「露払い」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 露払いとは

2017-04-18

大統領に課された課題について語ろうぜ

オバマミッション黒人大統領任期を満了することだったが、彼は二期やり遂げてある意味完璧に終わった。

んでもって、トランプミッションは、おそらく日本戦争に引きずり出すこと。

TPP辞めてみてからFTAをやるとか揺さぶりかけてみたりとかは前哨戦で、彼に課された本当のミッションは、日本戦争に引きずりだすことだと思える。





日本っていう国は、米国からするといまんところアジアへの前線基地の色合いが濃い。

そしてアジアでの戦争経験統治経験がある国といったら、いまんところ日本しかない。

フィリピン含む太平洋地域では失敗におわったが、台湾および朝鮮半島は、旧帝国時代日本統治する以前と以後での発展加速度は押して知るべしなの世界中常識である

しか日本人は、自分に得がなくとも課された仕事はやり遂げるという国民性を持っていて、それは命のやり取りをする軍隊でも同じだ。

というわけで、日本軍海兵隊米軍露払いに使い、緒戦で米兵の消耗をゼロのままアジア進出を果たすことが米国にとっての理想だと思う。



しかしそんなこといったところで、日本太平洋戦争での負け経験から~のマスコミの徹底した左翼反戦思想にずっぷりと使っているわけだから戦争なんてするわけがない。

ならば、有無を言わさず戦争をせねばならない状況に追い込んでいくしかない。

ということで、最近の状況である

北朝鮮が暴発すれば、間違いなく日本にある米軍基地やその近傍にある住宅地ミサイルが飛んでくるわけで、日本当事者になる。

当事者になれば、戦わずに知らぬ存ぜぬを貫くことは不可能

やっぱり米国シナリオ通りである

2017-01-20

暗コック

出鱈目な道徳煽る ゴミ社会

論理無き 道徳社会 反吐が出る

露払い 鉄路の下の タクシー

クソッタレ 食う飯は まずいものばかり

オタク小僧 何しに来たの? 野次馬かよ 女は逃げ出した

絵まみれの体 馬鹿リア充

暗黒時代

人類兄弟新世界極東国は いらねえ

この世で一番汚い国を 良い故郷だなんて言えねえ

ああ 非常 異常

歪な人生

コスプレオタクのツッパリ

朝晩人混みでフェチる都会人

敗北が善で勝利が悪

暗コック!

人類兄弟新世界極東国は いらねえ

この世で一番汚い国を 良い故郷だなんて言えねえ

ああ 非常 異常

歪な人生

2013-12-03

http://anond.hatelabo.jp/20131201182819

宗教やら企業やら出してきて壮大なアイドル界をイメージしてるみたいだけどアイドルって何なんだよ


脂ぎったメガネ豚のおっさんがおもむろにおろしたジッパーからはみ出してきたかわいい美少女を天の恵みだとかいっておまえらがペロペロしゃぶしゃぶしてるだけだろ


そそりたつアイドルの皺がとか襞がとか言ってみたりアイドルとはこういうたち方だとかきっとしまわれているときはこんなポジションなんだとか


おっさんが両手でブルンブルン露払いしてるそのアイドルってものがジッパーのスキマからぽろりともげたらただのくさい肉塊だってお前らも知ってるだろ


事務所仕事とってきてマネージャーが支度してくれてるところから外れたら場末スナックくらいしか出来ないことくらいわかってるだろ


アイドルの本分は可愛くあることとか世間に認められることとかじゃないだろ


どのおっさん解放した社会の戸口からいきりつかってことだろ






アイドル論とかそんなのおっさんの目を見ながら言えよ


そのおまえらがペロペロしているアイドルしゃぶしゃぶしながらでいいからさ


しながら上目遣いでおっさんの目を見て言えよ


てめえらで取り合いしてだれがうまくペロペロできるのかしゃぶしゃぶの正式な方法はとか痴話げんかしてるのみるとかなりヤバイ

2010-11-10

産経裁判員死刑回避を批判する理由

産経のこの社説はヒドかった。


http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/101102/trl1011020259000-n1.htm


判決を軽々には批判できないにせよ、一方で「やはり死刑判決を避けたのでは」

>という意見もあり得るのではないか。


本心としては「死刑判決を出せないなんて、このヘタレ裁判員め、それでも日本人か!」と

叱咤したいのが産経の「本心」なんだろうが、面と向かっての裁判員批判もできないので、

このような「歯切れの悪い社説」になってるようだ。



で、この裁判員制度ウェブ上では産経ホームページが、一番「充実」している。

法廷ライブ」と銘打って、遺族の処罰感情を「ライブ中継」している。


なぜここまで産経裁判員制度にご執心なのか・・・と訝しがっていたが、

今回の死刑回避判決への産経の批判(?)で、なんとなく、判った気がした。


要は、産経は、「国の強制によって、一般市民が他人の生命を奪う」という

社会文化を、戦後日本に定着させたくてたまらないのだ。



つまり、裁判員徴兵制アナロジーである。



裁判員=国の強制によって一般市民が他人(犯罪者)の生命を奪う判断を行わせる

徴兵制=国の強制によって一般市民が他人(敵国兵士)の生命を奪う判断を行わせる



日本を「戦争ができる普通の国」にしたくてたまらない産経にとっては、

「一般市民が他人の生命を奪わなければいけない徴兵制」を導入させる

露払い」として、

裁判員制度で一般市民が他人の生命を奪う練習をさせる」必要があるのである。

2010-02-01

本当は怖い水戸黄門

えらい人の知りあいは、たいてい偉そうで、高圧的で、周囲を脅す。ところが「本物」が出てくるととたんに小さくなって、くだんのえらい人は、腰の低い、穏やかそうな人物だったりする。

ところが「実はえらい人」が、チンピラ露払い抜きでどこかに現れて、その人が腰の低い振る舞いをしたところで、たぶん「ただの腰の低い人」としか認められない。その人が、たとえヤクザの大親分であったとしても、目立たない格好をした穏やかな好人物として振る舞ったのなら、そうとしか見られない。

チンピラ抜きのえらい人」が、「単なる腰の低い人だ」なんて認識を受けて、その人の「偉さ」に見合わない、横柄な扱いを受けたとして、そのひとがなんの葛藤も自覚することなく、変わらず腰が低く過ごせるかというと、分からない。難しいと思う。

暴言を吐いて、横柄に振る舞う「えらい人の知りあい」と、穏やかで腰の低い「本当に偉い人」とは、相互依存の関係にある。とくにえらい人の側は、チンピラ役を買って出る人がそばについていないと、快適に、穏やかな日常を過ごせない。

水戸黄門というのは本来、「全量に振る舞いたかった黒い人」が、強引に願望を叶えるための物語なんだと思う。

真っ黒だけれど有能な政治家として活躍したご老公は、ある日内に秘めた暗い欲望を慰撫するために諸国漫遊を思い立つ。

一行は旅をして、行く先々の名物を楽しむんだけれど、ご老公はすぐ飽きる。飽きて「楽しむ」ために、弥七とその部下が、どこかで困っている人を捜す。状況は逐一報告されて、もめ事を霧散させるのは簡単なのに、ご老公は「もう少し様子を見ましょう」なんて、火に油を注いで、悪役の退路を断ってしまう。

悪役だって本当は、どこかで妥協点を探るんだけれど、ご老公は政治の達人だから、ぬるい妥協ルートは、全て前もってふさがれる。悪役は仕方なく、悪事をどんどん大きくする選択枝へと追いやられて、追い詰められて、涙目でご老公に絶望的な戦いを挑まされる。「助さん」「角さん」「印籠」は無敵だから、悪役はそこで叩きつぶされて、ご老公は笑顔を振りまいて、次の獲物を探しに旅に出る。

黄門様のあの笑顔は、助さん角さんのえげつない暴力描写が支えている。

2010-01-27

http://anond.hatelabo.jp/20100127001517


大一病でいきなりラカン読んでもよっぽどの

人じゃないと挫折するから、君のリストにも出てくる本を読んで頭の中、露払いしてもらうのはいいけど、

その思想を獲得した御本人のロジックや思考過程と対話できるから原著読むのは辛いけどそれはそれはエキサイティングだけどな。

飲み会で威張れるために本読んだってしょうがないじゃん。

2010-01-18

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

ttp://www.melma.com/backnumber_45206_4731661/

(読者の声1)民主党の「外国人地方参政権法案」が議論になっていますが、それはまだ序の口です。というか、それはほんの露払いにしかすぎません。

民主党小沢鳩山らがたくらんでいるのは、在日外国人日本人以上に優遇する「外国人住民基本法」の制定です。

この「外国人住民基本法」は、「外国人参政権法案」や「人権擁護法案」等を包括する在日外国人の「権利の章典」のような基本法(一種の憲法)であり、在日外国人を徹底的に優遇する基本法です。

これを担当・推進しているのは民主党アナクロ左翼議員円より子ですが、法務大臣千葉景子社民党党首の福島瑞穂らもこれを強くバックアップしています。公明党共産党も当然、加担するはずです。

 この「外国人住民基本法」の法案を読めば、常識ある日本人なら唖然とするでしょう。どんな外国人でも3年または5年以上日本に滞在していれば(不法滞在者も含めて)、参政権はもとよりあらゆる行政サービスを受ける権利があるとしており、さらに遡って年金戦後補償なども受けられる上、二重国籍取得も可能となります。

パスポートがなくても自由な出入国を保障しなければなりません。また外国人日本公務員になる権利まで定められています。さらに「自己言語を使用する権利」が規定されていますから、他の条文と組み合わせれば、日本社会では支那語や朝鮮語による表示が必須となり、日本社会日本語が通じない社会となる可能性が大です。

地方自治体にも、そうした外国人優遇を具体化した条例を制定することを義務づけています。やがて在日支那人在日韓国人警察官日本人を取り締まるのも時間の問題となるでしょう。

 しかもこの法案にいう「外国人人権審議会」は、日本人に対する弾圧言論統制をおこなう機関です(もちろんそのような明文規定はありませんが、いずれ細則や省令で実態がハッキリするでしょう)。

人権擁護法案にいう人権擁護委員会が、ここでは「外国人人権審議会」という名で、形を変えて盛り込まれているのです。これが日本人抑圧機関となることは火を見るよりも明らかです。これは、日本列島が「外国人には天国」「日本人には地獄」となるような法案なのです。(「支那人」などと発言したら早速「外国人人権審議会」に拘束されるかもしれませんね)。



【「外国人住民基本法案」のPDFファイル(↓)】

ttp://www.pusan-jchurch.org/gaikokuzinkihonhou.pdf



 この法案には、在日外国人の権利が、考えられる限り網羅されており、わずか23条の条文の中に「権利」という言葉がなんと70回以上も出てきます。ところが「義務」はわずか2回しか出てこない。しかもその義務たるや日本側の義務であって、外国人側の義務ではないのです。

外国人の義務については一言も規定されていません。なんと外国人に都合のよい法律でしょうか。

外国人スパイ工作員奨励・優遇・楽園化法案といっても過言ではありません。

 それもそのはず、この原案をとりまとめたのは「外登法問題と取り組む全国キリスト教連絡協議会」という怪しげな団体。公安当局の見方では、これは在日大韓基督教会ダミー団体のようです。

 民主党は一体どこの国の政党なのでしょうか?

 なお、「外国人参政権」は民主党マニフェストからは外されていました。

つまり国民公約した政策ではないのです。もちろんこの「外国人住民基本法」も同様です。小沢政権を取ったら、バカな国民を尻目に、一気に実現したいと考えていた法案なのでしょう。

確かにこれは、韓国人支那人にとって「天国のように住みよい日本」を造るための「日本改造法案」です。小沢が言うように「これは革命だ」ということなのでしょう。

 韓国人支那人を、かくまで優遇する小沢の真意はどこにあるのでしょうか?

日本人からは表現の自由を奪い、外国人には全ての自由と権利を与え、日本人にとって住みにくい日本をつくる、という日本人を舐めきった法案です。小沢の両親は戦前日本帰化した在日朝鮮人だったというネット上の「噂」を信じる人も増えることでしょう。

 小沢円より子に「外国人住民基本法案とりまとめを急げ」と指示しているそうです。「外国人参政権」の次には、この「本命」が控えているのです。日本人大衆はそのために政権交代を望んだのでしょうか? 

小沢独裁を許し、無能宰相をのさばらせ、在日外国人日本人以上の権利を与えるために。

   (池田一貴)

2009-06-25

自衛隊広報部隊のやり方

以前とあるイベントに行ったときのこと。

そこでは前年度には警察海保広報が来ていたのですよ。ところが今年はそれと合わせて自衛隊広報がご登場。

やはり自衛隊といえば左派の反発が怖いので、まず警察海保広報露払いにしてみて、反発が少なそうなら満を持して登場する、といった方針を取っているのでしょう。

彼らも仕事なのでさほど悪く言う気もありません(観客は結構楽しんでいたみたいです)。ただそうやって着実に既成事実を積み重ねていく様を見ていると、旧軍戦線を段階的に拡大していったことをどうしても連想してしまいます。

こんなやり方で大丈夫なんでしょうかねぇ。

追加:

なんか勘違いしている人がいるみたいですが、私は自衛隊存在意義を認めていますよ。ただ、しかるべく制御しなければならないと思うだけでして。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん