「目からウロコ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 目からウロコとは

2018-07-15

anond:20180715183406

元増田です

つのまにかブクマが付いていて、そのコメントちょっと目からウロコというか、そういう回答を待っていたといった感じだったのでここに引用しま

家族がいないとな、家族が出てくる創作物を買いあさって心の空白を埋めるのにたくさんお金を使わないと気が狂いそうなんだよ。

aukusoeさん、ありがとうございます

2018-06-22

anond:20180622010419

知ってるとちょっと便利的な話を図解した画像ツイがまとめられてたことあるんだが

「これお金取れる情報ですよ!ただでタダで公開しちゃっていいんですか!?」的なコメついてて目からウロコ

こうやってタダで情報共有して来たから絵界隈は異常にレベル上がったんだなあとも思った

2018-06-16

anond:20180616191813

目からウロコだわこれ

障害が発覚する年齢で子供捨てられたら良かったのにって言ってる親は見たことあるが、

自分から入るって選択肢もあるのか

かに年齢制限撤廃した方がいいな

人生の万策尽きて、しか刑務所入るために犯罪やるのは忍びない、そして自殺まではしたくない人

そういう人は自らゆりかご入れるようにすべき

2018-05-23

多分お互いに良い面しか見てない

どっかで見た漫画(多分Twitter)で目からウロコが落ちた。ネット上で喧嘩してる人たちは、実は自分の身近な人を叩いてるって感じの内容。

例えば、専業主婦が楽だって叩いてる人の奥さんは本当にダラで、夫に不満持ってる主婦主婦は本当にクズだったとする。このふたりネット上で会ったらそりゃ喧嘩するよねってこと。

最近、男女の働き方だとか女性専用車両だとか問題になってるけど、その根本はこれに似てるんじゃないかと思う。女性男性のいい面しか見てない。例えば給料とか家事を求められないところを見てる。多分女性には分からない点、仕事プレッシャーだとか、ノリだとか大変な事はあんまり見てない。

逆に男性女性の大変さとか女性ならではのプレッシャーとかは分かんないんじゃないかな。想像しかないけど。

まり社会全体が隣の芝生は青い現象に陥ってると思う。その原因は今現在自分のあり方に納得してないからだと思う。男性権利の一部でも手に入れたら幸せになれる、女性権利の一部でも手に入れたら幸せなれるってどっかで思ってる気がする。それが男女間の対立になってるんじゃないかな。

年金だとか世代間の対立も確かにあるんだけど、そっちは正直諦めてる感が漂ってる。

結論として言いたい事は、もっとお互いのことを知る、大変なことも知る。私だけかもしれないけど、女性あんまり男性の大変なところを知らないと思う。男性もなんていうか、大変なことをあんまり発信してない。

今まで感情を出さないようにだとか人前で泣かないだとか言われてきたかもしれないけど、もっとオープンにして欲しいし、知りたいです。女性から男性へのセクハラとか、どんな事言われたら嫌なのかとかも発信して欲しい。

2018-05-22

今日多々良川

晴れ

水位低い

暑い

アオサギ

橋の下近くにいた

足立ちで立ち止まって、もう片方の足でアゴの下をかいていた

足立ちといえばフラミンゴイメージあるけどそりゃ他の鳥もやるよな

なんとなく目からウロコだった

甲羅干しの亀9

人気ブロックの上、∴の形で2匹の上に1匹がのっかってた

先にいる亀の上にのっかってる亀をよく見かけるけど、

下の亀は亀ができてるなあと思う

振り落とすくらいしてもよさそうなのに

2018-04-28

anond:20180428105734

なるほど

目からウロコです

わたしのやりたいことは

自分で決めた目標に対して

やりたくないなぁと思いつつも

やりきって自信をつけたいんです

人に頼まれるとそれが達成できないので

求める答えとは少し異なります

アドバイスありがとうございます

2018-04-18

投稿

自分ツイッターフォロワー30人前後の鍵アカウントでただひたすらに虚空へ向かって己の思考を投げ続けるという根暗趣味があるのですが……

そういうジャブって、ここみたいなところでやったほうが良いんじゃない? と常々思っていたので、

思い切ってアカウントを作ってみました。新しいことを始めるには丁度いい季節だし。

ツイッターって、フォロワーとの人間関係がある以上、

どうにもなんだかんだ気を使うし、貰える意見同意意見ばかりだし、なんだかつまんないんですよね……

別に喧嘩がしたいとかそういうわけではなく、自分自身思うままに言いたいし、逆に思うままに言われたい。

持論として、すべての事象には良い側面と悪い側面が必ず存在していて、

ある立場から見れば正解でも別の立場から見れば不正解、どんなもの正義であると同時に悪である

森羅万象かならずそうなっていると思っています

そうは思っていても、なんだかんだ自分にとってこれが正しいと感じるものがある。

そういうものって自分では正しいと思っているから、どうしても好意的に見てしまうというか。

から自分ではうまく気付けない違う側面を気付かせてもらえる意見が欲しいんですよね。

逆に自分にとって「これは間違っている、悪だ」と感じるものにも、

必ず良い側面、正義となる側面は存在しているはずなんです。それでも批判的に見てしまう。

自分にとってメリットよりも圧倒的にデメリットが上回るから悪いものだと感じるんでしょうかね。

ともあれ、そんな感じの持論があるので物事には出来る限り中立立場でありたいです。

極端な思想に染まってしまっているようなときに、なんかどっかの誰かがいい感じにビシッと言ってくれて目からウロコが落ちたりしたいな〜。

そんな思惑で始めてみました。続くかどうかはわかりませんけど。

ふつつかものですが、どうぞお手柔らかによろしくお願いしますね。

2018-03-28

anond:20180328002527

煽られてるのかなとも思ったんだけど割と目からウロコ。そういう返し方もあるんだね。ありがとう今度言われたらそう答えてみる。

2018-03-10

anond:20180310215353

ありがとう。参考になる。

相手のいいように踊らされてたんやな。

ゲーム理論の本、早速注文した。

後、ガンジーのやり方も目からウロコだった。

混乱してて、動揺しまくってた。

それがわかっただけでも、安心した。

冷静に、やってみます

怖いとか、訳分からんかい気持ちが少しずつなくなる様、自分でも色々調べてみる。

2018-02-26

高齢化社会話題テレビで出ると老人は責められてると感じる

って話をこのまえ定年間近の人から聞いた

自分にはその視点がまったくなかったか目からウロコだったけど

改めて考えてみたら「お前らが原因の問題で〜」

って言われてるのと同じだなとは思った


痴漢女性専用車両も同じで

この話題になると男も女も自分が責められてるって感じて

まともな思考できる人が一気に減るんだろうな

2018-02-12

男だけど整形したら人生変わった

超絶分厚いまぶたの奥二重を埋没法でぱっちり二重にしてもらった。いわゆるプチ整形ってやつ。

2番目に安いやつでお願いしたから料金は両目で5万円いかないぐらい。

本当に分厚いまぶたがずっとコンプレックスだったし実際自分の目なんて誰も気にしてないだろうって思ってたから、自己満でいいからやっとくかぐらいの気持ち施術に至った。

周囲の反応も自分が思うほど別に変わらないんだろうなーぐらいに思ってたんだけど、正直人間不信になりそうなぐらい反応良くなってびっくりしてる。

まず人が自分に興味を持ってくれるようになった。

社交的じゃないし趣味も1人でやるようなものばかりで基本ぼっちになるタイプなのだけど、自分から何もしなくても人が話しかけてくるようになった。男女関係なく。

あとは女性にすごいモテるようになった。向こうからしかけてくるレベルで。

自分短所だと思っているところも全部良い方に受け取ってくれて

喜怒哀楽表現できない→「落ち着いてて大人

人と話すのが苦手→「ミステリアス」「優しそう」

黙っていることが多い→「色気がある」

ってふうに、今までの人生経験したことないぐらい女性に褒められるようになった。

告白される機会もたくさん増えた。

なぜか心が綺麗って言われることも多くなった。

「心が綺麗な人しかしない目をしてる」なんて言われた時は随分あてにならない評価だなぁって思ったけど。笑

目が好きとか綺麗な目って言われる時は少しだけ罪悪感を感じるけど、整形して良かったと思う。

男女問わず基本的に人が自分に優しくしてくれるようになって、世界が優しいものになった。特に女性ってこんなに優しいんだなぁって驚いた。

とりあえずニコニコしてハキハキ返事をしておけば人に良い印象を与えられるというのも目からウロコだった。前は絶対そんなことなかったのに。

ちょっと目の印象が変わるだけでこんなにも生活やすくなるなんて、思っていた以上で本当にびっくり。

5万円もしないぐらいでこんなに効果を得られるのってすごいコスパだと思うし、自分容姿が原因で人間関係に悩みがある人は目の印象変えてみるのおすすめ

2018-02-04

職場の脚立

今までの職場には脚立がなかった。周囲は背の高い人ばかりで、しかも「自力でやれ」の一点張り。今にして思えば「パワハラ」ではないかと思う。しかし、二度もそんな職場だと、だんだん背を伸ばす努力をしなかった私が悪い」と思うようになる。情けないと思う日々が続いた。どうにか職場円満退職してしばらくして別の仕事に決まった。

新たな職場で私は衝撃を受けた。なんと新たな職場には「脚立」があるのだ!!!しか職場の人たちは手助けしてくれるときている。しかし、ずっと「1人でやれ」「頼るな」「自力でやれ」が当たり前の職場だったために私は喜ぶどころか戸惑うことしかできなかった。

帰宅後、しっかりした会社就職が決まったことへの実感が芽生え、私はまず家族に「職場に脚立があった」ことを嬉々として報告した。しか家族の反応は当時の私の予想を裏切るものだった。

「え?前の職場は?」

家族の戸惑う顔に私は却って戸惑う。

「え?なかったよ?」

家族は口を開けるばかりだった。私は家族質問され詳細を話すと「それはパワハラではないか?」と家族全員から言われた。私は目からウロコが落ちた。脚立がないのは当たり前だと思っていた。そして自分思春期に背を伸ばさなかった努力不足だと。

最後

経営者の皆さんへ。どうしてもスペースが足りず、高いところに備品を置かざるを得ない時があると思いますしかし、背が低い方にとっては予想以上に不便です。ゴムゴムの実でもない限り、届かない時もあります。苦しんでいるところを「自力でやれ」なんて言ってたらバックレられても文句は言えないかもしれないです……。なので脚立があると働く方のバックレ率が減るかもしれません。

2018-01-31

anond:20180131130450

「ほぇ〜、目からウロコだわ」

『?!!お前…!!ついに目が…!!』

「そうかぁ…これがおまえの顔かぁ…」

[]目からウロコ

キリスト奇跡により盲目の男の目が見えるようになったという、

新約聖書使徒行伝』第九章の

直ちに彼の目より鱗のごときもの落ちて見ることを得」

からまれ言葉である

本来は、誤りを悟りいから覚める意味で使われていた。

目から鱗が落ちる - 語源由来辞典

宗教色なんてまったくしない・むしろ日本語っぽいのに実は違うという、なんか不思議慣用句

2018-01-17

anond:20180116130219

詳しい人です。コピーライターと日々仕事してます。私はコピーライターではないです。

ムカつくという気持ちは半分わかりますコピーライターの中には、自分の主張を強く持っている人が多いので、そういう人が鼻につくというのはあるでしょう。また、芸術家ワナビーぽい動機から初めた人もいるので、そういう態度も鼻につくでしょう。コピーライターとしての能力関係くそういう人はいます

なおコピーライター仕事が世の目に触れるのは、作ったコピーひとつであることから、こんなの自分でもできそうというのもあると思いますロゴデザインにも似た構造があります

これについては2つポイントがあります

ひとつは、当たり前に感じられるくらい自然に、ひとつコピーロゴ意図を伝えられたならそれは凄い仕事であるということです。企業側の伝えたいことというのは、依頼が来た時点では整理されておらず、客観性に欠け、論理的な抜け漏れも多いからです。

それを受け止めて、何をどう書くべきかを設計するのがコピーライターロゴデザイナー仕事です。彼らと打ちあわせるとわかりますが、アタマがいい!という印象です。難解な言葉専門用語を使わず受け手視点から整理をしていきますコピーライターデザイナーも、感覚的な仕事に見えます大御所ほど論理的です。たとえるなら仙人のような印象です。

その長くて難しい作業を終えた後、ようやくコピーロゴの案を作ります。ここは一般的想像されるような作業ですが、量が違うのが特徴です。

私も試みにやらせてもらったことがありますが、数日で出せるのは50個くらいが限度。しかもいうべきことを言えていないとか、案がカブってるとか、コピー風の無意味文言が混じります。一方コピーライターからは3桁の案数が出てきます。もちろんひとつひとつ採用できるレベル品質です。自分には無理だと感じました。

コピーひとついくら、というのは上記作業全てを含んでいます大御所ほど、社長へのプレゼンや難題の処理にあたるので、他の人にできない事も多いです。社長に対して、御社の強みはこうだと言われてますが、実はこうなのではないですか、など提案して目からウロコを落としたりします。

他の全ての仕事と同じく、いい結果になることもそうでないこともありますが、1つとして同じお題がないなかで一定以上のレベルを出し続けるのは、ラクではないはずですよ。

まぁ、でも個人的にはムカつきますが。偉そうな奴多いよな。

2018-01-14

終電を逃すとセックスできる論

男の人と二人きりで食事に行って、「もっと話したいから二軒目行こうよ」と誘われたら何も考えずいいよーと行っていた。

1時半ぐらいに眠くなってきて解散→それぞれタクシーの流れなんだけど、そうなると次の食事の誘いがなかったりする。

常々それが不思議で、二軒目で毎回なんかやらかしてんのかと思ったが心当たりがない。

それを男友達相談したら、「終電逃してるのに何もなく解散してるから」と言われた。

目からウロコだった。

終電逃す→今夜いけるかも

と男の人は思うのだとのこと。

マジで?マジなの?終電がないならタクシーに乗ればいいじゃない!都心部に住んでるのは予め伝えてあるからタクシーで帰れるのも承知の上で二軒目誘ってるのかと思ってた。

終電貞操帯みたいなものなのか。カルチャーショックだ。

2018-01-02

去年最後目からウロコ案件

休日出勤の際、昼食に必ずカップ麺おにぎり(三個入りのやつ)の組み合わせで食べる人がいた

なぜ必ずおにぎりをつけるのか、以前から気になっていたので理由を訊いてみた。

「俺は仕事場の机で食うインスタントラーメン休日出勤の一番の楽しみなんだ。社員食堂は安いし味も悪くないが、たまには健康に悪そうなくらいのものも食いたいからな」

はい

「だからラーメンスープも飲み干したい。それに流しに捨てるのは環境にもよろしくないと聞く」

「確かに

しかしなるべく早く食べ終わりたい。そして仕事をさっさと済ませて帰りたい。でもラーメンスープは熱い。どうする?」

「どうしましょう」

「そこで冷たいおにぎりだ。これを頬張りながらなら、麺やスープを急いでかきこんでもおにぎりが瞬時に適度に冷ましてくれる」

「…ああ!」

こんな単純な理由だったとは。

2017-12-26

まれて初めて「下着専門店」でブラジャーを購入した

大学生の頃、友人と服を買いに行った際、

「そういえば最近ブラのサイズ変わった感じするんだよね〜ついでに測っていってもいい?」

と2人で「下着専門店」に入ったことがある。

その当時、私は自分適当に測ったサイズCカップを着用していた。

Cカップ」といえば、まぁありふれたサイズなので、そういった専門店にお世話になることもなく、衣料品店で気に入ったデザインで手頃な値段のものを購入していた。

だが、その頃からデザインは気に入ってるのに、どうしてもカップに胸が乗ってしまったり、胸の下にワイヤーが食い込んだりしていた。

しかしその当時の私は

ブラジャーなんてそんなもんだよね』

と軽く考えていて、ブラジャーお金をかけることはしていなかった。

そして、前述の友人は見るから巨乳なので、衣料品店では売っていないサイズであるし、専門店で買わないといけないんだろうな…と「哀れ」に思っていた。

そんなこんなでその時「Cカップ」だと思っていた私は、自分の正しいサイズを知ろうとせず、可愛いランジェリーを選んでいる友人を横目に見ていたのだった。





それから数年後。

社会人になった私は、1つの事態に直面していた。

学生時代に身につけていたブラジャーが明らかに合わないのだ。

社会人になってからブラトップの楽さに目覚めてほとんどブラジャーをしていなかったのだが、久々に付けてみるとカップに胸が乗り、あたかも胸が4つあるように見えて見苦しい。

かにここ最近、歩くことも少なくなり、不規則生活で太ったこともあるが、それにしても…

その時、脳裏にふと浮かんだのが大学生時代あの日出来事だ。

『そうだ、私今までお店でサイズを測ったことがないぞ』

あの頃と違って、今は社会人。金はある。

思い立ったが吉日と言わんばかりに私はその次の日には「下着屋」に足を運んだ。



初めて足を踏み入れた下着屋さんは、下着以外も扱っているところだった。

最初から専門店に足を運ぶ勇気はなかったのだった。

だけど、そのお店はよく別なものを購入していることもあって気軽に入れたのだ。

それにしても、ブラジャーを選ぶというのはなぜか気恥ずかしい。

とりあえず、パッと目に入った自分の気にいるデザインで、今よりワンサイズ大きいDカップのものを手に取り

「あの…試着したくて…ついでにサイズも測っていただけませんか?」

と近くにいた店員さんに声をかけた。

すぐに試着室に入れてもらい、思っていたよりも簡単に試着&サイズ測定に漕ぎ着けたのだが、測定してもらうと衝撃の事実が発覚する。

お客様普段Cカップっておっしゃられてましたよね?」

「そうです、それできつくなってきたのでDカップに…」

お客様Eカップはありますよ」

その言葉に思わずびっくりしてしまった。

だって、どう見ても素肌で見るとCカップでも偽装しか見えないくらいのサイズしかないように見えるからだ。

すぐに店員さんが持ってきてくれた「Eカップ」のブラジャーを着けてみる。

…苦しくない。

胸もカップに乗らない。

何よりシルエットがスッキリして見える。

正直な話、初めてブラジャーを着けた頃から抱えていた悩みだった。

それが一瞬で消えたことに再び驚いた。

こんなに簡単なら、なんで最初からお店で測って購入しなかったんだろう…とブラジャーを着け始めてからの十数年間を後悔しつつ、その日新しいサイズブラジャーを購入して帰宅した。




その日以来、肩こりまで改善され始めて、ブラジャーの偉大さを感じてきた頃、冬のボーナスが入った。

ボーナスの使い道を考えた時に、ふと思ったことがあった。

「下着専門店で測っても同じサイズなんだろうか」

私が行った下着屋さんは、あくま衣料品も売っている店で「専門店」ではない。

せっかくボーナスも入ったわけだし、一着くらいいいブラジャーを購入してもいいだろう…と軽い考えで、近所のショッピングモールの「ワコール」に足を運んだ。

さすが専門店というだけあって、デザインも様々ある。

着け心地の違うものもたくさんあって迷うが、「軽い着け心地」と書いてあるブラジャーを手に取り、試着とサイズ測定をお願いした。

すると、またまさかの展開が起きた。

「あら、お客様Fカップですよ」

たった数週間でCカップからFカップに3段階アップしてしまった。

そして、おそらく前述の下着屋の店員さんの腕も悪かったわけではなく、ここ何年かブラトップで楽を覚えていた胸がようやく整ってきて本来のカップに戻ったのだと思う。

それにしても、見た目のサイズというのは当てにならないものだ。

さすがにFカップという単語におののいてしまったが、身につけてみると現在Eカップのものよりさらに楽で、なおかつスッキリする。

そして、専門店というだけあって

「胸がドンとしてしまって、身体が全体的にゴツく見えるんですよね〜」

と話すとすぐにその悩みを解決できるものを取り揃えていただけた。

「何これ、私本当に今までの人生損してたんじゃないの…??」

と思うくらい、衝撃的で目からウロコ体験だった。

結局、予算より少し高くなってしまったものの、気に入ったデザインで「自分にピッタリと合う」ブラジャーにやっと出会えたのだった。


見た目だけで

「そんなにサイズあるわけない」

と思っている人がいたら、ぜひとも下着専門店に足を運んでほしい。

ブランドは問わないし(思わずその足で別なブランドにも行ったが、結果サイズは同じだったので…)、いきなり高いお店に行かなくても、正しいサイズを知ることで肩こりやアンダーの苦しさから簡単解放されるこの感動をぜひ味わってほしい一心でこのブログを書いている。

ただ1つ…今回正しいサイズを知ったことで失ったものもある。

それは気軽に、好きなデザインのものを買えなくなったことだ。

サイズが上がれば上がるほど、デザインは限られてしまい、なおかつ布とレースの量のせいだろうか…価格もA〜Dと比べると跳ね上がる。

だけど、本当の楽さを知ってしまった今ではデザインよりもサイズを優先することにする。

2017-12-24

破壊消火

目からウロコ

自作自演って自画自賛王道だと思ってたけどその逆もありと。

炎上した建物破壊して延焼を防ぎ、消火するのと似てますねw

2017-11-04

ドキュメント72時間面白い

NHK放送しているドキュメント72時間という番組面白い取材班がどこかの街に現れ街の様子を72時間監視する番組だが、どういうわけか毎回寂しい人たちが登場する。私は自分けが孤独で他の人たちは良い仕事に就き友人や恋人と楽しくやっていると思っていたがそういう人は少数派らしい。皆誰かとゆるいつながりを持ち寂しいもの同士で支え合って生きている様子が印象的だ。その姿は私にとって目からウロコだった。寂しさはこうやって癒せばよいのだと勉強になった。私は今まで自分人生に多くのことを期待しすぎていたのかもしれない。これから残りの人生をどう生きるか改めて考えようと思う。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん