「筋少」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 筋少とは

2017-07-17

キャラクタールーツ

キャラクタールーツを探る研究をしてみたい。

ハルヒ長門エヴァ綾波で、綾波の元は筋少の何処へでも行ける切手で、何処へでも行ける切手の元は少女椿みどりちゃん(と言われている)

個人的にはストリートファイター豪鬼系(登場時期的には刃牙範馬勇次郎キャラ可能性)ルーツをたどりたい。

豪鬼キャラで浮かぶのは

刃牙範馬勇次郎(初期以降)

Fateヘラクロス

焔の眼のクロ

他になにか豪鬼キャラとかルーツとかありそうかな

2016-12-09

ここ10年で起こった重大ニュース5つ

先日アラサー(25歳)になったので、ここ10年で起こった出来事のうち個人的に重大だと思ったものをまとめてみた。



5位:

東日本大震災発生、阪神大震災の倍以上とも言われる死者を出し、1.17に引き続き3.11という日付が国民の心に刻まれ

4位:

AppleiPhoneを引っさげて携帯事業に参入、スマートフォンという新たな市場を拓き一躍業界トップ

3位:

父親が死んだ

2位:

さんざん「歌詞よりメロディの方が遥かに大事っしょw」とか言ってた自分中島みゆき筋少を聴いてボロボロ泣くようになる

1位:

さんざん「年取ったら胸より尻派になるとか嘘でしょw」とか言ってた自分がすっかり尻派になる

2016-02-28

君はサブカルストリッパー「栗鳥巣」を知っているか


ストリップを見に行ったら筋少初音ミクかまってちゃんが流れて驚いた、という話。

かなり長文です。

ストリップ」というものを見たことがなかった。

なので、2016年1月某日、都内とある小屋へ行ってみた。

初めて触れた「ストリップ」という文化についても色々思うところはあるんだけれども、

ここでは自分の初のストリップで強烈な印象を残した「栗鳥巣」というストリッパーについて書きたい。

その前に、まず当日のショーの流れを説明する。

なお、これは自分が見に行った小屋での話なので、

しかすると場所によって違うところもあるかもしれない。

まぁ、だいたい同じようなもんだろう。

小屋10時に開場する。開演は10時半である

出演者は5人で、一人あたり30分の持ち時間がある。

30分のうち、前半15分は音楽に合わせて踊る。いわゆる「ストリップ」のイメージ通りのやつ。

後半15分は写真撮影時間となっており、お客さんの好きなポーズで、あるいはツーショットで1枚500円。

撮影希望者がいなくなったら最後に軽くもうひと踊りして終わり。

というのを5人が順番にやったら、全員登場のカーテンコール

これを1セットとして約3時間、日に4セットやって23時ごろに閉幕となる。

ちなみに客は一度入場料を払えば、入退出自由となる。

問題は「前半15分のダンス部分」である

ここについてはどうやら選曲振り付け、おそらく衣装ストリッパー自身裁量に委ねられているらしい。

まり各人の個性というか、センスが問われるわけで、実際、ストリッパーそれぞれにまったく異なるショーだった。

ある人は「いかにも日本的アイドル」を演じ、

またある人は「フラメンコステップを踏む妖艶な婦人」を演出し、

またある人は「K-POPアイドル」に終始した。

それで件の栗鳥巣はなにをしたかというと「サルに扮してのロープ芸」だった。

天井のフックにロープを引っかけてブラブラしたり、なんというかアクロバティックな見世物だった。

bgmはずっとサルに関する曲で、しょっぱな筋少の「おサル音頭」が流れた時は内心苦笑した。

申年だしね。この人はそういう芸風の人なのね…」くらいにしか、この時は思っていなかった。

さて、一人のストリッパーは日に4回ステージに立つと先に書いたが、

4回とも同じ内容ではなく、2種類のショーを交互にやるということには見ていて気付いた。

そしてショーの中には「あるコンセプト(アイドルとか)のもとひたすら踊る」パターンもあるが、

ストーリー仕立て」になっているパターンもあることも知った。

これは大変難しいことであると思う。

音楽衣装ダンスだけで物語表現してほしい。15分で。脱ぎも入れて」というのは、

なんの知識も手ほどきもない人に突然できるものではないだろう。

実際、その日のショーでも物語を取り入れたものはいくつかあったが、

話の流れで「服が脱げてゆく」のが自然であったためしはなく、

「そこでなんでおっぱじまっちゃうの」といった突っ込み所満載のものとなっていた。

そういった突っ込みが無粋で野暮なのはわかっている。

わかってはいるが、やっぱり思っちゃうである

そして栗鳥巣の2回目のショーが始まった。

衣装はさっきのサルではない。

イヤーマフからアンテナが伸びている。

まず流れた曲は初音ミクだった。

カクカクとした動きのダンスあいまって

そうか、彼女ロボットなんだな、と気付いた。

曲が終わり、彼女イヤーマフダイヤルを回し始めた。

ラジオチューニングするような音がして、

古風なロックが流れた瞬間、彼女は手を止めた。

彼女」は音楽に、「ロック」に出会った。

カクカクとしたダンスは少しずつ有機的になり、熱を帯びていった。

そしてラストに「ロックンロールは鳴り止まないっ」が大音量で流れはじめた。

彼女は服を脱ぎ捨て、ほぼ全裸になって自慰に耽るのだった。

ロボット音楽を知る。ロックを知る。人間的な熱を知る。

そのショーは、性行為で「人間らしさ=エロス」の発露を表現するという、

しっかりとした物語になっていた。

整合性があるというと大げさかもしれない。

話としてもベッタベタかもしれない。

ただ、下手すると「脱いどきゃいいんだろ」ともなりかねない世界において、

物語整合性を追求する」人がいることに驚いたし、

正直なところちょっと、いやかなり感動した。

この人の舞台は、また見に行きたいと思った。

余談だが、ご本人はアニメが好きだそうである

また選曲もだいぶ偏っていらっしゃる

ただそういったことよりも(そういった部分も含めてだが)

物語整合性なんて誰に気にしちゃいねぇ」のが主流であろう世界において、

自身のこだわりを強く反映した作品づくりの姿勢を感じたので、

サブカルストリッパー」とした。

2013-03-30

こうすればもっと便利なのに、どうしてそのままなの? と聞いたら

 「頭、悪いから」といって、半笑いした人がいた。


 ウムム!と考える(by筋少


 (俺が軽くあしらわれた可能性を除くと仮定する)少なくても俺から言えることは。頭の良さとか悪さというのは、そもそも『良い悪い』自体が相対的な評価であるがゆえに、信頼してはいけない。

 例えばA・D・T・Gという中身と順序を覚えてくださいというときに、「どれくらいで覚える」「どこまで覚えていられるか」「覚えることでなにができるのか」「覚えると新しいものがみえるか」などという、期間と状態とそこからの発展しかなく、その評価でできることは『この人は~ができるけど、ここがわかっていないから~ができないんだな』とか『~を身につけるのに三日かかったから、これだったら一週間ぐらいだろう』などというテクニカルものだ。

 そこに頭の良さ悪さをまぜた瞬間に、他者からの評価(しかも想定は大抵曖昧だ)という不確定なものが入り、判断が鈍る。


 覚えるとは動作である。だから苦痛であろうと、一応できることにはなっている。

 だからランナーが黙々と、走るように行動し続けるべきだ。

 家族や教師や上司(そして鏡の中のお前! そうお前だ! 俺とソックリの! ほくろや寝癖の位置までおんなじなお前がが!)はそこに良い悪いの評価を混ぜてはいけない。

 もちろん出来たもの、結果に評価は出る。勝ち負けがでる試合のように。

 ただし、黙って走らせなければ人は速くは走れないのだ。選手は勝ち負けを考えているのではなく、「三塁のランナーを走らせるためには、自分バントをしたほうがいい。一塁の間に転がそう」という言語を反射的な行動まで落とし込まないといけない。(だから長嶋監督の教え方っていうのは、言語じゃないのね)しかもその判断を下すのは選手ではなく、監督などの「勝ち負けを考える人」によってなされる。つまり選手は反射的に体が動かせるように何度も繰り返し覚えることが重要なのです。

 大局を見るのが大切だといっておきながら、一手を見る行動をしている人を邪魔する親や教師をみると笑えてきますね。

 話がずれてますが単純に、良い悪いって気にすんな。走れってことです。評価の声は、十中八九自分の声ですからだって本当に楽しいことを夢中でやっているときは、『良い悪い』って声、聴こえてこないでしょ?

2008-06-24

最近邦楽

筋少が復活して、まだ解散していないだけで俺が邦楽に求めるものの7割くらいは満たされてる。

またアルバム出さないかなー。

coccoは復活したけど、どうも方向性が合わなかったのでスルー気味。

Sound Horizon最近少し合わなくなってきた気がするけどまだ結構いい感じ。

でもあさきが何かまたアルバムを出すらしいし、邦楽に関してはかなり満足だ。

しかし売れ線の曲は確かにこれといったものがあまりないなー。

10年くらい前の曲は、売れ線でもいいと思える曲は多数あったような気がするんだけども。

俺の感性が古臭くなっただけなのか、邦楽がくそなのか、どちらにせよ最近の曲は俺には合わない。

だれかいいアーティストいないかな、古くてもいいから。

なんか新規開拓したい気分だ。

2008-04-17

http://anond.hatelabo.jp/20080417030245

エロパロ許可しないから売れないってのは、いまいち同意できんなぁ。感覚的にそりゃちがうんじゃね?と思う。

一方で、一切のオマージュまで禁止だと、最近ユーザーのノリを拒絶するだろうと言う論調は、まぁ、そうだろうねと思う。おれは著作権にはうるさいほうだと思うが、幾蔵とヒカルコラージュにはぶったまげた。アニメ絶望先生を見て筋少アルバムを買ったりしたしな。公式のコラボが効果を持つなら非公式のコラボも効果を持つだろう。

誰が手綱を持つのかは別の話だが。

ユーザーコラージュの場合サシミにされるほうには宣伝効果があるが、ツマにされるほうには宣伝効果が無い。食われっぱなし。その点は永遠に解決されないだろう。

と、マジレスてみるテスト

2007-10-08

愛してあげてもよかった、のに

合コンでとてもうんざりして、

連中と一刻も早く別れたくて

二次会カラオケ筋少釈迦を歌った。

けっこういい人だったから 好きになっても良かった

結構いい人だったから 愛してあげても良かった

いいね、この見下した感じ。

殆ど全ての女はきっと、この「男を無条件に自分の奴隷のように考える」思考回路を持ってる。

けど、それはあくまで隠して、心のそこでほくそ笑んでかみ締める感情だ。オモテにけして出すべきじゃない。

出したらどうなるかといえば、まあ、ドン引きなわけだ。

そう、合コンで歌うにはおおよそ相応しくない歌詞に、予想通り男はドン引き

ひとり残らず。どろろののうずい??とか歌っちゃってるし。

作戦大成功。

……でも、ひとり残らずドン引きされたことに寂しいと思ってる自分もいて、それがとても嫌な感じだ。

嫌いな男でも、うんざりな男でも、それでも、皆が引いてる中で笑ってくれたら、それこそ、ねえ。歌詞の通りに。

ああ、嫌な生き物。自分が?女が?

2006-12-14

160 :最近風呂入ってないけど、 :2006/10/31(火) 19:32:46 ID:w586Zf1z0

ジャスラックに纏わる伝説で一番凄かったのがオーケン事件。ググると結構出てくる。

大槻ケンヂが自分のエッセイ筋少時代の曲(高円寺心中。もちろん本人作詞)の歌詞を引用したんだけど

製本後いきなりジャスラックが「知的財産権は我々にある。使用料をよこせ」って言って来て

かなり頭に来たけど事を荒立てるのもアレだから素直に支払った。

その後、印税明細が来るのだが何故かジャスラックからの印税が一円も無い。

一応、ジャスラックの名目は「中間マージンとして摂取後、アーティストに一部印税を支払う」んだから

オーケンが払った使用料の何%かは還元されなきゃいけないハズなのに1円も還って来ない。

ジャスラックに「歌詞使用料が振り込まれてるはずだろ?つか、払ったのオレ自身なんだから間違いない」と問い合わせるも

「知らない」「わからない」の一点張り

「一体これまでいくらボラれてるんだろう・・・」てライブで話してた。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん