「療育」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 療育とは

2017-04-24

発達障害者向け コミュ障の治し方がすごい

発達障害コミュ障の治し方を具体的に教えてくれるブログを読んだ。

発達障害特徴の克服その2『コミュ障はこう治せ!』

HyogoKurumi.Scribble

http://hyogokurumi.hatenablog.com/entry/2016/03/30/003242


自分は常々、

アスペって自分の中でトライエラーを繰り返して記憶してコミュ障修正するらしい。

でもADHD入ってる自分にはなにがなんだかわからん

誰かアスペコミュ障治した人、方法を教えてくれー」

と思っていた。

まさにこのブログがそれ。


感想を三行で表すなら、

すごい。

わかる。

ありがとう……!


発達障害コミュ障

普段生活の中で周囲を困らせてしま

・悪意はない

・むしろみんなと仲良くしたい

・(コミュ障自分の行いを)反省している

・(自分なりにコミュ障を治すべく)頑張っている

努力しているのに治らない(カラ回り、悪化、泥沼化)

という流れがあるあるでとても切なくなった。

周囲に迷惑をかけている

=自宅や職場学校などの和やかな雰囲気を乱している自覚がある

このような場合

自死

引きこもり

他人社会を憎みながら生きる

どの選択肢もつらい。

つらかった。

職場グループ転々とする生活はつらかった。

周囲もつらかったと思う。

「生きるのはつらいことだ」と言われても納得できないくらい、つらかった。

適切なコミュニケーションができないのだから

しかった、死んだ方がマジだと思えるくらい寂しかった。


コミュ障を治せたら、社会普通に関われたら、自分は今より幸せだと思う。


このブログにたどり着つくまで

→「ADHD 療育のゴールとは」でGoogle検索

大人療育、受けてみたいけど「ゴール」はどこなんだろう。

ヒグコハ

http://www.higukoha.com/entry/2016/06/09/172128

ヴィパッサナー瞑想発達障害への対処方法が近しいことへの驚き

ヒグコハ

http://www.higukoha.com/entry/2016/04/01/230955

発達障害特徴の克服その1『ケアレスミスはこう治せ!』

HyogoKurumi.Scribble

http://hyogokurumi.hatenablog.com/entry/2016/03/21/025003

発達障害特徴の克服その2『コミュ障はこう治せ!』

HyogoKurumi.Scribble

http://hyogokurumi.hatenablog.com/entry/2016/03/30/003242

2017-04-20

発達障害の疑いがある3歳の息子について

先日幼稚園入園しました。

去年願書を貰いに行ったときは、まだ診断を受けていなかった。

息子については、「言葉が遅いけど3歳になったら出るようになるだろう」という楽観的な思いと、「障害があったらどうしよう」という不安気持ちが同居していた。

結論から言うと、発達障害の疑いがあるそうだ。

3歳児検診でひっかかり、診断を受けるまで3ヶ月ほどかかった。

診断してくださった医師は50代くらいの女性で、とてもクールな方だったが、「お子さんはまだ小さいので療育改善される可能性は充分にある」と励ましてくださった。

この時期に見つかって良かった、とも。

診断を聞いたときは、やはり、という思いと、この子はこれからきちんと社会生活を送れるんだろうか、という言いようのない不安かられた。

それでも、嘆いても現状が変わるわけでもない。その場ですぐに、療育に申し込んだ。

今年の1月から月に一度の療育に通った。本当は週一度のペースが良かったが、定員がいっぱいだったそうだ。

月に一度で何か変わるのかと不安だったが、集団生活を過ごす息子を見られたのは新鮮だった。

また、同じ立場のお母さん方と過ごせたことが予想以上の癒しになった。先生方もみなさんとても優しかった。

もっと早くに療育に通いたかったと強く思った

4月からどうされますか、と療育先生に尋ねられ、迷わず「通います」とお願いをした。

もうすぐ今年度第一回目の療育が始まる。

責任者先生はとても穏やかな話し方をされる方で、そのお声を聴いているだけで心が温かくなる。

子どもたちはみんなとても楽しく通いますよ」と優しく仰っていたのが印象的だ。息子も楽しみに通ってくれるようになるだろうか。

幼稚園は今の所拒否している。毎朝「ようちえんいかない」と泣いている。

先生方には療育に通っていることは伝えてある。ご負担をかけてしまって申し訳ないが、先生方は優しく見てくださる。ありがたい。

息子は偏食がひどい。決まったものしか食べない。他のものを食べさせようとすると酷く泣いて拒否をする。

幼稚園給食だ。これが一番不安だったが、案の定息子は一口も食べなかったそうだ。お腹が空いていたのだろう、降園時はひどく機嫌が悪かった。

このままではいけない、と思い息子に「給食食べなきゃいけないから、おうちで練習しようか」と話をした。最初はやはり拒否をされた

しかし「みんな幼稚園ごはん食べてるよ。◯◯くんもみんなと一緒に食べられるようになろうよ。」と呼びかけると、「れんしゅうする」と言ってくれた。

初めてのことだった

食事は、私たち夫婦のものと、息子が食べられるものを別途作る必要があるので非常に手間だった。

しか今日は「練習ね」と、夫婦食事と同じものを用意した。

はじめは、「たべない」と拒否をされた。

やはり……と思ったが、とにかく新しいものを食べられるようになって欲しかったので、「じゃあお母さんと一緒に食べてみようか」と膝の上に座らせると、従ってくれた。

そして、私がスプーンを持ち、今日食事肉じゃがを息子の口元に運ぶと、なんと口を開けてくれたではないかしかも、すんなりと食べてくれた。

本当に驚いた。これまで、どんなに促しても食べてくれることはなかったのに。

息子は肉じゃがを「おいしい」と言ってくれた。そして横にある味噌汁自分から飲んだ。

再び、すごく驚いてしまった

こちらも「おいしい」と言っていた。

そうだよ、おいしいよ。なぜ食べてくれなかったんだよ。

息子が言ってくれた「おいしい」、こんなに嬉しかった言葉はない。

結局、肉じゃが味噌汁はほんの少し食べただけで、あとはいもの食事を取っていたが、それでも大きな一歩だったと思う。

まりに嬉しかったので、どうにか記録に残しておきたくて、はてな登録までしてしまった。

明日からまた少しずつ練習をして、幼稚園のお友達と一緒に、給食を食べられるようになってくれたらと思う。

息子もゆっくりだが、確実に成長している。そう思えた一日だった。

息子よ、ありがとう

健やかに大きくなってください。

母より。

2017-04-11

世田谷自閉症児が通える園がない

療育子育て支援に力を入れている世田谷区

でも、私立幼稚園自閉症児の受け入れが全滅だった。

区立はなんとか対応しているものの、一般人が加配に入るため、安心しきれない。そして、やりにくい。

死ぬしかないのかな、自閉症児は。

2017-04-09

自閉症の我が子は死んでくれ

5歳の我が子が自閉症スペクトラム

脳障害と分かりつつも、これ以上は耐えられない。

とにかく注意が全く聞けない。

口での注意は聞かず、人に危害を及ぼすちょっかいばかり。

ニヤニヤしながら人を叩く、首を絞める、押す。

優しく注意しても、厳しく注意しても、ふざけ続けるクソ我が子。

最終的にはクソ我が子の頭部を力いっぱい拳で殴って、力ずくで引きずり離さねばいけない。

クソ我が子は絶叫しながら暴れる。

クソ我が子のせいで、周りが迷惑する。

周りの迷惑が全く理解できないクソ我が子。

約束が全く守れないクソ我が子。

生きる価値のないクソ我が子。

悪い事が理解できない。

人の話が聞けない。

こだわりが強く、自分の欲のまま生きてやがる。

療育へ通院する予定だけど、もう疲れた

外に連れて歩きたくない。

一緒に暮らしたくない。

死ねばいいのに

こいつ一人生かす事により、沢山の人に迷惑がかかる。

こいつ一人が死ぬ事により、迷惑はなくなる。

自閉症スペクトラムは、親の意思により殺処分可能にしてほしい。

自閉症スペクトラム人権を守る事により、身内や周りの人間疲弊する現実

綺麗事で育てられない。

どうせクソ我が子の人生は終わっているんだ。

周りに嫌われている事すら分からないクソ我が子。

私が親としての責任を持ってクソ我が子を殺すしかない。

2017-04-04

自閉症スペクトラムの我が子を殺したい

我が子本人にとっても、死ぬ事が最善の方法だ。

療育や投薬で『この世界の決まった型にはめた生き方をさせる』って、なんなんだろうな。

保育園先生も、うちの子相手が辛そうだ。

保育園の子供達も、保護者達も、うちの子をウザく感じているのが分かる。

すみません言葉が通じないんです。

優しく言っても、きつく言っても、言い方変えても通用しない。

毎日私は頭を下げ続けている。

毎日私は我が子を叱る。

私はだんだん毎日我が子を怒鳴るようになった。

私はだんだん毎日我が子に手を出すようになった。

もう、死んだ方がいいんじゃない

子供も私も。

生きてる意味ある?

うちの子、この世界にいらないでしょ?

こんな不良品廃棄処分でしょ?

我が子を処分することにより、保育園先生安心する。

保護者達も園児達も安心する。

もう嫌だ。

送迎時に他の保護者から「あ、◯◯ちゃんがいる。早く退散しないと。」って空気が出まくるの。

ゴミ産んでごめんなさい。

ゴミ連れてきてごめんなさい。

ゴミをさっさと処分できなくてごめんなさい。

我が子へ。欠陥だらけに産んでごめんね。

2017-03-27

発達障害児安楽死

発達障害児が産まれる事により、まず家族が不幸になる。

次に保育園幼稚園学校迷惑がかかる。

発達障害児療育や投薬で押さえつけて生きさせる方法は、当人達の幸せなんだろうか。

周りの大人勝手に『幸せ』と勘違いしているだけなのに、こんな不幸な延命治療的なやり方、間違っている。

この世から解放してあげる事こそ、幸せなのだ

当人も、家族も、社会も。

2017-03-24

anond:20170324225334

発達障害かもしれないですね。

発達障害はなるべく早くから支援することが何より大事です。

そういう意味では、3歳というのは既に特別早いということもないです。

ただ、実際は3歳児健診で判明して施設に通い出すことが多いので、一般的かもしれません。

幼児期はなかなか顕在しませんし、親としても受け入れがたいものですが、

小学校に上がってから顕在化した場合、そこからできることは限られます

ぜひ、誰かが嫌われ役になったとしても、療育につなげることが、その子のためだと思います

がんばってください。

発達障害児向けの療育施設につとめるものより。

2017-03-05

『「発達障害は親のせい」はデマ』だけで良いのか?

元ネタ

「発達障害は親のせい」はデマ。発達障害の診断は、これからを考えるためのステップ 児童精神科医・姜昌勲さんインタビュー - messy|メッシー

当事者」の対象者

「しつけ」の一般的なとらえ方からすると「しつけが関係ない」というのは言い過ぎ

発達障害は、親の育て方によらない、生まれつきの生物学的疾患です。だからのしつけなんて関係ない。大間違いなんですよ。もう、アホかバカかって感じなんですけど(怒)。」

確かに、「診断結果と療育を受けることを受容するまでは」という条件付きなら正しいと思いますよ。

しかし、その後も「しつけなんて関係ない」と言えるのか甚だ疑問ですね。

もちろん、生まれつき=遺伝=親のせいという短絡的な話は論外として、親には「しつけ」る義務があるはず。

そろそろ「しつけ」の定義をしなおした方が良い

当事者」と「親」、そして、「身近な支援者」が望んでいるのは、生き辛い状況を汲み取って=発達障害特性を勘案して、世間の秩序と折り合いをつけて「当事者」が生きていくということのはず。

専門家視点では、発達障害特性を勘案して折り合いをつけられようにすることは「しつけ」ではないと言うかもしれない。

しかし、それは学術的に定義された用語使用して表現をしなければ正確な議論が出来ないからであって、「当事者」と「親」、その他「悪意のある第三者」も含めた「周囲の人々」から構成される現実社会実践の場では、「定義された」"それ"と「しつけ」を区別することに何の意味もないんじゃないか

しろ、「しつけ」という言葉を、「何が正しくて、何が正しくないかを教えて、世間の秩序と折り合いをつけられるようにすること」と再定義しなおして、『「当事者」の特性に応じた方法で、「親」や「身近な支援者」が「しつけ」を行えるように支援することが必要です』といった方が議論がしっくりと来るのではないのか、と思うのだが。

ケースによっては「親」と「身近な支援者」がちょっと連携するだけで良い場合も多い

あと、インタビューでこの人が言っていることは正しいけど、デマを打ち消す意味では、少なくとも「もう、アホかバカかって感じなんですけど(怒)」はないんじゃないかと。

正直、「当事者」の問題行動は、対処方法があったら、「なーんだそんなことか」って場合もあるんですよ。

金八先生みたいな熱血先生相談して「先生ありがとうございました」とかじゃなくても、幼稚園保育園小学校先生などの「身近な支援者」に、ちょっと腹を割って話をして、「うちの子取説」を渡したら上手くいくケースも結構あるはずなんですよね。

それなのに、良く勘違いしている「当事者」の「親」達が居て、「発達障害についての勉強をして、ちゃんと支援してくれなきゃ困る」とか、ネット仕入れ知識を振りかざして言いたい放題。

味方にしなきゃいけない「身近な支援者」を敵に回してどうするんですか??

幼稚園保育園小学校先生などの「身近な支援者」は「運命共同体的な関係者」ですよ!!

頭下げてお願いして、一緒に「当事者」と向き合っていかなきゃだめでしょう。

ちょっと考えてみてくださいよ。

法整備がされて「発達障害」が特別扱いされる前のほんの10年くらい前までは、園長先生校長先生に頭を下げてお願いしていたはずなんですよ。(まあ、所謂モンスターペアレントなるものはありましたが・・・)

10年前まで出来ていたことが、今出来ないっておかしくないですか? (まあ、出来てなかったかもしれないが・・・)

ちなみ、「周りの支援者」は「運命共同体的な関係者」なので、半年か1年に一回相談に乗ってくれる程度の専門家は入らないと思いますよ。

実際、幼稚園保育園小学校などの先生は上手く「しつけ」出来ないと現場で困るが、たまに相談に乗る専門家は全く困らないから。

まり専門家意見第三者的な助言であり、それを以て、「当事者」と「親」の運命を決定するなどというのはあり得ないということは、「当事者」の「親」には、気を付けてもらいたいと思っていますね。

なんか、同じ先生でも専門家ばかり頼って、実際、幼稚園保育園小学校などの先生との連携おろそかにしていませんか?

悲劇のヒロインモードからうまく這い上がれない

先日、子供自閉症の診断が下りしまった

医者方針なのか重度だとか軽度とかの話はなかった

さすがに診断下りた日はショックだったのでそういうのつっこんで聞く余裕はなかった

親族にそういう傾向のある人はいいからあとはもう確率問題で誰にでも起こりうることだからしょうがないなって納得したつもりだった

とりあえず現在2歳ちょっとすぎの子供は発語がない

からダメ、靴履くから足出して、おいで、とかはなんとなくわかる

おむつが汚れていたりしても親に訴えかけてくることがない

フォークスプーンが使えない、指差しバイバイしない

とかほかにもいろいろあるが、定型発達からは遅れまくっている

世間的にはあの子ちょっと…な子だけど子供かわいい

抱っこする?って聞けば両手をバッて上げて抱っこ体勢がかわいい

林檎が好きでひたすらむしゃむしゃしてるのかわいい

ソニー損保くりぃむしちゅーピンポイントで好きでおおはしゃぎするのもかわいい

笑顔になることをたくさんしてあげて、療育(コミュニケーション能力を伸ばすための訓練のようなもの)がんばって、なんとか社会で生きていけるような道を一緒に探していこう、とか決心して毎日を過ごしているんですけども

刺激を与えなければ、と子供が喜ぶ場所に行けば当然おなじくらいの子供が沢山いて、やっぱ比べてしま

よその子は喋ってる、楽しいって気持ちをお母さんと共有したいんだなってはた目で見てもわかる

やっぱりうちの子は異質だ

歩き始めはちょっとおかしいなくらいだったけど2歳になるとやっぱり違いが顕著で、どうしても目に入ってしまうから落ち込むし他の人に迷惑かけたくないから外に出るのが億劫→なんてダメお母さんなんだろうと自分を責めてまたなんか行動するための気力が削られるの悪循環がひどい

最近ある日子供が突然喋り出す夢ばっかり見る

起きて通常運転の子供を見て落胆する。子供何にも悪くないのに

お母さん大好きとか言われてみたいな

一緒にピカピカの泥団子作ったりしてみたかったな

からないことがあったら図書館で調べたりして一緒にわかるようになれたらすてき

ある程度大きくなったら予算提示して自分で調べて夏休み旅行計画を立ててもらおうとか

いくつかはできるようになるのかもしれないけど、先が全然見えないから小さな希望を抱いた瞬間に「期待するな、後がつらいぞ」っていう待ったをかけてしま

子供ももう一人くらいほしかったけど、もう一人作って大丈夫かもって判断できる(小学生くらい?)頃には高年齢出産

二人目も自閉症だったらって思うともう無理だ

自分しんどいってよりは旦那申し訳ない

真面目で誠実で優しくて頑張り屋なのになんでこんな目に合わせてしまっているんだろう

恩を仇で返してしまったって罪悪感がすごい

脳が成長する今の時期が一番大事からぐだぐだしてちゃだめなんでどっかに宣言しないとと思って増田しにきたのでした

明日公園行くんだ

シャボン玉して遊ぶんだ

ミスドに寄ってお父さんの好きなポンデダブルチョコレート買って帰ろうね

から寝る

2017-02-09

書いてあることはよくわかる。

anond:20170208200842

なぜ「教育困難校」を作ってしまうのだろうか。

高等学校なんだよね。高等学校学習指導要領準拠した授業で学習できない生徒がいるっておかしくない?

彼らは、小学校中学校と進級・卒業できないはずです。普通学級での学習も困難だから特別支援対象じゃないの?

素行不良の矯正精神障害治療学校仕事じゃないでしょ?療育だとしてもそのためのレディネスがない。

区別して適切な指導教育を行うべきじゃないかと考えています

2016-12-27

来年、私は死ぬ

人間ドッグの結果、早急な再検査を言い渡された。

検査予定日、朝から乳児の子供がずっとぐずっている。

下痢と湿疹だ。小児科連れて行かないと。

私は、再検査を見送った。

年明けは、障害のある幼児療育も始まる。

頼れる人はいない。

旦那仕事仕事仕事

区役所相談しても話を聞くだけで、解決方法はない。

私が再検査へ行くのを諦めるしかない。

死ぬしかない。

もう、一人で子育てするのを疲れていた所だ。

児童保護施設は、前もって面接しないと利用できない。

私が死ぬ前に登録できるかな

また、区役所たらいまわしに合うのかな。

もし、子供達を世話してくれる環境が整わなさそうなら、子供達を道連れするしかないな。

全ての人間平等ではない。

生きる事によって、辛い目に合うしかない我が子たちなら、私が病死する前に、一緒に死にたい

2016-12-24

自閉症スペクトラム幼児ポンコツロボットと同じ

4歳の自閉症スペクトラム児が家にいる。

一度パニックを起こしたり、ふざけはじめると、口でいかなる注意をしても全く通用しない。

子の頭を握り拳で力一杯殴らないと止まらない。

古いTVポンコツロボットと同じである

「頭は叩くな」とか「打ち所が悪かったら…」と言う人もいるだろう。

親としては、もう限界なのだ

うちの子は、人間の形をしているポンコツロボット。

一歩外に連れて出れば、心ない罵声赤の他人から浴びせられる日々。

我が子に人権がない事を実感させられる。

何度罵声の主の顔面を殴ろうと我慢したことか。

自閉症の子を産んだ私もポンコツだ。

生きる価値の無い私と私の子

自閉症相談をした療育機関職員からも、「外に出すの大変なら家から出すな」と言われた。

療育機関って、結局は自閉症の子供の対応が嫌いなのだ仕事からやってるだけで。

まり子供軟禁しろって事らしい。

数年後には小学生だが、うちは親の義務として、自閉症の我が子を学校に通わせるつもりはない。

介助員も足りない。外には出すな。

人の人生を狂わせる療育機関は、もう行きたくない

自分中心の奴らとも関わりたくない。

ポンコツ親子はポンコツらしく、自死するのが日本の為のようだ。

あぁ、生きるの疲れた

2016-12-15

私も消えてほしいと思ったことのある発達障害の子どもをもつ母です。

増田さんへ

悲痛な叫びを聞いたので参考になるかどうかわからないけど、書いてみる。

私は小学生男児の母。発達相談では異常なし。でも明らかによその子より大変だった。動き回ると止まらいかと思えば、何時間もボーッとしていたり。他人から目を離せなくなるらしく、じいーっと見つめたまま固まってたり。言葉の遅れも相当あり、わたし学童をやめさせて放課後学校カリキュラムを付きっきり教えるために長年勤めた会社をついにやめた。保育園6年間は乗り切ったのに‥‥いや、むしろその保育園時代仕事が忙しくて子供の発達に気づいてやれなかったことを悔やんでいる。

子供の様子をめぐる私の心情は増田さんとほぼ同じ。死にたい、死んでほしいと心を何度もよぎった。

怒りすぎて子供おもちゃを投げ捨てたり(あとですごすごとと拾いにいく情けなさよ)子供の手をあげてしまったりしたこともある。夜玄関の外に立たせたら勝手にどこかにいっちゃって、警察をよんで探す騒ぎになって、警察には虐待の恐れあり、と児相を呼ばれたこともある。

そうなって、わたしは家でもう無理無理無理って泣き叫んだら、夫が子ども病院に連れていってくれた。発達相談ではらちがあかなかったけど、病院での診断はすぐでて、自閉スペクトラム症発達障害と分かり、コンサータの投薬が始まった。その後半年立ってまだ夕方以降のどたばたがひどく手に負えないので(コンサータの効き目は10時間)夜にリスパダールを追加されて、今は落ち着いている。

子ども精神薬を投与することに賛否あるけど、本人が「薬を飲むようになって授業中みんなのざわざわがきにならなくなって授業に集中出きるようになった」と喜んでるし、病院でも「どちらかというと親御さんのための薬です。これで一日中怒って終わりっていうことから解放されるならその方がこどもにとってもいいのです」って言われたから投薬に迷いはない。

で、子どもとは別に私自身も精神科に行った。発達障害児の子育てで鬱っぽいので診てもらうつもりだった。でそこで出た診断は「双極性障害ですそれも20年以上。ずいぶんしんどかったでしょう?」でビックリした。

今までも子どもを生む前に当時の人間関係仕事の疲れから鬱を患って入院したり通院したりしたことがあったけど、まさか双極性障害とは思ってなかった。まあ思い当たることは今になればたくさんあるけれど‥‥。

子育てしんどいとき、何度も病院に行きたいなーと思ったけど、発達障害の子供のことばの学校社会機能訓練といった療育のものすごくお金がかかるので、精神科薬価の高さを知ってるがゆえにとても自分病院代まで手が回らなかった。

しかし、私の今の病院自立支援医療証の申請の仕方を教えてもらったので、お陰で月5000円以内に収まっている。

(ちなみに子どもにかかる費用を補足すると、ものすごく面倒な手続きして、ようやく障害児通所医療受給者証というのを市に申請したので、収入に応じて月5000円程度の負担社会機能訓練に通うことができる。これは、療育手帳支給要件に当てはまらなくても医師診断書申請できる。うちは療育手帳もってない。じっさいそ支援を使って半年つれていったけど、内容があわず、今は補助金対象外の訓練所に通っている。言葉の遅れもことばの学校を各小学校で開いていることもあるのでそこでうまくあうなら費用はかからない。ただしうちは残念ながら補助対象施設にあうところがなかったので、年間20万円かかる。)

こういう子育て事情は人それぞれだし、住んでる地域によっても違うから参考になるところだけつかってくれたらいいと思って書いた。

今のところ私が言えることは「もうダメ、無理です」って叫ぶことから全てはほぐれていくてこと。

から増田さんもあの叫びきっかけに何かが少しずつほぐれていくことを願っています

トラバの仕方がわからなくてただ書いたら、ちゃんと増田さんの投稿にひっぱってくれている?人がいて感謝

http://anond.hatelabo.jp/20161214172928

家も通ってるけど五人に一人くらいは行くように声かけされるらしいよ

空気を読めないとかどんくさいとか落ち着きがないとか思いやりがないとか得意分野と不得意分野の能力の波が強いとか人付き合いが苦手とかボーッとしてるとか、昔は個性のうちとして放置されてたとこを、早めの発見療育で生きやすいように教育したり、苛めなどで鬱引きこもりなどの問題が出る前にサポートしないとダメだってなったそうだ

えっ

そのレベルなら俺も絶対それなんだけど

人の話聞いてないとかドン臭いとか落ち着きがないとかは一通り言われたよ

他は勉強”は”出来るとか大人しいとか優しいという破壊的な方向のあれがなかったかスルーされたんだけど

5人に1人レベルで変な子抽出するなら絶対入ってるわ

どうすりゃいいんだろう

http://anond.hatelabo.jp/20161214103447

発達障害ではなく、自閉症の子を持つ親です。

現在普通中学支援学級に通っています

また、子を通じて支援学級に関わり、発達障害の子を多く見てきました。

これまでの経験から書けることを書こうかと思います



私自身、 子供が未就学の頃は仕事が忙しく、

育児に関わる時間があまり取れず、

妻には非常に負担をかけてしまったという後悔の念があります

今、妻を横にしてこれを書いています

私達も同じように考えたことが少なからずあります

また、児童相談所に通う他の親達からも同様の話を聞いたこともあります

お気持ちはよくわかります

それら踏まえて以下。

まず、日本社会において、自分達の置かれている境遇を周囲に伝える際に、

本音ではなく愚痴のようにいうことが美徳とする向きがあります

しかし、この考え方は捨ててください。

児童相談所にしても周囲の人も、

愚痴では本当に必要としている支援が何なのか判断がつきません。

本音なのか単なる愚痴なのか判断がつかないと、

支援へと行動を移せなくなります

遠慮せず、特に児相には本音を言ってください。

困っていること、どういう支援が欲しいのかを話してみてください。

本当に困っていると伝えてください。

明らかに支援必要としていると判断できれば児相も動いてくれると思います

愚痴場合支援必要としているのかただ話を聞いて欲しいのか、

児相判断がつかないのです。

後者場合支援に乗り出すと逆に親が怒って児相へ来なくなることもあり、

容易に支援に乗り出せないそうです。

児相本音を語ってくれるようになるのを待っています

例えば、上の子に対しての支援だけでなく、

親が上の子に関わり合う時間を取るために

の子を預かってもらうこともできます

取り得るあらゆる手を使って支援に最善を尽くしてくれるはずです。

児相100%信頼できず、

本音を話すのに抵抗があるかもしれません。

でも児相あなたの味方ですよ。

ここだけほんの少しの勇気を振り絞って本音を話してみてください。

大丈夫。ほんのちょっと勇気です。

また、これは近所も含めた周囲の人も同じです。

他の家庭への支援特に気を使います

何らかの障害を持っていると周りの人が気付いていても

動きたくても動けないのです。

実際、「何か助けてあげたいけどどうしたら良いのかわからなかったけど

本音を聞けたからどうすべきなのか理解できた」と

なぜか逆に感謝されてことも何度かあります

ちょっと思い出してみてください。

電車で座っている時に、

席を譲るべきなのかどうか

迷ったことはありませんか?

譲ろうか、譲ったら逆に何か言われないだろうか、

そう考えたことはありませんか?

児相も周囲の方々もそういう状況になっているんじゃないかと思います

最後に。

お子さんが大きくなるにつれ、また色々あると思います

ただ、今回のことでも今後起こりうることでも、

どうしても自分を責めてしまうことがあると思います

でも、後でそれを思い出して後悔することはないですよ。

障害のある子を持った親は自分を責めてしまいがちですが、

障害のあるなしに関わらずどの親でも感じることです。

目の前にいる子供存在が何より親の宝です。

追記



はてブは常用していますが、

はてな記法にも増田にもなれていないため

フォーマットおかしかったかもしれませんがご了承ください。

http://anond.hatelabo.jp/20161215103020

その通りですね。

酔っ払って寝る直前に元増田を読み始め、

多動性障害かなと思いつつ最後まで読んだら、

急いで返信しないといけないと思い

半分パニクって書いたので思いっきり間違えてしまいました。

id:nenesan0102

広汎性発達障害に各々が含まれます

アメリカ学会での分類が数年前に変更され、

日本には徐々に浸透しているところです。

このため、今は用語が混乱しているので

定義前後のどちらのを前提に話しているのか注意が必要です。

あと、前述済みですが、"父親がきちんと動く"ことは

少なくとも私は未就学の時は実践できていませんでした。

どちらかの親が子供障害に関わらない関われない理由は様々です。

私のように仕事多忙で関われないこともありますし、

子供障害を認めたくないために関わらない親もいます

どちらにせよ、片方の親しか育児療育に関われなかったとしても

支援するための体制は(私が知っている範囲ですが)

それなりに整っていると思います

離別・死別等が理由で片親だけの家庭をいくつか知っていますが、

(片親だけの経験がないため、その苦労について私は想像することしかできませんが)

苦労しつつも支援や各種制度を利用して生活を回せているようです。

追記2



id:mouseion

自治体によりADHDの判定そのものが変わるというのは知りませんでした。

確かに自治体により支援にムラがあるのでそういうことはあるでしょうね。

ADHD自体比較的新しい概念のため児相にもまだ浸透していないのかもしれません。

蛇足になるかもしれませんが補足すると、ADHD存在はまだ浸透していないため、知らない親も多数です。

このような場合、片方の親が児相療育手帳の取得を勧められ取得をしようとしても、

(これはADHDに限りませんが)

もう片方の親の反対で療育手帳の取得ができないことがかなりあります

就学してもやはり普通学級では対応しきれないため、

療育手帳を取得しないまま

片方の親に内緒支援学級に通わせることがあります

このような事例があるため、障害年金が出ない療育手帳が発行されない場合でも

他の支援を受けることができる可能性があります

id:renli

ハーネス存在を知らなかったため、

私達は外出の時は常に手を繋ぐようにしていました。

本人がこだわるもの(すいません、誰だかわかってしま可能性があるためボカさせてください)を見つけると

全力・全体重をかけてそれに触れようとしたため、肩を脱臼してしまいました。

何度も繰り返したため脱臼が癖になってしまい、

昼夜問わず何度も病院に飛び込んでいました。

ハーネス存在と意義はもっと浸透して欲しいと切に願います

追記3



元増田

追記4ここから

各種支援には前提条件や制限があります

ここに書いたことは制度では想定されていないこと、

裏を返せば禁止だと現場勝手判断してしま可能性があります

ただ、「現場判断」で可能になることも含まれています

そのあたりの判断支援者によりますので気をつけてください。

追記4ここまで

お子様のことで思い悩み大変辛い日々を過ごしているかと思います

24時間緊張の糸の張りっぱなしで体力・精神共に擦り切れているのではないか心配しています

提案なのですが、とりあえず一回休憩してみてはどうでしょうか。

私達の場合も、両親(子にとっての祖父母)や親戚は遠方にいるため、

血縁関係から支援は望めませんでした(今もですが)。

ヘルパーさんには何か家事を手伝ってもらわないといけないと思う方もいますが、

自身睡眠をとるために外で子供と遊んでもらうということもできます

また、他の方も書かれているようにショートステイというものもあります

何か理由がないと支援を頼めないのではないかという先入観

「寝ること」が理由では支援を頼めないと思ってしまうかもしれませんが、

寝ることも立派な理由です。

睡眠をとることで元増田様とご家族の状況が改善される可能性があるのであれば

各種支援制度を使う時かと思います

追記5



増田ヲチ勢へ

元増田への返信を追記したのですが

この方法元増田へ通知はいくのでしょうか。

もしこの方法では駄目なのであれば

方法を教えてもらえないでしょうか。

2016-12-14

http://anond.hatelabo.jp/20161214171244

横だけど山ほどいる

家も通ってるけど五人に一人くらいは行くように声かけされるらしいよ

空気を読めないとかどんくさいとか落ち着きがないとか思いやりがないとか得意分野と不得意分野の能力の波が強いとか人付き合いが苦手とかボーッとしてるとか、昔は個性のうちとして放置されてたとこを、早めの発見療育で生きやすいように教育したり、苛めなどで鬱引きこもりなどの問題が出る前にサポートしないとダメだってなったそうだ

http://anond.hatelabo.jp/20161214103447

うちの子発達障害かもしれなくて、療育に申し込んだよ。

同じく半年待ちだった。うちの子場合、それにプラスしてかなりの弱視

赤ちゃんの頃から人見知り場所見知りもなくて大人しくて、育てやすそうで羨ましいってよく言われた。

でも保育園に入って、集団行動が増えて、周りの子についていけなくて、

それと同じぐらいの時期から家でも癇癪を起すようになって、家でも外でもイライラしっぱなし。

いくら怒ってもニヤニヤしてるし、一回癇癪を起こすと納得するまで地面に大の字。

保育園で他の子と比べるとうちの子だけ浮いてるし、泣かせるし、

私のPMSも酷くて最近はずっと死にたいなあと思ってた。

いろいろ書いたけど、病院に行ったほうがいいよ。

お子さんじゃなくて、お母さんの話を聞いてくれるところを探したほうがいいと私は思う。

幼稚園小学校規律が増えるにつれて、付いていけないことも増えるかもしれない。

状況が変わらない以上、死にたい殺したい気持ちは断続的にだけどずっとあるよ。

それは仕方がなくて、今はとにかく溜まった気持ちが爆発しないようにするのが大事なんじゃないかな。

2016-12-09

発達障害の子供と心中しても良い法律を作ってほしい

発達障害…というか、キチガイの子供との生活が辛い。

話が通じない。

注意を無視する。

しつこい。

子供は頭を握り拳で殴らないと動きが止まらない。

だんだん子供の頭を殴る回数が増えてきた。

そうしないと子供は奇声を上げ続け、走り回り、ふざけ続ける。

療育施設全然あてにならない。

無難な答えばかりしか返ってこない。

育てる責任もあるが、終わらせる責任も親にある。

これ以上追い詰められて私も頭がおかしくなる位なら、子供心中するしかない。

2016-09-21

成人の発達障害者でも、発達障害児向けの情報が役に立った話

俺は成人して就職してしばらく頑張ってたんだけど、

ある時二次障害発症して家を出られませんみたいな状況に陥ってから治療過程で色々検査をしてADHDアスペを併発していますねと診断された。

それ自体は、ああ、やっぱり俺はおかしかったのか。と割と素直に受け止めて、それならそれで親からもらった顔や体の特徴みたいなものだし、

そこでゴネても何も変わらないからあるもので何とかやっていかないと仕方ないよねと考えて、自分でも症状について調べたり、自分用の対策を考えて試したりするようにしている。

まあ、うまくハマる方法を見つけるまでは劇的に変化があったりはなかなかしないし、いい変化があってもそれを継続するのは難しいので、

なんだかんだと仕事をクビになりそうだったりならなさそうだったりしながらどうにか日々を凌いでいる感じだ。

ともあれ、自分でも色々と情報を探していたわけだけれど、診断された当初は、とりあえず最近話題の成人の発達障害だとか、発達障害のもの記述ばかり読んでいた。

本も数冊読んだけれど、ネットの方がやっぱり手軽なので手の空いたときにふらふらと検索している。

そして最近になって、発達障害児関連の情報に割と有用ものが多いことに気付いた。

最初は内心「そうは言っても、もう俺成人してるしな……」と思いつつ読んでいたのだけれど、

「こういう部分が理解しづらくてつまづくことがあるので、その場合はこうやって教えていくと理解やすいかも」といった記述を読んで、

そういうことだったの!?それでいいの!?と驚いたり腑に落ちたりすることが、とても多かったのだ。

そこには、幼少期にいくら言い聞かせられても、なぜそうしなければならないのかピンとこなかったようなことについて、

「それならそうと初めから言ってくれればよかったのにー」と言いたくなるような、すんなりと頭に入ってきて自然に受け止められる言葉の数々が並んでいた。

このことから考えると、どうやら自分の発達レベル幼児レベルで早々につまづいていて、

なんとなく腑に落ちないまま表面上だけ誤魔化してきたけど、実際の理解はそのままそこで止まっていたということらしい。

30歳近くなって、自分の発達レベルがところどころ幼児レベルだと思い知らされるのは正直なかなかクるものがあるが、現実なんだから仕方ない。

というか、いくつかの情報を得たときの目の前のモヤが晴れていくような感覚がショックすぎたので、60や70になる前に気付いただけいいじゃないかと開き直って考えている。

この調子で目から鱗がボロボロ落ちていくようだと、俺は自分でも気付いてないだけでまだまだたくさん取りこぼしてきているのだろう。

現在直面している不都合の直接的な解決策ではないけれど、そういった問題が起こる根本の原因として、

どうやら自分はここでつまづいていたようだ、ということが段々わかってくるので随分と助かっている。

夜な夜な一人で幼稚園小学校をやり直しているような気分だ。

というわけで、似た様な状況で、なんとかしたいなーと「発達障害 成人」とかでググってみても「あー、あるある」以上のものがあまりみつからない人は、

発達障害児向けの療育の事例について具体的に書いている記事に触れてみると、俺のように思いがけない発見があるかもしれない。

それにしても、何度かあった療育を受けるチャンスを、親が「ウチの子はまだマシでそこまでする必要はない」と判断せずにいれば、

人生もっと早い段階でこういったことに気付けて習得できていたかもしれないなというのは、少しだけ口惜しい。


(追記)

これだけ書いて一つも例を出さなものアレだなあと思いつつ、

でも誘導とかしたいわけじゃないし、既に長いし、というか正直ちょっと恥ずかしいし……と思っていたのだけれど、

ブコメでも例がないとイメージしづらいという指摘をもらったので、やっぱり一番強烈だったやつを一つだけ追記しておく。

衝動性が強くルールが守れない子にルールを守る大切さを理解させるには、

 衝動を抑えてルールを守ることが、結果的自分利益になる。と利益を強調して伝えてみます。」

こんな一文を読んで、誇張ではなく涙があふれてきた。

うわー!なるほど!なるほど!!確かに考えてみれば利益になる!なってる!うわぁ!そう言われるとめっちゃルール守りたい!!もうルール守る!俺がんばる!!

と泣きながら机をバンバン叩きそうになったけど、夜中だったからハッとなって机を叩くのをギリギリ我慢した。

先生、俺衝動を抑えられたよ……!こうすることで階下の住人からヘイトを集めることが回避できるんだね……!不利益を受けないという利益を!!

いい年したおっさんが何言ってんだとか、そう考えないとルールも守れないのかよ……と引かれるかもしれないが、

俺のようなタイプは本当に「こんなレベルのこと」が「わかってない」まま大人になってしまっている可能性があるのだ、恐ろしいことに

それまで自分にとって法律も含めた他者との間のルールというものは、

「なぜか押し付けられて守らないとやたら怒られるからしょうがないのでよくわかんないけどなるべく守っとくもの

しかなくて、言ってしまえばなにかと我慢を強いられる障害であり敵だった。

ああしろこうしろ。あれはするなこれはするな。本当に窮屈で仕方ない。世紀末はよこい。でも、ルール別に敵じゃなかった。

(中には完全に制約をかける側だけに有利で、制約を受ける側にとって純粋に"敵"なルールも世の中にあるとは思うけど、そういう力関係の不平等さえなければキレてよさそうな案件は一旦おいておく。)

「とにかくルールを守れ!」「ルールとはそういうものだ!」「みんな守っている!」「なぜルールを守れないんだ!」

(怒鳴られる度に、思い出せませんでした!とか、守る意味がわからいからです!と正直に返事をしていたのはいつだったか……)

というようなことだけを何度も何度も言われたから、まあ世の中的にはそんなものなんかな?よくわかんねーな。みんな我慢して守ってるのすげーな、謎だわー。とだけ思って、

なんだったらルール違反を咎められない範囲ギリギリを突いたり、想定外のことをするのに血道を上げる感じで生きてきた。

そうやって、ルールや制約によって我慢を強いられるストレスと、ルールを守れなかった時の不利益ばかりに注目していたけれど、

ルールを守ることで自分にどんないい影響があるかとか、ルールを守ることで何らかのメリット享受できるとか、そんな視点では一度も考えたことがなかったことにこの一文で気付かされた。

そうか、ルールルールから守るとかじゃなくて、内心自分のためってモチベーションでも、ルールを守っていいんだ!!

翌日から俺は、自分意志に反することをルール強制されたときに、そのルールを守ることのメリットについて考えられるようになった。

そうして、昨日まではなかった視点自分生活点検することで、いくつかの問題行動に繋がる心理障壁消滅した。

2016-06-08

日本は死ななくていいけど自分死にたい

子供がもうすぐ二歳なのに発語がない。

差しはしない。「ちょうだい」「どうぞ」などのやりとりもできない。

20代での出産だったし夫も同年代なので、巷で言うリスクのある出産ではなかった。

それでも何かあった時の為に下調べはしてあった。覚悟もあった。二歳を過ぎたら然るべき機関検査を受けられる手配はしてある。

何らかの診断が下りたとしても、通う事になるであろう療育センターは徒歩で行ける場所にあるし、専業でいる事を許してもらえる環境にあるので子供療育には全力で打ち込める。

あとは検査の日までに報告漏れのないように注意深く子供の様子を観察しつつ、色々な所に出かけて刺激を与えて、彼女が興味を持ったものを一緒に楽しんで毎日を穏やかに過ごすだけだ。

今のところ出来る事はやれていると思う。

頭では分かっているのだが、どうも心が追い付かない。

児童館公園で同月齢の子供は楽しそうに母親とお喋りしている。この時期の成長は個人差があるのは解っているがどうしても比べてしまう。

家に帰って落ち込んで泣く私を見て子供は笑っている。

知り合いの家の子供は母親が泣いていると抱きしめに来てくれるらしい。

勝手な話だが子供共感してもらえない事に腹を立ててしまう。立てた自分を恥じて落ち込む。

子供は外では大人しく、加えてそこそこ愛らしい顔立ちをしているので、外で褒められる。それで自尊心を満たしている。

スーパーを走り回るあまりかわいくない子供を見下して、子育てを頑張る燃料にしている。

こんなに性格の悪い母親からの子はこうなのかと後で落ち込むくせにやめられない。

靴を履くときに足を差し出すようになって来た。

ばいばいと言うと後をついてくるようになった。

紙を破る音が好きでげらげらわらってくれる。

篩を必死に使った結果みつかるのは、砂金のようなささやか幸せだけだが、それに出会うのは楽しい

しかし、顔を上げると首から金の延べ棒をぶら下げてそれが大した価値ではないような顔をしている他の母親が目に入る。

むろんそう見えるだけで、誰だって何かしらあるだろう。そこまでの考えに至れずに、目にした瞬間に嫉妬してしまう。

周りなど見なければいいのだが、子供の発育を促すためには外出しなくてはいけない。本当は家にずっと閉じこもっていたい。

自分が死んで、一応人並程度あった自分の対人スキル子供に備わるようになって、臓器は何処かに売り飛ばしてそのお金が夫に養育費として振り込まれる仕組みがあったら喜んで死ぬのにという妄想をしてしまう。

社会で一人で生きていけない子になって、自分が老いて子供を養えなくなった時、夫に迷惑かけないように子供死ぬ方法必死に考えている。

子供かわいい。笑ってくれると泣きたくなるほどうれしい。

初めて手を自分から握りに来てくれた日の事を自分は一生忘れないだろう。

の子幸せになるために自分が出来る努力は惜しまない。

明日も頑張るから、ここで支離滅裂愚痴をこぼすことを許してほしい。

2016-02-25

参ったな。

の子ADHD発覚が1年前。

の子今月1歳半検診で引っかかり療育通い決定。母たる私は重度鬱。

なにこれ、とーちゃんやトメの懸命な世話と周囲の支援や温かい何かでやってけてるけど、

バランス崩すと一気に詰むぞ。あと事件事故起こしてもマスコミが食いつくなぁ参ったなぁ。

なんかもういっぱいいっぱい

2015-06-26

子供療育に通うことになった

正確に言うと「なりそう」なのだが。

一歳半で二語しか出てなかった。

他の同年代の子供と積極的に関わらない。

その二点が主な問題点のようだ。

私の親や兄弟は「全然大丈夫。○○ちゃんは二歳半で喋ってた」などと言うが、専門家から見れば我が子は療育に通った方が良いのだ。

親がどれだけ反対するか、何を言うかがわかったので、嘘ついた。

経過観察だったよって。

いつか療育卒業しても内緒にしてたい。

主人は理解がある。むしろ通った方がいいんじゃね?て感じだ。

私は一人悶々としている。

通うのは決めたけれど、我が子が発達障害かもしれないのだ。

でも「大丈夫」と見過ごしてそのまま幼稚園小学校に上がってから「なんか変」と気づいても遅いのだ。

子供のためだ。自分のためにもなる。

療育に通っても、子供子供自分の子に変わりない。

ものすごく可愛いんだぞ。

運動神経もいいんだぞ。

可愛いんだ。

2015-05-18

http://b.hatena.ne.jp/entry/togetter.com/li/822883

発達障害児療育目的ゲームをする際に癇癪を起す子供にどう対処したらいいか」という一連のツイート群に対し

子供なんて癇癪を起すのが普通からそれを発達障害とラべリングするな」っていう的外れコメントが人気コメントになるって

はてブヤバない?今更だけど頭悪すぎない?

2015-02-26

彼氏アスペルガー子供問題

彼氏から結婚申し込まれててさ、彼氏はいい人だしもったいないくらいの人、

でもなんだかひっかかるところがずっとあって、今までの言動を検索してみたらアスペルガーって出て、

特徴見たら「あ、これだわ」てすとんと落ちて。

もし彼氏結婚して子供が出来て、子供が彼より酷いアスペルガーだとして、(確率はわからない)

治療サポート

http://www.eonet.ne.jp/~sakifoo/6pddas.htm

小さい頃は情緒の安定を考えるのが大事です。

予定がはっきりとわかるような環境を設定してあげる。

視覚的な手がかりを示してあげるとよい。

思春期になってくると、どうして自分はこんなふうに苦手なことが多いんだろう?とか

どうして自分ダメ人間なんだろう?などという言葉が珍しくなく出てきます

生きていくのには不自由特性ですが、精神的な特性に付き合っていかなくてはなりません。

人と違ってもいいんだと、サポートしていくことが必要です。家族ストレスが多いです。

療育に熱心な家庭ほど、その子供中心にまわってしまい、ふと気づくと兄弟不適応を起こしてたなどということが珍しくありません。

兄弟にも目を向けてあげることが大切です。

特例を作ってしまうと社会性が育たないという心配も出てくるが、何でも普通にやろうとするのは難しいです。

特例を作ってあげながら、その子のペースで社会性が育つのを待つというのが大事です。

仕事中心ではない生活になる人が多いが、趣味を見つけられるように。

趣味あるかないかでは学校をでてから生活がずいぶん違ってきます

知的に低い人も、何かひとりでできる趣味を考えるといいです。(紙をちぎるなど)

いい環境を設定しても、環境設定だけではなかなか解決しきれないものもあります

そのような時は薬で対処します。

これ、彼はわかるんだろうか???

彼は自分の子供にがこういう風になるかもって可能性わかってて、私と結婚しようって

言ってくるの?今読んだ限り、怖い。

もし彼が子供に興味を持てなかったら?私の感情を伝えたときに言われる

「よくわからない、困る」って台詞を言われたら?

こんな子私一人で子供育てるの?じゃあなんで結婚するの?

あーー。

2014-08-16

発達障害の疑いの息子3歳とうつ病経験者の嫁

自分スッキリするためにも書く。

息子は3歳になったとこで、おうむ返しが多かったり、会話が成り立たなかったりと典型的発達障害の疑いあり。

嫁は専業主婦家事と息子の育児を平日やってくれてる。

うつ病と診断された経験があり、今では受け入れて自分の無理のない範囲で生きてくれてる。

でも、積極的に外出したり他所の子と遊べるようないわゆる遊び場に行ったりするのは苦手、かつ頑張り過ぎると電池切れなっちゃうので息子を日中1人で遊ばせてる、もしくはDVD見せて放って置いてしまうこともしばしばとのこと。

他所の子と触れ合ったりするのが大事だとか、市のやってる相談センターみたいなとこに行くとかした方がいいのは嫁もわかっているだけに、それが出来ない自分ネガティブモードになっているらしく、最近抑うつ傾向がまた強くなって来ている。

なんとかしないとと思うんだけど、いったい何ができるのか。

保育園母親が働いてないとダメらしい。

いわゆる療育施設医師の診断書的なのがいるらしい

そもそも、そういうところを利用しようというのも上手く言わないと、自分がしっかり見れてないからだ、ってネガティブスパイラルになる。

そもそも定常的に面倒見られない訳じゃないんだから、気軽にというか、今日ちょっと子供見るのがしんどいなって時に見てくれるところがあればいいのに、と思う。

嫁の実家の近くに暮らしはいるけど、嫁の両親は嫁の病気理解がないのでしんどい時だけ頼るとかはしにくく、自分日中働いててどうにも手が出せない。

嫁にうまいこと言うプラス自分休みを取って発達障害の診断書をもらい、療育施設にお願いするのがいいのかなぁと思っているけど、正直どうなるのかわから不安

って誰かに言いたくなっただけ。やるしかないんだからやるしかない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん