「特攻隊」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 特攻隊とは

2017-03-22

金もらってるなら大変でもいいだろ!」という言説

流石に金もらえても限度があるわ。

いくら高級でも過労死はしたくないに決まってるだろ。なんでそんなことがわからないんだ。

仕事量が多すぎで死にそう?その分高給だろうが我慢しろ!」だと??

確かに、大変だけど給料が良いか我慢するべきってのは、大概の場合でそうなんだろうけど、限度ってもんがあるだろ。

死にそうでも高けりゃいいって、死ぬことを前提としたら対してもらってねーよ。

だいたい戦中の特攻隊員じゃあるまいし、死ぬことを前提に働かせるとか有りえんだろうが。

過労死したくないなんてのは仮に高給でも普通に思い浮かぶし、思い浮かんだところで叩かれるべきではないことだと思うのだが。

2017-03-17

籠池氏は、たくさん嘘をついてきたようだ。

籠池氏が嘘をついてきたと思われる場所が、主に公的書類だったりするところが、しみじみ「信仰簡単に人を狂わせるなぁ」と思うのだが

要するに、日本会議極右の念願であった極右小学校の開校のためなら、という滅私の心が、彼に嘘をつかせてきたわけだ。

信仰のための自己犠牲的な嘘。



籠池氏が国会証人喚問に出席したがっている、というオモシロニュース普通は誰だってそんな場所には出たくないもんなのに

特に、ついた嘘(籠池氏からみたら必要な嘘というか方便なのだろうが)が取り繕えなくなっている人なら逃げ回るはずの場に

本来であれば敵であるはずの野党の協力を得て、本来であれば味方だったはずの自民党の反対を押し切る形で出たがった。

その理由はやはり彼自身の信念、というか信仰を踏みにじられたくないことが理由だと考えるのが自然だ。

実は二重スパイで、守勢一方の自民党を後押しするために「証拠がない強弁」を携えたカミカゼ特攻隊である可能性もあるが。

まぁそれはともかく、「信仰の具現化のためならなんだってやる」「極右の同志は協力し合うのが当然」といった風情の

籠池氏の言動パターンから素直に考えれば、証人喚問では自民党閣僚の大物との密接な繋がり(と忖度的な黒い便宜)を

証明せざるを得ないと考えるのが順当だと思う。

なぜなら、極右トモダチの大物閣僚とのつながりこそが、籠池氏個人存在意義というか社会的立場を保つ最大唯一のカードからだ。



個人的には彼が本格的に暴走を決意したのは、稲田から切られたことが心理的に影響しているのではと勘繰っている。

下等種別である女ごときに己の立場を危うくされたという理不尽に、体面が耐えられなくなったのではという邪推である

そういえば、籠池氏が経営している塚本幼稚園では、女は家を守れという方針だったようだが、

実際は彼の妻や娘も経営保育園運営に関与していたようだし、幼稚園教諭女性も少なからずいただろうに

本当に彼らの言ってることとやってることって、ばらばらで面白いなとしみじみ思う。

からしみじみしてばかりである

さらにそういえば、安倍政権極右のオトモダチたちは、北朝鮮中国への過剰な敵視が不安レベルである

言動、行動を見ていると北朝鮮のような状態になっているというのも、本当にしみじみとする。

これは、極右思想宗教という存在自体が、現代社会と著しく矛盾しているから起こるねじれだと思うんだが、

まぁそこも含めて信仰って強いな。しみじみ

狂信力でいったら、公明党なんかよりよほどひどいのではないか。目くそ鼻くそ感はあるけれども。

2017-03-03

http://anond.hatelabo.jp/20170303092053

人間魚雷とか神風特攻隊とか、そういう雰囲気がしてくるな

普通人ルートに戻る方法が一つしかないのか、すでに6回入るのに失敗してる医学部入学しかないのか

2017-02-05

ボランティアに参加しないことはフリーライダーとは言わねえんだよ

PTA自治会消防団に入らなかっただけで、フリーライダー呼ばわり。

ボランティア地域社会依存させてるフリーライダーはそこに住んでるやつ全員、という発想はないらしい。

だいたい、なんで個人を攻めるために経済学用語使っちゃってるの。

ちゃんと経済学のセンセイの許可とった?

「ここに消防団に入らないフリーライダーなんていないよな。消防団志願者は一歩前へ!」

特攻隊かよ。戦前に死んでろよ。

お前そんなに無理してやってるなら辞めて楽になれよ。

個人攻撃しないとやってられないつらいオシゴトなんでしょ?

2016-12-15

この世界の片隅に」に○○が足りないという人

原爆の恐怖が足りないという人

はだしのゲンをずっと読んどけ

被爆の恐怖が足りないという人

→片隅同作者の「夕凪の街 桜の国」を見ろ、今すぐ見ろ

特攻隊浪漫が足りないという人

永遠の0でも見とけ



なぜわざわざタイトルに「片隅」って書いてるのに「この世界の全体に」と勘違いしてしまったんだろうか。

この映画だけを見て戦争を全て理解したと思うな!なんて杞憂杞憂

鑑賞した人たちも、真面目に教育受けてきた人や、真面目にエンタメ見てきた人は、他にもいろんな戦争を知っているし、これから習うだろう。

普通にいろんな作品文化歴史に触れてたら、この映画特異点くらい分かるだろう。

それこそ杞憂してる人は、今が戦時中の、反戦に関わる情報規制されたり、学校にも行ってない人たちが多数で溢れている社会だと思っているらしい。

あの時代を生き抜いた人たちは、そんな国を作っちゃ居ないよ。

批判するならもっと建設的で論理的な指摘をしてほしい。

年齢が上の方だからと真面目な指摘ぶって「この映画を見ている人たちはこう思ったはず」とちょっと呟くだけのツイッターだけを見て決めつけて(ブログ文化にも触れずにSNSに来たか。Filmarksすらも知ら無さそうだな…)

これぞ、若者差別するお年寄り!って感じだよまったくもう。

若者に見てほしいのかそうでないのか、ハッキリしろ

年寄りとは違って若い子はあの映画を見て、きっとなにかを思う。分からないなりに記憶に残して、なにかあるたび記憶を呼び起こすことができる。

その能力を信じてくれない上に、議論余地すら与えない。

今の若い人には映画を見る力が無い、というのなら、年寄りネットを見る力が無いよ。

ネットの片隅からネットの片隅しか見てない。今の時代原爆」で検索したら、わんさか実際の画像が出てくるんだ。

そんなことも分からないで、何が日本、何が世界の全体。



団塊の世代とはマジで価値観あいませんわ!本気で戦後日本はわしらが作ってきたって思ってる。実際立て直したのは、すずさんたちの年代だろう?

その上の世代とは男女観まで話が合うんだ!なんだこれ!?って思って日々を片隅で生きてます!(以上、成年の主張でした)

2016-11-08

日本の文化である大家族制度破壊目的 今もアメリカ植民地

戦前には無かったマンション団地)。

今や、マンションだらけの日本日本マンション建設を促進した組織がある。

GHQクズたちである

特に沢山作ったのが、2LDKマンションである

目的は何か?それは

祖父母と住居を分離し。核家族化を計ることである。すなわち、日本の文化である大家族制度破壊目的なのだ



そういえば、日本女性が大好きなイギリスフランスではアメリカなどでは法律高層マンションに対して、何らかの規制が設けられています

例えば、イギリスでは、育児をしている世帯は4階以上に住まないように法規制されており、「高層病」という病気存在すら認知されていない日本とは、かなり大きな差があると言えるでしょう

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-1072.html




実は先進国の中でタワーマンションで暮らすことに憧れを抱くのは日本ぐらいで、海外ではもっぱら健康的に良くないというのが人々に浸透している

http://spotlight-media.jp/article/232370079949586963




工作は未だに続いている。マスコミは、姑を異様に汚い生き物として面白話にし、「核家族が一番」という洗脳実施している。

これにより、家族の絆以上に、個人成功人生の充足が重要であるという洗脳も行っているのである戦前自分母親に「ババー」などという子供は一人もいなかったと言ってよいだろう。

特攻隊遺書を見ると、例外無く「母上、育てて頂きましてありがとうございます。」

 

ときちんとした文章で、尊敬の念を母親にみんなが込めている。

まり終戦からこの国がどれだけアメリカ占領政策に毒されているかわかるだろう。

我々は今もアメリカ植民地なのだ

 




http://anond.hatelabo.jp/20161108114650

2016-09-23

友達貧困

僕の同級生シャツはいつも汚れていた。

彼と遊ぶ時は大体野原だった。

日が暮れるまで虫を追いかけてりなんとかごっこを繰り返した。

僕は虫取りが好きだったしヒーローごっこも大好きだったから彼とはとても気があった。



ある日無性に彼の家に遊びに行きたくなっててお願いしてみたことがある。

何だか嫌がっている様子だったけど、家は知っていたから無理矢理に押しかけてしまった。

外はまだ明るいのに、家に入ると暗い居間には父親があぐらをかいて座っていた。

その後ろには掛け軸があって、細長い半紙に四文字熟語が描かれていたけど僕には読めなかった。

お父さんは鋭い目つきの強面で、びしっと決まった角刈りが印象的だった。

邪魔しますと挨拶をしたけど、黙って頷くだけで何も言わずに一点を見つめていた。

お母さんがお水とお菓子を出してくれたけど、すぐにそそくさとどこかに隠れてしまった。

おもちゃなんて呼べるものはおいてないし、なんだか友達に話しかけても全然相手をしてくれないからその日はさっさと帰ることにした。



そいつはいつも五分刈りで、髪の毛が伸びたところを見たことがなかった。

学校帰りに駄菓子屋に誘っても、一度もついてきてくれたことはなかった。

彼は決まって、遠足や課外授業になると学校を休んだ。

ある日家まで学級通信を届けに行ったことがあった。

お母さんが出迎えてくれて、御見舞をしたいというと渋々迎え入れてくれた。

この日もお父さんは居間に座って一点を見つめていた。

それから友達を遊びに誘おうと家を訪れたことがあったけど、大声で友達を呼んでいるといない時は何度目かに決まってお父さんが出てきて一言「いないよ」と言っては奥に消えていった。

その時は怖いお父さんがいつも家にいるなんて友達は辛いなぁくらいにしか思わなかったが、あとになって仕事は何をしていたのかなんてことが気になった。



そのヒントは友達ヒーローごっこをしている間の会話にあった。

僕はテレビヒーローに扮するのだが、彼が返信するのはいつも軍人だった。

神風特攻隊!」「大日本帝国バンザイ!」それが彼のいつもの必殺技だ。

何だか漢字がいっぱい並んでかっこいいなくらいにしかその時は思っていなかったけど、今思うと何となく理解ができるような気がした。



掛け軸の前に日本刀は飾られていただろうか。

それはもう定かではないが、彼のお父さんは活動生業だったのだろう。

武士は食わねど高楊枝。

友達もそれが美学だと教わっていたに違いない。

それが自分にとってリアル貧困だ。

お金を稼いで浮かれた生活をするよりも、志のために清貧を選んだ家族の話だ。

今ではもう見ることのなくなったようなたった30年前の話である

2016-08-23

http://anond.hatelabo.jp/20160823114154

モスラ発生しちゃう可能性については海に出たり入ったりしてる時点で最早確定事項だろ。

からこそ毎回ヤシオリなんてできないわけで、通常兵器迎撃できる算段を整えて迎撃ノウハウと実績を蓄積させるのが急務じゃないの?

これ1回くらいなら特攻隊しょうがいかと思うけど何度もゴジラ来るたびに特攻とか自衛隊民衆も支持しないし

そもそも口の無い個体がきただけでとん挫する作戦から穴も滅茶苦茶多い。

劇中で何度も来る可能性についても話されてないしあらゆる可能性とかいって台本通りの展開しか行動してない。

冷却したゴジラをどう処分するかすら決めてない。

ゴジラ細胞メカゴジラ作って注射器で冷却材ぶち込む方がまだ現実的

次回作ネタは決まったな。

2016-08-12

サヨクが見たシン・ゴジラ

何かと話題シン・ゴジラサヨクから見ると、え?これ自民党広報映画自衛隊広報緊急事態条項のための煽り?なんなの?と、見えなくはないです。今回は僕なりどうしてそう見えちゃったのか、理由を考えてみたので、それを解説させてください。。。

以下、シン・ゴジラネタばれを含むので、ってそこがメインのトピックではないですが、未見の方はご注意ください。僕の立場性的もの説明することで行を稼ぐので、ネタばれしたくない方は僕がながながと自己紹介してる間に離脱してくださいね

立ち位置

僕は自称サヨク保守派です。政治的信条をいえば、九条は守る派。自衛隊基本的違憲災害出動はありだから自衛隊って言う名前を変えて武装をなくして災害時のすげーレスキュー隊みたいなのにしちゃだめなのかしらって思ってる派です。でも中国尖閣とかどうしよう。

安保アメリカお金を払って守ってくれるんだったら別にいいんじゃね?派ですが、沖縄ばっかりに基地が集中してるのは不公平感が強いから県外に分散させたほうがいいんじゃないかしら?派ですね。

原発に関しては、なくなったほうがいいけど今すぐは絶対なくせないから、今すぐ全部の原発を最新のやつに置き換えて、少しでも安全にして議論時間を稼ごう派です。

まあネトウヨさんに言わせれば、典型的な「頭の中お花畑」の一人でしょう。日教組教育に毒された頭の中お花畑です。あんまり職業として政治家とか官僚とかに興味なくてよかった!

と、まあそんな私ですが、ゴジラに関しては、世代的に平成VSシリーズドンピシャなこともあり、平成VSシリーズをなんとなくカバーミレニアムシリーズ大人だったのでノーケア。どちらかというと今回の映画には庵野入り口です。エヴァンゲリオンどんぴしゃ、序を見ながら映画館で「庵野大人になったな。。。俺も大人にならないとな。。。。」って思いながら号泣するぐらいの庵野フォロワーではあります。なので、それに併せて今回1954のゴジラや1984ゴジラを予習した上で、劇場に足を運んだのでした。

上前置き。

さて、そんな頭の中お花畑庵野フォロワーな私なので、最初シン・ゴジラを見たときは、え。。。これ、アベ政権宣伝・・・自衛隊礼賛・・・?なに・・・?と政治的にぐらぐらして正直あまり楽しめなかったのです。その理由をまとめると以下

今までのまじめゴジラ映画はさよくを甘やかしている

 前提として、今までの作品と若干比較します。過去作も「ゴジラ自衛隊放射能」っていう要素は大きくは違わないにもかかわらず、過去作を見ても政治的にぐらぐらしなかったのに、今作はちょうぐらぐらしたからです。

 ほいで、比較対象は今までのゴジラ映画の中でも「まじめゴジラ映画」です。ゴジラシリーズがわりと大人向けのハード作品としてシリーズを開始しながら、だんだんマーケット意識した子供向け映画になっていくのはそれはそれで面白いんですが、まじめゴジラ映画しか比較しません。

 ファンタジー子供向け映画であれば、どれだけ自衛隊がかっちょよく活躍していても、現実との距離があるのであんまりキドキしないですし、そもそもゴジラ映画の中では、子供向けに舵を切れば切るほど、ゴジラと対抗する人間側の組織がどんどんファンタジック組織になっていきます。これはこれで興味深いけど論旨とずれるのでおいといて、「ゴジラ現実に出現したらどうする?」っていうベースを持っているのは54のオリジナルゴジラと、84ゴジラなのでこの作品二つを本論では「まじめゴジラ」として、この二つとの対比でこの項目では取り上げます

軍事転用を恐れた眼帯が自殺する1954年

 まず54ゴジラはくっそ反戦映画なわけですが、途中よくわかんないヌルヌル三角関係とか出てきて、事前情報なしで見た僕はなかなか衝撃でした。その三角関係必要なのか?で、もー出来立てほやほやの自衛隊が一夜にして高圧電線東京湾岸に引いたり、戦闘機飛ばしたり、なかなか大活躍されるわけです。見方によっては出来立てほやほやの自衛隊宣伝映画。でも、この映画主題は、芹沢博士(眼帯)が自分技術軍事転用されることを恐れて自殺する、という衝撃の展開にあります。非常に九条精神体現した英雄的な行動ですね。

 自衛隊活躍させる(みぎ)けど、眼帯の博士技術軍事転用を恐れて自殺する(ひだりっぽい)。このバランスのとり方がサヨクスポイルさせるのだと思うのですが、この説教くささは1984でも繰り返されます


首相が高らかに非核三原則宣言する1984年

 1984ゴジラも、なんとなく沢口靖子大根)をめぐる三角関係感が見え隠れしなくもない(片方の相手はお兄さんなので正確にはシスコン映画で、武田哲也の怪演が当時話題になったことは否定しがたい名作ですが、まあこのなかでも自衛隊は謎の新兵器を開発したりわりと優秀です。しかも、冷戦状況下において日本とは思えない軽やかな政治判断交渉を繰り返したり、なかなか自民党政権礼賛です。アメリカ大使ソ連大使に当時の首相こんな軽やかに対応できたんかい

 あと、散々首都蹂躙し、西新宿も壊滅させられたのに、なぜか大島火山に沈むゴジラを涙ながらに見送る首相(その涙にはどんな意味が?)とか思ったりしますが、この首相なかなか理想体現する人で、ゴジラへの対処として核攻撃提言する米ソの大使に対して、「日本には非核三原則がある!作らず・持たず・持ち込ませず! だから攻撃などありえない!」と高らかに宣言をされるわけです。

 えー。。。駆除に関する議論をしてるときに、原則論持ち出されても。。。ってアメリカ大使そりゃ怒るよね。こんなときから原則論なのです、ってえーじゃあどうすんのよーってなるよね。

 まあどんだけ自衛隊活躍させて自民党政権が軽やかに外交で振舞う現実離れした宣伝(みぎサービス)があったとしても、首相が頑として非核三原則を曲げない(ひだりサービス)が、あれば、サヨク安心するわけですよ。

 自衛隊活躍しちゃったりすると、どうしても「えーこれお母さんに内緒で見ていいやつかな?」って思っちゃいがちなサヨクの良い子たちに、同時に、軍事転用を恐れて自殺する眼帯とか、非核三原則宣言する首相とか、そういうわかりやすいさよくがお母さんに報告しやすガジェットをしのばせることによって、バランスをとっていたのです。今までのゴジラは!すごい!サヨクにもやさしい!

お母さんに報告しづらいシン・ゴジラ

 ところがそのようなバランスシン・ゴジラではとってくれません。いくつかお母さんが喜びそうなシーンもあるのですが、多分喜びません。

お母さんが喜ぶ可能性が少しでもあるシーン

首相国民自衛隊タマを向けることはできないと宣言

自衛隊のあり方を肯定しているからお母さんは不機嫌になる。

→アベ首相中途半端英雄的なことを言っているだけだからお母さんは不機嫌になる。

○みんなで核攻撃回避するんだ

非核三原則とかそういう理想的なことは言わない

石原さとみが「おばあちゃんを苦しめた原爆をもう一度この国にごにょごにょ

→ここいけそうなんだけどなーなんでだめなんだろう。石原さとみがそもそもお母さんにいいづらいのかな

あ、やっぱりあんまりお母さんが喜びそうなシーンないわ。。。


でもお母さんが目くじらを立てそうなシーンはいっぱいあります

自衛隊員最初品川攻撃へ出撃するシーン「みんな覚悟はできています!」

特攻隊礼賛か!自衛隊礼賛か!

最後のほうの矢口演説自衛隊はこの国の最後の砦です!」

自衛隊礼賛か!自衛隊礼賛か!

SEALDs 的な国会前のデモ揶揄しているっぽい

ゴジラを救え?倒せ?どっちにも聞こえるシュプレヒコールって馬鹿にしてんのか!

あと全体的に手続き時間がかかるとか、そのもどかしさとかは緊急事態条項作ろうとかそう言うこと?!あと、泉が優秀だったり矢口矢口の部下が優秀だったり、自民党のことばっかりホメやがって!!!

ってなる気がする。

と、いうわけで、自分を含めて多くのサヨクは、自衛隊とか自民党政治家とかが出てくると基本的に、それを否定的に描いているかどうか?っていう評価回路(上記でお母さんって言ってるやつね)が自動的に起動して、否定的に描いていなかったり肯定しているのと同じぐらいの分量の左翼的メッセージ内包されていない場合、この作品って右っぽいんじゃない?って思っちゃうわけですよ。だからみんな多めに見て!大目に見てあげて!

蛇足ですが。

 上記より、僕が思っていることは3点、上記お母さん回路は遮断してこの作品を見るべき、サヨク現実との乖離認識するべき、でもこの作品から何が生まれるのかは注視すべき。

の、三点です。

○まずお母さん回路の遮断はそのまま。庵野現実制度スタッフを忠実にトレースして東日本大震災成功パターンを描いただけなので、別にかのことをほめたりする意図はまったくない。国会デモみたいなのも揶揄するつもりではなく、こういうのありそうだよねっていうリアリティのためのガジェットに過ぎない。から、その回路は遮断したほうが映画自体を楽しめる。落ち着け。お母さんはもうお前を怒らないし、庵野にはべつに政治的意図はない。

○2点目、あべ政権くそ死ね自衛隊違憲!って思っているサヨクのあり方そのものものっそい一般からずれちゃってるゥ!そりゃあ選挙負けるわ。っていうのをこの映画見方のズレから認識するべき。野党共闘はある程度機能したとか抜かしてる場合ボケ。ほんとに改憲阻止したいなら生前退位するぐらいの覚悟は見せるべき。

○3点目、わりと負け惜しみっぽい最後ポイントですが、エヴァンゲリオンで描きたかったのはそういうところじゃなかったのに、結果的庵野セカイ系への扉を開いちゃって、その後最終兵器彼女とかほしのこえとかそういういわゆる「セカイ系」と批判される作品群を生み出してしまった。今回のシン・ゴジラもなんかそういう扉を開いちゃうと思うけどそれが何かは注視するべき。 ほんでサヨク的な負け惜しみだけど今回開いちゃう扉は、愛国ポルノ的なもの可能性もあるんじゃないかしら。そこは注視するべきじゃないかしら。

2016-08-04

http://anond.hatelabo.jp/20160804171358

まあ、言いたいことは分かる。

でもな、こういうナショナリズムを隠したフリして隠せてない作品が受け入れられてしまうのも

ブサヨ含めた個人主義左翼団体が、全然個人主義自由主義じゃないからだろ?

根本的に日本左翼は合ってないし、結局はお国のために死ねっていう消耗品であることをサラリーマンたちは自覚している。

自覚しているがそのトリモチから抜ける力もない。

無理に抜け出そうとすると腹の皮が破けることを知っている。

薄々分かってるからこそそんな自分たちを暗に認めてくれて褒めてくれるシンゴジラが嬉しいんじゃないか

サラリーマンたちのリアル宝くじなんてやってこないんだ、

彼らは「心臓を捧げよ!」って誰かに言ってもらって

それでカッコつけて死ねればいいや、というのが望んでいる着地点なんだ。

未だに特攻精神が根強いのもサラリーマンが国に取っての税収の特攻隊員であり

彼らは自分たちお国のためにガソリン漏れ戦闘機に載ってることも理解している。

からこそ慰めの言葉を誰かに掛けて欲しい、それもできるだけカッコつけてな。

からこれはこの着地で合ってる。

日本には搾取される側の派遣サラリーマンが圧倒的に多いから絶賛されるのは当然。

傷口を舐めてくれるんだから喜ぶに決まってる。

 

庵野エヴァで傷口の舐め方も広げ方も知ってるのでお手の物だったろうな。

 

金のかかった俺ツエー転生系から個性を消して主人公を凡にさせて

日本人」という集合体に置き換えることでターゲットを広くしたライトノベル

2016-07-23

イスラム過激派カミカゼアタックする度に特攻隊自爆テロと重なる

自分が生まれる前の話だからよく知らなかったけど

昔の日本人イスラム過激派カミカゼアタックみたいなことやってたらしい…

半世紀前は日本イスラム国だったんだね….

テロリストの「天皇陛下万歳」と「アッラーアクバル」も似てるし…

廃仏棄釈もイスラム過激派による遺産破壊と似てる…

2016-07-22

特攻隊自爆テロ扱いするとマジギレする人って何なの?

テロリスト擁護するとか正気か?

特攻隊自爆テロイスラム過激派カミカゼアタック世界中の人が苦しんだのに

2016-07-14

http://www.huffingtonpost.jp/tomoyo-nakao/obama_hiroshima_b_10935170.html

戦争があそこで終わらなければ自分たちは全滅させられていた」

うーーん…どうしたらこういう考えが持てるのかな。

仮に原爆投下がなかったとしても日本アメリカに勝てた訳がないし

捕虜の全滅はなかったと思うんだけど。

特攻隊犠牲必要だった」と考える、一部の日本人と表裏一体の存在なのか。

その犠牲はなくとも戦争は終わったのに。

2016-07-01

赤井英和ファミリーヒストリー

やってたけど気持ち悪い編集やったねー

航空隊の訓練官として特攻隊員を育て戦地に送り出してきた父親のことを

「あの人は他の人とは違って優しかったね」「戦死した隊員のアルバムを見返してたよ」「本当は心を痛めてたんだよ」

みたいな美化が本当にきつかった

実際のところはボロボロに扱きまくって「名誉なことだ!!!」と子供特攻隊員に仕立て上げてた戦犯やんけ

子供のしつけもできず不良で喧嘩ばかりのクズに育ててるし

 

編集次第でこんなに美化できるんだとびっくりしたわ

2016-06-29

特攻隊のことを集団自爆テロ扱いしたら親に怒られた

普段ノンポリからイスラム過激派区別つかなかった

政治宗教話題は避けよう

2016-03-22

http://anond.hatelabo.jp/20160322013201

保育園

(を含む日本領土に敵国の飛行機が来て、そして1945年原爆が)

落ちた日本

(の為に今こそ戦うぞ。神風特攻隊だ。日の丸万歳お国の為に)

死ね

と言っているんだ。

愛国心の塊じゃないか。

2016-03-14

酒を飲むしかない

合理的に好きだと、予定調和的に言う機会はもはやゼロである

残された作戦はもう、飲んで言っちゃう、これしかない

業務中とか関係ない

あと2週間、、特攻隊を想起しつつも

いったいどうしたらいいんだよ!!!!!

2016-02-27

特攻隊本質は人道を排除した究極の合理主義

特攻隊はその人間をそのまま突っ込ませることからその悲劇性が強調され戦果はあまり無かったという論評がよく行われる。

しかしこれは兵器としてみれば高性能な誘導兵器であり未熟なパイロットでも有効な戦果を期待できる唯一の方法だったという客観的事実があるんだよ。

実際アメリカ海軍艦艇で受けた被害というのは半分以上が特攻隊によるものという歴然的な事実がある。

そのアメリカ自身から戦後報告書で「もっと特攻を早くから始めるべきだった」という受け入れがたい指摘まである

から特攻隊を戦果がなかっただの有効な戦法じゃなかったと行って否定するのはこの事例を持ちだされて逆に論破されてしまう。


特攻隊問題はたとえ有用でも人間性を排除した究極の合理主義は認めるべきなのか、そこが焦点になる。

2016-02-25

日本の文化である大家族制度破壊目的

戦前には無かったマンション団地)。

今や、マンションだらけの日本日本マンション建設を促進した組織がある。

GHQクズたちである

特に沢山作ったのが、2LDKマンションである



目的は何か?それは



祖父母と住居を分離し。核家族化を計ることである。すなわち、日本の文化である大家族制度破壊目的なのだ








この工作は未だに続いている。マスコミは、姑を異様に汚い生き物として面白話にし、「核家族が一番」という洗脳実施している。

これにより、家族の絆以上に、個人の成功人生の充足が重要であるという洗脳も行っているのである戦前自分母親に「ババー」などという子供は一人もいなかったと言ってよいだろう。


特攻隊遺書を見ると、例外無く「母上、育てて頂きましてありがとうございます。」

 

ときちんとした文章で、尊敬の念を母親にみんなが込めている。


まり、終戦後からこの国がどれだけアメリカ占領政策に毒されているかわかるだろう。

我々は今もアメリカ植民地なのだ。それを自覚しろカスどもが!

 





http://anond.hatelabo.jp/20160225084255

2016-02-14

もしかして、敵はドキュンではないのか?

俺は、どーもドキュンを恨んでいた。今もうらんでいる。

しかし、この感情おかしいような気がしてきた。

  

俺は、高学歴エリートだし、給料保障もされている。親も金持ち資産家だ。

でも、ブサメンチビモテナイと思っている。

世の中ドキュンクラスかわいい娘とセックスしまくっていて、ヤリサーのリア充がやりまくって。そいつらが我が物顔。

こんなん絶対おかしいと思っていたし。多分そいつドキュン達にも正義ってか、正しさみたいなのは無いんだって確信していた。

戦争中に子供特攻隊にやっちゃった「空気」に流されたように。ドキュン空気でやってるだけだろ、理性的に考えればドキュンリア充ノリはおかしいと思っている。

なのに、そいつらが我が物顔なのが納得いかなかった。

  

でも、違うんじゃないか。

俺が苦しいのは、マダマダ中途半端なんじゃないか。

年収1億以上の稼ぎを持つ人間日本では1万人くらいらしい。

俺の親もそのくらいだ。

いわゆる上級国民だと思っていた。実際地元の県ではそれなりに発言力もあるし、1分野を牛耳っている。

  

でも、それって全然足りないのでは。

凍牌』って漫画見てたら、芸能界アイドルとヤリまくれるとかレベルのヤーさんがでてきたりして。

ああ、こういう奴らっているんだろうなって思った。

全然、1億とかってレベルではなく、数百億レベル資産で世の中牛耳っているレベル世界があるんだって

ドキュンリア充すら奴隷にしているレベル世界もあるんかなって、漫画ながら感じた。

  

俺の感覚では、システムが敵なような気がする。

ドキュンリア充キチガイノリは、目をそらすためにマスコミが盛り上げているだけで。

実際は、そういう社会システムコントロールしている人間、あるいはシステムに苦しめられてるんじゃないか。

  

俺は、俺の立場を守るために、努力を強いられている。

また、その努力ってのもたちが悪いことに、社会のためになっている。

俺個人が普通に努力するより、システムにそって努力したほうが社会のためになる。

すでに、俺の人生は、俺が能動的に生きるより、システム奴隷になったほうが有意義になるように組み込まれしまっている。

もちろん、降りることはできる。でも、降りたところでじゃあ何ができる。降りた先での努力に俺の生きた意味を残せるほどか。

  

ポーカーでいうところの、『コミット』ってやつだろうか。

たとえ勝率が30%しかなくても。100万円をかけて、1000万円得るチャンスがあるなら、100万円をかけるべきであるように。

そう、引き返すポイントはあった。

500万持っていて、勝率30%で500万を得られるチャンスに投資するかといわれれば、しない。降りるなら、そこだったんだ。

でも、手元に200万しか残らず、勝率30%で500万もらえるとなったら、これは降りにくい。

これを、コミットって言うんだけど。

  

人生も、俺は、29歳までの内、15年ほどを学歴資格などに使ってしまった。

降りれない。

社会状況が変わってしまい、当初の夢も形が変わってしまった。世の中ドンドンよくなって、もう俺が良くしたいと思っていたことも達成されてしまった。

ドンドン世の中よくなるので、もう張り合いが無い。俺がやりたかったことは終わってしまった。

なのに、俺はこのレールから降りられない。

夢が無い。

  

セガールの娘が出ている映画を見た。

かわいくって、メンヘラっぽいブログ書いていて、芸能人で、

ただ人生楽しむだけに生きてればOKって感じだった。

うらやましいわ。

俺みたいな、中途半端立場努力を強いられるような人間ではない。

圧倒的な勝ち組の子供。今まで何人か見たことあるし、同じ立場で一緒に努力もしたことあるんだけど。

やっぱ、違うなって思った。

彼らは、いつでも降りられるし、降りるだろう。

俺は、一生努力しなきゃいけない。

  

夢が無さ過ぎて、じゃあ現実を見ようとしたら、ドキュンかわいい娘をかっさらって。アラサーには無理だよ。ブサメンには無理だよ。

夢のために横に置いていた、恋愛などに挑戦してみたが。

数年、格好や髪型、体型など努力してみたが、全然足りない。ドキュンに勝てない。

からドキュンをうらんでみたんだけど。

  

最近、違うと思った。

コミットさせるようなシステムゲーム設定を作ってる奴がいる。

それは、神の手のように、人為ではないかもしれない。

あるいは、個々人が自分の有利になるようにゲームプレイしていたら勝手にできあがったシステムなのかもしれない。

とにかく、敵っていうか、問題の根幹は、社会システムだ。

リア充ノリを肯定するような、システム

第二次世界大戦の時は、軍部暴走アメリカドイツ恣意だった。

現代は何だろうか。

2016-02-10

1日10時間勉強半年続けた②

『1日10時間勉強半年続けた』

http://anond.hatelabo.jp/20160102221820

この記事を書いたものです。

  

医師国家試験もおととい終わり、おそらく合格したと思います

そこで、また自分なりの勉強のコツも見つかったので書いていきたいと思います

  

言葉の羅列系はゴロあわせ(2周目以降の暗記)

 徳川代将軍とか、日本総理大臣を全部とか、そういう暗記が詰まったときは、ゴロあわせと決めてました。

  

比較して覚える系は理屈を考える(2周目以降の暗記)

 織田信長豊臣秀吉、この2人はどういう風に対比できるのかをまとめた表みたいなのがあったりするじゃないですか。

 「鳴かぬなら、殺してしまおう、ホトトギス」といったのは織田信長、「鳴かぬなら、鳴かせてみせよう、ホトトギス」と言ったのが豊臣秀吉

 これを覚えようという場合は、「豊臣秀吉は、懐でぞうりをあっためて主人のゴキゲンとったエピソードとかあるから、殺してしまおうは無いな」とか、あるいは「織田信長は物凄く残酷だったらしいから、殺してしまおうだろう」というような。

 これのいいところは、片方覚えれば自動的にもう片方も覚えられることです。

  

 医学場合は、比較して覚える系の病気がめちゃくちゃ多い。

 たとえば、「大動脈弁閉鎖不全(AR)は、速脈かつ大脈」一方で、「大動脈弁狭窄症(AS)は、遅脈かつ小脈」というのがあったりします。

 僕は、この覚え方としては。ASのほうは覚えずに、ARだけ覚えました。

 A「R」→「R」apid(速いって意味英語)→速脈→速いかつ大きいだな→速脈かつ大脈。→ってことは、ASはその逆だから、遅脈かつ小脈か。

 これはイメージ的な覚え方してるので正確には理屈で考えてないですが。片方覚えれば、一気に記憶量が2倍とかに膨れるのがこの系統のいいところですね。

  

③1つの大きな事象を覚える系は、エピソードで覚える(2周目以降の暗記)

 たとえば、「第二次世界大戦」を覚えることになりました。

 色々な事象が入り組んでいて、正確に暗記するのは難しく、膨大な量です。

 こういう場合は、まず、その時のエピソードなんかを探すといいと思います

 戦争中の小説なんかを見て、「フンフン、防空壕でB-29っていう爆撃機空襲に備えたり、疎開したりしたのか、飯もあんまりなかったんだな、どっかの島で戦って壮絶な死にそうな戦いもあったのか」っていう体験談とかとかを見たとします。

 すると、「日本外国から燃料を買えなかったり、そのため最後の方は特攻隊みたいな、操縦の技術が低くても勝負できるようなものだったらしい」とか、ある程度歴史の横の軸を覚えることができるかと思います。その部分を軸にすれば覚えやすい。

  

 医学場合は、「喘息。wheeze(呼気性)って聴診音聞こえる。肩で息をしていたり、呼吸とまったりもする。アスピリン喘息女性に多く、鼻茸なんかが特徴的。運動誘発性喘息には~~~」というような、羅列が並ぶけど。これは覚えにくい。

 なので、実際に問題とかで、「7歳の男児学校運動していたところ、突然呼吸困難を訴え、救急車で運ばれてきた。来院時の酸素化は88%(普通は98%以上)。胸部聴診上、呼気性の喘息を認める。このとき検査治療として正しいのはどれか?」みたいな問題があったら。覚えていないところを、マーカーでぬる。で、この症例イメージを持って、喘息の細かな事象の羅列を覚えていく。

 病気ではなく、患者さんを覚える。

 理屈ではない暗記を効率的に覚えられるので、エピソード系で暗記っていう風にする。

  

④覚えにくく小さい散発的なものは、無理やりなイメージやひっかかりで暗記(2周目以降の暗記で、捨て所な細かい知識)

 どうしようもない、散発的な知識って奴がある。

 たとえば、「尿路結石では、シュウ酸カルシウム結石場合顕微鏡で四角形の結石が見えるし、シスチン結石場合顕微鏡六角形の結石が見えます」っていうのがあるんですが。

 これは出るかどうかも怪しいし、覚えにくい。尿路結石は5種類くらいあって、どれがどれなのか混乱しやすいんですよ。

 これはもう割り切って。「『シ』ュウ酸『カ』ルシウム→『シ』『カ』クケイ→四角形」、「『シス』チン→『シ』ック『ス』→six→六→六角形」

 問題自体、でるかどうかも分からず、でもこれ一発で答えさせる問題過去にでている。しかもこんな覚え方実際本番で思い出せるかも怪しい。

 でも、割り切って、覚えてればいいな~くらいで流します。

  

 「毛細血管拡張性失調症(ataxia telangiectasia)って病気は、T細胞障害で、IaA,IaEが下がる」みたいなのも、覚えにくさが半端無いんですが。

 「『a』taxia 『t』elaniectasia」→「知らないけど、IgAとT細胞は下がるんでしょ」くらいで、IgEの低下はバッサリ切って覚えてました。

  覚えられないし、散発的だけど、覚えるってのは非効率ですが。ある程度納得感を持って切らなきゃいけない部分も多いので、バッサリ切るためにこういう覚え方してますテスト期間中くらいなら持つでしょ。

  

  こうきたら、こうだ。っていう暗記を作ってしまう。

 当然、思い出せる確率は低くなるが、そういうものからしょうがない。

  

  

場所記憶系は最低でも1つは捨てられる(2周目以降の暗記)

 たとえば、四国の位置を覚える場合、全部覚えなくてもいい。3つ分かれば、もう1つは自動的に消去法なわけです。

  

⑥覚えにくい、頭に入りにくいならいいかえてみる(2周目以降の暗記)

 「麻疹になると、T細胞免疫系)が下がりますよ」みたいなことを書いてあっても、なんのこっちゃですが。

 「麻疹になったときに、肺炎になると、相当ヤバイですよ!だって免疫下がってますから防御できないんですよ!麻疹T細胞を弱らせるんですよ!」みたいな感じで言ってもらうと覚えやすい。自分で言い換えやるわけです。

  

 「青森林檎生産量は468000トン、長野は162000トン、山形52000トン」みたいな暗記は難しいですが。

 「全国800000トンの生産の内、半分以上が青森長野青森3分の1くらい、山形長野さら3分の1くらい」という風な記憶でもほぼ正解選択肢が選べることに気づけば、かなり暗記しやすい。というか、元の数値を暗記する手間が省ける。もちろん、このために間違うこともあるでしょうが、9割方大丈夫でしょう。

  

 とにかく、頭に入らないな、覚えにくいなって思ったら言い換えたりしてみる。ダメなら次の機会にまた言い換えたり結びつけたりする。

  

 医学場合だと、「年齢調節したガンの死亡部位では、男は1位肺がん、2位胃がん、3位大腸癌。一方女は、1位大腸癌、2位乳がん、3位肺がん」これを覚えるの結構キツイんですが。

 「大まかに、男は上から、女は下から。+男はタバコうから肺がん一位」→「ちょっとまてよ、乳と肺ってどっちが前だよ!」→「もし肺が2位で乳が3位ならそういう疑問持ってなかったはず、ってことは、乳が2位なはず」

 このくらいの言い換えでいいと思います。途中で頭をひねろうとしたっていう体験記憶に組み込んでいますが、こういう試行錯誤たからこうなってるはずだみたいな暗記も強いです。体験に基づく暗記は体で覚える系になって、かなり思い出しやすいし確信が持てる。

  

⑦なんの合理性もない理屈を無理やりつける(2周目以降の暗記)

 「豊臣秀吉と、織田信長、どっちが先だっけ?」→「『お』と『と』では、五十音で『お』が早いから織田信長でしょ。」

 「咽頭結核熱はどのくらい学校休むんだっけ?」→「咽頭結核ね「ツー」だから、症状が消失して『2(ツー)』日でしょ。」

  

 もうなんの合理性もないんですが、こういう引き出しで覚えるw

  

2016-02-06

特攻でぶち当てられて溺死したアメリカ艦艇の乗組員の方が悲しい

日本で話されていることなので視点が無いのは分かるけど、無視はイカンだろうなっていつも思う。

特攻隊員の悲運みたいな話は同時に思い至らないとなぁ。

2016-01-29

運命ならしょうがない

http://p-shirokuma.hatenadiary.com/entry/20160125/1453679534

星回り、天運、を言い換えれば運命宿命であり、保守仏教畑では前々から語られていたし、論壇畑でも「運命宿命は違う」とか「最強の運命論決定論)」として語れていたし、スピ・オカルト畑でも1つのテーマになっていると思う。

運命を受け入れないことの何がまずいかといえば、適応拒否とそれによって起こるメンタル面の不利という点だろうと思う。

運命を受け入れたと思えるために便利なのは「たとえその状況でもどうにこうにか生きていけるかも」「どうしても死にたくなれば死んでもいい」という安心と「自分より悲惨な状況はいくらでもある」という優越感と「それでも価値がないわけではないかもしれない」という満足感だと思う。

無理があるといえば無理がかもしれないし、つらいと言えばつらいかもしれないが、いつの時代のどんな人の人生そんなものであり、ニコニコニッコリ大満足をもって運命を受け入れている状態だとするべきではないと思う。「無理している。悪しき防衛機制だ」「現実逃避だ」等の言説はやはり邪魔である

雨宮処凛によればつらい生活を送っている右翼仲間が「特攻隊の人のことを考えれば平気」であると、特攻隊自分境遇を受け入れるためのツールに使っていたらしいが、その特攻隊もやはり枕を濡らしていたのだ。「公平であるべきという観念」は出アフリカ以降の人類の脳の特性であり、運命不公平を受け入れるとはやはりどこかで無理をすることなのではないか。

「毒親」「文化資本」が鬱憤晴らしに使われ適応戦略としてというなら、その背景である「親の適切な愛情必要」「適切な環境教育必要」という現代の(絶対必要であると言ってしまう)教義も叩かねばならないだろう(社会関係資本についても同様である)。これは近代の正常な心理状態を想定する精神医学には無理だし、反人種主義・反優生学左翼やポモにも無理だろうからそれらに期待するべきではない。かと言って劣等種を数値化する科学カルマや汚れた魂を想定するスピ・オカルト自分境遇ニコニコニッコリ全肯定できてしま危険ものである。イエや身分を想定する保守も使えない。自律運命許容を両立させるためには、ここはハードルを下げて、無理はしているかもしれないがそれなりに満足しようとしている状況をもってよしとするべきだと思う。

2015-12-28

戦争したら意外と日本は強いかもしれない

神風特攻隊募集したらたくさんの志願者がいるんじゃないかな。

将来的に日本が衰退するかもしれないけどな。

そりゃあ死ぬ前に飛行機の操縦とかできて、お国のためになるし、家族にもそれなりの報奨金?みたいのがつく、となったら、自殺したいけど踏ん切りが付かないヤツがわんさか出てくるだろ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん