2018-07-14

[] 弁護士法治国家否定

法治国家日本

法曹関係者には、いろいろな考え方の人がいる。

法治国家否定するラディカルな思想を持つ人がいても、おかしくはない。

しかし、日本が人治国家になったら法律無用法務を専業とする弁護士不要となり、自らの存在意義否定する「矛盾」に陥るのではないか

 

オウム事件とこの集団対応は、この「前例のない事件に対しては前例のない体制で」でやってきた。それだけの大事件であり、特異な集団であり、特異な思想だったからです。

で、今回の支援要請につき、国が応えられないなんてありえない筈、と確信しています

・その必要性があり、決して憲法違反するものではなく、法令違反するものでさえないのだから

日本が、テロと闘うならば、そのテロ行為の背景などにも対応していくことによってこそ、「闘う」といえるのだから

助けてください。

 

滝本弁護士の主張から、鍵となるキーワードを拾ってみよう。

  1. 前例のない」
  2. 憲法違反
  3. テロと闘う」

 

前例のない」

社会は常に変遷して行く。かつてない状況に出会ったら、新たな対処方法確立する必要がある。そこまではOKだ。

しかし、最初は手探りの試行錯誤ゆえ不具合が生じた場合、後でちゃん不具合修正できるのか?

ロールバック可能手段も用意されているのか?

 

滝本弁護士独断で、関係者の利害を調整することなく、物事を強引に進めてしまった場合、その結果重大な人権侵害などが起きても、ちゃん回復できる仕組みも併設されているのか?

新規対応で失敗しないためには、ちゃん保険もかけているのか?そこを注意深く観察する必要がある。

デリケート問題を扱うにしては、十分な議論を尽くすだけの「慎重さ」が欠けていないか

 

万一、間違った前例を作ってしまった場合、後戻りできなくなるのでは困る。

歴史を振り返ると、人類は多くの失敗を繰り返している。(同じ失敗を繰り返すのは、単なるアホでしかない。)

前例がない」場合こそ、十分に時間をかけて話し合い、慎重に対処すべきという「共通認識」が必要だ。

 

憲法違反

人々の利害関係の調整は、政治家法曹職務である

民事および刑事係争は、法律というルールに基づいて解決を図るべきだ。

なぜ、滝本弁護士は、他の利害関係者と対話の機会を持たないのか?独断偏見で話を進めていないか

司法試験勉強をしたなら、少なくとも一度は日本憲法を読んだことがあるはずだ。

1945年昭和20年)に、ポツダム宣言を受諾して連合国に対し降伏した日本政府は、そこに要求された「日本軍の無条件降伏」「日本民主主義的傾向の復活強化」「基本的人権の尊重」「平和政治」「国民自由意思による政治形態の決定」などにより、事実上憲法改正の法的義務を負うことになった。

そこで連合国占領中に連合国軍最高司令官総司令部の監督の下で「憲法改正草案要綱」を作成し、1946年昭和21年5月16日の第90回帝国議会の審議を経て若干の修正を受けた後、同年1946年昭和21年11月3日日本憲法として公布され、その6か月後の翌年1947年昭和22年5月3日施行された。

第14条 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種信条性別社会身分又は門地により、政治的、経済的又は社会関係において、差別されない。

 

なぜオウムだけは差別して、議論の輪から外しても良いと言えるのか?(言っていないなら問題ない。)

好き嫌い」という感情ではなく、「真偽」という論理、すなわち法律ルール)に基づく説明ができなければ、法曹としては失格だ。

パブリックコメントを発する以上は、他者から質問に答える義務がある。(質問を受け付けないのなら、それは単なる独り言しかない。結果、他者聞く耳を持たず、自身孤立する結果を自ら招くだけだ。)

滝本弁護士には、公開の場で質疑応答を行なうだけの「誠意」を見せて欲しい。

  

テロと闘う」

テロ」といえば昨今の「テロ等準備罪」を巡る議論を思い出す。

日本では犯罪を実行したことを罰するのが原則です。それに対して、共謀罪犯罪計画合意したこと自体を罪ととらえ、犯罪を実行する前に処罰しようというものです。深刻な犯罪を未然に防ぐことが狙いです」

 

「新々過失論」(危惧感説)

「過失」を巡る法理の分類は、歴史的に「旧過失論」「新過失論」「新々過失論」(危惧感説)などが挙げられる。

 

 

テロ等準備罪は、危惧感説に基づく新しいタイプ法律と言える。日本では、藤木英雄先生先駆者として有名だ。

藤木英雄1932年2月20日 - 1977年7月9日)は、日本刑事法学者。元東京大学法学部教授

戦後の数ある刑法学上の論争の中で、実務上最も重要な意義をもったのは過失責任を巡るものである

藤木は、高度成長期において非伝統的な犯罪が多発するという状況に際して、新たに企業側の過失責任拡張することで、被害に苦しむ市民を救わんと尽力し、新過失論を一歩進めて「新・新過失論」・「危惧感説」を提唱した。

危惧感説が登場する以前の新過失論は、逆に伝統犯罪交通事犯に対する過失責任限定意図していただけに、画期的な転換といえる。

危惧感説は、後に板倉宏らの一部の学者検察官の支持を得て、森永ヒ素ミルク中毒事件採用されるに至ったが、北大電気メス事件( 札幌高判昭 51.3.18 高刑集 29.1.78) では明確に排斥されており、学会でも一般的な支持は得られなかった。

 

日本ではまだ、危惧感説に基づく国民合意形成が十分になされている状況とは言えない。(テロ等準備罪も始まったばかり)

従って、滝本弁護士が、「テロと闘う」という大義名分の下、かつてない法的判断要求するつもりならば、日本国民に対する説明義務が伴う。

滝本弁護士が単なる思い付きや感情論で言っているだけなら、後世に悪影響を残す有害前例を作ってしまうかもしれない。

ハッタリではなく、滝本弁護士が藤木英雄先生の業績を踏襲し、発展させる意気込みがあるなら、一概に有害とは言えない。

 

この点については、オウム限定する必要がない。

なぜなら、日本国民全員の利害に関わる問題からである

従って、公開の場で議論を尽くされなければならない。

どのような方法で公開討論を進めていくべきか?日本国民全員で検討する必要がある。

(滝本弁護士には「オウム問題を風化させたくない」という思いがあり、さら法治国家否定しているわけじゃなければ、この結論に至るだろう。)

記事への反応 -
  • オウム関連の増田はいないの?

    オウム真理教元信者、アレフ信者、ひかりの輪関係者。 尊師に対する思い、神秘体験、内情。なんでもいいので語ってほしい。

    • [AUM] 冷静さを失っている滝本弁護士

      同僚の坂本弁護士をオウム真理教に殺された滝本弁護士が、敵討ちのため、残党を解散させたい気持ちは分かるような気がします。 しかし、怒りで興奮しすぎて、冷静さを失ってますね...

      • [AUM] 弁護士が法治国家を否定?

        法治国家・日本? 法曹関係者には、いろいろな考え方の人がいる。 法治国家を否定するラディカルな思想を持つ人がいても、おかしくはない。 しかし、日本が人治国家になったら法律...

        • 平成日本とオウム真理教

          オウム - はてな匿名ダイアリー https://anond.hatelabo.jp/keyword/%E3%82%AA%E3%82%A6%E3%83%A0 2018年 anond:20180714202909 ネットは息苦しい場所になった anond:20180714190838 [AUM] アビラケツノミコト「神軍...

          • 「グフッ」(松本元死刑囚)

            松本元死刑囚、執行直前の様子明らかに TBS NEWS http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3419567.html オウム真理教の松本智津夫元死刑囚の死刑が執行されてから13日で1週間になります。当日...

            • anond:20180716171442

              四女に、愚父を引き取らせて申し訳ない、じゃないかな

            • anond:20180716171442

              小声でよく聞き取れなかった刑務官が「四女?」と聞き返すと、松本元死刑囚は四女の名前を口にしました。 聞き取れなかったことにして四女?と繰り返し尋ねることでボケた麻原か...

            • anond:20180716171442

              「ザクッ」低能先生

            • anond:20180716171442

              上祐さんって自分も死刑になっててもおかしくない立場だったのに、まるで他人事みたいに批判していて、どういう思考回路なんですかね? https://twitter.com/joyu_fumihiro   うまいこと言っ...

        • [AUM] 弟子の死刑執行には反対?

          江川紹子さん、永岡弘行さん、滝本太郎さんらは、オウム真理教に殺されそうになった方々。 自分たちを殺そうとした相手なのに、弟子たちの死刑執行には反対された。 なぜか?   暗...

          • anond:20180716181405

            少なくとも江川さんはオウムでメシを食えるようになった人だからなぁ。 死刑になったら困るだろ

            • anond:20180716181602

              百田尚樹「江川紹子のせいで坂本弁護士は殺された。その後彼女はテレビに出て荒稼ぎ」 - Togetter https://togetter.com/li/1201610 "江川さんは坂本弁護士に、オウムに「入信」した未成年の...

        • 日の丸9条の会とは?

          滝本弁護士の「日の丸9条の会」って、何を目指しているのでしょうか?(右翼?左翼?) https://twitter.com/takitaro2 これって、日本会議と関係のある組織とか?   「前例のない事件に対...

      • anond:20180713125349

        Twitterの「殺害予告」を麻原彰晃の長男のアカウントだと会見で語ったけど間違いだったってのは引いたわ 会見で述べたくらいだから、きっと公安警察からこれが長男のアカウントだと情...

      • anond:20180713125349

        みんないてみんないい

      • [AUM] オウム残党の解散手続き

        麻原彰晃こと松本智津夫の四女・松本聡香さん(仮名)と代理人の滝本太郎弁護士は、死刑の執行だけでなく、教団の解散まで必要と主張されています。 信者さんらへ http://sky.ap.teacup.c...

    • anond:20180713155604

      元出家信者です。 1985年(昭和60年)の夏頃に、学研『ムー』や『トワイライトゾーン』で麻原尊師の写真と連載記事を読みました。 麻原尊師の唱える「四無量心」「魂の救済」「大乗の...

      • anond:20180713160439

        京都道場に来られたことはありますか?

      • anond:20180713160439

        実際に入信してからの生活はどうでしたか? 報道通り無一文になり、家族とは絶縁状態、衣食住も酷い状況でしたか? また、尊師の死刑に対してどう思われますか?

      • anond:20180713160439

        おーーー貴重な体験談ありがとう。非常に興味深い。たしかに雰囲気的には宗教者そのものだったからなあ

      • anond:20180713160439

        その「本物だ」というのは、「本物の超能力者だ」と思ったということなの? それとも「金儲けではなく本当に人を救おうとしている宗教家だ」と思ったということなの?

      • anond:20180713160439

        岡崎一明乙 ムショ暮らしはどうだい?

    • anond:20180713155604

      オウムの番組で理系の院生っぽい信者くんが「尊師の教えを応用したら地震が予知できた!」 という報告を尊師にしていて、そのグラフが、横列が時系列なんだけど、グラフが時間をさ ...

    • anond:20180713155604

      はてなでは、新興宗教は禁止となっております

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん