「受動」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 受動とは

2017-05-22

そもそも週刊漫画誌自体WEB配信されても読まないんだよなあ。

昼飯ついでにめくるというパターン理想的であって、メールが届きました、

Kindle立ち上げます、今月号DLしてさあ読むぞと気合を入れる。

これなんか違うんじゃない、と思ってしまう。

すぐそこある感じじゃなく何クッションも必要で、しかもそれなしには不正コピーもガードできない。

まり仕方ないんだけど、なんか引っかかるわけ。日常所作としてはすごく引っかかる。

仮に自炊した漫画があっても漫画ビューア立ち上げるのがしんどい

あれはじっくり読みたいときのもんだと思う。

一番良いのは准・赤松方式で、TVのように延々と受動媒体としての漫画配信され広告が挟まれるという「端末」をだす、というもの

だらっとした漫画読みはなんとなく暇な時に手を取るように思える。

もう少し突っ込むと、上記の方式っていわゆる大量消費前提の方式なわけ。

そして大量消費方式ネット時代において主流なんだけど、このお陰で従来型の漫画が通じにくくなってんじゃないかな。

から飯物や萌え漫画日常系などの読みやすものが好まれる。これからもそれは続くだろうなあと。

マーケターとかそういう人の意見わからん

http://anond.hatelabo.jp/20170514161530

テレビって受動的な情報媒体からな。

情報を「自分検索する」習慣が身につかないから、テレビ「だけ」見てればバカになる。

テレビ見ないとバカになる」っていうのもある種正しい。情報媒体としてSNSしか使ってない奴と、SNSテレビを見てる層なら、後者のほうがより多くの情報に触れ得るわけだからな。たぶん前提として、そいつの周りはみんなSNSしか見ない層なんだろうよ。

2017-05-16

忍耐にも二種類

困難な道へ挑戦する能動的忍耐と意図しない苦痛を強いられる受動的忍耐がある

前者は言うまでもなく有益だが後者は害にすらなり得る

例のバレー部動画を観ていてボールをぶつけられる生徒に学習性無力感が芽生えないか心配になった次第

2017-05-13

http://anond.hatelabo.jp/20170513231022

受動的に年収が上がると考えないでよ。男性既婚者は養うために年収上げようと頑張ってるんだよ。

女性の既婚者が下がってるのがその証拠扶養を外れないように年収を下げようとするからね。

子どもがいればなおさら年収を上げる必要があるんだから

ブツクサ言う前に年収を上げるとか結婚するとか努力しなさい。

http://anond.hatelabo.jp/20170513162828

そもそもドMマグロになってるのは気持ちいいのだろうか

テレビ見てるだけで何もせずに笑ってるみたいな受動性を感じる

はいえ何もしてなかったのがいきなり計画したり案出そうとしたりしても

独り善がりになりそうで怖い感じもある

2017-05-11

http://anond.hatelabo.jp/20170511105719

新聞を読め、というのはあくまでもインターネッツがなかった頃の風説なんだと思う。

確かにインターネッツがなかった頃はある程度速報性のある文字媒体新聞しかなかった。

速報性、との限定を付けたのは雑誌書籍との比較である

そうすると、インターネットが本格的に普及した2000年までの数十年間は、文字媒体新聞しかなかったのだ。

そうすると、元増田のあげる

1.「テレビ受動的に見てるだけ」

2.「新聞は嫌でも周りの記事が目に入る」

3.「ネット見出しザッピングし、気になる記事しか読まない」

4.「新聞なら読めない漢字文脈理解できる」

のうち、3はともかく、124はまあテレビに対する反駁としてはそれなりに成り立っている。

ということを考えると、問題なのはいつまでもインターネット存在を受け入れられない連中である

新聞を読め」と推奨する人に物申したい

先日、会社から次回の研修に向けて課題が出された。

研修前1週間での新聞記事で気になったものについてまとめる、気になった理由も併せて」

ワシは就活生か。要は「ニュースを読め」って事なんだろうが、ソース新聞に絞る必要があるのだろうか。「新聞こそが正義テレビニュースはクソ!ネット?論外!」のような、カチコチに凝り固まった脳味噌の持ち主から出された課題のような気しかしない。そもそも就活生たちに新聞の購読を課す者たちの気が知れない。

自分なりに新聞を読む意義について考えたが、一瞬で反論できそうなものしか思い浮かばなかったので少し調べたが

情報が正確

知識が付く

文章力が付く

アーカイブ可能

⑤魚の調理掃除に使える

というのが主な理由らしい……

情報が正確

インターネットニュースがえてして不正確だとでも宣うつもりだろうか。二次情報三次情報まとめサイト比較しているのだろうか。各新聞社だって各自ニュースサイトを持っているが、それは新聞とは違って不正なのだろうか。

また「テレビ偏向報道が凄い」とよく言われるが、誰かが物事を綴る以上、記者や各社ごとの思想に基づいて書かれるのは致し方ないことだろう。偏り具合、正確さ等の点を見れば、良くも悪くも、ネット新聞テレビも目糞鼻糞だ。

知識が付く

→こんなアホな話などない。

1.「テレビ受動的に見てるだけ」

2.「新聞は嫌でも周りの記事が目に入る」

3.「ネット見出しザッピングし、気になる記事しか読まない」

4.「新聞なら読めない漢字文脈理解できる」

こんな文言散見するが、新聞読者様が目の敵にするそこらのテレビ局よりも偏っている。

1.確かにテレビは画面から流れて来る情報を得るだけだが、新聞だってそこに書いてある以上の情報新聞からは得られない。

一方、2.の新聞は広げている以上は嫌でも周りの記事が目に入るらしいが、テレビだって垂れ流している間は興味ないニュースからクソみたいな芸能ニュースまで有りとあらゆる情報が流れ込んでくる。そもそも、自分が読んでいる記事の周りの記事なんて、デカデカと書かれた見出し以外は霞んで見えているはず。その点、3.のネットニュースに対してのそれと同等の状態だろう。

4.いや、調べようよ。漢字辞典の使い方、習ったじゃん。小学校の時に。読めなかったら、意味が分からなかったら、使おう。漢字辞典

文章力が付く

文字を読むという点で、ネットと同等。テレビは確かにその点では劣っている。

アーカイブ可能

確かに、新聞だけは他の2つの媒体と違い、形として保存をしておけるという利点はある。

と思ったのだが、ネットであれば、印刷ボタンをピッとすれば、A4サイズ統一で保存がし易いという最高の利点があった。新聞スクラッパーの皆さんがチョキチョキ新聞を切っている間に、どうやらネットではもう一つ記事が読めそうだ。

⑤魚の調理掃除、濡れ靴の吸水に使える

本当に頭が上がりません。恐れ入りました。テレビパソコンスマートフォンまな板に使うわけにはいかないし、靴に入れたら下手したら水没してしまう。かと言って、スクラップ用に刷ったA4用紙で魚を捌いたり靴に突っ込むのは勿体無い…。

詰まるところ、どの媒体も一長一短なのだ

テレビは、映像もあってわかり易い反面、欲しい情報が出て来るまで待たなければいけない。

ネットは、安価で欲しい情報を取捨選択することが出来る反面、印刷web魚拓なりの方法で保存しておかないと記事がいつ消えるかわからない。

新聞は、テレビ欄で今何か面白い番組をやっているか探したり、魚調理大掃除で大活躍する反面、他のメディアより飛び抜けて秀でた点が無い上に物理的に邪魔

新聞がクソだから廃刊しろ」などと言うつもりは無いし、毛頭思ってもいない。ただ温故知新の「温故」に留まり思考停止している新聞至上主義者に物申したかっただけ。

2017-05-10

[]インサイドヘッド(ネタバレあり)

エンターテイメントとしては面白かったけど作品メッセージロジックが駄目だ。あれだとカナシミの価値家出を思い留まらせる、という結果に依存した価値しかならない。

「ライリー幸せにできない」という台詞が何度かあったけど、あの作品ロジック

・(家出したりしないような)幸せ人生のために感情がある。

・それゆえに、家出を思いとどまらせたカナシミには価値がある。

なんだけど前提が間違ってる。

憂鬱に浸ることは実は精神を落ち着かせる心地良いものだ」、みたいなこと言った心理学者がいた(誰かは忘れた。記憶捏造かもしれない)。悲しみはそもそも不幸を取り扱う受動的な感情であって、能動的に幸福状態を獲るための感情じゃないんだよ。

なのでインサイドヘッドの作中で言えば、ロケットを捨てられたビンボンに寄り添っていたシーンの方がずっと本質的。不幸を回避することを目的とした感情なら悲しみより恐怖が相応しい。実際、ビビリ(両親から離れることへの怖れ)で家出をやめても矛盾しないはず。

悲しみの必要性作品メッセージにできるよう構成し直すなら

1.家出を主導するのはヨロコビ

   持ち前のポジティヴ思考で「ミネソタに帰れば状況が好転する」と考える

2.しかし状況が改善しない

   友達を頼るけど親を呼ばれて連れ戻されそうになる、など

3.引越し現実を受け入れ、心から悲しむことで平静を取り戻す

   これによって心の世界崩壊が止まる

って感じかな。

2017-04-29

文語体が無くなった。

最近気づいた事だが、頭の中から文語体を生成する機能が無くなった。

硬い表現を分かりやすく伝えようとすると、必ず同じような文体(口語体)で生成してしまう。

かつては表現した内容と表現形式が一致しているということに敏感だった。

表現形式、つまり文体、が持つ機能理解を立ち止まらせることで、読書という受動行為思索に転じさせる抵抗の役割であった。

近年出ている本やネット文章でこの抵抗を感じるのは、主張が自分と相容れないかエキセントリックな内容か、である。いずれにしても、分かりにくいから頭を使うのではなく、分かりたくないから、頭の中で粗を探してしまう。

そういう事を繰り返したからなのか、自分の中で、内容を構造に落とし込む、という思考形態が取れなくなった。

現在生活の中で、湯水のように文章が溢れているが、それを読む行為は以前より知的行為でなくなった。ある文を読む事は知識を積むことであり、内容以上にはモノの見方を変えない行為になっていないか。以前には、ある文を読むとモノの見方が変わったものであったはずなのだ

だが、今の自分はどうだ。内容を伝えようとした途端に説得させ相手理解させようとしてしまう。相手思考を待てないのである

古くから残っている本の内容をわかりやすくしてしまえば、誰でも簡単理解できるのであるしかし、古くから残っている本の著者の思考形態原著によってしか手に入れることが出来ない。

大事なのは、分かりやすくしても同じ内容にあるのではなく、思考過程とかモノの見方かいわれる知性そのものの方だ。

営業って何してるの?

スマホが普及した昨今、気になることがあればすぐに調べることができる。

新聞雑誌テレビみたいな受動的な情報源だけじゃなくなった。

消費者が賢くなった。

一昔前なら、いわゆる腕力ってやつで営業出来ていたんだと思う。

でも今はそうじゃない。競合と比較した優位性を説けないと話にならない。

ノリや勢いや酒の席で話が決まる世界じゃなくなったら、古典的営業は何をするのだろう。

2017-04-28

能動的な意思決定は本当に大事か?

先日、某フリマアプリ運営する企業の人事が「就職/転職活動に悩むみなさんへ」と言う記事投稿話題になっている。

twitterなどの反応をみると割と好意的意見が多いようだが、私はとても違和感を感じたのでそれについて書いてみる。

この記事の内容を要約すると、

「豊かな人生をおくるには、他人評価意見に委ねるのでなく自分意志決断たか大事である。よって就職/転職先は、自分意志で決めましょう。」

と言うことになると思う。果たしてこれは正しいでしょうか。

私の意見としては、そんなに夢みたいなことを言っていては何もできないし、はっきり言って幻想にすぎないと思う。

その根拠は2つある。

まずひとつは、人生というのは自分意志コントロールできる部分が極めて少ないと言うことだ。

これは、歴史勉強すればわかることで、どんなに強い意志や才能を持っても不遇な一生を送る人間は山ほどいる。逆に自分意見を殺して決断他者に委ね、時代迎合することで豊かに暮らしてきた人間も山ほどいる。

決断というのは、自分意志で決まると言うよりは環境などのしがらみで"そうせざるおえない"状況で決まることが多い。

身近なところで言えば、仕事部署自分意志と言うよりも、組織の都合で決まることが多い。

また、政治世界で考えてみると、財政問題外交問題は現役の総理大臣責任というよりは、歴史的に蓄積されてきた問題であることがほとんどだ。他人がこれまでしてきた決断の積み重ねの上に現在業務があり、本意でない仕事も多いはずだ。言い方は悪いが他人の尻拭い的な仕事が大半だ。それでも葛藤しながらも日々の業務をこなしていることだろうし、それが仕事というものだ。

天災社会情勢、歴史的なしがらみなど、自分では如何ともしがたい運命翻弄されながら、それを受け入れた上でベスト妥協策を探ることが重要なんではないかと私は思う。

ふたつめは、自分の知りうる情報は極めて限定的であるという問題だ。

自分収集しうる情報から論理的な最適解を導いてもそれは局所解でしかない。

これについて興味深い示唆を示しているのが、アメリカ社会学者マーク・グラノヴェッター提唱している「弱い紐帯の強み」と言う概念だ。これは、例えば転職活動をする際、自分のことをよく知っている人より関係性が薄い人(パーティーたまたまあった人とか)からもたらされた情報で選んだ会社の方が満足度が高いという話である

これは、自分帰属している環境から日常的に得られる知識はかなり偏りがあるということを意味している。

この問題を解消するためには、意図的自分意志に反することをする必要があると思う。

冒頭で紹介した記事の中に「人に言われて何か学ぶ」「流行りだしたから始めて見る」っていうことに否定的意見が述べられているが、私はむしろ自分普段選択しないものから自分思考が発展していくと思っている。

特に変化が激しい現代社会においては、自分が最適だと思っている選択陳腐化しやすい。

自分思考の幅を広げながら柔軟に生活するには、受動的な決断に身を委ねることも必要なんではないかと思う。

このように、これら二つの要因から能動的に意思決定することが必ずしも有効とは限らないと思う。

確かに決断の回数が人を成長させることは一理ある。

しかし、その決断が豊かな人生につながるほどシンプルではない。

私の周りを見回してみると、自分意思決定をしたいとロマンを追い求める人ほど社会に出てから思い悩むことが多いし離職率も高いように思う。「自分の本当にやりたいことは別にあるんじゃないか?」など答えのでない問いを繰り返す傾向がある。

逆に自分意志が反映されない環境・状況であっても、これが現実と割り切って粛々と実務をこなすタイプの方が長続きするし周囲から評価も上がり豊かな生活を送っていることが多い。

環境を変えるより自分自身を変えることの方が簡単だし効果的だ。

まとめると、偶然や不確定性を受け入れ、自分ではどうすることもできない残酷運命翻弄されながらも、それを楽しむ度量が必要なんじゃないだろうか。

身も蓋もないことだが、人生運ゲーだ。

2017-04-15

何人でも腹を立てるでしょう

聞きたくもない話を学ばされるのが日本史なのですから

受動系の謙譲語で語られるのがヤマト民族なのですから

嫌になって当然です

2017-04-02

友人・人間関係のことを支離滅裂

私はもういい年の三十路の女です。

最近SNSで知り合い仲が良くなって、頻繁に遊びに行ったり、自分の部屋に呼んで飲んだり泊まったりできる友人(女性)ができた。

それなりの時間をかけて、トラブルもなく順調に仲良くなっていって、本音も少しずつではあるけど話せるようになっていった。

しかし、それは突然終わりを告げた。

ある日、SNS上で見かけないな、と思って確認した。

つながりを切られていた。

切られたことに対してのショックはなく、純粋に驚いた。

ネット上だけの関係なら繋がりを切ることに躊躇など必要ないとは思うのだが、自宅に行き来するような仲でもそういうことができるのか、と。

しかし、切られたことに対して攻める気持はないし、あちらからしたらその程度の関係だったということだろう。

と、思ってはいるのだが、これがキッカケで「友人を作る」ということの難しさをまた痛感することになった。

誰しもそうだとは思うが、人間関係で大きかれ小さかれトラブル経験すると「マイルール」ができてくると思う。

それは事あるごとに変化していくものだが、今回の件でそのマイルールが全て無駄だったと思った瞬間、友達を作ることができなくなるのでは、と恐怖を覚えた。

仲を深める、ということは、会話が重要だと思う。

自分はなるべく会話で相手を知る、自分を知ってもらおうと思っている。

突然だが私は、数年前に親友を亡くしている。自殺だった。

当然、後悔している。

「あの時、なんで話をちゃんと聞いてあげなかったのだろう」

「あの時、もっとちゃんと言えばよかったかもしれない」

「あの時、ああ言わなければよかったんじゃないか

よくある、と表現するのは不適切かもしれないが、本当にそう後悔している。

死ぬまで後悔しつづけると思う、だからこの後悔は当然マイルールに影響している。

おそらく誰しもがそうしてるであろう内容なので、書かないといけないのか?と思われるかもしれないが、自分メモとして、ざっと書き出してみたい。

相手の話を聞く立場の時

相手の話は相手の気が済むまで聞く。

・相槌は必ず打つ。

相手立場になって話を聞く。(相手の心情をなるべく理解できるように)

・わからない部分があれば、解釈が合っているか確認する。

自分が話をする立場の時

相手が嫌がるような話をしない、言葉を使わない

・誤解を招く表現をしてしまった場合、即座に訂正すること


これは私が相手にすることであって、相手が必ず私にしてくれることではない。

から相手によって微妙対応を変えるし、内容も変える。

他にも、会話の内容だけではないが、自分にとっての常識他人にとっての非常識場合もあるし、その時の相手精神状態などもあるだろうから、一概に全てをこのマイルール適用させることはあまりない。

そうやって色々、相手のことを考えつつ、自分のことも考えて築いていくのが人間関係なのだと、思っている。

私にはそれができない、できていないようだ。

「気が合う友達」というのが親友以外名前を挙げれないのだが、親友は私に対してそう思ってくれていたのか、今では確認のしようがないか不安と疑問と恐怖でいっぱいだ。

から

いって、その気持を払拭するために、もし今後「気が合う友達」ができた時に「私はこう思っているがそう思ってくれているか」なんて聞けることもないだろう。

私は「遊びや旅行などに誘いあえる」「なんでも話ができる」「助け合える」ことができる友人が欲しいと思っている。

突き詰めていけば、もう一人自分がいればいいのだが、この世にコピーロボット存在しないから無理な話。

しかしどうすればそんな友人ができるのだろうか。

そもそも、人付き合いがとても苦手なのだ

理由はよくある幼少期のいじめ

容姿いじめられたり、何をしてもいじめられたりした。

から受動的になったというか、自分から率先していくことはなくなった。

それでも人間関係は生きている以上、存在する。

自分から見て、この人とは付き合わないほうがいい、と思って離れると、自分けが離れてしまうことばかりだった。

いつも孤立する側で、周りに人が残らなくて、全てリセットされてしまった。

その度「私がおかしいのだ」と思ったし、今でも思っている。

改善しようにも、わからない。

それと私には「人を見る目がない」から友人がいない。

たまに「あなたは人が良すぎる。もっと自分を出したほうがいい」と言われるのだが、そういうことばかりだと自分はなかなか出すことができない。

どうにかしないと、と思って入るが、出会いの場もそもそもどこにあるのかわからない、一般的に使われているSNS以外のどこで友人ができるのだろうか。

皆どこで友人を作っているのだろう、出会っているのだろう。

人と繋がりたいと思っても、手段がわからない。

よく「趣味の集まりで」等きくが、その集まりはどこでできた集まりなのか。

そこには人と人の繋がりがあってできる集まりと、ネットサービスでの集まり等様々があるのだろうが、そもそもそこにたどり着くプロセス形成できない。

仕事でも社内以外の人間と接することは一切ないただの事務職なので、その繋がりを作ることもできない。

もし仮にまたできたとしても、コミュ障特有気持ち悪いしゃべりしかできないので、そこから関係を広げられるかどうか不安もある。

不安を言い出したらキリがない。

そもそも、人と付き合うことに対して恐怖を持っているのかもしれない。

私は「親しくなりたい」と思ってもらえない人間なのだろうとも思う。

どうすればそれを覆せるのかもわからない、多分今までもそう思って行動を取っていたかもしれないが、失敗しているんだろう。

こんな人間結婚できると思えないし、そもそも結婚願望もない、子供がほしいとも思わない。

ずっとこのまま孤独で、孤独死していくんだろうな、と思う。

ただ、諦めることはなく、これからも友人を作りたいとは思っている。

ずっとこんな気持でいながら作らねばならないのか、と気が重くはなるが。

ここまで読んでくれた人、ありがとう

2017-03-31

女になりたい元増田より

http://anond.hatelabo.jp/20170327002725元増田です。

恐ろしく長い書き込みになりますすみません

コメントありがとうございました

とにかく吐き出したい一心で書き込んだものにさまざまなお言葉いただき、とても驚いています

書き込んだときは、一つ二つコメントがあれば御の字、よくて炎上事案だろうと思っておりました。自分が発信したものに、こんなにも多くの方からの方から反応をいただいた経験もなかったため、あまり現実味がなかったのも正直なところです。

しかしながら、増田の皆さんがコメントするという手間を割いてくださったこと、純粋に嬉しく思います。読み初めは恐る恐るでしたが、最後には泣きながらすべてのコメント拝読しました。

ありがとうございました。

お返事(というよりは所感)

いただいたコメントの中には、はっとしたり、感銘を受けたり、お礼申し上げたいお言葉がたくさんございました。

今後立ち止まったときに読み返したいという思いもあり、誠に勝手ながら覚え書き代わりに再び書き込んだ次第です。

こんなところまでご覧になる方はごく少数かと思いますが、以下、先の書き込みを通してわたしに投げかけられたと思しきコメントを中心に挙げさせていただきました。

わたしの頭が及ばず文脈を読み取ることのできなかったコメントコメントに対するコメントなどついては割愛させていただきます。本旨を拾うことができていない場合も見受けられるかと思いますが、ご容赦いただければ幸いです。

コメント群 I:そもそも内容が不快

自覚がなかっただけ余計に質の悪い「いけ好かなさ」があったのだろうと思いますし、言い訳以上でも以下でも無い書き込みでしたのでご指摘ごもっともです。貴重なお時間をいただいてしますみません

コメント群 II:書き込む場所問題

解決法、相談場所など考えるなり調べるなりすべきだったところ、自分勝手に思い詰めた挙げ句思考停止していました。

今後は適当と思しき場所相手を見定めていきたいと思います

コメント群 III:受け身すぎ・主体性がない
  • 単なるビビリやん、行動するのに御託を並べてる時点でビビ卒業できてないわ
  • 自分人生から逃げ続けていると、そのうち人生からしっぺ返しを食らう。
  • 傷つくことを恐れて逃げると、もっと傷つくことになる/同世代だって心を受け止めあえる優しい人がいることをまずは知って欲しい。とにかく探して話していけば、きっと人として愛しあえる。
  • 残念、悉く受動的。恋愛に限らず、してもらうことばかり考えている人に惹かれる人は少ないと思うよ。許されたい、愛されたい、と他人に望んでばかりじゃね。
  • コンプレックスのせいで受け入れてくれそうな人に甘えているだけでしょ。お洒落モテる努力をしてコンプレックスを解消してみては?30代は出会いが沢山あるので遅くないよ。今諦めると10年後にもっと後悔する本当に
  • 酷い言い方かもだけど、メソメソこんな私を愛して延々言ってたら、一生搾取おじさんの餌食から抜け出せないと思う 自分自己肯定感低いけど、なんとか脱しようと努力しているか増田さんとは相容れない

その通りですと頷くことしかできないコメント第一群でした。

コンプレックスの強い部分が性にまつわる事柄に集中していたのでああいった書き込みになりましたが、そもそも人として受動である、ということをコメントを通して実感しています

こちらも仰る通りだと思います

自分と向き合うこと。価値を見出すこと。認め、受け入れること。すべて放棄してしまったがゆえの今のわたしですね。

コメントIV自尊心・願望が高すぎ
  • この人はもうショーケースに並んでいるのだと思う。ただ、それを自分で認めたくないだけで。
  • 自信が無いのではなく、プライドが高すぎるだけでは。「ショーケースに並んでる」女性を見下してきたんじゃない? 私は違うって。
  • なんかモテない自分に酔ってるような印象を受けた。モテないと言いつつナルシストなんだろうな。理想を下げられないんだ。
  • さないと愛してもらえないぞ。先に愛したら負けだと思っているんだろ。

このあたりも刺さったコメント群の一つでした。

自主性を放棄したのも自分選択ですが、そのあたりを「放棄せざるを得なかった」と外に責任転嫁。「誰かと恋愛を共有できずとも生きていく」ということに固執し、「私は違う」と言い聞かせながら、どこかでは自分から愛するのでなく選んでもらいたいという望みを抱えていた気がします。

いや、抱えて”いた”というか。現在進行形の方が近いでしょうか。

  • プライド自尊心)の処理さえどうにかできれば、あとは“彼女たち”の真似をすれば十分追い付けるのでは?/不倫超うらやましい……。好奇心がある今のうちに、男から色々教えてもらいなさいな
  • なんか無理に小難しい言い方をして賢く見せようとしてる感じがするなあ。プライドが高いのかもしれないけど、恥かいてもいいと思ってないと他人と深い関係にはなれないよ

なので、こちらのご指摘の通り、自尊心の壁を崩して自己開示することは大きな課題だと思います

不倫は二度とごめんですが、(誰かに迷惑をかけない形で)失敗を恐れず経験を積み重ねることができたら素敵ですね。

こちらのコメントには心底はっとしました。

自分が傷つきたくない一心積極的な行動を避けるようになりましたが、はたしてそれで何を守ることができたかと問われると、得心のいく答えが見つかりません。

  • 真面目な非モテ結婚すればいい。恋愛じゃなくて結婚するんだ。そもそも日本人の大半には恋愛なんてできないんだよ。
  • そんなに恋愛幻想持たないでもいいと思うぞ。(妻帯者は避けたほうがいいとは思うが)愛し愛されたいとか、それだけならそこらの男性半年も付き合えばできるし、それをうなずけないのは、望み高いからだし。
  • じゃあ俺が恋人にしてやるよ、って言っても拒否するだろ?結局わがままなんだよ、選り好みしてるだけのただの甘え

文化的な背景であったり、そもそも現実的な部分であったり、分かっていなかった部分がたくさんありますね。

少女漫画ドラマリアリティを疑う頭はあるくせ、夢見がちな自分の頭を自覚する能は皆無だったのだとつくづく思いました。

わたしが選り好みしない人間であれば、何食わぬ顔で件の人との関係を続けていたでしょうし、きっとああいった書き込みもしていません。

コメント群 V:不倫女のテンプレ

いくら年上が好きでも不倫だなんてありえないし、人の旦那に引っかかるような女にはなりたくない。そう思っていた十年前の自分に今回の書き込みとこちらのコメント突き出してやりたいです。

正直ぐうの音も出ません。

年齢ばかりが大人の濃度を増すのに比例して、欲求も複雑かつ深くなっていくので、大人として制御の仕方も覚えねばと強く思います

同じ轍を踏まないための必須スキル自己肯定であることも忘れずにいたいです。

コメントVI:見た目ばかりが大切なのか

コメントを受けて自分文章を読み返したのですが、見てくれからして自分を好きになることができないあまり、中身はおろか包装さえ魅力がない!だから手にとってもらえない!という書き込みになっていましたね。

もちろんそう感じていたのは事実なので、コメント一つ一つから見目に執着していたことを自覚することができました。

書き方が悪かったため「可愛らしい女の子」に内面も含まれることが全く伝わらなかったことと思いますすみません

わたしが羨んだ親友たちが(自覚的にせよ無自覚にせよ)努力で構築してきた「かわいさ」には、親しみやすさであったり、思いやりであったり、内面の豊かさに表れるものもたくさんありました。わたし可愛いと感じた外見も、そうした内面から滲み出る表情・仕草が大半を占めていた気がします。

明るく振る舞っていた彼女たちと、マイナスばかり抱えて鬱屈していたわたしとでは、比べるべくもありませんね。

自分書き込みが外見ばかりに言及した内容であることに気が付かなかったあたり、内面から目を逸らしているというご指摘は的を射ていると思います

コメントVIIワード定義・考え方について
  • 女になる、というのは果たして、綺麗に着飾って声を掛けてもらえるのを待つ状態を指すのだろうか。逆説的に、声を掛ける人だけがあなたの中では男なの?
  • 「女としてショーケースに並ぶ」ことが女になるってことだと思ってるなら、それがそもそもの不幸のような気がする。
  • 増田が何を目指してもいいけど、そういうのは女じゃなく恋愛体質とか恋愛至上主義者って言ってくれ。
  • 「異性のパートナーがいない女は『ちゃんとした女』ではない」って思い込みを捨てれば楽になるのでは。

このあたりもすごくはっとしたコメントばかりです。

女として、女になりたい、女、女……と再三嘆いているわりに、わたし自身劣等感を通じて「女性」という性を蔑み、貶していたのではないか?と感じました。

自尊心にしがみつきわたしの憧れる「女性」に対して「わたしは違う」とどこかで思っていたのと同時に、女性としての価値勝手に決めつけていた気がします。これもまた思い上がりですね。

  • すごい違和感増田の中で「女性=選ばれる立場」という認識?選ばれたいという願望で自覚的にそう思ってるならまだしも、増田だって愛する権利は勿論あるし「人として」愛されるという選択も確実にあると思うけど
  • ショーケースなんかに並んでないで、自ら狩りに出れば選びたい放題だよとマジレス
  • この人は「選ばれること」「評価されること」を強調するけれど、自分自身もまた「選ぶ立場」「評価する立場であることを忘れている。その非対称性が少し気にかかる。
  • 受け身は止めてみたらどうか。あなたが主導でも恋愛は成り立つ。
  • 既婚者なのに言葉巧みにおいしいとこだけ持ってこうとするやつなんかに選ばれようとしなくていいよ。そんなショーケースに自ら入る必要ないよ。あなたを「選んで」くれる人を、自ら選べるはず。

こうしたご指摘を受けた根底には、上記のような「女性」に対する偏った価値観があったのだと思います

日常生活の中で無意識に「選択する」ことを繰り返しているはずですが、そのあたりを自覚できていなかったのも問題なような……自己肯定すること、主体性を持つことにも繋がると思いますが、前向きに選ぶことができるようになるのも課題の一つと感じました。

前述したコメントから繋がるものですが、こうしたご指摘は、偏った価値観に縛られて手段目的になっていたのだと気づかせてくださいました。

ショーケースに並ぶことは女として取り得る手段ひとつにすぎず、それ以外の選択肢があることを理解しようとはしていなかったのかもしれません。

労っていただいてありがとうございました。

上記の通り偏った価値観から好き勝手に嘆いていましたが、「女」になることで何が欲しいのか?という問いに対する明確な答えを持ち合わせていなかったことに気がつき呆然とした次第です。

好みの恋人を得るために可愛い女性になりたかった、というのが当てはまるような気はしつつも、女として生まれ自分が持ちうる一番身近な「愛される形」が「女性」だったのでは、とも思いました。

長くなりすぎたのでIIに続きます

2017-03-10

テレビ受動的なコンテンツから趣味人には元から相性悪いよ

まあ最近自称オタクも口開けて待ってるだけのやつばっからしいけど

急速に支持を集める “が” から追い詰められる “を”

「を」の代わりに「が」を使う事 “が” 決定

「を」の代わりに「が」を使う事 “を” 決定

記事見出しのように体言止めで使われてた “が”

それが今や特に強調するとこでもないのに “を” より “が” の使用頻度が高くなっている

それによって新たな問題点散見されるようになった

「を」の代わりに「が」を使う事が決定 “した”

「を」の代わりに「が」を使う事が決定 “された”

上記どっちでも違和感がない人もいるみたいで受動態の “された” が正しい筈なんだけど違うの?

2017-03-04

アナ雪】テレビ放送記念、こじらせ童貞アナと雪の女王感想【Frozen

面白い! 以上。

 

 

 

 何となくネタバレ控えめで書きます

アナ雪の第一印象は、多くの女性が絶賛しているが、私が好きな一部 お笑い芸人さんの評価イマイチ。っていうか、「特にストーリーは無い」というような評価だった事が強く残っている。

公開当時にネット上で大量に書かれた感想評論考察なども結構興味深く読んだ。宇多丸さんと荻上チキさんの評とかも聞いた。

 

 

 

 それらを読んだり聞いたりした上で時間が経ってから本編を見たので、完全に真っ白な状態では見れていないのだが、

私の感想としては、少なくない超絶賛には付いて行けないものの、しかし一部 芸人さんの評価は低過ぎると思う。ストーリーはちゃんと有る! むしろ濃過ぎる! 丁寧に煮込まれスープの上澄みだけを飲んでいるようなモノで パッと見の印象がシンプルに感じられるだけだ。

 かなり好き。勿論、素晴らしい作品で、超絶賛される理由も分かる。

 

 

 

 んで、ここからが本題なんだけど、

 

公開当時も沢山の評論考察はあったんだけど、私が読んだ範囲では それらには書かれていない部分が気になっているんだ。

それをここで書こうと思う。

 

 

 

 ザックリ書くと、

アナ雪って、作中での『運が良い事』が重要な基盤になっているんじゃね?」って事。

 

 

ちょっと、ここからは逆算して書くんだけど、

 まぁ、ディズニーアニメの例によって例のごとく アナ雪も『真実の愛』が重要テーマになってるじゃん。そして、それが問題解決の鍵じゃん。 それは……、良い。

私が気になるのは、その焦点が「自発的な愛」なのか、他者から与えられる「受動的な愛」なのか、「両方」なのか って事なんだけど、

ここまでは色んな人も考察されたし評論されてる。が、

私は、その「先」も気になるのよ。

 

 

まり、私は、

 「エルサの『雪の呪い』は『自発的真実の愛』でしか解呪出来ない。」という解釈余地がある事が アナ雪のパワーの源じゃないのか?と思っているんだ。

いや、分からんよ。 旧来型通りクリストフから与えられたであろう「受動的な愛」でも解呪可能なのかもしれない。

 でも、無視出来ない描写もある。エルサの良心+妹への贈り物であるオラフが愛が何であるかを知っている事だ。

これは少なくともエルサは愛が何であるかを知っている証拠だし、アナに対して「受動的な愛」を与えている。でも、アナ呪いは解けていない。

また最終盤、エルサが自身の愛を自覚することで氷の魔法制御出来るようになることも重要だ。

 

 

 

では、仮に「エルサの『雪の呪い』は『自発的真実の愛』でしか解呪出来ない。」という前提で本編の描写を見てみよう。

 

 

まず、最序盤、城の中で二人が雪遊びするシーン、この時点で雪の魔法アナ心臓に当たっていればアナは為す術無く死んでいたよね。

 だって幼児自発的自己犠牲的愛なんて期待出来る訳が無いんだから

これはトロールの長がエルサの魔法を強く警戒する事とも整合性がとれる。子供に対しては致死性の呪いになるからだ。

 両親がエルサを自室に閉じ込めるのも危険性を顧みれば已むを得なく、エルサからすれば妹を殺しかけた訳だから強い反省からくる自傷的な引き篭もり、恐怖も理解できる。

まり最初にエルサが「運良く」アナを殺さなかった事が最終的なハッピーエンドの結果を生んだのではないか

 

 

日に日に強くなる自分では制御出来ない魔法。閉じ込めるという対処法。最初被害者自分より幼く弱い近親者。一度、開放されれば国中を巻き込む影響力。

プラス(私の予想として)子供に対しての致死性。

 

 

 エルサの雪の魔法は「感染症」のメタファーでもあるのではないか?……

これは”エグゼクティブプロデューサージョン・ラセターが、難病である1型糖尿病10歳で診断された息子からエルサのキャラクター作りにインスピレーションを得たと語っている。”

事とも整合性がとれる。

 

 

 つまりアナ雪は 表層の魔法ファンタジー+家族再生物語。中層のディズニープリンセスからの脱却といったジェンダー論。下層の人類の「感染症」との戦いの歴史対処献身治療回復。の三層構造ストーリーが極めて高い次元昇華されているため大きな感動を産んでいるのではないか

そして、ハッピーエンドの核を「運が良い」事に放り投げているので説得力が損なわれず説教臭くさえない。

ただし、無意識不安は残る。が、アナ雪の場合、コレさえ長所にもなっている。

 

 

 作劇の基本構造は、「作中の『問題』の解決」だが。

これを「正義主人公(達)の努力と理性と決断による悪に対する『必然的勝利』」という構成に出来れば、物語としての強度も視聴者快感高まる。が、

同時に説教臭くもなってしまう。作中の「問題解決の条件と能力に焦点が集まり説得力が損なわれやすい。

 ズートピアベイマックスは両方とも素晴らしい作品だが、どこか説教臭く、アナ雪に比べ説得力が薄いのはこのためだ。

 

 

 主人公(達)に「運」の影響が無い作劇は、安心子供向けにもしやすいが、ややもすると『答え合わせ』になってしまう。

が、主人公(達)に「運」が有りすぎても御都合主義展開になってしまう。

 アナ雪はこのバランス絶妙で、ディズニーアニメとしてはギリギリまで「運」が良く、更にそれを最初の「室内雪遊び事故」一点に絞ってるのが凄い。

 

 

感想の締め方 分からなくなってしまったが、

 要は アナ雪 超良かったです。好き。

ズートピアは素晴らしいし良かったけど、完全には好きになれない。

ベイマックス客観的には素晴らしいのだろうし、良かった方だけど、好きじゃないかな。

2017-03-01

日本若者自分達が管理職になる頃には長時間労働文化がなくなっていると思っているが、そんな事はないと思う

自分達が長時間労働をすることで評価される社会しか育ってきてないんだから、それしか部下を評価できる指標がわからないもの

受動的に、いつか変わるのを期待するのではなく、転職して、長時間労働のない会社に行けばいいと思う。あればいいけど。

2017-02-20

http://anond.hatelabo.jp/20170220105102

「AがCに寝取られる」は直接受動態、「BがAをCに寝取られる」は間接受動態または被害受動態、「CがAをBから寝取る」は能動態。

2017-02-09

仕事の使命感なんか犬にでも食わしとけ

http://anond.hatelabo.jp/20170207224412

教育困難校のヤツ、遅ればせながら読んだ。

最近自分の置かれた労働環境の悪さを嘆く増田が多いねネットニュースにも取り上げられたりしてさ。

この件に限らないけど、みんな仕事に要らぬ使命感持ち過ぎ。教育系とか医療系に多い。

あん仕事人生のものとして重く考えすぎるな。過労死とかまさにその典型だ。

服とかアパートクルマ家電を選ぶくらいの感覚仕事を捉えた方が色々と楽だぞ。


理不尽職場ならすぐ辞めろ。「私が居なきゃ・・・」ってのは大抵の場合自意識過剰だ。

よっぽど替えのきかない奴じゃない限り、九割九分の場合「あの人辞めたんだ。へー。」で終わり。

上の奴らだって「替わりすぐ見つかるかなー。」ってなもん。イチ労働者なんて替えのき歯車


理不尽押し付けられたら、とっとと「いち抜けた!」って大袈裟辞表叩きつけて辞めちまえ。

そうすりゃ、それに続けとばかりに辞める奴が出てくるだろう。内心みんな不満だからな。

駄目押し職場労働環境の悪評を2chSNS転職会議に書いたり、親類・友人知人に全力で言ってまわれ。

この情報化社会だ。噂話ってのは想像以上に効力がある。その職場チリツモで徐々に慢性的人手不足に陥っていく。

最後まで残ったドM勢もさすがに耐えきれず、じきにくたばる。当然業務は立ち行かなくなる。

ここまで来ちまえば、職場だって困るワケ。嫌々でも労働環境を良くせざるをえない。それか普通に潰れるか。


ほらな?ブラック労働環境駆逐するには、とっとと辞めて雇用流動性を高めてくことが急務なのが、阿呆でも分かったろ。

から、疑問点持ったらさっさと辞めちまえ。今置かれてる状況で即時判断しろ。待ってても良くならねえよ。貴重な時間を浪費すんな。

勿論、将来的に雇用流動性が確保されればクビは切られやすくなるだろうが、再就職も容易になるだろうから問題ない。

辞めちまったからには少しでも恒久的なスキルが身につきそうで、ホワイトであろう次の仕事を血眼で探せ。

歯車歯車でも、替えのきかないオンリーワン歯車になれるように心掛けろ。そうすりゃ道は開けてくる。

なんなら知恵絞って自分仕事作っても良い。そうすりゃ、歯車ワールドから一足早くおさらばできる。


こんなの理想論だ?うるせーよ。現にアンタら甘んじてばかりで何も行動起こしてねえだろ。受動的だから搾取されるの。

コミュ障無能にはキツい?誰だって多かれ少なかれ、コミュ障無能の因子持ってるっつーの。

バーナム効果だ、バーナム効果。(精神疾患とか発達障害とかは除く。)


せっかくだから、もうちょい頭使って人生有意義に過ごそうぜ。勿体ねえから

こうやって書くとホリエモンやらイケハヤ受け売りとか言って叩かれるんだろうけどな。

一般的な脳ミソぶら下げてたら、これくらいは自明の理だと思うんだけどね。


家に帰って、日本社会ガー!老害ガー!格差ガー!労働環境ガー!と増田に書き殴るだけじゃ何も始まらん。それに全く建設的じゃない。

みんなでちょっとずつ賢くなって実際に動いて変えていかないと、我が国労働環境は一向に良くなっていかんぞ。

仕事ってのはこういうもんだ。」っていう固定観念を捨てて、草の根的に行動に移していくしかない。とりあえず仕事辞めろ。そんだけ。


・・・と、増田に書き殴ってみる。

2017-02-06

http://anond.hatelabo.jp/20170206224731

元増田です。

 

日本キリスト教信仰するのって結果的に愛の理念から離れて行ってしま

  

そういうことはあり得るかも知れない。

ただ、それを理由に「信仰を捨てる(信仰しない)」という風に考えるクリスチャンほとんどいないと思う。

 

個人的な考えだけれど、キリスト教信仰というのは、あやふやな神の存在能動的に「信じる」ものではなくて、歴然と示された神の存在受動的に「受け入れる」ものなんだと思う。

当人にとって、神の存在は純然たる事実レベルなので、信じるも信じないも、もはや選択余地がないんだよ。

1+1=2とか、そんなレベル

から、仮に日本キリスト教信仰することに何らかの問題(愛の理念から離れる、とか)があると感じても、まずは信仰範囲内で解決策を模索する方向にしか思考が向きようがない。

 

この辺りの感覚が、まさに日本人キリスト教理解されにくい理由の一端だと思う。

 

一応補足しておくと、もちろん上記の疑問をキッカケに、神の存在自体疑念を抱いて、結果として信仰を捨てるクリスチャンはいるかもしれない。

ただ、神の存在確信したままで、それでも信仰を捨てるというチョイスを採るクリスチャンというのは相当レアなケースだろうと私は思う。

2017-01-12

http://anond.hatelabo.jp/20170111125518

なぜそんなに自信満々なのかよくわからんが、これだけの情報

「奥さんが日ごろから旦那言動否定しまくっている」

旦那がそれに怯えて自分判断に自信が持てなくなっている」

旦那が選んだ組み合わせにどうせこの奥さんは文句を言う」

「奥さんは旦那に何も具体的情報を伝えることなしに、自分とまったく同じ選択をすることを当たり前だと思っている」

ということを断定的に書く人の多さに恐ろしさを感じる。

洞察力や想像力の足りないのは一体どっちだよ。

そりゃ子どもと一緒にいる時間はきっと奥さんのほうが多いんだと思うけど、旦那単身赴任たまたま帰ってきてるとかじゃなければ普段から子どものことを見てて、まあ子どもより先に起きて子どもが寝た後帰ってくるとかなら寝間着姿しか知らないかもしれないけれど、それにしたって休みの日は普段着姿の子どもを見てるでしょ。一緒に暮らしてるなら。

そこから類推することぐらい普通大人ならできるよ。

肌着とかはわかんないかもしれないけどね。服はまあなんとなく見当をつけることぐらいはできるでしょ。

旦那こそ、わからないなら具体的に確認すればいいじゃん。

「いつもこれとこれ一緒に着てるよね、この組み合わせでいいの?」

とか。

「下着ってこのパンツとこの肌着で大丈夫なのかな?」

とか。

いくらでも聞きようはあるでしょ。

そしたら奥さんも具体的に合ってるとか違うとか教えられるでしょうよ。

旦那の口ぶりだと何がわからないのかもわからないし、それ以上話が進まない。

そりゃそのときに「はぁ?全然違うじゃん。普段何見てんの?」みたいに無駄攻撃的になじるようなら奥さんもいけないと思うけど、実際にこの奥さんがどう反応するかはわたしにはわからないことだし、もっと言うなら読んでる人には誰もそれはわからないはず。わからないことを勝手妄想して書くのはやめようね。

奥さんは

「わからないことはわからないままでわかるようになろうとしない、考えようとも確認しようともしない」

という旦那受動的で他人事姿勢に不満を抱いているのであって

「わからないという事実自体

非難しているのではないよ。

から10まで全部教えてくれないと何もできない、教えてくれないほうが悪い、だから何もしない、ってのは子どもと一緒だよ。

もうすぐ40歳大人が取っていい態度じゃないし父親としての自覚があまりにもなさすぎる。

2016-11-14

エンジニア副業を始めるのに勇気が持てない話

新卒5年目エンジニアにはよくある話だが、何人かの大学の同期がフリーランスとしてガツガツ稼いでいるらしい。

それに触発されて、自分も何かエンジニア系の副業ができないかフリーランス求人サイトをみてみた。

なんか出来そうで出来なさそうな案件ばっかりだ。

いや、それなりに調べれば作れそうだが、はじめましての私にできるだろうか。

一応CもRubyRailsPHPSQLサーバサイド系もそれなりに業務趣味経験しているが、募集されている具体的な案件をみるととたんに不安になる。

そう不安なのだ

こういう自分スキルセットだけど、どうやってフリーランス案件を受け始めたか的なエントリがなかなか無い気がする。

平凡なエンジニアだけど、こういう状態から勇気を持って副業始めました的な。

情報に対しても受動的じゃだめなのかな、とりあえず挑戦してみるべきなのか。

2016-11-08

心に傷を追った人は自分の傷を再確認するために、同じようなシュチュエーションに身を沈めがちだ。

結果的に傷に向き合って確認するよりも早く傷口を広げてしまう。しか中毒性があるので止められない。

NTRなど傷つきながら止められない性癖はわかりやすい。

これにはもう一つの問題があり、当人たちに依存性があることが挙げられる。

不憫な環境にいることに慣れすぎてしまい、わかっていても元の環境に戻ろうとする。

まり裏を返せば、自立心の欠如が幼いころにもたらされた経緯まで遡る。

そうでないケースの場合洗脳者・周囲の者に自立心を破壊されるものもある。女子高生監禁事件がそれだ。

この場合本人の意志が介在するほうが困難で、受動環境能動感覚として享受してしま可能性がある。

このように安心感や安定を得ようとする構造と関わりがあるため、当人責任如何について慎重な判断がなされなければならない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん