「特番」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 特番とは

2017-03-10

明日震災特番新海誠が出るぞ!

3・11 7年目の真実[字]

2017年3月11日 (土) ごご 2時00分〜

http://www.tbs.co.jp/tv/20170311_413C.html

南極チコチ大冒険ドラえもん)を見てきた。相当良かったという話

現在公開している大長編ドラえもん映画のび太の南極カチコチ大冒険」を見てきた。

ディザーポスター・チラシの感じからかなり期待感をそそられるものであり、南極という場所からH.Pラヴクラフト著の「狂気山脈にて」が想像させられた。

ここのところ年甲斐もなくクトゥルフ神話に興味を持っている自分は、この時点でかなり期待をしており、あまり見ることのなくなったドラえもん映画を久しぶりに劇場へ見に行った。

この映画は確かにクトゥルフ神話彷彿とさせた。クトゥルフっぽい敵、南極、捜索のシーン、旧支配者の存在まで出てくるし、ニャルラトホテプ解釈できるキャラクターも出てくる。

特に私が気になったのは、若干ネタバレになるが、ゲストキャラセリフである。この話、はのび太が「かき氷無限に食べたい」という無理難題をいうところから始まるのだが、今回のゲストキャラかき氷という文化がない世界の人であり、そもそも氷をメインで食べるということをしないため、かき氷の話を興味深く聞くのだが、それに対する反応として「あなた達なんでも食べるのね」という反応を返すシーンである

クトゥルフ神話日本であまり怖がらない(普及しなかった)説の一つとして、ラヴクラフト海産物が嫌いだったところから着想されたクトゥルフは、海・深海にいる生物得体の知れない怖いものであるという認識から来る恐ろしさも面をもっているとされており、日本は生で海産物を食べる習慣があるからというものがある。このセリフはこのメタファーなのではないかと考えられるのである

ただ今回のドラえもんクトゥルフ的な映画だったよ、だけではなくこの映画は、オリジナルドラえもん映画としてもかなり良かった。過去大長編オマージュをくどくないぐらいに入っているし、音楽もとても良いものであった。またメインの5人の誰かが喋るときに不自然に止まっているわけでない振る舞いや、特に最後のシーンの綺麗さは、自分好みであるという点で、とても良かった。アドベンチャーの部分はハラハラさせ、またわかりやす伏線を回収していく気持ちよさも良かった。

クトゥルフありきで見に行ったが、ドラえもんオリジナル大長編として名に恥じない名作だった。かなりおすすめなので、できたら映画館で無理ならレンタル特番でも見てほしい。

2017-03-07

http://anond.hatelabo.jp/20170307053229

正解

君も気づいているだろうが、これはネトウヨが好むきらら深夜アニメ最近どんどん爆死してることにも共通してる(続編の数字は除く)。

ステラのまほうリベラルに愛される声優である悠木碧を起用しておきながら円盤3桁の大爆死。

今期の和をごり押しして日本会議が脳裏によぎるうらら迷路帖も発売一か月切っていながらAmazonランキング順位4桁。

春のひなこのーとニコ生特番でやるはずの一話先行が中止になり万策が尽きそうだ。

これは安倍塚本幼稚園絡みで追い詰められて万策尽きそうなのとリンクしてるようにも見える。


え?NEW GAMEは売れた? あんなぞいは本来なら円盤累計万越えは余裕なほどのスーパーこれ賭け。

2期は決まったが期待外れというのが多くのはてなアニメオタの認識だ。


吐き気がするようなキモオタアニメの衰退は良い傾向といえるだろう。アニソン低俗だ。

ちゃんと洋楽テクノR&Bを聴いて真人間になれ。

2017-02-01

NHKニュースがどんどん駄目になっていく

国営放送なんだから実際にあった出来事をただ流してくれるだけでいいんだよ。

余計な思想とかポジショントークとか良識派っぽく見えるような一言とか一切いらないんですよ。

こういうニュースがありました、はい次のニュースに移りますはい次、次、次でいいんだよ。

コメンテーター呼ぶとか自分たちがそのニュースに対してどういう立場に立った感想を述べるかとかそういうのは池上彰でも呼んで特番作ればいいのであって普段ニュースもっと淡々とやれよ。

だってお前らは国営放送なんだぜ?

2017-01-28

線維筋痛症の痛みを「ルーシー」と呼んでみようかな。

線維筋痛症休職したあと、復職を前にして不安があったので、人生で初めてカウンセリングを受けることにした。

ありがたいことに、会社制度無料で受けられる。

医療行為ではない)


復職後2回目、通算4回目のカウンセリングで、とてもおもしろい話があったので、書き残してみる。



自分

線維筋痛症にせよ、慢性疼痛にせよ、痛みから逃げようとすると逆効果だ、ということは本で読んだんですね。

ある本には「パーティに招いてもいない嫌な親戚のおばちゃん」、

別の本には「痛みのモンスター(ただし実体も力もない)」と書いてました。

また「ロバが杭につながれて、もがくほど縄が食い込む、という禅の言葉、繋驢橛(けろけつ)」を紹介している本もありました。


なので、最近は「痛みさん、こんにちは」と言うようにしてます

まぁ、毎回は無理ですが(笑)



カウンセラー

それはいいことですね。

うちにくる方の中には、不快事象や症状に名前をつけている人もいますよ。



自分

名前ですか!

それは面白いですね。たとえばどんな名前ですか?



カウンセラー

ある方は「スナフキン」と呼んでました。

ふらっとやってきて、ふらっと去っていく。

いつ来るかは分からないし、彼のありようを変えることもできない、ということですかね。



自分

スナフキン

面白い、実に面白い……ストンと落ちました。

(このあと別の話題雑談



自分

そういえば、正月たまたま早く目が覚めて、NHKBSの慢性腰痛特番と、NHK総合スヌーピー映画を見たんですよ……

前者は慢性腰痛メカニズム後者安心毛布をどうしても手放せないライナスのお話でした。



NHKスペシャル腰痛治療革命 ~見えてきた痛みのメカニズムhttps://goo.gl/w4u4Y0

アニメ Happiness is:「スヌーピー幸せブランケットhttps://goo.gl/gvjAOs



自分

ひらめいた!

私は痛みを「ルーシー」と呼ぶことにしようかと思うんですが、どうでしょう



カウンセラー

いかもしれませんね。



自分

いいでしょう?

ルーシーは、いつやってくるか分からないし、理不尽だし、

でも、チャーリー・ブラウンライナスも、それはそれとして生きている。

野球チームにもいれてやるし、家から追い出したりもしない。



カウンセラー

ルーシーに乗っかかられたら、それはそれで痛いですしね。

痛みを否定することはせず、痛みは痛みで受け止めて、できることをやる、いいことですね。



自分

そんなルーシーが、ときどき精神科医にもなるあたりが、なんともシュールですね(笑)




この日は、結構スッキリした。

2017-01-23

なんで私はこんなにキンコン西野に優しい目線なのか

年末年始に「くりぃむなんとか」の特番で「お笑いマニアクイズ」ってのをテレビでやってたのよ。

その最終決戦で「M1第一大会決勝進出者をすべて書け」って問題がでたのね。

くりぃむ有田お笑いマニア芸人が、それぞれ7~8組の名前を書いたんだけど、唯一双方の答えに出てこなかったのがキングコングだった。

アメリカザリガニハリガネロックなど他にも今はTVで観ることがないコンビもいたんだけど、唯一キングコングけが名前がでてこなかった。

そして番組でも特にそこに触れることもなく進行していった。

過去活躍もなかったことになってるこの感じがとても悲しく感じたのだった。

からみんな優しくしろなんて言う気はなくて、むしろ炎上することによって話題の中心にいられることが彼には嬉しいんじゃないかとすら思うんだが、そう考えるとなんか余計悲しくなってくるんだ。

余計なお世話だけど。

2017-01-21

アニラジについて思うこと

ここ数年アニラジをばかみたいに聞いてる。聞いてるのは文化放送地上波)・超!A&G+・ラジオ大阪配信)・ラジオ関西配信)・音泉・響・アニメイトタイムズLantis Web Radio・ニコニコ動画の各公式チャンネル

こないだ数えたら週にン十時間聞いてた。隔週の番組特番ニコ生の類い入れたらもうちょい増える。

それで思ったことをだらだら吐き出してみる。

特定アニメゲーム宣伝をするための番組

難しいなぁと思う。

宣伝を謳っている以上は、知らない人に広める意味合いもあるだろうから、知らない人にも向けて番組を作らなければいけないという事情は分かる。

しかし既にその作品に触れている人間からすると、不満が残る。およそ30分の枠の中で、7〜8分くらい先々週辺りの放送内容に触れたメールを読んで、残りはタイトル無関係企画コーナーと公式サイトに載ってる宣伝の読み上げでは物足りない。正直出演者個人冠番組でその作品の内容に触れているのとさして違わないとさえ思う(下手すればそっちの方が濃い話してることさえある)。

かと言って本編について深く切り込んでトークしたり、原作者プロデューサー監督など、スタッフゲストに呼んで深く話をしてしまうと、その作品を知らない人が引いてしまいかねない。

いろいろ事情があるのは分かっちゃいるけど、ファンとしては物足りなくなりがちなのが現状。



あと出演者間の作品知識格差があるのも怖いなぁと。ずっと続いてるシリーズものの最新作の宣伝ラジオ番組ありがちなんだけど、あんまりその作品詳しくない人達の中に、一人だけ本気でその作品シリーズに入れ込んでる人が入っちゃったタイプ番組

詳しい人がその作品絡みのネタを言ってしまって、他のパーソナリティが誰も返答できず空気が凍って、ちょっと間があって構成作家と録音ブース外にいる作品スタッフだけ笑ってるみたいなフォローが入るのは、聞いててマジで辛い。そのネタファンには笑えるものであればあるほど辛い。「この人ホームという名のアウェーで戦ってる……」ってなる。

かと言って詳しい人が複数人いて濃い話をするラジオ(例1:出演声優作品の大ファンプロデューサー。例2:出演声優作品の大ファンゲームライター)は、誰かよほど司会の上手い人がいないと「これ面白いし俺は好きだけど、マニアしか面白がらないし宣伝にならないのでは……」ってなっちゃうわけで。



あと深夜アニメラジオは3ヶ月で終わったり、放送が終わったら隔週や月一更新になって、さらに3ヶ月やって最終回みたいなの多いよね。寂しい。続編あってラジオの2期始まってもスケジュール関係パーソナリティが変わってたりするし。一方でゲーム番組だと3ヶ月の予定が10年以上続いたりもするけど。

できないことを笑いにする企画

個人的に嫌いなだけなんだけど。特にエチュード即興演技)のコーナー企画

もちろん、できる人がやるなら面白い。でもできない人は本当にできなくて心底グダグダになる。即興ギャグ考えろみたいなのは嫌いじゃないけど、エチュードは長いじゃん。5分も流しておいてオチねえの!?とかあるあるしか面白くしようとして、でたらめなシチュエーションと配役でやらせようとしがち。余計にグダグダなっちゃう。

そのグダグダさを楽しめる人ならいいんだろうけど、ただまとまりが無いだけに見えるのよね。あと出演者の力に頼りすぎ。

こういう企画が多いのは、グダグダなことの人気があるからなのか、それとも構成作家の手抜きなのか……。

季節ネタ被り

最近は「あけおめ→でも収録はクリスマス!」ネタと「1月第3週だけど収録的には今年明け!」ネタうんざりするほど被る。

番組が毎回冒頭でこれ言ってる。言ってないのは生放送番組くらい。

台本に書いてあるのか、各人が自分で言ってるのかは知らんけども、それは個々の番組聞く分にはいいけど、その局・サイトを開きっぱなしで垂れ流してる人間としては、またそれか!ってなるわけですよ。

しか伊福部崇が「たぶん今週の番組はみんなそういうこと言う」みたいなことを月曜深夜の番組で言ってるのを聞いた上で!正月に限らず、節分とか祝日とかそういうネタも全部!毎週この伊福部という名の悪魔によるネタ潰しを食らった上で何度も何度も聞くわけですよ。キツい!

フリートークきっか時事ネタが被るのもキツいけどね!

男性声優番組

男が聞いても面白い番組けっこう多いなーって思った。甘い声でささやくコーナーとか乙女ゲーCMとか欲望だだ漏れシチュエーションドラマCDCMとかそういうとこ無視すれば。

でも子供になってひたすら甘やかされるシチュエーションドラマCDいいなぁ……。男性向けの企画無いもんかなぁ……。

番組で実際にトークしてる時間が短けえ!

箱番組と告知とパワープレイ事実上30〜40分しか尺がない1時間ワイド番組って、僕ぁどうかと思うんですよ。

そりゃ色々大人の事情もあるんでしょうけども。番組続けるにはそういう努力必要だとは思いますけども。




だんだん特定の局の愚痴になってきたので終わる。

2017-01-12

abemaTVに助けられた

http://anond.hatelabo.jp/20170112022512

2016年8月台風10号観測史上初めて東北地方太平洋側に上陸した。

東北人だが、この時仕事TVラジオレーザーディスクもない現場に居り

外は雨風が強くなってきて、台風の詳しい状況が知りたいのに、天気予報サイトは1時間おきの静的更新

ワンセグ地上波は天気情報の時だけ、そういう状況でabemaTVの天気チャンネル

台風特番実況中継と化しており、同じソースを元にキャスター気象予報士が喋っているだけだが非常に心強かった

この台風豪雨河川の氾濫土砂災害で大きな被害が出た地域を、この放送で何か救えたか

もし見ていたら違ったか、というと難しいだろうが

車で帰宅中に風で煽られないかピークを過ぎるまで現場で何時間か待ったほうがいいかなどの

判断材料になり、俺個人はとても助けられた

2017-01-08

170108ガンダム鉄血のオルフェンズ特番はじまるよー

(一部地域を除く)

BSでもセカンシーズン放送

テレビ朝日Mステ特番データ放送プレゼントC賞の当選電話

非通知でかかってきています

金曜日の昼12時台にかかったのはそれなのでしょうか

発送は1月下旬2月頭頃です

2017-01-05

今日

番組分割か

ややこしいなぁ!

特番だけだ!

我慢

2017-01-04

むっちゃ分かる

http://anond.hatelabo.jp/20170101194020

料理に関しては女性がするのは日頃やってるだろうから得意っていうので分かるんだけど、お皿を下げたりコップを用意したり出来た料理テーブルに持っていったり、そういう誰でもできることすら手伝おうとする気持ちがない!そして感謝もない。

正月とか親戚とかは関係ない話にはなるが、

うちの場合は兄がいる。母親が何でもしてあげるからただただ享受してる。兄が仕事から帰ってきたら母は「ご飯は◯◯よ〜 △△は美味しいから温めとくね」とかって優しい言葉をかけてあげながら飲み物(お水)を用意してあげる。ご飯もついであげて、兄は食べ終わった後は片付けずに部屋に戻る。兄から母への感謝言葉は一度も聞いたことはない。

わたしがいる時は「それくらい片付けたら?」って言う。言わないとしない。

ちなみに兄は40歳超え・独身・たぶん童貞・100kg超え・ハゲ・部屋が汚い&臭い仕事場でもたぶん臭いやつみたいに思われてる。雑巾臭みたいなんするやつ。最悪やんね。

良いところもあるけどね、平和的で優しいところ。(わたし喧嘩っ早いので尊敬する)でもそれだけじゃ彼女はできん。

こんなどうしようもない兄が何で家で堂々と母親メイドにしてふんぞり返ってるんだ?身の程を知ったらいいのに・・・

元ネタにある、テレビ正月特番)に対して偉そうにコメントするっていうのがあったけど、それそれそれってなった。

ちなみに両親の出身九州九州って男性のふんぞりかえり方はんぱない。女性はそれに従うしね。親戚集まった時まじで苦痛

2017-01-03

http://anond.hatelabo.jp/20170103231254

年末年始のほかの特番ってもっとまらないんだよな

確かに。

そこは盲点だった。

紅白も笑ってはいけないもつまらないのは同意だけど

年末年始のほかの特番ってもっとまらないんだよな

から今年は一切テレビつけずに過ごしてる

ネットレスバトルのほうがちょっかい出せる分まだ面白い

2017-01-02

山野裕子という歌手について

学園祭学園のギターボーカルでおなじみの青木佑磨さんが、超!A&G+『青木佑磨ミュージック+30』でココロ図書館エンディングをかけたとき、「この山野裕子(やまの やすこ)さんなんですけども、マジで誰だか分かんないです」「(ネットで調べてみたけど)何者なのかも分からないです」と発言していた。これ以外にリリースが無いらしい。

マジかー……と思って軽く調べてみたら、詳細じゃないけど情報は多少出てきた。



まず『極上生徒会』の主題歌CDがひっかかり、おや?と思う。どうやらカップリングの『田村ゆかりのいたずら黒うさぎエンディング曲作詞をしていた模様。

その歌の作曲をした橋本由香利さんのブログもひっかかる。そこからリンクされていた山野さんのブログは消えていたが、WaybackMachineに記録が残っていた(更新2006年12月で止まっている)。

https://web.archive.org/web/*/http://madonosoto.exblog.jp/

もうひとつあるのだが、こちらのブログはWaybackMachineにも記録が無い。橋本さんのブログからすると2011年1月頃にはあったようなのだが。

http://aruhinokotoba.jugem.jp/




それらのブログから分かったこと。わずかだが情報が無いというわけではなかった。

橋本さんが知り合いのようなので、(許されるなら)直接聞けばもうちょい情報が出てくるんじゃなかろうか。



本当はこれを番組メール投稿でもすべきなんだろうけど、そうもいかない。というのは、肝心のミュージック+30はクリスマスの深夜に無事最終回を迎えているし、その後の特番ももう終わっているからだ。そもそも俺が聞いたのは翌週のリピート(※)でのことだったから、なおのこと今さら感がありすぎる。そしてこの文章も一旦寝かせてしまった。だから送るに送れない。でももったいないか増田晒しておく。

※この番組は隔週更新だったので、更新の無い週の放送時間帯は前週のリピート配信をしていた。つまりこれは既に1週間遅れの話題だ。

それではブラジルのみなさんと青木さん、さようなら

元旦が嫌い

まず、長ったらしい挨拶が鬱陶しい。

人に会う度に、「新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします」ってなげぇよ。

1回で済むなら甘んじて受け入れてやってもいいけど、何回も何回も何回もなんなん?

更にそれに対しての返答挨拶もあるから往復で2倍ですよ。

近くで挨拶していたら、(あ、次の次の次位が俺の番だな…)って長ったらしい挨拶終わるの待機していないといけないし、そわそわするし!

そら、あけおめことよろって略したくなるわな。

で、ソシャゲとかで略した挨拶するとNGワードにひっかかってまた鬱陶しい。

次にテレビがつまらなさすぎる。

特番かいらんから通常放送してくれ。

なんか正月から張り切ってます、めでたいです感が疲れる。

生放送ともなると忙しなくて見てるこっちの心がザワザワするわ!

あと、ジジババの張り切り具合がハンパない

都会は知らんが、地方の俺の周辺じゃ年末年始はジジババの出現率アップ。

道端やスーパーはもちろんコンビニでも遭遇する。それはまぁいいんだけど。

食わせようとしすぎ。食いもんの量が半端ないお腹いっぱいだからもういいって言っても聞かない。

全く手をつけなくなったら、しょんぼりしだす。なんか罪悪感抱くわ。

どこ行っても混んでるし、なんか浮かれた空気あるし、ろくなことがない。

お年玉貰えた少年時代は、あんなに楽しみだったお正月。いまや億劫しかない。

2017-01-01

正月男尊女卑

正月は父方の祖母の家に集まって過ごす。よくあることなのかもしれないけれど、女性が全ての支度をして、テレビを見ながらお酒を飲む男性陣に振る舞う

揚げ物をして、油のにおいに酔った頃、くたびれた油で揚げたカキフライを食べる屈辱。それを幸せなお正月とする場にいなければならない停滞感。

そして食器を下げて洗い物をする。

はいい。偉そうに指示をしてきても、育ててもらった恩があるから叔父も従兄弟もいい。親戚とはい他所の家のことだから。でも兄が当たり前のように先に食べて、ようやく席についた私に「お疲れ」と言ったのが許せない。洗い物を拒んで、なにもせずにいて恥ずかしくないと言ったことに腹が立つ。

おそらくは私の方がたくさん稼いでいて、残業もしていて、日頃から家事をしているのに。それを当たり前と見なす親戚一同に腹が立つ。なにもできないくせに。無能が。と心のなかで毒づく自分も、口に出して「なんでしなくていいと思ってるの?恥ずかしくないの?大して稼いでもいないくせに!」と罵った自分も好きじゃない。

早く自分アパートに帰りたい。

正月特番に対してまた偉そうにコメントする親戚の声にうんざりする。

年末年始特番がらみでピコ太郎を初めて見た

世の中の評価としては面白さがわからないみたいな言い方をあちこちからされていて

ああ、一発屋宿命だよね…と

 

私が感じたのは、そもそも面白い面白くないという評価自体が間違いで

表すなら「リズム感が良い」くらいのレベル

 

料理している人に面白いですねっていうのはおかしいし

ビル建築している人につまらないですねっていうのが

的外れなのと同様、ピコ太郎にはノリが良いですねっていうのが正しい

 

なので、曲を聞いて笑ったり、動きを見て笑ってる人は

感覚おかしいんじゃなくて単に失礼

2016-12-24

サンタ都市伝説

http://anond.hatelabo.jp/20161223233004

俺はその増田とは別人だけど、

うち別に創価学会でもないのにクリスマスを祝う文化がなかったんで(貧乏なだけだが)

俺は3歳か4歳頃には既にサンタなんかいないと思ってたよ。

まあクリスマスプレゼントが欲しくても貰えないんで信じようが無いだけだったのもあるだろうが、

幼稚園の時のクラスメイトが「うちにサンタさんが来た!その証拠サンタさん写真を撮った!」と自信満々に提示してきたものに映るのはどう見ても赤い服を着てつけヒゲ姿のソイツの父親だったのに、

なんで実の息子が気づいてないのか理解に苦しんだし、

子供心にも何でこんな謎な嘘が世界共通しているのか、意味はないだろうと考えていたし、今もイマイチピンと来ない。

ただ、オカルトは大好き。

今のオカルトは、宇宙人ガー幽霊ガー秘密結社陰謀ガーと喚く、頭のおかしい人の珍説嘲笑って見守る趣味しかない。

週刊マガジンMMRだって、なんでもかんでも無理矢理世界滅亡へとこじつけロジックゲラゲラ笑うために指示されてきた。

オカルト知識豊富で、それについて言及することが多い有名人伊集院光大槻ケンヂなど)だって結局はオカルトを斜めから見ておちょくるスタンスだ。

宇宙人実在する!」とか書き散らすオカルト雑誌編集側の人間ですら、真に受けた読者が送って寄越した電波とお花畑満載の手紙を受けて「こいつらマジで信じてるのかよ、もう手に負えないと思った」と暴露している。

もはやオカルトは送る側も受け手側も、全員ニヤニヤ斜め上視点で何をしたいのか訳がわからない領域にきている。

その究極が年末のたけしのオカルト特番

番組内でやりあっている大槻教授と韮澤社長普段は仲がいい。

趣味」で片付くならまだいいが、オウム江原や細木レベルにくると話は別。

オカルトマニアこそ、そういった連中やエセ科学は徹底的にやる。

まりオカルトを本気で信じ込むバカは今の時代あんまりいないってこと。それを踏まえて楽しんでいるのだ。

2016-12-23

やりすぎない都市伝説

陰謀論企業名出してありもしない話をして怒られたせいか

最近は実際にあった歴史の話、神社仏閣の紹介、交通事故映像を見せて「信じるか信じないかは…」とかいう。もう、都市伝説でもなんでもない。事実をただ述べるだけ。

看板関暁夫は、オカルト御大あすかあきお先生モノマネをしてるだけだし、フリーメイソンフリーメイソン言ってるけど

オカルト業界では30年前に「ただの慈善団体」と認定されて陰謀は無いということになり、とっくにトレンドが終わっており、

まり30年前のムーに書いてあったことを喋っているだけ。

フリーメイソンと言っても何も危険ではないし、

しろ近年のフリーメイソンは会員数が激減して存続が危ないので率先して情報公開して会員を募っている。

百歩譲って、大企業フリーメイソンだったとしてなんなのか。

そもそも、関が都市伝説カフェなんてのをやっているが、

若い女の子客にはデレデレして話続けるのに

子連れや男の客は全く無視して接客がなってないと専らの評判。

関の著書に「この先は危険すぎて本に書けないので俺のカフェに聞きにくるように」とあったので聞きにいった男性客が

「続き教えてください」ときくと

自分で考えろ」と一言だけ言われて、若い女の子の客に付きっきりになったそうだ。

元々、性格の悪い芸人として有名だったのだが

そのせいで、自分に関するいらぬ都市伝説()のほうが広まっているようだ。

そもそも各オカルト業界著名人から総すかんを食らっている時点で、お察し。

年末特番のたけしと大槻教授番組こそ、真のオカルト番組

2016-12-07

ペーパードリップコーヒーやかんムズイ

宮崎駿の例のNHK特番見てコーヒー始めてみた。

お湯を注ぐのすら難しい。

安価なほうろうのそこそこコーヒー用の口が細いやかんを買ったんだが、

お湯を注ぐのにもコツが必要

なれるまでコントロールできない。

ペーパーに直接当てないように、

なんて、簡単なことだと思ってたけど、

意外とやってしまう。

すーっと、コーヒー豆の触れずにフチをしたたり落ちてしまうので

コーヒーが薄くなってしまうそう。

このやかんは赤くてかわいいから気に入ってるんだが、

コーヒー用のもっともっと注ぎ口の細いやつは良いんだと思う。

1つ、口が細くてお湯を注ぐとき制御やす

2つ、持つところが熱くない(笑

笑ってしまうけど、ほうろうのやつは直鉄なので、ふきんに包んで持たないと熱い。

これもやかん操作性に大きく関わってくると思う、

ふきん1枚と思いきや、これが微妙操作邪魔するんだと思う。

3つ、コーヒー用のいいやかんは、少し傾けただけでお湯が出てくる(と思うので)

それも、注ぎやす制御やすさの長所かなと思う。

今使ってる赤いほうろうのやかんだと、

結構急角度に傾けないとお湯が注げない、

意外とこれをコントロールするのが難しい。

出過ぎたり、出なかったりと均等にならない。

ペーパードリップうめー!って思ってたけど、

やかんからしてムズイのに気が付いて楽しい

まあ、自分が注ぎ方が不器用なのもあるんだけどね。

明日はいい気に入る味のコーヒーできたら嬉しいな。

2016-11-22

anond:20161122195112

明日NHK北斎特番があるみたいだけど、こういうタイミングに合わせて宣伝できれば違うんだろうになあ もったいない

2016-11-10

声優の出演するラジオ映像番組を探すのがつらい

例えば、ニコ生。ほぼ毎日何かしら声優が出演する番組がある。アニメ特番だったり、声優冠番組だったり。

見逃さないために、番組表ユーザーじゃない方)を全部チェックしている。「声優」とか「アニメ特番」のタグで探せばいいと思うかもしれないが、それだと抜けが多いし、結局その日の番組表を見ることになる。

さらに、ニコ生じゃなくて、AbemaTVでやってる番組もある。

それでも番組表があるだけマシかもしれない。YouTubeで公開されてる場合もあるから。「かやのみ」とか。

そして、ラジオの方はもっとカオスだ。

とにかく本数が多いのが超A&G映像付きだったりするのでラジオと言うのは微妙かもだけど、毎週160本以上ある。それも、深夜帯でも生で視聴しないといけない過酷な状況。あと画質悪すぎ。ゼロ年代初頭かよ。

地上波ラジオでは、超A&Gではやってないけど文化放送でやってる番組がある。あと文化放送以外のチャンネルでも「ミュ~コミプラス」とか「らじらー!」のゲストをチェック。

ネットラジオだと、だいたい音泉と響にまとまってる。それぞれアプリ版があるのも良い。公開期間はだいたい1週間くらいなので、移動中に聴けばいい。でも、なんで2社もあるんだよ、合併しろ

それ以外に、アニメ公式サイトで公開されているラジオ番組もある。今期だとWORKING!!(猫組)とか。

それでも、お気に入り声優番組だけ聴けばいいって思うでしょ? でも、ゲストとして普段聴いてない番組に出ることもあるので、チェックする範囲がどんどん広がっていくわけで。

結局のところ、どこにも出演情報がまとまっていないのが問題だと思う。番組を探すのに毎日時間を使うのは不毛だ。

というわけで、声優の出演する番組情報をまとめたサイトを作ったので宣伝

http://koeban.com/

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん