「政治宣伝」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 政治宣伝とは

2017-08-18

https://anond.hatelabo.jp/20170818111809

町山さんは、あんなにヤマモトイチロウ(実際ウソが多い人だとは思う)にはしつこいくら粘着しているのに、イワカミヤスミには「師匠」とか言ってスルーしまくりなので、非常に『政治的』な人なんだなぁ…という幻滅しかない。今はつまらない政治宣伝オジサン

2017-06-06

http://anond.hatelabo.jp/20170606154402

同感。

まらないと思う。はてブなら非表示対応出来るが、増田は病的な粘着アピールも、政治宣伝もやり放題でミュートできない。

2017-02-15

[][]北朝鮮の揺るぎないバッドエンド感

http://lineblog.me/yamamotoichiro/

暗殺の発生は(仮に北朝鮮が関与しているのなら)金正恩個人がとち狂っていることによるもの(であって、北朝鮮朝鮮人のものおかしいからではない)」という結論に向けて、微妙認識をずらしている、巧妙な記事。この人の記事は、他のも含め、特定ジャンルに限って結論ありきの論調ゴリ押しする物が少なくない

> 何より、現在まことしやかに流れていますが、金正男さんの後ろ盾中国で、現独裁者金正恩さんの体制に介入して打倒後、正男さんを支配者に立てるつもりがあったのではないか、という風聞があります
> もちろん、事実関係はそのような後ろ盾による保護などなかったからこそ、正男さんの行動が割れ空港という公共の場で殺されてしまったことになるわけですが。

大体暗殺なんて、起きる時には衆人環視の前で堂々と行われる事は、ケネディ大統領暗殺然り、先日のロシア大使暗殺然りなわけで

またSPがこれ見よがしに警護をしていたという事はないようだが、私服のSPが密かに警備しているような事すら無かったかまでは、現状のソースでははっきりと断言は難しい

少なくとも公共の場で堂々と殺された事は、彼を中国が軽視や無視していた事に直接結びけるような物では無い。


また、中国が彼を保護した事は、(信憑性には多少疑問があるが)

金正男氏は北京中国政府保護下に」、韓国・聨合ニュース

http://www.afpbb.com/articles/-/2847568?pid=8232595

こう、数年前に記事にもなっており、韓国情報機関国家情報院(国情院)は本日2/15日、「中国が(北朝鮮の)金正男氏の身辺を保護していた」と明らかにもしている

にもかかわらず、「中国が(政治カードとして)彼を保護下においている」という、右左問わず一般的に広まっている観測を、「政治宣伝世界」とまるで陰謀論のように語る彼の見識はいかほどの物だろうと

2016-07-11

http://anond.hatelabo.jp/20160710111947

学校先生のいう事には共感せず強い反感を覚える生徒が多いので、露骨政治宣伝なんかしだしたらかえって支持を減らすんじゃないだろうか?

2014-08-27

慰安婦問題朝日新聞は何を検証すべきだったのか

だそうだ。

http://www.huffingtonpost.jp/kan-kimura/comfort-women-asahi-shimbun_b_5713083.html

朝日の「検証記事」は「優等生不器用言い訳」めいているそうだが、

この記事自体も「優等生不器用言い訳」ではなかろうか。

この記事を信じるなら、朝日新聞読者の立場から見た植村記事は、外国韓国)で流布されている日本国日本国民にとって不名誉で根拠薄弱な噂話を、現地紙で反論するどころか、それに迎合し十分な検討なしに大手有力紙が大々的に掲載した。そういうことでしかなくなる。

この時点で、十分にスキャンダラス捏造事件と呼ばざるを得ない。

以下、私が気になった点を列挙する。

  1. この記事によれば、つまるところ、韓国社会にはもとから吉田証言大同小異の風説が横行していたことになる。(「<内容の一致度を考えても>、朝日新聞報道が<韓国>のメディア社会に与えた影響を、過大評価するのは禁物」)
  2. 「■吉田清治氏の証言」のパラグラフでの主張は「韓国メディア社会」に与えた影響は限定的、というものだったのが、続く「■植村記者記事」のパラグラフでは「朝日新聞報道がもたらした影響が、巷間指摘されるよりも遥かに限定的」と、いつの間にか日本やそれ以外の世界での影響も限定的だったかのように話がすりかわっている。
  3. リンク先の記事が言う所の「キワモノ」「タブー」めいたその風説が、日本韓国、それ以外の国際社会市民権を獲得してしまったのはなぜか?92年1月11日の報道とそれに続く日本政府対応の拙さに帰そうとしているが、それが問題をここまでこじらせた主因かと言うと、それは主観問題だろう。個人的には眉唾ものだ。
  4. 921月11日記事の 「軍関与を示す資料」なるものは、取引先の業者が軍の威光をかさに着てむちゃくちゃやってるのがいるから、契約から排除しろという通達だったとするそれなりの説得力のある反論がある。間接的な関与も関与の内だというなら「関与」だが、「強制連行説」が否定されていない段階で「強制連行説」を主張する日本大手新聞社が「関与」と報道した。それも政治的に極めて微妙タイミングで。この影響や責任を軽く見るべきだろうか?
  5. 「『害』しかなかったのか、それとも従軍慰安婦問題という(中略)女性人権問題に関わる何らかの貢献を行ってきたのか」とあるが、人権問題のためだったら、裏取りの不十分な記事虚報捏造が許されるのか?それは私は政治宣伝と呼ぶべきで、報道記事と呼ぶべきではないと思う。

韓国側の反応と日本側の再反応によって悪循環形成されているのは周知のことだし、朝日報道後の経緯や影響を、ことさら直接的な因果関係にのみ絞って論じるのは、朝日の掩護射撃ととられても仕方ないだろう。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん