「美男高校地球防衛部」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 美男高校地球防衛部とは

2018-07-24

男が女向けのイベントに来るんじゃねえよ

タイトルそのまま

って言うか、イベントもそうだけど

ヒプノシスマイクとかFree!とかキンプリとか美男高校地球防衛部とかユーリ!!! on ICEとかを

男が楽しんでるのってアレ絶対、あわよくばファンの女と仲良くなれるって下心でしょって思う

絶対男が楽しめるワケないって

そういう下心持った奴を映画館ライブイベントで見かけると萎え

女性限定イベントしか行きたくねえわもう

2018-05-29

防衛HAPPY KISS!が面白くない

美男高校地球防衛部HAPPY KISS!というアニメをご存知だろうか。

‪知っている、かつ心の底から面白いと思って観ている人。‬

記事タイトルに関しては申し訳ない。ただ、わたしは本当にあまり面白くないと感じている。そしてこの記事はHKを否定する記事ではない。よかったら最後まで読んでほしい。‬

‪知っていて、あまり面白くないと思っている人。特に、どこかあまり面白くないと感じつつも観続けて、少し無理をして褒めている、そんな人。‬

‪気が合うかもしれない。共感してもらえるかもしれない。そうじゃないかもしれないけれど、まあ特に何も考えず読んでくれたら嬉しい。わたしと同じタイプファンかもしれない。‬

‪知らない人。‬

‪観てほしい。美男高校地球防衛部というアニメシリーズを、観てほしい。‬

‪この記事は読んでも読まなくてもいい。面白くないと言いつつ観続けている女に少し興味を持ったら、読んでもいいと思う。

とりあえず防衛部の最初シリーズからでも、直近で放送する回でもいい。あれはすごくいいアニメだ。わたしはそう思う。

地球防衛部を、よければ是非ともよろしくお願いいたします。‬

面白くないけれど、毎度しっかり放映時間に観てしまっている。美男高校地球防衛部HAPPY KISS!という少し外で口に出すには恥ずかしい名前も、もうこの人の前でならいいやと思ってしまえば躊躇なく口に出来る。

防衛はいアニメだ。少なくともわたしにとっては。

ハッピーキッスは、面白くない。

loveからファンだ。当時も今もわたしTwitterをやっている。TLに流れてきた宣伝を見てビビったのを今でも覚えている。

男子高校生が、ヒラヒラの衣装に変身する。リップ音は毎回新しい録りなおし。公式略称が「美L」。乙女ゲームにはBLエンドが存在する。

魔法少女BL好きな人間に観ない選択肢はなかった。

から思えば恥ずかしくも、某無料動画サイトでそれまでに放映された回を全て観た。何話までだったかは忘れた。その後直近で放送される回は番組単位での録画をかけた。

新鮮で面白かった。キャラクターと変身後の名前はすぐに覚えた。

生放送は一度も観られなかった。しかし、TLの防衛クラスタの呟きから概要は拾えた。

今だに、生放送は一度も観ていない。

男子の変身も、BLも、新鮮ではなくなった。個人的問題かもしれない。しかし、あからさまなBLノリの実写ドラマ地上波放送されるのは初めて見たように思う。関係ないけど部長にははるたんは諦めてほしい。

観てしまう。ハッピーキッスは面白くない。けれど観てしまうのだ。

防衛部の本質は変身のイロモノ感でもBLノリでも肌色の多さでもなく、あの空気感だと、最近思うようになった。

そんなことはあまり考えたことがなかった。

面白くないとはっきり感じるようになってからだ。ハッピーキッスは面白くはなくとも、それ以上にしっかりと"防衛部の空気"がある。気がする。わたしはそう思っている。すごく防衛部だ。

ハッピーキッスには推しがいない。推しカプもない。おもしろさも新鮮さも、loveシリーズより少ない。面白くない面白くないしつけえなって思ってもちょっと見逃してほしい。だってまじで面白くないんだもん。

でもわたしが愛したあの防衛部の空気は、loveシリーズ以上にしっかりと漂っているのだ。

防衛部HKを観ていると幸せになれる。

気づけば日曜深夜はきちんとテレビの前に座って、CMを飛ばせないリアルタイムで、観てしまっているのだ。opでなんだか安心して、本編で少し笑って、ed昭和アニメ感にほっこりして、テレビを消す。

一連の流れを終えて、なんだか力が抜けて疲れが取れた心を抱えて布団に潜る。

面白くなくても、防衛部はわたしにとってこの世の救いだ。今でもそう。むしろloveよりもHKの方が、救いの感が強い。

防衛部が放送であるという事実に救われている。

あの空気に30分弱浸って、疲れを癒してもらう。

あの30分が毎週新しく提供されている世界に、今のわたしは生きている。

シリーズが決まって期待と不安に揺れ動いていた頃のわたし安心していいよと言ってあげたい。

ハッピーキッスは、ちゃあんと変わらず、防衛部だ。

loveの頃より、周りに勧めにくくなった。

面白いと言えなくなってしまたかであるloveの頃は、変身するんだよっおもしろいんだよっBLみたいなんだよっなどと気軽に勧めればそれでよかった。

今は、詐欺とかマルチとか、下手な宗教勧誘みたいな勧め方しか出来ない。

心が軽くなるよ。愛で満たされるよ。幸せになれるよ。今までより少し、生きるのが楽になるよ。

これで観てくれるやつがいったい何人いるのだろうか。いたら逆に心配になる。お前いつか騙されるぞ。

でも、観てほしいのだ。できれば気負わず。ふわっと見始めて、そのままふわっと観続けて、あの空気感を気に入ってくれたら。そんなに嬉しいことはない。防衛部はわたしの愛するアニメだ。できることなら多くの人間に愛されてほしい。面白くなくて、声優さん最初は有名じゃなくて、けれどここまで続いてしまった、愛と幸せに塗れたアニメだ。

ここまで読んでくれた人いる?物好きだねえ。わたしと気が合うよ。防衛部を観てくれ。

防衛はいアニメだ。温泉みたいな。

あの空気感を、だらだらした部室の空気を、できればたくさんの人に知ってほしい。

面白くなくても、声優さんの話すのが上手じゃなくても、ゆるい説得が多少わざとらしいと思っても、それを嫌だとは思わせてくれない包容力ハッピーキッスの空気感にはある。まるで温泉。山もオチ意味もそんなに無い。昨今みることの減ったやおいという言葉を、わたし最近好きになってきた。温泉と、防衛部と、通ずるところがある。防衛部は、温泉でありやおいであるわたしは思う。

なにが言いたいのかは自分でもよくわかっていない。

ただ防衛部というアニメを知ってはいるが観たことのない人には、観てみてほしいと思う。

気軽に、タイミングをみかけたらでいいから、防衛部を観てほしい。

少しおもしろくないと感じ始めている人には、もっと楽な気持ちで観てほしいと思う。それでも合わないならしょうがない。けれど、なんにも考えずに楽になれるのが防衛部というアニメだ。わたしはそう思う。

心の底から面白いと思って観ている人には、どうかその面白さを発信し続けてほしいと思っている。わたしには出来なくなってしまった。けれど、もしあのアニメがこの後も続いて、あの空気感が引き継がれていったときに、あなた防衛部を勧められたおかげで救われる人間いるかもしれない。いないかもしれないけど。

こんなに続くと思わなかった。二期が決まった時にも、OVAが決まった時にも、新シリーズが決まった時にも、泣いた。新シリーズが決まった後には、loveop聴く度に泣いた。今でもHKのopを聴きながら泣いたりする。

彼らが言うには、防衛部はわたし楽しい嬉しい方に連れて行ってくれるらしい。これは信じて着いていくしかない。

これからもこのアニメが続いていきますように。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん