「若大将」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 若大将とは

2021-04-06

anond:20210406084258

でもなんか歌舞伎っぽくなっちゃうから若大将のどっしりしたイメージにはこっちのほうがあってるか。

2021-04-04

俳優田中邦衛さん死去 88歳「北の国から」などで存在感


2021年4月2日 22時10

テレビドラマ北の国から」や「新選組!」、映画学校」など、数々の作品存在感のある役柄を演じて親しまれた俳優田中邦衛さんが、先月24日、老衰のため亡くなりました。88歳でした。

田中邦衛さんは昭和7年岐阜県で生まれ昭和30年劇団俳優座」の養成所に入りました。

昭和32年に「純愛物語」で映画デビューし、昭和36年から始まった映画若大将シリーズでは加山雄三さん演じる主人公若大将」のライバル青大将」の役を演じて、存在感あふれるコミカルな演技で人気を集めました。

その後も、映画化もされた民放の人気ドラマ若者たち」で両親を亡くした5人きょうだい長男の役を演じたほか、ヤクザ映画の「網走番外地シリーズや「仁義なき戦いシリーズでは、悪役としても存在感を見せるなど、幅広い役柄を演じました。

中でも、昭和56年に始まった民放ドラマ北の国から」のシリーズでは、北海道富良野市大自然の中で息子と娘の成長を見守る寡黙な父親の役を20年以上にわたって演じ、温かみのある演技で幅広い年代視聴者をひきつけました。

また、平成5年に公開された山田洋次監督映画学校」では夜間学校に通う中年男性を熱演し、日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞しました。

このほか、平成16年NHK大河ドラマ新選組!」では近藤勇養父、周斎の役を演じ、平成17年NHKスペシャルで放送された終戦60年企画ドラマ「象列車がやってきた」では戦時中動物園で象を守り続けた飼育員を演じました。

平成11年紫綬褒章平成18年には旭日小綬章を受章しています

田中さんは、平成22年に公開された映画最後の忠臣蔵」に出演し、平成24年に亡くなった俳優地井武男さんのお別れの会に姿を見せていましたが、その後、俳優活動から遠ざかっていました。

家族によりますと、田中さんは先月24日、老衰のため、家族に見守られながら息を引き取ったということです。

葬儀家族葬の形ですでに執り行われ、お別れの会などの予定はないということです。

札幌市民

田中邦衛さんの死去について、30代の会社員男性は「大往生ではないでしょうか。北海道といえば『北の国から』。『北の国から』といえば田中邦衛さんだというイメージです」と話していました。

また、50代の女性は「とても有名な方なので残念です。それほど年をとられていたなんて、知らなかったので驚いています」と話していました。

倉本聰さん「気持ちの中に大きな穴」

田中邦衛さんが出演した民放ドラマ北の国から」を手がけた脚本家倉本聰さんは「気持ちの中に大きな穴があきましたね。とにかく人間的にも友人的にも無二の人です」と心境を語りました。

また、このドラマでの配役について「さまざまな候補者がいてその中で誰がいちばん情けないんだろうという議論になって、邦さんになった」と明かしたうえで、「ドラマを通じてとても演技が成長していったと思う。彼の芝居は、本人はとても悲劇的なのに端から見ているとなんともおかしくなる。これが彼の神髄だと思う。情けなさの中に詩がある」と評しました。

そして「邦さんは亡くなったけれど、僕の中で、彼が演じた五郎は厳然と富良野で生きています。またあしたスーパーに行くと、『先生』なんて言われて肩をたたかれるような気がします」と田中さんをしのんでいました。

加山雄三さん「今は何もことばにならない」

映画若大将シリーズ田中邦衛さんと共演した加山雄三さんは自身ホームページコメントを発表し「ショックです。邦さんに連絡をとりたくてとりたくて、ずっと気になってて、不思議なことに、2日前若大将DVDで邦さんの姿を見たばかりだったんだよ。信じられない。今は何もことばにならない。寂しいよ本当に寂しい。邦さん本当にありがとう」とつづりました。

山田洋次監督「一緒にいるだけで楽しい気持ちに」

田中邦衛さんが亡くなったことを受けて、田中さんが出演した映画学校」の山田洋次監督は「田中邦衛さんへ 善良が服を着て歩いているような人だった。一緒にいるだけで楽しい気持ちになるようなすてきな人だった。あん俳優が、あん日本人いたことを誇りに思う」とコメントしています

役所広司さん「本当にすばらしい俳優さん」

田中邦衛さんが亡くなったことを受けて、映画最後の忠臣蔵」で共演するなど長年親交のあった俳優役所広司さんは「邦衛さんには大変お世話になりました。ここ数年ずっとお元気なのか気がかりでした。スタッフにもキャストにも愛された、本当にすばらしい俳優さんでした。覚悟はしていましたが、悲しいです。邦さん、お疲れ様でした」というコメントを寄せました。

吉岡秀隆さんと中嶋朋子さんがコメント

田中邦衛さんが亡くなったことについて、民放ドラマ北の国から」の共演者コメントを発表しました。

息子の役を演じた俳優吉岡秀隆さんは「いつか、この日が来ることを心のどこかで覚悟しておりました。今は邦衛さんの笑顔しか思い浮かびません。自分覚悟の小ささとあなたの大きな優しさに涙しかありません」とコメントを寄せました。

また、娘の役を演じた俳優中嶋朋子さんは「幼い頃から、今まで、何も変わることなく、人として、深く接してくださいました。田中邦衛さんという存在出会い、見守っていただけたことは、かけがえのない宝ものです。役者として、人として、大切なものをたくさん教えていただきました。本当に本当に感謝でいっぱいです。大好きです。出会う人をみんな幸せにしてしま少年のように無邪気な笑顔ばかりが胸に浮かびます天国でも、たくさんの人を幸せにしてくださいねありがとうありがとうありがとう」とコメントしています

2020-10-04

須賀橋交番交通事故

 9月27日18:15頃に台東区浅草橋の須賀橋交番交差点信号無視の車が横断歩道を歩いている5歳の男の子をはねてしまった事故だが、直後にたいこ茶屋若大将自分の息子が跳ねられた件をツイート(今は削除)したため、被害者男の子浅草橋通勤されてる方だったら誰でも知ってるガッツおじさんのお孫さんということが判明してしまいました。

 男の子は残念ながら亡くなられてしまい、須賀橋交番交差点そばファミリーマート浅草橋3丁目店の目の前に献花台が設置されてます

 たいこ茶屋と言えば半沢直樹撮影に使われていたということで聖地として有名なお店であり、その半沢直樹最終回の日にそんな事故が起こってしまったということが本当にいたたまれない。

 合掌

2020-09-30

「5歳の息子が交通事故に遭って意識不明の重体!Tweetしたろ!」

なぜこういう発想になるのか理解できない

たいこ茶屋若大将ゆうすけ9/16〜通常営業23:00迄)

2018-03-31

anond:20180330021658

この流れでけいおん以前に東方ブームが挙がらないのが謎

と書こうとして東方ではなく東宝に変換される罠、あ、考えてみたらゴジラとか植木等無責任男とか加山雄三若大将とか森重久彌の社長シリーズとかこそ、おなじみキャラだけあれば中身は何でも良い作品元祖だった

2017-08-15

小学5、6年生に

加山雄三さんを説明しなくちゃならないことが最近あった。

いったいどうやって説明すればよかったのか。

歌手若大将! 歌手若大将! 船持ってる」とか適当説明をしてしまった。

2017-01-21

http://anond.hatelabo.jp/20170121220211

この増田みたいに、若いくせにナチュラル若大将ネタをブッ込める女と付き合いたいんだが、どうやって出会えばいいんだ?

2007-08-26

http://anond.hatelabo.jp/20070826031843

ほい

24 名前: ななしさん :2005年01月31日 16:32 [RES]

ブログ若大将東宝2005)

大学試験も終わり、春休み旅行に行こうと盛り上がる若大将加山雄三)たち。

まずは軍資金を稼ごうと青大将田中邦衛)を無理やり誘い、テレビの取付け工事

アルバイトを始める。

しかし、ある日青大将が荷崩れを起こしてしまい商品のテレビを壊して弁償する羽目に

なってしまった。最初は親に借りればいいと高をくくっていた青大将だったが家に帰って

みると両親共にヨーロッパに船旅に出かけたところで、当分連絡が付かないという。

電気屋の大将に弁償を待ってもらうよう交渉するが、電気屋の運転資金が乏しく

月末までに金を用意できないと倒産してしまう。

無理やり誘った手前、若大将責任を感じ悩んでいたところ、澄子(星由里子)に

ブログ大賞』を紹介され、早速応募してみることに。

しかしブログのブの字も知らない若大将たち。何とかして人気ブログを目指すのだが…。

http://kiri.jblog.org/archives/001362.html

ゲーム若大将

http://anond.hatelabo.jp/20070825203133

もし若大将シリーズが今でも続いてたら「アキバ若大将」ってのがきっとあったに違いない。

若大将カリスマゲーマー

澄ちゃん=メイド喫茶店員

青大将アイドルオタのカメラ小僧

江口怪獣映画マニア(もちろん同時上映の東宝怪獣映画タイアップ

って感じで。

2007-07-31

http://anond.hatelabo.jp/20070730232013

しかも若大将ってその歳でゲーオタなんだぜ。

大のゲーム好きで、少しでも時間があるとプレイステーション2バイオハザードシリーズ鬼武者シリーズをやっている。特にバイオハザード1ではナイフ使用限定クリア鬼武者シリーズでは1作目において57分というクリアタイムを叩き出している。この記録は世間的に見ても、相当上手でないと達成できないことから、その好きさ加減が伺える。ゲームをやりだしたきっかけとしては、老化防止になると友人から薦められたからだと語っている。2006年平成18年4月5日放送の『ウチくる!?』スペシャルに出演した際は『ファイナルファンタジー』について熱く語った。ハドソンスーパーファミコンソフト「鮫亀」ではゲーム音楽イメージソングの作曲を手がけている。

Wikipedia:加山雄三

上記のウチくる!?の放送見たんだけどさ、話を聞いてるみんなが引くくらいゲームについて熱く語ってて、ちょっと萌えちゃったんだぜ。

2007-07-30

若大将 還暦過ぎても 若大将

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070730-00000018-spn-ent

加山雄三ってもう70歳だったんだなァ。年の割にすごく元気そうだけど。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん