「ゲイ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ゲイとは

2016-05-28

おかま系統進化

唯登詩樹エロ漫画をめくったら「おかま」という表現があり、おっさんながら頭がこんがらがる思いだった。

今ごろはなんて言ったっけ、とやや混濁しながらも、ニューハーフホモバイゲイと浮かんできてやっと「男の娘」にたどり着いた。

おかまは三変化位を経ながら男の娘として可愛らしく綺麗な印象で萌として昇華していたのだ。

そのうえ男の娘男性にも許容可能性癖としてマイルド進化し、オカママスコミの力でお笑いゲテモノ化した。

ニューハーフは深夜のバーの特権になり、ゲイ政治舞台で度々注目を浴びて日の当たる場所へと踊りだした。

そんな中で男の娘エロスだけを抽出されてファンタジーとして存在している(AV男優もいるけど)。

三世代の時代を経ていることを想起できたことも面白かったが、二次元三次元で受け取られ方が枝分かれしてるのは面白かった。

ちなみに目に見える男の娘初出はストッひばりくんだそう。男の娘は洗練されオカマ分化する、という話。



おっさん速報でした。

2016-05-25

キャップゲイにという話で思ったけど政治的に正しいシェイクスピアというのももうあるんだろうな

2016-05-23

ゲイセックスといえばアナルセックスってイメージになってるけど

兜合わせって気持ちよくないの?

http://anond.hatelabo.jp/20160523042652

心理的傾向が脳状態に付随するという意味ではペドフィリアゲイと同じく脳が違うんだとは思うが、

ゲイ胎児期のホルモンタイミングの違いが原因であることが多く、

ペドフィリア学習による要因が大きいと思ってた。

前者は『科学でわかる男と女になるしくみ』か『科学でわかる男と女の心と脳』、

後者は『犯罪心理学 行動科学アプローチ』を読んだとき記憶による。

http://anond.hatelabo.jp/20160522183632

ペドフィリアなどは、ゲイと同じように「脳が違う」にもかかわらず、

「いや、ペドフィリアは別っしょ」という扱いを受けていますからね。

(少なくともホモセクシャルな方々と比べて、ペドフィリア擁護する声は大きくないでしょう)

人は、何か差別対象を見つけて、「自分たちあいつらとは違う」といいたがるものなのかもしれません。

それが少数であればあるほど排斥やすい、そういうことなのでしょうね。

2016-05-22

http://anond.hatelabo.jp/20160522183632

そのゲイの部分をオタクに変えればオタク日常的に言われてるようなことになるのに、オタクって平気で差別するからクソだよな

とある飲み会で「◯◯さんってゲイらしいよ、気持ち悪い〜〜」って盛り上がってた。

メンバーは男女両方。

ちなみにオレはバイだけど言ってない。

メンバー社会的にはマトモな人たちで、マトモに会社勤めして、マトモな趣味で、マトモな考え方の人たち。

昔は「ホモキモッ!死ねwww」ってのが当たり前に受け入れられてて、公の場で言っても大丈夫だった。

でも今公の場でそんなこと言ったら結構ヤバい

しか飲み会とか、どうせ周りはストレートばっかだし大丈夫。(そんなことないけど)

昔女は男の付属物で、女は子供生む機械という発言はOKだった。

そして今、子供生む機械ゲイバカにしている。

人間というのはマジョリティになれば何でもありなのだ

2016-05-21

http://anond.hatelabo.jp/20160521113820

ゲイ比較的新しい言葉から定まってないんだろう

日本では

性自認が女である男は「オカマ

であり、

男が好きなのは性自認がいずれであれ「ホモ

と呼ばれていた

ゲイバーも「オカマバー」って言ってたと思うが記憶あいまいだし調べる気は無い

LGBTについて勘違いしてた

一時期流行った「性同一性障害」の影響か

いわゆるゲイが「男が好き」っていうのは心がオンナだからなんだと思っていた

一般に「ゲイ」は体がオトコで心もオトコ、性嗜好もオトコのことなのだそう

体と心の性が一致しないのは「トランスジェンダー」なんだと



なんなの?

じゃあゲイバーあいつらはなんなの?

女装してるアレは「ゲイ」じゃないの?

あの喋りは「ゲイから」じゃなくて「ゲイバーで働いてるから」なの?

マツコは?あれは男性俳優さんに「いいオトコねー」とか言ってるじゃん

女装中性的な服着てるけど本人的にはどう思ってるのかな

ギャグ漫画でムキムキマッチョが女の服着てて主人公が「げぇー」とかやってるのは?



わかんなくなっちゃった

2016-05-20

同情も気遣いもいらないから、ただほうっておいてほしい

低スペ人間として言わせてもらいたいのは、いいかげん男女を問わず、低スペ人間存在するという現実に目を向けて欲しいってこと。

親や親類や旧友が「いいかげん結婚したら?」みたいなことを言ってくるけど、正直、自分日常結婚イメージできるような環境にはない。

そうしたことを言うと、必ず「努力しないから」とか「逃げてる」「自己卑下」みたいありがたいアドバイスをくれるんだけど、

俺は自信を持って日常生活の中で「逃げ」や「怠惰」な部分はないと断言できる。



ただ、物心ついた頃から「人並みのことが人並みにできない」という自覚はあった。

今で言えば発達障害なり何なりと診断されるんだろうけど、そんな診断をされたところで役に立たないから、

とにかく必死こいて人並みについていこうと努力し続けてきた。

それでも人並み以下の結果しかでない。そんな毎日を生き続けている。

挫折自己嫌悪負けん気だけで30年以上を生きてきた。



ついでに経済的に恵まれていない家庭に育ったから、人並みの消費文化を楽しんだこともない。

海外への家族旅行どころか、修学旅行以外に旅行に行ったこともないし、

ファストフード店以外の外食ほとんど経験ない。そういうことも多少のコンプレックスではある。

金がない生活骨身に染みると、趣味や遊びに金をかけるってことが感覚として理解できないんだ。

ネット無料で楽しめるものがあるからネット使えるようになってからはたいぶ生活クオリティは上がったけど)



だってちょっと気を抜けば落伍者になりかねないという不安と戦っている。

まれついての低スペ人間というのは、アクセル全開でも法定速度以下しかでない自動車みたいなもんなんだ。

かといって、ハード知的障害者と違って国や周囲のサポートもない。

とにかく必死で食らいついていく。そういう生き方しか残されていないんだ。



それにも関わらず、周囲は呑気に「結婚したら?」「結婚しないと人並み以下」とプレッシャーをかけてくる。

特に一番言われて辛いセリフは、「もしかしてゲイ?」とか「その歳で童貞とか死にたくならない?」みたいなからかいだ。



ただでさえ、他人コミュニケーションしたり、着実に段取りを踏んだり、凡ミスを防ぐのが難しい脳みそで、

一般人ならすぐに慣れるような仕事でも、毎日怒られながらこなしていくしかできないのに、

これ以上のものまで求められなければならないのか。そうしないと人生落伍者のように扱われるのか。

そもそも、人間関係のものから喜びを得られない体質なんだぞ。自閉ってのはそういう意味だ。




確かに高度成長期時代は、俺くらいのアホでも周囲がお膳立てをして見合い結婚できたかもしれない。

だけど、人並みのコミュ力を前提とした恋愛を経なければ結婚できない現代において、

俺みたいなポンコツが結婚(して更にその生活を維持)することは、ほとんど夢物語に近い感覚だ。

たぶんDV人間とか、ストーカーみたいのは、俺みたいなポンコツが分不相応に人を好きになった結果なんだろう。

(俺は特に小中学生のころ、怒りをコントロールできず軽い傷害事件を繰り返してきた経歴もある。今は落ち着いたが)



別に世の中に恨み事を言ってるわけじゃない。「軽度障害者の俺も結婚する権利がある!」とか思ってるわけじゃない。

くその逆だ。俺にはできないし、すべきじゃないことがわかってる。わかってるからこそ、「ほうっておいて」ほしい。

確かに表面上、俺は特別逸脱した人間には見えないかもしれない。

けど、それは全力で生きてきた結果として、ようやく人並みっぽく見えているというだけで、

一般人とは違ってそれ以上の余力がない。

(人並みといっても、東京住みのエリートでもないので、地方実家暮らし年収300万未満だし)



努力してきてそんな低スペなの?」って煽られるかもしれないけど、その通りだ。それが低スペの低スペたる証拠だ。

こんな内容が散らかった下らない文章を書くにも、何時間もかけてないと形にならない。

一般人なら、こんな愚痴みたいな文章なら30分くらい書けるんだろうな。



努力もせずに愚痴っているならダメ出ししてやるのも一つの優しさだろう。

でも、一生懸命に生きている人間を更に追い詰めて何が楽しいのか。

世の中には低スペの人間存在するんだ。助けれくれとは言わないから、せめてほうっておいてくれ。

少子化を加速させるという意味では迷惑をかけているかもしれないけど、それ以外では全く世の中に迷惑かけていない。

子育て政策のために独身税を取られるというなら、喜んで金は払う。

から、俺たち低スペ人間にけしかけたり、からかったりするのはやめて、ほうっておいてほしい。



普通の人なら気にかけてもらえることが嬉しいのかもしれないけど、低スペ人間はむしろスルーされる方が清々しいんだ。

いろいろ矛盾してるかもしれないけど、これ以上うまく伝えられない。終わり。

2016-05-19

ズートピア』が描くグロテスクな"多様性"

 『ズートピア』はオーウェル小説動物農場』のディズニー流のアップデートである舞台こそ農場という本来動物がいるであろう場所から都市、街に移されて、動物たちの文明化もはるかに進んでいる。また、田舎と都会という多層的な背景を採用し、人間社会の複雑さがさらに反映され、戯画化されている。戯画化で思い出したが、古くから動物擬人化させて描かれた物語は数多くあり、日本でも代表的なのはその名の通り、『鳥獣戯画』であろう。その中でも『動物農場』がモチーフとされていると断定できるのは、こと権力の逆転が物語の節目として描かれているところだ。さらに、『動物農場』の結末が、「動物主義」という思想を掲げながら搾取的な社会構造が生み出されたのは、人間ほとんど見分けがつかない"2本足で立って歩く豚"であることを考えると、もはや『ズートピア』は『動物農場』の続編的な作品ではないのかと思えるほどだ。

 しかし、私が主に取り上げたいのは『ズートピア』と『動物農場』の相違そのものではない。『動物農場』のアップデートであるなら、そもそも『動物農場』という作品が生み出された背景がそうであったように、『ズートピア』もまた同様に"子供向け"に戯画化されたものではない、ということだ。つまり、ある一定ディズニー並びにハリウッド作品を観る際にどうしても想起してしまう"勧善懲悪"とも呼ばれる単純な力関係に留まる作品として論じてしまうのは、この作品が描いている(我々が住む"先進国"社会酷似した)社会形態のを、グロテスクものとして描いているという事実を見落としてしまう、ということだ。

 「グロテスク」が具体的にどういう性質を指してるかは後に詳しく取り上げるとして、まずは『動物農場』との相似を洗い出そう。『動物農場』では既存権力の持ち主である人間を打倒しようと農場内の長老である豚が呼びかけた後、その長老と同じ種である豚が主導となり人間の打倒と、権力の奪取を果たす。権力の逆転が描かれた後、そこからさらにその権力が腐敗し、かつての権力の持ち主と酷似していく様を描いている。『ズートピア』でも同様に、権力の持ち主である肉食獣を追放し、草食獣が権力を得る。しかし、その後の社会様相の腐敗として描かれるのは、『動物農場』のそれとは違うものである。この肉食獣が追放される背景は、砂川秀樹が「男色近代社会化以前には受容されていた」という言説に対する反論として、近代社会以前から否定的に捉える見方があったことを挙げ、それが近代化社会以降にゲイに対する「病理フレーム」が形成されたことの背景にあるという指摘していたケースと酷似している。すなわち、ズートピアという街にあてはめるなら、冒頭の子ども劇において近代化文明化というものを"進んだもの"とする言説が背景にあるからこそ、その言説が暗に導き出す"野生"というスティグマが、肉食獣という属性表象として充てられた、というわけだ。草食獣であり小動物であるジュデイが警察官を、肉食獣の子どもが税の査察官を目指すということを、それぞれの属性と"相反するもの"への志向(だからこそ"自由"や"可能性"の提示となる)として挙げられていること自体に、すでにこの世界形成する言説の中に、後に肉食獣が「病理フレーム」の中に収められることを暗示している。

 『ズートピア』と『動物農場』でそれぞれ権力の腐敗の在り方が違うのは、『ズートピア』が主題として据えているのは、差別が未だ存在する社会においての振る舞いであり、また、そうした社会対峙することの難しさであるからだ。だが一方で『動物農場』と共通しているのは、たとえ既存社会構造の不当な点を糾弾したものであったとしても、新たに権力に座する者が、特定属性を以てして社会的地位を不当に貶めたり、あるいはその逆に持ちあげたりすること。つまり権力立場にあるものが、いち個体が否応なしに複合的にまとうあらゆる属性の中から任意属性を持ち出したり、あるいは見出したりして、それを根拠権力側の良いように用いることそのもの社会の腐敗を招く、と指摘している点にある。こうしたケースは今日の"先進国"社会においても行われている。そのあらゆるケースの中でも、創業者であるウォルト・ディズニーが、かつて「赤狩り」と呼ばれたハリウッドにおける排除運動に加担していたという記憶を持つディズニーにとっては、なおのこと無縁ではないだろう。なぜなら、その赤狩りこそ、『動物農場』が受容されたのと同じ背景の中で起きた現象なのだから。つまり、『動物農場』が、"反スターリニズム、反ソ連"として受容された時代イデオロギーの中に回収された結果招いた、「赤狩り」という別の形での全体主義化を経た後の問題提起をする為、違った様相社会の変化を描く必要があったのだ。では、その必要はいったいどういう形のものなのか。

 まず、そもそものズートピア』(原題も"Zootopia")というタイトルから振り返ってみたい。誰もがその語感から動物園("Zoo")とユートピア("Utopia")を連想するこのタイトルと、それが充てられた都市の姿や本編内で取り上げられている問題とを照らし合わせると、この名前一種ミスリードを引き起こそうとしていることは誰の目にも明らかだろう。しかし、このユートピアに対するミスリードを行おう、という意図製作者側にあることを考えると、一方でユートピア思想のものを全く信じていないであろう、という可能性が高いものとして浮かび上がってくる。つまり、この作品世界はそもそも、主人公にとっての、あるいはそれに感情移入するであろう観客が考える様なユートピアを描こうという意図の下では成り立っていない、と考えることも決してできなくはない。では、それなら反対にディストピアを描こうとしていた、とするのもまた違うだろう。それこそオーウェルが『動物農場』の後に出したディストピア小説『1984年』で問題としているような、監視カメラシステムを駆使した管理社会は決してネガティヴものとしては描かれていないし、作中で市長と並び権力象徴として現れる警察だって最後にはジュディに味方する。ズートピアに張り巡らされている権力構造が、一様に悪しきもの還元されるものとして描かれていないところを見ると、『映画クレヨンしんちゃん モーレツ!オトナ帝国の逆襲』において大人たちが夢中になる昭和の街並みのように、ユートピアを模したディストピアを描いている、とするのものまた違う。では何を志向していたかといえば、ただひたすら身も蓋も無く、我々"先進国"における社会現在の姿を炙り出すことにこそ本作の力点がおかれていたのではないだろうか。

 オーウェルが『動物農場』で描いたようにユートピアへの志向がある種のディストピアを生み出し、また『1984年』でディストピアは一方で誰かにとってのユートピアであることを描いてきたこと、さらに言えば今までのディズニー作品ハリウッド作品が数多く生み出してきた作品へ寄せられた批判を鑑みれば、主人公ないし観客のユートピアを描くことで何かの可能性を見出そうとする、虚構作家なら誰もが夢見る境地との決別こそが、今のディズニーが走っている地点ではないか、とすら思える。だとするなら、管理化・全体化社会兆しとして表象される監視カメラとの関係、後半で肉食獣と草食獣とが分断されてしまったと言われる前から存在する、小動物と大型動物との"棲み分け"をあからさまに感じる都市デザインマジョリティマイノリティ形成マクロでいうところの都市デザインミクロでいうところの建築様式という、物理的な段階からすでに反映されている)、朝礼時には着席を強要しながら、大型動物に合わせて設計されてるが為に、ジュディが座ると署長の顔すら見えないサイズ感の机とイスが、ジュディが"認められた"後も変更は行われず、それどころかジュディとニックに同じイスを共有させること(1人分の席に2人が座らされているのである)や、かつてジュディに偏見しかいいようがない対応をしてきたことに対して何も悪びれもしなければ、むしろジュディに対して冗談を飛ばすほどの親密さを示してみせる警察署長の態度、そして何より権力に対して何も批判的な態度を持てそうにない警察という組織が持つホモソーシャル性格をあけすけもなく描いているのは、それらに対して作品内で明確な批判が行われないということの薄気味悪さも含めて呈示しているのではないか

 だとするなら、本作が「子供向け」であるが為に、権力に対して批判的な態度を伴っていない、とするのは、少々早計ではないだろうか。確かに、ディズニー子どもを含めた幅広い年齢層の支持によって成り立っている。しかし、その中には子供と呼ばれる低い年齢層の観客もいれば、それこそ子供の頃からディズニーに触れ続けた高齢の観客だっている。そうした状況の中で、こと任意の年齢層の観客だけ取り出し、それにのフォーカスをあてようとするのは、作品もつ性質を見誤ることに繋がるおそれがある。「子ども向け作品からしょうがない」とするのは、すでに子供の在り方を規定づけるものしかないのみでなく、未だ巨大資本によって子供たちが社会へ"馴致"されるべきだとすることへの別の形での肯定にも繋がる。しかし一方で、ディズニーが「子供向け作品」の地位に就いていることも、決して無視していいものではない。ならば、なぜディズニーはずっと「子供向け作品」であり続けたかを問わねばなるまい。結論から述べれば、それは「グロテスク」だからである

 これまで述べた「グロテスク」の定義は、マサキチトセが自身の論考のタイトルに用いた『排除忘却に支えられたグロテスク世間体政治としての米国主流「LGBT運動」と同性婚推進運動欺瞞http://ja.gimmeaqueereye.org/entry/23399 に依っているところが少なからずある。しかし、ここで取り上げたい「グロテスク」については、美術観点からのものである。どういうことかというと、ディズニーアニメ製作者としての名前を不動のものにしてからずっと追及してきたのは、デザインと動きの"かわいさ"である。"かわいい"とされるものは、その多くが直線的なイメージではなく、曲線的なイメージによって、硬質なものではなく、柔軟なイメージによって構成される。これらの美学根本を辿れば、動物植物をあしらった、古代ローマ美術様式の一つであるグロテスク様式に辿り着く。ツイッター上で「モフモフ」と公式アカウント形容された『ズートピア』を形成する美的様式は、根本からして「グロテスク」なものなのだ。この2つのグロテスク」がピタリと重なり合うのは言うまでもなく、主人公ジュディの造形や仕草であり、冒頭に警察を夢見る彼女暴行を働いたキツネギデオンウサギが(警察官を目指すに値しない)弱者たる徴として挙げた「鼻をヒクヒク」させる動きが、権力関係が決定的に転覆される場面の直前に配置されていることからもわかる。

 「かわいい」は弱者の徴である。それ故に、その「かわいい」を極めたディズニーは、今日アメリカ象徴し、公的権力からも寵愛を受ける地位を築き上げた。つまり、『ズートピア』は、その地位を利用しつつ、現在アメリカをはじめとする先進諸国社会形態の描く"多様性"の脆さと「グロテスク」さを描くことと、またそのヒントや問題は、明白に誰かに取り上げられているわけでなくとも、世界のいたるところにある、この2つを描くことを目論んでいたのではないだろうか。その一例として、コロンビア女性シンガーであるシャキーラ演じるポップスターガゼルモデルとなっている動物であるブラックバックは、オスにしか角が生えていないこと。つまりガゼルトランスジェンダーポップスターであるということが、作品内で明確に言及こそほとんどされていないが造形として現れていることから見ても、決して拭い去れるものではないと私は思う。

2016-05-17

華道家假屋崎省吾海外テレビで見たのだが

日本では許されるあのゲイ的な表現(と言えばいいのかよく分からないが)…、つまり女っぽい仕草で出てくる感じで、ガーデニング番組に出ていたのだが明らかに現地の人が反応に困っている様子だったのが印象的だった。多分、現地で日本で受け入れられているようなああいプレゼンテーションって出来ないんだろうなって。

2016-05-16

長文の腐女子論を増田投稿してる人が

ブコメのやっぱり腐女子理解できないもしくはホモじゃないゲイと呼べという外野意見を気にしてるようであれば

普通に同人板とかの方が合っていると思うの…

しかカップリングという意味CPに対してブコメでの「隠語か!?俺の知ってる言葉で話せ!これだから腐女子は!」は暴論すぎて笑ってしまった

そもそもお前に向けた文章じゃないのは明白なんですが

異文化に対して理解できないと言い続けてる人は一生分かり合えないのにどうしてブコメ理解できないと言い続けるのだろう

それとも「腐女子とか関わりないけどやけに伸びてるから俺様を納得させる面白さなんだろうと読んでみたけどやっぱり俺の知らない文化時間を返せ」

という意味でのやっぱり理解できないなのだろうか

LGBT日本大企業では出世できない(バイ例外)

多様性とか言ってるけど、LGBT日本大企業では出世できない。(バイ例外)

課長ぐらいにはなれるかもしれないが、部長役員は無理。

何故ならば日本大企業では男女に求められていることが違うから

男は結婚して子どもを作って住宅ローンを組んで会社奉公することが求められている。

配偶者子どもも家も会社を辞めないための担保

担保を供出して会社への忠誠を誓った男だけが出世できる。

女は男と結婚して寿退社して、男を支えることがその求められている。

-----------------

以上、男女に求められている役割考慮した上で、LGBTに当てはめてみる。

女性から男の配偶者候補として採用されているにも関わらず、結婚しないため会社の求める人材ではない。アウト。

配偶者子どもマイホーム担保「3点セット」を供出できないためアウト。

男はカミングアウトせずに、結婚子どもマイホームまで担保を出せば出世できる可能性有り。

女は無条件に無い。

FtMMtFのどちらにしても、「子どもを作る」ということが出来ないので無理。

2016-05-15

地雷を克服したいのにできない腐女子の話

私は腐女子だ。

男同士がアハンウフンな状況を見て静かに興奮する実に危なすぎる人種である

しかしそんな腐女子にも食えないBLCPというもの存在する。

それが「地雷」だ。


腐女子は大きく分けて、地雷持ち腐女子地雷を持たない雑食腐女子に分かれる。

私は前者だ。

しかしここで主張したいことは、

腐女子は好き好んで地雷を作っているわけではない」

ということである


地雷で感じる苦痛嫌悪感は決して良いものではないし、

「私それ地雷です!」なんて喚けば角が立つに決まっている。

できれば雑食になりたい。自分も周りも地雷で傷つかない世界に住みたい。

しか所詮地雷持ちは地雷持ちだ。犬がクジラになろうとしても無理な話であるのと同じである

私はクジラになりたい。すべてのBLを優しく飲み込む包容力が欲しい。静かに目の前のBLを見守る穏やかさが欲しい。

しかしなれない。ここが私の昨今の主な悩みの種である




人やCPによって地雷に対する嫌悪感はそれぞれである


地雷だけど偶然目に入ってしまった分は大丈夫。TLが自分地雷CP話題で持ち切りだけど、話しかけられなければOK。

②たとえ偶然であろうと、地雷CPイラストを目にしてしまうのは耐え難い苦痛。なぜ私のTLにこの話題が登場するんだ。

③とにかくCP名見るのも嫌。口に出すのも嫌。もはや忌み語。私のTLを穢した者は容赦なくブロックさせてもらうぜ。


ちなみに数字が大きくなるにつれて重篤である




ついでにそのCP世間の知名度もとても重要だ。


a.大手メジャーCPCPオンリーとか開催される。このジャンルといえばこのCP、といったように、もはや腐女子界においてそのジャンル代名詞と言っても過言ではない。

b.マイナー界のメジャー。出回っている作品数もメジャーと比べれば少ない。支持者がコアで、平たく言ってやばめな人が多い印象。ジャンル自体の知名度が低い場合もある。

c.ドマイナー。支部検索イラスト2件小説5件、しかもすべて同じ人が書いてる(描いてる)、ということはザラである。でも自分以外に一人でも理解者がいてよかったと思える。


もちろんaに近づくにつれて、地雷になるとしんどいものである




私もCPによって、これは①-bの地雷だ、これは②-aの地雷から自衛しとかないと、などさまざまである

そして③-aの地雷レジェンドオブ地雷存在する。

今回はこの③-aの地雷を克服したくて、でもできなくて の話をする。


私の主観ではあるが、③の地雷はもはや克服することは不可能である

克服しようとして果敢に地雷原に突入しそして当然爆死する愚かなパターンを幾度繰り返してきたことか。


そしてaの地雷のなにがつらいかと言えば、

私以外周りは全員aのBL主食としているケースが多いところである


周りが「○○(③-aで私の地雷CP)尊い……😿😿」などと抜かす中、

「こっちはそのCP名見るだけでも動悸がすごくて冷や汗ダラダラ流れて更年期障害を疑うんだよ!!!わかったからいちいちCP名を出すな!!!お前ごと嫌いになる!!!

といった気持ちになる。どれだけ好きなフォロワーさんでも一瞬かなり明確な殺意が浮かぶ。


しかし、「それ地雷なんで黙ってください」とも言えない。

もしそんなことを言えば全員物言わぬただの屍になってしまう。大量の地雷に曝されて死にそうなのはこっちなのに。

ゆえに③-aの地雷持ちはつらいのである。できれば克服したい。好きにはなれないからせめて無関心になりたい。

しかしそれさえできないのが腐女子の業である


こうして毎日、数多くの人間包丁を向けて生きている。

もはや自分死にたい。死因:地雷 など周りには到底言えないし言いたくてもそのときにはすでに死んでいる。




③-aの地雷を見事克服することができた腐女子英雄様がもし世間のどこかにいらしたら、

まだその境地に達せていないこの私めにどうか手ほどきをしてくれないでしょうか。

生きるためにどうか、私を助けてください。




追記します。

私は20歳のしがない腐女子です。

なかなか想像が難しいとのコメントが多数ありましたので、地雷地雷なのですが簡単に申しますと、

そのCPがこの世に存在すること自体嫌悪感が沸いてしまうような感じです。

例え話ですが、いきなり目の前でムカデが百匹うじゃうじゃ蠢いていたら嫌ですよね。

感じる気持ちはこういうときに感じるものと同じです。

理屈ではなく本能で嫌なのです。

しかしそのCPCPを語る方に罪はございませんので、

CP名を見かけるだけで、クソ!!!クソ!!!と憤慨してしまものの、

その怒りの矛先は、こんなにもそのCPを受け入れられない自分に向けられているものなのです。

私は私の地雷を、この世に存在していいひとつコンテンツとして受け入れたいのです。

しかし現状ではそれが出来ているとは明らかに言い難いです。というか言えません。

なのでもし同じような経験がございます方がいらっしゃれば是非ともご参考にさせていただきたいと思い、

今回このようなブログを書かさせていただきました。




そして該当ジャンル版権ではなく、私も参加しておりますツイッターでの身内企画なので、

参加されている方々には普段から企画内だけでなく私生活(?)でもかなりお世話になっている部分もあり、簡単

地雷だ!オエエ!見たくない触れたくない気配を感じたくないか企画抜けよう!

とはなかなか、他の参加者様のご迷惑になってしまうので言い出しにくく……。

窓もなく、身動きひとつ取れない独房で、ただひたすら目の前で蠢き続ける大量のムカデを眺めることを強いられ、いくら逃げたくてもそれはできない。

といったような気持ちです。

もはや地雷ではなく人間関係の話になってしまっていることをお詫びいたします。

周りからは高評価なのにも関わらず、自分は依然として受け入れられないことへの葛藤もあるのかもしれません。




様々なご意見・ご指摘を受け、すべて真摯に受け止めさせていただいております

引き続きコメントなどお待ちしております




さらに追記

ホモという表現不適切だ、というご指摘を受けましたので、記事内のホモという言葉BLという表記に変更させていただきました。(もし漏れがありましたら申し訳ございません。ご報告くださるとうれしいです。)

自分同性愛者なのにも関わらず、非常に配慮に欠ける行動であったと深く反省しております

不快に思われた方、ゲイの方、大変申し訳ございませんでした。

2016-05-14

http://anond.hatelabo.jp/20160514204152

現場だるい

ゲイ風俗フェラ5kケツ10kとかで売れるらしいがもうそんな年齢じゃないからむりだな

10代なら売ってた

空気を読む」を旗印にしている限り人類は上のステージに行けない

LGBTとかが最近またちょっと話題になっているけどこの問題根底にあるのは「空気を読む」を絶対お題目にしてしまっていることだと思う。

ゲイバカにするのは今の風潮には合わないかホモ馬鹿にしない」

ゲイを許すのは今の風潮に這わないかホモ馬鹿にしてこき下ろす

行動に現れている部分は正反対だけど根っこにあるのは何も変わらない。

異端者に対してどう接する風潮なのかを読んでそれに合わせよう」

である

魔女狩りを愚かな古代人の過ちであるかのように笑う人も多いが現代人がやっていることは何も変わっていない。

論理で考えることをやめとりあえず「空気を読む」。

水素水に関しても「これが効く」と言われている「空気」を読んだ人間が買い込み、逆に「これは効かない」という「空気」を読んだ人間が時には中学生レベル勘違いを交えながらそれを叩いて回る。

一見すると後者は「科学」という道具によって「現実」を「論理」で切り開いているように見えてしまうが、それをやっているのは全体の1割で9割は「空気を読み」ながらにわか知識を思い出してウンウンと頷きながら手斧を研いでいるだけだ。

http://anond.hatelabo.jp/20160514004102

バイならまあいいんじゃない?

ただヘテロ寄りなのか、ゲイ寄り?ビアン寄り?なのかでちょっと変わる気もする。

まあ要はバレなきゃいいんだよwwwwwww

2016-05-11

ちょっと聞いてみたいんだけど、男でゲイ友達と出かけるとき

旅館マッサージの予約をするときって性別どっちにしてる?

私は見た目で予約するんだけど、本人に確認した方がいいの?

友達だけどこういうのって聞きにくいんだよね。

自分異性愛者と胸をはって言えるのか。

最近LGBTが何かと話題にのぼるようになった気がする。

性的少数派。

レズビアンゲイバイセクシャルトランスジェンダー

同性愛者、両性愛者、生まれ持った性と自分自覚する性が違うこと。

そういうのを含めての概念だそうだ。

まれもった性と自分自覚する性は同じである

自覚のある人は多いと思う。違和感があったら分かるだろうと思うので。

でも、自分異性愛者だ、と胸をはって言える自信がある人はどのくらいいるのだろうか?

自分は異性しか好きになったことがない、と言っても、同性で好きになる人に出会ってないからだろうと言えるから、その証明にはならない。

同性は恋愛対象として見れない、と言っても、世の中そう言いながら好きじゃなかった異性を好きになることもある。

そもそも思春期ごろに遡ると、恋愛感情に似た思いを同性に対し持つ人も多いのではないだろうか?

そう考えると異性を好きになる要素は誰しもが持っているように思えて、

自分異性愛者です、とは胸をはって言いづらいなぁ、と思う今日この頃

あなた異性愛者ですか?

2016-05-09

専業主夫ゲイ向け

日本専業主夫世帯は5%、内8割が同性愛同居。

男は養ってくれるぞ。

というか、ゲイだとどっちが主夫しても専業主夫になるから楽ゲー。

2016-05-08

アルバイト先のゲイの人の特技

特技:イケメンウォッチング

飲食店なのだが、窓の外から道路が見える。その窓の外にイケメンが通った時の反応速度ヤバい。視界に入った瞬間すぐ。

私達が見つけられないでいると、そのイケメンはまだ全然遠くにいた…なんてこともあった。ゲイゲイじゃない以前に人間としてすごい能力持ってんなーと思った。

3人くらいのイケメンが通ると誰が好みか言い合ったりもする。結構楽しい

ゲイの人だけが顔が見えて、他の人がイケメンが通り過ぎたりして顔を見逃してしまった時は「いや顔はイケメンだったかもしれないけど太ももまでの半ズボンはなぁ〜」と冷やかしてみたりもする。逆も然り。


ちょっと困るのは話してる時にもそれをやってくることだ。

私「○○なことがあって〜」

「あっねっ見て今の人イケメーン!!…あれ、でなんだっけ?」

私「聞いてなかったんすかwww

イケメンが通ったの見えたから…」

イケメンは強い。しかたない。

余談。ゲイの人に現実で会ったのは初めてだったのだがちょっといたことがある。その人話し方がすげーオネエっぽいのだが(職場でもその話し方が原因で一週間で皆にバレた)特に女性になりたい願望はないらしい。

いわゆる「男の体に女の心」を持つ人じゃなくてもそのような喋り方になるんだなーとちょっとトリビア知った気分になった。

http://anond.hatelabo.jp/20160508224525

マジレスすると、レズビアン比較自分セクシャリティを選んでなったと感じる人が多いのに対し、ゲイは生まれつきそうだったと感じる人が多いようですがね(英国内での調査