「バイアス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: バイアスとは

2016-08-30

http://anond.hatelabo.jp/20160830112142

ハンバーガーコーラ「売れたものを良いものだったと認識しているだけの生存バイアスってやつじゃない?」

2016-08-29

台風の進路予想に関していつも思う疑問

今回の台風10号の進路予想を見てて思い出したけど、

積年の違和感

台風の進路予想ってわざと日本に来るようにバイアスかけてるよね。

2016-08-28

話の一部を聞いただけで叩こうと思うな

リオオリンピック男子棒高跳表彰式で、銀メダルフランス人選手にブーイングがあった、という少し前のニュースを知った

ブーイングを受けた選手世界記録保持者で、ブラジルの若手選手最後まで競っていた

最終的にはブラジル選手が優勝した

競技中にもブーイングを受けていたが、翌日の表彰式でもブーイングはやまなかった、という記事



ここまで読んで、まず「ブラジルの人が優勝したのに、なぜ最終的に負けたフランス人表彰式の時までブーイングがあったのか」と思うのが普通だと思う

フランス人金メダルを取る、つまりブラジル人が金を取れなかったというのならブーイングをする気持ちは分かる(正しい正しくないの話ではなく、筋は通っている)

しかしそうではなかった

どうも納得できない

話の筋が通っていない気がする

とりあえずブコメを読むとブラジル人観客の民度を蔑むようなコメントがいくつかあった

本当にそうなのか

他のサイトで調べてみたところ、前日の競技終了後、フランス人選手がブーイングを受けたことに対し抗議のコメントをしていた

さらナチス時代アメリカ黒人選手名前を出し、その選手以来の扱いを受けた、と発言したそうだ

どうやらその内容に対して観客は翌日ブーイングしていたらしい

フランス人選手は、アメリカ黒人選手関連の発言に対し後日謝罪したという



ここまで聞けば話の筋は通っている

そしてそこまで理解した上で、競技中のブーイング、それに対するコメント、またアメリカ黒人選手関連の発言表彰式中のブーイングなどについて自分意見を述べるべきだと思う

ニュースなどで全体の一部だけ聞き、すべてをわかったような顔で偉そうに批判するのは間違っているだろう

もちろんすべてのニュース自分でいちいち調べなおす必要はない

ただ今回の件は明らかな矛盾点、引っかかる点があるにもかかわらず、自分南米の人を下に見ているというバイアスによる軽はずみな発言が起きている

ネットでかつ匿名であれ、そのくらいのことも調べず自分感情だけで意見を言うのはいただけない

2016-08-23

続【新共通テスト記述式】氏岡真弓氏による朝日新聞記事批判する

前回のまとめと補足

前回『【新共通テスト記述式】氏岡真弓氏による朝日新聞の記事を批判する』という記事で、朝日新聞編集委員 氏岡真弓氏の署名記事について批判した。

その要点は、氏岡氏の記事が、国立大学協会入試委員会対応に関して、(意図的にせよ結果的にせよ)明らかな印象操作を行い、「新共通テスト記述試験大学側が採点する」という方法が極めて問題の多い案であるという事実を十分に報じないまま、この方法採用を後押ししてしまっているという点にある。

いくつかのコメント飛ばし記事であるとか文科省側のリークというような話が出ていたし、私自身もその可能性はあると考えている。

しかし、その一方で、私は文科省国立大学協会も正しく状況をレクチャしたにも関わらず氏岡氏自身が(意図的無意識かはともかく)内容や方向性の間違った記事を書いた可能性、つまり氏岡氏の持っていた見解バイアス資質問題が今回のような記事を書いてしまった原因である可能性も留保している。

これらの点を詳らかにするためにも、氏岡氏は自分自身言葉で今回の記事に関する経緯を説明してほしいと考えている。

今回批判したいこと

今回私が批判したいのは、8月19日朝日新聞4面に掲載された『<解説>大学に負担、利用未知数 新テスト記述案』という記事である

前回の内容は記事化の経緯に関する点であり、氏岡真弓氏に非があることは明らかであると(少なくとも私には)感じられる問題だったが、今回はもう少し論争的な部分を批判したい。

はじめに結論をかけば、

氏岡真弓氏は今回の新共通テストに関する問題特に採点方法問題を論じる/解説するにあたって、この問題に関する十分な見識を欠いているのではないかということだ。

私が特に重要視している記事記述は次の2つの記述に集約されている。

この問題を論じるにあたって、国立大学協会入試委員会の提出した論点整理や文科省有識者会議=高大接続システム改革会議の出した最終報告は役に立つ。

記述問題形式

氏岡氏の8.19付解説記事最初記述について考えたい。

私の批判の要点は、氏岡氏はこの記述の中で、記述問題において何を問うかという点に関する検討理解を十分に行わないまま独自解釈を述べていないか、ということである

特に、「文章理解説明する設問」と「自分の考えを書く問題」とを明確に区別した書き方をし、大学側が採点する方法を採ることにより、後者可能になったと断定している点である

国公立大学二次試験国語で問われている問題はおおむね前者にあたり、文章記述の内容把握や根拠説明要求するものになっている。

一方小論文試験や国公立でも非常に僅かだが一部の大学2016年度だと例えば滋賀県立大静岡大首都大学東京島根大など。ほかにもあるかもしれない。)の国語試験には、課題文の内容理解を踏まえる形で「あなたの考えを述べよ」という「自分の考えを書く問題」が出題されている。

では、新共通テスト記述問題で本当に後者のような問題を出すことが想定されているのだろうか。

高大接続システム改革会議の最終報告には、

国語については、次期学習指導要領における科目設定等を踏まえ、知識技能に関する判定機能に加え、例えば、言語を手掛かりとしながら、与えられた情報多角的視点から解釈して自分の考えを形成し、目的や場面等に応じた文章を書くなど、思考力・判断力表現力を構成する諸能力に関する判定機能を強化する。(p.54)

とあり、ここにみられる「自分の考えを形成し」という語句一見氏岡氏の記述合致しているように見えるかもしれない。しかし、これは、例えば選択肢を選ぶのではなく自分言葉説明することを指していると通常は解釈するように思う。

実際、

大学入学希望学力評価テスト仮称)」の記述問題については、現在国立大学二次試験で行われているような解答の自由度の高い記述式ではなく、設問で一定の条件を設定し、それを踏まえて結論結論に至るプロセス等を解答させる「条件付記述式」を中心に作問を行うことにより、問うべき能力評価と採点等テスト実施に当たっての課題解決の両立を目指す。(p.56)

と述べられていることを見落としてはいけない。最終報告のp.75に掲載されている図も見落とすべきではない。

まり「解答の自由度の高い記述式」や「小論文」は、創造性・独創性芸術性の評価も含む問題であり「個別入試になじむ」と整理されている。

仮に大学が採点することになるからといって、この整理を放り出して、「解答の自由度の高い記述式」や「小論文」を出題するとか、

自分の考えを書く問題」を出題すると述べるのは、議論の成果である最終報告よりも明確に一歩踏み込んだ記述になっていると言わざるを得ない。

では国立大学協会の「論点整理」ではどのように記載されているだろうか。

解答文字数をふくめて出題の多様性の幅が拡大することである。また、設問の中に構造化された能力評価観点を踏まえつつ、各大学学部)はアドミッションポリシーに基づき独自の採点基準採用することができ、各大学学部)の主体性が発揮できる。

ここでいう「解答文字数をふくめて出題の多様性の幅が拡大する」という記述には、氏岡氏の言うような「これまでの記述式で中心だった文章理解説明する設問と違い、自分の考えを書く問題づくりが可能」という趣旨を読むことはできないと私は考える。

というのも、ここでいう「出題の多様性」という文章は、前半にある次の記述を受けてのものからだ。

全国共通試験への記述式・論述問題の導入は、多肢選択問題では測ることのできない能力評価するための大改革であり、適切にその能力評価するためには相当数の問題が課されるべきである。また、評価すべき能力が個々の設問の中に構造化されるわけであり、その観点からは、短文記述式(40-50 字)設問のみでは、改革の主旨に沿った十分な評価を行うことができないと言わざるを得ない。解答文字数を含めて出題の多様性が出来るだけ拡大されることが望ましい。短文記述式のみでは早晩パターン化し入試技術化する危惧あり、持続可能性の観点からも、同様のことがいえる。

これは、「これまでの記述式で中心だった文章理解説明する設問と違い、自分の考えを書く問題」を出題するべきというよりは、文字数は40-50字の短文記述よりは長めで、個数は多めにするべきということである。個数を多めにというのは扱う内容の多様性を確保せよといっているように私には見える。50万人が共通して受験するテスト場合、題材が1つだけだとどうしても能力よりもその話題になにがしかの知見があるかどうかなどの運の要素も出てきてしまう。十分な量の問題と十分な長さの解答要求をすることでしか「適切に能力評価」することはできないだろうと言っているように見える。ここには、「これまでの記述式で中心だった文章理解説明する設問と違い、自分の考えを書く問題づくりが可能」というような観点は入っていない。氏岡氏の記述国立大学協会の「論点整理」の文脈からもはみ出していると考える。

また高大接続システム改革会議の最終報告の参考資料2には、今回の新共通テスト問題例が掲載されている。(ただし、あくまでも何を問いたいかを例示するためで直接試験で出題できる問題として掲載しているわけではないという注釈付き。)この中の「国語」の問題では、交通事故発生件数・負傷者数・死者数の年度変化を示すグラフを掲げ、「交通事故の死者数が他よりも早く,平成2年1990年)以降減少傾向になっていること」の理由について考えさせている。要求しているのは、資料から読み取れる内容の記述自分の主張を裏付けるためにはどのような資料を見ればよいか記述させることである。これは、「自分の考えを述べる」問題ではないことは明らかである

また氏岡氏は自身ツイッターで次のように述べている。

入試改革を引っ張ってきた国大協の委員会ででた案。出題の幅がぐんと広がる。注目です。

「出題の幅」とはどういう意味なのかはっきりしない。最初に取り上げた4面の解説記事記述にもあるが、「自由記述」「本格的な記述」のような書きぶりにも現れているように、言葉の選び方が不用意で十分に検討したと思われない。

しかし一方で、氏岡氏の名誉のために、次のことは指摘しておくべきだろう。

読売新聞8月20日付の記事『大学新テスト、英語「話す」で民間試験の活用案』の中で次のように記述している。

国大協は記述式の採点を、受験生の出願先の各大学が行う案を示した。(中略)国大協はテスト1月中旬実施しても、大学が採点すれば200字~300字程度の記述式が導入できると想定大学による採点が難しい場合は、採点期間を国立大学前期試験直前の2月下旬まで延長する別の案も示した。

これも国大協が大学側が採点するという案を提示したという問題のある記述をしているのだが、それ以上に、国大協が「200字~300字程度の記述式が導入できると想定」などという「論点整理」には全く書かれていない話を登場させている点に注目したい。

「40-50字の短文解答式」ではまずいという議論から、いきなり「200字~300字程度の記述式」というところへ直接は結び付かない。

上の最終報告にある問題例は、40字以内と80字以上100字以内の設問である。通常、短文解答式ではないものを、という点でみれば、いきなり200字~300字となるのではなく、80字~100字程度の文字数ということを考えるのが自然ではないだろうか?

また国公立二次試験を見ても、単独で200~300字の記述要求する大学はむしろ珍しく、東大でさえ最大文字数の問でさえ100字~120字で述べさせる問題である

もちろんこの「200字~300字」というのが、たとえば小問3個での合計解答文字数というなら話は違ってくる。(1個の大問全体での記述量が500~600字程度ということは珍しくない。)読売記事がそのあたりの正確さを欠く記事になっていることは批判されるべきだ。

今回のまとめ

まり考えられることはいろいろある。

といったことだ。

 しかしどれであったとしても、氏岡氏の記事は、高大接続システム改革会議の最終報告から乖離しているし、現状の国公立二次試験での国語の出題状況などについても十分把握しているとも言い難い。また19日時点では取材していなかったのかもしれないが、国立大学協会の「論点整理」とも乖離している。こうした点からも、署名記事を書いた氏岡氏はいったいどういう経緯と解釈でこの解説記事を書いたのか説明するべきだと私は考える。


 実は、国立大学協会論点整理の中には、次のような記述もあることを付け加えたい。

そもそも、記述式・論述問題評価すべき能力いか構造化できるかは、根源的な課題である評価すべき能力構造化があって初めて、各大学学部)はアドミッションポリシーの中に、記述式・論述問題を適切に位置づけることができる。しかしながら、国立大学全体にも大学入試センターにも、そのための知識ノウハウの蓄積は未だ十分ではない。平成 32 年度実施に向けて能力構造化に向けた記述式・論述問題設計理論構築、体系化が喫緊課題といえる。国大協としても、過去の各国立大学個別試験における記述式・論述問題に関する実績を調査分析することなど、この課題積極的に取り組んでいきたい。

これは、どのような形式で何を問うかということについて、決して十分な知見があるわけではないことを述べており、すなわちこ(「学力の三要素」といった抽象論ではなく)具体的な設計レベルでみれば、新共通テストにおける記述問題形式や内容についていまだに十分合意が取れているとは言えない現状を示している。にも関わらず、「これまでの記述式で中心だった文章理解説明する設問と違い、自分の考えを書く問題づくりが可能」とか「大学が採点を担う国立大学側の独自案が具体化すれば、入試改革は実現に大きく近づく」などと断定する氏岡氏の記述に私は強い不信感を抱かずにはいられない。

2016-08-22

http://anond.hatelabo.jp/20160814180024

情報の取捨選択バイアスがなく、迎合せず、しか独りよがりにならない思考が出来る人はごく限られてるはず。

いくら自分の頭で考えられても、ブルーボーイみたいにはなりたくない。

はてぶでのエンタメとしての炎上を防止する方法

最近、はてぶで炎上してる案件をみて思うけど、エンタメだよなーと思う。

しばらくして飽きたら次のターゲット探しにうつる

軍隊ありみたいなものターゲットを見つけると食べ尽くすまで止まらない。

扇情的コメントほどスターを集めやすくて、それが主要な意見のように見える。

それって在特会がやってることと対象が違うだけで一緒だよね。

でもこれは人間本質なんだと思う。

アメリカによるイラク攻撃も、アメリカ以外の国はアフガニスタンはともかくイラク関係なくね?と思っていたと思う。

でもあの時のアメリカ国内の風潮は反対するもの売国奴だという雰囲気が醸成されていたし、反対すればテレビ新聞イラク侵攻は正しいと全力で叩いてた。

ドイツ首相アメリカイラク侵攻に反対すると、もうドイツは敵だといわんばかりの雰囲気だった。

一方向の意見がなんとなく形成されると、あとはそれにひっぱられてはてぶ世論が傾いていき、中には凸するやつが出てくる。

はてな民は頭の良い人が多いと思う。

なので、そういうのを感知したら止めにはいってほしいと思うし、止めに入りたいと思ってる人も多いのではないかと思う。

そこで提案です。

これ異常にバイアスがかかってるなと思ったら「エンタメ炎上案件」とハテブして、それに同意する人はスターをつけていくというのはどうでしょう

同意する人がおおければスターがいっぱいついて人気コメントになって上に表示されて、いま油を注ごうとする人を落ち着かせることになるのではないか

逆に同意する人が少なければエンタメではないと見ることもできるし。

2016-08-21

貧困JK炎上で最終的に行わなければいけないこと

件の炎上では、観測バイアスがかかっているとはいえ、

ツイッターはてブでも過度のネットリンチ批判して、

JK擁護する声の方が強くなってきているような気がする



自分ネットリンチ全面的否定派なので、そういう記事にはブクマつけるようにしていたんだけど、

今日もそんな擁護派のブログを読んでいたとき

コメントまとめブログへのリンクがはってあって思わず踏んでしまった

今考えるだけで胸糞悪いんだけど、そのサイトには渦中の人物の住所とそこに突撃した奴が撮ったとかい写真が載せてあった

真偽は不明



これじゃまるでパラノイア妄想集団スト―カーの現実化だ

このまま炎上が沈静化すればいいって思ってたけど、それじゃ足りないみたいだ

こいつらには法の制裁を下すべきだ

その際、まず動くべきは当事者であるNHKだろう



胸糞悪すぎて変な文章になってしまって申し訳ない

2016-08-18

俺の妹世界一かわいい

長期の休みは、いつも実家帰省する。実家には二歳下の妹がいる。この妹に再会するたびに、ひょっとして俺の妹世界一かわいいんじゃなかろうかと思う。今回も思った。なので、多分、俺の妹世界一かわいい

よく「リアル妹はかわいくない」的なリアル兄たちの声をネットで見る。そんなことはない。少なくとも、俺は妹がかわいい。かわいくてかわいくて仕方ない。むしろ二次元妹を見て「たしかかわいいが、うちの妹の方がかわいい」まである

このかわいい理屈ではない。家族バイアスがかかっているので、妹の容姿客観的にどうなのかは正直わからないけれど、多分良い方だと思う。かわいいというよりは、美人である。一時期あだ名FFルールーだった。そういう美人である。もうぼちぼち三十路を迎える歳だが、いまだに学生の頃とほとんど見た目が変わらない。単純に化粧がうまいという説もある。でも、仮に妹の体重+100されていようが、世間から見て見目良かろうが悪かろうが、多分妹をかわいく思う気持ちは揺るがない気がする。あれが好きとか、ここが好きとか、何か理由のあるかわいいではない。ただただ、妹がかわいい

最初からこうではなかった。小さい頃は喧嘩ばかりしていた。ほぼ毎日喧嘩していた気がする。喧嘩しなかった日は、母がカレンダーに花丸をつけて褒めてくれたくらいだった。もっと歳が離れていれば割り切れて仲良くできたかもしれないが、二歳差だと、こんなものだと思う。

妹がかわいいなと思うようになったのは、妹が中学にあがって反抗期を迎えた頃だと思う。家の中で、喧嘩の対戦カード母親vs妹にシフトした。俺は、家に居場所のない妹が、見ていて不憫だった。なので、妹にやさしくした。それまでの兄妹関係がさんざんだったので、最初はすげなくされたが、ずっとやさしくし続けていたら、だんだん妹もデレてきた。その頃には、すっかり妹がかわいくなっていた。シスコンお兄ちゃんの出来上がりである

(ちなみに、今は反抗期もすっかりおさまり、妹と母親関係は良好である)

お互い大人になった今はそこまででもないが、十代の頃は、妹の方も結構ブラコン入っていた気がする。妹のブラコン疑惑逸話としては、男に告白されると、まず俺に相談してくるという謎のフローがあった。俺が強制したわけではない。自分では判断がつかなくて、泣きながら話を持ってくるのだ。俺は話を聞いて、妹をなぐさめ、場合によって、妹のかわりに相手に会って、おことわりの返事を伝えたりしていた。告白したと思ったら、突然兄が出てくるわけだから相手の男は、さぞ面食らったことだろう。当時を振り返って、少し申し訳なく思ったりする。

(さすがに、最近はそんなこともなくなったので、今の妹には彼氏の一人くらいいるのかもしれない。それはそれで、とても良いと思う。幸せ恋愛をしてほしい)

近頃の俺らの距離感は、おそらく「多少スキンシップの多い仲のよい兄妹」くらいではないかと思う。機嫌がいいと、妹は俺の膝に乗ってくる。最近出てきた俺の腹をぺしぺし叩きながら、謎の鼻歌を歌ったりする。俺も俺で、疲れている時は、妹の膝に頭を乗っけて昼寝したりする。あるいは、妹の髪を梳きながら、頭皮にきびがないか探したりする。背中合わせに座って、お互いにずっと違う漫画を読んだりする。好きな動画を互いに見せ合って、布教しあったりする。

時々、妹が結婚相手を家に連れてくる未来想像する。多分、俺は有給を取って、実家に駆けつけると思う。そして、重々しくもさりげなく、「幸せにな」くらい言ってやりたい。なかなかかっこよい兄っぷりではないか。親が反対するなら、また妹に味方してやってもいい。俺は妹に幸せになってもらいたい。

ただ、いざその時を迎えたら、どんな気持ちがするだろうと考えると、少し切ない。俺にとっての妹は、かわいいだけでなく、俺の半身みたいなところがある。俺が生まれから妹が生まれくるまでの二年間を除けば、今までずっと互いに兄妹をやってきた。結婚してからもその事実は変わらないだろうが、俺はなんだか自分の体が半分になったような喪失感を覚えてしまうんじゃないだろうか。そうしたら、俺は半分に減った体で、この先どう生きていけばいいんだろう。

震災が起こった時も、似たようなことを考えた。一時期家族と連絡がつかず、生死が不明だった。父が、母が、妹がもしも死んでいたら、俺はこれからどう生きていけばいいんだろう。電気のつかない部屋で一人そんなことをぐるぐる考えていた。俺一人生き続けたところで、何の意味があるんだろうか。周囲と連結されない人生孤独だ。

から、生きていてくれるだけで、元気でいてくれるだけで、本当は充分だ。それだけで兄ちゃんはうれしいんだよ。うれしいはずなんだけれど、いざおまえが結婚する時のことを考えると、兄ちゃん、今からこんなに不安になってしまうから人間というのは欲張りなものだね。

そういうわけで、俺の妹世界一かわいいという話でした。

美容院業界の闇は深い

例のなんとかペッパービューティーで美容院予約したんですよ

口コミ見たら高評価で良さそうだったんで

そんで行ってみたらまず入口からしてヤバそうな雰囲気

店内も案の定.いろいろ行き届いていない.

この時点で帰れば良かったんだけど,バイアスかかってるから帰りにくいよね

で,実際にカットが始まったら凄いんですよ

バリカンとブラシでガーッと切り始めて

そんでものすごい勢いでカットしてくの

そんで前髪もバッサバッサカットすんの

人生で前髪をこんな大胆にカットされたの初めてですよ

で,ものの5分ほどで終わったから頭流して,みたいに言ってるの

全然髪の毛とか顔にべったべったくっついたままなのに

シャンプー終わって鏡見たらほぼ丸坊主に近い角刈りのおっさんがそこに居たわけ

そんで3500円とか取られて帰されたんだけど,帰って嫁に見て貰ったら

「金出すからもう一回他でカットしてもらってこい」

って言われて,結局別のとこでカットしてもらった

といってもほぼ丸坊主だったから苦労したんだけど,カットして貰った人がいい人で凄く良い感じに仕上げて貰えた

ちなみにそこは初回だったので2500円ぐらいだった



で,話はここからなんだけど,どうも納得行かないからもう一回ホットなんとかビューティー見たわけですよ

やっぱり最初に行った店は高評価連発

ところがよくよく見てみたら高評価の間に挟まって星1の評価がちらほら目立つ

内容は俺がカットされた内容とほぼ同じ

「なぜこんなに評価が高いのかわかりません」って書かれてる.ほんと同意する.

ずーっとスクロールして見てみたら星5と星1しか評価が無い

そんでよく見たら星5はほとんど同じ日に書き込まれてる

土日とかじゃなく水曜日とかにガーッと星5が連発する感じ

もう,これは流石にヒドイと思ったんだけど,あの汚い店の店長口コミ偽装みたいな面倒くさいことできるか?とも思ったわけ

アカウントを大量に用意しないと駄目だし,口コミ内容もいろんなパターンを用意する必要がある

そうなると,業者存在が疑わしくなってくる

複数アカウントを持っていて,契約してくれた美容院に対しては定期的,もしくは要請に応じて高評価口コミ実施する

口コミは実際に予約しないといけないから,予約するとき業者だと分かるような注釈を付けるのかもしれないね

ぶっちゃけスクリプト書けば一人で100個や200個のアカウント管理するのは簡単だし

評価新規店に直接営業かければ乗ってくる店はいっぱいありそう

というか俺でも小遣い稼ぎ出来そう,とか思っちゃうあたりやってる奴いっぱいいそうだもんね

2016-08-16

子供が見たらショックを受けるだろ!!」って言ってる奴ってさ

自分子供だった時の目線が無くなってるんじゃないかと感じる。

分子どもが出来て親になったタイミングとかにそうなっちゃうんだろうね。

子供が生まれて可愛くなっちゃうんだろうね。大切に育てたくなるんだろうね。

徐々に子供を見る目が大人から見た子供イメージステレオタイプに染まっていくんだろうね。

純真で素朴」「夢を壊しちゃいけない」みたいな。

クソみたいな卑劣な心を持ってたり、妙に大人びた子供っていたけどね。結構

子供の頃そういう目で見られるのが苦痛だった。親のイメージ通りに育てさせられて嫌だった」みたいな体験談ネットにいっぱいあってあんなに共感されてるのにね。

子どもに変なおっさんを見せてもなんともないし、殺人事件ニュースを見せてもなんともないし、ゲームやらせてもなんともないし、コンビニエロ本を見せても何の影響もねえよ。

添加物モリモリの食品食わせても何の問題もないし、糞汚いところで泥だらけになって遊んでも何の問題もないし、ちょっとくらい親が子供を怒鳴ったり叩いたりしても何の影響もねえよ。

生存バイアス!」「マッチョイズム!」っていうけどさ、そんな何の淀みもなく育つ人間なんていねえよ。

まあ、プリキュアの件について言えば、サンタを信じる信じないみたいなもんだから、各家庭が各々でゾーニングすればいいよね。

サンタがいないと子供が一人で気づくまで待つか、サンタの話なんてそもそも歯牙にもかけないかは、各家庭の問題だろ。

街でサンタコスプレをしたオッサンを見たら、「本物のサンタさんは今外国にいるんだよー」とか言うみたいに「あのおじさんはプリキュアが大好きだからプリキュアの格好をしてるんだよー。本物のプリキュアたちも同じ格好をしてくれるのが嬉しくて喜んでるんだよー」とか言うだろ。知らんけど。

あと、アレルギーとか体質とかの子どもにとって深刻な問題や、子供性格とかの成長する上で重要資質はしっかりと親が知って、ケアして上げることが大切だよね。(ありきたりな正論でしめる)

2016-08-14

感情移入させる報道が苦手

https://www.buzzfeed.com/kazukiwatanabe/family-told-about-their-son-and-hitotsubashi-lawschool?utm_term=.pmMRq1pAE#.tyNb62Laz


この記事を読んで思った。感情移入させる報道が苦手だ。

Aくんとご遺族は本当にお気の毒だったと思う。しかしそれは置いておいてこの記事の書きっぷりが嫌いだ。

被害者の育った家庭はこんなに立派で幸せそうに見える。被害者は愛されて育ったのだろう。被害者は素敵な人柄だったらしい」

記者の「読者に感情移入させるぞ」って意気込みがすごい。こうも記者主観丸出しで書かれると記事全体も相当なバイアスがかかっているんじゃないかと身構えてしまう。

マスコミには淡々事実を伝えて欲しいのだが(どの事実を伝えるかという取捨選の問題はあるにせよ)、マスコミはどうやらそうではないらしい。障害者施設襲撃事件被害者の氏名が公開されなかった時の反発はすごかった。

何でこんなに感情移入を促す報道が嫌いなのかは分からない。多分、人の感情を揺さぶって世の中を変えようとするのって報道っていうか政治っぽいなって思ってしまうからかもしれない。

2016-08-12

http://anond.hatelabo.jp/20160812115618

この手の記事は、女同士の空中戦になって男は置き去りにされることが往々にしてあるけど、

性別を問わず努力が報われていない弱者フォローする内容になってるし、

トイアンナみたいな成り上り層も同意の内容となっていて、広い層から支持を集めるのも納得。

惜しいのは、生存者バイアスという言葉だけに原因を帰結させてしまっているとこで、

自己奉仕バイアス」(成功自分自身努力、失敗は外的要因と思い込む傾向)も踏まえた分析も書いて欲しかった。

2016-07-24

http://anond.hatelabo.jp/20160724220258

8年前くらいの哲学のままそれも他の人文知識さえもない典型的バカって感じ

人間理性的でない事実及び集合知ではそれらは補完されない事実

バイアスによって偏ったまま数の力で流される

自分に心地良い意見しか選択されず頭の良い他人の話なぞ聞く気もないバカであふれまともな人間から沈黙を選ぶ環境しかない

自覚のないバカ理屈でいくとバカにとっての良バカにとっての最適化しか志向できないためにバカでない人たちから徹底的に切り捨てられて終わるのだがおなじバカから褒めてもらえたというだけで自分が崇高な存在になれたかのような勘違いやらかしバカ同士で全体性を目指す地獄へと走り始める

悪夢しかない

2016-07-18

沖縄地元民がテレビインタビューで「騒いでる人はほとんど地元民じゃない」「地元民は皆基地を受け入れてる」って答えてる画像

そういうインタビュー画像見て、ああ、騒いでる人は全員他所からきた反日中国人で、地元の人はなんとも思っていなくて、基地安全で、受け入れない奴は非国民で、って思っちゃう人って、

インタビュー受けた地元民こそが偏った政治思想を持っていて、バイアスがかかっているだとか、意図的に嘘を言ってるだとか、近所付き合い薄いから近所でデモに参加している人の存在を知らないだけだとか、極端な話、そう答えている人こそ実は地元民じゃないとか、そういう可能性は一切考えないんだろうか。

国防意識の高い人なんてそこらじゅうにいるわけだけど、そういう人がインタビューされたら普通に考えて基地側に有利なことを言うに決まってるじゃん。あるいはデモ隊を見てその中に知ってる顔の人がいなければ、悪意がなくてもこの人達は全員余所者なんだなって認識するかもしれない。デモ人口の1%が行くとしても、近所の100人に1人しかデモいかないんだからデモ行ってる人の中に近所の人が居る可能性なんてわりと低いじゃない。

何%が騒いでいて、何%が基地を受け入れていて、住民民意はどうなのかということについて定量的に話をしないと意味が無いでしょ。なんで画像1枚で納得しちゃうのかな?

2016-07-16

ポケモンgoってたまたま海外流行っただけで

金ない奴の選択支持バイアスはどこでもありそう

日本人国民性とか都合良すぎ

おれはマジでゼロから何もないけど

2016-07-10

http://anond.hatelabo.jp/20160710232919

文化バイアス掛かり過ぎでなんにも役に立たんクソリストよく持ってくる気になったな。その凡庸アイデア無駄な行動力に脱帽する。

リベラル政党憲法原発の話ばかりで雇用経済に無関心、って言ってる人達

いや、社民共産あんなに最低賃金引き上げとか消費税増税反対とか叫んでるじゃん

目に入らないの?

最低賃金を上げたら中小企業が潰れるので反対である

・どうせ政権を取れないので入れない

…というならまだ分かるが、『無関心』っていうのはおかしいでしょ

リベラル政党憲法原発の話ばかりで雇用経済に無関心って言ってる人達

単に自分達が見たいものしか見ないというバイアスをかけているとしか思えない

http://anond.hatelabo.jp/20160709201340

まったく放置されてねーがな

PR用のサイトをつくって

PR用の漫画をつくって

PR用の冊子もつくって無料配布して

単に今は選挙ウケが悪そうだからアピール控えてるだけで

何年も何年もかけてやってるよ



他のとこでも「あの憲法草案なんてネタでしょ?」とかいってる自民支持者見たけど

それ正常化バイアスっていうんじゃないかね?



目を覚ませ、希望的観測にすがるな

お前が投票しようとしてる相手

お前自身が「ネタかな?」と思うレベル草案を大真面目に押してる相手

2016-07-09

結婚生活はすばらしい - それを知らせたい

自分結婚して子供が二人いる。

夫婦のそれぞれの問題でとても大変なこともあるが、それらを乗り越え幸せ結婚生活を送っている。



■■結婚についての教育

そもそも現代日本社会において、小・中・高・大と結婚について詳細な教育を受けることがない。

下手すると親から結婚とはなにかと教わることがないかもしれない。

漠然と、結婚はよいものだ。だからおつきあいしてラブラブだったら結婚しようという社会的な風潮だ。

結婚に至るモデルというのは、安いドラマとかにでてくる情緒的なカップルモデルとする場合も多いだろう。

結婚について教育を受けてこなかった私たちは、なにをモデルにすればよいのか。

結婚してどのようなことが大変で、逆にどのようにしてより幸せになれるのだろうか。





■■夫婦互いが当事者になる

夫婦間で課題が生じ、それについて解決しようとするとき

口論ディスカッションするとき、互いが当事者になる。

問題の渦中にいる当事者パラダイムは、感情的主観的だ。

なかなか客観的にはなりにくい。


自分欠点を強く指摘される、逆に相手の弱さについてストレート言及する。

そのような中において、互いが主観的になる。



これが会社ビジネス上の課題だったらどうか?

ビジネス上の課題がある、この解決すべき課題については客観的に見つめることができる。

冷静に多角的に把握して分析ができるのだ。対象自己の外に向いているからだ。

逆に、夫婦問題場合、己の中にある問題、そして相手の心の奥にある問題に向き合わなくてはならない。

そして、これらに互いが触れる時、主観的になる。

主観的なので視野は狭まり自分相手が持っているそれぞれのバイアスが強く働く。






■■まずロジャースになれ

伴侶が愚痴や不平を言ったときは、まずロジャースになれ。

来談者中心療法を確立した臨床心理大家カールロジャーズだ。


「無条件の肯定的関心」「共感理解」「自己一致」を基軸にしたカウンセリング法だ。



自分が夜家に疲れて帰宅したら、リビングに既に仕事を終えて帰ってきた仏頂面の伴侶がいたとする。

そして、相手会社愚痴・不平不満をいったとする。自分会社ストレスを抱えていてとても疲れていてそんな話し聞きたくない。

それでも、「無条件の肯定的関心」「共感理解」でまず話を聴いて相手理解しようとすることだ。



相手の抱える問題を強く解決しようとしなくていい。

私をはじめ男性はつい、解決案提案しようとやっきになってしまう。ビジネスだったらそれでもいい。

でも、相手感情理解して欲しいのだ。そしてその感情言語化したいのだ。

感情言語化する過程において相手自身課題に気づくのだ。

解決する力はその伴侶のうちにあるのだ。



しかし、自分肯定的に伴侶の話を聴いていて、相手が一線を越えた場合どうするのか?

自分罵倒してきた、言葉による暴力をしてきた、さら言語道断であるが、

暴力を振るってきた場合倫理に逸脱した行為をしてきた場合、どうするのか?






■■正の強化

相手が一線を越えてきた場合、黙っていてはいけない。

応用行動分析学的に、黙っていると言うことは、黙認していること、

その行為を認めていることだ。

相手が行動を起こす→黙認する(認める)→その行動が学習され強化される

といことになる。


自分の考え・感情をきちんと相手に伝えることがとても大切になる。







■■ミッションステートメント

ではどうすればいいのか?

相手の話を聴き、自分の考えを相手に分かるように伝える。

互いが感情的主観的パラダイムにおいて、

結婚当初の愛を深めていくにはどうすればいいのか。



夫婦合意のもと、二人でミッションステートメントを書くのだ。

ミッションステートメントの詳細については検索するとか『七つの習慣』を読むとかで調べて欲しい。



複数価値観のバラバラな人間が集まる会社ですら、ミッションステートメントを書いている。


価値観・生まれ環境が異なる夫婦という共同体においても、

ミッションステートメントはとても重要だ。




まず、それぞれ己のミッションステートメントを1週間ほど書けて紙に書いてみよう。

次に、出来た物を夫婦で見せ合って、語り合おう。それぞれ人生において

なにを目的にしているのか、何を価値観としているのか、いろいろ気づきと共有するところがでてくるだろう。




互いに尊敬し合い、語り合いながら、それぞれのステートメントをまとめて、

つの夫婦家族)のミッションステートメントを書き上げてみるのだ。



なにか夫婦問題が生じても、まずミッションステートメントを取り出してきて、

これを中心に問題について語り合うのだ。


ミッションステートメントなしで話し合うと、「いった」「いわない」の互いに非常に主観的パラダイムになるが、

紙に書かれているミッションステートメントを見ながら語り合うとより客観的問題について語り合うことができる。



まり夫婦それぞれが中心ではなく、その上の原則ミッションステートメント)に従って行動していくということだ。

これが非常に大切なのだ


ミッションステートメントは定期的に語り合いながら見直して、夫婦の節目においてバージョンを上げていくことも重要だ。



■■最後

夫婦互いが主観的パラダイムになりやすいが、もう一つ重要なことがある。

第3者を見つけておくことだ。第3者というのは、夫婦の状況を客観的に見て、

鏡のようにフィードバックしてくれる人だ。

結婚カウンセラーなどがそうかもしれない



だが、カウンセラーでもよいが、

お金をかけずに近所のおばちゃん、親戚のおじさん、学生時代学校先生神父さん誰でもよい。

夫婦お互いが尊敬出来る人、人格が優れている人がいいだろう。



日頃からそのような人と良好な関係を作っておき、相談できる環境を整えておくことは非常に重要だ。

夫婦2人ではなく3人で語り会いフィードバックをもらえば、

夫婦バイアスによって気づかなかった新しい認識を得ることができる。

これはホント大切だ。





最後に、結婚生活ケンカも沢山して、とても大変なことも多いが、

己の欠点相手欠点を見つめ、それらを互いに乗り越え、

己の人格がより向上していく場であると私は認識している。

結婚して本当に良かった。幸せだ。




妻への深い愛と感謝のうちに

2016-07-07

http://anond.hatelabo.jp/20160707113022

綺麗さっぱり悲劇になってるような作品ってそんなにあるか?

大抵のある程度対象年齢が上のマンガはどう思うかは読者に任せます的な微妙な終わり方でまとめられてる気がする

増田感情移入してたキャラが死んだからこれは悲劇だみたいなバイアス入ってない?

2016-07-06

http://anond.hatelabo.jp/20160706211127

いや迷惑だと思ったうえで頼み込んでるじゃねーかお前そうとうバイアスかかった見方してるな

ファミレス家庭料理屋を一緒にしてる時点でなんもわかってない

来店後の態度ったって流れからしてつむぎへの対応が先になるのは普通だろ。その後JKが何か言い出さなきゃお礼言って帰るだろ

お前まず男性キャラへの不快感が先に来て後から不快に感じた理由適当に付加してんだよ

まずは冷静になって作品がやろうとしてるお芝居、演出をまずちゃんと読解しろ

自分はこういう描写が嫌なのーって気持ちだけで偉そうに批判してんじゃねーよアニメ見る能力のない馬鹿は黙ってろ

2016-07-01

白票議論サヨク投票クレクレ問題しかいからやめ!やめ!

http://togetter.com/li/993792

また

政治に参加する人間の方が偉い(が、政権与党投票するようなヤツはバカ)」のはてなーがウジャウジャ涌いて出てるわ

賢い/バカ対立軸しか捉えられないかグダグダの言い争いが果てしなく続く

政治に興味を持ってもらうっつー目的であれば白票も悪くはないがな

ただそんなの有権者選択自由だろ、白票棄権与党投票も全て

「アベ政治にNO!暴走を止めろ!」だけが唯一解としか思ってないお前らこそが選挙不信の元凶だろ

選挙に関心のない連中から言わせりゃ「勝手にやってろ」くらいにしか思わんわ





ってかさ、

投票にみんなで行こう!」

と呼びかける奴らがすでにバイアスかかってんだよね

若者投票に行かないからいまの与党がのさばっているのだ」

って認識だろ

まり

投票率が上がれば今みたいな状況にはならないはずだ」

という無根拠な期待を暗黙裡に含んでいる

よしんば投票率が上がっても、実は自公が伸びるだけじゃね?という可能性を誰も信じてない

まりにも楽天的な見込みなのだ

からこいつらバカなんだよな



そう考えればさ、

結局のところこいつらが言う

「無投票層は選挙に行くべき!」

という主張は、ほぼほぼ

「アベ政治暴走を許すな!投票野党に!!」

って主張とニアリーイコールなわけよ

まり要は

サヨク投票しろ無党派層ども」

っつーことなんだよ




からなんてことはない、

投票問題で騒いでいるはてなーの大部分は、

投票層をダシにしたサヨク野党投票運動を繰り広げているに過ぎないんだよ

そして

「なぜ無投票ダメなのか」

という問いは、

「なぜサヨク野党投票しないのか」

という本音部分の主張の偽装に過ぎないんだよ


その証拠に、

投票率が上がっても自公与党の票が積み上がることをこいつらは絶対に良しとは言わないぜ

BREXITの例を引くまでもないが、

投票の数で負けて民度ガー愚民ガーとか言う負け犬根性の染み付いた連中だよこいつらは



っていうか、お前らみたいな奴らの正体が割れてるから

投票層の連中には一向に響かないんじゃねーの



第一、

与党もどうかと思うが野党はそれ以上にどうかと思う

というのが無党派層大勢だろ

案外きっちり反映されてるんじゃん

民意

こういう民意のある日本が嫌なら、出てくなり新政党立ち上げるなり革命起こすなりなんなりしてみせろってんだよ、



・・・・・おっと、

そういうことが出来ないから、白票バカにして溜飲を下げるくらいしか能がないんだったな

うっかりだったわ



結論

白票論争に毛ほどの価値無し。

以上!