

だったら食べたくなるようなもの入れればいいじゃんって話で、続ける為にはこういう創意工夫で好物に変えることも大事なんだな〜と思いました。

慣れるまでドレッシングじゃなくて焼肉のタレでもぶっかけるのもありじゃないかな。自分は今度は生ホタテ入れて京風ゆず味試そう。

で、そうそ副産物症状。

化粧しててあれ?って思ったけど、気になってた小じわが消えてる…。

ちりめん皺っていうのかな、仕事柄・生活習慣柄・加齢でこれは避けられない道と思って諦めてたのに、うっすらしわが浅くなってなくなってきてる。

うそマジで

ラ・プレリーはいかないけど、国内メーカーでは断トツ美肌効果に力を入れている化粧品使って幾年、じわじわ進行する状況にしょうがいか…って思ってたのにまさかの。

これは何が原因なんですかね?!

何かを始めるとき一新する気分でいろんなことを始めるので正直今回は原因がなんなのかわかってない。

摂り始めたのは野菜だけではないし、豆腐タンパク質?それとも逆にお菓子の類いの摂取量を減らしたからかな?

とにかくいい事尽くめって感じです。いやーほんと嬉しいなこれは。

ここからは汚い話。

から快眠快便体質だったけど、始める前より大の回数が減ってしまい…。なったことないけどこれが世に言う便秘か…と悩んだけど、考えた結果これはもしかして今までより食べる総量が減ったから回数も減ったのでは…?と。

入る量と出る量を考えたらそりゃそうか。安心した。

しかデブダイエットは大変だね。

自分を奮い立たせる為にそういう類いのブログ記事を読むようになったけど、ダイエットしたい!といいつつ、色んな提案されてもそれはできない・あれは無理みたいなの多い。

急激に変える必要はないし、かつ(ダイエットが済んだとしても)戻してもいけないんだから徐々に自分食生活を変えて行くしかないのに、豆腐は食べ応えない、ささみ毎日だと飽きそう、とか。

そのままの食生活でまずは間食をやめること、控える事からでいいと思う。米をいきなり断つんじゃなくて、2/3に減らすだけでもいい。

なんで徐々に慣らそうとしないのか不思議

で、その割に始めて2-3日で結果が現れ始めないと挫折ちゃうっていう…。

デブだと一日で1キロとか余裕だけど、軽い食事制限ではっきりとした効果!じゃないとへこたれてしまう心の弱さよ…。

あと思うに男性女性で向いてるダイエットって違うな〜とも思ってます

男性絶対運動!!筋トレ無酸素運動+有酸素運動!気を抜くとすぐ太っちゃう体質(香取慎吾さんとかそうでしたよね)出ない限り、男性は体動かすと割としゅるしゅると体引き締まっていって羨ましい。筋肉ついて、太めでもガタイよくてかっこよく見える。

女性ハード運動は向いてない方多そうな印象なので無酸素運動食事制限の併用が合ってるように思う。それで体が慣れて来て、落ちにくくなってきたらもっと色々ハードにしたらいいんじゃないかな。

自分に合った、あまりストレスにならないダイエット方法自分模索して見つける事が、デブ痩せる第一歩目ではないかと思います

2016-07-20

僕は嘘をつくことができない

周囲の人間は親兄弟含めて皆息を吐くように平気で嘘をつく。僕にはそれが全くできない。

「嘘をつく」その為には咄嗟に「真実と異なる話を作る」必要がある。僕にはそれが全くできない。

頭の回転が遅いから、とかでは無いと思う。実際の記憶矛盾している状況を脳内で想定してそれを

言葉にして吐き出そうとするプロセスにおいて「実際の記憶矛盾」の状況を思い浮かべただけで

自分脳内で激しい拒絶反応が生じる。それはまるで脳細胞悲鳴をあげるような錯覚にとらわれる。

もしかして脳の病気なのかもしれないと重い精密検査も受けたりしたが体には何の異常も無いという。

嘘がつけないおかげで不利益を被った事も1度や2度ではないけれども、出来る限り人と関わり合いに

ならないようにする事で何とか生活できている。

2016-06-29

SNS疲れで若手俳優オタやめた話

だいぶ前はてブ等で長年同人をやられてた方がTwitterをはじめとしたSNSに疲れ同人卒業したり距離を置いたり…という記事を何個か見ました。

自分同人ではないのですが、2.5次元界隈でTwitterがしんどくなり、専用アカ消したりしたなあ…ということを思い出しました。

何がしんどくなったのか最初に箇条書きすると、

①色々な人と繋がり、共通フォロワーさんが増えたことにより、Aというフォロー外だけど苦手な人が出来た。フォローされないようブロック自衛していたが、Aがアカウントを変えたタイミングフォローされ、無視してたら、ほんのりフォロバを促すようなリプが来てしまった。(これが大きな理由)

②2.5次元2次元界隈でよく見られるゆるふあアイコン拒絶反応

金銭感覚の違い

イベントに行ける、行けない地方格差

自分フォローしている人達犬猿の仲になってしまった

引用RT空リプなどでの身内での変な馴れ合いに寒気

とかですかね…。

これらは未成年若いフォロワーさんに多かったように思えます

自分アニメ漫画といった作品に対しての熱は冷めにくいのですが、俳優声優さんアーティストさんといった人に対しての熱は元々熱しやすく冷めやすタイプでした。ところが、あるきっかけでとある俳優さんのことが気になりだし、気づけばめちゃくちゃブロマイド買っていたり、自分人生史上最大の沼に陥ったのです。こんなにハマった人始めてだしこんなハマり方したのも始めてだったのです。

そこで調子に乗った私は自分以外にもこの俳優さんのことが好きな人と知り合いになりたい!現場出合い厨とかしてみてぇー!と思って勢い余ってよくある繋がりたいタグでたくさんの方々と繋がりました。(といってもフォローは2桁でしたけどね!ちゃんと自分で見極めてフォローしたはずなんだけどね!)

最初はとても楽しかったです。毎日幸せハッピーって感じでした。推しに囲まれ生活最高ー!ってなりました。

でもこの頃から自分性格上②みたいなアイコンの人はあまりフォローしなかったしプロフもゆるふあ〜な感じの人はブロックしてたかな。

(ていうかぶっちゃけた話、ああいうゆるふあアイコンってどこが良いんですかね…はっきり言って痛いしダサいセンスない。本当にコラージュ上手くなりたいならそこらへんのアプリじゃなくてフォトショ使えば?写真の切り抜きとか透過とかスマホアプリよりフォトショGIMPのようなパソコンソフトのほうが優秀だと思うんですけどね。小さい画面で操作するのイライラしません?成人してもあんなのやってる人とかみると大丈夫?て思ってしまう…)



ところが、自分フォローをしている人達が段々と相互フォローで繋がっていき、⑥のように身内のノリみたいな変な馴れ合いが増えてきた頃から、少しずつ、居心地が悪くなっていきました。

元々「構ってちゃんタグ」とか「私のこと好きな人ふぁぼ」とかいうの好きじゃありませんでした。この頃からリプをURL引用したりする人とか出始めて、「なんで@でリプしないの?面倒臭すぎない?あんたと私の知らない人との会話とか興味ないし他所でやってくれ」って思ったり。あと内容のない薄っぺらいリプ合戦とかね。素で「〇〇好きあいちてる❤️」「私もやで❤️」みたいなリプ送りあってる人達よりも、「うんこ黙れ」みたいなリプ送りあってる人達の方が絆が強い気がします。(あくまでも個人の見解です)

また、③で前述した通り、どの界隈にもいると思うのですが、お金をたくさん使うのにお金にだらしない方はあまり良い印象を抱きません。

別に現場全通したりグッズをたくさん集める人全員嫌いという訳ではありません。が、現場行き過ぎたせいで、次のイベント代のお金を親から借りたりするのはどうなの…って思いました。このような発言をしている相互さんを見かけてかなり引きましたしそこからこの人のこと好きじゃなくなりました。趣味お金自分お金で遣り繰りしろよな。


④も2次元、2.5次元界隈ではあるあるではないのでしょうか。イベントってたいがい東京なんですよね。時々関西も少しあって、たまに福岡名古屋とか。アニメイベントだとほぼ首都圏ですね。当たり前ですけど、東京に住んでいる方はイベントに行きやすいですよね。

それに対し地方に住んでいる人は、チケット代以外にも交通費宿泊費もかかって、イベントが終わる時間曖昧だとドギマギしますよね。イベ終わりどうしよう、新幹線飛行機乗れるかな、いや一泊しようかな、夜行バス間に合うかな、最終じゃないと無理かな。とか。財布との戦いでもありますよね。公式よりも交通機関のほうにたくさん貢いでる…?!と気づいて絶望したり。TL見てるとイベントに行きまくる関東組とお留守番地方組とで闇を感じたりしました。

…え?関東に引っ越せばいいじゃんかよって?それが出来たら悩まねえよ!!東京家賃高すぎ!!いや家賃だけじゃなくていろんなもん高すぎ!!


このような事からだんだんTLを追わなくなっていき、裏垢に引きこもりがちになりました。

そしてある日、私は推しの動画付きツイートRTしたのですが、そのツイート主こそが前述したAでした。

私がリツイートした後「RTありがとうございました、もし良ければ相互になりませんか?」という内容のリプが来たのです。突然のことにびっくりした私は、そのままスルーしたのですが、②のようなゆるふあアイコン、そしてその人のツイート雰囲気が苦手で無理で…。

共通フォロワーさんが多かったのでいつかフォローされないように先に自分からブロックしました。


そして、数日後、Aがアカウントを移行した時にフォローされてしまいました。どうやらリプから察するに、少し前から私の事が気になっていたみたいです。フォローされた時はうわ、しまった…と大きなショックを受けたのを覚えていますプロフィール欄も詳しく書かれていなかったため、フォロー返すのやめよう、無視しよう、気づいていないフリをしようと思ったのです。実際それで昔自分が苦手なタイプの人からフォローきても何人かやり過ごしてたし。


ところがそのまた数日後にAからすみません!!!フォローさせて頂いたのですけど!!!」みたいな内容のリプが来てもう恐怖しかありませんでした。ツイート一字一句覚えてませんけど!が異常に多かったのを覚えています


今思えば普通にブロックしちゃえば良かったのにと思うのですが、その頃の私は共通フォロワーさんにAをブロックしたことをAに言いふらされでもしたら面倒なことになりそう…と変な考えを起こし、フォロバ後速攻ミューしました。

これあるあるだと思いませんか。共通フォロワー多すぎる苦手な人にフォローされてブロックしづらいの。

え、ないって?それはすまん。

色んなことが重なって重なって、もう大好きだったこのアカウントやTLが嫌になって、フォローしてる人も嫌になって、気づけばこの俳優さんを好きな気持ちも少し薄れていることに気がつきました。今までと同じポテンシャルでその方を応援できなくなってしまって、すごく残念な気持ちになりました。そしてフォローしてる一部の人に失礼な言動をして傷つけてしまった…。もうこれは本当に申し訳ないと思っているし、人間疲れが重なると言動が酷くなるんだなって痛感しました。

自分と同じ俳優さんが好きな人と繋がって想いを共有したいと思ったのに繋がった人が嫌いになってその俳優さんへの熱も薄れるなんて本末転倒じゃねえか!!くそ!!なんかとても悔しい。なんでこんなことで好きなものが離れちゃうんだろう。


その後私と同じような悩みを抱えていた付き合いの長いフォロワーさんと傷の舐め合いをしたり、やばいそれウケるめっちゃネタに出来るじゃんと励まされたり(?)したのは良い思い出。

この一連の流れから私が学んだことは、

Twitterで誰かをフォローする時はとにかく慎重に!石橋を叩きすぎることはない!

・なるべく年が近い人をフォローする!

(年が離れすぎてると価値観金銭感覚が明らかに変わるので)

共通フォロワーが増えすぎるのは危険複数人とのリプは楽しいがその分リスクを背負うことになる

……てところですかね。

結局今でもTwitterで長い付き合いがあるのは2.5次元にハマる前に繋がった2次元界隈の人ばかりです。

皆様も、TwitterSNSで少しでも疲れたなと思う時は早めに手を打たないと大変なことになりますのでお気をつけ下さい。


ちなみに⑤は、嫌になった方のフォローを整理して大丈夫な方だけ相互を続けていたらこんな感じの状態になってた。相互フォロー関係がいつの間にかなくなって、片方がアカウントを変えて悪口言ってた。これもあるあるじゃなかろうか…


あっちなみにAに前垢ブロックしてたのバレてたみたいです。もう最近ツイッタラー怖い。

※こいつ誰が好きだったんだろうみたいな詮索は呉々もお控え下さいませ。

2016-05-07

Fラン編集者はすぐにダメになる(一部追記)

タイトルFラン編集者とは、私のこと。

学歴関係ないという人もいるけれど、そこそこの大学に行く努力ができる資質段取り力がないと続けれられない仕事だったりします。

異業種を何社か経験してから、中堅の出版社編集者という職業に1年ほどが経つ。

編集者という仕事が、とても向いてない職業だということに気づいて、体が拒絶反応を起こし始める。

朝起きれず、過呼吸をおこす。

撮影もあるし、人や物の手配、テープ起こし、打ち合わせ、ラフを書く…etc

電車に乗るのがやっと。壊したお腹はなおらない。

全部中途半端状態。朝から晩まで仕事

月刊誌でこの有様で、とても1日12~14時間労働を続けるなんてできない。

もう会社にいかず、進行中の企画もすべて放り投げて消えてしまいたい。

大学在学中に、自分スペック以上にアルバイト仕事サークル活動を続けて

3年の前期が終わるころに、ベッドから起き上がれなくなったことがある。

それから半年ぐらいケータイもいじらず、PCにも触れずひたすら横になって

最低限の水と食べ物を食べていた時期がある。

翌年の3月ごろに、「あーこのままじゃダメだ」と思い、少しずつ部屋を片付けて

怖いけれど徐々に外に出て人に慣れるようにした。

4月には内々定をもらっている同級生を横目に、就活をはじめだす。

自分の欲求がなんなのかわからず、白い紙にひたすら思ったことを書き出す。

休みが欲しい」「遊ぶ時間が欲しい」…ひたすらラクになりたいことしかかけなかった。

もう、ダメなんだなと実感する。

校正もなにもしていない、めちゃくちゃな文章から

私の編集者としてのスキルがないことを感じていただけるだろう。

この仕事はやくやめて、逃げて、ゆっくりしたい。

2016-05-05

自分には「嫌い」という感情が無い

自分には「嫌い」という感情が無い。初対面の相手自己紹介する際には必ずこの事を伝えるようにしている。大抵の相手は「えー?そうなの?」「ふーん」「変わってるね(笑)」みたいな反応で、それ以上深く詮索する事にも興味ない感じでその場は終わる場合殆どなのだが、時々というか、まれに強烈な何というか「激しい拒絶反応」をしてくる人がいる。ある人はいきなり激しい声で罵倒してきたり、ある人はいきなり殴り掛かってきたりする。その人をそうさせるのは一体何なのかに思考を巡らし、私はいつも悲しい気持ちでいっぱいになる。

2016-04-29

互助会について

目立ちたいなら目立ってもいいけど、ちゃんとツッコませろよ、俺達のおもちゃになれよ。

これが多くのブクマカの本音

互助会と呼ばれる奴らは、はっきり違う点がある。

身内以外からツッコミにすごい露骨拒絶反応を示す所だ。

はっきり言うとだな、実力のあるなしはあんまり関係ない。実力がない奴が目立つのは昔からよくある。

互助行為をしてることとか、それによってブクマ汚染をしてることについてはそれほど問題じゃない。

この点で比較するなら、確かに古参のやつらだって互助会と言えるからな。

今日シロクマなんて僕はおおきなおっぱいが苦手ですだけで100ブクマだぜ。記事面白さはそんなに重要じゃないんだよ。

しろまら記事でもブコメによって面白くなることがあるのがはてブのいいところだからな。

そういうのはいいんだよ。 もともとそこ問題にしてねえっつー。

みんな本当の問題ごまかしてるからアスペの集まりであるはてなウォッチスレ人間がギャーギャー喚くことになる。

本当に問題なのはおもちゃになることを拒否ってるところ。

わざわざ出てきて突っ込みマチとしか思えない記事書いてるのに、なんでお前らツッコまれたらびっくりしたような顔をしたりあげく被害者面するのかという点。

これがどうにも気に入らんのだよね。

他の人かどうかはしらんけど、違法でもないんだから互助行為するなとは言わんよ。

でもさ、目立つことすんなっていってるたくて目立ちたいことしてんだから、どういう反応がくるかくらいは考えろよ。

ツマラン記事書いたらつまらんってツッコまれるのくらいは覚悟して欲しいしさ。

間違ったこと言ってたら批判されるのは当たり前だしさ。

ついでにいうと、ホッテントリってのはブックマーカーおもちゃになることと引き換えに注目を集めてくれるサービスからな。

そのくらいわかってやってくれよってことなんだよ。

はてなルール知らなかった。でもはてなルールって自分の思ってたのと違う。おかしいとか

人を批判するのはよくない肯定し合おうよとか、そういう自分ルールを喚いたりとか。

そういうのほんといいですから。やめて。

お前らが体験したのは球技ルールも知らず、ろくに練習もしてないからヘボプレイしまくってたまたまその様子を大勢の人に見られて笑われてるだけだから

はてなおかしいわけでもないし、お前らがおかしいわけでもなくて、実力がないおまえらが目立ったことの当然の帰結から

てへぺろってやって次からがんばりゃいいの。

そこでいちいち言い訳とか正当化かいらないの。

わかる?

古参のやつらだって互助会だろうがっていうやつはこれが全然分かってないわけな。

別にどんなつまら記事で目立っても構わんの。

でも、いざホッテントリになったら好き勝手言われるのくらい覚悟しろって。

好き勝手言われたくなかったら、もっと記事の書き方工夫しろって。

そういう発想や努力ができないくせに、目立ちたい目立ちたい批判されたくないって幼児みたいなわがまま言ってるからバカにされるの。

フミコフミオ最近まではあんまり叩かれてなかったけどしっきーと揉めた時にあれこれ言い訳たからすごい株下がっただろ?

そんなわけで古参とか新参とか関係ねえから

褒め言葉しか受け入れられねえ奴とか、ツッコミが入った時にどういう態度を取るかで見てるから

お前らはいい加減もうちょっとメンタル鍛えろやボケ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん