「烏龍茶」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 烏龍茶とは

2016-06-12

ウーロンハイの最強コンビ

いちごサントリー烏龍茶。これよりおいしい組み合わせがあったら教えてほしい。

2016-04-04

http://anond.hatelabo.jp/20160403224448

コーヒー多数派紅茶が少数派というのは誤解。

大戦後、世界秩序が変わり、紅茶を主飲料にしていた英国凋落し、逆にコーヒー米国が台頭し、それが今も続いている事が要因。

我々日本人コーヒーを飲む人が多いのも、心の底から美味しいと思うからではなく、スタバハリウッド映画等を媒介し、米国人猿真似をしているから。いや、本気で美味しいと思っている人も多いだろうが、文化的影響を色濃く受けているはず。


仮にもし英国現在も7つの海を支配していたなら、間違いなく現在コンビニにはコーヒーではなく、紅茶マシンが置かれていただろう。

今後中国が台頭したなら、コンビニにはコーヒーでなく烏龍茶が置かれることは必至。

コンビニ飲料とは、すなわち世界秩序そのものなのだよ。

2016-03-13

街コン落ちた!日本死ね

街コン行ってきたわ


ルールは2人一組

受付を済ますスタッフ誘導

ランダムで参加してる女性二人と2対2の合コン方式

最初の1時間経ったら場所移動可能

別の店舗へ行き再びスタッフ誘導を待って2対2の合コンの形へ

繰り返す



一組目→女は飲み物烏龍茶、俺らはビール2,3杯。会話ほぼ一方通行、俺の相棒はほぼ無言

二組目→女は飲み物緑茶、俺らはビール2,3杯。会話ほぼ一方通行、俺の相棒はほぼ無音

三組目→化物みたいな女二人組、飲み物頼まない、俺らはビール、席に座って五分くらいで「私達他のお店も見てみたいからいくね」

      俺ら取り残されて二人でビール2杯、相棒吐く

四組目→俺だけビール、女は烏龍茶。俺が色々話すも女は携帯イジイジ。15分くらいで「私達他の-」


終了

会費は男性7,500円 女性2,500円

なんなのこれ

2016-01-17

http://anond.hatelabo.jp/20160117030313

味とかなら一気に飲み込んだり烏龍茶で飲み下したりでいけるけど、喉が痛くなるのが嫌

2015-12-02

ミシュランガイド増田星気になるナに期し絆す窓依願等ゅ沁み(回文

ミシュランA 「ねえねえ、ミシュラン、今度どのお店行こうか?」

ミシュランB 「そうね、噂で評判のいい京都のあのお店とかどうかしら?」

ミシュランA 「あそこは確かに手堅い良いお店かも知れないけど。それより、新しく出来た高級割烹料亭のあそこはどう?」

ミシュランB 「でも、あそこのお店ぐるなびまだ載ってないからやめとこ」

ミシュランA 「そっか、まだぐるなび載ってないんだ」

ミシュランC 「ねえねえどうでもいいけど、めちゃめちゃお腹空いたし次見えたドライブインで車とめて、とにかくもうご飯にしようよ~」

とかって、

国道沿いの何でもないラーメン屋さんが

普通に美味しくて

星三つとか付いたらビビるわよね。

空腹は最高の調味料だ、なんつってね。

でも、ミシュラン審査員は、

どうやって、調査してるのかしらね

ミシュランバッジとか付いてて

店員さんに気付かれたら、

絶対最高のいい対応するだろうし、

ミシュラン調査員側もミシュラン調査員側で

調査したお店の料理が美味しくても

「いやいや絶対まいうーとか言いませんし」とか

強情そうだし。

選考ってどうなってるのかしらね

不思議世界ね。

今日も素敵な増田を。




今日朝ご飯はお味噌汁作りが最近楽しくて

ネギ豆腐の具のお味噌汁が最高に美味しいです。

そんな、お味噌汁とご飯よ。

ご飯おかわり自由ね!

デトックスウォーター

焼酎烏龍茶で割ったらおいしいのに気が付きました。

ってこれホッツウーロンハイなのね。

ぜんぜん、

デトックス出来ないかも知れないけど温まります




すいすいすいようび~

今日も頑張ろう!!!

2015-09-12

ピンサロに行った話

ホント自分の持ってるブログに書こうと思ったんだけど恥ずかしいから増田に書くね。

まず、自分未成年童貞彼女いたことも一度もない典型的な(?)理系大学生である

なんでソープじゃなくてピンサロに行ったかというと、風俗童貞卒業したくないとかそういうことではない(お金がないというのは少しあるけど・・・)。単純に挿入よりもピンサロでしてもらえるようなことの方が好きなのである

実際ピンサロAV最後になんだかんだ挿入に持っていくタイプのモノはあまりきじゃないし、手コキとかフェラでいいやんってなってしまうので。

ということで、前々から興味があったピンサロ友達に誘われていくことに。平日割で安かったしね。

まず受付をして、爪を切るように言われ爪を切る。ちなみに指名はしなかった。

爪を切って、いざネカフェブースのような場所に連れていかれ、そこで烏龍茶を飲みながら嬢を待っているとこの時点で興奮してくる。

なんというか、ピンサロに来たというシチュエーションに興奮してしまタイプオタクであったので、緊張で立たなかったみたいなよく聞く失敗談のようにならなくてよかったなと思った。

で、嬢が到着するんだけど、顔は中の上、なぜか制服を着ていた。別にJKに興奮するタイプオタクではなかったので、少し損をした気分になる。

嬢は最初に横に座って少しだけ話をして、その後俺の膝の上にまたがってくるような形で座ってきた。あ、ここで生理なので右乳と下は触らないようにと言われる(下は興味ないので問題ない)。

嬢が制服と下着を脱いで、おっぱいを触らせてくれたんだけど想像してたほどの感動はなかった。ああ、こんなもんか、と。

このときに会話してたんだけど、自分大学生であることを話すとどこ大学か聞かれて、迷ったんだけど正直に話すことに。なんと、嬢もたまにその大学食堂を利用してることが発覚する(かなりどうでもいい)。

余談だけどそのときに言われた「学生でももっとこういうお店使っていいんだよ~」ってセリフが思い返しても興奮するね。なんでかはわからないけど。

童貞ですって言ったらキスもしたことないのって言われて、そうですね~って言ったらキスは好きな子とにとっておいたらって。それじゃ意味ないだろということでキスもしてもらったんだけど、「食べ物の味がするね」と言われた。そりゃ友達ラーメン食ってその後ノリで来たんだからそりゃそうか・・・反省

このあと抜きスタートということで嬢はもう一度横に移動して、俺の服を脱がせてフェラをしてくるわけね。

もうこの時点でシチュエーションにかなり勃起していたんだけど、ここで嬢に言われた「大きいね~」って言葉、これテンプレだけどかなり興奮するね。

まあそれは置いといて、フェラと手コキ織り交ぜながらフェラしてくるんだけど、明らかに手コキの方が気持ちいい。嬢もそれを察したのかわからないけど、フェラをそこそこにして最後は手コキでフィニッシュ

嬢に「いっぱいでたね~」って言われる。これもテンプレだけど、いい・・・

なんか淡白に書いてるように見えるかもしれないけど実際かなり早い方だったと思うんだよね。時間制だったので余裕で二回戦もいけるな~と思っていたけど嬢が寒いから服着ていい?と言ってきたからなんか萎える。

その後の時間は暇だったので嬢に乳首を責めてもらっていました。で、制限時間来るんだけど、制限時間タイマーが鳴ると同時に「あ~まだまだいけたじゃんw」って言って俺のブツちょっとだけ触ってくるのは凄くズルいと思った。

最後はお手紙貰ってハグキスして終わり、と今書いてる分には凄いよかったような気がするんだけど、終わった直後って「ピンサロってこんなもの・・・」感ヤバかったんだよね。

こういう経験談を思い返したり、他人ピンサロレポとかピンサロAV見てる方が幸せなのかもしれない。

改めて読み返すと読みづらいし少し恥ずかしいので推敲せずこのまま投稿します。いろいろおかしいとこあったらごめん。

2015-08-02

ペットボトル緑茶と甲類焼酎が余ってるんだけど、

これ割って緑茶ハイできるかな

烏龍茶なら味の想像がつくけど、緑茶はつかないな…

2015-07-30

http://anond.hatelabo.jp/20150729183328

コーヒーは豆の種類が味に最も影響をあたえると考えてる人が多いけど、本当は焙煎なんだよ。

同じ種類の豆の深入りと浅煎りを飲み比べたほうが、同じ焙煎度の違う種類の豆よりも違いが大きいはずだ。

とするとだ、そもそも焙煎度が違うコーヒー品種の違いを判断するなんてのは至難の技なんだ。

ほうじ茶烏龍茶緑茶抹茶を飲んで、茶葉の品種を見極めるようなもんで、そりゃ難しい。

ということで、今度から品種じゃなくて焙煎度で比べてくれよな。違いが分かると思うから

2015-05-29

朝起きて増田を見たらビックリ

帰宅前に増田に書いた記事

朝起きてみたらブクマ100とか付いてて

ヤッターって感じ!

なんか今日も良いことあるかなぁ~

雑穀米おにぎり作ったし、

水筒に水出し鉄観音烏龍茶入れていって

今日も頑張ろう!

ファイト!自分

2015-02-24

セブンイレブン ドーナツ 実食レポ

5種類5個食べました。

美味しかったですね。

劣化ミスドなんていう叩きがネットの暗部に散見されますがそんなことはないです。

普通ドーナツです。

値段は1個100円。高くも安くもないと思います

強いてアドバンテージを挙げるなら『近さ』でしょうか。

近所のセブンイレブンでいつでもドーナツが買えるなんてデブ歓喜じゃないですか。



というより、ドーナツに差なんてあるんですか?

今回ドーナツ5個食べて得られた知見は「ドーナツは油っこくて甘い」ということです。

特に3つ目からフードファイトで、ブラックコーヒーを飲みながらなんとか完食した次第です。

目つぶって食べたら味の違いなんか分からないんじゃないでしょうか。

ドーナツの食べ過ぎでブクブクに太って死んだプレスリーも、ドーナツの味にうんちくを垂れていたとは思えません。

ガソリンスタンドに併設されたクリスピークリームドーナツなんか典型ですが、あれは貧困層が食うジャンクフードだよね。



それと、ドーナツコーヒーは合いますね。

このほど私がドーナツ5個完食できたのは一重にコーヒーのおかげです。

口内の糖分と油を中和するのにコーヒー活躍するのですよ。焼き肉烏龍茶みたいな関係です。

コーヒー好きなメリケン人がドーナツを愛するゆえんが分かりました。



あと……一度にドーナツ5個食べるのは賢明ではないですね。

ちょっと厠行って来るね(リバース)

2015-01-16

http://anond.hatelabo.jp/20150116115143

ビール烏龍茶を頼んだ人たちだけで勝手乾杯してりゃいいんだよ。それで誰も困らん。

2015-01-07

烏龍茶

お茶って色んな種類があるけど、どれも少しずつ味がちがうんだよね。不思議

2014-12-13

なんで自販機ってコーヒーばっかり売ってんの

俺はあったかお茶が飲みたいの!

甘くないやつがいいの!

甘くないっつってもコーヒーブラックみたいなのは嫌なの!

つかコーヒーってそんなに売れてんの?

コンビニ行っても、ホットのコーナーにはお茶烏龍茶ほうじ茶、無糖紅茶煎茶玄米茶と各種取り揃えてるじゃん。

コーヒーと同数かそれ以上を無糖のお茶系が占めてるじゃん。

そこまで売れ筋でもないんでしょ?コーヒー

なんで自販機だとお茶が圧倒的少数になってんの?

お茶飲もうと思って自販機行ったら、唯一のお茶が「うりきれ」だった時の絶望

そりゃ売り切れるよね、だって他はミルクティーとコーンポタージュホットいちごみるくで残り10コーヒーだもん。

何なんだよお前ら。

何でコーヒー一族自販機で大繁栄してんだよ。

レパートリーとして、ミルクティーやコーンポタージュがあるのはいいと思うよ。

ホットいちごみるくだって、まあ、そういう枠が一つくらいあったっていいよね。

だけどコーヒー10枠いらねーだろ。

3枠ゆずれよ、譲り合いだろ?

お前らに10枠使うくらいなら、「つめた~い」に席譲ったほうがまだマシだっつの

しろその水あっためとけよ!

これから六甲のおいしいお湯だろ!

俺的にコーヒーなんざお湯以下だよ!お湯買うよ?

なんなんマジ

ほんとなんなん・・・

2014-09-13

読めないSuica

駅のホームまでの階段を上がる。

出かける時に使う駅の、いつものコース。



階段の先に、Suicaで買える自販機がある。

今日は、誰かが飲み物を買っているようだ。



若い女性だった。何やら様子がおかしい。

烏龍茶を選ぶものの、財布に入ったSuicaが読み取られないようだ。

何度も接触面に対し財布を付けては離している。

僕は横目にそれを眺めていた。



----

彼女が何度も繰り返すうちに、僕は自販機に向かった。

さっき改札を通る時に取り出したままのSuicaを、彼女の手と財布を押し出す形で接触面にかざした。



ピピッ……



ガタッ



驚いてこちらを見る彼女

「えっ、あの……」

「どうぞ」



気まずくなりそうで、そのまま立ち去って、ちょうど到着した電車に逃げ込んだ。

動き出した電車の中から呆然と立ち尽くす彼女と目が合って、彼女は何度もおじぎをしていた。

----



という妄想までをしたところで、彼女は財布から小銭を出して烏龍茶を入手した。



今日も僕の人生は何も動かないままなのであった。

2014-07-27

*[街コン]恋する箱根開運パワースポットバスツアーに参加してみた

最近の閉塞した人生を少しでも変えようと街コン参加を決意して、色々と調べたら大変面白いイベントへ参加出来たのでメモがてらレポを残しておく。ちなみに筆者は男です。

ラブワゴン?な日帰り旅行

まずは簡単に旅行概要を紹介。

09:00 小田原集合

10:30 ガラスの森ミュージアム

12:00 ザ・プリンス箱根で昼食

12:30 同会場でマッチング×5回(各7分?)

14:30 九頭竜神社へ出発(徒歩)

15:15 九頭竜神社参拝

16:00 ザ・プリンス箱根帰還、自由時間(30分)

17:30 小田原解散

http://www.koisuruhakone.com/

から夕方まで分刻みの忙しいスケジュールだが、箱根パワースポットバスツアーの名に相応しい要素を抑えていると思う。

参加費は、男性\16,800、女性\9,800と、中々にツボを突いた値段設定と思う。

先制攻撃チャンスの出発前

集合場所小田原駅箱根湯本で無いのは個人的に残念なものの、新幹線の駅もあるしロータリーも広く妥当な所だろう。

バスの前に行くと受付で名前を告げてバス座席順決めのための最初のクジ引き(マッチング①)。バス座席は左右2列ずつの普通観光バスで、窓際女性、通路側男性となるよう番号で決められていた。覚悟していたとは言え、狭い空間初顔合わせの男女で二人きりという状況は、中々のスキル要求される。さっそく仲良く話始めるペアもあれば、気まずそうな沈黙に包まれるペアもある。もう戦いは始まっているという事だ。15分ほどでひと通り集合・出発。

ガラスの森へ出発

バス箱根山道を左右に揺らしながらガンガン進む。出発時に参加人数が40弱である事が発表された。(しかし、驚愕の発表として、うち男二人が集合場所新宿勘違いして集合出来なくなるハプニングも…。ちなみにこの二人は頑張って昼食から合流してました)

道中最初自己紹介タイム。全員にプロフィールシート表が配られていたが、これがわかりづらい!A4の厚紙に合計12箇所の記入欄があり、それぞれに名前仕事趣味といったことを書く欄があるシートとなっていた。はじめは全てに頑張って記入し、切り取って相手に渡していくのかと思ったが、実はこのシートをそのまま異性に渡して、その異性にプロフィールを書いてもらうという仕様となっていた。つまりツアー終了時には12人分の異性のプロフィール自分の手元に一つのシートとして残るわけだ。ともかく一人目のお相手に書いてプロフィールを書いてもらって、それをネタ雑談を進めていく。その他にはジャンケン大会などを行いながらほどなくガラスの森へ到着した。

グループ行動でヴェネツィア芸術を堪能

バス内で事前に8チームになるようクジ引き(マッチング②)を行って、4~6人ずつでガラスの森へ。夏休み突入直後ともあって館内は子供連れも多く気恥ずかしい。しかし大変天気も良く、美しいガラス細工を見ながら館内を鑑賞。途中、グラスハーブなどによる生演奏が開催され、柔らかくも美しい音色に聞き入る。実に良い経験をさせてもらった。散策時間は約1時間ほどだったが、ゆっくり見てまわるには少なすぎる。チームの互いの紹介もままならない状態でバスに帰還となった。バスに戻る際に再び座席決めのクジ引き(マッチング③)で先ほどとは別の異性と相席する。プロフィールを交換しながら雑談しているうちに次のザ・プリンス箱根へ程なく到着した。

昼食は高級ホテルパーティー会場でビュッフェ

ガラスの森と同じく、バス内で事前に8チームになるようクジ引き(マッチング④)を行って、ザ・プリンス箱根パーティー会場「相模」で昼食。食事はビュッフェ形式で、ビーフシチューパスタピザドリアサラダスープカレーなどなど、種類は豊富。食事の量も人数分しっかり確保してあり、後半メンバが足りなくなるような事はなかった。ただ、全体的に味付けが濃く、夜のお酒を片手に行うパーティー向けなのは少々残念。飲み物ソフトドリンクとしてオレンジジュース烏龍茶が用意されていた他、アルコールビールワイン焼酎とこちらもホテルパーティーらしい品揃え。全体的には過不足ないが面白みも無いメニューだった。ただし、ピンクカレー。テメーはダメだ。食事中にツアーの目玉の一つである専門の占い師による無料占い整理券配布が行われる。先着順ともあり、女性の皆様は一斉に整理券ゲットに走っていた。すぐに順番に呼び出しがかかり、個別ブースタロット占いを行ってもらっていた。一人5分弱?くらいと思われる。食事は20分ほどで終了。ちなみに途中で新宿野郎たちも合流していた。ホントに来たよ。ある意味尊敬する。

戦場マッチングタイム

食事もそこそこに、マッチングタイム開始のアナウンス。ちなみにこの間も占い呼び出しは続行中。まずは女性がクジ引き(マッチング⑤)で席替え。食事の時とは違うメンバでマッチングタイム開始。円卓のテーブル内で男女4~6人の円テーブルを囲みながら1回7分ほどのコミュニケーションを取っていく。ただ、例のプロフィールシートを書くのに忙しく、大半の時間が記入に消えてしまう。書き終わっていざ話を盛り上げようとしても、あっという間に時間終了で、ろくに会話が出来ないのは残念すぎる。時間経過後は、男性のみテーブル移動。クジでは無く、男性の自由意思でテーブル選びを行う。熾烈な争いの場だ。途中休憩をはさみつつ、合計4回の移動(マッチング⑥~⑨)でコミュニケーションを取っていく。正直後半はダレて来てプロフィールシートを埋める作業になりつつあり、顔と名前が一致しなくなる。ある意味、ココでどれだけ集中力を持続させ、最大のパフォーマンスを発揮するかが求められるだろう。

お楽しみ抽選会と本命カップリング発表

戦いの余韻を残しながら、アンケート記入タイムへ。Webに掲載されていた前回開催時の率直なアンケート結果を事前に見ていたこともあり、割と辛辣な事も書きつつ良い機会を用意してくれた事に感謝を表明しておく。

その後はお楽しみ抽選会で、箱根温泉入浴券や箱根水族館チケットさらには\30,000相当の箱根宿泊券など、開催規模から考えたら中々の商品が当たるジャンケン抽選会。箱根観光協会の本気と実力が窺い知れる内容だった。

そして時間運命カップリング発表へ。カップリング決めには、各人に配布された希望シートへ第3候補までの異性の名前を記入し、お互いがマッチすれば晴れてカップリング成立となる。今回は合計8ペアのカップリングが成立となった。参加人数が40人弱であるため、成立率は約40%となる。街コンとしては驚異の成立率だろう。ココが一番の盛り上がるシーンのはずだが、人間は素直なもので発表が進むにつれ場の空気は大変重くなっていく。最初のペアが発表された時は気軽に拍手の祝福があったが、最後のペア発表時は本当に悲しいくらい弱々しい拍手だった。今日一日の戦果が決した瞬間である

天国と地獄の九頭龍神社参拝

見事カップリング成立した8組が先行しつつ、徒歩で九頭龍神社参拝へ。片道30分ほどの距離。カップリング成立したペアはお互いの親睦を深めつつ長い道のりをゆっくり進む。逆にカップリング成立しなかったメンバはフリー移動で続いて神社へ。ココでさらに声をかけて仲良くなる人もいたようだが、やはりカップリング不成立の壁は大きい。中には孤立する人も抱えながらゆっくり神社へ歩を進めていく。午前中の快晴と打って変わって深い霧に包まれた芦ノ湖を見ながら程なく神社へ到着し、順番に参拝を済ませていく。途中、白装束に身を包んだガチの参拝者もいらっしゃっており、無作法人間が多く参拝していた事が少し申し訳ない気になった。道中は特にマッチングイベント等は無く、カップリング成立者と非成立者で明確に天国と地獄が別れた時間だったと思う。

気怠い中での解散

ホテルへ戻った後は30分余りの休憩、おみやげタイム。気の合う人たちはラウンジお茶を楽しんだりしていた。また、主催者バルコニーに出てアンケート結果らしきものを眺めながら一日の反省会をしていたようだ。

帰還のバスも自由着席でカップル同士や同姓同士、ボッチなど様々なスタイルを反映しながらの道程で、一日の戦果を客観的に教えてくれるものだった。小田原到着後の解散もあっさりしたもので、2次会らしきものに行くメンバも見当たらないまま流れ解散となった。

所感

批判的な所も書いたが、率直な感想としてツアー代金以上の価値があると思う。ある程度運も要求されるが、前半のバス搭乗~食事までは異性と強制的にゆっくりと話す時間が設けられており、ココで気の合う異性を見つけられた人がカップル成立となっていったのだと思う。特にガラスの森は女性受け抜群で、適当に会話をあわせるだけでコミュニケーションをとれるので口下手な人でもネタには困らないだろう。逆にマッチングタイムの忙しさが際立ってしまったのは残念で、正直自分はココで会話した異性の印象はほとんど無い。1日で最大多数のマッチングを取るためには致し方ないが、もったいない気がしてならない。

参加者の質としては、男女ともに2割くらいがハイスペックだったと思う。容姿だけで無く、年齢や仕事など総合力に優れる人はやはりカップリング成立となっていた。自然の摂理とは言え自分が鋭く評価されるものであるため、結果をどのように受け止めるかが今後にも繋がってくると思う。カップリング不成立だった人は不満タラタラだと思うが、今日1日で同姓のドコが評価されていたかを観察できたのでは無いだろうか。今日の結果を踏まえて改善出来なければ今後には繋がらないという残酷なまでのメッセージをだと思う。

逆にカップリング成立した人たちに対する九頭龍神社参拝は、一日の熾烈な戦いに勝利したご褒美だろう。都合2時間弱の時間強制的にペアを組んで行動するため、コミュニケーションを深めるにはうってつけだ。神社のご利益も相まって、主催者の狙い通りの展開となっていた。

主催者側については、箱根観光協会ならではの趣向で楽しませてもらったと思う。ただ、全体的に手作り・手探り感が拭えず、進行もわかりずらい点が多々あった。今後に期待。

傾向と対策

主に男性視点。まず身だしなみは大変重要と再認識。だらしないシャツ着てるヤツは論外。目立つだけの服装もNGコミュ力はどうしても要求される。主催者側はマッチングプロフィールシートできっかけ作りに腐心してくれているが、結局はそこから会話に繋げられるかは参加者自身問題だ。会話が続かなかったり、トンチンカンな受け答えしている限りカップリング成立は夢のまた夢。イケメンカワイイ子をゲットしていくのは当たり前と了解した上で、いかに自分土俵勝負するかが問われるということだろう。ただ、参加者の質は本当にピンキリなので、最上でなくとも中の上を意識して目指せば、カップリング成立はそれほど難しく無いのでは無いだろうか。

あと女性側へ。30後半は正直厳しい。ともかく、男女問わず空気嫁

必須アイテム

LINE用意しとけ。友達追加の機能くらい使い方覚えておけ。

その他

箱根なのにエヴァネタほとんど通じなかった。

2014-06-19

彼の欠点

誰か人がいないと輝けないところだ。

誰かが見ていないと輝けないというのは、恒星ではありえない。

から彼はよく己を知って、自分太陽ではなく月のような存在だと謡ってたこともあったっけ。

全然、月って感じの人ではありませんでしたが。

あ、おねーさん、私も烏龍茶くださいー、そいでタコ唐も。

2014-04-19

街コンから戻ってきて泣きそうな件について

きょう街コン行ってきたわ。



会費は男性6800円、女性3800円。



ルールは2人一組。受付を済ますスタッフが誘導。ランダムで参加してる女性二人と2対2の合コン方式へ。

最初の1時間経ったら場所移動可能。別の店舗へ行き再びスタッフの誘導を待って2対2の合コンの形へ.

一組目→女は飲み物烏龍茶、俺らはビール2,3杯。会話ほぼ一方通行、俺の相棒はほぼ無言.

二組目→女は飲み物緑茶、俺らはビール2,3杯。会話ほぼ一方通行、俺の相棒はほぼ無音.

三組目→化物みたいな女二人組、飲み物頼まない、俺らはビール、席に座って五分くらいで「私達他のお店も見てみたいからいくね」

      俺ら取り残されて二人でビール2杯、相棒吐く.

四組目→俺だけビール、女は烏龍茶。俺が色々話すも女は携帯イジイジ。15分くらいで「私達他の-」.



終了。

なんなのこれ

2014-03-30

ランボー 怒りの街コン

きのう街コン行ってきたわ。

会費は男性6800円、女性3800円。



ルールは2人一組。受付を済ますスタッフが誘導。ランダムで参加してる女性二人と2対2の合コン方式へ。

最初の1時間経ったら場所移動可能。別の店舗へ行き再びスタッフの誘導を待って2対2の合コンの形へ.



一組目→女は飲み物烏龍茶、俺らはビール2,3杯。会話ほぼ一方通行、俺の相棒はほぼ無言.

二組目→女は飲み物緑茶、俺らはビール2,3杯。会話ほぼ一方通行、俺の相棒はほぼ無音.

三組目→化物みたいな女二人組、飲み物頼まない、俺らはビール、席に座って五分くらいで「私達他のお店も見てみたいからいくね」

      俺ら取り残されて二人でビール2杯、相棒吐く.

四組目→俺だけビール、女は烏龍茶。俺が色々話すも女は携帯イジイジ。15分くらいで「私達他の-」.



終了。

なんなのこれ

2014-03-25

お花見』という日本の悪しき習慣はもうやめにしませんか

今日東京で桜の開花宣言が出たとのことだが、そこで出てくるのは『お花見』だ。

自分は、このお花見日本社会根付く悪しき習慣だと思う。

たいして旨くもない冷めた料理

アルハラで死んでいく若者

場所取りさせられるだけで、あとはほとんど料理も酒も飲めないままの新人……


こんなお祭り騒ぎをして、誰が得するでしょうか。

ただ単に、水面下で見苦しい駆け引きと、自然が汚されるだけじゃないでしょうか。

皆さん、今年からお花見をやめにしませんか。

烏龍茶片手に焼き肉をつついて騒いでいたほうがまだ美味しいし、楽しいと思いませんか。

自分は、去年お花見場所取りをして(結局雨で中止になったが)、うんざりしたし、もう今後も参加しません。

2014-02-05

http://anond.hatelabo.jp/20140205114006

最近そんな奴すっかり見なくなったが、いるところにはいるのか。

ウチの会社でも若い奴は酒飲む奴は少なくて、新人歓迎会の1杯目でも平気で烏龍茶とか頼むけど

それに対して乾杯くらい飲めとか言うおっさんももういなくなったけどな。ちょっと苦笑してるくらいで

アルハラって言われちゃうし。

2014-02-03

http://anond.hatelabo.jp/20140203150843

そのレベルは、立派な薬物依存症レベルだね。

医者の手が入ってさえ依存を断ち切れるかわからないレベルから

他の人も進めているけど、お医者さんに早く相談して下さい。自力じゃまず無理。

 

ちなみに、自分でも適量だと思ってるけど、自分場合はだいたいロックグラス3杯を週1-2回で多い方

長く飲むときは間に烏龍茶入れる

飲まない日のほうが圧倒的に多い

これなら適量だと思う。比較するとどれだけ違うかと。

2013-12-14

立食形式の飲み会コミュ力に難がある人間にとって針の筵である

表題の件について、昨日改めてそれを実感させられた。

僕は大規模な飲み会の際に左右どちらの話題にも入れず1人ぼっちになるスキルを有しているのだが、そのスキルを持っている者にとって立食形式は難易度の高いものとなる。座席がある通常の形式であれば、話題の輪に入れなくとも自分の居場所は最低限確保されている。そして、人の流動性が低いので、一旦上手いこと話の輪に入れてしまいさえすればそこから弾かれることは少ない。

しかし、立食形式となるとそうはいかない。まず、自分がどこに行けばいいのかが分からない。運良く誰かと話すことができても、僕が話している相手のところに別の人が来て、僕の話し相手を奪われてしまう。周りを見渡すと2~4人くらいのグループうまい具合に形成されていて、僕のように1人ぼっちの人などいない。さて、これは困った。仕方がないので、壁際で烏龍茶を飲みながら目線をやや下に落とし思考を減速させていく。すると、「……誰にも話しかけてないよ」「何してるんだろう」などという台詞を雑音の中から僕の耳が拾う。僕のことを言っているのだろうか。いたたまれなくなってトイレに行く。便座に座り腕時計に目をやる。飲み会はあと何分で終わるのだろうか。