「永久歯」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 永久歯とは

2024-06-12

マジで期待してるんだよね歯生え薬

歯の再生医療については、そのうち実現する実現するって言われている割に一向に具体的な話を聞かず

自分が生きているうちにはもう無理かと思っていたけれど。

以前から噂だけはあった歯生え薬、

とうとう今年中に治験開始って事で、実現の目が見えてきたのが本当に嬉しい

とにかく歯についてはちゃん歯磨きしろとかフロス使えとか定期検診受けろとか、そればっかりが言われてきた

まれつき歯がない、先天性無歯症の人の存在無視されている。

生活習慣病一般に対する自己責任論はそれなりに批判されても、歯については当然のようで自己責任論で語る人が多すぎるんだよ。

自分は30過ぎて初めて、奥歯の一本が乳歯ですと言われ、本当に心の底から絶望した

まれつきないものはないの、どうにもならないの。

努力だけじゃ歯の健康はどうにもならない事を理解してほしい

歯科医としての夢」欠如歯が再生する“歯生え薬”の治験9月に開始…虫歯で失った歯にも応用できるか聞いた

https://news.yahoo.co.jp/articles/b723982bffff20a202b3e02a12053d9ab7b8c3d6

北野病院高橋克・歯科口腔外科主任部長によると、先天性無歯症全体では発症率が全人口の1%と言われているため、日本には患者が120万人いると推計している。

幼少期から歯が欠如しているとオーラルフレイル(歯・口腔の虚弱)となり、成長期の長期にわたり生活に支障をきたすという。

今回治験を進める“歯生え薬”とは、永久歯や第3生歯などの歯の芽(歯の原器)に作用し、歯を再生することができるものだという。

2024-05-19

歯列矯正マナーとか軽々しく言うな

出っ歯かつ下顎がちゃ歯の成人です。

真剣に調べてお金貯めてカウンセリングも行って、最終的に矯正はしないと決めた。

 

観測範囲の偏りかもだけど、最近歯列矯正マナーみたいな書き込みを見かける。

歯並び悪いと印象悪いのになんで矯正しないの?とか簡単に言わないでほしい。

高額なのは前提だけど、生まれついた骨動かして再固定するんだからノーリスクなわけない。

 

矯正デメリットはそれなりにある

大人矯正費用の目安は100万円~。そんなに歯並び悪くないとかならもっと安いだろうけど、悪めなら最低これくらいかかる。100万だよ。簡単に出せる額じゃないよ。お金ないし、幼少期に保護者に金出してもらえなかったからって、マナーがなってないってことになるのか?あんまりだ。

  • 抜歯が必要なケースが多い

出っ歯は抜歯するしかない。引っ込めるスペースがないんだから抜くしかない。場合によるけどがちゃ歯もそう。

軽度なら歯の間を削る方法もあるけど、印象悪いレベルで並びが悪いなら抜歯しかない。なお歯間を削るのだってエナメル質を多少犠牲にする。

本来抜歯は歯科治療における最終手段であり、完全に不可逆の措置だ。矯正では虫歯でもない使える歯を2~4本抜く。

生涯にかかわる決断だ。「永久歯より印象の向上を選ぶのがマナー」なんて健全じゃない。

矯正で歯の根が短くなることがある。歯根吸収という。誰でも起きうるが、歯の移動が大きいほど負担がかかると言われている。歯根吸収の程度は個人差も大きく、極端な問題になる可能性は低いが、歯周病や、歯の寿命を気にしている人にとっては全く軽視できない。

矯正期間はおおむね1~2年。その後の保定にも2〜3年程度。保定期間が終わっても後戻りを防ぐため、就寝時などは保定器具をつけるよう勧められる。

 

矯正期間は痛みもある。抜歯の場合はワイヤーになるが虫歯になりやすいので、メンテナンスの労力も高い。矯正期間も保定期間もクリニックに通う必要がある。3年以上かかる身体改造を気軽に勧めるものじゃない。

矯正メリットももちろんある

ただ、見た目以外のメリットは、永久歯抜いて歯根吸収のリスクもあって、矯正終わるまで口内ケアが大変なことを踏まえる必要があると思う。

私も矯正専門認定から、歯の健康だけを考えるなら、矯正はしないで口内ケアを頑張る方がよいと言われた。

 

もちろんケースバイケースだと思う。

矯正して歯の寿命や口内環境メリットが大きい人もいるはず。

医師とよく相談して、慎重に検討して決断してほしい。

でも決してマナーなんて風潮で推奨されていいものじゃない。

蛇足

自覚してるしめちゃくちゃコンプレックスだよ。でもこれが私の歯なんだよ。

子どもとき矯正してくれなかったとかで親を恨みたくないよ。一生懸命折り合って生きてるよ。

矯正の次はホワイトニングマナーになんの?

あれだってまれつきエナメル質の厚さに個人差あってのものだし、知覚過敏のリスクもある。

そのうち顔面整形とか身長延伸とか植毛もマナーになるん?

憧れも理想もいいけど、マナーっていうの止めようよ。そういう方向にいってほしくないよ。

2024-05-13

実家の近所に住むじいさんを車に乗せて買い物に連れて行った三日後

そのじいさんが亡くなった。

昨年に父が亡くなり、私の実家は車を処分したので、実家帰省するときレンタカーを予約する。この連休もそうした。

安いので、地元自動車修理工場フランチャイズでやっているインディーズレンタカーにしてみたら、受付してくれた事務の親切な女性は、レンタカー約款を読み上げる間中修理工場から爆音で流れてくる演歌のUSENに向かって突然「ああうるさいっ!」とブチぎれ、「あなたもうるさいと思うでしょう!?」と私に同意を求め、同僚に修理工場につながるドアを閉めさせると、「最後に乗っていたのは平成15年式のBb(みんなの地元DQNがよく乗ってたやつ)です。令和になってもまだ乗ってました」というある意味SDGsでは? みたいなことを平気で言う私に、令和2年式フィットハイブリッドという、まさに隔世の感というほかない車の操作方法をとても丁寧におしえてくれた。

そんな調子で車を借りて帰ったところ、母に、「同じ町内会のじいさんと私を、車に乗せて買い物に連れて行ってほしい」と頼まれた。

正直、ちょっと嫌だった。母はよく知っている人に違いないだろうが、私はそのじいさんをほとんど知らない。まさにあいさつ程度のイチゲンじいさんであり、むこうも私を同じように思っているだろう。そのイチゲンじいさんを車に乗せて買い物に行く…気が重い。万一大事故になったらどうしよう、面倒だなあとか、そもそも知らない人が苦手…などと種々のことが頭をよぎったが仕方がない。年齢的にも立場的にもそんな子どもじみたことは言ってられないので、私は母の申し出を受け入れ、じいさんと母を買い物に連れて行った。母には一瞬「ええ…」みたいな顔をしてしまったが、じいさんの前では全力の快諾顔を心がけた。

実家所属する町内会は、会の中でまた数ブロックにわかれているらしいが、母らのブロックだけ会費が余りがちのため、いちど寄合(=飲み会)でぱっと使おうということになったそうだ。じいさんはブロック会計掛で、だから買い出しにゆくとのこと。90代のじいさんが町内会の財布のひもを握る、これが種々の法律目的条文に言うところの「少子高齢化の進展」ってやつだなと思った。なお、飲み会の予定は明日とのこと。何もかも急だ。

母とじいさんは、かごいっぱいに酒やつまみを入れた後になって、急に予算に収まるか心配しだし、その場で減らそうとするので、「レジ通して予算越えた時点で減らしてもらったらいいですよ」と私は横から口を出した。買い物は予算ぎりぎりにおさまっており、母は、じいさんのことを「さすが!」と謎にほめ、じいさんもまんざらでもなさそうだった。

じいさんは先述の通り90代、母は70代なので、畢竟ひとり30代の私が荷をせかせかとトランクに積み、これで一安心と思いきや、ついでに寿司の予約にも連れて行ってほしいというリクエストが出た。一瞬「マジか…」と思ったが、乗り掛かった舟というかもうすでに乗っている船なので、ニコニコ笑って「いきましょう!」とうけおい、ナビに寿司屋の住所を設定して寿司屋に向かう、その道々、寄合公民館ではなくじいさんの自宅でやることになっているという話になった。

じいさんは、「もう暑いから、たくさん人が入るとエアコンを入れないといけないかもしれない」と言い、私は「電気代とショバ代として、今日買った酒の数本くらいご自身晩酌にされても罰は当たらないと思いますよ。余っても最後みんなで分けちゃうんでしょうから今日先に飲まれたらいかがです? あ、私は絶対誰にも言いません」と真顔ですすめ、それをきいた母は助手席で、じいさんは後部座席で笑っていた。

寿司の予約がすんで車にもどったところで、私はじいさんに「ほかに寄りたいところはないですか?」ときいた。じいさんが大丈夫というので、家まで送っていき、大量の酒を玄関通り越して冷蔵庫の中までわっせわっせと運び込み、私はようやくそこでお役御免となった。

じいさんの家の下駄箱の上には「努力」と彫られた大きな飾り駒があった。それは木工をしていたじいさんが昔手ずから彫った工芸品だそうで、「努力」と書いた将棋の駒というまんがみたいな一品を掘れる人がこんなに近くにいることに、私はいたく感じ入ってしまった。マクロ組めるより努力って掘れるほうがぜんぜんいいな。

そしてその三日後、飲み会から数えれば二日後に、じいさんは亡くなった。布団の中で亡くなっていた。連絡がとれないことを案じた親戚がすぐにかけつけ、発見ははやかった。

その日にはもう私は実家から婚家に戻っていた。母から送られてきたLINEでじいさんの突然の訃報を知らされ、文字通りの突然の訃報ぶりにひどく衝撃を受けたが、母はLINEに「まあ~おとしにふそくはないでしょう」(原文ママ)とも書いて寄越し、その意外なドライっぷりにはちょっと笑ってしまった。

そうして私は、じいさんを買い物につれていくことを快諾し、道中ずっとにこにこして、精一杯ふたりを手伝ったことを、本当によかった…と思った。じいさんのために、というか、自分精神衛生のために、よかった。すげなくした直後に死なれたら、すげなくしたという自己責任良心の呵責と言い換えてもいいかも)を背負いきれない程度にはショックだったと思う。

それに、連休のよく晴れた日に、ちょっと妙な三人組ででかけたその買い物、なんだか私には結局楽しく思われたから。

死ぬということが、生きるということから決して遠くはなれてはいないように、死んでしまった人たちもまたそうである、と私は思う。つかずはなれず、なんとなく私の歩様にあわせて、今も隣を歩んでいるように思う。

最初に私をかわいがってくれた人を亡くしたのはまだ私が赤ちゃんの頃、母の親友のお母さん。とても愉快な人で、父との結婚を迷っていた母に、「母(はは)ちゃん、馬には乗ってみよ、人にはそうてみよ、よ」とはげました。そのうちこの世にやってきた私は、母以外の人に抱っこされると、せっかくやってきたこの世の終わりのように泣き叫ぶタイプの赤子だったのに、その母の親友のお母さんにだけはごく機嫌よく抱かれていた。そういう写真が残っている。私は、物心もつかないうちに、おしゃべりもできないうちにお別れした、母に伝えきいただけで自分では何にも覚えていない彼女のことを、いつもお守りみたいに心の中に持っている。赤ちゃんだった私に向けられたその無償の厚意を、つらいときの糧にしているようなところが今もある。

最初友達を亡くしたのは小学一年のころ、友達は前歯が抜けていて、永久歯が生えてくる前にいってしまった。その子のお母さんは今になっても私に会うと、生きてたらあの子もこんなふうだったのかと思うという。私の節目、節目に、そう思うという。そのとき友達わたしの隣にいないという人はきっといない。

父親は私のことが大好きだった。父と母と私の三人で、あるいは父と二人で、父の運転する車でいろいろなところに出かけた。ときには父にさそわれて、その仕事についても行き、こんなに大きな娘さんがいるのと客先に驚かれ、父はにこにこしていた。

父は死ぬ間際までほそぼそと仕事を続け、わたしは彼が亡くなる直前にアポをとっていた客先の数件に、父が亡くなったことを知らせる電話をかけた。はじめて話をした先方は、私が電話をかけてきたことによほど驚き、父が亡くなったとの知らせにしばし絶句した後、あなたのことを先生はいつも自慢そうにしていたと言い、最後には先生がいなくなったら誰を頼みにしたらいいか、本当にお世話になりました、と泣き出した。私は、涙する相手に、○○さんのおかげでほんとうに最後最後まで誰かの役に立たせてもらって、惜しんでまでもらえて、父はとても誇らしく、ありがたく思っていると思います、と言うしかなかった。でも父は、実のところ、そんなに殊勝な人間でもない上、けっこう変わってるよなというレベルでこだわりの少ない人でもあった。

父が亡くなる直前までLINEをやりとりしていた人たちに、そのままLINEで父の逝去を伝えようとしたのだが、父はLINEトークをある程度の期間が経つとかならず全削除するという、こだわりのなさを通り越して、ややサイコパスのような一面をもっていた。

亡くなるひと月ほど前、父は、免許を返納することにしたというLINEわたしに送ってきた。車というもの私たちの思い出の多くを占めており、驚いた私が父に電話をかけると、「薄暮時間帯に信号の見落としをした。今まで一回もそんなことはなかったんだから、もう潮時だと思った」と淡々と父は言った。あれだけ運転が大得意で、大好きで、アイデンティティの大部分をしめていたように見えたのに、引き際を悟ればもうしがみつない。その、ものに拘らない姿勢に私はいたく胸を打たれたし、これができない老人が多い以上、今もって、父の最も尊敬すべき美点の一つだとおもう。

ただ、電話を切ったあと、今までいろいろなところに連れて行ってくれて、たくさんの送り迎えをしてくれて本当にありがとう、と万感の思いをこめて送ったLINEも、父が、入院後(退院してくることはなかった)母とかわしあった感謝の思いを伝え合うLINEも、亡くなった時には父はすべて消しており、それを見て、私も母もあまりの父らしさに爆笑した。

(ついでに、父が亡くなる前々日まで、もはや執念のトークの削除を行っていたので、トークルームのどのあたりの人たちにまで逝去を伝えるトークを送るべきか見当もつかず、非常に頭を悩ませることになった)

そんな感じの人だったので、この世におおよそ未練というものがあったとは到底思えない。退院の手筈を整え始めていた日の深夜の3時過ぎという、家族がやや油断している上に一番身動きしづらい、マジでどうしようもない時間にいきなり息を引き取ったため、父の死に目にあえなかった母。父の逝去からしばらくして、急に「お父さん、最後に私に言いたかたことなかったんやろか」としんみり言い出したので、私は反射的にげらげら笑って「あるわけないやん」と言ってしまった。死ぬ間際まで律義にLINE全削除を続けた男にそんな情緒があるとはちょっと思えなかったのだ。母もすぐにげらげら笑いだし「そうやね」と言った。

こんなふうに父のことを思い出しているとき、私はやっぱり父がすぐ側にいるように思う、フロアシフトを挟んだスカイラインの、運転席と助手席くらいの距離のところに。

まれから今日にいたるまで、誰かの死はいつでもそばにありつづけた。だから死んでしまった人たちも、同じようにいつでもそばにいるように思う。

生きてとなりにいる人のように声をかければ答えるわけではない、電話をかければ出てくれるわけでもない。そうだったとしても、生きている人とはほんの少しちがう居方で、それでもわたしのとなりにいてくれているのではないか、と、わたしはいつも信じる。

じいさんは、私が買い物に連れて行った翌日の飲み会の日、つまり亡くなる三日前、近所に住むばあさんに、私のことを「車に乗せて買い物に連れて行ってくれた。あの子はとてもいい子だ」と言ったそうだ。

それを近所のばあさんから母は伝えきき、今度はわたしにそれを教えてくれた。じいさんがそう言ってくれたから、近所のばあさんは私に「会ってみたい」と言っているらしい。

ありがとうじいさん。よくわかんないけどばあさんも、私に会いたいと思ってくれてありがとう。会おう。

私は今、私に会いたいと思ってくれる人がいるなら、その人にとても会いたい。だから、次の帰省ときには、私は近所のばあさんに顔を見せに行くつもりでいる。

私の目にうつり、私が今生きている世界は、そのときには隣に、近所のじいさんがどうしたっていてくれる、そういう世界だ。

2024-04-29

anond:20240429092619

1950年代後半生まれ自分の母は、口腔ケアには無頓着だったしそれは80年代まれ自分に対しても同様だった

そのため今ガッツリ負の遺産を背負わされており悔しい

 

の子ならみんなやってる歯科の定期診断どころか、歯が痛いと訴えても「疲れてるせいでしょ」決めつけられ歯科に行かせてもらえない

歯の磨き方を教えてもらえず、歯ブラシ渡されるだけ、毛先が開ききったのを使わされ続ける

歯並びは良いとは言えず、歯によくものが挟まるため、デンタルフロスを欲しがるも買ってもらえない

学校から「う歯」の通知が来た時だけ歯科に行けるが、母の決めた近所ではヤブとされてるところ以外には行けないし嫌な顔される

  

さぞ貧しく医療知識のない家なんだなって思うじゃん?

ところが父は年収で言えば上位1パーセントで誰もが知ってる医療企業勤め、母もそこの正社員だったのが結婚で辞めた人だった

ただし父は子供健康管理は母がやるべきだと思っててノータッチだった

この環境自分10代で永久歯失って入れ歯になってるし、被せ物や詰物ない歯なんてほとんどない、臼歯は全て終わってる

親がこれで、自分もこの環境のせいで深刻性を理解していなかったので、取り返しがつかないことになっている

 

増田のいう、裕福だとか良家なのに歯が終わってる50代以降の人にもこういう人達がいるんじゃないかな?

個人的な(鈍い)肌感覚では、過去歯列矯正は「すごい出っ歯」とかの、見た目に"不快感"がある人がするものという意識審美的?)が強く、噛み合わせなど健康面にフォーカスされるのは2000年代くらいからのように思う

2024-02-10

永久歯が25本しかない

自分の今生えている歯を改めて数えてみたら、25本しかなかった。

まず、中学生とき矯正で3本抜いた。(口が小さいのに歯が大きくて、歯の納まる面積が足りなかったため)

その後に上の親知らずを2本抜いた。

下の親知らず2本は、真横になって歯茎の下に潜っているのであえて何もしていない。

幸い虫歯はないので、この25本を大事にしていかないとな…と思う。

2023-12-26

anond:20231223045239

元増田気持ち、めちゃくちゃ分かる

自分も何度も同じことを思った

  • むし歯菌や歯周病菌を殺菌できるようになって、歯を磨かなくても良くなればいいのに
  • 永久歯が何度も生えてくればいいのに

とかね

でも今はもう諦めた

歯に関する知識を学んで、やるべきことをやる方向に切り替えた

なるべくそういう方向に気持ちを持っていくようにしたよ

歯磨きは、生きてる以上はやらなきゃいけないことの一つ

風呂に入ったり、洗濯したりすることと同じことだという諦念

2023-10-19

anond:20231019070017

歯科矯正永久歯に生え変わるときから親知らずが出るまでの長い期間やる重めの習い事みたいなものなんだけれど、その時間メンテナンスを創出できるってことなんだろうな。

そもそもUSとかだと歯医者に行けるレベル健康保険がついているのが福利厚生ちゃんとしている会社の証って感じがする。

そういう意味で言えば、歯科矯正との相関というより、家が裕福かとの相関で、アメリカンドリームなんて噓っぱちということの実証なんじゃないかな。

2023-09-08

歯の生える新薬記事

間違って変なところに塗ったらそこから歯がメキメキ生えてくるグロ想像したけど、記事を読んだら乳歯、永久歯以外にも歯の芽があってそれに働きかける仕組みらしい。

適当な皮膚に塗っても生えてくるわけじゃなさそうだ。

2023-07-30

anond:20230729201238

いくら偉くなっても自然には歯は生えない。

今ある永久歯を失わないように大切にしよう。

2023-05-08

anond:20230508171101

永久歯先天性欠如歯は、10人に1人の割合で見つかるから

ほんとに多いんだよ。

2022-09-02

歯科検診じゃなくて歯石取りを無償化しろ

https://financial-field.com/living/entry-147826

ここでは未成年者の虫歯が減った事に対して

歯科検診が実施されている幼児高校生までの学生に対しての結果として、乳歯のむし歯の減少や軽症化、20歳頃までの永久歯の1人平均むし歯数の減少傾向などがあります。」

とか書かれているけれど、違えだろと。

子供虫歯が減った本当の原因は、虫歯感染症であり乳幼児期に親などの家族から移しさえしなければその後はどんなに歯磨きを怠ろうともけして虫歯にはならないという知識国民に知れ渡り

親が子供へのキス食器の共用を避けて虫歯菌を感染させない努力をするようになったからだよ

歯医者歯科衛生士は自分達の食い扶持を守るためにこの有用情報国民に広めようとはせず、上記有用知識ネットによって広まった

子供虫歯の減少に歯科検診は無関係。寧ろ歯科検診によって本来ならば放置したら自然に治る可能性のある初期虫歯を見つけて無理に削って二次カリエス危険を高めているとすらいえる。

そして大人虫歯においてすら、歯科検診の無償化なんて何の意味もないんだよねえ

大人虫歯歯周病の予防のためには自宅での歯磨きだけでは足りず、歯科医院での定期的なクリーニングが欠かせず

そのためには歯石取りを無償化した方がいいに決まっているし

もう虫歯になってしまった大人に対して必要なのはインプラント歯列矯正保険適用再生医療の実現であって、歯科検診「だけ」無償化されたところで何の意味もないどころか有害だと思う

2022-03-11

anond:20220311124302

こういう記事書くとすぐヘイトスピーチが飛んでくると思ったら案の定

障害特性のせいで暴力を振るってしまうのは仕方ないんだから障害が無い人間がやり返すのは単なる一方的暴力

そんな事もわからないのか?

実際自分同級生上級生に殴り返された事あるけどそれでも収まらないんだから仕方ない。

一回小学生の時殴った上級生にボコボコにされた事あったからその上級生が教室に来た時にいきなり顔に向かって鉛筆削り投げてやったら永久歯が折れてレレレのおじさんみたいになって大爆笑したの今でも覚えてるよ。

そいつギャン泣きしてた、きっと俺を殴ったの後悔してるだろうなw

あの顔じゃ一生イジられて彼女も出来ないだろうなー、可哀想w

ってかヘイトスピーチ禁止条例法律にしてネットにも適用してこういうの逮捕できるようにしないといけないな。

2021-12-11

https://anond.hatelabo.jp/20211210142136

自分は先天性永久歯欠損で、どんなに歯磨きを頑張ったところで生まれつき歯が生えてこないって時点で増田より遥かに不幸だと思うんだけど、

それを何度か書いててもこんなに沢山反応ももらえないしブクマもつかなかったんだよね

日本歯科医制度根本的な問題とか、インプラントへの保険適用の拡大を進めろとか、何度も書いてきたのに全然注目されなかった

でも男の言う事だとこうやって聞いてもらえるんだね。

こうやって自分は不幸だ女は恵まれているって喚くだけの、女を攻撃する何の発展性のない意見でも尊重され、聞いて貰える。

それがまさに男性特権だよ。

世の中の人間は「女の話を聞かない」、本当に驚くくらい。

https://anond.hatelabo.jp/20211210142136

子供の頃から歯磨きを欠かさずしていても先天性永久歯欠損で歯がない自分からしたら、

単なる怠慢さえなければ歯を失わなかったであろう増田境遇は十分に羨ましいわ。

2021-09-20

ここが欠陥だよ人間

・喋るところと食べるところと呼吸するところを共有しており、冗長性がなく、感染症に対する脆弱性を有する。

永久歯は一度しか生えず、また綺麗に並んで生え揃うことはほぼない。設計思想運用双方に難がある。

・二つ以上ある内臓と、一つしか内蔵が内蔵されており、冗長性がない。

内臓の多くは神経を有しておらず、疾患に対する検出性が悪い。また膵臓アクセスが悪く、メンテナンス性も悪い。

親知らず盲腸など、ほぼ機能しない内臓がいくつか残っており、リソース無駄いである。

 

他には?

2021-09-17

ガチャどうこう言われてるの見て思ったんだけど先天性の疾患とか遺伝系が関係ある病気あるやつって親恨んだりしないの?

ガン家系とかアレルギーとかアトピーとか糖尿とかハゲとかブスその他色々

自分は生きてく上でそこまで問題ない程度(永久歯が数本ないのとブス)だけど健康に産めなかったハズレゴミ親って恨んでるし食品アレルギーとかだったら親いくら憎んでも足りないんじゃない?

2021-08-21

anond:20210514215806

自分の昔増田読み返してて、何気なくいたこれに反響が多くて驚いた。

なんの拍子にこれを思ったか覚えてないのが残念。

分かる系のブコメがあって意外だったのと、永久歯も頭にぎっしりですよコメ見てゾワっとしました。

2021-07-31

歯ブラシが一生広がらない

20数年毎日歯ブラシ使ってるけど、毛先が広がったことがないのが気になっている

タイミングで買い換える家族歯ブラシは1ヶ月もすれば毛先がバッサバサに広がるのに、自分歯ブラシは下ろした時と変わらないままのように見える…

自分の歯の磨き方が下手なのかと実は10年以上気にしてる

でも永久歯になってから歯医者にかかったことないんだよなあ

2021-06-28

歯は設計不良品

・スペースに対して生えてくる歯の数が多すぎる

  特に親知らず20年ほど経って一番奥に生えてくるって、それバックアップにもならないから。

永久歯は一度生えると2度と生え変わらない

  冗長性がなさすぎる。サメを見習って欲しい。

虫歯歯周病に対する脆弱性

  毎日数回熱心に歯磨きするだけでは予防しきれず、高度専門家による定期的な予防保全必須である

 

まとめると歯はリコールものである

2021-03-26

健康な歯を維持する難易度が高すぎる

永久歯が生えてくるのって、小学生低学年の頃からだろ?

ある程度の大人になってからならともかく、そんなクソガキに歯の重要性なんて分かるはずもなく、

そこから虫歯ゼロを維持するのって難易度高すぎでしょ。よっぽど親の意識が高くないと無理だよね。

しかも、歯医者って当たり外れがかなりあるから子供の頃にヤブ歯医者治療されてたりしたら最悪。

(でも歯医者選びは大人になってからでも重要で、おちおち気軽に歯医者に行くことはできない)

大人になってうわ!歯って大事!歯を大切にしよう!って思った頃には既に詰め物が、銀歯が、って状態

あー、つら。

2021-03-13

給食皿うどん 麺揚げすぎで児童ら7人の歯が欠けるというニュース

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20210313/k10012913091000.html

このニュースについてるブクマ米で、被害者を笑いものにするようなコメントが多いのが信じられない。

だって歯だよ?失われたら二度と戻らないんだよ?

失明や指切断のような深刻な話なのに、どういう神経してたら笑えるんだ…?

そりゃ生徒は乳歯の可能性もあるが、全員が乳歯とは限らないし教職員はどう考えても永久歯でしょ?

それ以外の場面でも入れ歯の人を笑いものにしていいような風潮があるし

身体の一部であり失われたら二度と戻らないのに、歯の問題って軽視されすぎてない?

髪の毛でもそういう風潮はあるけれど、それでもまだ「ハゲ差別するな」と言える空気はある。

歯に関してはそういう反論すらなく一方的に笑われるばかり。本当に最悪だ。

2021-02-13

歯医者が怖いのは痛いからじゃない

歯科恐怖症というのが認知されているらしく、検索してみたが、書かれている事に違和感しかなかった

歯医者が怖い理由は痛いからでもなければ、キーンという音のせいでもないでしょう~

いや、多少はあるかもしれないけれどそれらは本質的な事ではない

歯医者が怖いのは、虫歯を削ったらもう戻らない事、歯医者での「治療」を続ければ歯は減って悪くなる一方でいずれは抜く羽目になる事。

そして抜いた永久歯はもう生えてこない事。さらに抜いた後には入れ歯という原始的で不便な手段や隣の健康な歯を削るブリッジ、おそろしく高額なインプラントという手段しかない事。

要は不可逆的だから怖いんだよ

虫歯骨折のように、いずれはくっついて治るものならばこんなに歯医者は怖くない。

歯を抜いてもまた生えてくるならば全く怖くはない

再生医療さえ実用化されれば問題ない、いやそれが無理ならせめて削らないブリッジや外さなくて済む入れ歯安価インプラントを普及させてくれよ

歯科恐怖症のページってそういう根本的な部分への配慮というものがない

2021-02-06

水道水ロリデーション

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/teeth/h-02-010.html

「その後、水道水ロリデーションは、米国内はもとよりオーストラリアブラジル香港アイルランドマレーシアニュージーランドシンガポール英国など多くの国々や地域に導入されるようになりました。世界的にみると3億7,000万人が水道水ロリデーションから利益を受けていると見積もられています

また世界23カ国から集められた永久歯むし歯の予防効果86編)、および乳歯むし歯の予防効果(66編)に関する報告を収集し総括してみますと、国の違い・民族の違い・生活様式の違い、さらにむし歯有病状況の違いがあるにもかかわらず、現状のむし歯有病状況を半分以下にするという効果確認されています。むし歯の健康格差をフロリデーションが減らすということも分かっています。」


日本でもやって欲しい…

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん