「中高一貫」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 中高一貫とは

2017-05-15

http://anond.hatelabo.jp/20170515002629

大学受験を見据えて中高一貫私立校に進学し、

中学の時点でどんな大学に入って何を専攻するかという程度にはビジョンを思い描いている子なんて沢山いるんだぞ。

中には教授名前も知っててこの研究室に入りたいとか言い出したり、すでに論文を何本か書いたりしてる子もいる。

彫刻家になりたいと言って東京芸大受験に向けて中一から美術予備校通ったりしてる子がいるんだ。

研究者を夢みるなら30代でノーベル賞現実的ではないことくらい察する子は当然いるだろう。

2017-04-29

ラインって驚くことによってコミュニケーションとるものなのか?

から大学生になった者だが、かなり驚いている。

ライン自体は数年前から使ってる。

でも、中高一貫男子校に通っていた頃は、要件を短く送るのが普通で、「!」なんて使ってるやつがいたら、「なんでそんなに興奮してるの?」ってみんなに突っ込まれてた。

ところが、大学生になって出会う人ほとんどが、語尾に句点を付けるんじゃなくて「!」を使ってくる。

おれ、そんなに驚かれるようなこと言った?って聞くと笑われるし、驚かなかったら逆に、気難しそうとか言われる。

なんかもう最近は怖すぎて、グループラインでは発言できなくなってきて,rom専やってる。

円滑にコミュニケーションをとるためには、もっと驚かないといけないのか?

ほんとに教えてほしい。

2017-04-26

ニートの育て方

我が家の兄妹は自分も含めて全員ニートになったことがあるので

そんな私たちを育てた親がどういう親なのか書いていこうと思う。

別に自分の親を否定したいわけじゃないし感謝も凄くしている。

ただ正直子育てが上手ではないと思うし参考にすべきではない人たちだと思う。

あとニートになったのはお前たちに問題があるだろといわれたら返す言葉がない。

だが兄妹全員がニートになったことがあるってのはちょっとしたもんだろ?

まず大雑把に両親は

無関心かつ放任主義の父

心配性かつ過干渉専業主婦の母

という感じでいかにもな中流家庭といった感じ。

教育方針?としては中高一貫して大学にだけは

行ってほしいということだけ。

まず父についてだが父に対して特に言うことはない。

単身赴任が多く教育などについて関心もなかったようで特に何かを

言われた覚えもないというだけ。

たまの休みレジャーに連れて行ってもらったことが子供時代

父との思い出としてあるくらいだ。

あえて言うなら出来もしない計画を言うことが好きな人で小さいころは

それを真に受けてがっかりしたことが多かった。

そしてTVか何かにすぐ影響を受けてお前もあんなふうになれよと

その時々に無責任なことを適当に言ってきて思春期うんざりした覚えがある。

ちなみにニート時代にも特に何かを言われた覚えはない。

そして肝心の母だが端的に言って世話好きの子離れが出来ない母親だった。

子どものことに関して先回りが好きでイベント事などでは自分達より

浮き足立って頼んでもいない物を買ってきてああでもないこうでもないと

こちらのバッグをひったくって詰め込んできていた。

それ以外のことでも過剰に世話を焼きたがり一人暮らしをするまで何かの準備で

自分だけで何かを準備するということをしたことがなかった。

また少しでも自分価値観に合わないことをやろうとするとすぐにしつこく否定

やめさせようとし、勉強などをしていても内容より字が汚い、まとめ方が悪いなど

クレームばかりつけてきたので母親の前では勉強をしなくなったりした。

ニート時代には特に何も言わず食事を用意していた。たまにメモがあったが

その内容を実際に言われたり、話しあいをしようと持ちかけてきたことはなかった。

ここまで長く書いてきたが自分の子供をニートにしたかったら

目標などを何も設定せずに基本的には放任主義で育て、自主性を育てないために

自分で何かをするという経験を積ませず、その上で甘やかすのがベストだと思う。

自分の子供をニートにしたくなかったら逆をやってほしい。

後は教育方針を何かに影響されてころころ変えるのは最悪なので何かを参考にするのはいいが

自分で噛み砕いて一貫した方針を維持したほうがよいと思う。

最後

ここまで書いておいてなんだが最初に書いたとおり自分の親を否定するつもりはない。

私の両親にはここには書いていない良い所もあるし撤頭徹尾間違った教育をするなどの

一般的毒親と呼ばれるような人たちではない。

でも彼らは自分の子供すべてを一時的にとはいニートにした実績の持ち主で

そういった教育を受けたところに何も思うところがないというわけではないので

自分の中での整理とだれかの参考にでもなればとこれを書かせてもらった。

ちなみにどうやってそれぞれがニートから復帰したかはここでは関係ないので省略した。

以上

2017-04-18

今日ますとどん

くらうどじょがくいんとは、美少象や女装した美象年が登校する中高一貫の女学院である基本的Mastodon.cloudを利用する日本人ユーザーMastodon.cloudを指すのに使用するネットスラング

https://mstdn.wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%89%E5%A5%B3%E5%AD%A6%E9%99%A2


海外インスタンスMastodon.cloud」では、インスタンスを「学院」、管理人であるValentin Ouvrardさんを「学院長」と呼ぶ慣習ができていた。.cloudはもともとフランス語英語圏向けインスタンスだが、日本人が大量に流入し、フランス語英語話者のユーザーから日本語が読めない」と苦情もあったようだ。

2017-03-10

都会の中で地方出身と告げる負い目(学生バイト

「あっ○○の出身なんですね」

出身を聞かれてるだけなのに、実家貧乏であることを白状させられてる感じ、嫌いだ

というか東京実家暮らしで楽に入れるけどある程度名の通る大学学生やりながら余暇バイトしてるこいつらに憎しみを覚える


地方には仕事がない、ふさわしい大学もない

マイルドヤンキー高卒社会人)になるつもりがなければ必然都市部大学に進学するのが地方の常だ

東京大学生をやる為の生活費がそうして実家からは出て行く


一人暮らし大変ですもんね」

貧乏人は大変だな、とすら聞こえる

大した労力ではないが毎日家事リソースが減っていく

生活費の為に時間を切り売りさせられ、勉強時間が足りない

ぬるい文系にでも進めば良かったのかもしれない、と信念を曲げた後悔もしたくなる


自分自分なりに頑張って実績ある大学に入ったからそれでいいじゃないか、とも思う

だが東京出身者はその大学に至るまでで、自分学力に合った環境いくらでも選べる

東京出身者は人種サラダボウル、低収入の見本市たる公立中で生活をしなくていい

アホに合わせて勉強をしなくていい


地方にはそもそも公立中学高校しか存在しない

私立は学区に一つ、公立に落ちたときの受け皿という程度でそもそも併願という概念がない

東京私立でも細かく段階的に学校があるし、公立と合わせて同じ学力帯でも選択肢が多い


子供東京へ送り出すのに必要費用で、習い事をさせてもらえたかもしれない

音楽スポーツ語学その他諸々

やったからと言ってプロになれるわけでもないだろうが、やった分だけ色んな場面で世界をほんの少し楽しみやすくなる為の踏み台にはなっただろう


用意された環境で伸び伸びと世界を満喫してるこいつらと、何かを拗らせて世界をつまらなくしてる自分

東京出身者の通ってる大学を聞くとこの先の就職で俺が逆転することもなさそうだ

もし東京出身だったら…

ほんの少しいい大学に通えて、ほんの少し楽しく毎日を過ごせたかもしれない


中高一貫だったんでー」

日常会話を重ねるたびそのほんの少しが心底恨めしい

2017-02-28

まれてはじめて人を妬んだ

バイトで知り合った人がいる。

容姿端麗でセンス抜群。異性にもモテる。頭が良く超名門校中高一貫から名門大学へ進学。某超有名大企業就職して出世コース花形部署所属現在出世街道を駆け上っている。ついでに言えば、親は金持ち

アルバイトという垣根のない場所で会ったのだが、なんでか馬があいバイトを終えお互いに就職した現在も年に数回会っては飲んでいる。

完璧超人すぎて「変人」て言われていたり、自己愛が強かったりするのだが、

その他のスペックべらぼうに高いのでなんの痛みもないし、ウィークポイントにもならない。

まり自分が欲しいと思ったものをなんでも持っている。

自分はわりと温厚で人を嫌いになったり妬んだり、恨んだりしないタイプだと思っていたが、

どうにもそうではなくなってしまった。

自分が一生かけても手に入らないものを当たり前のように享受し、

不自由なくいきているあいつが羨ましく、妬ましい。

こんな黒々とした感情自分にあることを知らなかった。

知らなかったし、知りたくなかった。

あんなやつに出会いたくなかった。

しかし、アイツは良いやつだ。育ちのいい人特有のひとの良さがある。

からこそ悲しい。自分の浅ましさやみじめさだけが浮き彫りにされて、やるせない。生まれてはじめて人を妬んだ

2017-02-25

http://anond.hatelabo.jp/20170225230302

頑張りが足らなかったから落ちたんだし当然の結果じゃないのか?

というかその場合偏差値40台の高校なのに有名私大に行けた奴がむしろ上手くやったという意味で良いほうなんだよw

だいたい中高一貫進学校から底辺駅弁行くのだって十分アレだし

そもそもその中でも灘とかレベルになると、たとえ東大に言ってもこんなやつと同じ学歴なのか、ってなるぐらい高校レベルに差があるやつが同学に存在してしまものなんだよ。

それでいちいち文句言う方が問題

2017-02-24

日本大学生セクハラって言葉を学んだほうがいい。

私、増田(ブス)がいたサークルは、男は中の中くらいだけど、女子はクソかわいい子ばっかり入ってくるところだった。

いかに多くの可愛い子を入部させられるかは、新歓にかかってる。

男たちは徹底してかわいいこをちやほやして、「男気」「男気」言い合って浴びるように酒を飲んで、

かわいこちゃんたちが帰った瞬間トイレに駆け込んでた。

女の先輩たちはそいつらを一瞥するだけで、相手にされない新入生男子と、増田含めブスな女子たちをもてなしてくれた。

当たり前だけどブスはブス同士で、かわいこちゃんはかわいこちゃん同士で仲良くなって、そのへだたりは卒業まで埋まることはなかった。

いくらかわいこちゃんとはいえ、大学2年以降になるとあの女の先輩たちのように相手にされなくなる。

飲みだろうがシラフだろうが関係なく、男女の会話はだいたいこんな発言オンパレード

安産型だね」「一瞬おっぱい揉ませて」「機嫌悪いね、なに生理?」「彼氏とどんなプレイすんの?」

一度「ね、それさ高校生の時も言ってたの?」って聞いたことがある。

しかしたら中高一貫女子校育ちにはわからない、共学ノリってやつなのかもって思って。

けどそいつは「なわけねーじゃんw」って笑ってた。

あるとき男子が大半を占める飲み会で1人が言った。

「今は何言ってもセクハラなっちゃうからね〜」

どのツラ下げて言ってんだって思いながら、適当に笑っといたけど、

お前ら大学生になって、酒が飲めるようになって、卒業したら社会人で、

ちょっと背伸びして「さらっと下ネタ言っちゃう俺」ってのに酔ってんじゃない?

それ社会人で言ったら左遷更迭減給、クビ、全然ありえるからね?

まあこういうやつほど、先輩から可愛がられてたり、後輩からしたわれたりするのも事実なんだけどね。

人望も行動力ユーモアもあって、そういうやつが成功するってのもわかるけど、

私はかれこれ5年以上あんたが不幸になることを祈ってるよ。

【追記】

私(増田)があの糞サークルにとどまったのは、どうしてもやりたいことがそこでしかできなかったから。ご指摘の通りよく4年間もいたなとは思うけど、飲み会公式?全体?のもの以外はほとんど行かなかったし、同期ともほぼ上部だけの付き合いだった(仲のいい先輩後輩はちゃんといた)。社会人になって、同じ業界で働く同年代の話とか聞いてると、不快な思いしてまであそこにいなくても他に道はあったかもとは思うけど、それは今だから言えることだな。

あともうひとつタイトルにある「大学生」の前に「男子」も「女子もついていないよ。

2017-02-03

ミソジニーに毒されないで!!とか

確かに、小学校低学年の頃からインターネット入り浸りだったのがミソジニーっぽい考え方になった原因なのかもしれないけど

中高一貫女子校でクソみてえな女性肯定論に囲まれて過ごした時間よりも、インターネットの方がずっと楽しかたからもうどうしようもない

まあフェミの人たちだって女性蔑視思考に完全に沈みきった女達なんざどうでも良いんだろうけど

でも「ミソジニーに転びかけてる思春期の女」を本当に救いたいなら、やたら女だけが語りかけるのはあまり効果的でない気がする

そういう子は「またうるさいフェミニストが何か言ってるよ、だから女はダメなんだ」くらいにしか思わないだろうし

http://anond.hatelabo.jp/20170126202613

底辺と書いたのはネット上の一般論元増田文章あやかたからで、ガチ底辺扱いしてるわけではないぞ。

バカにしているような書き方になってしまってたら謝るが、そもそも俺の友達や親類縁者が働いてる職種バカにするわけないだろw

元の文章でも書いたけど、田舎田舎幸せそうだからそれはそれで良いと思う。

東京暮らしの俺より高い給料貰ってるやつもたくさんいるし、都会暮らしのほうが上流階級と思っているわけでもない。

東京に生まれ中高一貫大卒田舎高卒ってその時点で生きてる世界が違う」

って言うのことに同意しているだけだよ。

2017-01-25

田舎高卒自分底辺ってことさえ知らない

東京に生まれ中高一貫大卒田舎高卒ってその時点で生きてる世界が違うよな。

東京のやつは「いまどき大学行かない奴とかいるの?」とか、マジで言ってるし。

俺の出身中学田舎)で大学まで進学しているのは10パーセントくらいだし、田舎じゃ高卒デキ婚が当たり前。

企業就職してるやつよりもフリーターが多いし。

でも、東京で生まれ育って就職してる人はそんな底辺世界なんて想像できないし、逆もまたしかりなんだろな。

しろ田舎高卒東京育ち大卒世界を知らないで、ずっとその地元で生きて死ぬのが幸福なのかもしれん。

東京大卒と田舎高卒格差はめちゃくちゃ残酷

で、そのことを一番実感できるのは、田舎底辺から東京大学とか大企業とかに行った奴。

東京でのうのうと育って暮らしてるやつは、底辺を見て「自己責任」とかのたまう権利はないと思う。

東京という場所と、理解経済力のある両親のおかげで、本人の努力はついでぐらいのものにとどめるべきだ。

田舎底辺は単に運が悪かっただけ、生まれ場所が悪かっただけで、かわいそうなもんだとおもう。

そもそも田舎高卒は、自分底辺ってことさえ知らないから、可哀そうというのはお門違いだけど。

そう考えると、進学したくないとごねる俺に「東京大学だけは出ておけ」って叱ってくれた俺の母さんと父さんは偉大だと思う。

母さん父さん、ありがとう、今度何か送ります

追記

反応がたくさんあって嬉しいです。

返事はできないけど、トラバブコメ全部読んでます。いろいろ参考になる、ありがとう

底辺」という言葉が乱暴すぎたなって反省してます

ブクマ見ると、みんなは底辺=「不幸」「見下されるべきもの」って連想するんですね。

文中の底辺っていうのは、さまざまな機会に恵まれてない環境とその環境再生産する人たちを指してます収入はもちろん、大学進学の機会や知識人間関係を手に入れる機会。そもそも選択肢が与えられていない状態

でも、底辺存在している人も、世間で上流・中流といわれる人も、人間本質とかはそんな変わらない。

しろ東京に生まれ中高一貫大卒田舎高卒」ってのは両方とも、それぞれの世界の「普通」の道を選択してるっていうのは同じなんじゃないかと。

どちらも似たような理由選択してんのに、学歴とか、収入とか、接する人とかそこで形成される性格とかそういうのが大きな違いが出る。

それって、なんというか、かわいそうだよな、って。

東京まれ中高一貫の一部は、自分いかに恵まれ環境にいて、運が良かっただけなのかを知らない。努力もしているのかもしれないけど、田舎高卒だって俺が見ている限り、その世界普通であろうと努力をしている。

中高一貫大卒田舎高卒自分の生きる世界では、底辺ではなく「普通」だと信じてる。

田舎高卒自分底辺だって知らないのと同じように、中高一貫大卒も俺も、この世に生きるほとんどの人が、自分がどこにいるかなんて何も知らないんだろうなって、ブコメ見て思いました。

生きるって難しいね

あと、中学校大学進学率について。俺の中学は1学年約100人で、その内隣町の進学校大学進学希望90%超)に行ったのが8人、他は地元高校か、少し離れた定時制

で、地元高校の進路について、さっき見てみたら大学進学が7人いたから、大学進学率は約15%だった。適当に書いて申し訳ない。

両親にはお魚を贈りました。

2017-01-17

将来の不安

自分は進学実績で名の通った高校の二年生だ。ここまで読んで「自慢か」と思う人がいるかもしれない。

だけど、一応私について書かせてほしい。

私が今の学校中高一貫)に入学した時、親族にちやほやされた。

「将来は東大だね」とか「親族一の天才」とか言われて、正直うぬぼれていた。

で、私はこのころ周りを見下すようになっていた。

進学校へ行っている人はわかると思うが、入学していくらかは、学校勉強をせずとも

受験知識でそこそこいい成績が取れる。学校の中でいい成績を取った私は、

同級生まで馬鹿にするようになった。私は勉強で手を抜くようになった。

定期テストはあらかた一夜漬けで乗り切るようになった。

学校先生が「自分の力で勉強しなさい」と言う意味もわからずに、だ。

ちなみに私は中学の時は塾へ行かなかった。塾へ行くのを馬鹿にしていたからだ。

高校生になると、初めて模試を受けることになった。

結果は言うまでもなく、悲惨だった。学校別の順位で、私は半分より下だった。

東大の判定は「D」だった。

私は焦ったが、勉強ができなかった。体が勉強拒否するのだ。

勉強から目を背けようと部活に熱中した。気付いたら陰キャラになっていた。

ついこの間、私は塾へ行くことにしたが、

東大の判定はいまだに「D」だし、

この間のセンター同日試験は900点中700点しか取れなかった。

同級生は750点とか800点とか取っているのに、

やっぱり同級生に追いつくことができない。

ふと立ち止まって、「なぜ東大を目指しているのか」考えてみた。

日本一だし、親が行けって言ってるし、同級生みんな目指しているし……

積極的理由が思いつかなかった。

(ちなみにこのことを同級生相談したら、「高卒で働け」と言われたorz

それでもなぜか東大へ行きたいし、行かなきゃならないという気持ちが私の中にある。

多分「東大目指すのやめろ」と言われても目指してしまうと思う。

もうセンター試験まで一年を切ってしまった。東大二次試験もあと400日くらいだ。

主要科目を固めて、副教科をやって……明らかに一年足りない。

浪人だけはしたくないのに……いったいどうすればいいんだろう。やるしかないんだけど。

進学校(笑)でこの文章力……ひどいですよね。こんな駄文すみませんでした。

2016-12-31

高学歴の世界ってなんだろう

http://anond.hatelabo.jp/20161215080543

さらだけど、このエントリおすすめに出てきた関連のいくつかを読んで愕然とした。

旧帝大理系院生をしています

家族親族旧帝大卒はもちろん、東大卒も何人もいる家庭で育ちました。

中学受験をして中高一貫私立に入りました。兄弟も同じ。

おそらく、関連エントリー描写されていた「高学歴の家の子」にあてはまるのではないかと思う。

正直に言って、関連エントリを読んだとき自分気持ちは「悲しい」でした。

私は自分勉強したことを知っているけど、決して頭がいいわけではないことも知っています

高校受験プレッシャーから解放された私は、中学後期から高校前期にかけてろくに勉強をしていませんでした。その結果、大学入試に本腰を入れて取り掛かる頃には散々たる模試の結果ばかりでした。

それこそ偏差値30台だって珍しくなかった。

そして、数年のブランクをたった一年でとり戻せるような頭の持ち主でもなかった私は当然のように浪人しました。浪人中に必死勉強たからなんとか今の大学に入れたわけです。

兄弟も同じです。そして、高校時代の友人も、大学に入ってできた友人も(努力しなかったから成績が悲惨だった時期があったのかはともかく)、大多数はものすごい努力をして成績を取ってきている。

私は高学歴の世界とやらに生まれ特別な人ではないし、優れた何かを持っているわけでもなく、ただ愚直に勉強しただけです。

高学歴の世界だなんて、そんなよくわからないものをいつのまにか背負っているのだとしたら、怖すぎる。

ああでも、勉強できる環境を含めて高学歴の世界だと言われたら、よくわからなくなってしまうなあ

ものすごく傲慢なことを書いてしまった気がする。気を悪くした人がいたら、ごめんなさい

2016-12-30

http://anond.hatelabo.jp/20161230233128

例えば英語単語テストをすると仮定する

範囲は30個の単語熟語

もちろんテスト前に勉強するが、出題範囲確認するためにその30個を1通り目を通すだけで単語テスト10点満点とれてきた

なんでノートに書いてるの?

なんで単語帳つくるの?

それと同じ

なんで大学受験するのに中高一貫高いくの?

まあ同級生友達にはよくいたけど

2016-12-16

大好きな友達結婚した

日大好きな友達結婚した。結婚式にも呼んでもらった。真っ白いウエディングドレスを着て、新郎と微笑み合う彼女はとてもきれいだった。その光景を見て私は涙がとまらなかった。

私と彼女中学校出会った。

中高一貫キリスト教女子校で、地域で一番偏差値が高いということもあり、個性的な生徒が多かった。

彼女は、その中でもひときわ冗談を言うのが得意で、愛嬌があって、私はたちまち彼女の虜になった。彼女と同じ部活に入って、いつも彼女と一緒にいたがった。彼女カースト上位のキラキラ女子、というわけではないが、おもしろくてチャーミングだったので、みんなに好かれていたので、隣をキープするのに必死だった。放課後マクドナルドで駄弁ったり、休日に買い物に行ったり、好きなバンドライブに行ったり、お互いの家に遊びに行ったりした。

高校に上がってからも、仲の良い友達だった。親友だったと言っていいと思う。私から見て、彼女はとても素晴らしい女の子だったが、彼女はたくさんのコンプレックスを抱えるようになっていた。成績が良くない、だとか彼氏ができないだとか、思春期特有のものが多かったと思う。

彼氏ほしい、と冗談めかしていう彼女をみて、悔しいな、と思ったことを覚えている。

私が男だったら、絶対彼女と付き合うのに。

世界で一番だよ、と言って抱きしめることができたのに。

私では彼女恋人にはなれない。女の私が何を言っても意味ないんだろうな、ということはなんとなくわかっていた。

その時の私は「私も欲しい〜!大学入ったら絶対作ろうね!」と言うしかなかった。できたら一番に教えてね、と言いあった。

大学進学のため、私が地元を離れてからは年に数回しか会うことができなかったが、帰省の際は必ず会うようにしていたし、何度か旅行にも行った。

彼女大学彼氏を作った。惚気も愚痴もたくさん聞いた。一通り自分のことを話すと、「彼氏できた?」と私のことを聞いてくれた。

私は全然彼氏ができなかった。

まず、ブスでコミュニケーションが苦手、と言うのがあったが、誰と喋っても「彼女といたほうが楽しい」と思ってしまっていた。

私に彼氏ができないまま、彼女旦那さんと出会い結婚にいたった。結婚前の彼女の話を聞いていると、旦那さんは素晴らしい彼女にはふさわしくないように思えた。何度そんな男やめなって、まだ若いんだからもっといい男がいるよ!と言ったかからない。

しかし、結婚式彼女幸せそうだった。旦那さんも誠実そうな、いい人に見えた。親族と友人たちに祝福されている彼女を見て、涙が溢れて止まらなかった。

高校生ときコンプレックスで泣いていた彼女はもうそこにはいなかったし、彼女幸せにできるのはやっぱり私ではなかったのだと、身に染みた。私は10年以上彼女のことを知っているけれど、まだ知り合って2年もたたない旦那さんには一生勝てないのだ。

結婚式という目で見える幸せを見て、私も新たな一歩を踏み出さなければと思った。

とりあえず明日人生初の合コンに行く。

2016-08-25

投資対効果の高い進学先

職場で有名大学を出た非正規職員一定数いる

皆、中高一貫私立大学進学だから学費は1000万円を下ることはないだろう。

地方出身者もいるので、2000万クラスもいると思う。

社会構造が、変わってしまったと言うこともありつつ今は大学進学ってかなり投資対効果の悪い選択肢なんだろうな。

二人の子供の親として、進学先を考えると男は公立高校出たら地方公務員になって大学必要に応じて通信夜学に通う。または外国語の出来る職人(板前など)とかで女は公立看護学校から看護師かなと。

世知辛いけど、色々なパターンを考えておかないとね

他に何かあるだろうか。

2016-08-18

差別発言になってしまうのは申し訳ないけど

ジャニオタ基本的に頭おかしいアレな人達ってのは

中学高校で共学だったらだいたいわかっちゃうことだと思うんだけど

はてなって中高一貫男子校出身の人がやっぱ多いのかな

2016-07-21

関東の男は格下の女としか結婚できない

単純に男女比の問題で。

自分西日本出身なんだけど、就職東京に来て、

ブスで性格の悪い女でも、男選びで調子に乗っているのか不思議だったが、

東日本男余りということを最近知って、これが第一要因と思った。

あとはハイスぺ男が多いから、女の目が肥えすぎな気がする。

婚活やっても銭ゲバ多いし、結婚自体は余裕でできるって確信はしたけど

どうもこれって女と巡り合えず、中止した。

出会い目的で始めたし、まあいいかと思って。


東京出身中高一貫男子校理系大とかだったら、一生女っ気ないやつもいそう。


結婚願望強い男は

東京行きは拒否したほうが、家庭は持てるかもしれんな。

2016-02-26

18年続いた片思いを諦めた話

私には好きな人がいた。それは中学高校という多感な時期を一緒に過ごした同級生だった。

私と彼女中高一貫女子校出会った。こう書くと百合だと思われるだろうが、あくまで私の性癖ヘテロであり、好きの感情友情の域を超えないのだが、確かに私は彼女に憧れていたし、好きだった。

初めて彼女出会ったのは中学一年で、彼女は隣のクラスだった。同じ部活動の子を経て知り合った。彼女はすらりとした身長で、絵と文章が上手な少女だった。文科系の遊びが好きだった私はすぐに友達になりたいと思った。しかし、人見知りで内気な彼女は話しかけてもろくに反応がなく、あまり接する機会もないまま学年が一つ上がった。

中学2年になって、私は彼女と同じクラスになった。驚いた。まさかこんな奇跡が起こるなんて思ってもみなかった。しかも、彼女と仲のよかった子は全員別のクラスで、彼女は一人で昼食を食べていた。

チャンスだと思った。

私も親しい友人が全員別のクラスになってしまったため、一人で昼食を食べていた。私は彼女に声をかけようか悩んだ。中学一年の時一度話しかけた時にすげない反応をされたことが怖くてなかなか声をかけることができなかったのだ。それでも私はある日勇気を振り絞って言った。一緒にお昼を食べませんか、と。震える声で言った。私の不安をよそに、彼女はあっさり承諾してくれた。それから彼女と一緒に昼食を食べるようになり、どんどん彼女と親しくなり、ついには放課後習い事まで一緒に通うようになった。

彼女演劇部花形で先輩後輩問わず大勢からファンレターをたくさんもらっていた。そのころ流行っていた文章投稿サイトでは常にランキングの上位にいた。出会い系電話してのこのこやってきた男を眺めるといった衝撃的な遊びをやったりもしていた。まさに、私にできないことを平然とやってのけるッ、そこにシビれるあこがれるゥ!といった感じだった。

それに反して私は実に平凡だった。何のとりえもない、誰にも顧みられることのない地味な存在。満たされない承認欲求を持て余した私には彼女はあまりにも私の欲しいものをすべて持っていた。純粋彼女が羨ましかった。彼女は常に求められていた。輝いていた。本当に平凡だった私はそんな彼女に一番近しい存在になれたようで有頂天になった。

しかし、だんだん私は物足りなくなっていった。私の彼女に対する感情と、彼女の私に対する感情イコールでないことに気付いてしまったのだ。

というのも彼女は常に孤独感に苛まれており、さびしい、とか、どうせ私は一人なんだ、とかそんなことばかりを言い、私からしてみれば一緒にいる私はなんなんだ!?という思いにならざるを得なかったのだ。私からみれば彼女の周りは常に彼女を気にする人で溢れていたし彼女は確かに私を含め大勢の人から愛されていた。しか孤独感なんてものとどのつまり本人の感じ方次第で、客観視にはなんの価値もないということを解するには当時の私はあまりにも幼く、彼女の状況に寄り添ってあげられず彼女に対する感情をどんどんこじらせていってしまった。

とにかくネガティブ発言をし続ける彼女否定し、私の望む彼女彼女押し付けた。押し付け続けた。まるで彼女管理者であるかのように傍若無人に振舞った。さびしいだと言えば、何を馬鹿なことをあなたの周りにはこんなに人がいるのに甘えるなと言い、孤独だと言えば、あなたより孤独な人なんていくらでもいる被害者ぶるなと言った。ある時などは、彼女がひどく品のない替え歌を歌ったことがあった。私はそんな歌を彼女に歌ってほしくなかった。再三歌うのを止めてくれと彼女に言ったが彼女はやめなかった。私はついに彼女を平手打ちした。彼女眼鏡が飛んだ。その後どうして関係を修復したのかまったく記憶にない。だが、飛んで行った眼鏡のことは今でも鮮烈に覚えている。

高校に進学し彼女学校を嫌がり登校日数ぎりぎりになった時も、私は彼女にとにかく頑張れと言い続けた。あなたには才能があるのだからもっと努力すべきだと。気の持ちようだと。疎外感なんてものは気のせいだ、無力感なんて欺瞞だ、あなたは恵まれているのだからと。

私の言葉が届かないのは彼女のなかで私の価値が低いからだと思った。なんとか私の中の彼女存在くらいに、彼女の中での私の存在感を持たせたかった。彼女に私を認めて欲しかった。私がいるということを認めてほしかった。しかし中身のないハリボテをいくら繕おうとも全くの無駄で、結局私の想いは報われることはなくそのまま高校卒業となり私と彼女は別々の県に進学した。

遠い地に離れ離れになったが彼女と疎遠になるのが嫌で、私はなんとか彼女との接点を持ち続けようとした。そのころはまだSNSなどはなく、当時彼女がやっていたHPサイト掲示板に時折書き込んだりメールしたりするだけだったが、とにかく頑張った。連絡すれば無視されることはなく返事はあった。一年に一度会うか会わないかだったが何とか連絡がつく状態を保ち続けた。彼女の住んでいるところの近くに住んでいた友人を紹介してより彼女情報が入ってくる状況を作ったりもした。なりふりなど構っていられなかった。

そうしているうちにSNSが台頭してきた。もともと熱心にHP更新を行っていた彼女SNSでは非常に饒舌で、SNSさえあれば彼女の日々の暮らしや考えていることなどが詳細に知ることができた。

しかSNSでの彼女あくまでも昔のままで、いつも自分の不幸を嘆いていた。世間に毒を吐いていた。だんだん周りが結婚し、子供ができ始めた。彼女はずっと結婚願望があり、何人も彼氏が変わったが結婚には至らなかった。

そんなある日彼女フェイスブック幸せそうな同級生投稿嘲笑われている気がして辛いと言った。日々の生活に行き詰まりを感じていた私はそんな彼女自分を重ね、そんなに自分を追い込まなくてもいいじゃないかと言いたくなった。ずっと彼女辛辣なことしか言えなかったが、いまこそ辛さを分かち合えるかもしれないと思ったのだ。

確かに彼女たちは幸せそうで、あなたの望む幸せを持っているかもしれない。私はあなたの欲しがる幸せ幸せとは思わないので彼女たちをなんとも思わないけど、私の望む幸せ彼女たちが持っていたら妬ましいと思うだろう。でも、私の望む幸せあなたにとってはどうでもいいことだから私の妬みなんて的外れだと思うでしょう。それとおなじで、誰もあなた馬鹿になんてしていないよ、元気を出して、と。

彼女は怒った。

励ましが欲しいんじゃない。こんなものチラ裏なんだからいちいち構うな。放っておけと。

壊滅的なすれ違い。私の言葉は一切彼女に届かない、この関係はすでに手遅れだ。そう悟った。いや、ずっと気付いていたけど見ない振りをしていた。彼女感情に寄り添えない自分勝手な私は彼女にとって彼女の大切な人ではないということに。挽回はもう不可能だった。

彼女SNS上では他の人には会いたいと頻繁に言っているのに、私に会いたいと言ったことはない。連絡するのは常に私から誕生日メッセージを送るのは私だけ。

正直疲れたのだと思う。私の努力なしには継続しない関係に。あまりにも些細なつながりにしがみつき、これは友情だと妄信していた。しかし、こんな関係友情とは言えない。友情ではないことをずっと認めたくなかったが、私はついに諦めた。

私は怒った彼女にごめんと一言だけ言って彼女フォローすることを止めた。見ているとやっぱりなにか言いたくなってしまうから彼女も翌日私がフォロー解除したことに気付き私のフォローを解除した。解除後私について一言だけ、もう会うこともないから別にいい、とのエアリプがあった。完全に彼女との18年にも渡る縁が断たれた瞬間だった。

長い、本当に長い片思いだった。震える指先でフォロー解除ボタンを押したときちょっと私が泣いたなんてきっと彼女は思いもしないだろう。

ただ、いま久しぶりにフォロー解除前後のやり取りを見直そうと彼女アカウントをのぞいたらなんとブロックされていた。

フォロー解除後はしばらくブロックされていなかったし(未練がましくちょっとの間フォローから眺めていた)、フォロー解除後も特に彼女に対するエアリプをしたわけでもないので、少なくともどこかのタイミングで私に対して何かを思うタイミングがありそしてアクションを起こしたのだ。どうでもいい存在であればブロックなんてする必要などないのだから、私という存在彼女に何かしらの瑕疵を与えることができたのかもしれないことを少しだけ喜んでしまった私は、本当に救いようがない。

2016-02-22

非モテ界隈の話題がどうしても気持ち悪いと感じる

学生時代サークルの一つ下の後輩男子で、おそらくはてな界隈的に典型的非モテ男子が居た。中高一貫男子校で背が低くてひょろくて、本当に非モテかは分からないが自分モテないと嘆いていた。

サークル代表をやっていた私の同期も、彼と同じように中高一貫男子校で背も彼と同じぐらい低かった。私が見る限り、男ぶりも同じぐらい冴えない感じだったと思う。人のことは言えないけども、ごくありきたりの一山幾ら程度の容姿

変な顔でも気持ち悪い顔でもないごく普通の冴えない男子大学生だった。

ただ当然だけど、二人は性格は違う。同期は義理堅くかなり寛容な性格悪口や噂話は好きな邪悪さはあったがあまり酷いことは言わない男だったが、後輩はそねみが強く悪口粘着質で自分卑下する。飲むたび人を嫉み自分卑下する悪酔いをしていた。

酔わなきゃそれなりに明るいし面白いやつだったし後輩としてかわいがってたんだけど、単に飲み癖の悪いやつだという認識飲み会の席はなるべく遠くになるようにしていた。

ある時、飲み会で、私の隣に割り込んで来て「同期さんと僕とのあつかいに差がありすぎる」と絡み出した。

でろんでろんに酔っぱらって曰く、同期さんと僕はスペックは同じむしろ僕の方が良いぐらいなのに、私さんは同期さんとばかり仲良が良い、僕とも同じぐらい仲良くしなきゃ話がおかしい、と。

友人を選ぶ基準容姿スペックの良し悪しを考えたこともなかった(もっといえば彼氏にもあまり要求しない)ので、謎理論に茫然としつつ、悪酔いした後輩がのしかかってこようとしたので、取りあえず手に触った居酒屋メニューでひっぱたいてやった。

お前酔いすぎだ、友情愛情一方的要求するのはストーカーだぞと、取りあえずその場でその話を聞いていた者から袋叩き状態になって、その後別の後輩に家まで護送されていった。私が4回生の時の話。

護送された後、送ってくれた親切な彼の友人に「俺と同程度の低スペックな先輩には気安くやらせてくれそうな感じでいつも一緒にいるのに、俺には触らせもしない」「アイツ(私)が好きなのかと言えば分からないけど」と涙ながらに語っていたらしい。

私と同期には友人以上の関係はまったくなかったし、飲み会で同期といつも近い席になってたのは、非モテ後輩が隙あらば触ってきたり絡んできたりすることを相談した結果のことだったので、こいつばかじゃねって本気で思った。

そもそも私にはずっと付き合ってる同じサークルの先輩の彼氏がいたし、同期にもその頃人生初の彼女ができて初めての春を謳歌していた時期だったのだ、そんな関係になるわけがない。

非モテな人たちの言い分を聞いていると、この後輩のことを思い出して心底気分が悪くなる。

彼らは相手自分距離を測れない。なぜなら、彼らは、相手がどう思っているかに興味がないから。どんな気持ちでいるのかどころか、相手がどういう人であるかすら意識が向いていないように見える。

非モテ自分拒否しない=告白セックスできる・結婚したい、に謎な直結をしてしまうのは、今この瞬間から将来に至るまで、相手がどんなことを考えているのかに思い至ることがないから

自分の中に作り上げた感情ストーリーしか興味がないからだ。人が誰かを拒否しない理由はいくつもあって、例えば、酒癖は悪いけど悪いやつじゃないから、ということだってあるわけじゃないですか。

悪いやつじゃないから嫌いはしないけど、触られるのはイヤだから距離は180cm以下には詰めたくない、ってだけのことだ。なのに奴らときたら自分の頭の中のストーリーとは違うからか、まるで裏切られたかのような逆ギレをする。

もっと言えば、変に気を持たせるようなことして悪かった、誤解されるのも本意じゃないから、本当に好きな人以外にはそもそも近づかない方がいいのかな、って防御すると

今度はキミたち、これだから女どもは俺ら低スペックは見向きもしねぇ!イケメンがお好きなくせにって、また勝手脳内ストーリー逆ギレしだすじゃないすか。

わたしら、好きな人を選ぶ権利もないですか?普通に気の合う人と楽しく過ごしちゃいけませんか?飲み会で誰の隣に座るか決める権利もないですか?

かわいそうな非モテくんからだったら、突然降ってわいたように告られても無条件で受け入れろと?近づかれるのは怖いなと思っても慈母のようなほほえみと共に受け入れろとおっしゃるか。

勝手脳内にかわいそうな俺ストーリー作って勝手に劣情をかきたてたり勝手逆ギレしたりしてっから、いつまでたっても非モテなんだ。

君らがキモイとしたら、勝手な俺ストーリーを無理に押し通そうとしてるからだ。ストーカーと同じメンタリティイケメンも、そして女にも同じようなキモイのがいるから見た目の問題じゃないぞ。

2016-02-09

日本は「格差社会である前に「階級社会」だ』に寄せて

http://b.hatena.ne.jp/entry/toyokeizai.net/articles/-/103434

私は履歴書に書くのも恥ずかしい北海道の三流大学出身である

いわゆる駅弁大学などと揶揄されるやつだ。

都市部において両親が高学歴富裕層教育熱心な家庭に生まれ中高一貫の名門私立学校出身者にとっては最底辺の進学先であろう。

それでも私にとってそこに入学できたのは強運と努力と才能の結実した成果であった。

私は中学校では50人中だいたい2番だった。

高校地元相対的はいちばんいい進学校にいき、成績は控えめに言っても360人中だいたい5番以内だった。

その進学校地域全体で約2000人のうち上位360人が集まるので、合わせると5番/2000人で上位0.25%ということになる。

地方出身者は、首都圏関西金持ちなら鼻で笑うようなFランク大学に上位0.25%しか入れないのだ。

100人に1人のさらに4分の1だ。

日本大学入試制度一見すると平等試験選抜であるが、それに特化した訓練を受けられるかどうかという点で大きな不平等があることを、エリート達は知らない。

塾で真ん中より上なら開成とか灘に合格できて、高校で真ん中より上なら東大法学部なんか楽勝だった奴らが国を仕切っている。

私も上述のように田舎出身ではあるが、それでも普通科の選択枝が複数ある時点でだいぶ恵まれていたし、両親もいちおう大卒教育意欲は高かった。

ちなみに中学までの同級生のうちで両親が大卒なのは私だけだった。

ちなみに私が通った大学では、入学後の成績順位試験のたびに開示されるが、成績上位者はのきなみ地元ローカルトップ出身で、

成績下位者は一流進学校出身者が占める、みごとなまでの「高校偏差値との逆相関」が見られる。

極限までお受験マシーンとしての能力ブーストされた者と、田舎競争相手にも欠くような者たちが、

大学入試結果的に同じ成績を残したのであるから、伸びしろ言わずもがなというわけだ。

これから若年人口が減り、国を支える優秀な人材も減る。

しか田舎貧乏人に進学のチャンスを与えることは、ポテンシャルの高い人材を上に引きあげるある種の効率改善することに繋がり、その余地はまだ残されている。

日本学校教育では「不平等に見えること」が何よりも嫌われ、成績の開示や成績優秀者の表彰などを大々的にすることはないし(運動会運動音痴公開処刑はするくせに)、

公立校では進学校ですら進学実績を売りにして生徒を募集することがタブーである雰囲気すらある。

しかしそうした消極的姿勢によって、塾や私立学校などの有料コンテンツブーストした層が大学受験を勝ち抜きやすくなり、

格差階級の固定という、より好ましくない事態が生まれている。

よりチャンスの公平な社会効率的人材育成のために、初等教育から徹底した到達度別のクラス分けや飛び級留年採用するなど、学力と家庭環境の相関度を下げる改革が望まれる。

詳細は他にゆずるが、階級流動性の高い社会では教育予算が多く、人口に対する教師割合が多く、公立校でも能力に応じた授業が提供されるなど柔軟性が高い。

(出典がすぐ出せない、たしかシノドスか何かで読んだ、あと森巣博の本とか)

ちなみに私の出身大学失楽園の著者と同じで、出身高校極楽とんぼの太ってない方と同じだ。

あと学歴社会の是非は問わないでください。高学歴を是として、高学歴高収入を得られるのを前提にしないと話がややこしくなるんで。

2016-01-11

http://anond.hatelabo.jp/20160111014553

増田自分立ち位置を明らかにしていないのは卑怯。ちなみにオレは男子校出身中高一貫)→現役で女子多い文系学部、と進んで院卒。30前半結婚男子校6年は大学時代恋愛についてはそれなりにハンデだったようには思うが、今となって人生における決定的なハンデだったとは感じないな。


まあ、オレも結婚するまでは「息子ができたら(可哀想から男子校にだけは行かせねえ」と思ってたクチだが、今となってはもうどっちでもいい。

あ、でも娘を女子校にやるかつーと、なかなか微妙かもwww。そんなもんだよ。

2016-01-06

http://anond.hatelabo.jp/20160106130442

ほんで女子高ならいざしらず女子中高一貫なんてみんな男の子みたいになるんだよ 

なんで男が居ないと男みたいになるんだろう?

そっちがありのままの姿だとすれば

なんで共学だとそれが抑えつけられるのだろう?

http://anond.hatelabo.jp/20160106125507

いや、いまどきちょっと頭がいいだけの庶民しかおらんで……。

ほんで女子高ならいざしらず女子中高一貫なんてみんな男の子みたいになるんだよ ジャンプのまわし読みしまくりですよ

とにかくみんなオモシロを追求しがちなの。お耽美な感じは基本的にないよ。

もちろんそういう情事にふけっていた人がいないとは言えないのだが、そういう雰囲気メジャーなわけでは全くない。

先輩を「憧れの先輩」として偶像化するよりは先生偶像化する人が多かったんじゃないだろうか?

チョコ友チョコ流行っていたのでみんな遣り取りしてました。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん