「アダプティブ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アダプティブとは

2021-06-15

コロナ禍の教育格差」を直視しない“深刻すぎる”日本実態

報告書では、英国学校で広く使われているStar Assessmentsと呼ばれるReading(国語)と算数数学学習成果について、2019年11月データを用い、2020年11月時点での結果との比較を行い、学習の遅れ(ロス=損失)の推計を行っている。

過去学力調査との比較可能にするデータからこそ、このような推計ができる。

日本で同様の分析や報告が行われた形跡を、寡聞にして知らない。両国間で、全国的な規模での学校閉鎖の時期や期間がほぼ同じであったこと(ただし、新年度が何月に始まるかといった違いはある)をみれば、教育担当する行政調査機関マスコミ社会の関心度の違いのあらわれといえるだろう。

さらには、いざというときに、このような分析可能にするデータの蓄積や分析手法の開発という点での両国間の能力の違いのあらわれだということもできる。

日本で多額の税金を使ってほぼ毎年行われている全国学力・学習状況調査は変化を捉える設計で行われていない。そのために、今回のような緊急事態に直面した際に、学習の遅れを測定するためのデータとして使うこともできなかった。

学習評価専門家はそのような調査設計(項目反応理論を応用したテスト開発)を提唱してきたが、その提言に従い、異なる時点間の比較可能にするデータを構築するための方法を取り入れてこなかったのである

その結果、莫大な税金を投入してきた全国学力テストは、社会の変化に対応するための政策研究資するデータとしては、役立たずであったと言っても過言ではない。

マスク”に覆われた不平等…「コロナ禍の教育格差」を直視しない“深刻すぎる”日本実態

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/83804

記事の大部分は、イギリス報告書をもとにした、休校による学びの遅れの指摘ですが、著者の主張は、「評価意思決定のためのデータを集める体制が整っていない」ということですね。Twitterでの反応が「格差社会ガー」「政治ガー」ばかりなのが残念ですが。私も、昔いた教育系の職場で項目反応理論 (IRT) を調べて、ちょっとしたプログラムとかを書いていましたが、非同期的で、個々人に合わせたアダプティブ教育が求められる今こそ、必要領域だと思います。もちろん、ちまたの「AI教材」を売っている会社はそれをやっているでしょうし、IRTよりももっとモダン理論があるかもしれませんが。

2020-11-10

PS5の真価は、PS5用のPSVRゲーム販売されたときに発揮される

いよいよPS5が発売されます抽選は全部外れましたが、引き続き抽選には参加し続けるので、いつかは手に入れます

それはそうと、PS5のそれぞれの新機能機能向上は既存テレビに映すゲームにも勿論効果があるでしょうが、それ以上にそれらはPS5用にVRゲーム効果がありそうだと、以前から思っています

PS5の発表済のゲームでは、ヒットマン3がVR対応になっていますが、通常のゲーム兼用のため、そこまで作り込まないのでは、と思っていますVR専用のゲームが出るのが、非常に楽しみです。

2017-03-22

ADAS(先進運転支援システム)がてんこもりクルマに乗り換えて1年、約3万キロほど乗った。

プリクラッシュセーフティPCS)、アダプティブクルーズコントロール(ACC)、レーンキーアシスト(LKA)などに常に守られる運転環境で1年。

率直に言って、車の乗り方が変わってしまった。

信号で停止した後は前を見なくなったし(先行車が動いたのを教えてくれるから)、

ちょっとでも疲れると、一般道だろうがカーブだろうがすぐにACCを入れる。

どうせ勝手に止まるからと、車間距離は近くなり、

「前はもっとはやくブレーキ踏んでたよね」と同乗者に言われる始末。


これらを適応の結果とみることもできる。

実際、この車では事故は起こしていない。この車では起こしようもない。

さて、いま、安全装置が一切ついていないクルマに乗り換えようとしている。

かつての運転の楽しさは取り戻せるだろうか。

あるいは、事故を起こして死ぬのだろうか。

2015-06-16

内海聡さんの主張

障害者の親は一生反省してもらってけっこう

http://touyoui.blog98.fc2.com/blog-entry-383.html

という記事で、内海さんの主張していることをまとめてみました。

内海さんは「障害者の親は一生反省してもらってけっこう」と主張する根拠として5つの要素を挙げています

精神医学脳科学の嘘
ワクチンや食毒が子どもにどう影響するか
母体に残る毒の蓄積とアダプティブシステム
先住民の子孫の作り方と彼らの高尚さ
⑤これをどうして現代医学科学は教えないのか

精神医学脳科学の嘘

で言われていることは

長くなるため理由は省くが、そもそも自閉症発達障害知的障害など存在しない。
患者を何千人と見ていれば、誰でも気付くことができる。
一部の良心的な精神科医でさえこれは認めている。

ということです。

ワクチンや食毒が子どもにどう影響するか

で言われていることは

自閉症発達障害知的障害の原因の最たるものワクチンである
その証拠に、ワクチンを使わない民族であるアーミッシュ自閉症発症率は低い。
これは何者かの意思によって行われていることである

ということです。

母体に残る毒の蓄積とアダプティブシステム

で言われていることは

フランスの高名な産婦人科ミシェル・オダンによれば、妊婦生活によって溜まった「毒」の多くは胎児に流れる。
毒が流れた胎児子宮内で体を作り変えねばならない(そのせいでいわゆる"障害児"が生まれる)。
現代妊婦羊水プラスチック臭いのがいたり、妊娠が最強のデトックスと言われる理由はこれである

ということです。

先住民の子孫の作り方と彼らの高尚さ

で言われていることは

先住民や100年前の日本を見ると、障害児はほとんどいない。
それは、妊娠する女性栄養価の高い食品を与えるためである
今の日本人妊娠している時期に栄養状態をよくしようとしていないせいで、障害児を生んでいる。
から、そもそも障害は遺伝ではない。

ということです。

⑤これをどうして現代医学科学は教えないのか

で言われていることは

「なぜ昔はいわゆる障害児がいなかったのに、今はたくさんいるのか」を証明することは難しい。
解明するには科学だけでなく歴史的視点必要になるが、医学者や科学者にはその発想がない。
彼らがダウン症が生まれる原因を高齢出産だと思っているのは、着目しているところが違うからだ。

ということです。

まとめ

最後のまとめでは

以上のことを直視できない者しか今の日本には残されていない。
地球日本を汚してきた親たちは被害者ではなく、子供に障害を残す加害者である
本当に反省している親は障害を認めたり正当化したりはしない。
それらは業界がふりまいた嘘であり、反省しているならその嘘を見抜くべきだからである

と書かれています

文章てにをはが所々怪しいので意図を掴むのが難しいのですが、だいたいこんなところだと思います

内海さんが言いたいことには矛盾があるように見えます

まず、内海さんは「この世に自閉症その他など存在するわけありません。」と書いているのですが、あとのほうで「アーミッシュ自閉症発症率は日本の300分の1。」と書いています。あるのかないのか?

どうやら内海さんの言う「自閉症発達障害知的障害」には

単にその症状としての呼称と、理念としての呼称の2種があるようです。

まり、一般に自閉症etc..と呼ばれる症状自体は認めているものの、それを生みだす因果関係における定説、たとえば遺伝説など……は否定しているのです。

そして、その症状を生む本当の原因は、悪しき生活態度にあるのだ、と言いたいようです。

その証拠に挙げられるのが、「アーミッシュ」や「100年前の日本人」のような人々には障害児はほとんど居なかった、ということです。

から、障害児の親は悪しき文明の利に溺れて子供に「毒」を送り込んだ「加害者」であり、そのことは反省するべきだと、そう言いたいようです。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん