「鋭利」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 鋭利とは

2017-03-19

このままではネタコンテンツの消費が激しく絶滅してしまう。

枯渇を回避するためマイナーけが大量に溢れ、

難民を生みコンテンツ初心者入門が出るくらい鋭利化していく。

そんな中現れたのが

2017-03-14

http://anond.hatelabo.jp/20170314223118

「狩りの時間だああああ!!!

ズンドコズンドコズンズン

アーイアーウエー

村長あっちにジャガーが」

「ヤレー!」

ブォン

クルクルクルクルクルクルクルクル……クルクルクルクル

グサリ うっ!

死因は鋭利ブーメラン

首長を亡くした部族はその後壊滅した

2016-12-07

http://anond.hatelabo.jp/20161207013855

何か意味を信じよう派が続くだけやで

楽しむだけ、死ぬだけ派は自動的に消えていく

単純なやつは時に鋭利だが脆い

2016-12-06

AmazonGoが底辺職業を奪うことについて喜びを感じています

みなさんはどうですか?

レジ打ちしかできない人間存在する事実

そんな人間に500円以上も時間給を払わないといけない現実

チャンチャラおかしいと思いませんか?

AmazonGoの試みは徹底的に合理的であり、甘ったれ思想を打ち壊す暴力性があります

あの動画を見たとき、僕の心は洗われました。なんて美しい世界なんだろう、来年はなんて素晴らしい年になるんだろう、と。

鋭利で柔軟な発想は愚鈍で硬直した社会にメスを入れます

適応できない人間という癌を切除することで社会はまたひとつ強く歩み出せるのです。

いいじゃないですか、生活保護があるんですから生存権ぐらいは容認してますよ?

それが受給できないのはそいつ問題でしょう。我々は果実だけを享受すればいいんです。

2016-09-04

ハテダイ・マスダイアリ

植生:

多年草はてなダイアリ科のダイアリが枯れたところに根を張る。

菌糸を媒介しており、種子はカビにくるまれて地面の中を運ばれる。



形態

茎には産毛が生えているが見た目に反して鋭利であり、触るなどして刺さるとなかなか抜けない。

春になると多くの膿に似た物質を垂れ流すが、それに吸い寄せられた虫が吸着死する。

これらを粘液に溶かすことで成長する。

また原理不明だが育てる人間の注目によってまるで光合成のように成長が促進されるとの報告もある。

ギネス記録では二メートルものひまわり大の背丈へと成長する個体存在し、溶解液に触れないよう注意勧告がなされた。

近似種としてニンテンドーパックンフラワー種が存在するが、交配は不可能である

2016-08-12

引いたおみくじ漢文を調べてみた。

おみくじ漢詩

仙鶴立高枝 せんかくこうしにたつ

防他暗箭虧 たをふせいであんぜんかく

井畔剛刀利 せいばんごうとうとし

戸内更防危 こないさらにあやうきをふせげ



解釈をググり探したところによると「家の問題に注意せよ」や「出る杭は打たれる」の意味だとか。



……本当に?



おかしいと思いませんか。

鶴の話が、家(戸内)の話になるなんて。



と、いうことで調べました。どうやら元になった故事があるらしい。

故事和訳

 唐の天宝年中、河南「糸侯」子県の仙鶴観には常に七十余人の道士が住んでいた。いずれも専ら修道を怠らない人びとで、未熟の者はここに入ることが出来なかった。

 ここに修業の道士は、毎年九月三日の夜をもって、一人は登仙することを得るという旧例があった。

 夜が明ければ、その姓名をしるして届け出るのである。勿論、誰が登仙し得るか判らないので、毎年その夜になると、すべての道士らはみな戸を閉じず、思い思いに独り歩きをして、天の迎いを待つのであった。

 張竭忠がここの県令となった時、その事あるを信じなかった。そこで、九月三日の夜二人の勇者に命じて、武器をたずさえて窺わせると、宵のあいだは何事もなかったが、夜も三更に至る頃、一匹の黒い虎が寺内へ入り来たって、一人の道士をくわえて出た。それと見て二人は矢を射かけたが中らなかった。しかも虎は道士を捨てて走り去った。

 夜が明けて調べると、昨夜は誰も仙人になった者はなかった。二人はそれを張に報告すると、張は更に府に申し立てて、弓矢の人数をあつめ、仙鶴観に近い太子陵の東にある石穴のなかを猟ると、ここに幾匹の虎を獲た。穴の奥には道士の衣冠や金簡のたぐい、人の毛髪や骨のたぐいがたくさんに残っていた。これがすなわち毎年仙人になったという道士の身の果てであった。

 その以来、仙鶴観に住む道士も次第に絶えて、今は陵を守る役人らの住居となっている。



引用元青空文庫中国怪奇小説集岡本綺堂http://www.aozora.gr.jp/cards/000082/files/1301_11897.html




教訓を得るなら「迷信に殺されるな」。

鶴や家の話ではありませんでした。

訳してみた。

・仙鶴⇒仙鶴観(場所名前

・他⇒彼、ある男

・箭⇒矢

・虧⇒欠ける、損なう

・利⇒鋭利

・更⇒(この場合は)三更⇒夜になって6時間後、夜更け



仙鶴観で木の上から虎へ矢を射かけたが当たらなかった。

井戸状の石穴の辺りで虎を探し、鋭利な剛刀で仕留めた。

こうして、仙鶴観は深夜に侵入する黒虎の危険を防ぐことができた。



漢文門外漢ゆえ多少の間違いはお目こぼし下さい。)

元三大師御籤

元三大師御籤絵鈔 http://www.wul.waseda.ac.jp/kotenseki/html/bunko06/bunko06_00249/index.html

おみくじ三十番 http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/bunko06/bunko06_00249/bunko06_00249_p0020.jpg


これによると、元三大師作成した時からこの解釈を取っているらしい。




張竭忠さんのように調べてみて初めて本当の意味が判明するおみくじ

個人的には故事メタでなぞる物語構造面白いと思いました。

しかし、なぜ全然違う解釈おみくじに?

2016-07-26

http://anond.hatelabo.jp/20160726124327

痛みが分からいから、自身鋭利もので延々と刺してた(知的障害)

ケアスタッフの目を狙って攻撃してくる(認知症)など

こういったものもっと広く知られてもいいと思う。

2016-04-14

あたしの大便は、硬くて鋭利な突起とかある感じなのかなーって、

からちょっとちくっとかするんだろうなーってずっと思ってた。

はい、痔でした。

ぢ。

ぢ・ぢ・ぢ。

2016-04-12

[]6

 ぶぶぶぶぶぶ

 室内から巨大な羽虫が飛び回っているような音がする。

 古代の巨大昆虫メガネウラが乱舞していれば、こんな感じかもしれない。

 扉の前に立ち尽くしたセミロングのお嬢様はつぶやいた。

「とっても嫌な予感がします。でも……」



 ネットより増田に立ち入る者、すべての希望を捨てよ



 増田学院モットー彼女背中を後押しする。

 室内にはレシプロソー(電動ノコギリ)を両手にたずさえたポニーテールお嬢様が無言で立っていた。

 彼女の得物は短いノコギリの分数千回におよぶ高速前後振動によって、

さな力でも硬く大きなものが楽々解体できるかなり禍々しい代物だ。

 しかも、ちょっとカッコいい。

 対するセミロングお嬢様武器お召し物の中から取りだしたるSGP鋼管25A(B1)-500L、2本!

二刀流であることは同じだが、文明度では大きく水を開けられている。

ポニーテールお嬢様が目だけで笑った気がした。

「甘く見ないで!」

 安物武器お嬢様はバチのように鋼管をふりかぶった。

これはこれで怖い。ザ鈍器といった風情だ。

「……」

 ポニテお嬢様は目を細めて、じりじりと間合いを詰める。

このシチュエーション彼女が一番おそれるのは鋼管の投擲攻撃だった。

 だが、セミロングのお嬢様はつくづく貧乏性なのか、

棒一本でレシプロソー二本に立ち向かう勇気がないのか、

鳶道具もとい飛道具は使わなかった。

「ふっ!」

 代わりに鋸歯のアウトレンジから鋭い突きを繰り出す。

 鋼管の先端には螺旋の溝が切ってある。すなわち長ニップルになっていた。

 そのため、六角形やトゲ突きの棍棒と同じく対象へのダメージを広げる効果が期待できた。



 ちぃぎゅぃんっ!



 耳を聾する音を響かせて、長ニップルが弾かれる。ポニーテールお嬢様がはじめて口を開いた。

ニップルなんて破廉恥……」

 思わず両胸を拳で覆ってセミロングお嬢様は抗弁する。

技術用語ですよ!もうっ」

 チャンバラがはじまった。

 一撃必殺の鋭利レシプロソーと、鈍いが重い鉄パイプ

お互いの得物にダメージが蓄積していくが、その程度が視認できるのは

パイプの側のみ。絶えず震動するノコギリはなかなか把握しづらい。

(それに……)

 ポニーテールお嬢様は替え刃を持っていると鉄パイプウーマン確信していた。

 荒々しく撃ち合うこと十数合。セミロングお嬢様勝負に出た。

「鉄パイプさん!あなたに魂があるなら、お応えになって!!」

「……!」



 ぢゅいぃいいいんっ!



 高々と宙を舞ったのは鉄製ちくわの方だった。

 ポニテお嬢様交錯刹那、片方の鉄パイプをかわしながら

もう片方の鉄パイプを挟み込むように切って上下のつながりを完全に断ったのだ。

「鉄パイプに魂はありませんでしたわ……」

 わずか2コマ出来事にがっくりとうなだれるセミロングお嬢様の胴体を震動しつづける刃が強襲する!

彼女は吹き飛ばされ地に転がった。



!?

 だが、異様な手応えにポニーテールお嬢様の方が驚く。

派手に飛んだのがダメージを減らすためなのは分かっていたが、

それなのに高速度鋼製ノコギリが破断するのは異様である

彼女はあわてて替え刃をベルトにつけたホルスターから引き出した。

 セミロングお嬢様は、埃まみれなのに、はんなりと立ち上がる。

 切り裂かれたお召し物の下からは何本もの鋼が覗いていた。

「鉄パイプの素敵なところはコストが低いことですわ。

 そして――」

 鉄パイプ使いは、短ニップル付きのねじ込みチーズを取り出すと、新しい鋼管ねじシールテープを巻き、ねじ込みフランジねじ込んだ。

「こうすれば、トンファーにもなりますの!」

 二本の長ニップルユニオンソケットでつなげば長い棒になり、

フレキで繋げばヌンチャクになる。鋼管の可能性は無限大

 そう鉄パイプ万能主義者は信じていた。

 トンファー作成は目にもとまらぬ熟練した早業だったが、

同時にレシプロソーの刃を付け替えたポニテお嬢様首をかしげる。

シールテープ必要?」

「日頃の心がけが大切ですの!!」

 弊社の製造部にほしいお嬢様は第二ラウンドを開始した。

 トンファー軌道は大きく弧を描き、先ほどのように挟み込んで斬るのは難しい。

威力ふつうに振るより大きくなる。

 トンファー安全靴キック危険だ。むしろ主兵装だ。

 その上、セミ様はただの棒ならウェアラブル武器庫の中からすぐさま取り出せた。

 今度はポニーテールお嬢様が追いつめられていく。

「ここまでよ!」

 内径約1インチ凶器ポニテで露わになったうなじに迫る!

 ところが今度はセミロングお嬢様が驚いた。

「この髪は使いたくなかった……痛むから

 ポニーテールがまるでサソリの尾のごとく立ち上がり、鉄パイプを受け止めたのだ。

 思いもしない三本目の腕の存在にあわてて配管工は距離をとる。その前にレシプロソーが袖をさくが、かえって袖下のニップルに刃を損ねる。

 お嬢様たちは三度距離を取った。

しかたありません……」

 マリオ兄弟同業者は瞑目すると、トンファーを手前に放り白銀に輝く鋼管を取りだした。

「聞いて驚きなさい。この鉄パイプはSUS310S製なのよ!」



「SUS304は流通量がある分あつかいやすいし

 ご家庭から化学工場まで幅広く使われているステンレスの基本種。

 対してSUS310Sは見た目なんかはSUS304とほとんど変わりませんけど

 あえてニッケルクロムの含有率を増やした分

 耐食性と耐熱性をかなり向上させて化粧より実用目的とした

 特殊用途の割高すぎるステンレス

 使いこなせませんとS35Cより弱いお高い鉄滓みたいなものですのに

 どうして武器に?」



説明ごくろうさま。同材の”やくもの”が市場にない点が残念ですの」

 セミロングお嬢様は急に多弁になったポニテ星人にほほえみ返すと、

話の合間にSCS14A製ねじ込みフランジの護拳とSUS316Lニップルの柄を鋼管に取り付けた。

組み上げたオーステナイトステンレスレイピアをセミロングお嬢様は構え、一礼する。

彼女は防御を捨てた。すべての鋼管と継ぎ手をパージする。

「参ります!」



 その一撃は速く、そして、硬い。

 受け太刀を試みたレシプロソーが激しく弾かれる。

 通常のステンレス炭素鋼より強靱で、旋盤加工にも特別な設定が必要とされる。

 生じる火花の色と形も微妙に異なっていた。

 無意識にさきほどまでの加減で刃をふるったポニテお嬢様は数合で鋸歯を消耗させてしまう。

 だが、まだ動くポニーテールがある。いったん時間を稼いで刃の付け替えとスピコン設定を――

しようと足場をかえた彼女にむけて粗製トンファーが飛来する。

 セミロングお嬢様さりげなく狙った場所においておいたトンファー安全靴が蹴り飛ばしたのだ。

「うくっ?」

 これをポニテでなんとか弾いたお嬢様だが、次の一歩ですってんころりん転倒する。

「足下がお留守でしてよ?」

 摺り足によってセミロングお嬢様は敵の足下に、パイプや継ぎ手をまき散らしていた。

 音で薄々把握はしていても、ここまで攻撃を畳みかけられると回避しきれない。

 ポニーテールのせいもあって意識が上に偏っていたお嬢様は、まんまと敵の罠に掛かってしまったのだった。



 セミロングお嬢様は勝ち誇らない。

 条件次第では1000℃にも耐えるステンレス鋼レシプロソーが吹き飛ばされ、

最後の抵抗を試みるポニーテールに向けて、棍棒が打ち下ろされる。

「っ!!?

 倒れたお嬢様は思わず目をつぶった。彼女の自慢の髪は衝撃をうけ、しおしおのパーになった。

「いったい、なんだったんですの?この髪は……あら、手触り素敵」



 たぶん何か原因があるでしょう。だがその他一切のことはわかりません!

 残り4人。



前回

http://anond.hatelabo.jp/20160411184413



次回

http://anond.hatelabo.jp/20160414193717



幕間

http://anond.hatelabo.jp/20160413065013

2016-03-08

ツナ缶の切り口が気になる

ツナ缶を開けて油を切るとき、取った蓋を押し込むよね。

切ったばかりの蓋の鋭利な切り口が元の缶にあたって、

アルミが少量でもツナに混入するんじゃないかと考えてしまう。

袋入りのツナは量が少ないし、簡単な油切りの方法はないかな

2016-03-02

http://anond.hatelabo.jp/20160302165956

殴る蹴るだと死なずに助かることが多いからな、反撃されるおそれもあるし。見るから殺意をもってやってるんだから生半可な状態で助かっては増田の気が済まないんだろ

それなら大して身体を鍛えずに血液流出させられるナイフのほうがよっぽどコストパフォーマンスが優れてるし、人間鋭利ものビビるように出来てる

2016-01-08

恋は盲目、それが人を深刻に傷つける可能性にすら目が向かないほどに

http://b.hatena.ne.jp/entry/hiko1985.hatenablog.com/entry/2016/01/08/110116




恋愛当事者視点で見るとこういう感想になるんだろうな。

裏切られた配偶者や、不倫の果てに家庭が崩壊した家に生まれ子どもの将来などは眼中にないんだろう。

二人の幸せけが全てになってしまっているから。

不倫何が悪いの?って増田もあったけど、こういう感覚なんだろうな。



幸せの追求は当然必要

恋愛の素晴らしさも全く否定はしない。

ただ、

人を傷つけるようなことはしないで欲しいし、

人との関わりの中で傷つけ・傷つけられることは避けられないというのなら、せめて覚悟して欲しい。

あの二人には、その覚悟があったとは到底思えない。

子どものような無邪気さは、大人の世界では罪悪であり、心を抉る鋭利刃物でもある。

大人の世界で求められるのは、火傷をするような熱い恋ではなく、

関わる人のみんなを幸せにする愛情であって欲しい。

彼らが大人だとは私はどうしても思えない。

2015-07-12

スターはなるべく付けない。

ここぞ、という時にスターを付けるようにしている。

良いブコメはたくさんあるが、だいたい他の人がスターバリバリ付けていて、もはや私のスターを望んでなどいないだろう。

一方で、炎上記事に対する鋭利ブコメにはよくスターを付けてしまう。モヤモヤイライラした気持ちスカッとさせてくれたブコメへの感謝気持ちである

2015-04-08

http://anond.hatelabo.jp/20150408221202

返信ありがとうございます

当然、この一件だけ得意な事件だった可能性もありますので、

あくまで、「これまで起きた事件比較して」という視点で回答します。

もし、仮に「三角関係の清算」が犯行動機だった場合、これまでの事件では

だいたい旦那が「ブンブン斧や刀や包丁を振り回して、自分の奥さん子供諸共皆殺しして、一家心中する」という

パターンが多いです。

であれば、確実に奥さんも愛人も殺せます

まり。。。

「男が犯人場合は、『確実に被害者を殺すため』に、鋭利刃物を使った惨殺」を行います

「男が犯人の毒殺」って少ないです。なぜなら、毒もっても「死なないかも」からです。

その点からも、死刑判決がでる事件で、「男の毒殺」は珍しいです。

暗に犯人は「女」といってますがw

2015-02-16

神社絵馬朝鮮人

10年ほど前に気付いた事

旅行先の観光地神社絵馬を眺めていたところ、

他人奉納した絵馬の上から韓国語で何やら書きなぐってある物をいくつも発見した

油性ペン奉納者の願い事を塗り潰したり矢印付きで何かを書き込んだり酷いものである

落書き絵馬だけにとどまらず門扉や鳥居仏像に至るまで書いてあったり、

中には鋭利刃物と思しき物で韓国語を彫り込んであるものさえ発見した

複数神社寺院で見付けたのでそれぞれの関係者に聞くと韓国人であることは間違いないようである

中には絵馬を強引に引きちぎって持ち去ろうとしたり、ライター等で焦がしたりする者も珍しくないようで、

この10年ほどで極端に増えているのだとか




国の内外を問わず観光地で悪ふざけをする日本人の話も見聞きするので日本人が精練潔白だとは言わないが、

連中の行動は悪ふざけということではあるまい

陰湿で強烈な悪意と敵意、ナショナリズムを感じる

2015-02-09

ごちうさをつまらないと言ったら人格否定された

クラスメイト(♀)がごちうさ2期楽しみだって言っててウルサイなと聞き流していたが、

ごちうさ面白いよねって同意を求められたから正直に、

「あんなの何が面白いのか分からない。

開始10分でゴミアニメだと分かった。

2話で切った。

だいたい見始めたのだって

明治時代タイムスリップした主人公が、

歴史改変のために喫茶店をやる話だって聞いていて、

ホラ吹きまれたわけだが)

奇抜な発想だなと思ったからだし。

俺個人の好みを置いておいても、

日常系にしては喫茶店というのは非日常的な空間だし、

純粋萌え豚のエサとしても、キャラデザがかわいくない。

一体何を狙って作った作品なのかさっぱり分からない」

と、つとつとと語ったら泣かれた。

ガキじゃあるまいし、勝手しろと思って放置したら、

女子グループに包囲されて、非難轟々の集中砲火。

こういう時の女子コミュニティISIS並に恐い。

首は切られなかったが、キモイ臭い、将来ハゲる、死ぬまで童貞

などの鋭利言葉ナイフ心臓をえぐられた。

思うに、言葉暴力DV認定される動きらしいし、

こういう場合に男が女を殴るのも合法化されるべきだろう。

マジウザい。

2014-07-08

あくまでも機械になれ

ふっと、書き出したくなったんでまとめる。

仕事が入って、ある程度行く現場が決まったのだが途中で移動要請が入ってしまい他の現場へ行く事となった。

3日間の予定だったが1日だけ他の現場仕事することになったのだが、その現場での自分が受け持ったセクションのチーフというのが最悪だった。

そのセクションは自分含め数人だったが割振りが決まった段階で周りから「お疲れ」という目線を感じ取った、そのチーフというのがそこそこに仕事は出来るけど、使えないという方が的確な人だったかである

個人的に良かったと思うのは序盤の1時間程度だった気がする、それ以降は仕事が終わるまで個人的には最悪だった。

自分ミスもあるが、言い方がいちいち腹が立つというか鋭利刃物の様な言い方である

「お前の報告はいから、こっちから聞く」

「やることだけをやってくれ、意見は要らないから

「お前だけ終わったらすぐ俺に報告しろ

こんな感じである事実として指示内容と既に完了している作業において問題になりそうな箇所がありセクションのメンバーの一人の先輩が何か言おうとした所で「だから、作業だけしていればいい」という感じである

その作業は見た目が重要な所だったがまぁいいだろう、既に終わってるし責任はそっちに回してくださいとしか言いようがない。

おかげであの日の仕事のせいで「機械的に仕事をする」という事を覚えてしまった。

  • ただ淡々と言われた通りに仕事をしていればいい
  • 無駄なことは一切しなくていい
  • 何も考えなくていい
  • とりあえず、やっていれば上に責任を回せるようにすればいい
  • 周りは自分以外居ないと思ったほうがいい

でも、自分以外に話せる人が居たのは幸いだったのかな…。

仮に誰も知らない人だらけで何も吐き出せない状況下だったらと考えるとゾッとしてしまう。

そんな事を思い出して今泣いてしまっている、自分仕事の出来無い悔しさでもありそのチーフへの敵意なのかもしれない。

2014-05-10

http://anond.hatelabo.jp/20140510131537

年賀状作成方法が広まっているとしても

時に鋭利刃物に相当する切れ味を持つ紙という物質で出来た年賀状を投げつけて人を殺傷する事件がおきていないようだから

大丈夫ではないだろうか

2014-03-27

腐女子をこじらせすぎてケツにちんこ(本物)を入れてみた話

腐女子歴×2≒年齢

腐女子をこじらせすぎてケツにちんこを入れてみたくなり、

彼氏に黙って下準備して突然彼氏ちんこ自分のケツに入れてみた。

5回程したので、それについて書きます

下準備

シャワ浣(シャワー浣腸

汚物の話になるけど、まずシャワ浣は風呂の洗い場の排水口を全部掃除する(髪の毛とか取り除く)ことからはじまる。

そしてトラップなどもはずしておく。

シャワ浣後、体が冷えるので湯船はためておく。 体や髪など洗う場合は洗う。

シャワーのヘッドを外してホース部分を気になるならボディソープなどで洗う。

あたたかい、くらいのお湯が5cmくらいの高さになるよう、温度と量を調整する。

これ温度低いとお腹痛くなる。(重要

勢いが強すぎるとこれもこれでよくない。(重要

で、ケツの穴に力入れて(力んで)、ホースをつっこむ。

体制は、うんこ座りで、私は片足あげたり、片足つま先立ちしてでした。(バランス悪い場合風呂イスなどに片足をのせるなど工夫してください)

5~10秒したらホースをはずして、お湯を出す。

これ、まぁまぁの確率で1回目、2回目は固形物がでるんだよね。もちろん、大きなものではなくて、最大でも1cmくらいのです。

排水口に流すしかなくて…だから排水口の掃除してください…

排水トラップあるから最後に勢い良く水入れて流すしかない。

ユニットバスだと楽なのかなー。トイレとお風呂いから行き来が無理なんだよね。

んで、再度書くけど、ケツからお湯を出すわけ。

気持ちの良いものではない。

下痢便出すみたいなもんだから。これで体力が取られるのと、虚しさにげんなりする。

お湯入れて出す、を5回くらい繰り返して、水をなるべく出しきる。

固形物ももう出ない、大丈夫、ってなったら、シャワーヘッド外したところをボディソープで洗って、ヘッドを戻す。

緊張もあるし、体が冷えているので、温めておいた湯船に入ってあったまる

とにかく、シャワ浣が一番げんなりする。何この非生産的行為…っていうメンタル的なものと、ケツから水出す不快感

体が温まると少しよくなるだけど、風呂出ても10分くらいはそんなげんなりが続く。

お酒とか飲んでごまかすとよいと思います

広げる

少し気を持ち直して今度は穴を広げる作業に入る。道具持ってないので指使うしかないんだけど、他人の指は怖い。

慣れてる人だったらいいんだろうけど、相手アナルセックス初めてなので、とにかく怖い。

ので、自分で広げる。

ローション、乳液ワセリンと試したけど、ワセリンが一番良かった。チューブ状のだと途中で足したりしやすい。

中は広げる必要なさそう。柔らかいから。内蔵だし。とにかく入り口というか肛門だけ塗って広げておけば大丈夫

もうベッドには入ってるので相手には適当に他の所をいじっといてもらうといい。

ワセリンは油分なので、ラテックスゴムコンドームだと不向きなのはわかってるんだけど、

からといってすぐ溶けたりすぐ破れたりってことはないだろうという判断

何度かはラテックスゴムコンドーム使用した。

できればポリのコンドームを使うか、またはそれ用のローション買いましょうね。

挿入

で、ちんこを入れます

ちんこコンドームつけて、ワセリン塗りましょう。とくにピストン時に肛門あたりを行き来する根本まで。

あと、途中で肛門がキツくなったらワセリンを追加してもらうようにしましょう。自分では足せないから。

ここでびっくりしたのが、初めての時でもすんなりちんこは入る!!

とにかくすんなり入ったの!

これテストに出るよ!

シャワ浣後に確認のために指入れたことはあったけど、指以上の太さ・長さのもの入れたことないほぼヴァージン肛門なんですよ。

それでもすんなりすーっと入るんです。

ちなみに対応してくれたちんこコンドームLサイズ、なので若干太めです。長さは普通アナルセックス初体験

排泄するように力むと肛門が広がり、ちんこは入りやすくなります

協力して挿入しましょう。

あと、1回目は「あれ?!入るんだ!?」ってので恐怖はありませんでしたが、

2回目と3回目が1ヶ月くらいあいたら怖くなって、入れるとき

「怖い怖い、怖い怖い」ってブツブツ言ってました。私が。

ピストン

ちんこが動いてなければ圧迫感だけなので耐えられる。多少はスライドしても大丈夫

ただ、抜けきる(カリ部分が外にでる)時は本当に気持ち悪い。排泄感がある。ので、全部抜けないようにしてほしい。

奥はどこまで入れても痛くないし、奥(直腸とS字結腸の間か?解らん)わりと気持ちがよい。



とにかく抜けきりそうになるたびに不快感!「痛い」は全くなく、肛門が乾いてくると引きつるのでワセリン足してもらって、

でも、もうスライドするたびに不快感というか、味わったことのない感覚なので

呼吸はずっと乱れっぱなしで「はあ、はあ、はあ」と全力疾走した後のような呼吸状態。体から全身から力が抜けない。「力抜いて…」なんていわれても無理です!

初回挿入時は正常位で、腰の下に厚い枕+タオルで腰を上げて入れました。

これ、腰を上げておかないと、太ももに変な力はいってすぐプルプルし出すので、

正常位の場合はなんか入れましょう。

その後、横位に変更。

私の片足を横にもってって横になって彼氏がそのまま(正常位、膝立ち?)の体制で動くと、

奥まで入って私も気持ちがいいし、彼氏も動ける。これは楽だね。

正常位だと枕あっても足に力入れ続けすぎてあとで足がガクガクになる。

後背位も足ガクガクするからつらかった。

騎乗位はそもそも試せてないのでわかりません。ごめんなさい。

その一番ラクな横でもそれでもつらくて、

2回目したときは、足は横なんだけど背中ねじってうつ伏せみたいになってて、2日後でも背中筋肉筋肉痛で痛かった。

あのね、今まで普通セックスをそれこそ数えきれないくらいしたけど、腰痛くなったことないんだよね。

初体験の時にちょっと膣に違和感残ったかな~くらいで。

でもアナルセックスノーマルな男女のセックスと違ってそもそもは無理な行為なのだよ。

からね、腰(てか背筋)を痛めるってことが現実的にあるんだね。もうコレに関して言うと爆笑しかない。

「うわー!BLだー!!!」ってwよくあるじゃん、やりすぎて腰痛い受。

あれみて、腰が痛くなるわけ無いじゃんwって思ってたんだけど現実、痛いからね!?(背筋だけど)

これはもう爆笑するしかないよね。

話が脱線しましたが、声に関して言うと私はあんまりセックス中にアンアン言う方じゃないんだけど、

アナルセックスに関して言うと、例えば抜けきる時とかは

「ア!!!!!!!!!!!!!!!!」

ってみたいなコトになる。もう声出てるじゃなくて叫んでる。喘ぎではなく叫び

奥まで入った時も「ア!!!!」って短く叫んで

あとはもうずっと全力疾走みたいなハァハァハァハァ呼吸整わなくて、すごく汗をかく。

鳥肌がたつような気持ち悪さではなく、痛みもそんなにないんだけど、

これ言葉にうまくできなくて…あと余裕なかったのであんまり覚えてなくて…(悔しい)

とにかく余裕などない…。

1~3回目は、途中で私がギブアップして、ちんこ洗ってきてもらって

その後ノーマルセックスをしてちんこフィニッシュになったんだけど、

4回目の時、ケツで緩いピストンしてるうちに彼氏が「あ、イきそう」ってつぶやくものから

マジで。え、マジで?(冷静)」って返して、小刻みに動かされたら気持ち悪さが減って少し余裕が出て、

ちょっと気持ち良い感じもあったので、中を締めてみる。

中の締め方は膣と逆で、排泄するような感じで力むと締まる。

その代わり入り口(出口だった!w)は緩む感じ。

膣を締める感じをすると、入り口が締まる。

中を締める感じにしてみて、抜けきらないように割りと短いスライドピストンして、中で(ゴムに)彼氏射精したのでとりあえずアナルセックスとしてはクリア

でも萎えちんこを抜くときすら違和感がすっごくて「アっ!!!!!!!」ってなる。

もう声抑えるの無理だよアナルセックスは…。嬌声っていうより悲鳴

5回したけど、入るからといって慣れたかというとそーゆーわけではなくて…

奥の方グググっと入るとちょっと気持ちがいいんだけど抜き差ししても別に気持ちよくはない…。

うーん

同じこと何度もかいてるけどほんと違和感がひどい…

事後

まずゴム外して捨てて、ちんこキレイに洗いに行きましょう。

私も「ケツまわりベタベタだし違和感!!」って風呂行ってワセリン流すんだけどワセリン流れねえw

結構しつこくあらったけどこれローションだともっと流れなかったかワセリンが良いかなーとは思った。

事後何時間かたってトイレ(小)に行った時に、ケツから水がちょろっとでる。

シャワ浣の名残。お尻も拭きましょう。

布団やその他が汚れたかどうかということに関して言うと、

布団にシーツして、バスタオル2枚使ってて、枕カバーも枕もシーツタオルも見たくなくてすぐ洗濯回したからわかんない。枕丸洗い。

けど枕に敷いてたタオルになんか水っぽいの付いてるの見えた気がするから

シーツだけではアナルセックスは汚れると思う。シャワ浣してても。

まぁ普通セックスでも私異常に潮吹きますからバスタオル2枚要るんですけどね☆

翌日

シーツを握りしめっぱなしだったり、背中ヘンに力んでたりで、毎度色んな所が筋肉痛

回数こなすたびに減りましたが。

翌朝のケツは「じわ、じわ」と痛いけど意識しなければ気にならない程度。

これも5回目には違和感なかったので大丈夫っぽい。

そもそも私切痔気味だけどそれでもなんとかなる。

ケツって偉大だ。

腸内を傷つけることもなかったみたい。初回時、翌朝普通に便出たけど普通

チャリも乗れる。

疑問

よくBL描写で無理やりヤって血が出てみたいなのあるけど、どっから出てるんだろうね?

中にちんこ以外の鋭利もの入れたら血が出るかもしれないけど、ちんこだけだと血は出ないとおもう。

じゃあ、肛門入り口付近から血が出るのか?ってことになるけど、

何も付けない状態ではまぁちんこ入らないしちんこが痛いし、

なんらか濡らしてればそうそう切れないと思うし… 謎!

彼氏感想

膣に比べケツは、入り口(というか出口)がキツくて、中は「みっちり」という感じらしい。

でも中は締まるというより柔らかめなのかなとおもう。膣のが動きは大きそうだと思う。

あと、5回した後に、

ケツは私がつらそうなのと、そこまで気持ちよくないからやっぱり膣がいいので…と

やんわり今後のアナルとの関係拒否されました。

[2014-03-29-00:13 追記]感想へのお返事

たくさんの方にツイートコメント頂いたのでいくつかお返事をさせていただきます

ツイート及びはてブより

ここまで詳細なアナルセックス体験記中々ねえよwww

http://twitter.com/ry0ch/status/449523333537615872

そうなんですよ!!

検索しても検索しても男性向のホントか嘘かわかんない話か腐女子妄想二次創作で、

誰もリアル実体験書いてくれなくて何一つ参考にならなくて!

もうここは誰かが体を張ってくれないと、私がやるしかないと、そう思ったんです!

そんなに微妙なのによく日あけて5回もヤったな?wwってなったwww

http://twitter.com/ccstorm20v/status/449123364863373312

↑のように体張ってやるぜ!と思ったものの、1回や2回では実態をお伝えできないと思ったからです!

いつか誰かの役に立ってもらえたら、私のように悩んだり迷ったりする人の指針になればと思って

回数重ねて開発完了までやりきりたかったのですが、

最後に書いたように彼氏からアナルとの関係拒否されたため、5回で終了しております

いつか次の彼氏ができましたらまた挑戦したいと思います

ちゃんと時間かけて広げておけば大丈夫。焦りは禁物。あとやっぱ体が冷えるのはまずいね

id:rgfx

夏場でも冷えました。やはりケツから水を出すことは体力を使うんでしょうか。

糞が太いか粗チン説。私は粗チンだが自分より細いプラグで既に痛かった

id:kurahito

コンドームがMサイズだとギチギチなちんこなので粗チンには当てはまらないと思います

便の太さはたぶん普通じゃないかなあと思います。あとは気合でしょうか。

からまず神様に「前立腺下さい」ってお祈りするところからはじめないと……(マチガエテマス

id:You-me

毎日毎日真剣に祈ってます!!!!!下さい!

イッてみようヤッてみよう精神大事

id:inava

為せば成る為さねば成らぬ何事も が座右の銘です、ぜひみなさんもやってみてください。

ちんこかい単語が含まれてたら、18禁確認のワンクッションあった方がいい気がしてきた/同じ状況で入れた側だが、ローションで濡らしてたにも拘らず太くて痛いと言われた。そんなすぐに入るものか?

id:mur2

びっくりしました。よほど私の肛門の広げ方がうまかったんでしょうか?

指引っ掛けてグイグイ引っ張ってただけなんですけどね。痛みは一切なかったです。違和感が酷いだけで。

ワンクッションに関してはそういうカテなどがあれば移動したい所です。

rasiel9713さんの疑問に。「変態性愛技法」によると女性場合は膣を裏側から伸ばされる感じになるのですが、異物感と排泄の違和感が強いため、入れるときはほかの場所を愛撫しながら気持ちよさを上乗せした方がいいと

id:tyokorata

そうなんですね!彼氏初心者だったので5回試したもののうまくいきませんでした。

動かないままで他のところを愛撫してもらえたらもうちょっと違ったかもしれません。

参考になりました。ありがとうございます

http://twitter.com/_raiya/status/449394138501242881/

最後彼女が辛そうだから今後は却下した彼氏とかほっこりした

優しい、のでしょうけども、開発完了までいききりたかった私としては、軟弱者!…と、少しだけ思いました。

ツイートよりまとめてのお返事 多かったものから
何かあればトラックバックでいただければと思います。生々しい話をお読み下さりありがとうございました。

2013-12-23

知られざるサードブロガー歴史

私がサードブロガーという言葉を始めて目にしたのはこの記事を読んだときである

はてな村では「誰が言ったか」より「何を言ったか」とか言うけど嘘だよね。またはサードブロガーアワードでも、γブロガーアワードでも、+αブロガーアワードでも同時並行で勝手にやったらええねん

http://bulldra.hatenablog.com/entry/2013/10/19/072115


この記事について私はこのような感想を残している。

順位を気にしてるからこそ「順位なんか気にせず行こう!」って言ってるみたいで、なんか根本的な解決になってない気がする。宇野常寛っぽい。 2013/10/19

http://b.hatena.ne.jp/masudamaster/20131019#bookmark-165863730



私が池田仮名氏についてずっと持っている違和感はこれである

池田氏は最新のサードブロガー記事で

電車に新しい席を作ろう」という話を書いたつもりです

http://bulldra.hatenablog.com/entry/2013/12/21/121133



と言っているが、新しい席も何も、インターネットという場には無数に席がある。それこそ無限にだ。

勝手に座ればいいのに、アルファブロガーがうんぬんアワードがうんぬんと言い続けるその姿勢

http://bulldra.hatenablog.com/entry/2013/10/19/072115

宇野常寛匂いを感じ取ったのである

これではまるでスクールカースト論ではないか

カースト論そのものがそもそも馬鹿馬鹿しいし、ましてやブログにはそういった類の優劣は無いはずだ。

私のような疑問・違和感を他の人も表明している。

・サードとかフォースとか言ってる人たち




ゴメンやっぱりよくわからない。

この人ら、何が言いたいの?

「僕はアルファーになれない。アルファーになれない僕らは何者にもなれないのと同じ。でも何者にもなれないのはツライから自らが何者かである自称する。よかったら認めてくれ」って話なの?そうとしか聞こえないわけだが。

それが書き手個々人の自尊心とかやる気にとって意味があるのは何となく分かる。だが、読み手にとってそれ何の意味があるの?個々人が胸の内で持っていればいいことじゃないの?その概念を広めて最終的にどうしたいの?

なんで読み手は君等の自己満足に付き合わなきゃいけないの?



(略)



そのサードブロガーとやらは、アルファとは何が違うの?アルファと違って何が読み手にとって素晴らしいことなの?別にブロガープロアマの違いがあるわけでもないし、「アルファブロガー」の劣化版としか思えないわけで。 サードブロガーとして認められたら何か満たされるの?すでにサードブロガーとして認められた人たちは、何か心が満たされましたか? 何か生活変わりましたか



自分なりの目標立てて満足したいだけなら、そんな名前いらなくない?



そもそもなんでアルファにこだわる必要があるの?アルファとかにこだわってるの君等だけじゃないの?自分に自信はあるけどアルファは無理、だからカンド、サード、フォース、フィフス。そんな志半ばで折れてくたびれた人みたいな話に読み手が付き合う必要あるの? 



毎日のように「本物のブロガーとは」みたいなこと言ってる人は、本当はアルファになりたいんじゃないの?



自己欺瞞でもないし、すっぱいぶどうでもないなら、サードブロガー存在意義が読み手にも伝わるように語ってほしいの。

http://anond.hatelabo.jp/20131025010235




「僕らはアルファになれないブロガーです!」と自称する意味がわからないし、それを公表して一体どうしたいのか、とは

誰もが持つ疑問であるほとんどのブロガーアルファではない。しかブロガーはそんなこと気にしないし、ましてや

いちいちそのような自虐めいたことを記事にはしない。

「僕らは競争から降りたんですよ」と言っているわりにはアルファブロガーに対する意識がとても高く、これにも矛盾を感じた。




この時点で、私のサードブロガーに対する印象は最悪である自分立ち位置意識して書かれたブログなどに価値は感じないかである




こうした私たち感想に対する回答として

サードブロガー」が公式トピックになったけど次世代アルファへの成り上がり論みたいに誤解されている件について

http://bulldra.hatenablog.com/entry/2013/10/23/074502

このような記事が投稿されたが、私はこれがまったくわからないのである

何が言いたいのかわからないのである村上春樹がここで出てくる。




「○○かもしれないし、○○かもしれない」

完璧な○○など存在しない。完璧な○○が存在しないようにね」




一事が万事この調子で、とても難解な文章になっているし、私や他のはてなユーザーへの回答・反論にはなっていないと言って良い。

なっていないから「サードブロガー」の意味は二転三転したのである

それはこの池田批判にも繋がる

サードブロガー問題について理解したいと思っている読者に対して何かを説明しようという意図は全く感じられない。説明する前にさら自分課題意識を語って問題をさらにややこしくしている。読んでる人完全においてけぼりである



http://anond.hatelabo.jp/20131221150536




そうこうしていると、次はトマト祭り(?)なるものが開催され、よくわからないが、この事件には私よりも私以外のユーザーが不満を漏らしていた記憶がある。

たぶん、トマトをお題にブログを書いてブックマークし合う、といったような話であろう。

身内ブクマ問題である。この部分にはあまりコミットしていないので私にはわからない。





そうすると今度は、やけに声の大きいとても目立つブロガーたちが集団で現れた。体調わる子を筆頭としたはてな女子、大彗星ショッカーまつたけetc・・・

彼らははてなで大騒ぎをした。とんでもないタイトルととんでもない極論をまぶした記事をはてなに大量に投げ込んだ。

はてな移住前のファンを引き連れてやって来た(ホットエントリが確保されていた)。

お金をください、ファンになってください、と叫んだ。自殺宣言をした。馴れ合った。アイコンを女体に変えた。




私は彼らのことをさっぱり理解できず、嫌悪感を持ちながらも考察した。彼らがブログを書く動機や目的は何か。

そして彼らをどうカテゴライズすればいいのか。




そのとき、私やはてなユーザーは、池田氏提唱した「サードブロガー」という言葉を持っていた。

これを使わない手はなかった。




最近うるせーうぜーブロガーサードブロガーだ!」




池田氏提唱する「サードブロガー」に対する嫌悪感と、新参DQNブロガーに対する嫌悪感が合体した瞬間である

「まとめて呼んでしまえ」



ここで池田氏は「提唱者が違う」とおっしゃられるかもしれないが、私はこの記事を提示したい。

サードって言葉使うと俺はサードではないとか、まつたけは一緒にするなとか、原義がー事実誤認がーってうるさいんだよ、あいつら。

そんな細かいこと知らないし、ソース当たるために読み返さねーよ…

そこまでしたくなるほど魅力的な人物や文章がない。



http://anond.hatelabo.jp/20131223115244

かなり口は悪いが、それなりのことは言っていると思う。

まり我々は、友達でもない人のブログをいちいち過去に溯ってまで読まないということだ。

自分ブログ過去に溯ってまで読まれるということはとても光栄なことであり、それは自分に興味を持ってくれたということでとても嬉しい。

ただ、それはとても稀なことであり、だから私の過去あなた過去ほとんど参照されない(それは救いでもある。東浩紀レベルになってようやく参照されまくる)。

池田氏以外の最近ブロガーにも言えることだが、「私はこのときこう言ってるんですけど!」「過去記事見てください!」

というのは文章のコミュニケーションではたぶん有り得ないことだ。文脈の時制を統一するのが文章のやり取りであり、もちろん

日本インターネットに居るほとんどの人ができているのに、サードブロガーになると途端にこれがダメになる。

「私の過去ぐらい知ってるでしょ?(みなまで言わないわよ)」ときたもんだ。そんなもん知らないのである

そういう姿勢が、サードブロガーの文章の読みにくさの大きな要因となっている。




話は逸れたが、つまり私や他の多数のユーザーにとって、「サードブロガー」の提唱者・代表者は間違いなく池田氏だということだ。




さて以上が「私がサードブロガーという言葉を使うまで」の私的(主観)歴史である

サードブロガーという概念言葉が二転三転した経緯を私はこう捉えている。

他の人はどう考えているのか。最後に私の目に止まったものを紹介して今回の記事を終わる。




kanoseサードブロガー」が今までのブログとどう違うか明確に説明されず、他人が理解できない時点で、定義がどんどん出てきたのは当然だったんじゃないかな 2013/12/23

http://b.hatena.ne.jp/kanose/20131223#bookmark-174308326

そんな絶望した世界サードブロガーという言葉定義されました。

サードブロガー意味は全く共感できませんでした。

だって、そんな名前つけなくてもWebには、小さな世界日常をを映し出す人達なんていくらでもいた。

その小さいものを見逃さないように、見つけ出す人達によってネット歴史は歩んできたんだと。



http://anond.hatelabo.jp/20131123175129

サードブロガー提唱をした本人は

トマトブロガーになりませんかって茶化す記事があったときに一緒になって笑っていた。

別の人間も、フォースブロガーでもプラスアルファブロガーでもええやんと言い出した。

サードブロガーという言葉はどうでもいいって態度を見せた。

いっぽうで、はてなブログ馬鹿騒ぎに苦々しい思いをしている人たちは、

そいつらをまとめて表現する言葉を欲していた。

から、彼らが大して大事にせずにほったらかしにしてた言葉を使うことにした。

この動きがあった時も、大して反論のようなものは見られなかった。

この時点で、もはやサードブロガー提唱のものではなくなってしまった。

乗っ取りが完了してしまっている。



(略)



起源などどうでもいいとはいわない。言葉提唱したこと自体意味が全くないとは言わない。

だが、サードブロガーという言葉をどのように使うか決められるほど

提唱者らはこの言葉コミットしなかった。

トマトバイトテロ洗濯機に入って浮かれているときに笑って見ていた。

しろ積極的にその言葉あいまいにして、ぼろぼろにするのに関与した。



http://anond.hatelabo.jp/20131222145816

ところが、「サードブロガー」周辺のやりとりをみるに、このあたりがよくわからない。PVや影響力だけがすべてではない、と主張しているようにみえるけれど、実際、サードブロガーに該当しそうなブロガーPVや影響力を軽視しているようには見えなかった。既存はてなダイアリーはてなグループブログ群のほうが、よほどPVや影響力を意識せず動いているようにみえたからだ。そして、彼らはお隣さん同士で「拍手」をつけあい、「あしあと」を気にしあうようなプライベートブログ文化圏のソレに近いようにもみえた。本人達の思惑はさておき、日本ブロゴスフィア全域を前提として考えた時、第三の極と言えるようなポリシー鋭利さは見出しえなかった。



http://d.hatena.ne.jp/p_shirokuma/20131227/p1



http://anond.hatelabo.jp/20131222231100

http://anond.hatelabo.jp/20131209142219

http://anond.hatelabo.jp/20131224125320

http://anond.hatelabo.jp/20131228163827




俺はブログと言う世界で生きている、この世界で偉いのは金持ってる奴でも喧嘩強い奴でもない、土日祝日ブログ書く奴。サードブロガーです!

http://azanaerunawano5to4.hatenablog.com/entry/2013/12/24/170036




めんどくさいがざっくり説明しとくと、

元々、Tumblr界の魔神otsu●e氏が道路暴走し、それを「情報戦略は始まっとるんや」とウチで茶化したらクマのお医者さんが鉄製の屑籠を振りかぶって

「悪いことは悪いって言わんかい...オマエネタにして調子乗っとったらぶち○すど、このクソ猿ブログが!!」

と怒鳴られ説教されて「やべー!殺される―!!怖ぇぇぇっ!! (((( ;゚Д゚)))」と冷や汗かいてるところを取り囲んでブコメで騒ぐはてな村お馴染みの盛り上がりの一連をyarukimedesu氏が



さらば、「はてな」よ。 - 団劇スデメキルヤ伝外超

ブログ記事を沢山書いて、アルファーブロガーになりたいな、なんて思ったこともあったけど。今でも思うけど、こらあかんわ。人生はあきらめが肝心だ。“

さらば、「はてな」よ。



と書いた。

それを見たinujin氏が「アルファなんて目指さないでいいんじゃね?」と言い出したところが最初

局所的なコップの中の嵐



から元々の発祥も「ボクたちサードブロガーもっとブログ界を盛り上げて...」なんて意味でも無かったんだが、ちょうどその頃新進気鋭でロジック・思考甘々で釣りまがいの記事を挙げまくって軽く炎上するようなブログが(昨日今日も何やら燃えてたらしいが)幾つも出て来たもんだから「新進気鋭のブログサードブロガー」と結びついて、その瞬間本来的な「サードブロガー」と言う言葉概念は死んだ。



(略)



サードブロガーとは、誰も旗を振らず責任を持たず、思惑から逸れてすぐに蔑称と化した概念

サードブロガーを語る時、誰しものサードブロガーはそれぞれに違う。

2013-12-06

読書好きの女子のファッショ

 世間一般様から読書家」とひとくりりにされ、一束十円のブックオフ価格流通している今日このごろの読書ファッションクソ野郎どもであるけれど、その内実はピンキリで、とりあえずジャンルや内容や分量に関わらず月に三冊以上読んでいれば全国平均的に照らして「かなり読んでいる」ほうの部類に入る。

 数を誇りがちなのは男だ。

 数をこなしたからといって偉いわけではないと口ではうそぶきつつ、「いやあ、今年は千冊も読めなかったよ」だとか「一日頑張れば十冊は行けるね」だとか「○○の必読本リストは○冊しか読めてないな」だとかなんでもかんでも数字還元する。

 別に速読はクソだとか熟読こそ至高だとかいう議論をしたいわけじゃない。ヴォルターベンヤミンは生涯で1700冊しか本を読まず、一方でレヴィ=ストロースは一冊書くために7000冊を読み、イケダハヤトは年速500冊を読破し、ボルヘスは「1000冊も読める人間など存在しない」と主張した。この四人の言う「読む」はおそらくそれぞれ意味が大いに異なる。だが今はそんなことは関係ない。「本を読む、とはどういうことか」じゃない。傾向の話だ。重要なのはベンヤミンレヴィ=ストロースイケダハヤトボルヘス松岡正剛佐藤優もそのへんのラノベ評論家ブログやってるビジネスマンもみな男だという事実だ。

 男は自分についてであれ他人についてであれ、読書について言及するときに数の話をしたがる傾向にある。

 数が多い方が偉くて強い。そういう世界は微笑ましい。人によっては浅薄で醜いと断じるかもしれない。けれど、浅い分理解しやすくはある。

 そこに現れているのは一種体育会系的な価値観だ。どんなメガネモヤシとて鬱屈したヲタとて、オスである以上は筋肉量に憧れるのだ。私の読書冊数は十三万です。

 強い。わかりやすい。

 読書メーターが珍重される理由もそこに関係している。RPGみたいに、読書家のステータス可視化してくれるのだ。今までの読書冊数がHPなら、月あたりの読書冊数がすばやさ、コメントがパワー。

 既読冊数も数なら、読んだ本の内容も数だ。実のところ「読んだ本の数より、どれだけ内容を理解しているかのほうが重要だろ」と、男が言うときに使う「理解」という単語はそのまま「記憶」に置き換えうる。つまり、本の筋や要点をどれだけ他人の前でそのまま垂れ流せるか、どれだけ脳にストックしてある別の本と(それぞれの文脈を無視した上で)リンクさせられるかが男の言うところの「理解」となる。ぷよぷよとかミスタードリラーとか、そのへんの連鎖パズルゲームをやってるのとあまりかわらない。


 ひるがえって、女は数の話をしない。そもそも数えない。目の前を流れてゆく本にただ好きか嫌いかのスタンプを流れ作業で押していく。

 小説についての話をすると、まず自分がある登場人物をいか好きか/嫌いかを述べだす。本気で。ぼんくら男子同士が「ビッチ」だと「処女」だのとぼんくら慣れ合いのための属性を貼り付けて表面的に消費するのとわけが違う。彼女らは本気でキャラを憎み、愛している。

 そして、いきなり自分語りを始める。マミさんによく似たバイト先の先輩の話を始める。そんな先輩がいらっしゃるならぜひ紹介していただきたい、というこちらの懇願無視して、いかにその先輩とそりがあわないか、先輩がクズかをとうとうと語り、最終的にバイト先がかつてマルクス予言し憂慮した末期資本主義的状況下にあり私はとてもつらいんです大変なんです疎外されてるんですだからマミさんは最低な女だと思います、という実に革命前夜なティロ・フィナーレに行き着く。

 よくわからない。よくわからないと言えないまま、また別の本と別の現実の話題にうつる

 マミさんが嫌いな女子とは別の知り合いで、村上春樹を嫌いな女子がいる。その子村上春樹がそりゃあもう大っ嫌いだ。春樹に関係するものすべてを憎悪していて、村上春樹本人も嫌いなら、ファンも勿論大嫌いで、村上春樹フェアをやってる書店も嫌いで、『色彩を持たない多崎つくる』が大ヒットしている現代日本社会も嫌っている。読まず嫌いというわけでなく少なくとも数冊は読んでいるはずのその子本質的村上の何が嫌いかはよくわからなくて、理由を訊いても「キザっぽくて嫌だ」とか「セックスだけじゃん」とか、いまいち要領をえない。だって、おまえ、バタイユとかサドとかロブ=グリエとか喜々として読んでるじゃん。

 男子にも村上春樹とそのファンとその社会を嫌うやつはそれなりにいて、でもそういうやつらはなぜか「『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』だけは好きだね」などと妙に言い訳地味た予防線を忘れない。続いて、聞いてもないのに春樹論について語りだす。「俺は基本的に春樹嫌いだけど、文学性や価値は理解できるし、いいところがあれば認める度量もあるよ」と言いたいわけだ。春樹以外の気に食わない作家陣に対しても似たような態度しかとれない。嫌うのに社会的にコレクトな理屈を探そうとする。それを見つけたあとでも、けなしはしても全面的な攻撃はしかけない。そんな度胸はないんだよ。俺もお前も。

 女は退かない、媚びない、顧みない。嫌った相手には容赦しない。同時に自分正当性正義も疑わない。よって言い訳をしない。理屈を探さない。よその基準など関係ない。私の人生が伊坂はクソだと告げている。

 虚構と現実境界線をきちんと引き、作品世界をきっちり読み込み把握したうえで、手前の価値観物差しのみを武器に全身全霊をもって襲い掛かってくる。彼女たちは数を数えない。だから物差しで切り捨てた数もおぼえていない。


 あなたがもし男であるならば、女と本についてトークするのはオススメしない。なぜなら、あなたは弱い。あなたはその本について、内容を記憶しているだけで実は何も独自の見解を有していない。その場でとっさにひねりだした解釈に、あなた確信を持てない。それでは耐えられない。あなた読書を通じてコミュニケートする、ということがどんなに恐ろしいことか、リアルオリジナル見解を持っている人間狂気がどんなに鋭利か、わかっていない。年間三千百冊を読了できたとしても、それらの内容を一字一句違わず暗誦できたとしても、絶対に辿りつけない彼岸がこの世界には存在するのだ。そこでは数や引用など意味を持たない。愛情感情がすべてだ。あなた死ぬ。死にたくないなら他人と金輪際本の話をするな。外に出ろ。ゲーセンにいけ。三鷹駅裏のゲーセンではまだ『ぷよぷよ通』が現役で稼働している。あなたの居場所はまだそこに残されている。生きて欲しい。生き延びてほしい。


http://unimochi.hatenablog.com/entry/2013/12/05/174304

2013-06-21

「あたしこのパイ嫌いなのよね!!」

思うだけならいいこと。



恥ずかしながら、最近まで「自分の嫌いなもの・避けたいもの」を人に向かって吐く癖があった。

あなたは○○はどう?」と問われた際に「いや~私は○○は苦手なんですよね」と申し訳なさげに言うだけならば

まり悪い心象は残さないかもしれない。

けれど、

私は私のことを語るときに、自分の好きなものより自分の嫌いなものを積極的に使って自分を説明してきてしまった。

それは余りよくないことなのでは…と気付いたのはつい最近のことである。恥ずかしい。



私は何を好きかで自分を語るということに、強烈な恥じらいを持っている。

○○が好きなんだと言ったときに、エーそんなの変!とからかわれたらどうしよう、という恐れが人一倍強かった。

好きな人、好きなもの好きな音楽、好きな洋服…それらを堂々と好きだ!と主張することがとても恥ずかしかった。



そういうわけで、私は私の苦手なことを人にプレゼンしまくってきた。

苦手なことを主張するときには恥じらいは生じない。

シェアハウスはできればしたくない、私には向いてないと思うんだ。」

占いは信じてない、どうしても当たると思えないんだよね。」

などなどなど。

嫌いなもの+それを嫌うに至ったもっともらしい理由 の組み合わせを、友達バンバン披露していた。



そしてそういった主張の先頭・もしくは末尾には

【まぁほかの人が楽しんでいるのを否定はしないけれど】【私がそう思うだけなんだけどさ、】という文言を添えて、

「私はあなた方が愛していることを認めてないわけじゃないんです!皆違って皆いい!」という意思表示を欠かさなかった。

実際にそう思っていたし、スキを認められなかったらどうしようという恐れを持っている私には、

他社の嗜好を価値観を否定しよう!という気持ちは一切なかった



そういうことじゃないんだよね。

大事なのはそういうことじゃない。

言わなきゃいいんだ。

嫌っていることなんて積極的に発表すべきことじゃないんだ。



言うたびに自分意見がどんどんと正当化されていくようで、

その安心感が欲しくて何度も何度もいろいろな人に私は私の嫌いなものを伝え続けてしまった。

「ああ、そういう理由があるならば仕方がないね」と思ってくれる人ももしかしたらいるかもしれない。

でもだからなんなの。

許せないこと・認められないことを相手にぶつけまくって得られる評価なんて、

「ああ、偏狭価値観をお持ちなのね」という諦めに近いものじゃあないか

第一、その物を相手が愛していたとしたらばどうする?

理由があったら相手の好きなものを貶めてもいいの?

「まぁ人は人だからね!あなたがそれを好きでもいいんじゃないの!アハハ!」って言えば

相手は不快にならないの?



…そんな筈ないよね。



何かを嫌ってもいいし、苦手意識を持ってもいいし、認められなくてもいい。

でもそればかり主張していると、許せるものが少ない人間だと思われてしまう。

自分では傷つけるつもりがなかった「悪意のない」鋭利言葉で人を傷付けてしまう。

から言わぬが花なんですよ嫌いなものなんて。



なぜ今まで気付かなかったのだろう。

全然悪いことだと思っていなかった自分が恥ずかしく、

強烈に恥じていると同時に、私の言葉で気分を害してしまった人に対して本当に申し訳なく思う。




あたしこのパイ嫌いなのよね、はこれからは心の中で唱えるだけにする。

うーわーマジでごめんなさい周囲うわー離れないでくれてありがとう周囲!本当にごめんなさい!もうしません!うわああああああ

2013-05-05

http://anond.hatelabo.jp/20130504192147

幼少期にいじめられていたことがある。

心が折れるというより、すべてがなかった感じだった。

当時は、明日も目が覚めることを恐れるのと同時に、加害者への強く激しい拒絶感、そして彼らの物理的不幸を願う気持ちがあった。

この人が抱いたことのある感情と似ているものだろう。



でも、そこに性的行為を含めたことはなかった。

小学生の時の加害者は異性(男子)だったが、ただズタボロになって苦しんで死んでくれればよいと願っていた。

中学生の時は同性(女子)だったが、同性だからか、やはり性的行為復讐に含める想像はしたことがなかった。

この違いはなんだろう。



ただ、もしかすると同じかもしれないと思うのが、

性犯罪者に受けてほしいと感じる物理復讐である



被害経験はないが、おぞましくてとても許せない。

そして、どこかの誰かに性犯罪を加えてのうのうと普通に生活し続けている加害者が、

この人が描写するようにボコボコにされた上、

被害者を大切に想う側の人間たちに男性器を鋭利もので刺され引き裂かれ、切り落とされてしまえばよいと想像することがある。


ここにエロはないのだが、この想像は結局「加害者の性の否定/去勢」を願う行為なのかと。

自分が犯さないことの違いは、男女間における「異性の性の否定方法」が異なるからなのか。

2013-04-10

http://anond.hatelabo.jp/20130409224032

夫はパーフェクトな人間ではない。本人もそう思っていないだろう。だからこそ、こんな僕でもできている最低レベルのことは、誰にでもできるはず、と無邪気に信じているのが辛い。

これは自分にも当てはまるし、こう考えている管理職は多いと思う。

出来ない原因を諭したりコメントするのはかなり鋭利ナイフだと気づいた。

私自身の反省、なにものでもない。

2013-03-29

いじめられてるけど

いじめられてるけど、あと145日で縁切れる条件がそろう。

それまで、どれだけ精神衛生を保つために彼らと会うのを減らすか。。。

正直なさけない。大学生にもなって。。。

もう彼らの視線と口調が、イジメとき鋭利ものになっている。もうやだ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん