「ヴォルテール」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ヴォルテールとは

2020-09-13

どこまでが「批判」でどこからが「圧力」か

銀英伝まわりで

社会学者が変えろと言ったら圧力だ!」

「『変えるべき』って発言している以上強制だ!」

っていってる人いるけどさ

お前ら「表現の自由」どこにやっちゃったの?

「この作品のここはこうよくないから変えた方がいいと思う」

って批評自体がもう許されないものだと本気で思ってんの?


つうかこれほんとにこれから社会合意とってかなきゃいけない問題だと思うんだけど

どこまでが自由批判批評で、どこから圧力

ってその場その場でブレないそれなりの基準がいると思うわ

みんな自分に甘くて相手に厳しいんだもん

あいちトリエンナーレ潰そうとしたネトウヨにせよ

宇崎ちゃんに抗議したフェミにせよ

今回の社会学者にせよ

全員が「表現の自由」を持ってるというのが前提だろうよ

お前らヴォルテール大好きなんじゃなかったの?

個人的基準はこんなかんじ

異論は認める

圧力

・法的な表現規制

国会議員市議会議員など政治に関わる人が、その肩書きのもとで特定作品批判すること

ポスターを剥がす、公演中に妨害目的の大声を出すなどの実力行使

・「その表現を取り下げなければガソリンを撒く」などの脅迫

SNSで大量の電凸を促すなど、関係者業務妨害

批判批評

政治家以外の人がする表現に対する批判

 匿名顕名、有名・無名は問わない

 誌上、ブログSNSなどの場所も問わない

 「あの作品はクソ」などの暴言も問わない

 「この作品は取り下げるべき」という論調自由

表現を取り下げさせるための署名活動

個人的に行う電話問い合わせ(ただし常識的範囲で、恫喝や長時間拘束は業務妨害と見なし不可)

グレーゾーン

・「電話問い合わせをした結果こういわれました!」などの共有

 他の人の電凸を誘い結果として集団電凸になる可能性があるため

 問い合わせの際にSNSで共有させてほしい旨を伝え、了承を得られればよいと思う

個人に関するまとめブログヲチ行為

 同人界隈で見られがち

 公開されている事実の列挙だけならばいいが、多くの場合エコーチェンバー誹謗中傷の入り雑じったものになるため

そもそも表現の自由以前の問題

作品に対してではなく作者個人への誹謗中傷

引用要件を満たさな批判記事

・「◯◯学者」「◯◯主義者」などの雑なくくりを攻撃するシャドーネットバトル

___

追記

id:suisuin

圧力として例示されてる多くは圧力というより単なる犯罪威力妨害業務妨害脅迫と書いてあるくらいだから

そりゃそう。

国や自治体ではない個人民間団体が「圧力」をかけようとしたら犯罪犯罪まがいのことじゃないと基本できないと思ってる。

2020-08-29

anond:20200829080554

真のリベラル石垣のりこは発言撤回するなムードらしいが

弁護士神原

@kambara7

石垣のりこ発言すら擁護できないリベラルは、本当にダメだと思うんだよね。

#石垣のりこは発言撤回するな

弁護士神原

@kambara7

同じ表現の自由問題でも、ポルノで捕まった奴を庇う気はあんまりしない。しかし、権力批判自由だけは命をかけて守るべきだ。

ヴォルテール批判する自由を命をかけて守ると言ったとかいう話は嘘だ。しかし、その理屈なら、石垣発言こそ命をかけて守るべきだった。

#石垣のりこは発言撤回するな

2019-07-06

アンチ異世界転生チート小説を読みたい。

冴えない男がトラックに轢かれ異世界にいったら

なぜだかチート能力を身に着けて無双してハーレムを築く物語

あるいは文明文化知識の水準が異様に低い世界に来て、

そこで現代地球知識披露し称賛される物語

こうした展開の小説は氾濫し、もはや食傷気味でしょう。

異世界ハーレムもの」、「なろう系」という言葉

揶揄レッテルとして機能するくらいなのだからアンチ異世界小説というのも、

たぶん出回っているころだろう。そういうのを読んでみたいのであれば教えてほしい。

例えば、「異世界に行ったがこれといった能力など芽生えず、冴えない頭と鈍った体で

働いてみるもやはり上手くいかず、人々から馬鹿にされ、異世界に来てもオレは報われないのかと嘆く。

しかし、そこで初めて前向きに努力し生きることを学び、ささやか成功をつかむ、

ヴォルテールカンディードラストのような展開になる物語。」とか。

あるいはジェームズキャメロンアバターや、ディズニーポカホンタスのように

文明知識水準が低い世界に来て、最初は野蛮な原住民どもと侮るものの、

しろ未開人の彼らの生活から学び、魅かれていく。」とか。

2018-10-14

anond:20181014151642

「いわゆるヴォルテール引用問題擁護している」でいいんだよ。それが基本なんだよ。

それ以上のことを万人に求めるのもどうかしてる

anond:20181014151117

いわゆるヴォルテール引用問題擁護しているもので、男性向けジャンルが好きかというと絵や像を贈られたところで彼らが机に飾ったりはしないと思う

2018-09-24

16 ルネサンス

モンテーニュ『エセー』(70)

17 古典主義・理性尊重・豊かに

デカルト

パスカル

ラ・ロシュフコー箴言集』(95)

ラ・ブリュイエールカラクテール』(98)

18 擬古典主義啓蒙主義ロマン主義

モンテスキュー

ヴォルテール 文明最高/人間クソ

ルソー 文明クソ/人間最高

19 ロマン主義写実主義自然主義象徴主義

セナクール『オーベルマン』(142)

アミエル『アミエルの日記』(143)

ヴィニー『軍隊服従と偉大』(148)

ネルヴァル『火の娘』(160)

バルザック人間喜劇』(168)

スタンダールアンリブリラールの生涯』(173)

フロベールブヴァールとペキュシェ』(188)

ゾラルーゴンマッカール叢書』(202)

モーパッサン脂肪の塊』(204)

レオン・ブロワ絶望者』(209)

20 資本主義世界大戦

ロジェ・マルタン・デュ・ガールチボー家の人々』(235)

サン=テグジュペリ人間の大地』(242)

サルトル

カミュ異邦人』(260)

構造主義

その他

フランス名詩選』 岩波文庫

肉体の悪魔』 レイモン・ラディゲ

狭き門』 アンドレジッド

ボヴァリー夫人』 ギュスターヴ・フロベール

フランス小説の扉』 野崎 歓

モーパッサン短編集』1~3

2018-09-13

表現の自由戦士さまの出番だぞ!

藤井実彦台湾での慰安婦キック擁護しないの?

差別ヘイトスピーチ表現の自由のうちなんでしょ?

具体的個人に対する名誉毀損にも該当しない表現は最大限保護されるべきなんでしょ?

ほらほら、ヴォルテール自分の言として差別主義を擁護するのに使われてると知ったら激怒しそうな、「君の意見には断じて反対だが、その意見を言う権利は断固として守る」なんじゃないの?

表現の自由危険が危ないのに、なんで慰安婦キック擁護してあげないの?

2018-07-16

[] 弟子死刑執行には反対?

江川紹子さん、永岡弘行さん、滝本太郎さんらは、オウム真理教に殺されそうになった方々。

自分たちを殺そうとした相手なのに、弟子たちの死刑執行には反対された。

なぜか?

 

暗殺未遂

 

死刑反対

これで、オウム事件死刑囚は6人となった。報道によれば、法務省は今後、順次執行していく、という。しかし、彼らはカルトによる未曾有のテロ事件の生き証人である。その彼らを何ら調査研究活用する機会を永遠に失ってよいのだろうか。

 

署名の取り組みにご協力いただきました皆様にお礼申し上げますとともに、12人のオウム死刑囚の死刑執行回避のためにさらなるご協力をお願いいたします。

 

その上で、しかオウム事件については、私を殺そうとした人を含め、教祖以外の12人の死刑執行してはならないと考えます。残る6人だけでも執行しないでほしい、とつくづく考えます。  これ以上「麻原彰晃」の道連れになどさせてたまるか、と。 https://t.co/dQMWouETIl

 

合気道和合の道

ある時、弟子に「合気道で一番強い技はなんですか?」と聞かれた塩田は、「それは自分を殺しに来た相手友達になることさ」と答えたという。

 

生き証人言論の自由を守る

「私はあなた意見には反対だ、だがあなたがそれを主張する権利は命をかけて守る」

 

自分を殺しに来た相手であってさえも擁護する人なんているだろうか?

普通ならあり得ないことだろう)

 

しかし、彼らは違う。

何らかの確固たる信念がなければ、できない発言だと思う。

 

人格者」という言葉オーバーなら、「胆力がある」とでも言おうか?

まり語られていないことだが、信者たちは彼らの死刑停止の要請について、どのように受け止めているのか?聞いてみたいところではある。

 

anond:20180714173148 [AUM] 弁護士法治国家否定

2018-06-17

ヴォルテール「私はあなた意見には反対だ、だがあなた死ぬ権利は命をかけて守る」

ヴォルテール名言みたいなやつ言ってる人見るとちょっとうわあと思う

2018-06-16

あなたがそれを主張する権利は命をかけて守る” ← 絶対無理じゃね??

ヴォルテールさんはー大層ご立派な事を言って一躍有名になったのかも知らないけどさー身も蓋もない言い方させてもらうと「それ、お互い啓蒙主義者同士でしか適用できないよね」としか思わん。

あと「主張する権利を守る」というのは具体的かつ明確にいうと『「それ」を主張する事で発言者に生じる一切の“不利益”を補償する事』であって、それ以外の行為には何の意味もないよね。

よって、現実であってもインターネッツでもそんな事できるわけないじゃん?極論?曲解?でも、ネットのくだらんつぶやき非難囂囂の後でヴォルテールさん召喚してる奴の要求水準は絶対にそうじゃん?

過去にこういうツッコミ(重箱の隅か?)があったかどうかは面倒なので全然調べてない、がこれって一応の結論は出てたりすん?

2018-03-29

anond:20180329092911

ヴォルテール同意されなきゃ間違っている意見かって? そんなことは無いだろう?」

野党否定していても回答を拒否しているのならばやったということになるわけだが?」

2017-12-19

はあちゅうの件に対する反応でさ、

「社内の上下関係のもとで特定個人に対して行われたハラスメントと、童貞という概念属性に対する言説は同列じゃないし、岸氏の方が悪質」

みたいなブコメツイートちょくちょく見かけるんだけど、それって結構ヤバい論理じゃない?

その「童貞」って言葉、何かの拍子で「朝鮮人」とか「障碍者」とかになっちゃったりしない?

童貞」でも「朝鮮人」でもあまりニュアンス変わってなくない?かなり危ういと思うけどなぁ、私は。

っていうか、多くの人は「どっちがより悪質かじゃなくて、どっちもだめだろ」と思って単にそれを表明してるだけだと思う。

今回は両者が同列かどうかはともかく、少なくとも地続きの関係にあるわけだから、そりゃ当たりはキツくなるよね。

そこにはあちゅう女史がガソリンかぶって突っ込んできたか炎上ポイントがずれちゃった、というのが今の状況なんじゃないですかね。

ヨッピー氏が今はタイミングが違うみたいなこと書いてたけど、彼女の言説に傷ついたり腹を立てたりしてきた人たちにとってはどう考えても今がそのタイミングなんだよね。

こればかりは今までの積み重ねの結果と言うほかない。

それでも彼女ツイート自己正当化じゃなくて反省の弁だったら状況はかなり違ったはずなのにね。

(ってか元電通ならさすがにもうちょいうまいこと言えるだろとは思う)

まあそれでも私は告発を支持するよ。世田谷区在住のヴォルテール童貞)なので。

でも例の「私はあなた意見には反対だ、だが云々」ってヴォルテール自身言葉じゃないらしいね歴史上の人物名言ってそんなんばっかりだ。

最終戦争文明レベルの後退した遠未来人類Twitterパクリbotログを発掘したらどう思うんだろうな。

増田ログはきっちり破損しててほしいな。

2016-02-19

凌辱ゲームなんか規制しろ

このブクマ読んだんだけど

http://b.hatena.ne.jp/entry.touch/jp.automaton.am/articles/newsjp/united-nation-sees-japanese-rape-simulator-as-discrimination-against-women/

皆そんなに痴漢凌辱したいの?普通に怖いよ…

そりゃいろんな嗜好があるから、中には、対象を虐げたり傷つけたりしないと駄目な人もいるかもしれないけど、それって異常者か精神疾患ではないの?病院行けよ。

妄想自由だけど、形にして世に流通させるのはまた別だよ。そんなもんはせめて、裏の世界で超高額で売買するか、無償でひっそりとやり取りしてほしい。

その理由は、そういった表現まで法で肯定されていたら、怖くて、不快で、侮辱的で、女性名誉を毀損されてると感じるから

人を殺すアクションがあるゲームがよく言及されてるけど、そっちは規制するべきとまでは思わない。大抵はその標的が〈敵/悪/ある任務遂行のために邪魔存在〉という設定であって、属性限定されていない。そういう内容のコンテンツは、戦って勝つ・技術によって対象を仕留めることが気持ちいいのであって、ユーザー特定属性を持つ存在を傷つけることに興奮や快楽を覚えているわけではないから

だけどそのゲームが、現実にある特定属性…例えば〈日本人〉を殺す設定だったら。日本人をいたぶることを目的としたコンテンツだったら。

怖くないですか?気持ち悪くないですか?法で規制しろよと思いません?

行為の話にすると、男性感覚にわかりにくいと思うので、単なる暴力で例えるけどさ、

「嫌がる日本人を無理矢理切り刻むゲーム

「逃げる日本人を追いかけてトイレに閉じ込め、相手快感を覚えるまで殴打する設定のアニメ

満員電車日本人を後ろから執拗に刺すだけの漫画

「抵抗する日本人集団虐待する小説

日本人を拘束して火あぶりにすることを楽しむ映画

そんなコンテンツでも同じブコメできる?しかも、物語必要なシーンとかではなく、日本人虐待メインコンテンツ

殴られているうちに悦びだす日本人もいれば、最後まで抵抗するけど結局ズタズタにされてしま日本人もいて。

それで仮に…○国の株式会社がそれを製作してて、法に則って販売している。それで興奮してる人が世界中にいる。ちなみにその製作に携わっている日本人もいる。

いやいや、怖いよ、やめてよ、勘弁してよって思いません?

あ、でも、、、

日本人を傷つけたい人はそこらじゅうにいるんだけど、その欲求を抑えるために、そういうコンテンツを見て我慢している。として、その因果実証されてるなら、仕方ないか…って、なるか………?

やっぱ怖いなぁ、怖いよ。

でも、上記の設定でさえも、日本人日本にいれば基本的安全だよね。現実女性には、女性だけの共同体なんて用意されてないし、あっても存続できないけど。

結局、被害者側じゃないからいくらでも言えるんだよね。レイプゲーム記事を読んでも「表現の自由が~」なんてほざける男性が羨ましいです。

追記:

正直、冒頭の「皆そんなに痴漢凌辱したいの?」は煽ってます表現の自由に関わる問題っていうことは重々承知だが、個人の考えとして、〈特定属性虐待して快楽や興奮を得るコンテンツ〉は表現の自由範囲を超えていると思う。

まずね、規制禁止じゃない。「全面禁止しろよ」とは言ってない。

R18にプラスして、もっとコソコソ、人目につかない場所でやるべきってこと。

隠せ隠せ。恥じろよ。女もだよ。株式会社利益を得るため広く頒布してんのこえーよ。まちがってもコンビニ雑誌の表紙やスマホ広告に載せるなよ。内容について批判受けたら、すいませーんって一回隠して陰で楽しめよ。ってこと。何かで販売元が訴えられたら、ギリ敗訴になる世界であってほしい。

他の媒体はどうなんだよっていう人。どの媒体でも同じです。例示した箇所、本文少し変えた。漫画アニメゲーム小説映像、同じ。どれが一番ひどいっていう話ではない。

ゲイだの宗教だのと比べる人。

あのね、ある対象危害を加える描写によって快楽を得るコンテンツ、について話してるの。単にキモい・気にくわないのと、自分が属している属性に対しての虐待描写を楽しむこと/楽しむ人達に恐怖を覚えるのは全然違う。

それから、なんで日本人/暴力に変えるの?という人。

まずこの比喩の条件として、ポイントとなる属性が、加虐者被害者で異なっていないと成立しない。「気持ち想像してもらう」ための比喩から

現実的に、女性男性性的虐待を加えるというのは、①腕力・体格差があるので〈無理矢理〉が成立しにくい。②女性が見ず知らずの男性をいきなり襲っても、反撃されて傷つけられる可能性が高く、現実犯罪から言っても一般男性にとってリアリティが無い。③むしろやってほしい、多少痛くてもご褒美、という嗜好の男性散見される。

そのため、男女を反転させただけじゃ意味合いが変わってしまう。

それよりはまだ、外国人にいきなり殴られる、の方が「怖いし嫌だ」と想像やすそうだからそうした。

あと、もちろん LGBT凌辱だってアウトだよ。少なくともコンビニ雑誌の表紙に載せるべきでないと思ってる。

でも、元記事見た?〈女子差別撤廃〉の記事について、女の私が、女の尊厳のために、感じることについて話している。他の属性に対する一方的暴力虐待だってもちろん良くないし、それをコンテンツとして提示されてるのを見たら「憚れよ」と思うが、それに言及してたらキリがない。

ヴォルテール名言引用してる奴もさぁ…

女子中高生公衆トイレに追い詰めて強姦するゲーム話題に使うなよ。ヴォルテールそんなの想定して言ってないだろ。かわいそう。

表現の自由って万能で無限じゃないよ?

追記2:ブコメにいちいち反応しても仕方ないと思うんだけど、皆突っ込みが雑すぎ&揚げ足取りしたすぎ&賢しらぶりすぎ…はてならしさ

全文とは言わないがせめて突っ込みを入れたい部分の前後は読んでくれ

暴力暴力殺人、どれも良くないこと。当然。私が言いたいのは、「被害者が、実在する特定属性を持っていること」「その属性を持っている存在を、その属性を持っていない存在危害を加えること」「加害行為がその作品メインコンテンツであり、その描写によって快楽・興奮を得ることが目的に作られている」この3つが揃った時、その作品表現の自由範疇を超えてしまう。ゆえにそれなりの規制はあってしかるべきということ。

追記3:おお怖い怖い。もう凌辱ググるだけで転載記事が出てきて、それに600近いコメついてるんだけど。こえーよ。2トラバ5ブコメ10ブクマぐらいでよかったんだけど。そんなにこの文章痛いとこ突いちゃってる?そんで「コメの○○に答えられてない」とか「○○に言及してないってことは○○を知らないんだね」とかいコメント見ると面白なっちゃう。自分意見を示さな文章添削おじさん(おばさん?)もありがとう。やっぱりこれから増田でやっていこうと思える。言いたいことがある人は、はてな匿名ダイアリーで長文書いてみませんか?安全だよ。できれば「表現の自由を守るため、規制について一歩も譲歩しない」派の人のが読みたいな。

それと、釣り宣言とか言ってる人ね、「煽り」と「釣り」は違うよ、わかる?タイトルも大筋も本心です。とりあえず沢山の人が議論を発展させてくれて嬉しいよ。

あ、今思い付いたけどヴォルテールのくだり、「ヴォルテールでも権利剥奪するレベル」にしたい…「封殺するレベル」でもいい…遅いか

2015-12-29

某SNSで繋がっていた友達との繋がりを解除した。

表現の自由至上主義他人を傷つけるのが表現の自由なのだと言って憚らない御仁だ。某SNSを久しぶりに見てみたらあまりに遠くに行かれてしまったものだと感慨に耽った。

気持ちは、わからないでもない。

この戦線で少しでも後退を許せば後は全面突破されるのだと、そういう危惧があるのだろう。その危惧はわかる。俺もオタクから自分たちの好きなものが取り締まられるのは嫌だからクジラッ○スを読んでるだけで訴追される世界になんてしたくないから

だが、戦線ヘイトスピーチにまで広げるべきじゃなかった。そこも「後退できない戦線」であり、差別発言を撒き散らす自由もまたあるのだと(自分はそれに反対するというエクスキューズをつけた上であっても)言ってしまった段階で、彼は越えてはならない一線を越えてしまったように思える。もちろん彼が差別に反対していることは疑わない。だが俺には、その行動は差別者を側面からアシストしているようにしか見えなかった。

ヘイトスピーチ規制派の理論武装はかなりしっかりなされてる。日本国刑法侮辱罪や名誉毀損罪があり、それらが民事裁判で争われることもある以上、もとより(国家があらゆる表現に介入しないという意味での)完全な「表現の自由」など日本にはなかった(というか世界のどの国にもない)。侮辱罪や名誉毀損罪も適切に運用することができるのだからヘイトスピーチ法体系の中に適切に位置づけることができるはずだ、という主張はもっともで、ヘイトスピーチ規制消極派・反対派は漠然とした不安しか挙げられていない。というか、規制反対派だってガチガチレイシストを除けば差別肯定しているわけではなく、特に表現規制問題から手を広げた論客にとってはあくま副次的戦線だろう。彼らにとって本丸別にあって、本丸防衛のためにヘイトスピーチ規制という戦線を死守しようとしているだけだ。

だが。ヘイトスピーチ規制派と表現規制派は同一ではない。表現規制積極的自民党議員ヘイトスピーチ規制に慎重姿勢を見せ、ヘイトスピーチ禁止法に積極的共産党表現規制反対を掲げてきたことを思えば、むしろヘイトスピーチ規制派と表現規制反対派が共通の土俵で戦う可能性はあっただろうし、実際そういうスタンスで動いているひとも一定数いる。

しかし彼の目には、そのふたつは通じているように見えたのだろう。レイシストに対抗する姿勢を示す一部の人びとの中には、積極的に俺たちの趣味を、俺たちという存在侮蔑し、キモオタと罵り、レイシストと同列であるかのように扱う連中がいる。俺は彼らと同じ戦列には立ちたくない。彼らを批判したくなる気持ちもよくわかる。だが彼らへの批判も度を過ぎれば同じ穴の狢だし、何より、同じ戦列に立つことは拒否しても別の場所レイシストに対抗することはできたはずだった。けれど彼は、レイシストの主張も言論の自由範疇なのだとはっきりと言ってしまった。

彼がそう表明するに至ったプロセスについては、よく〈理解〉できる。表現規制は嫌だ。一部のオタクに敵意を示すヘイトスピーチ規制派は嫌だ。ゆえに「表現の自由」を錦の御旗に掲げ、たとえレイシストのそれであっても「表現の自由」は守りぬかねばならない。ヴォルテール。その判断を導き出した理路はわかるのだが、しかし。

「○○人を殺せ」なんてものを「表現の自由」の名の下で正当化したら、「表現の自由」そのものが敵と看做されるのだと、「表現の自由」を掲げる陣営の信用もまた毀損されるのだと、そこに気づくべきだった(本当はこういう「陣営」を一緒くたにした雑な戦術指南なんてしたくないんだけど、そういう雑な括りでの戦術指南に基づいて反レイシスト運動側をdisっていたのはいったいどこの誰だよと)。加えて、彼は「差別」を軽く扱いすぎた。彼がレイシストという批判については、当たらないと俺は思う。でも彼の論理レイシストに対して極めて甘く寛容なものになっていたのは事実だ。

そしてその甘い論理ヘイトスピーチ規制派に論争を挑むのだからもう目も当てられない。彼の行動はTrollしかなかった。「表現の自由」全ツッパ。それもいいだろう。だが俺はそんな戦列には加われない。

「お前たちは結局表現の自由と言いつつてめえのズリネタが守られればそれでいいんだろ?」――こんな揶揄を何度も目にする。腹立たしい揶揄だ。俺は、もちろん出発点は非実在青少年ではあったけれど、そこから色々と手を広げて国内外表現の自由が脅かされているニュースはチェックし続けていたし、少しは声も上げてきた。だからこそこんな揶揄を目にする度に、違う、そうじゃない、と言いたくもなるし、腹立たしいから全ツッパもしたくなる。でも、残念ながら、本当に残念ながら、そこに一点集中してしまっている人というのは一定日本語圏のインターネッツ存在しており、一点集中するだけならいいがヘイトスピーチ規制論議に殴りこみをかけたり性差別問題になっている局面で敢えて逆張り論陣を張ってみせたりする。「○○人は嘘つきの劣等民族」と喚き散らして何が表現の自由だ。ポスターに抗議が殺到して取り下げに至ることのどこが表現規制なんだ。

表現規制反対派に向けられる主語の大きい揶揄には、繰り返すが個人的には大いに不満がある。でもそう揶揄されるに足るだけの人材がこちら側の陣営大勢いらっしゃるのも事実だ。敵の不行状は全力で嘲笑えばいいが、味方の不行状はどうすればいいのだろう。なるほど、確かに俺は関係ない。しかしそうやって切断処理するには、俺の忠誠心は固くそ陣営に結び付けられてしまっていて、結果的に「同じ反対派がすいません」という羞恥と「俺はそんなこと言ってねえだろ!」という憤りを半々の割合で抱えて画面の前で悶々とするしかないのだ。

そうやって悩むのはもう疲れたし、疲れたから表現規制反対。なぜなら規制は不当だからです。Q.E.D.」で全ツッパしたくなるときもある。でも少なくとも、そういう悩みの元となっている、困った規制派とは縁を切りたい。同じ側にいるけど、違う戦列にいるのだと言い逃れたい。

から、告げておきますさようなら。もしあなたとまた同じ戦列で戦える日が来るのなら、その時はよろしくね。

2015-11-17

トマトが好きならミニトマトも好きでないとおかしい」論法

パリテロについて大騒ぎするなら、中東で日々起こっているテロについても大騒ぎしないとおかしい」式の論法

前提にあるのは、同種のものは同じような権利をもっていて、それゆえ同じように扱われるべきだ、という倫理的要請である

この場合パリ人間中東人間は同種のもの人間であるはずなので、この二つに関して違った対応をするのはフェアでないことになる。

この論法はかなり使い勝手がいいのだが、それゆえいい加減な主張に使われることも多い。

たとえば、

「2番じゃダメなんですか」とのたまったレンホーにこの記事を読ませてやりたい。2番じゃダメなんだよ!!

http://b.hatena.ne.jp/entry/271054677/comment/iGCN

記事は、交尾の後にメスの交尾器を壊してしまクモ発見について、自分より先に他の研究者が発表した、という内容。

引用したブコメが言いたいのは、「クモ研究の発表は一番でなければならなかった、だからスパコンも一番でなければならない」よって「蓮舫発言は不当である」ということである

発見の発表」と「スパコンの性能」は同種のものだろうか。「発見の発表」が一番でなければならないというのは当然で、二番以下にはほとんど意味が無い。一方「スパコンの性能」の場合でも一番がえらいというのは当っているが、二番以下であっても相応の評価が得られる可能性があるわけで、蓮舫が尋ねたのもそこだったはずである

あと、

南京事件否定論にすら場を与えねばならないと言っていたのだから日本テレビがいつどんな番組を流そうが文句言う筋合いはないだろうが。本当につまらないやつ。

http://b.hatena.ne.jp/entry/271244743/comment/Apeman

記事東浩紀ツイートで、パリテロ世界中が大騒ぎしているにもかかわらず日本テレビバラエティ番組をやっているのを見て、「地上波しか見ない人とそうでない人の情報格差が開く」のを実感した、と言っている。

ブコメが言っているのは「南京事件否定論のようなトンデモにさえ場を与えなければならないと言っていたのだからテレビバラエティ番組文句をいうのはおかしい」ということ。

南京事件否定論」と「バラエティ」はとりあえず「好ましくないもの」という点で同種として、「場を与えなければならない」と「文句を言わない」は同じだろうか。「私はあなた意見には反対だ、だがあなたがそれを主張する権利は命をかけて守る」(by ヴォルテール)の名言があるように、表現存在を許容することと文句を言うことは両立しうる。東浩紀発言にいつも一貫性があるとは私も思わないが、少なくともこの発言に関する限り、ブコメ批判は適切ではない。

こういう「AのことをCと言っていたのだから、BのこともCと言わなければおかしい」という論法は、とりわけ批判されがちな有名人に対してはかなり雑に使われることが多いように思う。

2015-10-05

表現の自由責任が伴う」はただの標語理念なのか問題

http://mistclast.hatenablog.com/entry/2015/10/03/163446

私はブレンディのCMには全く興味が無いのでむしろこの部分が気になりました。

表現の自由という言葉があります

僕は、「自由には責任が伴う」という有名な言葉が嫌いです。

責任」っていう言葉隠れ蓑に、好き勝手自由制限する論法に使われるからです。

その代わり「表現の自由には反応が伴う」と言っておきましょう。

自由表現をすると、自由な反応が返ってくる。当然です。

……で。

この動画に「批判」が寄せられるのは当然です。

感覚的にはわかる。

ところで、ネットでは毎日誰かが「表現の自由」って言葉を使いますよね。おもにこのコトバ使われるとき批判されるようなことを言ったバカ批判を封じるために言論封鎖だ、という主張とセットになっていて大変見苦しいことが多いですが、表現規制をめぐるまともな議論の際にも出てきます

その割にはそもそも「表現の自由責任が伴う」という言葉は、理念とか標語にすぎないのか、それともある程度根拠のある話なのかってのが良くわからない。憲法の条文にある、以上の話ってどうなってるんだろう。「表現の自由」とはどこまで許容されうるものなんでしょう。

http://togetter.com/li/140987

http://french.ilas.nagoya-u.ac.jp/?p=4819

私がここで指摘しておきたいのは、「自由責任」という表現を用いる時、我々日本人が感じる「自由責任」という意味と、多くの欧米人が感じているであろう意味との間には、小さくない開きがあるのではないかということなのだ

欧米における「自由に伴う責任」とは、何よりも自由侵害してくる者と断固として戦うことにこそあるとされたのである。これはヴォルテールの有名な言葉、「私はあなた意見には反対だが、あなたがそれを主張する権利は命をかけて守る」にも通ずる姿勢だろう。

日本においては、自由は与えられるものであり、与えられている限りは無制限にそれを享受し、取り上げられたらそれに従うようなもの、ということだろうか?

日本では必要以上に憲法根拠を求める人が多い。もちろんまずそこに依るのは当然として、だから絶対なのだ、と主張するのは極めて幼稚な姿勢であるように思われる。

また、その責任は万人にとって同じものなのか、というものもある。

イギリスでは明確に個人レベルでの表現の自由と、メディア表現の自由にともなう責任の重さは違うようだ。

http://the-liberty.com/article.php?item_id=5239

inumash氏をはじめ、左翼の方々は一見するとネット右翼ほどわかりやすく相手によってスタンスがぶれているように感じるが、

その分表現の自由というお題目絶対視せず、案件ごとに見極めを行っているようで好感が持てる。

それに対して、表現の自由という言葉について深く考えずに絶対視するような人たちの意見はあまり聞いてて心地良くない。

なにがただしいのだろうかね。

2012-10-17

意見には反対、だがあなたがそれを主張する権利は命をかけて守る

「私はあなた意見には反対だ、だがあなたがそれを主張する権利は命をかけて守る」

ヴォルテール - Wikipedia

2009-06-16

http://anond.hatelabo.jp/20090616041806

それはぜひ見てみたいw

まあ、ヴォルテールにしてもフリチン牧師にしてもニートの怪物云々にしても

実践できないから箴言としてあるんだろうなあと今回のmojimoji先生とか見てておもいました

警句を知って唱える人間が、罠から逃れられるかというと難しい。

ブーメランブーメラン

2009-05-11

http://anond.hatelabo.jp/20090511183458

まったくもって正常。女というものを知れば知るほどわが右手が愛おしくなるとは、かのヴォルテール箴言だ。

2008-11-09

唐突だが、耕耘機と書いてなんと読むか?

唐突だが、耕耘機と書いてなんと読むか?答えは、「こううんき」。「こううんき」と読むのだ。だが、同じ「こううんき」でも、幸運機と書いた場合には別のものを指す。人間である。人はウンコとともに幸運を送り届けるという意味で、「幸運機」なのだ。この背後に横たわっている哲学の深遠さはおそろしく計り知れない。人間とはかくもウンコ臭い存在であるのだ。そうした驚嘆すべき現実存在としての人間のことを滑稽にも、「うんこ製造器」と呼んだ歴史上の人物存在する。名前は忘れた。原理はこうである。食物を口に投入する。自動的にそこから栄養が吸い取られる。吸収を終えたあとの残りカスが「うんこ」である。この「うんこ」は濃縮されて「濃縮ウコン」になるので要注意だ。油断もすきもあったもんじゃない。その濃縮ウコンは別名ウンコナトリウムと呼ばれ、発泡剤、乳化剤、洗浄剤として、日用品工業用途に用いられている。ウンコは、我々の暮らしを陰で支えているという訳だ。これをフランス啓蒙思想ヴォルテールはいみじくも、「うんぢから」という言葉で言い表した。ここテストに出るから要チェック。また、濃縮ウコン質量と噴出速度の関係などの研究は、現代物理学の大きな発達をももたらした。その集大成こそが、うん力学エネルギー保存則(うんぢからがくてきえねるぎーほぞんそく)、およびマックスウェル・ボルツマンのウンコー方程式である。今やこれらのNewton Undikara学は、世界中大学生の必修科目となっている。

2008-08-11

http://anond.hatelabo.jp/20080810180720

 そこは事実命題というよりは、規範の問題ですから。

 「分けられる」という前提を棄却してしまうと、そもそもディスカッションによってすべてを解決しうると言う民主主義の原則がぐらつくので、とりあえず「分けられる」と信じていただかないといけないのです。

 あるいはヴォルテールルソーのあたりまでさかのぼって、まったく新しい民主主義の基盤理論を考えるか、ね。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん