「結婚式」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 結婚式とは

2016-07-25

信用してはいけない人

信用してはいけない人の特徴っていろいろと囁かれたりするけども、一番人間の信用とかそういったもの判断できるのって葬式結婚式だよね。

2016-07-22

http://anond.hatelabo.jp/20160722171512

やればいいやん

綺麗な格好してプロ写真残したいならフォトウエディングで数万くらいから出来るし

結婚式も二人でやるだけならそこまで高くはならんやろ

結婚指輪は高いけどペアリング代用できるし

一生もんの想い出と思えば数万から数十万程度の出費ありでは

辛い思いする必要ないと思う

http://anond.hatelabo.jp/20160721153003

私の父親であった男は自分が既婚者である事を母親が未婚で妊娠するまで隠し、バツイチだと嘘をついていた。

の子供は流れてしまったが、母親バカだったので「別れてくれるなら付き合う」と言って本当にバツイチになって来た男と愚かにも交際継続し、再婚して二人の子供を成し、案の定不倫の病の再発した父親に捨てられた。

独りになっても母親バカだったのでまた既婚者と関係を持ち、怒り狂った本妻が家へ押し掛け、小学生なる子供の前で母親と堂々と不倫相手に関する言い争いをした(注)。

一時期は不倫相手結婚できるならお前なんか捨てても良いと子供本人に向かって言い放つ程頭の狂っていた母親だが、母親がわりであった祖母(私から見て曾祖母)の死を転機として目を覚まし、不倫相手と縁を切って独身男性再婚した。その男性が父となってから実家では概ね平穏な家庭が続いている。

(注:なおこのとき私は不倫相手をパパと呼ばされており、まだ不倫という概念を知らなかった。その言葉を初めて知ったのは、子供たちとの帰宅時に家の前に座り込んでいた本妻を見た母親が泣きながら女友達の家へ駆け込んで通報し、やって来た警察官にその友達が『彼女(母)とその女性旦那さんが不倫関係で』と説明をしていた時の事だった。度重なる本妻の来訪に悩まされての事だろうが自業自得案件に呼びつけられる警官も気の毒な事である



このような家に育った私は、年を経る毎に次第に自分の家に何が起きていたのかを悟るようになり、そして深く不貞というものを憎むようになった。

血のつながった両親はもちろんの事、便所ブラシと肉便器の間に産まれた、母親不倫相手本妻やその子から殺されても仕方がない薄汚れたクソガキである自分自身の血も憎くて仕方がなかった。

丁度インターネット黎明期10代後半であった私は、ネット世界自分と同じ思いをしている子供がいないか子供にそんな思いをさせている親は何を思っている/いたのか、それから何年もかけて探して回るようになった。

そうして20代の私はミソジニーかつミサンドリー煮込みうどんとなった。両親共不貞加害者であった自分には増田のように片方の性を神聖視する選択肢がそもそも無かった。




今は違うが当時の世論ネットも本当に酷いもので、不貞に異議など唱えようものなら男の場合浮気をする甲斐性がある有能な男を妬んでいるモテない駄目男、女なら男をつなぎ止める魅力と寛容さのない裏切られて当然のゴミ女、と罵倒されるのが当たり前の場所だった。要するに男の浮気には異様に甘く女の浮気独身女が既婚の男に股を開くパターン以外の選択肢があり得ない、昭和男尊女卑の一番酷いところを鍋底にこびりつく焦げカスになるまで煮詰めたような場所だった。

増田と同じように私には、不貞などせず縁もなく、普通に生きている人たちの姿は誰ひとり目に入らなかった。この世にはまだ裏切っていない人間と裏切った人間と裏切られた人間の三種類しかいないと本気で思っていた。男も女も皆クズでどうせ裏切り者以外は100%裏切られるのだからモノだけを心のよりどころとしていれば良い、そうすれば傷つかずに済むと20代の前半はずっと考えながら生きていた。



はい日常的に他人攻撃的な言動をとっていた訳ではない。表面上はごく普通に接していた。

(ただ一度もうすぐ結婚するという高校時代女友達が、結婚報告と同時にそれが略奪婚であると明かし、「彼(二股をかけていた便所ブラシ)と一緒に裸でベッドにいる時に元彼女が訪ねて来て凄く怖かったの」とかい寝言を吐き始めたときだけはどうしても取り繕えなかった。裏切られた元彼女は男と同じ職場であったらしく、結婚式の招待状を元彼女にも出そうかと男に尋ねてわざと楽しんでいるという話を聞いた時点で「最低だね」という感想をついに黙っていられず縁を切った)


それ以外はリアル不倫をしている人に会っても概ね知らぬ振りをしていられた。

幸いにも私の周囲には、自分のしている不貞本能からと男は皆不倫して当たり前とかい理由正当化しようとするバカはおらず、私も「でしょうね男はみんな不倫しますよ私の父もそうでした○○さんのお父さんもお祖父さんもひいお祖父さんもみんな不倫して奥さんを泣かせて来たし娘さんも結婚したら旦那さんに不倫されて同じ目に遭いますよね楽しみですね」とか「まあそれはご勝手ですけどお子さん間違いなく股ユルになるかだめんずになるか誰とも付き合えない人間不信メンヘルになるかの三択ですね、よかったですねソースは私と妹です」などと大人げの無い嫌みを言わずに済んだ。

一方ネットはそういうバカを見つけるたびに上記の言葉を投げてやって楽しむ自傷行為日常茶飯事だった。一度「俺の親を侮辱するな」とか言い返して来た客観性という概念を知らないほんまもんバカがいて今風の表現を借りれば大草原不可避であった。




そんな中である2ch浮気不倫板に親に不倫された子供スレというスレを立てた。

スレ立て当初は滅茶苦茶に荒らされまくり、親が不倫したのはお前のせいだ、お前らは捨てられて当然だと書き込まれる事も幾度となくあったが、それでも細々と何スレか続いた。リアルタイムで親の不倫を知って苦しんでいる中高生を慰め、昔親の不倫に苦しんだが今は幸せだという年長者に慰められ、何より「不貞なんかして家族を傷つける奴はクズだ」という意見を誰にも否定されず堂々と言える場ができたことに心のよりどころが生まれた。

(何しろそんな事リアルで言おうものなら「世の中白か黒じゃない、大人になれ」「ご両親も苦しんでいたのだから理解してあげろ」とかい説得力もクソもない思考停止押し付けられる選択肢しか当時はなかったのだ。毒親に苦しむ子供に対して子供を愛さない親はいいから親を許せと平気で言うバカが幅を利かせていた時代なのだから当然と言える)

そうして私は少しずつ立ち直って行った。



気づけば周囲の状況も随分変わっていて、不貞をしている者を見れば男女を問わず咎められる空気が徐々に優勢となっていた。

しかすると初めからそうで、前段に書いた「当時の世間」は一部のバカに惑わされた私の視野の狭さによる思い込みしか無く、ただ私が自分を傷つける意見の方に自ら近寄って行っただけなのかも知れない。「そんな人たちばかりではない、良い人を見つけたら幸せになれる」という声は今も昔も確かにあった。ただ誰がそんな人たちで誰がそうではない人たちなのか明確に見分ける術のない自分には何の救いともならなかっただけだ。

最終的に「クズとそうでない人を見分ける事におびえる必要はない。誰がクズだか分からいから全員を断ち切る必要もない。相手クズとわかったら即座に切ればいいだけ」と自分で出した答えがとりあえずの結論となった。




元増田世界には小学生スマホオナニーを、中学校で公開キス動画を、高校円光大学で数股変態プレイを、会社や家庭で不倫を楽しむ女しかいないのだろう。増田の母も祖父母も妹もそういう女たちなのだろう。男も増田自身を含めてそうした性の乱れた同類ばかりで、そうした人間たちとその価値観を厭わしく思い咎める者は男女問わず誰もいないのだろう。それでいいと思う。

私自身そうしたものには何一つ縁無く生きて来たしそういうものには自他を問わず永久に無縁であってほしいが、増田にそれを証明してやる義理も縁もない。増田にとっては長らく喪女として生きて来た私のような者は女ではなく産廃としてカテゴライズされている可能性も高いことだし。



私の世界には男と女がいて、その中に割合は分からないがクズが混じっている。どこの誰がクズか分からないのは今も同じだが、それを悪として捉え被害者の心に寄り添える人が私の他にも沢山いると知っている。その対処法も彼らから沢山学んで来た。

クズとわかれば捨てれば良い。わからないうちは自分が親しくなりたい人と親しくしていれば良い。自身自身の憎むクズに落ちぶれなければ良い。今はそう思って生きている。

自分と同じ事を思っているのが自分だけではないと知らなかったらきっと私も一生煮込みうどんのままだったろう。

2016-07-17

超絶勝ち組カップル結婚式に出た

二人とも、勝ち組

超絶豪華な結婚式だった。

新郎大学一緒で、いい感じで一緒に勉強してたので、そういうつながりで出席した。

二人は趣味出会ったとのこと。

キレイな付き合い、きれいな結婚だった。

  

一方で、俺は客側。大学同級生なんかとグダグダ話していた。

俺も含めて全員医者だったんだけど。

どーも違和感があった。

違和感というか、俺の場違い感。

  

俺は、たぶんあと数年でここにいる人間と関わらないくらい落ちるだろう。

みんなは、堅実に人生を歩んでいる。

あいつは脱落したっていう話がチラっと出てきたが、俺もそっち側なのだ

  

たまたま、運がよくまだ自分はレールに乗れてるが、かなり怪しい。

  

そう、違和感の正体に気付いた。

「俺ってこの場に居ない確率のほうが高かったんだよなあ」ということ。

確率の低い事象を引いた違和感

  

一方で、新郎新婦が着実な人生を歩んでいる。どうやらどちらの両親も太いらしい。

マンガみたいな話だった。

このカップルって、たぶん数百カップルに1人レベルなんだろうなあと思った。

俺はおそらく性格的に他人との付き合い下手だから結婚しないだろうし(相手申し訳ない)。

そういう奴が、この場に居るというのになんだか淘汰されるべき奴が淘汰されてない気分、言葉にするなら劣等感の亜種を感じた。

  

しかし、いい経験だった。

プロ野球試合にベンチで出場した気分。

『こういう世界もあるんだな』と。

  

きれいに人生送っている人を見ると、あまり違和感にびっくりするんだよなあ。

整形した人への違和感に近いかな。

う~ん。どうやってああい人間関係、この結婚という事象が成立してるのかの不思議がやばかった。

  

俺も、イケメンに生まれたら違ったのかなあと思った。

結婚式二次会気持ち悪さ

あれなんのためにするの?

式は親族だけ→まあ分かる

友達にも祝ってもらいたい→まあ分かる

から時間会費8,000円とって二次会パーティしよう!→は?



大量の友人たちと関係者が集まり、マズイ飯とマズイ酒を味わいながら、よくわからんゲームに興じ、

新郎新婦写真をパシャパシャ



???

ああ言うの、結局『つきあい』なんだろうけど、なんか言語化しにくい気持ち悪さがあった

増田結婚式二次会行ったことある

あれみんなあんな感じなの?



今までに親しかった人から、お世話になった方、大学時代とかの友人達と7、8回行ったけど、

どれも全然楽しくなかったし、気持ち悪さと会費の分だけ軽くなった財布だけが残った感じ



結局、新郎新婦と一対一の付き合いじゃなく、新郎新婦参加者って付き合い方で、自分との関わりが薄いから余計にそう感じるんだろうか?

ものすごく気持ち悪さを感じたんだけど、あれを他の参加者は感じないんだろうか?

2016-07-15

結婚式に行ったんだが

食後の飲み物コーヒーだけしかなかった、コーヒー飲めない人の事考えてないのかよ

何百万も取ってそりゃねーわ

2016-07-14

http://anond.hatelabo.jp/20160714185549

最近気になるあの女子だって彼氏いるの?」って聞いたときには全力で否定してたのに、その半年後には結婚式の招待状送ってきたしな。

2016-07-09

スクールカーストとその将来

よく、学生時代はいじめられていたけど、大人になってからエリートになって、いじめっ子達を同窓会で見返してやった

かいストーリーがあるけど、実際はどうだろう

最近同窓会なんかに出て思うのは、少なくとも俺の周りでは、高校の時いわゆるスクールカーストの下位にいた奴らで、客観的に見て他人が羨むような人生を送っている奴は見たことがない

勉強ができて一流大学に行った奴も、リア充的なコミュ力に欠けるから一流企業には行けず二流企業まり

30過ぎて未だに結婚もしてないし彼女もいない

それくらいならまだマシで、ある程度のレベル進学校出身なのにニートフリーターになっている奴、実家寄生してやっと生活できているような奴がたくさんいる

その一方でスクールカースト上位の青春を謳歌していた奴らは、少々レベルの低い大学に行ったとしても、持ち前のコミュ力豊富就活ネタで名だたる大企業就職して、美人の奥さんとの結婚式写真とか、可愛い子ども写真Facebookに上げまくっている

もちろんFacebookなんていいことしか書かないし、彼らは彼らで悩みとか辛いこととかあるんだろうけど

どう見ても彼らの方がスクールカースト下位だった奴らより幸せそうな人生を送っている



希望のない内容になってしまったけど、中学高校王道青春を送れなかった人が、社会人王道コース幸せを求めるのは難しいから、自分なりの幸せを見つけるしかないんじゃないかと思う

2016-07-07

結婚式破産した

結婚する若者は全体では減ってると思うんだけど、たまたま最近身の回り連続して起こった。

毎月数万飛んで貯金がなくなった。

もうやめて俺の貯金文字通りゼロよ。まじでこの風習どうにかならんの。

2016-07-06

結婚式場半年バイトした俺が語る結婚式の余興ですべきでないこと

新婦友人の女性よ。西野カナトリセツ」を替え歌で歌うのはやめろ。

原曲歌詞にあるだろうに、「手紙が一番うれしいことよ」と。音痴な歌と下手な替え歌は内輪受けにすらならないことのほうが多いぞ。


新郎友人の男性よ。「Perfect Human」を歌うのは是非ともやめておけ。

「大地パッカーン」と歌ってる横で親戚一同はポッカーンだぞ。しかも下手。もっと練習しておけ。あと余興をやるなら酔っ払うほど酒を飲むな。

2016-06-30

女性向け同人における謝礼なし文化について

女性向け同人の)寄稿に対する謝礼について、少し思うことがあったので書いてみる。

女性向け同人において、

アンソロ寄稿とかゲスト寄稿の御礼って、本とノベルティ一般的って言うじゃないですか。

主催裁量でそこに菓子折りとか、金券の「謝礼」がつくみたいな。

でも赤字アンソロもあるし、謝礼はなきゃ絶対駄目! ってもんじゃない。

謝礼がなくて文句言うやつが逆に卑しい。謝礼目当てなら受けなきゃいい。

その風潮に、私は「え?」て思うんです。

原稿ってさ、時間と労力がかかるわけじゃないですか。

自分の本ために、その人の貴重な時間を割いてもらって、

ゲームやる時間とか本読む時間とか寝る時間とか削って描いて(書いて)もらうわけでしょ?

その人が個人誌に使える時間や労力を、自分が出す本のために貰うわけでしょ?

それで御礼しないの? マジ? って思うんです。

だって例えば、結婚式で受付したり、余興したりスピーチしたら、普通、謝礼もらいません?

私のために時間をとって準備してくれてありがとうって、貰うでしょ? 渡すでしょ?

あと、ドライブとかで誰かが車出してくれたら、ガソリン代は持つよ、とか

お茶代は出すね、とかそういうのあるでしょ。それと同じじゃありませんか?

赤字とか黒字とかそういうんじゃなくて、

自分のために時間割いてもらって、素晴らしい原稿を受け取っておいて、

何も御礼しない、本とノベルティだけって、私ならちょっと引きます

黒が出るから御礼、とかじゃなくない?

時間と労力をかけてもらったから御礼でしょ。

自分のために動いてくれたひとに、何かしたいと思わない?

そんなのお金が出て行く一方だ、そんなに余裕ないって言うなら、本出すのやめたほうがいい。

アンソロって別にさなきゃ死ぬもんじゃないし、

みんなが自分の本のために割いてくれた時間バイトしたら、謝礼くらい用意できるでしょ。

から謝礼なくて当たり前って風潮が嫌です。

2016-06-29

人と食事ができない。生きてける気がしない。


なんで人と仲良くなるのに食事マストなんだ。

人と一緒に食事するのが恐ろしく苦手な人間は、どうやって生きていけばいいんだ。


摂食障害になって10年、

以前に比べれば食への恐怖はだいぶ減ってきたけど

人と食事をするのが、こわい。


会食恐怖症というものとは、少し違う気もする。

10年間「まともな」食事をしてこなかった私にとって

自分が食べている姿は、人に見せちゃいけないおぞましいものである

という意識がある。

会食だとか、飲み会だとか、同僚とのランチとか、女子会とか、ホームパーティとか、結婚式とか

食事の機会があるたびにビビりまくって必死で行かない言い訳を探す。



断り続けるから、もちろん誘いは減っていく。

どんな孤独より人前で食べるほうがこわいから、ほっとする。

でもやっぱり、年々孤独もおそろしくなっていく。


人といっしょにごはんを食べる。

それはこの社会できわめて「善きこと」で

それが恐怖だなんて人間がいると、誰が想像するだろう。



誰かといっしょにごはんを食べて仲良くなる人生を過ごしたかった。

高校生とき、痩せてほめられたいって思ったことは、そんなにいけなかったのかなあ。

2016-06-26

http://anond.hatelabo.jp/20160626224953

釣りくせー

私が腐友に腐れ仲間数人と共に結婚式に招待された時にはお祝いの気持ちしかなかったな

招待されるぐらい仲良いからかもしれないけどな



釣りじゃないなら、今更言ってもしょうがないけど、彼氏いることを仄めかすかなんかした方が良かったのかも

その時点でイラッと来る人は離れてくだろうし

まあ旦那さんとの生活大事にな。結婚おめでとう

秋葉原には挙式がポイントサービスで出来る店があったんだ

http://anond.hatelabo.jp/20160625004729

2ヶ月に1、2回花嫁として結婚式に出席してる



これ見て思い出した

今はもう無いけどな

ポイントサービスメイドさんと疑似挙式出来る店があったんだ

モテ無いオッサン趣味で何度も可愛い子と挙式してるのは有りそう

http://anond.hatelabo.jp/20160625224643

上の増田では無いが、普通に結婚式をしたという事実必要な人も居るだろ?

奥さんなんて結婚式しか会わないわけで

親族だってほぼ会わなくても結婚式には出席する

仲が良くないと結婚式に出席しないとか無い

増田はスゲー若いのか?それとも結婚式にあまり出席しないのか?

2016-06-25

http://anond.hatelabo.jp/20160625202512

ん?ごめん言ってる意味ちょっとからなかった

結婚式必要に迫られてる人間」ってどういう人たちなんだろ?って流れだよ

から一応

プレッシャーかけてくる親族がいて擬似結婚式せざるを得ない

って事情想像してみたんだけど、それでも派遣花嫁なんていう手段じゃ解決しないよねってこと

ていうかこれ釣りしか見えないんだけど、誰も指摘しないか不安になってくるよ

http://anond.hatelabo.jp/20160625185656

横だが、フォト婚が有るのと結婚式必要に迫られている人間がいるのは何の関係もなかろ?

http://anond.hatelabo.jp/20160625183123

うーんそこまで疎遠ならなんでわざわざ呼び集めて式するんだろう

今は海外挙式カップル二人だけの式とかフォト婚も多いのに

結婚したことにして親族友人を騙したいならそっちのほうが簡単だよね?

結婚しろ、式も親族集めてやれとプレッシャーかけてくる親族がいて擬似結婚式せざるを得ないならまだ分かる

ただしそういう事情なら結婚後の付き合いも避けて通れないはずでさ

少なくとも花嫁派遣なら新婦側は全員派遣じゃないとおかしいのに

中には新婦側全員派遣という強者も居る。

って書き方おかしくない?

新婦側の両親、親族、友人全員いない結婚式なんて普通ないし

http://anond.hatelabo.jp/20160625004729

ごめん全然意味からないので誰か解説してほしい……

何のためにこんなことするの?

結婚式くらい擬似でも体験させてやりたいってこと?

少ないけど招待客がいるならご祝儀やお祝品ももらうの?

http://anond.hatelabo.jp/20160625004729

俺も綺麗な女と結婚式できるならしてみたい

結婚式気分だけ味わってみる遊びをしてみたいと言うのはわかる

代行サービス

結婚式に人が集められなくて代行…っていうのは、さもありなんと思って増田を読んでいたけれど、最近の代行はなんだかすごいね^^;

http://family-romance.com/

父親代行

バツイチで実の父親とは絶縁状態

夫を説得してほしい。

恋人への紹介など。4時間20,000円

恋人彼氏彼女)代行

イケメン彼氏可愛い彼女がほしい。

両親に恋人を紹介することになった。

友達カップルと遊ぶ。3時間15,000円

夫婦代行

子供のために入学式卒業式学校面接など。今の社会には形だけの夫婦必要時代です。3時間20,000円

新婦以外全員偽物の結婚式

むかし勤めていた、結婚式代理出席会社の最大の案件



結婚相手に恵まれなかった女性のたっての依頼で、理想の結婚式・披露宴を実現したいという。

そうはいっても相手がいない

新郎代理出席で賄いたい

→そうすると新郎側の出席者も必要だ、これも代理出席を頼もう

新婦役のリアルの知り合いや家族を呼んでウソをつくことはしたくない、かといって、事情をを知り合いや家族に知られるのはもっとイヤ

新婦側も代理出席で。

というわけで、代理出席会社から新郎、両家の家族・友人・同僚・上司すべてが代理出席。

新婦以外全員偽物の結婚式披露宴が行われたのだった。

出席者はさすがに全員プロである

学生時代の思い出話をまじえた友人スピーチ、退屈だが愛のある来賓言葉、両親への感謝手紙、と全てが滞りなく行われた。

式場側には、事情を知らせていなかったようだが、きっと、式場スタッフは、本物の結婚式披露宴だと勘違いしていただろう。



全体でどれくらいの費用がかかったのかは分からない。

代理出席一人だけでもそれなりにお金はかかる。

総額ではかなりの金額になったのは想像にかたくない。

それでも、それだけのお金を払う価値があのお客様にはあったのだと思う。

終盤では、新婦が涙を見せる場面もあったが、あれは一体どういう涙だったんだろうか。



同業の増田をみて、ふと思い出した話。

競馬10万勝った

だが、8回分の結婚式祝儀24万円を取り戻すまで

俺の戦いは続く

http://anond.hatelabo.jp/20160625015940

結婚式をしないことを選択する理由としては

ということが挙げられる。

から結婚式をしてない夫婦離婚が多いのは結婚式をしないことが理由じゃなくて金も身分もないことが理由だと思う。

統計学でいう「擬似相関」というやつ。

結婚式をしない夫婦離婚が多いという相関関係事実だとしても、結婚式をしないことが離婚へ繋がるという因果関係を示しているわけではない。

相関関係を示して因果関係があるかのように誤解させるのは広告ではよく用いられるというか、言ってる方もよく理解してないんじゃないかと思う。

統計学では「相関は因果ではない」ってのは最初に学ぶことなんだけど、そういう現実的応用はあんまり学校で教えてない気がする。

結婚式はしたけど披露宴はしてない

知人みんな「式くらい挙げなよ」って言うけど、式は挙げたんだけどな。

俺はカトリック相手無宗教だけど)だし、お世話になってる神父の前で神様永遠の愛を誓ったんだが。

式には親族関係者のみの出席でささやかにやったよ。

披露宴しない分、新婚旅行は両家の両親と俺らの6人で海外旅行したんだ。ベタハワイだったけど楽しかったな。



結婚披露宴結婚式って考えってどうよ。

ナシ婚離婚多い」って、ブライダル関係者ネガキャン、怖い怖い。