「あやふや」を含む日記 RSS

はてなキーワード: あやふやとは

2017-03-19

タバコは百害あるけど六十利くらいはある気がする

数えてるわけじゃないかあやふやだけど

多分禁煙して一年経過した


禁煙きっかけは

妻に「タバコやめたら?」と言われて

別にいいよー今あるストックなくなったらね」とか言って

実際その通りにやめた

1日10本程度とはい10年以上吸い続けた割にはかなりあっさり禁煙した

余りにもあっさり禁煙したもんだから

禁煙二ヶ月目くらいに妻に

「そういやもう禁煙して結構経つなー」と言ったら

「えっ?あれ?そういえば最近タバコ吸ってるの見てないかも…いつの間に禁煙してたの?」

と言われたくらいだ




ただ世の中の「禁煙効果」ってのはほとんど嘘っぱちなんだなあとは思った

以下によく言われる「禁煙効果」について感じたことを列挙する

(全て「ソースは俺」)


・体力が上がる

ウソ

運動しない非喫煙者より運動してる喫煙者のほうが圧倒的に体力がある

喫煙の有無なんて定期的な運動に比べれば体力に与える影響は誤差レベル




食べ物がおいしく感じる

ウソ

美味いもの喫煙時でも美味いし

不味いもの禁煙してても不味い

味覚の変化は感じなかった




禁煙すると太る

半分ウソ(不明)

もともと修行僧並の食生活しないとすぐ太ってしまう体質なので

タバコ吸おうが吸わまいが食えば太る

太る勢いは喫煙時も禁煙後も特に変わらなかった

また、こういう体質なのでもともと常に食欲を抑制して生きてきたので

禁煙すると食欲が増すというのも不明




喫煙によるイライラの解消は錯覚

ウソ

よく「喫煙イライラが解消されるのは錯覚であり、単純にニコチンが切れたことによるイライラが解消されただけ」なんて言うがウソ

喫煙の有無に関わらずイライラするときはする

しろ上司や客に理不尽な叱責を受けてイライラしても

「ま、このあと一服すればどうでもよくなるし」

と思えてた分喫煙時のほうが心に余裕があったかもしれない





まあそんなこんなで

タバコにはイライラの解消というメリットは間違いなくあったと思う

また属しているコミュニティにもよるけど喫煙所でのコミュニケーションというのはある

俺みたいなクソコミュ障でも喫煙者だというだけで仲間意識をもってくれる人は結構いた

逆に言えば禁煙した俺はただのクソコミュ障

喫煙者から」という理由で仲良くしてくれる人は結構いるが

非喫煙者から」という理由で仲良くしてくれる人はいない

(もちろん「喫煙者から」という理由で嫌う人もいるが、俺のように何もしなければ全員から嫌われるクソコミュ障には関係ない)



そんなこんなで

百害あって一利なし」なんて言われるタバコだけど

六十利くらいはあるんじゃないかなあと思う

差し引き四十害…お金がかかることとか将来の病気リスク上昇とかはあるから

吸わないにこしたことはないと思うけど

逆に言えば金が有り余ってて、将来病気になったらそのまます死ぬわ!って人はマナーさえ守ってれば無理に禁煙する必要ないんじゃないかと思う


周囲の反応について

副流煙については

外では喫煙所

家ではベランダしか吸わないので

あんまり変化はないかと思う

居酒屋なんかだと俺が吸わなくても他に吸う人いたら関係ないし

家の中や車でも吸ってる人だと家族への影響はだいぶかわるんじゃないかなあ

まあ、もともと副流煙(喫煙)での病気リスクなんて遺伝喫煙意外の生活習慣が与える影響に比べればは誤差みたいなものだと考える人からよくわからん

2017-03-15

心配性の自分不安

大学入学時に一人ぐらしを始めてから心配性になり社会人になろうとする今も治らない。むしろ悪化している。



きっかけは電気の消し忘れとか給湯器の消し忘れとかささいなことだったと思う。

家を出る前はガス電気水道全部消えているかチェックしないと家を出れない。

それも何回もやらないと家を出れない。10分以上かけて何度も確認する。

特にガス栓との戦いは長く、何回もひねって確認をしてスマホ写真を取らないと心配である

私のカメラロールにはガス栓が並んでいて正直気持ち悪い。



誰もいない家の中でコンセントが刺さっているのも怖い。

家を出るにしても鍵がかかっているか不安で何回もガチャガチャやっている。

モノなのだからひとりでに動くはずもなく、こんなに何回も確認するのはおかしいとはわかっているが、やめられない。

実際過剰に確認しているので消し忘れとかもない。

家のなかを走り回り確認を繰り返す自分気持ち悪いし異常なのではないかと負のスパイラルに陥る。



最近は家のことにとどまらず、研究室の鍵をかけたか器具の電源は切ったかと心がぎゅっと不安になる。

ついさっきもポストにちゃんと郵便物を入れたかあやふや気持ちになり、家に帰ってきたのにポストまで戻って確認してしまった。



心配性だとは言っておきながら自分には迂闊でぼーっとしたところがあり、それも不安のタネとなっているのだと思う。

なんというか、その動作をやったとき無意識的で、終わってから過敏になってしまうのだ。懐疑的になるというか。

もともと用心してしっかりと一つ一つの動作をやっていればこんなことにはならないのではないか、と思われる。



四月から社会人になる。郵便ひとつ機敏に出せない状態ではやっていけないのではないか不安になる。

2017-03-08

http://anond.hatelabo.jp/20170308140224

よくわからんけど、

共通の敵を作ることで団結云々の話だったら

発達障害なんてあやふやで詳しくない人には理解しがたい要素より

もっといじめターゲットとしてわかりやすい要素が選ばれることが多かった気がするし

なんでそこで発達障害が出てくるんだ。

特別知識があって頭のいい人たちならともかく、世の中の人発達障害への理解なんて滅茶苦茶なのが現実だぞ。

発達にかぎらず、障害全般にも言えるわけだが。

2017-03-07

近鉄大和西大寺駅は狂っている

行き︰京都から難波方へ

2番ホームから3/4番ホーム

(大抵4番ホームにくる)

 

帰り︰難波から京都方へ

2番ホームから3/4番ホーム

時間によって3番ホームだったり4番ホームだったり

 

行きと帰り、当然全く逆の道筋なのに全く同じ導線で乗り換える

そして3/4番ホーム京都行きと難波行きの普通準急急行快速急行が入り乱れる

ドア位置も分離されてないのであやふやな列にしかなれない

  

 

三叉になってる駅で色々ややこしいのはわかるが、もっと乗る人フレンドリーに出来なかったものなのか

2017-03-05

自分思考が信じられなくなる話

わたし双極性障害を患っているんですよ、それほど重くはないんだけど。大体1年周期で躁と鬱を行ったり来たりする。

冬は鬱、夏は躁。

薬を飲んで躁も鬱も抑えてはいるのだけど、それで感情の波はあるわけで。

イライラしたり、悲観的になったり、新しいことを始めたくなったり。

しかし、それらは病気が見せる妄想のようなものだったりもするわけですよ。

から自分の心に波風が立つたびに、はてこれは自分本心なんだろうか、病気のせいなのか、はたまた薬の副作用なのか、と自問自答しなければいけない。

で、そもそも本心って何?とか、考え出すと迷路の中に迷い込むわけです。

自分の考えていること、感じていることが信じられなくなると、なんか世界あやふやになっていくわけです。

この話にオチなんかない。

2017-03-04

一人でできる英語リスニング勉強法

発音記号の書き取りをせよ。

中学高校レベル単語帳を使い、スペルを見て発音記号を書けるようになろう。

やってみるとわかるが、基本的な語でも思った以上に発音を間違って覚えているケースが多い。

発音記号を正確に覚えることでリスニングにおいて「あれ?」と思うことが大幅に減る。

書き取りが良いのは、見ているだけあるいは聞いているだけだとあやふや記憶になってしまうためだ。

もちろん発音記号と実際の音の対応別に学ぶ必要がある。

2017-02-28

http://anond.hatelabo.jp/20170228140114

色々教えてくれてありがとう

確かに住宅感覚や家の作りっていうのは色々違うから、そういう面も考慮に入れて日本なりに保育の騒音を考えたほうがいいよね。

ただ、記事に書いたブログの筆者さんが驚いてたのは「この距離で保育をしているならもっと子どもの声が聞こえてもおかしくないのに、そうとは思えないほど静かだった」ということだと記憶しているので

具体的な距離についてはあやふやだけど、そういう感覚を覚えるような家の大きさ、隣との距離だったんだと思う。

人口住宅密度が国の中でも千差万別なのは日本イギリスも一緒で、この筆者さんの場合たまたまそうだったんだろうなと。

ただ、全体的な傾向としてイギリスのほうが音が通りにくい、隣との距離が空いているというのは確かにそうだと思います

とある個人ブログを探している

結構前に見た

ネットリテラシーだか炎上騒ぎだかについて「情弱」側として書いた個人ブログの1記事なんだけど

そこに書かれてた

「私はツイッターフェイスブックというものは知ってるけどインターネットなんてものは知らない」

みたいな記述にすごく衝撃を受けた


ネットリテラシーを語る上で

携帯電話(スマートフォン)の急速な普及等により激増した「新規」と言われる人たち


今まで根暗オタクの掃き溜めだったインターネットに大挙して押し寄せてきた

インターネット現実の、フェイストゥフェイスコミュニケーションの延長のように使う人たち


しばしばリテラシーの不足で炎上を引き起こす人たち



そんな彼らを表現する言葉として

ツイッターフェイスブックは知っているけどインターネットというものは知らない」

という言葉はすんごいしっくり来た


もう一度その原文を読みたいんだけど

どうしても見つからない

誰か知ってる人教えて欲しい




※追記

トラバありがとう

まさにそれだった

こんなあやふや記憶ですぐみつけてくれるとは増田しゅごい

一年くらいモヤモヤしてたのがスッキリした

2017-02-26

意外と見落とされがちなリベラル派の難民問題に対する認識問題点

難民難民入国トラブルになる最たる例が、受入国雇用難民が圧迫するというもの

それが難民排除に繋がり、最終的には難民支持派の政治家選挙で落とされるという事態にまで発展した。

そこで修正案として、例えば最近ではスウェーデンが、その国にいる既存労働者雇用を優先するという政策を発表した。



ここからが本題だ。

スウェーデンのこの政策は、紛れもなく自国第一主義だ。

トランプ政権の「アメリカを再び偉大に」というスローガンも、表現は大げさでレトリックにまみれたものだが、その本質自国第一主義にある。

まり、その究極的な目的は「他国難民よりも自国国民が優先」ということだ。



いわゆるリベラル派は、この難民よりも自国民を優先することを、

差別、或いは不正義とみなしているのではないか



昨今は難民問題で大きな論争が起きているが、まずそもそも大元問題として、

上記の命題に対する是か否かという論点が、非常にあやふやなまま放置されているのではないか

というのが私の主張したいことだ。



国民国家という枠組みを前提とするなら、難民より自国民を優先するのは当然の発想だ。

だが国際的問題視野を広げ、ただ自分たちだけさえ良ければ良いという考えこ先進国欺瞞だ、

その欺瞞が抱える矛盾こそがシリアなどの戦争歪んだ形で現れている、

従って先進国自国利益を削ってでも難民を助けるべき、という考えもまた当然出てこよう。

またあまりにも理想主義がすぎるが、自国民雇用も維持、かつ難民も受け入れて共生を図ろう、とするのも選択肢としてはあり得よう。

ただこの場合現実性があまりにも乏しく、従って支持する人が非常に少ないことは想像に難くないが。



難民問題について議論するには、まず上記した2+1選択肢のいずれによってたつか、その主義を明確にした上で始めるべきだろう。

また或いは、2+1以外の選択肢もあるならそれを提示した上で、それを選択すると発言した上で議論すべきだろう。

前提条件すら確認もせず立場曖昧なまま議論を進めるから議論はいつまでたっても一向に成熟しないのではないかと私は考えるのだ。

若手~中堅向けの研修で、自分ライフプラン書かせると、結婚出産子育てぐらいまでは全員書いてくるが

「親の介護」については、女性社員殆どは項目出ししてくるのに、男性社員は逆にほとんど忘れられている。

結婚してる男性社員が親の介護重要ライフイベントとして出してきたのはゼロだった。まだ結婚していない男性社員の方が切実なんだろうな

一昔前の同じ研修だと、子供の年齢とイベントあやふや男性社員が多かったらしいが、この所はやっと子育てについては

女に丸投げしないのが一般的になりつつあるみたいだけど、親の介護はまだまだ。先が思いやられる

2017-02-17

上杉氏と町山氏のリターンマッチ

さあ、これから始まるであろう

ファン垂涎、上杉隆氏と町山智浩氏のリターンマッチフレンズなんだね!

簡潔に。先日ホワイトハウスで暇してる上杉氏CNN映像に映りこんだことに関し

町山氏はCNNは怒っていると批判をしているが、上杉氏上杉氏で町山氏がCNN

確認もせず一方的批判をしていると反論している。

ネタ的には面白いのだが。

筆者は間の抜けた上杉氏の映り込みは笑えると思うけども、マスコミ界隈に長く居るものとしての

それなりの振る舞いをして欲しいと願う。現地メディアに映りこんでドヤ顏するような毎度の

くだらない自己顕示欲の旺盛さも合わせて指摘しておきたいが、町山氏も町山氏、上杉氏の映り込みを

CNNサイドが怒っていると批判を展開するのであれば、当該のメディア関係者に怒っていることを

確認する初歩的な確認作業くらいはすべきと考える。してるのかな!?その点をあやふやに、仮に上杉氏に上から

マウンティングをかけてるとするなら、益々老人力がアップしてるとしか言えない。ここは推移を見守っていきたい。

たのしー

2017-02-12

2017-02-12

昏た道すがら墓場の線香の匂いにむせ軽い咳財布のカード位置あやふや煙草自販機からもろく帰りがてら部屋のドア内に入るとツンと黴に似た臭さのもう水溜りの風は猥雑な根をもここはどこもう

2017-02-06

http://anond.hatelabo.jp/20170206224731

元増田です。

 

日本キリスト教信仰するのって結果的に愛の理念から離れて行ってしま

  

そういうことはあり得るかも知れない。

ただ、それを理由に「信仰を捨てる(信仰しない)」という風に考えるクリスチャンほとんどいないと思う。

 

個人的な考えだけれど、キリスト教信仰というのは、あやふやな神の存在能動的に「信じる」ものではなくて、歴然と示された神の存在受動的に「受け入れる」ものなんだと思う。

当人にとって、神の存在は純然たる事実レベルなので、信じるも信じないも、もはや選択余地がないんだよ。

1+1=2とか、そんなレベル

から、仮に日本キリスト教信仰することに何らかの問題(愛の理念から離れる、とか)があると感じても、まずは信仰範囲内で解決策を模索する方向にしか思考が向きようがない。

 

この辺りの感覚が、まさに日本人キリスト教理解されにくい理由の一端だと思う。

 

一応補足しておくと、もちろん上記の疑問をキッカケに、神の存在自体疑念を抱いて、結果として信仰を捨てるクリスチャンはいるかもしれない。

ただ、神の存在確信したままで、それでも信仰を捨てるというチョイスを採るクリスチャンというのは相当レアなケースだろうと私は思う。

2017-01-30

転職活動の時の話を書いていく

生命保険会社営業の「ライフプロデューサー」という職種を受けに行った時、数百人の名前を書き込める名簿を見せられて

「この名簿に周りの人の名前、住所を書き込んで、その人に保険を売ってこい(大意)」

と言われて、ああこういう仕事なんだなと思った。

「この仕事一年退職率は、9割(具体的な数字あやふやだけど、凄い退職なのは覚えてる)」

と言われて、すぐに、大半の人が辞めていくんだなと思った。

生命保険営業を受けに行ったけど、給与体系はどこも同じで、大抵、最初は「固定給+インセンティブ」だけど、「固定給」が減っていって、「インセンティブ」だけ残る。

「周りの人にも保険を売らないといけないけど、大丈夫?」

としきりに面接で聞かれた。

2017-01-26

http://anond.hatelabo.jp/20170126154745 (改行有り版)

化粧が嫌いだった.

より正確に言えば大人の女性は化粧をするものだという社会通念が嫌いだった.

理由はいろいろある.

第一に,化粧をしていない人間の顔をそこまで醜いとは思えない.

そうであるのにまるで化粧をしていないことをとても悪いことのように扱う風潮が嫌いだった.

思うに人間の顔というのは誰も皆適度に崩れているもので,そこには面白さがあると感じる.

大前提として人間の顔はそれほど美しいものではないように思う.

美しいものを見たいと望むなら,人間の顔を見たり人間の顔を無理やりそう作り変えたりするよりも,他のものを見た方がよほど効率的だ.

人間の脳のつくりは面白くて,人間の顔を見る(相貌認識ときはたとえば風景無機物を見ているときとは異なる活性化の仕方をするのだ.

顔というのは社会活動必須アイコンからだ.

から人間の顔は美しくはないが面白い.



話がずれた.

雑誌モデルなどについてはどうだろう.

確かに彼らは美しいような顔をしている.

彼らは化粧をしているからこそ美しいのではなく,そもそもの顔のバランス問題だと思われる.

彼らを見て彼らのようにありたい,彼らをまねしたいというのは変な風潮だ.



彼らは芸術品だ.

相貌認識をする対象ではなく鑑賞物,たとえば絵画や壺のような存在だ.

人間の顔はどれも面白いが,万人に好かれる最大公約数的な美貌というのはあり,それは突き詰めていけばごく平凡な顔立ちになるだという話を読んだことがある.

そういうひとが一般的美人だと認識され,掘り出されて芸能人モデルなどになっているわけだ.

おかげで誰もみな顔がよく似ている(おかげでわたし芸能人名前を覚えられない).

化粧とは己の顔の特徴(それはいろんなものがあるだろうが)を消し,平均的美貌へと近づける行為であり,彼らをまねしたい,彼らのようになりたいと考えることだ.

それは相貌認識理屈に合わないので納得できない.

芸術品になりたいわけでもあるまいし.

猿真似のようにみな同じ顔立ちをしているさまははっきりいって気色が悪い.

第二に,そういった風潮を納得してしまうためには,自分自身価値観や美意識大衆側に捻じ曲げなければならない.

それが面倒くさくて,とびきり惨めな気分になるからなのだ.

それは非常に体力のいる作業だし,強い虚無感を感じる.

マットな肌や整った形の眉や,バシバシのまつ毛やチークの入った頬.

そういったものを「自分にとっても魅力的で,価値のあるものだ」と思いこまなければならない.

その上で,どうすればそういう要素の自分顔面再現できるかを学習し,実践しなければならない.

それは考えるだけでも憂鬱なことだが,一般的にそういうものが「良し」とされている以上,化粧文化(あるいは女性社会)に自分も「一緒にあ~そぼ」と仲間に入れてほしいと望むのなら,そんな甘えたことは言ってはいられない.



生意気は死だ.

思考停止をして,スポンジのように「良し」とされているものを吸収していかなければならぬ.

そうしていると,次第に自分にもそういった価値観が芽生えていく.

それは努力の成果であるが,一方で,自分がかつて憎んでいた存在自分自身が成り果てているさまにひどく落胆させられる.

それが大人になるということだとしても.

第三に,特にスキンケアについて,はっきり言って胡散臭いからだ.

蔓延似非科学.

薬事法を逸脱してはならないがために生まれあやふや表現の数々.

コラーゲンヒアルロン酸プラセンタ,保湿,スキンケア,基礎化粧品! ああ基礎化粧品! 大抵の基礎化粧品には,「保湿成分がある」以外の価値はない.

当たり前だ.

人体に積極的な薬効成分が含まれていればそれは医薬品になってしまう.

乾燥していることは肌には負担だ.

なので保湿はメリットがある.

ただそれだけの話.

睡眠はきっちり摂りましょう」みたいな話だ.

たとえばひどいアトピーであったり,乾燥肌であったり,ニキビだったり,化粧をするしない以前の何らかの肌環境破綻が起こっている場合自助努力効果ははたかが知れているのだ(それでもてきめんに効く場合もあるんだろうが).

そうであるのにそういった人々を「中傷してもいい」という風潮が強くある.

「化粧をしていないものには死を.

肌が荒れている? 生ぬるい.

それはあなた努力不足だ」.

このインターネット女性社会コスメ部門では勝者ばかりが可視化され敗者は暗がりへと追いやられる.

とんだ生存バイアスだ.



「この商品が効きました」というレビューがある.

わたしはこうしたら効いたのであなたもするべきだ」というのも.

思うのだが,そういった人々は,そういった「商品」を試さずとも,ひょっとしたら改善していたのではないか? あるいは「商品です」と偽って砂糖水を毎日顔に塗るだけで,全ての問題改善したのではないか? 圧倒的な対照群の欠如.

しかたのない話だ.

肌というのは人体で最も大きな臓器だし,現在のようなつるつるの肌色形態をとるようになってから歴史は存外短いのだから.

分かっていないことの方が多い.

結局,何が正しいか最適解を見つけるのは現代社会では困難なのだ.

なので個々人が試行錯誤をするしかないし,それすら無駄なことも多い.

「救われぬ」状態が少なから存在する以上,社会が求めるボーダーもっと低くあるべき,いやボーダーなんて設定するべきではないのだ.

なのにひとに不安に付け込んで,不安をあおって,高い買い物をさせる空気がまかり通っている.

それが基礎化粧品だ.



カルト宗教じみている.

社会悪だ.

吐き気がする.

使用前と使用後の顔写真,明らかに照明の当たり方が違うじゃないか

そんなわけであるからずっと化粧が嫌いだったが思うにそれは世間が嫌いなくせに世間体意識してしま自分自身矮小さへの憤りだった.

そうと気付いてから世間体ではなく自分自身価値あるもの,好きだと思うもの意識して大切にするようにした.

重要なのは自分に適度に自信を持つことで,そうすれば無理に他人に合わせたり,あるいはしゃにむに他人否定しなくても,自己同一性を維持することができる.

それは心の平穏に繋がった.

他人を称賛することもできる.

そうすると化粧をすることも以前ほど嫌いではなくなった.

化粧をした自分の顔は好きだ.

スポンジのように様々な知識収集した.

こうして自分コンプレックスは一度終わりを告げたに見えた.



けれど問題は,技術稚拙であるということだ.

周回遅れでスタートして,必死に追いかけるのは,とても疲れる行為だった.

熱意はたかが知れている.

そろそろ平衡点なのかもしれないと思う.

無理をしたって仕方がないのだ.

だいたいなにか目的があるわけでもない.

わたしわたし自身幸せのために,背伸びをして今どきの女性のふりをするのをそろそろ諦めるべきだろう.

ファッションなどもそうだ.

女性社会は以前ほど嫌いではなくなったが,化粧は技術が難しいし金がかかるし手も汚れるので,やはりめんどくさいなあと思う.

一周回ってこういう結論にたどりついた人間がいてもよいのだ,と思うことにしている.

化粧が嫌いだった

化粧が嫌いだった.より正確に言えば大人の女性は化粧をするものだという社会通念が嫌いだった.理由はいろいろある.第一に,化粧をしていない人間の顔をそこまで醜いとは思えない.そうであるのにまるで化粧をしていないことをとても悪いことのように扱う風潮が嫌いだった.思うに人間の顔というのは誰も皆適度に崩れているもので,そこには面白さがあると感じる.大前提として人間の顔はそれほど美しいものではないように思う.美しいものを見たいと望むなら,人間の顔を見たり人間の顔を無理やりそう作り変えたりするよりも,他のものを見た方がよほど効率的だ.人間の脳のつくりは面白くて,人間の顔を見る(相貌認識ときはたとえば風景無機物を見ているときとは異なる活性化の仕方をするのだ.顔というのは社会活動必須アイコンからだ.だから人間の顔は美しくはないが面白い.話がずれた.雑誌モデルなどについてはどうだろう.確かに彼らは美しいような顔をしている.彼らは化粧をしているからこそ美しいのではなく,そもそもの顔のバランス問題だと思われる.彼らを見て彼らのようにありたい,彼らをまねしたいというのは変な風潮だ.彼らは芸術品だ.相貌認識をする対象ではなく鑑賞物,たとえば絵画や壺のような存在だ.人間の顔はどれも面白いが,万人に好かれる最大公約数的な美貌というのはあり,それは突き詰めていけばごく平凡な顔立ちになるだという話を読んだことがある.そういうひとが一般的美人だと認識され,掘り出されて芸能人モデルなどになっているわけだ.おかげで誰もみな顔がよく似ている(おかげでわたし芸能人名前を覚えられない).化粧とは己の顔の特徴(それはいろんなものがあるだろうが)を消し,平均的美貌へと近づける行為であり,彼らをまねしたい,彼らのようになりたいと考えることだ.それは相貌認識理屈に合わないので納得できない.芸術品になりたいわけでもあるまいし.猿真似のようにみな同じ顔立ちをしているさまははっきりいって気色が悪い.第二に,そういった風潮を納得してしまうためには,自分自身価値観や美意識大衆側に捻じ曲げなければならない.それが面倒くさくて,とびきり惨めな気分になるからなのだ.それは非常に体力のいる作業だし,強い虚無感を感じる.マットな肌や整った形の眉や,バシバシのまつ毛やチークの入った頬.そういったものを「自分にとっても魅力的で,価値のあるものだ」と思いこまなければならない.その上で,どうすればそういう要素の自分顔面再現できるかを学習し,実践しなければならない.それは考えるだけでも憂鬱なことだが,一般的にそういうものが「良し」とされている以上,化粧文化(あるいは女性社会)に自分も「一緒にあ~そぼ」と仲間に入れてほしいと望むのなら,そんな甘えたことは言ってはいられない.生意気は死だ.思考停止をして,スポンジのように「良し」とされているものを吸収していかなければならぬ.そうしていると,次第に自分にもそういった価値観が芽生えていく.それは努力の成果であるが,一方で,自分がかつて憎んでいた存在自分自身が成り果てているさまにひどく落胆させられる.それが大人になるということだとしても.第三に,特にスキンケアについて,はっきり言って胡散臭いからだ.蔓延似非科学薬事法を逸脱してはならないがために生まれあやふや表現の数々.コラーゲンヒアルロン酸プラセンタ,保湿,スキンケア,基礎化粧品! ああ基礎化粧品! 大抵の基礎化粧品には,「保湿成分がある」以外の価値はない.当たり前だ.人体に積極的な薬効成分が含まれていればそれは医薬品になってしまう.乾燥していることは肌には負担だ.なので保湿はメリットがある.ただそれだけの話.「睡眠はきっちり摂りましょう」みたいな話だ.たとえばひどいアトピーであったり,乾燥肌であったり,ニキビだったり,化粧をするしない以前の何らかの肌環境破綻が起こっている場合自助努力効果ははたかが知れているのだ(それでもてきめんに効く場合もあるんだろうが).そうであるのにそういった人々を「中傷してもいい」という風潮が強くある.「化粧をしていないものには死を.肌が荒れている? 生ぬるい.それはあなた努力不足だ」.このインターネット女性社会コスメ部門では勝者ばかりが可視化され敗者は暗がりへと追いやられる.とんだ生存バイアスだ.「この商品が効きました」というレビューがある.「わたしはこうしたら効いたのであなたもするべきだ」というのも.思うのだが,そういった人々は,そういった「商品」を試さずとも,ひょっとしたら改善していたのではないか? あるいは「商品です」と偽って砂糖水を毎日顔に塗るだけで,全ての問題改善したのではないか? 圧倒的な対照群の欠如.しかたのない話だ.肌というのは人体で最も大きな臓器だし,現在のようなつるつるの肌色形態をとるようになってから歴史は存外短いのだから.分かっていないことの方が多い.結局,何が正しいか最適解を見つけるのは現代社会では困難なのだ.なので個々人が試行錯誤をするしかないし,それすら無駄なことも多い.「救われぬ」状態が少なから存在する以上,社会が求めるボーダーもっと低くあるべき,いやボーダーなんて設定するべきではないのだ.なのにひとに不安に付け込んで,不安をあおって,高い買い物をさせる空気がまかり通っている.それが基礎化粧品だ.カルト宗教じみている.社会悪だ.吐き気がする.使用前と使用後の顔写真,明らかに照明の当たり方が違うじゃないか

そんなわけであるからずっと化粧が嫌いだったが思うにそれは世間が嫌いなくせに世間体意識してしま自分自身矮小さへの憤りだった.そうと気付いてから世間体ではなく自分自身価値あるもの,好きだと思うもの意識して大切にするようにした.重要なのは自分に適度に自信を持つことで,そうすれば無理に他人に合わせたり,あるいはしゃにむに他人否定しなくても,自己同一性を維持することができる.それは心の平穏に繋がった.他人を称賛することもできる.そうすると化粧をすることも以前ほど嫌いではなくなった.化粧をした自分の顔は好きだ.スポンジのように様々な知識収集した.こうして自分コンプレックスは一度終わりを告げたに見えた.

けれど問題は,技術稚拙であるということだ.周回遅れでスタートして,必死に追いかけるのは,とても疲れる行為だった.熱意はたかが知れている.そろそろ平衡点なのかもしれないと思う.無理をしたって仕方がないのだ.だいたいなにか目的があるわけでもない.わたしわたし自身幸せのために,背伸びをして今どきの女性のふりをするのをそろそろ諦めるべきだろう.ファッションなどもそうだ.女性社会は以前ほど嫌いではなくなったが,化粧は技術が難しいし金がかかるし手も汚れるので,やはりめんどくさいなあと思う.一周回ってこういう結論にたどりついた人間がいてもよいのだ,と思うことにしている.

2017-01-24

http://anond.hatelabo.jp/20170124221837

主張が変わっている。最初クリエイターには耳が痛いとか揶揄混じりに無価値連呼

後に急にソフトになって価値があがる方法を考えろ、という論旨になってる。

それに同人しろ一部に需要があるってことはそれだけで価値になってるとしか言い様がないわけだけど。

さらに厳密な話をするなら、西野のやった無料化は「手段」であって「体験としての価値」ではないと言いたげなんだが、体験としての価値以外に何かを受け止める人がいたか価値が発生してさらなる売上に貢献してるといえるだろうが(正直擁護はしたくないが、便宜的に)。

まさにコンテンツのもの価値が無い場合あんたや電通が頑張ったって売れやしないんだよ。

その価値あんたが言うような数字還元できるものでもない。ましてあんたが言っている宣伝手法だって因果関係あやふやなもんだ。

相関関係関の山で。

2017-01-18

一昔前の大学

未だに一昔前の大学観で大学を語ってる人いい加減にしろよ。まず自分大学知識が今も当てはまってるのかを確認してから語って欲しい。

「その大学にそんな学部はない。よって騙りだな」とか言う前に大学ホームページぐらい見るとか。

資格が取れるかどうか、取れるにしてもどう取るとか、そういうのだって数十年前どころか数年で変わっても可笑しくない。

再確認をしていない、あやふや知識で人をバカにするのは明らかに不適切だと思う。



これは大学個々の話だけではなく、大学同士のランク差とかにも言えるからな。単に上か下かとかだけじゃなくて、どれぐらい上なのかとかそういうのも。

あと、「大学全入時代であることも意識して欲しい。馬鹿高校から大学絶対に行かないはずだと勝手に決めつけて、馬鹿高校受験生を異常者と決めてかかるとか

今の時代ではほんとにありえない。

2017-01-17

ニューダンガンロンパV3ネタバレ無しで評価する

自分ブログを持っているわけでもないので雑記程度に。

ゲームとしてのダンガンロンパ最新作だったV3ですね。えー、やりました。もう結構某所とかで言われてるみたいなんですけど最初に私も同じこと言います

オチが酷い。

プロローグ、1章〜6章、エピローグといういつもの構成だったんですが正直申し上げますと5章終了ないし6章クロ当てまで進めたらそこでプレー辞めることを推奨します。それ以上進めると「それ以前のダンガンロンパシリーズ記憶」を破壊されますマジで。書き換える、のがわかりやすいかな〜ゲーム内容的にはな〜...

V3は新章で別だって言ってたじゃん!」との声、普通にあると思います。私もその情報が事前にあったのでアニメ3でぐちゃぐちゃになった世界とは別!と思い購入しました。"嘘"がテーマであることで物語がどのような発展をみせるのか気になりましたし。単純に偽証システムが見てみたかったのもありますが...

率直に言うと「世界観一新」は"嘘"ですね。ダンガンロンパチームの。だからといってシリーズ経験者にお薦めできるかというとNOですし、しか新規が入りやすいわけではなく踏みいれれば過去作のネタバレ価値不法投棄を目の前で行われることになります。端的に言ってお薦めできません。とある人物周りの伏線回収も現状ではずさんだったとしかいえないでしょう。

受け止めかたの問題だ!冷静になれば面白い!とかい意見に対しては、6章クロ当てからの一連の流れは製作からの悪意がふんだんに織り交ぜられているために絶望よりも不快感がこみあげてくるものになっていて、肝心の伝えたかったであろうテーマにまで泥を塗る結果になっていた、とだけ言っておきます。私個人としては様々な不可解な状況証拠から"黒幕台詞は多くが嘘"という結論に達したので全否定するつもりはありませんが、確実な真実への道程を作中で示さず全てをあやふやなままで終わらせた時点で世に出す作品として中の下だったということは変わらないと思います

では問題オチ以外、つまりプロローグ〜5章まではどうだったかといいますと、過去作に比類する出来だったのではないかと私は考えますトリックに一部引っかかりを覚える部分もないとは言い切れないのですが基本的破綻せず進行しているように感じました。キャラ描写は...その......勿体ないな〜と思わなくもないのですが通信簿があることを踏まえれば5章までは良作の部類だったかと。5章まではね...イヤほんと5章で終わっておまけ要素解放されてたら雑な神ゲー認定してたな......気に入ったキャラ結構いたし.........



いつまでもシナリオの話しててもしょうがないので学級裁判システム周りについての感想にいきたいと思います

まずは今までのコトダマ論破に「V論破/賛同」が追加されました。R長押しで精神集中すると色つき主張に「ウィークポイント」となる赤い点が浮かび、そこを上手く撃ち抜くとV論破達成となり、得点があがるという本作のアクション成分をアップさせる要素となっていますさらに直後の台詞等も少し変わる...らしいのですが2周めをまだしていないので詳しくはよくわかりません。

次に「コトダマの偽証」。△長押しで選択されていたコトダマを"反対の意味"のコトダマ(=ウソダマ)に変えることができる要素が追加されました。このウソダマを正解となる相手発言に撃ち込むことで「偽証」が成立し、停滞した議論開拓の道を示すことが可能となります。もちろんこれも「V偽証」することができます

ウソダマを使用するにはデメリットがあるものの正解に撃てば帳消しになるので、タイミングがわかれば気軽にでき適度に学級裁判を盛り上げてくれました。まぁだからといってそれでシナリオの大きなルート分岐もなければ事態の核心に迫れるわけでもないので勿体ない使い方してるなとは思いましたが......

議論スクラム」について。参加者内で意見が2つに割れ裁判の円滑な進行が阻害されたときに発生します。その時点での各キャラクター立ち位置意見が全てわかるうえ、相手意見パズルのように合致させまとめて論破できるので爽快感が強く、また台詞間の幅が主人公の味方側キャラへの名前呼びかけで無くなるためテンポが非常に良くなっており臨場感も味わえるというとても面白いものになっていました。過去作でも是非やってみたかったとまで思える要素だったので、ここは評価されていいと思います。ここだけでしか見れない横顔が綺麗に見れるのもポイント

パニック議論」に関してはノンストップ議論が3つ並行して行い時折大声で主張する人が現れ他を阻害してくるという、スタンダードながらも場の騒々しさが伝わってくるもの面白さがあったように思いますアクション難易度があがる場面なので、このときに上手くV論破が決まると達成感も得られました。

「発掘イマジネーション」は単なるモノリスなので割愛。あとは「ブレインドライブ」と「理論武装」ですが...どっちも微妙だったな、としか

ブレインドライブ」はレースゲームの時点でゲーム性は限られていましたが、スキルを取らないととにかく冗長なだけで単調でした。カジノ版みたいにアイテムが道端に落ちていればアリだったかもしれません。道路デザインネオン街は本編と何の繋がりもないけどお洒落で好きです。繋がりないけど。

理論武装」はリズムゲーにしては音に併せるとmissするという目押しゲーなのにもかかわらずその目押しゲージをお邪魔の隠しで潰してくるという割と意味不明ものでした。これもスキルをとればマシにはなるのですが、この要素の都合上裁判クライマックス付近で発生するものなので真相への疾走感の障害しかなっていなかったなぁと感じます

反論ショーダウン・真打」は正直なところ前作のほうがやりやすかったです。これもV斬りを狙えるのですが操作性の都合でとても難しくなっていました。


思いつく限りではこんなところでしょうか。あくまネタバレしなので詳細はありませんが感想としては以上になります。無論これは個人差があるのでこの意見が全て他の人にとって真実とは言えないはずですが、私のなかでは嘘ではないので、この日記に目をとめてくださったかたのひとつの目安になれればと思います

2017-01-13

http://anond.hatelabo.jp/20170111004516

他方、死後どうなるかについては割とあやふや

こういう部分は、地域グループ口伝される非公式教義があって、補完されている。

真言宗のような邪宗だと~~な酷い死に方をする、とかね。

公式には言わないけど。

2017-01-11

エロいし綺麗だからニーア・オートマタを買おうと思う

そうするとダークソウル3の次に買うPS4久々のソフトになる

ダークソウル3は正直ビジュアル的に微妙だった

ブラッドボーンの方が怖い映画を見てるようでドキドキする

やはり絵が綺麗というだけで動かすとまるで本当に異世界があるかのような錯覚をキメることができるので

ゲームに美麗なビジュアルというのは面白さに直結してくると思う

前作は未プレイ

予定もない

 

言いたいことはそうではない

ニーア オートマタアンドロイド機械がメインキャラということで

そういえばオートマタという映画があったなとネタバレ記事検索して読んだ

端的にいうとつまらないらしい

この手のシンギュラリティ人工知能テーマとしたSF鬼門だと思う

鬼門というかどうやっても登頂不可能コースだと思う

登ろうとすれば死ぬ

なぜなら作者である人間頭脳ではどうやっても人間を超越した知能を描写することが不可能から

漫画登場人物天才がいてもその天才頭脳の上限は作者と同じっていうアレだ

からSFAIのものテーマにした作品に当たりが無いのは当然ともいえる

AIテーマにしてるようで、実はロボット人間ハートフルがメインになっていてそこが評価される作品は多々あるが

AIの「人類を超越した知能が引き起こすシンギュラリティ」を本当にメインに扱って評価されている映画は1つもない

古くのAI映画で有名なものといえばターミネーターだろうか

あれにしてもスカイネット人類に反乱を起こした理由説得力がないし、

何を基軸にして人間対立しなければいけないのかというのがあやふやにされやす

狂っているとしたら自己修復できないでAIとしては未完成ではないかという本末転倒な設定もある

だいたいこの手の作品で描かれている人工知能は、現実にある人工無能ちょっと賢くしたバージョンしかない

ここに作者が人間であることの限界を感じて、のめり込みにくくなるのがAIをメインにした作品の残念なところだと思う

逆に、AIはどれだけ科学力が進んでも作れなかった、という設定のSFだとまだ人類の知恵に有用性が残されているため

冒険が残る世界を描きやすくなると思うので安易AIを出すのではなくそっち方面開拓していってもらいたい

 

そうではない

また話がそれた

とにかくニーア オートマタ機械同士の争いになるということで

プレイヤーである自分がどこに視点をおけば一番楽しめるのかという話だ

警戒している

というのも先に述べたようにAIが間違いを犯さない超越した知能を持っているという見方をすると

ミスをするAIたちをみて途端に熱が冷めかねないからだ

もちろんAIには性能差があるだろうからキャラクターが設定できる余地はある

オートマタがどういう物なのかも分かってない

でも機械というのは本来作られた段階からできることが決まっている存在なのだ

厳密にいえば人間にも当てはまるが人間には運命を決める選択権が備わっているので平行世界渡り歩く権限があるため冒険性が必ず内在する

しか機械には投げた石の落下地点が計算できるようにたどる結末には変化がない

いや、変化に自主性は存在しないと言える

そういったことを前提に見てしまうニーア オートマタをどういった角度から見れば楽しめるのかを考える

神の視点からか、ニーアの視点からか、ポットからか、はたまた…

登場人物自分感覚を重ねることで異世界にいき、異世界出来事として受け止めることが没入しやすいと思う

こういうとき感情移入やすキャラというのはいてくれた方がいいと感じる

出なければ神の視点では人形劇を見る私、で異世界にいけなくなるから

住人Aというのも難しい話だろう

とにかく人工知能ネタロマンもあるけどそれだけに冷めさせるトラップが潜んでいるので気構えというか、気苦労もある

 

えー、とにかく楽しみにしています

体験版はやる必要いか

創価学会を抜けた人のブログおもしろい ※追記

ぐぐったらたくさんあるんだね。

読んでて思ったこと。

創価学会の教えは現世利益追求みたい。宗教って死後の世界に救いを求めるものが多いもんだと思ってたけど、どうも創価学会題目を唱えることが現世利益につながるという教えらしい。他方、死後どうなるかについては割とあやふや

・上の教えの結果、脱会者が口をそろえて言うのは、「題目を唱えても何にも幸せにならなかったよ」ということ。題目唱えてたのに病気になったとか、受験に落ちたとか、熱心だったあの人も今は無年金だ、とかそういうのが多い。

・この点、死ぬまで幸福になるかどうか分からないキリスト教うまいな、と思った。

・そう思っていても抜けられない人がいるのは、題目をやめることで何か不幸が起こると教えているのが一つの要因らしい。なので脱会者は「脱会しても別に不幸にならなかったよ」と言う人も多い。

・とはい脱会しても信仰までは捨てられず、別の宗教に走る(だいたい日蓮宗みたいだけど)人が多いらしい。ただそこでまたカルトに引っかかる人が多いとのこと。

脱会者による創価学会、熱心な活動をする家族(「バリ活」と言うらしい)に対する罵詈雑言ものすごいけど、結構無理して言っているようにも見える。背骨から出る罵倒じゃないというか、縁を切りたくて必死になってる感じ。

創価学会の集金力はやはりすごいとのこと。一応寄付(「財務」と言うらしい)は任意で、実際に全く支払わない人というのもいるらしい(それでも別に何も言われないとのこと)。ただ、題目を唱えるだけでなく、学会活動を熱心にやることも現世利益につながるという教えらしく、救いを求めて高額の寄付をする人も多いみたい。そもそも100万人信者がいたとして、それが一人頭年2万円支払う(つまり聖教新聞をとる)だけで年200億円の収入なんだからすげーな。

・崇拝の対象日蓮やお釈迦さまではなく、歴代3代の会長理事長)らしい。特に池田大作先生尊敬され具合はすごいらしい。

・上の結果、池田大作先生が亡くなる日(「Xデー」と言うらしい)には創価学会にはかなりの激震が奔ることが予想されるとのこと。

被害者はいえやっぱり人の悪口をみんなして言ってるのは見ててつらいなと思った。



※追記

書き終わってから改めてブログ見て気付いたんだけど、創価学会の教えから脱却するだけだと救いがないなぁ、と思った。

もともと、題目を唱える⇒現世利益を得る、という教えを受け容れていたのに、これをやめるとどうなるか。

「X⇒現世利益を得る」という図式の中で、題目に代わってXに入るものは何なのか、という話になる。

無宗教場合ふつうXに入るのは、努力だとか才気だとか運だとか、そういうものだろう。

しか創価学会脱会した人というのは、割と40代50代の人が多い印象を受ける(違うかもしれない)。脱会してからこれらを積み上げていくのは困難が多いだろう。

そうなるともう疑いを持っていたとしても辞めづらいし、辞めたとしても辛い人生が待ち受けている。

これを救うのはもう別の宗教(それこそキリスト教か?)しかないような気がするんだが、なんとも問題が多い。

2017-01-07

石田衣良は「新海誠高校時代恋愛経験がない」とは言ってない

石田衣良氏の年頭所感 「新海誠氏と宮崎駿氏の違いは」

http://www.news-postseven.com/archives/20170104_480184.html?PAGE=2

たぶん新海さんは楽しい恋愛高校時代にしたことがないんじゃないですか。

楽しい恋愛」についてしか言っていない。新海誠が悲しく辛い恋愛をしたことがある可能性は否定していない。どんな恋愛にも、辛い要素を見出すことは可能なので、「恋愛経験がある」と主張されても、「それって見方によっては辛い恋愛ですよね?」と反論可能(「たぶん」という限定は「100%楽しい恋愛だった」と言い張られた時の保険)。

恋愛しない人の恋愛小説パターンなんです。

恋愛しない人」が書く恋愛小説パターンがあり、「新海誠作品」はそのパターンという話。新海誠が「恋愛しない人」という話ではない。

付き合ったこともセックス経験もないままカッコイ男の子を書いていく、少女漫画世界通底しています

セックス経験がない」は少女漫画家の話で、これは一般的な話(中学生デビューする少女漫画家はざら)。新海誠作品はそういう少女漫画世界通底する、といっているだけ

宮崎駿さんだったら何かしら、自然人間とか、がっちりした実体験をつかめているんですが、新海さんはそういう実体験はないでしょうね。

実体験」は「自然人間」など、より一般化された事柄についてのこと。恋愛の話ではない(「がっちりした」という修飾も、「それって見方によってはあやふや経験ですよね」と反論するための保険 )。



最初に読んだ時から「非常に注意深く書かれているなー」と思ったんだけど、みんなこんな過剰反応するとは思わなかったわ。「そう読ませようと思って書いたとしか思えない!」ならば、それをあぶり出す職業文筆家の技術とは・・・

テキストサイトの頃からネット見てるけどさ、もうネット民て、文筆家のおもちゃになっていくしかないのかねえ?

2016-12-24

自分がほしい本のタイトルも著者も出版社もわからない上に内容もあやふや状態で来る客

http://anond.hatelabo.jp/20130809115823

今更トラバします。



自分本屋です。

毎日色々なお客さんが来ます

でも、一日一回は見る種類の客というのがいる。

それは、店に入ってくるなり

タイトルも著者も出版社もわからないけど、ほしい本がある。内容はあんまり覚えてない」

ってカウンター直行してくる奴だ。



僕は、本がとても好きだから、本がほしくて買いに来る人の気持ちがすごくわかる。

しか本屋をしている。だから、できるだけ力になりたいと思う。



だけどさ、、、、、、、、、、

何もわからん状態で来るって、ほんとにほしいと思ってんの?

内容について聞き出そうとしても、男が出てくるとかそういう無限可能性がありそうなことを言う。

そんなんで、わかるわけないじゃん、、、、、、、



ほしい本があったら、わからないなりに調べる術はあるんじゃないのか?って思う。

あなたが手に持ってる小さいコンピュータは調べものができるんですよ?

だけど仕事だし見つけ出したいから、こっちも必死になって探す。

うまいこと見つかる場合もあるけど、結局わからない場合ももちろんある。

そうしたら、しょうがないのかもしれないけどものすごいふくれっ面されるときがある。ガミガミ怒られることもある。

だけど、手がかりなかったらこっちも調べようがないよ。



だけど、この



パソコンインターネットの違いが分かるのは当然だし、スマホタブレットも使いこなす。

飛行機新幹線チケットネットで買うのが当たり前だし、分からないことは全て自力で調べられる。



を読んで、意識が変わった。「溝」に気付いたのだろう。

僕が知った何らかの「溝」は、低学歴高学歴の溝かどうかはわからないけれど。

そういうお客さんたちは、調べ方を知らないんだ。

そして、多分誰かに教えてもらっても、やらないんだと思う。



自分と同じ基準で考えるから苦しいんだとわかった。

それから、なんだか仕事が楽しくなった。



だけど、これは見下していることになるのかな?

2016-12-22

ユーリ!!! on ICEのトレパク疑惑

疑惑ツイートを見たとき、あぁ嫌だな。と思った。

本当だったら悲しいな

でも以前こういう(透過して重ねただけ)検証再検証すると重なってなかったりするという話を聞いたことがあったから、イマイチ信用できなかった。検証雑すぎるし透過重ねでも言うほどトレース感がない、せいぜいポーズ参考したのかな?ぐらい

ただ私は絵を描かないしたくさんの人がうわこれはって言ってるからそうなのかな、どうなんだろ、不安だなと思っていた




再検証されてる方がいて画像を見てみた




全然重なってねーーーじゃねーか!!!!!!

しか最初に出回った検証画像フォトショ加工されてる可能性がある?えっ?


ゾッとした。怖かった。

誰かが不当に作品を貶めようとして、おそらく成功しかけていることに。

だって再検証ツイート全然RTされてない。



微妙に線ズラしてるから悪質、まんまトレースじゃないってそれはもうトレースと呼ぶものじゃないじゃないですか

しか微妙に線ズラして描いてるってのも否定する意見もあった


ズラして書こうとしたら全身のバランスずれるからやってないんじゃないかなみたいな。

疑惑イラストは肩や腰がズレてるからわざわざズラして描くと細かい調整が必要になって、ポーズ参考して描く方がずっと楽だって


私は絵を描かないからわかんない

わかんないけど

でもあやふや検証が出回ってそれを信じる人がいて、って現状がとても怖い



構図が近いって言っても今回話題にあがってるのはポールダンス正式な技で、技名で検索かけたら似たような構図の写真がたくさん出てくることだってあった


私は真実はわからない

わかんないけどトレースじゃないらいしってことは思った


そんで著作権についても色々調べて、仮に構図を参考にしていたとしても著作権違反にならないものだなとも思った。

ポーズには著作権ないし、構図が特殊かと聞かれるとポールダンスの技の構図(その技が魅力的に見える、一般的な構図)はだいたい決まってくるから。だから多分、構図にも著作権は発生してない

(私は写真のものイラストのもの著作権についてではなく、それに映った、描かれたポーズや構図について著作権が発生しないという話をしています)

(構図が特殊だと著作権が発生する場合もあります)

まあその辺判断するのは私じゃなくて裁判所なんですけど。

でも過去判例とかも見たうえで問題になるようなものじゃないんじゃないかなって思った



服のオマージュについて色々言ってる人は一回意匠権って調べてきてくれ……あと私は他の作品、それも多くの作品で「このキャラの着てる服これっぽいね!似てるね!」てのを見たことあるけどそれはいいのにユーリだけダメなの?

意味わかんないや


なんか、何かを「なんとなく受け付けない」「この辺が嫌い」って言うのはわかるけど、あやふや情報信じて「この作品はクソ!」「この作品好きな奴は頭がおかしい」って言うのは信じられない

やっぱりインターネット情報の取捨選択大事なんですね






ユーリ最終回までずっと楽しかったよ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん