「情弱」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 情弱とは

2017-04-27

血液型性格判断には根拠がないという疑似科学

B型です。(血液型性格判断には根拠がないという「情強のオレカッケー」の方には意味のない情報ですが。)

さて、「情強のオレカッケー」の方々は、おそらくネットちょっと調べて「血液型性格判断には科学的根拠がない」みたいのをちょっと読んで「オレカッケー」になってしまったんだと思います。ですが残念ながらそれは情弱疑似科学典型です。「血液型性格に関連がないという十分な(生物科学的根拠がある」と「血液型性格に関連があるという十分な科学的根拠がない」とは全く別だからです。(もしかしたらオレカッケーの方々には理解できないかもしれません。情弱なので。)

血液型とフェノタイプに関連があるということに関しては少数ですが科学的と言えるデータがあります。例えば http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S002561961401043X 血液型と心疾患の感受性の関連を示した論文です。

血液型性格に関連がないと言うためには最低限次の2つを合理的説明する必要があると思います

①心疾患のような生存に関連するフェノタイプに差があるのに、それが進化過程で行動パターン形成に影響を及ぼさなかった理由

②例えばA型B型にフェノタイプの差がないのであれば、数十万年ランダム選択淘汰圧)でA型B型の数が同数になっているはずだがそうでない理由

血液型性格に関連があるという科学的なデータがない理由としては、そのコスト(数千万円✕数年)の割に、ビッグジャーナルには倫理的理由掲載されないリスクがあるからでは?と思っています情強先生方、どうぞ上記2点の反証をお願い致します。

2017-04-26

日本人テロ耐性がなさすぎるんじゃないか

amazonは未だにまともに機能しない状態が続いている。

これだけの大企業機能を停止している状態はもはやテロと言ってもいい。

それなのにそのことをあまり問題視しないような空気が信じられない。

すでに計り知れないほどの経済的損失と個人情報漏洩が発生しているというのに、どうして皆がその状態放置しているの?

amazon海外企業からとか、マケプレ出品者がきらいだからとか、騙される情弱が悪いとか、そういう理由放置しているとしたらまさにテロリストの思う壺。

それは間違っても奥ゆかしさとか理解ある行動とかではない。

もっと皆で情報共有して少しでも被害を減らすべきだよね。

これはすでにサイバーテロだよ。一刻も早く非常事態宣言すべき。

2017-04-21

マストドンインスタンス乱立に便乗して情弱IDパスワード掠め取る手口が増えそう

2017-04-20

http://anond.hatelabo.jp/20170420110104

ありがとう

オフ会かー。どうやってみんな集まってんだ

最近ググって出てこない情報に弱いと感じる(情弱

2017-04-19

http://anond.hatelabo.jp/20170419000745

サポート信頼性不正対策

この辺が充実してるかなんて情弱にとって便利かどうかだけの話で自分で調べてできる人には必要ないことがほとんど

付帯保険

旅行等の頻度が大したことないならつど掛け捨ての保険に入った方がよっぽどコスパいい

2017-04-18

いったいだれだよ

いまさらはてなブログでアフィやれって言いふらしてる奴。

しか情弱どもに。

フリーテルのスマコミ商法ITmedia記事になった結果

「縛り一切なし」をうたうFREETELの999円プラン、端末価格で3年間の“実質縛り” (1/2) - ITmedia Mobile

http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1704/18/news045.html


回線契約と端末割賦36ヶ月をセットにして月額表示、端末の価格設定を端末のみ購入時の倍程度に設定して総額は目につきにくいところに隠す。

割賦期間中に最新端末へ交換可能だけれども新たに割賦契約36ヶ月が始まり縛られるし、交換なので通常売価程度の割賦を払ってきた端末は回収される。

解約時に端末の残債を支払う必要があるので、端末交換してもいずれかの段階で割高価格を支払うことになる。

それが嫌なら最新端末への乗り換えを一生続けてフリーテるしかない。

という3大キャリアもびっくりのFREETELスマコミ商法への注意喚起ITmedia記事になった。

4/7にはツイッター上で指摘があったとのことで、増田でも4/8に指摘されていた。


フリーテルという格安スマホが実は超割スマホな件 - はてな匿名ダイアリー

http://anond.hatelabo.jp/20170407094355


ITmedia記事へのブコメではスマコミ商法批判的なコメント大勢で、スピードテスト偽装などのFREETELの企業姿勢自体に疑問を持っていたといった事情通ブコメもある。

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.itmedia.co.jp/news/articles/1704/18/news045.html

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1704/18/news045.html


一方の増田記事では

http://b.hatena.ne.jp/entry/anond.hatelabo.jp/20170407094355


反射的に割高という増田情弱、高いのはとりかえられ~るからだろJK病院行け、という攻撃的なコメントトップブコメ

契約の悪質さを認識できない情強様がブログで『「定価を超える値段でモノを売る」ことは違法でもなんでもない。』と嘯く始末。

ITmedia記者脊髄反射批判してて残念、とか言わないんですか~?

http://anond.hatelabo.jp/20170418122842

コ○プ買ってる人は情弱だなと思って見てる。

だってあれ、単にPFCバランスを整えてマルチビタミンミネラルぶっこんだだけのシロモノじゃん。

原材料表示見たらマルトデキストリンが主成分で笑うわ。

味も良くない。それであの価格

売り方がうまいんだろうね。バカ相手にはちょうどいいんだろうけど。

自分栄養計算できる人なら、インスタントオーツ(微粉末)+プロテインを混ぜて、あとはオメガ3系のオイルとマルチビタミンミネラル飲むだけで、コ○プと同等かそれ以上のものが安く作れる。自作なら体調に合わせてPFCバランスカスタマイズできるし。

http://anond.hatelabo.jp/20170418144318

ネットビジネスで稼ぐ方法」っていう商品情弱に売ってるんだよ。

で、ネットビジネス稼ぐ方法の中身はネットビジネスで稼ぐ方法情弱に売り付けるっていう循環構造なの。

2017-04-17

ネット上で落ち着いてニュースについて語れるところないか

情弱なので良いところがあったら教えてください。

2017-04-16

http://anond.hatelabo.jp/20170416122948

物理的にキーが足りないことで苦労するような情弱でごめんね。

既存アプリと被らないようにキーアサイン設定するの面倒だからMacBookmacOS専用機にしてるよ。

Windowsノート使う←情弱

Macbook使う←惜しい

正解は、「MacbookにWindowsOSを入れて使う」だっm9( ・`ω・´)

2017-04-12

相変わらず詐欺広告を表示し続けるBing

から思ってたけど、BingFlash Playerとか検索すると、

からさまに怪しい広告トップ5つくらい表示されるけども、

あれ情弱の人や急いでいる人はクリックしてしまうのだろうなぁ。

Bingって曲がりなりにもWindowsの標準サーチエンジンなんだけども、何年間も3流以下の場末臭が漂う検索結果のまんまで大丈夫なんですかね・・・大丈夫じゃない)

もっと昔の出始めのBingはこんな怪しい広告は出なかった気がするんだけど、あまり使わないからよく覚えてないけど。

検索結果の精度以前の問題として、やっぱGoogle使ったほうがいいわ。

Googleなら怪しい広告ゼロで、トップに正しいFlash Playerのダウンロードリンクが表示される。

最近Google嘘ニュースフィルタをやり始めたし、まぁいろいろ批判もあるけども、やっぱり選ばれたのはGoogleでした。といったところ。

あと、われらが高木先生もこの件に反応してたのね。過去に。

相変わらず詐欺広告表示サイトになっているBing - cabvmのブログ

http://cabvm.hateblo.jp/entry/2015/05/30/190835

広告スパムが表示されると聞いたので検索エンジンで色んなワードを入れてみた - 戯れ言

http://d.hatena.ne.jp/katoyuu/20140223/bingbing

2017-04-04

カルビ50%増量

ビビン丼でも食おうかと松屋に行ったらキャンペーンカルビ丼の肉が50%増量だった、すげえお得だ

頼んだ、食った

そこで思い出した、俺別にカルビきじゃねえ…

そもそも普通牛丼食っててもご飯足りなくなるおに、味の濃いカルビが通常の1.5倍…

余ったカルビだけ食べる

この甘さやっぱり好きじゃない…

胃袋だけ膨らますだけの満足感の全くない食事だった

ちょっとしたお得に釣られて損する情弱もうやめたい

2017-03-29

ゆーて今の世の中って「正規の料金は情弱介護コスト込み」みたいな感じやおまへんか?

BtoBで色々効率化されたり他との提携で持ちつ持たれつするのが普通になってる状態なんだから旅行会社使えばいい話でしょ。

ほかと比べて異常に安いのはおかしいけど、その他大勢と同じ程度の安さならそれはただのパック料金であって正規料金を踏み倒されてるのとは違うでしょ。

個別の料金より安くなるのは、わざわざ一つ一つの窓口回ってチマチマチケット取りに来る奴に対応する必要がある事務員人件費がかからいからでしょぶっちゃけ

旅行会社に纏めて頼めば向こうも十把一絡げで終わるはずの仕事個別やらせている事に対する事務手数料の積み重ねが、正規料金との差分なるものちゃうんでしょうか?

向こうが安く売ってくれてる物を安く買うってのはお互いWIN-WINになるようになってる事がほとんどなんですよ。

たまーにおかしな事になってる場合があるだけで、相手側が安く売ってくれるっていうなら安く買っちゃえばいいんです。

「流石に安すぎる」と感じるべき物もありますけどそれは程度問題って奴でね、そこを考えず「安い=客だけが得してる=客がズルい」ってのはちと短絡ですよ。

誰に宛てた発言ってわけでもないんですがちょっと書いてみました。

2017-03-25

http://anond.hatelabo.jp/20170325083636

パソコンを持たない貧困層ガラケーパケット通信し放題なわけなくて、

普通情弱ガラケー裏サイトで盛り上がってましたって話だろ

anond:20170325123441

安倍さんって特に嘘ついてないけど

パヨク言いがかりつけては嘘つきに仕立て上げてるのは知ってる

姑息なこと止めないとパヨクアレルギーが増えるだけだよ

情弱は騙せるだろうけどね

Kindle本の安売りセールブロガータンパク質になっている

Kindle化されているということは、必要な時に何時でもポチれる

必要とき、欲しい時にポチればいいのに、

ああ、コレ欲しかったんだ、50%で買えるんだ、などといって

自ら暗示にかかり「いるかもしれない」ものを買わされ、そしてたいていのものは「いらない」

しかし、このKindleセール福袋に群がるおばさんよろしく、

消費者能に汚染された猛烈な情弱者が溢れ、アフィリエイトブロガーの良質なタンパク質になっていると聞く

有名ブロガーまで「お得」などといって、毎日のようにKindleセールネタを連発している始末だそうだ

2017-03-24

日本産食品中国輸入規制乙とかしかいえない

https://www.google.co.jp/search?q=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%94%A3%E9%A3%9F%E5%93%81%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E8%B2%A9%E5%A3%B2%E8%A6%8F%E5%88%B6

そのとおりである

最近特に製造者食品記載せず(記号とかで省略して)

店舗で容易に検索する術もない。

携帯電話をわざわざ店にもっていかなければ、買い物できないのか?

情弱とかそういう問題じゃなくて

そんなもの必要な買い物なんて、買い物とは言い難い

日本語が読めない中国人に、突然、K15とかいう固有番号いわれても

からないのは当たり前だし

それは製造者隠蔽とも言われてもおかしものもあるわけ。

そもそも、福島原発近辺の産地の物が安全だとは言い難いのもある。

まず、除染とかしてるけど、どうやって除染してるの?

科学的に立証していたとしても、自身の脳にそれを理解できるかは

全く話は別

福島原発近辺の食料品として、最も遠い所に、中国では東京都指定されているわけだが

東京都食品科学的に安全と言われても、倫理的安全だという証拠はどこにもない。

中国食品をちゃんと販売してほしいという意思があるのであれば

国がきちんと製造者、産地の表示の義務化をすべきである

そうして、製造者が誰でも読めるように、わかるように、すべきである

2017-03-17

求人広告

「アットホーム職場」「和気あいあい」「社内イベント多数」みたいな文句が並ぶのはブラック企業の証といわれて久しいけど、

いまだにそういった求人広告が減らないのは、そういった会社求人担当者情弱なのか、そんな文言に釣られる求職者が多いのか。

2017-03-11

さよならAC

2011年3月11日、未曾有の大災害東日本を襲った。影響は各方面に及んだ。福島原発は爆発し、首都圏を含む広域な交通網は打撃を受けた。多くの人が亡くなり、多くの人が家をなくした。

この震災を受けて、企業各社はCM放送自粛した。震災時のCM放送が法によって規制されている訳ではなかったが、CM放映による非難企業自主的に避けようとしたのである。代わりに、テレビ局人畜無害ACCMを流した。 繰り返されるCMにより、ACは一躍その名を高めていった。

震災から一週間が経った。震災による犠牲者は一万人に迫ろうとしていた。テレビでは未だACCMばかりが流されていた。企業としてはそろそろ通常のCM放送したい気持ちだったが、もし自分会社けがそうすることによって「不謹慎だ!」と言われてしまってはたまったものではない。ネットではとあるACパロディ動画があげられていた。それは冷静に見れば面白くもなんともないものだったが、きっと他に見るものもなかったのだろう、驚くべき再生回数を記録した。その人気にあやかろうとしたのだろう、次々とACCM関連の動画アップロードされた。大の大人が「ポポポポーン」と叫ぶという、滑稽とも見苦しいとも取れる動画群であったが、人々はそれを不謹慎とは受け取らなかった。

二週間が経った。各国から支援が続々と寄せられていた。人々は(被災していなかった地域を含む人々は)それを見て「A国は素晴らしい」だの「K国はやっぱりクソ」だの言っていた。その頃、国会ではある法案が審議にかけられていた。アンチコマーシャルメッセージ法案通称AC法案である。この法律では、震災復興を達成したという判断政府が下すまで、企業テレビCM放送禁止規定していた。何故こんな法律が審議されることになったのかはよく分らない。しかイメージダウンを恐れて企業法案に反対できなかったし、当然のことながら猛反対の立場をとるテレビ局各社は盛んにこの法律弊害を訴えたが、震災報道ヘリコプターを使って被災者迷惑をかけたり、衝撃的な映像をまくし立てるように放送し続けたりしたテレビ局視聴者は既に愛想を尽かしていた。結局AC法案は難なく両院を通過し、テレビで映るCMACのものだけになった。

一ヶ月が経った。とある実業家による億単位義援金や、さるスポーツ選手によるツアーの賞金全額寄付宣言世間では話題になっていた。テレビ局スポンサーに働きかけるのに必死だった。自社のCM放送されないのに企業お金を出すなんてことはおかし論理だったが、それを認めたらテレビ局は立ち行かなくなってしまう。結局、「番組内で可能な限りスポンサー商品を紹介する」ということに決まった。出演者スポンサー企業ロゴ付きの服を着ることが常識になったし、番組の中でそれまでの流れとは関係なく唐突商品の紹介が始まることになった。それでもスポンサーから今まで通りの料金を徴収することは叶わず、経費削減の為にギャラの高い大物芸能人は締め出され、金のかからない素人芸人の起用が急速に高まっていった。ネットではAC関連動画の盛り上がりが、最高潮に達していた。

三ヶ月が経った。全く前例のなかった計画停電が行われ、都心優遇ぶりに一部の人々は憤慨していた。結局テレビは何とか放送を続けられていたものの、以前との差は歴然としていた。番組の内容もそうだが、間々に挟まれCMが全てACの為、テレビ自体一種カルト宗教的色彩を帯びていたのであるAC側もCMバリエーションを増やしはしたが、それも焼け石に水と言える程度のものだった。もはや国民ACの名を知らぬものなどいないという有様だったが、多くの国民は良い感情を持っていなかった。余りにもCMが繰り返された為、段々ネットACパロディにする人も減ってきた。

半年が経った。さる地方テレビ局が、番組内で東北地方のお米をセシウム米と表示したことが大変な物議を醸した。ただてさえスポンサーからの金が期待できなくなっているのに、その上この不祥事ではもはやなす術がなかった。結果、番組のみならずテレビ局までもが潰れた。テレビ局が潰れるなんてことは前代未聞だった。この事件の後極度にテレビ局各社は不祥事を恐れるようになり、人々の反感を買いそうな発言ますます避けるようになった。ネットでは、(直接的な関わりはなかったものの)ついにACは局を殺したと言われた。

一年が経った。大震災の模様が改めて各メディアに取り上げられた。問題は未だ山積みであったし、それとごろか原発を中心とした被害は更に拡大していったが、人々はというと大震災のものより、原発は推進すべきだとか廃止すべきだとか、与党を変えるべきだとか変えないべきだとか、そういった話題に興味を持っているらしかった。AC以外のCMが消え失せてしまったことも、もはや当たり前のこととして受け止められつつあり、誰かが思い出したようにACネタにした動画を作るだけだった。

二年が経った。被災者を除くと、人々は既に震災に関する興味を失っていた。時代は変わった。震災後急速に衰えていったテレビに代わってインターネットが主要なメディアと見なされるようになった。人々はテレビを見なくなり、テレビACCMしかやらないことなんてもう誰も気にしていなかった。企業は力を失ったテレビに代わってインターネット上での広告に力を入れるようになった。ユーザーの好みにピンポイントで合わせた商品宣伝から、見るだけでお金が貰える斬新な広告までもが生まれた。それはかつてのテレビCM以上に多彩で、ユニークで、興味深いものだった。テレビなんてものパソコンが使えない情弱だけ見てればいい。そんな声が強くなっていった。

 五年が経った。この年大震災テーマにした映画が公開された。それは大変な好評を博し、歴史に残る名作とまでも言われた。しかし、人々は未だ故郷に戻れぬ仮設住宅暮らしを強いられている被災者がいることを知らなかったし、被災地寄付することなんて思いもよらなかった。震災は感動という名のビジネスの道具となっていた。同じ年、政府によりAC法案の解除が発表された。瀕死テレビ業界はこの宣告に狂喜したが、すぐに期待は裏切られた。なぜなら、AC法はこれより四年後、2020年東京オリンピックの開催と共に解除だということが知らされたからだ。明らかに、国が立ち直ったことを国内外アピールするための政府戦略だった。このころになると、テレビは見てはいけないものとさえ思われるようになり、まだあどけない子どもたちが何かの拍子にテレビを見て、「ポポポポーン」なんて言った日には親から叱られる始末だった。

 震災から九年が経った。遂にテレビCMが復活する時が来たのである。既にテレビは最盛期を思えば哀れになる程衰退しており、CMを復活させたところでかつての威光を取り戻すことが不可能なことは誰の目にも明らかだった。各局はなんとかスポンサーを見つけようとしたが、もはやあえてテレビで自社のCM放送しようと考える企業はいなかった。「もうこの業界は終わりだ」最後希望を打ち砕かれた業界関係者たちは嘆いた。

 そしてその日がやってきた。オリンピックの開催とともに、首相によって震災から復興が全世界に高らかに宣言された。AC法も解除された。人々は56年ぶりの首都でのオリンピック熱狂した。散々興味がないと言っていた人までも試合の経過を見守ったり、見たことのない程人で溢れかえる東京に驚いていたりした。オリンピックは、成功裏に終わった。

 その一方で避難者は七万を下らなかった。福島出身の子供に対する苛めも収まらなかった。東北地方の食に対する信頼も回復しなかった。原発放置されたままだった。しかし、そんなことに心を痛める人はもういなかった。人々は震災被害なんてものは遥か昔に回復したものだと思っていたのだ。

 それから人々が震災のことを忘れるのに時間はかからなかった。いや、震災のことだけじゃない。この九年間で人々はテレビを忘れた。テレビだけじゃない。テレビで嫌というほど繰り返されていたACのCM―かつてはネタにして面白がった、それから先は忌み嫌うものとして見なしたCM。特異な状況であれほど繰り返し放映され、国民全員がこの先忘れることはないだろうとさえ思ったCM。そのCMのことすらも、震災に関する全ての記憶とともに、忘れていたのだ。

2017-03-09

なにげに子育て支援のあつい市に住んでいるんだけど。

私の住むA市は昔から貧しくて住民のガラが控えめに言っても悪い事で知られているらしい。(私自身は他県出身者なので伝聞で知るのみなのだけれど)

まりにもA市が不人気なので地価が周りの市よりも大分安く、お陰で家賃も安いので、助かるが。

実は地価が安い事以外にもA市には良いところがあって、それは子育て支援が手厚いことだ。

狭い市なわりに保育園は充実しているし、料金も安価。ちゃんと機能している児童館があり、学童保育もあり、子育て支援センターがあり、公共スポーツ施設では子供向けの安いスポーツ教室が多数ひらかれているなど、子育て世帯にとってはここは穴場だ。

それでも全体的に印象が悪いし、ベッドタウンとしては優秀でも仕事も無ければ遊ぶ場所もないので、あまり住みたい人は多くないらしい。

旦那さんが国家公務員をしているという知人から聞いた話では、

「こんな所に住んでると同僚達に対して格好がつかないので、地価が高くても保育園がなくても境界を一歩跨いで隣のB市に住みたい、と、旦那がゴネてて困る」

のだそうだ。

(ちなみに知人の家はB市との境界線のすぐ側にある)

子育て支援は充実しているが市は不人気で段々過疎りつつあるので、私の育児ライフ最初の数年はかえってとても快適だった。

運動公園子育て支援センター児童館、市立幼稚園、市運営する習い事etc.どこに行っても空いているので、のびのびと子供を遊ばせる事が出来た。各所にいる指導員さんや先生達も気持ちに余裕があって、おおらかに子供達と接してくれる。その為か土地の子供達もまっすぐで穏やかな子へと成長していっている様に見える。

ところがここ二年ばかりで状況が急激に変わりつつある。

というのも、子育て支援センター児童館や市の習い事がやたら混む様になった。

その原因はというと、各種子育て支援事業フリーペーパーインターネットなどを通じで広く宣伝されるようになったからではないか?と私は見ている。

あるいは、保護者情報収集能力が上がっている。

今、施設利用者の多くが周辺の市から来た人々である

運営習い事に通う子供達のほとんどが他市の子供達で、A市の子供達が応募に受からないという事態になった。

元々A市は貧しく情弱の多い地域である。実は市内の幼い子を持つ親達はA市の子育て支援事業が充実している事を意外と知らない。

何もしらずに昭和みたいな密室育児祖父母頼みの育児で頑張っている人が多い様だ。

A市の保護者は他市の保護者情報戦で負けて各種サービスを受ける機会を逸している、ということ。

多くの子育て支援事業納税者ではない人達が好きに使っている、というのがどうやらついに問題として行政から認識されたらしく、次年度からは多くのサービスで市外出身者の利用を制限する事が決まった。

子育て支援センター等で無料で開かれていたイベント講習会などが一部取り止められたり有料化され、市民と市外民とで応募枠と料金が差別化された。

運営習い事にも市外民の利用には大きな制限がかけられる事になった。

そういう訳で、来月からはまたA 市の子供達とその保護者ガラガラ施設のんびり遊んだり学んだり出来るという訳だが、今度は人が来なさすぎてせっかくのサービス予算が着かなくなったり廃止心配が出てしまう……。

A市の保護者乳幼児を0歳から保育園に入れて朝から夜遅くまで働かなくて済む人は多くはなく、よって市営のベビーマッサージだの親子水泳教室だのは間違いなく閑古鳥が声高に啼いてしまうだろう。

そんな状況にもモヤモヤを感じずにはいられないのだけれども、それ以外にもとても気になるのが、市外から子育て支援センター児童館を利用しに来る人々の事だ。

そういう人は殆どが職を持ち一年前後の育休中である子供は小さい子は生後一ヶ月に満たず、大きい子は一歳くらい。

そういう保護者の話を聞いてみると、大体の人が沢山の施設ハシゴしてまわっている。

ある人は周辺数市の支援センターを全部周り尽くして、ここが最後の一軒だと言っていた。

一年程度の限られた期間そうしてベスト支援施設を探して放浪の旅をすることに費やしている。

ハイハイもままならない赤ちゃんをたった一、二時間遊ばせる為だけに、車で往復一時間以上かけて、育児道具フルセットを詰めた荷物を背負ってやって来る。

どこもかしこも気に入らないと言う。

曰く、子供がグズってしま施設に馴染んでくれない。

曰く、施設職員があまりフレンドリーではない。

曰く、どこも数人のママ友グループが出来ており、誰も話し掛けてくれない。

要は、一見でパーフェクトに快適な施設でなければ二度目はないという事らしい。

なんだか、受験戦争就活的な逼迫感があり、育児の楽しさが無さそうだ。

一体何がそんなに彼らを追い立てるのだろう?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん