「洋服」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 洋服とは

2017-03-22

デブの知り合いが汚い品物を持ってきて

売れという。

段ボールが沢山放置

個性的すぎる洋服ばかり持ってきて売れという。しかも羽がたくさん。汚い。

子供服臭いかわいいデザイン台無し

汚い、臭い。ち◯毛ついていた。

死ねばいい。

2017-03-21

アパレルショップ店長だけど、何か接客販売に対して質問ある?

Q. なんで客にウザがられてん分かってんのに、声いちいちかけてくんの?

A. これは、声かけて店内に一人でも客を足止めしたほうが、確実に次の入店率があがるから

 誰もいないシーンとした店に入りづらいだろ? 誰かが店員と喋ってたほうが、確実にその隙に入りやすいだろ?

 なんで、生贄のごとく最初の一人の足を止めて、時間を稼いで入店数を促すために声をかける。

 熟練した販売員だと、うまいタイミング自然と声をかけ会話につなげ、試着まで持ってくテクニックを持ってる。

 『何かお探しですか? 』なんて最初から聞くヤツは、ハッキリ言ってテクニックのないズブの素人だ。

 店長クラスでこんな声がけをするヤツはそうそういない。

 ウザい感じで声かけられたら、こいつは仕事できない新人なんだな…と思って、多めにみてやってくれ。



Q. グイグイ服勧めてくるのってなんなの? ノルマでもあるから買わせようとしてんの?

A. これは非常に申し訳ない。確かにノルマ…というか金額目標はある。自分たちが服を売ったお金会社が成り立ち、自分たちにも給料が分配される。

 アパレル販売員ある意味会社利益責任をその肩に請け負わされている末端の存在なんだ。

 営業と一緒。だから、どうしてもガッツいてしまうところはある。

 ただ、キャリアを重ねるとがっつけばがっつくほど売れないということも身にしみて分かってくる。

 売りたい気持ちを隠し、真摯に「お客様相談に乗る」「必要とするもの、本当に似合うものを進めることで確実に信頼を得る」ことが、

 着実に売り上げにつながっていくと身をもって学んでいくんだ。



Q. すぐ「お似合いです」って言うけど誰にでもそう言ってんだろ。

A. これも上と回答がかぶるが、本当に似合わないものは基本絶対に勧めない。

 何故なら、ゴリ押しして買い上げてもらったところでクレーム返品になる確率がグッと上がるからだ。

 クレーム返品は、売り上げ的にも店の信用的にも時間的にも自分メンタル面でもマイナスしかならないので、本当に避けたいところ。

 だから販売員は「わ、素敵ですね!!」という一言に正直という魂を込めていうようにしているし、自分は少なくともそう指導している。

 あと、新しいデザインお客様が試着される場合、初めて目にする姿が〝着慣れてない〟〝見慣れてない〟ことが多く、

 戸惑いと猜疑心で本当はそこそこ似合っているのに『似合ってない』と自己判断するケースが非常に多い。

 販売員はかなりいろんなケースのお客様と接しているので、着ている本人より客観的に「似合っている」と判断を下していると思ってほしい。

 『何故似合っていないと思うのか』というお客様不安や着慣れなさ、持ち帰って着まわしがきくかどうか…など、問題を一つ一つクリアにして、

 一度はお客様が「これが着てみたい」と思った洋服に対する不安を取り除くべく相談に乗るのが、自分たち仕事だ。

 もしそれでも納得がいなかなかったら辞めればいいし、納得がいけば買い上げに繋がる…と自分は思っている。



Q. 販売員コミュ力って必要なの?

A. これは一概にそうとも言えない。

 「自分コミュ力がある」「人と接するのが好き」と言うヤツに限って、ものすごいスピードでこの仕事を辞めていくケースを散々見ているから。

 どちらかと言うと、販売コミュ力スキルは、上手くいった経験より失敗から学んでいくことのほうが圧倒的に多く、

 お客様との居心地のいい距離感をつかめ人間というのは実は人見知りの人のほうが確実に接客が上手くなり、成長するので長続きする。

 販売員というのは、お客様と楽しくコミュニケーションをとりながら、頭の中では1日の目標売り上げに向けて

 「この人でいくら売り上げが確実にどれぐらい取れるか…」というのを心のどこかで冷静にそろばんを弾いている生き物だ。

 全てがそうとは言わない。違うという人もいるだろう。

 だが、自分は正直に言えば、そろばん弾いている側だ。

 なので、どちらかというと最低限のコミュ力必要だが観察力・洞察力が求められ、磨かれていく職業だと思う。



☆追記

ブコメでいただいた質問を、トラバで答えておきました。よかったら、併せてお読みください。

 

 





 

2017-03-19

近代化忘れ物

日本近代化する際、統治機構法体系にいたるまであらゆるもの西洋を手本に作り変えた。

その際食文化から建物に至るまで文化も輸入してきた。

見た目もしかり。

和服から洋服を着用するようになり、明治初期には西洋風の散切り頭が流行した。

しかしそんな中で、現代まで西洋化しそびれたというのか、西洋化に抗ったとういうのか、大切な文化存在する。

それは陰毛を剃らないという文化だ。(ついでに男性のワキ毛も。)

西洋化の流れの中でなぜ陰毛は取り残されることになったのか。

当時外国人の裸を見る機会がなかったのか。

イギリス人オランダ人に「陰毛を剃れ」と言われても

陰毛は剃らん」と頑なに陰毛を守り抜いた日本人がいたのか。

恥ずかしくて陰毛を剃るか剃らないか議論にすらならなかったのか。

そんなことをお風呂場で陰毛を処理しながら考えてしまった。

近代化に於ける陰毛の話をしっていたら誰か教えてください。書籍でも良いです。

2017-03-18

http://anond.hatelabo.jp/20170317155716

はてなには実際にロリィタをやっていた人間は少ないだろうから、何か書いてみます

自分が一番ロリ服着ていたのは2000年頃〜、今は着てないけどまぁまぁ監視してる感じの30代。

今も残っている初期の写真は服も顔も見るも無残だったけどなんやかんやで雑誌に載ったこともある、そんな増田です。



元増田さんは中学生の時から今まで、ネット上でよくある完璧もの以外許さない系書き込みを真に受けすぎかぁ



確かに、太って化粧もまともにできてないような人間ロリィタ姿を晒すのは、ただえさえ肩身の狭いのにイメージを落とすからやめろ

というような声はずっとありますが、それって努力痕跡もないような人を指しているのであって、

まともなコーディネートで清潔感適当な化粧と髪型があれば非難されるほど否定されることは無いです。

ロリィタ着てなくてももちょっと考えた方がいいんじゃないですかね…という感じの方が、割といらっしゃるので

そのような方を指すことがほとんどです。



約束だってごっこ遊び延長戦で「この方がロリィタっぽくね?なんかかわいいから言っておこう」みたいなロリィタネタも沢山あるし

オバロリにしたって非難するときに使うというよりは、自虐ネタ寄りだったりする。

若いロリータの方が人口多く見えるとしたら、それは成人はネットで年を隠すからです。

(今一番の問題は年齢と考えてるんだろうけど25歳はメーカーアイテムちゃんと選べば本当に大丈夫。全く大丈夫

そう言った本音というか、日常側の感覚って実際に人と触れ合わないとなかなかわからなくて、

ネットで調べれば調べるほど、彼女たちがネットで演じてる「かわいいロリィタごっこ」が全てに見えてきてしまうように思います



雑誌ネットで目立っているような上のロリィタには成れないかもしれませんが、

中の下レベルあればロリィタのお友達を作って仲良くなるのには問題はないです。




あと元増田さんは他のロリィタさんからの目を気にされているようですが、ロリィタ自体嫌いな人は一般人は多いので

どんなに可愛い子でも、街を歩けば「ブサイク」「きもい」などと言われますので、気にしてはいけません。

基本的に好奇の目で見られるような行為です。そこにロリィタとして可愛いか可愛くないか若いか若くないか関係ないです。




元増田さんはメルカリ中古を買おうとしたと書いていますが、もし買ってみるという一歩が踏み出せるのなら

絶対にお店に行って試着して全身コーデしてもらって買ってください。

たとえ、家で着てみるだけで外に着て行く気が無くても、です。

衣装じゃ無くて洋服ですから、ちゃんと合うものを着ないと当たり前ですが似合わないし可愛くないです。

似合わない服を買ってロリィタが似合わないと判断するのは間違いでしょう。

普段着ロリィタ服を買いに来る人は全然珍しくないですし、予約制のショップもあるので

元増田さんのことはお客としか見てない店員さんに、誠実に服を選んでもらうことができます

できれば10万くらい用意して、アンダーから靴まで完璧に選んでもらえれば、失望しないで10年の思いに応えれる姿になれるんじゃないでしょうか。

「私かわいいいい!」じゃなくて「以外と普通だな」って思えたなら、それはちゃんと着こなせてるってことです。

(安物代用品は着慣れてて解ってる人じゃないと危険




ロリィタ服は金を出せば買える、楽しくて可愛くてバカみたいでおかしな目で見られる服です。

思い詰めるほど崇高でも特別でもないです。



元増田さんはロリィタ以外にも色々押し殺してしまってそうだから、ぜひとも一歩踏み出して欲しいです。

ダンから贈られたもの

モノとして気に入ってたり、思い入れがあったりする。

婚約指輪スイートテンの指輪は、贈られたモノというより自分歴史だとも思う。

モノには罪はないから気にせず身に着けたらいいと思う。

でもけっきょく何年も着けてない。



友達ランチしてたら、昔付き合ってた人からもらったリングネックレスを売ったという話題になった。

私はあれも、これも、まだそのまま持ってる。



でも、そういうのを家に置いておくのはよくない気もずっとしてる。



ものすごく辛かったけど、何年も経つと元ダンなりに愛してくれてたこともわかる。

いつか、いい想い出だけになって、きらきら光るダイアの入っている宝石箱を開けてしみじみしたりするかもしれない。

自分も人並みに結婚というものをしていた時期の記念でもある。



ランチのあとお茶してたら、誰かいい人できた?と聞かれた。

結婚と比べると恋人というのは儚く不安関係だ。口にすると壊れてしまいそうで怖い。

私はほとんど誰にもそういうことは話していない。

でも友達は私に強力に再婚を勧めるから正直に話すしかない。



捨てんかい! 話はリングネックレスに戻って、友人にこんこん説教された。

そんなものを置いている家にその人を呼ぶのは失礼だ、

だいたい過去を振り返ってどうする。



しかに、たしかに、仰るとおりです。

失礼というのが効いた。



帰宅してまず目に付く大きなモノ、洋服ゴミ袋に放り込んだ。これで買ってもらった洋服はなくなった。

バッグはないと困るので買い替えよう。



それから半日かけて離婚関係書類を整理した。きつかった。



その次の日アクセサリーを整理した。一つ一つに想い出があって、きつかった。

離婚したけど、心のどこかでちゃんと離婚できていなかったのだと思った。

その勢いで宝石の付いていないのを地金買い取りに出した。



そうして片づけてたら元ダン厄年に母がもらってきたお札が出てきたので、次の日に返しに行った。



3日連続頑張って、1つ区切りが付いたと思ったらクラクラしてきた。

次の日、眠くて眠くてずっと寝ていた。



次は宝石の付いている方をコメ兵とかに持って行く。

全部売ったら、もう元ダンから贈られたものは何もかもなくなる。



追記

他のはともかく婚約指輪が捨てられない…未練とかじゃなくて、こういうの自分人生でもう二度とないと思うと…

http://anond.hatelabo.jp/20170317155716

着ようよ。

今着ようよ。

思い入れありすぎて、一人だとちゃんとできないかもしれないって思うなら、

衣装の貸し出しから、ロリィタ用のメイクウィッグ貸し出し(もしくはヘアセット)、カメラマン写真撮影までやってくれるサロンあるよ。もう知ってたらごめんね。

スタイリストさんとお話しながらお洋服選んで、

メイクしてもらってかわいいウィッグつけてヘッドドレスつけて、

かわいい格好でかわいい写真撮ろうよ。

似合わないことなんてないよ。

実際に着たら、想像よりもっと夢みたいな気持ちになるよ。

楽しくて嬉しいよ。嬉しくて泣くかもしれないよ。

泣くとつけまとれるけど、それぐらい嬉しくなるんだよ。

憧れのあのお洋服を着てる自分が、いま目の前の鏡の中にいるんだよ。

見下ろすとあのワンピースの柄があるんだよ。それ着てるの自分なんだよ。

自分の足があの柄のタイツ履いて、かわいい靴履いてるんだよ。

信じられないかもしれないよ。でも現実で本当なんだよ。すっごいよ。楽しいよ。

今着ようよ。後悔なんか絶対しないよ。

2017-03-14

オタクになったきっかけを思い出す。

オタクをやめようと思いはじめてきている。

というのも、洋服や化粧、オシャレに対して興味を持ち、色んな事が楽しいと思い始めたら、オタクに対して疑問を持ってしまたから。

アニメとかゲーム漫画オタクで、前はキャライメージしたアクセサリー可愛い普通に使えると思っていたけれど今になっては少し恥しさが残る。

グッズのキャラも一つの絵柄から様々な媒体で売っていて、絵柄同じなのに何でだろうと疑問が残ってしまった。

そのような疑問が色々と積み重なって、オタクに対して疑問を持ってしまった。

その時にふと自分盲目的にオタクをしていた数十年を思い返してみた。

その時、自分にとってはとても処理出来ない、悲しい事があった。

そこからどんどんとまれていくように、恋愛ゲームオタクグッズなどに手を出していった記憶がある。

私は、集めるのが大好きで、キーホルダーなどビニールに入ったまんま保管が多く、溜まっていく一方だから部屋がとてもじゃないけど見せられない状況。

それが当たり前だった。

物があるのが、現実を考えなくても良く、夢中になれる事があるんだって考えられたからかもしれない。

その時私は、その思い出とプラス自分に対してのコンプレックスや自信のなさが凄くあって、自分に対して不満で、諦めていて、拗ねてる感じでオタクをやっていた感じがするなあと今更ながらに思う。

顔も良くないし、体型だって太っていて、どうせ私なんてとかそんな感じの。

疑問を持ち始めてからも、オタクの人と話たりとかした。

何故か、その人の闇を感じる時がある。

自分で取り返しがつかない劣等感とかコンプレックスや思い出がある気がする。

言葉の端々にそれを言ったり、言葉で出てる気がするからそれ気にしてるのかなって思う。

それを見つめたくなくてオタクをやってますっていう人が多いのかななんて推測してしまう。

それだけでは、その時の私はオタクやめようかなんて思わなかったと思う。

最初に書いた通り、疑問を持ってしまたから。

それを知っている自分ステイタスで、好きなキャラクターのグッズを持っている事で相手認識させる、相手気持ちを考えもせず一方的コミュニケーション、前好きだったアニメの話を全く言葉に出ない所など書いてしまえば多くなってしまうぐらい疑問が多くなってしまった。

そして、オタク同士の湾曲したコミュニケーションについていけなくなってしまった。

からオタクをやめようかと思いはじめている。

2017-03-11

ガヴリールドロップアウトの8話「秋の学校生活」を見て涙が止まらなくなった

ラフィとサターニャのお話がもう、もう、つらかった

僕は5年後10年後を考える海がきこえるで言うところの松野タイプではなく、拓タイプなので詳細なあらすじは書かないが、

ざっくり書くと、普段ラフィはサターニャのことをからかっていたずらをするため、雨の日に傘を差し出すラフィを不審に思うサターニャ、

しかしこの日は特にイタズラを仕掛ける気はなくラフィはただ一緒に傘に入って帰りたいだけだった

みたいな感じかなあ

いや、あらすじの何が難しいって、文章にしちゃう文章にしたこと以外が伝わらないわけじゃないですか

だってそれにはまだ名前がないんだもん」だのに、ラフィとサターニャの気持ち名前をつけてしまうわけじゃないですか

から、僕が涙止まらなくなった理由を書いたしまうのももどかしい

けど、書かないと伝えられないのも、たいへんだなあ

要するに「相合傘で一緒に帰るぐらいサターニャのことが好きなのに、それがサターニャにはうまく伝わらない様」がなんかこう、悲しいんだよ!

わかんないよ、ぶっちゃけ、本当になんとなく見てるだけで、今までの回も飛ばしてる回があるかもしれないぐらい、思い入れがないアニメから解釈を間違えている気がしなくもないんだけど、

ラフィはサターニャのことが大好きラブユー愛してるんでしょ?

だのに、素直になれなくてイタズラしちゃうんでしょ?

で、さらに、そのなんか、天使と悪魔の悲哀てきなサムシングが絡むんでしょ?

あーあーあーあーあー、切ないー

いやもう、そのイタズラって具体的になんだよってのが思い出せないぐらいの思い入れしかないのに、なんで泣いちゃうんだろうなあ



関係ない話しま

今日会社飲み会だったんですけど、女の子二人がめちゃくちゃイチャイチャするんですよ

大きいところでいうと、枝豆をじかに手で持って食べさせあったり

小さいところでいうと、向かい料理をとるときにお洋服料理の皿にくっつかないように手で抑えてあげたり

もう書ききれないぐらいの百合エピソードがあって、ちょっともう心が落ち着かないんですよ

あっ! こういうときアイマスアイドルで例えないといけないんですよね

えーっと

海老原さんと大石さんみたいな感じかな?




アイマスの話しま

みりあちゃんのソロ曲ロマンティなうって曲あるじゃないですか

あれの

ウィンクみっつそっとあげるから誰か教えて」の部分を

みくみくちゃんとあげるから」と思ってて、

そっかあ、みりあちゃんはみくちゃんと一緒にお歌を歌いのかなーって思ってた

思ってたんだから、仕方ないよね




あっオチ最近思いついた一発ギャグをひろうしまーす

前を向いたらスプリング

振り向いたならウインター

いつも心はサマーバケーション

こんにちはオーガスタまれムラサメ育ち、ネティクスです!

2017-03-07

http://anond.hatelabo.jp/20170307132401

あの店員ドヤ顔での言い返しがイラつく

使い方もだし、あのコーヒーそこそこ美味しいけど、機械名称マジで糞過ぎてある意味デザイン界では歴史に名を残しそう

洋服やその他でSMLが浸透しているのに、意識高い風にレギュラーラージにするとかもうね・・・

2017-03-01

貧乏性の母にプレゼントを受け取ってほしい

誕生日プレゼントを贈ると「こんな無駄遣いして」と毎度毎度怒られる。

楽しいはずの誕生日なのに、このことで毎年揉めてしまう。どうしたらすんなりと受け取ってもらえるのか。

自然派アロマっていいわねと言う母に、今年はマークスアンドウェブの500円くらいの石鹸詰め合わせを贈った。すると誕生日当日の夜電話がかかってきて、開口一番、うちはこんなの使うようなセレブじゃないから返品してこいと叱られてしまった。500円の石鹸ってそんな怒られるほど高い?

他にもすごい肌荒れで保湿が必要なのに全然スキンケアしようとしないから、無印の1200円くらいのやっすい化粧水買って渡したら、毎日毎日こんな無駄遣いしてたらうちは破産だわ、みんな一体どこにこんな物を使う金があるのかしらと大騒ぎ。母の生活にはスキンケアという概念がないのだ。

母は70代、戦後すぐ田舎で生まれ子供の頃は草履を履いて生活し、洋服教科書兄弟お下がりだったらしい。

でもそんな高齢者は山ほどいる。母だけが頑なに服もコスメアクセサリーも持たないで、外食もせず何十年と貰い物の古着ばかりで生きてきたのだ。

年金受給額は夫婦2人で40万を超える。贅沢は敵という固い信念の元にお金を一切使ってこなかったので貯金もまあまあある。”ちょっといいもの”が憚られる状況でもないだろうに。

そのくせ、子供から誕生日プレゼントを貰ったという友人の話を定期的に私に振ってきては、いいわね、素敵な関係よねと羨ましがる。

「貰い物だから~」で通していた時期もあったけど(ただで手に入れたと言うと喜んで受け取ってもらえる)、毎年は無理だ。どうすればお互い気持ちよく物のやりとりができるんだろう。

2017-02-27

オタクだけど「推しの色」という感覚が分からない

2次元アイドルも嗜むタイプオタクです。

どっちも10年以上好き。


好きなキャラアイドル)のメンバーカラーというもの存在する。

今好きなアニメキャラカラーは紫。アイドルの方は赤。

でも自分自身特にこの色にこだわりがない。


2次元の方は二次創作もしていて、カラーイラストもよく描くけど、

日常生活の中で紫色赤色を見てもなんにも思わない。

キャラアイドルのことに関連付けて記憶が蘇ったりもしない。

さすがにアニメOPとかアイドルの歌ってる音楽とか聞けば蘇るけど。


今日ツイッターで好きなアイドルに会うために、推しメンカラー洋服を買ったという実録漫画が流れてきた。

えっと思った。

そんなこと考えたこともなかった。

自分が好きなアイドル握手したこともあるし、コンサートにも何度も行ってるけど、

メンバーカラー洋服を着るという発想が今まで全くなかった。

びっくりした。



アニメ関連の方だけツイッターをやっているけど、

そういえばみんな小物を買うとき、これ◯◯くんの色〜とか、2色並べて△◯カラー!とかやってる気がする。(後者カップリング

作中には星が登場するからモチーフの小物を買ってる人もよく見る。

ふーんと思って見ている。


その小物が、モチーフが、色が、自分の中では好きなキャラに一切繋がらないのだ。

紫のピアスはただの紫のピアスだし、星のついたポーチはただの星のついたポーチしかない。

それ以上でもそれ以下でもない。


洋服自分の好きな色を着る。小物も自分の好きなものを買う。



日常アニメ日常アイドルを結びつけることが苦手なのかもしれないと今思った。

アニメアイドルといった夢のような非現実世界が、

自分のどうでもいいどこにでもある下らなくて普通日常世界と繋がっていると思いたくない。



でも推しの色を見てはしゃぐ子たちが少し羨ましい。

その感覚を手に入れたいような入れたくないような。


そういえば自分には友達がいない。

友達がいれば、アニメアイドルといった世界は非現実の夢の世界ではなく

楽しく共有できる自分自身の輝かしい日常の一部になるのだろうか?


今の自分には分からない。

2017-02-26

育児マグロ漁船に乗っているようだった

今年も保育園に入れなかった人たちの嘆きの声を聞く

私が育児を始めた18年前と何も変わらない


あの頃も保育園狭き門だった

母の助けを借りられない私は、夜中に仕事をして、もうろうと昼間の公園にいき、子どもを遊ばせた

「寝るために保育園があるのではない」と市役所の人に言われた

昼に働いて夜は寝る、そんな当たり前の生活育児中の母には許されない


ちょっと本屋による

美容院で髪を切り、洋服セールに出かける

仕事仲間と突発的に飲みに行く


大人としてしていた普通のことすべてに他人の力が必要だった


の子どもが中学生に上がると、急に自分人生が戻ってきた

自分の足で習い事や塾に通ってくれる

予想外に仕事が長引いても、コンビニ食事を買って食べてくれる


いま振り返ると、あの頃の私はここにいたけどいなかった

同じ世界にいるのに、育児界というバーチャル空間にいた

例えは違うかもしれないが、マグロ漁船に乗って隔離された世界に生きていくことに近い気がする

でも私は確かにここにいて

普通の世の中をうらめしく眺めながら、なんとか戻りたいとあがき続けた18年だった


育児がひと段落した身として

いま子育て中の女性に何かアドバイスしたいのだが

言えることが何もないことをむなしく思う


育児は素晴らしいことで

今や成長した我が子も大好きだけど

耐え忍ぶしかなかったあの期間は確実にしんどいものだった

2017-02-17

http://anond.hatelabo.jp/20170217103230

同意

日本人洋服を着ていいけど、逆はだめ」

マイノリティの服はマイノリティしか着てはだめ」

って、ガチ差別っぽくて怖い。

2017-02-15

彼氏とヤれそうな日の下着をどうするか委員会

24歳女。2016年クリスマス、しばらく気になっていた相手とはじめてセックスをして、処女を捨て、恋人になった。

今まで異性とつきあったことがなく、人前で裸になったのも今回がはじめてだ。しあわせだけど、「こんなに順調で大丈夫なのかな・・・」「飽きられたらどうしよう・・・」と不安になることもある。

いろいろな悩みはあるんだけど、そのなかでも結構なやんでいる部類に入るのが「彼氏と会うときの下着」だ。

喪女なので、今まで「別に見せる人もいないし・・・」と、ユニクロスポーツブラ数枚とユニクロパンツ数枚ばかりを購入し、レギュラー選手にしてきた。ごくまれ女子としての意識高まるときがあったものの、おしゃれな下着屋で買ったかわいい上下セットは2つしかもっていなかった。「このままではまともな下着を2つしか持ってないのがばれてしまう!」と思って、あわてて2セット買い足したが、この1~2月にも3回ほどセックスチャンスがあったので、すでに1巡してしまった。しかさらに買い足すのも・・・高いんだよね・・・

あと「なんか同じ下着ばっかじゃない?」と思われるのもいやなんだけど、「なんか毎回毎回あまりにも違う下着じゃない?」と思われるのも、それはそれでいやな気がする・・・。世の中のふつう女性はいったいどれくらいのちゃんとした下着セットを持っていて、彼氏と会うときはどれくらいのローテ―ションを想定しているんだろうか? 洋服にかんしては、上下のコーディネートを変えたり、コートを変えたり、組み合わせで対応できるんだけど、下着については本当に困っている。それともユニクロスポーツブラとかつけていってもいいの? 上下あってなくてもいいの?

誰か助けてください。

2017-02-14

早く男の所有物になりたい

付き合って明日11ヶ月になる男がいる。

同じ会社の他部署の男。

私は昔からエロいことが好きで性に奔放だった。性癖も少し変だし。

セフレも取っかえ引っ変えしたり夜の店で小遣い稼ぎをしたこともある。

ひとりのセフレにハマってしまって心をおかしくした時期もあった。そこから立ち直るのは容易ではなく、病院にも通った。

店で働いたこと以外全て彼は知っている。

なのに私を突き放さないし、大事大事に、いちばん優先してくれている。どれだけメンヘラなことを言っても、PMSかいって我儘な態度を取ったりいきなり泣き始めたりクソみたいな発言をしても、だ。

全く頭がおかしいと思う、この男。

そんな男とは半同棲みたいな形で過ごしている。実家暮らしだった彼は必要洋服とか荷物一人暮らしのうちに持ってきて生活をしている。

そろそろちゃんと親にも話して同棲をしようという時期で、親に話してみたら籍入れないの?と真っ当なことを言われた。

しかにそうだ。そのほうが当たり前に安心だ。

それを男に話したら、引っ越す時には籍入れるかと言い出した。無論これをプロポーズだとは認めない、私はこれでももっとまともなプロポーズを受けたいと願っている人間から

入籍する方向で双方の意見は固まってるがプロポーズが一向にない。

先週末にそれなりに雰囲気のいいテーマパークに行ったにも関わらず(しか初デートした場所)なかった。

急かすものじゃないと分かっている。分かっているけど早くしてほしい。

私は親に愛された記憶があまりなく、見捨てられたことばかり覚えているのでどうにかして誰かに愛してほしいのだ。

そのためには男の所有物になるしかない、と疑わない。

自分第一優先してくれて、自分のことを最大限甘やかしてくれて、グズグズにしてくれる人。どうしてもその愛を受けたい、ずっと受け続けたい。

から早く男の所有物になりたい。

入籍の話が出てから毎日のように嫌な夢を見る。

縛り付けられて燃やされたり、喧嘩して男が家の鍵を置いて出ていったり、後輩と自分セックスする夢だったり。

散々だ。毎朝疲れて起きるし、出ていく夢を見た時は大声で泣いて起きた。最悪すぎる。

頼むから早く安心させてほしい。

この人はずっと私を離さない、離せないという確信をくれ。あなたをまだ信じきれていない私に、どうか。

2017-02-13

http://anond.hatelabo.jp/20170213102429

https://www.bikeone.jp/bikeone_blog/category-05/zephyr1100

ゼファーを売ったら100万以上にはなるかも?

そうすれば高級なイタリアンに連れていくこともできるだろう。

そして、バイクに費やしてきたお金を、今後は彼女へのプレゼント代にあてることもできるだろう。

でも・・・

そんなんでいいのかな?

たぶんその女性お金しか興味ない。

バイクを売ったら、その次は時計を売らされ、洋服を売らされ、何も売るものがなくなったら、最後は君自身が捨てられるんだ。

それでもいいのか?

2017-02-09

http://anond.hatelabo.jp/20170209092236

女装癖のあるオッサンからアドバイス

女装は専門の女装サロンの中だけでやってもらうのが一番。

これなら、あなたに見られることもなく、本人も満足できる。




女装癖があるなんて、人には言えないし、自宅でこっそり楽しむだけに留めるのがお気楽だとは思うけどね、

嫁さんに心労を負わせるのはいけないことだし、さりとて、簡単に辞められるものじゃないんだよ。

今回、洋服をすべて捨てたようだけど、我慢できるのはたぶん3~4年くらいだと思う。

これは自分経験からの予想だけど、必ず、再発する。

2017-02-04

私がロリィタにこだわる理由

先日ラフォーレグランバザールに行ってきた。

沢山の洋服が掛けられたラックの中で甘ロリ系のジャンパースカートに惹かれたけれども、

なんとなくもう自分には似合わないんじゃないだろうかと思って結局買わずに帰ってきた。

それからしばらくロリィタ卒業しようかと考えたりもしたがやっぱりまだ諦めがつかない。

私がそこまでロリィタにこだわる理由は多分冴えない現実を忘れられる手段からだと思う。

仕事もずっと非正規正社員求人にも何度も応募したけどいつも不採用

恋人も生まれてこの方出来たこともないいわゆる喪女である

友達高校卒業してからおらず、ツイッターでもフォロワーほとんどなし。

そんな誰にも必要とされていない私の現実逃避手段ロリィタファッションなのだ

この服を着ている間だけなりたくてもなれなかった理想自分になれるような気がする。

から私はこれからロリィタを着続けないと生きていけないと思う。

甘ロリは無理でもクラロリならまだかわいく着こなせると信じて。

女性らしい服装』ってのは…

女性らしい服装』ってのは どんな服装

女性らしい服装』ってのは 誰にとっての?誰の考えが基準



それぞれが考える『女性らしい服装』…ってことじゃないよな。つまり、この発言者が考えてるであろう『女性らしい服装』を…ってことだよな。

気に入られたいなら このおっさんが好きそうな『女性らしい服装』を…ってことだよな…



さて、このおっさん趣味は…ボディラインがわかるようなのかな?

露出の多いやつ?

それとも、フリフリのファンシーな感じ?



好みから外れてると 『女性らしい服装』ではあっても、

「なんだ アイツは?あんな格好で仕事する気か?」とか言われそうだしな…



もしかしてスタッフが 後ろ姿だけでは男か女かわからない」と思ったから『女性らしい服装』なんて言った?


じゃあ 頭にリボンつけるだけでも良いのか?…なんて…





この『女性らしい服装』って話は

発言者が スタッフ自分言葉を どう受け止めるかを見るための踏み絵?…って気がしてきてる。



女性らしい服装』というのを聞いた時に それなりに従ってくれるのは誰か…

露骨に嫌な顔をするのは誰か…という選別…みたいな…



ニコニコしながら聞いて賛意さえ示していたのに 一向にそれらしい格好をする気配すらないヤツもいそうだし…

嫌な顔したくせに 今までとは全然違うフェミニン服装に変わったヤツとか…


その対応で 評価を…という意図がありそうで…





望み通りにしたんだからと、洋服代の請求書発言者に回していいか




追記。(2月9日

私の職場の話じゃねーよw



『女らしい服装』っていうのは「うちの娘みたいな」っていう意味だったのかな?

まりおっさんの娘が関係してるブランドを着ればいいってことか?

女らしい服装になるし、おっさんの覚えもメデタイって?


そのブランドを着てるスタッフが少なかったから 販促も兼ねて言ったのか?…なんて思ったり…

「『女らしい服装』ってのが よくわからないって? それなら!うちの自慢の娘を参考にしたらどうだ?」って感じで 娘のブランドを…とか…


娘は そのブランドを着てるのか?という疑問は残るけどw

デブをやめたい

ここ最近また過食している。

苦しいくらいまで食べて、気持ち悪くて寝る。苦しい苦しい気持ち悪い。

ずっと食べ続けて。ブクブク太って。なんて情けない。

そんなにおいしいか。そんなに食べたいか。こんなに気持ち悪い思いをしてまで食べたいものなのか。

本当にそう思っているなら頭がおかしいと思う。

今まで、太っていて何か良いことがあったのか。何一つなかった。デブは醜いんだよ。それを一番わかってるだろ。

から痩せろ。自分で決めたことくらい達成して見せろ、情けない。

今日は何をした?朝起きて、食べて、気持ち悪くなって、寝た。

毎日無駄にして。ここ最近太るばかりだ。

バカじゃないのか。生きている意味があるのか。自分人生を変えられるのは自分しかないんだぞ。今まで根暗人生を送って、勝手被害妄想の塊になって。

なんて自分勝手なやつだ。いいかげんにしろ

絶対変わるって誓っただろ。

惨めな思いはしたくないって思っただろ。

痩せたらやりたいこと、たくさんある。かわいい洋服を着たい。ちゃんとメイク勉強したい。イベントに参加したり、人前に出ることを極度に恐れている自分を変えたい。今の自分ではできないことばかりだ。

趣味を充実させて、勉強をして、仕事を頑張る。社会人として前向きに生きるって決めただろ。

頑張れ頑張れ。他の誰も応援してくれないけど。でも変えられるのは自分だけ。

頑張れ自分!!!!!!

2017-02-02

干渉な母へ 発達障害の娘より

お母さんへ

こんにちは。 娘です。突然の事で驚かせてしまってごめんなさい。今日はどうしても伝えたいことがあって手紙を書きました。LINEだとどうしてもうまく伝えることができないので、手紙という形になってしまいました。時間がある時に読んでください。

結論から先に言います。お母さんは私に対しての距離が、世間一般の親が子に対する距離より近すぎると思うので、私はお母さんに少し距離を置いて欲しいのです。

私はお母さんにとっても世間一般にとっても、とても育てにくい子供だったと思います。何度同じことを言っても治せない、教えたことを忘れる、不潔、常識がない、頑固な割に自分意見コロコロ変わる、勉強ができない、運動もできない、不登校にはなる、体調をしょっちゅう崩す、叱ればキツイ言葉で言い返し反省の態度がみられない……沢山迷惑をかけたし、沢山お母さんを心配させ苦しませたと思います

推測だけど、お母さんはそんな私になんとかできることを増やしてあげよう、直せてあげられないのではないかと考えたのではないでしょうか。だから、色々な習い事をさせてくれたり、できないことは何度も注意し、厳しく躾け、駄目なところを直そうと根気強く教えてくれたのでしょうね。お母さんは責任感も強い人だし、努力家な人だとも私は思います。それが更に拍車をかけたのでしょう。世間の人に「躾がなっていない子供」「子供がキチンとしていないのは母親が躾をしていないせいだ」と思われるのが辛かったのもあると思います。お父さんも助けてくれない、周囲の人に話しても分かってくれない、とても大変だったと思います

でも本当にごめんなさい。そのお母さんの思い遣りの気持ちが、強い責任感が私にとってはとてもしんどかったのです。

私は多分もう何度注意されても直せないものは直せません。反省しても、後悔しても、失敗しても絶対に無理です。そういう生き物なのです。何故お母さんが怒っているのかがわかっても、私ができていないことでどう周りに迷惑がかかっているか自分不利益が降りかかるかが分かっても、絶対に直せません。直せていたら今まで生きていたウン十年間の内に直していますだってそれは自分でも直したい部分でもあったから。自分の駄目なところで、周囲の人に迷惑をかけている自分が、堪らなく嫌で申し訳なかったから。でも私は直せませんでした。どう頑張っても無理でした。

から、もう諦めてください。お母さんがどんなに頑張っても私は忘れ癖を直せません。お母さんが何度言ってもお弁当を出すことをこれから絶対忘れ続けるでしょう。お部屋も片付くことはないでしょうし、忘れ物をし続け髪の毛を引っ張り続けます。そしてそれはお母さんの責任ではありません。私がそういう生き物だからです。だからもう諦めて下さい。お母さんの責任ではない問題は私の問題です。お母さんの問題ではないのです。忘れるなら何度でも注意してあげなきゃ!そうすればいつか直せるときに直せるようになるはず、という考えは捨ててください。逆です。今まで何度言ってきても直せなかったならこれから何度言っても直るはずがありません。もし直せたなら、それはお母さんが注意し続けてくれたからではなく、私自身がふとしたきっかけで、なんとか自分でもできる方法を見つけたからなのです。

弁当を出さないなら次の日のお弁当を作らなくていいです。たくさんの洗濯物を一気に洗うのが嫌なら「そんなに沢山は洗えません」と言って部屋のまえに服を放置して下さい。カップを部屋に持っていかれるのが嫌なら自分専用のコップを100均で買っていきますし、そのコップは自分で洗います自分の服を放置されるのが嫌なら服はもう一切貸さなくていいです。髪の毛が散らかしてあったら掃除したゴミを私の部屋の前に捨てておいてください。私のしたことで不利益を被ったら、不利益を被ったことに関係することで存分にやり返してください。

我慢してしょうがないけど可哀想から「やってあげる」から腹がたつのです。できないならお母さんが「代わりにしてあげる」から干渉と私に言われるのです。ならもう不利益を被らないようにし、被ったらやり返して下さい。私が困っていても「あなた問題からお母さんは知りません」でいいのです。それで私が何か文句を言ってきても「お母さんには関係ない」と突っぱねて下さい。それが私にとって一番いい距離間です。私ももうお母さんに送り迎えを頼みませんし、自分ミスの尻拭いも頼みません。必要以上に頼ってきたら突っぱねて下さい。下手な情けは必要ありません。それは決して私のためにならないと私は考えます。あえて冷たくしてくれた方が私は嬉しいです。

「私は間違っていない」「あなたが悪いから私は怒っているの」「あなたのためにしてあげたのにどうしてそんな酷いことをいうの」「努力していないから、話しを聞いていないからできないんでしょう」「言い訳ばかり達者になって」「お母さんが選んだ服の方がセンスがいい」「あなた一人じゃ無理だから私がやってあげる」という考えは私に通用しないと思って下さい。

価値観が違えば、「私は間違っていない」と思っていても、相手は「自分の方が正しい、あるいは間違っていてもそれ相応の理由がある」から怒っているのです。「あなたが悪いから私は怒っているの」ではなく、お母さんは「あなたに怒っているから私は怒っている」のです。「あなたのためにしてあげたこと」が相手にとって不快であることだってあるだろうし、寧ろ迷惑まりないこともあるということを認めて下さい。「努力していない、話しを聞いていない」と思っても、あなたが思いつかない方法努力していたりするのです。「言い訳」は「相手にとっては正当な理由」だし、「分かっても努力したくないし具体的にどうすればいいかからないし出来そうもない」なら「そんなの知らない」で構いません。「お母さんのセンス」が必ずしもいいものであったり私に似合うものではないし、「私のセンス」は似ていてもお母さんのセンスによって育てられたものではありません。「私一人で無理なもの」はお母さんが助ける必要は、私が助けを求めない限り必要ないのです。本当に困ってないからお母さんを呼ばないのです。


私とお母さんは他人です。私の悩みごとはお母さんの悩みごとではありません。

バイトを探してくれたのも嫌でした。酷く打たれたのも嫌でした。お洋服を選んでくるのもお母さんの服を頼んでもいないのに貸してくるのも嫌でしたし、塾に毎日迎えに来てくれるのもしんどかった。小学校受験も嫌だったし、習い事苦痛だった。急に美容院に連れて行かれるのも、部屋の掃除勝手にされるのも、メイク道具を選ばせてくれないのも、髪を短くしてはいけないのも、怒鳴られるのも、お父さんの愚痴を聞くのも、彼氏に口出しをされるのも、テレビも良くないゲームもよくない、バラエティは質が悪いからみせないし、それが理由でお友達の話しについていけないのが辛かった。駄菓子食品添加物があるから食べさせないという制限のせいでこっそり食べたい駄菓子を買うのも、友達に恵んでもらうのも嫌だった。全て私のためを思って行動してくれてると思っても、お母さんを恨む気持ちが変わることはなかったし、感謝したくても、お母さんを大切にしたくても恨みが勝ってしまってどうしても無理でした。自分選択たかった。自分で苦労して学びたかった。ダサくても自分が着たい服を着たかったし、初めて自分で買った服ですら母のセンスだと言われた時は本当に虚しかった。デキモノがでても駄菓子をお友達と一緒に食べたかったし、バラエティの話にもついて行きたかった。お母さんのいないところでこっそりゲームをしていたときは本当に楽しかった。初めてのバイト代自分で買った化粧品は今でも重宝してる。結局やめてしまったけど、自分で受かりたいと思ったバイトに受かったときはこれで少し自立できるのではないか希望に満ち溢れていました。大学へ行き、家にいる時間が減った途端に私は自分感情が今まで以上に素直に出せるようになりました。私達は遠い方が上手くいくのです。だから、ごめんなさい。私のためを思って、見放してください。もう、お母さんがいないと何にもできない私から卒業させて下さい。

親の心子知らず。お母さんはよくこの言葉を使います。確かにそうです。私はお母さんの気持ちなんて全然分かりません。でも、お母さんだって私の気持ち理解したことなんて殆どなかった。


凄く近いはずなのに、多分心は一番遠い人間、それが私にとってのお母さんです。

2017-01-27

人は見た目が9割

タイトルの通りだ。

これは間違いない。

体重80kg、目が半分ないような卑屈なデブからダイエットと化粧と服装をなんとかして

会う人会う人「美人だね」って言われるようになった私が言うから間違いない。

先に言っておくが元の造形はややブス寄りだが、骨格は壊滅的でなかったので

フォトショでも駆使してんのかってメイクで生きている。

未だにすっぴんは晒せない。OLビジュアル系みたいなものだ。

で。

デブ時代と今は本当に生きる難易度が違う。

先に言っておくと高身長なので、一番痩せてた時期はモデルの真似事も出来た。

デブ時代

自分自身が卑屈

クラスメイトの女のいじめの標的

・本読んでる→暗いデブ

運動してる→転がったほうが早いんじゃねw

テスト高得点→あれしか取り柄ないからw

洋服買う→店員に「試着は大丈夫か」としつこく聞かれ、ビッグサイズしか勧められない

<今/体重美容体重

普通人達から憧れられる

・本読んでる→知的

運動してる→やっぱり気使ってるんだね!見習お!

テスト高得点→すごーい!

洋服買う→あれこれ勧めてくれる、試着なしでも店員気にしてない

じゃあ痩せて万々歳じゃん!

てそういう訳でもない。

結局生まれつきの美人のようにのびのびと生きてるわけでもなく、

服やらメイクやらに依存してるからコンプレックスの塊が誕生

卑屈なままなのに男性から声かけられるようになったから、

結局恋愛も駄目な方向ばっか。

尽くして尽くして都合のいい女になるからすぐポイ。

骨格がきれいなナチュラルボーン美人は憎い。

何の努力もしない卑屈なブスも憎い。

健やかに生きてる明るいちょいブスも憎い。

結局中途半端なやつが一番性格悪いんじゃないか自分みたいな。

諦めることも、認めることもいまいち出来ずにコンプレックスのるつぼ今日バタフライキメてます

2017-01-16

娘がブスすぎて愛せない

11歳の娘がすっごいブスで愛せない。顔を見るたびにイライラする。

あたしはかなり美意識が高い方だと思う。服も化粧もスタイル小学生の頃から自分なりに研究して磨いてきた。だからお腹の子供が女の子だとわかったときは嬉しくて、可愛い洋服を選んであげたいとか一緒に買い物に行きたいとかお化粧教えてあげたいとかいろいろ想像した。

でもいざ産んでみたら娘は顔が本当にダメだった。一学年に一人いるかいないかってレベルでブス。太い眉と一重の細い目に豚鼻。成長すれば多少は整うかと期待したけどそんなことはなくて、恐れていた通り、旦那そっくりの顔に仕上がった。

女の子らしい可愛い服はもちろん似合わない。本人もそれはわかっているみたいで、小学校に上がったあたりからスカートを履きたがらなくなった。ピンクのものディズニーキャラクターも嫌い。高学年になると男の子向けのかっこいい、というかごつい柄をわざわざ選ぶようにすらなって(スポーツブランドロゴ入りの彫刻刀ケース?を買おうとしたときはさすがに叱りつけた)、今ではもう母親のあたしにも我が子の感性がわからなくなった。せめて心だけは女の子らしく愛嬌のあるように育ってほしかったのに。性格もなんだか卑屈で暗い感じで、最近ではあたしともあまり話したがらない。顔の影響が内面にまで及んでしまったらもう手のつけようがないですよね。こんなことになったのは妥協して不細工旦那結婚したせいだ、旦那の前に付き合ってた元彼(低収入だけどイケメン!)と結ばれていればよかったのになんて考えまで浮かんでしまう。娘も旦那も嫌い。毎日毎日嫌で涙が出てくる。

娘も近頃胸が膨らんできたのでそろそろブラを買ってやらなきゃいけないな。もう少ししたら初潮も来るのかな。気が重い。

婆ちゃんに戦争の話聞いてきた

今年87歳になった婆ちゃんに、

正月田舎帰った時に戦争の話を聞いてきた。

当時「この世界の片隅に」のすずと、

同じような年齢で戦争経験した婆ちゃんに本当のところは、

どうだったのかなと聞いてみたいと思ったのがきっかけだった。



婆ちゃんは7人兄弟の三女。

婆ちゃんのお母さんは、早く亡くなっていて

物心いたころには、後妻としてきたお母さんに育てられたそうだ。



婆ちゃんが子供のころは婆ちゃんのお父さんは事業成功していたらしく

家にはお手伝いさんが何人もいたらしいのだが、

戦争前に事業に失敗。

家は途端に貧しくなったらしい。



たまたま勉強が優秀だった婆ちゃんは、

小学校先生が何度も何度も婆ちゃんの家に来て

婆ちゃんを女学校に入れて欲しいと、お父さんを説得したそうだ。

当時はまだまだ少なかった奨学金の話を持ってきてくれたり、

授業料免除手続きなどをするなど、

本当に熱心に動いてくれたらしい。



結局は婆ちゃんのお父さんも先生の熱意に打たれて

全寮制の女学校に行けることになった。

戦争は、そんな女学校時代に起こった。



戦争が始まる前、日本満州での事業で盛り上がっていたそうだ。

大陸未分化な国を日本配下に置いて発展させることは、

とても素晴らしいことで全く悪いことだと思っていなかったそうだ。

学校では、天皇陛下神様と教えられて、

天皇陛下の元、男子兵隊さんになるのが当然だと思っていた。



近所の家が、共産党員の容疑をかけられて警察に連れて行かれた。

婆ちゃんのお母さんは、近所のオジさんは悪い事をしていたと伝えたらしく、

子供心にショックを受けたそうだ。



戦争が始まっても、ばあちゃんの日常は変わらなかった。

普通に勉強していた。ただ、農作業時間が入ったそうだ。

女学校同級生みんなでさつま芋を育ててたらしい。

そのうち、普通の授業の時間はなくなり、

富山工場女学校の全員で働きに行く事になった。



毎日10時間ミシン兵隊さんの洋服を塗っていたそうだ。

女学校勉強できなくなるのは残念だったが、

天皇陛下のためだし、戦ってる兵隊さんのためだかしょうがないと言っていた。



徐々に女学校日常が、戦争への協力の日常に変わっていくのは感じていたそうだが、

戦争はずっと勝っていると思っていた。

新聞ラジオ毎日のように、日本の大勝利の話ばかり流れていたそうだ。



そのうち、配給が減ってくるといつもお腹が空くようになった。

芋だけじゃなくて、芋がらといってツタとかも食べたらしい。

お腹が空いて寝れない日が普通になった。

友達とは、毎日食べることばかりを話していた。

炊きたての白ご飯に納豆をかけてお腹いっぱい食べたるのが夢だった。



そんな日常の中、空襲が婆ちゃんの工場を襲った。

焼夷弾が次から次へと降ってきて、

花火のように火を吹き上げるんだそうだ。

婆ちゃんは怖くて怖くて、山の上に逃げた。

町中が灼熱地獄のように暑かった

ただ、ただ、山の上に逃げた。



当時、なんで山に逃げたのかは自分でも解らなかったらしいが、

一緒にいた友達が山に逃げるので一緒に着いていったそうだ。

結果、それが婆ちゃんの命を救った。

ものすごく暑かったので、多くの人は川に逃げたらしい。

そんな人でごった返した川めがけて、空襲は襲った。

川に逃げた人はみんな死んだ。



空襲が止んで、友達は半分も残らなかった。

婆ちゃんの働いていた工場も完全に破壊された。



その後、近くで何度か空襲があったらしいが

運良く婆ちゃんの所には直撃せず、

次の工場への移動が決まり、準備を進めていた。



そんな矢先、唐突戦争は終了した。

天皇陛下の敗北宣言を聞いた時、

戦争に負けた悲しみよりもなによりも、

もう爆弾が降ってこないことが嬉しかった。



もう、爆弾が降ってこないんだ。



と言った時、婆ちゃんはうっすら目を潤ませていて

本当に本当に辛かったんだなあと、

聞いてる俺も泣きそうになった。



その後戦後の本当の食糧不足や、

食糧不足になって、都会の親戚が着物いっぱい持ってきた話なども聞いたが、

だいぶ長くなったので、ここで話を止めたい。



今の日本海外若い人たちが

戦争を始めることもいとわないと言うのを聞くと

から恐ろしくなるし、

あん経験を俺や俺の娘にはさせたくないと

強く言っていた。

2017-01-14

スマホ婚活物語

呼んでもいないのに、また誕生日がやってきた。32歳になった。その時を大宮あたりにある自宅のワンルームアパートで俺は迎えた。

仕事公務員。俺は一浪で、とある無名大学入学し、一留卒業し、さら卒業後に一年公務員試験勉強をして入庁した。運良くストレートで入庁までたどり着いた奴らと比べると、3年余分に時間を食ったことになる。くそ、と思うことはいつもであるが、それでも、出身大学レベルからすれば随分立派な就職先に入れたのでその点は誇りに思っている。なんと言っても公務員は安定している。

まあ、どこかの国も破綻しかけたし、うちの国でもメロンの有名な某自治体破綻したりして、果たして将来も安定か?というツッコミどころもあるが、なんだかんだ自分の定年ぐらいまでは大丈夫だろう。

だべってばかりで働かない職員モンスターなんちゃらに囲まれての仕事は決して楽しくないが、生きていくためだ仕方がない。

ちなみに、一浪した時は、実家があまり裕福ではなかったので新聞奨学生をやりながら、予備校に通った。しかし、この新聞奨学生というのがひどいもので、配達作業時間のせいで十分に勉強時間がとれないという代物だった。今思えば、少し無理をして自宅浪人でもしてれば、早稲田筑波ぐらいならいけたかもしれない。本当に後悔している。

容姿は良い方だと思う。中学時代はそれなりにモテ記憶があるし、男友達からも、良い方だろうという客観的評価をもらっている。

だが、恋愛は不調だ。これまでの人生で一度だけ付き合った彼女美人で、スタイルもよかったし、若かったし(当時23歳だったか)、あっちの方も抜群だったが、いろいろいい加減な子だったので半年ほどで別れた。結婚も考えねばという年齢だったのでそれでは厳しい。その女との出会いは、数年前から流行りの街コン。当時は友達街コン婚活パーティーに出かけて出会いを求めていたが、そこで一度だけうまくいったのがその女だった。

と、それが二年ほど前の話。そう。今、俺の心を占めているのは結婚への焦りであり、結果として婚活自分プライベート時間の多くを占めるに至っている。婚活もいろいろやり方があると思うが、今の主戦場スマホ婚活アプリだ。

婚活アプリでは、それぞれ自分PRするプロフィール写真文章登録し、男女共々、異性のそれを見ることができる。気に入った相手がいれば「いいね」する。「いいね」されると、された相手には通知がいき、運良く相手も気にいって、「いいね」を返してくれたら、晴れてチャットができるようになる。あとはいかにうまく口説いて、「面接」に持ち込めるかだ。

面接」というのは婚活用語である婚活アプリでは、チャットいくらか続けたあとに、アポをとりつけて相手食事に誘い、そこではじめて相手と対面する。そして相手容姿や、学歴職業コミュニケーション能力などを見る。これがさながら企業における採用などの面接に似ているから「面接」などと呼ばれるのだろう。採用活動における面接ではおおむね企業側が一方的に見るものだろうが、婚活における「面接」では、お互いがお互いの値踏みをする。従って、当然ながら、「面接」に望む時の洋服には十分気をつけなければいけないし、会話を弾ませるよう自分の話術を最大限駆使する必要がある。そうでなければ、二次面接」、三次面接」には進むことが出来ない。お祈りメールを待つのである

俺が将来の伴侶に求める点は大きく、1)友達が羨ましがる容姿、2)自分よりも高学歴、3)結婚してもちゃんと働いてくれる人、4)性格がまとも、5)年齢は31歳まで。若いなら若いだけ良い、の5点である特に1)2)5)は重要だ。なぜかって?それは他人に羨ましがられる嫁が欲しいからだ。俺は正直に言って、自分に誇れるものがない。大学へは小学生時代から続けていたスポーツを極めたくて入学したが、結局自分には才能がないことを痛感した。プロなんて夢のまた夢だ。誇れることは、せいぜい、公務員になれたことぐらいである。これがなかったら、ぶっちゃけ、ただのクズなんじゃないかとすら思う。だからこそ、婚活では一発逆転したい。

実際、俺はかなり婚活に入れ込んでいる。中毒といってもいいかもしれない。平均で週に2回程度は「面接」をしているし。婚活アプリも4つ程度を同時並行で利用している。

金もかかる。課金額は月にそれぞれ5000円程度だ。「面接」にだって金はかかる。飲み屋でディナーとなれば、安くても一回4000円は飛ぶ。もちろん支払いは男持ちだ。男女平等が叫ばれる昨今であるが、婚活では関係ないらしい。交通費だって地味に痛い。

トータルで「面接」した人数は50人はくだらないと思う。しかし、未だに婚活は終わっていない。

俺が求めるレベルの女には、一次「面接」で切られてしまう。そのレベルに達していない場合だと、付き合うところまでいけそうということも何度かあったが、どうしても本気になれず、最後まで続かない。

もう本格的に婚活をはじめて3年になる。最近は、周りの友人なども結婚しているやつが多くを占めてきたし、子供ができたというのもFBなどでよく見かける。そういうのを見ると、自分は何をやっているんだろうと思う。俺はちゃんとした家庭を持つことが幸せ重要な要素だと考えているので、何のために生きているのだろうという思いにかられることもある。「面接」がうまくいかないのはコミュニケーション能力が低いせいもあるのだろう。そういえば、うちの親はどちらもコミュニケーション能力に乏しい。遺伝なのか育った環境問題なのか。くそ

しかし、あきらめない。絶対にいい女を捕まえてみせる。

仲の良い友人の1人はそこそこの女で妥協した。しかし、俺はそんな情けないことはしない。

そう思いながら、今日スマホで女の写真を眺めては、取り憑かれたように「いいね」をしている。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん