「スキージャンプ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: スキージャンプとは

2020-07-24

ジャップってまだ日本が勝ちすぎたかスキージャンプルールが変更になったとか信じてるんだな・・・

かなしいなあ

2020-07-23

anond:20200723132328

eでないスポーツルールだって人が決めているものだし、ルールが変わることもあるし、ルールが変わった結果として不公平になることもある(スキージャンプルール変更で日本チームが不利になったこととか)。

戦力差がキャラによって違うのは別に問題でもない。各プレーヤーが各々の判断キャラを選べるから

一度二度やるだけでルール理解できないのも、例えばものすごくやってるプロ野球選手でさえ野球ルールを意外と把握していないし、eスポーツ特有性質ではない。ライトユーザーにすごさが理解できないのも、別にeスポーツに限った話ではない。将棋初心者プロ将棋を見て本当にそのすごさを理解できるわけもない。個人的にはeスポーツの方が初心者目線でもすごさがわかりやすいとは思う。

まり元増田のいう「eスポーツスポーツでない理由」はだいたいeでないスポーツにも当てはまってる。

2020-05-21

安倍政権に更に逆風が

かいうけど例えばスキージャンプだと追い風だと飛距離が落ちて、逆風だと飛距離が伸びる

ヨットなら一番困るのは無風で、追い風でも逆風でも風さえ吹いてくれればいい

逆風=悪者と決めつける風潮はいかがなものだろうか

2019-10-11

anond:20191011190836

格ゲーってどれも似たり寄ったりだし、MOBA然りRTS然り、特定メーカーが潰れたところでそのゲームジャンルが消えてなくなるわけじゃないじゃん

コロコロルールの変わるスキージャンプみたいな種目と似たようなもんだよ。

お前は多分「スポーツ」の定義本質的じゃないだけ。

2019-07-15

実況パロディウス復活しないかな…

グラディウスでもなく、沙羅曼蛇でもなく、オトメディウスでもなく

パロディウスが良い。

特に実況パロディウスが見てみたい。

たまに、実況は誰が良いかなと妄想する。

スキージャンプ茂木さんの淡々とした感じは合わないし、

かといって実際のアナウンサーを起用しても面白さにかける。

コミカルで程よい高さの安定感があるおじさん声優って思いつかない。

ビーストウォーズ声優さんなら合いそうな気はするけど、八奈見乗児さんは偉大だな。

夜のヤッターマンボヤッキー役の平田さんはコミカルに演じていても何処か整い過ぎててな…。

2019-02-11

スキージャンプ高梨沙羅選手が話す英語は完全に日本語カタカナのままのように聞こえるんだが海外記者に通じてるんだろうか

2018-10-08

人を殺したことはないけど人殺し漫画は描けると思います

だって人殺し経験者なんてそんなにいないかウソを描いてもバレない。

スキージャンプしたことはないけど、取材だけでスキージャンプ漫画は描けると思いました。

競技人口が少ないから。

でも野球経験が無いのに野球漫画は無理です。

なのに童貞でもエロマンガを描いていい気がするのはどうしてだろうと思いましたが、読む方も童貞からかと悲しい結論に至りました。

2018-08-08

ノノノノ読み始めたけど、常識的に考えてオリンピックでれるわけねーだろ身体検査とかあるのに

とゆーか男女同権いうわりにグローバルなオリンピックですらスキージャンプって女は蚊帳の外なのな

2018-02-28

カーリング記事がまともに書ける記者一覧

カーリングに詳しい人ならみんな知ってると思う名前だが、五輪しか見ない人のために紹介する。

生島淳

スポーツ全般を扱うライター生島ヒロシ実弟トリノ熱狂きっかけにカーリング世界進出

代表作は、トリノ熱狂が落ち着いた2006年5月Number寄稿した「青春ストーン」というノンフィクショントリノからの参戦組とは思えない緻密な取材文章で、当時のチーム青森の主力二人のカーリング人生を見事に纏め上げた。これは図書館古本屋で探して一度全文読むことを推奨する。

最近では文春に寄稿した「悪女の誘惑」という記事はてな界隈タイトルしか読まない人達からの評判が悪いが、生島氏の当時から姿勢を知ってるならば、記事全文を読んで「流石」とうなるはずだ。ミュアヘッドラストストーンを投げた瞬間からミスと気づいたのは生島氏だけだ。

カーリングに関わるライターとしては、レジェンドといって良いだろう。

松原孝臣氏

フリー五輪競技ライター記事冬季競技が中心。カーリングだけでなくフィギュアスケートスキージャンプ等についてもかなり執筆する。氏もトリノからの参戦。

代表作は、トリノチーム青森の主力二人が現役復帰した時の単独インタビュー記事二つ。http://number.bunshun.jp/articles/-/56130 http://number.bunshun.jp/articles/-/65810

言葉を引き出す能力が高く、取材相手への思い入れの強さが感じられる。

2010年あたりはかなりの記事を書いていたが、最近はあまりカーリング記事を書かなくなってるのが残念。

余談だが、氏は女子ジャンプ高梨沙羅ソチのかなり前から取材していたのは良いが、ソチ前に「フライングガールズ」という本を出す暴挙に出てしまった。これは今となっては黒歴史か。

竹田聡一郎氏

先述の二人と比べるとかなり後から参戦。元々はサッカーライターで、海外開催のワールドカップに一人で取材しに行くような人。カーリング記事名前を見るようになったのは2013年あたりから

先述の二人と異なるのは、冬季競技カーリングしか扱わない点。ヤフーニュースを通じて去年のミックスダブルス世界選手権試合結果を毎日紹介したりもする。

平昌では何故か飛び抜けた本数の記事執筆をこなし、ヤフーニュースだけでなく、ゲンダイ週刊ポスト週刊プレイボーイなどのゴシップ雑誌にも寄稿しまくっている。おそらく今が人生で最も稼いでいるのでは。

ただ、記事の質は先述の二人と比べると落ちる。生島氏、松原氏の記事が「北見ジンギスカン鍋」であれば、竹田氏の記事成型肉鍋くらいの差がある。

具体例としてこの記事を挙げる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180223-00054584-gendaibiz-bus_all

今は訂正されてるが、公開当時は「韓国五輪初出場」というあり得ないミスを書いていた。韓国皮肉りたい思いのほうが出てしまったと思われる。こんな粗末なミス、先述の二人は絶対にやらない。

取材力はあるので、記事執筆の質を上げるのが急務か。

以上三人を紹介した。最後竹田氏については辛く書いたが、それでも「カー娘」「もぐもぐジャパン」と変な別称を付けるマスコミ記者より遥かにマシな記事を書く。

この3名以外の記者が書いたカーリング記事は読まなくて良い。読むだけ時間無駄である

2018-02-17

スキージャンプって坂にレール彫って降りてるだけだよね。

雪も全然無くてもいいし、冬にやる意味ないっしょ。

2018-02-11

そのうち、

スキージャンプ音楽衣装が凝り始めて、

芸術点みたいな採点制度が始まるのだろうか...

スターウォーズ音楽流して、

鳥人間コンテストみたいな仮装したり

ローマ人っぽい格好して、

寸劇をして「This is Sparta!!!」

ジャンプしたり...

2018-02-10

スキージャンプ見てるんだけど

あのチャラい音楽いらなくない?

音楽自体は悪くないし好きだけどセットで見るとイラっとするんだよなあ。

2018-01-29

anond:20180129004756

スキージャンプことなんて、サラちゃんがメイクの仕方ゆえやれ色気づいただ競技がおろそかだとかで何も成し遂げていない愚かな連中に叩かれてることくらいしか知らん

スキージャンプの「飛型点」って何なの?

純粋な飛距離で比べちゃいかんのか?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん