「四つ葉のクローバー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 四つ葉のクローバーとは

2018-04-09

anond:20180409184016

若い頃って自分にないものを求めていろいろと悩んだり苦労したりするけれど、30代後半のおっさんになって、「無いものは無いんだからしょうがないよ。無いものは付け足せば良いんだよ。ほら、可愛い四つ葉のクローバー完成♪私はこっちの方が好き!」って感じで、自分になくても、得意な人と組めばいいという発想になってきた。得意なことをある程度追求して、それからそれを苦手な分野に応用したり、得意な人と組む時の武器に使ったりすればいいんじゃない?大多数の人の前で話せても、増田が文才を失えば、あんた、ただの人だよ。

まあ、元増田は「ザ・コンサルタント」の映画でも見てこい。

2017-10-16

もう16歳、まだ16歳

この間を揺れ動いている

酒も煙草もやった 男とも女ともやった でも鬼ごっこしてても楽しい 折り紙するのも好き 四つ葉のクローバー探すのも

2017-10-04

ゲイの癖に四つ葉のクローバー探してんじゃねえぞ!

と怒鳴られた

理不尽にもほどがある

2017-08-21

特殊能力

冴えない凡人だけど、四つ葉のクローバーを見つける事がめっちゃ得意

歩いてたり自転車ゆっくり走らせてる時に草むらを見ていても、ん?と思って戻ったら四つ葉見つけたり

幼少の時に見つけては親や祖母にあげて、本に閉じてもらったりしてたけど、一度に何十も渡し続けると「ありがたみがない」と捨てられてた

コツはない。声が聞こえるとか光って見えるとかはない。三つ葉の群の中に違うのがあるから違和感覚えるだけ

ウォーリーを探せ間違い探しばそれほど得意ではない

覚えているのが八つ葉?四つ葉がくっついたようなヤツ

都会に出てそもそも三つ葉自体見なくなったから今でも見つけ出せるかは分からない

しかも何の役にも立たないんだよなぁ

2016-04-16

情報ジャンキーから見た互助会問題

情報ジャンキー立場から、あの互助会問題を語ろうではないか。

キュレーター」と名乗ると、こそばゆいんだが、おそらく私はキュレーターであるはてなブックマーク自体は9年ちょい使っている。この前10周年だった事を考えると、はてブが始まって1年半くらいから始めたユーザという事になる。古参だなぁ、いやはや年取ったわ。

そして私は情報ジャンキーだ。暇を見つけて、いや無理にでも暇を作って、ブクマブクマブクマたまにコメントFeedlyDiggInoReaderを常用してて、1日に読むフィード数はたぶん4000を越えてる。というか、数えた事がない、数え切れなくて。情報を心地よく読む為だけに、ディスプレイは6枚つかってる。

 

でだ。互助会。あれ、はやく対策しないと、はてブは死にますよ。

 

なぜなら私がブクマしたエントリが跳ねなくなった。流されるようになった。流れる事自体自然の摂理から問題はないんだが、そのスピードが昔に比べて速い。すなわち互助会ノイズに埋もれて消えてしまうのだ。

多くの人や特に互助会ブロガーは初速にこだわってるが、普通文章力のあるブロガーとは、あるとき突然、日の目を見る。「3ブクマ集めるまでが勝負」とか言ってるやつは、そもそもブクマキュレーションの力を勘違いしてる。

ヒットするブログが生まれるには、ネットサーフィンするキュレーターが見つけて、すくい上げる流れがある。じわっと1ブクマついた記事に、誰かが2ブクマ目……数週間たって、3ブクマ目がついた瞬間、たった数時間の短い間、はてブ新着エントリに浮上し、多くの観測者によって評価される。そして跳ねるのだ。

はてブキュレーションとは本来通りすがり選挙投票なのだ

 

私がほぼ初期に1getして、その後浮上したブログは、コンビニ店長ハックルベリー先生ひきこもり女子のいろいろえっち等があるが、どれも自分が非公開ブクマした後、数週間して伸びる、じわっとパターンである

コンビニ店長水戸駅で貞操を奪われそうになった話や、ハックルベリー先生の語る面白コンテンツ創作術(無名時代版)をリアルタイムで読んでいた人は少なかろう。そして不思議な事に、リアルタイムでそれを読んでも、実は大抵の人には面白さが分からない。これは私も謎なのだが、コンテンツって誰かが解釈を照らさないと、普通の人には善し悪しが判断できないみたいだ。

名もなき情報ジャンキーブックマーカーが己の感性で“良いエントリ”拾い上げ、ブクマコメントタグで“読み方”を補完してる。これがはてブで良質なブログが発掘される構図だ。

 

で、ここ半年くらい、伸びないんだよな。拾い上げたつもりのブロガーが。はてブアルゴリズムが変わったとか、私の読みが甘くなったとか、色々要因は解釈できるのだが、やはり大きいのはノイズが増えたからじゃないかと考えられる。過去にもライフハック記事とか2chまとめとか、特定カテゴリが異常に伸びる時期があった。しかしその時と大きく違うのは、新着の流れる速さである。速すぎるし、ノイズが増えた。これでは多くの人々が面白い内容を見つけるタイミングを失う。

すなわち3ブクマを獲得したものの、人目に触れずに消えてしまうのだ。

 

互助会は、過去の信頼と審美で培われた新着エントリ欄を、数の力で押し上げてる。仲良しごっこは好きにすれば?と思う面もあるんだが、ノイズで新着ランキングが埋もれるとなると、話は別だ。良い書き手が流される為である

から見れば彼らは明らかに情報の読み方が浅く、能力が足りない。お友達ブログだけ読んでる奴は、読み方がなってない。「面白いと感じたかブクマしました」と抜かしているその感性を疑うべきである。少なくともブクマした記事と同内容の事をぐぐるべし。そして関連書を図書館で予約してはどうか。今時ネット予約が出来るから、30秒で注文できる。色々読んだ上でコメントするのも良いだろう。もう少しブコメに厚みを持たせられないのか(いやまぁ、古参ユーザでも頭悪そうな人もいるんですけれどね……)。

間内ばかり見ても読む力はつかない。あらゆるものを読まない事には審美眼は育たないのだ。そういうセンスを持たない人が「アフィリエイトで稼ぐ」とか「サロンはじめました」と言っても、失笑モノだ。なんだ君は、はてブに焼き畑農業しにきたのかい?己の親兄弟や友人知人にブログを見せても、恥ずかしくない文章を書くことを薦める。

死んだ後も、ブログは残るぞ。

 

こういうフリーライダーが増えれば、はてブがつまらなくなるのは必定だ。互助会ネットワークひとつカテゴリを新設して押し込んではどうか。「アフィリエイトネットワーク」なんかどうだろうか。ははは。私のようなキュレーターは、面白いブログを見つければ、カテゴリに丁寧に分類するから、新設カテゴリ互助会を振り分けて貰う方が問題はないのだ。

 

はてな上場したし、私も歳を取った。時代は変わるものだ。ランキングノイズにまみれ、はてブキュレーションシステム死ぬのも、時代の流れか。

私のような日陰ブックマーカーも、隠れた実力ブロガーも、雑踏にまみれて消えゆく存在なのかもしれない。

 

関連エントリ

互助会対策、あるいは良いホットエントリーにするアイデア

はてなブックマーク互助会つくろう

互助会問題についての個人的な意見

-----

追記と一部ブコメの返信

id:zuiji_zuisho うーん、互助会の肩を持つつもりはないけど、この増田の話も眉唾だ。誰も見てないようなブログが、増田の非公開ブクマ(どこに露出することもない)、その後に火が付いて伸びるってほとんどオカルトじゃないか。

ごめん、ちょっと書き方が悪かったな。昔は公開ブクマだった(というより、公開ブクマしかなかった)。自分は数ヶ月毎にはてブを整理する上、ファン機能が嫌いなので、全文自動保存スクリプトを回した後、非公開にするという使い方をしてるというだけなんだ。なので実際はブックマーク時は公開ブクマである

はいえ、私と同じような動き方をしている人は何人かいる事は確かで、どこからともなくやってきて、ブクマして去って行く人を知っている。そして非公開ブクマをしても、3ブクマキュレーションは成立していると思える。おそらく私と同じようにRSSリーダーキーワードRSSGoogleアンテナ、Tumbler、他サービスタグRSS経由でやってくるのだろう。

ネットに公開されている以上、誰も見ていないはありえない。

 

ちょっと長いが良いツイートだったので全文引用する。

id:arata2515

すまないけど、結局「俺が思う『面白い』が絶対的に正しい」と言ってるようにしか見えない。ユーザー層の移り変わりもあるだろうし、自分感性多数派でなくなる時もあるだろう。数で勝つしかないのだ。

互助会批判を見てて、とある大手新聞社の人から聞いた「新聞生き残る理論」を思い出した。要するに、「新聞情報重要度によって扱いの大きさを変えて序列をつける役割を持っている。一般人には情報の優劣など判断できないため、新聞のその役割必要なのだ」という話だった。

新聞が「少人数のプロ記者情報重要度を判断する」メディアだとしたら、はてブは「不特定多数アマチュアブクマカーの投票数(ブクマ)によって情報重要度」を扱い(ホテントリ入りか否か)が変わるメディアだ。

もとい、はてブは「不特定多数ブクマカーの投票数(ブクマ)」によって情報の扱い(ホテントリ入りか否か)が変わるメディアだ。

情報価値判断正当性はそのメディアキモだ。新聞がそれを「プロ記者」が担保しているとすれば、はてブにおけるそれは「ブクマカーの投票数」になる。互助会批判は、言ってみれば、その正当性への疑議だ。

さっきブクマした「古参自称敏腕ブクマカー増田」の言い分は、大手マスコミ側の理屈と似てる。両者に共通するのは「自分達の価値判断こそ正しく、大多数の一般人には情報価値判断など出来ないのだ」と思っている点だ。

だが、はてブの「不特定多数ブクマカーの投票数によって情報序列を決める」という仕組みでは、彼ら「敏腕ブクマカー」の投票活動は埋もれてしまうことがある。彼らが如何に敏腕であろうと、「一票の価値」は変わらないからだ。まぁお気に入りもあるからそうとも言い切れんが。

面倒になってきたのでまとめると、はてブはよくも悪くも「数」で決まるメディアなので、ある程度の「衆愚化」はしょうがない。嫌気が差してきたブクマカーの望むホテントリを「作る」には、さらなる精鋭を育て、暗愚を数で上回るしかない。

それが難しければ、もう少数精鋭のキュレーターが結託して新しいはてブに替わるメディアを作るしかないんじゃないだろうか。

ルール厳格化したりすることで、多少の衆愚化は避けられるかもしれないけど、遅かれ早かれどこかでまた似たような問題が起こってくるような気がする。

新さんはTwitterを使っています: "すまないけど、結局「俺が思う『面白い』が絶対的に正しい」と言ってるようにしか見えない。ユーザー層の移り変わりもあるだろうし、自分の感性が多数派でなくなる時もあるだろう。数で勝つしかないのだ。 / “情報ジャンキーから見た互助会問題” https://t.co/ijojg7CqiF"

正鵠を射た意見だ。

はてブが特異なのは集合知集合愚バランスである。そこが絶妙ゆえに、キュレーションメディアとして評価されていた。互助会問題によりそこが変わろうとしている。対策はarata2515氏が書くように、古参ブックマーカの移動の他にはないだろう。

 

 

玄人めいて書いたが、実は私自身も「本当に価値のある記事・伸びるブログ」は、リアルタイム……つまりブクマした瞬間は、よく分かっていない。たがしかし、何千と読んでいる中で、フッと違った感触を得る事がある。これは本当に不思議で、形容しがたいのだが。平原四つ葉のクローバーを探すのに近い。あるいはSTGでいつのまにかレアキャラを撃ち倒していた感覚というべきか。つまり、実に些細なのだ。

はてブ利用者みなが、ブログを繊細に読めとは言わない。時代の変化もあろう。しかし、声の大きく粗暴なやつが、静かに価値を語る者をかき消すならば、残念に思える。

引越しかないかね、やっぱり。

2016-01-08

[]手塚治虫ピノコラブストーリーブラックジャックより)」

★★★★★

前置き

3巻4話。

あらすじ

ピノコラブレターを書いているが、BJには宛先を教えない。

ピノコ恋人ゴッコをしていた子どもが体調を崩し、親がBJに助けを求めてくる。

子どもは内蔵がすべて左右逆になっている特異体質であったため、

BJ四苦八苦しているところに、ピノコが鏡を持ってきて手術は成功する。

ピノコが書いたラブレターが届き、宛名を見るとBJ宛だった。

感想

いやー何度読んでもいい話だわこれ。

たまこラブストーリータイトル元ネタはこれだったのか!

と今更感慨深い。

(ほんとに元ネタかどうかはわからんけども)

ラスト、封に入っていた四つ葉のクローバーを眺めるBJの絵がすごくよかった。

ピノコ友達ってだけで金額も何も聞かずに手術を引き受けるBJいいね

凹面鏡でスラっとした姿を夢見るピノコがすげー可愛かった。

保護者だとか0歳だとか幼児相手がお似合いだなんて言ってたBJが考えを改める描写がすごく丁寧に書かれてて感動した。

コマ割りが特に印象的だった。

手術が特に問題なく進んでいるときは水平なコマが続いて、

血管を傷つけて一気に状況が緊迫すると、コマ割りが斜めになってスピード感と緊張感を煽ってくる。

そんでまた落ち着いたら水平なコマ割りに戻る。

シンプルだけど効果的だなあ・・・

あとどうでもいいけど、おむかえでごんすのキャラめっちゃかわいい

今回だと郵便でごんすって出てきたけど。

ピノコor印象に残ったセリフなど

ハレワハヤホ ホイヒホコッホ ハノヨハ

恋人ごっこでディープキスをしようとして舌をかまれBJ治療されながらの言。

 おそらく「あれはただの 恋人ゴッコ なのよさ」と言っている)

感謝ならピノコにしてください

あれはすばらしい助手です

バカ(ベッドで泣きべそをかきながら、自分気持ちをわかってくれないBJに対してこぼした言葉

ランキング 

1.ときには真珠のように

古和医院

ピノコ愛してる

ピノコラブストーリー

二度死んだ少年

コマドリ少年

焼け焦げた人形

アリの足

はるかなる国から

えらばれたマスク

友よいずこ

めぐり会い

目撃者

白いライオン

シャチの詩

つの

幸運な男

閉ざされた三人

報復

ある教師と生徒

万引き

タイムアウト

奇胎

からだが石に…

ダーティー・ジャック

2014-08-14

アイカツにはまった

斜に構えた鬱展開も、変にひねって冷めるような展開もない。

純粋安心して見ることができる。

最近ラノベとかマンガとかアニメ疲れたおっさんオアシスはここにあった。

最初はひたすらいちごちゃんいちごちゃんいちごちゃんいちごちゃんという感じだったが、10話ちょい見てきていちごちゃんいちごちゃんおとめちゃんおとめちゃんって感じになってきた。らぶゆー中毒

基本天然+不思議ちゃん系かとおもいきや、努力家ですごく真摯にがんばる一面もあるところに惚れた。アイマスのやよいって感じ。

おとめちゃんと四つ葉のクローバー探したい。

いちごちゃんと夫婦でお弁当経営したい。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん