「茶色」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 茶色とは

2017-05-23

もてない男がまず始めること

長年の友人(男性)は、生まれから30年近く付き合った経験が一度もない。

彼女が欲しいと度々口にするので、不特定多数の人が集まる飲み会に参加する際に誘うことにした。彼は、すぐに承諾してくれた。

当日、待ち合わせ場所には彼なりの最大限のおしゃれをしてきていた。

まず、髪が茶色く染まっていた。社会人白髪染め以外で髪を染めるのはどうなのだろうかと思ったが触れないでおいた。

また、彼は眉毛を毛抜きで抜き、髭を剃り身嗜みを整えたと自信満々に言った。

私は普段の彼を知っていたから、この変化は彼が前進したということだと少し嬉しかった。

早速会場へ行こうと歩き出した彼の頭に、たくさんのフケがついているのを見るまでは。

2017-05-22

夏に向けての超簡単!あま~いレシピ大公開

まず上白糖を1カップお鍋に入れます

次にレモンを1/4カップ、水を1/4カップ入れ、中火にします。

味見をするなら、この段階で。

だんだんふつふつと気泡が湧いてきたら、弱火に。(これ以降味見をすると、酷い火傷をしちゃうから気を付けてね)

焦げないように時々かき混ぜながら12~13分……。

茶色、いわゆる飴色になってきたよ!

さあ、そろそろ何ができるかわかってきたね。

かき混ぜると小さな気泡が泡立ってビールの泡みたいなのができてくるよ。

泡が消えにくくなってとろっとしたな?と思ったら火を止めてね。

ここからいから気を付けて!

それをそーっと瓶に入れるよ。蓋がしっかりしま耐熱容器ならOK。でも入れた後も触らないでね。砂糖は加熱するとあっつあつ。

冷めるまで何をするかというと、アイスの棒を調達しよう!アイス食べる木のスプーンでもいいよ!(カップアイス買う時に2本くらいスプーン貰っちゃえばいいよ!泥棒だね!100均にあると思うよ)

ここからポイント。自宅になんでもいい、綿の古着はないかい?パンツでも良いよ。

ハンカチや、タオルでも良い。それを適度な大きさに切っておくんだ。

さあて、そんなこんなでさっきの瓶にアイスの棒を突き立ててみよう。どうかな?弾力ある?

トロトロだとちょっとまだ熱いのかも。カチカチだと失敗だぁ!瓶を湯煎して中身を取り出して水をくわえて煮なおしたらいいかも。

イメージでは飴細工で固まらない程度の固さかな。もちろん手で触れても熱くない。ぬるいくらいの温度がいいね

それじゃあ、本番だよ。まず肌にベビーパウダーを塗ります。そこにその飴らしきものアイスの棒で塗ってね。

さっき切った布を張り付けて、毛の流れとは反対方向に一気に剥がすよ。短い毛は抜けにくいかも。ちょっと伸ばすと良いね

さぁ、みんなでレッツクッキング!その後保湿を忘れずに★

2017-05-18

ハーフだけど就職面接ときに黒染めしなかったことで怒られた

ずいぶん前の話だが、就職面接で「なぜ就活するにあたって髪の毛を黒に染めなかったのか」と聞かれたことがある。

俺は母親白人のいわゆるハーフ。髪の毛は生まれときから通常の日本人より明るめの茶色で、このとき染髪していない地毛の状態での面接だった。

(言うまでもないが)DNAの半分は日本人のものであることから日本人的な特徴も持ち合わせている顔立ち。初対面では「もしかしてハーフですか?」ともしかしたら白人っぽい日本人なのかも……的なニュアンス質問されることも稀にある。

そういう経験から面接官は俺がハーフであることに気付いてないのかと思い、「父は日本人ですが、母が白人で……」と説明すると、

「いやそれは分かるけど、どうして黒に染めなかったの?」と少し苛立った様子の面接官。

一瞬意味が全く理解出来なかったが、どうもこの面接官は「就活をする学生はみんな髪の毛を黒に染める。=就活をする人は地毛が黒であろうとなかろうと黒染めしないのはマナー違反」と思っているらしい。

いや髪の毛を染めるのが就活する上でルール違反である(と認識している時代遅れが多い)訳なんだからたとえ黒でも髪の毛染めたら意味ないだろとか、日本人でも元々髪の毛が真っ黒じゃない人はいるだろとか、このグローバル化社会の真っ只中でよくそんなこと言えたなとか、いろんなことが頭の中をグルグル回っていきついた結論は、「もうこんな会社入りたくないし、この面接官を困らせてやろう」というものだった。

初めは おっしゃる通りですね!たとえ地毛が何色であろうと黒染めするのがマナーでしたね!日本人の髪の毛の色は黒がスタンダードですからね!と露骨ゴマすり。面接官はしたり顔。

じゃあ、私のこの高い鼻も日本人スタンダードではないので削らなければなりませんね!今度手術して参りますので!あ、この身長日本人の平均より高いので低くしなければなりませんね!いくらくらいお金かかるんだろうなぁ(笑)露骨に煽ると、いやそこまでは言ってないと焦りだす面接官。

え?でも日本人の大多数と違っている部分があると駄目なんですよね?地毛の色が黒じゃなくても黒染めしなければならないってことはそういうことですよね?と詰めると、もう結構です……と面接官。

気がおかしい奴と思われただろうか。そう思いたければ思えばいい。それでも、俺たちは違いを認めない奴と戦わなければいけない。人種性別趣味嗜好を理由に辛い思いをする人のいない社会にしていく使命がある。

余談ですが、結局俺はその会社よりもランクが上のホワイト企業就職しました。

2017-05-16

浜松町駅にある社畜トンネルについて

浜松町駅から品川区方面に向かって伸びる半透明の茶色社畜トンネル

定時になると他人が流れるのでホワイトだなぁと現場移動しながら思う。

http://anond.hatelabo.jp/20170516153506

黄色なら脂質かなって思うけど茶色ってなんだろうね

あと、労働安全衛生法かに書いてあった気がするけど、清潔の保持は労働者義務だよ

1週間風呂に入らなくても平気って人いたけど…

ウチの会社の同僚、月一しか風呂に入ってない、しか電車通勤…。

服も下着も変えないから、白いシャツ茶色くなっているよ。

2017-05-14

母に電子辞書を買い与えてみた

12日のことである

母にはいつもテレビクイズ番組で知らない言葉を覚えてはそれをティッシュの箱だかに書いておき、翌日辞書を引いて意味を調べ、納得したのをノートに書き溜めておくという癖があった。

その辞書は私が物心いたこからある古いもので、紙は日焼けして茶色に、カドにはめくり癖がついて浮き上がっているという代物で、老年の母はそのちっさな字を老眼鏡を掛け目を細めながら一所懸命に読んでいた。

そんな折、そういえば母の日だなぁと思い、母に電子辞書を買い与えてみることにした。

翌日、会社から帰ってみると、電子辞書を片手に英会話を嗜む母が台所に立っていた。

2017-05-12

ビニール傘なんてどれも一緒でしょ。」じゃねえんだよ

最近はやりの「傘や自転車を盗む人には罪悪感がない」という話。

やられた側は非常に嫌な気持ちになっているのにやった側はなんとも思っていないというクソみたいな話の代表例みたいな感じで非常にムカつくわけですが、そういえばそうだよなって思った話があったなと思う。

それは会社から退勤したときの話。

僕が会社の傘置き場から自分の傘を探しているときに同僚が放った一言

ビニール傘なんてどれも一緒でしょ。」

そうじゃない。そうじゃないんだ。

僕はビニール傘セブンイレブンの傘以外ありえない。

よくわからない店で買うとちょっと落としただけですぐ骨が曲がる。

安い傘はサイズが小さく濡れやす

だいいち汚ったない傘は茶色く汚れている

どれも一緒だから適当にもっていけば良いんじゃない?

じゃねえんじゃ。

ビニール傘なんてどれも一緒でしょ。」じゃねえんだよ

最近はやりの「傘や自転車を盗む人には罪悪感がない」という話。

やられた側は非常に嫌な気持ちになっているのにやった側はなんとも思っていないというクソみたいな話の代表例みたいな感じで非常にムカつくわけですが、そういえばそうだよなって思った話があったなと思う。

それは会社から退勤したときの話。

僕が会社の傘置き場から自分の傘を探しているときに同僚が放った一言

ビニール傘なんてどれも一緒でしょ。」

そうじゃない。そうじゃないんだ。

僕はビニール傘セブンイレブンの傘以外ありえない。

よくわからない店で買うとちょっと落としただけですぐ骨が曲がる。

安い傘はサイズが小さく濡れやす

だいいち汚ったない傘は茶色く汚れている

どれも一緒だから適当にもっていけば良いんじゃない?

じゃねえんじゃ。

2017-05-10

今日多々良川

曇ってたか甲羅干しの亀いなかったし、

増水してたからサギもいなかった・・・

橋を渡る間だけだけど一生懸命目をこらして探したのに何も見つけられなかった・・・クスン

あっでもかわとは関係ないけど路地裏の細い道歩いてたら塀の上に茶色の猫が二匹いたよ

チッチッチっていったらすぐ逃げたけど

2017-05-09

http://anond.hatelabo.jp/20170509040445

好きなように書きつつ くだらねえ釣りを冒頭にうんこらしょと茶色いまま乗っける

そこは妥協 嫌ならひっそりやればいい

はてなブコメは見ての通りアレなので 俺はむしろ妥協しない方がいいと思う

ポツポツ気に入った人が見に来てくれる場所にしたらいい

ただし 何にも打ち込んでなけりゃ普通の飯食ったり遊びに行ったりなんて価値ゼロ

そこだけは自覚してると思うけど

2017-04-30

まれつき茶髪の話と田舎の闇

他のエントリを見て思い出したので。

私は生まれつき髪が栗色というか、赤毛というか、茶色い。

田舎だったので小学校中学校は少人数でほぼ同じメンバーということもあり、特に悪く言われずに育った。

15歳、公立女子校高校入学

(公立なのに女子校?と思われるかもしれないが、私の住んでいた県はある程度の偏差値以上の公立高校は大抵男女別学なのだ)

しかしそこまでの進学校でもないため、自主自律という気風ではなく校則が厳しかった。

1年生の3月卒業式リハーサル後にそのまま体育館に残された。

「お前、その髪の毛どうした」。

ほとんど会話もしたことのない生徒指導担当が睨む。

まれつきだと説明するも信じてもらえず、私はわんわんと泣いてしまった。

その時は私があまりに泣くから「いや、退学になるとかじゃないから…まあ本当に地毛なら仕方ない」と解放された。

その半年後、2年生の夏。

月に1度の頭髪検査(パーマしてないかピアスしてないかチェック)の後にひとり残された。

先日とは違う、女性のめちゃくちゃ怖い体育教師に髪の色を詰められる。

まれつきなんですが、と話すと

「生まれつきかどうか、真実関係ない。その頭でうちの制服を着て歩いていたら、外部の人は〇〇高はそういう学校なのねと判断する」と冷たく言われた。

ええ…と思いながら、震える声で「エクステストレートパーマをしている子もいますが、その子たちは生まれつきのように見えるから規則違反であっても何も言われないんですね」とこぼしてしまった。

失言だった。

体育大卒彼女は鬼の首を取ったように、

「じゃあその友達名前を言ってごらん!あんたが告げ口したって言わないから!」と捲し立てた。

周りには他の教師もいたが、誰も何も言わず目を伏せていた。

体育教師地位が高い高校だったのだ。

私は答えられず、泣いているうちに授業時間になってしまい、なし崩しに保健室に行かされた。

私の成績は学年トップだったし、生徒会だってやっていた。それでも他の先生達は何も言ってくれなかった。

流石にその件は父親が来校し、担任と話して「生まれつきの赤毛」ということで処理された。

学年にもうひとり生まれつき茶色い子がいたが、その子は「色々言われるの面倒だから」と黒く染めていた。

1学年下にヨーロッパ系のハーフの子がいて、入学した時は栗色だった髪の毛も

信じられないことにいつのまにか黒くなっていた。

私はそれに倣えなかった。

父の抗議のおかげで「指導」がなくなっても、ふつふつとした憤りを抱えて受験勉強していた。

進学校でそれなりに必死こいて、なんとか現役で早慶に受かり、大嫌いな田舎を後にした。

もう10年も前のことだし、特定されても支障はない。

北関東高校で体育を教えていたA先生、私は今でも覚えています

2017-04-18

知らない人に100円あげた話

会社の昼休み定食屋へ向かって駅前を歩いていると、中年くらいの女性が道行く人に声を掛けていた。

マスクを付け、いやに汚れたコートを着込んでおり、遠目にも怪しい感じがする。何かの勧誘だろうか。

当然のように、みんな無視している。

私も絡まれるのは面倒だし、昼休みも短いので足早に通り過ぎたが、後ろから

「〇〇(バス停名前)までの運賃分かりませんか?」

と言っているのが聞こえた。

どうやら勧誘では無いらしい。というか普通に困ってる?

気になったので、一応話を聞いてみることにした。

話し方がたどたどしく、要領を得なかったが、どうやら買い物をし過ぎて帰りのバス運賃が足りるか不安らしい。

家に帰るような口ぶりだったので、料金くらい分かっているのでは?と思いつつ、スマホで調べていると、

障碍者手帳を持ってるから安くなる」と横から言われた。半額になるらしい。

手持ちがいくらなのか尋ねると、茶色封筒を取り出した。小銭がたくさん入っている。

一緒にお金を数えてみると、90円足りなかった。

近くに交番があるので、そこで事情を話せばお金を貸してくれるかな、とも思ったが、手続きとか面倒そうだし、警察に預けるのも何だか可哀相な気がしたので、100円あげることにした。

もの凄い勢いで感謝されたが、結構時間が掛かってしまったので、適当にあしらって別れた。

買い物をするために、近所のバスを利用するのにもお金が掛かる、という当たり前の事実と、周りの人に無視され続けていた彼女の姿を思って、少しだけ悲しくなった。

2017-04-16

近所の公園によくいる鳥

茶色くてくちばしがオレンジのやつ。調べたらムクドリだって名前は聞いたことあったけど、あいつらがムクドリだったか

白黒のテテテテテッて歩いてるやつ、ハクセキレイだって

前に見たオレンジの綺麗な鳥はジョウビタキだったんだろうか。

2017-04-13

クマブログをやる時代

「ああ、やるよ、クマ最近クマネットぐらい嗜むって。あんたら若いのに、そんなことも知らないのか」

僕はその言葉を聞き、先輩と二人で青くなった。

話は二週間前にさかのぼる。僕は先輩と仕事帰りに安い居酒屋で飲んでいた。先輩は仕事面では頼りになるが、飲むといい加減なことしか言わない人だ。赤い顔をした先輩は、僕にスマホの画面をよこす。そこにはあるブログの画面が表示されていた。

「これ見てみろよ、クマだぞ、クマクマのくせにブログアドバイザーって、笑っちゃうよな。人間様がクマに教わってブログ運営なんで、二宮金次郎ビックリだな!」

二宮尊徳は薪を担いでいた人ですよ。クマ関係あるのは、金太郎のほうでしょう。まったくもう、そろそろ帰りますよ」

先輩は僕の言葉無視して、だらだらとつぶやく

「いいなー、クマ。巣にこもって一日中ネットやるってさ、最高の生活だよな。ーーああ、なんだか腹が立ってきたぞ」

クマクマって、これは擬人化というか、ただのイラストじゃないですか。実際にクマブログやっているわけがないでしょう」

「よし、決めた! 今度の土日は暇だよな。俺もお前も彼女いないし。山に行ってクマ退治しよう! ちょうどいい塩梅に、親戚にマタギがいてさ、人が足りないって話を聞いたんだよ。よし、頼もう! クマのくせにネットやるなんて許せないぞ!」

話は今に戻る。先輩の親戚だというマタギ先生は、変わった形をした銃ーーP90という、特殊部隊等で使われる短機関銃らしいーーを僕と先輩に寄越した。

「気ぃ付けなや。最近クマは強えぇぞ。いいもん食ってるからな」

先生はどっしりとあぐらを組みながら、呵々と笑った。先生の歯はほどんど抜けている。

先生の話によると、最近クマ市街地に住んでいるらしい。山岳まで開発の手が及んだ影響が大きいが、エアコンの発達により、冬でも冬眠せずに生活できるようになったことが移住の決め手になったそうだ。クマといえども生き物だ。食べなくては生きていけない。街での生活にはお金がかかるが、クマ人間に混ざって働くわけにはいかない。

クマが目を付けたのは、インターネット世界だ。インターネットではお互いの顔は見えない。手間も時間もかかるし、頭を振り絞る必要があるが、インターネットを使えばクマ必要生活費ぐらいなら稼ぐことができる。

「……ええっとですね、せんせい? 説明の途中で申し訳ないけれど」

ターゲットの家に向かう車の中で先輩が震えながら、先生に尋ねる。人のことは言えないが、銃の持ち方がサマになっていない。

「どうした。わからないことがあれば、何でも答えるぞ。もっとも、聞いたところで死ぬ奴はすぐ死ぬけどな!」

ひぃと、先輩は小さく悲鳴をあげながら、それでも質問を続ける。

「聞いた話をまとめると、特段人間様に迷惑をかけているわけじゃないですよね。退治なんか止めて、そっとしておいたほうがいいんじゃないでしょうか……」

馬鹿野郎、野生を忘れた獣は獣じゃねえよ。クマクマ人間人間。獣が人様と同じ暮らしをしちゃいけねえ。野生を思い出させるために、俺らマタギ市街地に押し入って、クマをとっちめるのさ。ーーおい、着いたぞ」

そこは一見普通マンションであった。ーーとてもクマが住んでいるようには見えない。車を鍵が付いたまま玄関に止めると、先生を先頭に階段を駆け上がり、目的地に向かう。クマが住む部屋の隣の部屋のドアをピッキングで開け、侵入し、ベランダに出る。そしてターゲットが住んでいる部屋のベランダに忍び込み、様子を伺う。中の様子はカーテンが締め切られており、よくわからない。

「おい、構えろ」と先生が呟いた後、先生の合図に従って僕らは窓に向かって銃を乱射した。銃の取り扱い方の訓練は軽く受けていたが、本番とは違う。僕と先輩は悲鳴に近い大声を上げながら、必死に銃を撃つ。

撃ち始めてからしばらく経った後、「もういいぞ」と先生が言った。中の様子は変わらない。とりあえず中に入るぞと、先生ベランダから家の中に足を踏み出した途端に、衝撃波が頬を裂いた。横を見ると先生がいない。空を見上げると吹っ飛ばされる先生の姿が見える。僕は幼児向けのアニメ番組正義の味方パンチ一発でやっつけられる悪役の姿を思い出した。

「お前ら、なにしに来たクマ……!!!

そのクマは巨体だった。全身が茶色の毛に覆われおり、ところどころ弾がめり込んでいるが、攻撃が効いている様子はない。獣の筋肉を震わせながら、眼光鋭くこちらを射抜く。

「ああ、お前達が銃を乱射したせいで、家の中がめちゃくちゃになってしまったじゃないクマ! あれもこれも! 朝食のフルグラも! ブログネタのため買った本も! ああ、パソコンまで! これから会社に行かなくちゃならないのに、どうしてくれるクマ!!!

人間に混じって働くクマもいるんだなと、はじめて僕は知った。

「あああ、寄るな寄るな、寄るなーーー!!」

先輩が銃を放つ。クマは動かない。先輩の放った銃弾は全て筋肉で受け止められる。クマは先輩の姿を冷ややかに眺めている。

「なにしてるクマブログアドバイザーである僕には、銃なんて効かないクマよ」

ブログアドバイザー? な、なんだよ、あのブログクマじゃないか。な、仲良くしようぜ、な。お互い長生きしたいだろ? 健康のために、運動瞑想野菜350グラム毎日欠かさずって、えええ!?

先輩の言葉を待たずに、クマラッシュが先輩の全身を撃ち抜く。目にも止まらぬ拳で先輩をボロ切れにした後に、先輩の頭をつかんでは振り回し、空へと放り投げる。さきほどの先生の飛翔より、距離は出ているようだ。

「その睡運瞑菜とか抜かす奴に、僕のブログがどれだけケチ付けられているか、知らないのクマかな。ところで、お前」

クマの巨大な黒目がこちらを見る。腰を抜かした僕は、立ち上がることすらできない。

「この落とし前、どう付けるつもりクマ……!!」

僕は目を閉じ、合掌した。僕の無謀な冒険は、ここで幕を閉じる。二度と幕が上がることはないだろう。ああ、野生の力はおそろしい、おそろしい。

2017-04-12

あると便利すぎる調味料

http://anond.hatelabo.jp/20170412001132

増田さんフォローありがとうございましたっ

本当は最初増田に書きたかったのだけど、あえてやめた内容。

何故かと言うと、ある日自分料理が美味しくないと感じた原因が、便利だからといってこれらばっかり使ってたら風味に飽きてしまっていたことだったから。

それくらいてっとり早く美味しくなるけど、そればっかりだと飽きる、というかそのうち胸焼けしてくるから注意ね。

めんつゆ

いわゆる和食の万能調味料

めんつゆとしてももちろん、肉じゃが、魚の煮付け、すき焼き鍋焼き焼きうどん親子丼カツ丼天丼牛丼など、とにかくなんにでも活躍する。

あとで紹介する粉末だしの素三兄弟と組み合わせることで、和風洋風中華風、といくらでも味を変えることができる。

ただし、どの料理も全部茶色い。とにかく何を作っても茶色い。せっかく三品作って食卓に並べても全部茶色い。今でも夢に出る。

味ポン

水炊きといえば格好がいいけど、鍋に水張って食材茹でただけでも美味しくしてくれるポン酢

さらフライパン一つで何でも炒めて、お皿に盛ったあとにかけるだけで何でもさっぱり食べさせてくれるポン酢

肉を塩コショウで焼いただけのものでもポン酢をかければ飽きずに完食できる。

一人暮らしの時あまりにも楽すぎて、こればっかりローテーションしてたらある日理由もなく涙が止まらなくなった。

ゴマダレ

サラダにかけてよし、麺類にあえてよし、肉に付けてよし、とにかくちょっとこってりしたい時に便利。

さらラーメンに入れたりカレーに入れたりと、隠し味としても万能。

病みつきなほどうまいけどカロリーやばいサラダで太る。

・みそ

味噌汁最強。

具材なんでも突っ込めば野菜でも肉でも魚介でもキノコでもうまい

お椀一つに生きていくために必要栄養素を全部入れることができる。しかも温かい

それ以外にも炒め物の最後に加えればコクが出るし、野菜スティックにつけても楽ちん。

ただし凝るとやばい。沼。散々取り寄せて最後自家製

ほんだし

コンソメ

鶏ガラ

粉末だしの素三兄弟

煮物スープにかぎらず、炒め物にも隠し味程度に入れると風味がそれっぽくなる。

それぞれ、和風ならほんだし洋風ならコンソメ中華風なら鶏ガラ

味のニュアンスを変えたいときは組み合わせても面白い

ただし、使い続けてくるとだんだんと物足りなくなって量が増えてしまう。

そうして気がつくと、旨味ではなくえぐみに感じられるようになってしまい、何を食べても同じ味にしか感じなくなる。

そうなるとまずチェーン店での外食不可能。町の中華料理店の前を通るだけで胸焼けがするようになる。

結局最後自分で取ることになって、干し椎茸からブイヨンからなにから鍋に何かしらの液体が24時間入りっぱなしになる。

それで辿り着いたのが酢。

酢って面白くて、少し入れたくらいだと全く酸味を感じることが出来ない。それなのに余計な匂いを消して全体の味をぎゅっと締めてくれる。

味見して何となく眠い味だなって思ったら、味見しながら大さじ一杯ずつくらい入れていくとこれだ!っていう瞬間が必ずある。

今では鞄の中にマイ酢が欠かせない生活。この店眠いなって思ったら酢。

黒酢とかワインビネガーはでしゃばりすぎ。絶対酢。やさしいやつもおすすめ

まり何事も程よく便利がちょうどいい。

みんなも料理を楽しんでね!

2017-04-11

雪国のど田舎から都会に来て思ったこと

もう冬も終わり、東京に来て7回目の春を迎えたので箇条書きで書いていく。

出身はお米が美味しくて雪がいっぱい積もるど田舎です。

2017-04-05

犬としか言いようがない犬が好きなんだ

鼻がツンとしてて立ち耳で何考えてるかわからない目をしてて茶色い毛並みで首がボッサボサで腰がすぼまってて適度にもさもさした垂れ尾な感じの。

適当雑種がそういう感じに収束してるように見えるんだけど、血統同士の仔をよける言葉がわからなくて調べられないんだ。

悲しい。

女だけどAV女優乳首って漂白されてると思うの

なんかみんな薄ベージュ色してない?ミルクティー色って言うのかな。あんな色の人ばっかりなのおかしいと思うからなんらかの方法で色を抜いているんじゃないかと思っているのですが。

そんなことが可能なのかも分からない。それとも私の乳首茶色すぎるだけであの薄ベージュ色の方が一般的なのか?

単身ですべての印象をひっくり返すうんこ凄い

茶色ってうんこ色とか言って嫌われてるけど

茶色よくね?

茶色柴犬かわいい茶色うさぎかわいい

もっさい黒髪女より垢抜けた茶髪女の方がなんだかんだで印象が良い

カレーハンバーグとんかつ、美味い

食パンは表面が茶色くなるまでトーストするのが良い

木材にはあたたかみがある

茶色最高じゃないかうんこ許すまじ

好きな色は茶色ですって言ってもいい世の中になればいいのに

2017-04-03

つれづれ

クラリネットだった彼はトランペット転向した。

彼のトランペットの音は木管楽器のようだった。張りがあって鳴り響くというより、アンティーク雰囲気を思わせる、コトコトと響くような、そういう音だった。

彼のことが好きだった、そして彼もわたしを。

彼は透き通るように肌が白くて、キメが細かくて、茶色くて深い目の色をしていた。もちろん他校にはファンクラブがあった。肌のキメの細かさをわたしが知っている理由は、何度となく彼に触れたから。何度も。

大学の先輩と後輩の関係から自然に話すようになった。自然に。休みの日に2人で出かけるようになった。ただ喋っているだけ。渋谷のあの、真ん中にピアノが置いてあるドトールで、何時間も話をした。お互いの家族の事、今まで歩んできた道、これからのこと。「思っている事が思っている通りに伝わる」相手だった。何時間でも一緒にいられた。彼は文学少年ではなかった。表象を、学ぶ学生だった。当時のわたしに「表象」を理解しようとする余裕はなかったけれど、彼の言葉の選びかた、表現のしかた、惹きつけられるものがあった。気取っているわけではないのに、彼の言葉と音には、確実な鈍みのある輝きと重さがあった。

どうしてこんなに楽しいのだろうね、と彼にメールをした。自由が丘ケーキを食べに行った帰りに。彼からの返信は、「もう付き合った方がいいんじゃないかと思うよ」だった。でも彼のその返信は付き合うきっかけにはならなかった。

ある日の夜、わたしの身の上にひどく悲しいことがあった。どうしようもなく家族が壊れてしまいそうな出来事だった。彼の顔が浮かんで、そうしたら彼がやってきた。ハーゲンダッツアイスクリームを持って。わたしたちは何も話さずに、朝までただ部屋に座って過ごした。字の如く、彼はただそこに居てくれた。

わたしの自宅に変な電話がたくさんかかってきて、夜中の変な時間に男の人が訪ねてくるようになったときに彼はいった、しばらくうちにいてもいいよ、と。彼はお兄さんと暮らしていたので広いお家に住んでいた。彼のおうちで一緒にエントリーシートを書いた。2ちゃんねるフラッシュ紅白を見ながら。35歳を過ぎてもお互い独身だったら結婚しようか、という話をしながら。ベッカム試合ときに奥さんのパンツを履いているらしい、という話をしながら。ふと浮かんだどうしようもない事柄についてずっと話を掘り下げていくのが好きだった。そうしながら、わたしたちはお互いが大好きであることを確認しあった。

20歳そこそこだったわたしたちは、お互いの「好き」を疑いもなく異性としての愛情だと信じていた。でも少しずつ違和感を覚え始めた。我々は彼氏彼女になるべきだろうか、という話し合いがその後数日続いた。男性、としてとらえると何かが違う気がした。大好きなのに、違う気がした。どちらかが前向きになるとどちらかが後ろ向きになって、彼と意思がずれる瞬間はその度にとてもわたしを苛立たせた。

それから彼とは会わなくなった。会えなくなった。メールはするようになったけれど、我々がどうあるべきかについては問わなくなった。様々なSNS流行るたびにわたしたちは必ず繋がっていたけれど、ときおりお互いの近況にコメントをしたけれど、でもわたしたちが会わなくなった理由言及する事はなかった。

数年後、彼は文章を書く仕事に就き、わたしの知らない人と結婚し、そして東京を離れることになった。いよいよ東京を離れるときに、わたしたちは会った。薄暗い、カフェだった気がする。渋谷の。

彼に最後に会ってから10年が経とうとしている。メールはする。Facebookでも繋がっている。彼はいま3人の子供がいて、わたし結婚した。とても幸せ

わたし誕生日は彼がとても人生で重きを置いている出来事が起こった日でもある。彼は仕事を通じてもそのことを掘り下げている。でも彼はその日には決しておめでとうとは言えないことをわたしは知っている。でもどうか、どこかで頭の片隅に浮かんでいればいいなという期待をしてしまう。毎年の夏に。

いつか彼にまた会う事があったらあのとき若い2人のことについて話してみたい。我々の正解はこれであったのだろうと、彼と合意をしたい。ドトールコーヒーを飲みながら。そして言い合える日がくればいい、いまも大好きだと。

2017-04-02

弁当おっさんの恋のその後

<前回までのあらすじ>

35歳の弁当作ってるおっさんが、

一緒にランチ弁当を食べる職場の25歳の女性に惚れた。

彼女が異動になることになり、送別ランチと称して

今週は互いの弁当交換とかしようという話になった。

http://anond.hatelabo.jp/20170326185400

ーーー

弁当交換の毎日死ぬほど楽しかった。

彼女は「男性好きな物って考えると茶色ものばかりになりますねー」

と笑いながら、唐揚げハンバーグの入ったお弁当を作ってくれた。

普段揚げ物やらないと言ってたのを俺は思い出していた。

俺は俺で、どうにか気を引きたくて

フランスパンを半分使った超巨大サンドイッチや、

パクチー大好きと聞いてたので、パクチー尽くし御膳とかを作った。

毎回毎回、彼女ちょっと大げさなんじゃないの?

というくらい喜び、笑い、美味しそうに食べてくれた。


同じ趣味の者同士だけが共有できる楽しい時間

この時間がもう終わってしまうんだなあと思えば思うほど胸が苦しかった。

会社キモいセクハラ親父と言われるかもしれないけど、

思い切ってご飯に誘うことにした。


ご飯の約束は、俺の不安をよそにあっけなくOKだった。

金曜日は予定が入ってるんで、土曜だったらどうですか?」

彼女からリスケ提案をもらい、土曜日食事に行くことになった。

俺は目黒の少し高めの焼き鳥屋を予約した。

お店にほぼ時間通りに来た彼女は、しっかりメイクをしていて

いつもより更に可愛らしく、目眩がしそうだった。

出てくる焼き鳥も素晴らしかった。さび焼きは、絶妙レア具合。

手羽先は香ばしく、せせりはしっかりとコリコリしていて、

レバーはとろけるようだった。

始終彼女も「人生でこんな美味しい焼き鳥を食べたことがない」

「今までの焼き鳥が違う料理だと思ってしまます」と破顔しっぱなしであった。

お酒も4杯目のおかわりに入り、料理もそろそろ〆ようかという頃

彼女がこちらを向いて切り出した

今日増田さんにずっと言いたいことがあったんです」

しばらくの沈黙

「え?なになに?」

と軽く返事を返しながら、俺は内心めちゃくちゃにドキドキしていた。

「私、営企のIさんとお付き合いしてるんです」

営業企画課(営企)のIは、4年前の新入社員

俺がメンターをした男の子だ。

性格は明るくて素直でさわやか。

いわゆるイケメンではないが、人好きのする「良いやつ」だった。

俺のことをものすごく慕ってくれて、

メンターをやっていた頃はしょっちゅう飲みに行っていた。

当時はたしか違う彼女が居たと思ったのだが。

「Iさん、本当に増田さんのこと尊敬してて、

からちゃんと言わなきゃと思ってたんですが、

中々言いだすタイミングがきりだせなくて」

と、彼女はいつもより少し早い口調で俺に伝えた。

たぶん俺が彼女好意があることは解っていたんだろう。

「そうかー!それは良いいじゃない。Iくんマジで良いやつだから

絶対楽しいでしょー!ほんとおめでとう。

二人とも俺は大好きだから、すごい嬉しいよ」

と、俺は少し大げさなリアクションを取りながら、

二人の出会い最近の状況などを根掘り葉掘り聞いた。

会社部活飲み会出会ったこと。

付き合って2年近くになること。

会社の人にはずっと隠し通してきたこと。

実は年明けてから、一緒に住み始めたこと。

今日増田さんとご飯に行ってきて良いか?と聞いたら

増田さんの選ぶ飯屋マジで美味しいし、話も勉強になるから行っておいで」

と送り出してくれたことなど、次々と楽しそうに話してくれた。

弁当の中に入ってた唐揚げも、

実はIくんが揚げてくれたらしい。

俺が唐揚げ特に美味しいと言っていたと伝えたら、

「俺も増田さんみたいに料理にハマりそうだ」と笑っていたそうだ。

ゴールデンウィークプライベート友達を呼んでBBQをやるらしい。

お肉を焼くゲストとして是非きてほしいと誘われた。

おれは二つ返事でOKした。

二人の幸せそうな姿を見るのが今から楽しみで仕方ない。

ーーーー

>いろいろと背中を押してくれたブコメの皆様

ありがとうございました。ご期待には添えず残念ですが、

すごくスッキリしています

Iくんは本当に良いやつなので、

変な男と付き合っているという報告をもらうよりずっと嬉しいです。

>裏できっと陰口たたかれてるよと教えてくれたブコメの皆様

陰口は叩かれてませんでしたが、

彼氏には報告が行っていたようではあります

たぶん弁当やおかず交換してる話まではしてないとは思いますが。

増田に書かなかったら、飯に誘うこともなかったかもしれません。

皆さんの「やれる」コメントwが背中を押したのは多少あるかもです。

月満子の言うこと聞いておけば良かったなあ。。。

<追記>

こんな、どーしょうもない失恋話にたくさんコメありがとうございます

ちょっとだけレスさせてください。

>ひどい女だな(怒)

んー。俺も正直、ちょっと酷いなあと思いましたよw

えーーー。まじかよーーーって。

でも、たぶんそんなに悪意はなかったんだと信じてます

もし何も誘わず悶々としていたら、

後で2年も付き合ってたと聞いたら、もっとダメージ大きかったかも。

ちゃんと真摯に向き合ってくれて言ってくれたんじゃないかなと。

今日は心には結構きてますが、それでも

彼女も彼も幸せならそれで良いかなーと思ってます

変に告白したり、関係進める前で良かった。

>いい人つぎできるよ!

ありがとう!!!BBQに期待するよ(笑)

たぶん大丈夫きっと大丈夫

ちょっとした花粉症みたいなもんだったと

からずっと言い聞かせてます

>2年間も隠したり変じゃないの?

会社の人に隠しているってのも、本当はどうなのか知りません。

というか、俺のところに情報が入ってなかっただけで、

しかすると公然の秘密だったのかなーとなんとなく思ってます

>肉焼き係って酷くない?

弁当食べているとき、「最近、肉を焼くのにはまってて」

なんて話で盛り上がったからだと思います

俺も別にそれはそれで楽しそうだし。いいかなーと。

身バレやばくない?

イニシャル、課の名前フェイクです。

同じ会社の人が読んでても解らないかと。

メンターした子だったのは事実ですが。


まぁ、俺もがんばる!みんなも頑張れ!

ってことでこの失恋話を締めたいと思います

ありがとうブコメちょっと元気もらいました!!

オナ禁してわかった。精子くさすぎ問題

11歳で精通して以来14年ぶりに、18日間射精しなかった。

気持ち良く2発抜き、翌朝目覚めて風呂に入ろうとしたとき衝撃を受けた。

おれの精子本当にくさい。

毎日のように励んでいた頃は全く気付かなかったけど、本当に吐きそうになる。

口臭とか汗臭さとはまた違う、刺激臭。

イカくさいとか、金木犀香りとかでは表現できない身の危険を感じる臭い

慣れてしまうと気づけないけど、他の人は絶対に気づいている。

石鹸で一回軽く洗ったくらいでは落ちないから、ケアが雑だとすぐばれると思う。

今日の子生理くさいわーw」とか言ってるやつ、おまえのほうが精子くさいぞ。

今日〇〇君、精子くさいなー」って会話、絶対女子会でもしてるだろ。

 

余談

精子について書いてたらふと思いだした、インターネットコミュニティ歴史を以下に記録する。

アフィブログ騒動を経て今でこそ隆盛を極めている2ch嫌儲板がまだ過疎っていた7年前の話。

独特のまったりした雰囲気と、独自文化極左けいおんスレ花言葉さん、ペンギン博士フリゲスレハワイアン声優生理周期予想)があって居心地が良かったのだが、1日のレス数が100を切るようなあまりの過疎っぷりに危機感を覚えた有志が板起こし運動を始めた。

それがミニコミ誌Zartanの制作くそまらなった)、嫌儲の日といった催しにつながったのだが、最大の盛り上がりを見せていたのは天下一射精会だろう。

これは毎年クリスマスの0時から24時までに何回射精できるかを競う祭で、ライダーと呼ばれる男が30回前後射精していつも優勝していた。回数を競う一方で、日々の射精活動の成果を見せ合う芸術部門もあり、皆思い思いにフィギュアへのぶっかけ画像投稿していた。

その中でも特に称賛を浴びたと同時にドン引きされたのが、「ザータン」と「きのこの山の箱」だ。

ザータンとはザーメンタンクの略で、日々放出した精子を貯めたペットボトルのことだ。確かにこの方法ならティッシュの処理に困ることもないだろうが、黄味がかった精子が一杯に入った2Lペットボトル数本の画像を開いた時は思わず鳥肌がたった。

しかし密封保存されているだけまだましだろう。もう一方は、もう想像がついたとは思うが、射精の的となり干からびたザーメンの層が幾重にも重なって厚さ数センチに達した、きのこの山の箱だ。精子が染み付いたせいで箱全体がヨレヨレになり、箱の中の一種神秘的な白さを完全に失ったザーメンは腐敗した茶色固形物となって、掃除を怠った排水口の様だった。あれに比べたらザータンのほうがまだ清潔だ。画像を思い出すだけで、あの独特の、むせ返るような魚臭さを思い出す。

中に出されまくったまんこは、あの箱と同じ状態になっているはず。

まんこの臭さと中出しの回数は絶対比例している。

2017-04-01

塞がりかけのピアスホールを ぶすぶす と

大学入学式の次の日、ピアスをあけた。

髪は10日前に茶色くした。時々使っていたワンデイコンタクトから毎日使う用のツーウィークに変えた。

あとはピアスをあけたらとりあえずの大学デビュー行為は終わりだ。

入学したての頃の私は、不自然茶髪ファーストピアスといういかにもな新入生スタイルであった。

ファーストピアスを取るには1.2ヶ月ほどかかる。

私はその間にヒカリエのアクセサリー屋やルミネエストの雑貨屋で日々ピアスを集めていた。

まだファーストピアスが取れないことをもどかしく感じながらも、ワクワクとドキドキした気持ちを胸にピアスアクセサリーケースに大切にしまった。

2ヶ月後、無事ファーストピアスを外すことができた。

初めのうちは少し膿んだり、すぐ塞がりかけてしまったりしたものの、半年くらい経つとピアスホールは安定してちょっとくらい入れてなくてもすぐには塞がらなくなった。


ピアスをあけた日から2年経ち、私は今日大学3年生になった。

私の大学今日入学式らしく、みんな新入生勧誘活動に勤しんでいることをSNSで嫌というほど目にする。

私は3年生だけど新歓活動を一回もしたことがない。

1年生の時入ってたサークルも2年生の時入りなおしたサークル新歓を前にやめてしまった。

どちらも人間関係を維持するのがめんどくさくなって、フェードアウトしてしまった。

先ほど家を出る時、久しぶりにピアスを付けようと桜のピアスを手に取った。

右耳に入れようとすると耳の裏側からポストが出てこない。思い切ってぶすっとさすと血が出てきた。

左耳は何度も試したがピアスが入らなくて、今日は諦めてしまった。

ああ、私の人間関係も同じなんだなって思った。


人間関係を維持するには、ピアスホールを維持するには、マメさが必要だ。

でも毎日ピアスかかさず、寝るときピアスをつけるほどのマメさは必要ない。1週間に一度でもピアスをつけていれば十分だった。

塞がりかけたピアスホールは、すごくすごく頑張らないとふたたびピアスをつけることはできない。

なんでピアスホールをあけたままにすることすら私はできないのだろう

なんてそんな自己嫌悪を胸に電車に乗っている。

新年度初日から雨なんてついてないね

2017-03-27

妊娠した。全然安心できない。

やっと妊娠3ヶ月、9週目を迎えた。

6週目の初診で心拍確認できて、次の予約を約二週間後に取った。

が、いろいろと心配な症状に襲われて、予約外で二回も病院に駆け込んでしまった。

一回目は茶色いおりものと腹痛が少しだけ気になったから。

二回目は生理並みの出血に襲われたから。


この二回目が大変だった。精神的に大変だった。

トイレで用を足して股を拭いたらペーパーが真っ赤。「今日から生理か〜」と判断するレベルの量。でもこちとら妊娠中だ。生理が来るはずがない。数秒フリーズ。なんだこれ……?

生理みたいな出血危険から病院連絡してね」と助産師さんに言われたことをやっと思い出して、血の気が引いた。

ガクガク震えながらトイレから転がり出て、旦那に「血、血出た……」としがみついた。朝一番で助かった。家に一人だったらどうなっていたかからない。旦那は「昨日買い物行って歩いたからかな〜。大丈夫大丈夫」と背中をぽんぽんして落ち着かせようとしてくれた。そんな悠長にしてんな! と思ったけれど、一緒にパニクられるよりは全然良かったと今では思う。

病院が開く時間まで布団の中で「こども……りゅうざ……(最後まで言えない)」と涙と鼻水でぐちゃぐちゃになりながら呻いてた。こんなに泣いたの父さんが死んだ時以来では? レベルで涙が止まらない。

妊娠初期の流産は卵自身に原因があることが多く母親のせいではない」みたいな知識はあったが、それでも「我が子が死ぬ」ことに変わりはない。エコーしか見えない一センチの我が子でも大切な存在に変わりはない。なに考えてもマイナス思考で死にそうだった。死んだ方が楽ではという心理状態だった。

やっと八時になって病院に行った。「何か」あったら帰り道で道路に飛び出しそうだったか旦那にも付き添ってもらった。予約外だから診察まで一時間弱待たされたが、待合室では意外と冷静。涙も出ない。今更足掻いても結果は変わらない……どうしようもない……。覚悟を決めたというより、なにも考えないようにしていた気がする。

そしてやっと名が呼ばれて、内診。

「ちゃんと動いてますよ!」

嬉しくて泣きました。

生きててよかった…………私は子供を殺してなかった……………………。

動いてるエコーを初めて見た旦那も、ホッとしつつ、嬉しそうに画面を見ていた。

「胎嚢の周りの血の塊が前より小さくなってるねー。これが出たんだと思うよ」と言われたけど血の塊があったなんて初耳だ。心配させまいと前回は言わなかったのだろうか。切迫流産とまでは言われなかったが、「今は薬も出せないから安静にするしかないです」とのことで即パート先に電話。一週間長のお休みを獲得。プチ繁忙期のこの時期に申し訳ないが、子供の方が何倍も大切だからなりふり構っていられない。

子供も無事だったしと、大きさを測って予定日の確定までしてもらった。10月末。

まだ、先が長い…………。


胎嚢確認心拍確認、と安心しつつあった矢先の出血。まだなにも安心できないなと痛感した。緊張状態はずっと続く。安定期すらまだまだ先だ。

変な言い方だが、早く産まれ生命可視化できるようになってほしい。せめて胎動を感じたい。お腹の中にいてもどうなってるか分からない今の時期は本当に不安だ。信じることしかできない。信じてたってこんなことも起きてしまう。

ともあれ、子供が生きていて、本当に良かった!

次の診察は二週間後。無理はせず、何のトラブルもなく、その日を迎えられることを祈っている。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん