「ヤオヨロズ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ヤオヨロズとは

2020-11-03

フォークダンスDE成子坂のクラファンは怪しい

https://natalie.mu/owarai/news/403217

https://camp-fire.jp/projects/view/339950

 

この監督さんは、元ヤオヨロズだ。たつき達といっしょにてさぐれのアニメを作っていたが、監督を逃亡しヤオヨロズを辞めた

その前にも一回監督を辞めている

この人がヤオヨロズを辞めた後に、けもふれがヒットした

お金については、金のことをいろいろいうような奴らは嫌いのようだ

https://togetter.com/li/1091169

 

現状たつき監督達に比べれば、全く知名度はない

そして、元ヤオヨロズであれば、たつき監督吉崎観音の…というかけものフレンズ確執について知らないわけがないし、多分相当の深いところまで知ってるだろう

その状況で、トラブルメイカーである吉崎観音を利用する、とかこんなんどう考えても只単に「フォークダンスDE成子坂」のためにやる、って範囲じゃない

何らかの裏の気持ちがあるに決まってるよ

本当に、このクラファンを成功させたいなら、吉崎を使わないのが一番だし、この人を使うだけで、たつき寄りのアニオタは金を落とさないだろうし、成功率が下がる

分かってるだろうに吉崎を使うのは、ヤオヨロズ喧嘩売ってるの?とか思わないでもない

フォークダンスDE成子坂は大好きだったので、協力したかったけど、監督が吉崎を使ったという時点で諦めた

監督ヤオヨロズを去ったのは別によかった、だが吉崎を使ったことには、絶対に口で言ってる以上になんらかの裏が透けてみえ

フォークダンスDE成子坂をこの人の知名度向上とか、炎上ネタに使って欲しくない

吉崎の絵に不満があるわけではない、「いろいろと揉めて大人の事情ヤオヨロズを途中で去った監督」が「ヤオヨロズといろいろ揉めた吉崎」を使うってのがもう、悪意が見える

2019-07-24

anond:20190724120437

キズナアイに引っかかってそれ出してるんだけど、比較として正しいのはヤオヨロズ作品の「てさぐれ」とか直球表題ボアニメとかそういう方面やぞ。

単に「低予算アニメ」ってジャンルだと成功も失敗もまだらではある。

2019-05-16

anond:20190516112336

カドカワ社長まで出張って製作委員会現場あいだを取り持ちヤオヨロズ福原感謝される

製作委員会→二期もたつきに作ってもらうつもりだったが条件が折り合わず泣く泣く監督交代

たつき降板ツイートしただけ

けもフレ民→「カドカワけもフレ利権を独り占めするためにたつきを追い出した!」と根拠もなく思い込んでカドカワ攻撃日清JRA電凸原案吉崎観音中傷、反対する者はすべて工作員認定、新しい監督プロデューサー粘着嫌がらせツイート

や、優しい世界…!

2019-05-05

今更だけどケムリクサ超時間無駄だった。

休み時間があったので見た。アマゾン評価だったし、はてぶでも定期で好評のブクマがあがっていたりしたからだ。

見終わった後の感想としてなんで盛り上がっていたように見えているのか全然からない。SNSマーケティングの賜物なのか。わからなさすぎる。

このひどい感じをヤオヨロズという名前と共に記憶すべきか大森慎司という名前と共に記憶すべきかよくわからない。

2019-05-02

けものフレンズ2界隈凄いことになってるけど

あんだけここに沢山いた吉崎や製作委員会擁護たつき福原ヤオヨロズ批判はの自称業界通はどこ行ったの?

あいつら憶測だけで好き勝手に長文書いてたつき批判しまくったの割と許せねえんだけど。

2019-04-26

anond:20190426120522

たつきのおかげで売れたと分かってるし二期もヤオヨロズに任せるつもりだった」

という記述にその反応をするということは

本気で「監禁してでも監督をさせるべきだった」と言ってるんやろうけど

企業法律を守るものから監禁不可能やで。

実際にはたつきはやる気はあった。

なのにきられた。

であれば「KADOKAWAにそんなつもりはなかった」という解説意味不明でありたつき更迭はKADOKAWAの意思しかない。

そして利潤追求体でありながらたつきを切れたのは「ほかの奴でも同じ以上にやれる」と判断たからに他ならない。

たつき次回作にぶつけるためだけに2の放映時期を決めた」は明らかちゃうで。

それ以外の合理的説明がつかない

何か代案なるならどうぞ

アニメ放送時期を吉崎の一存で変えられるならびっくりやで。

何社が絡んでるか分かってへんの?

から「吉崎だけが感情的なのかと思ったら吉崎以外の制作Pらもたつきへの対抗心満々で驚く」という話をもうしましたよね・・・

「みんなはわかってるのに吉崎がクリエイター感情で意固地になって困ってる」なのかと思いきや

制作陣の総意でたつきを切っており対抗心満々」なようだからびっくりしたと。

そしてそれはたつきを切っても代わりが居るという認識証明であり、またたつきと正面対決しても勝てるという認識証明でもあると。

色々びっくりするぐらいわかってないからこその愚行蛮行だったのだなと。

話についてこれてないのか読んだ傍から忘れてるのか知らんけどもうちょっと頭しっかりして。

anond:20190426115917

企業は利潤を追求するものなのでたつき価値がわかってれば2をそれ以外に任せるのはあり得ないっつーか背任

たつきのおかげで売れたと分かってるし二期もヤオヨロズに任せるつもりだった」

という記述にその反応をするということは

本気で「監禁してでも監督をさせるべきだった」と言ってるんやろうけど

企業法律を守るものから監禁不可能やで。

そんな穏当な考えじゃないのはその後の動き見れば明らかだ

たつき次回作にぶつけるためだけに2の放映時期を決めた」は明らかちゃうで。

吉崎達が君の説明するような落ち着いたビジネスマンなら

2はむしろじっくりつくって、たまたまでもたつきかぶりそうなら自分が引いてずらすぐらいのはずだ

アニメ放送時期を吉崎の一存で変えられるならびっくりやで。

何社が絡んでるか分かってへんの?

anond:20190426115009

既に言うとるけどカドカワ含む製作委員会

二期もヤオヨロズに任せる気満々やったんやで。

本当に守銭奴やったら監禁してでもたつき監督を任せてたと思うで。

企業は利潤を追求するものなのでたつき価値がわかってれば2をそれ以外に任せるのはあり得ないっつーか背任

わかってなかったんだよ

あの1の突然の大ヒットが属人的であるということを

君がわかってなかったように

(君の素のわかってなさに触れたことで俺は何となくADOKAWAの意思決定理解出来てきた)


ただ吉崎含む初期メンバー的には

「いろんな人に任せてプロジェクトを広げたい」

「太く短くではなく細く長く続けたい」

という考えがあったんやろうし、

そんな穏当な考えじゃないのはその後の動き見れば明らかだ

たつき次回作にぶつけるためだけに2の放映時期を決めて

そのせいで異常な突貫工事になって無事爆死

これが細く長く続けたいコンテンツのやることかよ


吉崎達が君の説明するような落ち着いたビジネスマンなら

2はむしろじっくりつくって、たまたまでもたつきかぶりそうなら自分が引いてずらすぐらいのはずだ

偶然でも放映時期が衝突したら絶対対決アングルにされちゃうんだから

けど実際には自分から無理して対決しに行って大敗して物笑いになったわけだ

長期的な深謀遠慮どころかたつきの子供っぽい対抗心と悪意しか感じられない


そしてたつき勝負したら勝てないという形勢判断すらなかった

まりそもそもの1のヒットがたつきによるものって認識すら薄かったということ

最初の話に戻ってカドカワたつきを切れたのもそういうこと

anond:20190426114403

既に言うとるけどカドカワ含む製作委員会

二期もヤオヨロズに任せる気満々やったんやで。

本当に守銭奴やったら監禁してでもたつき監督をさせてたと思うで。

ただ吉崎含む初期メンバー的には

「いろんな人に任せてプロジェクトを広げたい」

「太く短くではなく細く長く続けたい」

という考えがあったんやろうし、

そのうえ何かトラブルも起きたんやったら、

監督交代もやむなしって感じやったんやろ。

そんで、あんな思わせぶりなリークがなければ、

「残念やなー」「二期は見ねーわ」とはなっても、

流石に「カドカワに抗議!」「悪の製作委員会を倒せ!」みたいにはならんかったと思うで。

2019-04-16

ケムリクサ最終話の謎の2カット考察

最終話にあった、りんとわかばがただ走ってるだけの映像に謎の声とSEが付いた長回しカット(8秒くらい)がすごい。

本当に赤い根の上を走ってるだけ。よく見たらその根の形や模様(モデルテクスチャ?)もループなの。2回ループしてる。この単調な画面が8秒くらい続く。

何かが飛んでくるようなSEに合わせてりんが「ふっ!」とか声出してるんだけど、映像は坦々と走ってるだけ。何が起きているのか俺の頭では理解が追い付かない。誰か解説頼む。

その直後のりんがケムリクサを使いながらジャンプするカットもすごい。

わかばが止まっている。時間停止の能力が発動している。

これまで時間を止められるケムリクサなんかあったっけ? それ使えばもっと道中楽ができたはず。ということは、最近得たものりりがかつて作っていたのを記憶の中で見て、それをりんが再現したとか? 作っていた時期はワカバと別れてから自分を分割するまでかな?

それとは別に、緊迫した状況なのに画面奥で走ってる途中のポーズのまま静止してるわかばくんが間抜けで、すごく味わい深いカットになっている。

考察否定されないよう予防線を張っておくと、商業制作の素材と役者を使った「趣味アニメ」(好意的解釈すれば無料公開用の映像特典)を作ってネット投稿する余裕があるのに、放送局配信サイトに納品する本編は万策尽きて未完成のままなんて、普通に考えたらあるわけがないだろ。

最終話前にあれだけ信じろ信じろ言ってたくせに、たつき商業クリエイターとしてのプライドは信じられないの?

からあれは単に未完成なだけのカットではなく、映像と音声が食い違ってることに何らかの意味があるカットで、その次も画面奥のわかばを動かす余裕がなかったのではなく、時間停止能力が発動したと解釈するべきなんだ。

たつき信じろ考察しよう。

ももしかしたらだけど、本当に未完成だった可能性が微粒子レベル存在するかもしれない。でもその場合ヤオヨロズ福原Pがすごい。超すごい。

だってファンが喜びさえすれば、本編を未完成のまま納品する一方で、監督趣味アニメを作ってネット個人名義投稿してもいい、普通に考えたらありえないビジネススキーム福原Pが作ったってことだから

たつきプロデュースとしてこれ以上のものがある?

ファンだけならまだしも、出資者にも未完成版を電波にのせつつ12.1話投稿することを納得させてるんだよ? 本当にすごいことだよこれ。

放送前のネットメディアの記事を見て、このおっさんアニメ業界を憂う者ごっこしてイキってるわ、テレビアニメの作り方、変えてみましたペーゥかよ、とか思ってたけど、福原Pは本当に新しい方式を作って成功させてしまった。バカにして申し訳なかった。

これから未完成の本編と、本編の制作リソースを利用した監督個人名義ファンサービスの両輪でファンを増やす斬新なビジネスを続けていってくれ。頑張れヤオヨロズ


……っていうのを最終話放送直後に炎上狙いで書いて投稿時期伺ってたけど、けもフレ2の炎上が叩きコミュ内でセルフ燃料生産を始めちゃって、今さらケムリクサやヤオヨロズちょっとイジるくらいじゃ簡単燃えそうにないから、もう投稿ちゃうね。

2019-04-14

けもフレ2の問題や闇や真相なんて結局存在しない

もともとただの下請けにすぎないヤオヨロズ勝手IP商売し始めるって契約違反を犯したので問答無用継続破棄になって

別の下請けに流しただけという話だろこんなの

契約に反したまま謝罪も何もしないままだったか関連会社社員もブチ切れるよ

本来なら訴訟起こされてもおかしくないのはヤオヨロズのほうで

ヤクザが絡んでるとか私怨とか普通に考えてまずありえない

そもそもヤクザの話をすればヤオヨロズ親会社ジャストプロなんてバリバリ反社関わってるわけで

降板当時はヤオヨロズ自分の子飼いの声優を無理やりに押し込んでコンテンツを独占しようとしたので

本来著作権者である吉崎とカドカワから難色を示されたか契約破棄になったともっぱらの噂だった

けもフレの件に関してヤオヨロズたつきに何の正義も無い

ただ売れなさそうな案件を好き勝手にやったら勝手に受けてしまったってだけで

受けようが権利は何一つ所有してないただの下請け

自分コンテンツじゃないんだから主張すべき権利はなにもない

この件に関して細谷氏含めて2の関係者批判される要素はなにもない

個人的には2はたつき色を廃し、原作に忠実な好ましいアニメーションになってると思う

次回作の展開やゲームへの誘導にも成功した完成度の高い作品

この辺は熟練で実績のある木村ますもと両氏の才能の賜物だ

原作物としてはたつき版よりはるかに完成度の高い脚本に仕上がっている

2019-04-12

けもフレ地獄

けものフレンズ2のプロデューサー関係者自演してて炎上してるみたいだが

自演垢や裏垢(というほど名前隠してもない)でたつき監督への恨み節を吐いてるのは何故なんだろう。


いざこざがあったのはたつき監督に言わせれば角川との間なわけで、角川の連中が恨むならまだしも、テレ東のPとかアニメ制作会社スタッフたつき監督を恨む理由はないような。

特にテレ東騒動の当初はたつき監督側と再度検討するような姿勢を見せていた。ふりだけかもしれないが。

また、不自然なのは騒動疑惑に関する様々な仕切りや交渉工作などをやっている可能性が最も高いと推測できるのは福原Pであるはずなのに、けもフレ2の無能のアホ連中が語ってる恨み節たつき監督向けな点。

しかしたら、たつき監督ツイッターでいつもとぼけたふりして呟いててあくまクリエイター気質みたいな体を装っているが、悪質な本性を持つ人物なのだろうか。

いきなり角川の達しで2期外されたといち早く内情を呟いたあたりや、十分売れたのは事実とはいえ未だ推測値とは開きが大きくランキング工作疑惑は晴れていないAmazonランキングを逐一チェックしてスクショして貼るあたりなど、分かってて動いている狡猾な人物である可能性も高い。

しかし、けもフレ2側のスタッフ連中の幼稚な自演工作の手口を見れば、なんとなく対立構造にあるのはたつき監督からたつき監督を叩いてるという幼稚な理由からの単なる八つ当たり可能性も十分に高い。


ただ、普通に見たら単なる嫉妬八つ当たりと処理してもいい話なのだろうが、たつき監督福原Pというのは過去にも喧嘩別れみたいなことをしている。


たつき監督福原慶匡は過去石ダテコー太郎かい監督とタッグを組んでたが、喧嘩別れしている。

福原慶匡の経歴や人となりは結構怪しく、吉崎観音叩き記事を友人のライターに書かせた可能性がある。

吉崎観音によればけもフレ1期の脚本たつき監督と吉崎の他、当初、シリーズ構成脚本としてクレジットされていた田辺茂範氏の貢献の大きさが語られているものの、たつきヤオヨロズ側は脚本たつき監督がやってるということにしてクレジット変更をさせるという、不自然な動きがあった。

田辺氏がその後トクサツガガガ脚本で高評価を得ていることを踏まえても、田辺氏は名前だけの役立たずで、たつき監督けが脚本にメインで関わっていた唯一の有能な立役者というのは都合が良すぎる主張・解釈に思われる。


一昨年からの一連の騒動に関する動き方は圧倒的にたつき監督福原Pらヤオヨロズ側の方が上手いのは確か。まあ元々黙っていれば不戦勝できる有利な立場から黙ってるだけで上手い立ち回りになるが。

そうとはいえヤオヨロズ側にも怪しさは十分にあることから、この騒動はどちらかが絶対正義でどちらかが絶対悪という話でもない可能性がある。

少なくとも、けもフレ2側は正義ではないだろうが。ただヤオヨロズをこのまま持ち上げていくのもまた危険な印象を持つ。

2019-04-11

anond:20190411175059

けもふれ騒動真相は、ヤクザによるけものフレンズプロジェクト乗っ取りだったみたいね

乗っ取った側とヤオヨロズ対立関係にあったから、そのまま追い出されてしまったという。

2019-04-08

けものフレンズ2の悪意とはなんだったのか

先に言っておくと、100%邪推

けものフレンズ2に悪意があったかどうかという話をする前に確認必要な3点がある。

1つは「誰の悪意か」もう1つは「誰に対する悪意か」そして最後に「悪意とはそもそも何なのか」だ。

順を追って考察していく。

まず「誰の」。

これはもっともわかりづらい。情報が少なすぎるからだ。内部の、それもかなり上流の意思決定観測できる立場人間でないと、これを多少なりとも正しく認識することは不可能だろう。

だが、一般論としてプロジェクトのものに対して作家性を出せるほど最上流に近い立場がどこなのかはわかる。監督プロデューサー原作者出資者だ。これは大雑把には後になるほど上流にいる、と考えて差し支えない。

じゃあ後の方が…と考えるのはまだ早い。上流に行けば行くほどプロジェクト全体の舵取りができる立場になるのは事実だが、それは個々の部分に手を出すことができないほど図体がでかい、という意味でもあるからだ。原作者にある権利は全てを無に帰すボタンを持っているというだけ、と平野耕太も言っている。

次に「誰に」

これは悪意の存在のもの否定するのでもなければ論を待たず、「アニメ一期」だろう。ここに「一期のファン」を含める向きもないではないが、流石にそれは被害妄想、というよりは加害者存在妄想と言っていい。そこまでを悪意の射程に収める意味がない、というか入れなくてもそれくらいの被害は出せるからだ。

その上で、考慮に入れなければならないのは一期のさらに前…すなわちNEXON時代けものフレンズだろう。言うまでもないがNEXONアプリけものフレンズはなんだかんだであまり成功とは言えず、無料化からサービス終了という結果になった。この経緯の悪あがき感、そして終了後に放送されるアニメというのを見ても関係者のデターミネイションはかなり強かったと言えるだろう。最初に立ち上げた時点での絵図自体がかなり大きかったというだけなのかもしれないが、だとしてもそれは原因であって否定要素にはならない。

ここで最後っ屁として出てきたアニメ一期が、まったく予想もしない形でとんでもないブレイクを起こした。この誤算はできれば立て直したい(夢物語)であろうプロジェクトにとっての嬉しい誤算かと思いきや、それを主軸にプロジェクト自体を立て直そうとしたら主軸にできなかった、という最悪の誤算が重なる。このたつきヤオヨロズ降板騒動に関しては詳細が全く不明瞭なので言及を避けるが、結果としてユーザーほとんどの求心力を一手に引き受けるアニメ一期は外様に置かざるを得なくなってしまった。「悪意の矛先」はこのようにして発生した。

そしで最後、「悪意とは何か」

前段の締めで違和感を感じた人もいるだろう。ここでいう「悪意」というのは、「憎悪」「害意」よりはむしろ恣意」に近い。法律用語の「悪意」であればさらに近いだろう。もちろん法的な話ではないのだが。

すなわち、「座組の上でけものフレンズアニメ1期を埋葬する必要があった」これがプロジェクト最上流においてなされた「悪意」の正体だと私は睨んでいる。この必要性の根拠は単純に言って、たつきの代わりは誰にもできないというただそれだけの話だ。たつきを外した穴を埋められるアニメ1期のようなものは(探したのかもしれないが)無かったので、別のもので蓋をしなければならなかったのである

が、にもかかわらず「サーバルプロジェクトシンボルなので絶対に主役で出せ」「一期で得られたメリットは引き継げ」というおそらくは出資者レベルから要望を取り入れざるを得なかったのだろう。特にサーバルに関する要求は確実にあったと断言できる。その結果として埋葬は生き埋めのリアルタイム実況中継となり、悪意は憎悪に化けた(ように見えた)のである

そう見えたのはおそらく視聴者だけではない。末端の現場スタッフもそうだったのではないだろうか。セルリアンが絵から現れる実験をした時にハカセセリフ(としか思えない口調)をかばちゃんが言っていた、という事案があったが、これは収録が別録りになった時など、間をはかるためにその場にいる人が代わりに台詞を言うなどの手法をとることがあり、その際に発生した音声素材ではないかという説がある。これが実放送レベルで出てくるというのは、相当チェックがザルであったことがうかがわれる。つまりそのくらい現場モチベーションは低かったのだろう。これを上流視点で見ると、「誰も言うことを聞かない」という表現になる。現場の混乱を理由に挙げる人もいるが、その現場の混乱の理由としては無理なスケジュールよりもこちらの方が大きかったのではないだろうか(というか、厳しいスケジュールが無理なスケジュールになった原因と呼ぶべきか)。

まとめると、けものフレンズ2で起きていたことの背景は「けものフレンズという企画の中核を巡るお家騒動」ということになる。あくまでもここで争っている主体はコンセプトであって、人が、つまり吉崎・たつき木村細谷お家騒動をしていたわけではない。人間がそれをやっていたのはたつき降板以前の段階で、今話しているのはその後の話だからだ。悪意説と悪意否定説が入り乱れている理由も半分はここにあるだろう。「悪意」と呼ぶかどうかが怪しいラインなのだ。私はこれを「悪意」と呼ぶにふさわしいと思うが、そうではない人も多い。

2019-04-03

anond:20190403123353

ミュー

反応したら負けだし、煽るのも負け。淡々と…

ただ、そういう事が出来るタイプの人は反対にPは向かないのかも知れない。

ヤオヨロズのPだって結構

2019-03-30

たつき監督の実績まとめたら展開が完全に漫画なんだが

少人数制作の低予算CGアニメけものフレンズ』の監督担当

放送初期はアニメファンから全く相手にされていなかったものの使いやすい語録などが5ちゃんねるやふたばでひっそりと話題になり、それをきっかけ見たユーザーにより丁寧な作り込みや世界観口コミなどで徐々に広まっていき各所で各話格付けされたり特定1話ニコニコ大百科が作られるなど大きな話題作に。

特に11話や最終話などは大好評で、多くのアニメファンからも1作品として大変高い評価を受ける。

予算CGアニメを同クール覇権社会現象化させるという前代未聞の偉業を成し遂げる。

たつき監督利権関係蔑ろにして無断で新作を制作したりと諸々調子に乗りはじめる。

ネットでもたつき監督製作元のヤオヨロズ疑問視する声が上がりだす。

諸々あって権利者と揉めに揉めた結果たつき監督ヤオヨロズは一大コンテンツに育て上げたけものフレンズプロジェクトから外される自体へ。

これは後に『9.25けもフレ事件』としてwikiが作られるほどの大きな騒動になる。

たつき監督けものフレンズ続編が見たい」というファンの期待も虚しく、

権利者とヤオヨロズ関係修復には至らずけものフレンズ新作アニメは別の監督が割り当てられることに。

たつき監督自身同人サークル企画の完全オリジナルアニメケムリクサ」の制作ヤオヨロズにて開始。

似たような時期に『けものフレンズ2』も制作開始へ。

双方の企画は進んでいき、なんとけものフレンズ続編とケムリクサが同時期の2019年アニメとして放送されることが決定。

作品内容以外でも『たつき監督vsけものフレンズ』という構図が話題となり、円盤売上数などの展開が注目されだす。

放送終了後、ニコ生アンケートAmazonランキングレビューサイトなど全ての指標ケムリクサ及びたつき監督陣営が圧倒的勝利をおさめる。

一方けものフレンズ続編は大爆死で監督Twitterで壊れてしまう……

これもう「またまた俺なにかやっちゃいました?」のなろう小説とかスカッとする系嘘松コピペみたいな展開だよね。

たつき監督ヤオヨロズ社会人として殊勝だったかって言われると多分そんなことはないんだろうし、俺としてはケムリクサ楽しめたか別にいいんだけどけものフレンズってもうちょっとなんとかならんかったのかなぁ

2019-03-29

カドカワって、たつき放火したときに「言い訳をしても何にもならねえ」みたいにカッコつけてたけど、結果的に有料会員が大減少して社長の首まで取られたんだからもっと早めに「うちのせいじゃない」と声明を出しておくべきだったよな。カドカワだけでなくカドカワ取引してる作家にも風評被害迷惑がかかるわけだし。ガチヤオヨロズ損害賠償請求してもいい案件だと思う。

2019-03-20

いまさらけもフレ界隈雑感



  • 「すっごーい」連呼揶揄されてたけど、確かに連呼ワード分散させればいいのに、と思った。「うわぁー(感嘆)」「なるほどなぁー」「めっさ」「気になるぅー」くらい分散させてもまだクドくてウザいのに、1ワード連呼だと絶好の叩きネタになるに決まってるのな。「なにこれなにこれ」はOPCMで言ってるけど、もう知ってるものには使えないから語録としてちょっと弱いにゃー。

2019-02-28

けものフレンズ2期に熱意を感じられない

実は俺も最初は「たつきを返せ」的なミームには乗れなかったしウンザリしてた。

「どうせ監督なんて誰がなっても大して変わらん。けものフレンズという優れたキャラクターブランドがあれば面白くなるはず」

そう思ってたらコレですわ。

5話くらいまでずっと我慢してみてたけどね、批判する側に回った。

とにかく2期はアニメーション面白くない

ひたすら雑。単純に雑。動きだけじゃなくてキャラクターの行動動機適当から厚みもないしな。

ケムリクサと比較したらキャラクターの動きの細かさの差がやばすぎた。

びびるわ、単純に品質で大きな差がでるとは思わなかった。

けもフレ2は、全てがロボットみたい。

なんでヤオヨロズみたいな弱小スタジオより雑なんだよ。

全く熱意を感じない。

ひたすらに「どうやったら楽にして完成させられるか」ただそれだけ。

権利うばっておいて雑な仕事して、自分仕事を本当に誇れるのかよ?

2019-02-27

けものフレンズ2についてのフラット感想考察まとめ・その2

けものフレンズ2についてのフラットな感想や考察まとめ

の続きです。

キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記 けものフレンズ2 第5話 「ひとのちから」 感想

このかばちゃんは我々の知っているかばんちゃんなのか?

サーバル記憶とかどうなっているのか?

ラッキーがよほどのことと言って立ち上がりましたね。

これって奇襲が起きたことじゃなくて、カバンが登場したからよっぽどのことが起こったという解釈もできなくもない。

いいところで引きました。

次回も楽しみです。


けものフレンズ2 第1話 感想 今のところ、普通 - 深夜のランダム・ウォーク

1話をみた感想一言で言うと「普通」だろうか。

すごく面白いというわけでもないが、最悪と言うわけでもない。

画のクオリティや動きは第1話に比べてかなりよくなっている。

また、ストーリーの方も、「けものフレンズ」の世界観を壊さず、話が展開されている。


「W'z(ウィズ)#7」 「上野さんは不器用 #7」 「けものフレンズ2 #6」 - 四十路男の失敗日記

かばパイセン大人っぽく、色っぽくなって好きだぁぁ(浮気性)

懐かしい1期のバスに乗って、かばパイセンの家へ行くキュルルさんご一行。

サーバルさんの反応が薄いなぁ、ここは抱擁すべき感動の再会だと思うんだけど。

フレンズセルリアンに喰われると記憶を失うという話があったので、もしかしたらサーバルさんはセルリアンに喰われてかばパイセンとの思い出を失ったのか…。


怪獣の溜息 『けものフレンズ』作品群が、メタ的に「動物の寿命」を体現したコンテンツだとしたら、一体俺はどう向き合えば良いのか……。

(「けものフレンズ2」は間違いなく「けものフレンズ」だということ。 - けものつれづれを受けた記事)

このコンセプトが存在する以上、「けものフレンズ」と向き合っていくには、二通りの考えがあると思います

ひとつは、「寿命」を受け入れて新たに紡がれる輝きを見守っていくこと。

もうひとつは、映像ソフト等を繰り返し観て、在りし日の思い出にいつまでも浸っていること。

ファンとしてはどちらの選択肢もアリだと思うんですよ。

ネットで繰り広げられている「けもフレファン界隈の無駄対立や諸々の煽り合戦、『2』の監督への誹謗中傷などは即座にやめて、どちらかを選ぶ時が来ているのです。

……まぁ、容易に割り切れば訳無いんすけどねぇ……。

しかし、どちらを選んでも非常に切ない気分になってしまうような気がするのは気のせいでしょうか。


ラノベ原作の説明台詞のおおさ (アニメ感想) - 意志のなかにいる

不思議ことなんだけど「前作無くしたなにか」を取り戻そうとする

このまわりくどさが、前作とは違う「のんびり大冒険」になっているかもしれんねえ

かに作品は「ヤオヨロズ」とは違う「けものフレンズ」になっているかとおもう

明らかなパワーアップでも劣化でもなく「別のいきもの」になっている

ちょうどサンドスターによって生まれ変わって同じようで記憶がないフレンズのようにさ。


他に見つけたらまた更新しますね。

2019-02-19

博士助手にしてる「かばん」は、僕らの知ってる「かばちゃん」じゃない説?

シーラミスティ漫画プラレス3四郎』には出せない説」というのを聞かされたことがある。

漫画プラレス3四郎』の方が原作だろうとも、アニメプラレス3四郎』は別の作品であり権利者がおり

ゆえにアニメの人気キャラクターシーラミスティ漫画版には出したくても出せないという話だ。

(ルダ・ロドリゲスに関するツッコミはなしで)

自分はしばらくこの説を信じていたが

漫画の『パトレイバー』に香貫花・クランシーが登場するにあたり

あれはウソだったのかな、ともやもやした思いを抱えながら今に至っている

「けものフレンス2」で、「かばん」なるキャラクターが出てきたのを見て

このもやもや感が甦ってきた。

教えて著作権まわりに詳しい人。

ヤオヨロズアニメけものフレンズ」のオリキャラかばちゃん」を

トマソンアニメ「けものフレンス2」に出していいの?

2019-02-18

Re: ていうかけものフレンズの件は

全然違うよ。よくそんなデタラメ思いつくね

もともと吉崎の中ではイラスト=吉崎、アニメーションヤオヨロズという棲み分けを想定していた。

でも実際は「JRAコラボ」や「もりのおんがくかい」などでイラスト必要になり、たつきアニメーション作成の傍らで必死にその仕事も受けていた。

存在意義が無くなった吉崎としては当然面白くないわけで、KFPAに2期以降は前述の棲み分けを迫ったわけ。

ヤオヨロズとしてはそんな条件は飲めないと断り(そもそも吉崎はアニメ版かばちゃんを描く気なんて毛頭無い)、KFPAとしては2期はヤオヨロズに依頼する事は出来ません、となったわけ。

クリエーターエゴを持つことは悪いことではないけれど、その事情を伏せてファンを裏切るのはダメ。この件については吉崎とKFPAが叩かれても仕方ないよ。

そりゃたつきからこんな愚痴も出るのも仕方ないわ↓

https://twitter.com/irodori7/status/1024303801606397956

「おまえのオーダーに従ってこっちが動いたにもかかわらず、なぜ今俺は捕食されようとしている。約束が違う」「そういう約束だったじゃないっすか、そういう約束作業INしたじゃないですか。なんでここでリメイクがでますん」「ガって噛まれるわ、蹴られるわ、なんやったら向こうに行かれるわでどういうことですのん。弊社が触りたがったみたいになってるやん、御社が触られたがったんですやん」

-小休止-

「どうですか、具合は」「おかげさまでだいぶ調子戻ってきたな」「筆折っても、おかしくないレベルで、いろいろありましたからね」「ほんまやで。ほな、スタジオ戻ろか」

https://anond.hatelabo.jp/20190216181742

2019-02-17

anond:20190216220850

へーそうなの、たつき監督じゃなくてヤオヨロズ責任があるからたつき監督はなんの因縁もないといいたいわけか

そうだとしてもたつき監督は「ヤオヨロズがトラブっただけだから僕に責任はありません」なんて方便は使えないよ

「じゃあなんでそんな会社に籍おいてアニメ作ってんの?ツイッターあんな威勢良く角川に怒ってたのに、ヤオヨロズには不信感は抱かないの?」って話にもなる。

てかヒステリックけもフレ2アンチが現れたのはたつき監督ツイートが原因の一つじゃん。

ヤオヨロズや角川の公式アナウンスだけならまだ収集つく可能性あったでしょ

2019-02-16

ていうかけものフレンズの件は

福原けものフレンズIPを乗っ取ろうとしたら吉崎にキレられてヤオヨロズごと追放されて

それで福原山本一郎に内情をリークしたりたつきをそそのかしたりしてそれを真に受けたアホのたつきファンネル飛ばした、というのが真相でしょ?

カドカワ方面というのもつまり吉崎でしょ?直接吉崎の事を名指ししたら自分たち悪者になるし

吉崎は吉崎で真相を話せば自分悪者になるから地蔵になるしかなかった、

これがすべてでしょ?

 

IPを乗っ取ろうとした福原のような奴には二度とIPを取り扱う仕事をしてもらいたくないというか今すぐ死んで欲しいし、

真相を一切語らないままケロロアカウントでファボったりした吉崎も死ねば良いと思ってるし

何も知らずに原稿料の件をツイートしたたつきも死んで欲しいわ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん