「再就職」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 再就職とは

2017-03-11

保育園子どもを預けてメガネを売る

1歳になる前の子を預けて働くなんて今では当たり前のことなんだろうけど

それでも1歳の子を預ける理由メガネを売りたいからっていうのには驚く

どんだけメガネ好きなんだよ

分かってる

別にメガネきじゃないことくらいは

職業に貴賎はないことも分かってる

要するに金が欲しいんだよな、金が

でも結局メガネを売りたいか子どもを預けてるんだよな

私が二人の子を産んだのは18年くらい前

その頃は赤ちゃん保育園に入れる人なんてのは一部の公務員か何らかの事情のあるシングル世帯生活保護貰うような人で

販売員なんてみんな妊娠したら辞めていた

今の時代、一度辞めたら再就職が難しいからとか

いやいや

10年以上働いていなかった私がいま普通にメガネ売ってます

正社員ですよ

販売仕事はそこまでブランク関係ないでしょ

まり何が言いたいのかというと

メガネ売るの辞めて子どもを家で育てなよ

子が風邪引くのもわかる

日曜出れないのもわかる

全部私もやってきた

経験済みだ

その上で言おう

保育園に預けてまでメガネを売るなんてのは母親としてどうなんだ

旦那の顔が見てみたい

2017-03-07

例の不動産物件紹介動画について

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1917196.html

まらないことを言うようだけど、こういう動画を見つけた場合は、その会社にだけ「こんな動画上がっちゃっているので、はやく消したほうがいいですよ」と、そっと連絡すべきだと思う。

だって友達同士ではプライベートでは人に聞かせられないことをしゃべっているわけで、明らかに間違ってアップしてしまったものを、世界中晒しては絶対にならない。というか、人としてやってはいけない。逆に自分がやられた場合想像すれば自明のことだろう。下ネタガールズトークからみんな笑って軽く扱っているが、その人の人生に与える影響を考えれば、決して軽く扱われるべきではない。

その不動産会社にだけそっと連絡すれば、その社員も少し怒られただけで普通に仕事を続けられた可能性は高い。ところが、ネット晒し炎上させてしまったために、おそらく速攻で首になっただろうし、今後の再就職活動にも支障が出るはずである晒す側は、「これで社会人として復帰不可能なったとしら俺のせいかもな・・・」という想像力が少しでもほしい。

2017-03-03

http://anond.hatelabo.jp/20170303182527

えー、子供大きくなっても再就職しないのって

それこそ訳アリか余程のセレブ妻でもない限り馬鹿にされるだけやん

セレブ妻はともかく、訳アリだったり馬鹿にされるような立場専業主婦なんかなりたくないでしょ

http://anond.hatelabo.jp/20170303133624

大学生なんてまさしく「世間知らずな人」だらけだしなあ



つか、若くなくてももうそういう位置づけになってる

随分前から主婦雑誌とかですら、憧れのあの人にインタビュー的な記事専業主婦が出て来る事はない

専業主婦から再就職してそこから出世したとか、事業起こして女社長にとか、フリーで働いてその筋の有名人になったとか

そういう人は憧れられて持て囃されるけど

http://anond.hatelabo.jp/20170303105306

亭主元気で留守がいいって、留守を守ってる側しか言えないじゃん。働いてたら留守番じゃないじゃん。

パートって再就職って言うのとちょっと違うやん。パートやん。パートやん。そんな人生いややわ。

http://anond.hatelabo.jp/20170303103854

うちの母親は60代だけど、私が中学生くらいか再就職してたし

母親の友人も皆そうだけどなあ

今はもう皆定年過ぎたけどね



友人も中高生くらいになったら母親パートとかやってる子が大多数だった

別に東京のど真ん中とかではないがど田舎という訳でもない地方都市育ちで、

中学校公立だけど(その都市の中では)地価が高く教育熱も高い地域高校進学校

そこそこ金がある家庭が多かったから、多分他の地域よりは専業率高かったはずだけどね

実際小学校の頃は母親は専業で当たり前で、その前は幼稚園が当たり前、保育園なんて小学校低学年までは存在すら知らなかったよ

でも子供が中高になれば多くの母親は働き始めた



たまたま増田母親けが専業に固執してただけでは?

でなければそういう地域性があるのか



亭主元気で留守がいい、は兼業だろうと当てはまるしなあ

http://anond.hatelabo.jp/20170303101609

ネット使うなら中高生以上だろうし

子供中高生くらいになってたら、専業だとしても再就職している人が多いと思うけどな



子供引きこもり母親は働きたくても働けない(子供放置したら何やるか分かったもんじゃない)みたいな家庭が多いんじゃないの

その引きこもりの子ネット罵詈雑言、と

2017-03-02

http://anond.hatelabo.jp/20170302142251

そこまで能力がある人は定年後もどこかに再就職してるし、

仕事辞めるのは身体にガタが来てるか、趣味に生きたいとかだからなー

健康で有能なのに暇な老人ってレアだよ

2017-02-24

http://anond.hatelabo.jp/20170223234843

知り合いにもこういうおかしタイプの人たちがいるけどあっさり再就職してしまうので

ずっと就職が決まらない自分はなんなのだろうと思ってしま

育児家事女性仕事と誰が決めた? Byイクメンという言葉が嫌い

2010年 流行語大賞 イクメン

私はその年に初めて子供を産んだ。


そもそも何でイクメンなんていう言葉

流行語になったんだろう?



何でを考えると日本が見えてくる。

悲しい事に我が家では今でこそ数少なくなったが

パパとよく喧嘩する。



家事育児

家事育児女性がやるべきなんて誰が決めたんだ?

復職とともに大ゲンカする回数も増えた。

些細な事で大きな喧嘩になるのだが、

根本男性家事育児自分がやるべき仕事として

全く認識してない事が原因。

自分の子供なのに…まるで赤の他人事のように言う。



冷凍食品いちゃもんもつけられる。

私は冷凍食品だって時間を割いて厳選した食材

詳細を見て選んでいる。

時間という労力をかけているのだ!

家族健康の為によりよい製品を選ぶ!



いったい日本女性はいつまで耐えるのだろう?



日本教育やマスメディアの過ちが全てのガンを産んだ!


長時間労働というガンを産んだのも、

家庭を顧みない男性が働く人間象徴のように

もてはやされてきた事が今の歪みの原因〜。

過労死なんてほんと馬鹿げている!

こんな事が当たり前なんて絶対にイカレた社会



貧困家庭母子家庭が多いのも、

結婚仕事を辞める=キャリア捨てる。

離婚した → 再就職給料激減=貧困

結婚とともに働かなくてお気楽専業主婦

なんて考えが貧困を産んでいる。

子供にとって家庭円満こそが一番!だけど、

離婚しても豊かな家庭環境は大切だよね。



歪んだ思想が産んだ産物



子供社会にとって宝なのに。

子供が主とならない日本社会構造は最悪。

いつか日本は無くなってしまうかも。

保育園問題はいつまで続くのかな?



家庭円満共働きライフスタイル

いつになったら日本では当たり前になるのか?

まらない夫婦喧嘩なんてしたくはない。



イクメンてなんか偉そうな感じに聞こえるのは

私だけなのかしら?

そもそも当たり前の事をしているだけなのに

ほんと不愉快言葉



日本人思想のものが変わらない限りは

歪んだ構造のままなんでしょうね。

ああ悲しきニッポン

2017-02-21

http://anond.hatelabo.jp/20170221124825

バーグハンバーグとかに実績持って就職した方が良くないですか?

そんな面白ライター系じゃなければ、各種執筆等も請け負う専門会社再就職を狙うとか。

正直、フリーライターは今後つらいと思いますよ。

2017-02-16

親の車を捨てる話

条件がぐちゃぐちゃしているのでユースケースを一つ作る。

「Aは親であるBと遠くはなれて住んでいる。様子を見に行くのも飛行機を使うため、気軽に帰省する訳には行かない。Bは高齢のためここ数年、急激に運転がおぼつかなくなってきた。軽い認知症が始まっている。車を降りることを薦めても『心配しなくていい』を繰り返すだけで、話を聞かない。後期高齢者保険の話をしても嫌な顔をするだけ。ヘルパーを入れることも拒む。説得を続けると『疲れた』といって引っ込む。高齢者運転事故の話が話題になっており、心配だ」

多分日本中に掃いて捨てるほどあるユースケース。本当に掃いて捨てたら大阪の海が悲しい色に染まるどころか広大な埋立地ができるだろう。

さて、BはAの言うことをまったく聞かない。一方でBの運転能力は日増しに低下している。ここで何ができるか。現実的選択肢は以下のとおり。

  • 殴り飛ばして無理やり言うことを聞かせる
  • Aが今の仕事を放り出してBの近所に引っ越す
  • Bが衰弱してAに抵抗できなくなるまで待つ

最初選択肢はAが逮捕される。2番目の選択肢を取る人は一定数いる。その後再就職できずに低所得層に転落する悲劇が量産されているが、報道はめったにされない。最後選択肢現実解として選択する人は多いだろう。

最後選択肢を選んだ場合で、かつBが誰もひき殺さなかった場合現実に起きるのは次のような事態になる。

「Bは認知症が進行し、徘徊を始めるようになった」

Bは脳機能の衰えにより、自分の車がどうなったかを正常に判断できなくなる。車を捨てるのはこのときしかない。しかしながら、同時にBは徘徊等をはじめており、この時点で付きっきりの監視必要になる。

Bはヘルパーを拒んでいたため、遠隔地からAがBの世話を頼める人はいない。「徘徊しているお父さんを保護しました」という警察から電話に、予定をすべてキャンセルし、会社に頭を下げて(割安航空券を使わずに)あわてて帰省することになる。

長期休暇は取れない。ここでどうやって車を捨てればよいか

実は車を捨てるという言葉には、二つの意味がある。

普段意識していないが、会話で「廃車」というときには上の二つの意味を両方含んでいる。

この二つを短時間にできるだろうか。

スクラップ処分はできる。近所に業者がいるならば、自走していって車検証と自分身分証を見せるだけで廃棄してくれる。所有者の同意書、委任状などは不要業者確認することを推奨)。

問題は法的な廃車のほうだ。

法的な廃車はAの居住地でもできる。必要ものは:

この二つがあればいい。さてここで問題。Aの言うことをまったく聞かなかったBは、Aに登録印の保管場所を教えてくれるだろうか。

教えてくれているなら幸い。とにもかくにもすぐに廃車処理すべきだ。(来年納税までに捨てればいい)などというのは間違いだ。なにしろ

登録印は自治体の外に引っ越すと無効になる』

Bが自活能力を失ったからAの元に引き取る。あるいはAの居住地の近所の施設に入れる場合、当然住民票を移動することになる。

教えてくれなかった場合印鑑を再登録する必要がある。

ところが、印鑑登録の再登録には本人自筆委任状必要となる。委任状を書けるくらいなら運転心配などあるわけないっつーの。そもそも、委任状を書ける状態ではBはAに同意しない。

この点に関して、役所は一切助けてくれない。結局、この状態になると選択肢は二つ。

偽造が発覚した場合、たぶん書類送検される。裁判で争うのも一興だろう。ツイッター炎上させてメディアを巻き込む。うまくするとゴーストライター適当感動ポルノ本を書いてくれる。印税で買ったワインを飲みながら、すでに知的な話をできなくなったBの耳元に「あんたのおかげで大もうけできたよ」とささやくと、テレビドラマ的で素敵だと思う。

重量税を払わない方法もある。払わないと警察が来るので「この人が脱税しました」と、Bを突き出すのだ。嘘ではない。安全運転納税は所有者であるBの義務だ。うまくするとBはお上が面倒を見てくれる(ないない)。

成年後見人は一番まともな方法だ。成年後見人になれば、Bの代わりに印鑑登録し、廃車することができる。が、認定されるまで数ヶ月かかるという、お役所仕事なので年明けにスクラップにしたなどという場合はあきらめるしかない。

かくのごとく、親の車を捨てるとは面倒な事である

当然だが、ここに延々と書いた面倒な話とは別に「老いの準備を一切しなかった親を引き取る」という大変な事態が同時に発生する。

子供が憎い、子供を少しでも苦しめたい。そう思っている方には『心配しなくていい。俺は大丈夫だ』と言い続けることをお勧めする。効果は絶大である

2017-02-11

子供を持ちたいと思えない私は異常なのか

結婚してだいぶたち、結婚当初も今も、子供が欲しいという気持ちほとんど芽生えず、周囲が子持ちになっていくことに息苦しさを感じはじめています

そもそも子供が苦手、ということに加えて、自分精神疾患があったり(今はとりあえず寛解してる状態)、アダルトチルドレンの気がある。

復職後に病気再発を数回経験しているうえ、年齢的にも正社員としての再就職はほぼ無理。

在宅のお仕事をしつつも、生計立ててるといえるレベルじゃなくて、それはそれで自分が嫌になっている状態

この状態で、子供を持てる自分が全く想像できないのです。むしろ恐怖心しか湧かない。

夫は、私が病んでるときにも投げ出すことな治療に協力してくれた人。

子供がそこまで好きなわけじゃないらしく、「無理して子供持つこともないんじゃ?」と言ってくれている。

そして、「子供持つことになったら病気再発するんじゃ?」と心配している。私もそう思ってる。

孫の顔みせて一人前」とか、「子育てしてこそ大人」とか、そんなことを言われたら、今の私は一人前じゃないんだなぁ…とまた自分が嫌になる。

特に最近は、年齢的なことを心配されてか「今産まなかったら後悔するよ」とか言われるし。

そんな安易気持ち子供産んで、その後の子供に私の影を落とすようなことするほうがよっぽど辛いわ。

保育園落ちた、って話を聞いてると、「子無しでも苦しい、子を持っても苦しい」って思えてくる。

希望がなくてつらい。

2017-02-09

http://anond.hatelabo.jp/20170209192439

天下りってのは官僚様の定年後の再就職を指して天下りって言ってるのがほとんどでな…

天下りについて思うこと

そもそもなんで官僚って全員普通の定年まで勤めることが出来ないの?

地方公務員民間企業普通に出世街道の頂点とかじゃない人をきちんと最後まで雇ったりしても一応成立してるのに

官僚だけ途中で辞めさせないといけないっていう構造はどうにかしなくても良いのか。

公務員特有事情とか言っても地方普通に定年まで働いてるじゃんと。

現役の年齢でクビになるのが通例なんて仕組みだから、不適当な形での再就職システム化してしまうんではないのか。

まさかそれから先ずっと無職ってわけにも行くまいし、システムとして天下りがあるとそこから外れた再就職なんてのがあるのかも疑問だ。

僅かに例外的な人が官僚辞めて再就職するとか、そういうのは勿論あってもいいとは思うが、「事務次官以外は中途で辞めて当然」っての、

まずはこのあたりをどうにかするべきなのじゃないのか?

別に出世街道に敗れて、万年係長存在で勤め上げる官僚がいても、天下り問題起こすよかマシだし、

そもそも緊急時のための予備人員という意味である程度窓際があったっていいだろう。ただでさえ官僚は激務なわけだし。

全員定年まで働ける、それでも例外的に辞めたいという需要があるなら、それはまあ民間にもあることであって仕方ないかもしれんが

今の状態だととてもそういう普通の状況には思えん。

仕事の使命感なんか犬にでも食わしとけ

http://anond.hatelabo.jp/20170207224412

教育困難校のヤツ、遅ればせながら読んだ。

最近自分の置かれた労働環境の悪さを嘆く増田が多いねネットニュースにも取り上げられたりしてさ。

この件に限らないけど、みんな仕事に要らぬ使命感持ち過ぎ。教育系とか医療系に多い。

あん仕事人生のものとして重く考えすぎるな。過労死とかまさにその典型だ。

服とかアパートクルマ家電を選ぶくらいの感覚仕事を捉えた方が色々と楽だぞ。




理不尽職場ならすぐ辞めろ。「私が居なきゃ・・・」ってのは大抵の場合自意識過剰だ。

よっぽど替えのきかない奴じゃない限り、九割九分の場合「あの人辞めたんだ。へー。」で終わり。

上の奴らだって「替わりすぐ見つかるかなー。」ってなもん。イチ労働者なんて替えのき歯車




理不尽押し付けられたら、とっとと「いち抜けた!」って大袈裟辞表叩きつけて辞めちまえ。

そうすりゃ、それに続けとばかりに辞める奴が出てくるだろう。内心みんな不満だからな。

駄目押し職場労働環境の悪評を2chSNS転職会議に書いたり、親類・友人知人に全力で言ってまわれ。

この情報化社会だ。噂話ってのは想像以上に効力がある。その職場チリツモで徐々に慢性的人手不足に陥っていく。

最後まで残ったドM勢もさすがに耐えきれず、じきにくたばる。当然業務は立ち行かなくなる。

ここまで来ちまえば、職場だって困るワケ。嫌々でも労働環境を良くせざるをえない。それか普通に潰れるか。




ほらな?ブラック労働環境駆逐するには、とっとと辞めて雇用流動性を高めてくことが急務なのが、阿呆でも分かったろ。

から、疑問点持ったらさっさと辞めちまえ。今置かれてる状況で即時判断しろ。待ってても良くならねえよ。貴重な時間を浪費すんな。

勿論、将来的に雇用流動性が確保されればクビは切られやすくなるだろうが、再就職も容易になるだろうから問題ない。

辞めちまったからには少しでも恒久的なスキルが身につきそうで、ホワイトであろう次の仕事を血眼で探せ。

歯車歯車でも、替えのきかないオンリーワン歯車になれるように心掛けろ。そうすりゃ道は開けてくる。

なんなら知恵絞って自分仕事作っても良い。そうすりゃ、歯車ワールドから一足早くおさらばできる。




こんなの理想論だ?うるせーよ。現にアンタら甘んじてばかりで何も行動起こしてねえだろ。受動的だから搾取されるの。

コミュ障無能にはキツい?誰だって多かれ少なかれ、コミュ障無能の因子持ってるっつーの。

バーナム効果だ、バーナム効果。(精神疾患とか発達障害とかは除く。)




せっかくだから、もうちょい頭使って人生有意義に過ごそうぜ。勿体ねえから

こうやって書くとホリエモンやらイケハヤ受け売りとか言って叩かれるんだろうけどな。

一般的な脳ミソぶら下げてたら、これくらいは自明の理だと思うんだけどね。




家に帰って、日本社会ガー!老害ガー!格差ガー!労働環境ガー!と増田に書き殴るだけじゃ何も始まらん。それに全く建設的じゃない。

みんなでちょっとずつ賢くなって実際に動いて変えていかないと、我が国労働環境は一向に良くなっていかんぞ。

仕事ってのはこういうもんだ。」っていう固定観念を捨てて、草の根的に行動に移していくしかない。とりあえず仕事辞めろ。そんだけ。




・・・と、増田に書き殴ってみる。

2017-02-08

http://anond.hatelabo.jp/20170208012344

天下りってとどのつまり「元の職場理由はともかく辞めさせられた人がいい条件で再就職できた」

という事象に含まれから、「一度首になったのなら一生底辺になるべし」的思想の人には許しがたいんだろう。

民間企業だって無能ということで首になった人が、他の才能を見出されて即他でいい条件で雇われたら、やっぱとやかく言う人もいると思う。

実際そういうの文句言うの辞めろと言ったら、全く話が通用せず感情的になられたこともあるし。

官僚早期退職慣行云々とか色々事情はあるんだけど、世の中の有能で、同じ会社でずっと働いてきたエリートサラリーマン的な人達

そういう屈折した感情は如何ともしがたい。

まあ、そういうのをなんとか説得していかなければ、いろいろまずいことになるんだろうけど。

そもそも未だに転職自体に厳しい人も多いし、官僚以外の公務員が、やらかしたとか以外で転職することもまだ珍しい世の中だし、

感情的になってしまう人が多い条件が揃いすぎてると思う。当の官僚自身が、政治とかを動かしてどうにかしないと、シャレにならないことになるんじゃないかなあとも思う。

既婚になったアラサー女の夜のつぶやき

http://anond.hatelabo.jp/20151027232428

でつぶやいていたアラサー増田です。

もう1年半前になるのか。時間の流れの速さにびっくり。

遠距離でなかなか結婚の話が出ず、

それなりに恵まれ仕事をしていたので相手のところに行く決心もできず、

もやもや増田に書き込んでいた2015年11月

いろんなコメント等を見たりして、

遠距離彼氏とはひとまず冷却期間をおき、

12月から大手結婚相談所登録したり、パーティーに行ったり婚活実施しました。

結果、遠距離彼氏がやっぱりいいんじゃない

という結果に落ち着き、2016年春ごろ「そっちに行くから結婚してくれ」とプロポーズ

「来てくれるなら喜んで」という返事をもらい、夏に入籍仕事を辞めて相手のところに行きました。

遠距離彼氏もとい旦那はまた転勤がある可能性があるので、

派遣社員再就職年収500万から250万程度に下がりましたが、

好きな相手と暮らせて今はとりあえず幸せです。

今後子ども出来たら仕事続けられるかな―前職だったら産休・育休余裕だったのにとか

旦那給与に頼りきりな不安感とかはいろいろありますが、

こっちに来る決心つけて良かったと今は思っている既婚になった増田です。

2017-02-04

解雇規制緩和とか成果主義を進めれば労働問題解決するみたいな主張

雇用規制緩和しても正規不安定非正規と同じ立場になるだけで、気軽に使い捨てできる企業しか得しない

成果主義も頑張っただけ見返りが出るんじゃなくて結果を出さなければ給料下げれるってシステムから結局損をする

どちらも、例えば病気けがをしたり業績悪化した場合自己責任解雇されたり給料を大幅に下げられる

社会保障が充実していたり、すぐに再就職できるならいいんだろうけどそういう状況でもないし

2017-02-03

統合失調症の母をついに入院させた話

先日、独居状態の高齢者である統合失調症の母をついに入院させた。

発症から入院までおよそ四半世紀程かかった。

ここ1年程で近隣とのトラブルが増え、ここ数カ月は週に一度のペースで警察からトラブル報告の電話が来て謝罪に行く日々だった。

そこで「医療保護入院」という形で、本人の了解なしに家族同意により強制的入院を行った。



「こんな長い期間なんで放っておいたんだ」「お前の責任でもあるだろう」という声もあるだろうが、

自分気持ちを整理する意味でもこれまでの経緯を書く。



母は兼ねてより気性の激しい性格で、自分の行動が間違っていると思う事がなく、謝罪したことを見たことがない。

興奮すると激しく怒鳴り散らし、強い言葉で他人を攻撃する人であった。



日常的に暴力を振る事はあまりなかったが、私は10歳になるまではかなり厳しく躾をされ、

時間以上正座状態で延々怒鳴りつけられ、時に激しく叩かれて育った記憶がある。



母は父方が信仰している宗教を激しく嫌っていた。

父が私と弟を連れ、父方の実家や親戚宅に遊びに行く際に、母がついて行くことは殆ど無く、

「もし宗教の勧誘があっても絶対に断れ!」「あれは怖い宗教だ!」と念押しをされていた。

たまに母も父方の実家に来たことがあるが、その際は私も母の影響で、事件が起こることを恐れずっと緊張していた。

夏休みの子どもだけの楽しい父方の親戚宅の滞在は、いつも怖い出来事が起こるのではないかという思いとセットだったが、

母が懸念するような出来事は一度も起きた事が無かった。



そのうち父の浮気を母が疑う様になり、夫婦喧嘩が絶えなくなり、別居となったのが私が10歳の頃

別居寸前の激しい言い争いの末、兄弟二人に「お前らは父と母、どっちに付いて行くのか」と問われた際、

「両親が分かれて暮らすことが嫌だ」と泣きながら主張した事を覚えている。

しかしその頃、私は母の影響を強く受け、父を慕いつつも、母の想像上の悪人である父を恐れていた事もあり、

母方の祖母宅傍に、母と二人で移り住む事となった。そして弟は父に付き、これまでの家に残る事になる。



専業主婦だった母は別居後、販売員仕事を始め親子二人の生活が数年続いた。

そして事あるごとに父の悪口とありもしない怖さを母から聞かされて育った。

余談だが、私は小学1年生から激しいいじめを受けており、別居で引っ越した後もいじめは続き、当時はかなりつらい人生だった。



ある日、私の学校開校記念日と、母の休日が重なった日に、思いつきで弟に会いに行こうか?

という話になり、離婚調停最中に、小学校の校門から出てきた弟をそのまま家に連れてきてしまった事がある。

再開を喜んだ夜になって慌てて父が家にやってきたが、母は玄関の鍵を開ける事なく、父を激しく責め

自分の非は一切認めずそのまま追い返してしまった。結局、その日から狭い借家に母と弟で3人で住むことになり後に離婚が決定する。



中学生の頃、私に激しい反抗期が起こる。これまで母の言いなりであった状態から、徐々に物事を相対的に見れる様に

なってきてから、今までの反動もあり様々な出来事から私は母を強く嫌う様になった。そしてこの感情はいまだに消えることが無い。



対照的に母は会えない期間のあった弟へ強く愛情を注ぐようになる。

私の事には無関心ながらも「高校を出たら最低限の勉強だけして就職して早く家に金を入れる様にしろ。」と言われていた。

しかし弟はスポーツに才能を見出し、なんとか母が体育系の大学に行かせていた。私は母を恨み、弟を羨んでいた。



母が徐々におかしくなっていったのはこの頃だったろうか。

仕事上での人間関係トラブルの話は祖母しょっちゅうしていたが、相変わらず対立する相手を悪くいう事がほとんどだった。

その内、「誰かと話をしている際に、嫌な同僚が盗み聞きをして事情を知っているのでは?」と言い出し、

次第に「盗聴しているんじゃないか?」と言い始めた。そして話の中で彼女の敵になる人間が徐々に増えて行った。

しかし私は「元々の激しい性格と強い猜疑心が招いたいつもの奴だろう」位にうんざりする程度で聞いており、

しばらくは家族親族の誰もが病気可能であることを疑う事はなかった。



就職してしばらくは生活費を払っていたが、とにかくそんな母と一緒に生活をしたくなかったので、

近所に一人暮らしをする事になった。母は「今の仕事がどうなるかわからいか一人暮らしはしないでくれ」と言っていたが

自分性格が招いた結果だと思い、無視して家を出た。そして私は実家生活費を払う事をしなくなった。



近所ではあるが、母と弟と会う事や話すことを極力避けた生活が続く。

母は仕事を辞めパートをするようになった、この頃から私は近所に住んでいた弟や祖母や親戚とも疎遠になる。



しばらくしてカートを引いて歩く母と会う事たまにがあったが、嫌っていたこともあり

まり会話をすることもなかった。

しかし、あれは確実に症状が進行し言動おかしくなり、徘徊をする様になった異常な母だった。



私が母の異常性を指摘すると激高して怒り、頑なに否定した。また、私自身も子供の頃からの嫌いな母と向き合う事になり、

落ち着いて説得することができず感情的しか対応できなかった。



その様な事実に気付きながら、私は再就職先が通勤で遠かった事もあり、実家の傍を離れる事となる。

弟や親戚が母をなんとかしてくれる。自分はあの家族とは関わりたく無い、という思いがあった。



おそらくこの頃の弟の絶望感は想像をするに余りある。体の故障体育大学中退した彼は、徐々に壊れて行く母と二人暮らしを続け、

アルバイトをしながら、母の生活費もまかなっていた。

兄や父には頼れない、母の兄弟である親戚の中でも、母は鬼の子の様な扱いだった為か、親戚にも相談できなかったのだろうと思う。

そして次第に彼も家に帰る事を避ける様になったという。 昼夜の境無しに恨み事と自分が狙われている妄想を、

弟が寝ていようがお構いなしに呪詛の様に話し続けるのに耐えられなかったのだろう。

彼は一時はカルト宗教に通った事もあったそうだ。



その頃私は都内仕事好調彼女もできたが、人間関係の立ち回りで失敗し、今思えば鬱の症状を発症し、結果解雇される事になる。

その後も自営業再就職をするが、運が悪いのか、決定的に欠けた何かがあるのか。最初は順調に勤めても何故か数年すると

上手く行かない状態が何度も続き今に至っている。

幼少期から自己肯定感は低い方だったが、今では自己肯定できる理由さらに少ない人間になってしまい、死を考える日も増える様になった。

しかしこんな私を慕ってくれるパートナーをこれ以上悲しませたく無いというのが、生きる理由になりつつある。



この頃は母の症状もかなり進行しており、必要のないものを買い込み家が物で溢れ、荒れ放題であった。

何年かすると賃貸住宅を出ないといけない状況が何度か続く、弟に頼まれ引っ越しの手伝いをしたこともあった。

普段弟は殆ど家に寄り付かず、母は近所では有名人であった様だ。

しかし何故か日常生活を一人で行うことには支障がなく、買い物や家事などは全て一人でこなせる状態で、

支給された年金と弟の援助で生活を続けていた。風変りな半独居老人しかなかった。



徘徊を行い細かなトラブルはあったではあろうが、周囲に大きな迷惑をかけることはなかったらしい。

ただし、自分が襲われ被害に遭う妄想は常にある為、頻繁な110番通報派出所に入り浸り被害妄想を延々しゃべり続ける事は

しょっちゅうだった様だ。たぶん地域警察官の中でもやっかい有名人であったと思う。

その点では心あたりのある警察官の方には大変申し訳なく思ってる。

仕事はい私たち同様、制度の穴で苦労を強いられる人々であることに変わりはない。



ラバラの家族に転機が訪れたのは、今から数年前に弟に彼女が出来た事がきっかけだった。

母の住む家に通える距離にある、彼女の家で生活を始め、近く家庭を持つ事を報告してくれた。

彼女は大きな困難を乗り越え成功を収めた家で育ち、弟にはもったいない程の素敵な相手だった。

そして彼の子どもが授かった事をきっかけに、母を何とかしなければ、という兄弟での協力体制が築かれる事になった。



これより以前に、弟が役所や医師に相談したこともあったそうだが、散々たらい回しにされ出てきた結論は、

本人に自分病気だという意識病識)が無いと、精神科への通院もできないし治療もできないとの事だった。

そして母の症状は強い猜疑心が伴う為「薬に毒が混入している」「過去に薬で体をおかしくされている」

という妄想を持っており、通院・投薬が難しい状態だった。

入院させるにも費用が高額な為、ワーキングプア状態では結局どうにもならなく何もできない、という結論に達していたようだ。



私も色々調べたが、実際、統合失調症がある程度進行した状態で、病識は無いが日常生活可能しかし治療を拒む状態だと、

いわゆるグレーソーンとなり、周囲の人間お金が無いとどうにもならない状態だった。



そしてこの結論はここ数年、兄弟二人で対処した際にも全く同じ結論にしかならなかった。



いくつかの精神科を兄弟で相談に回ったが、どこもまず本人を連れてこないと話にならない、という結論だった。

また、症状が出てから経過年数が長く比較的症状が重い為、どこも受診を嫌がる兆候があった。



そこで「健康診断に行こう」と言いつつ近くの総合病院に連れて行き、そこにあった精神科も同時に始めての受診をさせた。

はらはらしながらの受診だったが、精神科医統合失調症と病名を告げられても理解が出来ていない様子だった。



母無しで医師に相談した際、入院相談等もしたが、否定的な答えしか戻って来ず、投薬しても発症から長期経過している為、

回復はほとんど見込めない旨。どこも満床ベットが空くまで場合によって半年以上待つことになる旨。

入院には大変お金がかかる。月30万位は行く、生活が苦しいと難しいよねという旨を伝えられ。まるで軽くあしらわれているかの様だった。

今ならわかるが、この医師からケースワーカー存在を紹介されることもなく、国立や県立病院可能性を教えてもらう事もなかった。

自分の事を棚に上げてあえて言うが、面倒事を何とか避けようとしかしなった、この医師の仕事に対する姿勢を私はいまだに腹立たしく思っている。



それでもこちらから持ち掛けた話で、弟が与える健康ドリンクに密かに混ぜて飲ませるという事で薬を出してもらった。



薬は数週間飲ませ続ける事が出来た、その期間は明らかに普段と変わった状態になり、何らかの良い作用が出ている様だった。

僅かに希望が見えたが、次第に蓋が空いた状態で渡される健康ドリンクを疑い出した。

飲むと頭がぼーっとしてだるくなると言い、健康ドリンクを飲む事を拒否し始めた、

毎日離れた母の家まで通う弟の負担もあり、 投薬はそこで終了となった。



同時に[精神障害者保健福祉手帳]の取得を検討したが、結論としては現状で必要が無いものであった。

取得しても得られるメリットは通院をすることで受けられる医療費対象であること。

医療費負担が3割→1割だが、既に母は年金生活者で、医療費1割負担対象者であること。

そして手続きが煩雑という事を事前情報として聞いていたこと。

これらの判断から通院ができない母には不要であった。

今後母がトラブルを起こした際、持っておいた方が無いよりもマシでしょう。

という免罪符程度のものしか無い。という結論になった。



また、通院と同時に市役所への相談介護申請を行い、定期的に家に来てくれるヘルパーさんと信頼関係を築き、

ゆくゆくは薬を飲ませてもらう事も計画したがこれも実現できなかった。

まず、加齢により体の不調があることも理由介護申請を行ったが、統合失調症等の精神疾患介護認定の判定要素に

大きく加味されることが無く、介護度2となった。

ヘルパーさんが定期的に母の自宅に訪れて買い物の連れ添いや、身の回りの世話等をしてくれることになった。

母も最初は喜んでいたが、次第にヘルパーさんが物を盗んでゆくと言い出し、やはり疑う様になった。

そしてヘルパーさんを避ける為か、ヘルパーさんの訪問予定時間に外出することが増えた。

そうなると、介護サービスを受けた事にならなくなる。介護事務所も国にに介護をした事実の申請が出来なくなる為、

実費の人件費が発生するようになる。その費用がは当然私が持つ事になる。(1時間約3000円程度だったろうか?)

そしてヘルパーを家に寄こさないでくれ、と強く言い出し、これも結局お手上げとなった。



結局この時も出てきた結論は、もうちょっと病気が進行しないとどうにもならないね。ということだった。



そして、去年あたりになってから、私の元に警察から頻繁に電話がかかるようになる。

過去にも真面目な新人と思われる警官から、母の妄言を真に受け私の元に安否確認の電話がかかることがあったが、

今回はついに近所の方とトラブルを起こし始めた。アパート近隣の住民迷惑をかけ遂に警察沙汰となった。

どうも明らかな幻聴が聞こえる様になり、彼女人生で登場した嫌な奴をののしったり、

幻聴で助けを求める困った人を助けようとしたり、私たち子供危機を救おうとしたりした結果、大きなトラブルに発展している様だった。

以前より持たせて携帯電話も、しょっちゅう警察通報したり、私たちに電話をし、

一方的にしゃべり続けたりする大事必須アイテムだったが、いつしか持ち歩かなくなり、荷物だらけの部屋に紛れてしまった。



近隣のトラブルはついにアパート不動産屋に伝わり、大家が嫌がり、アパート契約更新一方的拒否され、退去を迫られた。

ヤクザの様な不動産屋に電話口で恫喝され、あなたが面倒を見ないと駄目だろ、引っ越すにしても老人一人を

入れてくれる所なんてどこにもないよ。とまったくもって他人の家庭事情に土足で踏み入る様な事を言われる。

要は親を引き取って面倒を観るなり施設に入れるなりしろ、という訳である。それが出来ればこんな苦労はしていない。

親を引き取って一緒に生活することになったら、私の気が狂うか、母を殺めてしまいかねない。と思ってる。



さら警察や近隣住民からの電話が続く様になる。その都度、謝罪の電話や訪問に向かう事が短い期間に連続するようになった。

これまで半世紀近く、おそらく二番目に被害を受けた人間が、その加害者のしでかした事の為に謝罪に回るという罰ゲームである



しかし、このトラブルの増加あたりから、状況は徐々に好転を見せ始める。

トラブル頻発の経緯からか、独居老人を見て回ってくれる地域高齢者支援センターの方がたまに母の様子を見てくれていたそうなのだ

この頃になると母の症状もだいぶ進み、自分の事を自分ですることが出来なくなりつつあり、言動が破たんしている頻度や時間

長くなってきた。支援センターの方は、そんな母を外部に連れ出し入浴をさせてくれたり、

家の手伝いや話相手になってくれることがあったそうだ。

長く孤独だった母に対し、支援センターの方が母との信頼関係を築いてくれた。

母が病気になってから知り合った人間名前を覚えて良い人物として会話に登場することになった。

この支援センターセンター長さんには感謝しきれない思いだ。



センター長さんの案で母を健康診断に連れ出す事ができた。

そこに私も同行し、その流れで精神科のクリニック紹介してもらい、再度精神科受診させることもできた。

しかし、入院施設もなく、通院投薬が前提のクリニックで紹介された入院施設のある病院は、

かつて散々嫌な思いをした地元の総合病院だった。ウェブサイトで調べた所、当時の担当医師は既にいなかったが、

入院をさせても高額になり、治療をするにも、これまでと同じ結論にたどり着くのは明らかだった。



でも、これ以上トラブルを抱えた状態ではどうにもならない、そこでセンター長さんは老人ホームへのショートステイ提案してくれた。

何度かショートステイを行って次第に慣れてもらい将来的にはそこで生活を、というニュアンスだったと思う。

まず2泊3日で滞在させることになった。滞在時には私も同行し、旅行にでも来たと思って楽しんでくれと言って置いていった。

けっこう喜んでいた様子だったが、結局、最後は自ら老人ホームを抜け出そうとしたそうだ。

怖い何かがいてここにはいられないとの事。母は予定滞在期間より少し早く、自宅に送り戻された。



老人ホームの事も調べた。経済的には何とかなる様になっているが、それにはアパートを引き払い、完全にホームで暮らすことが前提になる。

しかホームでは看護サービスは受けられるものの、やはり薬を強制的に飲ませる事は出来ないそうだ。

また、本人の意思尊重することが前提なので、無理矢理家に帰ろうとする母を拘束することはできない。

また周囲とトラブルを起こした際はやはり退去を求められる可能性がある為、現状での長期滞在は難しいという結論だった。



ここで進退窮まった。引っ越しは迫られる、トラブルは頻発する、治療には金がかかる。同居は実質不可能

正直にいうと少しだけ真剣完全犯罪を考えた事もある。

しか殺人容疑者比率で最も多いのは家族や近親者という事を知って、実現不可能であることを認識した。



こうなったら、母と絶縁状態の親戚を頼りにするしかない。という事になり、自らの恥を含め事情を話し、

母のきょうだいである叔母に当面の入院費を工面してもらった。

その際、医療関連の仕事をかつてしていた母の弟にあたる叔父から

県立の精神病院存在を教えてもらう。あそこなら比較的安くすむかもしれない。ということだった。



アパート引っ越し先を何とか見つけ、ゴミ屋敷引っ越しを済ませ、恫喝をされた不動産アパートの引き渡しを済ませた。

殴りたかったし文句の一つも言いたかったが、こちらは加害者なので、なにも言える状況ではなかった。



翌日、筋肉痛で疲労困憊の状態で県立の精神病院に電話をかけた。

事情を話し、入院費について尋ねると、これまで問い合わせた病院のどこよりも費用が安く入院できるとのことだった。

状況で費用も変わるが、約8万程度だという。さらにこれまで受診した病院と連絡を取ってもらい、事情を把握してもらった。

そして遅くとも2週間位で入院ができるとの事だった。



電話した日の夕方、再び病院から電話があり、明日入院キャンセルになった関係で、

母を連れてくれば、明日そのまま入院できる。と連絡があったのが、つい一昨日の事だ。



正直、すこし拍子抜けをした、これまでの苦労は何だったのかと。



最初に誰かが県立の精神病院存在制度費用についてしっかり教えてくれれば、自分自身できちんと全て調べていれば、

こんな苦労はしなかった。私自身、最初問題から逃げようとしていたし、問題に向き合ってからも苦労の方向性

間違っている事に気付けなかった、しかし、役所介護福祉医療警察、の現場であった人も親類も、

これまで誰もそのアドバイスをくれなかった。いや、耳を傾けようとしなかった部分も多分にあるだろう。



正直、母の病気は隠したい恥という部分もあり、これまで親しい関係の人にしか、打ち明けた事が無かったが、

自分の不甲斐なさと共に、制度の穴に対しても恨み言の一つは言いたいと思ってこれを書いている。


----

あと少しだけ以下に続きます

http://anond.hatelabo.jp/20170203210406

2017-02-02

夫の父親....

これって普通

1.実の親(夫から見て祖父母)と関係を絶っている。理由不明長男だが、次男に家を譲り「俺は遺産は要らない代わりに世話も見ない」と宣言実家とは30分の距離なのに盆も正月も会わないらしい。育てて貰ったのに....

そのせいで旦那祖父母と会ったことが数回しかないらしい。今度私に子供が生まれるのだが、そのことも伝えてないっぽい。会いに行きたいと言ったが、そんな必要はないと却下された。初ひ孫...お婆ちゃん会いたいんじゃないかなぁ....結婚する際には私たち夫婦から提案してご挨拶に伺わせて貰った。すごく素敵なおうちだったよ。なんでこんないい家を捨てるんだろ。

2.金持ちなのに金にがめつい

高卒だが、某大手家電メーカー就職し、課長ぐらいまでは出世できたらしい。早期希望退職制度に応募して数千万の割り増し退職金をゲット。現在再就職先で緩やかなサラリーマン生活。つまりお金に困っている訳ではない。

だが異様に金に執着している。まず妻に金を渡さない。お金に困った義母からたまに旦那に十万単位で金の無心がくる。また、勿論旦那家族と出かけた時の会計は全部うちがもつ旦那を育ててくれた両親。料理とか、スカイツリー入場料とか出すのは全く構わないし、恩返しだもんね。だが、買い物行くと数百円程度の菓子すら自分で出そうとせず人の買い物カゴにポンポン入れてこられたり、博物館とかの数百円の入場料すら当然のように出させられるとなんとなく...「さっき出してもらったしここはうちが」の一言が欲しいだけなんです。

この前、義両親が義母の母と同居を開始した。(老化が進んだので、田舎から引き取ったらしい)偉いとこあんじゃん、義父。と思ったけど義母から聞くと義父は義祖母から隔月で6万、義母の兄からも隔月で6万徴収しているらしい。やっぱり金か、とがっくり。別に私に関係ないけど、お前なんもばあみゃんの世話してないやんけ!身内から毎月6万もとるんかい

2017-02-01

小保方さんは元気かな?

あれだけの事をしたんだから再就職永久就職も無理だろうし

2017-01-21

ある職種から逃亡して就職活動をしている

長時間労働に耐えられず逃亡し、非正規で働きながら就職試験勉強をしている。

ある事務所面接で君は無計画に逃げているだけだ、どこでもいいか正社員就職してから転職活動するか、働かず試験勉強に専念するかどちらにしろアドバイスを貰った

正論だと思

ただ、現在正社員を目指して就職活動をしているがうまく行ってないし、働かずに親に頼っても結果が出ず長期間浪人になった場合家族へ重い負担をかける事になる。

計画性がないと言われても退職した時点で全ての計画は狂ってるわけで…

とは言え、最初職場も元々長時間労働常態化していた職種であり、自分もそれを承知就職したのに耐えられず退職したのだから見通しが甘かったことは間違いない。

また働きながらの就職活動が難しいという事も事実であり、結局就職期間が長期化すれば家族迷惑をかけることになる。

まぁ一発で再就職できてれば何の問題もなかったんだけども…意思が一貫してないと言われても挫折したり就職できなかったから他の道を探したのであって…でも意志薄弱で無計画的なのは事実からなぁ

いずれにしろ、どこにも就職できなければ非正規で食いつなぐしかないわけだ

地元過労死しなくて正社員ならどこでもいいけど、そういう考えだからからないんだろうな

田舎からそもそも募集自体が少ないし

2017-01-13

達ちゃんは語りたい

ちょうどアニメ放送と被るので若干語ってみますね。

はいってもぼくの場合は軽度であることと、ここ数年ちゃんとした受診をしておらず不正確な部分が多いです。

なにより自己診断の面が強いので話半分でお願いしたいです。ほんと半端者です。

からしましょう。とりあえず職場の話からです。

自分心療内科受診したきっかけは職場でのトラブルでした。よくあることです。

当時20代半ば、事務系と土方が半々の職場でした。特に事務系でそのトラブル遺憾なく発揮しました。簡単にいうとこんな感じです。

事務殆ど書類作りと整理、パソコン分手書き半分という感じです。量はあります新人研修の延長を超えません。この仕事を2年ほどしていましたが、ほぼ毎月同じようなことで怒られてばかりです。

例えばある1ヶ月の内容は「別の部署から仕様書を貰う->物品をパソコン入力->契約->受領->請求書を貰う->書類一式揃えて支払いに回す」とこれだけです。仕様書が遅いとかは特になく、むしろとても早く持ってきてくれます田舎なので契約もいつもの業者ばかりでとても楽ちん。そこそこの人がやれば月の半分は遊んでいられるような、そんな仕事です。

でも僕は、これが全然できませんでした。書類様式を覚えるのも何ヶ月かかったか。常に上長監視し、先輩からアドバイスを貰い、業者も他部署も全て好意的でした。それなのに9割がた僕のところで何もかも止まっていました。点検が終わっていない書類デスクは常に満杯。最後は僕の印鑑すら取り上げられた始末です。

僕を庇ってくれる人もたくさんいました。でも僕の仕事ぶりはその好意を軽く踏みにじります笑顔で泥を投げつけてました。

毎月同じような書類の不備と怒轟の嵐。

僕の安らぎは、たまにある社外での泊まり込みの施設整備でした。その時は何もかも天国だったのです。

もうわかると思いますが、僕は自分のことを客観的に見るのが苦手です。知らないことを知られたくないがために質問もあまりしなかったと思います。そのくせ自分勝手解釈で行動するので優先順位は全てデタラメコンプライアンスに触れるようなことを堂々としようとしたのは2・3度ではなかったはずです。僕は僕を理解せず、周りも人の形をした汚泥をみる表情に変わりました。

当然こんな状況で仕事が長く続くはずがありません。

とうとう本部の人から社内のカウンセリングを勧められ、そこから外部の病院への通院となりました。

僕の幸運は、会社業務比較的緩いことと、そのような精神面での問題に寛容な風潮があったこと、そして通院したのがそこそこマトモな部類に入る(と通院仲間から言われた)ことでした。たまたま駅の看板を頼っただけなんですが。

病院のことを話します。

そこはいわゆる心療内科であり、鬱や僕のような人間のためのリハビリを行う施設も併設しているやや先進的な場所でした。

初期に2時間弱のテストを受け、僕に発達障害の傾向があると言われました。残念ながら口頭説明だったので詳しい結果については明確に覚えていません。

そこから色々あり退職準備と併行して自立支援プログラムを受けることとなりました。入院ではなく平日はそこに通院して一日を過ごすのです。治療ですが内容は極めて簡単ものが多く、知らない人が見ると幼稚園老人ホームのような印象を持つかもしれません。

僕はそこでもポンコツでした。なんでも話せますしどんな個性も許される場ではありますが、僕はとにかく無知独りよがりで幼稚でした。職場環境のせいではないことをこんな形で理解するとか、今思い出してもきつい。

自分のことをちょっとします。

僕は心療内科広汎性発達障害と診断され投薬治療も受けました。でも効果があったのかはいまでも疑問です。そもそも心理テストの結果も一般人寄りだったはずですし、退職後にその病院から遠く離れてしまったので今となってはどうなのかよくわかりません。転院先は面倒であまり好印象でなく辞めてしまいました。

僕が他と違っていると感じたのは小学生くらいからです。当時から随分と幼稚な行動が目立つ子供でした。テストの成績が悪いわけではありませんし素行が悪いのではなく、しかし振り返ると妙に浮いていました。

「ふわっと」した感覚が今でも続いています。たぶん精神年齢実年からマイナス10歳くらいかと思います

この歳になっても生きづらさは続きます。とにかく物をなくしがちなのです。子供の頃からこの現象を「妖精仕業」と考えるほどに日常化しています

物をなくすというと勝手に捨ててしまう印象かもしれませんが、違います表現が難しいですが思考身体がずれるのです。無意識下でものを移動しているので、過程がまるで見えないこともしばしばです。自転車ライトを靴の中に入れていたり、手袋を片方だけコートポケットに入れて放置したり。必要ものを手に持っていたのに、玄関先でそれを持っていないことに気づいて部屋とを何往復もします。

誰にでもあることかもしれませんが、僕の場合はそれがほぼ毎日起こります。だから僕の周りにはものが溢れます

必要ないものでも捨てられません。常に目に見えないと危険です。机の中にしまったら次にいつ取り出すか不明なまま時が過ぎていきますしか整理整頓もできないので部屋には書類や本が地層となります

から僕はペンメモ帳を手に持ってどこかに置こうとした場合、できるだけ指差し確認をするようにして脳に刷り込みます

僕にとってペンメモ帳大事ものです。日々の出来事を書くのさえ億劫ですが、これがないと自分の最低限のことさえ空虚に感じます。役に立っているというより精神安定剤です。

心の支えは、同じゲーム仲間だったりこんな風に拙い文章を書くことくらいです。それもだいぶつらいですが。

今度再就職しますが、決して良い結果にはならないと思っています。僕は、僕の中の子供をどうしても躾けられないのです。また同じ失敗をするのかと憂鬱です。

僕は普通の人のように振る舞えない、けれど亜人にもなれない。半端者です。

よく発達した発達障害の人がとてもまぶしい。

2017-01-10

http://anond.hatelabo.jp/20170110142727

と言われても、稼ぎのある男から求婚されて結婚した主婦なんで…



共働きの方がよっぽど難易度高いと思うわ

本当は共働きたかったんだけど断念した

(ああ子なしとか子供の成長後パート再就職とかそういうのは除いてね)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん