「保守本流」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 保守本流とは

2021-11-22

増田番付スター力士忘れてる

最近の大物見逃してるので補遺

あなたは愛する党の為に毎日あれだけの長文投稿できるか?

https://anond.hatelabo.jp/20201128150814

増田ッピ

延々毎日野党特に立憲民主党批判する長文を投稿する増田

政府東京五輪強行、ワクチン遅れにより東京医療崩壊が発生し政府批判が激しくなった2021年初夏頃に登場。東京では死が身近になり当時のはてなはどこを見ても与党自民党への憤怒で溢れているような血色ばった状態であったが見事に流れを変えた。

特徴は「心情的に立憲支持だが現状ではこういうのがあるから支持できない」というレトリックを多用すること。結論は必ず野党批判になる。渉外的な仕事に就いている会社員にはお馴染みのレトリックだが、耐性が無い内勤者には刺さるようである

また大きな特徴として選挙期間中には投稿が無かったことが挙げられる。開票と同時に投稿を再開した。

これはネットフジTVデモが盛り上がり企業脅迫に転じていく際にそれらを一切扱わなくなった痛いニュースに似ている(最終的に懲役になった者が出た)。業務的にこなれており政治運動慣れが窺わえる。由って名の由来とした。

文章に緩急があり口語調を巧く挿入して読み易くするなどネット文章を書く能力に長ける。

弱点は一般新聞などから情報を得ていないこと。ほぼ全てネットメディアや機関誌から得ている。

また戦後政治史立法社会科学一般に関して素養が無いこと。岸田文雄がヤバくて高市早苗保守本流と思い込むなどの常識の無さが挙げられる。

自民党員を公言。尚、自民党では家族党員制や紹介制を採っているため党費だけ払えば党員になれるという事はない。縁が必要である。この為党員都市会社員より地場産業従事者や宗教右派に寄っている。

2021-11-01

anond:20211101132643

しろ自民党本来の主流が盛り返しているように見える。彼らの言葉で言えば保守本流ということになるのだろうか。(エドモンド・バークあたりを意識してそう)

まあ、党名を見れば、当然と言えば当然なんだろうけれど。(あと、結党宣言とかも)

2021-10-28

anond:20211028120344

枝野は「90年代なら自民党に入っていた」というくらい元から保守を自認しとるし。

まり戦後自民の本流というのが「穏健保守」「中道右派」で、

それが安倍的な「右翼」に乗っ取られたけど、

いままた保守本流の岸田に戻って「安倍右翼」と「岸田的中道右派」が結託してるのが自民

安倍右翼に反発して「枝野中道右派」と「リベラル中道左派)」が結託してるのが立民。

という立ち位置やろ。

2021-09-15

そもそも枝野幸男自身保守本流としてるのにリベラルは何で立憲支持するの?

社民支持しとけや

枝野氏の言う保守が本当に保守なのかは疑わしいところもあるけどさ

少なくともリベラルだと自称しないで保守だと言ってることは紛れもない事実なんですぜ

まあ現実的には社民で世の中変えられるはずもなく立憲に頼るしかないんだろうけどさ

要するにそれって「立憲は自民よりはまし」だからってことだよね

2021-09-09

総裁候補について特に政治に詳しくない俺の印象

河野太郎

若い世代感覚が近くて実行力もあって、

絶対に誰か一人を支持しなきゃいけないってなったらこの人かな。

でも「周囲にストレスを強いるタイプの有能」っていうか、

こういう上司がいたらキツいやろなーって感じ。

自負心があって思い込みも強そうだし、

それが変な風に働いて暴走したときにつらいなー。

岸田文雄

穏健派保守本流、ザ・自民党って感じだよな。

これまでの自民党総理と同程度には無難にこなしそう。

河野と岸田は方向性がぜんぜん違うけど、

まあ河野じゃなければ岸田でええんちゃうのと思う。

アクセルを踏むかブレーキを踏むかさえ決めれば自ずと定まるやろ。

石破茂

主義主張同意するかはともかく人間的には好感が持てる。

ただ、まあ総理にはなれない運命だったんだろうな。

高市早苗

カルト

下村博文

カルト

野田聖子

ぜんぜん印象がない。

高市よりはリベラルなんだろうが。

2021-08-10

anond:20210810075143

自公ギリギリ過半数割って、国民か立民含めた大連立せざるを得なくなるのが個人的理想維新が第三党になる気もするが、そもそも国民や立民右派自民保守本流に近いし。

2021-07-19

anond:20210718211833

刺客って誰さ



広島河井案里(岸田派・溝手顕正への刺客

静岡細野豪志(岸田派・吉川赳への刺客

山梨長崎幸太郎(岸田派・堀内詔子への刺客

②と③は安倍細田派というより二階派中心の策動かな。宏池会=現岸田派が他派閥の切り崩しに遭いまくってるのは確か。「政策通だが政争に弱いお公家集団」とよく評されるが、二階や菅など政争の得意な政治家達にこの弱点をいいように突かれてズルズルと弱体化している印象がある。

昔は宏池会系は保守本流清和会系は保守傍流と言われてたんだけど、森喜朗以後は保守傍流が主流派ジャックした感じ。総理総裁が以前よりはるかに強大な人事権を掌握したことで、一度総理総裁になると、閣僚ポスト小選挙区比例代表区の党公認候補指名も、ぜんぶ総理総裁がやれる(≒自派閥連携派閥を永続的に有利に出来る)というかなりチートっぽいシステムに変わってしまったので、「派閥同士の合従連衡しだいで、弱小派閥からでも総理総裁が出る」という昔の自民党政治ダイナミクス(いわゆる擬似的政権交代)はほとんど機能しなくなっている。革命ルールをなくした大富豪みたいなもの

2021-05-17

https://anond.hatelabo.jp/20210516225443

 これは科学検証可能性反証可能性についての議論ではない。

 「権威」という言葉に納得できないのであれば、われわれは、ある話題について、誰を、どの程度まで信じることができるか、という「実践感覚」を持って生活していると言い換えてもよいだろうか。

 われわれは義務教育教科書に書かれていることは概ね正しいと認識している。義務教育で教える内容はいわゆる「定説」として確立されたものであり、すでに複数専門家による批判検証を経て正統な保守本流知識としての共通認識が成立したものである理解しているためだ。初等教育過程で学ぶ知識の体系はほぼ権威による学びである。もちろん理科であれば実験をおこなうことによって、社会科であればフィールドワークを行うことによって、学んだことを経験によって確認する機会は設けられている。しかし学ぶ知識のすべてについてそのような検証を行うわけではない。教えられる知識検証可能であることを示し正当性担保するためと、検証する方法論を学ぶためである

 われわれは新聞TVというメディア情報が概ね信頼できることを知っている。しか100%信頼できないことも知っている。各メディアごとに信頼度は異なり、同じメディアの中でも話題や分野によって信頼度が異なるという感覚も持っている。BBCCNNのいうことは信頼できるがスプートニク大紀元トンデモだとか、岩波書店の出す書籍の内容は信頼できるが幻冬社の本は紙くずだとか、われわれはこのような無数の相場感覚実践感覚を日々の生活で養いつつ、またそれを以って触れる情報の真偽のグラデーション判断しているのだ。ここで見落とすべきでないのはそれら相場感覚実践感覚あくまでも「感覚」であって客観的基準ではないということである

 元増田への反論論文査読再現可能性、反証可能性を持ち出すのは筋違い議論である。それらは原理的な主張としては正しい。しかしわれわれは全ての情報についてそのような判断をしているわけではない。例えば「SARS-CoV-2は空気感染する」という言説を聞いた時、それを主張する論文に当たり、誰が書いたものか、査読は誰が行ったか、それぞれの研究者の業績等を調べて真偽度を判定するというのは「原理的には」可能であるしかしそのようなことをあらゆる情報について行うことは余程の暇人でなければやっていられない。多くの場合はその分野の権威とみなされる研究者論文信頼性があると判断した(あるいは信頼性がないと判断した)という事実をもって自身判断の参考にするだろう。すなわち権威による判断である

 初等教育で学ぶ知識の体系に照らして真偽を判断するということは可能であろう。しか初等教育で学ぶ知識の体系というのは権威による学びであったことを忘れるべきではない。その知識の体系全てについて実験などによる経験として検証したと主張できる人は少ないだろう。(あとで、検証することが原理的に可能であるとしても)我々はそのように<権威によって>「定説」として与えられたものをもとに真偽を判断し、その真偽の判断が他の人の言説にどのように現れるかを以ってその人に対する信頼度評価し、その信頼度においてその人の言説に現れた事象の真偽を評価するのである。そのような信頼と評価の積み重ねから真偽のグラデーション判断する実践感覚が生まれているのだということ、多くの生活の場においてその感覚依存しているのだということを忘れるべきではない。

2021-04-07

anond:20210407152608

>これはなりすまし荒らしとか過激派無限定義を拡大させていくのを防ぐためには必要なことだよね

彼らのツイッターたどれば明らかになりすましではないガチ勢だとわかるし、

過激派無限定義を拡大させていく」どころか、そもそも弱者男性論者の

保守本流である赤木智弘が「高収入女性弱者男性と付き合うべき」

「私と結婚してくれる女性募集します」と言っていたわけだ。

弱者男性論と「女をあてがえ」論は最初からつながってたのに、

それをなかったことにしようとした。でも当事者が出てきて、失敗しちゃった。

そういう単純な話だよ。無理に擁護しなくてもいい。

2020-11-30

保守本流を自認するリベラル経済左派はどこを支持したらいいの?

自民党?傍流しかおらんやんけ

立憲民主保守本流自称してた頃もありましたっけね…

共産党万年野党としては応援してるよ。絶対投票しないけど。

公明党?やめてくれよ…

れいわ?無理。新選組かい名前からして無理。

維新?無理。維新かい名前からして無理。

2020-11-18

保守本流」という不思議言葉

いや保守本流てなんだよ

トランプ安倍菅は保守だけど本流じゃないんですよ!保守本流もっと素晴らしいもので……って言い訳みたいに使われている

なんか変な言葉

2020-08-30

なれたか委員会総理になれなかった政治家たち〜

小沢一郎

海部内閣末期に最大派閥経世会から総裁選出馬を打診されるが、若過ぎることと持病を理由に断る。この時受け入れていれば総理の座は確実だった。その後自民党離脱し、政権交代を2回プロデュースした。

中村喜四郎

当時最年少の27歳で国会議員になり、40歳で初入閣

将来の総理大臣の最有力候補と期待されていたがゼネコン汚職逮捕自民党を離党。実刑判決を受け議員資格を失うが、刑務所から出てすぐ再当選。その後も当選を続け、いまだに現役の議員しかし失脚後は本会議での発言回数が20年間ゼロで、ある意味舞台から姿を消している。最近は立憲民主国民民主合併の橋渡し役になり、石破茂にも接近しているという。眠れる獅子黒幕として目を醒しつつある。

河野洋平

河野太郎のパパ。

小沢一郎らの離脱により自民党下野した頃の自民党総裁。その後与党に復帰するもの総理の座は連立パートナー社会党村山富市へ。村山総理も途中で河野総理の座を譲ろうとするが、小渕恵三の反対で頓挫総理にはなれなかったが河野談話というレガシーは残した。

加藤紘一

90年代末『総理に一番近い男』と言われていた。しか森政権を倒閣しようとして失敗(加藤の乱)。自民党は創立当初から保守本流(ややリベラル)と保守傍流(タカ派)の二大潮流があり、代わる代わる総理を輩出していたが、加藤の乱により加藤紘一率いる保守本流の最大派閥宏池会は分裂し、自民党それから20年間タカ派清和会(森、小泉安倍福田)が優勢になった。ちなみに今の宏池会トップ安倍首相に忠誠を誓い総理の座を禅譲してもらおうとしている岸田文雄

谷垣禎一

加藤紘一後継者であり、民主党政権時代自民党総裁。

苦難の時期を耐え、やっと自民党与党に復帰するタイミング派閥の子である石原伸晃勝手総裁選出馬したこと出馬断念。涙を飲んで石原伸晃派閥の票を一本化したが、とうの石原伸晃福島第一原発を「福島第一サティアン」と言い間違える痛恨の失言総裁選レースから脱落。その後谷垣禎一自転車事故政界引退

2020-07-29

anond:20200729164350

その点保守本流は弱い男を周縁労働者しか見てないのに、その本流を弱い男が支えててすげーよな

2020-06-20

anond:20200620142318

「今の「左派」の実態がぜんぜん左派ではない」

kikumaco先生自身はいつもそういう言い方をして「自分こそが正統・正道を進む左翼である」と主張されるんだけど、センセーの信じているのは公共プロレタリアート)の利益がまず優先されて個人自由はその次に置かれる左派社会主義)ではなく、自民党の穏健左派で「保守本流」だった宏池会人達と同じ様な「個人自由を重んじ、戦前軍部が行った様な全体主義に強く反発する」自由主義(リベラリズム)だろうと思うのよね。

2020-05-15

anond:20200515091807

その割には保守本流的というか穏健な保守政治家だということかと。

2020-05-11

anond:20200511122954

枝野最初のころ「我こそが保守本流」とか言ってたけどねぇ……

2020-05-03

anond:20200503161804

なるほどね、そういう軸もあるね。

共産保守本流になるとは思わなかった。

2020-04-18

右耳と左耳と間にある郵便局に来た四足歩行のお姉さん(令和生まれ)が光る石を鞄に詰めて路上で売ったらこち亀の両さん香港起業してカーテンを買い替えたいんだけど家紋が違うとかで許認可が降りなかったという話を聞いたことがある。そのときmixiに書き込まれたという書き込みをもとにムック本を作ったら西アジアではそれが駄目らしく、全部タッチおじさんに置き換えられていた。でもどっちかというとバザールでござーるの方が当時は好きだったので、油性マジックバザールでござーると書き加えて仏壇に供えて寝ている間に変化していないか期待して毎日眠りにつく日々を過ごしている。そういうところが多分駄目なんだろうけど、できるだけ分かりやす説明することを意識しすぎるが故にマック赤坂みたいなのがどんどん増殖して天然の乳酸菌ほとんど見られなくなってしまった。だいたいその人が自慢する昔の思い出ってその人の全盛期である事が多く、それはその人がそれ以来ずっと下降線を辿っていることの裏返しでもあるよね。自分にはそれが面白くて仕方がなくて茹でた豆腐ブロック塀に投げつけて遊んでいたらものすごい形相で隣のイササカ先生が地面を背泳ぎしてきてこれは夢だと気がついたときには既に現実の40%が侵食されていて元の世界には帰れなくなってしまった。温度計の中には生物と無生物のあいだみたいな存在が生息していると幼稚園で習った記憶があるんだけど、それを裏付けてくれる知識をそれ以降教わっていないので、幼稚園先生がただ適当に嘘をついていただけなのかもしれない。それならそうと官報で告知してくれればこちらも知識アップデートが図れるのに、霞が関官僚絶対にそういうことはしてくれない。なぜならそれが彼らの地位を危うくすることを彼ら自身が一番わかっているからだ。でもそういうところにメスを入れるのが全体の奉仕者役割なんじゃないかと思うんだけど、最近の人は違うらしいねだってドラえもんは何度死んでも修理すれば済むわけだからのび太たちと命の値段が根本的に違うわけだ。そういうところが透けて見えるから20世紀に入ってからドラえもんをあまり見なくなった。それは自民党保守本流の没落とも時期的には重なっていて、小泉純一郎から続く清和会系の躍進の裏返しでもある。特に第一安倍政権以降の世襲総理大臣比率は目に余るものがある。岸信介の孫、福田赳夫の息子、吉田茂の孫、鳩山一郎の孫…と4連続だ。キン肉マンII世じゃないんだから。でも、ゆでたまごコロナ休載を決めたのは英断だと思う。デジタルに移行するという手もあったんだろうけど、その環境を作るのにもある程度の接触必要になる。だから夢の中でマスクをつけて現れた夏目漱石が何か言いたいことがあるような顔をしてこちらをじっと見ているのは彼なりの皮肉なのかもしれない。だって街を全部焼き払っても地球重力はそんなに減らないし、排出するCO2のことを考えたら家でじっとしているのとそう変わらない。だから窓を叩く音に耳をふさいで知らないふりを貫き通すのが一番安全なんだと思う。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん