「ファンレター」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ファンレターとは

2017-05-16

担当をやめた話

はじめは沢山のうちの1人だった。

彼の名前は知らなかった。

気付いたら彼を目で追うようになっていた。

彼のことを調べた。

彼の名前を知った。

彼の名前検索フォームに入れた。

彼が出ている雑誌テレビといったメディア類は隈無くチェックした。

彼が出演している舞台コンサートにもたくさん足を運んだ。

しかった。

彼の前にも応援している人がいた。

けれど、その人はデビューしていて、言うなれば安定している。

しかし彼はまだデビューしていない。

不安定な中で活動していた。

いつ、彼が、この世界から足を洗ってしまうか、わからない。

自分のことを応援してくれている人がいる」

そう彼に知ってもらいたかった。

君の活躍を楽しみにしている人がここにいるんだ、と。

君にもファンはいるんだよ、と。

自分なりに、一生懸命応援した。

彼を応援し始めて数年、彼の周りの環境が大きく変わった。

今思えばこの辺りから少し自分心持ちは変わり始めていたのだろうと思う。

それでも必死に彼についていった。

だって、彼の、彼のファンに対する態度やパフォーマンスが好きだったから。

それからも変わらず、舞台コンサートに沢山通った。

初めて多ステした。

初めてグッズの複数購入をした。

初めて目当てがメインじゃない扱いのコンサートに行った。

初めてファンレターを書いた。

初めてチケットを血眼で探した。

たくさんの初めてを彼に捧げた。

彼を好きになって数年、

「彼を応援したい」

いつしかそれが、

「彼を応援しなきゃいけない」

になっていた。

どこかで、今の彼は自分が好きだった彼とは違うことはわかっていた。

それでも認めたくなかった。

彼を好きなことに違いはなかった。

一番に彼を応援していたかった。

ある時、彼の言葉を聞いた。

そこに昔の彼はいなかった。

彼が変わってしまったこと、

義務感で彼を応援していたこと、

その2つに気付いてしまった。

そして決めた。

彼の担当を名乗ることを辞める。


今日わたしは、この子担当を辞めます

2017-05-14

釣った魚には餌を下さい

コンサートで一目見てビビときた。

入所当時、たまたま彼がバックJr.として出たコンサート。まだ入って間もない頃だった。右も左も分からない、そう形容するのが正しいと思う。

顔が特別格好良いわけではなく、ダンスは驚くくらい下手くそ自分ファンが居ない状況でも、彼は一番ステージを楽しんでいた。前を向いてニコニコしながら、堂々とステージに立っていた。

そんな姿に惹かれ、担降りという形ですぐに彼のファンになった。

初めて彼にファンレターを渡した時、私ともう一人のファンに向かって「初めてお手紙を貰った、ありがとう」と嬉しそうにはにかんだ。一週間もしないうちに返事がきた。お世辞にも綺麗とは言えない字で、これから応援して欲しいと書いてあった。

今思い返すと笑ってしまうが、そんなありきたりな言葉が舞い上がるほど嬉しくて、私は彼の出る現場に通いつめるようになった。

コンサートでは彼の立ち位置の前の方で彼の団扇を持ったし、舞台では彼の登場通路に入り、彼だけを見続けた。

当時はファン殆ど居なかったこともあり、彼はすぐに私という存在認識してくれるようになった。コンサート舞台では意識的目線を送ってくれるようになり、決まった合図をしてくれる。彼が自分を覚えてくれている、見てくれていることが嬉しかった。露出とともに増えてきた他のファンに対しても、独占欲嫉妬よりも、正直優越感が勝っていた。

そんな日々から数年が経ち、彼はユニットに入った。大学生だった私は、現在社会人として働いている。当時ほどの熱量ではないが、今でも彼のファンを続けている。

人気絶頂といったら調子に乗りそうなので言わないが、一躍人気者となった彼は、ツイッター検索をすれば何百人ものファンが居て、雑誌テレビ舞台コンサートを頑張っている。

そんな状況でも手紙の返事は必ず返ってくるし、コンサート舞台では見つけて合図をしてくれる。入り待ち出待ちはしなくなったが、たまーに街で見掛けるとあちらから会釈をしてくれる。

ただ、好きになった時期が早かっただけ。ただそれだけだ。彼がいつもの合図をしてくれなくなったら、返事を返してくれなくなったら。

彼の中の「もういらないファン」というカテゴリーに入ることに恐怖を感じていた。

彼はサービスの一環でやってくれているだけであって、義務ではない。いつもありがとう、と言うとこちらこそありがとう、と返事をする。ただ、そこに数年前の嬉しさはないと思う。

そろそろ潮時かな、と思った。

ステージの上で無邪気に笑っていた幼き日の彼はもう居ない。デビューしたい、と真剣眼差しで語った彼を、遠くから支えようと思った。

その旨を手紙にして彼に渡した。すぐに返信が来た。「まだ応援して欲しい」と。

初めて手紙を渡したときに、ありがとうと嬉しそうにはにかむ彼の顔が忘れられなくて、今日も彼のファンを続けている。

2017-04-26

推しと4万円

誰にも話せない。

私は若手俳優が好きだ。

ここの日記でもよく見かけるけど、若手俳優とはやまざきけんととかすだまさきのようなTVに出て演技をしている若い俳優さんをさしているのではなく、主に舞台を中心に活動を行っており、その中でもいわゆる2.5次元舞台に多く出ているような方たちのことだ。

事務所にも所属しているし、舞台などにでることによって得た収入によって生活をしている以上、「俳優」というカテゴリーに入るのだろうけど、正直「地下アイドル」的なものに近い。

それは事務所が「アイドル売り」しているのも原因だし、なによりもとにかくファンとの距離が近いかである

TVいくらかっこいい俳優さんを見たところで、それはTV中の人

だけど舞台役者は手を伸ばせば届くような距離で演技をしている。

舞台によっては客降りといって、舞台の上から降りて客席のほうまで来てくれてファンサービスを行ってくれる場合もある。



そして距離が近いのは舞台だけではない。

こういう若手俳優個人ファンイベントというものも、頻繁に行われている。

握手会ハイタッチ会、お見送り会、リリースイベント試写会トークショーディナーショーBBQ会、バスツアー等など。突飛な企画舞台付属イベントのようなものを入れればしょっちゅうある。

その際、自分の推しと一緒に長時間おしゃべりができるようなことはないが、少なくとも数秒、長ければ数十秒、推しが自分のために笑顔を見せてくれて、自分のためにしゃべってくれるのだ。



私は、この数秒のために生きている。



前置きが長くなってしまった。

私はもともとアイドル俳優にまったく興味のない人間だった。

好きなアーティストもいないし、特定バンド音楽を聞くこともない。

ミーハー嫌いというわけではなく、たまたまそういう家庭で育った上、二次元オタクだったからだ。



実家音楽番組を見ることはほとんどない。おそらく紅白すら見たことない。

家族が誰もそういうものに興味がないからだ。

私も自然とそういうものに興味を持たなくなり、その分?重度の二次元オタクになった。



オタクをやっていれば自然と耳に入ってくる言葉が「テニミュである

10年以上前から、その存在はしっていた。

若くてかっこいい男性コスプレをしながら演技をする。そんなイメージだった。

嫌悪していたわけではないが、興味はない。

ただ、オタク友達の中にはやっぱりそういうものが好きな子もいて、その子必死になって好きな俳優のために長ったらしいファンレターを書いているのをみて、正直引いたのもある。

の子はおそらく純粋応援する気持ちファンレターを書いていたのだろうけど、私には「彼女になりたいの?なれるわけないじゃん」という気持ちだった。

時折舞台に誘われることもあったが、興味ない人間からすると一回の舞台金額は高い。ちょっと行ってみようかな位の気持ちでは動けなくて、結局一回も行ったことがなかった。



そんな中、私が一番好きなマンガ舞台化した。

前々からそういう噂はあったし、覚悟はしていたがショックだった。

ただこのマンガファンとして、観てもいないもの否定するのもいけないことだと思い、観に行った。



そしたら、はまってしまったのだ。



よくある話すぎてあくびが出る。

あんなに興味なかったものに、はまる時は一瞬だ。転がり落ちる。沈んでいく。



それがおおよそ1年前の話。

それから生活は一変した。見事に押し中心の生活になった。

毎日彼のツイッターを見て、ブログを見て、次の舞台情報をチェックし、チケット争奪戦が予想されるものは頼める友達に全部頼んで協力してもらい、仕事の融通をきかせてもらっては休みをもらったり早退しながら足しげく舞台に通っている。

リア恋している自覚はある。

あの時自分が目の当たりにしてドン引きしたものにまさに自分がなっている。愚かだと自分でも思う。



この気持ちが叶うなんて思っていない。

一方的に私が好きであり、彼が舞台でがんばっている姿を見ることができれば十分だった。

十分だったはずだった。

ある日ふと考えてしまった。

もっと彼に何かしてあげたい。

考えた結果がプレゼントだった。何を贈ろうか迷いに迷って、私が出した結論現金だった。



所謂札レ

とんでもない非常識野郎である



ただ、私はおそらく人より少しだけよい給料をもらっている。お金に余裕がある。

また、ここでは詳しくは書かないが、私のことを好きな男性からお金を援助してもらっていたことがある。(体の関係は一切ない)

現金をもらうという行為は、私からの代償は特になく、しかし大変ありがたい。私にとってはそんな行為だった。





ファンレターに4万円をいれ、お手紙とともに渡した。



そしてその半年後、事務所から現金書留で4万円返ってきた。





今はなんてバカなことをしてしまったんだろうと思っている。反省している。

事務所の方にも手間をかけさせてしまって本当に申し訳ない。恥ずかしい。



ただ、これからもリア恋は続けて行くし、何もやらかさないようにつつましく応援しようと思っている。

2017-04-10

ファンレター書いてるけどベテランの人気漫画家なんてどうせ腐るほど手紙プレゼントも貰ってるしどんなに熱く語ってもあーはいはいって流されるんだろうなぁ

というかちゃんと読んでるんだろうか

ファンレターが嬉しくない作家なんて居ないって思いたいけど2ch漫画家愚痴スレみたいなとこ見るとこんな手紙は嬉しくないとかまた同じ人から来たとか愚痴書かれてたりするしそんなもんだよねってがっくりする

漫画家じゃない人でも好意的感想なのに褒め言葉に捻りはいらないとか擦り寄りだとか言う人がいるくらいだし

ファンレターが力になる漫画家なんてあんまりファンレター自体貰ったことない人や新人限定なんじゃないか

まぁ出すけどね

2017-04-06

忘れえぬ人々

ラジオ番組に送った長文をそのまま載せますね(未採用)。思春期あるあるなのかなあ。当時もちろん誰にも言えなかったし今まで誰にも言えてない。たまたま女子同志だっただけで男女間でも男子同士でもあり得る話だとは思う。

----------------

みなさんこんばんは。いつも本当に楽しく拝聴しています大好きです。35歳、女、既婚です。はじめてメールいたします。

私が中学2年生、14歳の頃の話です。

当時、私はゲーム大好きっ子で、今で言うところの「腐女子」であり、ゲームジャンルBL二次創作に手を染めておりました。夜な夜な推しキャラの絵を描き、さらに男×男のカップリング妄想し、その滾る思いの丈と自らの性の芽生えをミックスジュースにして同人誌というカタチにしたためていました。

定期的に地元同人誌即売会(以下イベントします)に出店して、そこそこに売れてファンレターのようなものをもらったり、同じ趣向の友人が沢山できてイベント以外でも会って一緒に遊んだりして、普段学生生活を凌ぐ楽しさでした。

彼女出会ったのはその同人活動きっかけでした。仮にSさんします。

Sさんは私の3つ上のオネーサン。同じゲームが好きで、知人に紹介してもらって意気投合。初めは文通メール文化はまだなかったので)からはじまり電話で話すようになり、そのうち個人的に二人で遊んだりするようになりました。私が年下ということも関わらず、対等に優しく楽しく接してくれて、一人っ子の私は趣味の合う素敵なおねえちゃんができたみたいでとっても嬉しかったことをおぼえています

Sさんとは、好きなゲームBL妄想で盛り上がる他にも、イベントで知り合った共通の友人であるコスプレイヤー男性に思いを寄せていることを打ち明けてくれて、ちょっと現実の恋バナなんかで盛り上がったりもして。

Sさんと二人で遊んでるうちに「M(私のこと)ちゃん、本当に可愛いねえ、すっごい好き」「私、本当にMちゃんのこと大好きなんだよー♡♡」など、ダイレクト愛情表現散見されるようになり、私ももちろんSさんのことは友人として好きだったので、その熱量違和感を感じながらも「うん、私もSさんのこと大好きだよ」と普通に返していました。

二人で遊ぶようになってから4ヶ月程経って迎えたバレンタイン当日。その年のバレンタインはど平日で、私は学校から帰ってきて家でせっせと同人活動にいそしんでいました。夕方7時くらいに家の電話が鳴り出てみるとSさんからでした。

「Mちゃんこからひま?そっちに遊びにいってもいい?」と。

Sさんの家から私の家までは徒歩とバスを組み合わせて40分ほどかかります

「うん、私は大丈夫だけどもう暗くなるし…これから来るの大変じゃないかな?家の人は心配しない?」

大丈夫だよ、どうしても今日会いたくって…」

何だろう?とは思いましたが深追いはせずに、私はSさんがやってくるのを待ちました。

私は母子家庭で二人暮らし、母は看護師夜勤もやっており、ちょうどその日母は夜勤シフトでした。帰ってくるのは深夜1時過ぎ。母が居ない夜に友達が遊びに来るという、ちょっとしたワクワク感と心強さのようなものもあり、遠いところ悪いなあと思いながらも深く考えずに来てもらうことにしてしまいました。

小1時間後、本当にSさんが家まで来てくれました。

「いらっしゃーい」と出迎えた私に「急にごめんね、ありがとう」と言ったSさんの表情はどこか固く、家にあがってからもどこか雰囲気がぎこちなく心配になる私。「平日にMちゃんち来るのはじめてだね」「ああ、そうだね、今日はお母さん夜勤でいないんだ」など他愛のない会話を交わしていましたが、やっぱり顔つきが冴えないSさん

「遠いところ来てくれてありがとう。でも、どうしても今日、って何かあったの?」

「あの…今日バレンタインから。これ、Mちゃんに。手作りしたんだ」

と、手渡されたのは可愛いラッピングが施されたバレンタイン手作りチョコレートでした。

「えっ、そうだったの!私なんにも用意してなかったよー!ありがとう、うれしい!」

素直に驚きと喜びを伝えたら、Sさんは泣きそうとも笑顔ともとれそうな複雑な表情で私を見つめたあと、強く抱きついてきて「Mちゃん、本当に大好き」と囁くように呟きました。

「う、うん?私も好きだよ…?」

「でもきっと、Mちゃんが言う“好き”と私の“好き”はちょっと違うと思うんだ」

「えっ?…」

そしてそっと私にキスしました。ほっぺにでも、おでこにでもなく、くちびるにです。これが私にとってのファーストキスでした。

とにかくびっくりしたけれど、不思議と嫌な感情特には湧きませんでした。その後何を話したのか、どうやってSさんが帰って行ったのかもよく覚えていませんが、すっかり元気な笑顔を取り戻したSさん玄関口で見送った画はしっかりと記憶しています

その次の週末、Sさんの家へ遊びに行くことになりました。

キスのこともあってドキドキはありましたが、あれは何かのきまぐれだろう、きっと普通に友達でいられるだろう、と思っていました。その日、Sさん宅では二人でゲームをしたり同人活動にいそしんだりとこれまで通りの楽しい一日を過ごしました。特にこの間のキス話題も出ませんでした。

私が「じゃあ、時間からそろそろ帰るね」と、帰り支度をしようとしたとき「やだ、帰っちゃやだ、大好き」と言ってまた抱きしめられて、キスされました。何度かキスをされるうちに、舌が入ってきましたが、私はまた拒否もせず、受け入れてしまっていました。

その日から一緒に遊んだ日の最後は、こんなふうに抱きしめられてキスされることが多くなってきました。私からしようとしたことは一度もありません。拒否をするほど嫌だったわけでもなく、実際キスという行為はやわらかくあたたか気持ちいいもので、拒絶することでSさんとの友情関係が崩れることを避けたかったこともあり、背徳感を抱えたままその関係を続けていました。

そんな関係が3ヶ月位経ったあるとき、私はとあるバンド出会い雷を打たれたように骨抜きになってしまいました。そのバンドのことで頭が一杯の毎日TV雑誌などを追いかけるのはもちろんのこと、同人活動土俵にもそのバンドを持ち込んで、また、同じバンド好きの新しい友達が沢山できました。私とSさんはともに受験生となっていましたが(私は高校受験Sさん大学受験)、電話は週に2、3回ほど、月に2回ほどは一緒に遊んでいました。ですが、Sさんは他の友人たちと一緒のときでも手をつないできたり抱きしめてきたりと過剰なスキンシップが多く、私はちょっとうざったいなあと思い始めていました。

だんだん私の興味がバンド一番になっていることに気付いて、Sさんはひどく寂しさを覚えてしまったのだと思いますバンド関係の友人と遊びに行くことにはじまり、そのうちSさんも交えて共通の友人と居るとき私が他の友人と話しているだけでも深い嫉妬をするようになりました。友人がいてもお構いなし、その場の雰囲気が悪くなるくらいあからさまに不機嫌になり、悲しそうな顔をするのです。周りの友人にも「SさんはMちゃんのこと好きすぎじゃない」「SさんってMちゃんにベタベタしすぎ」などとからかわれることも多くなってきて、私は正直もう面倒くさくなっていました。当時のモットーは友人関係は広く浅くみんなと公平に、束縛するのもされるのも本当に苦手でした。これ以上踏み込まれたくない、と私のSさんに対する態度はだんだん冷たくなり、そうなるとSさんがひたすら謝ってすがるようにさらに甘えてくることに辟易し、電話も合う頻度も自然と減っていきました。自分からきちんと嫌なことを嫌だとは伝えずに、冷たい態度をとることで私のことを嫌いになってもらってうやむやのまま自然消滅すればいい、と思っていました。私にとってSさんを傷つけ続けていることよりも、あの熱量の高い束縛から開放された安堵の方が大きかったのです。子どもですね。

その後、私はバンドに熱を上げつつも勉強を続け、無事志望校高校合格Sさんから東京大学への進学が決まったとの連絡が来ました。

Sさん東京へ行く前に駅前マクドナルドで待ち合わせて二人で会いました。10月頃、同人誌即売会ですれ違って話したのが最後だったので、ずいぶん久しぶりでした。お互いの合格を祝って、近況やこれから新生活についてぼんやりと話して、元気で頑張ってね、と言って普通に別れました。もちろん、好きだという言葉も抱擁もキスもありませんでした。

その後、一度だけSさんに会いました。私が19歳の夏でした。

私は高校卒業して東京専門学校へ進学しました。1年生の夏休みのことです。帰省して久しぶりに地元同人誌即売会へ参加しました。その後、居酒屋へ流れて友人たちと飲みに行ったのですが、そこに遅れて現れたのがSさんでした。3年以上振りの再会。私たちはぎこちない笑顔で「ひさしぶり」くらいの最低限の挨拶を交わして、私を避けるようにして遠い席に座ったSさん。それぞれ周りの友人たちと盛り上がり、Sさんとは全く話しませんでした。ただ、居酒屋の喧噪にまぎれてSさん自分彼氏の話で盛り上がっているのが、ぼんやりと聞こえてきたのでした。

現在、私は同人活動からも一切足を洗って、イベントなども10年以上参加していません。当時の友人たちとも疎遠になっていて、Sさんがどこで何をしているのかは一切わかりません。

毎年バレンタインの時期になると思い出す、私にとっての忘れ得ぬ人です。

長文乱文失礼しました。

2017-03-21

ファンレターって増田送ったらタック御出す魔手っー他連ァフ(回文

プロ野球選手とか、

NASA宇宙飛行士とか、

メイベリンニューヨークティーのデルモさんや

ミラジョンジョヴォジョヴォヴィッチや、

千疋屋イケメン店員とかとか、

憧れの人に、

ファンレターとかって送ったことあるかしら?

あれって送ってもちゃんと読んでくれるのかな?とかドキドキよね。

とりあえず、

まあ読むか読まないかは知らないけど、

思いを昇華させたいわね。

応援してる気持ちが伝わったらいいなって思うわ。

そんな、

文を巻物帖にしたためる感じって久しぶりよね。

全256メートルもの長文よ。

書くのも読む方も大変だわ。

それにさ、

今、封筒切手代っていくらなのよ?

それすらも忘れてしまったわ。

むかーし、

何かの弾みでそういうのを書いて

年賀が届いたことがあったわ。

懐かしい思い出しちゃった。

うふふ。

伝わったらいいなぁ~。


今日朝ご飯

サンドイッチ2つよ、

朝の元気にタマゴは欠かせない。

週末遊びすぎたので節制しなくっちゃ!

デトックスウォーター

オレンジだんだん春で手頃値頃ね。

ネーブルも久しぶりに美味しいわ。

スライスして水に浮かべるのは面倒くさかったら、

絞って果汁を割って飲むのでもOKよ!

炭酸でもいいわよ。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2017-02-24

好きな人の話


好きな人

正確にいえば、大好きなアイドル

の子所属事務所を離れるという噂が浮上したのは数日前のことだった。

そんな根も葉もない噂話を鵜呑みにするはずがない。

確かに、ここのところ最近メディアには一人だけ不在だったりしていたが、

単に、本当にたまたま、欠席が続いただけだと思っていた。

なんなら、外部での新しい仕事が入ってそちらのレッスンや稽古に参加しているのではないかと舞い上がっていたくらいだ。

やはりあの子はすごい!すきになって良かった!

声に出して、ネットでどよめく噂をかき消していた。

そして昨日。届いたメールは数ヶ月後の新しいコンサートのお知らせ。

グループ名の表記はあるのに、メンバー表記にあの子名前がない。

の子名前

ない


おかしいな、、という疑問は出てこなかった。

一瞬で思考が停止したから。

今まで耳をふさいで聞こえないふりをしていた噂がどんどんどんどん大きくなり、確定したわけでもないのに

「噂は本当だったんだね」

「今までありがとう

幸せになってね」

「外でもやっていける実力があるから大丈夫!」

だの、、、

の子未来応援するツイートが溢れていた。

随分多くの方に愛されているわたしの推しは、とても幸せ者なんだろう。

だけど言わせていただきたい。

まだ辞めたことが決定しているわけではないからな。

たかも、あの子卒業したみたいな言い方をされるのが本当にそうなってしまうのではないかと、、

望みは少ないかもしれない。

だけど藁にもすがらせてくれ。

ずっと、ずっと大好きで応援してきた子なんだよ。

一目ぼれのような衝撃を受けてからずっと…

の子を思えば嫌な仕事だって頑張れた。

メディアで何かを発したらたちまち自分の中で名言となって心に刻んできた。

メンバーのことが大好きで、

メンバーもあの子のことが大好きで、

そんなあの子が辞めるはずがないだろ。

雑踏を書き消せないか強制手段として大好きなSNSを辞めた。

今まで何をしていたんだろうか、というくらいにできた時間

SNS時間と労力を随分削がれていたことを知った。

おかげさまで今はノンストレス

ありがたいね

の子のこと

確証を得る方法なんてわからないけどとりあえずファンレターを綴る。

好きな人に、アナログ方法しか愛を伝えることができないけれど、それで充分。

わたしは、現在進行形であの子のことが大好きだ。


誰の話だかわかっていても名前をあげないでいただきたい。

何のために匿名で書いた意味がなくなるから

待つよ。再びメディアに出てくれるまで何年だって待つよ。

その期間、優良ATMわたし貯金するしかできないけれど、

復活したときにはパーッと支出させておくれ。

そんな気が狂いそうなわたしの大好きな人お話でした。

2017-02-20

ジャニーズJr.エゴ押し付けたいJr.担の話

◆事の経緯

今日自担バックダンサーとして出演している舞台を観に行った。

ほぼ出ずっぱりで汗だくになりながら踊っている姿や、メイン出演者の補助を任されている姿を見て、感情がおさえきれなくなった私はみっともなく泣いていた。

今日は見えない席だからセーフ、と言い訳しながら「ここに至るまで自担経験してきたであろう様々な困難」を思い、存分に泣いた。

ただの痛いオタクだった。

こんなものツイッターにすぐ流してしまえばいいのに、過去自分の呟きを読むと色々な感情が渦巻き、それはおいそれと人様のTLに流していいものではなくなった。

人を傷つけるかもしれないな、と思うようなことも書きたくなってしまい、これをどうしても形に残したいなら増田しかない、と結論付けた。

これはただの、「自分の正直な気持ちさえも匿名しか表現できない臆病なオタク」が、「ジャニーズJr.として日々とても頑張っている林蓮音くんとその周囲」に「自分エゴ押し付ける」話です。

手段

おもに過去自分ツイッターで呟いた内容を転記して当時の感情を振り返る

◆注意

「ちび6」界隈だった人(本人含む)は読まない方がいいかと。

私のツイッターは鍵垢でフォロワー数人しかいないので、他の誰かと勘違いして凸らないでください。

◆今や次世代Jr.筆頭のグループが結成された頃のこと

もんぺから「なんでうちの子(自担)がこんな目にッキィーーーーッ」てなるけどだったら最初からデビューできそうな奴を推せよ…とも思う。なんで好きなのかなんて理屈じゃないんだよ…あのときの子が一番輝いてみえたんだ。あの子みたいに私も毎日頑張るんだって思えたんだ。』

『 だから自分の伸びしろ限界が見えてしまうまでは、気持ちがどうしようもなく折れてしまうまではキラキラしてる元気な姿見せてほしい。ほんとになんで選抜漏れたのかそこだけが解せぬ…でも金田くんと共に舞台ルートってのは薄々…見えては…いる…。』

『 (でも私ほんと底意地悪いからまとめ役不在でユニット瓦解しろって思い始めてる…でもあのなかに意外と面倒見いい子がいるの知ってるし自担とずっと一緒にやってきた子達だから成功してほしいとも思っていて気持ちがグラグラ揺れている…)』

『 でもみてる人はきちんとみてるし結局上に上がっていくのは無茶ぶりされてもステージで結果出せる人だよね。自担場合は後輩とのコンビが思いの外しっくりきちゃったんだろうなってなんとなくわかってるよ…うん。2年後の確変を待とう。』

『 まあでもあの括りのなかでは選ばれた子達皆歴長いからな…うちの子1年くらい差あるからな…まあいま組んでる子たちからしたらうちの子3年以上先輩なんだけどな…ってまだうだうだ考えてる。』

『 とりあえず自担には筋肉表現力つけて誰にも文句言わせないくら舞台栄えするタレントになってほしい。早急に。いまって「度胸と努力は買うぜ」って段階だからな…いや私はその努力尊敬してるんだけどな… 』

HiHiJetが結成された頃の話ですね。

この頃、結構長い間ぐちぐち言ってましたね。お前何様だよって読み返して思いますけどでもすごく悔しかったんですよね蓮音くんもイニシャルHだから入れてくれよ!?ってすごい思ってた。

どうして漏れたんだろう?と考えても意味のないことをうだうだ考えながらも、蓮音くんへのお手紙にはそんなこと書けなくて、「お前どうせコネ枠だろ!?」と猪狩くんに理不尽嫉妬してましたね。

◆辞めたあの子のこと

自担ものすごく近い子が事務所を辞めたので…泣いている…悲しいんじゃなくて悔しいしくそがって思うしきみが辞めたことで自担の将来に影響がと思うしお前がダンス頑張りたいとかナマ言ってんじゃねえよと思うし上のオキニだったのにその場所明け渡すとか何考えてんだよと思う』

『 真面目な態度ではなかったけど顔もオーラも支持もあっていずれ上に行くレールはひかれてた、それをぽんと投げてすぐ新天地に向かう感じがすごい腹立つ。ちょうど夢に自担が出てきて私「デビューしたい?それとも舞台でやったいきたい?私たちは蓮音くんの気持ち応援したいんだ」とか伝えてたから余計に』

しか最近は帰る時間あれだけど君ら普通に仲良しだったじゃん?辞めるって話したの?てかお前なに後輩巻き込んでんだよ…これで自担の現相方は初シンメを失ったし、足怪我して舞台途中でいなくなったときに泣いてたいちつきの子とか思い出すと悲しくなるからあああアイドルファンって勝手だなと思う』

ビジネスシンメとか、シンメにも種類があるけど件のシンメ希望溢れる未来を感じて大好きだったのになあ。本人たち交流無いのに突然引き合わせられた所も、ダンス得意な森田に追い付こうとする作間という構図も、性格全然違うのにいつのまにか柔らかい表情で隣り合うようになったところも、大好きだった』

自担が完全に兄貴面してるから作間とのコンビシンメじゃなく先輩後輩なんだよなあくまでも。しかも一等可愛がってる後輩は別にいるっていう。でも二人って気質が似てるからまあうまくいくというかこのまま育てば重宝される未来は続くはずなんだ、なのでやめないでねと思う。』

ジャニーズJr.だった玉元風海人くんたちが辞めた頃ですね。

自分もびっくりするくらいこれには怒っていた。あまり人に話せることじゃなかったから言えなかったけどすごく怒っていた。

これでひとつ席が空いたね、とかいレベルじゃなかったからめちゃくちゃ怒っていた。

ちび6の中で玉元くんだけ1つ歳上で先に高校生になったけど、あと数ヵ月で他の5人も高校生になるから、HiHi漏れたちび6組も、やっとグループ結成されて本格的に売り出されると思ってワクワクしていたから本当にガッカリだった。

松松も松倉くんが先に高校生になったけど、うまくそれを活かして二人ともステップアップしたじゃないか…玉元くんファンだけじゃなくて周りのオタクたちが寄せてた期待はどこへ捨て置けばよいの?と思った。

◆続・辞めたあの子のこと

当時の自分、日付が変わってもまだ怒っていた(笑)

『お前だけの身体じゃないんだよ…!この時期の!この世代で!ひとくくり!天下獲るのも夢半ばで散るのも全部!連帯責任から運命共同体から!っていう…。ビジネスシンメ萌えないけどお互い利用しあって上に行こうとしてる分、運命共同体だっていう認識はあるわけだから、いいよなと思う。』

だって簡単に辞められないし…。ある程度まとまったくくりから退所者出るとその辺り仕事無くなるから困るんだよ…この隙に新人場所とられたらどうしてくれんの…いやそれも努力不足才能不足って言われるのわかってるんだけどね!?アイドルファンほんと自分勝手だけどお金払ってるから許してにゃん

『夜中の自分激おこしててうける。まあでも気持ちはわかるよって過去自分を慰める。自担が持ってないものたくさん持ってて、あとは人並みに努力するだけでいいって恵まれ過ぎてたのにぽんと辞めるとか悔しいよね、お前にとっての仕事ってこんなもんだったのかよ、それに青春捧げてる自担立場は』

『すぐに文字数いっぱいになる。でも周辺のファンは少なからずこういう気持ち抱えてると思う。自担たちの世代筆頭として盛り上げていける資質持ってたのにな…てか顔だけじゃんって言われるようなきみみたいな子こそ事務所にいるべきだったと私は思うよ…(まだ言う)』

いや、顔だけじゃなかったでしょう玉元くんは…。妄言もほどほどにしないと本当…。

でもそれくらい、誰かが辞めるってことは周りのオタクにとって一大事なんですよね…。Jr.と違ってJr.担って暇だから(少なくとも私は暇)色々考えてしまう。

◆Jr.担の醍醐味とは

アイドル見ると泣いちゃう病気だけど本人の目の前で泣くとかいドン引き勘弁だから(今日席近かったですねとか普通に言われる固定ファンの少なさだった当時)彼の頑張りの末に勝ち取った立ち位置スポットライト浴びて先輩従えて踊る姿何も考えないようにただ記憶して家に帰ってどちゃくそ泣いた。』

『立ってるだけで華がある子と同じ舞台しんどいけど自分限界と少しずつの進歩を並行して味わうからずるずる辞められなくて毎日同じ箱の中で過ごす日々に仲間意識も芽生えるのに楽日を迎えた次の日からは別の現場で皆がライバルになるって環境で育つ子がどんな大人になるのか私は見届けたいんだなあ~』

『私が蓮音くんを本当にこの子はすごいなあと思ったのはジャニワでソロダンス任されたときで。蓮音くん、それまでクラシックバレエとか得意ではなかったのにそういう振り付けで、センターで、ソロで。初日、すごいぎこちなかったんだよね。正直見てて、あれ?って思った。』

『本番までに完璧に仕上げてくるのがプロだろって思ったけど、本番までに仕上がらなくても幕は上がるんですよ。本人すごい完璧主義者だから絶対あの完成度では舞台立ちたくなかったはずなんですよ。私だったら立てないし逃げたくなる。でもちゃんと踊って、及第点には仕上げてきた。』

初日終わって「小さいのにすごいね」って褒められて、それは悔しかったんじゃないかなあと思う。それから毎日夜お手本の映像見ながら自主連して、朝早く会場入りして、めきめき上達していって。毎日誰かが失敗して出番はずされたり減らされたりしてたあの舞台で一ヶ月その場所を守りきった蓮音くんを』

『私は尊敬したし、公演半分折り返す頃には伸びやかに踊れるようになってて「あの子踊れるわね」って言われて、評価から「小さいのに」が外れてた。長丁場の公演でも穴を開けずに質も落とさずに楽日を迎えたってことはすごい自信と周囲の評価を蓮音くんに与えたと思うから私もあんな風に頑張りたい』

はい、だからお前は何様なんだ、と。

Jr.担の醍醐味は「好きを仕事にしたい」って頑張っている、本当にものすごく頑張っていて「頑張る」が当たり前になってしまっているワーカーホリックたちを応援して「もしかして自分も頑張っているのでは?」という気持ちになれることだと思います

少なくとも「頑張る」を頑張れないし続けられない自分みたいな人間は、「頑張る」を何年も続けている存在を身近に感じることでなんだか勇気をもらえます

◆あの子が辞めて、それからの話

『周りの子が!おっきくなりすぎてて!うちの子も!少しずつだけどおっきくなってるし!態度は人一倍かいから!って心中叫び始めるやつ。どんなに「これからだぜ希望溢れる未来へ!」みたいな状況の子でも突然いなくなるからいつも「やめないでね!?」って思ってる(アイドルの話)』

自担が可愛がってる後輩がだんだん自担ダンス似てきて、レッスン着もお揃いなんだけど、ついには衣装の着こなしも同じになってて、自担、Jr.内では存在感あるんだよな知ってる…もっと外向きにアピールしよ…ってなってる最近

『今夜たまたま数ヵ月前の自担出演映像(メインじゃないので自担は基本見切れ)五回くらい見たんだけどあいつ笑わなすぎだな!?知ってたけど!いくらしゃかりきに踊ってもな!ニコニコ笑顔には勝てないんだよ!あっちがいくら振り付け間違えても笑顔大正義なんだよ…!って机バンバンしたやつ。 』

小学生から自担成長記録を写真で眺めてたら目頭が熱くなってきて…!?もうほんともっとずっと元気をもらってたいし君の笑顔が曇ることなんてできるだけ少なければいいと思ってるからオタクどうしようもない。すげえ鳴り物入りで自担フィールドに乗り込んできた新人君が一歳下とわかって戦慄。』

『てかああいう手合いの子事務所に定着しちゃったらうちの子出番食われるよ…これから笑顔も作れるようにならねばだ。続けてれば絶対いいことあるって私はアイドルから教わったから、自担情熱燃え尽きない限りは続けて欲しいって思うし夢が叶ったときの君の顔をこの目に焼き付けたいって思う。』

バレエの子、改め、ジャニオタバレエの子、改め、松尾くんが入所してきた頃の話ですね。

オタク事務所期待の新人相手勝手マウントとる、の巻。

今では松尾くんもすごくいい子だってわかるから応援したいと思っています

ていうか事務所継続して推される子に悪い子なんてそうそういないわ…。何を悪いと定義するかにもよるけるど、少なくとも何らかの努力をして結果を残せる子じゃないとあの事務所で生き残れないってことはなんとなくわかる。

◆あの子が辞めた後のクリエ周辺のこと

次世代Jr.選抜組だけのメイン公演ラスト、Wアンコールで幕開いたら出演者全員1列にギュッて肩組んでライトあたって眩しそうに目細めて達成感に満ち溢れた顔で客席見てたの思い出すだけで尊くて泣ける…。』

『終始キリッと仕切ってた井上が最終公演アンコールシンメと顔見合わせた瞬間涙ポロリしちゃって顔をぬぐうのとか尊すぎたし、先輩後輩(※後輩が年上)がお互いの健闘を讃えるように抱き合ってたらその子の同ライン(※同い年)やシンメ(※年下)が次々飛びかかって団子になってるのとか眩しかった』

『ちっちゃい身体なのに皆に抱きつかれて壇上でよろけた彼の腰をぐっと支えるシンメ(※年下)とか尊すぎて拝んだ。中学校最後に与えられた課題(Aクリエ公演)を高校入学1か月後に完璧に終えたんだからそりゃあ大団円雰囲気になるよね、あの場に居合わせられた自分幸せって思った』

『蓮音くん追いかけて●年、こんな幸せ気持ちになれるなんて思ってなかったからびっくりだ。与えられた役割に嬉しいって言ってた蓮音くんが、これじゃ足りない、もっとってメイン目指すようになるとか胸アツすぎて話聞きながら泣くかと思った。』

あんなに「同じ高校の仲間で文化祭」ってぐらい結束して公演作り上げてたのに、終わってからは「いい勉強させてもらった。次の仕事はわからないけど決まったら来てください」って言ってて切り換え早すぎて毎度びびる。今日まで仲間でも明日からライバルなんだよなあ…ピリピリ感どちゃくそまらん』

『蓮音くんが貪欲さをこっちにも隠せなくなったの、元同ラインの大出世がかなり影響してると察するに余りあるわ…。仲間が活躍するのは嬉しいけど、自分漏れたのはものすごい悔しいんだよな。努力するのは当たり前、結果を出すのも当たり前、+αがないとチャンスもらえないとか世知辛すぎ』

蓋あけてみたらAクリエとても楽しかった。

でも今読み返しても先輩後輩(※後輩が歳上)とか誰のことかわからん(笑)

◆それでも「好き」は辞められない

自担のこと考えるとすぐ泣くから…!ボロボロ涙でてくるから…!モンペにも困ったもんだね!今はね!「たとえ前列とかセンターになれなくても応援してるね」みたいなツイート見かけて泣いてる…』

『やっと出番もらえたと思ったら配置が最後列最下手で、そこから少しずつ少しずつ這い上がってきたの知ってるから、「たとえ~」って人に言われると悲しくなるのかな。言葉にしたら折れちゃう気持ちってあるじゃん。本人が…っていうかアイドル続けててくれるだけで尊いのでもはや存在感謝

タレントファンの間になんとも言えない不思議関係が成立するのはすごくよくわかるんだけど、それは絶対に友達とか恋人に変わっちゃいけないものだと思ってる。タレントファンに歩み寄ったらいけないし、ファンタレント理解者になっちゃいけないと思う。』

『いろいろ言うけどでも笑顔で楽しそうにステージ立ってくれたらそれでいいんだよ~。何年前だったかちょっとだけお仕事詰まったときがあってその時顔死んでたからなww』

たとえセンターになれなくても、ってなんだよそれ!!

どちゃくそむかつくしそれを検索で出てくるようなワードと共に呟くのは頼むから辞めてくれないか

蓮音くん、センターになるから!?何度もセンターになってるから!?なにをおっしゃいますの!本当に!失礼しちゃうわ!!(モンペ)

◆熱くなって、時々冷める

『なんでデビュー組の夢を一緒に追いかけないの?そっちのが(なくなる心配がほとんど無いから)安心じゃん…って何かあるたびに思うけど、十代の輝きは二度と戻ってこないかけがえのないものだし、「好きを仕事にしたい」っていう熱量にはどうしたって引き込まれる…』

舞台端の真っ暗なところでしゃかりきに踊る姿を見つけてしまったら、応援したくなるじゃん?いつかスポットライトと五万人の歓声を浴びる姿を見たいと思ってしまうじゃん?まあ実際は本人のやる気と責任感が半端無いのでこっちが応援しなくても勝手現場で気に入られて出番増えてくんですけどね。』

そう、結局のところ、ファン応援なんてほぼ必要なくて、むしろ鬱陶しいくらいで、そんなものなくたって本人のやる気さえあればどんどん上り詰めていくものなんですよね。

今日舞台観て、あーこれは(デビューとは縁遠い)職人Jr.への道を着実に歩んでいるわー、と複雑な気持ちになりましたが、継続の大切さを知っている蓮音くんは何年後かに「これも正解だった」と思わせてくれるに違いないので悲観なんてしていません。

◆結局の話

ファンレター書くけどさ、相手の年齢とか考えたら重たいこと書けないわけよ。相手さらっと読み流して翌日も頑張れるようにって思いながら書いてる…ので、さすがにまだちゃんと読んでると信じたいし重くて汚くて書けない思いはそこらへんにぐちゃぐちゃっと置いていく。』

お目汚し失礼しました。お読みくださりありがとうございました。

2017-02-18

はてな感想雑記ブログをやってた

少し前まではてな感想雑記ブログをやってた

それを嫌気がさして消して、「あーあ、ブログ無かったらもう感想文なんて書かないだろうな」と思ってた

そしたら今ではせっせとファンレターもしくはファンメールを書いて作者に送ってる

書いてるじゃん、書きたいんじゃん

文面をEvernoteに打ち出すところまでは同じ

それを紙に書いて切手貼ってだすか、もしくはアドレス打って送るかどうかの違いだけ

手を変え品を変え「あなた作品のここが好きです。なぜならこうだからです」と言葉を探して当てはめるだけの事がどうしてこんなに楽しいんだろう

ただこれ、作者と私という一対一かつクローズド手段からこんなにも今楽しめているわけで

やっぱり私と作品との感想を、ブログ記事にして不特定多数の人に公開するのは間違ってたよなあなんて思う

少なくとも、私の感覚では長く続けられないことだった

私のブログをいつも読んでる、面白いって言ってくれた人もいたけどさ……なんかそれ思い出す度に申し訳なくなってしま

ネット上で固有の名前を名乗って、居場所を作ろうとするのを諦めただけだから

私はずっと何かの感想文を誰かに対して書いてるから

から、あの時唐突ブログを消してしまってごめんなさい

毎日アクセスしてくれてありがとう、私は何も変わらずにこの世界の片隅で生きてます

あと、はてなブログはやっぱり書きやすかったよ

Amazon画像リンクとか、iTunes試聴音源の挿入とか、そういうのすごく簡単で楽だった

2017-01-06

推しに存在を知られたくない

推しのこと大好きだし応援してるけど、認知はされたくない。

推しに認知されている友人は、現場に行くたびステージ上の推しから「出席確認」されるらしい。

あらかじめファンレターで席を伝えておくと推しが自分の方を向いてカッと目を見開いてくるとか。

そういうの聞くとちょっといいなーとは思うけど、やっぱ永遠に推しにとってのモブでいたい。

自分の愛を推しに押し付けるだけの一方的関係の方が圧倒的に楽だと思う。

なんというか、自分にとっての推しは、対等な関係の一個人ではなく神様みたいな存在から神様は俗世のモブことなんて気にしないでそこに存在し続けてくれればいいなって思うんだ。

2016-12-21

とあるガチヲタクの話

私はガチヲタクである

現在の推しに対してだけでなく、多分ガチしかできないヲタクなのだとおもう。

これまで、自分の中の一番だった異性に対しては、その度にガチで恋をしてきた、つもりだ。

つい半年ほど前まで、私はあるジャニーズタレントガチヲタクだった。学生時代から9年ほど、ずっと彼と結婚したいと思ってたしどこかで出来るかもしれない、と思っていた。当然、お金を積んで良い席にも入ったし、ファンレターを書いたりしたけど、夜の仕事やそれに近いことをする勇気はなかったし、自分の出せる範囲ギリギリお金と体力を使ってヲタクをしていた。

多分、どんな手段を使ってでも彼に覚えてほしい、とか、繋がりたい、とか思っていなかったのは、いつかタレントになって彼と同じ立場で恋に落ちたい。と思っていたからだとおもう。

でも、例に漏れメンヘラの私はいつも病んでいて、最後のほうは彼のどこが好きなのか、彼をほんとに好きなのかわからいくらい、彼を憎いと思う感情が勝っていた。勝手に傷ついて、勝手に怒って勝手に嫌いになって、どれだけ理不尽で邪なファンであるかはわかっていた。だからこそファンとしていつも自信がなくて、「私なんかファンじゃないほうがいいよね。」とか病みツイートを1週間に一回は垂れ流していた。

昨年、この呪縛を解く人に出会った。

出会ったというより、見つけてくれた、彼は。

一人のジャニタレに一途になるのはつらすぎて、兼ヲタをして気持ち分散するという術を得た私は、その頃別分野のステージに夢中になっていた。大好きなキャラクターがいて(これは現在進行形だが)このキャラクターに対しても、ガチ恋のような感情を抱き、この子に構ってほしい。気づいてほしい。という気持ちで毎週通っていたし、手作りのグッズも作っていた。

ある公演で、いつも通りそのキャラクター手作りグッズを抱きしめていた私を見つけてくれたのが彼だった。

わたしの好きなキャラクターと同じ括りで出演していた彼が、私を構ってくれたのは不思議なことではないとおもう。今までも、コンサート舞台で、一番好きな彼以外に構われることはあったけれど、だからといって、「一番好き」が覆るような、尻軽な女ではないことは自負している。

なぜあの時が、私が彼に向かうきっかけになったのか。今考えるとそれは、ヲタクである私を認めてくれた、と思ったからだとおもう。

彼は、ヲタク気持ち悪いとか、下に見るような人ではない。

真っ直ぐな気持ちを、そのまま受け止めてくれる。そういう人だ。

から、私を構ってくれたのかどうかはわからないけれど、私は、「この人は私が○○を好きな気持ちを認めてくれた。」と思ったのだろう。

その頃もジャニタレガチ恋していた私は、他の異性タレントに夢中になることすら浮気心だと思っていたので、負い目を感じながらも明らかに彼に夢中になっていた。

彼に気づいてもらえるように、構ってもらえるように、出来ることは全てした。結局は、ファンサ厨であり認知であるわけだが、本心で、認知されたいわけではなかった。

ただ、彼が私を見てくれたり、私に笑顔を向けてくれればそれが嬉しい。そういうものが欲しくて必死になった。

けれど、彼は私が彼のファンになった途端に私を見なくなった。

彼のファンがいるあたりを見なかったのか、私がいるから見なかったのかはわからない。

けれど、わたしの浮き足立っていた心はスンッと冷えたことを覚えている。

この人は自分ファンになったら干すんだ。

じゃあどうしたら見てくれるのか、構ってくれるのかを必死で考えた。さら必死になったりもしたり、彼の演じるキャラクターのグッズを手作りしたりもした。

彼は私の目を見てはくれなかったけれど、そのグッズへの視線を感じて、私がいることはわかってくれてるんだ、と思った。

そして、考えに考えた結果、彼は自分ファン自分必死になって、その作品を見ない事、感じない事に傷ついているんじゃないか、と思った。

彼は演じている間も、あからさまに辛そうな顔をしていた。他の人にわかる程度なのかはわからないけれど、ファンになったばかりの私が気付く位には傷ついていた。

からこそ、私はちゃんと作品を見よう、愛そう。それが、私を見つけてくれた彼に対する誠意だ。と信じて、他のファンと小競り合ったり、ピリピリした空気を出したりせずに、純粋にその公演を楽しむことにした。

確かに、彼のファンになったきっかけは構われたあの日。だけれど、彼のパフォーマンスに夢中になっていた。この時にはもう、だれよりも、彼のパフォーマンスを見ている時が幸せで、楽しかった。

そして、この公演の千秋楽

彼は私がファンになってから初めて、目を見て手を振りかえし、頷いてくれた。

それからは転げ落ちるように彼のファンになっていき、いつの間にかジャニタレへの長年の恋愛感情も消えていた。

その代わりに、彼へのガチ恋はどんどんと拗れていった。

今、なぜこのブログを書いているか

それはもちろん辛いかである

彼を見ているだけで楽しい幸せと思えた時間は、どうして長く続かなかったのだろう。

やっぱり私が邪なヲタクからだろうなあ。

彼が頷いてくれたあの日わたしの頑張りを認めてくれたと思った。私が出した答えが、正解だって、示してくれたと思った。

彼はそういう人なんだ。彼にとって正しくないことをすれば、それ相応の態度を示される。その代わり、正しいことをすれば、些細な、大きな、ご褒美をくれる。

彼に見つけてもらえてから一年が過ぎて、彼は私がいるとほとんど必ず見つけてくれるようになった。

どんな場所だとしても、私が頑張らなくても、正しいことをしている私は彼が見つけてくれるし、ご褒美をくれる。

私は特別だと思った。

彼のことを特別わかってるし、彼もそれを知ってるから優しくしてくれる。

だって他のファンの人たちは視界に入っていなくても、私がいれば二度見してくれる。

私がいるのといないのじゃ違うの?私かどうかをそんなに確認したいの?

他のファンとは違うんだ。私は大事にされてるし、特別なんだって思った。

毎日幸せだった。会える日も、会えない日も。

彼にとって特別存在なんだって思えて自信が持てた。

私が何をしても、彼の目の前にいけば彼は認めてくれる。

どこで傷ついたとしても、私がどれだけ人間としてクズだとしても、彼を好きなことは彼が認めてくれてるって思えた。

ヲタク現実逃避のためにヲタクをする、と思う。

もちろん人それぞれだけれど、現実逃避のためにヲタクをする人は沢山いる。

私は現実逃避のためにガチ恋するヲタクだ。

彼の優しさに舞い上がって、私は特別だと決めつけて、半分ネタだけど友達には彼の妻だと名乗っていた。

それくらい、思いっきり舞い上がっていたし、それだけの自信があった。

ある日、彼に恋人がいたら、と考える出来事があった。

恋人がいる、と言い切れるわけじゃないし、あらぬ疑いと言われたら何も言えない。

けれど、一度疑った気持ちは拭えない。

あれだけ信じていた彼が、突然わからなくなった。

今までなら、彼らしい。と流せていた言葉が、引っかかる。

どうしてファンを傷つけるようなことを言うんだろう。

にわかが、彼に目線をもらったとか、何かされたというツイートを見ても、優越感に浸りながら草を生やせたのに、今はもうよくわからない。

そこでやっと気づいた。

自分は、どこまでいっても、ただのファンなんだ。

彼が、ファン関係を持って身を滅ぼすような人じゃないことは最初から知ってる。

そういう、隙がないところも大好きだから

自分に都合の良い解釈をして、それで現実逃避して、すごいなーアホみたいだなーと、急に客観的ガチヲタクであることを自虐的に見られるようになった。

自信がないから、すぐ疑う。

彼にとって特別じゃないことも、彼がくれた優しさも、言葉も、全部、100%で信じていたのに。今はよくわからない。

彼の周りにいる女の人たちさえ一人一人疑ってしまう。

嫉妬して、疑って、こんな邪なヲタクはいらないだろう。

彼にとっての正しさを守っていたいい子の私は、本当にいい子なわけじゃない。

彼に楽しくお仕事してほしくて、彼に好かれたくて、いい子と思われたくて、いい子をしていた。

もし、いい子でいたところで彼に選ばれないのなら、なんの意味もない。

最初からわたしは邪で、嫉妬深くて、歪んでいる、ガチヲタクだ。

彼は私のこんな気持ちに気付いているのだろうか。

気付いていたら私をどう思うのだろう。

嫌われたくないなあ。出来るなら、いい子と思われたい。

でも、いい子だから優しくしてあげよう、って思われてるなら、死ぬほど辛いなあ。

結局わたしは汚いガチヲタク

ジャニタレガチ恋からやっと卒業できても、やっぱり、同じ運命なのかもしれない。

もし、これから辛い日が続くなら、このタイミングでやめてもいいとも思った。

けど、きっと、私がいなくなったら、彼は私を嫌いになると思う。

それまでのファンだったって思われそう。そういう人だから

いなくなったらわかるくらいの存在でいられることはとてもありがたいとおもう。けど、あまたのガチヲタクが語るように、認知は辛いってことを、認知ヲタになって身に沁みてわかった。簡単距離を置けないし、簡単に離れられない。

多分、わたしはこれからも彼のガチヲタクをする。

きっと、このままいい子でいられれば、彼はファンとして優しくしてくれるだろう。

わたしは彼を好きで居続けられるだろうか?

好きな人を嫌いになるのは、とても辛い。

もっと、綺麗な、素直なヲタクになれますように。

2016-12-12

ひとりぼっち惑星から小塚崇彦さんへよせて)

.

あなたには なんのかんけいもない

ひとりごとを よませてしまうこと

さきに あやまらせてください

.

わたしがすきなひとは とある

くるまかいしゃの

しゃいんさんです

いえ すきだったひとが

しゃいんさんになったと

いうほうがただしいかな 

.

いつか てんかをとってほしいと

いのっていましたが

せんてんせいのじびょうと

ねんれいから それもかなわず

りんくをおりました

.

そうです

かれは ふぃぎゅあすけーとの

せんしゅでした

もう かこけい ですが

.

なまえをだせば きっと

わかってもらえるくらいには

ながく

とくべつきょうかせんしゅとして

たかってきた ひとですが

まり めだつたいぷでは

ありませんでした

.

でも わたしにとっては いちばん

きらきらかがやく

あしもとのひとです

.

かいいちばん

うつくしいすけーてぃんぐと

おてほんのようなとびわけぎじゅつ

うっとりするほどふかい

えっじわーく

びっくりするようなはやさ

いがいとまけずぎらいで ぜったい

いいわけをしない はやくちだけど

あたまのよさにうらうちされた

りちてきなこめんと

しずかなじょうねつ

.

すぐわすれものするし

なかまとふざけるいたずらすえっこ

でも いつのまにか とっても

めんどうみのいい おにいさんに

なっていました

.

おりんぴっくには

いちどしかいけなかったけれど

かれをおうえんしてきたことを

こうかいしたことは

いちども ありません

.

げんえきせんしゅでゆいいつ

ちきゅう

というさいこうのきゅうを

とうじ

しゅとくしたひとだったこと

うんどうしんけいが

めちゃくちゃよくて

うそうちゅう を にげきったり

しきゅうしきでふぉーくをなげたり

してたこと

すぽーつげんきんの

こかんせつしっかんをかかえながら

たかって

だれかのゆうきに なっていたこ

.

もっと たくさんのひとに

しってもらいたかった

.

かれのあしが せなかが

かんせつが きついれんしゅうに

たえられるわかさであればよかった

だれよりれんしゅうしたかったのは

きっとかれほんにん

.

わたしは ただのふぁんで

もちろん なにもできなかったけど

ひとつ こころにのこっている

ことばがあります

それは 

かいいちのおうえんをわすれない

ということば

.

ななびょうしという

むずかしいきょくの てびょうしを

きっちりそろえる じぶんの

にほんのふぁんのこと

わたしたちは すきでやってるのに

ほこらしいと 

いってくれてありがとう

.

あなたのおかげで せかいいちの

ふぁんでいられました

.

きょうぎからいんたいする

だけでなく すけーとそのものから

とおざかるといわれたとき

たちなおれないくらい なきました

さいごのいちどきりのあいすしょー

えぴろーぐ というきょくを

すべったあとの

すたんでぃんぐおべーしょんに

めもとをおさえてたの わすれない

.

かれが りんくから さろうとも

わたしたちは かれのあいした

ふぃぎゅあすけーと というもの

あいしつづけて

たくさんのせんしゅたちを

おうえんし みおくり

またあらたなせんしゅとであい

そうやってふゆは

めぐってゆくのでしょう

.

かれを おうえんする

ふぁんでいられた

これまでのじかんは

わたしにとって

かいいち しあわせなひびでした

.

さいごに

どうか すけーとをすきなかれが

これからもすけーとをすきなままで

おくさんと とかげのびわさまと

しあわせに

くらしてくれますよう いのります

.

ながながと ごめんね

よんでくださって ありがとう

.

あなたの すきなひとのおはなしも

よければ きかせてください

.

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

.

 ひとりぼっち惑星を、まだたまに開きます

 一番流行っていたときにいちどだけ送ったこのメッセージは、誰が読んでくれるとも思わずに、ただ深夜寝付けなくって、仕様もよくわからないまま打ち込んだ、「わたしの好きなひとの話」でした。ぽちぽちと打ちながらなんだかよくわからない涙がぼろぼろ出てきたのをおぼえています

 本文には名前を出しませんでしたが、タイトルにもあるように、小塚崇彦さんへの届くことのないファンレターです。

 しかし、画面に収まる字数考慮できていなかったようで、一ページ一ページが何とも言えない尻切れトンボになってしまっていたということ、そして致命的な曲名の間違いに送ってから気づいたのです。

 当然直しようもありません。

 ずいぶんまえのことですが、このネットの海のどこかに完成版を瓶詰めして流しておきたいと思い、大変今更ながらこれを書きました。

 そして、予想外に嬉しいことに、なんとTwitterにあげてくださった方がいらっしゃったのです。

 名前を出していなかったのに、小塚崇彦さんのことだと気づいてくださった、この世界のどこかにいる顔も知らないかたに、本当に感謝しています

 わたしツイッターをしていて、そしてスケートファンの界隈というものは意外と狭いものですからRTで回ってきたのです。あなたツイートをお見かけした時のドッキリどあいと言ったら!恥ずかしくて直接名乗れず、お礼も言えずにごめんなさい。

 読んでくださって、ツイートまでしてくださってありがとう

 あなたの好きなひとの話も、いつか聴けますように。

2016-11-17

見られるよりも見たいまじで

はてな匿名ダイアリーの『売れないジャニーズJr.を好きになった。』『ジャニーズjr.認知された感想』という記事を読んだ。

私は5年ほど前からあるジャニーズjr.応援をしている。好きになった当時は、私も彼も中学生だった。身の回りではTwitter流行りはじめた頃だった。ジャニーズjr.個人テレビコンサートについての出演情報ジャニーズネットなどには掲載されない。情報収集のために私もアカウントを作ったが、それでも今よりはずっと少ない情報、そして小さな財力でファンをしていた。

現在アルバイトで稼いだお金ほとんどをジャニーズに使う生活だ。現場のための費用以外にヲタク遊んだり飲んだりするお金やそのための洋服代なども含む。正直、リア友と話すよりヲタクとして知り合った友達と話す方が私は好きだ。リア友と話しているとどうしても共通の知人の悪口や噂話に発展してしまうことがある。面倒くさい。その点ヲタクと共有する悪口などといえば、よくある事務所に対しての文句自担が置かれている環境に対しての愚痴などが多い。少なくとも私の場合はそうだ。そうだった。真剣に悩んではいものの、こんな話をやめられないのもヲタクの性である

ところがここ数年で仲良くなった友達数名の中に、いわゆる「つよいヲタク」がいた。担当はそれぞれ違うが、一緒にいると現実を忘れられてすごく楽しいし、ヲタクとしても人としても尊敬できる人たちだった。ただある日突然、会話の中に「列」という単語が浮上した。私は足を踏み入れていない域だったのでその場ではふーんそんな世界もあるのねと会話を聞いていた。しかし、その場にいた私以外全員が経験者だった。話を振られてしまった私が「そういうの行かないんだ…」と白状すると、一瞬静まり返った。怖かった。そしてスルーされた。

別に、だからじゃあ次並んでみようとかは思わなかった。並ぶ理由がないと思っていたからだ。けれど、並ばなければ聞けない楽しい話や、ヲタクだけじゃ予想しきれない次の現場についての話などもたくさんされるようで、少し悩んだのも事実だ。私は今の担当担当して5年経つが、そういった世界に足を踏み入れていないばかりに、最近好きになった人より私の方が彼のことを知らないような気がしてきてしまって、少し悲しくなった。担当歴が長い方が偉いなんて思ったことはあまりない。けれどそこで、なんだか少し悔しくなってしまった。

私が、応援しているjr.に求めてるものって、そういえばなんだっけ?

「見られたい」わけではなかった。なんなら私は自分顔面に恐ろしく自信がないのでできるだけ見てほしくない。彼の目にはキラキラ輝くペンライトと彼の名前が貼り付けられたうちわだけ入ってくれれば幸いだった。同担拒否というわけでもないので、彼が彼のファンに対しファンサをしている姿も好きだし喜んでいる彼のファンの子の姿を見るのも好きだ。たまに、私がその立場になってしまう時もある。正直、超うれしい。にやけてしまったり驚いたりしてしまう私の反応を見て楽しんでいる彼を見るのも大好きだ。書いていて、すごい矛盾してんなって思った。

私は、見られたい<見たい派だなと気づいた。どんなに近い席で入っても、バックを務める彼はどうしてもメインや他のjr.に被って見えなくなってしまう時がある。私はいつもそれが耐えられない。いるのに見えないのが耐えられない。だから、近すぎず遠すぎない距離を選ぶようになった。

そんなこんなで、5年という少なくはない期間、特定jr.をそこそこマメに追って来た。が、おそらく自担には認知はされていないだろうなと思う。(その周りのjr.やメインのタレントには認知されてしまたかなと感じるタイミングはある)

ファンレターは1度だけFC宛てに出したことがある。担当になった当時だ。好きになった理由やこれから応援したいんだというような旨の文章を書いた記憶があるが、なんせ中学生だった自分が書いた拙い文章だ。正直思い出したくもない黒歴史匹敵する。それ以来書いていない理由は、書こうとしても単に伝えたいことが「大好きだよ!」「応援してるよ!」以外に毎回見つからなかったかである。もともと、私は彼の自己プロデュース力に惹かれたのだ。そのため、「こうしてほしい・こうすればいいのに」という私の感情Twitterに吐き出したりたまに雑誌はがきを送ったりすればもう充分だった。なんだかんだ最終的には彼を信頼したいのだ。

私は妙に、自らの応援スタンスに潔白さを求めてしまう。チケットを定価の10倍以上で買うこともあるが、もうそれはその時の自担を見るためには仕方なかったと思い、割り切っている。

例えばEXではカンペ公式ペンラ以外使わないだとか、少年収で持つうちわは1本だけとか、本当にそういう変なところにこだわってしまうのだ。くだらないなと思うかもしれない。自分でも思う。相変わらず矛盾もしている。自担jr.の中では人気がある方だと思っているが、予測しきれない現場がなくなったわけではない。そしてなんとなく知る手段も知ってしまったわけだが、この性格のせいかそれを使う気にはなれないのだ。知りたいのに、踏み出せない。

少し考えて、そこまでするのがヲタクなら、私はヲタクじゃなくていいやと思った。

ヲタク友達から赤裸々な色々な話を聞くのは勉強にもなるしやっぱり楽しい。けれど、私がそこに足を踏み入れる勇気はまだない。

踏み入れれば、もう少し彼のことを知れるのかな。もっとみんなと色々な話ができるのかな。

私なんかの存在や感じたことを知ってほしいんじゃなくて、彼が思っていることを知りたいのに。

私なんかを見てほしいいんじゃなくて、彼のことが見れればそれでいいのに。

踏み入れれば、もっと深い闇を見ることになるんだろうな。

ヲタクって面倒くさい。

なのに、彼の担当はやっぱり楽しい

若手俳優電話番号(本人直通)

からもう2年前くらいの話になるが、若手俳優の追っかけをしていた。

追っかけをするようになったきっかけは当時若手俳優の追っかけをしていた友人のつきそいで舞台を観たら、その中の1人を好きになった。というわりとよくあるパターン

別の日にも観劇予定だった友人にその若手俳優宛の手紙劇場に預けてもらうよう頼み、数日経つと家に返信の手紙が届いていた。私が好きになった彼はそれが初舞台で、ファンレターも数通しかもらった経験がなかったらしい。

私が書いた手紙の内容に応えてくれていて、精一杯丁寧に書いてくれたであろうそ手紙を読み終えた瞬間に、一生彼を応援したいと本気で思った。

元々のめり込みやす性格というのもあり、舞台が決まればその作品の全通(=上演期間中全ての公演。)分のチケットをとって劇場に通い、感想ファンレターに書いて送り返信を喜々として読む日々を数年過ごした。

ある日、その若手俳優にある有名な2.5次元作品(=アニメ原作実写化作品。まだTV出演の望めない若手俳優は主に2.5次元作品名前を売る。)の出演が決まりものすごい勢いで彼のファンが増え、Twitter検索すれば今までにない量のツイート検索に引っかかり嬉しかった。

稽古期間、上演期間、上演DVDの発売記念イベント....どんどんファンが増え、その間に新しい仕事が決まったりソロ写真集を発売したりもした。

写真集イベントにはゲストと称し仲の良い若手俳優を呼んではいたが、それでも一応半分は応援している彼のファンだったと思う。

私は自分が会場にいるファンの誰よりも応援している若手俳優にとって特別だという自信があった。

手紙を出して以降、全ての作品に全通していたので、もちろん認知(=俳優に顔を覚えられていること。)されていたし舞台カーテンコールの時には顔が認識できる距離の席であれば目を合わせて手を振ってくれていた。

それに彼は私があげた服を着てるし、私があげたカードスタバの新作を飲んでる。

からの返信の手紙は家に数えきれないほどある、きっと誰よりも多い数だ。絶対的な自信があった。

写真集イベント最後に挙手制の質問コーナーがあり、当然指名してくれるだろうと思い手を挙げた。

残り3問、2問、ラスト質問。私が当てられることはなかった。

特別な私は一瞬にして消えてしまい、次の日には彼の出演が決まっていた舞台チケットを全て手放した。

それから1ヶ月でその若手俳優に関してのグッズや雑誌も売ってTwitterアカウントブログ更新通知も全て消した。思い出のつまった手紙も捨てた。

何かに取り憑かれたのか憑き物がとれたのかは分からないが、そんなこともあったな、なんて思えるようになっていた。

私が舞台イベントに行かなくなってから数年経つと、見覚えのある住所から封筒が届いていた。

中を見るとチケットが2枚と紙が1枚丁寧に折って入れてあった。

あの若手俳優事務所からの次の作品の招待チケットだった。

Twitterで調べると、彼のファンが増えるきっかけとなった2.5次元作品はとっくに終わっていて彼の名前も、好きな俳優がたくさん羅列されているような定期(=Twitterの定期ポスト機能自動で設定された内容がツイートされる。)ばかりが引っかかるだけだった。

人気がなくなってしまった後、とりあえず席を埋めてもらうためにチケットを送るなんてよくある話だったし、みんな魔法が解けたんだな、なんて思ってチケットは捨ててしまった。

それからまた2ヶ月ほど経ったところで同じ封筒が届いた。

中には紙が1枚入っているだけだった。

紙には携帯電話番号が二つ書いてあって2つ目には本人直通と赤字で書かれていた。

赤字で書かれたその文字心臓の鼓動がはやくなった。

本人直通

彼の電話番号

数年前、何よりも誰よりも特別だった彼の連絡先がA4のペラペラの紙に書かれている。

何度もその番号と彼の名前を反芻した。

震えながらダイヤルに番号を入力した。

発信ボタンを押す直前、質問コーナーの最後に当てられた人の質問を思い出した。

いままでで一番嬉しかったことはなんですか?

目を閉じれば今でも再生される。

こんなにもたくさんの人が俺のこと好きになってくれたことかな

ゲストの若手俳優に小突かれながら、ファンの歓声を浴びながら照れ笑いする彼の顔を私は結局忘れられない。

2016-11-14

売れないジャニーズJr.を好きになった。

ある日売れないジャニーズJr.を好きになった。

きっかけは簡単で、売れてるデビュー組のファンからの、いわゆる担降りというやつだ。

このタイプジャニーズJr.ファンになるひとの大半がこの道を通ってきていると思う。

詳細は省くが、彼はほとんどテレビへの露出はなく、先輩のバックダンサーを務めるか、先輩が座長舞台に出るかで1年を過ごしている。

コンサート舞台仕事数のわりに、彼は本当に人気がなかった。

知られていないわけではない。この界隈のジャニオタには名前も顔も知られていたし、目立つ方でもあった。

ただ、彼のファン、彼だけのファンは、ごく少数であった。

初めて彼を見に行ったとき、まだそれはあの子ちょっと気になる、程度の時期で、

初めて作った彼の名前うちわを持って、大きくない会場の後方の席に入った。

数曲終わり、彼らが出てきて、ほんの数秒。何小節か踊ったところで、顔を上げて、私のうちわを見て、にこーっと笑って、指をさした。

それは一瞬の出来事だった。

その前何年間もジャニオタをやっていた。

何種類もうちわを作った。

目立つように目立つように、少しでも目に入るように、見てもらえるように。

しかし、自分担当の視界に入ったと思えたことは一度もなかった。

他のメンバーにはあった。

しかし、こと担当には全く無縁で、まるで私は透明人間かおばけのようだった。

それが当たり前だと思っていた。

それが、初めての現場で。ほんの数秒で。

こんな世界があったなんて。

あっという間に夢中になった。

喜んでもらいたかった。

広い広い会場で、先輩の後ろで、ライトもろくに当たらず、出てくるときもハケていくときも、拍手も歓声もない

だけど私は、あなたを見にきたよ、と伝えたかった。あなたを見にきている人が、いるんだよ、と。

顔を覚えてもらうのに時間はかからなかった。

はいつもステージの上から顔をじっと見るからうちわで顔の下半分を隠しても、見透かしているようだった。

そして、うちわのない現場でも、私を見つけるようになった。にこっと笑ったり、うん、と頷いたりするのは稀で、いつもほんの一瞬見るだけで、すぐに目をそらし、彼は彼の"仕事"に戻った。

相変わらず彼のファンはとても少なく、劇場に預けるファンレターは、いくつかの束になってるどれにも乗せられず、いつも机に直接置かれた。

20代も中盤に差し掛かり、ジャニーズJr.でいられる期間も残り少ないだろう。

劇的な何かが起きて彼に注目が集まり、売れてる若い子を押しのけてCDデビューすることも、たぶん可能性はない。

彼が自分人生を見つめ直し、夢や希望(もしかするとある種の惰性や成り行きも)と、現実的自分の将来を天秤にかけたとき、そしてそれが傾いた時が、

私が彼を失うときである

きっとその時は突然くるだろうし、予測不可能だ。

誰かのコンサート初日、わらわらと出てくるジャニーズJr.双眼鏡を向け、彼だけがいないことに気づいて愕然とするだろうか。

舞台出演者の発表のときに、彼の名前けがないのを見て、静かに察するだろうか。

決して避けることができない、死を待っているかのようだ。

2016-10-29

2.5次元舞台を観に来ているデブ女を見て優越感に浸る

タイトルまま

ファッションなんてしらなさそうなバッグやハットにアクキー缶バッジ付けてるヲタデブ女を見て優越感に浸る。

あとキャスケット被ってる女は総じてヲタくさい。それみても優越感に浸る。

私は努力して努力してダイエットしてメイクも覚えてファッション勉強した。

ヲタにみられたくないから、そして俳優の目に綺麗な状態で映りたいから。

デブ女は安っぽいパーカーとどこで売ってるのか分からないデニムパンツを穿き、どこで売ってるのか分からない靴を履いている。

酷いデブ女はメンズスニーカーを履いている。

バッグにはグッズをジャラつかせスマホにもラバストやアクキーがふんだんについてる。

そんな女が私の推し俳優名前を口にする。

デブ女も私の推しが好きらしい。

お前そんな格好で推しの目に映りたいの?

そんな醜い格好で推しに応援してますっていいたいの?

それを横目で私は見る。

推しは私を認知している。推しがデビューしてすぐ何度も現場に通った。何度もファンレター書いた。何度もプレゼント贈った。

そしてようやく「いつもありがとう」「久しぶり!」を推しから言って貰えた。

デブ女はそんな努力をしている??

軽々しく好きって言わないで。

認知されてもいないお前が、努力もしてないお前が。

最近ぱっとファンになっただろうお前が。

接触がある時も優越感に浸る。

こんなに観に来ている人の中で私は推しに顔を覚えられている。

デブ女は覚えられていないだろう。

努力すれば報われた。

2016-10-05

小林まおにファンレター書こうかなぁ

私はまおさんと同学年の34歳です。でも独身です。

まおさんと違ってデブスで子供の頃からいじめられていてすっかり自信が無くなってしまたからです。

ずっと死にたくてたまりません。まおさんは大学時代からテレビに出ていて輝いていて、今は死ぬ寸前ですごくうらやましいです。

30過ぎで死ねるなんて最高に幸せでしょうね。あなたは私が願っても得られなかったものをすべて手にいれていますね。

心の底からうらやましいし、せめてガン細胞分けてほしいですw

2016-10-01

アイドルが生きがいな女の話

から無駄に真面目で気にしいだった。

それが災いして、酷いいじめにも何度かあった。

暴力はなかったけれど、確かめるすべのない盗難やあることないこと噂されたり、勘違いから自分悪者になるのも日常茶飯事だった。簡単に書いてしまったけれど、味方が全くいない状況が常だった。

いじめられる方が悪い!」なんていう人、まぁそれもあると思う。

人様に好かれるような性格でもないし、容姿も悪いし。(持病で見た目が悪く見えたりもあった)

親に相談しても「大げさ」「お前の性格が悪い」と取り合ってくれず

本当に私が追い詰められるまで、「お前が変わればいい」と罵られた。(その後、協力してくれたのには感謝している)

何度も「死にたい」「消えたい」と思った。何度か未遂もある。


それでも、生きてこれたのは「アイドル」のおかげだった。「次のシングル発売されるまで」がんばろう。「ツアーに行くまで」がんばろう。 「出演番組あるし」今日だけでもがんばろう。たった数分の出演番組も、数十分のラジオも、数ページの雑誌も私にとっては希望だった。

本当にアイドルがなかったら、私は今生きていない。

それでも「アイドルが生きがい」ということに後ろめたさがあるのも事実で。「現実じゃない」「のめり込むな」ときつく言われたとき、「自分普通じゃないんだろうな」「アイドルも困るよな、こんなファン」と虚しくなった。


アイドルは私なんてちっぽけなファンがいなくても活動はできるし、人気も落ちない。でも、私はきっとアイドルが居なかったら、生きて居られない。

ファンの人の人生責任は持てない」「あまり私たち生活の大部分にしないで」なんていってた人もいたなぁ、とまた悲しくなった。


ファンレターも送るけれど、「あなた希望です」なんて重たいこと書けるわけがないし、書きたくもない。「かっこいい!」「かわいい!」なんて疑似恋愛の方がまだマシ。もはや、私のは崇拝に近い。重すぎ、自分キモい。そんなふうにふと考えると自己嫌悪に陥った。

そんな私の目に入ったのは大好きなアイドルインタビューだった。

ファンの皆さんの生きる希望になりたい」

そう書いてあった。

ちょっとロマンチストすぎない?笑とか

そんな考えてる人多くないだろ、とか

いろいろ頭には浮かんだけれど、

「こんなに重たいファンでもいいの?」って泣いた。

「もうじゅうぶん、あなたたちは私の希望です」って伝えたい。

私の大好きな人たちへ。

2016-09-12

アイドルと連絡先を交換した話

こんなこと誰にも言えない

一ヶ月ほど前に、何年もずっと応援していたアイドルオフで知り合ってしまった。

特定が怖いので詳細は書けないが、本当にたまたまだった。

向こうが俺の顔を覚えてくれていて、それなりに盛り上がり、連絡先を交換したのだ。

正直今でも何がおきたのか良く分からない。

憧れのあの子の連絡先が、俺のスマートフォンに入っている。

別に俺はかっこいいタイプじゃないし、ある意味無害だと思って連絡先を交換してくれたんじゃないかと思っているのだが、果たしてこの選択は正しかったのだろうか。

大好きなあの子に近づけるチャンスがあって、それを逃す勇気が俺にはなくて、交換してしまったけれど、彼女の連絡先が入ったこの小さな電子端末が、今ではすごく恐ろしいもののように感じる。

連絡先を交換したあの日以来、一度も個人的な連絡は取っていない。

だって何を彼女に連絡したら良いのか、俺には到底わからないのだ。

ただ、これから彼女に会いに行くことを辞めるつもりもないし、今まで通りファンレタープレゼントも贈るつもりだ。

俺はただ、彼女にとって良いファンでいたかったし、正当なファンでいたかったのに。

連絡先を交換したことで、知り合ってしまったことで、俺が何年も掛けて積み上げてきた「純粋ファン」という自分自身をぶち壊してしまったのではないかと思うと、それが一番怖い。

2016-09-11

アイドルという遊び

うたの☆プリンスさまっ♪」という作品を知っているだろうか?

2010年シリーズ1作目となるゲームが発売され、翌年アニメ化

そのアニメが大当たりとなりゲーム続編やアニメ2期等が制作され、今年は6年目に突入したコンテンツだ。

内容はいわゆる乙女ゲームで、プレイヤーは登場してくるアイドルたまごたちの曲を作る作曲家となり、一緒にデビューを目指す。デビューを果たした後は彼らとの仲を育みながら、アイドルとして作曲家として共に成長していく…という、説明してしまえば何の変哲もないストーリーだ。

今年の1月にはさいたまスーパーアリーナで2日間に渡るライブも開催され、10月からアニメ4期が放送となる。

この時点で「なんだ、おたくジャンル紹介日記か」と思われたなら仕方ない。

もちろんこの記事うたプリ存在くらいは知っている人を前提に書かれた記事なので、知らない人からしたらどうでもいいことこの上ないだろう。

それでも今、うたプリファンの一人として私はどうしてもうたプリの真髄のひとつ(だと勝手に思っている)でもある「遊び」について言葉にしておきたくてキーボードに向かっているので、もし少しでもこのジャンルに興味がわいたならぜひ知ってみて欲しい。

さっきも説明したけれど、うたプリアイドル恋愛するゲームだ。

シリーズ1作目の舞台アイドル養成専門学校で、一応恋愛禁止だったりする。アニメでもその設定はガッツリ意識されていて、アニメ第1期放送時には「誰も校則守ってねえじゃん!」とまあネタにもなった。

しかし彼らと私たちプレイヤーは、アイドル作曲家という枠の中で恋愛をしていく。

作品大元であるゲームの中では個と個であり、そのストーリーは彼と私(あるいはヒロインである七海春歌)の物語だ。

しかうたプリのすごいところは、「私と彼」という枠組みとは別にもうひとつアイドルファン」という枠組みがある点だ。

一つ例を挙げたいと思う。

シャイニング事務所公認Twitterアカウントうたの☆プリンスさまっ♪ http://www.utapri.com/sp/twitter/index.php#.V84vgkjOyk8.twitter

これはシャイニング事務所所属するアイドルたちがやっている(という体の)事務所公式アカウントだ。

このツイッターが始まったのは2012年クリスマスのことで、まずアカウントが出来たところからすごかった。

キャラクターの互いをフォローするタイミングから順番が見事にキャラクターらしさを外れず、キャラクターごとに異なるクライアント写真撮影技術。長期でつぶやくときには、仕事や移動時間まで計算し、どのキャラクターがどの新幹線に乗ったのか特定することだって出来た。

そこには圧倒的な"存在感"がある。

これが大いに盛り上がった。

もちろん、キャラクターツイッター先駆者うたプリだとかそんなことは言わないし(確かスタスカとかの方が早かった気がする)、こんなのスタッフ必死こいて原稿を打ち込んでるんでしょ、と言われたら元も子もない。

それでもそこにはプリンスたちが存在する"リアル"があったし、自分たちツイートと彼らのツイートが並ぶ画面は現実だった。

(だからこそ2016年シャニフェスプリツイに関しては、言いたいことがないわけではないのだけれどここでは割愛する)

そしてここでの彼らと私たちは、完全にアイドルファンなのだ

プリンスたちアイドルは決して恋愛匂いをさせないし、何においてもファンとの関わりを重視する。

ツイートの隙間に、文脈に、ヒロイン存在や自らを投影する楽しみ方ももちろんあるだろう。

しかプリンスたちの言葉は、恐ろしいほどのクリーンさを持った、アイドルたちからファンへのメッセージなのだ

もう一つ例を挙げる。

うたの☆プリンスさまっ♪サマーキャンペーン PRINCE SUMMER!2015|うたの☆プリンスさまっ♪ http://www.utapri.com/sp/prince_summer2015/

これは2015年の夏に行われたうたプリサマーキャンペーンのページだが、その中でもグッズラインナップの一つを見てほしい。

メモリアルフォト」と題されるグッズの説明文には"直筆サイン"の記載がある。

うたプリシリーズキャラデザをされている倉花千夏先生が"撮り下ろした"ビジュアルブロマイドとともに額装された"直筆サイン"色紙。合わせてお値段5,500円+税。

うたプリを知らない人からしたら何を言っているのかと思われるかもしれないが、このサイン入り色紙はプリンスたちが自ら一枚一枚書き上げた(という設定の)色紙なのだ

入っているコメントも種類があるし、もちろん一つとして同じものはない。

私たちはそこにプリンス存在を信じて、5,500円の色紙を買う。

決して安い金額ではないと思うし(下手すると映画が5回は見られる)、キャラクター自体実在しないのにバカじゃないかと言われたらそれまでかもしれないが、私たちにとって彼らは現実を生きていて、そしてその存在を信じるために5,000円以上を費やすことが出来る対象なのだ

そしてうたプリ公式は、それを決して脅かさない。

倉花先生の描くプリンスたちは"撮り下ろし"だし、誕生日記念日プリンス宛に届く手紙は必ずシャイニング事務所へ届けてくれる。

バレンタインには事務所からのお知らせが毎年でるし、ファンレターの宛先もブロッコリーシャイニング事務所だ。

今年の夏に行われたイベント"『Shining Dream Festa(シャイニングドリームフェスタ)』 http://www.utapri.com/sp/shining_dream_festa/ "でコラボレーションした世界デザイナー丸山敬太氏とも、アイドルたちは"相談して"衣装を作り上げた。

私はこの夏感動したのだ。

現実アーティストライブ衣装なども手がけてきた丸山氏がうたプリコラボをしてくれたこと、そしてうたプリ世界観をきちんと意識してインタビューSNSで応えてくれたこと。

私たちの大切にしてきたアイドルたちが、世界存在を認めてもらえたように感じたのだ。大げさと言われるかもしれないが、私はそれが何よりも嬉しかった。

うたプリはこうした壮大な「遊び」を大切にしてくれている。

これは私の個人的な考えなのだけれど、アイドル二次元三次元にかかわらず、その存在自体が究極の「ごっこ遊び」だと思っている。

アイドルを名乗る彼ら・彼女らはステージというフィールドの上で、精いっぱい自らをアイドルとして作り上げる。

アイドルたちも人間から、当然恋愛もするし食事もするし代謝もある。それでもその瞬間は私たちファンアイドルというたった一つの関係だし、それ以上でもそれ以下でもない。

その関係性に夢を見るから、例えばアイドルたちに恋愛スキャンダルがあろうもんなら、裏切られた気持ちになる。ファンの信じる"アイドルと私"という関係性の他に、関係のない人物が"アイドル恋人"という関係性を作り上げているのだから

もちろんそんなこと思わないし、恋人がいたって全然気にしない!という人もいるだろう。

それでも私たち受け手アイドルたちにの関係は、どう頑張っても"アイドルファン"を超えることはない。

アイドルでも個である彼らプリンスと、作曲家でもファンでもある私たち"うたプリファン"。

うたの☆プリンスさまっ♪」という作品は、その両面を楽しむことができる。

もちろん今までだってうたプリのやり方に困惑しなかったこともないし、キャラクターに関する重要情報後出しでぶれたりすることもあった。

それでも私が5年を超えてなおうたプリ応援しようと思えるのは、魅力溢れる楽曲や展開はもちろんのこと、うたプリの作り手たちがプリンスたちの存在を、生きていることを何よりも信じさせてくれるからである

それが揺らがない限り、私は彼らを応援し続けるだろう。

アニメ4期もこれからの展開も、6年目を迎えたからこそ不安に思うことはたくさんある。

それでもそれ以上に楽しませてくれることを祈って、私はこれからうたプリ応援したい。

応援していることが悲しくなってしまうようなコンテンツだけにはどうかならないで欲しいし、何よりも応援したいと思わせてくれるコンテンツでい続けてくれることを私は祈っている。

2016-09-06

http://anond.hatelabo.jp/20160906115349

まあでも時々Twitterとかで出てくる

「神作者さんにファンレターを送るときの文面見本」

みたいなのもちともやっとすんだけどね。

冒頭:挨拶から入って

序論:どの作品を読んで・見て、どういった場面が印象に残ったか

本論:その作者さんのどういうところが一番好きで、どの展開に愛を感じるか

結論:これからもがんばってください、応援しています的なこと

PS:次の作品も見ます、買います的なこと

とかさ。

見本くらいならいいけど、こう書くのがマナーみたいなこといわれると意地でもこんな文章書きたくなくなる。

2016-07-27

ファンのあれこれ

最近、あるメンバーファンTwitterでの呟きが少し引っかかる。

メンバー最近○○くんに(だけ)冷たい」

メンバーが○○くんが喋ってても遮る」

メンバーもっと○○くんのことを理解して頑張りを広めて上げるべきだ、頑張れメンバー。」

「○○くんを除いて仲良しみたいに見える」

「どうしてもっと〜…」

「どうして○○くんが□□って言われてるときに笑うの?理解できない」

「☆☆くんや◇◇くんが居た時は○○くんの頑張りを評価してくれた」

挙げるとキリがない。

メンバーメンバーメンバー

貴方が好きになった人はそんなに代わりに誰かを下げた評価をしないと輝けない人ですか?

ファンの目の前で、評価して貰えないとダメな人なんですか?

彼は確かに「承認欲求」が高い人だとは思うけどファンがいるところ、ファンが分かるところで「おれのこと評価して」「もっとファンの前でおれのことほめて」って言ってたら精神年齢かなり低くないですか?

他のメンバーに「しゃがれ」とか散々言っているのを見る度に私は内心ヒヤヒヤして少し、傷ついてたし、言われた彼がちょっと悲しそうに笑う姿を何度も見たけどそれは覚えてないのかな。

私は関西人から好きな人オチとして扱われていたら「オイシイ!」って思う。

(関西人で違う意見をお持ちの方がいたらすみません)

「やめてよ、○○くんが可哀想

っていう意見も分からなくはないけど、今ここでオチとして扱われることで次のお仕事に繋がることもあるんじゃないかなと思います

そりゃたまには見てるこっちが心配になるときもあるかもしれないけど、本人が「僕傷付きました」とは言ってないならそれは「頑張れ」、いま頑張ってるんだろうね、でもいま私はこれ以外にきみを励ます言葉を知らないよ、って。「頑張れ」って応援します。

話してるのに遮られてたら

「あっ、今の話面白くないやつなのかな?」「スベる前にカットインしてくれてありがとうメンバー

って思う。「いやそれ面白くないからでしょ。仕方なくない?」って思っちゃう…私だったら。

テレビ番組とかってファンじゃなくても楽しめるものにしないといけないからできるだけ面白いトークをしないといけないと思うんです。「○○くんの話が聞きたい!」その気持ちも分かります。でもファンならその番組以外でも聞ける、ラジオ等。

「裏方として頑張ってる○○くんのこともっとメンバー評価するべき!」

って意見。そうだね、評価してあげるのも大事、でもそれって評価したらメンバーかなり上から目線に見えませんか?

あと、私は裏方として頑張ってくれてる○○くんの事、『‘‘自ら”裏方のお仕事も率先してやってくれている』という認識なので「おれ、裏方やるから!頑張るからほめて!」ってそういう意識でやってるとは思ってません。彼はプロなんだから

褒めてほしくてやってないでしょう?

きっと。

○○くんを除いて仲良しに見える?

アイドルメンバーとずーーーーーっと仲良しこよしして横一列に並んで歩んでいかなければならない?

「ほら、俺らちょっと先に行ってるからお前も後追いかけて来いよ!」って切磋琢磨しながら進むアイドルダメなのかな。

あと、「○○くんは純粋アイドルなのにこんなことさせないで!そんなキャラじゃない!」って何?誰の中のイメージ

キャラクターを掴もうとして頑張っている彼に、自分の中だけのイメージをぶつけて「違う!」ってちょっとひどいなって思ったりもします。

今はアイドルという肩書きだけじゃやっていけなくなっている。アイドルということ以外に何か個性や魅力がある方が仕事に繋りやすい。

今、活躍しているメンバーは、

アイドルであること以外の武器を身につけていて、彼もそれを感じ取っていて、新しいキャラクターを見つけようと必死に、前を行くメンバーに追いつくように頑張っている。のにファンからは「違う」と言われる。

他のメンバーと比べられて「他のメンバー中途半端アイドル以外の仕事をするな、本職の人に失礼だろう。○○くんを見習え。」って、自分ファンが書いてる。

私がアイドルなら、○○くんならこんなことを自分ファンが書いてるって知ったら恥ずかしいし、メンバーのことを悪く言われてたりしたら悲しい。

もうアラサーで、10年以上一緒にいるメンバーと「仲良くしろ」って、もうすこしアイドルの仲良し文化自由があってもいいんじゃないかと思います

メンバーが○○くんのことを尊敬してないと思いますか?尊敬できないってグループを抜けた人もいたね。でも今ある4人は尊敬できるから残ったんじゃないの?尊敬できないならその時に抜けてるんじゃないかな。

「抜けたメンバーグループにいたときは○○くんのこと評価してくれた。」って。

そう思うなら文章そっくりそのまま手紙に書いてファンレターでも書いて送ればいいんじゃないかな。

今、頑張ってる彼の頑張りを潰すのが彼本人のファンだなんて本末転倒じゃないのかなぁと。

羽ばたきたいって思ってる鳥が、かわいいかわいいって鳥カゴの中で可愛がられてるだけじゃ羽ばたけない。

羽ばたいている鳥に 鳥カゴのなかで頑張って羽ばたこうともがいてる鳥のこと褒めてあげなよ!そしたら羽ばたけるでしょ!って、違うと思う。

2016-07-08

芸能人ファン結婚したという話をたまに聞く

とても大好きな芸能人ダメ元でファンレターに連絡先書いたらメール来た、とか、大好きな歌手出待ちしてそれがきっかけで結婚、とか。

動力がすごいなとは思うが、それ以上に大好きな芸能人と付き合おうとは自分絶対に思えないな、と感じる。

テレビ芸能人が見せているのはほんの一部の顔だと思っている。

テレビではわからない顔がいくつもあると思っている。

それでいいし、そういうものだと思って芸能人を好きになる(同性、異性問わず)。

芸能人と付き合うということは、その自分が知らない顔を知ることになる。

それが怖いというか、どうしてもそういう気にならない。

別に思っていた人より変な人だったとか、思っていたより怖い人だったとか、そう感じるのが嫌なのではない。

たとえどんな一面であっても、今までに築かれてきた自分の中の理想のその人が崩れてしまう気がする。

ましてその人が自分と手をつなぎ、キスをし、結婚し、一緒に暮らす。

想像もできないし、想像もしたくない。

思い起こしてみれば、芸能人だけでなく、今までにひとめぼれした相手にも同じように感じていたと思う。

理想の人には理想のままでいてもらいたいのだろう。

2016-07-07

ジャニオタ資格

ジャニオタ〟と聞いてどんな印象を受けますか?

もちろん字義通りジャニーズファンですよね。

そこから連想して、「イケメンが好きなんだろうな」なんて思うのは容易いと思います

青い鳥をしていると「派手でうるさそう」「アニメ否定的な人が多いんじゃないの?」とか、ジャニオタの中でも「このグループファン学生ばっかり!」「あそこのグループファンマナーが悪い!」なんて言う人も少なからずいると思います

別にそれはあまり関係ないんです、前置きです。

私は〝ジャニオタ〟と聞くと「きちんと学業なり仕事なりをまっとうしている人」というイメージを持っています

ジャニオタってお金かかるんですよね。

1年間でCDシングル2~3枚出して、CDアルバムも1~2枚出して、DVDも出して、コンサートだってあるし。

雑誌だって毎月出るし、年度末にはカレンダーも出るし、写真集だって出てくる。

CDも初回AだかBだかいっぱい種類があって、収録曲全部聴きたかったら全部買うしかないなんてこともしょっちゅう……っていうか毎回それです。

コンサートに行くにしたってまずチケット代、その手数料交通費、グッズ代、コンサートのために新しく買う洋服代。

1グループでこれですよ、書いてて嫌になるほどお金が飛んでいく趣味なんですよね。

からこそ、きちんと仕事をして収入を得ている人、バイトをこなす学生なんかが多いと勝手に思っています

仕事はつらいけどコンサート行くためにがんばろうとか。

バイト給料出たらあのCD買おうとか。

テストでいい点取ってお小遣いもらったか普段買わない雑誌も買っちゃおうかなとか。

なんていうか、少なからリア充してる人の趣味なんじゃないかなぁ、と。

ここで言うリア充恋人がいるだけではなく、現実生活が充実しているという意味も入っています

私もジャニオタです。

後述の事によってグループの印象を悪くしたら申し訳ないのですが、ジャニーズWESTが大好きです。

でも私はリア充ではないと言えます

しろ逆と言った方がいいのかもしれません。

大学生なのですが、授業は満足に出られず、精神科大学学生相談室と教務課と担当教授研究室を行き来する毎日です。

原因は私にもよくわかりません。今病院の方でテスト検査を受けている最中です。

毎日「ああ今日も授業に出られなかった」「どうして私は周りの人と同じことが出来ないのだろう」「なんで大学に入ったんだろう」「いや就職したってこんなんじゃクズすぎて即クビだな」と考えます

色々な方に手助けしてもらい、なんとか留年退学休学は免れそうというのが救いでしょうか。

「休学した方がいいのでは?」という意見も聞くのですが、そこは私だけでなく実家問題も関わってくるのでとりあえず4年間で大学卒業するということが私の人生の最善となっています

まあこんなんで大学卒業したって一般的社会人になれるとは全く思っていないのですが。

一人暮らしということもあり自己嫌悪に陥っても慰めてくれる人はいません。

実家から通える大学に行けよという声が聞こえてきそうですが、一人暮らしもまた実家規則なので許してください。さらに言えば同じ県内に住むことも許されていないのです。

実家の人は私の現状を知っているのですが、それでも私を家に連れ戻すなどせずに、一人で病院に行き一人で暮らし大学卒業しろと言いました。

なんかもう頭おかしいんじゃないかな、って思います

だって今の私ただの金食い虫じゃん。これほどまでに生産性のないクズを私は知りません。

それでも、ジャニオタなんです。

ジャニーズWESTが好きで仕方がないのです。

ジャニーズWESTを知ったときも私は不登校モドキでした。(公式用語で言う不登校定義には入っていませんでした)

初めて見た時は衝撃でした。

彼らが映るテレビの画面だけが、鮮やかな色彩を放っていました。

まぶしいほどの笑顔カメラに向ける彼らに、一瞬で夢中になりました。

それから私は貯めていた貯金ジャニーズWESTのために使うようになりました。

もう何が楽しくて生きてるのか分からずただ機械的に起きて食事を摂り眠る生活をしていたのですが、彼らのファンになってからは違いました。

「来月CDが出るんだ。それまで頑張ろう」とか「今日音楽番組に出るからちゃんとやるべきこと終わらせて早く帰ろう」とか、前向きに物事を考えられるようになりました。

その時の毎日の楽しさはすごいものでした。

不登校モドキだったのに積極的学校に行くようになりました。

毎日ゴロゴロしてる私がキラキラな彼らを見るのはなんだか罪悪感を覚えるな、と思ったゆえの行動でした。

そうしたらそれまで全然できなかった友達が、急にぶわっと増えました。

「なーんだ、私普通に生きられるじゃん!」と、思っていました。

まり毎日が楽しすぎて、忘れてたんです。

私のこの症状は一過性じゃないって、忘れてたんです。

思えば中学の時からずっとそうでした。

ある日突然学校に行けなくなり、しばらくしたある日突然何事もなかったかのように学校に行けるようになる人でした。

ジャニーズWEST出会って学校に行けるようになったのも、もしかしたらその時期と偶然一致していたからかもしれません。

それでも、それに気づいたときには私の中ではもうジャニーズWEST神格化されていました。

ジャニーズWESTに元気をもらって毎日生きてるんだ」

「あの時、学校に行けるようになったのはジャニーズWEST出会たからなんだ」

「私にとってジャニーズWESTは命の恩人なんだ」

今でもその思いは拭えません。

私にとってジャニーズWEST神様も同然なんです。

ああ、そうですね、去年天使衣装を着る曲がリリースされたのですが、まさにそんな感じです。

  『 そんじゃみんな ノルか?ソルか?

    任せときなさい!         』

  『 ちょっと待った、迷った時

    オレを信じろよ      』

もはや依存と言えるレベル

からこそ、今の私の状態が非常に心苦しくてつらいのです。

仕事を頑張っている彼ら。

家に引きこもりな私。





私のようなクズファンでも許してくれるかな。

こんな奴がファンなんて嬉しくないだろうな。


そもそも私にジャニオタ資格はあるの?

学校にも行けない、バイトお金を稼ぐことも出来ない、ファンレターひとつ送る勇気もない。



それでも彼らのファンでいることはやめられない。

唯一楽しいと思える時間が、ジャニーズWESTを見ている時だから




「きちんと学業なり仕事なりをまっとうしている人」には程遠い私でも、ジャニオタでいられるかな。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん