「スポンサー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: スポンサーとは

2016-06-29

スポンサード・リンクってよぉ~~~~

スポンサードリンクに間違えるだろうがッ!!

コカ・コーラかよっ、ド畜生!!!

2016-06-24

http://anond.hatelabo.jp/20160624194813

からだが、テレビやら雑誌やらで出張ってくる経済学者にかぎって新自由主義みたいなことばっか言ってんのはなぜなんだろう。

財界とかからスポンサーつきやすいのかな。

2016-06-22

痴女と寂寥

たぶん人生で初めて痴女のような人と出会った。地元の駅を出てしばらく家に向かって商店街を歩いていると、わざわざスカートをまくってわざとらしく尻を出し、人影の居ない脇道に曲がった女がいた。中肉中背でガールズバー勧誘にしてはやや太めだが、十分に見栄えのする女性だ。何かの間違いだろうと脇道を眺めていると、誘うように何度か尻をまくって、僕を住宅街の奥へ奥へと誘い出す。角の手前で息を潜めると、そこにいるのは分かっているのよと誘ってくる。そして途中から住宅街の中にある駐車場に入ったので、これはさすがに潮時だろうと通り過ぎた。すると彼女は僕を探すように、通りへ出てキョロキョロとしている。追っかけるほどの勇気はなさそうだが、ここで尾行されるのも怖いので自分から向かっていった。彼女は身じろぎもせず僕のことを迎えてくれた。マスクで顔立ちは分からなかったけれども、目尻を見る限りは若いし、目鼻立ちも悪くない。この時間に何だろうか。「どうしたの?」と聞くと彼女は「お金がなくて困ってるんです。咥えさせてもらえませんか?人気のないところで」一緒にいるところを見られたくないと感じながら、ふらふらと脇道に入り「こんなところ人目だらけだよ。どこからきたの?」というと西の方を指す。「お金がなくて困ってるんだったら、これで帰りな」と、小銭入れから出した千円札差し出すと「そういうのじゃないんです、咥えさせてもらえませんか?」という。この子に咥えてもらえるんだったら悪くないかもと思いつつ、地元であるが故に人目が気になる。この子はどこから来たんだろうか?そう遠くないところからであれば、今後の近所づきあいとして面倒すぎる。「うーん、やっぱ、ちょっと無理かな」と断ると、彼女は残念そうにとぼとぼと商店街の方へと消えていった。終電前、彼女大事な書き入れ時を浪費してしまって申し訳ないと思いつつ、見送るでもなく自宅へと歩いた。彼女は今ごろ無事にスポンサーを見つけられただろうか?人生の貴重な機会を棒に振ってしまった気もしつつ、誘い込まれながら享楽に身を任せることもできない自分中途半端さを残念に思いながら、これでよかったのだと自分を納得させるために、さっき目の前で起こったことを書いてみる。

2016-06-19

出会い系サイトのオジサン観察日記

以下の内容を某出会い系サイト日記機能で書いたら、運営に削除されてしまったため転載する。



※「つぶやき」とはサイト内でのツイッターみたいな短文メッセージ機能のことです



----



つぶやきで見かける最近気になっているオジサンダイジェストで。



【時事解説オジサン

なぜか出会い系サイトつぶやき時事問題へのコメントしかしてないオジサン

そういうのはFacebookTwitterでお願いします。

[派生] ネトウヨおじさん / 安倍さないおじさん



蛆虫オジサン

けっこう前からいる、業者蛆虫呼ばわりしてるオジサン

業者を嫌ってるのに、なぜか蛆虫のことしかつぶやいてない。

もはや伝統芸。

愛憎は紙一重なんですね。



【コラポエムオジサン

ネットから拾ってきた画像に、ポエム(というかダジャレらしきもの)をコラージュして投稿してるオジサン

時々個人宛のメッセージコラージュされてるんですが、そういうのはサイメでお願いします。



【朝勃ちオジサン

朝勃ちしたことをわざわざ報告してるオジサン

元気そうでなによりです。



【愛車の車窓からオジサン

車の運転席から風景投稿してるオジサン

高速で運転中はさすがにやめてください。



サングラスオジサン

サングラスかけてるオジサン多いですよね。

光に弱いのかな。



【逆光オジサン

逆光で写ってる人も多いですよね。

やっぱり、光に弱いのかな。



【銃口オジサン

銃口をこちらに向けてるサムネのオジサン

完全に威嚇してますよね。

近寄らないようにしましょう。



歌詞つぶやきオジサン

JASRACものともしないツワモノオジサン

カラオケ屋にいけ。



【音符オジサン

語尾に音符を無駄につけるオジサン

サイコパスぽいんでやめてください。



固有名詞の一部を伏字にするオジサン

NHK」を「N◯K」みたいにわざわざ伏字にするオジサン

スポンサーとか気にしないでいい一般人が、業界人気取りするのはやめてください。



フォトコンオジサン

フォトコン営業に熱心なオジサン

というか、フォトコンってなんであんなに平均年齢が高いんでしょうか。

STOP 少子高齢化




以上、出会い系のオジサンたちを愛してやまないオジサンからの報告でした。

2016-06-17

http://anond.hatelabo.jp/20160617173813

e-sports世界でも最終的に活躍するのはイケメンなんだよ。

雑誌ウェブに載ったら写真映えがするし、

そういう人間の方がスポンサーが集まりやすい。

http://anond.hatelabo.jp/20160617002109

それ言い出したらきりないけど、俺も生電話はほぼ飛ばすなぁ。

俺の嫌いなコーナーは

レギュラートークが面白いタイプ番組で、スペシャルウィークのいらんゲスト

・レギューラートークは壊滅的だがゲスト構成で跳ねるタイプもある

スポンサー絡みの企画スタッフ演者とも手を抜きだと思う。スポンサーとして仕事してるので、そりゃラジオへの広告出稿なくなるわけだわといつも思う

音楽 10代の頃はそれで知る新しい音楽もあったが、年取ると大抵固まってきたり、他のチャネルがあるのでもうラジオ音楽いらん

・知名度が低い若手の芸能人の身近な語り その人のファンはそれでいいのだが、さすがに聞くに堪えない

などなど。

2016-06-15

広告無料サービスを維持するために必要もので、広告オフにする事は情報泥棒であるみたいな誤解

広告を見たらタダでサービスが受けられるとでも思っているのだろうが、そんなうまい話は世の中にはない。学校でちゃんと教えないか勘違いしてる人が多いけど。

広告費用スポンサーが出している。スポンサー収益消費者が払うお金で成り立っている。つまり広告費用消費者が出している。

この無駄広告というシステムを廃さないと、サービス無関係消費者が広く浅く負担させられっぱなしになるのだ。そしてこれだけ広告が氾濫している所を見てもわかるように、広告業界に落ちるお金は決して少額ではない。

増田みたいなクソサービスを見ない大多数の人も、広告を通じて費用負担させられているのだ。こんなメチャクチャシステムが良いわけがない。

ちゃんと使う価値のあるサービスに、使う人がお金を払う経済システムの方が長期的・巨視的には良い。広告法律禁止すべき。

2016-06-14

http://anond.hatelabo.jp/20160614152603

俺がググったらスポンサーから賞品が出る、つまり賞品はスポンサー次第(ハムとかビールとかその会社商品

球場に行くとアナウンスで具体的な品物がわかる



と出たけど

http://anond.hatelabo.jp/20160614001106

海外のeスポーツは単なる鑑賞会じゃなくて、GPUとかのPCパーツのメーカースポンサーになって

参加者や勝者に少なくないの金額が賞金や給与として入る点で昔の鑑賞会とは全然違う。

何よりコンソールゲームは利害当事者ゲーム機メーカー(とせいぜいソフト制作会社)だけだけど、

PCゲームだとPC機器メーカーソフト開発会社、Micsoft全てが利害当事者になるので、必然的に動く金が桁違い。

特にGPU開発資金の大半がゲームGPUの売上なので企業側は無視できない)

日本コンソール中心主義で、PCゲーがヲタク向けでしかなかったせいで、ここ10年で広まったeスポーツの流れに乗り遅れた。

2016-06-11

続く不倫報道に対する業界の歪な対応ちょっと言いたい。

たびたび見かける「(迷惑かけた関係者に謝るのはわかるけど)世間に謝る必要はない」って意見は一体何なのだろう?

芸能人同士もしくは不倫経験者が庇い合いたいだけ、

あるいは視野もの凄く狭いおバカなんじゃないかと残念な気持ちになる。



具体的な話として、年明け早々大騒ぎになったベッキーゲス不倫の件について今更掘り下げたい。

これに関しての責任割合は、「ベッキー:川谷=4:6」だと私個人は思う。

川谷が最初、妻帯者であることを隠してベッキーを押し倒したという事実は本当に卑劣なことだと思う。

彼には「結婚をする(した)」ということへの意識絶対的に足りなかった。

アナタは健やかなる時も病める時も(中略)誓いますか?」ってのを彼がやったかどうかは知らないが、

結婚たからにはそれなりの覚悟を持っているべきだった。どっからどう見ても無責任すぎる。

それは独身ベッキーには無くて当然の覚悟で、公的書類サインした川谷とは違って、

彼女物事を軽く考えてしまった心理もわからなくも無い。

川谷が既婚者と知ってから彼女対応はご存知の通り最悪だったので同情の余地あんまり無いし、

言動も幼稚で想像力が足りなかったのは間違いないと思うけどね。だから4:6。



芸能界でもベッキーの方が過失の割合が低いと考える人が多かったのか、

はたまた彼女の日頃の行いが良かったのか、ベッキー擁護に走る芸能関係者が多かったように思う。

冒頭に戻るが「謝る必要は無い」と言う人までいたくらいだ。

これ、一般人が言うなら良いんだけど、同じ業界人間が言うべきことでは無かったと思う。絶対に。

だって芸能人芸能人でいられるのは、視聴率スポンサーのお陰でしょうに。

それを支えるのは一般人なわけだ。その辺の、どこにでも居る普通人間

そしてその人間一人一人に感情があって、好き嫌いがある。

好き嫌いによって視聴率が生じるわけだし、スポンサーは購買意欲をくすぐるような人気者を起用したがる。

簡単な話だ。そこんとこ、本当にわかってんの?

自分不倫されたわけでも無いのに、何で一般の人がヤイヤイ言うんだ?」って言うけど、

謝れ謝れって騒いでる人はよっぽど芸能界TVって娯楽に愛情がある人たちなんだってことを理解してないのかな。

そういう良くも悪くもミーハー人間相手広告打つことで成り立ってる業界しょうが

正しい道から外れた人間に、人の気持ちを踏みにじるような人間に、嫌悪するのは当然だろう。

私は当事者が謝ろうが謝るまいが、元々好きでも嫌いでも無いし、

今後もTVで見かける度になんとなーく嫌な気持ちになってなんとなーくチャンネル変えるんだろうけど、

騒いでる人たちは少なくともちゃんと注目していて、

謝ったら「堂々と謝った!見直した!」とか言ってくれるかもしれない。

だったら謝らない手は無いと思うんだけど違うのか?

例え許されなくても「嫌い!」って言ってくる相手に好かれるには、原因になってることに対して謝罪するしか無いんじゃないの?

好かれてナンボの商売でしょう?

から何の考えも無しに、「仲間がピンチ!助け舟出さなきゃ!!」って擁護した芸能人業界本質がわかってない。

視聴者馬鹿にしすぎと言うか危機感が足りないと言うか…そういう体質のせいでTV離れが進んでるのにな。

適当謝罪に加えて周りが勝手擁護して火に油注いだ形になったベッキーも勿論、

自分取り巻き相手に「誰に謝れば良いわけ?」なんて言い放った川谷は本当に救いようが無い考え無しだわ。



ベッキーゲス不倫に続けと言わんばかりに、乙武の5股やファンキー加藤柴田嫁のW不倫が次々取り沙汰されてるけれど

毎回的外れ擁護をする人間が現れる。

他の有名アーティスト引っ張ってきて「彼も不倫してたよね?でも最高のミュージシャンだよ!」とかね。

不倫自体が許されたわけじゃないぞ?その人には黙らせるだけの人気と才能があっただけって話だよ。時代だって違うし。

黙らせる人気が無い奴は謝るしかないだろ。それで飯食ってんだものな。

2016-06-09

http://anond.hatelabo.jp/20160609154752

それで注目されるならスポンサーは万々歳でしょ

ディレクターもね

村本が悪者になったって困るのは村本だけ

つかホント性格いね村本

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1660528.html

いや、まあ、馬鹿が多すぎるのは事実ですよ?

そこは否定できないというか前提条件じゃないの?

今どきバラエティ番組観るやつって馬鹿でしょ?基本的に。

馬鹿向きの番組を作ってるっていう自覚してないの?

ディレクター問題大ありでしょ、俺がスポンサーなら製作スタッフをすぐ切るわ。どや?

2016-06-06

BPO放送倫理審査委員会安倍自民党による報道統制に厳重注意

anond:20160606175841

「6月には、自民党所属する国会議員らの会合で、マスコミを懲らしめるには広告

収入がなくなるのが一番、自分経験からマスコミにはスポンサーにならないこと

が一番こたえることが分かった、などという趣旨発言が相次いだ。メディアをコン

トロールしようという意図公然と述べる議員が多数いることも、放送経済的圧力

に容易に屈すると思われていることも衝撃であった。今回の『クロ現』を対象に行わ

れた総務大臣厳重注意や、自民党情報通信戦略調査会による事情聴取もまた、この

ような時代雰囲気のなかで放送自律性を考えるきっかけとするべき出来事だった

と言えよう。」

放送倫理・番組向上機構BPO

NHK総合テレビクローズアップ現代』"出家詐欺"報道に関する意見

2015年11月6日23委員会決定

より抜粋

BPO放送倫理審査委員会安倍自民党による報道統制に厳重注意

「6月には、自民党所属する国会議員らの会合で、マスコミを懲らしめるには広告

収入がなくなるのが一番、自分経験からマスコミにはスポンサーにならないこと

が一番こたえることが分かった、などという趣旨発言が相次いだ。メディアをコン

トロールしようという意図公然と述べる議員が多数いることも、放送経済的圧力

に容易に屈すると思われていることも衝撃であった。今回の『クロ現』を対象に行わ

れた総務大臣厳重注意や、自民党情報通信戦略調査会による事情聴取もまた、この

ような時代雰囲気のなかで放送自律性を考えるきっかけとするべき出来事だった

と言えよう。」


放送倫理・番組向上機構BPO

NHK総合テレビクローズアップ現代』"出家詐欺"報道に関する意見

2015年11月6日23委員会決定

より抜粋

2016-06-05

テレビ高齢者の娯楽なのに

スポンサーが集まるのは何故なのか

おむつとか生命保険とか墓のコマーシャルだらけになるはずなのに

2016-06-04

日本研究世界に勝てない理由

日本科学技術世界トップレベルだというのは今や妄想しかすぎない。特に研究力においては中国韓国にさえ抜かれているという悲しい現実がある。

なぜこうなってしまっているのか。それはやはり金の問題である。このエントリでは主に大学のことについて話をする。

まず、研究者の卵である博士課程の学生の懐事情について。日本では博士課程の学生あくまでも「学生」という扱いなので学費を払わなければならない。

しかし、日本学術振興会特別研究員通称学振と呼ばれる制度があり、これに通ると日本では研究者の卵として将来性があるという称号を得られるだけではなく、月20万円のお金ももらえる。

このように書くと素晴らしい制度のように聞こえるが、学振には副業禁止しているという致命的な欠点がある。つまり博士課程の学生は月20万円しかもらえないのにバイトすらしてはいけないのだ。ど田舎大学ならいざ知らず、東京生活をしようものなら家賃だけで8万円、光熱費食費などを考えると15万円は最低限の生活必要である。これに加えて学費等も払わなければならないことを考えると、20万円という額は非常識なほどに安いということが理解できると思う。この20万円という金額は、多くの日本企業大卒新卒の月給と同じもしくはそれより低い水準である博士課程に行くような学生しか学振を取れるほど優秀な学生(というより研究員)に対して月20万円しか与えないのに専念義務を課すというのがこの国である外資系企業などに行けば新卒でも年1000万円ほどもらえるようなチャンスもある中、わざわざ博士課程に進学するというのは貧乏生活によほどの覚悟があるか、もしくは親が裕福かのどちらかでしかない。博士に行っても活躍できる優秀な学生にとっては修士就職してしまう方が経済合理的なのがこの国である。本気で若手を育てる気はあるのだろうか。

海外大学院ではどうだろう。例えばアメリカなどでは博士課程の学生研究者として研究室に雇われるということが多いので学費研究室から出るし、給料も月20-30万円くらいは出る。これに加えて奨学金なども取れる上、働いたり起業することに制限は無いため日本博士学生に比べると経済的には恵まれ生活を送ることができる。ドイツなどでは給料も高く、学生でも年収500万くらいはもらえるという話を聞いたこともある。いずれにせよ、日本博士学生のような、奴隷のような生活を強いられるということは無いのである

研究環境ではどうだろう。日本では主に政府から科研費などを取り研究室運営している。海外では企業からスポンサーを受けることが多い。企業の方がお金を出してくれることは想像に難くないだろう。この結果、日本では技術員などを雇う余裕は無く、研究者単純作業をこなす必要がある。一方、海外大学であれば研究者研究方向性を考えたり少し手を動かしたりするだけで、例えばCV系だと画像のラベル付けであったり生物系だとマウスの世話であったりといった面倒くさい単純作業などは技術員がやってくれる。この差は大きく、日本競争力を失っている原因にもなっている。また、お金問題というよりは大学がアホということであるが、日本大学教員無駄かつ大量な事務作業を強いるので、これも教員研究時間を減らし研究力を失わせている。

書き出すとキリがないが、基本的日本における研究を取り巻く環境ははっきり言ってゴミである。金よりも研究の楽しさであったり知的好奇心であったりを報酬とするみたいなことが美徳としてまかり通るこのアホな国では研究力が中国韓国に負けてしまうのは当然である。金をもっとかけろ、目を覚ませ日本

2016-05-17

火星から帰ってくる例の映画見たけど


しかし、あの作品中国を入れる必要があるとは思えないので、市場として思いっき中国(もしくはスポンサーかな)を意識して敢えてやってるなっていう感じなのがどうしても目についてしまった。アメリカ人であればそこまで意識してみないんだろうけど、日本人だとどうしてもそれが目につくっていうか。まぁ中国だけじゃなくて日本もこういうようなの多いし、人のことだけ言えるわけじゃないけど。

でも影響力の強い娯楽作品からこそ、気になるね。

2016-05-14

レッドブルウメハラは合わない

MadCatzのウメハラレッドブルとも契約したらしいがレッドブル飲料ってカフェインたっぷり入ってるやつだろ?

スポンサーになったってことは当然、試合前や試合中にも飲むこともあるだろう。

それって別に違法ドーピングとかじゃないけど、カフェインには一時的に中枢神経を興奮させる作用があることは事実

そーいうの飲んで一時的反応速度とか早くなって試合で勝っても自分の力で勝ったことにならないか意味ないみたいなこと自著でも言ってたよな?

勝つためなら何をやっても構わないっていうのはウメハラプレイスタイルじゃないよな。

カフェインに頼って試合に勝ってもウメハラは嬉しいのか?

2016-05-12

電通さんが、マスコミを押さえるのか、政治家が、マスコミを押さえているのか、分からないが。

どうも、電通さん始め、新聞社広告主になった組織批判することは出来ないものね。

  

ある意味、俺のスポンサーになってくれってことの裏返しで、批判していたのだろうか?

と、勘ぐってみたり。

  

  

https://twitter.com/nyakagawa_r/status/690369222631919616

2016-05-07

邦画だって面白いんだよ!絶対おもしろ映画監督リスト

邦画はクソだと思ってるやつ、映画監督で見ろよ。配給で見るな!

ネット社会でアレはダメだったか邦画ダメになった、みたいに言ってるやつは見てる映画が悪い!

大体、「みんな」が見る東宝映画は金かかってるぶん、スポンサーに気を遣ってCMを入れる民放ドラマみたいになってる状態で(NHK視聴者と国に気を遣いまくってる)

邦画漫画実写はダメだとかいうヤツもいるけど、じゃあ漫画映画一切見んなっつーの!と言いたい(「みんな」見るから売れる、だからやる。摂理

あと批評家宣伝方法がどうのとか言っても、今更批評家興行は決まらないし……(インターネット時代になって批評家時代は終わったのだ)



この時代日本にもしっかりした作品を作る映画監督が居ることを、ハッキリと言っていたい。

オリジナルで良作連発。漫画実写だけどミニシアター系でよくできてるのもたくさんだ。

そういうのが認められるようになったら、邦画はまともなものが売れるようになるんだ。

わりと認められてる漫画実写の「ピンポン」や「青い春だって今みたいに大規模公開の分類ではなかったんだぞ。小規模の名作だ(ていうか、どっちも松本大洋だった)



商業監督三池や堤を見てこいつらダメになった……って言うのは勝手だけど、あれは金稼ぎの中で十作に1作くらい好きな風に作ってる監督なわけだよ。

その1作が良作か駄作かで、その監督価値業界で決まってるわけ。

でもそんなの映画好きしか当たり引けないって。そんなに映画見ない人は、駄作見たくなきゃ避けるべき監督だ。

海外映画祭をとるような園子温は、とてもじゃないがおすすめできない。サブカルで奇抜なのが好きで、邦画に見飽きたくらいで見る監督だ。

(間違ってもクドカン監督作品は見るなとか言いたいけど、最新作は見に行く予定だ。大友監督は、ちょっとまともなのとってくれないと分かりません)

から最近おすすめ映画監督をここに書く。我々「みんな」は良作を作る監督を学び広めるべきなんだ。

邦画ファンならみんな知ってる名前だろうけど、興行を支えているのが邦画ファン以外の東宝ワーナーファン宣伝ブランド力)というのが虚しいではないか

電通マスコミによる印象操作映画を語っているのは、悔しいと思わないか



条件として。

傑作を作る監督も居る。だけど、そんなの邦画全体を見て年に1作2作あるか無いかなんだから、手っ取り早く傑作を求めても仕方がない。

「約9割の確率で駄作を作らない監督マイナー過ぎず、佳作、良作を量産できている監督」を以下に書くので是非「ジャケ買い」ではなく「監督買い」してくれ。



代表作に「アヒルと鴨のコインロッカー」「ゴールデンスランバー」「ちょんまげぷりん」「残穢-住んではいけない部屋-」など

ミニシアター系でロングランになったアヒルと鴨の監督。どんどん規模の大きい映画を多く撮るようになった。

ただ、まだ三池や堤のように適当に撮ってないし、商業監督に寄っては無い。邦画ファンも認める『佳作』を『量産』してくれる。

知れ渡る知名度と合わせて、見た目がくまさんみたいに大きくなっているのが気になっている。

代表作に「舟を編む」「川の底からこんにちは」「ぼくたちの家族

満島ひかり旦那嫉妬をするな、彼女は才能に惚れたのだ。日本映画界を背負って立つ予定の監督

堅実で丁寧で突っ込みどころがない、かつユーモアあふれる作風が特徴。若干32歳で舟を編む。賞をとりまくった。

淡々とした演出がTHE邦画といったところか。これからメジャーに寄っていくのか分からないが「舟を編む」だけは見ておくんだ。いいな、わかったか絶対だ。

正直推していいのか迷ったけど、代表作に「モテキ」と「バクマン。漫画実写で二つそろったとこだし、駄作を作らないという観点からラインナップ。

ポップでメジャーサブカルミュージックドラマ監督ならではの作風。ただ一つ、原作ファンには手厳しい(まほろ外地だって原作ファン的にどうなのか)。

しか原作通り映画にするってどうなの?議論を使うと、彼の実写方針は正しいのだと思う。

映画そこまで好きじゃなーい邦画くらーいってヤツを連れて行くなら、大根監督一本だ。(エロには気をつけろ!)

堤化しないことを祈る。

代表作「リンダ リンダ リンダ」「天然コケッコー」「もらとりあむタマ子」「味園ユニバース

邦画ファンなら必須チェック監督になっている気がする。自らの作風をつかみ始めたのか、近年、油が乗ってきたように思う。

画が良い。キャラが良い。2時間監督ノスタルジックファンタジー世界に浸れたら幸せ

代表作「純喫茶磯辺」「さんかく」「ばしゃ馬さんとビッグマウス

銀の匙 Silver Spoon」という人気原作で華麗に滑った印象があるのだけれど、あんなもんで消えてたまるか!映画自体は良作なんだ!

いきなり任されたってのは、映画業界の期待の現れでもあったはず。

人間のどうしようもないところをポップに描く監督映画活動が途切れないことを祈ってます。才能は消えない。

代表作「南極料理人」「横道世之介」「モヒカン故郷に帰る

飯テロ映画南極料理人」が好きな人は多いかもしれない。キツツキや横道を経て、最新作モヒカンを見て確信した。この人は天才

単調なのが味わいでもあるが、作品によってはストーリーも効いているし、王道を嫌っているのか泣かしにこないでコメディに走るので気楽に見てほしい。

今まで長編映画は6作あるが、全部良作なので、いつでも安心して見てくれ。



安定してる人ってそんなに居ないので、これくらいは覚えられるはず。

何人か漏れている気がしないでもないが、他にもおすすめ監督が居る。ただ、良作率が6割程度に下がる他、発表間隔が長かったり、まだ出始めの新人監督なども居るので、そのへんは容赦してほしい。



まぁ他にもいろいろ居るんだけど、好きな監督自分で「宣伝」してください。

SNS時代なんだから、今更企業宣伝に踊らされてる時代でもないでしょう。



追記・ブコメ返信:

内田けんじ追加命令が多いので追加します。新作撮る気はないんでしょうか?あと入江悠、大森立嗣、いいですね。好みではないけど良いです。あとは規模と宣伝ができるバックがついた監督も多いので、その辺はスルーしてます矢口さん滝田さんとか、テレビ局がついてるので監督買いする人も一定数居るでしょう。とくに好みではないですが、悪くない監督だと思ってます。え、岩井俊二はもうみんな知ってるでしょう?堤さんや三池さんの映画にも好きなものはあります。堤さんは、最近丁寧になってきました。見てますよ。ただたまに許せない時があるだけです。橋口亮輔監督はいいけど、量産してくれるんだろうか?今後の監督として薦めにくいんすよ~過去作のレンタルおすすめ。30分も映画見てられないとか義務教育でつまらない授業45分からやりなおすべき。あともうなんか、ここに入ってないから気に食わないとか言われてもね。そんなに好きなら、あとは自分宣伝してください。それがすべてと言っているでしょう。そういうお話をしたかったんです。邦画好きはもっとシャベリになるべき。



うそう、これ入門編なのです。人それぞれだなって思うような監督は、このリストではおすすめしにくいんで。別のときに別の方法勝手宣伝します。リストは好みの監督なんだなって思われるかもしれませんが、もうちょっとカオスなのも結構好きです。好みとか抜きにして良いのは良い、でまとめてます。どうせ、このリストから見るのなんて1人の監督から1作くらいでしょ?カオス作に当たったら責任とれない><個人的に大好きな映画映画通に批判されるだろうから入れてないですよ三池監督自分だけの宝物にしたい気持ちわかりますよね。

映画批評家死語)や映画好きの漫画家(じゃあ貶してないで自分フォロワー宣伝すれば)に守ってるとか言われても知りません。一増田になにを求めるの?増田テラフォをdisってないよ。

あと洋画見ないのかって言われたけど、こんだけ書いてて洋画見てない増田に見えますか?映画館でやる洋画なんて絶対面白いんだから日本公開されない洋画を見てから洋画ファン洋画ファンと名乗ってくださいね邦画が楽しくてそこまで手を伸ばしてる余裕ないので、増田邦画好きと名乗ります邦画と似た洋画名作もたっくさんあるんだけどなぁ?洋画イコールドンパチCGって認識もどうなの?洋画にたいする侮辱じゃない?

アニメあんまり詳しくないです。ごめんなさいね。言われてる監督は一通り見てるけど、アニヲタからしましたら色々あると思うのでなにも言いません。ただ日本アニメ作風がとても邦画寄りですよね。D映画より好みに合います

あと、あともなにも追記がうざいな。ブログ教えろって言われたけど、絶対嫌です。もうちょっと丁寧にインテリジェンスに、文章見なおしながら普通に書いて楽しんでます。そもそも感想文が上手くないんで、もっぱらツイッターだけど。これは思ってること一気に書いたので、読みにくいという指摘は「だよね」って思ってますよ。すごい共感した。

この映画監督リストが気に食わない人は自分で好きな映画宣伝してくださいよー邦画洋画もどっちも日本じゃ下火なんだから、こういうところでどうでもいい議論して、じゃあいっちょ見るかくらいの熱が欲しいんですよ。駄作を批判した分、同じ熱度で良作紹介するのは映画ファンマナーとしてきっと必要ですからね。今は批判したらしっぱなしだから…。

SNS上の煽り

SNS上の煽り芸。わざと人を不快にさせる書き方をして反応する人が出ると

ネタなのに本気にするなんてm9(^Д^)プギャー」

ってやるやつ。インターネットだとよく見かけるからまあ気にすることないんだけど、リアル知人がやってるとちょっとなぁ。ってなるよ。

ヤツのアカウント匿名だけどリアル仕事上のつながりある人がたくさんそのアカウントを知ってる状態でそれをやってる。

数年前にちょっと気に食わないことがあったのは知ってたけど、最近関連する話題がでてきたときにいきなりそれを蒸し返して、相手のことを「更年期ババア」とか罵っててさすがに引いた。

ヤツは数年後に転職したがってるんだけど、相手の「ババア」は転職先の業界に深く関わってる人物なんだが、大丈夫なのかな?

相手の勤めてる会社部署、お前の転職希望先のスポンサーになるかもしれないところじゃないの?

気に食わない相手に取り入れというわけじゃないが、相手から無視されてるのに数年後に利害関係者になる可能性が高い相手ににわざわざ突っかかっていってどうするんだろう。

狭い業界から、両方の共通業界知人がSNS上にたくさんいて、誰のこと言ってるか分かる人はたくさんいる。その相手とは将来関わらなかったとしても、そういう姿を見た人が「この人を自分組織に引き入れたい」と思うかどうかとか、そういうことは考えないのだろうか。転職するときに、リアル知人が既にその業界にいる場合は「この人はいい/やめとけ」という採用権限者への助言って、けっこう重いと思うのだが。

インターネッツ上のことを本気にするほうが悪いと本気で思ってるようだけど、30手前になってそれで通用するのかね。

少なくとも俺は、ヤツが俺の会社転職希望出してきたら上司に「能力はさておき、SNSの使い方がヤバいからそっち関係リスクが高い」と進言するよ。あのタイプが部下になって取引先と問題起こされたら敵わんからな。

2016-04-27

http://anond.hatelabo.jp/20160427144643

森が文科省閥な理由ラグビー部上がりだから

ラグビー界は財界ネットワークもあるからそこがヤツのスポンサー&票田になってんのは超有名な話

知らぬは増田ばかりなり

2016-04-24

http://anond.hatelabo.jp/20160424055710

生産性とかないから批判されるんじゃないの?

ロリコンが消耗のはげしい小児時期の支出について金だせばいいんじゃない

チャイルドスポンサーとかって名前にでもして

オタク再利用性のない最終末端消費を健康社会貢献に使えばいいじゃん

ゆるきゃらとか町おこしとか大失敗しつづけてるけどさ

2016-04-21

格闘ゲーム伝説

ウエハラは緊張していた。今、自分の双肩に人類尊厳が託されている。

この時代、あらゆるものごとでAI人間にとって代わっていた。囲碁世界AI人間を下したのはそう遠くない過去だったはずだが、それからAIは爆発的に汎用性を増し、今や人間の代わりに世界支配していると言っても過言ではない時代になった。

だが最後に一つ、まだ人間AIに勝てる領域が残っていた。それは、格闘ゲーム世界だ。ウエハラは、格闘ゲーム世界伝説となっている王者だった。

だが、AIはこの世界でもその能力を伸ばし続け、ついにウエハラ以外の強者を下し、AIによる格闘ゲーム攻略の最終段階として、格闘ゲームAI『闘神』とウエハラ試合が組まれることになった。

この世界では、『読み合い』が何よりも重要視される。相手が次にどんな技を出してくるか予想し、その技が出されるよりも前に対策技を出しておく。その読みが当たれば勝ち、外れれば負ける。そしてAIはこの『読み合い』が苦手らしい。

が、AIには人間が決して及ばない領域がある。それは反射速度だ。人間には避けられないタイミングで技を出しても、AIはそれを避ける。

ウエハラが今まで見てきたAI格闘ゲーム界の猛者との闘いは、全てAIがその異常な反射速度で相手ねじ伏せた、人間同士ではありえない異様な闘いだった。

ウエハラは、覚悟を決めた。いや、闘いに臨む時はいだって覚悟は決まっている。今日もその覚悟と共に闘うだけだ。

格闘ゲーム伝説、ウエハラ〜〜!!」

司会の大声が彼を呼ぶ。試合会場は異様な熱気に包まれていた。が、このようなプレッシャー過去いくらでも感じてきたことだ。今更恐れることは何もない。ウエハラは愛用のコントローラと共に席に座った。

本来なら対戦相手がいる隣の席、そこには誰もいない。しかし、案外特別には思わなかった。格闘ゲームコンピュータ相手スパークリングをすることは非常に多い。その時と同じように感じたのだ。

だが、今回闘うのはアルゴリズムがわかりきった幼稚なAIでも、木偶の坊のダミーでもない。ウエハラの良きライバルたちを下してきた『何か』だ。

この試合は1試合のみ3ラウンド先取。普通大会では3ラウンド先取の試合を繰り返し、3試合を先取したものが勝ちとなるが、この試合は1試合のみで勝負がつく。これはスポンサー意向だと聞いていたが、そのようなことはウエハラには関係なかった。ただ、勝つ。それだけだ。

だが、1試合のみ3ラウンド先取だからこそできることもある。勝つためにはその条件ですら最大限に使う気でいた。

「第1ラウンド、ファイッ!」

司会の声と共に、死合いが始まった。

まずウエハラ相手の動きを待った。間合いを一定にしないよう細かく前後に動き、牽制技は振らない。下手な間合いとタイミング牽制技を振ったら、『闘神』はその人間相手だとリスクが低いはずの行動の中に隙を見出し、間合いに入ってくる。ただ、必殺技ゲージは溜める必要があったので、牽制として意味のない場所、つまり相手が飛び込んでくる恐れのない間合いでは技を振っていた。

これは、相手の飛び込みを誘う手段でもある。このままウエハラにノーリスク必殺技ゲージを溜めさせる『闘神』ではないだろう。

案の定、『闘神』は間合いを詰めてきた。ウエハラはそれを迎え撃つ。

相手の間合いギリギリの打ち込みをガードし、飛び道具を放つ。その飛び道具は相手にガードされるがそれは計算通りで、その隙に自分に有利な間合いに詰める。その間合いは、相手有効技がない間合いだ。一瞬、だが確実に『闘神』の判断が遅れる。その隙に必殺技を繰り出し、まずダウンを奪った。

そして飛び道具を使い起き攻めに入る。『闘神』はその起き上がり際にゲージを消費し切り返し技を使うが、それはウエハラの読み通り。切り返し技を難なくガードし相手の技の隙にゲージを使ったコンボを叩き込む。

再び奪った相手のダウン。この次、相手カード切り返し技はない。先ほど切り返し技を使ったせいでゲージが溜まっていないのだ。だが、こここそが肝心だとウエハラは注意を払う。

起き攻めに飛び道具を重ね、ガードさせ、中段下段の2択を迫る。だが、『闘神』には見えているのだ。そのAI特有の異常な反射スピードで的確にガードされてしまう。

人間相手の読み合いは通用しない。ウエハラはそのことを痛感した。そしてそのまま反撃を受け、1ラウンド目を落としてしまった。

続く2ラウンド目も同じような展開で負けてしまう。会場は大きなため息に包まれた。

そして勝負がかかった3ラウンド目。ウエハラは会場の誰よりも落ち着いていた。ここまでで布石は打った。ウエハラの『読み』が正しければ、少なくともこのラウンドは勝てる。会場でただ一人、ウエハラけがそれを確信していた。

3ラウンド目で奪った相手のダウン。ここでウエハラは今まで通り起き上がりに飛び道具を重ね、2択を迫りに行く。そしてそこで、『闘神』を投げた。投げはガード不能な攻撃だ。これを避けるには、完全に読み勝つしかない。ウエハラは今までの2ラウンドの間、投げを一切見せなかった。AIがそれを学習したのなら、投げを避けるような読みは一切しなくなるはずだ。果たして、ウエハラのその『読み』は当たっていた。相手は反射速度にモノを言わせたガードで閉じ籠ろうとするが、ウエハラはそこを容赦なく投げに行く。

そうして、3ラウンド目のみならず4ラウンド目も勝利した。

これこそがウエハラ伝説。会場は一気に沸き返った。だが、今度こそウエハラプレッシャーを感じていた。この第3、第4ラウンドで投げを使って勝利したが、投げという手の内も相手学習しただろう。最後のラウンド、このラウンドこそ、『闘神』との本当の読み合いになる。この読み合いをどう制するかだ。

ファイナルラウンド〜〜〜〜〜、ファイッ!!!

司会の声が響いた。

その瞬間、相手距離を詰めてきた。奇襲だ。今までに『闘神』が見せたことのない行動だった。ウエハラは反射的にしゃがみガードをした。が、気がつけば相手に投げられダウンしてしまう。これは完全に読み負けた。次の起き上がり、行動は慎重にしなければならない。

悩んだが、時間だ。ウエハラはゲージがあるにもかかわらず、切り返し技は使わず普通に起き攻めをガードしようと思った。相手切り返し技を使われることを読むだろう、と思ったのだ。

その読みは正解だった。相手の起き攻めは飛び道具を重ねることまでで、こちらの切り返し技を警戒してガードをしている。そこをさらに投げに行き、ダウンを奪い返した。

この一瞬が、勝負を決める。

ウエハラはそう思った。この起き攻めが決まるかどうかで勝負が決まる。

ウエハラは、相手の起き上がりに飛び道具を重ね、ダッシュで近づき、2択を迫るかのように見せて投げようとする。だがその瞬間、投げは出さずにジャンプ攻撃をした。普通だったら空振るだけの攻撃だ。が、『闘神』もまたジャンプしていたのだ。投げはガードできないが、ジャンプでだけ避けられる。今まで素直に投げられるだけだった『闘神』は、今度はきっと素直にジャンプで避けようとする。ウエハラはそう読んだのだ。

人間相手だとすると、素直すぎる行動である。が、合理的AIからこそ、素直な行動をすると読んだ。

「これはウエハラ読み勝った〜〜〜!ウエハラの空中コンボ!地上に引き摺り下ろして、浮かせてコンボがまだ入る〜〜〜〜!!!!」

司会の声が会場に響く。司会の声に呼応して会場もまた沸き上がる。だが、ウエハラにとってはそれらの声が遠く聞こえた。今は、このコンボミスなく完走させるだけだ。

コンボ最後、ゲージを使った超必殺技を繰り出した。

それが決まった時、相手の体力がちょうど0になった。

ウエハラは、勝ったのだ。

「ここ一番で勝ってくれた、ウエハラさんにふさわしい試合だったと思ういます!おめでとうございますAI相手の闘いでしたが、今回の勝因はなんだったと思いますか?」

司会にそう訊かれたウエハラは、少し考えてから答えた。

ミスをしなかったこと、でしょうか」

「と、言いますと?」

「読みの世界ではまだまだ人間の方が有利だということです。ただ、今回は勝てましたが次は分かりません」

「つまりAI人間並みの読みを身につけるということでしょうか?」

「そうです。相手ミスしないしこちらのミスを的確に突くのだから普通にまれるようになった時点でもう勝てなくなるでしょう」

「次に試合を申し込まれたら、どうしますか?」

その質問への答えは、ウエハラの中ではもう決まっていた。

「先ほども言ったように、次は分かりません。けれども、負ける気もない。受けて立ちます

そう、勝ち続ける自負があるからこそ、自分王者で居られる。そこは孤独場所だが、自分だけの場所だ。AIなどに譲り渡す気はない。

会場の賞賛を声を背に、ウエハラは壇上を去った。

俺より強い奴はもういない、そんな孤独を噛みしめながら。

「ご覧のスポンサーでお送りしました」って言ってる声の人って声優さんなん?

アニメ声優さんよりこっちの声の人のほうがすきなんや