「民間団体」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 民間団体とは

2017-01-08

http://d.hatena.ne.jp/t_kei/20170107/1483780237

フランス大統領国民議会で「侵略定義は学界的にも国際的にも定まっていない。ナポレオン行為についても国と国との関係でどちらから見るかで評価が異なる。」と答弁をし、また共和国政府もそれを追認する閣議決定をおこなう

一方、共和国国防大臣はオテルデザンヴァリッドを訪問軍事予算過去最高を記録。

そんな背景がある中、イギリスでルイ・アントワーヌ・ド・ブルボン=コンデ像が民間団体の手によってフランス領事館前に建立されるが、それを受けたフランス政府イギリスに対して異例とも言えるほどの強硬対抗措置をおこなうのだった…。

2017-01-07

最近はてサの主張がすごい

朝日新聞ですら“少女像撤去要求するのは当然であるが”と言ったうえで政府批判しているのに「少女像建ててなにが悪いの?民間団体だし良いでしょw」みたいなノリですごい

共産党でも言わなそうだ

2016-02-20

負の感情を抱くもの規制して良いのか

http://anond.hatelabo.jp/touch/20160219013645

まとめサイトで取り上げられたこともあって多くの意見が寄せられているこの話題だが、このエントリーの筆者(以下筆者)の考えはおよそ普通女性(筆者が本当に女性かは、そもそも釣りかもしれないとかキリがないのでさておき)が陵辱という言葉に対して抱くであろう普通の考え方だと思う。

さて事の発端は女子差別撤廃条約の定例報告会が2月16日に行われたが、この条約批准状況を検討する同条約委員会から今回の報告会のテーマの一つ(しかまとめサイト見出しにあるような筆頭扱いではなく実際の質疑項目としては7番目)として女性に対する性的暴力を伴うビデオゲーム漫画販売を「禁止」することを求めたものが波紋を呼んだことだ。

まず念頭に置きたいのは、この委員会には安保理決議国連総会のような権限は無く数多ある国連関連機関のひとつに過ぎないことと、国際的批判だとかの重々しい話ではなく委員会を構成するのは各国から選ばれた弁護士など専門家であって国家代弁者が集う場ではないということだ。

また定例報告会とあるように日本けが特別に呼びだされて叱咤されたのではなく、直近ではアイスランドスウェーデンを含めた数か国が同様に報告会を行っている。

そして日本においてはゲームマンガの話だけでなく雇用年金での男女格差など複数の議題があったものだ。

この委員会がどういうところに突っ込むかを言えば、アイスランドに対しては最高裁判事が男性しかいない点や強姦事件での有罪の少なさを指摘する。スウェーデンに対しては割礼と強制結婚の防止に関するデータの提出を求めるなど、一見してかなり細かい。つまり女子差別と見なせるものは手当たり次第とも言えよう。

話を戻そう。政治的には無視できないものの影響力は微々たるもので昨日と変わらぬ明日が来る程度の見解というのが今回の報告ということになり(国連の威を借りたい各種団体はいるが)しかしこういったことをきっかけに色々と考えるのは良いことだ。

冒頭リンク先の話はまさにそうで、ひとまずリンク先筆者の意見を要約すると以下のようらしい。

妄想自由だけど、形にして世に流通させるのはまた別だよ。そんなもんはせめて、裏の世界で超高額で売買するか、無償でひっそりとやり取りしてほしい。

その理由は、そういった表現まで法で肯定されていたら、怖くて、不快で、侮辱的で、女性の名誉を毀損されてると感じるから

被害者が、実在する特定の属性を持っていること」「その属性を持っている存在を、その属性を持っていない存在危害を加えること」「加害行為がその作品のメインコンテンツであり、その描写によって快楽・興奮を得ることが目的に作られている」この3つが揃った時、その作品は表現の自由の範疇を超えてしまう。ゆえにそれなりの規制はあってしかるべきということ。

中略省略は挟んでいるが概ねこうだ。特別意見という感じではなく、ごく普通感覚と言えるだろう。

しかしこのような普通感覚とされるものが本人が想像しない危険性をはらんでいることに注意したい。

その事を踏まえて、このエントリー意見していきたいと思う。

表現の自由日本において既に制限下にある。

憲法保障されている表現の自由だが、古くはチャタレイ事件わいせつ定義が成され、公共の福祉のためにならわいせつ物の規制は妥当であるとされた。つまり公共の福祉に反しないということが表現の自由大前提にある。

近年でそれを強く受けているのが松文館事件で、成人向けマンガにおける消し処理の甘さを指摘したものだが、どのような成人向け作品もいつ告訴されるかわからないしされれば有罪は免れないことを改めて認識させられたものだ。

わいせつ対象は変わる

定義のものは変わらないが社会の変化とともにわいせつ要件合致するかは変わる。チャタレイ夫人の恋人しろ悪徳の栄えしろ現在文庫化され気軽に手に入る。つまり今現在悪だとされたものが数十年先にどう判断されるかはわからないのだ。無論、今は悪だとされれば裁判にかけられれば有罪になることに変わりはない。

気持ち悪いから規制するのではない

怖くて、不快で、侮辱的で、女性の名誉を毀損されてると感じるから表現規制されるのではない。公共の福祉に反するから規制されるのであって、法的には代表的なのはわいせつ図がに当たるから違法となる。誰かが不快からという理由規制してしまうことは表現のみならずあらゆるもの違法としてしまえる危険な考えであり、この先も健全な法の精神がある限りそれは守られるだろう。

規制ではなく禁止しかない

先述したようにあらゆる成人向け作品は現在でもいくらでも禁止できる。だがそれは陵辱物に限ることではないし、また販売を特定の書店に限るなどの規制ではなく違法出版物として流通そのもの禁止することになる。いくら筆者が「全面禁止しろよ」とは言ってないとしても、法で規制しろということは即ち禁止しろということになる。

ゾーニングでの対応

現在は法ではなくその下の条例単位で成人向けとそうでない作品が分かれている。先述したように作品のジャンルではなく性的表現のものが法的に重要なのであって、陵辱も純愛もそこには関係ない。この手の話は東京都青少年健全育成条例改正や児童ポルノ法改正などで過去に各所で散々出尽くしているが、行政出版社もすでに作品のジャンルではなくもっと大きな単位での区分けがされている。コンビニで成人向け雑誌が他の雑誌とは別に置かれているのはそういう理由だ。

こっそりやれよという話は

コンビニ雑誌の表紙やスマホ広告に載せるなよという筆者の言葉には、最近コンビニにおける成人向け雑誌の表紙に女子高生が~という似たような話題があったと思う。これに関しては出版社広告代理店などが対応する問題であって難しい。スマホに関しては広告表示に関する設定やアプリを導入する自衛策があるし、コンビニ雑誌についてはコーナーが明らかに区分けされている以上、不快なら見るなというほか無い。存在自体不愉快だというのであれば、それは行き着く先はやはりそういった出版物のもの禁止するべきだという論になるだろう。なにしろ全てのコンビニや書店から撤廃され特定の小さな通販サイトしか買えないとなって筆者がそれに満足したとしても、世の中には筆者より恐らく強力で熱心な団体存在する。今回の女子差別撤廃条約委員会見解についても各種民間団体が絡んでおり、そもそも今回の見解では規制ではなく女子に対する性的暴力ゲームマンガの廃止を求めている。筆者は廃止された所で安全安心な世の中が得られるだけだろうが、それは当初のこっそりやれという目的から外れているが、筆者は何ら疑問の声を挙げないだろう。結局は自分不快ものを消し去りたいだけと言えてしまうのだ。そうではないと言うのなら、ならば筆者は禁止すると法が言い出した時に「そこまではしなくて良い」と声を上げられるだろうか?

特定の思想から直すべきか?

そりゃいろんな嗜好があるから、中には、対象を虐げたり傷つけたりしないと駄目な人もいるかもしれないけど、それって異常者か精神疾患ではないの?病院行けよ。

筆者は最初には嗜好と言いつつ特定の嗜好については健常者ではないとしている。性的嗜好というのは千差万別だがある種の思想を持っている場合は矯正するべきだ、というのは他者に対する尊厳を踏みにじる行為だ。50年前のアメリカならば白人に逆らう黒人矯正するべきだとなるし、50年前の日本なら夫に逆らう妻は矯正するべきだとなる。いずれもその時代には当たり前のことであり、しかし現代人から見ればひどく差別的だろう。だからといって他者を傷つけるという行為が50年後に許容されるとは思わないが、しかし現代でも黒人差別亭主関白を頭の中で考えることを誰が違法にできるだろうか。

特にこれは性的嗜好という、教育思想などと違い本能に関わる難しい問題だ。法では正しい性道徳という考えがあるが、これを基本にして正しい嗜好を持つように義務付けられるような世界が筆者は望ましいのだろうか。無論、そんなことになれば事態は正しい性道徳に限らず、正しい社会規範や正しい労働者など、あらゆる面で模範的で優秀たる人間性を義務付けられるのは想像に難くないが、まさか筆者に都合の悪い趣味嗜好だけ消える世の中になると考えるほど筆者は愚かではないだろう。

いずれはこうした性的嗜好も脳機能の解明によりそのプロセスが明らかになるだろうが、まだ犯してもいない罪に対し犯罪的思考を消し去ることを是とするならば、それは個々の人格倫理的かつ道徳的操作しても良いということであり、当然筆者もその対象として正しい真人間にされる覚悟はあるだろうか? 少なくともこの筆者には、他者人格一方的精神疾患と判定するという独善的思想治療する必要あり、と判断されるのではないだろうか。

筆者もまた女性から視点だけ

現実的に、女性が男性に性的虐待を加えるというのは、①腕力・体格差があるので〈無理矢理〉が成立しにくい。②女性が見ず知らずの男性をいきなり襲っても、反撃されて傷つけられる可能性が高く、現実の犯罪率から言っても一般の男性にとってリアリティが無い。③むしろやってほしい、多少痛くてもご褒美、という嗜好の男性も散見される。

まず①に関しては、近年強姦罪が男性被害者適用されないことが問題視されているように男性の女性から性的被害については筆者のような「ありえない」という考え方が男女ともに強いので泣き寝入りするケースが女性性的被害より深刻であるさら女性被害者のような支援も充実していない。②も同様だが、犯罪率という観点について指摘がある。犯罪における男女比は細かく分けるとだいぶ違うが、総じて女性が20%ほどである。無視できるほどの数字ではなく、具体的には平成26年の殺人犯967人のうち227人は女性である。これをリアリティが無いという数値とは言えないし、また最近ではデートDVに関する大阪での調査女性から暴力を受ける男性が倍以上の率であることが明らかになるなど、暴力で女性が敵わないからリアリティが無いというのは例え話の喩え話にしても筆者の知識不足である。③にも関連することだが、筆者自身陵辱系ゲームマンガに対して怖くて、不快で、侮辱的で、女性の名誉を毀損されてると感じるから規制して欲しいと語るのに、ならば男性の性的被害者に関してはとなるとリアリティの無さやあろうことか一部の男性は好むからという理由で蔑ろにしている。

このことから

他の属性に対する一方的な暴力や虐待だってもちろん良くないし

もちろんLGBT凌辱だってアウトだよ

などの言葉に一切重みを感じられない。

筆者が女性として一般的な恐怖を感じるのと同様に、また筆者は女性として男性に対する陵辱などに想像が及ばないし世の男性が実はBLゲーム表現に恐怖しているかもしれないなどという考えもない。故に男性に対し筆者は、思慮が足りないなどということは出来ず、陵辱ゲームに対する意見自身嫌悪感からの消し去りたいという個人的要求が第一であると知るべきだろう。

筆者の定義表現の自由を犯す理由にならない

被害者が、実在する特定の属性を持っていること」「その属性を持っている存在を、その属性を持っていない存在危害を加えること」「加害行為がその作品のメインコンテンツであり、その描写によって快楽・興奮を得ることが目的に作られている」

を筆者は規制されるべきものとしている。二番目でちゃっかり同性愛物を省いているのはわざとか天然かはさておき、いずれもどうとでも解釈できるものであり、極めて危険極まりない規制理由である

まず第一の

被害者が、実在する特定の属性を持っていること」

被害者という言葉について、そもそも創作表現上の被害者とはなんだろうか。作中で犯罪被害に遭う存在だとして、それを現実の法で守れというのはナンセンスな話だ。大体被害者定義はどうするのか。家が燃えたら家は被害者から作者は建造物放火罪になるのだろうか。人間だと限ってもその属性は幅広い。誰かを殺せばその人物の役職大統領から実在する特定の属性になるから規制だと出来てしまう。性別に限らず年齢も服装人種も、なにもかもが属性である以上、そもそも創作表現で一切の犯罪被害者は出せないことになる。ミステリーでも刑事物でもだ。

第二に

「その属性を持っている存在を、その属性を持っていない存在危害を加えること」

は、これこそ差別的だ。男性が男性を殺すのは良いが男性が女性を殺す表現は駄目だとか、それに属性定義が難しい。男性同士の殺人であっても片方が日本人で片方がアメリカ人なら属性を持ってないから規制対象だろうか。双子であっても服が違うから駄目だとか、どうとでも言える。

第三に

加害行為がその作品のメインコンテンツであり、その描写によって快楽・興奮を得ることが目的に作られている」

これもまたどうとでも解釈できる。大体だ、その描写によって誰が快楽・興奮を得るのかが不明だ。推測するに筆者にしてみれば病的な嗜好を持つ読者なのだろうが、表現規制より悪質な思想規制がここにある。なにしろ読者が興奮すればすべてアウトにできるわけだが、虫オスがメスを組み伏せる交尾の動画に興奮する人間がいたらそれはアウトにできるのだろうか? アウトに出来るのならこれほど馬鹿げた話はないが、出来ないというのならそれは筆者の嫌悪感に基づく趣味嗜好の篩分けを是とする危険な考え方だ。「普通の人は虫の交尾に興奮しない」を後者定義としてセーフの条件にするならば、同様に「普通の人は陵辱物に嫌悪感を抱くので興奮しない」と出来るのだが、そこを捻じ曲げてアウトにしたいならば「こういうのに興奮する人がいるから」や「これだけは例外」など法に頼らない独善的判断でなくてはならない。

恐怖は抱いている限り消えない

仮に筆者の希望通りに陵辱物といえるもの規制され目につかなくなったとして筆者は満足するだろうか? 一時的には満足するかもしれないが、まず一度自分の願いが達成された万能感と高揚感、そして正義感は覚え続けることだろう。そしてそもそも筆者は女性性的対象とする作品に目をつけるだろう。なにしろ成人向け作品そのもの性的にかつ男性向けとしてあるならば、当然そこに映る女性純愛にせよ男性にとって都合の良い女性に違いない。それを筆者は不快だと言わないでいられるだろうか、それとも女性現実味のない都合の良い存在として描かれておりそういうのを好む男性がいるのだと不快を覚えるだろうか。私はきっと次の規制対象に選ぶだろうと推測する。

そうやって限りない規制を繰り返しついに女性性的に取り扱うことも差別的に取り扱うこともない輝かしい作品ばかりになったとしよう。筆者はようやく安堵するどころか、さら不安を募らせるのではないのだろうか。なにしろ事の発端はそういった陵辱物を好む男性がいることであり、そこに恐怖や嫌悪を覚えていたのであるたかが創作表現描写されている行為にすら嫌悪していた筆者が、果たして我慢できるだろうか。

人格改造か、去勢義務化か、男性の隔離か。筆者は妄言だと笑い飛ばしたいだろうが、筆者の考えの行き着く先はこうなのだと私は言いたい。筆者がなにかに恐怖を抱き続ける限り、目に見えなくなったからといって安堵することはないし、対象を滅ぼしたとしてもまだ生き残りがいるかもしれないと恐怖し続けるだけだ。

表現の自由規制に都合の良い制限などない

程々で良い、少しで良いなどという考えは行政や国といった単位に上がった時、当初の理念とは大きく外れてさらに巨大な制限となる。最近児童ポルノ法改正で様々な規制への波及を危ぶむ声が出ていたのは、つまり個人での裁量によるあれは良いこれはダメという基準法律存在しないということだ。

最初の話になるが、女子差別撤廃条約委員会は陵辱ゲームマンガの「禁止」を求めている。これを錦の御旗として掲げ、その通りだと禁止を呼びかけることはできるし、この先にそういった団体が動くことは目に見えている。だがその禁止が成った時に、一つの創作表現が失われることに筆者は恐らく何も抱くことはない。むしろ嫌悪するものが消え去って小躍りしたくなるだろう。だが筆者の語る所の病気である嗜好の持ち主たちは悲しむだろう。そんな奴らが悲しんだ所で筆者は何も困らないが、しかし筆者が趣味嗜好とするものが何らかの形で規制を受ける時、彼らは味方することはないしむしろ仕掛け人かもしれない。

筆者は自分が悲しむ対象になるようなことは無いと思っているだろうが、表現の自由に手をかけるとはそういうことだ。たか創作物というもの負の感情根底とした規制をかけられるということは、創作物以上に影響力のある現実的存在にも同様に手をかけられるということだ。筆者が好む筆者が健全で正しいと思う存在が、誰かにとって不快で汚らわしい存在でないと言い切れるだろうか?

目を瞑ることが肝心要

自身自由でありたいと思うのならば、他者自由も許容しなければならない。それは現在のこの国において公共の福祉という最低限度の規制を受けるが、それ以上に自分自身負の感情理由とする個人的要求を、同様の理由合致した他者と共謀して排除しようという試みは慎むべきだろう。現実に犯罪を犯せば処罰される。逆に言えば犯罪を犯さないかぎり自由であり、それを無理矢理に犯罪者に仕立てあげて住み心地を良くしようなどという考えを持つならば、あなたもまた誰かに犯罪者として告発され自由を奪われることを許容しなければならない。

世の中には不快と思えるものが多くある。しかしそれをすべて排除して生きたいというのは無理のある話だし、かといってすべて許容するのも無理な話だ。

しかコンビニ雑誌の表紙が不快ならば、あなたは見ないでやり過ごすことが出来る。 このエントリーをはてなブックマークに追加ツイートシェア

2016-01-05

もし大使館前に

もし在日アメリカ大使館前に民間団体原爆碑を建てていたら

もし在日ロシア大使館前に民間団体シベリア抑留被害者像を建てていたら

もし在日北朝鮮大使館前に民間団体拉致被害者像を建てていたら ※北朝鮮大使館は実際はないですが

やはりそれはすべきではないと思う

2015-12-29

慰安婦が今回の解決を受け入れられない理由

あの人達は「被害内容」も「解決と見なすハードル」もメチャクチャ高く設定してるンよ。


20万人がさらわれて性奴隷にされて敗戦時は虐殺されて私は辛くも逃れた生き残り」とか

「(慰安婦にしては若すぎるのは)1950年以降まで慰安婦やらされてたから」とか

過激証言を元に主張をまとめてる。


はてサの人ですら誤魔化せない場所では渋々認めるような

日本人慰安婦のほうがずっと多かった

・安くない給料もらってた

強制連行は嘘

というような基本的なことすら認めない立場


だって証言しちゃってるんだから引っ込められないんだよ。

お前ら嘘ついてたんかいって言われるから


これについては日本人も悪いんだよ。

強制連行って話のベース作ったのは日本人からね。

から「間違いでした」」「誤報でした」「わざとやったんじゃなくあくま誤報です」

「誰もが誤報と気づける状況になってから数十年認めなかっただけです」

とか言っていま朝日新聞はじめ無責任日本メディアが逃げてるわけだけど

それでハシゴ外されたのは慰安婦達だよ。


日本人

日本はかなり無理目な話のベースでも飲むぞ」

ってサインを送り続けて

それを受けた挺隊協のような民間団体も気を大きくして

慰安婦もっと言えもっと言えと過激証言を迫ってきた。


それで形勢悪くなって事実検証されたら朝日新聞が逃げ出し

日韓政府合意をされて

みんなでどんだけハシゴ外すねんて話だよ。

もうあの人達は「私達以外全員不誠実な嘘つき」と死ぬまで言い張って死ぬしかない。

彼女らの人生こそまさに時代犠牲だ。

2015-12-03

http://anond.hatelabo.jp/20151203234644

いや、研究開発って大学?だけがやってるわけじゃなくて

民間企業とか民間団体でもやってるんだよ…

2015-10-31

来年ハロウィンでは

民間団体が設置したテント、という趣の盗撮テントがあちこちで派生するに違いない。

2015-07-15

インターネットは誰が管理しているか? ほとんどの人間はこれを気にしない。

インターネットが普及して80年ほどが経過した。無線による生体ネット接続が通用し、網膜に映して必要情報を得ることが一般化した。

「昔の人間は、網膜情報なくしてどのように車の運転をしていたのだろうか?」なんて話題小学校生活の授業で登場する。

観光地官公庁の案内が、紙や吊るされた案内掲示板によって確認されていたという祖母の昔話に驚いた。

最近は微力な電力を提供することで、人間の動作の補助をネット経由で行なうことも多くなった。初めは介護施設試験的に創められ、今では街を歩くときに障害物などに対応して移動の補助を行ないうるようになった。すでに老人だけでなく、生体ネットを持つ者の多くが、この動作補助アプリケーションダウンロードして日々を送っている。視力眼鏡矯正した往時の人々と同様に、動作を矯正して正しい、より強い動作が可能になった。


かつてIPアドレスドメイン管理アメリカ民間団体であるICANNによって行なわれていた。インターネット利便性人間の身体性にまで及ぶようになった時、些細な、かつ歴史的に何度もあったような、単純な理由をもって、インターネット支配権をめぐる争いが起こった。その結果、新たな管理者が現れた、ネット管理している者の正体は複合的な国家それから委嘱された営利団体により巧妙に隠されて一般の人間には見えにくくなっている。そもそもインターネットは大変便利で使うに越したことは無いのだが、その仕組みを考えたり理解したりすることは、一般人には極めて困難だ。そしてネット管理者はその点を突き、管理者の意に沿わない人のネット接続をはじくようにした。ネット警察権と癒合したのだ。「犯罪者」は、ネットを外された瞬間、見事にぎこちなく、身体動作がガタガタになる。古典的表現で言うなら眼鏡や杖を外されるようなものだ。諸々の視覚情報も得られず、たくさんあるネット認証ゲートの使用もできない。

誰だかよくわからない管理者露骨にその支配権を表明し、強制的徴兵労働人民に課すようになった。逆らえばネット接続を外されてしまう。そうすれば生きてはいけない。ネットを梃子に人々はたやすく支配された。私はその状況を打破するために、1990年代後半に造られた「もう一つのネット体系」の復原を試み、ほとんど成功させた。直接のデータは紙媒体、それも感熱紙に印刷しており当局もそこまで情報カバーしていなかったことは幸運だった。ほとんど歴史学者みたいなことを続けて、私はwww寄生する形で改良を重ねついに実用段階を迎えた。


「通常」のネットがある日突然使えなくなった。既に私の研究当局に露見しており、ネット不正使用ということで逮捕されると網膜に通告がなされた。25分後に警察が到着するという。


私の家は中山といい、代々貴族家系で家格は羽林家(Urin‐ke)というレベルで中級の貴族だった。貴族制度などから恩恵を得る時代はとうに過ぎて、羽林家からといって何か得するわけでもない。一つ変ったことといえば、随身(Zuijin)として古代(Ancient)から忍者Shinobi)として仕える秦(Hata)という一族(Family)がいることぐらいだ。21世紀今日忍者なんて流行らず、一族最後の生き残りであるくのいちKunoichi珠洲子が一人仕えるのみだ。それが必要かどうかは措くが、彼女先祖からの知識や知恵や武術を高いレベル継承したという。私より4つ年上だから今年33になるのだろうか。栗毛短い髪に大きな二重瞼の瞳。顔の造形は美しく、飲み屋でよくナンパされるという。高い運動神経は美しい身体曲線をつくる。足首がキュッとした美脚を30代でも維持していることが自慢なんだよー、とよく私に話しかける。

珠洲子を呼ぶ。「…ここに」時代劇じゃないんだからそんな台詞言わなくてもいいのだが。裾の短い、くのいちの装束を身に付けた珠洲子が現れる。本当にくのいちはこんな格好してたのか? 謎だ。「君に生体接続を試みる。別種のネットだ。」「?」「私は拘禁される。…が君は逃げのびて、支配的なネット規制の現状を打破してほしい」「…かしこまりました」「仕組み、多分使えば慣れるはずだ」「…かしこまりました、任務ということでよろしいですね」「そうだ、任務だ」任務といえば逆らえないのが随身の定め。酷い話だが、彼女脱出させる唯一の方法だ。別れの際も、普段のように会話できれば良かったのだが。

機能が正常に動作し、「通常」のネットなしで彼女ビル群に飛び立つ。ほどなくして警察がドアを叩く。

2015-06-19

モンドセレクションという恥ずかしい賞

最近モンドセレクション金賞受賞などと銘打った商品が多数出回っている。

モンドセレクションというのは、ベルギー民間団体お金をもらって製品品質審査をしている。

コンクールではなく、定められた品質基準を満たしていれば認証が与えられるというもの

ある程度の品質保証は出来るかもしれないが、基本的には金で買える賞であり、こんな賞を全面に出して商品を売り込んでる企業って恥ずかしいと思う。

2015-05-04

第四 本件処分の適否

一 原告純粋政治犯罪人であるかどうかについて

1 さて、韓国特殊犯罪処罰特別法(以下「特別法」と略称する。)六条は、「政

党、社会団体重要な職位にいた者で、国家保安法一条規定する反国家団体

情を知りながら、その団体或いはその活動同調その他の方法でそれを助けたもの

は、死刑、無期、または十年以上の懲役に処する。」と規定している。そこで、ま

ず、前記認定原告行為特別法六条に該当するか否かについて検討する。

(一) 成立に争いない甲第三号証、同第八号証によれば、革命裁判所は、前記の

民族日報事件判決において、特別法六条にいう「社会団体」とは、同条の立法

旨が社会活動目的とする団体が、その組織性のゆえに社会に及ぼす影響力が甚大

であるため、そのような団体の主要幹部反国家行為を犯した場合に、普通人と区

別して厳罰に処しようとするものであることにかんがみ、およそ社会活動目的

するすべての団体がこれに含まれる、と解していることが認められ、また、証人

8、同yの各証言原告本人尋問の結果によれば、民団は、在日韓国人をもつて組

織する民間団体で、本国の国政を尊重し、在日韓国人の民生の安定と日本国および

日本人との親善目的として諸活動を営んでいる団体であることおよび民団本部

事務局長が同本部事務上の最高責任者であり、団長らとその執行部を形成する者

であることが認められ、右認定に反する証拠はない。してみれば、原告は、前記特

別法六条にいう「社会団体重要な職位にいた者」に該当する者と解するのが相当

である

(二) 特別法六条にいう「反国家団体」とは、国家保安法一条によれば、「政府

を僣称するか国家を変乱する目的構成した結社または集団」をいい、「政府を僣

称する」とは、法的手続によらないで、正当な理由がないのに、政府内閣組織

て、国家真正政府を詐称することであり、主として北韓かいらい集団北朝

鮮)がこれに該当し、「国家を変乱する」とは、国家組織基本的政治制度、すな

わち、国家基本的政治組織制度を法的手続によらず、不法に破壊し、変革するこ

とをいう、と解するのが相当である(廉政哲・新国家保安法解説五二頁参照)。ち

なみに、成立に争いのない甲第八号証、同第九号証によれば、韓国革命検察部およ

革命裁判所も前記特別法の具体的適用にあたり、北韓かいらい集団北朝鮮)を

反国家団体」に該当するものとして、事件を処理していることが認められる。

 この点について、原告は、社会大衆党民族日報社並びに日本社会党がいずれも

反国家団体である旨主張するが、これらの団体が、韓国政府を僣称するか、韓

国を変乱する目的をもつて構成された団体であることを認めるに足りる証拠はな

く、また、革命検察部または革命裁判所韓国政府当局が、そのように解している

ことを認めるに足りる証拠もない。

(三) しかしながら、特別法六条は、「反国家団体の情を知りながら、その団体

或いはその活動同調その他の方法でそれを助けたもの」と規定しており、ここに

同調」または「その他の方法で助けたもの」という概念あいまいであつて、ほ

とんど無限拡張解釈のできる恐れがあるが、前掲甲第八号証、第九号証によれ

ば、革命検察部および革命裁判所は、北朝鮮との平和統一、またはその前提として

平和交渉、経済文化交流等を主張する一切の言論活動をも、北朝鮮平和

勢、すなわち、間接侵略に相応するものであつて、その活動鼓舞し、またはこれ

同調するものであると解して、これに前記法条を適用していることが認められ、

他にこれに反する証拠はないから、この解釈に従えば、原告がeの死刑に抗議して

救命運動を行い、特に昭和三六年九月八日東日比谷野外音楽堂において開催し

ようとしたが民団中央本部幹部から政府運動とみられて妨害を受け流会にな

つた抗議民衆大会を計画し主宰したことおよび同日、e救命運動委員会をもつて、

国家再建最高会議々長P4宛の抗議文その他のメツセージ等を発したことは、その

内容が単に人道的見地からeの助命を訴えるというにとどまらず、それ以上に、e

に対する死刑判決が不当であること、さらにP4政権言論弾圧政策が不当である

こと、同政権非民主的非合法であること等をかなり激しい表現をもつて非難

ているのにかんがみ、当然に、言外にeの南北平和統一思想言論を支持して

いることが看取され、少なくとも間接的に南北平和統一を主張するもの、すなわ

ち、間接的にしろ北朝鮮平和攻勢という名の間接侵略鼓舞し、これに同調する

もの、或いはこれを「助けたものである、と解せられる十分の根拠があるといわ

なければならない。したがつて、原告の前示e救命運動は、特別法六条に該当する

ものと解するのが相当である

(四) 証人P8の証言により成立を認める甲第一八号証によれば、韓国刑法総則

三条は、「本法は大韓民国領域外で罪を犯した内国人にも適用する。」と規定し、

いわゆる保護主義採用しており、さらに同法八条は、「本法総則は他法令に定め

られた罪にも適用する。ただし、その法令特別規定がある場合例外とす

る。」と規定しているが、特別法には、この点につき特別の定めがないので、右特

別法についても、右刑法総則三条規定適用があることが認められ、他にこれに

反する証拠はないから原告の前示日本国内におけるeのための救命運動について

も右特別法適用を免れず、したがつて原告の前記行為は、特別法六条に該当し、

死刑、無期、または一〇年以上の懲役に処せられるべきものと解される。

2 つぎに、特別法六条に該当する原告の右行為政治犯であるか否かについて

検討する。

(一) 政治犯罪の概念は、講学上、純粋政治犯罪と相対的政治犯罪とに分け

られる。純粋政治犯罪とは、もつぱら政治的秩序を侵害する行為である。たとえ

ば、反逆の企図革命クーデター陰謀、禁止された政治結社の結成等、政治的

意味犯罪とされ、処罰対象となるものである特定の国の政治秩序を侵害

行為であるから、一切の国の政治的秩序を破壊しようとする無政府主義行為

これに含められない。)。相対的政治犯罪とは、政治的秩序の侵害に関連して、道

義的または社会的非難さるべき普通犯罪が行なわれる場合をいう。相対的政治犯

罪には二つの類型があり、その一を複合犯罪といい、他を結合犯罪という。前者は

単一行為であつて、それが政治犯罪と普通犯罪の両者を同時に構成するものであ

り、君主制破壊するために、君主暗殺するごとき行為である後者は、二つ以

上の犯罪であつて、それぞれが政治犯罪と普通犯罪構成し、両者が関連している

ものであり、君主制転覆計画に参加して、そのために放火殺人を行うごとき

である。そして、普通政治犯罪というときは、相対的政治犯罪を含む広義の概念

として使用される。

(二) ところで、前段認定の、原告行為は、前示のとおり言論文書または集

会による死刑囚助命運動であつて、これらが特別法六条に該当する犯罪とされる

のは、「大韓民国共産主義侵略から守る」(国家再建非常措置一条)という政

目的のために制定され、反国家団体活動同調、その他の方法でこれを助ける

という、韓国における特殊政治秩序に対する侵害行為処罰する前記の特別法

よつてはじめて犯罪とされるものであるから、これが政治的意味犯罪とされ、

処罰対象とされるもの、すなわち、純粋政治犯であることは明らかである

のみならず、原告の右行為は、前記のとおり、道義的にまたは社会的非難さるべ

普通犯罪とはなんらの関連もなく、また、わが国においては、およそ処罰対象

とならないものである。したがつて、特別法六条に該当する原告の前示行為は、純

粋の政治犯であると解するを相当とする。

3 以上によれば、原告純粋政治犯罪人であるというべきである

2014-06-16

http://anond.hatelabo.jp/20140616154401

適当養子でぐぐりゃいくらでも出て来るわ

つーか諸外国と比べて日本は引き取られる率が低いんだよ。お役所がやる気ないから

他の先進国じゃ施設に入れられても養親里親がすぐ見つかって引き取られる(だから施設に居る子の割合が少ない)けど

日本施設乳幼児のうちは養親探す事すらしない。

日本養子縁組殆ど民間団体によるもので、親が自力でそれらの団体を頼らない限り施設に放り込まれて放置から当然養子縁組される子が少なくなる。

2014-04-18

STAP糾弾

糾弾がある時に、

糾弾されている者の是非に目を向けるよりは、

糾弾する者がなぜ糾弾しているかに目を向けた方が事態を把握しやすい。

その為には先ず、

誰が糾弾主体なのかを捉える必要がある。

マスコミなのか、

マスコミ扇動する組織なのか、

利害が衝突する個人または組織なのか。

マスコミ社会的意義は語りつくされているけれど、

もはやそれは形骸化していて、

民間団体であるそれはもはや営利団体であり、

一番の目的営利だ。

マスコミ主体なのであれば、

多くは民衆にうけるから、売れるから糾弾する。

売れる為の糾弾を行う。

そして売れる為の糾弾について、

マスコミプロフェッショナルから

手法は極めてえぐいし、俗物的だし、シンプルだ。

その方が売れるから

難しくて、高尚で、ソフトものは売れない。

市場がそれを示してる。

利害の対立する者の糾弾であれば、

糾弾成功し、

相手方が叩き潰された時に糾弾者にどのようなメリットがあるかにスポットを当てると話が早い。

STAP細胞の例によるならば、

特許等の利権獲得か、

あるいは荒手の炎上マーケティングか。

小保方さんにとっては非常にタフな立ち振る舞いが必要だけれど、

炎上によって、STAPと理研の結びつきは極めて強くなった。

本当に理研のものなの?という議論を飛び越えて、

あれは捏造なのか、そうでないのかという二元論に持ちこめている。

手法としては非常によろしい。

単純に小保方さんから利権を奪いたいだけであれば、

少々興醒めするけれど、

おそらくそういうことはないように思う。

なぜならば、あそこで糾弾成功しても、

小保方さんの発見事実上残るから

特許彼女だし、ノーベル賞候補も彼女だ。

糾弾でぶち倒しても理研メリットが少ない。


マスコミ理研もめちゃくちゃに頭が良いからね。

多分だけれど、発表の時から現在の状況くらいまではシナリオに組まれていると思うよ。

・STAPはある

扇動の為に国民の注意を最大限惹きたい

海外の類似利権からこのSTAP利権を守りたい(小保方さんVS理研なんかよりもっと広い意味で)

要点は上記の3つで、あとの事はきっと瑣末。

関係者はえらい迷惑被っているかもしれないけれど、

お偉いさん達は大義の為に民衆アジってる。

数年前の理研特許申請、マスコミの動き方を見てるとそう思う。

2014-03-08

挺対協などの慰安婦訴状要旨 翻訳

●정대협 등의 위안부 고소장 요지 - 시스템클럽(挺対協などの慰安婦訴状要旨-システムクラブ)のGoogle翻訳

정대협 등의 위안부 고소장 요지

Google翻訳

読みやすくなるように改行した。

Name ジマンウォン

Subject 挺対協などの慰安婦訴状要旨

訴状

日本軍慰安婦被害者日本軍慰安婦」問題の解決のために活動している民間団体である韓国挺身隊問題対策協議会挺身隊対策協)とナヌムの家などについて虚偽の事実を流布する文を作成し、2005年4月13日から連日システムクラブホームページに公開して、名誉を毀損したジマンウォン刑事告発しようとする。

告訴人は121人の日本軍慰安婦」の生存者の中で海外に居住している被害者と公開を憚る被害者30人などを除く80人のおばあさん ​​たちとナヌムの家、挺対協である

我々はジマンウォン日本軍慰安婦被害者挺身隊対策協、分かち合いの家だけの名誉を毀損したものではなく、全国の各地域に住んでいる被害者の世話をし支援している市民集会や市民団体にも深刻名誉を毀損したことを確認させようとする。

 これ今日記者会見には、日本軍慰安婦被害者挺身隊対策協、ナヌムの家、従軍慰安婦お婆さんと一緒にする市民の会(大邱)、日本軍慰安婦」とされる統営、巨済市民の会、釜山市民の会と韓国女性団体連合韓国教会女性連合韓国女性民友会、韓国女性電話連合、全国女子大生代表者協議会など挺対協の21の会員団体が参加している。

 被告訴人は、自分の文で2つのことを主張している。

 (1)第一は、偽物と本物の日本軍慰安婦」があるのだが、その中でも中国から来たおばあちゃんは偽であり、需要デモにも出て日当を受けるなど、偽物が本物のふりをしているものであり、

 (2)第二は、挺対協とナヌムの家がおばあちゃんを利用して募金をしてお金横領しエングボルことをさせるなど、むしろ本当の慰安婦を困難に作りながら、団体利益のみを取りまとめてきたものである。 これらの被告訴人の文は、過去15年間、ひたすら、日帝侵略の下で日本軍性奴隷として酷使喫した慰安婦問題を解決し、日本帝国主義の真の謝罪被害者名誉回復のために頑張ってきた告訴人の名誉残酷に踏みにじる行為である

 何よりも、おばあちゃんを本物(20%)、偽(80%)で区切りながら、まるで何の正確な根拠資料があるひたすら割合区分し、おばあちゃんの名誉を深刻に毀損する行為を犯した。

   1。日本軍慰安婦ハルモニたちは、とても恥かしがり記憶さえしたくない過去を、日本の「慰安婦犯罪婦人科隠蔽 ​​が続いている状況では、過去を明らかにすることは本当に私たち歴史を上記し後世に残すために生きる道だと考えられ、歴史定義をために生きる道だと考えられ勇気を持って明らかに立って証言をした。「露呈」を通して勇気を得たおばあさん ​​たちはその後、個人の平安と手間のかからを拒んで水曜デモなど、国際会議での証言などを通じて、日本真相究明と賠償、謝罪を促す努力を今まで払ってきた。

    ○しかし、被告訴人ジマンウォンは文で本当の「慰安婦ハルモニたちは恥ずかしくて人々と接触していない奥まったところに住み、TVに顔写り込みを嫌って、一度も公開されたことがないし、逆に推論することで、まるでTVに出たり、需要デモなどに顔を見せて公開証言をしたおばあちゃんは、偽であると断定している。だけでなく、被告訴人は、最近TVで見られる慰安婦おばあさん ​​たちの中には、延世大がそこまで多くも見えず、健康にも非常に良い見え、声も元気な方がある」としながら、デモTVに出てくる人は偽と主張している。

  被告訴人の被害者に対する名誉毀損はここで終わらない。「最近TVで顔を照らしているおばあちゃんの中には中国から来た5人ほどのおばあちゃんたちもいるが、彼 ​​らは日本大使館の前に出ると引き換えに、一日に数千円ずつの日当を受ける」と主張し、中国から帰国したおばあちゃんが偽物だとしていている。

   ○「慰安婦ハルモニたちは皆若い年齢で工場就職するとし、勉強させてくれると、あるいはサルガマ重量を計るスケールで重量を量ったところで重さを量ると、時にはハーブ掘っが見知らぬ日本軍人に巻き込まれてトラックに乗せてて、日本軍慰安所に配置されて少なくは1年の間、多くは14年の間に日本軍によって監禁された状態で、兵士を拒否すると、暴力に振り回されながら、タバコの火で焼いられそう性奴隷となった。これらの経緯については、これまで多くの学者研究者が直接調査して採集した記録に残っており、政府のお届けの要求に応じて、慰安婦ハルモニたちが申告した後、研究者が直接聞いて周りの人から確認した証言集にその内容が明らかにされている。 すでに日本政府1992年7月6日旧日本軍韓国人日本軍慰安婦」の募集管理慰安所の設置の監督等に直接関与したと初めて公式に認めたし、1993年8月4日には、「慰安婦」の募集慰安所管理などに強制があったと公式に発表するまでにした。

   ○現在、毎週水曜デモに出てくるおばあちゃんは、告訴黄金株ソウル86歳、キル·ウォンオク(ソウル)78歳、イ·ヨンス(大邱)78歳、ダイオキシン金(ソウル)、92歳、ドアの筆記(景気光州)80歳、ベチュンフイ(景気光州)82歳、ハンドスン(景気光州)85歳、イオクソン(景気光州)78歳、川の日の出(景気光州)79歳、バクオクソン(競技光州)82歳、バクオクリョン(景気光州)86歳など10前後である

  これらはすべて日帝の下で慰安婦として言えない被害を受けた人々である日本政府真相究明と謝罪を促すために、高齢にもかかわらず、毎週水曜デモに参加し、若い学生たちに生きている歴史教科書がされていてくださって、時には日本修学旅行団、労働組合およびその他の国学者学生平和運動家などに歴史を証しする証人として参加している。

   ○また、若い年齢で、中国連行されたが、解放後、日本軍戦場にそのまま彼女たちを捨てて避難したため、お金もなく、道もわからない戦場にそのまま捨てざるを得なかった女性韓国中国が国交正常化がされていない状況で、故郷に帰ってたくても来られなかった方々 、韓中修交が行われた後やっと民間団体や個人事業家などの助けを借りてやっと故郷に戻ってくることができましたが、すでに若き日の生活はすべて根こそぎにされてしまった後、あった方たちの痛みにはものともせず、何の根拠もなく、そのおばあちゃんを日当を受けて水曜集会に動員された偽物だと主張している。

   ○このように、日本右翼でもない韓国人である被告訴人がおばあちゃんたちに「自発的な売春婦」という妄言健康に見え、偽の、中国からの輸入は、当該日当を受け水曜デモに動員された偽物などの表現を使いながら、被害者の胸に傷をつけ、名誉を毀損した。

  被告訴人のこのような主張は、おばあちゃんたちが直面している生活を貶めるだけでなく、お金をもらって動員された人々であると考えて水曜デモ主催してきている挺対協の水曜デモを主管している挺対協の会員団体市民団体の活動の道徳性を毀損し、一緒にしているおばあちゃんたちの名誉を毀損したことが明らかである。これ我々は、このような妄言には、法の決定的な審判が下さないと主張する。

  2。被告訴人は、挺対協とナヌムの家に対して「慰安婦を利用して募金をして募金したお金を分けて引けるない水曜デモに祖母を日当を与えて動員して、エングボルにして国際恥さらしをさせて通う「集団的に描写して挺身隊対策協とナヌムの家の名誉を毀損した。

  ○挺対協は37室の市民団体と個人たちによって1990年設立された連合である。その中挺対協の会員団体の一つだった仏教人権委員会は、挺対協の代表者会議でおばあちゃんたちが安定した居住空間がなく、苦労して住んでいるという報告を受けて、挺対協は運動を中心にして、仏教人権委員会がおばあちゃんの家を用意するという決議をした後の推進をすることになった。

  この意味同意した方々が、1992年6月に「ナヌムの家>建設推進委員会を構成し、仏教界や社会各界に呼びかけ、多くの方々が参加して京畿道光州にナヌムの家が建てられ、社会福祉法人設立されるまでに至った。ナヌムの家は、関連機関の厳格な監督を受けており、慰安婦ハルモニたちの住居施設として日本韓国日本の歴史に興味のある方と日本良心ある団体や個人が日本軍慰安婦」問題解決のための分かち合いの家訪問して歴史を学び、被害者証言を聞いて、奉仕活動を通じて、自ら問題解決の練習に参加することである。 ところが、被告訴人は、まるで告訴挺対協やナヌムの家が営利を図っており、祖母の福祉には全く気にしないず、このような商売のための水曜集会に中国に来たおばあちゃんたちに日当を与え続けて引いていくかのように描写している。

  ○特に告訴人挺対協、ナヌムの家の被害者を「エングボル」で掲げて募金をして、営利を追求と表現するなどの表現は、深刻な名誉毀損として、到底見過ごすことができないばかりか、もし国際社会にこのような被告訴人の話が日本によって悪用されることを考えると、本当に情けなくて絶望感がないはずがない。

   これは、被害者を卑下して冒涜するものであり、過去数十年にわたり「慰安婦」問題の解決のために努力してき挺対協とナヌムの家に深刻な名誉毀損をかけているのだ。 告訴人挺対協は慰安婦問題でどのようなお金ももうけていない。むしろ毎日の不足している予算でいくつかの国内外事業を展開するのに活動家たちの労働搾取しているのが実情である

   また、告訴人挺対協は、おばあちゃんたちにどのような形でお金を稼ぐということもなく、お金を払ってもしない。現在の我々の政府被害者に毎月100万ウォン余りの生活費支援するため、告訴人挺対協などが被害者お金支援する活動をしていない。

   ただし、その方たちが被害者であり、ほとんどが一人暮らし高齢者であり、家族存在しない死別するなど、孤独に苦しんでおり、若い頃の痛みが原因で多くの病気を持っているので、ボランティア接続訪問相談心理療法などの活動を通して、その方たちをサポートし、上にしてくれる活動をして来ただけだ。 慰安婦ハルモニたちの活動は、すべて本人が決めて行われます

   被害者の中では一生続きはお金現在の挺対協が推進している[日本軍慰安婦」の名誉人権のための戦争と女性の人権博物館]に出した方もおられ、また、他のお客様にもベトナム戦争で被害を受けたベトナム女性のためのビジネス平和博物館建設事業などにも高額を全快するまで言われた。

   こんな方に「エングボル」は本当に洗えない侮辱である。愕然とするだけだ。 加えて、被告訴人ジマンウォン私たちに与えられた名誉毀損は続いている。それをいちいち表示されていることさえも私たちには苦痛になって重く迫ってくる。 解放後60年となった。そして、日本軍慰安婦」問題が公開されたのも15年が過ぎた。解放後、半世紀の間、ひたすら恥ずかしさと残酷記憶のために胸に埋めてやってきたその悲惨な痛みの記憶を本当に苦痛ながら歴史のために証言して、雨や風がブナ日本大使館前で日本政府公式謝罪と賠償真相究明、歴史歪みの中断を叫んできたおばあさん​​たちの名誉をこれ以上誰も傷つけていないことを願って、もはやその方たちを傷つけることがないように願って、私たちはジマンウォン名誉毀損で訴えている。

   国家民族社会安全と安危のために、刑事法体系存在する場合は、誰よりも被告訴人が処罰されなければならない。ただの妄言であり、非常識な人のことだと恥部でせせら笑っ打って過ぎ去るには、被告訴人の妄言社会と次世代に、そして国際社会に及ぼす影響がゾーンだと思う。どうぞ法が生きていることと、法の厳しさを見せてくれて被告訴人を厳罰に処せられてくださることを訴える。

 2005。4。 など<80名> ナヌムの家·日本軍慰安婦」とされる統営、巨済市民の会·日本軍慰安婦」と釜山市民の会·挺身隊おばあさん​​と共にする市民の会(大邱)·韓国挺身隊問題対策協議会<5個 など<21挺対協の会員組織> ------------------------------------------

  1。告訴人たちの代表に対して 告訴に参加した80人のおばあちゃんは、アドレス名前と印が押されている模様である。さすがにすべてのおばあちゃんがアドレスを公開して参加したのか?これらのおばあちゃんの秘密は、これまで極秘だったことが分かる。今後、これらのおばあちゃんたちの名簿が公開されると、おばあさん ​​たちの立場が非常に困って質のはずなのに、なぜ区生まれの祖母を前に出すかという問題である

   もう一つは、このおばあちゃんたちが慰安婦資格チャーターネトヌン ​​ガの問題である政府社会団体の主張では、韓国人慰安婦規模が20万人とする。筆者を訴えた慰安婦80人が果たして20万人を表すか?筆者は強制的慰安婦20%、自発的慰安婦が80%ということを、シムミジャ祖母が調査した61人のサンプル調査を引用して発表しただけである。 このような状況で告訴をした80人ほどのおばあちゃんたちの主張は何ですか?「なぜ私を80%に属したとしたのか? "なのか、それとも「100%をなぜ20:80に分割した」のか?筆者は「日本軍慰安婦従軍慰安婦比率20:80とする」とシムミジャおばあちゃんの統計引用しただけで、告訴をした80人の祖母を80%に属すると言わなかった。偽物と実際に表現しなかった。しかし、なぜナソヌンガ?

 2。告訴要旨:6つの虚偽の事実

 (1)「偽物と本物の日本軍慰安婦」があるのだが、その中でも中国から来たおばあちゃんは偽であり、需要デモにも出て日当を受けるなど、偽物が本物のふりをしているのだ。何よりも、おばあちゃんを本物(20%)、偽(80%)で区切りながら、まるで何の正確な根拠資料があるひたすら割合区分し、おばあちゃんの名誉を深刻に毀損する行為を犯した」

 (2)挺身隊対策協とナヌムの家このおばあちゃんを利用して募金をしてお金横領しエングボルことをさせるなど、むしろ本当の慰安婦を困難に作りながら、団体利益のみを用意してきて国際恥さらしをさせて通う集団に描いた"

 (3) "本物の"慰安婦"おばあちゃんは、恥ずかしくて人々と接触していない奥まったところに住み、TVに顔写り込みを嫌って、一度も公開されたことがないし、逆に推論することで、まるでTVに出たり、水曜デモなどに顔を見せて公開証言をしたおばあちゃんは、偽物であると断定している」

 (4)最近TVで見られる慰安婦おばあさん ​​たちの中には、延世大がそこまで多くも見えず、健康にも非常に良い見え、声も元気な方がある」としながら、デモTVに出てくる人は偽物だと主張している」

 (5)「最近TVで顔を照らしているおばあちゃんの中には中国から来た5人ほどのおばあちゃんたちもいるが、彼 ​​らは日本大使館の前に出ると引き換えに、一日に数千円ずつの日当を受け取ると主張しながら、中国から帰国したおばあちゃんが偽物だとしている。 "

2013-07-28

慰安婦強制連行が無かったとしても認めて謝罪するべき

慰安婦強制連行が、実際には存在しなかったとしても、

日本は「強制連行があった」と認めて謝罪するべきだ。

そして、これは左翼的な、「韓国人が可哀想だから」みたいな理由ではない。

謝罪した方が日本国益になるという、愛国的理由からだ。


謝罪をしたら、日本国際的評価が下がってしまうと考えている人がいるが、

それは間違いで、寧ろ逆に国際的評価は上がる。

今まで、戦後何十年も認めなかった過ちを今になって認めて謝罪するというのはかなり評価される。

戦後すぐに謝るよりも評価が高くなるレベル


ヤンキーがたまに良い事するとめちゃくちゃ評価されるのと同じ理屈だ。



世界は、「今の状態」ではなく、「どの方向に向かっているか」で評価をする。



例えば、日本平和憲法があり、軍隊も無い為、平和戦争かでいうと、

世界の中でかなり「平和」に近い国だ。

対して、アメリカ戦争中で、世界一軍隊を持っており、

かなり「戦争」側の国だ。


しかし、ノーベル平和賞がもらえるのはアメリカである

これは、オバマ大統領が「平和」の方向に向かおうとしているからだ。


日本安倍首相が、自衛隊軍隊にしようとしており、海外で(中韓以外でも)批判されている。

仮に安倍首相のやりたい事が実現しても、アメリカ中学よりも「平和」に近いのにも関わらず、

なぜ批判されるのか。

それは、「戦争」の方向にむかっているからだ。


ここから先は、強制連行存在しなかったという仮定で話を進める。


謝罪をすると日本戦争で過ちを犯した悪い国だと勘違いされてしま

と言う人がいるが、それは間違いだ。

現在既に日本は、韓国人強制連行し、レイプしたという誤解がされている。

これは韓国人世界中で嘘を言ってまわっているからだ。


一部の物を知らない人だけでなく、有識者も騙されている。

ハーバード大学教授サンデルも「過ちを認められない国」

の例として、日本強制連行を挙げて講義する事があった。

海外の橋下関ニュース記事のコメント欄を見ると、

韓国人に騙されている外国人大勢いて、

大半の人が慰安婦を「組織的なレイプ」と捉えている。

嘘だと思う人は、reddit等を見て確かめて見るといい。


この状態を改善する為には、韓国人が嘘を言っているんだと反論するのではなく、

寧ろ認めてやって謝罪するべきだ。


そうすれば、日本戦争の過ちをしっかり認める事のできる良い国になったと評価をしてもらう事ができる。


ブコメ返信


namawakari

「狭義の強制性」が問題じゃないっつうのに。ああいったことに直接的・間接的に軍・国家が関わっている時点でアウトなの。/ずれてることすら認知できないのか…

dimitrygorodok

何でそこまでして強制連行だけに拘る?詐欺誘拐だって立派な罪ですよ?借金を盾に性交渉を強いるのも問題でしょ。

仮に、

慰安婦に国や軍が一切関与してなくて、詐欺誘拐民間団体勝手にやっただけ」

という、慰安婦否定派の主張が事実だと仮定しても、日本は謝罪をするべきだ。

ってのが俺の主張ね。

追記:一部分を太字にしました

2013-07-02

http://anond.hatelabo.jp/20130702111846

つ ヒッポファミリークラブ

広く成果が認められてるわけでもない一民間団体名前出してドヤ顔されても。宣伝

 

つか、言語を使っての会話なんて小学生でもできるやつは出来る。

母国語でもビジネスレベルで出来ない奴は出来ない。

小学生がそれまでの人生母語学習してきた時間は2500時間なんてものじゃないし、

程度を考慮しないで「会話できる」とか言われても困るし、

そもそも「学習時間」の話だから年齢の話をされても困るし、

「疎遠な言語の話者がビジネスレベルに達するまでにかかる学習時間の目安」と

ビジネス世界にいない母語話者がビジネスでの習慣・言葉遣いを知らない」こととは何の関係もないし

2012-09-30

なぜ怠け者が増えたのか?

近年小食率が著しく低下しているのには怠けグセの影響が少なからずある。

こうした社会問題考察する場合盲点になりやすいのがいわゆる精神論である

 

ではなぜ怠け者が増えたのか?それを一緒に考えてみたい。

 

少子化の影響で1人の子供の担う負担が増大したか

食生活近代化にともない栄養過多の食事が当たり前のものとなったか

テレビ漫画にド根性系のストーリーが姿を消しゆるいアニメが主体となったか

 

こうした三大理由がまず挙げられる。

 

ここで終わっては何も対策ができない。ではどうしたら酔いかを考えねばならない。

はっきり言って政治でどうこう出来るレベルの問題ではないことにいち早く気付くべき段階に来ている。

 

AV的な自分本位な享楽セックスから、生きる気力を与えてくれる愛のあるセックス通称power sex)へ

・国力を高めるためにも健康な食事はニューヨーク市の事例を学んで徹底的に弾圧し、民間団体においても圧力をかけていく

・ド根性系を求める潜在的なニーズを発掘すべく新たな基幹メディアネットワークを構築する

 

といったことが考えられるだろう。つまるところアイデア次第でどうとでもなるのである

問題はアイデアが出ても興味を持とうとしない膠着した企業体質にあるといえよう。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん