「美容院」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 美容院とは

2017-05-29

きちんと毎日風呂に入って無駄毛も処理して消臭剤つけて美容院いって髪整えて鏡での身だしなみチェックも欠かさず服も使い古ししないできちんとしたところで買い替えて健康にも気を使って肌も歯も清潔感溢れて言葉遣いや振る舞いにも気を配っててもキモいおっさんキモいおっさんだし……。

2017-05-28

失恋をして気づいたこと。

何度か失恋をして気づいたことがある。きっとみんなが思うことで何も面白いことはない。

初めて恋をしたのは6年生の時。地味でも派手でもない普通男の子中学に上がってからお前としゃべりたくないみたいな話を風の噂で聞いた。泣いた。後に両思いだったことも風の噂で聞いた。

その後高校大学普通に進学し色々あって、彼氏もできた。特に何もないので19歳まで割愛する。

19歳夏。運命かと思う人に出会った。付き合いたいだなんて思ってなかったが、今考えると一目惚れかもしれない。飲み会で同じ席に座った先輩のUさん。話している姿を見てさらに惹かれた。少しでも相手にしてもらいたいと思ったから可愛くなりたかった。あの人の好きな女の子になりたいと思った。

20歳3月頃。4月から社会人になるバイト先の先輩と急接近して、GWに付き合うことになった。スポーツマンで爽やかで別に嫌いじゃなかった。別に好きでもなかったが、告白されたので付き合った。

20歳6月。1年ぶりにUさんに出会った。去年と変わらずフリー。相変わらずかっこよかった。去年よりいっぱい話して、連絡先も交換した。それから毎日Uさんと連絡をし合った。回数は少ないけど長文。なんか賢そうな文章だなあという頭の悪そうな感想をもった。

2週間後、大勢飲み会の後に2人で飲んだ。朝まで飲んで、いつの間にか彼のお家に行っていた。当時、処女であった。結婚する人としかしたくないと思ってた。いっぱいチューして同じベッドに寝転がって、告白された。朝、帰るときも私は処女だった。

1週間後、Uさんと付き合うことになった。バイト先の先輩とは前日にラインで別れを告げていた。振り返ってもこの事に罪悪感は感じていない。最低だと思うが、私は好きな人幸せになりたいと思ったし、その人が私を好きなら私の幸せを望むだろうと楽観的だった。

21歳になった頃、初めて他人自分の中に受け入れた。21年間で一番幸せを感じた。彼には私しか見えてなくて、私にも彼しか見えてない。大袈裟かもしれないが、世界には2人しかいなかった。それが続くことを信じてやまなかった。

彼とは2回目はなかった。2ヶ月後くらいに別れを告げられた。SNSで「酔ったら誰でも可愛く見える」と呟いていた。好きだけど、そうじゃないと言われた。よく考えると彼とシラフで会った回数は数える程度だった。彼にとって私は彼女であったが、それ以上に「穴」だったのかもしれない。1回きりということは穴すらも満足させられなかったのかもしれない。お酒を飲んでいないと何の魅力も私にはなかったらしい。それを知っても私はあの時を後悔できない。あの時一番大好きだった人で初めてを過ごすことができて、幸せだった。恋愛でこんなに自分が変わってしまうことや、人にも自分にも向き合う必要を感じさせられた。彼の存在は私のこれからにおいて、とても大きな物になっている。

その後何人かと付き合ったが、どれも比べてしまって続かなかった。

21歳6月。紹介で1つ上のOくんと出会った。好きなもの趣味も合って、優しくて穏やかな性格だった。夏に告白してくれた。

21歳秋。告白の返事もしてないまま、30歳のKさんと知り合い、関係をもった。ご飯を食べて相手の家でするだけ。毎日連絡をくれた。恋人ごっこは何も考えなくて良くて楽だった。

21歳冬。Oくんと付き合うことにした。Kさんはすぐに切ってそれっきり何の連絡もしていない。Oくんのことは男性として好きか分からなかった。きちんと誕生日を祝ってくれたりクリスマスを過ごしたり、普通デートをしたのはOくんが初めてだった。今までの人と比べられないくらいOくんは「普通」の人だった。

現在半月前にOくんと別れた。交際期間149日。別れの2週間前には初めてホテルに行った。恋人とするのは久しぶりだったが、何の感動もなかった。優しい言葉をかけてくれたのは嬉しかった。

恋人ではないKさんとの関係を持つことで、こういうことをしても心が埋まることはなくて、埋まるのは物理的な穴だけだということを知った。彼氏のOくんとした時も、Uさんの時ほどの感動を覚えることはなく、埋まるのは穴だけだった。特に絆が強まった気もしなかった。むしろ、そろそろ終わるんだろうなと悲しくなり、不安も募って、辛かった。Kさんとする方が楽だったかもしれない。Oくんは何も悪くない。

別れた原因は小さいことだった。1週間もライン電話も返事なしだが、SNSは使ってる。だいたい毎日ラインをしていたのでとても不安だったのに、SNSには楽しそうな写真が載っていた。今までの私なら見なかったことにして、何も言わずに待っていた。でも、どうしてか我慢ができず、終いには自然消滅したいならはっきりしろと迫った。夜中に電話がきて、私達の関係は終わった。私はOくんをとても信頼していて期待して甘えていた。向こうも最後までいったことで私に対して緩みが出てたと思う。私は彼を理解たかったが、歩み寄ることを拒否されたらどうにもならない。お互いがお互いのことを考えられなかった。好きか分からないくせに、別れたくなくて泣いた。

Oくんと別れたくなかった理由を考えた。彼は良い大学に行っていて、家族構成職業も良かった。顔も不細工ではなかった。ただ、優しくて穏やかだと思っていたが何が優しさか分からないし、穏やかというより面倒事は起こしたくない、という感じだった。私は「できる」彼氏を失いたくなかっただけだった。彼の事は最後まで恋愛として好きか分からなかったが、好きだと思っていた。別れも辛かった。自分自身将来有望彼氏との自分未来を壊してしまたからだ。戻ろうと言われれば戻ると思う。でもきっとOくん自身が好きだからではない。

彼氏ができたらそれが私のスペックのように感じてしまっていたと気付いた。何もない私に付加価値が付いたような。それがなくなるのが悲しい。自分可愛いやら好きやらと言ってくれる人がいると自分自身価値があるような気もしてくる。別れて、心がぽっかり空いたような気分。それは彼自身や彼との未来を失った悲しみではなく、自分付加価値としての彼を失った悲しみ、承認欲求を満たしてくれる彼を失った悲しみだ。あったものがなくなったから悲しいという当たり前の理由だった。Oくんじゃなくて、誰でも同じように感じていたと思う。

恋人がいない自分にはどこか欠損があるように感じてしまう。恋人がいることは私にとって心の拠り所になる。励ましの言葉や、連絡で支えてくれるのを期待してるわけではない。服を選ぶ時、美容院に行く時、料理を作る時、決められないか恋人基準に考えてみる。誰かのために何かをする私が好き。誰かに必要とされる自分でいたい。私には価値がある、生きていていいよって思いたい。結局、私は自分のことしか考えていない。別れて自分未来が見えなくて不安になっているだけ。そこにOくんは絡んでいない。

先にも書いたが、Oくんは普通の人だった。それが心地よかった。今までギャンブル好き、バンドマンなど難がある人と付き合ってきた。適当に扱われるのが当たり前で、それを我慢して彼を支える健気な私を演じていた。悲劇のヒロインになりたがっていたのだろう。Oくんと付き合うことで普通に愛されるのは幸せなことだと知り、普通未来を考えた。無意識のうちに安心、と言えば聞こえは良いが実際には依存だったのだろう。普通の彼と別れて、私自身が普通ではないような気がして辛かった。

Oくんと別れてから3日間は彼を思ったが、その後、彼を思い出すことは難しかった。憎い、嫌い、地獄に落ちろ、やっぱり好き…何の感情もなかった。これが無関心なんだろう。今後も失恋を繰り返すだろう私のために、このような文章を残すことを決めた。この文章を書いてる間、Uさんを久しぶりにしっかりと思い出し涙が出た。彼に未練があるわけではなく、きっと感傷に浸っている。その涙くらい許されるものであってほしい。この感情はOくんには生まれなかった。彼の代わりはいっぱいいる。

失恋をして気付いたことは、自分に自信がない、自己肯定感が低いということだった。それを埋める存在恋人であり、依存対象になってしまっていた。

「君も型ハズレの恋愛をしたらいい」とKさんに言われ、馬鹿を言うなと返したが今になってその言葉が正しいのではないかと思う。

最後に、Uさんは自分には恋愛は向いてないと私に言ったが、私の後に付き合った彼女と1年を迎えている。私は149日で終わっている。向いていないのはどちらだったのだろうか。

末筆ながら、UさんとOくんが健康幸せに溢れた人生を歩まれることをお祈り申し上げます

どうか、お幸せに。

  • - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(追記)

しばらくは誰かの為に、ではなく自分の為に生きていきたい。将来の仕事も考えなければならない時期だ。何かを決める時も自分がしたいことをしよう。コメントして頂いた「こうしたらどうなるかな?」は今まで考えたことがなかった。私は何も考えていなかったことに気付かせていただいた。

そんなことを言っているが、キープの公務員を昇格させようと思っている。もちろん彼のことは恋愛として好きかは分からないが、彼氏がいないことが不安で仕方ない。私の心の平穏の為にも、とりあえず誰でもいいから繋いでおきたい。

学んだことを何も生かさず、一歩も進まず、私はこれからも思慮の浅い人間であることに変わらないのだろう。

2017-05-23

オシャレな家に住みたい

カフェのような家に住みたいという人はよくいるけど、美容院みたいな家に住みたいという人がいないのはなんでだろう。どっちも似たようなテイストなのに。

2017-05-18

http://anond.hatelabo.jp/20170518131631

ソシャゲやってないから知らん。

ただ諦めてるヤツは何をやっても無駄なことはしってる。

毎日筋トレして月一で美容院いって服に1~2万かけとけば9割以上の人はどうにかなると思うぞ。割と本気。

2017-05-14

結婚するまでに掛かる費用

正しくは、結婚できそうな人と出会うまでに掛かる費用

前提条件

項目費用
O-net 入会金30,000
O-net 活動初期費用76,000
O-net 月会費 1年分166,800
美容院 6回18,000
服飾費 250,000
デート費用 12回分360,000

1年で合計900,800、これが青春時代に異性と向き合う努力をしなかった代償です。

生涯の伴侶に出会えるなら安いのかも知れませんが、出会えなければ色々考えさせられる金額だと思います

2017-05-12

http://anond.hatelabo.jp/20170512120242

個人情報の提出は求めない美容院もいっぱいあるからハシゴしてみるといいよ。

「住所とか書くの面倒なんで」って言うと「じゃあお誕生日だけいいですか?誕生サービスとかあるんで〜」みたいにパスさせてくれる。

ちなみに住所は忘れもの郵送してくれる時に使ったりもするんで、常連になる見込みがあってウッカリな人は渡してもいい。

雑談は嫌う客もいるって美容師もわかってるから、「今日眠くって〜」とか言って目を閉じてれば話かけなくなる。

「無口な客」ってカテゴリはあるから気にしなくていい。

でもスタイルの決定にはカウンセリング大事から、「どういう髪型しますか?」って段階で業種くらいは教えてあげた方がいい。

その人の顔に似合うか以外にも、その人のライフスタイルマッチしているかTPOを考えるところまでが美容師さんの仕事

職業的パーマカラーリングはセーフかアウトか、睡眠時間すら足りないならドライヤーいらずのスタイルの方がいい、いや、髪質的ドライヤーないとダメかな?みたいなことは話さないと伝わらない。

あと、モテを求めてるのか求めてるならどういう層向けなのか、個性を追い求めるのか、あたりも重要

可もなく不可もなしとはいうけど、職人は常に最良を求めるものだし、美容師も髪を洗って頭蓋骨の形を確かめながら、髪を乾かしながら髪質を確認しつつ、いろいろ考えてるんだと思いますよ。

俺は美容師じゃないか想像だけど。カット中にそういういろいろ職業技術的?なこと聞くの楽しい

http://anond.hatelabo.jp/20170512120242

美容院なんか行くからやん。ワープア向けの安い数千円カット店とかええやん。そういうしゃべりくるサービスなんてないから気軽やぞ。

2017-05-08

髪を極端に短くしたら心配される現象

ずーっとロングヘアだったので、たまにはショートにしようと美容院へ。

結果会社にて「……なんかあったの?」と上司心配された。

多分上司の中では未だに「失恋=髪を切る」というのがあるんだな……。

ただの気分転換なのにね。

2017-05-04

何でフィクション特にファンタジー系)のキャラって美形ばっかなの

そりゃわざわざ不細工に描く必要性がないからだ、以上!

…もう少し話を掘り下げると、まあそりゃあフィクションなのだから、折角登場人物の外見も自由に設定できるのならなるべく美形又はそれっぽい容姿キャラデザで揃えたいと思うのは自然だろうし、不細工でイモいキャラクターがそれっぽい必殺技で敵と戦っていたりポーズや名台詞等を決めたりしていても、残念ながら今一格好がつかず、迫力や説得力に欠けてしまう(よって不細工キャラは自ずと基本的ギャグ要員になる)ってのはあるのだろう。

そもそもこのようなことを考えるきっかけになったのは某ロリ漫画家が昔学生時代漫研所属していた頃描いたとされる漫画を見たのがきっかけ(こちらから閲覧できるhttp://www.geocities.jp/quzilax/new/c_la.html)…まあ作者の言わんとしていることは分かるというか、確かに「※ただしイケメンに限る」という言葉があるように、世の中容姿や美貌によって優遇不遇が分れてしまう面は残念ながら現実にもあるものだが、だからと言ってフィクションキャラクター達にまで「こういったフィクションのカッコいいキャラクター達は読者・視聴者プレイヤーの前では綺麗事言ってカッコつけてるけど、あいつらだって本当はこの漫画みたく自分よりカッコ悪い奴らや不細工な奴らを見下したりいじめたりしてるんだ」等というのは流石にこじつけじゃなかろうか、というのが率直な感想

ただ、こうした美形設定が場合によっては破綻に近い違和感を生むことはある。特に引きこもりキャラだと、美容院等にも行かず化粧品等も買いに行かず運動もせずずっと家にひきこもっててどうやってこの体系や美貌を維持しているのか、そもそもこれほどのイケメン美女引きこもりなっちゃ理由って何なのさ?と思ってしまうし、また他にも作中にやたらと異性にモテる所謂モテキャラがいて、且つ主人公もそのモテキャラと負けず劣らずの美貌をしているのに周囲の異性には見向きもされてなかったり、また逆に大した理由もないのに嫌われてたりすると正直違和感しかない。

2017-04-06

わたし固定費

40代女。

以前から気になっていたのだが食費や交通費ではない私を維持するための化粧品サプリ金額/月を調べてみた。

化粧品サプリを買っても消費期間が各々違うので一月あたり、一年あたりの支払金額が把握しきれないでいた。

医療費病院の処方薬は除く。



第一群 サプリスポーツクラブプロテインコンタクトレンズスポーツクラブ

健康を維持するのに絶対必要もの

退職しても絶対定期購入する。

しろサプリは今後増えていくと予測される。

\41,342/月 \496,104/年

感想 やはりいちばんかかっている。年金生活に入ったら不安退職後はコンタクトをやめてメガネ


第二群 基礎化粧品類+美容院

美容には絶対必要だけれど頑張れば多少金額は落とせるもの

化粧水大高酵素マッサージオイルなどはニールヤード使用している。

\7,490/月 \89,882/年

感想 大容量製品を買っているせいか思ったより少ない。収入が落ちても維持できそう。


第三群 メイクアップ用品

通勤には必須だが退職したら必要かどうかわからないもの

ベースメイク用品はアディクションマスカラアイラインはドラッグストアコスメ使用

\4,730/月 \56,670/年

ファンデーションなどは単価が高いのでもっと買っているかと思ったが数ヶ月かけて消費するのでさほど使用していない。

一ヶ月総固定費 53,555 年間総固定費 \642,656

今後もこれらのために頑張って働く!

以上

2017-03-28

風邪が治りにくい増田住まい国リオナが是か(回文

歳を追うごとに、

なんか風邪が長引いちゃうのよね。

早く寝ても直らないわ。

病院の薬が一発で効くのよね、やっぱり。

でもね、

聞いてよ近所の総合病院が取り壊されて病院難民なのよ。

シムシティーで言えば病院作れって!暴動が起きるレヴェル。

市長には動物園のラマの飼育数を削減する意見書が届く感じね。

総合病院がなくなるって思わないじゃない。

あの跡地はなにができるのかしら?

病院って新しいところ見付けるの面倒くさいのよね、

美容院みたいに。

まったく困ってしまうわ。

ま、そんなわけでどっかで点滴でも打ってくるわ。

って、思ったけど点滴ってあれ成分なんなのかしらね

それぞれの症状にあわせて処方してくれるのかしら?

点滴バーみたいなのがあれば、

忙しい現代社会の働く人たちに流行るかもね!

今日はまあ大人しくしておくわ。


今日朝ご飯

ポテサラサンドタマサンド

玉子って元気が出るからいいじゃないって思ったけど

元気が出るためには、

もっと量食べなくちゃいけないのかしらね

うふふ。

デトックスウォーター

オレンジを搾ってその絞り汁ウォーラー

炭酸があったので、

それでスッキリと。

こういうときこそ

ビタミンCと水分はしっかり摂ってね。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2017-03-24

爆サイで晒されてた

地元スーパーで働いてるんだけど、何気なくネットを見ていたら爆サイに店のスレッドを見つけた。

覗いてみたら、私を名指しして胸がでかいだのデブだのブスだの滅茶苦茶に犯してやりたいだの言いたい放題言われていて驚いた。

中傷だけじゃなく、中には出身中学高校ことな個人情報に関わることも書き込まれていた。

同級生であれば誰でも知っていることではあるので近しい知人ではないとは思いたいけど、面識のある人がこんなことを書き込むんだ…と気味の悪さを感じてぞっとした。

レジ打ちしてるだけで客にこんなこと思われてるなんて思いもしなかったからすごくショックを受けてる。

とりあえず削除依頼は出したけど、削除されたところでネット記憶から完全に消えるわけじゃない。

何かをしたわけじゃない、ただ働いてるだけなのに、なんでこんなに目に遭わなきゃいけないのかと惨めで涙が止まらなくなった。

事情があって地元からはあと数年離れられない。

他の仕事を探そうにも私の地元はすごく田舎女性が就けるのは接客業ぐらいしかないし、

他のスレッドでも「あそこのコンビニの○○さんが…」「あそこの美容院の…」という感じで私と同じようなことを書かれている女性が何人もいたから、働く店を変えたところで同じことになるんだろうなとしか思えなくて絶望しかない。

書き込む人のことも、こういう書き込み蔓延しているのに放置している爆サイも憎い。

なんでこんな田舎に生まれしまったんだろう。

明日出勤したくないな。

死にたい

【追記】

ローカルスーパーから地域名+店名でググるとこのスレッド検索結果の1ページに出るんですよ。

爆サイの存在なんてその時初めて知ったし、どんな雰囲気掲示板なのか知るためにいくつか他のスレッドも見ましたが、今後は見る気もないです。

2017-03-20

6時から美容院連休に何してたか確実に聞かれるわけだが何もせずアニメ見てただけなので答えづらいんだけどなんか架空体験でっちあげたい

2017-03-02

漫画が読めない増田が多いらしい氏ら多出す舞滑夜がガンマ(回文

ハピハピハッピー!!!

おはようございます

こないださ、

美容院行ってきて横でネイルやってる人の話に聞き耳立ててたの。

なんでも、

最近マンガが読めない人が多くってって話なの。

クリビツドッキリね!

なにしろ

マンガコマをどう読み進めていっていいかからないらしいのよ。

ほんとかしら?って思っちゃうわよね。

普通に目で追っていけばいいのにって思っちゃうわ。

基本右から左な感じで、

そこまで教えてあげなくちゃいけないのかしらね

才色兼備を誇る日ペンの美子ちゃん

漫画の中でボールペン習字通信講座の勧誘を忘れちゃうレヴェルだわ。

でさ、

最近よく聞く言葉スマホ育児ってあるんだけど、

スマホであやすのの良い悪いは置いておいて。

絵本とか本のページをめくれない子どもも多くなってるんだって

紙の上で、スワイプ!!!ピンチイン!!!ピンチアウト!!!ちゃうって。

水木一郎ばりに言っちゃうとか言っちゃわないとか。

これもクリビツテンギョウね!

でもさ、

スマホ流行って本離れって言うけど、

世界で初めて動物の皮に文字を書いてた頃や

紙や本が開発されたとき

もちろん、

当時の若者は最新メディアに飛びつくわけじゃない。

その頃は、何から若者は離れていったのかしら?

石版かしら?

当時深刻になった若者の石版離れ!

そんな動物の皮や紙に書かれた文字を読むなんて

けしからん!なっとらん!って怒ってる人がいたのかもね。

歴史は繰り返されるわ。

うふふ。


今日朝ご飯

から元気を出したいとき

やっぱり大好物タマサンドウィッチよね!

今日BLTサンドもあるわよ!

信じあえる喜びだわ!

すてき!

なんて素晴らしい朝食なのかしら。

いい意味なんて日だ!よね。

デトックスウォーター

だんだん暖かくなってきて、

冬なのにさまぁーずの勢いで、

そろそろ麦茶ウォーラーの出番!

水出し麦茶を季節先取りで

作ってみたけどまだまだ寒いわ。

ホッツ麦茶ウォーラーで温め直しました。


すいすいすいようび~

今日も頑張ろう!おー!

2017-03-01

http://anond.hatelabo.jp/20170301120401

月に一回がいいのか、美容院がいいのかは人それぞれだけど、そういう時間を持てていることは良いことだと思う。

月に一回髪を切る

毎月、月の初めに髪を切るようにしている。

早く帰れれば1日、無理でも最初の週末までには切る。

美容院まで歩いている道を歩きながら、1ヶ月を振り返る。

今日美容院へ行くとき

「もう2ヶ月経ったなあ。1/6かあ。」

「○○(仕事)はもうちょっと頑張れたなあ。」

休日早起きあんまりできてないなあ。」

「でも○○(目標)はそこそこ出来たかなあ」

「今月も頑張ろう」

みたいなことを考えると思う。

(と書くことですでに考えてしまっているが、、)

忙しいと髪を切るのを先延ばしにしてしまうが、

そうするとふと鏡を見たとき清潔感のなさと自分の不甲斐なさを勝手に重ねてしまって凹む。

から毎月必ず初めに切ると決めてしまう。

髪を切った後はやっぱり毎回ああさっぱりして気分がいいなあと思いながら帰る。

なかなか良い習慣だと思いますよ。

2017-02-26

育児マグロ漁船に乗っているようだった

今年も保育園に入れなかった人たちの嘆きの声を聞く

私が育児を始めた18年前と何も変わらない


あの頃も保育園狭き門だった

母の助けを借りられない私は、夜中に仕事をして、もうろうと昼間の公園にいき、子どもを遊ばせた

「寝るために保育園があるのではない」と市役所の人に言われた

昼に働いて夜は寝る、そんな当たり前の生活育児中の母には許されない


ちょっと本屋による

美容院で髪を切り、洋服セールに出かける

仕事仲間と突発的に飲みに行く


大人としてしていた普通のことすべてに他人の力が必要だった


の子どもが中学生に上がると、急に自分人生が戻ってきた

自分の足で習い事や塾に通ってくれる

予想外に仕事が長引いても、コンビニ食事を買って食べてくれる


いま振り返ると、あの頃の私はここにいたけどいなかった

同じ世界にいるのに、育児界というバーチャル空間にいた

例えは違うかもしれないが、マグロ漁船に乗って隔離された世界に生きていくことに近い気がする

でも私は確かにここにいて

普通の世の中をうらめしく眺めながら、なんとか戻りたいとあがき続けた18年だった


育児がひと段落した身として

いま子育て中の女性に何かアドバイスしたいのだが

言えることが何もないことをむなしく思う


育児は素晴らしいことで

今や成長した我が子も大好きだけど

耐え忍ぶしかなかったあの期間は確実にしんどいものだった

2017-02-17

中二病こじらせ10代おかっぱ男子1000円カットに行こう!

髪をほったらかしにしているのはダサい。汚らしい。かっこよくない。

ロングヘアー男性女性が可愛かったりかっこよかったりするのは、手入れして伸ばしているから。

それに気がついた当時中学三年生の僕は1000円カットに行った。おかっぱが爽やかヘアーになった。

性格ねじ曲がっていたが見た目だけでも真人間になれたのは嬉しかったし、目に見えて避けられることもなくなった。

それから3年間、ずっと1000円カットで髪を切ってもらっている。たった1000円で真人間の見た目になれるのはコスパが良い。

しかも目が肥えていないので高い美容院と何ら違いがわからない。素晴らしい!100点!以上!

2017-02-12

卒業式

卒業式の日。成人式の日。入社式の日。

いつだってイベントごとの日は両親をがっかりさせた。

卒業式ー。

悲しいほど綺麗なままの卒アル

卒業式を終えた子達が集まって、門の前の桜並木写真を撮っており、その周りでは父兄が談笑している。

そんななか、たった一人で一番早く門を出てくる我が子。

そんな子供の姿を見て、母はどう思っていただろうか。

私は、彼等の立つ桜並木には、一生立つことができないだろうと思った。

成人式ー。

これも、身内だけの、小さなさな儀式

誰に見せるわけでもないのに着物を着て、誰に見せるわけでもないのに美容院スタイリングして、最後に家の前で写真を撮った。

テレビをつけると成人式話題ばかりで、華やかに盛り上がる新成人達の姿を見て、わたしは心底面食らった。

卒業式の時感じたあの予感は、あながち間違いではなかった。

入社式ー。

本来であれば入社しているはずの年に、私はそれができなかった。

真新しいピカピカのスーツを着て、意気揚々と歩く新入社員達の姿を町で見て、母は何を思ったのだろう。

これからも、何かイベントごとがある度に、家族を悲しませるだろう。そして何より私自身が挫折し、絶望しなければいけない。

華やかなイベントの裏にこうした人種もいたのだということを、記録に留めておく。

2017-02-10

髪の毛を切りたいが切りに行きたくない

美容院は怖い

あと5000円とかだと辛い

かと言って1000円カットはなんか怖いし、街の床屋にはトラウマがある

折衷案が2000円くらいの美容院だったが、そこもしばらく行かないととても怖くなる

どうしようかな

2017-02-02

干渉な母へ 発達障害の娘より

お母さんへ

こんにちは。 娘です。突然の事で驚かせてしまってごめんなさい。今日はどうしても伝えたいことがあって手紙を書きました。LINEだとどうしてもうまく伝えることができないので、手紙という形になってしまいました。時間がある時に読んでください。

結論から先に言います。お母さんは私に対しての距離が、世間一般の親が子に対する距離より近すぎると思うので、私はお母さんに少し距離を置いて欲しいのです。

私はお母さんにとっても世間一般にとっても、とても育てにくい子供だったと思います。何度同じことを言っても治せない、教えたことを忘れる、不潔、常識がない、頑固な割に自分意見コロコロ変わる、勉強ができない、運動もできない、不登校にはなる、体調をしょっちゅう崩す、叱ればキツイ言葉で言い返し反省の態度がみられない……沢山迷惑をかけたし、沢山お母さんを心配させ苦しませたと思います

推測だけど、お母さんはそんな私になんとかできることを増やしてあげよう、直せてあげられないのではないかと考えたのではないでしょうか。だから、色々な習い事をさせてくれたり、できないことは何度も注意し、厳しく躾け、駄目なところを直そうと根気強く教えてくれたのでしょうね。お母さんは責任感も強い人だし、努力家な人だとも私は思います。それが更に拍車をかけたのでしょう。世間の人に「躾がなっていない子供」「子供がキチンとしていないのは母親が躾をしていないせいだ」と思われるのが辛かったのもあると思います。お父さんも助けてくれない、周囲の人に話しても分かってくれない、とても大変だったと思います

でも本当にごめんなさい。そのお母さんの思い遣りの気持ちが、強い責任感が私にとってはとてもしんどかったのです。

私は多分もう何度注意されても直せないものは直せません。反省しても、後悔しても、失敗しても絶対に無理です。そういう生き物なのです。何故お母さんが怒っているのかがわかっても、私ができていないことでどう周りに迷惑がかかっているか自分不利益が降りかかるかが分かっても、絶対に直せません。直せていたら今まで生きていたウン十年間の内に直していますだってそれは自分でも直したい部分でもあったから。自分の駄目なところで、周囲の人に迷惑をかけている自分が、堪らなく嫌で申し訳なかったから。でも私は直せませんでした。どう頑張っても無理でした。

から、もう諦めてください。お母さんがどんなに頑張っても私は忘れ癖を直せません。お母さんが何度言ってもお弁当を出すことをこれから絶対忘れ続けるでしょう。お部屋も片付くことはないでしょうし、忘れ物をし続け髪の毛を引っ張り続けます。そしてそれはお母さんの責任ではありません。私がそういう生き物だからです。だからもう諦めて下さい。お母さんの責任ではない問題は私の問題です。お母さんの問題ではないのです。忘れるなら何度でも注意してあげなきゃ!そうすればいつか直せるときに直せるようになるはず、という考えは捨ててください。逆です。今まで何度言ってきても直せなかったならこれから何度言っても直るはずがありません。もし直せたなら、それはお母さんが注意し続けてくれたからではなく、私自身がふとしたきっかけで、なんとか自分でもできる方法を見つけたからなのです。

弁当を出さないなら次の日のお弁当を作らなくていいです。たくさんの洗濯物を一気に洗うのが嫌なら「そんなに沢山は洗えません」と言って部屋のまえに服を放置して下さい。カップを部屋に持っていかれるのが嫌なら自分専用のコップを100均で買っていきますし、そのコップは自分で洗います自分の服を放置されるのが嫌なら服はもう一切貸さなくていいです。髪の毛が散らかしてあったら掃除したゴミを私の部屋の前に捨てておいてください。私のしたことで不利益を被ったら、不利益を被ったことに関係することで存分にやり返してください。

我慢してしょうがないけど可哀想から「やってあげる」から腹がたつのです。できないならお母さんが「代わりにしてあげる」から干渉と私に言われるのです。ならもう不利益を被らないようにし、被ったらやり返して下さい。私が困っていても「あなた問題からお母さんは知りません」でいいのです。それで私が何か文句を言ってきても「お母さんには関係ない」と突っぱねて下さい。それが私にとって一番いい距離間です。私ももうお母さんに送り迎えを頼みませんし、自分ミスの尻拭いも頼みません。必要以上に頼ってきたら突っぱねて下さい。下手な情けは必要ありません。それは決して私のためにならないと私は考えます。あえて冷たくしてくれた方が私は嬉しいです。

「私は間違っていない」「あなたが悪いから私は怒っているの」「あなたのためにしてあげたのにどうしてそんな酷いことをいうの」「努力していないから、話しを聞いていないからできないんでしょう」「言い訳ばかり達者になって」「お母さんが選んだ服の方がセンスがいい」「あなた一人じゃ無理だから私がやってあげる」という考えは私に通用しないと思って下さい。

価値観が違えば、「私は間違っていない」と思っていても、相手は「自分の方が正しい、あるいは間違っていてもそれ相応の理由がある」から怒っているのです。「あなたが悪いから私は怒っているの」ではなく、お母さんは「あなたに怒っているから私は怒っている」のです。「あなたのためにしてあげたこと」が相手にとって不快であることだってあるだろうし、寧ろ迷惑まりないこともあるということを認めて下さい。「努力していない、話しを聞いていない」と思っても、あなたが思いつかない方法努力していたりするのです。「言い訳」は「相手にとっては正当な理由」だし、「分かっても努力したくないし具体的にどうすればいいかからないし出来そうもない」なら「そんなの知らない」で構いません。「お母さんのセンス」が必ずしもいいものであったり私に似合うものではないし、「私のセンス」は似ていてもお母さんのセンスによって育てられたものではありません。「私一人で無理なもの」はお母さんが助ける必要は、私が助けを求めない限り必要ないのです。本当に困ってないからお母さんを呼ばないのです。

私とお母さんは他人です。私の悩みごとはお母さんの悩みごとではありません。

バイトを探してくれたのも嫌でした。酷く打たれたのも嫌でした。お洋服を選んでくるのもお母さんの服を頼んでもいないのに貸してくるのも嫌でしたし、塾に毎日迎えに来てくれるのもしんどかった。小学校受験も嫌だったし、習い事苦痛だった。急に美容院に連れて行かれるのも、部屋の掃除勝手にされるのも、メイク道具を選ばせてくれないのも、髪を短くしてはいけないのも、怒鳴られるのも、お父さんの愚痴を聞くのも、彼氏に口出しをされるのも、テレビも良くないゲームもよくない、バラエティは質が悪いからみせないし、それが理由でお友達の話しについていけないのが辛かった。駄菓子食品添加物があるから食べさせないという制限のせいでこっそり食べたい駄菓子を買うのも、友達に恵んでもらうのも嫌だった。全て私のためを思って行動してくれてると思っても、お母さんを恨む気持ちが変わることはなかったし、感謝したくても、お母さんを大切にしたくても恨みが勝ってしまってどうしても無理でした。自分選択たかった。自分で苦労して学びたかった。ダサくても自分が着たい服を着たかったし、初めて自分で買った服ですら母のセンスだと言われた時は本当に虚しかった。デキモノがでても駄菓子をお友達と一緒に食べたかったし、バラエティの話にもついて行きたかった。お母さんのいないところでこっそりゲームをしていたときは本当に楽しかった。初めてのバイト代自分で買った化粧品は今でも重宝してる。結局やめてしまったけど、自分で受かりたいと思ったバイトに受かったときはこれで少し自立できるのではないか希望に満ち溢れていました。大学へ行き、家にいる時間が減った途端に私は自分感情が今まで以上に素直に出せるようになりました。私達は遠い方が上手くいくのです。だから、ごめんなさい。私のためを思って、見放してください。もう、お母さんがいないと何にもできない私から卒業させて下さい。

親の心子知らず。お母さんはよくこの言葉を使います。確かにそうです。私はお母さんの気持ちなんて全然分かりません。でも、お母さんだって私の気持ち理解したことなんて殆どなかった。

凄く近いはずなのに、多分心は一番遠い人間、それが私にとってのお母さんです。

2017-01-31

おこづかい30,000円ってまじでー

うちはおこづかい制じゃなくて、これからもそうはならないだろうけども、より一層お金を貯めねばならぬと思って検索したら昼食込み30,000円くらいっぽかったので調べてみたけど

昼に豚丼食べて340円、コーヒー2本で200円、帰りに家族に詫びお菓子買って400円 で約1,000円、×22日で22,000円。

週に2回くらい区のジムに行って500円x2 の4週で4,000円。

あの……今月美容院行きたいんですけど…… 4,500円。

ってもう30,000円オーバーしてるやないかーい!!

会社飲み会もありそうなんですけど!漫画も買ってないし、生きてると細々必要ものがあるというのに……

どーしたもんかなこれ。

昼は弁当持ってく?コーヒー飲むのやめるか家から持ってく?め、めんどくせ~

家族お菓子は……検討余地があるけど……削ると色々まずいんや!

ジムでなく走る?美容院……

きびしい

2017-01-30

美容院の扉をひらいて、イケメンにしてくださいって言える勇気が欲しい

2017-01-24

ハゲている

ハゲている。

友人にも何度か指摘されている。

とても辛い。

から見下ろされるのが辛い。

階段が辛い。

電車で座るのが辛い。

背後に立たれるのが辛い。

美容院に行くのが辛い。

風が吹くのが辛い。

毎朝分け目を目立たないようにするのが辛い。

髪をまとめられないのが辛い。

飲みの席で男のハゲは笑われるのに私の話には決してならないのも辛い。

男みたいにスキンヘッドにする事も出来なくて辛い。

世界が爆発すればいいのに。

世界中の全ての人間ハゲればいいのに。

2017-01-16

店に電話をかけるという行為一切経験したことがないまま育つ人も環境によっては大して珍しくもない時代なんだな。

電話で注文できるっぽいけど、どういうやり取りをするのか全然想像できなくて怖い、何聞かれるの?」とウチの大学生の妹でも言っていた。

実家宅配ピザ屋どころかイオン以外の商店がないような地域だったから、美容院の予約くらいしか電話他人とやり取りしたことがなかったらしい。

都会の大学に通うようになって、チラシが入っているのを見つけて満を持して憧れの宅配ピザに挑戦しようとしたようだ。

そういえば自分田舎から就職して引っ越してきて、その日の晩にドキドキしながら注文したことを思い出しつつ、やり取りの流れと事前に決めておくべき事を教えた。

注文の最初の方で電話番号を聞かれるというのが予想外だったらしくかなり驚いていたのが印象的。

「えっ。なんで。怖い。電話番号なんか友達にも教えてないのに……」現代っ子め。

一通り流れを説明しても最後まで「やっぱりネットで注文しようかなぁ……」とブツブツ言っていた。

結局チラシのクーポンネットだと使えないことが分かって電話注文していたけれど、

「一人でかけるの不安からPC立ち上げてSkype繋ぐから注文するの聞いてて!」と言われてSkype越しに見守らされた。

ややテンパって開幕早々「アペペパパパピッピピピピザです!よろしくお願い致します!!」とカマしながらも、

なんとかヨソ行きの声で最後まで注文する様を中継された後、要領が分かったから次からは1人で大丈夫だと言われ、解放されたような少し寂しいような。

そして忠告を聞かずに「安くなるから!」と頼みすぎたピザが食べきれなくて、週末まるまるピザ地獄に陥ったらしい。アホめ。

http://anond.hatelabo.jp/20170116175256

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん